アナフレ猛虎会

皆様こんにちは。アナフレ猛虎会 通称”頑張れ阪神タイガース☆です。
▼ 虎(-_-;)10勝11敗1分け
[ 関本 ]

■2009/4/29 試合結果
対横浜 5回戦 甲子園

横|006 000 010|7
神|011 020 000|4

勝:ウォーランド1勝2敗0S
S:石井0勝1敗6S
敗:安藤2勝1敗0S
HR:新井ソロ4号、村田ソロ1号
横浜:ウォーランド-真田-山口-石井
阪神:安藤-阿部-アッチソン-渡辺-筒井
───────
“読まれていたフォークボール”

眠れる獅子が蘇り、3連戦の初戦を白星で飾ったタイガース。
本日の虎の先発はエース安藤司令官です!
先制点の欲しい猛虎は2回裏、昨日お眠りから覚めた獅子新井君の第4号ソロホームランで幸先よく先制します(^_^)

しかし3回、安藤司令官がベイ打線に打ち込まれ、まさかの6失点。
この回でマウンドを降りました。
早めに反撃したい猛虎はその裏、二死3塁からダイヤモンド美化委員長関本様がセンター前タイムリーヒットを放ちすぐさま1点を返して反撃!

さらに5回裏、一死2塁のチャンスにも、またまた美化委員長関本君が二打席連続となるタイムリーヒットに、人間鳥谷君がヒットで繋ぎ一死1・2塁。
ここで4番兄貴金本が右中間へタイムリーヒット!2点差に迫りましたが・・・
お目覚めの横浜4番村田選手にトドメを刺されて万事休す!
借金1となる惜敗でした。

本日のポイントはなんと言っても6失点の3回です。
簡単にツーアウトを取ってからの場面を振り返ります。
連続ヒットでツーアウト2、3塁のピンチを招き、迎えるバッターは内川選手。
一塁が開いているのでここで敬遠して4番村田選手との勝負は賛否がありますが、昨日の不調ぶりからの判断でしょうからまあ仕方なし。
案の定初球を狙われタイムリーを打たれました。
この失点はあきらめがつきます。
しかしそのあとが今日のポイントかな〜。当たっているジョンソン選手を歩かせ、前回浜スタで完璧に抑えた吉村選手に打たれた三塁打が痛かった。
完全にフォークボールを読まれたナイスバッティングでしたね。
何故読まれていたのかを考えてみました。

カウントは2−2となれば、あと一球ボールを投げられるバッテリーが選んだ球種が
低めのフォークボールでした。セカンドランナーがいる状況で、もみ上げ狩野君の構えた位置がど真ん中となれば、三振を狙ってくるフォークボールと吉村選手は読んだのかもしれません。

してやられました。

安藤司令官はストレートが高めに浮いていましたね〜ドンマイです。

ベイさんの4番打者も目覚めた打線は手強いぞ〜明日はなんとしても勝利して、
4月は5割で乗り切りませう(^_^)


参考文献:阪神タイガース公式サイト

画像:関本 賢太郎内野手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:09年4月11日

場所:東京ドーム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:33 | comments(1) | trackbacks(4) |
▼ 虎(^_^)10勝10敗1分け
[ 新井 ]

■2009/4/28 試合結果
対横浜 4回戦 倉敷
横|000 004 000|4
神|002 002 40x|8

勝:江草2勝1敗0S
敗:吉川0勝1敗0S
横浜:小林-那須野-真田-吉川-高崎
阪神:下柳-渡辺-江草-ウィリアムス-藤川
─────────

“影のファインプレーを見逃すな”

本日よりベイスターズを迎えての3連戦、虎の先発は髭武者下柳君です!
立ち上がりから持ち味を十分に発揮する危なげないピッチングでベイスターズ打線を翻弄します(^_^)

そんな髭武者を援護したい猛虎打線は3回、お目覚め新井君の2点タイムリーツーベースで先制!

リードをもらった髭武者でしたが、5回まで完璧だったピッチングに狂いが生じたのは6回、先頭打者にヒットで出塁を許し、ツーアウトランナー三塁まで踏ん張りましたが、以後集中打を浴びて逆転を許し、悔しい降板になりました。

しかし今夜は猛虎打線が爆発します。
6回裏に代打天才今岡君のタイムリーなどですぐに同点に追いつくと、続く7回にはお目覚め新井君が今日4安打目となる2点タイムリーツーベースで勝ち越し!
続くプーさん浅井君のタイムリーとフルスイングだぜ桜井君の犠飛でさらに2点を追加して勝負あり!

っとなればマウンドには牡丹餅豪華リレーで完勝(^_^)勝率を5割に戻しました!
本日のヒーローはもちろん4打数4安打4打点のお目覚めだぜ新井君ですね!
猛打賞はまだまだ少ないですが今季2度目で4安打は初です。先制ツーベースなんかはスタンドに放り込んで欲しいな~と思いましたよ新井様!
そして今夜のもう一人のヒーローは、熊のプーさん浅井君でしたね。
地元倉敷出身のウォー葛城君に対して代打で送りバントの構えで登場の6回!
サインプレーで今シーズンの初ヒットはお見事の一言。これで完璧にベイさんのリズムを狂わし、千両役者今岡君に美味しい場面を演出(^_^)
7回には駄目押しタイムリーヒット&初打点プラス初盗塁!フルスイングだぜ桜井君の 4試合連続打点に花を添えました〜ナイスプレー!

とにかくベイさんの外野手陣は守備がお粗末。人間鳥谷君の打球をポロリもしかり、
新井君の先制二塁打も、虎の右翼手なら捕球できる打球ですね。
ベイさんとのカードは打ち勝つというイメージがありがちな感がいたします。下ちゃんも6回に村田選手を討ち取ってからホットしたのかな〜(^_^)今日は村田選手の打ち損じに救われもした勝利でした。
牡丹餅江草君はちゃっかり今季二勝目おめでとうさん。

明日も守り勝つ野球を忘れずに〜特に鳥谷様!
投打に圧勝しようではありませんか。


参考文献:阪神タイガース公式サイト

画像:新井 貴浩内野手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:09年4月10日

場所:東京ドーム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 08:03 | comments(0) | trackbacks(7) |
▼ 拝啓アナフレ猛虎会の皆々様
[ アナフレ猛虎会の皆々様 ]


“御礼並びにご報告”

若葉の候を迎え、皆様ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
早いもので2,009年ペナントレースが開幕となり早一ヶ月が過ぎる頃となりました。
今年の真弓監督率いる新生タイガースは、ここまで9勝10敗1分けのスタート!
20試合を終えて既に兎さんが首位に立ち、その他の5チームが混戦体制になっているようなセリーグペナントレースに物足りなさすら感じておりますです。
これからガンガン勝ちまくり、盛り上げていってもらいたいですね〜真弓タイガース様(^_^)

さて
おかげさまをもちまして小生の駄ブログも、開設のきっかけと成りましたANAフレンドパーク日記から数えて満5年を迎えることが出来ました。
これひとえに皆々様方の日頃からのご支援の賜物であります故、ブログ上ではございますが厚く御礼申し上げます_(_^_)_

思えば2004年、開幕からなかなか波に乗れずに苦しむ岡田前監督率いるタイガースに対してのボヤキ日記からはじめたのがきっかけではありました。
又、安物カメラで撮影したお恥ずかしい限りの選手画像を掲載しているため、多数のブロガーの方から有難きリンク申請をいただきましたが、丁重にお断りもさせていただきました。訳のわからぬ日本語、誤字・脱字等、閲覧者の皆様方には不快な思いをさせてしまったこと等、まだまだ不徳のいたすところばかりであり、反省の気持ちでいっぱいでございます。
しかしながらブログのアクセス数が、多いときには日に1000を越えるようにもなり、投稿文の質の向上を計らねばとの思いと、ある意味閲覧していただいているという責任の重さからプレッシャーをも感じている今日この頃でございます。

さて、前置きが長くなりましたが、
今回5年目の節目というわけではありませんが、とある友人から提案を頂きました。

このたび小生の駄日記を大手メ−ルマガジンであります、まぐまぐプレミアム様に発行申請させていただきましたところ、まぐれにも審査を通過することができ、晴れて5月1日より有料メールマガジンとして発行させていただくことになりましたことをご報告させていただきます。

月額72円。
金額はご承知のとおり、真弓監督の背番号から取らせていただきました。

当ブログのプロフィール画像下にある掲示板をクリックすれば申込みが可能になるようです。

弁解するわけではありませんが、購読者を求めてのエントリーが目的ではなく、あくまで自分に対しての惰性や手抜き、向上心の無さに対する戒めでございます。

曲りなりにも有料マガジンを公開するにあたって、恥ずかしくないような投稿をしなければという、自分自身への叱咤激励の気持ちのあらわれがこのたびのエントリーへと理解していただければ幸いでございます。

もちろん今後も当ブログは今までどおり継続投稿させていただきますが、ある定刻を過ぎた時点から本文は“メールマガジンをご覧ください”などという悪戯的な発想なども取り入れていこうかな〜と一人でニヤニヤしております(^^♪

これからも阪神タイガース並びにプロ野球を愛する一人として、皆々様からのご指導をいただきながら日々精進し、少しでもレベルアップができるような応援日記を投稿させていただく所存であります。

今後とも、アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』をよろしくお願い申し上げます。                                   敬具 

画像はアナフレ猛虎会『球君命☆』さんから頂戴いたしました最近の甲子園球場です。
蔦がパネルになっているんですね〜このような様相の聖地甲子園球場の姿もまた、長い歴史の一ページですね(^o^)
今年はいつ行けるかな〜

有難うございました。

画像:阪神甲子園球場

撮影:アナフレ猛虎会『球君命☆』

撮影日:09年4月23日

☆頑張れ阪神タイガース☆


人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 虎(-_-;)9勝10敗1分け
[ 桜井 ]

■2009/4/26 試合結果
対広島 6回戦 マツダスタジアム

神|000 001 000|1
広|000 000 20x|2

勝:篠田2勝1敗0S
S:永川0勝2敗7S
敗:アッチソン1勝1敗0S
阪神:ジェン - アッチソン - 江草
広島:篠田 - シュルツ - 永川
───────

“走塁が勝敗を分ける”

内野の天然芝がやけに美しいマツダズームズームスタジアム。
今季初の4連勝を狙う虎の先発は、来日初登板となるはじめましてジェン・カイウン君です(^_^)これには予想外で驚きました!

いやはやしかしこのジェン君はマウンド度胸満点ですな〜ランナーは出しながらも20歳とは思えない落ち着いたマウンドさばきで赤ヘルさんに得点を許しません!

そんなジェン君を援護したいところですが、昨日の猛虎打線の勢いはどこへやら?
赤ヘル先発篠田投手にこちらも的を絞れず、5回までわずか1安打と沈黙。

見応えある投手戦とはいえない内容でしたが、0行進でむかえた6回、先頭の人間鳥谷君が四球で出塁し、盗塁で2塁へ進むと、チーム初ヒットを打っているフルスイングだぜ桜井君が2打席連続ヒットとなるレフト前タイムリーで先制(^_^)

ジェン君は6回裏も簡単に3人で終わらせマウンドをリリーフ陣に託しましたが、しかし今日は2番手魔術師アッチソン君が誤算でいたね〜2つの四球とボークでピンチを招くと代打喜田剛選手に2点タイムリーを浴び逆転を許します。

9回表、カープ守護神永川投手を攻め二死1・2塁のチャンスにもみ上げ狩野君のライト前ヒットでサプライズ新井君が果敢に同点のホームを狙いますが、ライトからの好返球で惜しくもホームタッチアウト!

1点差での敗戦となりました。

いやはや本日の見所はなんといってもジェン君ですね。
6回5安打無失点のナイスピッチング!なんといいましょうか〜実に丁寧に低めをついたピッチングと、なかなか粘り気のあるスライダーと表現させていただきます。
6回の嶋選手との対決も、あくまで低めに我慢の投球を続けた若虎にあっぱれでした。

また、下半身がとてもしっかりしていて、上半身にブレを感じない投球フォームが魅力的じゃないですか。ナイスピッチング。

そしてもうひとつの見所は、赤ヘル梵選手の走塁です。

7回に代打喜田選手のフラット上がったライト前の適時打で魅せた、ギャンブルスタートですね。
前を走るランナーを追い越す勢いで一気に勝ち越しのホームを踏みました。してやられたり。

まあ本日は赤ヘル二人のアスリート、赤松選手のファインプレーと、ゴジラ喜田剛選手の笑顔に免じて。

“逃がした鯉は手ごわいぞ”で締めくくらせていただきます(^_^)


参考文献:阪神タイガース公式サイト

画像:桜井 広大外野手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:09年4月18日

場所:横浜スタジアム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:23 | comments(0) | trackbacks(6) |
▼ 虎(^_^)9勝9敗1分け
[ 福原 ]


■2009/4/25 試合結果
対広島 5回戦 マツダスタジアム

神|401 201 400|12
広|000 000 010|1

勝:福原1勝2敗0S
敗:長谷川1勝1敗0S
HR:葛城ツーラン1号
阪神:福原 - 筒井
広島:長谷川 - 青木高 - ドーマン - 林 - 梅津 - シュルツ
────────
“圧勝から学ぶ打線の意味”

東京は雨に濡れた一日でしたが、マツダズームズームスタジアムは、雨が上がり始めたデーゲーム。虎の先発はまだ勝ち星がない福原隊長です(^_^)
初回、サプライズ新井君の左中間へ2点タイムリーツーベースヒットとウォー葛城君のツーランホームランで4点。これで完全に赤ヘル長谷川投手を圧倒しました。
あとは皆様ご観戦のとおり、赤ヘルさんの次から次に出てくる投手をめった打ち!
今季最多の12得点で勝利を決定づけました。
福原隊長は1000回登板を達成!残念ながら完封勝利とはいきませんでしたが、最後は大量援護をバックにおやおやサイドスローからまたまたオーバースローに戻った落雷筒井君が締めて、ゲームセット!
虎は3連勝で5割復帰です(^_^)

本日の見所は言わずとしれた猛虎打線の爆発ですな。
ここまで兄貴金本頼りだった打線が、試合開始から主砲抜きで一気に畳み掛けました。

不振にあえぐ新井君が左中間へ2点二塁打はなんと17打席ぶり。
さらに代打起用が多かったウォー葛城君が右越え2ランを含む、あわやサイクルヒット達成かと期待をさせた猛打賞の4安打3打点!
終わってみれば計16安打の圧勝です(^o^)

マツダスタジアムの電光掲示板のトラブルで、2回に19点なんてシーンがありましたが、しいて申さば、まだまだホームランが少ないかな〜と(^_^)点差が開いた試合ですから、ノーサインでガンガン打たせてあげようではありませんか〜真弓様(^_^)
ですが不思議なもんで、ホームランが出ると打線が途切れて大量得点に成りかねないことがまた野球の不可思議な一面かもしれません。相手バッテリーが被弾後開きなおって投げるからでしょうね。

ウォー葛城君ナイスバッティング!雄叫び2009は甲子園までお預けです!

これで今季2度目の3連勝となり、明日には初の同一カード3連戦3連勝が懸かります。
福原隊長は今季初勝利にホッ(^_^)
4度目の登板で初白星をやっとこさ手にしました。地元広島出身の隊長はお立ち台でも

安堵の表情でしたね。若い頃は150キロのストレートをガンガン投げまくっていた本格右腕も、コースを突く丁寧な投球で凡打の山を築いてくれました。
三振を取る投手じゃないとのコメントも本人らしいじゃありませんか。
これからもガンガン勝利してもらいまっせ(^_^)ナイスピッチング!


参考文献:阪神タイガース公式サイト

画像:福原 忍投手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:09年4月19日

場所:横浜スタジアム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ



author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 08:02 | comments(1) | trackbacks(7) |
▼ 虎(^_^)8勝9敗1分け
[ 14能見 ]

■2009/4/24 試合結果
対広島 4回戦 マツダスタジアム

神|210 010 000|4
広|000 000 000|0

勝:能見2勝2敗0S
敗:前田健2勝2敗0S
阪神:能見
広島:前田健-林-ドーマン-青木高
────────
“勝ちゲームの不可思議”
昨夜の延長12回の死闘を勝利した猛虎!
今夜はその疲れがかえって結果オーライのような勝利となりました。
本日からマツダズームスタジアムで赤ヘルさんとの三連戦です。
初回、フォアボールで出た美化委員長関本君を1塁に置き、昨日のヒーロー人間鳥谷君がヒットでチャンスメイク!兄貴金本がフォアボールを選び、ここでサプライズ新井君が犠牲フライを打ち上げて1点を先制(^_^)
フルスイングだぜ桜井君にもタイムリーヒットが生まれ早くも試合の主導権をにぎります。
虎の先発は先日の横浜戦で久しぶりに勝ち星を挙げた仕事人能見君。
相変わらず立ち上がりの悪い癖がでましたが、要所要所で赤ヘル打線を抑えて、毎回のようにランナーを出すものの、あれよあれよと0行進。
7回を終わった段階で126球を投げ、最終回も今日10個目となる三振を奪いながら三者凡退!終盤も全く衰えを見せずにそのまま見事2年ぶりとなる完封勝利をあげました(^_^)

さて、今夜の面白きポイントは、勝てる試合はこんなものだということです。
正直いって昨日の長い試合で猛虎ナインは動きに切れがありませんでした。
ピリッとしていたのは仕事人能見君だけ。
しかも赤ヘル打線に7回まで毎回の8安打を浴びたにもかかわらず、何故か無失点。
三者凡退で終わった回は終盤の8回のみ。
対する猛虎打線は、7安打で4得点。しかも三者凡退は5度もありましたが結果は4対0の完封勝利!
不思議なもんですね〜初回の新井君の犠牲フライもフォームを崩されて、決して快心とはいえない当たりでした。続くフルスイングだぜ桜井君は、彼の力なら悠々ライトオーバーの長打ですが、旨く右に打ってのシングルヒット。
5回の兄貴金本のタイムリーは、完璧に討ち取られた打球です。兄貴が調子を落としているときは、レフトフライが多くなります。
あえて自分らしくタイムリーはダイヤモンド美化委員長関本君かな〜(^_^)
勝てる時ってこんなもんなんですね。
完封勝利投手がめったにでない猛虎にとって、ヒットを打たせない完璧な内容の滑り出しよりも、毎回のように苦しみながらも、要所要所で三振を取りながら、本塁打もない
ラッキーなタイムリー等で勝ち越す。
こんな展開から完封勝利が生まれるんですね。
連投続きの中継ぎ陣にもいい休養になり、なによりも見上げ狩野君が嬉しそうなハイタッチ。
試合時間もやけに早かった省エネ試合を今夜はとくと楽しませていただきました。

能見君ナイスピッチング!


参考文献:阪神タイガース公式サイト

画像:能見 篤史投手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:09年4月11日

場所:東京ドーム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ



author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:46 | comments(0) | trackbacks(3) |
▼ 虎(^_^)7勝9敗1分け
[ 桧山 ]

■2009/4/23 試合結果

対中日 5回戦 ナゴヤドーム
神|000 000 010 003|4
中|000 010 000 000|1

勝:藤川1勝0敗2S
敗:ネルソン0勝2敗1S
HR:桧山ソロ1号、鳥谷スリーラン3号
阪神:安藤-ウィリアムス-アッチソン-藤川
中日:吉見-岩瀬-齊藤-高橋-平井-ネルソン-パヤノ-菊地
───────
“格の違いが勝敗を決めた好ゲーム”

見ごたえのあるいい試合でしたね(^_^)
延長12回を闘う総力戦は人間鳥谷君の決勝打で勝負がつきました!
ナイスバッティング(^_^)

連敗街道から抜け出したい猛虎ですが、竜さんの先発吉見投手の前に沈黙します。
3回まで1安打無失点。
虎の先発はナゴド不敗神話更新中の安藤司令官です!
2回2死満塁のピンチを招くも、適時打を許さずこれまた3回まで無失点。
試合はこのまま素晴らしい投手戦で中盤を向かえました。
先制したのは竜さん。無死一、三塁で本日のキーマン森野選手のタイムリーで先制!
竜さんの吉見投手は6回まで2安打無失点と付け入る隙を与えない素晴らしいピッチング内容でした。
さて
ここからが本日の不肖『頑張れ阪神タイガース☆』の素人戯言コーナー。
後半は実に互いのチームは格の違いを魅せてくれて、たんのうさせていただきました。

四つのたんのうポイントを述べさせていただきます。

まずは我等が桧舞台桧山様(^_^)
若い吉見投手は先取点をもらい、6回のピンチを切り抜け、完封勝利をもくろんでいましたね。
代打桧山君にボールを不用意に2球投じます。小生テレビの前で思わずつぶやきました。“打つなら次のストライクやで〜ってね”(^_^)直後、完璧な1号ソロが飛び出します!
皆様もあの松坂投手から打った3年前の快心のホームランを思い出しませんでしたか(^_^)
格の違いを魅せてくれました。
もう一つの格の違いは、竜さんの岩瀬投手。
兄貴のツーベースからのピンチの場面にもさすがですね〜外野フライも打たせません。

バット三本へし折っての完璧リリーフに格の違いを魅せつけられました。

1−1で延長戦に突入。
お次は火の玉球児様(^_^)
11回のピンチに、今日唯一の打点を挙げている森野選手に対して、久しぶりですね〜ストレートが来るとわかっていても空振りの三振!やはり4年間猛虎のセットアッパーとして君臨している男の格の違いを魅せていただきました。
最後は決勝打の人間鳥谷君!
対するはドミニカ出身のリリーフ左腕で、メジャー経験はなくも、ここ11試合失点のないパヤノ投手です。
猛虎の正遊撃手としてルーキー時代から5年間出場し続けた百戦練磨のバットがトドメを刺しました(^_^)

以上、阪神タイガースの試合を10倍楽しく観戦した男の戯言でした~(^_^)

参考文献:阪神タイガース公式サイト

画像:桧山 進次郎外野手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:09年4月19日

場所:横浜スタジアム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:24 | comments(0) | trackbacks(4) |
▼ 虎(-_-;) 6勝9敗1分け
[ バルディリス ]

■2009/4/22 試合結果

対中日 4回戦 ナゴヤドーム

神|001 001 000|2
中|100 032 00x|6

勝:浅尾2勝2敗0S
S:岩瀬0勝0敗4S
敗:久保0勝1敗0S
阪神:久保-阿部-筒井
中日:浅尾-パヤノ-齊藤-高橋-岩瀬
────────
“詰めの甘さが明暗”

連敗を何とかストップしたい猛虎!
虎の先発は縦縞初勝利を狙う久保君です。
初回いきなり久保君は制球が定まらず1点を失いました。本日のポイントとして後ほど述べたいと思います。
早めに追いつきたい猛虎は3回、本日2番で初スタメンは闘魂賢太郎君が帰って
きました(^_^)
タイムリーヒットで追いつきます!ナイスバッティング(^_^)

ここまでランナー溜めるもなんとか粘りの投球で凌いできた久保君でしたが、5回に3点を失い5回で無念の降板。出直しですね〜なかなか初勝利は簡単にはさせてもらえません。

さて、なかなか浅尾投手を打ち崩せない猛虎打線ですが、6回に一死満塁からファーストストライクを狙え新井君のショートゴロの間に1点を返すのがやっと!
最終回こそ今季初打席の代打ドリカムアゲインバルディリス君が全力疾走で失策をさそって出塁してチャンスメイク!守護神岩瀬投手まで投入させましたが、反撃はここまで。
悔しい3連敗です。

本日のポイントは詰めの甘さです。
初回の久保投手は1点でしのぎましたが、なんとこの回だけで39球を投じます。
結局何度もフルカウントを迎えて粘ってきましたが、5回を126球、7安打、4失点、
5四死球と、まるで9回を完投したかのような内容ですね。
制球が定まらない投手に対してジワリジワリと追い詰めていった竜打線。
猛虎打線にも浅尾投手を追い詰める絶好のチャンスがありました。
浅尾投手が勝ちを急いだ6回です。

先頭のキャプテン赤星君に四球を与えるとなれば、本来ならたたみこむように大量得点が定番ですが、猛虎打線はあせりましたね。
明らかに制球が乱れ始めた投手に対して早打ちになりました。
調子のいい投手こそストライク先行になります。その初球の出鼻をくじけといいますが、この6回の場面はむしろ自滅させるほど粘るべき。新井君や桧山君が早打ちになり、内野ゴロの間に1失点という最小自責点の内容で助けてしまいました。
9回にその粘りが若干見受けられましたが、時すでに遅し。
これで3連敗となかなか波に乗れない猛虎!
バルディリス君が元気な姿で一軍復活は明るい話題ですが、メロメロメンチ君は体調も思わしくないとの情報にはがっかりです。
明日は絶対に連敗ストップといきませう!

参考文献:阪神タイガース公式サイト

画像:アローム・バルディリス内野手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:08年6月14日

場所:千葉マリンスタジアム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:31 | comments(0) | trackbacks(4) |
▼ 虎(-_-;) 6勝8敗1分け
[ 赤星 ]

■2009/4/21 試合結果
対中日 3回戦 ナゴヤドーム

神|100 000 000|1
中|002 000 00x|2

勝:朝倉2勝0敗0S
S:岩瀬0勝0敗3S
敗:下柳1勝2敗0S
阪神:下柳 - 渡辺 - 江草
中日:朝倉 - 岩瀬
────────
“ベテラン対決の明暗”

今日から今シーズン初のナゴヤドーム三連戦。
猛虎打線は先頭キャプテン赤星君がプレイボール直後の初球をクリーンヒットし、そのまま俊足を生かして得点につなげる、いかにもタイガースらしい先制点でゲームが始まったかと思われました。

しかし2回以降タイガース打線は中日先発朝倉投手の前に沈黙。
虎の先発髭武者下柳君は初回、2回とフォアボールでランナーを出すも無得点に抑え、とにかく毎回我慢のピッチングです!
しかしそのままリズムに乗るかと思われた3回に本日のポイントとなる打撃好調の和田選手に外角の球を狙われ2点タイムリーツーベースを浴びてしまいました。

その後髭武者は6回をこの2失点のみで投げきり、大リーグボール渡辺君、牡丹餅江草君もしっかりと中継ぎの役割を果たし、味方の援護を待ちましたが、わずか2安打と沈黙した猛虎打線は、最後は守護神岩瀬投手に封じ込められゲームセット。
悔しい連敗です。

今夜のポイントを二つ挙げます。

まずは逆転を許した3回の髭武者と和田選手との対決です。
好調和田選手は、髭武者の伝家の宝刀シンカーを見事に打ち返しました。
これは打った和田選手を褒めるべきでしょうが、明らかに猛虎バッテリーの配球に問題あり。

もうひとつは、最終回の兄貴金本と岩瀬投手との勝負。
これでもかというアウトコースをせめて最後は三振に倒れた兄貴金本。

お互いに一点を守る状況でのピッチングでしたが、前者の猛虎バッテリーが投げた配球は明らかにボール球を振らせようとする外角責めでした。インサイドの初球を見逃し、ストライク判定に苦笑いの和田選手。次に同じようなインサイドの球を大ファールします。
三球目は前打者ブランコ選手が全く手を出さずに手痛い四球を与えてしまった明らかにボールとわかるシンカーでした。同様に和田選手も見向きもしません。
次に来る球はアウトコースかインサイドか?もみ上げ狩野君は若干外角に捕球体勢をとるタイミングが早いかな〜気配を感じ取った和田選手は、ストライクからボールゾーンに落ちる若干甘く入ったシンカーを完全に読まれた技ありのタイムリーですね。


後者竜バッテリーの投じた外角責めは、ストライクを狙いにいって僅かに外れたボール球です。最後まで勝負球を投げきった竜バッテリーに軍配があがりましたね。

岩瀬投手と兄貴金本のガチンコ対決は見ごたえありましたね〜力が入りました!

しかしなんだな〜猛虎の二安打はいずれも初球打ちだもんな〜!
ファーストストライクを見逃すなでっせ!

明日は打線の奮起に期待しませう(^_^)


参考文献:阪神タイガース公式サイト

画像:赤星 憲弘外野手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:09年4月17日

場所:横浜スタジアム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:21 | comments(0) | trackbacks(5) |
▼ 猛虎かく勝てり254
[ 16安藤 ]

“横浜戦を振り返る”

不肖『頑張れ阪神タイガース☆』前回の巨人戦と今回の横浜スタジアムの6試合をお蔭様で生観戦させていただきました(^_^)
この経済不況もありまして、小生の会社もワークシェアリングを実施。大手を振って金曜日も休みを取っての3連戦。観戦しているほうですらハラハラドキドキで疲れるのに、ましてやプレーしている選手は今更ながら大変だな〜改めて肌身に感じて帰ってまいりました。又、三試合連続で観戦しますと、どのシーンがいつ起きたかが交錯しまして、改めて記憶力の悪さにあきれております(-_-;)
さて、小生のつまらない身の上話はこれぐらいにいたしまして、横浜三連戦を振り返りたいと思います。
ここからは、好き勝手な戯言をお許しください。三点の指摘項目を挙げさせていただきます。
今回の三連戦で目に付いたことの一つ目は、両チームに言えることですが失策の多さです。
猛虎野手陣も反省ですね〜これは新任の岡野手チーフコーチ、山脇、久慈守備走塁コーチの三人の責務。
内外野ともに、立て直しが必須ではと思いました。守備力は今日練習すればすぐ上手くなるってことではありませんが、すくなくとも、人間鳥谷君と兄貴金本、キャプテン赤星君以外は、全て昨年とは守備位置を変えて臨んでいるシーズンです。とくにランナーを挟んだ時のプレーはギコチなくてハラハラドキドキもんやからな〜正直練習不足を感じます。
もう一度選手一人一人に課すべき各ポジションの役割と、連携プレーの確認が必須。

二つ目は投手陣です。今回投げたのは安藤司令官、仕事人能見君、福原隊長です。
三人とも先発投手としての役割を充分に果たしてくれたと思います。
問題は交代のタイミングですが、先発投手を引っ張りすぎという説よりも、むしろ小生が感じているのは、中継ぎで登板するジェフを除いた投手の心の準備でしょうか。
はたから見ていて、えっ、もう投げるの?まだ早いのでは?今日は完投ペースでは?
先発投手陣を長く投げさせる方針が、中継ぎ投手陣の心構えに微妙に影響がでているような気がします。ベンチとブルペン間の意志の疎通も大切でっせ久保コーチ様。

三つ目は打撃。小生安物カメラで毎試合撮影をしていると気がつくことがあります。
写真をとる上でやはり打球を捕らえる決定的瞬間を撮りたい気持ちがあるのは当然ですが、
猛虎はまずもって早打ちの選手が少ないこと。
つまり、ツーストライクからの勝負が多いということです。
出塁に重点をおくキャプテン赤星君や、天才的な選球眼をもつダイヤモンド美化委員長関本君の二人は別格です。事実両者は共に三振が少ないバッターです。
兄貴金本は当然警戒されていますから、初球は外角への際どい変化球が多いですね。
今回ややあたりが戻ってきたサプライズ新井君やフルスイングだぜ桜井君には、ファーストストライクを狙え!もちろんホームランですよ!(^^)!
のこる問題児は、幸せなら手をたたこうメンチ君です。
東京ドームでも観ましたが、正直、体の切れ、スピード感がなく、日本の投手攻略には時間がかかりそうかな〜とガッカリさせられました。
ある日突然開花して打ち始めるようなこともあり得るかもしれませんが、ある意味
時期を決めて引導を渡す必要があるかもしれませんぞ〜和田コーチ様。
以上好き勝手な戯言を述べさせていだだきました。

ナゴヤドームにての失策は命取りやで〜しまっていきまひょ!(^^)!

参考文献: 阪神タイガース公式サイト

画像:安藤 優也投手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:09年4月17日

場所:横浜スタジアム

☆頑張れ阪神タイガース☆


人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 虎(-_-;) 6勝7敗1分け
[ 01鳥谷 ]


■2009/4/19 試合結果
対横浜 3回戦 横浜

神|000 100 010|2
横|010 012 00x|4

勝:小林1勝1敗0S
S:石井0勝0敗4S
敗:福原0勝2敗0S
HR:鳥谷ソロ2号、内川ソロ1号
阪神:福原-渡辺-阿部-江草
横浜:小林-真田-山口-石井
────────

“投手交代のタイミング”

3連勝中で5割に復帰した猛虎!
虎の先発はまだ勝ち星がない福原隊長です。
今日の隊長は前回の巨人戦の時よりはボールに球威があったと思いました。
隊長の調子のいいときは、とにかく矢野様のミットをよく鳴らしますからね!(^^)!
本日のミットはもみ上げ狩野君でしたが、小生観戦の三塁側内野席にも時折いい音が響いてきます。今日はいけるかな〜なんて思いながらの観戦です。
一、 二回のピンチは併殺に仕留めて最少失点で切り抜けた隊長です。
しかし同点になった5回に内川選手にソロ1号を被弾すると、続く6回には一死一、二塁から石川選手に右中間への2点三塁打を打たれ、万事休す。
う〜ん、肩を落としながらマウンドを降りる隊長の姿を真横で見ていた小生も悔しかったな〜出直しです。
試合後真弓監督も次回4度目のチャンスを与えるとのコメント。
出直しですね、ドンマイや!
さて、昨日の猛攻は何処への猛虎打線は、2回に1点を先制されるも4回表の攻撃でモンキー藤本と、人間鳥谷君と兄貴金本が四球とヒットで塁に出て
無死満塁のチャンスを作りましたが、サプライズ新井君の打席で
好投のベイさんの小林投手がワイルドピッチで同点に追いつきますが、その後打線が繋がらず・・・この回たたみこむような猛攻ができなかったのが響きました。

隊長は制球難で横浜打線に捕まり5回1/3で4点を失い先発の役目を果たせず
マウンドを降ります。4回以降抑えられていた猛虎打線は、8回人間鳥谷君の
2号ソロホームランで1点を返しますが、反撃及ばず2対4で振り切られて
しまいました。
残念ながら連勝もストップ!名古屋にて、貯金といきませう!(^^)!
本日のポイントはずばり、もみ上げ狩野君ですね。
投手交代のタイミングですが、人間不思議と相手投手が好投していると、
自軍の投手の状態を見失ってしまうのでは?
明らかに隊長は6回に制球難となり、バテ気味で想定できた
勝ち越され劇でした。
もみ上げ狩野君の気持ちはよくわかるで〜いかにも彼の性格が垣間見たシーンも
ありました。守備妨害を起こした走塁は、猪突猛進型そのもの!彼らしいな〜と
微笑んでしまいましたが、捕手は悲観的なぐらいの配球がのぞまれます。
監督やコーチは、先発投手状態をしっかりマスクを被っている捕手から
察知するのも仕事でっせ〜
今夜はこのへんで!(^^)!

参考文献:阪神タイガース公式サイト

画像:鳥谷 敬内野手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:09年4月19日

場所:横浜スタジアム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:33 | comments(0) | trackbacks(4) |
▼ 虎!(^^)! 6勝6敗1分け
[ 14能見 ]


■2009/4/18 試合結果
対横浜 2回戦 横浜

神|000 121 140|9
横|000 000 400|4

勝:能見1勝2敗0S
敗:グリン0勝3敗0S
HR:新井ソロ3号
阪神:能見-渡辺-アッチソン-ウィリアムス-江草
横浜:グリン-那須野-加藤武-横山-高崎
───────
“不用意な四球が試合の流れを変える”

絶好の野球日和となった本日の横浜スタジアムに出陣してまいりました!

小生は球場での観戦が好きです。なぜなら、テレビ映像は常にセンターカメラからなので、投手から見た視線が大部分。
本日は三塁側からの観戦でした。これはベンチから見た視線です。
昨日はレフト外野から兄貴金本の背中を見ながら!(^^)! これは外野手からの視線で試合が見られるからです。
そしてなによりも、球場に漂う試合の流れを感じることができる。これは映像では味わえません。本日はそんな流れを感じた試合になりました。

3連勝を狙う虎の先発は、今季初勝利を狙う仕事人能見君です!(^^)!
初回こそ満塁のピンチを作りますが、2回・4回と三者連続三振を記録するなど6回までベイスターズ打線をわずか3安打8奪三振のナイスピッチング!(^^)!
素晴らしいピッチングを魅せてくれました。
さて、能見君を援護したい猛虎打線は4回、サプライズ新井君の第3号ソロホームランで先制します!5回は委員長関本の2点タイムリー!6回・7回も1点ずつ加え試合は完全な虎ペースで進みます!
ですが!このまま完封リレーかな〜と思いきや、落とし穴は7回に前ぶれなく突如やってきました。
本日のポイントは7回〜8回の攻防です。
仕事人能見君の後を受けたリリーフは好調の大リーグボール渡辺君です!(^^)!
冒頭申し上げたとおり、試合の流れが突如変わった空気を感じました。
それは、先頭打者への不用意な四球でした。
あれよあれよとここから1点差に追い上げられ、完全に追い風がベイさんに吹き始めました。
そして直後の8回、今度はいきなり試合の流れが逆風のように猛虎に戻ってきます。

同じくベイさんのリリーフ投手が、味方が点を取ってくれた直後に、代打の先頭打者ウォー葛城君に四球を与えます。ここからの猛攻は皆様ご承知のとおりですね!(^^)!
満塁のチャンスから兄貴金本様と、球場のみならずダイヤモンド美化委員長と化した関本君のタイムリーなどで4点を追加し勝負あり!(^^)!
8回はピョン吉ウィリアムス君、9回は昨日に続き牡丹餅江草君がキッチリ締めてゲームセット!タイガースは連勝を3に伸ばし5割復帰です!(^^)!
本日のヒーローインタビューは、592日ぶりの白星を挙げた仕事人能見君!ヒーローインタビューでは緊張のためか歯切れが悪くて笑いを誘っていましたが、小生自宅でビデオを観ましたら、感極まって泣いていましたね〜言葉が詰まっていました。今年1年間しっかりローテーション守ってくれることを今日のピッチングでファンは確信しました!
明日も勝って連勝を伸ばしていきませう!(^^)!

参考文献:阪神タイガース公式サイト

画像:能見 篤史投手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:09年4月18日

場所:横浜スタジアム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:49 | comments(0) | trackbacks(4) |
▼ 虎!(^^)! 5勝6敗1分け
[ 金本 ]


■2009/4/17 試合結果
対横浜 1回戦 横浜
神|310 000 001|5
横|000 100 000|1

勝:安藤2勝0敗0S
敗:三浦1勝2敗0S
HR:金本スリーラン8号
阪神:安藤-アッチソン-ウィリアムス-江草
横浜:三浦-那須野-横山-高崎
───────
“見ごたえのあったエース対決”

霧雨の浜スタは寒かったな〜でも両エース対決は熱かった!

今日敗れれば最下位転落という猛虎!
思えば昨年、この横浜スタジアムで敗れて巨人に逆転優勝をさらわれ、翌日岡田監督が辞任を表明した因縁の地、横浜スタジアムに出陣して参りました!(^^)!
ゲームは初回から大きく動きます。
猛虎の天敵三浦投手の立ち上がり、キャプテン赤星君と人間鳥谷君がチャンスを作ると、昨年は浜の番長に完璧に抑えられていた兄貴金本が、珍しく高々と上がった滞空時間の長い放物線を描いて、タイガースファンの気持ちを晴れ晴れとさせるライトへの先制8号スリーランホームランを運んでくれます!(^^)!
虎の先発エースの安藤司令官は初回を3者凡退で抑え、快調な立ち上がり。
4回に犠牲フライで1点を失うも、要所をしっかりと締め追加点を許しません。
結局7回を1失点で投げきり、8回からは魔術師アッチソン、ピョン吉ウィリアムス君がベイスターズ攻撃陣につけ入る隙を与えず、最終回は牡丹餅江草君が3者連続三振のあっぱれ投球で締めゲームセット!(^^)!
安藤司令官は2勝目!主砲の一発で突き放し、完璧な継投で逃げ切る!霧雨は冷たかったけども、試合は最高に熱かった!(^^)!

さて、ここで今夜は終了しようかな〜と思いましたが…

今夜の試合はもし兄貴金本のホームランと、ベイさんの失策が無ければ、1対0で敗戦?又はよくて同点の試合だったかも知れません。
三浦投手は初回以降完璧に立ち直ります。圧巻は7回!キャプテン赤星君を釘付けにした牽制球攻撃ですね。ベイさんは少ないチャンスをしっかり犠牲フライで反撃しました。

本日のポイントは、ハッスル平野君!初回の送りバント失敗は、自分が生きるバントと、確実にランナーを進塁させる犠打の技術を磨くこと。

そして中盤に真弓監督が就任後初めて審判に抗議をしました。
セカンドでのセーフ判定に対してす。平野君の足が離れたという判定でしたが、これは明らかにバッテリーが一塁ランナーを警戒していないことの結果です。ベイさんの一番打者が出塁しているにもかかわらず、一二塁間、二遊間、そしてバッテリーとのサインプレーがあってこそ、俊足ランナーのフォースアウトが成立するはず。
3回以降追加点のなかった猛虎打線は、9回のチャンスに代打桧舞台桧山君が期待に応え、センターへきっちりと犠牲フライを打ちましたが、その前のもみ上げ狩野君の内野ゴロの間に三塁ランナー葛城君が本塁突入できたのでは?

浜の番長三浦投手には昨季5試合で1勝4敗、チーム打率.195に抑えられた猛虎でしたが、まだまだロード9連戦の初戦です。
堅実なプレーから、確実な得点が生まれることを鉄則に、明日もしまっていきませう!(^^)!


画像:金本 知憲外野手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:09年4月17日

場所:東京ドーム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 08:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 虎!(^^)!4勝6敗1分け
[ 01鳥谷 ]


■2009/4/16 試合結果
対中日 2回戦 甲子園
中|000 101 001|3
神|200 000 20x|4

勝:アッチソン1勝0敗0S
S:藤川0勝0敗2S
敗:浅尾1勝2敗0S
HR:鳥谷ツーラン1号、井端ソロ1号、森野ソロ4号、和田ソロ5号
中:浅尾-パヤノ-齊藤-清水昭
神:久保-アッチソン-藤川
──────────
“まだまだこれからだ”

昨日の、魔の7回の悪夢覚めやらぬ甲子園球場!虎の先発はロッテから移籍後2度目の登板となった久保君です!(^^)!
なかなかいいリズムで投げるじゃないですか〜球速は普通ですが、とにかくコントロールが抜群です。
無理に三振を取ろうというタイプではなく、打たせて討ち取ろうとする丁寧なピッチングが光りました。タイプとしては髭武者下柳君タイプかな〜ナイスピッチング!
5回まで井端選手のソロによる1失点のみ。1点リードのまま6回のマウンドに上がりましたが、1死から森野選手に手痛い同点弾を浴び、惜しくも勝利投手の権利を逃します。
もったいない〜初勝利お預け〜出直しです。

さて、猛虎打線は初回、人間鳥谷君が中日先発浅尾投手からお待たせ1号2ランを放ち先制します。そして今夜の山は7回にやってきました。
人間鳥谷君、兄貴金本のクリーンナップ適時打で2点を勝ち越し。
8回は魔術師アッチソン、9回は火の玉球児君と継投で逃げ切り、連敗を4で止めました。
まあとにかくホットしたな〜という表情は真弓監督。
今日は筋肉マン桜井君が四球を選んだところからの7回の猛攻でしたね。
本日猛打賞は人間鳥谷君!この試合前まで打率は2割1分台だったので、監督以上に胸をなで下ろしていました。!(^^)!しかし反省もあります。兄貴金本のタイムリーでセカンドから本塁に還れなかった点など、走塁面に喝!もう1点が大事でござんすよ〜!

そして最後に本日は素晴らしいバッティングを魅せてくれた両チームのベテランを賞賛いたします。
一人は我等が兄貴金本様。そしてもう一人はあの火の玉ストレートを見事ホームランした和田選手です。
互いに投手が不利なカウントからストライクを取りにくるストレートを捕らえた素晴らしいバッティングにあっぱれでした。

さあ明日は浜スタです!天気が悪そうですが、不肖『頑張れ阪神タイガース☆』も出陣してまいります!(^^)!

画像:鳥谷 敬内野手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:09年4月12日

場所:東京ドーム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 虎(-_-;)3勝6敗1分け
[ 99狩野 ]

■2009/4/15 試合結果
対中日 1回戦 甲子園
中|110 000 502|9
神|011 000 000|2

勝:朝倉1勝0敗0S
敗:下柳1勝1敗0S
HR:和田ツーラン4号
中日:朝倉-清水昭-パヤノ-齊藤-平井
阪神:下柳-渡辺-石川
────────
”選手への信頼を大切に”


昨日の雨天に変わって本日は青空ひろがる最高の晴天に恵まれた甲子園球場でしたが、残念ながら試合結果はスッキリとしない負け方になりました。
虎の先発は久保投手と思いきや、髭武者下柳君です!
初回2回と連続失点するものの、3回からはいつものリズムをとりもどして凡打の山を築き完全に髭武者ペースになりました!(^^)!

猛虎打線は2回、本日も兄貴金本があわやホームランの当たりでチャンスメイクすれば、美化委員長関本君がタイムリーを放つという理想的なつながりを見せ1点差。
続くメロメロメンチ君があわやホームランの当たりを放ちましたがフェンスぎりぎりでキャッチされて、来日初ホームランはお預け!(^^)!
その後3回にはキャプテン赤星君がまさに足で同点のホームを踏み、試合の流れは完全にタイガースペースになったかな〜と思いましたが、何故か魔の7回というのでしょうか。
詰めの甘さが勝ち星を逃す〜そんな試合結果となりました。
髭武者下柳君が同点の7回に突然崩れます。連打で1死一、三塁のピンチを招くと、ここで兄貴金本の落球&悪送球の痛いダブルエラーが出て勝ち越し点を許します。その後は歯止めが効かず、満塁走者一掃の三塁打を浴びるなど、この回一挙5失点で勝負あり。
連敗です!

本日の試合もチグハグな采配が見受けられたな〜結果として敗戦ですからたたかれるでしょう真弓様!
髭武者を7回まで投げさすことは方針であるから承知の上です。本人も踏ん張れなかったことにひたすら反省の弁!問題は降板のタイミングです。次回のナゴヤドームの先発も考えられる彼を、スリーベースを打たれて6失点になった時点で降板すべき。
駄目押しのタイムリーを打たれるまで引っ張ると、次回の登板にも悪影響です。
その裏の代打ウォー葛城君に対しても、落合監督の術中に嵌ったプーさん浅井君の代打の代打起用。葛城君は左投手には出番が無いと思われていると、意気消沈しているでしょう。
そして次の回からの登板はあれ〜先発ローテーションではないの〜プリンス石川君がマウンドへ。ファンのやじに降参してしまったのかな〜と思えるような継投ですね。
これでは魔術師アッチソン君や阿部君のセットアッパーとしての信頼は〜と本人達は不思議がるのでは?ましてやプリンス石川君は次回の先発登板はないのかな〜と疑心暗鬼になりますね。
選手との意思疎通ができていればいいのですが、その時の調子の良さだけで持ち場を変えられると、選手も不安になってしまうのではないかと心配です。
選手を信頼しても、信用はするなとは指導者の鉄則!
しかし選手から”自分は信頼されてないのかな〜”と感じさせてしまったら、そこから溝は広がります。
明日はキッチリ真弓タイガース勝利の方程式のヒントを見つけられるような勝利をしてほしいもんですね!(^^)!
画像:狩野 啓輔捕手
撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:09年4月11日

場所:東京ドーム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ



author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 虎(^_^)雨天中止
[ メンチ ]

■2009/4/14 試合結果
対中日 1回戦 甲子園
雨天中止
─────────
“走れ走れ虎たち”
本日のゲームはスタメン発表後に雨天中止の決定がなされました。
先発予定は久保君でしたね!明日にスライド登板になるでしょう。
期待してまっせ!(^^)!
さて、開幕から兄貴金本の三連発に魅了されてしまい、不覚にも現在猛虎は5位に甘んじていることに本日気がついた小生であります!
本日マスコミ紙を検索しましたところ、実にユニークな言葉を発見しました。
真弓の進める「走塁革命」に見合った「好走塁ボーナス」の導入を準備しているとか!(^^)!なかなかフロントもやるじゃないですか〜
年俸に反映される査定項目の中で、好走塁のポイントを重視するよう検討しているとか。確かに東京ドーム3連戦では宿敵巨人に2敗1分け。勝ち越し機に重盗や本塁突入に失敗するシーンが見受けられました。しかしこの積極果敢な姿勢が鈍らないためにも、球団側が考案したそうです。
まあなりふりかまわず走るってのは賛成できませんが、「走塁革命」を球団側も一体となって支援する方針には好感がもてますね。
冷静に振り返ってみると、連敗で迎えた3戦目は9回表にクルーン投手を打ち込み同点とし、さらに無死一、二塁の場面です。バント失敗後、サプライズ新井君と委員長関本が重盗を試みて失敗。二塁に残った委員長関本はメロメロメンチ君の中前打で本塁を突きましたがタッチアウト。 延長10回には2死から四球で出た筋肉マン桜井君が盗塁を試み、投球前につり出されてしまったことなどなど。
何度ため息をついたことやら・・・しかしこれも全てベンチからのサインプレーであり、コーチ陣も結果にとらわれずこれからも走る姿勢を強調していました。

もうひとつ付け加えさせていただければ、盗塁を狙う姿勢以上に、いわゆるギャンブルスタートを魅せてほしいかな〜と思います。
セカンドランナーは打球が外野に飛んだらスタートをきる。
巨人外野手のトリックプレーでセカンドランナーが釘付けとなり、本塁突入を阻まれたシーンが思い出されます。
得点圏ランナーはシングルヒットで必ず返す!
もし好捕されてランナーが戻れなければダブルプレーになるリスクもありますが、走塁は三塁コーチとの連携プレーそのもの。コーチが制止しても突入するような元気者もいるようですが、小生個人的には必ずしも外野手が捕手に対して好返球する可能性は五分五分じゃないかな〜新庄君やイチロー選手のような外野手であれば別ですがね。

そんなわけで勝手なことをたくさん述べさせていただきました(^_^)
走塁革命大賛成!
走れー走れー虎たち〜♪

画像:ケビン・メンチ外野手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:09年4月10日

場所:東京ドーム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 猛虎かく勝てり253
[ 監督・コーチ ]


“巨人戦を振り返る”

昨日の延長12回の死闘を戦い抜いた指揮官がしわがれた声で絞り出した言葉は、
「勝てんなあ、なかなか。勝てるゲームだったけどね。9回、ああいうところで競り勝てないのが、もう1つ勝てない原因かな」
結果的に巨人戦の連敗脱出はならず、なんとか連敗を「10」に伸ばすのを防いだだけだった。ベンチ前で勝利試合のようにナインとハイタッチしていたが、会見場ではやはり悔しさを隠しきれなかったのでしょう。
今回小生は三試合ともドームに出陣させていただきました。
兄貴金本の3連続ホームランに始まり、2試合目は珍しく両チーム共にホームランがない試合でしたが、三試合目の引き分けを含めて総括してみると、結局先取点を奪ってもホームランで追いつかれ、ホームランで逆転され、終盤追いついても、クルーン投手に抑えられ、勝ち越せないで試合終了。
そんな感じのする伝統の一戦でした。

就任時から一貫して機動力の駆使を明言する真弓監督は、確かに動く野球に変わりつつあります。決勝点を逃した賛否両論もありますが、小生の戯言をお許しください。

正直いって、東京ドームは機動力で重ねた得点が全てホームランで洗い流されます。

東京ドームに限っては、野手がホームランを狙うことを容認すべきではと考えます。
甲子園でモンキーやキャプテン赤星君が本塁打を打つことは不可能でしょう。
しかし東京ドームでは、アンラッキー平野君や、まだまだお立ち台が遠いぞ坂君も、ホームランを狙っていいと思うのです。
極端な話ですが、外野手の送球も空気抵抗か少なく、かなりいい返球がかえってくるような気がする東京ドーム。
球場によって攻撃パターンを変えていく方法も必要ではないでしょうかと感じました。


ともかくも、明日からは又甲子園に戻って竜さんを迎えての決戦です。
竜さんは機動力野球で猛虎を攻めてくるでしょう〜ね。
待っていましたとばかりの真弓機動力野球で圧勝してほしいもんです。

猛虎の要矢野様もウエスタンリーグの内容如何によっては即一軍登録との情報も入ってきました。
鉄腕久保田君や加油!林君も元気にしているかな〜鳴尾浜の猛虎戦士はいつでもスタンバイ状態でしょうね〜上園君や白仁田君、お杉等など!(^^)!

巨人の若手選手に元気があったことは否定できません。守備力にもかなりの反省点が残りました。

まだまだ新生真弓タイガースは、進化すべきポイントがたくさんあります。
シーズンを通じて、徐々にでは遅すぎますが、実戦の中から若虎を成長させて、チーム力の底上げをしていくことを期待します。

参考文献: 阪神タイガース公式サイト

画像:真弓 明信監督

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:09年4月10日

場所:東京ドーム

☆頑張れ阪神タイガース☆


人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 虎(^_^)3勝5敗1分け
[ 桜井 ]

■2009/4/12 試合結果
対巨人 3回戦 東京ドーム

神|040 000 011 000|6
巨|300 003 000 000|6

HR:新井ソロ2号、桜井スリーラン1号、イ・スンヨプ ツーラン2号、
阿部ソロ2号
阪神:福原-アッチソン-江草-ウィリアムス-藤川-渡辺
巨人:高橋尚-栂野-藤田-越智-山口-M中村-クルーン-豊田
─────────
“慌てた采配が裏目”

勝てない。どうしても巨人に!ため息が東京ドームに充満している。
3連戦で連敗中のタイガース。今日こそはきっちり勝ちたかった。
しかし結果はなんとかドロー。東京ドームの虎党の足取りは重たかった。もちろん選手たちも。
虎の先発は福原隊長です。
巨人戦に限らず、初回に3点を先制される悪い癖のでた猛虎!
2回にはサプライズ新井君のソロとフルスイングだぜ桜井君のスリーランホームランであっさり逆転!今日こそキッチリとした勝利を誰もが信じていました。
その後立ち直った福原隊長は5回3失点で先発の役目を果たしてマウンドを降ります!(^^)!
しかし代わった魔術師アッチソン君が今日はいまひとつでした。
阪神戦になると必ずこの選手が立ちはだかります。イ・スンヨプ選手、そして阿部選手と、共に打率1割代と不調であった両者に連続ホームランを浴びての3失点。
一気に試合の流れが巨人に傾いて、敗色濃厚な空気に。
猛虎打線は2回以降巨人の継投に抑えられていましたが、ようやく8回にフルスイングだぜ桜井君のセンターフェンス直撃のタイムリースリーベースヒットで1点差に迫ります!
そして9回に抑えのクルーン投手を攻め、サプライズ新井君がレフト前タイムリーを放ち遂に同点!その裏は抑えの火の玉球児君がきっちり抑え、勝負は延長戦へ突入!
その後お互い細かい継投で凌ぎあい、12回戦っても決着つかず引き分けに終わりました。

まあ長い試合を解説するとこんな感じとなります。
勝ちたかった!しかし勝てなかった。三戦目で始めてのハイタッチシーンを小生見守りましたが、ドームの虎党達はあと一球コールと勝利の六甲颪を昨年来からお預けとなり、足取り重く立ち去っていきました。

ちぐはぐな攻めが裏目などとマスコミに騒がれた本日の接戦でしたが、小生としては明らかに真弓野球が猛虎を変えているな〜と感じた試合でしたね。
象徴的だったのは、人間鳥谷君の安打、兄貴金本の遊ゴロをまさかの失策で無死一、三塁の絶好機を迎えての展開です。男だぜ新井君の左前打でまず同点。委員長関本君はバント失敗で1死一、二塁。ここからベンチが動きます。
意表をついたダブルスチールを試みましたが、二塁走者の新井君が三塁で刺されました。ギャンブル気味の采配とも言われましたね。
続く2死二塁で本日スタメンのメロメロメンチ君が中前打を放ちましたが、二塁走者の委員長関本が本塁憤死。ちぐはぐな攻撃で勝てる試合を勝ち越せなかったと語った真弓監督でしたが、本日の試合は両チームともに常に走塁からタッチアウトのシーンの連続。
これは明らかに昨年までの猛虎とは違った姿が見受けられます。ナインのユニフォームは人口芝球場なのに皆泥にまみれていました。
代打の切り札、桧山様をベンチに残したままで消化不良といわれもしましたが、結果的にはホームランの数で勝ち越せなかっただけでしょう。
結果は失敗に終わりましたが、福原隊長に変えて代打坂君の送りバントに見せかけたバスターなどなど、何が起こるかわからない真弓采配が、選手達に徐々に浸透していけば、連勝街道に勢いがついてくるに違いありません!
巨人との連敗ストップは、来月の甲子園決戦までお預けです!


画像:桜井 広大外野手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:09年4月12日

場所:東京ドーム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:20 | comments(0) | trackbacks(4) |
▼ 虎(-_-;)3勝5敗
[ 阿部 ]

■2009/4/11 試合結果
対巨人 2回戦 東京ドーム
神|000 000 100|1
巨|200 000 20x|4

勝:東野1勝0敗0S
S:クルーン0勝0敗2S
敗:能見0勝2敗0S
阪神:能見 - アッチソン - 阿部
巨人:東野 - 山口 - クルーン
─────────
“お得意さんになりさがるのか”

昨年から巨人に9連敗となった猛虎
これってつまりはいいお得意さんになっていることなのか。
優勝の条件は勝ち星を稼げるチームがあること。
つまり巨人にとって今の猛虎は勝ち星を確実に稼げる得意チームなのだ!
本日も小生東京ドームに出陣してまいりました!
虎の先発は仕事人能見君です。初回に2失点を奪われるも、以降はしり上がりに調子を上げて、三振の山を築きます!(^^)!
そんな能見君を援護したい猛虎打線ですが、巨人の先発東野投手の前になんと6回までノーヒットピッチングをされました〜。なかなかいいピッチャーでしたね〜とにかくスライダーの切れが抜群です。覚えときましょう。
腰痛を抱えるキャプテン赤星君や、メロメロメンチ君を先発から外してオーダーを代えてきた真弓監督でしたが、代わって入ったフルスイングだぜ桜井君と、ウォー葛城君がともに無安打はちとさみしかったな〜
ここにきてほんまに打線の繋がりのなさが表面化しています。
開幕から8試合の総得点39点のうち、21点が兄貴金本のバットからは確かに凄すぎますが、頼みの主砲は本日2四球と勝負を避けられ、得点能力が激減しました。

本日のポイントは2点を追う7回。兄貴金本、サプライズ新井君の連打で無死二、三塁と絶好のチャンスの場面でしたが、代打天才今岡君の三ゴロの間に1点を返すのがやっと。
あそこの場面はウォー葛城君ともみ上げ狩野君に打たせて、投手のところで代打今岡君や桧山様じゃないかな〜とかタラレバしています〜!
終わってみれば、唯一と言えた絶好機を逃し、最後は守護神クルーン投手に抑えられてゲームセット!
悔しい悔しい9連敗です
能見君10奪三振の力投はドンマイ!次回は必ず野手が爆発してくれるよ!(^^)!
魔術師アッチソン君も内容は悪くなかったぜい!
画像は脱一発阿部君です!
8回のピンチを切り抜けてくれました。ナイスピッチング!
明日か必ず連敗ストップといきましょう!(^^)!


画像:阿部 健太投手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:09年4月11日

場所:東京ドーム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 虎(-_-;)3勝4敗
[ 金本 ]


■2009/4/10 試合結果
対巨人 1回戦 東京ドーム
神|002 002 010|5
巨|001 031 10x|6

勝:越智1勝0敗0S
S:クルーン0勝0敗1S
敗:江草1勝1敗0S
HR:金本ツーラン5号、ソロ6号、ソロ7号、鶴岡スリーラン2号、ソロ3号
阪神:安藤 - 江草 - 渡辺 - ウィリアムス
巨人:内海-越智-山口-M中村-クルーン
───────

“4番が打ったら勝つのが鉄則だ”

アナフレ猛虎会の皆々様!
敵地東京ドームに不肖『頑張れ阪神タイガース☆』出陣してまいりました!
そして東京ドームの大観衆を震え上がらせた、我等が4番兄貴金本様の三打席連続ホームランをしっかり見届けてまいりました!(^^)!
虎の先発は安藤司令官です!エースが投げて、4番が打って!最高の試合を生観戦させていただきました!(^^)!
手前味噌で恐縮ではありますが、本日は小生の父親を東京ドームに招いての観戦です。

本年喜寿を迎えましたので、せめてものお祝いにと、伝統の一戦に招待いたしました。

なぜなら、何を隠そう小生の父親は半世紀にわたっての巨人ファンであります。
少年時代に初めて連れてこられた試合はもう30年以上も前の頃と記憶いたしますが、後楽園球場での同じカードである巨人対阪神戦でした。
その試合はおそらく巨人V9時代末期の頃。田淵選手が決勝ホームランを打って阪神が勝利したのを鮮明に覚えているからです。
そんな父親を本日はしっかり三塁側にお招きさせて観戦いたしました!(^^)!
さて、試合は大接戦であり、兄貴の三連発と大いに盛り上がった試合でしたが、敵将原監督のインタビューが全てを物語ります。
“守備の部分がやや上回ったから勝てた”
おっしゃるとうりですね〜
明日はしまっていこうや〜!そうそう鶴岡選手にはしてやられました。
覚えておきましょう〜。
4番が打ってエースが投げたら絶対に勝たなきゃならんじゃないですか〜真弓様!

数年振り生観戦だった小生の父親の本日の感想を一言。
“阪神ファンは大人しくなったな〜”でした。
随分空席があったもんな〜今夜も。皆さんもっと東京ドームにいきませう!(^^)!

明日ももちろん小生出陣です!

明後日も行ってまいります!

もちろん連勝といきまひょ!(^^)!


画像:金本 知憲外野手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:09年4月10日

場所:東京ドーム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 08:05 | comments(0) | trackbacks(7) |
▼ 虎(-_-;)3勝3敗
[ 平野 ]

■2009/4/9 試合結果
対広島 3回戦 甲子園
広|002 110 000|4
神|001 000 010|2

勝:長谷川1勝0敗0S
S:永川0勝1敗3S
敗:石川0勝1敗0S
広島:長谷川 - 梅津 - シュルツ - 横山 - 永川
阪神:石川 - 江草 - アッチソン
──────────
“今日のような試合に勝てるように”

昨日までの2試合を劇的?な勝利で飾った猛虎!
虎の先発は一軍登録されてきましたプリンス石川君です。
序盤から最高の立ち上がりでしたが、3回に2失点し、5回までに4失点と苦しいピッチング。
内容はそんなに悪くなかったのですが、追い込んでからの詰めに甘さののこる内容でしたね。
猛虎打線は3回、“人間から進化して超人になれ鳥谷君”(字余り)のタイムリーで1点を返します。
その後も毎回のようにチャンスを作るも、やはり絶好調の兄貴金本との勝負は避けられましたね〜サプライズ新井君が急ブレーキ。あと一打が出ず追加点につながりません。
終盤に入った8回、ノーアウト1、3塁、一打逆転のチャンスに兄貴金本の犠牲フライで2点差に迫り、一昨日の逆転劇を期待させます!(^^)!
そして最終回、しぶといヒットで出たウォー葛城君を1塁に置き、天才今岡様が今シーズン初安打となるレフトへのツーベースを放つと、それいけわっしょいの大合唱!(^^)!
しかし代打の坂君がファーストゴロでゲームセット。
先発のプリンス石川君は7回を投げて計7安打6奪三振2四球、4失点の内容でした。

8回からは2番手既に牡丹餅江草君にマウンドを譲りましたが、昨季終盤戦に2勝を挙げた期待の右腕は、なかなかのピッチングだったのではないでしょうか。最後まで球威も落ちずに、安定感を感じます。シーズンを通じての活躍を期待してまっせ!(^^)!

兄貴金本様は7打数連続安打を記録するなど絶好調!本日は2連続四球の後の6回に中前打を放ってくれるなど、8回無死一、三塁で右犠飛を打ち上げ連続安打はストップしましたが、開幕から6試合連続安打、全試合で打点を挙げて、打率は驚異的な数字で5割8分3厘。
今年はタイトル奪還ですね〜ちと早いかな!(^^)!
おっとハッスル平野君の猛打賞も忘れちゃおりまへんで!ナイスバッティング!
さ〜明日からは東京ドーム決戦!不肖『頑張れ阪神タイガース☆』も出陣させていただきます!

画像:平野 恵一内野手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:08年9月20日

場所:東京ドーム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:20 | comments(0) | trackbacks(7) |
▼ 虎!(^^)!3勝2敗
[ 新井 ]

■2009/4/8 試合結果
対広島 2回戦 甲子園
広|001 100 000|2
神|303 010 10x|8

勝:下柳1勝0敗0S
敗:齊藤0勝1敗0S
HR:金本スリーラン2号、ツーラン3号、ソロ4号、新井ソロ1号、石原ソロ1号

広島:齊藤-林-ドーマン-上野

阪神:下柳-渡辺-阿部
──────────
“恐れ入ったぜ金本様”
昨日はまあ劇的な逆転勝ち〜で賑わいました甲子園球場!
本日の虎の先発は髭武者下柳君が登場です!(^^)!
リハビリ上がりで実戦不足が心配されていましたが、初回を無難な立ち上がりで切り抜けて、胸を撫で下ろしながらマウンドを降りてくる髭武者の姿は、実に彼らしい一面をのぞかせてくれましたね。
っとなればその裏、いやはや甲子園球場ではこの男しか打てないでしょう!我等が4番兄貴金本様の弾丸ライナーで運ぶ強烈なスリーランホームランで赤ヘル投手陣を震え上がらせます
3回に1点を返されるもその裏、お待たせしました〜ってまだ5試合目ですが!(^^)!兄貴金本とサプライズ新井君の2者連続となるアベックホームランで3点を追加!
こうなればもう完全に髭武者のペースとなり、緩急をつけたピッチングで6回2失点でマウンドを譲ります。

とどまることを知らない鉄人金本様!5回にも3打席連続となるソロホームランを打ち、その後は大リーグボール渡辺君〜脱一発阿部君と繋いで8対2の完勝!
昨日とはうってかわってほんまに今日は安心しながら観戦できる試合でしたね〜お疲れ様!
話は兄貴に戻りますが、ま〜本人も滅多にこんなことはないだろう〜な〜との謙虚なコメントですが、さすがですね〜!しかし4打席目のタイムリーヒットは明らかにホームランを狙ったからこそのシングルヒットでした。
昨年も巨人戦で藤田投手からだったかな〜ドンぴしゃりの弾丸ライナーホームランを放った後は、若干スランプに落ち込んだ兄貴!まあそこを調整してくれるところが彼の素晴らしいところですけどね!(^^)!
ここのところ兄貴が綺麗に一掃してくれていた後の打席に立っていた新井様!いよいよ出番でございますよ〜兄貴が敬遠されはじめるで〜明日からは!(^^)!
おやおや下さんお立ち台はちと早すぎませんか〜でも良かったですね〜祝復活マウンド!
真弓監督連勝おめでとう!(^^)!


参考文献:阪神タイガース公式サイト

画像:新井 貴浩内野手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:08年5月13日

場所:富山アルペンスタジアム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:28 | comments(0) | trackbacks(5) |
▼ 虎!(^^)!2勝2敗
[ 金本 ]

■2009/4/7 試合結果
対広島 1回戦 甲子園
広|000 120 700|10
神|102 001 124x|11

勝:江草1勝0敗0S
敗:永川0勝1敗2S
HR:栗原ツーラン2号
広島:大竹 - ドーマン - 林 - 上野 - 梅津 - 永川
阪神:久保 - ウィリアムス - 藤田 - 阿部 - 江草
───────

“劇的な勝利の喜びは一瞬だ”

いやはやものすごい試合となりましたね^^
リニューアル甲子園での開幕戦、虎の先発はようこそ久保君がマウンドに上がります。

初回から波乱の幕開けでした。二死1塁から栗原選手にツーベースを打たれますが、見事な中継プレーと足太一岡崎君のナイスブロックで明らかにセーフのタイミングでしたが、判定はホームタッチアウト!
早々ブラウン監督がいきなり退場になる荒れ模様の展開です。

本日は猛虎打線がやや上り調子に〜って感じでしょうか。序盤に3点を先制します!
まああのメロメロメンチ君にやっとこさヒットが出たことからでしょうか!(^^)!
しかし5回に追いつかれると、7回にはリリーフ陣が総崩れ!
一挙7失点というまあ酷い展開になりました。
その後はご覧のような追い上げムードでカープリリーフ陣を攻めまくり、最後は劇的なクライマックスをむかえました。
キャプテン赤星君と人間鳥谷君のタイムリーで1点差として迎えたバッターは、我等が主砲の兄貴金本様!
本日の永川投手はフォークボールに落差こそありましたがまったく切れがなく、結果は兄貴がその落ちきったフォークを片手一本ですくいあげるようなサヨナラツーベースヒットで逆転サヨナラ勝ち!(^^)!

終わってみればタイガース打線は19安打11得点という猛攻でリニューアル甲子園の初陣を見事勝利で飾りました!

まあ今夜のアナウンサーも興奮気味でしたね〜世紀の大逆転サヨナラゲーム!タイガースファンが後世まで語り継ぐナイスゲームとなりました〜真弓監督も興奮気味のインタビューでしたが、今夜は最大のもろさも露呈しています。

本来ピョン吉ジェフで逃げ切らねばならない試合であったはずなのに、変わった太陽君まで駄目押されるような展開は、やってはならない采配です。おまけに阿部君危険球退場のおまけつき。太一岡崎君初マスクもお疲れ〜じゃが二桁失点は帳消しやな〜まあとにかく、今夜は兄貴金本様様でした。明日はキッチリ勝ちましょうや!(^^)!

参考文献:阪神タイガース公式サイト

画像:金本 知憲外野手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:07年8月11日
場所:横浜スタジアム

☆頑張れ阪神タイガース☆


人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:36 | comments(0) | trackbacks(4) |
▼ 猛虎かく勝てり252
[ 太陽 ]

“開幕カードを終えて”

アナフレ猛虎会の皆々様!いよいよ待ちに待ったリニューアル甲子園球場での開幕戦です!
2009年の猛虎は、開幕カードを惜しくも勝ち越すことはできませんでしたが、エースである大黒柱の安藤司令官が幸先よく勝利投手になるなど、まずまずの内容であったのではないでしょうか。

ですがまだまだ油断は禁物です。

まだ3試合だけではありますが、今回の開幕カードで感じた点をいくつかあげさせていただきます。

・投手・・・先発で投げた安藤司令官、仕事人能見君、福原隊長のピッチングはまずまずでしょうか。再三申し上げましたが、まだまだボール先行型で、テンポが良くない点が反省にあげられます。30秒ルールの影響でしょうか。ある意味ゆっくりと一呼吸おきながら丁寧に投げているようには感じられず、いらぬ四球による出塁がもったいない失点を招く結果となりました。
真弓監督もできる限り先発投手を長い回まで投げさせようとする我慢の采配が見受けられました。投手交代のタイミングは、ある意味監督として一番難しい決断かもしれません。甲子園で本日の先発は髭武者かな〜又は久保投手かな〜

・捕手・・・開幕三戦ともマスクを被ったのはもみ上げ狩野君でした。
また、中継ぎ投手によっては太一岡崎君や清水君もマスクを被りました。
真弓監督は投手の相性によって捕手を交代させる方針のようですね。とても新鮮に感じますが、特に矢野様のサインに首を振らない福原隊長や髭武者にはやはり猛虎の要が適任のような気がいたします。昨日も隊長がサインに首を横に振るシーンが目立ちました。

・野手・・・一番の心配の種はメロメロメンチ君です。マスコミにも煽られて、和田コーチ共々胃の痛い思いではないでしょうか。
しかし小生最も心配なのはキャプテン赤星君かな〜持病のヘルニアの状態が・・・
さらには、内野手の陣形ですね。今年から鳥谷君以外はポジションが変わりました。
内野手間の連携プレーに不安を感じる内容でしたね。時間がかかりそうです。

兄貴金本はさすがですね〜しかし好不調の谷があるのが打者の常。新クリーンナップの迫力不足はまだまだ深刻です。右打者で元気があるのは美化委員長関本様オンリ~(^_^)

真弓監督の掲げる本塁打増産打線への改革命令に則り、サプライズ新井君の長打に期待しませう(^_^)

・セットアッパー陣・・・鉄腕久保田君が抜けても何のその!今年も充実していますね〜魔術師アッチソン、脱一発阿部君、牡丹餅江草君、大リーグボール渡辺君、そしてピョン吉ジェフ君と火の玉球児君!さらにはサイドスロー転向に成功した太陽君もじょうじょうの仕上がりです。

代打の神様桧山様!ボヘミアン葛城様!残るは右の代打の切り札となれ〜フルスイングだぜ桜井様!

甲子園で投げる先発投手3人が誰になるか!注目しませう(^_^)

参考文献: 阪神タイガース公式サイト

画像:藤田 太陽投手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:07年6月5日

場所:Kスタ宮城

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 虎(-_-;)1勝2敗
[ 関本 ]


■2009/4/5 試合結果
対ヤクルト 3回戦 京セラドーム
ヤ|220 020 100|7
神|300 000 210|6

勝:川島亮1勝0敗0S
S:林昌勇0勝0敗1S
敗:福原0勝1敗0S
HR:川島慶ツーラン2号、デントナ ツーラン1号
ヤクルト:川島亮 - 五十嵐 - 佐藤 - 松岡 - 押本 - 林昌勇
阪神:福原 - 渡辺 - 江草 - アッチソン - ウィリアムス
──────────
“リズムの悪さは続く”

昨シーズンは開幕から35試合連敗のなかった猛虎!
開幕カード勝ち越しを狙う虎の先発は福原隊長です!
個人的にも悔しい昨シーズンの悪夢を振り払いたいマウンドでしたが、初回から2点を失うピリッとしない立ち上がり。
しかしすぐさま絶好調の兄貴金本と委員長関本君の2本のタイムリーツーベーで3点を取り逆転します!
このまま猛虎ペースといきたかったのですが・・・・福原隊長がピリッとせず5回までに6失点で降板。さらに一点を追加され、終盤追い上げるもゲームセット!
開幕カードにて早くも負け越しとなりました。
まあしかし先発の福原隊長ですが、ピッチング内容はともかくとして、打席に立っているときのほうがヒヤヒヤでしたね〜これは小生だけでなく日本全国の虎党の皆様も同感では(^_^)犠打成功にホットしました。
スポーツ用具メーカー様!指にボールが当たっても骨折しない手袋の開発よろしくお願いいたします。
さて、本日は打線を組み替えてのぞんだ真弓監督!
メロメロメンチ君を7番に下げましたが、未だ快音が聴かれず〜お預けされてイライラしている狂犬のように、甲子園で暴れまくってくれることを期待しませう(^_^)
今日の見せ場は7回裏、ハイソックスは少しでも目立てのアドバイスフロ〜ム久慈コーチから受けた男!人間鳥谷君のフェンス直撃2点タイムリーツーベースヒットで2点を返
して反撃の狼煙を上げた次の8回の裏でしたかね〜連続ファーボールでノーアウト満塁という願ってもない大チャンスに、キャプテン赤星君のセンター犠牲フライで1点差に詰め寄った場面でした!

キャプテンの前の筋肉マンでっせ桜井様!男を挙げる大チャンスに恵まれたんやから〜一球目からブルン〜ってフルスイングだぜ桜井様!結局外野にも打球が飛ばない最悪の結果に〜こんなチャンスはなかなか巡ってこないぞ〜ってなわけで、甲子園にかえって出直しませう(^_^)

画像は絶好調の美化委員長でございます!

参考文献:阪神タイガース公式サイト

画像:関本 賢太郎内野手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:07年5月3日

場所:横浜スタジアム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:36 | comments(0) | trackbacks(4) |
▼ 虎(-_-;)1勝1敗
[ 赤星 ]

■2009/4/4 試合結果
対ヤクルト 2回戦 京セラドーム
ヤ|111 020 000|5
神|001 000 000|1

勝:由規1勝0敗0S
敗:能見0勝1敗0S
HR:川島慶ソロ1号
ヤクルト:由規 - 五十嵐 - 松岡 - 林昌勇

阪神:能見 - 渡辺 - 阿部 - 藤田 - 江草
─────────

“リズムがいかに大切かを学べ”

真弓監督の初陣を見事勝利で飾ったタイガース。
開幕連勝を狙う先発のマウンドは仕事人能見君です!
しかし初回にいきなりソロ本塁打を浴びると、2回と3回にも1点づつ許す苦しいピッチング。
この初回の悪いリズムが全てでしたね〜常にボールが先行して、悪い流れを断ち切れませんでした。
早めに追いつきたい猛虎打線は3回、昨日のヒーローまたもや主砲の兄貴金本のタイムリーでまず1点を返します(^_^)
しかし4回以降は立ち直った燕の由規投手の前に追加点が奪えません。
まあとにかく怖いもの知らずで早い球をガンガン投げてくるいいピッチャーでしたね。

真弓監督もじっと我慢の起用を続けた仕事人能見君は、5回5失点で無念の降板。
出直しですな〜ドンマイです!
試合は終盤も燕さんの継投にかわされて、開幕2連勝はなりませんでした。

しかし6回以降はリリーフ陣が無失点のピッチング!
優しい手をした牡丹餅渡辺君や脱一発阿部君は今年もいいですね〜今年も安心して任せられそうやで!
そして我等のキャプテン赤星君が本日大記録を達成しました(^_^)
3回に通算351個目の盗塁を決め、球団新記録達成!
この記録は並んでいたあのムッシュ吉田義男氏の通算350盗塁を抜き去り、球団最多記録を更新しました(^_^)
記録更新は僕の中では通過点と、いたって謙虚なキャプテンらしいコメントでしたが、ちょっと途中交代が心配でございます。

太一岡崎君緊張のマスクデビューお疲れ様
太陽君は中継ぎで開眼の予感かな〜粘りのヒヤヒヤピッチング
清水君も初マスクとは今季は捕手3人体制ですね。
怪力はどこへいったのメロメロメンチ様!もっとブンブンバットを振って、相手投手をビビらしまひょ(^_^)
お見事代打の神様桧山様!今年も頼りにしています。
やっぱりボールが先行のリズムの悪い試合は守備のリズムも崩れます。
そんな典型的な敗戦でしたが、明日はキッチリいきましょうや(^_^)

参考文献:阪神タイガース公式サイト

画像:赤星 憲弘外野手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:07年3月17日

場所:横浜スタジアム

☆頑張れ阪神タイガース☆


人気blogランキングへ


author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:47 | comments(0) | trackbacks(3) |
▼ 虎(^_^)1勝
[ 金本 ]


■2009/4/3 試合結果
対ヤクルト 1回戦 京セラドーム

ヤ |000 010 100 |2
神 |131 000 00x |5

勝:安藤1勝0敗0S
S:藤川0勝0敗1S
敗:石川0勝1敗0S
HR:関本スリーラン1号、金本ソロ1号、ガイエル ソロ1号
ヤクルト:石川 - 佐藤 - 押本 - 丸山
阪神:安藤 - ウィリアムス - 藤川
────────


“先ずはこの一勝が全てのスタートだ”

胃の痛くなるような昨今ではありましたが、本日2009年の開幕戦は、エースがしっかり仕事をして、主砲が打って!セットアッパーが抑えてと、最高の勝利パターンで開幕戦の勝利を飾ることができました(^_^)
真弓監督おめでとう(^_^)
虎の先発は2年連続開幕投手となりました!安藤司令官です(^_^)
初回からまったく危なげないピッチングで燕打線を翻弄します!
そして猛虎打線はやってくれました。まずは美化委員長関本様!オープン戦スランプ説を吹き飛ばすような大きな一発!そして我等が主砲のハッピーバースデイ兄貴金本様(^_^)
ほとんど実戦練習ができなかったにもかかわらず、新監督の門出を祝うような一発が飛び出し、1回から3回まで毎回得点で前半を5点リードします。

安藤司令官は5回に一発を浴びるものの、7回113球2失点でしっかり先発の役目を十分に果たしての降板はお疲れ様(^_^)
そして8回には、帽子に鉄腕久保田君の背番号30を入れたなんて泣かせるじゃないですかピョン吉ジェフ君が登板すれば、3人を内野ゴロでしとめる技ありピッチング!
そして最終9回には今年も虎の守護神火の玉球児君が得点圏にランナーを置くも、最後は151キロのストレートで燕打線を封じ込め、無失点でゲームセット。
最高の形で白星スタートを切りました(^_^)

いやはやアナフレ猛虎会の皆々様!なにはともあれ先ずはこの一勝ですね。
一勝の積み重ねがやがては優勝につながります。
新生真弓タイガースの記念すべき一勝をエースが投げて、主砲が打って、守って、クローザーが締めたこの勝ち方がいいじゃありませんか(^_^)

今年も応援がんばりましょう(^_^)

参考文献:阪神タイガース公式サイト

画像:金本 知憲外野手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:08年9月20日

場所:東京ドーム

☆頑張れ阪神タイガース☆


人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 08:12 | comments(0) | trackbacks(6) |
▼ 2009年開幕にむけて
[ その他 ]

”開幕前夜”

本日京セラドーム大阪での開幕前日練習を前に、真弓新監督のインタビュー風景が公式サイトに掲載されていました。
決して門出は順風ではないことは誰もがわかっています。
ですが皆様!今年も応援がんばりましょう(^_^)」
背筋を伸ばしながら、上向きにインタビューに答えている監督の表情に、緊張感が画像からも伝わってきます。

開幕オーダーも既に腹はきまっているようで、やはり新クリーンアップには期待をしていますね〜三番の重責を担うのは人間鳥谷君にどうやらなりそうです!監督の期待は解説者当事から揺るぎません。
がんばれよ〜鳥谷君!今までのような宇宙人や人間では三番は勤まりまへん(^_^)
人間を飛び越えて超人的な活躍をしてもらわんと(^_^)いつぞや超人鳥谷君と呼ばせてもらえることも期待して(^_^)
やっぱり真弓監督の本音は昨年以上のチーム本塁打数増のようですね!
サプライズ新井君の5番構想は、ずばりホームラン30本以上が彼に対するノルマです。


猛虎の要、ポスト矢野君の起用については、大方開幕はもみ上げ狩野君のようですが、担当コーチと話し合い、ピッチャーとの呼吸は大事であると本音をポロリ(^_^)
先発投手の相性によって、若虎3人捕手がマスクを被るケースにもなりそうです。
とにかく開幕戦をどう闘えるか。
交流戦から後半にかけてのところは特にしっかりとやっていきたいと早くも長期展望を方ってくれた監督に頼もしさも感じますが、最初につまずくとあとあと影響がでそうなので、とにもまくにも先ずは一勝ですよ真弓様!

最後は力強く優勝宣言までしてくれた真弓新監督!
画像掲載は監督初勝利までお預けとさせていただきますです。

なんだかこんな勝手なことを投稿している小生自身胃が痛くなってきました。
今年もアナフレ猛虎会の皆々様がついてるで〜
そして今夜の画像はどうやら無事退院できて良かったですね〜我ら虎党もホットしていますよ。又どこかの球場でお会いしましょう(^_^)


参考文献: 阪神タイガース公式サイト

画像:東京ドーム試合開始前

撮影:アナフレ猛虎会『広報部長☆』

撮影日:06年7月1日

場所:東京ドーム

☆頑張れ阪神タイガース☆


人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 2009年開幕にむけて
[ 集合画像 ]


"開幕メンバー決定”

本日、今シーズンの開幕を前に日本プロフェッショナル野球組織より、出場選手登録が公示されました。公式サイトに掲載されていましたね!

■投手(11名)
12 渡辺亮
14 能見篤史
15 藤田太陽
16 安藤優也
22 藤川球児
26 江草仁貴
27 S.アッチソン
28 福原忍
34 久保康友
54 J.ウィリアムス
56 阿部健太

■捕手(3名)
45 清水誉
57 岡崎太一
99 狩野恵輔

■内野手(6名)
1  鳥谷敬
3  関本賢太郎
7  今岡誠
9  藤本敦士
25 新井貴浩
35 坂克彦

■外野手(8名)
5  平野恵一
6  金本知憲
8  浅井良
24 桧山進次郎
32 K.メンチ
33 葛城育郎
51 桜井広大
53 赤星憲広

やはり開幕切符を勝ち取った新しい顔といえば、太一岡崎君と清水君かな〜しかし開幕マスクはもみ上げ狩野君になりそうです!
猛虎の要矢野様は間に合わず残念ですが、若虎捕手達の試練が必ずや成長に繋がるチャンスと捉えて!

投手ではオセロ白仁田君、ミスタールーキー上園君、プリンス石川君達が予備軍でしょうか(^_^)
もちろん裏ローテの柱である髭武者下柳君に続きます!快速リーソップ君がどんなタイミングで起用されるかも興味深いですね(^o^)

外野手ではプーさん浅井君が見事ゲット!
右翼争奪戦は怪力メンチ君、キン肉マン桜井君、ハッスル平野君、そしてボヘミアン葛城君達が開戦です!

アレレ〜残念無念は加油!林君じゃないですか〜なかなか調子が上がらず、一日も早いスランプ脱出を信じておりまっせ!

新人の上本君はルーキー開幕切符を惜しくも逃したかな〜先輩坂君がゲット!


とにもかくにも早く2009年真弓新監督他猛虎ナインに逢いたいですね〜球場で!



参考文献: 阪神タイガース公式サイト

画像:猛虎ナイン

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:07年4月3日

場所:明治神宮球場

☆頑張れ阪神タイガース☆


人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 2009年開幕にむけて
[ 矢野 ]


"拝啓アナフレ猛虎会の皆々様”

本日兵庫県西宮市の西宮神社へ必勝祈願に訪れた猛虎ナイン。
キャプテン赤星選手会長は、昨年の悔しさのうさをはらす!と力強く優勝宣言してくれました(^_^)


本日1日に正式に開幕一軍メンバーが公表される予定です。

注目はやはり猛虎の要が間に合うかどうか?又はベンチ入りだけでもという構想もありますね。それだけ存在感があるということと、野口捕手がベイさんに移籍したことが大きいのかもしれません。
しかしケガの巧妙ではありますが、若手捕手達に自覚が生まれて、今年のキャンプから着々と力をつけて結果を出してきつつあります(^o^)
期待しませう!

いずれにしても、我々民間サラリーマンも年度始めのスタート!
今年もタイガースと共に、最高のシーズンを送っていきたいもんです。

本日はアナフレ猛虎会『桧山を信じろ☆』さんから早々と開幕オーダー予想を頂戴いたしました。↓↓↓
お疲れ様です。
いよいよ今週の金曜日、開幕ですね。ところで今年の阪神は、皆様何位になると思いますか? 私的に見ると今年は厳しいと思いますが五位です。
ちなみに若手が目立たないので、以外に出たらいいなあと思っています。

開幕オーダーは、

一番 センター 赤星

二番 セカンド 平野

三番 ショート 鳥谷

四番 レフト 金本

五番 サード 新井

六番 ライト メンチ

七番 ファースト 今岡

八番 キャッチャー 狩野

九番 ピッチャー 安藤

です。
↑↑↑

有難うございます。なるほど〜ライトメンチ君でファーストが今岡君とはおもしろいですね〜
またセカンドに平野君ですか〜これも又奇策なのかもしれませんね(^o^)

さてさてアナフレ猛虎会の皆々様の開幕オーダー予想はいかがでございましょうや!(^^)!


参考文献: 阪神タイガース公式サイト

画像:矢野 輝弘捕手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:07年3月22日

場所:横浜スタジアム

☆頑張れ阪神タイガース☆


人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:38 | comments(0) | trackbacks(0) |


皆様こんにちは。ご訪問いただき有難うございます。 アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』と申します。 (*^^)v野球経験のない素人の球場観戦の独り言にお付き合いください。 有料又は無料のメールマガジンにてアナフレの独り言をお楽しみくださいませ。まぐまぐ!マイメルマは無料メールマガジンです。 又皆様からの観戦リポートやご意見ご感想も歓迎いたします。メールフォームにてお気軽にお声がけくださいませ。
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
アナフレ猛虎会
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

アクセスカウンター

過払い

外汇
携帯 中古外汇


阪神タイガースおっかけマップ (2005)
阪神タイガースおっかけマップ (2005)

阪神タイガースを語るには何がなくてもまず甲子園球場。大歓声でマンモススタンドが揺れ、ラッキーセブンのジェット風船は夜空が隠れてしまうほど舞い上がる。みなさん人生そのものをタイガースにかけているのだ。甲子園球場はもちろん、その周辺のこと=甲子園の街並みを知っていただきたい。野球とともに歩む姿を。またたくさんの楽しい、うれしいお店がいっぱいある。タイガースOBのお店や、ナインご贔屓のスポット、ファンが集うショップ。・・・・いえいえ甲子園だけではありませんぞ。おとなり尼崎も、芦屋も神戸、大阪も・・・・関西圏をくまなく知っていただこう。もちろん関東の情報も掲載!
野村ノート
野村ノート

ところが、以外な選手に感謝されているということもある。その代表的なのが桧山である。阪神時代、桧山に対しては叱ったことはあっても、野球はこうだ、人生はこうだと懇切丁寧に指導した記憶がない。・・・・平成15年、確か優勝した翌日の新聞だったと思うが、彼のインタビューに目を通し驚いたことがある。「野村さんが阪神の監督だったときは、いっていることがよく理解できなかったんですが、今になってやっとわかってきました」・・・・・桧山のように思ってもみなかった選手から感謝を受けるのも指導者冥利に尽きる。  それにしても人生はまさに一期一会だなあと思う。赤星、藤本は阪神のドラフトリストに名前はなかった。赤星はアマからのキャンプ参加、藤本は社会人選手権大会の観戦に行って、遊撃手を探していたときに目に留まった選手である。・・・・私との縁を大切にし、「考えないよりは考えるほうがいい」「知らないより知っていたほうがいい」と私にいわれ、「なるほどそうだな」と思い、ノートをこまめに取り、そのノートを保存し何度も読み返す。こうしたちょっとの差が、いざ自分が指導する立場になったときに活き、あるいはコーチや監督という地位を得るためのチャンスとなる。逆に出会いや縁を無駄にしてしまう選手は、将来の可能性まで狭めてしまうのである。
猛虎の70年
猛虎の70年

第1章阪神タイガースとは何か・・・・おそらくクソ度胸という点では球界ナンバー1の星野仙一の背中にスーッと寒気が走ったのは、彼が阪神の監督になってすぐのことだった。・・・いや、「恐怖」すら感じたという。それは阪神ファンが試合に感動し、勝利の歌を大合唱し、それが終わると球場の外へ出て、ゾロゾロと甲子園駅に帰るのではなく、球場近くの広場に何千人と集まり、そこでも「六甲颪」の大合唱をやるのだ。ファンはやがて甲子園の駅に移動する。この甲子園駅でもまたも「六甲颪」の大合唱となる。それでも終わらない。阪神電車に乗り込んだファンはそのまま梅田の駅で降りて、その梅田駅コンコースでまたまた「六甲颪」の大合唱である。これが深夜まで続くのだ。「お前ら、あれが聞こえるか?俺達はあの熱狂的なファンに対する責任があるんだ。もしあのファンを裏切ったら・・・・俺はどうなるか知らんゾ」・・・・「俺は勝ちたいんや!そのためにはどうするんや?俺はファンに喜んでもらいたいんや・・・・・」なんとも野暮なセリフである。だがかつて阪神の監督としてこんな直接的な言葉を発した指揮官はいなかった。少年のように「勝ちたいんや!」と絶叫する星野仙一。監督室まで聞こえてくる大合唱、そして海鳴りのようなファンの”鼓動”が星野仙一をギリギリまで追い詰めていったのである。そこには「日本一わがままで、日本一熱心で、日本一我慢強い」と星野が評したファンの姿があった。
巨人軍かく勝てり―V9達成の秘密
巨人軍かく勝てり―V9達成の秘密

チームプレーとは「チームワーク」=「人の和」よりさらに深い考え方で、“人間集団におけるモラルから、グランド上のプレーに至るまで、あらゆる人間行動を網羅した広い考え方”といってよいと思う。
簡単な具体例をあげよう。
いまここで二人の人間がキャッチボールを始めるとする。ボールを握って投げる側は、次のように考える「相手が取りやすいところへとりやすいスピードで投げてやろう。投げ返す時のことも考えて胸元へ投げてやろう」そう考えて投げる。
一方受ける側はどうか。相手がそう考えて投げてもミスすることがある。だから相手の気持ちを察して、「万一とりにくいボールがきても、何とか受けてミスを未然に防いでやろう」この二人の「思いやり」がチームプレーの根本精神である。
 このちいいさな「思いやり」は、やがて「自分の義務と役割を完全に履行」することに広がり、チームのために「自己犠牲」をいとわず、「助け合い」、そしてチーム全員に「感謝」するところにまで高められていく。
巨人軍論 ――組織とは、人間とは、伝統とは
巨人軍論 ――組織とは、人間とは、伝統とは

チームの要だったON
『チームを預かることになったとき、いつも私が手本としてきたのは川上哲治監督であり、川上監督が率いたV9時代の巨人というチームであった。それではV9巨人のどこが素晴らしかったのだろうか。まずはなんといっても王貞治と長嶋茂雄、すなわちONの存在をあげないわけにいかない。ONは長らく巨人の3番4番に座り続け常にチームの中心であり続けた。ただし私がこの二人を高く評価するのは、彼らが記録や数字を残したからという理由ではない。彼らが中心選手としての役割と責任をまっとうしていたという事実が大きいのである。私は「中心選手はチームの鏡でなければならない」と述べたが、王と長嶋は、まさしくそうであった。他の選手の模範であり続けたのである。そこが凡百の「四番」とONのちがうところなのである。

…その意味で、私は阪神の金本知憲を高く「評価」している。現在の球界で真の「四番」といえるのは彼くらいだろう。彼は少々の故障くらいでは試合を休まない。チームへの忠誠心も高い。金本が移籍してきてから、阪神の選手の意識が明らかに変わった…金本の野球に取り組む態度を見れば、まわりの選手も自然と「このままではいけない」と感じるようになる。また若手選手が直接叱るより先輩が叱ったほうが叱られた若手のショックは少ない。ここ数年の阪神の躍進には、この金本の存在が大きく寄与している』

ドジャースの戦法
ドジャースの戦法

『投手は自分の左側に球を打たれたらすぐさま一塁に向かってスタートする習慣をつけなければならなぬ。ゴロであろうとライナーであろうと変わりはない。直ちに一塁に突進せよ。適当な時に投手がマウンドを離れなかったためにゲームを失ったためしは多い。打球が左側にきたら、投手は真っ直ぐに一塁にスタートし、塁に近付いたらスピードを緩め、右足を塁に触れて、一塁手からの投球を待ち受ける。球を受け取ったら走者との衝突をふせぐために、ファウルラインの内側を二、三歩走り続けるが、この場合もし他の塁にも走者がいたら、投手はできるだけ早くとどまり、必要に応じて他の塁に投球する用意をせねばならない。
走者の足が遅いか、又は他の理由で投手がゆっくり一塁に間に合った時には、塁上で止まって、こちらに投球しようとしている野手の方に向き直り、一塁手のような身のこなしで、体をのばしたり、どちらかの側へ動いたりして、一塁手の代わりをつとめなければならぬ。』
背番号三桁―「僕達も胴上げに参加していいんですか?」
背番号三桁―「僕達も胴上げに参加していいんですか?」

「アホか、みんないいから出ろ!お前たちも行け!」優勝が決まった瞬間、ベンチから選手が一斉に飛び出した。星野はすぐさま裏方に対して叫んだ。
「尾張メモ」の全貌―情報は盗んで活かせ
「尾張メモ」の全貌―情報は盗んで活かせ

虚像がユニフォームを着ている

広岡監督殿

巨人偵察記・巨人の実像・私が過去三十年、対巨人と戦ってきた印象からみると、最低の巨人といっても過言ではない。人気という点では昔と雲泥の差があっても、実技つまり野球のすべてに対する取組む姿勢が欠けていること。緻密性がない。個人的には優秀な人材はおりますが、チームプレー1つをとってみても投手は三本間に三塁走者を挟みながら、生かしてしまうランダンプレー等がその例。一発で刺さねばいけないプレーをウロウロして生かすということは、過去の巨人では考えられないことです。極端な表現ですが、巨人のユニフォームを着ている虚像にすぎない。−こう断言できます。

このくらいのチームが優勝することはちょっと考えられないことだが、優勝をバックアップしている審判団の判定が大きく作用していることは申すまでもありません。私自身がこの目で見ても、巨人がパ・リーグであれば、近鉄クラスの実力と見ます。それで人気だけが物凄い、まさに虚人です。・・・・・・
1983年10月15日
阪神タイガース
阪神タイガース

序章 黄金時代の幕開け
”遂に来たタイガースの時代”
『この世の春、である。長い長い苦難のときを経て、とうとう阪神タイガースの時代がやって来た』
覚悟のすすめ (角川oneテーマ21 A 87)
覚悟のすすめ (角川oneテーマ21 A 87)

これまでのプロ野球生活で、胸を張って自慢できることがひとつある。

それは、

「たとえお金にならないことでも、やるべきことを、全力を尽くしてやってきた」

ということだ。

2000年5月12日の第三打席を最後に、翌年9月28日の横浜戦第二打席まで、私は1002打席にわたって一度も併殺打を記録しなかった。これはあまり知られていないが日本記録である。
ただ、常に全力疾走を心掛けていなければ達成できなかった記録でもある。それを私は誇りに思う。

連続フルイニング出場にしても、「すごい」とほめられはしても、直接お金として返ってくるわけではない。

それでも私は、セーフになるチャンスがあれば、一塁に全力疾走する。果敢にボールを追うし、つねに次のベースを目指そうとする。なぜなら

「たとえお金にならないことでも、全力プレーするのがプロ」
そう思っているからである。

「いつケガをしてもいい」そういう覚悟で私は常に試合に臨んでいる。

それが、これまでの私のプロ野球生活を支えた信念であり、いまもつねに自分自身にいいきかせているモットーである。