アナフレ猛虎会

皆様こんにちは。アナフレ猛虎会 通称”頑張れ阪神タイガース☆です。
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

虎!オープン戦4勝8敗1分

2019.03.21 Thursday



■2019/3/20 試合結果

対ヤクルト 2回戦 神宮

神|503 100 100|10
ヤ|100 000 000|1

神:青柳-能見-桑原-ジョンソン-藤川
ヤ:星-中澤-大下-五十嵐-風張-マクガフ-梅野
──────────
“お目覚め?猛虎打線“

猛虎打線が爆発!5アーチを放ち、10−1で圧勝しました。

一回には1死一、二塁から4番大山君が左中間に3号3ランを放ち先制。2死後、ナバーロ君、糸原君の2者連続ソロアーチで5点。D3位・木浪君は一回、右前打を放ち、オープン戦17安打とし、高山君のオープン戦球団新人記録に並びました。

 三回には1死からナバーロ君が左翼席に2打席連続アーチとなる2ランを放って追加点。さらに2死走者なしから梅野君が左翼へソロを放ち、9−1とリードを大きく広げると、七回には代打鳥谷君の右中間適時二塁打で10−1。

 先発の青柳君は6回を投げ、4安打1失点。開幕ローテ入りを確実にしたことも大きい収穫でしょう。
七回以降は能見君、桑原君、ジョンソン君、球児君のリレーで0点に抑え、開幕戦で対戦するヤクルトに勝利。さらに昨年終盤、オープン戦と続いていたヤクルト戦での連敗を11で止め、オープン戦通算4勝8敗1分けでございます。

アナフレ目線
2月オープン戦★★
3月オープン戦★★★△★☆☆★☆★☆
猛虎打線がやっとお目覚め???
確かに結果が出た野手は胸をなで下ろしていることでしょうね。そして青柳君が今シーズンはしっかり先発ローテ入りしてくれそうです。
水をさすわけではありませんが、開幕戦の相手ですから、猛虎打線の手の内を全て与えてしまったくらいの考えでいいのでは?おそらく矢野監督はわかっているでしょう。手の内を見せなかったのがヤクルト打線。
この球を投げれば打たれるという打者の好きなコースの情報を与えてしまっているのがこの勝利ですから。
ひとまずナバーロ君は猛アピールでした。
2月オープン戦★★
3月オープン戦★★★△★☆☆★☆★☆




参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:エフレン・ナバーロ内野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2019年03月16日


場所: 阪神甲子園球場











虎!オープン戦3勝8敗1分

2019.03.20 Wednesday



■2019/3/19 試合結果

対DeNA 1回戦 横浜

神|010 011 001|4
デ|001 502 00x|8

神:ガルシア-守屋-島本-石崎-飯田
ディ:バリオス-三上-国吉-エスコバー-山崎

──────────
“梅ちゃんには辛口“

やはり新監督は捕手出身だけに正捕手には辛口でした!

矢野監督は、2安打2盗塁刺と強みを発揮した梅野君の配球に「反省」を促しました。1−1の四回先頭、守屋君がDeNAのホセ・ロペス内野手を2球で追い込みながらも二塁打を浴び大量失点へつながった場面を例示。
あの1球が5点につながった可能性もあると・・・・
昨季17勝8敗のお得意様相手で、10勝3敗と相性のよかった横浜スタジアムでしたが、打線も8安打で適時打ナシの4点止まり。
守屋君に黒星がつき、オープン戦最下位脱出もならず。
頼られる捕手になれと、矢野監督は語気を強めていたようですね。


アナフレ目線
2月オープン戦★★
3月オープン戦★★★△★☆☆★☆★
オープン戦で必勝リレーテスト中の猛虎。16、17日の西武戦は9回を守護神候補の球児君、ドリス君が担当。17日は6回能見君、7回桑原君、8回ジョンソン君で継投するなどシーズンを見据えての投入。そして昨日は島本君、飯田君らも奮闘しており、さまざまなパターンをテストすることになり、
フレッシュなリリーフ陣を相性などによって注ぎ込む臨機応変のカメレオン継投が武器になる可能性も出てきました!
矢野猛虎の守りの野球の真髄が見えてきたような気がしますね!

2月オープン戦★★
3月オープン戦★★★△★☆☆★☆★




参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:藤川 球児投手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2019年03月16日


場所: 阪神甲子園球場











猛虎かく勝てり1718

2019.03.19 Tuesday


“猛虎打線のキーマン”

猛虎がいよいよ関東入り!
そして矢野監が18日、シーズンに向けて打線の青写真を語りました。
鍵は2番で、ドラフト1位・近本君を当確とし、3番・糸井君の前に走者がいるシチュエーションを作る役割を期待。チームはこの日、甲子園で投手指名練習を行ってから、19日のDeNA戦に備えて横浜入りしました。
なるほど〜兄貴金本が3番打者で、赤星君が走るあの2003年の星野猛虎を思い出しますね。

新監督の構想は、一回からビッグイニングを作ること。そのために2番に強打者を置くのが近年のトレンドですが、将が思い描く2番は違いました。
表明済みの3番・糸井君の前に置くのは、あくまでもチャンスメーカー。
宜野座での春季キャンプ中から「2番・近本」と理想像を描いてきた矢野監督。大砲がそろう打線はいらない。足攻ができる選手を入れたい。足が速いから併殺の可能性が低い。盗塁を警戒させて相手バッテリーを揺さぶることもできる。元捕手目線で見れば一番、嫌な打者。さらに小技ができれば…。そんな願いにルーキー近本君が応える。
3日のソフトバンク戦からスタメン2番に固定すると、ここまで打率・300。盗塁も5。前日17日の西武戦では三回無死一、二塁で絶妙なセーフティーバント。
矢野監督の1年目も、ドライチが孝行息子となりえるか・・・・キーマンは君だ!



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:近本 光司外野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2019年03月16日


場所:阪神甲子園球場



虎!オープン戦3勝7敗1分

2019.03.18 Monday



■2019/3/17 試合結果

対西武 2回戦 甲子園

西|000 010 200|3
神|007 000 00x|7

西:松本航-齊藤大-田村-野田-森脇-小川
神:西-能見-桑原-ジョンソン-ドリス

──────────
“甲子園初勝利“

今年も甲子園の勝利は難しいのかな〜
先日の生観戦で湿り切った猛虎打線にイライラの小生でございましたが、やはりこの頼れる男が打ってくれました。
福留さまが3回に2号3ランを放ち、「甲子園初勝利」にチームを導きました。この回打者12人の猛攻で7得点。今季42歳を迎えるベテランがその中心となっているのもどうかな〜と思いましたが、3月29日ヤクルト戦の開幕オーダーを想定した1戦で打線がつながり、得点力アップの課題克服に期待をもたせる勝利でございます。

アナフレ目線
2月オープン戦★★
3月オープン戦★★★△★☆☆★☆
甲子園でのオープン戦3試合で2敗1分と未勝利だった矢野猛虎!この日が開幕まで本拠地最終戦。昨年は大きく負け越した地元で嫌なイメージを引きずりたくなかったのは当然でしょう。そういう意味では大きな1勝。
指揮官は開幕戦を想定したオーダーを組んだことを示唆。木浪&近本の新人1、2番コンビが先陣を切り、主軸につなぐ。福留様がポイントゲッターぶりを発揮する場面は何度も見られそうです。
そしてこの日は、大山君も4番の仕事をしてくれています。糸井君の犠飛で1点を先制した3回なお1死一、二塁の場面。変化球に食らいついた左前タイムリーで、続く福留様の3ランにつなげてくれましたからね。
オープン戦とはいえ19年の甲子園初勝利。4回にも内野安打を放った4番大山君は、1試合1試合内容と結果を求められます!君のバットに猛虎の未来がかかっているのだよ!

2月オープン戦★★
3月オープン戦★★★△★☆☆★☆




参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:福留 孝介外野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2019年03月16日


場所: 阪神甲子園球場











虎!オープン戦2勝7敗1分

2019.03.17 Sunday


■2019/3/16 試合結果

対西武 1回戦 甲子園

西|000 000 230|5
神|001 000 000|1

西:武隈-伊藤-野田-森脇-小川
神:岩貞-浜地-藤川

──────────
“湿り切った猛虎打線“

寒空の甲子園生観戦!本年最初の聖地観戦も、惜敗でございます。これで昨年からの生観戦連敗更新中・・・・

ともあれ、
ほぼベストオーダーで臨んだ猛虎打線でしたが、メディアだけでは気がつかない課題がたくさん垣間見得ました。しかしながらルーキーの活躍は目を見張るものもありでございます。

ドラフト1位近本君が3回1死一、三塁からショートのグラブをはじき、左翼前に転がるオープン戦初タイムリーで初打点を記録。
5回にも2本目の安打を放ち、オープン戦5個目の盗塁も決めた男は、最低限犠牲フライも考えていましたとコメント。
甲子園の雰囲気は素晴らしいですと強心臓ぶりも発揮!
試合は糸井君や福留様の元気な調整ぶりも確認できましたし、虎の先発岩貞君も完璧。終わって見れば浜地君の失点で敗れましたが、課題も山積みな矢野猛虎の2019年を見届けて大満足。やはり聖地観戦はいいものです。


アナフレ目線
2月オープン戦★★
3月オープン戦★★★△★☆☆★
先発の岩貞君は速球が走り、低めにバンバン投げ込んで、捕手板山君のミットを心地よく鳴らしていました。調子良さそうですね〜今年はもっと勝ってくれそうな雰囲気です。
2番手浜地君は、失策こそ絡んでの失点でしたが、ボール先行でリズムが悪すぎ。一気に試合展開が重たくなり、野手のエラーを誘ってしまいました。
近本、木浪の1、2番コンビは他球団に脅威となるでしょう。元気がないのはやはり右打者。何故レフトスタンドに長打が出ないのか・・・・
ライオンズはベストオーダーではなかったにも関わらずの敗戦も反省かな。
さて皆々様!今年も一緒に甲子園に応援に行きましょう!
2月オープン戦★★
3月オープン戦★★★△★☆☆★




参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:近本 光司外野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2019年03月16日


場所: 阪神甲子園球場











猛虎かく勝てり1717

2019.03.16 Saturday


“未来の猛虎戦士”

やるじゃないか〜大学生!

メッセもビックリ!? プロ注目右腕の大商大・大西広樹投手が15日、猛虎2軍とのプロアマ交流戦に先発し、5回を被安打2、4奪三振で無失点と好投しました。
1軍メンバーの北條君、陽川君らをスタメン起用する中、1回は1番江越君、2番北條君を2者連続空振り三振でスタート。この日最速144キロの直球に鋭く落ちるフォークなどを交えて安定感ある投球で鳴尾浜を沸かせたようですね〜
ぜひ縦縞に来て欲しい人材のようです。名前を覚えておきましょう。

ともに投げ合って6回無失点だった開幕投手のメッセンジャー君も大西投手のピッチングに絶賛。スピードを変えたり変化球を交ぜたりして猛虎打線を抑えていたと注目。
猛虎のエースも驚く快投だったようです。

さて、試合は江越君が8回に決勝ソロを放ち、なんとかプロの意地?で猛虎が1−0で勝利しました。



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:ランディー・メッセンジャー投手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2018年07月16日


場所:阪神甲子園球場

猛虎かく勝てり1716

2019.03.15 Friday


“見えた開幕クリーンナップ”

開幕スタメンのクリーンナップ構想が見えてきましたね〜
小生本年初出陣であります16日の西武戦(甲子園)で糸井君を初実戦に臨ませることを明言した矢野監督。「糸井、大山、福留」のクリーンアップが揃い踏みとなり楽しみです。
 
1、2番に関しては、前日13日の中日戦で、D3位・木浪君と同1位・近本君がそろってマルチ安打と大活躍。なんと球団47年ぶりという「ルーキー2人の開幕スタメン」になる勢いが喜ばしいじゃないですか。
6番には新外国人のマルテ君。二塁は糸原君と上本君の争いですが、開幕が小川投手相手となれば、糸原君スタメンが有力。猛虎の要は当然昨季ゴールデングラブ賞を初受賞した梅野君でしょう。
打順は色々変化はあり得ますが、できればクリーンナップは固定できれば、チーム打率が低い猛虎打線でも、得点力アップにつながってくるに違いありません。
我慢の采配が矢野監督にできくるかもキーポイントかなあ〜
楽しみです!



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:糸井 嘉男外野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2018年04月13日


場所:阪神甲子園球場









虎!オープン戦2勝6敗1分

2019.03.14 Thursday



■2019/3/13 試合結果

対中日 3回戦 ナゴヤドーム

神|000 201 100|4
中|000 100 100|2

神:青柳-ジョンソン-尾仲-石崎-守屋
中:吉見-小熊-谷元-ロドリゲス

──────────
“4番の1発で勝つ“

猛虎が連勝してくれました。待望の4番打者の1発で!

生え抜きの大砲の育成−。チームを長年優勝から遠ざけてきた最大の課題はここでしょう。
昨季もロサリオ君で失敗しただけに、矢野監督はキャンプの実戦から大山君を積極的に4番で起用し続けました。
それだけ虎の4番は特別。期待を一身に背負って打席に立ち、チームの結果の責任をすべて受け止める。それだけに侍に送り出して成長した大山君の姿に、指揮官は目を細めていました。
試合は開幕ローテーション入りを目指す青柳君が先発し、5回4安打1失点7奪三振の好投も明るいニュース!
7三振のうち6つが空振り三振。2回に直球で奪った空振り三振を除いて、全てスライダーで三振を奪うなど変化球が効果的に決まったピッチング。5回まで全ての先頭打者を打ち取り、危なげない投球で試合を作り、猛虎がやっと連勝です!

アナフレ目線
2月オープン戦★★
3月オープン戦★★★△★☆☆
生え抜きとして開幕4番を務めたのは、2003年の浜中治(現打撃コーチ)が最後なのですね〜もうそんなに不在だったのかと・・・・やはり甲子園のレフトスタンドに飛び込むホームランは、相手チームの士気を止めるとともに、スタンドのアウェイファンの息の根を止める1発です。今年はそんなシーンをたくさん甲子園でみせて欲しいものです。
2月オープン戦★★
3月オープン戦★★★△★☆☆




参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:大山 悠輔内野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2018年04月13日


場所: 阪神甲子園球場











虎!オープン戦1勝6敗1分け

2019.03.13 Wednesday



■2019/3/12 試合結果

対中日 2回戦 ナゴヤドーム

神|010 120 001|5
中|001 000 102|4

神:藤浪-島本-守屋-飯田
中:山井-又吉-祖父江


──────────
“勝利の中の暗雲“

今シーズンの猛虎初勝利は、先発ローテ入りが期待されている若きエースの二軍降格という皮肉な結果がまとわりついた。

制球難克服を目指す先発登板は、4回で打者16人に71球を投げ、安打こそ許さなかったものの3四球1死球で1失点。けん制悪送球もあり、乱れる結果に終わった。
試合後矢野監督は、いったん2軍でもう1回つかむまでは時間が掛かってもいいと、2軍落ちを明言。さらに開幕ローテーションに間に合わない状況も覚悟していることを示しました。


アナフレ目線
2月オープン戦★★
3月オープン戦★★★△★☆
藤浪君に関しては、期待度が高いだけに・・・しかし結果的には1失点でまとめた投球であったと思いますがね・・・・どうなのでしょうか?
ベテラン福留様の好調ぶり、そして木浪君の開幕スタメンを決定づけるような猛打賞あり、毎年春季MVPに終わる汚名を返上したい島本君の好投により猛虎が初勝利を挙げましたが、あまりにも残念な藤浪君のファーム行きでございました。
内容はともあれ、勝利というものは転がってくるものですからということも、経験となるオープン戦でしょう。ともあれ、ファームに落とすよりも投げさせ続けることが大事な気がしてなりません
2月オープン戦★★
3月オープン戦★★★△★☆

画像は好調福留様です。この人が一番藤浪君に檄を飛ばしているでしょう!



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:福留 孝介外野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2018年07月16日


場所: 阪神甲子園球場

猛虎かく勝てり1715

2019.03.12 Tuesday


“右の大砲だよ猛虎ナイン”


オープン戦未勝利の矢野猛虎ですが、先日の巨人戦を見ていて感じたことがありました。

新助っ人のマルテ君が2戦連続安打を記録。3回の第2打席では三塁へのゴロで全力疾走。相手の失策を誘って出塁に成功。
確かにゴメス君以来の助っ人活躍に期待が高まりますね!
さて、今の猛虎の左打者は新人からベテランまで揃っていますが、レフトへ本塁打が出やすい甲子園に、右の大砲が現れていないことが鍵ですね〜
大山君、中谷君、陽川君、江越君といったところでしょうか・・・・
左投手攻略に苦戦を強いられている猛虎!
右の和製大砲が今年出現すれば、猛虎は変わりそうですね。


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:大山 悠輔内野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2018年07月16日


場所:阪神甲子園球場









虎!オープン戦6敗1分け

2019.03.11 Monday



■2019/3/10 試合結果

対巨人 1回戦 甲子園

巨|000 020 001|3
神|000 000 001|1

巨:今村-宮國-中川-桜井
神:西-馬場-石崎-尾仲


──────────
“今年はカモになるな“

今季初の伝統の一戦と言っても、昨年は8勝16敗と大きく負け越した猛虎。
甲子園に降りしきる雨が骨身に染みた試合でした。

ライバルは巨人と公言してきた監督だが、主力が合流したこの日も猛虎打線は湿ったまま。左腕今村投手を打てそうで打てず、5回を無得点。9回に1点を奪うのが精いっぱいだった試合。チーム打率は1割8分3厘。オープン戦は引き分け1試合を挟んで6連敗の窮状だ。12球団で唯一の白星なし。まだ調整期間とはいえ、矢野監督も危機感を募らせたのでしょう。

とはいえ、重量打線を3失点に抑えている猛虎投手陣の力投も事実。
また、主砲候補のマルテ君が連日安打の上向きで、2番候補の近本君は2死から自慢の脚力で二盗に成功。攻撃パターンもおぼろげながら見えてきた。4月2日の本番初対戦まで攻撃陣を整えるだけだ。

アナフレ目線
2月オープン戦★★
3月オープン戦★★★△★
昨季大敗した甲子園での開幕前の試合は残り2戦。悪夢をキレイさっぱり断ちたい。
悪い話題ばかりではないですね〜オリックス時代から甲子園は防御率0・76と得意としていた西君が登板!宿敵に3回1安打無失点と好投。開幕3戦目となる31日のヤクルト戦が有力で、“サンデー西”となる方向だ!
昨季8勝16敗1分けとやられっぱなしで11年連続勝ち越しがない巨人を相手に3回1安打無失点。柔和な表情で圧巻の25球を振り返っていました。
また中継ぎ登板18番の馬場君は失点こそあるものの首脳陣にアピール!故障から復活の西崎君も好投を見せてくれましたね。
2月オープン戦★★
3月オープン戦★★★△★


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:石崎 剛投手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2018年04月21日


場所: 阪神甲子園球場











虎!オープン戦5敗1分

2019.03.10 Sunday



■2019/3/9 試合結果

対日ハム 1回戦 甲子園

日|000 002 001|3
神|002 000 100|3

日:斎藤佑樹-バーベイト-石川直-公文-玉井
神:岩貞-浜地-ジョンソン-藤川


──────────
“勝利が遠い猛虎“

矢野体制でのオープン戦初勝利は目前で消えてしまった。1点リードの9回1死三塁。守護神候補の球児君が前進守備を破られる右前適時打を許し、同点に追いつかれました。
引き分けに終わり、矢野監督は、オープン戦だから負けていいと思って戦ってはいない。持ち越しで申し訳ないけどと・・・・
チームは5連敗中。12球団で唯一白星がない猛虎の行く末は・・


アナフレ目線
2月オープン戦★★
3月オープン戦★★★△
確かに勝利を目の前に逃したのは悔しいでしょうが、たかがオープン戦ですからね〜と言いたいですね。
負けに一喜一憂するよりも、3得点と3失点をもう一度分析しようではありませんか。
開幕2戦目の先発が期待される岩貞君が4回2安打無失点の快投で結果を残しましたね。
今季の本格導入を目指すカットボールを活用して3奪三振。投球フォームもあの井川氏を思いださせ、硬い仕様となった甲子園のマウンドにも適応し、二塁を踏ませない投球で首脳陣の信頼を高めています。
木浪君や復活の上本君もいい動きをしていました。
まだまだこれからって言いますか、公式戦からが真剣勝負。オープン戦はしっかりプレイできる状態を首脳陣にアピールだ猛虎ナイン!
2月オープン戦★★
3月オープン戦★★★△


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:猛虎ナイン


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2018年03月17日


場所: ナゴヤドーム











虎!オープン戦5敗

2019.03.09 Saturday



■2019/3/8 試合結果

対楽天 1回戦 倉敷

神|001 000 000|1
楽|320 200 00x|7

神:望月-島本-守屋-飯田
楽:岸-高梨-福山-青山-ハーマン


──────────
“沈黙の猛虎打線“


まだまだオープン戦ですからと余裕の言葉をかけられない現実の猛虎打線かな〜

若手主体で挑んだ楽天戦で岸孝之投手らに抑えられ、先発望月君も打ち込まれて完敗しました。

チーム打率1割8分6厘、防御率6・08は12球団ワースト。若手がアピールできず、矢野監督も春先から渋い表情とマスコミに掲載されては・・・・。
藤原オーナーが視察した御前試合も、打てず守れず、抑えられずで12球団で唯一オープン戦白星なしとあればなおさらでしょう。



アナフレ目線
2月オープン戦★★
3月オープン戦★★★
期待の若手をズラリと並べた布陣が、3回に新人木浪君の右前タイムリーで奪った1点だけ。必勝リレーにも歯が立たず、4安打で完敗。主力を温存した若手のアピール機会にも関わらずでしたが、まあ相手は開幕投手有力で通算122勝右腕の岸投手ですから!当然洗練された投球術に惑わされた感があります。
3点を追う2回が象徴的でした。4番陽川君は1球も振らず、外角低め速球に見逃し三振。遊撃レギュラー有力の北條君も打ちに行けず、ファーストスイングで外角スライダーを引っ掛けて三ゴロに倒れました。カーブやチェンジアップも絶妙にまぶされ、手も足も出ない若虎打線にはいい経験でしょう。
守備もまだまだスキだらけ。1回、望月君が196センチと巨漢の二塁走者ブラッシュ選手を警戒しきれず三盗を許し、1死一、三塁で一塁走者銀次選手の二盗を挟殺で阻止する間に、ブラッシュ選手に生還されました。手堅い守備も見せられず、オープン戦5連敗で、いまも「最下位」の呪縛は解けず。チーム打率はついに1割8分6厘まで落下し、先発陣が打ち込まれ、チーム防御率も6・08に悪化でいずれも最下位。
これらの教訓を抱き、自らのチーム力の現実を見据えて、勝利を一つ一つ重ねて行くには、一人一人がどんな結果を残すかをじっくり見直していこう!
もう開幕はすぐだ猛虎ナイン!
2月オープン戦★★
3月オープン戦★★★


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:猛虎ナイン


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2018年07月16日


場所: 阪神甲子園球場










猛虎かく勝てり1714

2019.03.08 Friday


“頑張れ原口”

大腸がんから復帰を目指す原口君が7日、術後初めてチームに合流しました。

この日は甲子園クラブハウス、鳴尾浜球場を訪れ、矢野監督らチーム関係者にあいさつ。室内でトレーニングを行うほど元気なようです。

取材に応じた原口君は、素直に喜びながらも最後にははっきりと目線を上げて誓ってくれています。必ず今シーズン中に1軍の舞台、甲子園に戻って活躍したいと!
そしてお立ち台に上がって、やりたいこともあるので、それを目標にしっかり今日から準備していきたいと!

背番号94が大歓声に包まれて甲子園に帰って来てくれますね〜



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:原口 文仁捕手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2018年07月16日


場所:阪神甲子園球場










猛虎かく勝てり1713

2019.03.07 Thursday


“ダークホース”

地味だよね〜本当に目立たない。だがその非凡な打撃センスをヘッドコーチは見逃していない。
清水ヘッドコーチが陽川君を4番に抜てきする可能性を示しました。
内外野守れるセールスポイント以上に、彼の打撃センスに注目をしています。
4番候補の大山君が調子を落としている中で、陽川君が今後のオープン戦で結果を残していけば逆転もありそうです。甲子園練習で一塁と外野を守った陽川君。本当に地味な男で、コーチが名指ししなければメディアに掲載されません。
しかしながら、猛虎4番候補のダークホースが出現です!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:陽川 尚将内野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2018年07月16日


場所:阪神甲子園球場









猛虎かく勝てり1712

2019.03.06 Wednesday


“必勝祈願”

矢野監督ら首脳陣と選手、スタッフら約160人が5日、兵庫県内の西宮神社で必勝祈願を行いました。
快晴のもと約1000人のファンも駆けつけた必勝祈願。
宮司の吉井良昭さんからは、今年は暖かく天候も良くて、早くから多くの方が来られ頼も大きな期待の表れであり、今年の阪神は新しい時代になっていると指摘。
藤原オーナーも矢野監督も初陣。新甲子園の設備も一新されたようでこれほど新しいものずくめなのは猛虎だけ。これほど縁起のいい年はないと話されていたようですね。
縁起がいいことは良いことです。今年の猛虎の必勝を願って応援いたしましょう〜皆様!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:猛虎ナイン


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2018年07月16日


場所:阪神甲子園球場










猛虎かく勝てり1711

2019.03.05 Tuesday


“聖地も刷新”

聖地甲子園球場のバックスクリーンにある大型ビジョンが8年ぶりにリニューアルされたそうですね〜19歳の虎党が目を輝かせながら教えてくれました。
これまで選手名と審判名、スコアと3面に分かれていましたが、新型は縦8・32メートル、横29・76メートルで1面化され、表示面積が1・6倍に。これまで以上に高解像度、高コントラストで、ビジョン全面を使った迫力ある演出が楽しめそうです。
セレモニーでは公式戦で演出予定の一部映像も公開。攻撃中には打者の応援歌を表示するなど球場の「一体感」を高める内容となります。
9日の日本ハムとのオープン戦から運用を開始し、4月9日の甲子園開幕戦のDeNA戦から本格的に運用します。
さあ皆様!甲子園で今年もお会いしましょう。小生は16日が初陣でございます!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:スタジアム


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2018年07月16日


場所:阪神甲子園球場










虎!オープン戦4敗

2019.03.04 Monday





■2019/3/3 試合結果

対ソフトバンク 2回戦 ヤフオクドーム

神|200 000 000|2
ソ|400 003 00x|7

神:メッセンジャー-ガルシア-西-藤川-ドリス
ソ:ミランダ-高橋礼-笠谷-甲斐野-森


──────────
“沈黙の猛虎打線“


矢野監督が早くも打線の奮起を求める渋い表情でございますね〜

オープン戦4連敗を喫した猛虎打線。
この日は1回に大山君が先制2ランを放つも、2回以降は沈黙。5安打にとどまりました。指揮官は連敗しているだけに、点をもっと取ってほしいと苦言。
結果が出ないマルテ君やナバーロ君もまだまだ快音響かず。福留さまや糸井君が出てくるのはこれから。それまでに主戦力を脅かす点の取り方をしていないことが不安なのでしょう。
目覚めよ猛虎打線!

アナフレ目線
2月オープン戦★★
3月オープン戦★★
キャンプ実戦から猛打爆発ばかりが話題になりましたが、いざオープン戦が始まれば調整段階の投手から点が取れない猛虎打線。
7番8番打者が活躍しても、得点力のある長打が出なければね〜シーズンを通じて決定力不足が心配されます。
今年も投手陣が踏ん張るしかないのか!
金ひげ魔神になったドリス君が8回に登板し、1回1安打無失点。2死から中前打を許すも、最速155キロを計測するなど力強さで結果を出しました。
中継ぎ、クローザーは順調のようです!
2月オープン戦★★
3月オープン戦★★


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:ラファエル・ドリス投手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2018年04月13日


場所: 阪神甲子園球場











虎!オープン戦3敗

2019.03.03 Sunday



■2019/3/2 試合結果

対ソフトバンク 1回戦 ヤフオクドーム

神|000 000 000|0
ソ|001 000 00x|1

神:浜地-能見-桑原-ジョンソン-藤浪
ソ:千賀-松田遼-二保-奥村-川原


──────────
“完封負けでも収穫“

完封負けはよかないけれど、収穫のあるオープン戦でしたね。


先発の若虎、浜地君が故郷で開幕1軍への夢をつなぎました。
3回を投げ3安打1失点。単長打を許し、無死二、三塁となった3回のマウンドも、犠飛による1点で踏ん張り、矢野監督は次も1軍で見たいと継続審議を決めた模様です。
福岡大大濠出身の3年目。母や親族が見守る前で圧巻だったのはソフトバンク柳田選手への真っ向勝負。1回は高めの144キロストレートで空振りを奪い、最後は145キロで中飛に仕留めた。
2回には今キャンプで元中日の川上憲伸氏に自ら直訴して学んだ136キロカットボールも試投。内川選手のタイミングを外し、右飛に打ち取ります。


アナフレ目線
2月オープン戦★★
3月オープン戦★
試合は完封負けでしたが、鳥谷君や藤浪君が実践での調整に手応え。また、若虎近本君があの甲斐キャノンから盗塁を奪うという大収穫も得られた矢野猛虎。
今は情報を展開できない時期かもしれませんが、浜地君の速球はソフトバンク偵察隊も唸らせたことでしょう。
早く甲子園で見たいな〜
2月オープン戦★★
3月オープン戦★


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:タイガースガールズ


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2018年11月23日


場所: 阪神甲子園球場











拝啓アナフレ猛虎会メルマガご購読者の皆々様

2019.03.02 Saturday

 



“開幕オーダー予想”

この時期になりますと気になるのが開幕オーダーでございます。
早々にアナフレ猛虎会『桧山を信じろ』さんからオーダー予想が届きました!

こんばんは!私は赤坂タイガーで、飲んでます!
阪神ファンの皆様に伝えたいのですが、私なりに今年のオーダーは、

1番 4 糸原
2番 8 近本
3番 9 糸井
4番 5 大山
5番 7 福留
6番 3 マルテ
7番 6 北條
8番 2 梅野
9番 1 メッセンジャー

なるほど〜やはり近本君を入れて、遊撃に再挑戦の鳥谷君を外し、4番はまだ結果が出てなくとも大山君を入れるところも面白いですね。
ファーストのマルテ君がどこまでスタメン出場できるかで、大きく猛虎打線に影響を及ぼしそうです。
私てきにはいつまでもメッセ君に甘えてどうするんや!ですけどね〜
岩貞君とか藤浪君が出なきゃね。

さてさて、皆々様のオーダー予想は如何に?


画像:岩貞 祐太投手


撮影:アナフレ猛虎会『うぽって!!☆』


撮影日:2018年03月17日


場所:ナゴヤドーム

猛虎かく勝てり1710

2019.03.01 Friday


“キャンプMVP”

春季キャンプを振り返り、準MVPに木浪君を挙げた矢野監督。それでは正MVPは誰かと言いますと、もともとアイツの姿勢はすごくいい。2軍のときからねと、北條君を選びました。
去年の苦しいときから常に彼の姿を見ていた監督だからこそでしょう。
新戦力としてマルテ君はまだまだ未知数。ナバーロ君は元気があり、首一つリード!
−二塁争いも激しい
想像以上に嬉しい誤算?は木浪君でしょう。準MVPの結果は、あまり結果が出ていない大山君をリードするくらいの好成績。ポジション争いはさらに激化しつつあります。
まだまだこれからでしょうが、マルテ君はファーストだけでなく、オプションとしてサードもあり得ると公表。監督の選択が一番難しく感じるこの時期が一番楽しいかもしれませんね〜矢野監督様。




参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:北條 史也内野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2018年11月23日


場所:阪神甲子園球場










Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recent Entries

Category

Archives

Search

このブログ内の記事を検索

Recent Comment

Recent TrackBack

QR Code

Other