アナフレ猛虎会

皆様こんにちは。アナフレ猛虎会 通称”頑張れ阪神タイガース☆です。
▼ 猛虎秋季キャンプリポート2
[ 渡辺 ]



"最もお立ち台に立って欲しい男”

秋季キャンプ二日目、特打が行われました!

今オフ、正田コーチの辞任にともない、実質猛虎打線の爆発の舵を握っているのは広沢克実打撃コーチですね!
今日も勢力的に指導をされていたそうです。
正田コーチがしぶとい2番打者などの育成に長けていたなら、広沢氏こそ自信ヤクルト、巨人、阪神の三チームで4番打者を務めた実績を生かし、強打者育成の手腕が期待されます。
氏がスラッガーを何人育成できるか否やによって、タイガースの将来をも左右する予感すら感じてなりません。
それくらい深刻な貧打線でしたからね(*^_^*)
しかし今年の日本シリーズもチーム打率の低いセ・パの両チームが戦っているところが野球の面白いところですがo(^-^)o

さて、若手投手陣では2年目小嶋君がキャンプ2日目でブルペン150球の投げ込みを敢行(^-^)/
投球フォームを入念にチェックし、燕のグライシンガー投手の投球フォームに着眼しているとか?
燕の助っ人の録画映像も入手して参考にしているとかとかo(^-^)o
躍動感不足の汚名挽回なるか!

又グランドでは野手陣15人が一、二塁間の盗塁のタイムを計測。
今季8盗塁をマークした俊足のチョロQ赤松君が、やはり断然の速さをみせました。
キャンプでは脱代走要員宣言をして、打撃を磨きたいといいつつも、得意の走塁で猛アピールです。

ボールを早く投げる肩の強さ

ボールを遠くに飛ばす力

人よりも早く走る力

この3つは野球選手として持って生まれた天性ですね!

虎の1、2番争いに名乗りを上げてもらいたいもんです。

最後に今年大活躍の渡辺君は、”サークルチェンジ”という魔球?に取り組んでいるそうなo(^-^)o「曲がりながら落ちる球」らしいですぞ。実は今だから言える話ですが、クライマックス・シリーズでもし3戦目までいっていたら、渡辺君先発案が挙がっていたとかは中西コーチ談o(^-^)o
渡辺君こそ来季は必ずお立ち台に立ってもらいたい選手ナンバーワン候補ですなo(^-^)o
ナックル渡辺君ではなく、来季はサークルチェンジ渡辺君といきまっかo(^-^)o
以上今夜の猛虎キャンプリポートでした(*^-^)b安芸は暖かいんやろな〜

画像:渡辺 亮投手(中央)

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:07年5月3日

場所:横浜スタジアム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:15 | comments(1) | trackbacks(0) |
▼ 秋季キャンプスタート
[ 下柳 ]

”指揮官の意向を心せよ”

日本シリーズ真っ盛り!ライバルの竜さんが好調ですね。

我等が阪神タイガースも本日から秋季キャンプに突入いたしました。
今キャンプの意義について岡田はんの素晴らしいコメントが公式サイトに掲載されてました。以下ポイントを抜粋です。

1.プロセスを変えてヒントを得て可能性を見つけ、試すことも壊すこともでき、そこから可能性を最大限まで探ること。

2.2月1日には新しい自分でスタートする。
それがチーム底上げとなる。

3.補強は他球団の戦力外選手からはせず、自球団の若手選手を鍛え上げる。

いやはや素晴らしい指揮官のコメントじゃないですか。

早速初日から鶴君が離脱のニュースが入りました。

今年こそ新人王を狙いたいと誓う小嶋君!監督の躍動感不足をどう変えることができるか!

本格的に右翼守備に取り組む熊のプーさん浅井君!今年の不本意なシーズンのリベンジを誓います!

脱代走要員宣言はチョロQ赤松君!やはり線の細さを筋力トレーニングでパワーアップしてもらいたいもんですo(^-^)o

さらに細い大和君も鉄人化計画を表明!守備だけではプロの飯を食っていけまへんねo(^-^)o

目指せ150キロ宣言は、3年目のスローカーブ若竹君!そりゃ君のダイナミックなフォームからスピードボールは期待してまっせo(^-^)o

オフシーズン渦中の人物はベテラン髭武者下柳様o(^-^)oメジャー挑戦は更なる進化への序章でしょうな〜常に自分を追い込む緊張感、何年たっても現状に甘んじることなく、常にレベルアップに挑戦するベテランの向上心には頭が下がりますね!
若虎もぜひ見習わねばなりまへん!

球団側も当然残留に全力で取り組むべきですな!

最後に甲子園隣接のクラブハウスでは、先日左ヒザを手術した兄貴金本がリハビリ始動です。

猛虎の戦いはスタートしました!安芸に参加していないメンバーも、各人に課された試練を乗り越えるべく、それぞれの立場であっても、目指すものは一つ!
”V奪回!日本一”です(^O^)/


画像:下柳 剛投手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:07年6月5日

場所:フルキャストスタジアム宮城

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ


author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:32 | comments(0) | trackbacks(1) |
▼ 猛虎かく勝てり98
[ ジャン ]


背番号92 エステバン・ルイス・ジャン投手

2007年度成績

21試合 6勝 5敗 0S 防御率4.66 完投0 投球回1041/3 奪三振52 自責点54

”最後までせっかちだった最高額助っ人”

契約金も含めると約3億円の大型契約で、阪神の新外国人投手としては07年時点で最高額が話題になりました。

今夜は汗かきジャン君です。

春季キャンプから前評判がよく、首脳陣の太鼓判をおされての日本球界デビュー!
メジャーリーグの通算打撃成績は「2打数2安打、1本塁打、1打点、1犠打」で、2000年6月4日のニューヨーク・メッツ戦でのメジャー初打席はボビー・ジョーンズから初球ホームランを放っているという派手な打撃履歴の持ち主o(^-^)o

このため入団時は足長ボーグルソン君とともに打撃面でも注目を集めました。

オープン戦でセーフティーバントをして一塁に全力疾走するという場面も語り草ですo(^-^)o

4月3日のヤクルト戦に先発し、来日初登板初勝利をいきなりマーク(^-^)/
思い出されるのは4月24日のヤクルト戦で、ラミレス選手の打球が顔面に直撃し出血、右あご裂傷で9針縫う大怪我でしたが、流血しても降板を拒んだプロレスラー張りの闘志はもはや伝説ですね。

さてさて、彼の今シーズンのリズムを完璧に狂わせた事といえば、投球直前のセット時にグラブを止められないせっかちな悪癖、つまり”ボーク”でした。

5月8日の巨人戦では、球団史上初となる1イニング2度のボークを記録。8月21日のヤクルト戦では、日本新記録となるシーズン12ボーク目を記録。この判定の直後に、打者武内選手に対して危険球退場処分となりました。
8月3日にも広島梵選手に対し、同様にボーク直後に死球を与えている前例があり、ヤクルトの古田監督は「アンパイアに対してやっているんだろう」と激怒されました。
これがきっかけで?翌22日に登録抹消となり、結局その後は一軍に戻れないままシーズンを終えることになりました。
そして10月2日、父親の体調悪化のため米国に帰国し、最後のクライマックスシリーズにも姿を見せることはありませんでした。
まあボークはともあれ、小生は彼のあの闘志を剥き出しにした投球が好きでしたね〜いつぞや彼を、”全力投球”ジャン君と呼ばさせていただきました。
また一から出直して来季も暴れまくってもらいたいもんですo(^-^)o


参考文献:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

画像:エステバン・ルイス・ジャン投手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:07年5月3日

場所:横浜スタジアム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:26 | comments(0) | trackbacks(1) |
▼ 秋季安芸キャンプに向けて
[ 集合画像 ]

”2007年日本シリーズに学べ”

日本シリーズは竜さんと日ハムさんがいい試合をしてますね〜エース同士の対決は、わずか2安打に抑えた川上投手が、13奪三振を奪ったダルビッシュ投手に敗れる等々、素晴らしい短期決戦をくりひろげております。
エースの存在はやはり大きいですね。
今夜はタイガースも今年苦しめられた中田投手が日ハム打線を8回僅か3安打1失点に抑えて圧勝しました。
敵将率いるチーム同士が、あのタイロン選手を、竜投手陣を、セギノール選手や稲葉選手、また日ハム中継ぎ投手陣を互いにどう攻略するか!一見の価値ありです。

さて、タイガースの今年度の秋季キャンプが高知県安芸市でおこなわれます。キャンプの予定および参加メンバーは既に発表されて、新コーチングスタッフも合流。いよいよ来季V奪回に向けての再スタートです。

■実施期間
平成19年10月30日(火)から11月15日(木)

■場所 安芸市営球場(高知県)

■参加メンバー
<監督・コーチ>(13名)
岡田監督、久保、吉竹、木戸、中西、広澤、和田、山脇、吉田、続木、星野、町田、中村

<投手>(15名)中村泰、能見、太陽、杉山、筒井、岩田、渡辺、江草、小嶋、橋本健、上園、鶴、若竹、伊代野、横山

<捕手>(4名)浅井、橋本良、清水、小宮山

<内野手>(7名)鳥谷、関本、藤本、前田忠、野原、藤原、前田大

<外野手>(4名)濱中、葛城、赤松、庄田

フレッシュな顔ぶれでは、2年目の鶴直人投手と1年目の横山龍之介投手の若虎投手コンビですねo(^-^)o
2人はともに宮崎で行われたフェニックスリーグに参戦。鶴君は湘南戦でプロ最長の4回無失点の好投o(^-^)o
横山君も巨人戦で2回をパーフェクト投球で猛アピール!
なにやら『鶴龍コンビ』などと呼ばれるなど注目度も上がってきました(^O^)/

野手のフレッシュマンは野原君、捕手の橋本良君、清水君でしょうかo(^-^)o
ともに1年目ながらキャンプメンバーに選ばれてます(^-^)/

今年はチーフ野手兼打撃コーチに吉竹氏、作戦兼バッテリーコーチに木戸氏が就任されて、岡田はんとのトロイカ体制での初キャンプが、いよいよ明後日からスタートです!

画像:ミーティング

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:07年3月22日

場所:横浜スタジアム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 2008年新スタッフ発表
[ 相木 ]

”第5次岡田内閣発足”

阪神タイガースは岡田監督が5年目の指揮を執る来季のコーチ陣を正式に発表されました。

作戦兼バッテリーコーチには03年から05年まで2軍監督を務めた木戸克彦氏が復帰し、今季限りで現役を退いた中村豊氏が2軍の守備走塁コーチに就任します。

【1軍】監督 岡田彰布(49)=早大 背番号80

▽チーフ投手 久保康生(49)=柳川商高84

▽チーフ野手兼打撃 吉竹春樹(46)=九州産高76

▽作戦兼バッテリー 木戸克彦(46)=法大 91

▽投手 中西清起(45)=高知商高 71

▽打撃 広沢克実(45)=明大 85

▽守備走塁 和田豊(45)=日大 86

▽守備走塁 山脇光治(45)=浪商高 89

▽バッテリー 吉田康夫(46)=日大東北高 81

▽トレーニング 続木敏之(49)=新居浜商高 90


【2軍】監督 平田勝男(48)=明大 78

▽野手総合兼打撃 立石充男(49)=初芝高 88

▽投手 星野伸之(41)=旭川工高 70

▽同 葛西 稔(40)=法大 82

▽打撃 町田公二郎(37)=専大 73

▽守備走塁 中村豊(34)=明大 87

▽守備走塁 筒井壮(32)=明大 79

▽バッテリー 嶋田宗彦(45)=箕島高 83

▽トレーニング 伊藤敦規(44)=福井工大74

▽育成 遠山奨志(40)=八代一高 75

▽育成 加藤安雄(57)=明大 97


とともに、本日また二人の猛虎戦士に戦力外通告の発表がありました。

上坂太一郎内野手と相木崇投手です。

実力社会の厳しいしい世界に生きる宿命です。

F1セブン上太郎こと上坂君は現役続行の意志表明をして、合同トライアウトに参加します。
持ち前の俊足を生かしての復活が期待されますねo(^-^)o

相木投手もサイドスロー投手としてまだまだ中継ぎなどでの活躍が期待されますね!是非とも来季はまた縦縞ではない別なユニフォーム姿の二人の勇姿にお目にかかりたいもんです!

頑張れ上太郎!

頑張れアイキー!

画像:相木 崇投手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:07年3月22日

場所:横浜スタジアム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:08 | comments(0) | trackbacks(2) |
▼ 猛虎かく勝てり97
[ 99狩野 ]


背番号99 狩野啓輔捕手

2007年度成績
54試合 率.274 11打点 3本
打数95 安打26 四死球3 盗塁0

”彗星の如く誕生したニューヒーロー”

猛虎かく勝てり2007、今年の阪神タイガースの中で、一躍全国的に有名になった男がトップバッターです。

誰もが今夜の敗戦を悟っていました。延長12回の表に3点をりードされた猛虎最後の攻撃!巨人のマウンドは守護神豊田投手です。先頭打者の矢野はんがわずか4球で三振を喫しましたが、そのあとドラマがやってきました(^-^)/
モンキーがライト前にヒットで出塁すると、加油!林君のセカンドゴロを焦った兎野手が打球の速さに追いつけづに連続ヒット!さらに鳥人鳥谷とキャプテン赤星君の連続タイムリーであっと言う間に同点o(^-^)oダンディー倒れてツーアウトになるも、続く兄貴がセンター前にクリーンヒットは本人サヨナラホームランを打ち損じたと一塁ベースで不満顔(*^-^)b
続くバッターはチャンスに強い待ってました今岡君ですが、巨人はここで次の打者が投手の橋健ですから当然満塁策をとり敬遠します。むろん甲子園の大観衆は大ブーイングが巻き起こり、異様な雰囲気になりました。

運命の瞬間がやってきました。
虎のベンチに残った野手はただ一人!その他の控え選手は既に出場済みであり、岡田はんが最後にコールした男は、今季初打席となる”もみあげ”狩野君です!
甲子園大観衆はむろん”待ってました”コールには聞こえません!テレビの前の皆々様も同じでしょう。
”思い切っていけ”ではなかったでしょうか(^O^)/

12回の裏二死満塁、一打サヨナラという檜舞台のシナリオを野球の神様が用意してくれました!解説の星野SDが呟きます。
「初球のストライクを振れるかだな〜」

第一球は低めのフォークボールを思い切りふりますがバットは空をきります。
甲子園大観衆からはため息が(^_^;)
しかしその次の内角低めのフォークボールを捉えた打球は、見事にレフト線にライナーで抜けるプロ初安打となるサヨナラタイムリー!
その瞬間!ニューヒーローが誕生しましたo(^-^)o

来季さらなる飛躍を期待してまっせ(^-^)/

画像:狩野 恵輔捕手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:07年4月7日

場所:東京ドーム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 2007年阪神タイガース名勝負
[ 18球児 ]


”146試合全てが名勝負”

独断と偏見でタイガースの名勝負を選んでみました(*^^)v皆さんのお気に入り試合もあるとおもいますのでご遠慮なくコメントください。

■9/9 対巨人 21回戦 ○巨8-9神/東京ドーム

火の玉球児10連投!25年ぶりの10連勝で終えた巨人との首位決戦o(^-^)o稀にみる大接戦に猛虎戦士の活躍に酔いしれました(^O^)/

■9/14対中日20回戦●神5-7中/甲子園

”自ら選択した勝負球を悔やむなかれ”タフネス剛球久保田君、火の玉球児君がウッズ選手との球史に残る名勝負で惜敗(^_^;)

■4/20日対巨人 4回戦 ○神5-4巨/甲子園
”おめでとう(^-^)/ニューヒーロー狩野恵輔”二死満塁から人生最高の檜舞台に登場はなんと今季初打席初安打はレフトへのサヨナラヒット。

■7/24 対中日 11回戦○中5-8神/ナゴヤドーム
”難攻不落の竜リリーフ陣を攻略した夜”両チーム計13人の投手投入のシーソーゲームは遂に岩瀬投手から3年ぶりの得点で攻略。

■7/6対中日 7回戦○中0-2神/ナゴヤドーム
おめでとう髭武者下柳!100勝”かつての鬼門ナゴヤドームで髭武者下柳はプロ通算100勝を達成。39歳での通算100勝は球界最年長記録です。

■8/21対ヤクルト 15回戦 ○ヤ7-9神/神宮
”桧舞台の一発が猛虎を生き返らせた”優勝チームが、”あの試合は大きかったな〜とふり返るような試合”今夜はまさにお祭りでした(^O^)/

■6/16対ロッテ 3回戦○ロ7-11神/千葉マリン
球界を代表するストッパー小林雅投手に虎が逆襲(^-^)/なんとこの9回表に9安打9得点と大逆転劇

■6/10日 対ソフトバンク 3回戦○神3-1ソ/甲子園
”猛虎の将来を背負って立つ男の一発”延長に入った10回裏、林君がライトスタンドに運ぶサヨナラツーランホームランで劇的な勝利(^O^)/

■7/17対巨人 14回戦○神4-0巨/ 甲子園
”ヒーローの唇が悔しさで震えていた”今夜のヒーローはキャプテン赤星君!”チャンスの場面で期待されなかったでしょう”彼は泣いてましたね〜

□その他
皆様が選んだ記憶に残る名勝負をご自由にコメントどうぞ(^o^)/

画像:藤川 球児投手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:07年9月9日

場所:東京ドーム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 2007年阪神タイガース名勝負
[ 桧山 ]

”貴方が選んだ今年一番印象に残った名勝負”

本日は携帯(SNS)au one GREE虎党『chiaki☆』さんです。↓↓↓あとちょっとのところで残念でした。

でも巨人優勝後にも阪神戦が見れてよかったです。

印象に残ってるのは、場面ではないんですけど、後半に首位に立ったことですね。
最後には結果になっちゃうんですけど、このまま行けば優勝ってワクワクして良かったです。♪
私もまだ阪神を応援しますので、また来年を期待しまっす↑↑↑
ありがとうございます。
今夜はいよいよ首位に立つ兎さんを追い詰めたシーンを思い出しました。
そうです昨日も『応援団長☆』が選んでいただきました、まさにあの首位巨人に7本塁打を浴びせて打ち勝った9月7日の東京ドーム決戦です。
そして最後の7本目のホームランを打ったのが、桧舞台桧山君でした(^-^)/

今年のオフは彼にとってはプライドを傷つけるような心ない記事が氾濫しています。結果がすべての厳しい勝負の世界。彼は何故代打要因なのか?かつてあの新庄君が自分より守備の上手い外野手を初めて見たと言わしめたフィールディングも健在です。もちろんあの上原投手から体制を崩しながら打ったバッティング技術も同様に!

将来のタイガースの主力選手を育成するための方針なのかもしれませんね。

秋季キャンプも彼は縦縞を着て元気な姿をみせてくれます。
何事もないいつものあの笑顔で!
そして絶対に腐ることもなく、常に全力プレーを私達に魅せてくれるでしょう。
誰よりも背番号24という男のプロ野球選手魂を知り尽くしているのは、他ならぬ我等虎党だからです。

アナフレ猛虎会の皆々様!背番号24の来季に向けての挑戦は始まっています!
縦縞一筋の勇姿に来季も勇気付けられる事に感謝と敬意を込めて(b^-゜)

リポーター:携帯(SNS)au one GREE虎党『chiaki☆』

画像:桧山 進次郎外野手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:07年8月11日

場所:横浜スタジアム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:59 | - | - |
▼ 2007年阪神タイガース名場面
[ 中村豊 ]

”静かにユニフォームを脱いだ07年最後の名場面”

本日のコメントはお待たせいたしました!アナフレ猛虎会『応援団長☆』です。↓↓↓
日ハム紅白戦みてます〜今年の名勝負ですかー。う〜む、「ナイス!」とは言い難いけど、巨人に7本塁打浴びてなお勝った、9/7かなー。ひーやんが上原からホームラン打って、気分が良かった〜(*^_^*)9/7と言えば引退する中村豊の伝説のホームラン記念日ということで・・・こじつけですが(;^_^A
中村豊(T_T)/~淋しいけど、阪神に残ってくれてよかったですね〜。↑↑↑
おやおや控え目のコメントでo(^-^)oしかし07年最後に名場面が待ってましたね〜

10月22日、一人の猛虎戦士が静かにユニフォームを脱ぎました。
笑顔の引退会見は公式サイトから抜粋です。
↓↓↓
■中村豊選手引退およびファームコーチ内定記者会見

―今の心境は。
現役を続けたい気持ちも強かったので悩んで悩んでいろんな方に相談しながら決めました。今は未練はないです。

―印象に残っているシーンは。

やはり03年、05年の優勝の瞬間です。みなさんは9月7日(2005年中日戦、延長11回の決勝ホームラン)という答えを期待されているかもしれませんが(笑)。

―コーチ就任について。
守備、走塁は大事なことです。大きい球場も増えたし、一つでも先の塁を取ったチームがやはり強い。その大切さを教えて走れる選手を育てていきたい。

―ファンへのメッセージを。

日本ハムに入団して、そして阪神タイガースに来て、本当にいろんな方に応援していただき励ましてもらいました。たくさんのこれまでのご声援に本当に感謝しています。
↑↑↑

豊君といえば小生個人的に思い出すのが試合終了後の兄貴とのユニフォームの脱がしっこと、昨年の6月の交流戦での超ファインプレーですね!あのプレー後の彼の「おいおいしっかり投げてくれよ〜まったく〜」と言いたげな表情が忘れられません。
明るいキャラクターで感動をありがとう!
画像は現役最後の公式戦でのユニフォーム姿になりました。
貴殿のような素晴らしい選手を育ててくれる事を期待して(^O^)/


参考文献:阪神タイガース公式サイト

リポーター:アナフレ猛虎会『応援団長☆』

画像:中村 豊外野手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:07年10月3日

場所:明治神宮球場

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:52 | comments(0) | trackbacks(4) |
▼ 2007年阪神タイガース名勝負
[ 18球児 ]

”貴方が選んだ今年一番印象に残った名勝負”

本日はアナフレ猛虎会『球クン命☆』さんです。↓↓↓
おはようございます♪
そうですね…
春季キャンプではほとんどの選手が好調だったにもかかわらずシーズン始まると連敗続きで…金本兄貴が鳥谷に走る気あるんかってゲキをとばしてから連勝が続き…
そしてまた連敗と…
故障者も多い中三位に入ったのはやはり根底の実力があるから だと思うのです…

『気合い』
いつもベテランの下柳、金本選手からは感じられるのに若い打者からはそれが感じられないのは私だけでしょうか

いい選手とよく耳にしますが 自分のチームが負けても勝っても表情がかわることのない選手からはなんの覇気も感じられません

ことばだけでなく真の一丸になっていたのでしょうか

どうか来期は若い選手をみてベテラン達が 気合い入ってるな〜と思えるようなそんな気持ちと力と誇りをもって戦いぬいてもらえたらと願うばかりです…

ウッズ対球児 の戦いがまだ甦ってきますね

私は両者にあっぱれ☆マークダメかな
またみたいものです
タイガースナインの皆さん監督コーチお疲れさまでした
ファンの皆さんも少し休憩してまたキャンプから応援していきましょうね
それまで皆さんお元気で〜(^O^)/↑↑↑

ありがとうございます。
しっかり覚えてますよ〜あれは9月14日の甲子園決戦!今シーズンの明暗を分けた運命の11球ストレート勝負でしたね!
一塁が空いていても敢えてタイロン選手との勝負を選び、矢野はんが何度もフォークを要求しても球児君は首を横に振り、最後まで火の玉ストレートでの勝負を続けたまさに平成の名勝負o(^-^)o
力と力の対決は最後のストレートをセンター前に弾き返したタイロン選手に軍配があがりました。
打たれた球児君も悔いなし!
まさに名勝負名場面でしたね。来季も対決が楽しみですo(^-^)o

リポーター:アナフレ猛虎会『球クン命☆』

画像:藤川球児投手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:07年10月3日

場所:明治神宮球場

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 2007年阪神タイガース名勝負
[ ]

”貴方が選んだ今年一番印象に残った名勝負”

今夜は携帯(SNS)au one GREE虎党の『あ〜ちゃん☆』さんのコメントを紹介いたします。
↓↓↓
こんにちはぁ☆ほんまに残念でしたが私も来年に向けてがんばりたいと思います!

心に残った試合はほんとタイガースの試合はどれも大好きですが、やっぱリンチャンファンの私にはサヨナラホームランのあの試合ですかね!(^^)!あのリンチャンと選手の顔は今でも印象に残ってます(*^_^*)来年も応援頑張ります。↑↑↑
ありがとうございます!
この試合は6月10日のソフトバンク戦でしたね〜あの天敵杉内投手に9回まで1対0に抑えられて完封負け寸前の試合でしたo(^-^)o
むかえた9回の裏、先頭バッター鳥人鳥谷君がツーベース!熊のプーさん浅井君がキッチリ三塁に送り、影武者野口君が犠飛でこの回わずか4球で同点に追いつき、天敵をマウンドから引きずり降ろします。
そして10回の裏にドラマが待ってましたね〜斬り込み健太郎君があわやサヨナラというツーベースを放つと、この日三番に入った林君!二球目を振り抜いた打球はプロ入り初のサヨナラヒットとなるサヨナラホームランが飛び出しました(^O^)/

祖国の英雄であられる王貞治監督の前で打った最高のホームラン!

この日の解説だった真弓氏も絶賛は”チームの危機を救った一打”との言葉が印象的でした。

この試合は途中雨で試合が一時間以上も中断。デーゲームでなければ降雨コールドとなっていたかもしれません。集中力を切らさず、猛虎打線を抑え続けた杉内投手も天晴れ!

お立ち台で質問の意味がわからず聞き直す林君のヒーローインタビューは今年の甲子園名物の仲間入りにもなりました(^O^)/

9月後半まさかの8連敗を喫した虎の危機を救ったのも林君の勝ち越しホームランでしたね(^O^)/

来季はクリーンナップとしてフル出場して打ちまくってもらいたいもんです。

頼むで加油!林威助o(^-^)o

リポーター:携帯(SNS)au one GREE虎党『あ〜ちゃん☆』

画像:林 威助外野手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:07年3月17日

場所:横浜スタジアム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 2007年阪神タイガース名勝負
[ シーツ ]

”貴方が選んだ今年一番印象に残った名勝負”

今夜はアナフレ猛虎会『fusaki☆』さんからのコメントをご紹介いたしますo(^-^)o↓↓↓

2007’虎のシーズンを振り返って

心に残った試合は数々あります。
『狩野選手』の存在感を知らしめたvsジャイアンツ戦大逆転劇 も現地で参戦していた私

けど今は『アンディ・・・ありがとう』の思いを込めて8月25日vs中日ドラゴンズ戦

http://pimamacom.at.webry.info/200708/article_25.html

ピッチャー小笠原との対決は久しぶりに私も熱くなりましたね。
バッターボックスのアンディに向かって
『うるさいんだよ・お ま え』と動いたピッチャー小笠原の口元を読んだ瞬間・私の中のスイッチが”プチ”って音立てて入りましたから。
確かに・今シーズンアンディは成績が振るわずに苦しんでました。
甲子園球場でも数々の心無い野次が飛んでました。

成績がもの言う世界やからしょうがないと解かってはいてもアンディの応援者である私は『アンディ・絶対・絶対復活して・・』って願っていました。

この中日戦・・・
ピッチャー小笠原を絶対アンディのバットで黙らせて欲しかっ た。
アンディが・なめられて悔しかったから。
そして アンディが打った

そしてピッチャー小笠原をマウンドからひきずり降ろした。

本当はこの試合最後までこの小笠原投手と戦いたかったけどでも阪神はこの試合に勝利した。

嬉しかった。
TVを観ながらぽろぽろ泣けてきた。

アンディはいい顔で笑う
アンディは甲子園球場に返って来るだろうか?
『メイビー NO』

米国の侍・アンディ・シーツ
先日家族でハワイに向けて飛び立った

『また あいたいです』

fusaki
↑↑↑
ありがとうございます。
縦縞にメジャー仕込みのfor the team精神を植え付けてくれたダンディーの功績は偉大です!彼が魅せてくれた感動のプレーがfusaki☆さんのコメントを読みながら走馬灯のように蘇りましたo(^-^)o

リポーター:アナフレ猛虎会『アンディーの笑顔に魅せられてfusaki☆』

画像:アンディー・シーツ内野手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:07年7月16日

場所:阪神甲子園球場

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:39 | comments(0) | trackbacks(1) |
▼ 2007年阪神タイガース名勝負
[ 金本 ]

”貴方が選んだ今年一番印象に残った名勝負”

本日兄貴金本が19日に「左ひざ内側半月板部分切除手術」を受け
て成功したことを球団が発表いたしました。

兄貴は球団を通じて「来季を万全で迎えるためにも手術に踏み切りました。今は無事に手術が終わってホッとしています」とコメントしてくれた模様です。
本人以上に我等虎党の方がホットしましたね(*^_^*)

7月に判明した半月板損傷をおして公式戦、クライマックスシリーズと全試合にフル出場し、チームの主砲としてナインを引っ張ってきた鉄人!
リハビリから調整トレーニングが順調に進めば、来季開幕に間に合うスケジュールが組まれているそうです。

今シーズンはこの怪我の影響もあり、2000本安打、400本塁打のダブル達成ができなかったことは、我等ファン以上に当の本人が一番悔しがっているに違いありません。
9月後半は打席に立つ兄貴の表情は心なしか険しく見えたのは小生だけではないのでは。

来季も不動の四番打者としてバッターボックスとレフトフィルダーにたち続けてくれることでしょうo(^-^)o
1日も早い完治を祈ります。

さて、今夜は携帯サイトau one GREEから埼玉県の虎党『ひぃちゃん〜☆』さんよりコメントを頂戴いたしました。↓↓↓
どうもお久しぶりです。ひいです。う〜ん今年は、惜しかった(泣く)長島さんの奥様の死は、かなり巨人軍にとってかなりの勝たなきゃいけないプラスになったな〜と思うなぁーでもうちら阪神ファンは、どんな状況でも最後まで目をそらさず応援する所がうちら阪神ファンだぁ〜(笑)ドラフト会議も・・・う〜んまぁまぁ来年も虎魂爆裂させま〜す。↑↑↑

ありがとうございますm(_ _)m
今日竜さんにクライマックスで連敗した兎さんもいよいよ正念場ですね。



リポーター:au one GREE虎党『ひぃちゃん〜☆』

画像:金本 知憲外野手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:07年10月3日

場所:明治神宮球場

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ


author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:27 | comments(1) | trackbacks(2) |
▼ 2007年阪神タイガース名場面
[ 監督・コーチ ]

”貴方が選んだ今年一番印象に残った名勝負”

公式サイトに岡田はんのオーナー報告会見が掲載されてました。以下抜粋します。↓↓↓
■岡田監督のコメント
優勝できなかったことについて申し訳ない、それに尽きます。ケガ人などの戦力の部分で、若い選手が補っていった中で、3位という結果は数字から見ればよかったのかもしれないが、優勝できるチームづくりをやっている以上、そういう選手の好不調も踏まえて今年の戦いを反省し、来年に向かってやっていかなければならないという話を宮崎オーナーにしました。

”2008年の岡田タイガースはどんなイメージか”
監督就任以来、守りのチームと言われてきましたが、その方針は来年も変わりません。来年はその中で、先発ピッチャーに少しでも長いイニングを投げてもらい、打者も先発ピッチャーを援護できるようにしたい。↑↑↑

今夜のコメントはアナフレ猛虎会『紫式部☆』さんです↓↓↓
こんばんは。阪神が全て終わってしまって虚脱感に陥っている紫式部です。
印象に残った名場面は沢山ありすぎて選ぶのに苦労するんですが、やはり圧巻は首位巨人から首位を奪取した9月7,8,9日の東京ドーム3連戦ですね。
初日は巨人全てホームランで稼いだ8点、阪神はチョコチョコとヒットやバントや走塁でかせいだ8点で8−8。このシーソーゲームを制したのは9回表のひーやんのホームラン。
これがこの日初めての阪神のホームランでした。
2日目は打って変わって投手戦となり安藤投手イ・スンヨプにソロホームランを許すもよく粘って1-1のまま、最後に葛城のホームランで勝ち越し首位に浮上しました。
「みんなでやっているという感じ」岡田監督の名台詞です。

3日目もはらはらどきどきの接戦でしたがものにしたのは阪神。
終わってみれば全て1点差。「紙一重やった」と岡田監督。
この日球児が10連投でチームの10連勝を決めました。
岡田采配が神がかり的に当たるとも言われ、このときが今季の阪神のピークでした。
この後燃え尽き症候群が出てくるのでここらでやめときましょう。↑↑↑

引用文献:阪神タイガース公式サイト

リポーター:アナフレ猛虎会『紫式部☆☆』

画像:岡田彰布監督

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:07年4月7日

場所:東京ドーム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:36 | comments(1) | trackbacks(1) |
▼ 2007年阪神タイガース名場面
[ 18球児 ]

”貴方が選んだ今年一番印象に残った名勝負”

07年の戦い終わって同志皆々様はいかがお過ごしでしょうか?

不肖『頑張れ阪神タイガース☆』今年の阪神タイガースの一番印象にのこった名勝負名場面を同志の方々に伺いましたところ、たくさんのコメントを頂戴しております。
本当にありがとうございます。皆々様のコメントあっての小生の駄ブロクであります。あらためて御礼申し上げます。

今夜は携帯サイトau one GREEの虎党『はる...☆』さんからのコメントをご紹介いたします。↓↓↓
おはようございます。でも去年に引き続き、最後までペナントレースが楽しめました。クライマックスシリーズというおまけもついてたし(^。^)

名勝負とか名場面ではないのですが、最後2週間ほど首位にたっていた頃の“JFK”が今年は最も印象的でした。特に藤川が・・・・
連戦・連投で本当にくたくただったと思います。実際、顔がどんどん疲れていってましたが、あれだけの頑張りを見せてくれて(^_-)
「守護神」と呼ぶにふさわしい投手たちだなぁって感動しました。頼もしかったです。

今年は日本シリーズの挑戦権を逃しましたが、勝っても負けても、阪神タイガースが大好きです。

これからもよろしくお願いします。
↑↑↑

ありがとうございます。やはり球児君が今年のタイガース最優秀選手ですかね〜!ジェフもメジャーから狙われてますが、来季も縦縞に袖を通してくれると信じてます(^O^)/
タフネス剛球久保田君は来季は先発に転向するような勢いですね。球児君のあの記録を10試合も伸ばしての90試合の登板。この数字はそう簡単には破られないのでは!
もし優勝していたらMVPは久保田君になっていたという識者の意見もかなり多かったようです。

とにかく今年も無敵のJFK万歳!

リポーター:au one GREE虎党『はる...☆』

画像:藤川 球児投手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:07年9月9日

場所:東京ドーム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 最後の五輪野球に挑戦する二人の猛虎戦士o(^-^)o
[ 18球児 ]

”北京五輪アジア予選日本代表最終候補メンバー発表について”

先日、星野仙一オーナー付シニアディレクターが監督を務める北京オリンピック野球日本代表のアジア予選日本代表最終候補選手34名が発表され、我等が阪神タイガースからは火の玉球児君と良妻賢母矢野はんの2選手が選出されました
。おめでとうございます!

今後は11月の直前合宿などを経て12月のアジア予選前に最終メンバーが決定するそうです。

公式サイトにご両人の喜びのコメントが掲載されてました。
以下抜粋です
まずは火の玉球児君↓↓↓
日本代表選出も目標に頑張ろうと思ってシーズンがスタートしたが、9月に自分が沈んできた時は、選ばれるか不安もあり、代表として野球をする自信も失いかけていた。選んでくれた監督やコーチ、スタッフみんなの期待に応えられるように頑張りたい。
WBCの時は選ばれてただうれしい気持ちが強かったが、今回は夢も勝利も与えないといけないので。勝つという重大な任務があるし、日本の国民の皆さんのためにプレーしたいです。

続いて矢野はん↓↓↓
今年の目標として全日本に入りたいという思いがあった。素直にうれしいが、自分の今シーズンの成績は良くなかったので複雑な思いもある。日本代表は初めてなので、全日本の経験のある選手に教えてもらいながら最年長として頑張りたい。ただ成績が良くないのに選ばれたということは、他に違うものを求められているとも思うので、チームに協力できることは何でもしたいと思います。
入団時も優勝の時も星野監督。その下でやらせてもらって、野球で良い思いも辛い思いも教えてもらった。野球にも星野監督にも何とか恩返しがしたいと思う。↑↑↑

アジア予選は、決勝リーグがシード3カ国(日本、韓国、台湾)と予選リーグ1位国の4カ国により12月1日から始まり、その勝者が北京五輪出場枠に入り五輪出場権を獲得します。
クライマックスでは、あと一人!あと一球!コールとご両人の勝利のハイタッチを見そこねた(^o^;)と思いきや、なんと日の丸を背負って、球団を超えた日本全国民のエールを浴びながらのご両人の勇姿にお目にかかれそうですね〜12月の台湾は暖かいやろうな〜(^-^)/

引用文献:阪神タイガース公式サイト

画像:藤川球児投手(右)
矢野輝弘捕手(左)

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:07年7月10日

場所:東京ドーム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 拝啓
[ その他 ]


”アナフレ猛虎会の皆々様”

あらためまして2007年のシーズンは終わりました。猛虎ナインは22日まで休んで23日から鳴尾浜で練習再開。
そのあとは秋季キャンプで安芸に向かいます。
敗者に休息はありません。

一夜あけてここぞとばかりにマスコミが騒ぎはじめましたね。

誰々を戦力外…

コーチの解任…

大型補強候補…


勝負の世界は厳しく数字が厳然と現れてしまいます。

近年の虎は暗黒時代は古き歴史となり、常に優勝を求められる常勝チームになったからこそでしょう。
これも強いチームの宿命です。

さてそんな事を横目に、アナフレ猛虎会、不肖『頑張れ阪神タイガース☆』は性懲りもなくオフシーズンは今年も”猛虎かく勝てり”並びに”2007年阪神タイガース名勝負、名場面”シリーズを投稿させていただく所存でありますm(_ _)m

何分小生の曖昧な記憶などにより、誤情報なども多々お見せするお恥ずかしいケースもありえるやもしれませんが、その折りは遠慮なく叱責していただけること身に余る光栄であります。

今オフの”猛虎かく勝てり”につきましては、背番号の高い順に今シーズン一軍登録のあった選手を中心に活躍ぶりを振り返ることができたらと考えております。
また今年も私達に感動を与えてくれた名勝負名場面がたくさんありました。
小生の偏見で片寄る事なく、皆々様それぞれに感じた記憶に残る試合などをたくさん取り上げられたら幸いです。

又、日頃小生の駄ブロクにたくさんのコメントやトラバをいただいております虎ブロガーの皆々様!いつも本当に有難うございます。これを機に折を見てコメントなどでお伺いさせていただく事もお許しください。

又携帯サイトau one GREEの虎党の皆様!いつもコメント有難うございます。

最後にアナフレ猛虎会発祥となったコミュニティーサイトのANAフレンドパークが年内で新コミュニティーサイトにバージョンアップとなり、日記の投稿機能は無くなる?ようですね。思えば2004年の6月1日から不振に喘ぐ岡田阪神一年目の小生の独り言を書き始めた駄日記からがスタートでした。

フレパの方がたもたくさんのコメントをいただき本当に有難うございました。
年末31日まで欠かさず投稿をさせていただきます。

何卒今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

最後に、歴史に残るクライマックス第一ステージにて完敗という屈辱と共に、再び2008年度日本一奪還に向けて再スタートを切れる!このような機会を与えてくれる野球の神様に感謝します。

我等が阪神タイガースに栄光あれ(^O^)/

画像:頑張れ阪神タイガース☆

撮影:球場で知り合った同志

撮影日:07年7月10日

場所:東京ドーム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:58 | comments(0) | trackbacks(1) |
▼ 虎(^_^;)惜敗
[ 野口 ]

■2007/10/14 試合結果

対中日 2回戦 ナゴヤドーム

神|000 100 020|3
中|500 000 00x|5

勝:中田1勝0敗0S
S:岩瀬0勝0敗1S
敗:上園0勝1敗0S
HR:李炳圭スリーラン1号
神:上園-渡辺-江草-久保田-ウィリアムス
中:中田-小笠原-岡本-岩瀬


――――――

”明日への勝利の戦いを今夜から開始せよ!”

クライマックスシリーズ第二戦、崖っぷちのタイガースはミスタールーキー上園君にマウンドを託しますが、初回に中日打線に捕まり一挙に5点を先制されます(^_^;)

一方の猛虎打線は4回に影武者野口君のタイムリー、8回には兄貴金本のタイムリーと桧舞台桧山君の犠牲フライで追い上げますが、最後は岩瀬投手に抑えられ敗れました。
タイガースは今季の試合を悔しい形で終了しました。

お疲れ様!

今回のクライマックスシリーズは遂に球児君の火の玉を見る事なく終わってしまった事が残念ですが、猛虎ナインは最後まで自分の持てる力を発揮して全力で闘いきってくれましたねo(^-^)o

虎の1・2番を16打数0安打と完全に抑え込んだ中日バッテリーに天晴れでした。

岡田はん!虎に後退はありえない!今夜からチームを立て直せ!

特に猛虎野手陣!今年のストーブリーグは寒いから、兄貴金本を見習って今夜からしっかり素振りができるかが勝負だね!やはり不動の4番打者がいても、三割バッターがいなければ優勝はできません。

猛虎投手陣!特に先発投手陣は髭武者下柳を見習って今日から走り込め!
もくもくと走り込んで完投できる体力をしっかりつけなきゃこの冬は寒さが身にしみるぜい!


虎の2007年のシーズンは終わりました。今シーズンもたくさんの感動を我等虎党に与えてくれて本当にありがとう(^O^)/

アナフレ猛虎会の皆々様も応援お疲れ様でした(^-^)/

しかし猛虎の明日への勝利の闘いは始まっています。

この悔しさを味わった今夜からすでに……

画像:野口 寿浩捕手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:06年9月23日

場所:東京ドーム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:46 | comments(0) | trackbacks(5) |
▼ 虎(^_^;)0勝1敗
[ 渡辺 ]

■2007/10/13 試合結果

対中日 1回戦 ナゴヤドーム

神|000 000 000|0
中|300 004 00x|7

勝:川上1勝0敗0S
敗:下柳0勝1敗0S
HR:T・ウッズ ツーラン1号/森野スリーラン1号
神:下柳-渡辺-久保田-ダーウィン-橋本健
中:川上-石井-鈴木-久本-岡本-クルス-平井

――――――

”このまま終わるのか猛虎!”

歴史に残るセ・リーグクライマックスシリーズ第1戦は小生の予想に反して中日先発は川上投手でしたが、虎の先発は髭武者下柳君でした(^O^)/
さすがに初回は皆かたくなってましたね〜初回から連打を浴びた髭武者は、失投もあり、タイロン選手にホームランを浴びるなど3点のビハインドスタートです。そして今夜の竜のエース川上投手にとってはこの3点でお釣りがくるような見事なピッチングです。
公言どうりビハインドながらも岡田はんはまずリリーフに鉄腕久保田を送り出しますが、やはり実戦離れの影響でしょうか〜下さんと同じく高めにボールが浮いて、竜打線打ち込まれ、今日は大量失点で完封負けでした。
今日は完敗でしたが、なんといっても竜のエース川上投手の素晴らしいピッチングに尽きました。四回まで毎回の7奪三振のパーフェクトピッチングで全く付け入る隙を与えません。
8回からは6人の投手をつぎ込んでとことん勝ちにいく情け容赦のない落合采配もお見事でしたな!
まあ今日の川上投手はシーズン中以上の最高のピッチングでした。
まあ竜さんばかりを誉めて申し訳ないですが、今日はナックル渡辺君がナイスピッチングでしたね!
今年の虎はほんまに打てない!今シーズンを象徴するようなシーンは8回反撃ムードのワンアウト1、2塁で代打濱ちゃんでしたが、竜が右の鈴木投手に交代すると、すかさず岡田はんも代打の代打ボヘミアン葛城君!
小生は寂しかったな〜虎の元四番打者が代打をおくられてしまうほど不振なのかなと(^_^;)
この屈辱から這い上がれ不死鳥!崖っぷちに追い込まれているのは、タイガースもさながら、不死鳥自信のバットマンとしての幾末なのかもしれない!

ともあれ明日は全員野球で勝利の六甲颪を歌おうではありませんか(^O^)/


画像:渡辺 亮投手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:07年7月16日

場所:阪神甲子園球場

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:03 | comments(0) | trackbacks(4) |
▼ クライマックスシリーズに向けて9
[ 16安藤 ]


”猛虎が竜を倒す!”

竜倒ローテは決まった!安藤→下柳→上園
長い長い九日間でしたね〜皆さん!明日からのクライマックスシリーズ“開幕戦”は安藤組長に任せたぜo(^-^)o
右肩痛が心配された組長がついに名古屋入りしました。
ナゴヤドームとの相性抜群の男が先陣をきります。
2戦目は髭武者下柳、3戦目はミスタールーキー上園君が先発する方向は変更ありませんな。

すでに岡田はんはJFKを4回からでも投入する必勝態勢を組んでいますが、ここにきてなんと先発が崩れれば3回からでも鉄腕久保田君の登場なんて風の噂も聞こえてきましたが、小生は竜戦は投手戦を予想します。

さて、話を組長に戻しますが、今シーズンは肩痛で出遅れ、公式戦の先発は9月以降の6試合。2勝3敗で防御率4・36と目覚しい活躍はできませんでしたが、それでも彼の実績と経験に期待したいですねo(^-^)o
特に中日戦には先発に転向した05年から10試合で通算5勝1敗と好成績を収めていることが何よりもの証しです。シリーズの舞台となるナゴヤドームでは、昨年9月17日に7回2/3を無失点に抑え、同ドームでの11連敗を阻止した力投が記憶に新しい。
同ドームで3戦負けなしの好相性も、短期決戦では重みを増します。

今季最終登板となった1日の横浜戦では不運な当たりもあり、4回4失点で負け投手となりましたが、岡田はんは寧ろ勝ち星より内容を重視。
ボール自体はこの前よりよかったことを評価しています。
パ・リーグ第1ステージ第3戦で四球連発のソフトバンクの投手交代が遅れた事が敗因となったことも教訓となったからこそ、継投策、代打攻勢も勝敗を左右すること間違い無し!竜さんも当然虎に強い川上投手、中田投手でくること間違い無し!

岡田阪神にとっても落合竜にとっても、そして原巨人にとっても未知なる短期決戦!
泣いても笑っても2敗すれば終わる第1ステージ決戦に、全員野球で猛虎が挑むo(^-^)o


画像:安藤 優也投手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:07年9月9日

場所:東京ドーム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ クライマックスシリーズに向けて8
[ 18球児 ]


”球界一のストレートが最高潮に”

昨日の鉄腕久保田君の次と言えばこの男の登場です!

クライマックスシリーズを前に我等が火の玉球児君が自己最速の156キロを計時のホットなニュースが宮崎から伝わってきました(^-^)/

10日のフェニックス・リーグ湘南戦に3回から
登板し、1回を投げ3者連続三振。電光掲示板には自己最速の156キロも掲示するほどの好調ぶりを見せてくれました。

シリーズへの調整が、自己記録を1キロ更新する思わぬ156キロ
を生んだのでしょう(^-^)/フォークボールが140キロと表示されるなど確かに同球場の計時は速い印象があったようですが、今季71試合を投げてきた疲労をぬぐい去っていることも事実でしょう(^-^)/

今夜のコメントはアナフレ猛虎会『球クン命☆』さんです↓↓↓

皆さん いよいよクライマックスシリーズですね!!
タイガースはリーグ戦は三位に終わってしまいましたが、今年はタイガースの為にクライマックスができたといっても過言ではないはず(^-^)/
さぁ!まずはドラゴンズを餌食にし次はジャイアンツをパクパクいえパクッと一口で飲み込んじゃいましょうo(^▽^)o
はい
私が口を開けると球児のことしか… と言われるかもしれませんが、やっぱりタイガースは球児です(*^_^*)
156キロだしちゃいましたしね(*^-^)b
球児の肩が心配でなりませんが彼がいないとダメです(^_^;)

2007タイガース最後の仕事は日本一♪
愛するタイガース待ってます

日本一(*^-^)b
↑↑↑

ありがとうございます。今年はタイロン選手との11球のストレート勝負が伝説となって語り継がれていくでしょう!しかしあの頃が一番疲れのピークだったような気がいたしまね。

このシリーズへ向けての実戦調整で、虎の守護神は万全の状態でマウンドに帰ってきてくれるでしょう!そして今度はタイロン選手を火の玉で三振に斬って第2ステージ進出を決めてくれるに違いありません(*^-^)b

リポーター:アナフレ猛虎会『球クン命☆』

画像:藤川 球児投手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:07年4月7日

場所:東京ドーム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:27 | comments(2) | trackbacks(3) |
▼ クライマックスシリーズに向けて7
[ 久保田 ]


”球界一タフな男が雪辱をはらす”

本日パ・リーグクライマックスシリーズ第1ステージであの千葉ロッテマリーンズが勝利をおさめて第2ステージ進出を決めました!相手にとって不足なし!05年のリベンジもドンと来いですなo(^-^)o

さて今日も虎戦士の元気な朗報が聞こえてきましす。

初めは最優秀中継ぎ投手となったタフネス剛球久保田君!
最終戦のヤクルト戦から中6日と間隔があいてパワーが有り余っているそうなo(^-^)o
今シーズンの中日戦では17試合に登板して、3勝8ホールドと相性の良さが何よりも自信のみなぎる証です。
昨年の故障欠場の雪辱を晴らす集大成のマウンドに上がるべく、前人未到の90試合登板の鉄腕久保田君が最終調整に入りますo(^-^)o

さてさて兄貴分に隠れて目立ちませんでしたが弟分のナックル渡辺君!とダーウィン君もフェニックスリーグで好アピールo(^-^)o
足長ボギーも参戦して、中継ぎ陣のサバイバルも熱くなってまいりました!

なにやらぴょん吉ジェフ君は鳴尾浜にてファーム選手相手のシート打撃で斬りまくっているとかo(^-^)o圧巻の最終調整の模様!

棚から牡丹餅江草君も宮崎にて無四球ピッチング!クライマックスでシーズン同様に彼が登板すれば逆転勝利のラッキーボーイ振りが期待されます。

さてさて火の玉球児君はさらに制球に磨きをかけて、”えぐる火の玉”を確認しての宮崎入りo(^-^)o
今日の湘南戦では貫禄の3者連続三振というホットなニュースも飛び込んでいますo(^-^)o
あの剛速球が胸元にきたらもう敵無しでんな〜

甲子園残留組に合流した髭武者下さんは、クライマックスも開幕投手が濃厚です。安藤組長とともにマシン打撃でバント練習を入念に行った模様です!
髭武者はプロ入り100勝を中日戦で達成しましたね。ナゴヤドームでの老獪なピッチングが期待されます。

今夜は投手陣を中心に(b^-゜)映像が恋しいな〜


画像:久保田 智之投手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:07年4月7日

場所:東京ドーム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ クライマックスシリーズに向けて6
[ 赤星 ]

”傷だらけのキャプテンが最後の勝負に挑む”

我等がキャプテン赤星君がナゴヤドーム決戦に自信をみせています(^O^)/

大好きなナゴヤドームでの大暴れを誓ってくれました!

今季、中日戦は85打数32安打で打率3割7分6厘をマーク。
ナゴヤドームに限れば40打数19安打で4割7分5厘と裏づけされたデータが何よりも説得力がありますねo(^-^)o

今年は首痛、左腰骨折などボロボロの状態でもシーズンを長期離脱することなくチームを牽引し続けてくれたキャプテン!
第1ステージまでシーズン最終戦から中9日。少しでも患部を休めて、万全な体調でシリーズに帰ってきてもらうことを切に願っております。

人一倍責任感の強いキャプテン赤星ですから痛かろうが無理して出場すると思いますがね(*^-^)b
南国宮崎の地から元気な虎の活躍が風の便りで聞こえてきます。
モンキー藤本が久々ショートを守って2安打の活躍、仕事人能見君がピシャリとクローザー締め、髭武者下さん3回を0封、のっぽの橋健課題を残すドンマイピッチング〜(*^_^*)同じくミスタールーキー上園君も制球が定まらすドンマイピッチング(*^_^*)

孤軍奮闘キン肉マン桜井君は猛打賞でCSスタメン猛アピールo(^-^)o不動のクリーンナップの座を勝ちとるチャンスやで〜o(^-^)o

天才今岡君は2打席凡退も…いい感じo(^-^)o

良妻賢母矢野はんも、下ちゃんのリードに納得顔o(^-^)o

大好物の宮崎の地鶏を食べてパワー全開は兄貴金本(^O^)/

京セラ居残り調整組の安藤組長!焦らずじっくり調整やで〜同じく居残り鳥人鳥谷君!9月30日から控えていた打撃を再開の朗報にホッ(^_^;)明日の実戦打席に立つため宮崎へ飛びましたo(^-^)o

加油!林君は代打で途中出場2打数無安打も手応え充分o(^-^)o負傷の右肩は万全ではないけれど、貴殿のバットは勝利にかかせません!

なんで映像で観れないのかな〜虎戦士に逢えない夜は寂しいですね〜皆々様(^_^;)

画像:赤星 憲広外野手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:07年10月3日

場所:明治神宮球場

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ クライマックスシリーズに向けて5
[ 濱中 ]


”ふたたび蘇れ不死鳥o(^-^)o”

先日、神宮球場にてまた一人偉大なプレイヤーがユニフォームを脱ぎました。
ヤクルトスワローズ選手兼任監督の古田敦也捕手です。
ヤクルト黄金時代を築いた名選手の引退は、寂しい限りであります。
小生久しぶりに阪神戦以外の試合をテレビ観戦させていただきましたが、その引退セレモニーでのアナウンサーの一言が脳裏から離れませんでした。その一言とは”ミスタースワローズ”の引退です。

確かに古田監督は長年スワローズの中心選手としてチームを牽引して、輝かしい実績も残してきましたので、ミスタースワローズに相応しいプレイヤーです。

しかし今の虎には残念ながらミスタータイガースが不在です。
不肖頑張れ阪神タイガースは、この男こそミスタータイガースを継承すべきと思いましたが、来季の虎の補強の最大の焦点は、右の大砲穫りですとまでマスコミに書かれてしまいました。

本人の胸中は複雑でしょうね!
そうです!その男こそ
”不死鳥濱ちゃん”です。

不振のため2軍調整中でしたが6日、1軍練習に合流。8日に開幕するフェニックス・リーグに参戦します。もちろん13日からのCS第1ステージ1軍メンバー入りを賭けての正念場です。
経験と実績を兼ね備えた右のスラッガーにまたもや試練が訪れました。
今季は打率1割9分3厘、6本塁打に低迷。

林君や桜井君の台頭もあり、ベンチを温める日々が続きました。
虎のクリーンナップに求められるものは、3割30本塁打100打点です。我々は濱ちゃんに7番8番打者を求めてはいませんね!
今年こそ右方向へのホームランを増やして不動のクリーンナップを期待しましたが……
このまま07年を終えてしまうのか!自らの存在感を示すためにも、実力で「CS切符」をもぎ取り、ふたたび不死鳥のように復活をしてもらいたいもんです。

画像:濱中 おさむ外野手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:06年9月23日

場所:東京ドーム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ クライマックスシリーズに向けて4
[ 下柳 ]

”2007’ペナントレースを振り返って”

今夜のコメントはアナフレ猛虎会『髭武者の独特に魅せられてfusaki☆』さんです↓↓↓

今シーズンは、岡田監督のコメントどおり山と谷が激しいシーズンでした。

背番号29番 虎のエースだった井川投手が夢を実現して・海を渡って・・・

さて 今年の虎のエースは福原さんか 安藤さんかと楽しみにしていました。

そしてそのエースたちを支える縁の下の力持ちは39歳・髭武者・下柳 剛であってほしいと。
だけど2007’は虎のエースは不在のままシーズンを終えて しまいました。
これがリーグ優勝に至らなかった経緯かな!と私は思っています。
髭武者は8月はひとつも白星を掴めませんでした。
だけどシーズン終わって10勝です。
39歳にして髭武者はまだまだ満足はしない男はんやと思いますけど私は頑張ったと思います。
本当にお疲れ様と労いたいです。
最後の10勝目を獲った試合に・髭武者はグローブを投げて吼えてました。
かなりバッシングを受けましたね。
でも私はその髭武者の熱い魂に惚れているから髭武者がなぜ?吼えるか?
そこにちゃんと意味を見出せるから・・・
誰が何を言おうと髭武者が投げ続けている限り私は応援するだけです。
その想いは髭武者の野球に対する姿勢が変わらない限り揺るぐことはありません。

できるなら来シーズンは、若虎投手にもっと頑張ってもらって長老・髭武者にはもう少し余裕を待たせてあげてほしい。
それが理想です。
セ・リーグ 覇者 にはなれなかったけど今年から始まるクライマックスシリーズに向けてきっとまた髭武者も生を吐いて頑張ってくれると信じてます。
虎戦士達にたくさんの想いがありますが一人一人を書いていくと終わりがこない様な気がするので^^
やっぱり私のいっとう好きな下柳 剛投手のことを書かせていただきましたm(_)m

最後に私の中の今年の虎・MVPは久保田投手に・・・ルーキー・MVPは上園投手に・・・

さあ名古屋ドームで待つドラゴンズを倒して東京ドームに乗り込みましょ・・・
あい らぶ  たいがーす

あい らぶ  髭武者
↑↑↑

有難うございます。下ちゃんは巨人と中日に相性がいいので、必ずや勝ってくれますね(^O^)/

リポーター:アナフレ猛虎会『髭武者の独特に魅せられてfusaki☆』

画像:下柳 剛投手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:07年6月13日

場所:グットウィルドーム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:26 | comments(0) | trackbacks(1) |
▼ クライマックスシリーズに向けて3
[ 上園 ]

”2007年ペナントレースを振り返る”

13日からのクライマックスシリーズの開幕投手はどうやら安藤組長に決まった模様ですね!休日を返上の髭武者下柳とミスタールーキー上園君の三人で第1ステージ竜倒に挑みます!

さて、今夜はアナフレ猛虎会『紫式部☆』さんよりコメントを頂戴いたしました。↓↓↓

こんばんは
今年は井川くんの穴を埋めるはずだった福原投手の故障や安藤投手の回復が長引いたりで先発投手だけを見ると不本意な結果に終わりましたが、その穴埋めで中継ぎ投手がずいぶん成長しました。
ダーウィン、江草、渡辺、橋本・・・完投できる投手がいないためJFKのフル回転。

でもそのおかげで久保田投手は新記録、藤川投手は新記録タイというすばらしい結果をもたらしてくれました。新人の上園投手もまさかここまでやってくれるとは期待してませんでしたが新人王にも手が届きそうです。来季の成長が楽しみですね。

打線のほうも故障者が多くて心配でしたが、若手の台頭には目を見張るものがありました。
狩野をはじめとして広大、藤原、坂・・・それに葛城や光信、野口捕手の活躍も見逃せません。
細かい成績を見ると最下位でもおかしくないと思うんですが、よくクライマックスまで残ってくれました。

3位なので気楽に思い切った作戦を立てて、とにかく2つ勝てばいいんですから絶対に点をやらない戦い方をして欲しいですね。
第2ステージの巨人戦は心配してません。(笑)紙一重で勝つでしょう(^^)V↑↑↑

巨人戦は心配ないなんて力強いコメント有難うございます(^O^)/
確かにそうですね!今シーズン、巨人と中日に勝ち越している事は紛れもない事実ですから(^-^)/
原監督も落合監督も虎の存在を最も警戒しているはずです!

猛虎よ奇跡を起こせ(^-^)/

リポーター:アナフレ猛虎会『紫式部☆』

画像:上園 啓史投手(左)渡辺 亮投手(右)

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:07年10月3日

場所:明治神宮球場

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:02 | comments(1) | trackbacks(1) |
▼ クライマックスシリーズに向けて2
[ 関本 ]

”2007年ペナントレースを振り返る”

今年も高校生ドラフトから始まり、タイガースが指名権を得た未来の縦縞戦士の話題とともに、戦力外通告を受けて、縦縞ユニフォームに別れを告げる選手の風の便りも聞こえてくるようになりました。
キャンプ前半復活の兆しがあった三東君はアクシデントの印象もあって、残念ですね。
まだまだ若いんですから希望を捨てずに、どこかの球団でまた蘇って欲しいもんです。
そんな中、我等が桧舞台桧山君の来季現役続行決定のニュースは嬉しい限りですね!
クライマックスシリーズでも、代打の切り札としてここぞという一打を期待したいですな(^O^)/

さてさて今夜はこのお方にコメントを頂戴いたしました。

アナフレ猛虎会『応援団長☆』です。↓↓↓
野球のない夜はつまらないですねー。今年は開幕から最後の試合までずーっと健太郎不調・・・それって不調じゃなくて実力!?毎日毎日心配で、例年よりずっと真剣に試合観てたかも。広沢コーチとの相性が悪かったのかなー?右打者全滅でしたよね。
福ちゃん、安DOたち先発要員も全滅。CSはもうすっとばして、私の心はキャンプに飛んでます。
来年こそはスタートダッシュから一気にVゴール!といきたいです。
最終戦初登録、初打席三振の小宮山くん、来年は期待してますよん。
とりあえず、2007年はお疲れさまでした。
↑↑↑

有難うございます。まだまだCSをすっ飛ばすのは早いですよo(^-^)o
シリーズ出場権を手にして日ハムさんとの日本シリーズとなったら応援団長は寝る間もないほどフル回転ではo(^-^)o

終わり良ければすべてよし!健太郎君含めた右打者、右投手の復調に期待しようじゃありませんかo(^-^)o

いい夢みませうo(^-^)o

リポーター:アナフレ猛虎会『応援団長☆』

画像:関本 健太郎内野手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:07年10月3日

場所:明治神宮球場

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:13 | comments(0) | trackbacks(3) |
▼ クライマックスシリーズに向けて1
[ 監督・コーチ ]

”2007年ペナントレースを振り返る”

昨日のセ・リーグ公式戦最終戦試合前に我等が岡田はんが今シーズンをふり返って記者会見をおこないました。
その内容が公式サイトに掲載されてましたので紹介します。


■岡田監督記者会見内容
― 今シーズンを振り返って、率直な今の心境を。ひとことで言うと、過去振り返っても一番というほど山あり谷ありのすごく浮き沈みの激しい一年だった、というのが本音ですね。

― 監督が思い描いていた戦力との違いも。
今までずっと開幕投手を務めてきた(エースの)井川がぬけ、期待した2人(安藤選手、福原選手)がケガで開幕から出遅れてしまった。井川が抜けた上に、また投手に故障者が出るということで不安なスタートをきったのは確かです。野手では今岡や濱中など調子の出ない選手がいたが、その中でファームから呼んだ若い選手が期待以上の成績をあげ、それ以降もチャンスをものにしてくれた。その部分は大いに助かったシーズンでした。

― 若手もそうですが、JFKは今年もすごかった。
どちらかというとずっと投手中心とした守りのチームですから。そういう意味ではあの3人がすごい分、先発投手が6回ではなく、もう1イニングでも多く投げられるようにと、先発投手に対する期待をしたのですが。思っている以上に後ろの3人に負担をかけてしまいました。

― 12ゲーム差をひっくり返し一時は首位にたった手応えもあった。
今年は交流戦でつまずいてしまいましたが、しかし7月以降、上位チームを相手に同一カード3連勝が2回続いた。あのあたりから若い力とベテランがうまくかみあってきたと思います。まだシーズンの試合数はあるということで、(上位との)ゲーム差を数えるという気持ちは全くなく、何とか一つ一つ縮めていこうとする毎試合の積み重ねが最後チャンスを得る位置まで残れたのではないかと思います。

― クライマックスシリーズに向けての意気込みを教えて下さい。
初めての試みですけど、(第1ステージの)3連戦を勝ち越し、とにかく(先に)2勝しないと次(第2ステージ)にいけない。はっきりいって現状は投手、野手ともにチーム状態はあまりよくないと思います。しかしこの(第1・第2ステージの)10日間を、もう一度勢いをつけて、打つ方も先発も頑張って、後ろにつなぐタイガースの野球をファンの方にみせたい。3位でこういうチャンスが得られるシーズンだったのは、ラッキーかも知れないけど、そういう意味でも最後まで、一番最後まで残れるように頑張りたいと思います。
↑↑↑

最後まで”そういう意味では”とはどういう意味?なのか謎ですが、今年はクライマックスがあって良かったと前向きに捉えている岡田はん(^-^)/最後の最後にまたまたキラリと光る采配を魅せてくれるか!

引用文献:阪神タイガース公式サイト

画像:岡田 彰布監督

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:07年10月3日

場所:明治神宮球場

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:02 | comments(0) | trackbacks(1) |
▼ 虎(^-^)/74勝66敗4分け
[ その他 ]

■2007/10/3 試合結果

対ヤクルト 24回戦 神宮

神|012 000 000|3
ヤ|000 000 000|0

勝:上園8勝5敗0
S:藤川5勝5敗46S
敗:グライシンガー16勝8敗0S
HR:今岡ソロ4号
神:上園-久保田-藤川
ヤ:グライシンガー-木田-館山


――――――

”代打オレ軍団に勝ち納め”

今年も遂にこの日を迎えました。2007年セ・リーグペナントレース最終戦!
不肖『頑張れ阪神タイガース☆』神宮球場に行って参りました(^O^)/
猛虎打線は2回に天才今岡君の第4号ホームランで先制し、続く3回にはキン肉マン桜井君がタイムリーツーベースを放ち2点を追加します。
投げてはミスタールーキー上園君が7回を4安打無失点に抑え、タフネス久保田-火の玉球児と繋ぎ完封リレーで今季最終戦を白星で飾りました。ルーキー上園君は8勝目を上げ、新人王に大きく前進(^-^)/
そして球児君は46セーブを上げてシーズン最多セーブのプロ野球記録に並ぶ快挙を成し遂げました。

昨年の最終戦も神宮に観戦しましたがその日は井川君の奪三振ショーでした。1年は本当に早いですね!
今夜はルーキー上園君の新人賞をかけた好投!
90試合目の登板のタフネス久保田君!
火の玉球児君の最多セーブと見せ場がたくさんありましたが、今夜一番神宮を盛り上げたのはこの人でしたね〜”代打オレ”古田敦也選手兼監督です。
神宮を埋め尽くした虎党からも惜しみない拍手と古田コールが起きて、感動のフィナーレとなりました。敵将に敬意を表して(^^ゞ
さて、まだまだ打線は調子が上がらない猛虎!一先ずペナントレース全試合終了お疲れ様でした。
13日からのクライマックスに向けての10日間が、猛虎にとって吉と出るか?凶とでるか?
小生は今の虎に一番必要なのは休養だと思います。短い期間ですが、故障者は傷を癒やして万全な状態にどこまで戻してグラウンドに帰ってこれるか!

猛虎は死なず!
暴れまくってくれる事を信じて!

画像:古田敦也選手兼監督

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:07年10月3日

場所:明治神宮球場

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:15 | comments(0) | trackbacks(5) |
▼ 虎(^_^;)73勝66敗4分け
[ その他 ]

■2007/10/2 試合結果

対横浜 24回戦 横浜

神|000 000 000|0
横|130 001 00x|5

勝:高崎1勝1敗0S
敗:安藤2勝3敗0S
HR:金城ソロ14号
神:安藤-橋本健-筒井-ダーウィン
横:高崎-横山-マットホワイト


――――――

”宿敵を天国から突き落とせ”

早いもので今シーズンもあと2試合を残すのみとなりました。
虎の先発は安藤組長です。
初回に先制タイムリーを許し、2回には横浜の連打に味方のエラーも絡み3失点、これで3連敗とクライマックスにむけて不安が残る結果となりました。

6回には2番手ノッポの橋健が金城選手にソロホームランを打たれて点差は5点に広がります。
追う阪神は横浜先発のルーキー高崎投手を打ち崩せず、影武者野口の2安打のみに抑えられて負けました。今日は完敗です(^_^;)

そして今夜は宿敵巨人が5-4でヤクルトを下し5年ぶりのセ・リーグ優勝を決めました。

また、虎が本日敗れたため、中日の2位、阪神の3位が確定、上位3チームが日本シリーズ出場権を争うクライマックスシリーズの組み合わせが決まり、2位中日3位阪神が対戦する第1ステージ(3試合制)は13日からナゴヤドームで行われます。
今夜も心なしか元気がなかったタイガース!
このクライマックスシリーズにて、もう一度牙を剥いて兎さんと竜さんを谷底に突き落とすことができるか!
今後の猛虎の将来を見据えた戦いになるような胸騒ぎすら感じる小生です。

すんなり負けてしまうのか猛虎!

明日の神宮ラストゲームを不肖『頑張れ阪神タイガース☆』遅ればせながら観戦に行ってまいりますo(^-^)o
猛虎戦士の面構えをしかと見届けにね(*^-^)b

あらためまして
読売巨人軍の皆様、リーグ優勝おめでとうございます。

そしてまたクライマックスシリーズでお会いいたしませうo(^-^)o


画像:原 辰徳監督

撮影:アナフレ猛虎会『広報部長☆』

撮影日:06年7月1日

場所:東京ドーム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:08 | comments(0) | trackbacks(4) |
▼ 虎(^-^)/73勝65敗4分け
[ 今岡 ]

■2007/10/1 試合結果

対横浜 23回戦 横浜

神|300 020 004|9
横|000 010 303|7

勝:下柳10勝8敗0S
S:藤川5勝5敗45S
敗:吉見3勝3敗0S
HR:今岡スリーラン3号/金城スリーラン13号/村田ソロ33号
神:下柳-渡辺-江草-ウィリアムス-久保田-ダーウィン-藤川
横:吉見-横山-川村-マットホワイト-加藤-那須野


――――――

”帰ってきたポイントゲッター”

前回の悪夢の浜スタ3連敗で優勝の可能性を失った猛虎!
今夜はベイさんに4位確定の引導を渡す番です!
マウンドに仁王立ちに相応しい先発は髭武者下柳。自らの二桁勝利をかけて気合い十分です(^-^)/

タイガースは初回に天才今岡君のスリーランで幸先よく先制。
5回にもまたまたザ・ポイントゲッター今岡様の今日5打点目となる2点タイムリーで横浜を突き放します(^-^)/

しかし4点リードで迎えた7回裏、ピョン吉ウィリアムス君が金城選手にまさかのスリーランを打たれて1点差とされるも、9回表に三者連続タイムリーの猛攻で4点を上げ勝負あったかと思いましたが、9回裏に横浜が粘りを見せ、ダーウィン君に襲いかかります。最後は火の玉球児君が登場して何とか逃げ切ってクライマックスシリーズ進出を決めました(^-^)/

今夜の髭武者は熱い叔父さんでしたが、これくらい闘志満々でいいじゃないっすか!ベイさんだって敵ながら闘志を剥き出しでしたねo(^-^)oかえって若虎達は大人しすぎだよ〜o(^-^)o
自身3年連続の二桁勝利おめでとう(^O^)/

いやはや天才今岡様は何気に一人で5打点はさすがの一言!
しかし今年は5点をとっていたらどれほど勝利試合が増えたかとタラレバしてしまう小生でありますですo(^-^)oほんまに待ちくたびれましたぜ千両役者様!

さてさてどうやら兎さんにマジック1が点灯した模様です。
相手にとって不足なし。明日も勝って神宮最終戦も連勝して、イザ!クライマックスへ乗り込もうではありませんか(^-^)/
不肖頑張れ阪神タイガース☆は最終戦神宮に出陣してまいります(^-^)/イザ!

画像:今岡 誠内野手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:07年7月16日

場所:阪神甲子園球場

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:07 | comments(0) | trackbacks(6) |


皆様こんにちは。ご訪問いただき有難うございます。 アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』と申します。 (*^^)v野球経験のない素人の球場観戦の独り言にお付き合いください。 有料又は無料のメールマガジンにてアナフレの独り言をお楽しみくださいませ。まぐまぐ!マイメルマは無料メールマガジンです。 又皆様からの観戦リポートやご意見ご感想も歓迎いたします。メールフォームにてお気軽にお声がけくださいませ。
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
アナフレ猛虎会
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

アクセスカウンター

過払い

外汇
携帯 中古外汇


阪神タイガースおっかけマップ (2005)
阪神タイガースおっかけマップ (2005)

阪神タイガースを語るには何がなくてもまず甲子園球場。大歓声でマンモススタンドが揺れ、ラッキーセブンのジェット風船は夜空が隠れてしまうほど舞い上がる。みなさん人生そのものをタイガースにかけているのだ。甲子園球場はもちろん、その周辺のこと=甲子園の街並みを知っていただきたい。野球とともに歩む姿を。またたくさんの楽しい、うれしいお店がいっぱいある。タイガースOBのお店や、ナインご贔屓のスポット、ファンが集うショップ。・・・・いえいえ甲子園だけではありませんぞ。おとなり尼崎も、芦屋も神戸、大阪も・・・・関西圏をくまなく知っていただこう。もちろん関東の情報も掲載!
野村ノート
野村ノート

ところが、以外な選手に感謝されているということもある。その代表的なのが桧山である。阪神時代、桧山に対しては叱ったことはあっても、野球はこうだ、人生はこうだと懇切丁寧に指導した記憶がない。・・・・平成15年、確か優勝した翌日の新聞だったと思うが、彼のインタビューに目を通し驚いたことがある。「野村さんが阪神の監督だったときは、いっていることがよく理解できなかったんですが、今になってやっとわかってきました」・・・・・桧山のように思ってもみなかった選手から感謝を受けるのも指導者冥利に尽きる。  それにしても人生はまさに一期一会だなあと思う。赤星、藤本は阪神のドラフトリストに名前はなかった。赤星はアマからのキャンプ参加、藤本は社会人選手権大会の観戦に行って、遊撃手を探していたときに目に留まった選手である。・・・・私との縁を大切にし、「考えないよりは考えるほうがいい」「知らないより知っていたほうがいい」と私にいわれ、「なるほどそうだな」と思い、ノートをこまめに取り、そのノートを保存し何度も読み返す。こうしたちょっとの差が、いざ自分が指導する立場になったときに活き、あるいはコーチや監督という地位を得るためのチャンスとなる。逆に出会いや縁を無駄にしてしまう選手は、将来の可能性まで狭めてしまうのである。
猛虎の70年
猛虎の70年

第1章阪神タイガースとは何か・・・・おそらくクソ度胸という点では球界ナンバー1の星野仙一の背中にスーッと寒気が走ったのは、彼が阪神の監督になってすぐのことだった。・・・いや、「恐怖」すら感じたという。それは阪神ファンが試合に感動し、勝利の歌を大合唱し、それが終わると球場の外へ出て、ゾロゾロと甲子園駅に帰るのではなく、球場近くの広場に何千人と集まり、そこでも「六甲颪」の大合唱をやるのだ。ファンはやがて甲子園の駅に移動する。この甲子園駅でもまたも「六甲颪」の大合唱となる。それでも終わらない。阪神電車に乗り込んだファンはそのまま梅田の駅で降りて、その梅田駅コンコースでまたまた「六甲颪」の大合唱である。これが深夜まで続くのだ。「お前ら、あれが聞こえるか?俺達はあの熱狂的なファンに対する責任があるんだ。もしあのファンを裏切ったら・・・・俺はどうなるか知らんゾ」・・・・「俺は勝ちたいんや!そのためにはどうするんや?俺はファンに喜んでもらいたいんや・・・・・」なんとも野暮なセリフである。だがかつて阪神の監督としてこんな直接的な言葉を発した指揮官はいなかった。少年のように「勝ちたいんや!」と絶叫する星野仙一。監督室まで聞こえてくる大合唱、そして海鳴りのようなファンの”鼓動”が星野仙一をギリギリまで追い詰めていったのである。そこには「日本一わがままで、日本一熱心で、日本一我慢強い」と星野が評したファンの姿があった。
巨人軍かく勝てり―V9達成の秘密
巨人軍かく勝てり―V9達成の秘密

チームプレーとは「チームワーク」=「人の和」よりさらに深い考え方で、“人間集団におけるモラルから、グランド上のプレーに至るまで、あらゆる人間行動を網羅した広い考え方”といってよいと思う。
簡単な具体例をあげよう。
いまここで二人の人間がキャッチボールを始めるとする。ボールを握って投げる側は、次のように考える「相手が取りやすいところへとりやすいスピードで投げてやろう。投げ返す時のことも考えて胸元へ投げてやろう」そう考えて投げる。
一方受ける側はどうか。相手がそう考えて投げてもミスすることがある。だから相手の気持ちを察して、「万一とりにくいボールがきても、何とか受けてミスを未然に防いでやろう」この二人の「思いやり」がチームプレーの根本精神である。
 このちいいさな「思いやり」は、やがて「自分の義務と役割を完全に履行」することに広がり、チームのために「自己犠牲」をいとわず、「助け合い」、そしてチーム全員に「感謝」するところにまで高められていく。
巨人軍論 ――組織とは、人間とは、伝統とは
巨人軍論 ――組織とは、人間とは、伝統とは

チームの要だったON
『チームを預かることになったとき、いつも私が手本としてきたのは川上哲治監督であり、川上監督が率いたV9時代の巨人というチームであった。それではV9巨人のどこが素晴らしかったのだろうか。まずはなんといっても王貞治と長嶋茂雄、すなわちONの存在をあげないわけにいかない。ONは長らく巨人の3番4番に座り続け常にチームの中心であり続けた。ただし私がこの二人を高く評価するのは、彼らが記録や数字を残したからという理由ではない。彼らが中心選手としての役割と責任をまっとうしていたという事実が大きいのである。私は「中心選手はチームの鏡でなければならない」と述べたが、王と長嶋は、まさしくそうであった。他の選手の模範であり続けたのである。そこが凡百の「四番」とONのちがうところなのである。

…その意味で、私は阪神の金本知憲を高く「評価」している。現在の球界で真の「四番」といえるのは彼くらいだろう。彼は少々の故障くらいでは試合を休まない。チームへの忠誠心も高い。金本が移籍してきてから、阪神の選手の意識が明らかに変わった…金本の野球に取り組む態度を見れば、まわりの選手も自然と「このままではいけない」と感じるようになる。また若手選手が直接叱るより先輩が叱ったほうが叱られた若手のショックは少ない。ここ数年の阪神の躍進には、この金本の存在が大きく寄与している』

ドジャースの戦法
ドジャースの戦法

『投手は自分の左側に球を打たれたらすぐさま一塁に向かってスタートする習慣をつけなければならなぬ。ゴロであろうとライナーであろうと変わりはない。直ちに一塁に突進せよ。適当な時に投手がマウンドを離れなかったためにゲームを失ったためしは多い。打球が左側にきたら、投手は真っ直ぐに一塁にスタートし、塁に近付いたらスピードを緩め、右足を塁に触れて、一塁手からの投球を待ち受ける。球を受け取ったら走者との衝突をふせぐために、ファウルラインの内側を二、三歩走り続けるが、この場合もし他の塁にも走者がいたら、投手はできるだけ早くとどまり、必要に応じて他の塁に投球する用意をせねばならない。
走者の足が遅いか、又は他の理由で投手がゆっくり一塁に間に合った時には、塁上で止まって、こちらに投球しようとしている野手の方に向き直り、一塁手のような身のこなしで、体をのばしたり、どちらかの側へ動いたりして、一塁手の代わりをつとめなければならぬ。』
背番号三桁―「僕達も胴上げに参加していいんですか?」
背番号三桁―「僕達も胴上げに参加していいんですか?」

「アホか、みんないいから出ろ!お前たちも行け!」優勝が決まった瞬間、ベンチから選手が一斉に飛び出した。星野はすぐさま裏方に対して叫んだ。
「尾張メモ」の全貌―情報は盗んで活かせ
「尾張メモ」の全貌―情報は盗んで活かせ

虚像がユニフォームを着ている

広岡監督殿

巨人偵察記・巨人の実像・私が過去三十年、対巨人と戦ってきた印象からみると、最低の巨人といっても過言ではない。人気という点では昔と雲泥の差があっても、実技つまり野球のすべてに対する取組む姿勢が欠けていること。緻密性がない。個人的には優秀な人材はおりますが、チームプレー1つをとってみても投手は三本間に三塁走者を挟みながら、生かしてしまうランダンプレー等がその例。一発で刺さねばいけないプレーをウロウロして生かすということは、過去の巨人では考えられないことです。極端な表現ですが、巨人のユニフォームを着ている虚像にすぎない。−こう断言できます。

このくらいのチームが優勝することはちょっと考えられないことだが、優勝をバックアップしている審判団の判定が大きく作用していることは申すまでもありません。私自身がこの目で見ても、巨人がパ・リーグであれば、近鉄クラスの実力と見ます。それで人気だけが物凄い、まさに虚人です。・・・・・・
1983年10月15日
阪神タイガース
阪神タイガース

序章 黄金時代の幕開け
”遂に来たタイガースの時代”
『この世の春、である。長い長い苦難のときを経て、とうとう阪神タイガースの時代がやって来た』
覚悟のすすめ (角川oneテーマ21 A 87)
覚悟のすすめ (角川oneテーマ21 A 87)

これまでのプロ野球生活で、胸を張って自慢できることがひとつある。

それは、

「たとえお金にならないことでも、やるべきことを、全力を尽くしてやってきた」

ということだ。

2000年5月12日の第三打席を最後に、翌年9月28日の横浜戦第二打席まで、私は1002打席にわたって一度も併殺打を記録しなかった。これはあまり知られていないが日本記録である。
ただ、常に全力疾走を心掛けていなければ達成できなかった記録でもある。それを私は誇りに思う。

連続フルイニング出場にしても、「すごい」とほめられはしても、直接お金として返ってくるわけではない。

それでも私は、セーフになるチャンスがあれば、一塁に全力疾走する。果敢にボールを追うし、つねに次のベースを目指そうとする。なぜなら

「たとえお金にならないことでも、全力プレーするのがプロ」
そう思っているからである。

「いつケガをしてもいい」そういう覚悟で私は常に試合に臨んでいる。

それが、これまでの私のプロ野球生活を支えた信念であり、いまもつねに自分自身にいいきかせているモットーである。