アナフレ猛虎会

皆様こんにちは。アナフレ猛虎会 通称”頑張れ阪神タイガース☆です。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

虎!39勝43敗4分

2019.07.17 Wednesday


■2019/7/16 試合結果

対中日 13回戦 ナゴヤドーム

神 | 1 0 1 0 0 0 0 0 0 | 2
中 | 2 0 0 0 0 0 0 0 1x | 3

勝:岡田2勝0敗0S
敗:小野0勝1敗0S
阪神:岩田 - 藤川 - ジョンソン - 小野
中日:松坂 - 谷元 - 福 - ロドリゲス - 岡田

7/17の予告先発
神:望月 惇志
中:阿知羅 拓馬
───────────
“前を向いていこう猛虎”

自力優勝は消滅した。首位との差は離れるばかりであるが、目の前の敵を苦手としている現実を打開しよう。

猛虎打線は初回、先頭の近本君、2番糸原君の連続ヒットで無死1・2塁とすると3番糸井君が先制点となるセンター犠牲フライ!その直後、虎の先発岩田君が2点を奪われ逆転を許しますが3回、2アウトから近本君のヒット、糸原君のフォアボールでチャンスを作ると続く糸井君がライト線タイムリーツーベ
ースヒット!今季初登板のドラゴンズ先発投手に痛打を浴びせ試合を同点に
戻します!
岩田君は毎回のようにヒットを打たれるも残塁を築き6回2失点の好投で7回からは継投陣にバトンタッチ!連投になる球児君、さらにジョンソン君も無失
点で切り抜けますが9回裏、4番手の小野君にピンチ到来。一死1塁から右中間ツーベースを打たれるなど一死満塁に。ピリッとしない小野君は3番打者に
対して3ボール1ストライクからの5球目が大きく抜けてしまい痛恨の押し出しフォアボール・・サヨナラ負けとなりドラゴンズに連敗となりました。

アナフレ目線
2月オープン戦★★
3月オープン戦★★★△★☆☆★☆★☆★★★☆
3月ペナントレース☆☆★
4月★★★☆★☆☆★★★★☆★△☆★★★☆☆☆★☆☆☆
5月☆★☆☆☆★☆△☆★★☆☆★★★☆☆☆☆★☆☆☆★
6月★☆交流戦☆★☆★★☆△☆★★★△★★★☆☆★★★
7月★☆★☆☆☆★★★球宴★★
猛虎が押し出し四球によるサヨナラ負けで5連敗を喫し、自力優勝の可能性が消滅しました。松坂大輔投手から3回までに2点を挙げるも、4回以降はノーヒットと猛虎打線が沈黙。貧打に、拙守という今季を象徴する敗戦です。
サヨナラ押し出し四球で敗れた悔しさ。遠のく巨人のもどかしさ以上に、中日戦6連敗となっている現実を問題視しようじゃないか。
1死一塁での飛球は右中間最深部へ。中堅近本君が落下点に入ったが、グラブをかすめて捕れない。負けるべくして負けた。直前の9回1死一塁。バントがうまい梅野君に犠打のサインを出したが捕邪飛…。自ら勝機を逃して、流れを手放す。そして昨季1勝3敗と苦戦した中日松坂投手を打ちあぐねたのも敗因。塁上をにぎわしても決定打が出ない。
12球団最強の投手陣を誇るだけに、貧打や最多72失策、走塁ミスをとにかく無くし、目の前の敵を倒していこう!
2月オープン戦★★
3月オープン戦★★★△★☆☆★☆★☆★★★☆
3月ペナントレース☆☆★
4月★★★☆★☆☆★★★★☆★△☆★★★☆☆☆★☆☆☆
5月☆★☆☆☆★☆△☆★★☆☆★★★☆☆☆☆★☆☆☆★
6月★☆交流戦☆★☆★☆△☆★★★△★★★☆☆★★★
7月★☆★☆☆☆★★★球宴★★

画像は力投を続ける球児君です!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:藤川 球児投手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2019年03月16日


場所: 阪神甲子園球場

虎!39勝42敗4分

2019.07.16 Tuesday


■2019/7/15 試合結果

対中日 12回戦 ナゴヤドーム

神 | 0 0 1 0 0 1 0 0 0 | 2
中 | 1 0 0 0 0 1 0 2 x | 4

勝:大野雄6勝6敗0S
S:R.マルティネス0勝3敗7S
敗:ジョンソン2勝2敗0S
HR:陽川ソロ2号、アルモンテ ソロ3号
阪神:ガルシア - 藤川 - ジョンソン - 小野
中日:大野雄 - R.マルティネス

7/16の予告先発
神:岩田 稔
中:松坂 大輔
──────────
“意地を見せろ猛虎”

セ・リーグの灯りはもう消えてしまうのか!まだまだ早いぞ猛虎ナイン。

後半戦に突入!2位で折り返す矢野猛虎は敵地でのドラゴンズ3連戦の初戦、虎の先発ガルシア君が立ち上がりに捕まり1失点。
序盤に追いつきたい猛虎打線は3回表、本日スタメン起用の陽川君がドラゴンズの先発投手の高めのストレートを捉え同点本塁打!試合を振り出しに戻します。
6回表、先頭打者の近本君がオールスターの勢いそのままで中前打へ弾き返しチャンスを作ると糸井君が中前適時打!勝ち越しを決めます。
援護点を貰ったガルシア君ですが、直後に一発を浴び同点。8回裏、マウンドへ上がったジョンソン君が捕まりこの回2失点。勝ち越しを許します。
最終回、流れを変えられず2対4のままゲームセット。大事な初戦を落として
しまいました。



アナフレ目線
2月オープン戦★★
3月オープン戦★★★△★☆☆★☆★☆★★★☆
3月ペナントレース☆☆★
4月★★★☆★☆☆★★★★☆★△☆★★★☆☆☆★☆☆☆
5月☆★☆☆☆★☆△☆★★☆☆★★★☆☆☆☆★☆☆☆★
6月★☆交流戦☆★☆★★☆△☆★★★△★★★☆☆★★★
7月★☆★☆☆☆★★★球宴★
セ・リーグの灯は消えてしまうのか。球宴を沸かせた猛虎が後半戦で2年連続
黒星発進となった。巨人が勝ったため、16日にも自力優勝の可能性が消滅する。終盤に競り負け、痛恨の1敗です。
残念なのは今年初めて見る光景。同点の8回に暗転し、竜党の大歓声が響く。マウンドに仁王立ちしていたジョンソン君が途中降板し、うなだれてベンチに戻る。生命線の必勝リレーが切れた光景は、来日初の2失点。
前回登板した8日巨人戦(甲子園)から2戦連続失点&敗戦投手。開幕から大車輪の働きを見せてきたが初めての試練がジョンソン君に訪れた。
今季34試合目の登板。持ち前の剛腕ぶりに加え、一工夫が必要な時期に差し掛かっているのでしょう。
中日に敗れ4連敗。首位巨人が勝ったため、ゲーム差は今季最大の10・5に広がった。16日の中日戦に敗れると巨人の引き分け以上で、または、猛虎が引き分けて巨人が勝った場合でも、自力優勝が消える。まだまだ意地の見せ所じゃないか猛虎ナイン!
2月オープン戦★★
3月オープン戦★★★△★☆☆★☆★☆★★★☆
3月ペナントレース☆☆★
4月★★★☆★☆☆★★★★☆★△☆★★★☆☆☆★☆☆☆
5月☆★☆☆☆★☆△☆★★☆☆★★★☆☆☆☆★☆☆☆★
6月★☆交流戦☆★☆★☆△☆★★★△★★★☆☆★★★
7月★☆★☆☆☆★★★球宴★

画像は久しぶりの1発!陽川君です。

参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:陽川 尚将内野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2019年05月11日


場所: 上富田運動公園野球場

猛虎かく勝てり1745

2019.07.15 Monday


“後半戦スタート”

15日の中日戦から再開するリーグ戦に向けて、甲子園で全体練習を行った猛虎ナイン。矢野監督は虎戦士が大活躍した前日13日までの球宴を振り返り、チームの飛躍を確信。球宴史上2人目のサイクル安打を達成した近本君は、改めて先頭に立って戦う覚悟を示しました。
首位巨人とこの中日に負け越している猛虎。ナゴヤドームでまずは勝ち越しです。
球宴第2戦で初アーチを描いた梅野君は、気持ちを切り替えて再開するペナントレースに臨みます。
広島戦の打撃で左手首を痛め、前半戦最終カードの巨人3連戦は大事を取って欠場。それも第2戦で全セの「8番捕手」で巨人菅野投手ら6投手をリードしてフル出場し、不安を一掃しました。
前半戦のチーム防御率3・40は12球団トップ!後半戦も存在感を示してくれるでしょう!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:梅野 隆太郎捕手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2019年04月14日


場所:阪神甲子園球場










猛虎かく勝てり1744

2019.07.14 Sunday


“ド派手な大記録”

いや〜こんな楽しい球宴を見たのは初めてすね〜
猛虎ナインが大活躍!そしてルーキーがド派手な大記録を達成してくれました。
近本の、近本による、近本のための球宴! ドラフト1位近本君が甲子園で開催された「マイナビオールスター2019」第2戦で、新人ではともに史上初となる初回先頭打者本塁打とサイクル安打を達成しました。
令和初の球宴で1試合5安打など記録ずくめのプレーでMVPに選ばれ、賞金300万円を獲得。20安打、11得点で大勝した全セは3年ぶりの白星で連敗を5でストップです。

先制弾を含む5打数5安打で、文句なしのMVPに選出された近本君。
梅野君や原口君も球児君も大活躍の甲子園は雨であっても最高の球宴になりました。
後半戦に勢いがつく大活躍ありがとう!

参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:近本 光司外野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2019年03月16日


場所:阪神甲子園球場










猛虎かく勝てり1743

2019.07.13 Saturday


“頼むぜ後半戦”

まさに千両役者の誕生かな!
マイナビオールスターゲーム2019の第1戦が12日、東京ドームで開催され、プラスワン投票で選出された原口君が感謝のアーチを描きました!
大腸がんを乗り越え、たどりついた夢舞台。9回2死一塁で代打出場し、左中間席に2ランを運び、敢闘選手賞に見事選出されました。
令和初の夢の祭典で、不屈の男が劇的ドラマを生み出したのは9回2死一塁の場面、代打コールされると、力の限りバットを振り抜く。日本中の注目を集めた白球が、左中間スタンドに突き刺さる。大腸がんを乗り越え、たどりついた夢舞台で、まさにミラクル弾でしょう。プラスワン投票で選出してくれた全国のファンに、感謝のアーチを描きました。
そして必死のグッチ君!後半戦も起死回生の1発をよろしく頼みます!



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:原口 文仁捕手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2019年05月11日


場所:上富田運動公園野球場










猛虎かく勝てり1742

2019.07.12 Friday


“前半戦総括”

我らが矢野監督が前半戦を総括。公式サイトに掲載されていました。

―前半戦を振り返って、チーム全員で戦うという姿や凡打後でも1塁まで全力で走る姿など、やれることは選手自身が個人個人、チームとしてやってくれている手応えがあった。

―勝ちたいという気持ちと、甲子園満員のお客様に喜んでもらいたいというところから一体感という形が生まれてきた。

―喜ばせる以外に「超積極的」「諦めない」という言葉を掲げていたが、出来た部分と出来なかった部分があった。

―前半戦での課題は、やはり点を取りたい。点を取れればピッチャーを助けることになり、チームが勝つことにもつながる。盛り上がりにも繋がるので、これが今のチームの課題。
またミスが出ることは仕方がない部分があると僕は思っていますが、それをどう捉えて、どうしていくか。準備のミスは改善していけると思うので、そういうところは後半戦に向けて改善していきたいと思います。

―あえて前半戦のMVP、目立った野手・投手を挙げれば、野手では近本と梅野がチームをよく引っ張っていってくれた。投手は全員頑張っている。中継ぎ以降の球児も抹消が1度あったが、戻ってきてからはどんな場面でも登板している。ジョンソン、ドリスも安定したピッチングをしてくれている。

―初めての一軍監督としての自己評価は、勝てばめちゃくちゃ嬉しいですし、負ければめちゃくちゃ悔しい。そういうのを一喜一憂してしまう部分もあるが、嬉しいからこそ楽しみたいとか、連敗や苦しい場面をどう前を向いてやっていくとかを自分でも課題にしている。前半は上手く出来ていなかったところもあったと思うので、後半は苦しい場面こそ楽しんでやっていきたい。

―「矢野ガッツ」という言葉が生まれ他のは照れくさい。でも自分がガッツポーズをすることで何もマイナスな事はないと思うので、僕がガッツポーズをして、選手と一緒に喜びあって、その姿を見てファンの人も喜んでもらえたら嬉しい。後半はもっともっと矢野ガッツをたくさん出来るようにしていきたいと思う。
―後半戦に向けて選手たちに臨む事は、まだまだの伸びしろのある選手ばかりなので、そのミスを取り返してくれる後半になって欲しい。失敗しないと学べないことが多いので、そういう意味でも前半戦の悔しい思いをみんなが持って戦うことで、後半戦いい形でやっていけると思う。その気持ちをしっかり持ってぶち破って欲しい!

前半戦のMVPは矢野ガッツですかね〜選手は全員頑張ってくれているし、監督が結構前に出過ぎな部分があるから、監督以上に目立った若虎の出現が後半戦の課題かな〜


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:矢野 燿大監督


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2019年03月16日


場所:阪神甲子園球場










虎!39勝41敗4分

2019.07.11 Thursday


■2019/7/10 試合結果

対巨人 13回戦 甲子園

巨 | 1 3 0 0 0 0 0 0 0 | 4
神 | 0 0 0 0 0 1 0 0 0 | 1

勝:今村3勝1敗0S
S:中川3勝1敗13S
敗:メッセンジャー3勝7敗0S
HR:丸ソロ16号
巨人:今村 - 鍵谷 - 田口 - 澤村 - 中川
阪神:メッセンジャー - 岩崎 - 守屋 - 能見 - 島本

───────────
“負けた気のしない連敗”

前半戦が終了して、振り返ってみると巨人に独走を許しているセ・リーグ。交流戦前は貯金が5まであったのにな〜

先発のメッセンジャー君が2回4失点で降板する大誤算となった試合。反撃に
出たい猛虎打線も大山君の猛打賞を筆頭に8安打を放ちながら、6回裏のマルテ君のタイムリーによる1点のみに封じ込まれます。
試合は3回以降無失点に抑えた救援陣の頑張り応えられず、1対4でゲームセット。悔しい3連敗を喫してしまい、39勝41敗4分の2位で折り返しとなりました。

アナフレ目線
2月オープン戦★★
3月オープン戦★★★△★☆☆★☆★☆★★★☆
3月ペナントレース☆☆★
4月★★★☆★☆☆★★★★☆★△☆★★★☆☆☆★☆☆☆
5月☆★☆☆☆★☆△☆★★☆☆★★★☆☆☆☆★☆☆☆★
6月★☆交流戦☆★☆★★☆△☆★★★△★★★☆☆★★★
7月★☆★☆☆☆★★★
前半最終の首位巨人戦で3連敗を喫し、ゲーム差が9・5まで広がった。しかしそれでも借金2で2位というセ・リーグの縮図が滑稽かもしれない。
矢野監督は前半戦総括で得点力不足とミスの多さを課題に挙げたが、その言葉通りの完敗。後半2戦目の16日にも自力Vが消える。
逆転Vという大きな目標もいいが、まずは自分たちに何が足りないのかをじっくり見つめなおさんとね。
負けている試合は、全てチャンスは作れるけど、あと1本が出ない。
チーム本塁打55本はリーグ5位で一発を多く望めない打線。だからこそつなぐ野球を推し進めて、リーグ1位の66犠打、59盗塁など貪欲に1つ先の塁を奪った数字もある!が、この日も決定力不足に泣いた矢野猛虎。
さらには守備も課題。チーム失策数72個はリーグワースト。野球少年とて、守備練習してないの?と感じてしまうよな。
しかし、昨季最下位から巻き返しを図り、5月は15勝9敗1分けと健闘。前半戦をこの成績で通過は高評価されていいと思います。
勝負の後半戦での逆襲を期待しましょう!
2月オープン戦★★
3月オープン戦★★★△★☆☆★☆★☆★★★☆
3月ペナントレース☆☆★
4月★★★☆★☆☆★★★★☆★△☆★★★☆☆☆★☆☆☆
5月☆★☆☆☆★☆△☆★★☆☆★★★☆☆☆☆★☆☆☆★
6月★☆交流戦☆★☆★☆△☆★★★△★★★☆☆★★★
7月★☆★☆☆☆★★★



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:勝利


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2019年04月14日


場所: 阪神甲子園球場

虎!39勝40敗4分

2019.07.10 Wednesday


■2019/7/9 試合結果

対巨人 12回戦 甲子園

巨 | 0 0 0 0 0 0 0 1 0 | 1
神 | 0 0 0 0 0 0 0 0 0 | 0

勝:桜井4勝1敗0S
S:田口0勝0敗1S
敗:ガルシア2勝4敗0S
巨人:桜井 - 中川 - マシソン - 田口
阪神:ガルシア - 小野 - 島本

7/10の予告先発
巨:今村 信貴
神:メッセンジャー
───────────
“もっと感情を表に出せ”

打てなければ悔しさを!打たれたら悔しさを。もっと感情を表に出して熱く戦っていこう!

虎の先発ガルシア君は初回、二死2塁の場面で4番打者の強烈な打球を右足首
に受け座り込むアクシデント、このピンチはキャッチャーの坂本君が打球を処
理して切り抜けます!そのガルシア君は2回のマウンドにコーチやトレーナー
を伴って上がり状態を確認して続投!その後は強力打線を手玉に取り、7回ま
で3安打無失点!ジャイアンツ先発投手と息詰まる投手戦を展開します!
しかし0対0で迎えた8回表、一死3塁の場面で内野ゴロの間に代走選手がホームイン。ガルシア君は8回4安打1失点で降板、打撃でもマルチ安打と奮闘しますが、打線の援護がなく0対1でゲームセット。チームも悔しい連敗を喫してしまいました。

アナフレ目線
2月オープン戦★★
3月オープン戦★★★△★☆☆★☆★☆★★★☆
3月ペナントレース☆☆★
4月★★★☆★☆☆★★★★☆★△☆★★★☆☆☆★☆☆☆
5月☆★☆☆☆★☆△☆★★☆☆★★★☆☆☆☆★☆☆☆★
6月★☆交流戦☆★☆★★☆△☆★★★△★★★☆☆★★★
7月★☆★☆☆☆★★
ガルシア君が投打に奮闘しましたが、甲子園初勝利はまたお預けになりました。
4敗目にも前を向いた助っ人は、一喜一憂の感情表現が豊かでいいじゃないですか。打たれれば悔しい!そして野手が好プレーをすれば素直に喜びを表現でき、ベンチでも味方が打てば喜ぶ。
若虎ももっと感情を表に出していいんじゃないかな〜監督だけじゃダメさね〜熱くなるのはナイン全員ですよ。
巨人に連敗して自力優勝消滅の可能性まで見えてきたら悔しさをもっと全身で表現しながらプレーをして欲しい。それもまたプロとしての見せる技術じゃないかな〜
2月オープン戦★★
3月オープン戦★★★△★☆☆★☆★☆★★★☆
3月ペナントレース☆☆★
4月★★★☆★☆☆★★★★☆★△☆★★★☆☆☆★☆☆☆
5月☆★☆☆☆★☆△☆★★☆☆★★★☆☆☆☆★☆☆☆★
6月★☆交流戦☆★☆★☆△☆★★★△★★★☆☆★★★
7月★☆★☆☆☆★★

画像は月間MVP糸井君です。


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:糸井 嘉男外野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2019年03月16日


場所: 阪神甲子園球場

虎!39勝39敗4分

2019.07.09 Tuesday


■2019/7/8 試合結果

対巨人 11回戦 甲子園

巨 | 1 0 0 1 0 1 0 1 0 | 4
神 | 0 1 1 0 0 0 1 0 0 | 3

勝:大竹2勝0敗0S
S:マシソン0勝0敗1S
敗:ジョンソン2勝1敗0S
HR:坂本ソロ2号、大城ソロ4号
巨人:菅野 - 田口 - 大竹 - 中川 - マシソン
阪神:西 - 能見 - ジョンソン - 小野

7/9の予告先発
巨:桜井 俊貴
神:ガルシア

───────────
“もがき苦しむ残塁”

勿体無いな〜接戦だというのに拙攻が続く猛虎打線。このカードはなんとか勝ち越したい!

オールスター前最後の伝統の一戦の初戦、初回虎の先発西君の連続四球から1失点、先制を許します。
2回裏、ジャイアンツ先発投手から本日スタメン起用の坂本君が第4号の特大
同点ソロアーチを叩き込み試合を振り出しに戻します。
3回裏、マルテ君の左中間2塁打からチャンスを作るとここで坂本君が中前適
時打で勝ち越しを決めます。
4回表、ジャイアンツの下位打線を抑えきれず同点にされてしまい、6回表も一発を浴びて2対3。追いつきたい猛虎打線は7回裏、先頭打者のマルテ君が本日マルチ安打となる右中間2塁打で出塁すると高山君がきっちり送りバントを決めて一死3塁!続く代打原口君が中犠飛を放ち同点!勢いそのままで引き
離したい猛虎ですが、8回裏、ジョンソン君が捕まり1失点、最終回最後まで粘りの攻撃を見せましたが届かず、初戦を落としました。

アナフレ目線
2月オープン戦★★
3月オープン戦★★★△★☆☆★☆★☆★★★☆
3月ペナントレース☆☆★
4月★★★☆★☆☆★★★★☆★△☆★★★☆☆☆★☆☆☆
5月☆★☆☆☆★☆△☆★★☆☆★★★☆☆☆☆★☆☆☆★
6月★☆交流戦☆★☆★★☆△☆★★★△★★★☆☆★★★
7月★☆★☆☆☆★
結果的には12安打を放ちながら今季ワーストの16残塁で首位巨人に3−4で敗れ、連勝は3でストップとなった猛虎。
やっぱり4番の大山君かな〜走者を置いて3打席連続三振など4打数無安打に終わったことが残念。ですが大山君の10本塁打&50打点はチームトップ。打点は堂々のリーグ5位。前日7日にはバントの指示を出され、失敗直後に意地のタイムリーで勝利へ導いた意地も魅せました。
巨人の9安打を上回る12安打も放ったのだから、ましてエースの菅野投手を苦しめ、塁上もにぎわせただけに勿体無い敗戦。
矢野監督も悔しさを露わに。三者凡退はなし。六回以外はすべて得点圏まで走者を進めながら、勝てない。
巨人に9年ぶりの5連勝はならずだが、そんな事はどうでもいい。まずは球宴前に必ず巨人に勝ち越していこう!
2月オープン戦★★
3月オープン戦★★★△★☆☆★☆★☆★★★☆
3月ペナントレース☆☆★
4月★★★☆★☆☆★★★★☆★△☆★★★☆☆☆★☆☆☆
5月☆★☆☆☆★☆△☆★★☆☆★★★☆☆☆☆★☆☆☆★
6月★☆交流戦☆★☆★☆△☆★★★△★★★☆☆★★★
7月★☆★☆☆☆★

画像は本日スタメンマスクの猛打賞の大活躍!坂本君でした。


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:坂本 誠志郎捕手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2019年03月16日


場所: 阪神甲子園球場

虎!39勝38敗4分

2019.07.08 Monday


■2019/7/7 試合結果

対広島 15回戦 甲子園

広 | 0 0 0 0 0 0 0 0 0 | 0
神 | 0 0 0 0 0 0 1 0 x | 1

勝:高橋遥2勝2敗0S
S:ドリス3勝3敗18S
敗:床田5勝5敗0S
広島:床田 - レグナルト
阪神:高橋遥 - ドリス

7/8の予告先発
巨:菅野 智之
神:西 勇輝

────────────
“敵は巨人なり“

猛虎が敵の不調に助けられて?の連勝。これで貯金ができ、首位巨人に挑め!


虎の先発は高橋遥君です。
猛虎打線はカープ先発投手を打ち崩せずにいましたが、高橋遥君も負けじと赤ヘル軍団をしっかり抑え、打たれたヒットは僅か4本。
投手戦でゲームは進んだ7回裏、先頭打者の糸井君がセンター前ヒットを打ち、続く大山君はバントの構えから2ストライクと追い込まれ、フルカウントになるとヒッティングに切り替えて左中間を抜けるタイムリーを打ち、1点先制しました。さらにチャンスは続くも1点のみ。
先発高橋遥君は、球数は多いながらも疲れを見せず8回まで力投を続け、最終回はクローサーのドリス君がマウンドに上がり、三者凡退で終わらせゲームセット!タイガースは7回の虎の子の1点を守りきり、カープ戦3連勝!

アナフレ目線
2月オープン戦★★
3月オープン戦★★★△★☆☆★☆★☆★★★☆
3月ペナントレース☆☆★
4月★★★☆★☆☆★★★★☆★△☆★★★☆☆☆★☆☆☆
5月☆★☆☆☆★☆△☆★★☆☆★★★☆☆☆☆★☆☆☆★
6月★☆交流戦☆★☆★★☆△☆★★★△★★★☆☆★★★
7月★☆★☆☆☆
7回無死一塁、大山君が左中間を破る決勝のタイムリー二塁打を放ちましたが、ベース上で厳しい表情を見せ、矢野猛虎の代名詞とも言えるガッツポーズは出ませんでした。
この決勝打の直前、甲子園にどよめきが起きます。先頭打者の糸井君が中前打
で出塁。続く大山君の初球は、バットを寝かせてバントを試みました。ファウルで失敗。2球目も同様。矢野監督が今季初めて4番大山君に送りバントの指示を。指揮官は4番だからこそしっかり犠打をさせたいと平然と言い切ります。6日には先発青柳君を4回途中で非情交代。前半戦の最終盤で、勝利にこだわるタクトを連発した場面でした。
結果大山君は2度送りバントに失敗。しかしフルカウントから快音を響かせなんとか汚名挽回でしょう。しかしその後のマルテ君の走塁ミス等で追加点ならず・・・・こんな野球では首位巨人には勝てません。
若き左腕が好投し、4番が決めて広島に3連勝。最高の形で球宴前最後のカードの巨人戦に臨む猛虎。あんなミスは絶対に犯しちゃいかん!
2月オープン戦★★
3月オープン戦★★★△★☆☆★☆★☆★★★☆
3月ペナントレース☆☆★
4月★★★☆★☆☆★★★★☆★△☆★★★☆☆☆★☆☆☆
5月☆★☆☆☆★☆△☆★★☆☆★★★☆☆☆☆★☆☆☆★
6月★☆交流戦☆★☆★☆△☆★★★△★★★☆☆★★★
7月★☆★☆☆☆

ヒーロー高橋君の画像はありませんので虎の子の1点を本日も守ったドリス君です!

参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:ラファエル・ドリス投手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2019年04月14日


場所: 阪神甲子園球場

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recent Entries

Category

Archives

Search

このブログ内の記事を検索

Recent Comment

Recent TrackBack

QR Code

Other