アナフレ猛虎会

皆様こんにちは。アナフレ猛虎会 通称”頑張れ阪神タイガース☆です。
<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

契約更改について

2006.12.07 Thursday



”契約更改交渉に一言”

まったくの偶然ではあるが小生の駄ブログにて健太郎君と濱ちゃんを投稿した翌日に、両者の契約更改があり、明暗を分ける結果となってしまいました。

今夜は選手が、どのように管理・評価されて年棒が決まるかについて学んでみたいと思います。

今までも何度も紹介してます牧野茂著の『巨人軍かく勝てり』から抜粋です。↓↓↓
選手は、技術と能力を発揮し、チームプレーを守ってチームの勝利のために奮戦し、その働きに応じて来季の年棒が決められる。この「働きの評価」のデータが、いわゆる「貢献ポイント」というものだ。これは三割とか20勝とかいう表面上の数字とは違って、プレー上のあらゆるものを総合的にとらえたポイントであり、投手を例にとると次のようにわけられる。

‐’圻▲ぅ縫鵐悪コントロールぅ好圈璽畢ゥ好ぅ侫鉢κ儔週絖Д灰鵐咼諭璽轡腑鶚┻の廊ヘッドワークチームプレー守備総合

この項目はさらに二つ分かれて、一つは「技術」、もうひとつは「貢献度」である。

・投手の場合
エースなら完投して3点以内に抑えれば10点
エース以外には前年度の成績が10点となる。
同じ10点でも内容は各人それぞれ違う

・エースが3点に抑えた。彼のベストの実力に比べて、今日のストレートはどうだったか、変化球は、ヘッドワークはどうか、コントロールはどうか・・・と項目にしたがって点検していく。これは勝敗に関係なくやる。
この投手の採点に監督が自分の目を加えながら「X月X日・エースの貢献ポイントはプラス1」というようにまとまるのだ。

・打者の場合
4打数ノーヒットだが、打球をいずれもバットの芯でとらえていた場合「技術」はプラス、しかし「貢献度」はマイナス。

・よけたバットに当たってヒットになり、これがきっかけでゲームに勝った。これは「技術」がマイナス、「貢献度」はプラス材料。

・ヒットを打ったが、けん制アウト「技術」プラス「貢献度」マイナス。

・ホームランを打った。これはプラスの象徴。一人で最小でも1点をとるのだから大変なこと。

・バント、犠飛これもプラスの象徴だ。自分を犠牲にしてチームに尽くすことはチームプレーの要諦だ。

・満塁でタイムリーを打つ。両方ともプラス。その選手だけがヒーローだけではなく、誰も走者がいない時に出塁した最初の選手の貢献度を認め、次に続いた選手、その次に粘って相手投手の力を注いだ四球の選手もみんなプラスだ

・大差がついた9回二死から打席に入った。無駄打ちすれば「技術」「貢献度」ともマイナス。たとえ無駄でも一生懸命ヒットを打てば「技術」にプラスがつく。勝利に繋がらなくても技術は技術で評価する。
とにかく1打席1打席のことごとくをチェックしている。いや一球一球チェックする。

・サインプレー。ヒットエンドランのサインに対して、安打は打てないが内野ゴロで走者を進塁この場合、打率を下げるかもしれない難しい条件のもとで走者を進めることに成功したのだから、バントと同じ評価で「貢献度」はプラス

・「待て」のサイン。どんな好球がきても打ってはいけない。そのあげく凡退したから「技術」「貢献度」ともマイナスのはずだが1点マイナスではなく0.5点。4打数ノーヒットでは本来マイナス4となるのだが、こういうケースが含まれている場合「待て」が二度あったならマイナス3にする。

・守備。ファインプレーした。スタンドは大騒ぎだが、それが本当のファインプレーかを判断するものは、風を計算に入れていたか、打者のクセを計算にいれてたか、投手の投球種類、コースをよく見ていたかによってまったくの凡プレーにもなる。本当のファインプレーとはそういう条件、状況を考えて守備位置をとっていて、なお横っ飛びにとるプレーをいう。

・エラー。タイムリーエラーなら「技術」「貢献度」ともマイナスだが、チームに迷惑をかけないケースでのエラーなら「技術」はマイナスだが、「貢献度」ではマイナスにしない

・一死、走者一、二塁。味方は2点リード。打球はライト前に飛んだ。右翼手は強肩の見せどころとホームへ投げたが間一髪セーフ。その間に一塁走者は三塁へ達した。1点を返され走者一、三塁。犠牲フライで同点である。この場合、右翼手がホームに投げずに三塁へ投げていたらどうなるか。1点は許したが走者は三塁へ進めず、一、二塁。次の打者にフライを打たれても犠飛にならず、ダブルプレーで打ち取れば1点リードを守りきって勝てる。つまり、瞬間のジャッジメントプレーでホームへ投げた右翼手は「技術」でも「貢献度」でもプラスにならず、三塁へ投げる頭脳プレーを演じれば、間違いなく「貢献度」でプラスになるのである。
このよう一投一打がコーチ達によって厳しく的確に評価されて、積もり積もったものが、鬼より怖い年俸を決める基準の「貢献度ポイント」になるのである。↑↑↑

長文になりましたが、30数年前の著書で、現在の査定方法とギャップがあるやもしれませんが、なる程とうなずけますね。

昨年オフ、久保田君がたくさんの資料を持参して契約にのぞんだ事を思い出した。時代はかわり、年俸額も桁違いにあがった近年でありますが、球団側はシーズンをとうして懸命にプレーしてきた選手達に対し、増減の明確な詳細を提示して、かつ納得をさせて、わだかまりを残させない契約をしてもらいたいものです。
選手のスッキリした笑顔をみたい一ファンの一人としてのせめてもの願いである。

参考文献:『巨人軍かく勝てり』牧野茂著 文藝春秋

画像:勝利のハイタッチ

撮影:アナフレ猛虎会『広報部長☆』

撮影日:06年9月3日

場所:横浜スタジアム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ

コメント

>>とにかく1打席1打席のことごとくをチェックしている。いや一球一球チェックする。

そんなに細かくチェックするんですか?そりゃああくびも
出てきますねぇ。(ごめん、せきもっちゃん)
でも選手にとっては1年分がこれで決まるんですから、
必死にもなりますよね。
| miltuchan | 2006/12/08 2:36 AM |

コメントする

トラックバックURL

http://anafremoukokai.tblog.jp/trackback/121574

トラックバック

今日スポーツ新聞を開けたら 目を真っ赤にしたアップの関本が・・・ どどしたん・・・関本・・・ 読むと凄いむかついた 交渉は選手にとって年に一回の場所なのに その場でフロント側があくびしたらしい ショックで頭の中が真っ白になり ひどく傷つた様子で会見し
| いつも☆阪神タイガース | 2006/12/08 9:56 PM |
関本 「あくび」されて涙の保留…  阪神・関本健太郎内野手(28)が5日、契約更改交渉に臨み、1000万増の4000万円(推定)を保留した。会見に涙を浮かべながら姿を見せると、交渉中に球団側の交渉役が「あくび」をしたことに「怒りではない」と話しながらも、ショッ
| 阪神守護天使・今日のおちちゃん | 2006/12/08 3:24 PM |
#%E:664%#音楽を停止させたい時は左側にあるSTICKAMで止めれます#%E:664%# グリーン上でラインを読む岡田監督=兵庫県加東市・タイガースGC 岡田監督 関本の涙に“援護射撃” 阪神・岡田彰布監督(49)が6日、兵庫県加東市でのゴルフコンペ(サンテレビ
| 女豹とランデヴー | 2006/12/08 7:20 AM |

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Category

Archives

Search

このブログ内の記事を検索

Recent Comment

Recent TrackBack

QR Code

Other