アナフレ猛虎会

皆様こんにちは。アナフレ猛虎会 通称”頑張れ阪神タイガース☆です。
▼ 2009年猛虎春季キャンプリポート27
[ リーソップ ]

“弾けよ先発投手陣”

今日の安芸は雨のため、練習はドーム内で、特に走塁に力を入れて行われました。
昨日の紅白戦では、真弓監督の理想の攻撃パターンが見られましたね!
一番キャプテン赤星君がヒットと盗塁で突破口を開けば、2番闘魂賢太郎が進塁打でチャンスメイク(^_^)そして今季3番起用が確定しているのが人間になれ鳥谷君です。
見事な三塁打で先制点を奪う鮮やかなまでの攻撃パターンは、“真弓アタック”なんて言葉が生まれました(^_^)
また明日からのオープン戦では、沖縄での練習試合の反省を踏まえ、守備の方で送球ミスが目立ったところや、外野から内野への中継プレーなど、細かいチェックを加えて守りの強化をしていくと話している指揮官!
練習試合では勝利できなかっただけに、いよいよ明日からのオープン戦に向けて、真弓タイガースの勝利のパターンを見出していきたいところではないでしょうか。
安芸タイガース球場で行われる真弓タイガースのオープン戦の開幕試合。先発は期待の2年目プリンス石川君の予定です。サプライズ新井君やキャプテン赤星君ら、主力も初戦から出場が予定されています。
先発投手は安藤司令官、髭武者下柳、ガンちゃん岩田君の3本柱は確定的ですが、第4の投手が昨日の福原隊長やエースの暁の出来栄えでは未確定だと懸念され始めた真弓タイガース。
横一線に並んだのは、プリンス石川君、ミスタールーキー上園君、お杉、ウインター玉置君、オセロ白仁田君、オセロ黒田君、快速リーソップ君の精鋭です!
だれが一歩抜け出すか!
本日もブルペンで140球以上も投げたのはオセロ黒田君です。相方の白仁田君に前評判では完璧にリードされていますが、本人は気合充分ではありませんか〜
いやはや本日のゲスト解説はまたまた登場は岡田前監督!
かつてチルドレンと言わしめた筋肉マン桜井君に“激”を飛ばしていましたね〜打席の中で怖さがなくなっていると!2軍監督時代から期待を込めていたからこそ、歯がゆいのでしょうね〜同じくお杉君にも、9勝した年に10勝できるチャンスが3回くらいあったが遂にできなかった事や、7番バッターから始まるこの回は無難に抑えるだろうという時に打ち込まれてしまう等など!期待しているからこそ手厳しいコメントは、お気持ち重々わかりますですよ岡田様!
目の前に又とないビッグチャンスの空席があいているやないですか〜若虎達の弾けるような強烈なプレーが飛び出すことを期待しませう!このオープン戦で(^_^)
画像は迫力満点の後ろ姿の快速リーソップ君です。先発ローテ枠を狙う絶好のチャンスを逃がしませんように(^_^)

参考文献:阪神タイガース公式サイト

画像:クリス・リーソップ投手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:08年9月20日

場所:東京ドーム

☆頑張れ阪神タイガース☆


人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 08:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 2009年猛虎春季キャンプリポート26
[ 新井 ]

■2009/2/26 試合結果
紅白戦 安芸

紅|000 000 01|1
白|211 100 00|5

“明暗クッキリ”
本日の安芸では、昨日できなかった紅白戦が順延して行われました。
さすがですね〜実戦初出場のサプライズ新井君がいきなりの大爆発です!初回、一死三塁からセンター前へタイムリーを放つと、先頭で回ってきた次の打席では、超特大弾を左翼へ運び、2打数2安打2打点の活躍(^_^)
また、開幕投手が内定している安藤司令官が先発し、予定の3回を2安打無失点に抑える順調な仕上がり。新球のツーシームに自身手応え十分で、使えるメドが立ちそうです。
同時に明暗を分けたのは、紅組先発の福原隊長です。まだまだ球に切れがなく、6割くらいの調子でしょうか。まあ今現在がピークでは長いシーズン持ちませんから、徐々に本調子へとコンディションを作りあげてもらいたいもんです。
エースの暁金村君も、まだまだかな〜て感じのピッチング。おやおやスライダー泰君お久しぶりじゃないですか。
少し肘の使い方が変わったかな〜昨年故障したから以前の縦縞時代と違いますね。意地で残った一軍帯同切符で一挙に支配下へ昇格だ!がんばれ〜(^_^)

その他、魔術師アッチソン君も早くも実戦登板し、1回をわずか10球で三者凡退に抑え、順調な仕上がりぶりに監督もニンマリです。

しかしながら上本君は新人離れしていますね。選球眼といい粘りといい、守っては球際の強さを魅せてくれました。彼は一軍切符確定です。
小生はもうひとり能見君にも着眼いたしました。投球フォームがかわり、捕らえどころのないピッチングに変身しています。
マウンドで打者に対する視線を一瞬切ると表現していましたが、足を上げて下ろす瞬間に視線を一塁側に向けるフォームは髭武者下柳君等と同じです。
時折サイドスロー気味に投げたシーンも垣間見られ、今シーズンの彼のピッチングにも期待が持てそうな気がいたします。
明日は本来休日予定だったのを敢えて練習に変更しました。
鬼の真弓監督に変身か?などとうたわれていますが、いよいよ明後日からオープン戦に突入です(^_^)
もうあっという間に開幕ですね!


参考文献: 阪神タイガース公式サイト

画像:新井 貴浩内野手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:08年5月6日

場所:東京ドーム

☆頑張れ阪神タイガース☆


人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 08:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 2009年猛虎春季キャンプリポート25
[ ジェフ・ウイリアムス ]

“ブルペン大将始動”
昨夜から降り続いた雨の影響でグラウンド状態が悪く、予定されていた紅白戦は明日に順延となりました。
今日の一押しはこの男でした!
ブルペンにて、安芸キャンプに入って初めてピョン吉ジェフ君がピッチングに登場(^_^)
軽い立ち投げを終えると良妻矢野様が登場し、座ってミットを構え36球。
そして投げ終った後はすぐにVTRを見てチェックを行い、その後はサブグラウンドで確かめるように何度もサイドから腕を振ることを繰り返していたそうです。
縦縞にきて7年目のシーズンを迎える男。今年は調整のペースが少し遅いのではないかと心配されますが、むしろ昨年早めの調整の失敗を教訓にしているようです。
昨年の反省としてもう一つは、兎さんに簡単に打ち込まれたこと。
その対策としてツーシームの腕の位置、リリースポイントの修正を挙げて、若虎投手陣達を率いるブルペン大将を今年も就任してくれることも誓ってくれました(^_^)

近年たくさんの助人がタイガースにやってきました。ダンディーシーツ君とジェフ以外はほとんどそのシーズンを終える前に戦力外になってきました。
単身で日本に来て実績を残し続けることは、簡単なことではありませんね。
投手コーチが手取り足取り付きっ切りの若虎投手陣に比べて、入念に自分だけでフォームをチェックしているジェフ君の姿に、大人のプロ野球選手を感じました。誰に相談することもなく、ひたすら矢野様のミットだけを信じて投げ込む豪州が生んだ名セットアッパーの09年が本格始動です。

本日は室内練習場での映像でしたが、まあ好天続きで真っ黒に日焼けしたナインにとってはいい骨休めになったのではないかな〜
真弓監督が久慈コーチにノックしていたシーンが印象に残ったキャンプリポートでしたね(^_^)
侍ジャパン球児君が今晩の強化試合でクローザー登板しました。いや〜京セラドームの虎党は大喜び!いやはやしかし野手はそうそうたるメンバーですね〜でも縦縞戦士の野手が居ないのが不思議やな〜と思えたのは小生だけでしょうか?
球児君とガンちゃんがんばれ〜(^_^)

参考文献: 阪神タイガース公式サイト

画像:ジェフ・ウイリアムス投手

撮影:アナフレ猛虎会『広報部長☆』

撮影日:06年7月1日

場所:東京ドーム

☆頑張れ阪神タイガース☆


人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:44 | comments(0) | trackbacks(2) |
▼ 2009年猛虎春季キャンプリポート24
[ 浅井 ]

“主力が総仕上げに”

今日から最終クールに入った安芸キャンプ。これまで行われた練習試合や紅白戦での反省を踏まえて、内外野連係プレーや投内連係に力が入ります。
そしてアラフォートリオを中心とした主力選手たちのエンジンも温まりつつありますね(^_^)
今日より8連勤というハードスケジュールとなる最終クールに早くもファンサービスをしてくれたのは、左ヒザ手術から順調に復帰への道を歩んでいる兄貴金本様!
外野ノックに初めて加わり、28日からのクールではフルメニューに参加することに照準を合わせています。
明日はキャンプ最後の紅白戦ですが、いよいよ主力クラスが登場。
先発は安藤司令官と福原隊長です(^_^)
さしずめ開幕投手の本命と大穴対決ってかんじですな!
安藤司令官は3イニングを予定しています。首脳陣の評価があまりにもいいので、どんなピッチングをしてくれることやら^^
特に新球のツーシームの出来栄えがメインテーマだそうです。注目しませう(^_^)
もちろん、隊長のピッチングも忘れませんで〜ご本人は忘れちゃ困るぜって心境ではないでしょうかね〜

さて、若手投手陣ではオセロ白仁田君や黒田君が注目を浴びていますが、そうは問屋が卸さないコンビがミスタールーキー上園君とプリンス石川君ですね。
上園君は昨年から周りしたシーズンでしたが、今年はストレートの勢いがある分フォークボールの威力が戻ってきました。プリンス石川君は落ち着き払ったマウンドで、経験以上の安定感はお墨付きです。
先発ローテ枠は、層の厚みが厚ければ厚いほど頼もしいじゃないですか。
一軍居残り組となった玉置君や、大穴復活の三桁中村泰君だって忘れちゃいませんで〜(^_^)

また野手ではおやおやプーさん浅井様!再びマスクをかぶっての勇姿はお久しぶりです。

また藤原君も一軍に帯同しているじゃありませんか〜
とくに両雄はなりふりかまわずどのようなケースであれ、一試合でも多く出場していくことが大切なはず!たとえピンチランナーや守備固めでも出場すれば、ミラクル豊君(中村現守備コーチ)のような人生を転換するようなビックプレーが起こりえますからね。
又それがプロ野球の醍醐味でもあるじゃないですか。
その他、桧舞台桧山様やキャプテン赤星君も実戦初出場で、いよいよ仕上げの段階に入ってきた猛虎春季キャンプ2009!
あっという間にオープン戦でっせ〜(^_^)


参考文献: 阪神タイガース公式サイト

画像:浅井 良外野手(左)

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:06年9月23日

場所:東京ドーム

☆頑張れ阪神タイガース☆


人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 2009年猛虎春季キャンプリポート23
[ 玉置 ]


“帰阪組若虎にエールを送る”

本日は今キャンプ最後の休日。さらには昨日二軍キャンプは打ち上げとなり、サバイバルの明暗が結果として現れた時期となりました。

ネタ切れってわけではありませんが、本日は一軍帯同組にのこれず帰阪した若虎達にエールを送ります(^_^)

先日も投稿させていただきましたが、猛虎キャンプリポートのテーマソングが小生非常にお気に入りでして〜
本日はエンディングテーマ曲をを投稿させていただきます!





『YELL』


涙はいらないと

寂しさは見せまいと

この街での君を 笑顔で

かけたい言葉なら 山ほどあるのにな

言えば涙出そうで言えず

さよなら 手をかざし揺らすたびに

旅立つ 君の後ろ姿遠く

君を追ってその背中に
届けた僕のYELL

からまって言えない思いを

もっと もっと 込めて

つつみたいその背中かが

寂しさくれないように
いつだって一人じゃない

ずっと ずっとYELLを
君へ〜


いつだって振り向いてよ

前なんて見えない日に
遠ざかった街の方角を
もっと もっと感じて
届くって信じてるよ

いつだって君にYELL

今日だって明日だって僕は

ずっと ずっと 送るよ

君へ〜



本日の画像は、先発ローテ争い枠に残ったウインター玉置君です!おめでとう(^_^)
そして鳴尾浜に帰った若虎の奮起に期待しようではありませんか!


参考文献:猛虎キャンプリポートエンディングテーマ

作詞・作曲:KUMI 『YELL』

画像:玉置 隆投手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:08年9月20日

場所:東京ドーム

☆頑張れ阪神タイガース☆


人気blogランキングへ


author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 2009年猛虎春季キャンプリポート22
[ 39小宮山 ]

“育成枠がおもしろい”

■2009/2/22 試合結果
紅白戦 安芸

紅|000 010 0|1
白|000 000 0|0

本日も1、2軍合同の紅白戦。午後からの天気予報が悪かったため、1時間前倒しで11時半から行われました。本日のオーダーは以下のとおり

<紅組>
1(中)大城
2(二)上本
3(遊)鳥谷
4(指)林
5(一)今岡
6(右)桜井
7(左)野原祐
8(捕)岡崎
9(三)坂
先発 玉置

<白組>
1(三)藤本
2(二)関本
3(一)葛城
4(右)メンチ
5(指)高橋光
6(中)浅井
7(左)高濱
8(捕)狩野
9(遊)大和
先発 上園

本日はなかなか見ごたえのある投手戦でしたね〜(^_^)
白組先発ミスタールーキー上園君は三回を無失点でマウンドを降りました。昨年4勝に終った悔しさを晴らすかのように投げ込んだ沖縄キャンプでは、真弓監督からも高く評価されています。開幕一軍切符にグッと前進です!
同じく紅組先発はウインター玉置君も毎回ランナーを背負いながらも0点に抑え、結果を出しました。昨日の脱一発病阿部君も好投しており、先発ローテ争いは益々熾烈を極めてきました。

さて、本日のゲスト解説者は有田氏です。言わずとしれた捕手に対する辛口解説者ですね(^_^)。常にキャッチングに対して厳しくコメントをされていますんで〜直接指導して欲しいな〜と毎年感じてしまう小生です。
本日そんななかでいいプレーを魅せたのは、小宮山君でした。
リードもさながら、盗塁を刺し、かつクリーンヒットを放つなどの猛アピール。
今日でファームは帰阪しましたが、紅白戦を振り返った真弓監督は、ファームから投手4人、野手4人を残留させることを明言。
今後もオープン戦でまた頻繁に入れ換えるよとも話しています
不思議と育成枠の選手が目立つような感じもしますが、上本君は完全に一軍切符を手にした感がありますな〜お目にかかれること楽しみにしております(^_^)


参考文献:阪神タイガース公式サイト

画像:小宮山 慎二捕手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:07年10月3日

場所:明治神宮球場

☆頑張れ阪神タイガース☆


人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 2009年猛虎春季キャンプリポート21
[ 35坂 ]


“真弓スモール野球を見た”

■2009/2/21 試合結果
紅白戦 安芸

紅|013 020 0|6
白|000 200 0|2


最高の野球日和となった本日、2009年初の紅白戦が行われました。オーダーはご覧のとおり。

<紅組>
1(二)上本 
2(中)平野 
3(一)関本 
4(右)林 
5(指)今岡 
6(左)桜井 
7(三)野原将 
8(捕)岡崎 
9(遊)大和 
先発 阿部 

<白組>
1(二)藤本 
2(三)坂 
3(遊)鳥谷 
4(指)メンチ 
5(一)葛城 
6(右)浅井
7(左)庄田 
8(捕)狩野 
9(中)柴田 
先発 石川 

ファームの練習や紅白戦で平田監督から実戦向きとのお墨付きを貰っていたはじめましてルーキー上本君!なかなかやるじゃないですか(^_^)
紅組1番・セカンドでフル出場し、1安打2盗塁で猛アピール!
モンキー藤本、ハッスル平野、坂君とのセカンド争いへ参戦が確定。
またDHで出場したの天才今岡君は、昨日真弓監督からシンプルになれと指導を受けた成果か、2本の二塁打で4打点の大活躍!どうやら今年のキャッチフレーズは、天才ではなくシンプル今岡君に決定です(^_^)

白組先発のプリンス石川君は、3回4失点で降板はドンマイ。まだまだボールが高めに浮いていましたね〜出直しです。

本日の紅白戦の感想は、スモール野球の素晴らしさですね!投手のできや、打者の活躍以上に非常に嬉しかったことは、走塁面の充実!
小生は初回にでたランナーの坂君や上本君等が盗塁を決めたこと以上に、坂君が牽制球アウトになったことに着目します。タイムリーを打ったランナーメンチ君が、コーチーの制御サインを無視して当然のごとく本塁へ突入したこと等など(^_^)
真弓スモール野球の一番の変化ポイントは、リードの大きさと積極的な走塁ですね!
さらにはその積極的な走塁が、野手のスローイングミスや連携プレーミスがあったことも見逃せません!
明日の紅白戦も楽しみです(^_^)

参考文献: 阪神タイガース公式サイト

画像:坂 克彦内野手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:07年7月10日

場所:東京ドーム

☆頑張れ阪神タイガース☆


人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 08:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 2009年猛虎春季キャンプリポート20
[ 新井 ]

“快音よ響け”
一晩降り続いた雨も朝までには上がり、第5クール2日目の安芸タイガース球場は、時折 暖かい太陽が顔を覗かせる一日。守備練習などは室内でしたが、フリー打撃はメイン球場で行われました。

若きリーダー格の人間鳥谷君が、本格的に打撃練習を再開! 12日 宜野座の特守で右手薬指を捻挫して以来、8日ぶりに屋外で快音を響かせました。どうやら心配なさそうです(^_^)

怪力メンチ君は連日ランチ特打に登場。柵越えは4本とやや少なめでしたが、鋭い打球を左へ右へと飛ばしているところを鑑みるに、ミートを重視し始めたのかな〜シートノックでは強肩も披露したそうな!是非ともお目にかかりたいですね〜強肩の外野手は猛虎に久々の登場とあれば、まさに真弓監督の構想そのものです。

1軍とファームの選手が生き残りを懸ける紅白戦の先陣を切って、明日はプリンス石川君と脱一発病阿部君が先発します。

この紅白戦からが、ある意味真剣勝負のサバイバル戦がはじまります!
とにかくつまらぬケガだけに気をつけて、思い切ってプレーをして欲しいですね。

話をフリーバッティングに戻します。本日の安芸球場は音楽が流れていなかったので、まあいい快音が響きわたっておりました。
小生が注目したのは、サプライズ新井君です!
スタンドイン以上に広角にかつライナー性の当たりを素晴らしい快音とともに飛ばしてくれました。
腰に負担のかからないようなスイングになっているような気がいたします。ゴルファーが飛距離を出すような強引なスイングが影を潜めて、コンパクトなスイングでピンポイントに力を集中させている、ベイさんの村田選手に劣らぬスイングに感じました。

最後に、本日は野球以外の話題をお許しください。
今年の猛虎キャンプのテーマソングを歌うシンガーソングライターのKUMIさんの曲がとってもいいですね〜ゲスト出演していましたが、サバイバル戦を続ける若虎戦士達にとっても大変励みになるような曲だと思いました。オープニングもいいですが、個人的にはエンディングの曲がいいですな〜(^o^)
”未来のストーリー”

参考文献:阪神タイガース公式サイト

画像:新井 貴浩内野手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:08年5月6日

場所:東京ドーム

☆頑張れ阪神タイガース☆


人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 08:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 2009年猛虎春季キャンプリポート19
[ 今岡 ]

“二次キャンプスタート”

一軍キャンプメンバーが高知県安芸市でファームと合流し、いよいよ二次キャンプがスタートしました。予想どおり好天続きの沖縄から一転肌寒くなった二次キャンプの最初のクールとなる22日までの4日間は、一軍とファームのメンバーが一緒に練習を行います。

初日のランチ特打には、いきなり兄貴金本と怪力メンチ君が登場。アーチ競演に四国のスタンドも大喜びでしたね(^_^)

さて、沖縄でお目にかかれなかった大城君、柴田君、上本君の若虎3選手はシートノックに続き、特守でも一軍練習に加わりました。
一軍首脳陣が見つめる中、宜野座キャンプに参加できなかったメンバーにとっては、またとないアピールの場。もっともっと元気を出して目立って欲しいな〜

本日小生がまじまじと観察させていただいた選手は、なにを隠そう天才今岡君です。
いきなり新監督からレギュラー構想から外された本人にとっては、いつもながら飄々と練習を続けていますが、天才にとっては最大の屈辱ではないでしょうか。自身のポジションであった三塁と、ファーストミットを購入していた一塁手のポジションが、監督の構想外となっては、本人にとってはたまりません。
このまま終わるような千両役者ではないことは、我ら虎党が一番存じ上げております。

君の勝負強いバッティングに何度感動を与えてくださったことか!
本日のフリーバッティングを見て、解説のムッシュ吉田氏が直々に解説をしていただきました。最後まで右手を握って振り切って欲しいな〜と。たしかにフォロースルー時に片手で打っているように感じてしまいます。
小生は天才今岡君がまだまだ右手をかばっているんではと感じてしまいました。
やはりバネ指の後遺症が残っているのか?または完治していないのか?天才のバットコントロールならではの宿命のようなケガだったのかもしれません。

天才は必ず今年もまた勝負強さを魅せてくれるに違いありません。
信じてまっせ〜今岡様(^_^)

初日の合同練習を振り返って真弓明信監督は若手の動きがいいのにニンマリ。これから始まる紅白戦での若手の活躍を楽しみにされています。
もちろん、最強の打点王!今岡君の復活も!

参考文献: 阪神タイガース公式サイト

画像:今岡 誠内野手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:06年9月23日

場所:東京ドーム

☆頑張れ阪神タイガース☆


人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 2009年猛虎春季キャンプリポート18
[ 杉山 ]


“守りの真弓野球だ”

内野の守備力は引けをとらないが外野の守備力は劣る。少しでも守備範囲を広げるように常に選手に伝えている。
安芸キャンプでのレベルアップは、若い実績のない選手に対して、紅白戦をやってかなり入れ替えをしてチームを活気づけたい。
解説者湯船氏の真弓監督へのインタビューです。

本日猛虎一軍キャンプメンバーが、伊丹から空路高知入りしました。
安芸市での第二次キャンプは、22日までトレーニングを行うファームと同じ敷地内で行われる事から、若虎たちにとっては一軍首脳の目にとまる千載一遇のチャンスでもあります。
本日のスカイAの猛虎キャンプリポートはダイジェスト版で、安芸キャンプの風景も放送してくれますんで、非常に愉快な気分で鑑賞できました(^_^)
育成枠の野原君はじめまして(^_^)実に素直な好青年ですね〜なんだか肩の力が抜けて仕事の疲れを吹き飛ばしてくれるような雰囲気をもっていて、支配下選手になったら人気が出そうやね〜さっそく小生は、ライオンズの中村選手と重なってきました。まさに“縦縞のおかわり君”がんばれ〜
おひさしぶりです八木コーチ様!ファームにて黙々と若虎の育成に従事されておりますね〜未来の代打の神様を是非とも育ててくださいな!

おっとっと そこに居るのは背番号17番もみあげを剃ってスッキリのお杉さんじゃありませんか。
昨年は一番悔しい年となったので、何気に今年は自己最多の二桁勝利宣言が飛び出しました。その貪欲さが大事でっせ杉山様!

今夜は真弓監督のインタビューから小生今シーズンのタイガースは守りを重視した野球になることを想像します。
ちっと戦略をしゃべりすぎかな〜なんて心配もしちゃいますが、愛嬌ですかね〜。
サード新井、ファースト賢太郎のコンバートもさながら、メンチ君の守備力を高評価されていました。加油!林君以上の守備力を期待されていますね〜

安藤司令官の調子がいいことや、ガンちゃん岩田君が若手の底上げの先頭をきって今年も確実に成長して欲しいこと、司令官とガンちゃんの二枚看板構想等等、真弓監督のやりたい構想が画面からしっかり伝わってきます。
キャプテン赤星君も監督の実行したいことを明確に選手たちに伝えてくれていると、選手会長として、監督を評してくれました。

明日からの安芸キャンプ。暑かった沖縄に比べて気温も下がり、選手たちにとっては一次キャンプの疲れがたまっていることから、かえって涼しい安芸キャンプは好条件になるかもしれません。
とにもかくにもケガの離脱だけは避けねばなりませんからね。


参考文献: 阪神タイガース公式サイト

画像:杉山 直久投手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:07年5月12日

場所:明治神宮球場

☆頑張れ阪神タイガース☆


人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:38 | comments(0) | trackbacks(1) |
▼ 2009年猛虎春季キャンプリポート17
[ ジェフ・ウイリアムス ]

“宜野座キャンプ打ち上げ”

本日、宜野座の一次キャンプが打ち上げとなりました!
最終日のフリー打撃には、福原隊長と安藤司令官が登板。そしてブルペンでは、スロー調整で来ていたピョン吉ジェフ君が今キャンプ初めての投球を30球ほど行いました。
ジェフは本当に素晴らしい投手ですね。大きなけがもなく、シーズンをとおしてコンスタントに実績を上げていきます。
今年も左打者キラーは健在です(^_^)

また、右手薬指を痛めて別メニューだった人間鳥谷君は、ドーム内で故障後初めてティー打撃を行いました。先日久慈コーチの件を述べましたが、今年は内野手の要として一際成長を魅せてくれる予感がいたします。とにかく例年になく守備練習で汗を流していますからね。チームワーストの失策数の名誉挽回を期待します!

恒例のキャプテン赤星君の音頭で一本締め。毎年のことですが、来年はこの地にチャンピオンフラッグをなびかせる事を心に誓いあいました。

真弓監督も満足そうに総括。
鉄腕久保田君とひろしバルディリス君の離脱はご不満の様子です。ひろし君はすっかり監督の戦力構想になっていることを裏付けるような監督発言でございます。

キャンプで特に目立った選手に、野手ではモンキー藤本とボヘミアン葛城君を名指しでコメント。開幕投手間違いなしとフライング発言で絶賛していた安藤司令官は別格として、投手ではミスタールーキー上園君、オセロ白仁田君、プリンス石川君の名前を上げています。

不肖『頑張れ阪神タイガース☆』が沖縄キャンプで感じたことは、やはり若虎、特に野手陣の迫力不足ですかね〜
アナフレ猛虎会の皆様はどんな印象でしたでしょうか。
モンキーやボヘミアンは既に中堅を越えてベテランの域に達しています。実績のあるサプライズ新井君や人間鳥谷君、闘魂賢太郎などは別格としても、シーズン中ファームと一軍を行ったり来たりしているメンバーの迫力不足に少々不満でございます。
真弓監督は史上最強の一番打者として、相手チームの投手陣を震えあがらせた人物です。初球の甘い球を見逃すような若虎に期待はしていないはず。
打って走って、投げての三拍子を備えた、ユーティリティーなプレイヤーが急務な阪神タイガース。
安芸キャンプでの昇格選手にも注目して、とにかく若虎に焦点をあてて、投稿を続けたいと思います。
 
参考文献: 阪神タイガース公式サイト

画像:ジェフ・ウイリアムス投手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:08年6月11日

場所:埼玉西武ドーム

☆頑張れ阪神タイガース☆


人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 2009年猛虎春季キャンプリポート16
[ アッチソン ]

“まだまだ横一線だ”

ここ数日はスッキリしない天気が続く沖縄地方。練習試合内容もスッキリせず、ファンとしてはまだまだ物足りなさすら感じてしまいますが、曇り空の宜野座では投内連係などが行われ、プリンス石川君やオセロ黒田君ら若手投手が練習に加わりました。
相変わらず走塁練習は多彩なバリエーション。一次キャンプも終盤に来て、実戦的なメニューが多くなってはきていますね(^_^)

フリー打撃には魔術師アッチソン君、牡丹餅江草君、脱一発宣言阿部君、ウインター玉置君らが登板。各投手ともに今年は期待がもてますね〜素晴らしい内容を見せてくれています。
とくに来日1年目の昨季は途中からリリーフに回って、終盤はフル回転した魔術師アッチソン君は、力のある球で打者を詰まらせ、仕上がりは順調のようです〜
昨季66試合に投げた中継ぎの貴重な戦力大リーグボール渡辺君も速球がよく伸びて、打者の胸元に食い込んで行きます。
おやおや茶髪が目立ちますね〜エースの暁金村君は、天才今岡君、キャプテン赤星君といった実績ある面々と手合わせ。持ち味の変化球を交えて、実戦段階への手応えを探っていました。やや左肩の開きが早いのでは〜との解説は福家様。猛虎投手陣全員の仕上がり状態を熟知されていますね〜毎日ブルペンでのお勤めはほんまにご苦労さまでございます。

今年はJFKが解散します。これまでのセットアップ より一段昇格して“打倒ジェフ”を掲げるサウスポーは、もう牡丹餅の称号を格上げさせていただきましょう。打倒ジェフ江草様(^_^)
打者に対しても持ち前の早いテンポで小気味良く投げて、マイペースを崩しません。テンポの良さは好調の証!JFKならぬ、文字どおりJEFになりそうな勢いです。
仲良し球児君とダブルお立ち台が実現しそうな予感かな〜

さてさて投手ばかり褒めてしまいましたが、ランチ特打に指名されたのは、ご存知宿命のライバル?加油!林君と筋肉マン桜井君です。
熾烈な右翼定位置争いの中、練習試合でメンチ君が一発を放った一方でノーヒットに終わり、危機感を口にしたのは筋肉マン桜井君。同じく無安打だった加油!林君にとっても発奮材料が増えました。
ケージ裏では真弓監督が桜井君に直接アドバイスするシーンが見られましたね〜(^_^)
やはり彼ら中堅が勢いつかねば迫力が感じられないキャンプとなってしまいますもんね。

細身ながらパワーを秘めた林君と、いかにも力がありそうな桜井君との左右の大砲のレギュラー争いはまだ横一線の模様です!


参考文献: 阪神タイガース公式サイト

画像:スコット・アッチソン投手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:08年4月6日

場所:東京ドーム

☆頑張れ阪神タイガース☆


人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 08:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 2009年猛虎春季キャンプリポート15
[ 藤本 ]

“迫力不足の打線に警告”

WBC日本代表候補のガンちゃん岩田君と火の玉球児君が16日からの代表合宿に参加するため沖縄キャンプから離れました。
両雄の国際舞台での大活躍を期待したいですね〜(^_^)やってくれますよこの二人なら必ず!

さて、本日は燕さんとの練習試合!真弓阪神が初めてビジター用ユニフォームで臨んだ開幕戦の相手との練習試合は浦添市民球場に猛虎がやってきました。
結果は敗戦でしたが、収穫と課題の両方が残った練習試合となりました。

5番指名打者でスタメン起用したケビン・メンチ君が、4回表の第2打席に橋本投手が投じた内角低めの変化球をジャストミート!左翼ポール際に運ぶ来日第1号を放って鮮烈デビューを果たしました(^_^)
左腕一本で運んだ感のホームランでしたが怪力はすさまじいものです。弾丸ライナーでアッというまにレフトスタンドに白球が消えていきました。荒削りかもしれませんが、この迫力は今の猛虎打線には必要ですね〜楽しみです。

期待の先発オセロ白仁田君は、3回を投げて2失点。2回裏のピンチで右中間へ先制三塁打を許すなど、納得行かない表情でマウンドを降りました。
球の切れもさながら、変化球を多投もいいですが、少しボールが高めに浮いていたかな〜課題の残るピッチングでした。出直しです。
試合はスコアに関係なく9回裏まで行われ、5対1の敗戦。真弓監督の初白星はオープン戦まで持ち越しとなりました。

内容はともかく、小生個人的には少々がっかりですかね〜メンチ君のことで先ほど述べましたが、モンキー藤本の2安打こそあったものの、若虎打線は迫力不足!
かえって燕打線の粘り強さばかりが目立った試合でしたね〜
もっと溌剌とした若虎達の姿を期待したいですな〜安芸キャンプ後のオープン戦に期待しましょう。


参考文献: 阪神タイガース公式サイト

画像:藤本 敦士内野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:07年10月3日

場所:明治神宮球場

☆頑張れ阪神タイガース☆


人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:20 | comments(0) | trackbacks(1) |
▼ 2009年猛虎春季キャンプリポート14
[ 桜井 ]

“好球必打!チャンスを逃がすな”


いやはや関東地方も沖縄?ってくらい暖かな一日だった本日、宜野座では最終となる第4クールに突入いたしました。
沖縄は午前中から小雨混じりで少し湿度を感じるコンディションにもかかわらず、バレンタインデーと週末が重なって、女性ファンも多数訪れていたとか。
まあこんな結果もたまにはいいでしょう〜第1位はアイも変わらず髭武者下柳君の15個は、3年連続1位だそうです!2位は加油!林君で11個。3位がキャプテン赤星君の10個、4位は兄貴金本と桧舞台桧山君で、ともに8個。6位は良妻矢野様とハッスル平野君、火の玉球児君で、いずれも7個という結果だったそうな(^_^)
羨ましい〜のなんのって・・・アナフレ猛虎会の皆々様はおいくつ“いただき”〜“差し上げ”ましたかな〜?因みに小生はチョコならぬ栄養ドリンクを頂戴いたしました(^_^)
さて、宇宙人も人の子鳥谷君が12日の特守で右手薬指を痛めて、別メニューとなりました。捻挫ですが、幸い骨には異常がなく2〜3日様子を見るとの事。
大事に至らずよかったですね〜キャンプ中にケガで出遅れると、シーズンに入ってなかなかリズムがつかめませんので、大事に至らず一安心です。

明日は2度目の練習試合を前にブルペンで投げるは仕事人能見君とオセロ黒田君ら投手の表情も引き締まって見えます。
先発するのは、2年目のオセロ白仁田君です。前回の日本ハム戦での1イニング無失点に続いて、結果が残せるか。この登板次第で開幕一軍と先発ローテ入りが現実味を帯びてくるため、本人は気合充分でしょうね。落ち着いて肩の力を抜いて伸び伸びと投げて欲しいかな〜(^_^)
フリー打撃では、右翼の定位置を競う筋肉マン桜井君と加油!林君がケージを並べて、指揮官が見つめる中 静かに闘争心をかき立て合っていました。
バレンタインではどうやら林君に軍配があがった?ようですが、この二人の熱き闘いも注目です。
林君は前回日ハム、ダルビッシュ投手相手に3球三振と完敗でしたので、今回の打席に力が入ります。
メイン球場では、もみ上げ狩野君、岡崎君、清水君の若手捕手陣が最後まで居残り、スローイングの特訓です。前回ダルビッシュ投手からタイムリーを放って、ガンちゃん岩田君も好リードをした岡崎君がやや二人をリードって感じですかね〜(^_^)しかし経験の狩野君と、潜在能力を秘めた清水君も頑張ってもらいたいもんです。
そして鳥谷君のかわりにショートで出場が予想される大和君は願ってもないアピールチャンスやないですかい!
若虎達の奮闘に期待しませう(^_^)


参考文献: 阪神タイガース公式サイト

画像:桜井 広大外野手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:08年4月6日

場所:東京ドーム

☆頑張れ阪神タイガース☆


人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 08:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 2009年猛虎春季キャンプリポート13
[ 14能見 ]

“春一番の吉報便り”
球春とともに全国各地で春一番が観測されましたが、沖縄キャンプは最後の休日をナイン各々楽しんだようでございます(^_^)
新監督はゴルフがお好きなようで〜強風の中のラウンドだった模様。
さて、ファームが汗を流す高知県安芸市にいよいよ来週一軍が合流します。サバイバルの紅白戦も予定されている二次キャンプですが、なんと1965年から半世紀近くもキャンプが続いている事から、このたび市営球場の名称が『安芸タイガース球場』と変更されました。
ファームの指揮官といえば、ミッキー平田監督。
ファームナインは朝から日没まで鍛えに鍛えまくられていますが、故障のために宜野座から一足早く四国入りした鉄腕久保田君やひろしバルディリス君も静かに合流を待ち望んでいますね。

左手首腱鞘炎のために 降格したひろしバルディリス君は、全治一週間の診断。暫く打撃練習などは控えますが、手首の状態はかなり復調のようです。バット投げ練習で手首を使いすぎかな〜(^_^)しかしながらあの奇抜な練習の成果を必ずや実戦に生かしてもらいたいですな(^_^)

沖縄組の休日返上は加油!林君ら7選手。宜野座ドームで体を動かしました。
加油!林君はウエートトレーニングで汗を流しいつもの笑顔をふりまきながらも、15日に予定されている練習試合ヤクルト戦に闘志満々!
そろそろ猛虎打線の目を覚ますような彼の弾丸ライナーが飛び出しそうな予感です。

さらには、故障離脱した鉄腕久保田君に代わり、1軍キャンプへ呼ばれた仕事人能見君の評価が急上昇中との風の便りも届いてまいりました。
今年から、投球時に上げた右足を捕手と反対側に少しひねる“プチトルネード投法”にフォームを変え、球のキレが増したとのもっぱらの評判です。この日はシート打撃に登板。岡崎君、もみあげ狩野君に対して計42球を投げ、安打性は5本。
他球団のスコアラーも能見君の変身ぶりに、要注意マークの情報を持ち帰っていったそうです。
たのしみではないですか、プチトルネード能見様!
いずれも投球フォーム改良の成果を実戦で証明してくれなはれ〜

参考文献: 阪神タイガース公式サイト

画像:能見 篤史投手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:07年5月3日

場所:横浜スタジアム

☆頑張れ阪神タイガース☆


人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 08:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 2009年猛虎春季キャンプリポート12
[ 渡辺 ]


“エースの風格と中継ぎの重責”
本日は第3クール最終日!ここまですべて好天で順調にメニューを消化してきた新生真弓タイガース。本日のスカイA猛虎キャンプリポートは、まあ豪華な兄貴金本とサプライズ新井君のランチ特打の競演からスタートでした。
新井君が左に放物線を描けば、隣の兄貴もライトへ弾丸ライナーを飛ばして、スタンドのお客様は大喜び!
しかし冷静な解説の中西太氏は、やや疲れ気味でセーブしているかな〜と評していましたね。それもそのはず、例年なら10日位までは沖縄は雨季でしたが、今年の好天続きはめずらしく、選手たちにとっては嬉しい悲鳴になっています。すでに夏バテならぬ春バテ状態とまではいいませんが、疲れがでできてもおかしくない気候ですね。

さて、午後のフリー打撃には、安藤司令官、福原隊長、エースの暁金村、リーソップ君ら先発投手の柱とならん兵達が多数登板しました。打撃陣に生きた球を投げて、互いの調整具合を確認仕合いました。
なかでも一際目を引いたのは、安定感抜群の安藤司令官です。
投手の仕上がり、キレ、コントロールともに良く、抑え気味で投げているから打者も付いて行けているが、目一杯放られたら付いていけないだろうと評したのは、ほかならぬ真弓監督です。開幕投手は間違いなしと、フライング発言も飛び出す大サービス(^_^)
投球フォーム改造も仕上がってきて、最終調整段階に突入ってかんじがいたしました。

200イニング登板を目標に、真のエースへ向けて意気も盛んです。
その他本日めでたく入籍を発表したプリンス石川君!おめでとう〜野球選手の早婚は大賛成です。またまた地味婚ってのがいいじゃないですか。
彼はマウンド上でもまったく気負いというものが感じられませんね〜淡々と投げ抜いてくれるような気がいたします。
福原隊長はやや調整が遅れ気味。フリー打撃でもストライクが入らず首を傾げるシーン有り。スローカーブが決まって投球バランスを取り戻した雰囲気だったかな〜
牡丹餅コンビの江草様と大リーグボール渡辺様!他のチームに行けば充分先発としても通用するだろうと言われながらも、中継ぎ二枚看板として今年も相当な活躍が期待されます。
先発投手が打ち込まれて一番流れの悪いときに登板して、試合の流れを変えることの重責を担う中継ぎ投手としての役割は、最もタイガースの近年の強さを証明している部分なのでしょう。
相手チームの流れを止めて、勝機を取り戻すトリガーとなる二人の活躍は、牡丹餅なんていったら失礼かな〜幸運を呼び寄せる女神ってのもな〜!(^^)!
アナフレ猛虎会の皆々様!二人の敬称を募集いたします。
少年野球渡辺君・・・・リズミカル投法江草君・・・・う〜んいまいちやな・・・・


参考文献: 阪神タイガース公式サイト

画像:渡辺 亮投手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:08年5月14日

場所:石川県立野球場

☆頑張れ阪神タイガース☆


人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 12:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 2009年猛虎春季キャンプリポート11
[ 葛城 ]

“真弓阪神実戦デビュー”

素晴らしい天候のもと、真弓阪神が盟友 梨田監督率いる北海道日本ハムファイターズを迎えての練習試合に、祝日の宜野座村野球場スタンドは満員の観衆で埋め尽くされました。
さすがですね〜応援団も練習試合といえど出陣には頭がさがります。

さて試合のほうですが、WBC代表候補のガンちゃん岩田君とサムライ日本のエースダルビッシュ投手の先発とあって、外野芝生席まで鈴なりの大観衆!最速153/hを記録したダルビッシュ投手に対して2回裏 猛虎下位打線が連打を浴びせて先取点を奪い、大エースを慌てさせます(^_^)

ガンちゃん岩田君は、予定の1回をわずか9球で終える省エネ投球で3者凡退に片付けるナイスピッチング!
女房役で先制打点をあげたのは岡崎君!攻守の活躍は猛アピールです(^_^)

さて2番手で投げた火の玉球児君は、3日前に右足内転筋を痛めて直前まで登板を迷ったそうですが、貫禄の投球で無失点に切り抜けます。なにやら今季から適用される『15秒ルール』で1ボールを与えてしまっても余裕の苦笑い。
なるほど15秒カウントは大変ですね〜審判員様ご苦労様です。しかし試合進行が早くなっていいかもしれません。判定もしっかりしてもらいたいのがファンの本音ですがね。

試合は7回に黒田君がプロの洗礼を浴びて逆転で敗れる結果になりましたが、勝ちにこだわると言っていた真弓監督は、ヒットエンドランやダブルスチールを決めた攻撃に一定の評価を示していました。
最終回に清水君が出塁してボヘミアン葛城君の犠牲フライで一点を返した猛虎打線でしたが、まだまだ迫力不足ですね!これからです。
復活を期待されるミスタールーキー上園君もナイスピッチング!
オセロコンビの黒田君はドンマイでしたな〜肩に力が入りすぎ。相棒の白仁田君はなるほど前評判の良さは本物になりそうですね。

練習試合に23000人を集めて、気温も25℃まであがった本日の沖縄宜野座村野球場。
選手やコーチも真っ黒に日焼けして、ちょうど今頃は選手も疲れがたまってくるころかもしれません。試合後もじっくりベンチ前でミーティングを行っていたタイガース。
真弓監督の背番号72番の背中に重圧も感じます。しかし、確かに一歩一歩、新生真弓タイガースが開幕に向けてのチーム作りが固まってきている感触すら感じるそんな練習試合でした。


参考文献: 阪神タイガース公式サイト

画像:葛城 育郎外野手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:07年3月17日

場所:横浜スタジアム

☆頑張れ阪神タイガース☆


人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:39 | comments(0) | trackbacks(4) |
▼ 2009年猛虎春季キャンプリポート10
[ 関本 ]

“第三クール突入!”
本日より第3クールに突入!
明日は初の実戦となる日ハムさんとの練習試合を前に、サードサプライズ新井君、ファースト闘魂賢太郎の陣形でシートノックが行われました。
今シーズンはこのラインで陣形を組むとの意向をしめした新監督。
レギュラーのファーストは闘魂賢太郎で、そこへ天才今岡君、ボヘミアン葛城君に加油!林君と基本構想を掲げました。なんとも言えない贅沢なほどの選手層ですね。
さて、すでに練習試合のオーダーが発表されました。

一番 セカンド 藤本
二番 ファースト 関本
三番 ショート 鳥谷
四番 ライト 林
五番 DH 今岡
六番 レフト 桜井
七番 サード バルディリス

八番 キャッチャー 岡崎

九番 センター 平野


投手は、先発がガンちゃん岩田君の後、火の玉球児君、ウインター玉置君、脱一発病阿部君、オセロ黒田君、一押し白仁田君、ミスタールーキー上園君、そしてプリンス石川君が待機という豪華リレーです(^_^)
日本ハムさんもWBC代表候補のエースダルビッシュ投手の登板予定が発表されており、ベテラン稲葉選手もスタメンに名を連ねるとあれば、これは練習試合といえども見所満点でございます。ファン必見でございますな〜
そして若虎野手陣にとっては願ってもないアピールチャンス!サムライジャパンのエースピッチャーとの対戦ですからね〜バッタバッタと三振に斬られたっていいじゃないですか〜思い切ってスイングしてもらいたいよな〜楽しみです(^_^)
さて、本日の猛虎キャンプリポートは、2年連続オフにヒザ手術を敢行した兄貴金本様が、昨季クライマックス・シリーズ以来、屋外でのフリー打撃を行いました。
いきなりサク越え19発をかっ飛ばす復調アピールぶりに、観客からはどよめきと歓声が(^_^)今季は5番にサプライズ新井君を従える不動の不動のクリーンナップとして凄味を増しそうです。
本日の解説も岡田前監督です。
闘魂賢太郎の嬉しい大台突破報告をちゃっかり口を滑らせたりの大サービス!
その他お杉や能見君にも親心あふれたコメントを残してくれていましたね〜

結構話好きな岡田様の解説は、昨年までのエピソードに溢れてやけに新鮮です。
特に白仁田君には注しているようで、カープの名投手であった佐々岡氏に雰囲気が似ていると高評価。確かに長い手を生かした彼のピッチングは期待が持てそうです(^_^)
以上今夜はこのへんで!

参考文献: 阪神タイガース公式サイト

画像:関本 賢太郎内野手

撮影:アナフレ猛虎会『広報部長☆』

撮影日:06年7月1日

場所:東京ドーム

☆頑張れ阪神タイガース☆


人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 08:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 2009年猛虎春季キャンプリポート9
[ 99狩野 ]


“沖縄の休日”
本日は宜野座の一軍、安芸のファームともにキャンプ2度目の休日。序盤から飛ばし気味?の若虎たちにとっては、休むもヨシ!自主練習するもヨシ!…この自由な一日の使い方が非常に重要だと言えそうです。
まあしかし今年の沖縄は好天に恵まれて、連日スタンドも大盛況。お昼は、宜野座名物の屋台に並ぶ人々がタイガースナインに因んだユニークな献立に対して大盛況のようですね(^_^)
今年の新メニューで目を引いたのが、ボヘミアン葛城君の『絶叫ウォォ!タコライス』。

なんとも言えない素晴らしいアイデアに頭がさがります。たこライスに辛いタバスコを好きなだけ振りかけて「ウォー」と叫ばせようという店側の試みに、全国から集まった虎党たちが大喜びで嵌っている気持ちが羨ましいほどわかります〜沖縄行きたいぞ〜ってね(^_^)
さて、本日は休日ですので、スカイA猛虎キャンプリポートは第二クールのダイジェスト版でしたが、コーチ独占インタビューにお久しぶりです〜八時でも久慈様が登場してくれました。
久慈コーチが就任してのキャンプの特徴として、内野手陣に活気が溢れています。
現役時代は守備の達人と呼ばれた久慈コーチの指導のもと、内野手陣のユニフォームが土色に輝いているではありませんか。
目を見張る練習は、重心を低くしての捕球練習です。人間鳥谷君を中心とした内野手陣が、丁寧な構えでの捕球練習はかなり見ごたえ充分。下半身が柔らかくなければ続かないまさに達人の技の修得に挑戦しているようにも思えます。
期待できる効果こそ、チーム失策数の減少!そして鉄の二遊間センターラインの強化。球際の強さでしょう。
竜さんの荒木選手と井端選手越えを目指して、虎の内野手陣のスケールアップも今シーズンは期待がもてそうな気がいたします。
早いもので明日から第三クールに突入。
ますます実戦形式となり、紅白戦なども行われてきます。若虎の休日はどんな一日だったのかな〜ちなみに筋肉マン桜井君や庄田君は休日返上で練習を行いました。
マシン打撃で137スイング。庄田君はマシン打撃に加え、鏡で入念にフォームをチェックしたとか。また、もみ上げ狩野君、岡崎君、清水君の若虎捕手陣もトレーニングに汗を流していました。
『メンチ勝ドッグ』なる珍メニューまで登場したの怪力メンチ君は、剛速球リーソップ君と午前中ゴルフを楽しんだ後、宿舎でシーサーの色塗り体験をしたとか(^_^)
まあ沖縄の休日を楽しむのよし!この二人は日本のプロ野球の壁にぶつかって悩みに悩むのはこれからかな〜って感じですね。
それを乗り越えれば本物です。

参考文献:阪神タイガース公式サイト

画像:狩野 恵輔捕手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:07年5月12日

場所:明治神宮球場


☆頑張れ阪神タイガース☆


人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 15:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 2009年猛虎春季キャンプリポート8
[ バルディリス ]

“真打登場”
キャンプは第2クールの締めくくり。好天の日曜日とあって大観衆が宜野座村にやって来ました。
そして本日予定どおりにWBC代表候補のガンちゃん岩田君と火の玉球児君が今キャンプ2度目の実戦練習で貫禄の内容を見せました。
ガンちゃん岩田君は対するモンキー藤本君、ひろしバルディリス君、庄田君、筋肉マン桜井君、坂君と2回ずつ対戦して、好調のモンキー藤本君に2安打されたものの他は圧倒!
スライダーなど変化球を織り混ぜて35球を投げ、順調な仕上がりぶりを魅せました!スライダーがいいですね〜あれは左バッターが手を出せませんは(^_^)
そしてやはり圧巻は火の玉球児君!緩急を使った33球の中で、迎える打者はジャストミートができず、振り遅れの詰まった打球ばかり。
しかし最後にひろしバルディリス君がジャストミートで左前安打を放ち『パーフェクト』は免れましたが、完全に打線は白旗。球児は、ニッコリ余裕の笑顔で引き上げました。

いや〜しかし投げも投げたりですが、ひろしバルディリス君はほんまにナイスバッティングやで〜今年は大いに期待できそうな予感です(^_^)

まだまだ若虎がおとなしすぎる沖縄ですが、午前中のケース打撃で光ったのは、ウインター玉置君でしたね。非常に物怖じしない強気なマウンドさばきに首脳陣の評価は急上昇!彼も今年はブレークの予感!先発ローテーションに食い込みそうでっせ〜!(^^)!

ランチタイム特打では、サプライズ新井君とお喋りメンチ君の二人がまあ気持ちのいいくらい快音を響かせてスタンドを沸かせました。
この二人の長打力アップも期待できそうですね〜新井君はもうすっかりエンジン全開!
このキャンプ初めての特打でしたが、3連発など21本のサク越えを放つ張り切りぶりに、お客さんも大喜びでした!少しずつですが、キャンプらしくなってきたかな〜なんて感じている小生です。明日は休日ですが、若虎は返上で必死に挽回をして欲しいな〜もう第3クールやで〜あわてないと二軍キャンプに行かされるぞ〜ファイト!

参考文献: 阪神タイガース公式サイト

画像:アローム・バルディリス内野手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:08年6月11日

場所:埼玉西武ドーム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 2009年猛虎春季キャンプリポート7
[ 清水 ]

“今年は天候が味方する”

キャンプ序盤は好天続きで、半袖シャツでも過ごせる沖縄地方は気温26℃。NPB加藤良三コミッショナーの訪問もあった週末の宜野座村は、たくさんのお客様で賑わいました。
右肩関節炎のためリタイアした鉄腕久保田君との入れ替わりで、安芸から必殺仕事人能見君が合流しました。
早速ブルペン一番乗りで精力的な投げ込み。何故彼が先発ローテーションに入れないか〜不思議ですけどね(^_^)5年目に懸ける仕事人が、一軍昇格のこのチャンスでどうアピールできるか!注目です。
サブグラウンドでは、福原隊長、ミスタールーキー上園君、玉置君ら投手陣が連日走り込みに余念がありません。明るい性格ですっかり猛虎の一員となったメンチ君は、サボリのテクニックもお手のもの(^o^)
しかしフリー打撃で加油!林君の打球をスライディングキャッチ!軽快な動き?を披露しました。

そして本日はメインイベントが待ってましたね〜。真弓監督は今日は軽めにと話していた筈でしたが、メイン球場には野手を対象とした岡コーチ発案の新メニューが登場。内外野を扇形に走り回りながら数箇所で捕球すると言うユニークな練習で、笑顔を見せつつも長い距離を右に左に動く内に段々フラフラになって行くナインが続出(^_^)こんな練習でも選手の身体能力の高さがわかりますね〜岡コーチの元気な声と、久慈コーチの優しい?ノックにフラフラになるまでボールを追いかける選手の元気な姿が印象的でした(^_^)切れのあるのはハッスル平野君ですね〜鳥谷君は体力がありますな〜日頃から走りこんでるのかな〜最後の最後まで頑張ったのは若手の清水君!お疲れ様〜もっともっと大和君もそうですが、元気な声を上げて目だってほしいかな(^_^)若いんだから。今年は本当に天候に恵まれた宜野座キャンプ!天候が投手ローテに大きく影響を与える甲子園球場がホームの猛虎!春先から気温26℃の好天に恵まれながら毎日練習ができるなんて最高です。

今シーズンはお天道様も味方になってくれるかな〜(^o^)


参考文献:阪神タイガース公式サイト

画像:清水 誉捕手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:07年3月17日

場所:横浜スタジアム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 08:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 2009年猛虎春季キャンプリポート6
[ 久保田 ]


“鉄腕も人の子”
第2クール2日目の沖縄キャンプではなにやら不思議な光景が見られました。
シートノックで内野はショートにキャプテン赤星君、サードに加油林君、外野はレフト・闘魂賢太郎君、センター人間鳥谷君、ライト・モンキー藤本君という布陣。これまでもシーズン中、試合前練習で筋肉マン桜井君が体のキレをよくする為に、ショートの位置でノックを受けるというようなことはありましたが、チーム全体でこのように内外野を入れ換えてシートノックをするのは異例。
真弓監督はいいプレーをする為に、相手の動きを知るのも大事とのコメント(^_^)
山脇守備・走塁コーチも入れ換えることで、お互いの気持ちを知ることができると主張されています。なるほどですね!

さて、右肩に張りを訴えている鉄腕久保田君が、7日から高知の2軍キャンプに加わることになりました。今季から先発転向が決まっていましたが、キャンプ序盤で思わぬ離脱。
彼のことだからオフも無理して投げ続けていたのかもしれませんね〜頑なな熱い男ですから。近年の驚異的な登板数の疲労が蓄積したのかもしれません。
肩は投手の生命線ですから、しっかり治して復活を期待しています。

おや〜髪型が変わりましたねミスタージャパン新井様(^o^)
昨日のメイングランドでのフリー打撃でいい汗かきながらのインタビューでは、五番を意識した打点増加に拘るシーズンにしたいと頼もしい抱負を語ってくれました。

最後にユニークな練習登場はドリカムバルディリス君じゃないですか。
バット投げ練習はメジャーリーガーになった元オリックスの田口選手が亡くなられた伝説のバッティングコーチである故高畠氏と行った伝説があります。広角に打ち込めるようにバッティングに幅を持たせることが目的なんでしょうね〜さらなるマルチプレーヤーへ成長してくれそうな予感です!



参考文献: 阪神タイガース公式サイト

画像:久保田 智之投手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:08年5月7日

場所:東京ドーム

☆頑張れ阪神タイガース☆


人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 08:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 2009年猛虎春季キャンプリポート5
[ その他 ]

“お久しぶりです岡田様”

タイガースのキャンプは本日第2クールに突入しました。第1クールは別メニュー調整だったミスタージャパン新井君が今日から全体練習に初参加し、守備にバッティングに元気なところを見せました。
そして初の屋外フリー打撃を行ったのは、はじめまして新外国人のメンチ様!いやはやものすごいパワーですね〜いきなり1球目を空振りしたのは「挨拶がわりだよ」とご愛敬。その後、サク越えを連発!55スイング中15本のサク越えを放ちました。
まあ荒々しさはピカイチといったスイングですが、当たれば飛びますね〜だけども三振も多くなりそうな感じがしますです。
しかしそんな心配を全くしていない男が本日はゲスト解説にきていました(^_^)
お久しぶりです岡田様!岡田彰布前監督が解説者デビューで沖縄にやってきましたな〜まああいも変わらずね〜まあ〜あの〜ね〜そういう意味でも、そうですね〜いい〜ね〜またね〜と意味のわからん岡田節が炸裂で聞きずらいのなんのですが、なんていいいましょうか〜懐かしい〜っていうんですかね〜この口調が(^_^)

メンチ選手はいきなり無理に日本のピッチャーに合わせようとしなくても今は持ち前のパワーを生かすバッティングをするべき〜とか(^_^)
今までず〜っと自分が見てきた選手だけに、阪神タイガースに対する熱い思いが言葉の節々からにじみ出ていましたよ岡田様(^_^)

ブルペンで見ていて一番使いたくないな〜と思うのは髭武者下柳だ〜でも試合には勝つ。矢野のサインに120%首を縦にふる。彼は矢野のサインどおりにしか投げない。
打たれやすい150キロのスピードボールと140キロでも打たれないストレートがある。やはり監督は打たれない140キロのストレートのピッチャーを使う。
矢野捕手の後任は、誰かが成長するのを待つなんて考えないで、もうこの捕手ならこれで決めてしまったほうがいい。
白仁田君はいいボールを投げる。たくさんスパイがいるからまだ安芸に残しておけばよかったのに〜でもタイガースは秘密兵器戦法は無理。どっかしらで漏れてしまう・・・
林は欲が出ればいいな〜やさしいから。
金本が右手首を骨折したときは知らんぷりしてましたよ・・・だってどうするって聞いたって出るっていうにきまっているし(^_^)


なんだか解説者というよりもタイガースファン代表になりそうな岡田様(^o^)
これからもタイガースをよろしくお願いしますです。

参考文献: 阪神タイガース公式サイト

画像:岡田彰布前監督

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:07年4月7日

場所:東京ドーム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 2009年猛虎春季キャンプリポート4
[ 上園 ]

“春季キャンプ休日”

本日は沖縄・宜野座、高知・安芸ともに初めての休日です。
キャンプ初休日といえば、新入団選手が様々な“体験”をするのが恒例だそうで、今年の新人選手7人は午前中、高知県安芸郡にある四国八十八ヶ所霊場、第27番札所である竹林山神峰寺(こうのみねじ)にて「お遍路体験」をしました。
午後からは7人とも、休日返上で安芸ドームにて練習開始。紅白戦、そして14日の練習試合でのアピールに必死です!

さて沖縄組の休日はどんな状況なんでしょうね(^_^)
むしろ休日のドームにて密かに練習をじっくりやっているかもしれません。
人間は不思議なもので頑張っている姿は人前ではあまり見せないもの。
むしろ観客の前ではついつい意識した練習をしてしまい、弱点を克服するような練習は秘密裏になるような気がしてなりません。こんな夜も室内でどんなミーティングをやっているのか?さすがにマスコミもそこまでは入り込めませんからね。

てなわけで、毎年鉄腕久保田君のハイペースな投げ込みが沖縄名物でもありましたが、今年はスローペースに変身!その代わりといってはなんですが、ブルペンにて飛ばしに飛ばしているのがこの男ですね〜(^_^)
アナフレ猛虎会『応援団長☆』からもホットなリポートを先日頂戴いたしました。
新人王の輝きを取り戻せ。ミスタールーキー上園君です!
真弓監督から第1クールの「投手MVP」にも挙げられました。昨日も143球を投じ、3日間で投げた合計が318球になりました。白仁田君と黒田君のいわゆるオセロコンビの若手を抑えての投げ込み王です!
球数を稼ぐのは目的ではなく、新人王に輝いた07年の自分に近づくことが目的だと語る上園君!我々素人からみてもなんら全く後退を感じていないのですが、本人が納得のいく球を投げられないんでしょうか?
宿舎では毎晩、当時のVTR映像を流してフォームの修正を図っているそうです。やっぱりキャンプは日中の時間だけではないんですな〜ホテルの戻ってもナイン達のサバイバルは繰り広げられています。

まだ3年目で24歳の若き右腕が復活にむけて好発進しています


参考文献: 阪神タイガース公式サイト

画像:上園 啓史投手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:07年10月3日

場所:明治神宮球場

☆頑張れ阪神タイガース☆


人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 2009年猛虎春季キャンプリポート3
[ 監督・コーチ ]

“キャンプも観光地化か?”


本日予定どおりに火の玉球児君とガンちゃん岩田君が早くもシートバッティングに登板しました。 WBCの第1次候補に選ばれている為、15日からは宮崎で行われる代表合宿に参加する予定です。 まっすぐ、ツーシーム、カーブ、フォークを織り交ぜ、25球投げてヒット性の当たりをわずか2本に抑えた球児君(^_^) 一方のガンちゃん岩田君も31球中、4本の安打性の当たり。手元で変化する球は、時折バットをへし折る場面も。 昨年は1年間ローテを守り2ケタ勝利を挙げた若き左腕は、更なるステップアップの場として、WBCの舞台での活躍を睨んでいます。 また今日はブルペンで、WBC台湾代表候補である鄭凱文(ジェン・カイ・ウン)投手の入団テストが行われましたね。 まだ20歳の右腕に真弓監督も将来的にいいかなと好評価だったそうです。

さて、今夜もアナフレ猛虎会『応援団長☆』様から現地ならでは貴重なリポートを頂戴いたしました。↓↓↓大丈夫か阪神!
3日目〜、何だか練習量が少ないような気がします。特守は毎日坂と大和のみ、レギュラー組の守備練習やランニングなどのトレーニングも少ない。走塁練習も甘いような気がします。真弓監督は今岡先生や藤もっちゃんをよく見ていて、鳥チャンや賢チャンはほったらかしです。
シート打撃の時、真弓監督はひとりショートの位置に立ち、玉を拾って・・・もとい岩田のチェックをしてました。「ショート真弓」を見たのは何年ぶりでしょう、興奮しました!
明日札幌に帰りますが、練習が休みなんで、日ハム視察でもしよっかな。
ホテル内のファンの行動もひどいです。食事や風呂あがり、朝風呂あがりまで出待ちしてサインねだって、選手がかわいそう。
ちょっと心配なキャンプの印象です。↑↑↑
貴重なリポート有難うございます!確かに映像で見ていても何やら緊張感に欠けるんやないかな〜と感じますね。新監督ですから来客も多いんでしょうが、そこに立ってるだけで怖いという存在感も大切でっせ(^o^)
第2クールからのヒートアップを期待しましょう!

参考文献: 阪神タイガース公式サイト
画像:真弓 明信監督

撮影:アナフレ猛虎会『応援団長☆』

撮影日:09年2月3日

場所:沖縄宜野座村野球場

☆頑張れ阪神タイガース☆


人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:36 | comments(0) | trackbacks(2) |
▼ 2009年猛虎春季キャンプリポート2
[ 22球児 ]


“やはりブルペンが気になります”

春季キャンプ二日目。
昨日左ヒザ手術後初のバッティング練習となる80球のティーバッティングを行った兄貴金本が、今日は更に室内で初のマシンバッティングを行ないました。わずか13分間でしたが、実に67本のスイングは、非常に順調な回復ぶりを顕しています。
今年も虎の四番は不動のようですね〜まったく心配無用のようです(^_^)

さて、猛虎キャンプリポートを観ていましたら〜おや〜大サイン会を開いてサービス満点は球児君じゃありませんか(^_^)
そして早くも3日に“登板”する予定とか。
虎のWBC日本代表コンビの火の玉球児君とガンちゃん岩田君が、代表合流を意識した前倒しのメニューを消化します。フリー打撃登板も、第1クールの3日目という異例の早さになることが決定。早くもマウンドに上がります(^_^)

この日の球児君のブルペン投球は捕手を座らせて32球。「火の玉」ストレートだけでなくツーシームやカーブ、フォークもまじえた実戦スタイルだったそうです。使っていた米国製のロージンバックを、僚友のガンちゃん岩田君に手渡しながら、そのガンちゃん岩田君も捕手を座らせて70球の投げ込みを決行!
今月15日から代表合流で現場を離れるんで、ちょっぴり寂しいキャンプになりますが、大舞台で大いに暴れてきて欲しいもんです!

本日もその球児君の投球を目の前で見届けてくれましたのは、アナフレ猛虎会『応援団長☆』であります↓↓↓2日目〜
今日はブルペン視察です。私の今日のイチオシは41・ゾノくんです。ミットの音がパンパンと響いて、なにかしらの予感が・・・。オセロの初お目見えはあんまり印象なかったな〜。↑↑↑

どうも有難うございます〜サイン会の大サービスには映っておりませんでしたね(^_^)
なるほど〜ゾノ君ですか!彼の復活は確かに期待できそうです。オセロコンビはまだまだかな〜映像からは久保コーチが付きっきり指導をしていました!

今夜も楽しい沖縄の夜をご満喫されてるうんでしょうな〜(^_^)
明日もよろぴくです(^_^)v


参考文献: 阪神タイガース公式サイト

画像:藤川 球児投手

撮影:アナフレ猛虎会『応援団長☆』

撮影日:09年2月2日

場所:沖縄宜野座村野球場

☆頑張れ阪神タイガース☆


人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 2009年猛虎春季キャンプリポート1
[ アナフレ猛虎会の皆々様 ]

“春季キャンプ開幕”

日本全国のアナフレ猛虎会の皆々様! あけましておめでとうございます(^_^) 本年もともに阪神タイガースを応援してまいりましょう!

球春到来!

真弓新監督のやや緊張気味な挨拶で幕開けしました春季キャンプ2009!今年も懲りずに自宅にて映像をみながら投稿させていただきます! 早速アナフレ猛虎会『応援団長☆』より、沖縄の太陽のもと現地直生リポートが届きました(^_^)

↓↓↓
おはようございます
今年のグッズはこんな刺繍のついた帽子でした。キャンプ開始直前の宜野座野球場より、第一報でした。
↑↑↑

有難うございます。 本年もよろしくお願いいたします。スカイA中継に写っていましたらこちらからお知らせいたします(^_^)

続いてのお言葉は、 アナフレ猛虎会『桧山を信じろ☆』さんです↓↓↓
キャンプイン

虎党の皆様、今日は。
今日からキャンプが始まりましたね。皆様は今年、どの選手に注目してますか?私は、新人の蕭一傑、上本、柴田の三人と第二の捕手に期待する岡崎です。
私の今年のオーダー予想は、
1番 8 赤星
2番 4 平野
3番 6 鳥谷
4番 7 金本
5番 3 新井
6番 9 メンチ
7番 2 矢野
8番 5 関本
9番 1 安藤
と言ったところです。
最近、インフルエンザが流行ってますので気を付けて下さい。ではまた。
↑↑↑

有難うございます 早速の開幕オーダー予想をされるところも流石の一言(^o^)
本年もよろしくお願いいたします。

今夜から猛虎キャンプリポートに釘付けですね〜毎晩の楽しみが増えて最高な気分です。ヤッパリ縦縞選手の元気な姿を見ることはいいことだ!

それでは皆々様!今年もタイガースの応援よろしくお願いします。どっかの球場でお会いしましょうね(^o^)


参考文献: 阪神タイガース公式サイト
画像:宜野座キャンプグッズ

撮影:アナフレ猛虎会『応援団長☆』

撮影日:09年2月1日
場所:沖縄宜野座村野球場

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 猛虎自主トレ・リポート2009
[ 藤原 ]

“ラストチャンスにかけろ”

安芸キャンプ組も今日、高知入り。
いよいよ明日から真弓タイガース一年目が開幕いたします。
本日は題して、最後の縦縞シーズンにかける男を投稿させていただきます。
今回沖縄選考から外れたいわゆる落選組で、30歳間際で昨年一軍試合出場がなかった、まさに瀬戸際に追い込まれた男達!
こんな言い方は本人に失礼かもしれませんが、だからこそプロの厳しい世界!

投手ではこっちを向いてよサジキー桟原君が一試合も出場がありませんでした。
野手では藤原君ですね。
そしてわずか1試合の出場で30歳を過ぎた男が、安芸からラスト縦縞シーズンに挑戦します。
本日の公式サイトにも掲載されていましたね。
全体ミーティング後、今キャンプへの並々ならぬ意気込みを吐露したのは前田忠君です。

年明けから20日頃まで東京で、PL時代の先輩であるメジャーの松井稼頭央選手と自主トレを行ってきた前田君。駄目モトでお願いした自主トレは全部が勉強だったと感想を述べていました。
もとも守備には定評のある前田君です。昨年はジャパニーズドリーム!ひろしバルディリス君にも一挙に先を越されました。
もう一人は藤原君です。昨年は一試合も出場チャンスがありませんでした。もともとパンチ力のあるバッティングには定評のある藤原君です!
内野手も層の厚いことは誰もがわかっています。天才今岡君やサプライズ新井君と一塁手争いは熾烈をますことも重々承知しています。ボヘミアン葛城君も控えていますしね〜
前田君のショートは鳥谷君や秀太君、セカンドはモンキー藤本、実績ある縦縞戦士が溢れる猛虎内野手陣を超えるには、なみなみならぬ努力と、数少ないチャンスをいかに生かせるか!
まさに瀬戸際に立たされた男達は、キャンプ前夜はどんな心境で安芸の夜空を眺めているのでしょうか?もしやこの時間帯も黙々と素振りや走り込みをしているかもしれませんね(^_^)
頑張れ猛虎戦士!縦縞を着ている以上我ら虎党は君たちの影の戦いと最後の意地に期待をしてまっせ(^_^)
公式戦で元気な顔を見せておくれやす〜


参考文献: 阪神タイガース公式サイト

画像:藤原 通内野手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:07年5月12日

場所:明治神宮球場

☆頑張れ阪神タイガース☆


人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 08:39 | comments(0) | trackbacks(1) |


皆様こんにちは。ご訪問いただき有難うございます。 アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』と申します。 (*^^)v野球経験のない素人の球場観戦の独り言にお付き合いください。 有料又は無料のメールマガジンにてアナフレの独り言をお楽しみくださいませ。まぐまぐ!マイメルマは無料メールマガジンです。 又皆様からの観戦リポートやご意見ご感想も歓迎いたします。メールフォームにてお気軽にお声がけくださいませ。
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
アナフレ猛虎会
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

アクセスカウンター

過払い

外汇
携帯 中古外汇


阪神タイガースおっかけマップ (2005)
阪神タイガースおっかけマップ (2005)

阪神タイガースを語るには何がなくてもまず甲子園球場。大歓声でマンモススタンドが揺れ、ラッキーセブンのジェット風船は夜空が隠れてしまうほど舞い上がる。みなさん人生そのものをタイガースにかけているのだ。甲子園球場はもちろん、その周辺のこと=甲子園の街並みを知っていただきたい。野球とともに歩む姿を。またたくさんの楽しい、うれしいお店がいっぱいある。タイガースOBのお店や、ナインご贔屓のスポット、ファンが集うショップ。・・・・いえいえ甲子園だけではありませんぞ。おとなり尼崎も、芦屋も神戸、大阪も・・・・関西圏をくまなく知っていただこう。もちろん関東の情報も掲載!
野村ノート
野村ノート

ところが、以外な選手に感謝されているということもある。その代表的なのが桧山である。阪神時代、桧山に対しては叱ったことはあっても、野球はこうだ、人生はこうだと懇切丁寧に指導した記憶がない。・・・・平成15年、確か優勝した翌日の新聞だったと思うが、彼のインタビューに目を通し驚いたことがある。「野村さんが阪神の監督だったときは、いっていることがよく理解できなかったんですが、今になってやっとわかってきました」・・・・・桧山のように思ってもみなかった選手から感謝を受けるのも指導者冥利に尽きる。  それにしても人生はまさに一期一会だなあと思う。赤星、藤本は阪神のドラフトリストに名前はなかった。赤星はアマからのキャンプ参加、藤本は社会人選手権大会の観戦に行って、遊撃手を探していたときに目に留まった選手である。・・・・私との縁を大切にし、「考えないよりは考えるほうがいい」「知らないより知っていたほうがいい」と私にいわれ、「なるほどそうだな」と思い、ノートをこまめに取り、そのノートを保存し何度も読み返す。こうしたちょっとの差が、いざ自分が指導する立場になったときに活き、あるいはコーチや監督という地位を得るためのチャンスとなる。逆に出会いや縁を無駄にしてしまう選手は、将来の可能性まで狭めてしまうのである。
猛虎の70年
猛虎の70年

第1章阪神タイガースとは何か・・・・おそらくクソ度胸という点では球界ナンバー1の星野仙一の背中にスーッと寒気が走ったのは、彼が阪神の監督になってすぐのことだった。・・・いや、「恐怖」すら感じたという。それは阪神ファンが試合に感動し、勝利の歌を大合唱し、それが終わると球場の外へ出て、ゾロゾロと甲子園駅に帰るのではなく、球場近くの広場に何千人と集まり、そこでも「六甲颪」の大合唱をやるのだ。ファンはやがて甲子園の駅に移動する。この甲子園駅でもまたも「六甲颪」の大合唱となる。それでも終わらない。阪神電車に乗り込んだファンはそのまま梅田の駅で降りて、その梅田駅コンコースでまたまた「六甲颪」の大合唱である。これが深夜まで続くのだ。「お前ら、あれが聞こえるか?俺達はあの熱狂的なファンに対する責任があるんだ。もしあのファンを裏切ったら・・・・俺はどうなるか知らんゾ」・・・・「俺は勝ちたいんや!そのためにはどうするんや?俺はファンに喜んでもらいたいんや・・・・・」なんとも野暮なセリフである。だがかつて阪神の監督としてこんな直接的な言葉を発した指揮官はいなかった。少年のように「勝ちたいんや!」と絶叫する星野仙一。監督室まで聞こえてくる大合唱、そして海鳴りのようなファンの”鼓動”が星野仙一をギリギリまで追い詰めていったのである。そこには「日本一わがままで、日本一熱心で、日本一我慢強い」と星野が評したファンの姿があった。
巨人軍かく勝てり―V9達成の秘密
巨人軍かく勝てり―V9達成の秘密

チームプレーとは「チームワーク」=「人の和」よりさらに深い考え方で、“人間集団におけるモラルから、グランド上のプレーに至るまで、あらゆる人間行動を網羅した広い考え方”といってよいと思う。
簡単な具体例をあげよう。
いまここで二人の人間がキャッチボールを始めるとする。ボールを握って投げる側は、次のように考える「相手が取りやすいところへとりやすいスピードで投げてやろう。投げ返す時のことも考えて胸元へ投げてやろう」そう考えて投げる。
一方受ける側はどうか。相手がそう考えて投げてもミスすることがある。だから相手の気持ちを察して、「万一とりにくいボールがきても、何とか受けてミスを未然に防いでやろう」この二人の「思いやり」がチームプレーの根本精神である。
 このちいいさな「思いやり」は、やがて「自分の義務と役割を完全に履行」することに広がり、チームのために「自己犠牲」をいとわず、「助け合い」、そしてチーム全員に「感謝」するところにまで高められていく。
巨人軍論 ――組織とは、人間とは、伝統とは
巨人軍論 ――組織とは、人間とは、伝統とは

チームの要だったON
『チームを預かることになったとき、いつも私が手本としてきたのは川上哲治監督であり、川上監督が率いたV9時代の巨人というチームであった。それではV9巨人のどこが素晴らしかったのだろうか。まずはなんといっても王貞治と長嶋茂雄、すなわちONの存在をあげないわけにいかない。ONは長らく巨人の3番4番に座り続け常にチームの中心であり続けた。ただし私がこの二人を高く評価するのは、彼らが記録や数字を残したからという理由ではない。彼らが中心選手としての役割と責任をまっとうしていたという事実が大きいのである。私は「中心選手はチームの鏡でなければならない」と述べたが、王と長嶋は、まさしくそうであった。他の選手の模範であり続けたのである。そこが凡百の「四番」とONのちがうところなのである。

…その意味で、私は阪神の金本知憲を高く「評価」している。現在の球界で真の「四番」といえるのは彼くらいだろう。彼は少々の故障くらいでは試合を休まない。チームへの忠誠心も高い。金本が移籍してきてから、阪神の選手の意識が明らかに変わった…金本の野球に取り組む態度を見れば、まわりの選手も自然と「このままではいけない」と感じるようになる。また若手選手が直接叱るより先輩が叱ったほうが叱られた若手のショックは少ない。ここ数年の阪神の躍進には、この金本の存在が大きく寄与している』

ドジャースの戦法
ドジャースの戦法

『投手は自分の左側に球を打たれたらすぐさま一塁に向かってスタートする習慣をつけなければならなぬ。ゴロであろうとライナーであろうと変わりはない。直ちに一塁に突進せよ。適当な時に投手がマウンドを離れなかったためにゲームを失ったためしは多い。打球が左側にきたら、投手は真っ直ぐに一塁にスタートし、塁に近付いたらスピードを緩め、右足を塁に触れて、一塁手からの投球を待ち受ける。球を受け取ったら走者との衝突をふせぐために、ファウルラインの内側を二、三歩走り続けるが、この場合もし他の塁にも走者がいたら、投手はできるだけ早くとどまり、必要に応じて他の塁に投球する用意をせねばならない。
走者の足が遅いか、又は他の理由で投手がゆっくり一塁に間に合った時には、塁上で止まって、こちらに投球しようとしている野手の方に向き直り、一塁手のような身のこなしで、体をのばしたり、どちらかの側へ動いたりして、一塁手の代わりをつとめなければならぬ。』
背番号三桁―「僕達も胴上げに参加していいんですか?」
背番号三桁―「僕達も胴上げに参加していいんですか?」

「アホか、みんないいから出ろ!お前たちも行け!」優勝が決まった瞬間、ベンチから選手が一斉に飛び出した。星野はすぐさま裏方に対して叫んだ。
「尾張メモ」の全貌―情報は盗んで活かせ
「尾張メモ」の全貌―情報は盗んで活かせ

虚像がユニフォームを着ている

広岡監督殿

巨人偵察記・巨人の実像・私が過去三十年、対巨人と戦ってきた印象からみると、最低の巨人といっても過言ではない。人気という点では昔と雲泥の差があっても、実技つまり野球のすべてに対する取組む姿勢が欠けていること。緻密性がない。個人的には優秀な人材はおりますが、チームプレー1つをとってみても投手は三本間に三塁走者を挟みながら、生かしてしまうランダンプレー等がその例。一発で刺さねばいけないプレーをウロウロして生かすということは、過去の巨人では考えられないことです。極端な表現ですが、巨人のユニフォームを着ている虚像にすぎない。−こう断言できます。

このくらいのチームが優勝することはちょっと考えられないことだが、優勝をバックアップしている審判団の判定が大きく作用していることは申すまでもありません。私自身がこの目で見ても、巨人がパ・リーグであれば、近鉄クラスの実力と見ます。それで人気だけが物凄い、まさに虚人です。・・・・・・
1983年10月15日
阪神タイガース
阪神タイガース

序章 黄金時代の幕開け
”遂に来たタイガースの時代”
『この世の春、である。長い長い苦難のときを経て、とうとう阪神タイガースの時代がやって来た』
覚悟のすすめ (角川oneテーマ21 A 87)
覚悟のすすめ (角川oneテーマ21 A 87)

これまでのプロ野球生活で、胸を張って自慢できることがひとつある。

それは、

「たとえお金にならないことでも、やるべきことを、全力を尽くしてやってきた」

ということだ。

2000年5月12日の第三打席を最後に、翌年9月28日の横浜戦第二打席まで、私は1002打席にわたって一度も併殺打を記録しなかった。これはあまり知られていないが日本記録である。
ただ、常に全力疾走を心掛けていなければ達成できなかった記録でもある。それを私は誇りに思う。

連続フルイニング出場にしても、「すごい」とほめられはしても、直接お金として返ってくるわけではない。

それでも私は、セーフになるチャンスがあれば、一塁に全力疾走する。果敢にボールを追うし、つねに次のベースを目指そうとする。なぜなら

「たとえお金にならないことでも、全力プレーするのがプロ」
そう思っているからである。

「いつケガをしてもいい」そういう覚悟で私は常に試合に臨んでいる。

それが、これまでの私のプロ野球生活を支えた信念であり、いまもつねに自分自身にいいきかせているモットーである。