アナフレ猛虎会

皆様こんにちは。アナフレ猛虎会 通称”頑張れ阪神タイガース☆です。
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

虎!オープン戦4勝10敗1分

2019.03.23 Saturday



■2019/3/22 試合結果

対オリックス 1回戦 京セラD大阪

神|000 100 001|2
オ|001 001 001x|3

神:メッセンジャー-守屋-島本-ドリス-飯田
オ:山岡-齋藤-吉田一-近藤

──────────
“お待たせ超人1号“

猛虎が京セラドームでオリックスに2−3でサヨナラ負け。
今年初めてDHを外し、開幕想定のベストメンバーで臨んだ中、「3番・右翼」の糸井君が四回にオープン戦1号ソロを放ちました。
前日21日に引退を表明した元米大リーグ、マリナーズ・イチロー氏への“惜別弾”となりました!
右膝炎症の影響で16日の西武戦から出場し、6試合目での豪快弾。これでオープン戦打率は・556と好調ぶりの超人でございます。
試合は残念ながらさよなら負け!まだまだ打線がつながらないかな〜

アナフレ目線
2月オープン戦★★
3月オープン戦★★★△★☆☆★☆★☆★★
オリックスにサヨナラ負けを喫し、オープン戦は4勝10敗1分で最下位のまま。チーム打率は2割2分2厘で開幕を目前に控え、攻撃面で不安を残していることは事実です。
9回無死一、二塁、オリックス内野陣がチャージしたところを、代打北條君の初球バスターで追いついたものの、その裏のサヨナラ本塁打で敗れました。
8回を終えて糸井君のソロ1点だけで、なんとしても勝ち越しにでないといけない場面、無死一、二塁で糸原君が二ゴロで、一、三塁から梅野君が二飛、上本君が三振に倒れました。せっかく勢いがついたのに、その裏に一発を見舞われサヨナラ負け。
しかし初回の攻撃に問題ありと解説者は指摘します。1番木浪君が中前打、2番近本君が遊ゴロで二封。ここは一、二塁間方向を狙ってほしい場面。糸井君四球後、大山君が2ボールから二ゴロ併殺。ここも思い切りが求められるはずなのにと・・・
本番では序盤に先手を打って優位に立つのがセオリーということでしょう。
自分がやらねばならない役割を見直そう猛虎ナイン!まだ開幕まで時間は十分残っているぞ〜!

2月オープン戦★★
3月オープン戦★★★△★☆☆★☆★☆★★





参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:糸井 嘉男外野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2019年03月16日


場所: 阪神甲子園球場

虎!オープン戦4勝9敗1分

2019.03.22 Friday



■2019/3/21 試合結果

対ロッテ 1回戦 ZOZOマリン

神|000 000 000|0
ロ|200 000 10x|3

神:馬場-浜地-桑原-能見-ジョンソン
ロ:石川-酒居-種市-唐川-益田

──────────
“偉大な男に続け“

よりによってこんな日にあの偉大な男が引退発表とは参りました〜
イチロー選手との思い出はまた後日ということで・・・・

先日の猛虎打線の勢いはどこへやら・・・・千葉の地において花粉症打線となりました〜
虎の先発馬場君が、4回3安打2失点で降板。先発ローテ入りに猛アピールのチャンスでしたが、残念!出直しでしょう。
立ち上がりが課題ですね。初回、先頭打者は猛虎もドラフトでラブコールしていたロッテ・ドラフト1位藤原選手に右中間二塁打を許します。その後は2つの四死球で1死満塁。犠飛、左前適時打を許して2失点。開幕ローテーション入りを目指す右腕でしたが、完璧なアピールとまではいきませんでした。



アナフレ目線
2月オープン戦★★
3月オープン戦★★★△★☆☆★☆★☆★
毎年の課題ですかね〜試合後の矢野も悩ましげな表情を浮かべました。
今日で決められる感字ではなく、ちょっと考えたり、相談したりする感じになると。先発ローテは「3・29」の開幕ヤクルト戦から順番にメッセンジャー君、岩貞君、西君、ガルシア君、青柳君までが確定。ラスト1枠を巡ってロッテ戦が決戦の舞台でしたが、結論は持ち越し。
先発馬場君は4回3安打2失点。ただし2回以降は立ち直りゼロ行進。
2番手浜地君は、直球で押し込み2回無安打無失点。
20日のウエスタン・リーグ中日戦では、昨秋の右膝手術から復活を期す秋山君が5回無失点と好投。最後の椅子を巡って激しい争いが続きます。
2月オープン戦★★
3月オープン戦★★★△★☆☆★☆★☆★


画像は新鋭浜地君です。


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:浜地 真澄投手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2019年03月16日


場所: 阪神甲子園球場










虎!オープン戦4勝8敗1分

2019.03.21 Thursday



■2019/3/20 試合結果

対ヤクルト 2回戦 神宮

神|503 100 100|10
ヤ|100 000 000|1

神:青柳-能見-桑原-ジョンソン-藤川
ヤ:星-中澤-大下-五十嵐-風張-マクガフ-梅野
──────────
“お目覚め?猛虎打線“

猛虎打線が爆発!5アーチを放ち、10−1で圧勝しました。

一回には1死一、二塁から4番大山君が左中間に3号3ランを放ち先制。2死後、ナバーロ君、糸原君の2者連続ソロアーチで5点。D3位・木浪君は一回、右前打を放ち、オープン戦17安打とし、高山君のオープン戦球団新人記録に並びました。

 三回には1死からナバーロ君が左翼席に2打席連続アーチとなる2ランを放って追加点。さらに2死走者なしから梅野君が左翼へソロを放ち、9−1とリードを大きく広げると、七回には代打鳥谷君の右中間適時二塁打で10−1。

 先発の青柳君は6回を投げ、4安打1失点。開幕ローテ入りを確実にしたことも大きい収穫でしょう。
七回以降は能見君、桑原君、ジョンソン君、球児君のリレーで0点に抑え、開幕戦で対戦するヤクルトに勝利。さらに昨年終盤、オープン戦と続いていたヤクルト戦での連敗を11で止め、オープン戦通算4勝8敗1分けでございます。

アナフレ目線
2月オープン戦★★
3月オープン戦★★★△★☆☆★☆★☆
猛虎打線がやっとお目覚め???
確かに結果が出た野手は胸をなで下ろしていることでしょうね。そして青柳君が今シーズンはしっかり先発ローテ入りしてくれそうです。
水をさすわけではありませんが、開幕戦の相手ですから、猛虎打線の手の内を全て与えてしまったくらいの考えでいいのでは?おそらく矢野監督はわかっているでしょう。手の内を見せなかったのがヤクルト打線。
この球を投げれば打たれるという打者の好きなコースの情報を与えてしまっているのがこの勝利ですから。
ひとまずナバーロ君は猛アピールでした。
2月オープン戦★★
3月オープン戦★★★△★☆☆★☆★☆




参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:エフレン・ナバーロ内野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2019年03月16日


場所: 阪神甲子園球場











虎!オープン戦3勝8敗1分

2019.03.20 Wednesday



■2019/3/19 試合結果

対DeNA 1回戦 横浜

神|010 011 001|4
デ|001 502 00x|8

神:ガルシア-守屋-島本-石崎-飯田
ディ:バリオス-三上-国吉-エスコバー-山崎

──────────
“梅ちゃんには辛口“

やはり新監督は捕手出身だけに正捕手には辛口でした!

矢野監督は、2安打2盗塁刺と強みを発揮した梅野君の配球に「反省」を促しました。1−1の四回先頭、守屋君がDeNAのホセ・ロペス内野手を2球で追い込みながらも二塁打を浴び大量失点へつながった場面を例示。
あの1球が5点につながった可能性もあると・・・・
昨季17勝8敗のお得意様相手で、10勝3敗と相性のよかった横浜スタジアムでしたが、打線も8安打で適時打ナシの4点止まり。
守屋君に黒星がつき、オープン戦最下位脱出もならず。
頼られる捕手になれと、矢野監督は語気を強めていたようですね。


アナフレ目線
2月オープン戦★★
3月オープン戦★★★△★☆☆★☆★
オープン戦で必勝リレーテスト中の猛虎。16、17日の西武戦は9回を守護神候補の球児君、ドリス君が担当。17日は6回能見君、7回桑原君、8回ジョンソン君で継投するなどシーズンを見据えての投入。そして昨日は島本君、飯田君らも奮闘しており、さまざまなパターンをテストすることになり、
フレッシュなリリーフ陣を相性などによって注ぎ込む臨機応変のカメレオン継投が武器になる可能性も出てきました!
矢野猛虎の守りの野球の真髄が見えてきたような気がしますね!

2月オープン戦★★
3月オープン戦★★★△★☆☆★☆★




参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:藤川 球児投手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2019年03月16日


場所: 阪神甲子園球場











猛虎かく勝てり1718

2019.03.19 Tuesday


“猛虎打線のキーマン”

猛虎がいよいよ関東入り!
そして矢野監が18日、シーズンに向けて打線の青写真を語りました。
鍵は2番で、ドラフト1位・近本君を当確とし、3番・糸井君の前に走者がいるシチュエーションを作る役割を期待。チームはこの日、甲子園で投手指名練習を行ってから、19日のDeNA戦に備えて横浜入りしました。
なるほど〜兄貴金本が3番打者で、赤星君が走るあの2003年の星野猛虎を思い出しますね。

新監督の構想は、一回からビッグイニングを作ること。そのために2番に強打者を置くのが近年のトレンドですが、将が思い描く2番は違いました。
表明済みの3番・糸井君の前に置くのは、あくまでもチャンスメーカー。
宜野座での春季キャンプ中から「2番・近本」と理想像を描いてきた矢野監督。大砲がそろう打線はいらない。足攻ができる選手を入れたい。足が速いから併殺の可能性が低い。盗塁を警戒させて相手バッテリーを揺さぶることもできる。元捕手目線で見れば一番、嫌な打者。さらに小技ができれば…。そんな願いにルーキー近本君が応える。
3日のソフトバンク戦からスタメン2番に固定すると、ここまで打率・300。盗塁も5。前日17日の西武戦では三回無死一、二塁で絶妙なセーフティーバント。
矢野監督の1年目も、ドライチが孝行息子となりえるか・・・・キーマンは君だ!



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:近本 光司外野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2019年03月16日


場所:阪神甲子園球場



虎!オープン戦3勝7敗1分

2019.03.18 Monday



■2019/3/17 試合結果

対西武 2回戦 甲子園

西|000 010 200|3
神|007 000 00x|7

西:松本航-齊藤大-田村-野田-森脇-小川
神:西-能見-桑原-ジョンソン-ドリス

──────────
“甲子園初勝利“

今年も甲子園の勝利は難しいのかな〜
先日の生観戦で湿り切った猛虎打線にイライラの小生でございましたが、やはりこの頼れる男が打ってくれました。
福留さまが3回に2号3ランを放ち、「甲子園初勝利」にチームを導きました。この回打者12人の猛攻で7得点。今季42歳を迎えるベテランがその中心となっているのもどうかな〜と思いましたが、3月29日ヤクルト戦の開幕オーダーを想定した1戦で打線がつながり、得点力アップの課題克服に期待をもたせる勝利でございます。

アナフレ目線
2月オープン戦★★
3月オープン戦★★★△★☆☆★☆
甲子園でのオープン戦3試合で2敗1分と未勝利だった矢野猛虎!この日が開幕まで本拠地最終戦。昨年は大きく負け越した地元で嫌なイメージを引きずりたくなかったのは当然でしょう。そういう意味では大きな1勝。
指揮官は開幕戦を想定したオーダーを組んだことを示唆。木浪&近本の新人1、2番コンビが先陣を切り、主軸につなぐ。福留様がポイントゲッターぶりを発揮する場面は何度も見られそうです。
そしてこの日は、大山君も4番の仕事をしてくれています。糸井君の犠飛で1点を先制した3回なお1死一、二塁の場面。変化球に食らいついた左前タイムリーで、続く福留様の3ランにつなげてくれましたからね。
オープン戦とはいえ19年の甲子園初勝利。4回にも内野安打を放った4番大山君は、1試合1試合内容と結果を求められます!君のバットに猛虎の未来がかかっているのだよ!

2月オープン戦★★
3月オープン戦★★★△★☆☆★☆




参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:福留 孝介外野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2019年03月16日


場所: 阪神甲子園球場











虎!オープン戦2勝7敗1分

2019.03.17 Sunday


■2019/3/16 試合結果

対西武 1回戦 甲子園

西|000 000 230|5
神|001 000 000|1

西:武隈-伊藤-野田-森脇-小川
神:岩貞-浜地-藤川

──────────
“湿り切った猛虎打線“

寒空の甲子園生観戦!本年最初の聖地観戦も、惜敗でございます。これで昨年からの生観戦連敗更新中・・・・

ともあれ、
ほぼベストオーダーで臨んだ猛虎打線でしたが、メディアだけでは気がつかない課題がたくさん垣間見得ました。しかしながらルーキーの活躍は目を見張るものもありでございます。

ドラフト1位近本君が3回1死一、三塁からショートのグラブをはじき、左翼前に転がるオープン戦初タイムリーで初打点を記録。
5回にも2本目の安打を放ち、オープン戦5個目の盗塁も決めた男は、最低限犠牲フライも考えていましたとコメント。
甲子園の雰囲気は素晴らしいですと強心臓ぶりも発揮!
試合は糸井君や福留様の元気な調整ぶりも確認できましたし、虎の先発岩貞君も完璧。終わって見れば浜地君の失点で敗れましたが、課題も山積みな矢野猛虎の2019年を見届けて大満足。やはり聖地観戦はいいものです。


アナフレ目線
2月オープン戦★★
3月オープン戦★★★△★☆☆★
先発の岩貞君は速球が走り、低めにバンバン投げ込んで、捕手板山君のミットを心地よく鳴らしていました。調子良さそうですね〜今年はもっと勝ってくれそうな雰囲気です。
2番手浜地君は、失策こそ絡んでの失点でしたが、ボール先行でリズムが悪すぎ。一気に試合展開が重たくなり、野手のエラーを誘ってしまいました。
近本、木浪の1、2番コンビは他球団に脅威となるでしょう。元気がないのはやはり右打者。何故レフトスタンドに長打が出ないのか・・・・
ライオンズはベストオーダーではなかったにも関わらずの敗戦も反省かな。
さて皆々様!今年も一緒に甲子園に応援に行きましょう!
2月オープン戦★★
3月オープン戦★★★△★☆☆★




参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:近本 光司外野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2019年03月16日


場所: 阪神甲子園球場











猛虎かく勝てり1717

2019.03.16 Saturday


“未来の猛虎戦士”

やるじゃないか〜大学生!

メッセもビックリ!? プロ注目右腕の大商大・大西広樹投手が15日、猛虎2軍とのプロアマ交流戦に先発し、5回を被安打2、4奪三振で無失点と好投しました。
1軍メンバーの北條君、陽川君らをスタメン起用する中、1回は1番江越君、2番北條君を2者連続空振り三振でスタート。この日最速144キロの直球に鋭く落ちるフォークなどを交えて安定感ある投球で鳴尾浜を沸かせたようですね〜
ぜひ縦縞に来て欲しい人材のようです。名前を覚えておきましょう。

ともに投げ合って6回無失点だった開幕投手のメッセンジャー君も大西投手のピッチングに絶賛。スピードを変えたり変化球を交ぜたりして猛虎打線を抑えていたと注目。
猛虎のエースも驚く快投だったようです。

さて、試合は江越君が8回に決勝ソロを放ち、なんとかプロの意地?で猛虎が1−0で勝利しました。



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:ランディー・メッセンジャー投手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2018年07月16日


場所:阪神甲子園球場

猛虎かく勝てり1716

2019.03.15 Friday


“見えた開幕クリーンナップ”

開幕スタメンのクリーンナップ構想が見えてきましたね〜
小生本年初出陣であります16日の西武戦(甲子園)で糸井君を初実戦に臨ませることを明言した矢野監督。「糸井、大山、福留」のクリーンアップが揃い踏みとなり楽しみです。
 
1、2番に関しては、前日13日の中日戦で、D3位・木浪君と同1位・近本君がそろってマルチ安打と大活躍。なんと球団47年ぶりという「ルーキー2人の開幕スタメン」になる勢いが喜ばしいじゃないですか。
6番には新外国人のマルテ君。二塁は糸原君と上本君の争いですが、開幕が小川投手相手となれば、糸原君スタメンが有力。猛虎の要は当然昨季ゴールデングラブ賞を初受賞した梅野君でしょう。
打順は色々変化はあり得ますが、できればクリーンナップは固定できれば、チーム打率が低い猛虎打線でも、得点力アップにつながってくるに違いありません。
我慢の采配が矢野監督にできくるかもキーポイントかなあ〜
楽しみです!



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:糸井 嘉男外野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2018年04月13日


場所:阪神甲子園球場









虎!オープン戦2勝6敗1分

2019.03.14 Thursday



■2019/3/13 試合結果

対中日 3回戦 ナゴヤドーム

神|000 201 100|4
中|000 100 100|2

神:青柳-ジョンソン-尾仲-石崎-守屋
中:吉見-小熊-谷元-ロドリゲス

──────────
“4番の1発で勝つ“

猛虎が連勝してくれました。待望の4番打者の1発で!

生え抜きの大砲の育成−。チームを長年優勝から遠ざけてきた最大の課題はここでしょう。
昨季もロサリオ君で失敗しただけに、矢野監督はキャンプの実戦から大山君を積極的に4番で起用し続けました。
それだけ虎の4番は特別。期待を一身に背負って打席に立ち、チームの結果の責任をすべて受け止める。それだけに侍に送り出して成長した大山君の姿に、指揮官は目を細めていました。
試合は開幕ローテーション入りを目指す青柳君が先発し、5回4安打1失点7奪三振の好投も明るいニュース!
7三振のうち6つが空振り三振。2回に直球で奪った空振り三振を除いて、全てスライダーで三振を奪うなど変化球が効果的に決まったピッチング。5回まで全ての先頭打者を打ち取り、危なげない投球で試合を作り、猛虎がやっと連勝です!

アナフレ目線
2月オープン戦★★
3月オープン戦★★★△★☆☆
生え抜きとして開幕4番を務めたのは、2003年の浜中治(現打撃コーチ)が最後なのですね〜もうそんなに不在だったのかと・・・・やはり甲子園のレフトスタンドに飛び込むホームランは、相手チームの士気を止めるとともに、スタンドのアウェイファンの息の根を止める1発です。今年はそんなシーンをたくさん甲子園でみせて欲しいものです。
2月オープン戦★★
3月オープン戦★★★△★☆☆




参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:大山 悠輔内野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2018年04月13日


場所: 阪神甲子園球場











Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recent Entries

Category

Archives

Search

このブログ内の記事を検索

Recent Comment

Recent TrackBack

QR Code

Other