アナフレ猛虎会

皆様こんにちは。アナフレ猛虎会 通称”頑張れ阪神タイガース☆です。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

クライマックスシリーズに向けて1

2007.10.04 Thursday


”2007年ペナントレースを振り返る”

昨日のセ・リーグ公式戦最終戦試合前に我等が岡田はんが今シーズンをふり返って記者会見をおこないました。
その内容が公式サイトに掲載されてましたので紹介します。


■岡田監督記者会見内容
― 今シーズンを振り返って、率直な今の心境を。ひとことで言うと、過去振り返っても一番というほど山あり谷ありのすごく浮き沈みの激しい一年だった、というのが本音ですね。

― 監督が思い描いていた戦力との違いも。
今までずっと開幕投手を務めてきた(エースの)井川がぬけ、期待した2人(安藤選手、福原選手)がケガで開幕から出遅れてしまった。井川が抜けた上に、また投手に故障者が出るということで不安なスタートをきったのは確かです。野手では今岡や濱中など調子の出ない選手がいたが、その中でファームから呼んだ若い選手が期待以上の成績をあげ、それ以降もチャンスをものにしてくれた。その部分は大いに助かったシーズンでした。

― 若手もそうですが、JFKは今年もすごかった。
どちらかというとずっと投手中心とした守りのチームですから。そういう意味ではあの3人がすごい分、先発投手が6回ではなく、もう1イニングでも多く投げられるようにと、先発投手に対する期待をしたのですが。思っている以上に後ろの3人に負担をかけてしまいました。

― 12ゲーム差をひっくり返し一時は首位にたった手応えもあった。
今年は交流戦でつまずいてしまいましたが、しかし7月以降、上位チームを相手に同一カード3連勝が2回続いた。あのあたりから若い力とベテランがうまくかみあってきたと思います。まだシーズンの試合数はあるということで、(上位との)ゲーム差を数えるという気持ちは全くなく、何とか一つ一つ縮めていこうとする毎試合の積み重ねが最後チャンスを得る位置まで残れたのではないかと思います。

― クライマックスシリーズに向けての意気込みを教えて下さい。
初めての試みですけど、(第1ステージの)3連戦を勝ち越し、とにかく(先に)2勝しないと次(第2ステージ)にいけない。はっきりいって現状は投手、野手ともにチーム状態はあまりよくないと思います。しかしこの(第1・第2ステージの)10日間を、もう一度勢いをつけて、打つ方も先発も頑張って、後ろにつなぐタイガースの野球をファンの方にみせたい。3位でこういうチャンスが得られるシーズンだったのは、ラッキーかも知れないけど、そういう意味でも最後まで、一番最後まで残れるように頑張りたいと思います。
↑↑↑

最後まで”そういう意味では”とはどういう意味?なのか謎ですが、今年はクライマックスがあって良かったと前向きに捉えている岡田はん(^-^)/最後の最後にまたまたキラリと光る采配を魅せてくれるか!

引用文献:阪神タイガース公式サイト

画像:岡田 彰布監督

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:07年10月3日

場所:明治神宮球場

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ

コメント

コメントする

トラックバックURL

http://anafremoukokai.tblog.jp/trackback/160999

トラックバック

阪神タイガース阪神タイガース優勝まで後一息だ。一時借金が10もあったが今は貯金が7になった。ゲーム差も首位と最大11ゲームもあり広島と最下位争いしてたが、今は首...(続きを読む) クライマックスシリーズに向け
| 阪神タイガース 応援日記 最新情報!! | 2007/10/15 11:16 AM |

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Category

Archives

Search

このブログ内の記事を検索

Recent Comment

Recent TrackBack

QR Code

Other