アナフレ猛虎会

皆様こんにちは。アナフレ猛虎会 通称”頑張れ阪神タイガース☆です。
▼ 虎(・.・;)雨天中止
[ その他 ]



■2015/5/12 試合結果

対ヤクルト 7回戦 神宮

雨天中止

────────
“恵の台風”

神宮は台風で雨天中止となりました。
東京ドームは決行されたそうですね。
この雨天中止は猛虎にとっては恵の雨かな〜でも燕さんが連敗していたので返って返り討ちにならないかとも心配です。

さて、巨人のGMさんが解任記事に反応したのが関西系マスコミです。
阪神は?・・・・ってね。


不調のメッセ君を抹消決断して、5番目の助っ人サンティアゴ君が合流してきました。
オーバースローから最速154 km/hのフォーシームと、最速150 km/hのシンカーを投げ、この他に変化球として、カーブ、チェンジアップ、スライダーを持ち球とし、特にカーブの精度が良く、三振を狙うときはチェンジアップを多用するとインターネットで紹介されています。
また、本人曰くシンカーを「ハード・シンカー」と表現しているとか。
猛虎の救世主となり得るか!デビューは竜さんとの試合になりそうです。
まあこう言っちゃなんですが、入団会見のGMコメントは何故この投手を選んだ評価がまったく語られず、意気込みだけで契約しているというから呆れるばかりですけどね。まあ企業秘密として黙っていたと解釈しましょう。

ともあれ、これからは浮上していくのみ。まず初戦をとって勝ち越しが最低条件となる猛虎!
画像は東京ドームで見つけた虎党さんです!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:虎党


撮影:アナフレ猛虎会『うぽって☆』


撮影日:2015年04月04日


場所:東京ドーム
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:56 | - | - |
▼ 猛虎春季キャンプリポート2015
[ その他 ]




“キャンプも最終章”

早いものです!春季キャンプも今日を残して二日となりました。

昨日は室内練習場で約1時間、非公開でサインプレーの練習を行った和田猛虎。キャンプとしての最終チェック段階にはいりました。
遅ればせながらキャンプインのゴメス君も本日の練習試合で本年初実戦となります。二年目は厳しい責めが予想されるだけに、心のケアが大切ですな!
昨日の解説は久しぶりの岡田さん!ゴルフばかりの生活をしているのでしょうか〜(笑)
やはりこの4番打者が打ってくれるかが鍵であると申しておりました。
私はこの岡田さんが監督だった当時はもっと優勝できたなあとつくづく感じていますけどね〜和田監督の後任説も出ていますが・・・・
皆々様のご意見はいかがです?
本日はその岡田氏を久しぶりに投稿します。しかしおでこが広くなったね〜



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:岡田 彰布氏


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2014年03月29日

 
場所:東京ドーム
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:51 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり1077
[ その他 ]






“ペナント奪還に向けて”


大御所がやっと重い腰を上げて、40年ぶりに縦縞に袖をとおして沖縄に乗り込んできます。
レジェンド江夏塾に期待したいですネ!

沖縄・宜野座で、臨時コーチとして40年ぶりにタテジマに袖を通す江夏氏が、2月2日に投手陣全員の前で「投球論」のレクチャーを行うことが決まりました。
昼のブルペンだけではなく、夜は宿舎の1室が講義室に様変わりするようです。

江夏氏といえば、かつて猛虎のエースとして君臨し、通算206勝を挙げた伝説の名投手。
そうですか〜江夏氏の教壇姿なんて想像が付きませんね。
キャンプ早々から、投球に対する考え方を投手全員に伝える計画で特別な時間になりそうです。
85年に現役引退後はユニホームを着ていない江夏氏ですが、野球への情熱は衰えているとは思えません。
今回のレクチャーも江夏氏たっての希望だったといいます。
キャンプ初日の1日から1週間というまどろっこしいスケジュールではありますが、今季は球団創設80周年だけにV奪回を目指す古巣への思いにあふれ、一肌脱いでくれることが嬉しいじゃないですか。

江夏氏の投球論は基本を重んじた上で緻密だといわれます。現役時代、キャンプのブルペン投球では自らの制球に納得がいくまで審判を立たせなかったのは有名な逸話。
試合では1球の出し入れが勝負を分ける。「抜群の制球力」を印象づけるための工夫から生まれた練習方法なのでしょう。
小生はそんな緻密な野球理論以上に、修羅場を投げ抜いてきた投手としての心意気のようなものを若虎投手陣に叩き込んで欲しいものです。
伝説の江夏塾に期待します!



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:勝利


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2014年10月16日


場所:東京ドーム
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:49 | - | - |
▼ 拝啓アナフレ猛虎会メルマガご購読者の皆々様
[ その他 ]






“本塁打新記録に思う”

不肖『頑張れ阪神タイガース』シーズン最多本塁打記録更新の瞬間を
敵地神宮球場にて生観戦してまいりました。
49年ぶりにシーズン最多本塁打の記録が塗り替えられました。
今まで「聖域」とまで表現された記録が破られた瞬間です。前記録保持者は
誰もが知っています。
ソフトバンクの王貞治球団会長が現役時代に残してきた大記録です。
巨人ファンとか阪神ファンとかではなく、ベースボール界が生んだ世界の
大打者の記録はまったく色あせていません。
昭和30年代後半から約20年にわたって、当時のファンの目には
「一本足打法」が焼き付いています。小生がもしこの時代に戻れたら、
通算868本塁打、15度の本塁打王、プロ4年目から引退する55年まで
19年連続で30本塁打以上とホームランにまつわる記録には事欠かなかった
王氏の打席を夢中になってカメラを向けていたに違いありません!
長嶋氏ともども、本当にこの時代のカメラマンは幸せだったのではないでしょうか(#^.^#)

さて話題を記録に戻します。この55本という記録はかつて3人が達成していました。
・王貞治氏 1964年
・T.ローズ氏 2001年
・A.カブレラ氏 2002年

そして次の54本こそ我らがR.バース氏の1985年の記録です。

以下
52本は野村克也氏1963年、落合博満氏1985年
51本は小鶴誠氏1950年、王貞治氏1973年、T.ローズ氏2003年
50本は王貞治氏 1977年、落合博満氏1986年、松井秀喜氏2002年、A.カブレラ氏
2003年となります。

今まで日本球界でこの50本という本塁打数に手が届いたのは今年のバレンティン選手で

8人目。
プロ野球が始まって以来シーズン50本を超える本塁打を打った選手は7人しか居なかった

ということですね。それを考えると、物凄い記録だとつくづく感じてしまいます。

そして寂しいかな、日本人として引退したばかりの松井氏以来、これだけ飛ぶボールが

騒がれている昨今に誰も出現していないことです。
特に猛虎にとっては、この大記録を1985年のバース氏が巨人の投手の江川氏以外
敬遠されて達成できなかったという伝説も忘れられてしまうくらい昔の話となりました。


このバレンティン選手の記録を破る選手こそ、将来の縦縞戦士から出現して欲しいと
願う小生です。もちろん和製縦縞選手からですね(#^.^#)

画像はその大記録が生まれた瞬間です!
小生のカメラでしっかりとらえてしまいましたのでしかとご覧あれ(#^.^#)


画像:ウラディミール・バレンティン外野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2013年09月15日


場所:明治神宮球場

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:03 | - | - |
▼ 虎(・.・;)66勝58敗3分け
[ その他 ]






■2013/9/15 試合結果

対ヤクルト 20回戦 神宮

神|000 000 000|0
ヤ|302 001 12x|9

勝:小川14勝4敗0S
敗:榎田4勝9敗0S
HR:バレンティン ツーラン56号・ソロ57号、飯原ツーラン2号
阪神:榎田 - 玉置 - 渡辺 - 筒井
ヤクルト:小川
─────────

“歴史的瞬間を観た“

台風の影響で今日は中止かな〜できればやりたくない・・・・
そんな選手の気持ちが伝わってくるような元気がなかった猛虎打線!
そしてこんなに神宮球場が満員になったのを近年はじめて見ました(#^.^#)
歴史的瞬間はすぐに訪れてしまい、この一発で完全に試合の流れは燕さんへ!
初回で決まってしまった敗戦です。


バレンティン選手のプロ野球新記録となる56号2ランなどで3点を先制。
三回はバレンティン選手の2打席連続57号ソロなどで2点を追加。
猛虎打線は四回無死二塁のチャンスも無得点に終わりました。
燕さんは六回2死二塁から中前適時打を放ち1点を追加。七回2死一塁から
小川投手の左翼線適時二塁打で1点を追加。八回には無死一塁から飯原選手が
2号2ランを放ってダメ押し。先発小川投手が完封勝利で14勝目をマークしました。

アナフレ目線です
【9月戦績】★☆★★☆★★△★★☆★★
すいません。ご覧のように、猛虎ナインのトピックスがまったく書けない・・・・寂しい
敗戦でございます。
解説者の関根潤三氏がしみじみ語っていました。
ワンちゃん(王貞治氏)の記録を破る選手は出てこないと思っていたと・・・・・
小生は生まれた年から49年間破られなかった大記録の瞬間を生観戦させて
いただきました!その瞬間をしっかりカメラに収めた小生でございます。
あらためてシーズン日本記録の更新おめでとう!
榎田君は三回途中7安打5失点で降板、今後に不安を残す内容になっているだけに、
しっかりケアしましょう。ルーキー小川投手の前に散発6安打に封じ込まれた
猛虎打線も元気がないな〜どうしてしまったのやら・・・・これで6カード連続の負け越し。
今日は台風で新幹線が止まりそうだから、ゆっくりホテルで休養だね(#^.^#)

【8月戦績】★ロード☆★☆★☆☆★☆☆★★☆☆☆☆★☆☆☆☆★★★ロード★☆
【7月戦績】★★☆☆☆☆☆☆★☆★★☆☆★★★★☆★
【6月戦績】★★☆☆☆★
【交流戦】★★★☆☆★△☆☆☆★★★☆☆★☆☆☆☆☆★★★
【5月戦績】★☆☆★☆☆☆☆☆☆
【4月戦績】☆★★☆★★☆★☆△☆☆★☆★★☆☆☆☆★☆★☆★☆★☆


画像はすいません!大記録を達成し虎党達の声援にもしっかり応えるバレンティン選手でした。
大記録達成おめでとうございます。

参考文献:阪神タイガース公式サイト

画像:ウラディミール・バレンティン外野手

アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2013年09月15日


場所:明治神宮球場

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:27 | - | - |
▼ 拝啓アナフレ猛虎会メルマガご購読者の皆々様
[ その他 ]






“観客動員数に思う”

アナフレ猛虎会メルマガ御購読者の皆々様!残暑お見舞い申し上げます。
毎日猛暑が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。
お陰様で身体だけは丈夫な小生はこのお盆休みを利用して京セラドームへ
生観戦してまいりました(#^.^#)
そして奇しくもその15日の京セラドーム大阪で開催しました広島東洋カープ戦は、
2013年度公式戦の入場者が200万人に達しためでたき試合であることが
公式サイトに掲載されていました。
入場人員2,023,379人(甲子園球場:1,790,715人 地方試合:232,664人)
試合数52試合(甲子園球場43試合、地方9試合)

球団から公式に御礼のメッセージも掲載されています。
たくさんのファンが球場へ駆けつける猛虎ナインは本当に幸せですね。
そして我等虎党にたくさん感動を与えてくれています。

しかしながら少々球団への小言を一言!
恵まれた環境でプレーできることにもっと感謝しながら、プロ野球選手として
ファンサービスの基本をもう一度見つめなおして欲しいと思っています。
今回時間がありましたので、同じ関西を拠点におくサッカーチームを見学に行き
つくづく感じました。
このチームはJリーグ発足時からの老舗チームですが、今回J2陥落しJ1復帰に
向けて必死に練習をしていました。日本代表の有名選手も所属するチームですが、
専用のホームグランドをこれから作り上げるために、サポーターの今後の支援が
求められています。
この炎天下の中、室内練習場ではなく、屋外で汗だくとなり練習していました。
そしてもっと驚いたことは、練習終了後、選手はおろか監督までも汗びっしょりに
なりながら、駆けつけたサポーターにサインや写真撮影に応じているではないですか!

マネージャーが後ろから呼びかけました。「たくさんの方が来ていますので、サインと

写真撮影のみでお願いいたします・・・・」そんな姿を見て、近年のサッカー人気の
理由がわかりました。
見習わなければなりませんね。猛虎の沖縄キャンプに二度見学に行ってきました小生は

キャンプ場にもたくさんの観客が訪れますが、こんなサッカーチームのようなシーンは

考えられない状況です。ベンツに乗って球場に登場の監督様を先頭に、どこもかしこも

侵入禁止の仕切だらけで選手を近くで感じることはおろか、ペナントレース中の球場と

さほど変わらない距離感が寂しく思いました。
もっともっと選手とファンの距離感というものを大切にすべきではと思っています。
阪神戦となれば、地方球場やアウェイ球場でも黄色いメガホンやユニフォーム姿が
スタンドを埋め尽くします。東京ドームは一塁側にも阪神ファンが出没しています。
だからこそ、選手のみならず、監督自ら積極的にファンとの距離を縮めて欲しいと
思っています。
ファン感謝デーやオフィシャルなパーティーや後援会などでは当たり前。
普段の練習終了後や、試合開始前のわずかな合間を縫って、握手やサインは
減るものではないじゃないですか。
少々小言を書きましたが、素直に感じた率直な意見でございます。

画像はサインに応じるその在阪チームの監督様でございます。


画像:Jリーグ監督


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2013年08月15日


場所:万博記念競技場

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:12 | - | - |
▼ 拝啓アナフレ猛虎会メルマガご購読者の皆々様
[ その他 ]




“天才も苦悩する”

へ〜この大選手ももう39歳ですか・・・・
毎年暮れの投稿では、今年一番嬉しかったシーンを書かせていただいています。
今夜は申し訳ありません。今年二番目に嬉しかったシーンを大晦日前に投稿いたします。

今年のオープン戦で我らが猛虎とマリナーズのオープン戦が実現いたしました。
そして初めて目の当たりにした天才プレーヤー イチロー選手に会ったことが嬉しい
思い出です。
この日NHKでイチロー選手の特集をやっていました。今まで華やかで天才的な
イチロー選手の活躍を特集する番組しか見たことがなかったのですが、今回は違いましたね〜
不調に悩む、苦闘するイチロー選手の赤裸々なシーンがたくさん出てきました。
あれだけの記録を残し、そして一流で走り続けることがどれだけ大変なことか。
猛虎ナインもくぎ付けになって観ていたのではないでしょうかね(^^)v
今年の春先にこの選手のチームとオープン戦とはいえ闘ったのですから。
スパースターといえども、天才といえども悩んで、苦しんでいるじゃないですか!
自宅にあるトレーニングマシンの数々。想像を超えるような練習量!

この選手との出会いも大切にして欲しいものです。

この選手に続くようなプレーヤーがいつか縦縞からも出現することを信じて!(^^)!


画像:イチロー外野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2012年03月25日


場所:東京ドーム

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:17 | - | - |
▼ 拝啓アナフレ猛虎会メルマガご購読者の皆々様
[ その他 ]







“和田語録を振り返る”

メジャーリーガーの松井選手が引退されましたね。甲子園に帰ってきて
欲しいな〜ってずっと思っていましたが、実現できず残念です。
さて、今年もあとわずかになりました。小生は本日から年末年始休暇。
なんと9連休ですから疲れますよ〜ここまで長いと(#^.^#)
さて、和田監督語録を回想したいと思います。年始のコーナーでトラキチで
有名な俳優渡辺謙氏との対談があったことを皆様覚えていらっしゃると
思いますが、この時が一番監督が本音を語っているんですね。
今更根ほり葉ほりするつもりはありませんけど、おいおい初志貫徹という
言葉があるやないかと言っておきたいですね!

“どっちの野球をやっていくかとなると、僕は守っていきたい”

“チームスローガン「熱くなれ!!」。「Go for the Top」は頂点を目指して
熱くなれということ。ここ1、2、3年の戦い方を見て、熱いものを個人的に
持っているが、それがひとつの塊になっていなくて、分散していた。
ファンに伝わる熱さが、ウチのチームに一番足りない。キャンプインのときは、
自分の言葉で選手たちに、和田の考え、和田はこういう野球をやっていくぞ
というのを、しっかりと伝えたい”

“1、2番のどっちかがちょっと走れて、後は選手が爆発するのを待っていようという

チームカラーだった。じゃなくて、1点をもぎとる、きょうはどうしようかというような
野球をしていきたい。"


“チームも変わらないといけない。私が前に出てやっていきたいという気持ちはあります”



これだけ本音を語っている和田監督様へ今年最後の小言を申し上げます。

兄貴金本様の引退試合で、横浜ベンチに向かって言い放っていたじゃないですか。
今年のベイさんは監督が一番目立っていた。監督が目立っているようじゃダメですってね。
それでは客観的に見て、今年の猛虎は誰が目立っていたのでしょうか・・・・・・

今春初めて春季キャンプを観に行きましたが、とにかく監督を見つけるのに
一番時間がかかったことを覚えています
とにかくマスコミを引き付けながら、集団の中には監督がいる!
あの声で監督の居場所がわかる・・・それぐらいの存在感を示して欲しいな〜ってね(#^.^#)


画像:トラキチさん


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2012年02月04日


場所:沖縄宜野座村野球場

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:10 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり718
[ その他 ]




“名将原監督に学ぶ”
読売巨人軍日本一おめでとうございます。
そして3度目の日本一に輝いた原監督に敬意を表します。
開幕前から圧倒的な戦力を揃えた巨人が優勝することは誰もが予想をしていました。
そして今年の猛虎は巨人にまったく歯がたたなかったことは数字が証明していますので、

負け惜しみすら出ません。
まあ正直なところ、絶頂期のエースと4番を毎年入れ替えれば、優勝できて当たり前さと
嫌味をいいながら優勝できなかった猛虎ナインに慰めの投稿をしていたかな〜
しかし今年の原ジャイアンツに関して、学ばねばならない点を一つだけ見つけました。

だからこそ、原監督に対して名将という言葉で敬意を表します。

今年の原采配に学ぶべき事とは

チャレンジデーを貫きとおしたことです。

毎週水曜日は、必ず若き投手を先発させていたことです。これはシーズン中もしかり、

そして今回の日本シリーズでも若干二十歳の宮田投手を登板させました。
結果は1対0の完封負けでしたが、シリーズ初マウンドという大舞台を経験させています。

戦力が揃っているからこその余裕の采配だったかもしれませんが、これこそ先発
ローテーションが崩れなければ若手登板のチャンスが巡ってこないというセオリーを
完全に解禁したとも言える斬新な采配ではないでしょうか。
来季も巨人は脅威です。なぜなら、毎週水曜日には必ず登板して経験を積んだ
若手投手が成長するからですね。

監督はチャレンジデーには必ずチャンスを与えてくれるとわかっていたヤング
ジャイアンツの投手陣のモチベーションの高さこそ、今年の巨人の本当の強さでは
ないでしょうか。

名将原監督に敬意を表します。

日本一おめでとうございます。




参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:原 辰則監督(右)

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2012年04月28日


場所:東京ドーム

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:00 | - | - |
▼ 拝啓アナフレ猛虎会メルマガご購読者の皆々様
[ その他 ]




“雄大な構想を”
海の彼方から大きなニュースが舞い込んできましたね〜驚きました。
マリナーズ・イチロー外野手がヤンキースへ移籍。
オープン戦で猛虎と対戦した時が昨日のように思い出されます!(^^)!
世界のイチロー選手がインタビューで泣いていました。
一点を見つめ、強い口調で話したのはシアトルへの思いを断ち切るためかと?
それだけファンに愛されたイチロー選手は、新たな背番号31番をつけて、
3時間後のヤンキース対マリナーズ戦に出場。
場内大歓声の中、マリナーズファンとヤンキースファンに頭を下げて挨拶をする
世界のイチロー!

決断には相当な苦悩があったようです。成績にも影響があったのかもしれません。
低迷チームから名門ヤンキースへ移籍ですから、日本で言えば猛虎から巨人へ
移籍でしょうか?
すいません。例えが悪すぎますね(#^.^#)
もう38歳になったイチロー選手!
この世界のイチロー選手を獲得するような雄大な構想というものも、阪神タイガース
球団に抱いていただきたいなんて思う小生は単なる妄想者でしょうか。

今さらですが、今年は東京ドームでマリナーズ対阪神戦を生観戦できて本当に
良かったな〜って浸っております小生でした(#^.^#)


画像:イチロー外野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2012年03月25日


場所:東京ドーム

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:06 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり650
[ その他 ]


“落合氏猛虎を語る”
某テレビ番組で、元中日ドラゴンズ監督の落合氏と矢野氏との対談が実現しました。
アナフレ猛虎会メルマガご購読者の皆々様もご覧になられたのではないでしょうか。
小生も興味津々で楽しませていただきました。

現役時代から俺流と呼ばれた氏のコメントで感じたことは、何か特別な事をするのではなく、
実に自分の信念というものを相手に伝えることに長けているな〜という感じでしょう。

相手がこう感じることを明快に否定するだけでなく、合理的に反論して納得させる。
谷繁捕手が現役時代にとにかくオーラを感じた選手は、清原氏と落合氏だと言っていましたが、
なるほどと感じたことは、自分が猛練習で培ってきた野球観に対する誰よりも強い信念と確信から、
選手をその気にさせ、かつ相手チームを惑わせてしまうものがあったのかもしれません。


落合氏の事ばかりですいませんが、現状の猛虎を客観的に語ってくれました。
小生は新聞記事を書くつもりはありませんが、一番共感を得た猛虎に対する意見がありました。

それは・・・質の低下です。

あれだけボール球を振っていたら、打てない・・・・

猛虎打線にとっては耳が痛いですね〜和田監督様!統一球を言い訳にしているだけで、あれだけ
ボール球に手を出したら打てるわけがないとは最もな意見でしょう。

小生も思い当たる節があるんです。
21日のハマスタ観戦。悔しい逆転負けを小生3塁側からシャッターを切っていましたが、その画像を
整理していると、とにかく猛虎打線のスイングが崩れた画像ばかりが写っていることに驚いています。

その他、ナゴヤドームで猛虎が勝てない訳や、猛虎を強くする秘策を語っていましたが、すべてが
なるほどとは言いません。
ブラゼル君のレフトと城島君のファーストはあり得ないことを強調していた点は面白かったですな〜

すいません〜見たテレビの感想のような投稿になってしまいました。

でもですね〜練習すれば強くなる。しかし今の猛虎は練習してないから弱いと言われて耳が痛かった
ですね〜和田監督様。
あっという間に首位を明け渡してしまった猛虎!巨人がもたついている2012年の戦いはまだ始まったばかりです。

それにしても矢野様〜引退早過ぎたね〜(#^.^#)


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:矢野 燿大解説者


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2012年02月04日


場所:沖縄宜野座村野球場


author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:05 | - | - |
▼ 拝啓アナフレ猛虎会メルマガご購読者の皆々様
[ その他 ]


“スーパースターを求む”
MLBとのプレシーズン・ゲームに連勝して、公式戦へ向け最高の仕上がり?で帰って来た
猛虎ナイン。この勢いで開幕からいいスタートを切りたいものです。
東京ドームで打線にスイッチが入った!と表現した和田監督。
今回、そのアスレチックスと対戦して、見て学んだ事が多い。野手が下がればセーフティバントを
したり、前の塁で走者を殺そうとしたり、常に相手の隙を突こうとする姿勢に大きな感銘を受けた
ようです。
そして小生が生観戦したマリナーズとの試合前、イチロー選手の打撃練習を食い入るように
見つめる猛虎戦士を目の当たりにした指揮官は、確かな手応えを感じていました。
アナフレ猛虎会の皆々様!このイチロー選手を食い入るように見つめていたのは、猛虎ナイン
だけではありません。この日東京ドームに集った5万人近いすべての大観衆が彼のプレーから目を
離しませんでした。
イチローがフリー打撃をすればネット裏に集まり、外野守備練習に行けば彼の背面キャッチを見に
集まり、そして打球を処理するワンプレーに歓声が沸きます。
試合は猛虎が優勢で進みましたが、終盤に一番のクライマックスが訪れます。マリナーズ川崎選手が
ツーベースを打って出塁した直後のイチローコールです。虎党も含めた5万の大観衆が拍手で彼の
打席を待ち望んでいました。まさにスーパースター!そして彼を自分のカメラで撮影できたことの
歓び!(^^)!

この日ばかりは申し訳ありませんが、主役は猛虎でもマリナーズでもありません。
日本球界が生んだ天才プレーヤーであり、ミスターベースボールでした!

今の日本球界が抱える問題とは、東京ドームを本拠地に置く球団が、勝利するために選手を獲得
しながら醜い内紛を晒しているような有様だからでしょう。

勝利のために選手集めに奔走する。強くなるには確かに一つの方法論ですから否定はいたしません。
しかし皆々様!イチロー選手を見ていて小生が感じたことは、勝敗に関係なく、とにかく絵になる
ミスタープロ野球のようなスター選手が一人でもチームに出現すれば、ファンは一つの球場ではなく
行く先々の球場を満員とし、視聴率もアップするということではないでしょうか!
かつて猛虎にも新亀ブームがありました。いいお手本があるじゃないですか。
火の玉ストレートの球児君を見に、観衆は集まり、そして酔いしれました!(^^)!
今巨人の4番打者の打席に興味などまったく沸いてきません。
生え抜き若虎諸君!イチロー選手だってかつてはファームで修業を積んで、まったく無名の状態で
一軍に登録されてシーズン安打記録を達成いたしました。
当時オリックス戦は消化試合にも関わらず超満員。彼の新記録を見に集まってきました。

小生の親父は、宿敵のスーパースター長嶋茂雄氏の大ファンです。引退試合は本当に心こそ泣けたと
回想しています。

ミスタータイガースの出現はいつでしょうか〜和田監督様!

本日の画像はお許しください!ガンちゃん岩田君からヒットを放ったミスターベースボール イチローです!(^^)!



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:イチロー外野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2012年03月25日


場所:東京ドーム

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:11 | - | - |
▼ 虎(-_-;)雨天中止
[ その他 ]

■2011/8/19 試合結果
対横浜 15回戦 横浜

雨天中止
────────
“恵みの雨?”
本日予定されておりましたVS横浜15回戦は雨天のため中止となりました。
不肖『頑張れ阪神タイガース』横浜に乗り込んで開門を待っていましたが、
おてんとうさまは無情にも雨足を強めるばかり・・・ハマスタも開門時間を
延長していましたが、17時半頃に遂に決断!
雨天中止〜(-_-;)
ここにきて連敗と流れの悪かった猛虎にとっては恵みの雨でしょうか・・・・
投手事情の苦しいベイさんにとっても休養になったかもしれません。
気持ちを切り替えてここはしっかり休んで明日以降の戦いに備えて逆襲
しようではありませんか(^.^)

いや〜今日はいい席だったのにな〜ほんまに残念です・・・・・


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:始球式


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2011年04月03日


場所:横浜スタジアム




author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:03 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり457
[ その他 ]

“おめでとうM1グランプリ”
今日はファン待望のファン感謝デーですね!
映像が見られないのが残念ですが・・・いつか特集してくれるやろ〜な〜!(^^)!

この独り言には続きがございます。
メニューバーナーにありますメルマガ登録にてご購読ください(^.^)⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒

携帯電話から利用の場合は以下に空メール後、利用規約に同意すると、まぐまぐ!又はマイメルマ!にて独り言を購読できます。


◆まぐまぐ!◆
メルマガ登録用アドレス
a0000288501@mobile.mag2.com

メルマガ解除用アドレス
d0000288501@mobile.mag2.com

◆マイメルマ!◆
メルマガ登録用アドレス
sub-180004@mc.melma.com
メルマガ解除用アドレス
us-180004@mc.melma.com



画像はそのOBさんをたまには掲載いたしましょう〜お疲れ様でした〜(*^_^*)


参考文献:阪神タイガース公式サイト

画像:亀山 努氏

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:2010年4月18日

場所:横浜スタジアム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 08:14 | - | - |
▼ キャンプ休日に思う
[ その他 ]


キャンプ休日の本日、悲しく残念なニュースが突然とどきました。
オリックスの現役プロ野球選手がキャンプ宿泊先で亡くなられたという悲報です。
岡田新監督はじめチームメートに与える動揺は計り知れませんね。阪神タイガースの選手ではありませんのでこれ以上のコメントは避けますが、残念でなりません。
ご冥福をお祈りいたします。

そして小生がもうひとつ残念に思ったことは、野球界ではなく相撲界の横綱でございます。
朝青龍引退に寂しそうな表情をみせたのは、同級生の球児君でした。
品格はさておき、同じ勝負の世界に生きる男としてファンであったと語る球児君。
ともに高知商高、横綱は明徳義塾高と同じ高知で育ったもの同士、ひきつけるものがあったのでしょう。
直接的な交流はなくとも、土俵でみせる横綱の迫力が戦うアスリートとして好きだったとコメントを残してくれました。

小生は相撲協会のことはよくわかりませんが、勝ちたいという強い思いが闘志満々の横綱の姿は共感がもてましたね〜勝負の世界ですから、あれぐらいの闘志を剥き出しにした選手が猛虎やその他のプロ野球選手に居ても悪くはないと感じています。
なにやら横綱の品格を守るための引退劇?
小生はなぜ協会があの憎らしいまで強い横綱を看板に、彼を土俵で倒すことに盛り上がらないのかな〜とまで感じてしまうのでございます。

本日はキャンプ休日でしたが、二つの残念な話題のことを投稿させていただきました。
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:26 | comments(2) | trackbacks(0) |
▼ 虎(^_^)雨天中止
[ その他 ]

■2009/5/6 試合結果
対ヤクルト 4回戦 神宮
雨天中止
────────

“未来の名一塁手誕生を期待する”

昨日に引き続きVS ヤクルト(4回戦)は雨のため中止となりました。
台風一号が接近中とのことで、神宮は雨に祟られています。
さて、本日も小生自宅観戦予定でしたが、中止を予想しながら、久しぶりに書籍を紐解いてみました(^_^)

この独り言の続きは
メニューバーナーよりメルマガ登録にてご購読ください(^.^)→ → → → →




“タコ足賢太郎”なんてキャラもまたいいじゃないですか(^_^)

参考文献、画像:攻守巧走列伝 文春文庫

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:09年5月6日


☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 2009年開幕にむけて
[ その他 ]

”開幕前夜”

本日京セラドーム大阪での開幕前日練習を前に、真弓新監督のインタビュー風景が公式サイトに掲載されていました。
決して門出は順風ではないことは誰もがわかっています。
ですが皆様!今年も応援がんばりましょう(^_^)」
背筋を伸ばしながら、上向きにインタビューに答えている監督の表情に、緊張感が画像からも伝わってきます。

開幕オーダーも既に腹はきまっているようで、やはり新クリーンアップには期待をしていますね〜三番の重責を担うのは人間鳥谷君にどうやらなりそうです!監督の期待は解説者当事から揺るぎません。
がんばれよ〜鳥谷君!今までのような宇宙人や人間では三番は勤まりまへん(^_^)
人間を飛び越えて超人的な活躍をしてもらわんと(^_^)いつぞや超人鳥谷君と呼ばせてもらえることも期待して(^_^)
やっぱり真弓監督の本音は昨年以上のチーム本塁打数増のようですね!
サプライズ新井君の5番構想は、ずばりホームラン30本以上が彼に対するノルマです。


猛虎の要、ポスト矢野君の起用については、大方開幕はもみ上げ狩野君のようですが、担当コーチと話し合い、ピッチャーとの呼吸は大事であると本音をポロリ(^_^)
先発投手の相性によって、若虎3人捕手がマスクを被るケースにもなりそうです。
とにかく開幕戦をどう闘えるか。
交流戦から後半にかけてのところは特にしっかりとやっていきたいと早くも長期展望を方ってくれた監督に頼もしさも感じますが、最初につまずくとあとあと影響がでそうなので、とにもまくにも先ずは一勝ですよ真弓様!

最後は力強く優勝宣言までしてくれた真弓新監督!
画像掲載は監督初勝利までお預けとさせていただきますです。

なんだかこんな勝手なことを投稿している小生自身胃が痛くなってきました。
今年もアナフレ猛虎会の皆々様がついてるで〜
そして今夜の画像はどうやら無事退院できて良かったですね〜我ら虎党もホットしていますよ。又どこかの球場でお会いしましょう(^_^)


参考文献: 阪神タイガース公式サイト

画像:東京ドーム試合開始前

撮影:アナフレ猛虎会『広報部長☆』

撮影日:06年7月1日

場所:東京ドーム

☆頑張れ阪神タイガース☆


人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 猛虎かく勝てり248
[ その他 ]


“猛虎ナインが新聖地にやってきた”

リニューアル!甲子園に猛虎ナインが帰ってきました!(^^)!
本日正式なお披露目を前に、猛虎ナインが改装した阪神甲子園球場で初めて練習を行いました。新しい銀傘など、すっかり模様替えしたスタンドの風景に選手からも思わず、驚きの声がでたそうな〜。いやはやあの迫力ある球場が懐かしいな〜はやく聖地に行きたいですね〜!(^^)!

さて、フリー打撃のトップには、兄貴金本と怪力メンチ君が登場!
気持ちよく右に左に打ち分けながら、さっそく新甲子園球場を満喫していたとか。観客のいない甲子園球場は、心地よい快音が鳴り響いてるんでしょうね〜これも一度は味わってみたいな〜と、夢のような願望を抱いておりますです。

怪力メンチ君にとってはグラウンドの特徴を把握することも重要な練習です。外野のポールにラバーが付いてないと見るや、早速、監督にクッションを巻くようリクエスト。山脇コーチの指南で、外野守備の際に注意すべき風の特徴をアタマに入れるなど、精力的に動き回っていたそうな。
なかなかバッティングだけではなく、守備でも意欲満々なところがいいじゃないですか。

小生のこれまた勝手な願望ですが、昨年打者としては揮いませんでしたが、フィーディングはお見事だったフォード君と、ここ一発の長打力を秘めたスペンサー君とをたして二で割ったような選手として活躍してくれればな〜と何の根拠もなく、これまた願望を抱いておりますです。

真弓明信監督も、実際にスタンドまで足を運んでの第一印象に感激のようですね。こんな球場で指揮をとれることに開幕への更なる意気込みを感じておられました。

さて、本日台湾、台北市内の台北西華飯店で、鄭 凱文(ジェン・カイウン)投手の入団記者会見が行われました。
WBC台湾代表として共に戦った加油!林君とドラフト1位ルーキーの蕭君を加えて猛虎の一大勢力となりそうな『台湾3兄弟』がここに誕生です!
兎さんにはほんまにものすごい韓国の大砲が活躍していますが、猛虎縦縞台湾三兄弟こそ是非ともこの聖地甲子園で伝説となるような活躍をしてほしいとおもっています!
本日はなにやら願望ばかり述べまして、大変失礼いたしました!(^^)!
ではこのへんで


参考文献: 阪神タイガース公式サイト

画像:阪神甲子園球場

撮影:アナフレ猛虎会『広報部長☆』

撮影日:06年9月29日


☆頑張れ阪神タイガース☆


人気blogランキングへ



author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 2009年猛虎春季キャンプリポート5
[ その他 ]

“お久しぶりです岡田様”

タイガースのキャンプは本日第2クールに突入しました。第1クールは別メニュー調整だったミスタージャパン新井君が今日から全体練習に初参加し、守備にバッティングに元気なところを見せました。
そして初の屋外フリー打撃を行ったのは、はじめまして新外国人のメンチ様!いやはやものすごいパワーですね〜いきなり1球目を空振りしたのは「挨拶がわりだよ」とご愛敬。その後、サク越えを連発!55スイング中15本のサク越えを放ちました。
まあ荒々しさはピカイチといったスイングですが、当たれば飛びますね〜だけども三振も多くなりそうな感じがしますです。
しかしそんな心配を全くしていない男が本日はゲスト解説にきていました(^_^)
お久しぶりです岡田様!岡田彰布前監督が解説者デビューで沖縄にやってきましたな〜まああいも変わらずね〜まあ〜あの〜ね〜そういう意味でも、そうですね〜いい〜ね〜またね〜と意味のわからん岡田節が炸裂で聞きずらいのなんのですが、なんていいいましょうか〜懐かしい〜っていうんですかね〜この口調が(^_^)

メンチ選手はいきなり無理に日本のピッチャーに合わせようとしなくても今は持ち前のパワーを生かすバッティングをするべき〜とか(^_^)
今までず〜っと自分が見てきた選手だけに、阪神タイガースに対する熱い思いが言葉の節々からにじみ出ていましたよ岡田様(^_^)

ブルペンで見ていて一番使いたくないな〜と思うのは髭武者下柳だ〜でも試合には勝つ。矢野のサインに120%首を縦にふる。彼は矢野のサインどおりにしか投げない。
打たれやすい150キロのスピードボールと140キロでも打たれないストレートがある。やはり監督は打たれない140キロのストレートのピッチャーを使う。
矢野捕手の後任は、誰かが成長するのを待つなんて考えないで、もうこの捕手ならこれで決めてしまったほうがいい。
白仁田君はいいボールを投げる。たくさんスパイがいるからまだ安芸に残しておけばよかったのに〜でもタイガースは秘密兵器戦法は無理。どっかしらで漏れてしまう・・・
林は欲が出ればいいな〜やさしいから。
金本が右手首を骨折したときは知らんぷりしてましたよ・・・だってどうするって聞いたって出るっていうにきまっているし(^_^)


なんだか解説者というよりもタイガースファン代表になりそうな岡田様(^o^)
これからもタイガースをよろしくお願いしますです。

参考文献: 阪神タイガース公式サイト

画像:岡田彰布前監督

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:07年4月7日

場所:東京ドーム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 猛虎自主トレ・リポート2009
[ その他 ]

“ようこそ虎風荘へ”
今年の新人選手7人が、揃って合宿所『虎風荘』に入寮しました。
新春の鳴尾浜に、いの一番でやって来たのはドラフト1巡目の蕭 一傑君は新たに購入した46インチの大画面テレビやパソコンを持参。
育成枠入団の藤井宏政君は、愛用のグラブとバットを持参。
しかし、まだ卒業試験があるので勉強道具も必須で苦手な英語と向き合います!(^^)!
未来の猛虎戦士のプロフィールを投稿していませんでしたね〜
以下も公式サイトからです。

新入団選手プロフィール
■蕭 一傑 (しょう いっけつ)
生年月日:1986.1.2(22歳)
守備位置:投手
投打:右投右打
身長・体重:180cm 86kg
経歴:日南学園高校−奈良産業大学
背番号: 19

■柴田 講平 (しばた こうへい)
生年月日:1986.7.17(22歳)
守備位置:外野手
投打:左投左打
身長・体重: 175cm 77kg
経歴:福岡工業大学付属城東高校−国際武道大学
背番号: 2

■上本 博紀 (うえもと ひろき)
生年月日: 1986.7.4(22歳)
守備位置: 内野手
投打: 右投右打
身長・体重: 173cm 70kg
経歴: 広陵高校−早稲田大学
背番号: 4

■西村 憲 (にしむら けん)
生年月日: 1986.12.4(22歳)
守備位置: 投手
投打: 右投右打
身長・体重: 182cm 80kg
経歴: 福岡工業大学付属城東高校−九州産業大学
背番号: 43

■野原 祐也 (のはら ゆうや)
生年月日: 1985.1.7(23歳)
守備位置: 外野手
投打: 右投左打
身長・体重: 177cm 83kg
経歴: 国士舘大学−富山サンダーバーズ
背番号: 123

■吉岡 興志 (よしおか こうじ)
生年月日: 1986.10.17(22歳)
守備位置: 投手
投打: 右投右打
身長・体重: 187cm 105kg
経歴: 千葉日本大学第一高校−常磐大学
背番号: 124

■藤井 宏政 (ふじい こうせい)
生年月日: 1990.5.18(18歳)
守備位置: 内野手
投打: 右投右打
身長・体重: 183cm 81kg
経歴: 加古川北高校背番号: 125

以上このメンバーから誰が未来の猛虎戦士に成長するか!
先ずは沖縄に行く男は誰かです。


参考文献: 阪神タイガース公式サイト

画像:撮影:アナフレ猛虎会『広報部長☆』

撮影日:06年9月29日

場所:阪神甲子園球場

☆頑張れ阪神タイガース☆


人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 09:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 猛虎かく勝てり番外編
[ その他 ]

“新チームスローガン決定”

阪神タイガースでは、来シーズンのチームスローガン及びシーズンロゴマークを決定しました!(^^)!

■チームスローガン
Focus on this play、 this moment !!

(そのプレイ、その一瞬に集中せよ!)

日本一を呼ぶ「F」! 
06年以来の変更となるスローガンは「Focus on this play、this moment!(そのプレー、その一瞬に集中せよ!)」に決まり、ナインに集中を呼びかけます!(^^)!

特に「Focus on」を前面に打ち出すことで、日本一となった85年に採用した「フレッシュ・ファイト・フォア・ザ・チーム」を思い起こさせる「F」のイメージで、新生真弓阪神は船出することになりす。


真弓監督も新スローガンをとてもお気に入りのようで、一瞬一瞬に集中するということをこれからキャンプなどで選手にも言っていきたいと語ってくれました。

そういえば今回は一般公募してくれたのかな〜なんておもいながらもなかなかいいスローガンやな〜と感じております小生でございます!(^^)!

と同時に発表されたのがシーズンロゴマーク!
選手一人一人の思いをトラッキー君に重ね合わせてたイラストは、闘志を燃やしながら、集中力を高めている様子を鋭い眼差しで表現しています。

一球一球・ワンプレイワンプレイに集中して勝利をひとつずつ積み重ねていくことで、バットが指し示す先にあるものは「優勝」を勝ち取るという意思を込めたものだそうです。
なんだかトラッキー君が予告ホームランをしているようでやけにカッコいいですね〜


ここ3シーズン、惜しくも優勝を逃したスローガンを脱ぎ捨て、「フォーカス、オン」と念じながら、真弓阪神は集中力野球で勝負します!(^^)!


参考文献:阪神タイガース公式サイト

画像:トラッキー

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:06年8月8日

場所: 横浜スタジアム

☆頑張れ阪神タイガース☆


人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 09:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ ようこそ阪神タイガースへ
[ その他 ]

”新監督に期待する”

本日の公式サイトに真弓新監督の就任会見の模様が掲載されていました。

今更からかもしれませんが、新監督の球歴を調べてみました。


1979年、田淵幸一氏らとの「世紀のトレード」で若菜氏らとともに阪神に移籍。

長打力のある1番打者として活躍し、同年5月20日にはサイクルヒットを達成する。

1983年、岡田彰布氏の故障に伴って二塁手に転向し、打率.353で首位打者を獲得。

二塁手のベストナインにも選出されました。

1985年に外野手に転向、同年に打率.322、34本塁打、84打点の好成績でチームのリーグ優勝・日本一に貢献。

当時の小生の記憶は、とにかく従来の一番打者としての常識を覆す、とにかく初回から相手投手から恐れられていた怖いバッターでしたね(^o^)

その他ベストナイン3回、オールスター出場9回を誇るなどの華やかな現役生活を送り、1994年に代打の切り札として17安打で30打点と驚異的な勝負強さも発揮。

翌年1995年現役を引退。


引退後は野球解説者、日刊スポーツ野球評論家を務めた。

2000年に大阪近鉄バファローズの打撃コーチに就任。

2002年にヘッドコーチに就任。

2004年に近鉄とオリックス・ブルーウェーブの合併により、近鉄球団が消滅したことに伴い、コーチを退任した。

2005年から前述の解説に復帰。

2008年リーグ優勝を逃して退任した岡田彰布氏の後任として10月23日に阪神タイガースの監督就任を球団から要請され受諾。

背番号は本人の希望から太平洋(現・埼玉西武)入団時の2と阪神時代の7を合わせた72に決定。

秋季キャンプからチームの指揮を執る新監督。
チームの体制としては、前岡田彰布監督を引き継ぐ、守備重視体制の方針を発表しています。 早くも新コーチを招きいれ、木戸ヘッドコーチとの体制となる真弓新監督!

選手時代とは違った一面を魅せてくれるような気がしてならない指揮官に期待しようではありませんか!

参考文献:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


画像:ラッキー

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:07年9月9日

場所:東京ドーム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ A>
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 08:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ クライマックス終了
[ その他 ]

”敵将を見習おう”

セ・リーグのクライマックスシリーズ第2ステージ第4戦は、巨人が中日を6‐2で下し、3勝1敗1分けで、2試合を残して日本シリーズ進出を決めました。

勝利監督インタビューの席上、敵将原監督は泣いてましたね〜
いかにも原氏らしい人柄に素直におめでとうと感じました。

昨年の巨人はリーグ優勝しながら、CS第2ステージで中日に完敗。今年はその雪辱を果たし、日本シリーズではパ・リーグの覇者でCSも制した西武と対戦します。

さて、巨人のことばかりを書いて申し訳ありません。

我等が阪神タイガースも新監督が決定!
新しいコーチも発表され、新真弓組閣が徐々に決まりつつあります。広澤コーチと吉竹コーチも責任をとり引責辞任。これから縦縞ユニフォームを脱ぐ若虎も発表になるやもしれません。
勝負の世界は厳しいとあらためて感じる季節に入ります。

29日から始まる秋季練習を待たずに戦力外通告を受ける選手もいるかもしれません。

今回のクライマックスシリーズでMVPとなったのは、アレックスラミレス選手。猛虎も今年はこの人の一発に泣かされました。
この四番打者はプロ野球選手として見習わなければならない部分を持ち合わせていて、敵ながら天晴れ!
ヤクルト時代にも神宮球場でレフトスタンドの虎ファンから最も愛されていた選手でしょう。

バッターボックスでは鋭い眼光で投手を睨み付けていますが、執拗なまでのインコース責めや死球に対する乱闘もありませんし、審判の判定にもフェアープレイに徹して、退場もないと聞いています。ファンサービス精神は今更説明すろまでもなく、どこか憎めないの男ですね。

来季は絶対にこのラミレス選手を抑えていこうではありませんか!
本日は携帯を修理に出して慣れない機種で文字数がよくわからなくてすいません。画像も届いたかな〜(^o^)
このへんで失礼致します

画像:アレックス・ラミレス選手

撮影:アナフレ猛虎会『広報部長☆』

撮影日:06年8月18日

場所:明治神宮球場

☆頑張れ阪神タイガース

人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 09:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 虎(^_^;)81勝58敗3分け
[ その他 ]

■2008/10/10 試合結果

対横浜 23回戦 横浜

神|002 010 000|3
横|000 004 00x|4

勝:小林6勝5敗1S
S:寺原3勝9敗21S
敗:アッチソン7勝6敗0S
HR:金本ツーラン27号、関本ソロ8号、村田スリーラン45号
神:下柳-アッチソン-藤川
横:小林-真田-山口-寺原


――――――

”読売巨人軍優勝おめでとうございます”
本当に悔しい、忘れられない1日になりました。皆が泣いた!ファンも、そして選手も心の中で泣いていた。



猛虎打線は3回、兄貴金本が横浜小林投手から27号2ランを放ち先制(^o^)
今夜の虎の先発髭武者下柳は、3回まで横浜打線を1安打無失点に抑える快調な滑り出しでした!

さらに猛虎打線は5回、闘魂健太郎の8号ソロで1点追加。

このまま逃げ切りと思いきや・・・

6回、村田選手の45号3ランなどで4点をとられて逆転されます。

横浜は終盤を継投で逃げ切り、猛虎はついに力尽きて惜敗。

巨人が勝ったため優勝を逃しました。


ホテルに向かう帰りのバスの中はどんな空気だったのでしょうか〜
果たして?逆転ホームランを打たれた魔術師が責められたのか?チャンスに凡退のクリーンナップが詫びたのか?

私は違うと思いますね!

あそこで、あの場面で打った村田選手がたいしたもんだ。流石だといい合えるナインであることを信じてます。確かにその通りじゃありませんか!

最後の打者となったサプライズ新井君!
腰に手をあてたまま、しばらくグラウンドから動くことができなかった彼の姿が小生の脳裏から離れません。

ですが皆さん!彼が最後のバッターになった事。そして最大の屈辱を味わった今夜の試合は、将来の猛虎の四番を勤めるべき男にとって、何か意味があったように思えてならないんです!

今夜のコメントはアナフレ猛虎会『桧山を信じろ☆』さんです↓↓↓CSで出直しや!あーほんまに悔しーい。村田に打たれたのが痛い。気を取り直して、CSで出直しや!
私は明日、浜スタに行ってCSの練習試合のつもりで応援に行きます。↑↑↑
有難うございます(^o^)
13ゲーム差を跳ね返した原巨人軍が素晴らしかったですな。しかしまだまだ!今度は虎が巨人に屈辱を味あわせまっせ!覚悟しいや〜(^o^)

リポーター:アナフレ猛虎会 『桧山を信じろ☆』

画像:原 辰徳監督

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:08年3月16日

場所:東京ドーム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:41 | comments(0) | trackbacks(5) |
▼ 虎(^_^;)81勝57敗3分け
[ その他 ]

■2008/10/8 試合結果

対巨人 24回戦 東京ドーム

神|000 001 000|1
巨|002 000 10x|3

勝:内海12勝8敗0S
S:クルーン1勝4敗40S
敗:安藤13勝9敗0S
HR:ラミレス ソロ43号
神:安藤-ウィリアムス-アッチソン-藤川
巨:内海-山口-豊田-クルーン


――――――

”首位攻防チームとの連敗こそ力不足”


いい試合だった。誰の責任でもない、天下分け目の伝統の一戦に相応しい好ゲームだった。しかし結果はあきらかだった。これが勝負の世界だ!

巨人が3回に2点を先制します。1死満塁、李選手が虎の先発安藤組長から左中間突破の適時二塁打。
巨人先発内海投手に対し猛虎打線は3回まで無得点。

岡田はん安藤組長を4回であきらめ、小刻みな継投で追加点を許さないまま6回2死満塁のチャンスを迎えます!ここで矢野様が押し出し四球を選び1点差に迫りましたが、巨人は7回にラミレス選手の43号ソロで再び2点差にすると、9回はクルーン選手が3人で締めて逃げ切り、今季初の単独首位。優勝へのマジック2が点灯しました。

141試合目で初めて首位から陥落し、自力優勝の可能性も消滅した猛虎。

現実を垣間見るに、8月末から猛虎は巨人に7連敗と勝てないということは、チーム力は完全に劣っているという結論に達します。
例え巨人が優勝を逃しても、猛虎はクライマックスで勝てない!そんな感じすら漂わせる完敗でした。


何故巨人に勝てないのか整理しました。


・相性の悪い投手の存在・・・内海投手、グライシンガー投手

・キラー打者の存在・・・李選手

・長打力の差

・中継ぎ投手陣の左打者キラー・・・本日の山口投手はオリックスへいった吉野投手の好調時を思わせます

開幕から首位に立ち、7月22日に優勝マジック「46」を点灯させた猛虎は今季初めて2位に転落しました。

巨人に最大13ゲーム差をつけていながら、今季残り3試合で初めて単独首位を譲り窮地に立たされた猛虎!

しかし皆々様!野球に絶対はあり得ませんね。今季最大の屈辱を味わった猛虎ナインに

”最後まで諦めるな”とエールを送ろうではありませんか(^o^)


画像:阪神甲子園球場
撮影:アナフレ猛虎会『広報部長☆』

撮影日:06年9月29日

場所:阪神甲子園球場

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:18 | comments(0) | trackbacks(4) |
▼ 虎(^_^;)76勝53敗1分け
[ その他 ]

■2008/9/21 試合結果

対巨人 22回戦 東京ドーム

神|010 100 012|5
巨|000 081 00x|9

勝:上原5勝4敗1S
敗:岩田9勝9敗0S
HR:金本ソロ23号、ソロ24号、イ・スンヨプ スリーラン7号、阿部ソロ21号
神:岩田-渡辺-江草-アッチソン-阿部-玉置
巨:上原-山口-野間口-藤田-越智


――――――

”このまま終わるのか猛虎”

悔しい悔しい東京ドーム3連戦となりました。

昨日の大敗もしかり、首位の座は譲れなかった猛虎!しかし巨人の前にまさかの3タテ。ついに首位に並ばれ、聞きたくもない”メイクミラクル”を活字で見なければならないと思うと腹の虫が収まりません!

冒頭から大変失礼いたしましたm(__)m

2回、兄貴金本のソロホームランで幸先良く先制!さらに4回にも2打席連続となるホームランを放ち、今日こそは打線の爆発で完勝といきたかった猛虎!

先発のガンチャン岩田君も4回まで申し分のないピッチングを見せ今日は完全に阪神ペース!・・・と思われた矢先の5回、ガンチャン岩田君の調子が突如崩れ逆転を許します。一度火のついた巨人打線をねじ伏せられないのか猛虎!

この回8失点。さらに6回に1点を追加されてしまいました。

このまま黙ってはいられず反撃に出ます!
8回9回ともに無死からのビッグチャンスを作り4点差まで追い上げますが、5回の失点は取り戻せず、まさかの3タテを喫する結果となり、これにより巨人と勝敗数で並び、同率首位で並ぶこととなりました。

それでもまだ並んだだけというかもしれませんが、巨人に並ばれたこと自体が不愉快です。

これからの甲子園7連戦でも巨人との対決は1試合のみ

このままこの3連戦の敗戦が痛かったと言い訳して泣き寝入りするのか猛虎!

まずは明日から甲子園で迎える横浜との4連戦でその真価が問われます!

クライマックスを優勝以外で迎えるなんて頭は虎党にはこれっぽっちもありまへんで!

すいません今夜だけは無礼講お許しくだされ_(._.)_

画像:東京ドーム

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:08年9月20日

場所:東京ドーム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 虎(^_^;)24勝12敗1分け
[ その他 ]

■2008/5/13 試合結果

対広島 6回戦 富山

神|000 000 012|3
広|020 030 04x|9

勝:ルイス5勝3敗0S
敗:アッチソン4勝3敗0S
HR:金本ツーラン6号
神:アッチソン-阿部-杉山
広:ルイス-コズロースキー-林-横山


――――――

”豪雨の中の最高のプレゼント”

アナフレ猛虎会の皆々様(^-^)/ヤッパリタイガースは最高ですo(^-^)oそして我らが主砲も(^O^)/

冒頭から大変失礼いたしましたm(_ _)m

カードが変わって今日からは北陸でのカープ3連戦、不肖『頑張れ阪神タイガース☆』富山アルペンスタジアムに行って参りましたo(^-^)o

虎の先発は魔術師アッチソン君、カープはルイス投手の両外国人投手でプレイボールでしたが、初回こそ静かな展開も、2回裏からはエラーとフォアボールで二死1、3塁のピンチを迎え、続くルイス選手のタイムリーツーベースで2点を許せば、以降はまあカープさんのワンサイドゲーム(*_*)
二年振りの富山の虎党から出るのはため息ばかりで、キャプテン赤星君の内野安打と人間になれ鳥谷君のヒット以降は完璧な投球をされて、4回から7回はパーフェクトに抑えられる展開に(^_^;)
ルイス投手のストレート中心のピッチングの前に攻撃陣はまったくいい所がなく沈黙します(+_+)

夜空も泣き始めた8回、猛虎打線が人間になれ鳥谷君の内野安打に続き、DREAMS COME TRUEバルディリス君のタイムリーツーベースヒットでようやく1点を返しますが、直後の8回裏、3番手のエースナンバーお杉がカープ打線につかまり4失点(-.-;)で万事休す。

しかし、たとえ勝利の六甲颪が絶望的になろうとも、雨足が徐々に強くなって土砂降り状態になっても、富山の虎党は席を立ちませんでした!雨中応援を続ける我等にこたえてくれたのはもちろんこの男(^-^)/兄貴金本が右中間スタンドに飛び込むツーランホームラン!これが通算400号のメモリアルアーチ!
試合は16安打9失点で敗れましたが、兄貴の最高のプレゼントに皆が大満足の帰路につかせていただきました。
もちろん小生もその一人ですo(^-^)o

”兄貴!ありがとう(^O^)/


リポーター:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

画像:富山アルペンスタジアム内野スタンド〜

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:08年5月13日

場所:富山アルペンスタジアム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:32 | comments(0) | trackbacks(9) |
▼ 2008年開幕に向けて
[ その他 ]

”岡田はんの構想を予想する”

08年開幕メンバーで野手の18人が内定とのニュースがはいりました(^-^)/
10得点で大勝した先日の竜さんとの練習試合は、当落選上だったプロ5年目の上昇株坂君がとどめの2点三塁打を放ち内定o(^-^)o兄貴金本が本格的に加わることで陣容は整いますo(^-^)o
開幕直後に先発ローテーションの投手を6人登録する必要はなく、野手を多めに加えるのが通例。シーズン中は野手16人が基本ですが、指揮官は開幕戦には野手をプラス2することを明言しました。

不肖『頑張れ阪神タイガース☆』の予想が左でアナフレ猛虎会『応援団長☆』の予想が右側となりますo(^-^)o
1鳥谷/鳥谷
2野口/野口
3関本/関本
5平野/平野
6金本/金本
7今岡/今岡
8浅井/浅井
9藤本/藤本
24桧山/桧山
25新井/新井
33葛城/葛城
35坂/坂
39矢野/矢野
44藤原/0庄田
51桜井/桜井
53赤星/赤星
55フォード/フォード
99狩野/60小宮山or45清水

私は捕手二人内野手六人
外野手八人ですかねー。
外野手が多いけど、5.33は内野兼、8は捕手兼です。で、すぐ二軍落ちするけどあと2人は小宮山か清水、庄田あたりかなー?
たぶん・・・狩野は故障してます。でもコミちゃんや清水じゃ役に立たないし、なんか不思議〜。狩野がビシビシしごかれるのも無理ないっていうか、矢野様が北京行っちゃったらどうなるんでしょうね。てか、シーズン中は野手は18人もいらないというか、投手がもっと欲しいというか、恐らく開幕最初のカード限定ですよね?↑↑↑
有難うございます。

さてさてアナフレ猛虎会の皆々様のご予想はo(^-^)o

小生明日には出張を終えて東京な帰ります!日曜日の東京ドームに本年初出陣して参ります(*^-^)b
16日からは兄貴金本も出場します!フォード君やはじめましての縦縞戦士におめにかかれることを楽しみにo(^-^)o今夜は早めにおやすみさせていただきやす。

リポーター:アナフレ猛虎会『応援団長☆』

画像:住吉浜

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:08年3月14日

場所:国東半島

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ ニュー甲子園が楽しみだ(^-^)/
[ その他 ]


”甲子園球場リニューアル第一期工事終了”

本日は何やら無観客試合という訳ありな練習試合が行われました。

第一期の改修工事を終えた甲子園球場が本日報道陣に公開されました。
内野観客席は深緑色に統一され、前後の間隔を広げこれまでに比べてゆったりとした観戦が可能になりました(^-^)/
また、トイレや喫煙室を増やし、授乳室も新設。
ファンへのお披露目は選抜高校野球大会が開幕する二十二日となる模様です。

聖地甲子園球場は1924年の開設。阪神タイガースの公式戦だけで年間延べ三百万人以上が訪れます。
老朽化が激しくなったため改修工事は2010年3月の完成までシーズンオフを三期に分けて行う予定です。

第一期工事は内野席を中心に改修した。前後の間隔が最大十五センチ広がり、一部にクッション付きのいすを採用。また、全トイレにベビーベッドを設けたり二カ所の授乳室も新設。

さらに耐震補強工事もしており、阪神・淡路大震災クラスの地震に耐えられます。
今後は、外野席の改修やバックネット裏を覆う大屋根「銀傘」の掛け替えなどをする予定です。そういえば昨年はあの蔦がなくなってたな〜
今夜も泊出張浦島太郎状態の小生にお助けのコメントを頂戴いたしましたm(_ _)m
アナフレ猛虎会『応援団長☆』です↓↓↓
今日はCSの放送もなく、携帯のデイリーのサイトしか見てないです。ニュー甲子園のベンチはデンジャラスらしいですね。新井とか賢チャンや今岡らデカイ選手は頭をぶつけそうらしいです。ファウルゾーンが狭い甲子園なんて、なんだかイメージわきませんね。練習試合といえども、巨人に勝つのは気分がいいものですね。↑↑↑

有難うございます〜何やら今日は巨人の高橋尚投手との左対決ももろともせずに鳥谷君が当たりまくっていたとか…o(^-^)o
2対1で猛虎が勝利したようですo(^-^)o


リポーター:アナフレ猛虎会『応援団長☆』

画像:阪神甲子園球場

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:07年7月16日


☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:08 | comments(0) | trackbacks(2) |
▼ 2008年開幕に向けて2
[ その他 ]

”宿敵の弱点を掴め!”

赤ヘルさん以外はパ・リーグチーム中心に戦ってきたオープン戦は残すところあと6試合。セ・リーグの巨人、ヤクルト、広島、そしてレッドソックス戦のみとなりました。

明日はいよいよ宿敵巨人と今年初顔合わせとなります。

昨年痛い目に合わされたグライシンガー投手も健在!
ラミレス選手も加わり更なる重量打線?になったと思いきや、滅多に開かない宿敵の近況をネットで調べてみましたが、どうやら重量打線ならぬ”メタボ打線”などという活字をみつけました。

何やら先日の俊足揃いのソフトバンク戦2試合ではなんと5盗塁を許したとか…
守備・走塁に不安が残る相変わらずの一発頼みのチームになっている模様ですなo(^-^)o

もちろん虎も走塁面は竜さんに見習わねばなりませんね(*^_^*)
31盗塁で盗塁王に輝いた荒木選手、23盗塁の井端選手をはじめ、リーグトップのチーム盗塁83をマークしているのが竜さんです。宿敵巨人はリーグ4位の63。昨年18盗塁を決めた鈴木尚選手がラミレス選手加入で出番が減ることは確実であり、こと走塁面では弱点が露呈しています。

さらに1日の試合ではソフトバンクさんに1試合3三塁打を献上したとの情報もゲット!
外野手陣の守備力の弱点を露呈しました。

ライバルとなる竜さんと猛虎の球場は広く、かつ今まで本拠地であった狭い神宮球場も今季から両翼が91メートルから101メートルに広がるそうです。
ラミレス選手に打球が飛んだらもう一つ塁を狙え!ですねo(^-^)o
辛口評論家の巨人OB副会長の広岡達郎氏も、”巨人の独走は有り得ない”とのコメントを残されたそうです。

先に述べた守備力と走塁力のみならず、他球団を視察して一番圧倒されたのは我等が猛虎の”ブルペン”だそうなo(^-^)o
そして巨人の最大の不安が大補強の一員でもあるクルーン投手です。安定感抜群の上原投手に比べ、制球に難がありチームに与える心理的悪影響が大きいのでしょう。その点後ろがしっかりしている虎と竜の怖さを指摘されてました。

さてさて明日の先発は福原隊長が予定されてますo(^-^)o
開幕投手の座をやや安藤組長に水をあけられつつも、まだまだわかりませんなo(^-^)o

本日より小生遠方泊出張の為、明日もネット観戦です〜残念(^_^;)

画像:国東半島〜

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:08年3月2日

場所:大分黒津崎海岸

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 訃報です
[ その他 ]

”スーパーカートリオ、加藤氏逝く”

元阪神タイガースの加藤博一氏が21日死去されました。

1976年:阪神タイガースに移籍。

1980年:打率.314で打率ベストテンの5位
広島東洋カープの高橋慶彦氏と盗塁王争いを演じ、阪神から1956年の吉田義男氏以来の盗塁王誕生かと思われましたが、4盗塁及ばずの34盗塁で惜しくもタイトルを逃しました。

1983年:横浜大洋ホエールズに移籍し2番打者に定着。

1985年:あの猛虎フィーバーイヤーには近藤貞雄監督の下、高木豊氏、屋鋪要氏と「スーパーカートリオ」を結成し、3人で3ケタの148盗塁を記録。個人では48盗塁とリーグトップの39犠打を記録。

1986年:17年目で初のオールスター出場。

1990年:21年間の現役生活を引退

最近あの明るいキャラクターがプロ野球ニュース番組で見かけないな〜と思っていました。

ご冥福をお祈りいたします。

画像:多摩川

頑張れ阪神タイガース
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:23 | comments(0) | trackbacks(2) |
▼ アナフレ猛虎会ニュース
[ その他 ]

”桧山を信じろ!さんがサイン会でツーショット”

快晴の日曜日は猛虎ナインにとっては最高の自主トレ日和になりましたo(^-^)oそれぞれの自分の課題に取り組んで、万全な体調でキャンプに突入してもらいたいものです。

さて、いよいよ08年の縦縞ルーキー達の合同自主トレがスタートしました(^-^)/

未来の大器を自らの目で確認する指揮官の主義は今年も健在です!早速岡田はんが鳴尾浜に視察に訪れました!まだ今日は顔見せやし緊張もしてるやろ〜と気遣いまで見せるも、キャンプに関しては今のところ、新人よりも“頑張らなあかんヤツ”が多いからなと、力を把握している選手や中堅どころの選手を中心に、沖縄に連れて行くような方針をポツリポツリo(^-^)o
春季キャンプの参加者振り分けをこれから首脳陣で組立てるんですかね〜楽しみです!
アナフレ猛虎会の皆々様はどのルーキーにご注目ですか?

さて本日はアナフレ猛虎会の同志『桧山を信じろ!☆』さんからのニュースをご紹介いたします!↓↓↓
中西太氏に会いました
お疲れ様です。今日、中西太さんのサイン会に行って「西鉄ライオンズ最強の哲学」の本を購入してサインを貰いました。2ショットを送りますのでお願いします。↑↑↑
有難うございます。”中西さんを見たら、思ったよりいい人でした”というユーモア溢れるリポートもいただきましたのでご紹介させていただきましたm(_ _)m
今年も中西道場に弟子入り志願者が出るのでしょうかo(^-^)o

新井君は兄貴金本に先んじて護摩行に入ったようですね!兄貴も後日合流予定!

鳥谷君は井口選手と沖縄へ!今年こそ三割20本塁打に挑戦です。


モンキーは秀太君と兄弟のように仲良しのオリックス浜中選手と徳島へ!

手術後母国台湾でリハビリ中だった加油!林君も鳴尾浜に帰ってきました。

なにやら賢太郎君は名前を改名したと思いきや、格闘技を自主トレに取り入れて、今季は斬り込み隊長ならぬ、”秒殺隊長”に変身?

明日も様々な個性溢れる自主トレニュースで楽しませてくれることでしょう

リポーター:アナフレ猛虎会『桧山を信じろ!☆』

画像:中西 太氏とツーショット

撮影日:07年1月13日

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ



author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 謹賀新年
[ その他 ]


"2008年優勝祈願”

アナフレ猛虎会の皆々様o(^-^)o新年明けましておめでとうございます。

本年も不肖『頑張れ阪神タイガース☆』は猛虎日本一奪回を目指して日本全国狭し(ヤッパリ関東中心ですが)と生観戦リポートを皆様のお茶の間に性懲りもなくお邪魔させていただきますm(_ _)m

何卒ご指導ご鞭撻の程よろしくお願いいたします。

新年早々から兄貴金本と新井選手が公開トレーニングの便りも聞こえてきます。関西方面では新年のテレビ番組等で縦縞選手が出演している番組を楽しまれているのではo(^-^)o

皆々様はどのようなお正月をお過ごしでしょうか?

今年の小生の目標はまた新たな球場に応援に行くことです!ターゲットは北陸シリーズかなo(^-^)o
初詣でしっかり祈願してまいりました(*^-^)b

どうか2008年は皆様にとって素晴らしい年でありますように!

そしてもちろん我らが阪神タイガースの優勝!日本一奪回を祈願して(^O^)/

合い言葉は

”勝っても負けてもタイガースが好きやねん”

画像:頑張れ阪神タイガース

撮影:アナフレ猛虎会『甲子園球場の同志☆』

撮影日:07年7月16日

場所:阪神甲子園球場

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:30 | comments(1) | trackbacks(0) |
▼ ようこそ阪神タイガースへ
[ その他 ]

”未来の猛虎戦士が集結”

今年の新人選手選択会議(ドラフト会議)で指名した合計7選手の新入団選手発表会が大阪市内のホテルでおこなわれました。

7選手のプロフィールが公式サイトにのってました。↓↓↓

・白仁田 寛和(しらにたひろかず)
生年月日:1985.10.2(22歳)
守備位置:投手
投打:右投右打
身長・体重:187cm80kg
経歴:糸島高校−福岡大学
背番号:47

・石川 俊介(いしかわ しゅんすけ)
生年月日:1985.8.12(22歳)
守備位置:投手
投打:右投右打
身長・体重:184cm82kg
経歴:葛生高校−上武大学
背番号:48

・黒田 祐輔(くろだ ゆうすけ)
生年月日:1986.5.1(21歳)
守備位置:投手
投打:右投右打
身長・体重:190cm85kg
経歴:静岡高校−シャンソン化粧品
背番号:59

・濱 卓也(たかはま たくや)
生年月日:1989.7.6(18歳)
守備位置:内野手
投打:右投左打
身長・体重:183cm77kg
経歴:横浜高校
背番号:36

・森田 一成(もりた いっせい)
生年月日:1989.8.4(18歳)
守備位置:内野手
投打:右投左打
身長・体重:185cm88kg
経歴:関西高校
背番号:64

・清原 大貴(きよはら だいき)
生年月日:1989.6.11(18歳)
守備位置:投手
投打:右投右打
身長・体重:180cm75kg
経歴:常総学院高校
背番号:65


・田中 慎太朗(たなか しんたろう)
生年月日: 1985.5.15(22歳)
守備位置:内野手
投打:右投右打
身長・体重:181cm82kg
経歴:崇徳高校−立正大学
背番号:120

さてさて、アナフレ猛虎会の皆々様のいち押し選手は誰ですかなo(^-^)o

参考文献:阪神タイガース公式サイト

画像:阪神甲子園球場

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:07年7月16日


☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:58 | comments(0) | trackbacks(2) |
▼ 訃報です
[ その他 ]

”鬼軍曹逝く”

阪神タイガースの島野育夫総合特命コーチが15日午後、胃がんのため西宮市内の病院で死去されました。
夏場から体調を崩し、入退院を繰り返していたため、今季限りで現場を離れ、来季は球団アドバイザーとして優勝奪回をアシストする役目を任されていたやさきの訃報は残念でなりません。
故人といえば、星野仙一・現日本代表監督にとってなくてはならない存在でした。
阪神監督時代も氏をサポートし続け、03年の優勝に貢献!
誰もが認める「名参謀」でした。

星野氏の中日ドラゴンズ監督から縦縞までの13年間の指揮官生活で、必ず氏の横にいた故人。
名参謀は名古屋では単身赴任生活。星野氏は自宅に招き、故扶沙子夫人が手料理を振舞った際に、夫人は故人の帰宅時にこう言ったそうです。「主人をよろしくお願いします」。それが“遺言”だったとのエピソードはあまりにも有名です。

中日ドラゴンズ監督として最後の優勝となった99年のナゴヤドームでの胴上げの際、夫人の遺影を抱いていたのが故人であったと記憶します。

岡田はんが就任後もお目付役としてそこに立っているだけで怖さを感じた鬼軍曹の魂は、いつまでも闘将と猛虎ナインの魂に生き続けるに違いありません。
そして、日本代表チームは、必ずや故人の夢見た北京の地で金メダルを獲得してくれることでしょう!

つつしんでご冥福をお祈りいたします。


アナフレ猛虎会『桧山を信じろ』さんからの悲しみのコメントを頂戴いたしました↓↓↓元阪神のヘッドコーチの島野育夫さんが昨日、胃がんの為、死去されました。享年63歳でした。偲んでご冥福をお祈りを致します。↑↑↑

画像:紅葉

撮影:『濱ちゃん気になる』

頑張れ阪神タイガース


author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:46 | comments(0) | trackbacks(2) |
▼ アナフレ猛虎会ニュース
[ その他 ]

”応援団長!トークショーに出陣(^O^)/”
本日15日未明、我等が応援団長がトークショーに参加されました(^-^)/↓↓↓
一発ぶちぬけ〜嵐を呼んで〜
坪井のトークショーで会社をさぼりました。プライベートでハワイに行ってたって言ってたけど、健太郎は自主トレって言ってたよなー。コラコラ、健チャンちゃんとトレーニングしてたのかなー?
↑↑↑
ありがとうございます。気になりますね〜猛虎ナインのオフの過ごし方がo(^-^)o

”ようこそ阪神タイガースへ”

阪神タイガースは新外国人選手として、ルー・フォード外野手(31)の獲得を発表しました。
背番号は55番です!
フォード選手は今季、米大リーグのツインズでプレーして、打率2割3分3厘、3本塁打。
球団社長曰わく、パンチ力もあるので、20本塁打以上期待できるとの太鼓判!
楽しみですねo(^-^)o

公式サイトにコメントが掲載されてました↓↓↓
■契約が完了し、興奮しています。阪神タイガースは優勝争いのできるチームであり、多くのファンからのサポートがあるチームだと聞いています。そのファンに囲まれた甲子園球場で、自分の持っている全てを発揮し、優勝に貢献したいと思います。僕のハッスルプレーを楽しみにしておいて下さい。↑↑↑
■ルー・フォード選手プロフィール
選手名:ルー・フォード(Jon Lewis Ford)

生年月日:1976年8月12日

出身地:テキサス州ポートネチェス

守備位置:外野手

投打:右投右打

身長体重:183cm、91kg

出身校:ダラス・バプティスト大学

本人のコメントにもありましたが、大変陽気で、ハッスルプレーも連発するとかo(^-^)o
ヤクルトのラミレス選手のようなパンチ力のある活躍を期待しましょう(^O^)/
2008年のニュー虎ゴジラに熱い熱視線を贈ろうではありませんか!

リポーター:アナフレ猛虎会『応援団長☆』

参考文献:阪神タイガース公式サイト

画像:坪井 智哉内野手

撮影:アナフレ猛虎会『応援団長☆』

撮影日:07年12月15日

場所:札幌

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ ようこそ阪神タイガースへ
[ その他 ]

”新縦縞戦士に期待する”

先月26日にトレードによる入団が決定した、平野恵一選手、阿部健太選手の入団記者会見が本日おこなわれました。

なお平野選手の背番号は5、阿
部選手の背番号は56に決定です。
■平野選手のプロフィール
氏名:平野 恵一
28歳

[プロ年数 6年]

生年月日:1979.4.7

出身地:神奈川県

投打:右投左打
身長体重:169cm65kg

球歴:桐蔭学園高→東海大(2001年度自由枠)〜オリックス(2002〜2007年)〜阪神(2008年)

■阿部選手のプロフィール
氏名:阿部 健太
23歳

[プロ年数 5年]

生年月日:1984.9.8

出身地:愛媛県
投打:右投左打
身長体重:184cm76kg

球歴:松山商高(2002年度ドラフト4位)〜近鉄(2003〜2004年)〜オリックス
(2005〜2007年)〜阪神(2008年)

今年の交流戦で阪神戦は4試合ありましたが、二人の活躍はみることができませんでした。
皆々様の情報は如何様でo(^-^)o
二人の入団会見コメントが公式サイトに載ってましたので以下抜粋です↓↓↓
■平野選手
自分のスタイル、自分のプレーをしっかりすればいいと思っています。
足を生かしたプレーといいますか、守備範囲もそうですし、どんどん塁をかきまわしたい。あとは気持ちですね。
素晴らしい選手がいっぱいいるががんばりたい。
■阿部選手
規定投球回数にいく投手がいないということですし、自分でも先発タイプと思っているので、しっかりと結果を残せるようにしたい。感覚的なものではいいものになってきていると思うので、心機一転がんばりたい。
甲子園の大観衆の中でしっかりと投げられるように。熱い声援に応えられるようにがんばります。↑↑↑

小生の第一印象は平野選手はモンキー藤本の強烈なライバルになりそうですね〜守備範囲の広さと俊足は定評があります。
阿部投手はどうやらまだまた未完成の大型右腕!近鉄時代に現久保チーフバッテリーコーチに才能を見抜かれた点から、移籍後の再指導で開眼ができるか!

いずれにしても楽しみな新縦縞戦士を歓迎しようではありませんかo(^-^)o

参考文献:阪神タイガース公式サイト

画像:トラッキー

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:07年9月9日

場所:東京ドーム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:34 | comments(0) | trackbacks(2) |
▼ 頑張れ星野ジャパン
[ その他 ]

”北京五輪アジア予選日本代表最終メンバー発表”

本日、星野仙一オーナー付シニアディレクターが監督を務める北京オリンピック野球日本代表のアジア予選最終登録選手24名が発表され、阪神タイガースからは火の玉球児
君、矢野はんのアジア予選参加が決まりました(^-^)/

日本の初戦は、明日の対フィリピン戦です。

日の丸を背負った代表メンバーチームの活躍を期待しませう!
やはり、日本野球の強さをアジアの地で見せつけて欲しいもんですo(^-^)o

さらになんとビックリニュースが!
野球日本代表の公認応援団に阪神の私設応援団が選ばれました!

本日台湾へ乗り込み、12月1日のアジア予選決勝リーグ初戦フィリピン戦から星野ジャパンをサポートします。

思わず嬉しくなりました!
これには日本代表の星野仙一監督も感謝感激のようで、目を細めながらも気を引き締めていたそうです!

NPBが初めて日本代表の応援団を公認(^-^)/
その初の日本代表応援団に選ばれたのが我らが阪神タイガース私設応援団(^-^)/
一行は総勢10人で台湾にのりこみ、スタンドの応援をリードするそうです!

なにやら応援マーチの選曲は流行歌は避け、だれもが知っている童謡や唱歌ばかりとかo(^-^)o
「手のひらを太陽に」

「さくら さくら」

「ふじの山」

「南の島のハメハメハ大王」

「アイアイ」

そしてチャンスが到来したら
「村祭」だとか!

想像しただけでも笑ってしまいそうですね(^-^)/

星野ジャパンを強力援護する10名の応援団にエールを送ろうではありませんか(^-^)/

さて代表メンバーに選ばれた矢野はんと球児君!
やはりアジアの夜空?に”あと一球”コールを響かせて、勝利のハイタッチはこのお二人のツーショットといきたいですねo(^-^)o

球児君の火の玉伝説が世界の檜舞台で唸りますo(^-^)o


参考文献:日刊スポーツ

画像:阪神タイガース私設応援団

撮影:アナフレ猛虎会『広報部長☆』

撮影日:06年4月23日

場所:東京ドーム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:54 | comments(1) | trackbacks(2) |
▼ 猛虎かく勝てり110
[ その他 ]

”来季の補強から目が離せない”

連日報道されるタイガースの来季の補強のニュースから目が離せない!
JFKの一角のピョン吉ジェフ君は60試合に登板し、防御率0・96。最高の成績を挙げシーズン終了直後の10月中旬に早々と残留が決定!契約更新が決まった。

来日1年目で今季7勝を挙げた足長ボギー君は去就が定まっていませんでしたが、残留の方向で11月中にも正式に通達される見通しになったとか。
また、中継ぎを中心に活躍したダーウィン君も残留が濃厚と急展開の方向になりそうですね。
そして野手の助っ人補強に関しては、広島から新井内野手が確定(^-^)/

そして最後はFAで獲得表明している中日福留選手の動向によって、大きく変ってくるはずです。現時点ではクリーンアップを打てる外国人外野手をリストアップして、調査を継続。福留選手獲得が失敗に終わればスラッガー獲りに方針転換することが予想されます。

さて今夜はすかさずそんな来季のオーダー予想を早速コメントしていただきました。アナフレ猛虎会初登場は『桧山を信じろ!☆』さんですo(^-^)o↓↓↓

2008年タイガースカレンダーをを購入しました。そちらは購入しましたか? 中身を見たら濱中が載ってました。
ここで私的に来年の戦力分析しました。

一番 8 赤星
二番 6 鳥谷
三番 7 金本
四番 5 新井
五番 3 新外国人
六番 9 林 (桜井)
七番 2 矢野
八番 4 関本 (藤本)
九番 1 投手

と言う所です。新外国人は西武のカブレラか大リーグのマリナーズのセクソンを入れて欲しい所です。
後、投手陣は久保田と江草を先発転向して、大リーグの大家を入れて欲しい所です。
と言った所でどうですか?↑↑↑

有難うございます。早速新井選手を四番にして、福留選手は構想外で新外国人をクリーンナップに添えるところなんか流石ですね〜o(^-^)o
またコメント宜しくお願いいたします。

リポーター:アナフレ猛虎会『桧山を信じろ!☆』

画像:2008年阪神タイガースカレンダー

撮影:アナフレ猛虎会『桧山を信じろ!☆』

撮影日:07年11月25日

場所:虎キチの部屋

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 訃報です
[ その他 ]


”鉄腕が逝った”

鉄腕稲尾和久さん急死の突然の悲報がはいりました。
元西鉄ライオンズの投手で、同球団や太平洋クラブ、ロッテの監督を務めた稲尾和久氏が13日悪性腫瘍のため福岡市内の病院で死去されました。享年70歳

現役時代の活躍は、まさに伝説そのものです!西鉄に入団した56年ルーキーイヤーで21勝、防御率1・06で新人王に輝くと、その年から3年連続日本一に貢献。あのかの有名な58年の日本シリーズでは巨人に3連敗しながら、稲尾氏の4連投で4連勝。奇跡の逆転日本一の主役を演じ「神様、仏様、稲尾様」と呼ばれました。57年から3年連続30勝以上などの大記録を打ち立て、連投して勝利する姿は、まさに「鉄腕」そのものでした。69年引退後は、西鉄、太平洋の監督を務め、78年から中日の投手コーチ、84年から3年間はロッテの監督も務めた。ユニホームを脱いでからは、評論家として野球界の発展に寄与。93年には野球殿堂入りを果たし、名球会の会長代行も務めるなど、精力的に活動を行っていました。

神様と呼ばれた全盛期は小生のまだ生前です。昨今の氏の印象は、オールスター特集番組でのインタビューです。全盛期に出場した稲尾氏は、ON率いるセ・リーグの強打者には一度も本気で投げた事はなかったと語っていました。氏の敵はセ・リーグのバッターではなく、パ・リーグの捕手で氏のボールを受ける野村さん(南海)が敵だったと。つまり、野村捕手はどんな球を投げるのかといろんな球種を要求したが、稲尾投手は球質を見抜かれるのを嫌い、真っ直ぐしか投げなかったと!

観戦だけでは想像できない勝負の世界を教えていただいた一言がいまだに忘れられません。

今年10月2日、大分・別府市に「稲尾記念館」が開館。記念館が入っている別府市民球場の落成式に出席し、元気な姿を見せていた稲尾氏。
記念館には寄贈のユニホームや表彰盾などが展示され、自らの投球フォームのブロンズ像を笑顔で除幕されたとか。
鉄腕「神様、仏様、稲尾様」

ご冥福をお祈りいたします。

画像:夕日

場所:多摩川中流域

頑張れ阪神タイガース

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 拝啓
[ その他 ]


”アナフレ猛虎会の皆々様”

あらためまして2007年のシーズンは終わりました。猛虎ナインは22日まで休んで23日から鳴尾浜で練習再開。
そのあとは秋季キャンプで安芸に向かいます。
敗者に休息はありません。

一夜あけてここぞとばかりにマスコミが騒ぎはじめましたね。

誰々を戦力外…

コーチの解任…

大型補強候補…


勝負の世界は厳しく数字が厳然と現れてしまいます。

近年の虎は暗黒時代は古き歴史となり、常に優勝を求められる常勝チームになったからこそでしょう。
これも強いチームの宿命です。

さてそんな事を横目に、アナフレ猛虎会、不肖『頑張れ阪神タイガース☆』は性懲りもなくオフシーズンは今年も”猛虎かく勝てり”並びに”2007年阪神タイガース名勝負、名場面”シリーズを投稿させていただく所存でありますm(_ _)m

何分小生の曖昧な記憶などにより、誤情報なども多々お見せするお恥ずかしいケースもありえるやもしれませんが、その折りは遠慮なく叱責していただけること身に余る光栄であります。

今オフの”猛虎かく勝てり”につきましては、背番号の高い順に今シーズン一軍登録のあった選手を中心に活躍ぶりを振り返ることができたらと考えております。
また今年も私達に感動を与えてくれた名勝負名場面がたくさんありました。
小生の偏見で片寄る事なく、皆々様それぞれに感じた記憶に残る試合などをたくさん取り上げられたら幸いです。

又、日頃小生の駄ブロクにたくさんのコメントやトラバをいただいております虎ブロガーの皆々様!いつも本当に有難うございます。これを機に折を見てコメントなどでお伺いさせていただく事もお許しください。

又携帯サイトau one GREEの虎党の皆様!いつもコメント有難うございます。

最後にアナフレ猛虎会発祥となったコミュニティーサイトのANAフレンドパークが年内で新コミュニティーサイトにバージョンアップとなり、日記の投稿機能は無くなる?ようですね。思えば2004年の6月1日から不振に喘ぐ岡田阪神一年目の小生の独り言を書き始めた駄日記からがスタートでした。

フレパの方がたもたくさんのコメントをいただき本当に有難うございました。
年末31日まで欠かさず投稿をさせていただきます。

何卒今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

最後に、歴史に残るクライマックス第一ステージにて完敗という屈辱と共に、再び2008年度日本一奪還に向けて再スタートを切れる!このような機会を与えてくれる野球の神様に感謝します。

我等が阪神タイガースに栄光あれ(^O^)/

画像:頑張れ阪神タイガース☆

撮影:球場で知り合った同志

撮影日:07年7月10日

場所:東京ドーム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:58 | comments(0) | trackbacks(1) |
▼ 虎(^-^)/74勝66敗4分け
[ その他 ]

■2007/10/3 試合結果

対ヤクルト 24回戦 神宮

神|012 000 000|3
ヤ|000 000 000|0

勝:上園8勝5敗0
S:藤川5勝5敗46S
敗:グライシンガー16勝8敗0S
HR:今岡ソロ4号
神:上園-久保田-藤川
ヤ:グライシンガー-木田-館山


――――――

”代打オレ軍団に勝ち納め”

今年も遂にこの日を迎えました。2007年セ・リーグペナントレース最終戦!
不肖『頑張れ阪神タイガース☆』神宮球場に行って参りました(^O^)/
猛虎打線は2回に天才今岡君の第4号ホームランで先制し、続く3回にはキン肉マン桜井君がタイムリーツーベースを放ち2点を追加します。
投げてはミスタールーキー上園君が7回を4安打無失点に抑え、タフネス久保田-火の玉球児と繋ぎ完封リレーで今季最終戦を白星で飾りました。ルーキー上園君は8勝目を上げ、新人王に大きく前進(^-^)/
そして球児君は46セーブを上げてシーズン最多セーブのプロ野球記録に並ぶ快挙を成し遂げました。

昨年の最終戦も神宮に観戦しましたがその日は井川君の奪三振ショーでした。1年は本当に早いですね!
今夜はルーキー上園君の新人賞をかけた好投!
90試合目の登板のタフネス久保田君!
火の玉球児君の最多セーブと見せ場がたくさんありましたが、今夜一番神宮を盛り上げたのはこの人でしたね〜”代打オレ”古田敦也選手兼監督です。
神宮を埋め尽くした虎党からも惜しみない拍手と古田コールが起きて、感動のフィナーレとなりました。敵将に敬意を表して(^^ゞ
さて、まだまだ打線は調子が上がらない猛虎!一先ずペナントレース全試合終了お疲れ様でした。
13日からのクライマックスに向けての10日間が、猛虎にとって吉と出るか?凶とでるか?
小生は今の虎に一番必要なのは休養だと思います。短い期間ですが、故障者は傷を癒やして万全な状態にどこまで戻してグラウンドに帰ってこれるか!

猛虎は死なず!
暴れまくってくれる事を信じて!

画像:古田敦也選手兼監督

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:07年10月3日

場所:明治神宮球場

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:15 | comments(0) | trackbacks(5) |
▼ 虎(^_^;)73勝66敗4分け
[ その他 ]

■2007/10/2 試合結果

対横浜 24回戦 横浜

神|000 000 000|0
横|130 001 00x|5

勝:高崎1勝1敗0S
敗:安藤2勝3敗0S
HR:金城ソロ14号
神:安藤-橋本健-筒井-ダーウィン
横:高崎-横山-マットホワイト


――――――

”宿敵を天国から突き落とせ”

早いもので今シーズンもあと2試合を残すのみとなりました。
虎の先発は安藤組長です。
初回に先制タイムリーを許し、2回には横浜の連打に味方のエラーも絡み3失点、これで3連敗とクライマックスにむけて不安が残る結果となりました。

6回には2番手ノッポの橋健が金城選手にソロホームランを打たれて点差は5点に広がります。
追う阪神は横浜先発のルーキー高崎投手を打ち崩せず、影武者野口の2安打のみに抑えられて負けました。今日は完敗です(^_^;)

そして今夜は宿敵巨人が5-4でヤクルトを下し5年ぶりのセ・リーグ優勝を決めました。

また、虎が本日敗れたため、中日の2位、阪神の3位が確定、上位3チームが日本シリーズ出場権を争うクライマックスシリーズの組み合わせが決まり、2位中日3位阪神が対戦する第1ステージ(3試合制)は13日からナゴヤドームで行われます。
今夜も心なしか元気がなかったタイガース!
このクライマックスシリーズにて、もう一度牙を剥いて兎さんと竜さんを谷底に突き落とすことができるか!
今後の猛虎の将来を見据えた戦いになるような胸騒ぎすら感じる小生です。

すんなり負けてしまうのか猛虎!

明日の神宮ラストゲームを不肖『頑張れ阪神タイガース☆』遅ればせながら観戦に行ってまいりますo(^-^)o
猛虎戦士の面構えをしかと見届けにね(*^-^)b

あらためまして
読売巨人軍の皆様、リーグ優勝おめでとうございます。

そしてまたクライマックスシリーズでお会いいたしませうo(^-^)o


画像:原 辰徳監督

撮影:アナフレ猛虎会『広報部長☆』

撮影日:06年7月1日

場所:東京ドーム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:08 | comments(0) | trackbacks(4) |
▼ 虎(^_^;)71勝62敗4分け
[ その他 ]

■2007/9/25 試合結果

対横浜 21回戦 横浜

神|100 000 011 0|3
横|002 100 000 1x|4

勝:川村3勝1敗0S
敗:藤川5勝5敗43S
HR:内川ツーラン7号/佐伯ソロ15号
神:下柳-ダーウィン-江草-久保田-藤川
横:吉見-木塚-マットホワイト-加藤-那須野-クルーン-川村

――――――

”残り7試合を全て勝て”

1週間前は首位にたち、俄然有利であったタイガースが、一挙に谷間へ突き落とされた。そんなまさかの5連敗となった猛虎!
連敗ストッパーのマウンドは髭武者下柳です!
初回兄貴金本のタイムリーで先制するも、好調ベイ打線に二本のホームランで逆転を許します。

1点ビハインドで迎えた9回表、良妻矢野はんが2塁打で口火を切り、制球の定まらないクルーン投手から二つのフォアボールを奪い、無死満塁のチャンスに鳥人鳥谷君の犠牲フライで同点に追い付き、試合は延長戦に突入します。
しかし9回から2イニングス目の火の玉球児君が吉村選手にサヨナラタイムリーを打たれ、敗れました(^_^;)

ここにきて、1勝がここまで遠いものかと悔しさでいっぱいですね!選手が一番悔しいでしょう。
残り7試合を全勝で、1位通過を考えず、クライマックスシリーズに向けての戦いを考えて、チームの立て直しを考えていくしかありません。
とにかく打線が点をとらない限り勝てまへんなo(^-^)o

球児君にとって生涯忘れられない2試合となりました。小生足早にベンチの奥に引き上げた彼の背中を見て、思わずあの虎が生んだ大投手!江夏豊氏を思い出しました。
シーズン最多脱三振401個を樹立するも、最後は疲労がピークに達して巨人に滅多打ちにあったシーンを!

だが、球児君!勝つときもあれば負ける時もある。誰もが辿ってきたストッパーの宿命であり、まだまだ今シーズンだけでなく、あと何年も我ら虎党の”あと一人コール”を背中で受けて欲しいからこそ、ここは歯を食いしばってもらいたい。

明日も我々は背番号22にエールを送ります!
”あと一人!あと一球!”

画像:阪神甲子園球場

撮影:アナフレ猛虎会『広報部長☆』

撮影日:06年9月29日

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:23 | comments(0) | trackbacks(6) |
▼ 猛虎かく勝てり93
[ その他 ]

”横浜を突き放し浮上せよ”

明日からは甲子園球場でのベイさんとの三連戦。不肖頑張れ阪神タイガースはこのベイ戦を勝機とみて、なりふり構わず岡田はんには勝ちにいってもらいたい事を声を大に主張いたします。先発投手から中継ぎ〜JFK〜桧舞台桧山〜不死鳥濱ちゃんなどの代打陣などなど、このカードでベイさんを一気に突き放すチャンスがやってきましたo(^-^)o
しかし敵も必死です。つい先日首位巨人との乱打戦を制して勝ち越しを決めるなど、打戦は好調!ましてやクライマックスをかけて、明日からはエース三浦投手、寺原投手、工藤投手などの表ローテを当てての対戦が予想されます。

一方の兎さんと竜さんは首位攻防戦!どちらが勝とうが虎がベイさんに負けなければ両チームの尻尾を完全に捕まえたも同然ですo(^-^)o
そしてベイさんとのカードが終わると、東京ドームで兎さんとの直接対決!絶対に倒さねばならない内海投手との勝負が予想されます。

虎の投手陣は昨日までに安藤組長!髭武者下柳、足長ボギー、お杉、上園、能見、ダーウィンという先発陣でしたが、試合はすべて4失点以内に抑えている内容からみても、安定感が出てきてきています。
打戦は林君の故障が心配ですが、我等が桧舞台桧山君が調子を上げて、兄貴金本が敬遠されても、キン肉マン桜井君が日に日に打席で凄みを感じて、不死鳥濱ちゃんやボヘミアン葛城君プラス、高橋光君も代打争いに参戦!

今年は鳴尾浜で真っ黒に日焼けした縦縞戦士の甲子園初お立ち台が多いのも特徴であり、選手層の厚みが何より強さの秘密と言えるでしょう。

最後に、虎の絶対的な強さはやはりJFKです。そういう意味では彼等のお立ち台は少なすぎるのではと思います!小生の駄ブログ画像に載る回数も少ないですしねo(^-^)o

今夜はとりとめない投稿でまとまりがありませんことお詫びいたします。

画像:あと一球コールのオレンジシート


撮影:アナフレ猛虎会『広報部長☆』

撮影日:06年9月29日

場所:阪神甲子園球場

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ



author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 猛虎かく勝てり88
[ その他 ]


”若虎よ!巨人を叩け”

アナフレ猛虎会の皆々様!いよいよ我等が阪神タイガースが首位巨人を叩く時がやってまいりました(^-^)/

G雪崩式投壊でローテ再編緊急検討も出始め、浮き足立ったチームを一気に叩いて失速させようではありませんか(^O^)/

今季初の3連敗。リーグ戦再開の6月29日の広島戦以降、3勝5敗。8試合の総失点は「57」。
この日先発した高橋尚投手に内海投手、金刃投手を加えた自慢の『左腕トリオ』が今季初めて、そろって黒星を並べてます。先発候補だった野間口投手が打ち込まれ、福田投手の一軍昇格などローテ再編が緊急検討されて、まさに巨人投手陣は正念場を迎えています。

さてさて我等がタイガース投手陣はといいますと(^-^)/上園君、若竹君に続く若トラ投手第3弾が出撃態勢というホットなニュースも飛び込んでまいりました(^-^)/
その名も2年目左腕、岩田 稔投手です。
球宴まで中日、巨人と交互に対決する厳しい戦いが続くタイガース。10日からの巨人3連戦には、中5日で福原隊長、若竹君が先発予定ですが、13日からの中日3連戦を考えると、3戦目となる12日の先発が足りなくなります。絶好調の高橋由選手、小笠原選手、阿部選手、李選手と左の強打者がそろう兎さんだけに、できれば左腕の先発を立てたいところに、7日のウエスタン・リーグ、ソフトバンク戦に2番手で登板し、3回1安打無失点と好投した岩田君に白羽の矢がたちました(^O^)/
オフの自主トレは、ヤンキースに移籍した井川君と合同で体を鍛え上げ、今季2軍では13試合に登板し0勝1敗、防御率5・04と数字だけ見れば不安でありますが、不肖『頑張れ阪神タイガース☆』は、上園君や若竹君しかり、なによりも若虎達の恐れを知らないハートに期待をしたいですね(^O^)/
結果はどうあれ、マウンドで堂々と自分の一番自信のあるボールを矢野はんや野口の旦那のミット目掛けて思い切って投げ込んでもらいたいもんです(^O^)/

明日は東京ドームに小生も出陣です(^O^)/
若虎よ!巨人を叩け!イザ(*^-^)b

画像:東京ドーム

撮影:アナフレ猛虎会『広報部長☆』

撮影日:06年4月23日

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 2007年交流戦を終えて
[ その他 ]


”得失点差が顕著な交流戦結果”

三年目となったセパ交流戦!昨日で猛虎は全日程を終了した。

虎の交流戦の成績は10位です

試合数 24
勝数 9
敗数 14
引分数 1
勝率 .391
勝差 1.5
得点 64
失点 100
本塁打 15
盗塁 8
打率 .232
防御率 3.92

数字をみれば歴然であり、首位日ハムさんには4連敗あり、借金3で突入するも、結果借金8に膨らむ等、虎党にとっては寂しい限りでしたね(^_^;)

優勝チームの日ハムさんの数字を比べると、なるほどと唸るような数字があります。

試合数 23
勝数 18
敗数 4
引分数 1
勝率 .818
勝差 -
得点 93=3位
失点 51=1位
本塁打 17=6位
盗塁 20=1位
打率 .260=5位
防御率 2.06=1位

2007年6月24日現在の成績ですが、各末尾にリーグ順位を追記しました。大きな連勝ありと素晴らしい成績でしたね。
そして特筆すべきはチーム防御率です。2.06とダントツ!虎の防御率が3.92で失点が100に対して約半分の51失点!チーム打率や本塁打数が5位6位なので、やはり点を取られないチームは強いということになります!
盗塁数も1位という点も見逃せません!

しかし、そんな猛虎も後半には、32イニング無失点記録等、投手陣が安定しつつあること。上園君や桜井君、庄田君、藤原君等が一軍での経験を積んで徐々に戦力になりつつあること等(^O^)/明るい話題もたくさん出てきました事が小生にとりましても毎日の試合展開にワクワクドキドキですねo(^-^)o
このまま虎が浮上しないわけはありません。
JFKという絶対的なリリーフ陣を構えて、後半戦のように先発投手陣が安定してくれば、貧打戦は時間が解決してくれるのではないでしょうかo(^-^)o
小生の全く根拠のない楽観的な見解をお許しくだされ(*^-^)b

今夜の画像はフルキャストスタジアムでファンクラブプレゼントで見事当たりくじを引いて交流戦虎キャップ2007をゲット(*^-^)bしました!アナフレ猛虎会『杜の都の虎姫☆』さんより頂戴いたしましたo(^-^)o
今年は当たり年ですぞ〜おめでとうございます
o(^-^)o

画像:交流戦虎キャップ2007

撮影:アナフレ猛虎会『杜の都の虎姫☆』

撮影日:07年6月5日

場所:フルキャストスタジアム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:07 | comments(1) | trackbacks(0) |
▼ 虎(^_^;)交流戦5勝9敗
[ その他 ]

■2007/6/9 試合結果

対オリックス 4回戦 甲子園

オ|101 001 100|4
神|010 000 000|1

勝:ユウキ3勝0敗0S
S:加藤大2勝3敗7S
敗:福原1勝5敗0S
オ:ユウキ-吉田-岸田-加藤大
神:福原-ダーウィン-ウィリアムス-渡辺-太陽


――――――

”打線が機能しなければ点ははいらない”

昨日サヨナラ勝ちで迎えたオリックス4回戦、阪神先発は福原隊長とオリックスはユウキ投手の先発で始まりました。

初回に1点を先制されましたが、2回に天才今岡君と鳥人鳥谷君の連打で追いつきます。
しかし今日の見せ場はここだけになるとは(^_^;)

福原隊長は直後の3回に突き放されます。結局5回2失点で降板。悔しい5敗目を喫しました(^_^;)

猛虎打線は4・6回と得点圏にランナーを置きますがタイムリー欠乏症が再発!
終わってみれば、14三振の拙攻で1点しか奪えず、4-1で完敗です(^_^;)
しかしほんまにどうしてしまったのか!兄貴金本と今岡君がチャンスメイクで塁に出るのではなく、彼等は本来走者を一掃して打点をあげるようになりませんと、点がはいりませんな(^_^;)
この日もオリックスユウキ投手の切れのあるボールに沈黙!
一方の福原隊長もまだまだ万全ではなさそうですね。昨年はほんまに矢野はんのミットを心地良く鳴らしていたのが思いだされますが、本日も狩野君のミットからは心地良い音が聴かれませんでしたね。
鳥谷君ナイスバッティング!今年はもっとホームランも打ってね(^O^)/
お帰りジェフ!長期離脱でなかったのは唯一の朗報です!

本日は愚痴っぽくなりましたが、元気がないよな猛虎ナイン!もっともっと体全身がら闘志をみなぎらせたプレイを魅せてもらいたいですねo(^-^)o
今年はオリックスさんに負け越しました!
この借りは必ず来年お返しやな!明日からのソフトバンク戦は、たくさん点を取って勝ち越しましょうやo(^-^)o

画像:阪神甲子園球場

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:06年9月29日

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:34 | comments(0) | trackbacks(7) |
▼ 猛虎かく勝てり81
[ その他 ]

”07年交流戦前半を終えて”
早いもので明日から甲子園で交流戦の後半戦がはじまります。

相変わらず苦しい戦いが続くタイガースはここまでで4勝8敗!リーグ成績も5位に転落して一向に浮上の兆しがなく、ヤキモキしているのが虎党の本音ですね。
ここまでの交流戦リーグ別勝敗は、パが41勝27敗1分とセを圧倒!『実力のパ』の本領発揮という前半戦でした。中でも絶好調の日ハムさん!チーム防御率1.82の投手陣は圧巻です。
2位がロッテ、3位オリックス、
4位楽天で5位に巨人という順位となり、虎は8位です(^_^;)

さて、昨日の楽天ゴールデンイーグルスの試合に大敗したタイガース!
率直な小生の感想を述べますれば、楽天田中投手、吉田投手の継投の前に11安打を放ちながら1点しか奪えなかった猛虎打線。
9イニングのうち、7度まで先頭打者が塁に出たにも関わらず得点に結びついたのは6回の1度だけ。
タイムリー欠乏症は深刻です!

がしかし、チャンスに全部タイムリーが出ればいいのですが、そうは問屋が卸さないのが野球と考えれば、最低限走者を進めるためにはどうするのか?そんなプレーを一つ一つ徹底してほしいという事です。

2試合連続2ケタ安打と打撃そのものの調子は上がってきた猛虎打線。すべて投手に打ち勝とうとするのでなく、三塁へ進めて内野ゴロでも得点できる野球。そういう泥臭い野球を初回から続けて、1点づつでも積み重ねていけば9得点できるという試合巧者になれば、活路は開けるのではないでしょうか(^-^)/

岡田はんは最近よく打順を変えますね〜それも確かに作戦の一つでありますから否定はしませんが、やはり各打者が打席に立った時に、状況に応じて最低限の仕事をさせて、少しでもランナーを三塁へ進めて、凡打でも確実に1点を積み重ねていく野球!そんな試合を今後は期待したいものですo(^-^)o

故障者も出て苦しい台所事情はファンは誰もが知ってるぜい(^O^)/だからこそ応援にも力が入るんですよ(^O^)/

余談ですが、フルキャストスタジアムはトランペットが使用できない応援でしたが、親愛なる虎党は例え音程がバラバラでも、皆で声を合わせて選手に届けという熱い思いがかえって感じられて、それもまた楽しい観戦になりました(^O^)/
岡田はん!明日から又ファイトやで(^O^)/

画像:フルキャストスタジアムライトスタンド

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:07年6月5日

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:41 | comments(0) | trackbacks(1) |
▼ 虎(^_^;)4勝8敗
[ その他 ]

■2007/6/6 試合結果

対楽天 2回戦 フルスタ宮城

神|000 001 000|1
楽|204 200 03x|11

勝:田中3勝2敗0S
敗:中村泰2勝1敗0S
HR:山崎武ツーラン22号
神:中村泰-渡辺-太陽-桟原-筒井
楽:田中-吉田

――――――

”未来のエースと野村再生工場に完敗”
杜の都決戦第二ラウンドは、注目の楽天ルーキー田中投手との対決となりましたが、ものの見事に田中投手に軍配が上がりました(^_^;)。
虎の先発中村泰君は初回に失点を重ね、3回途中で降板(^_^;)
本日の野村楽天の中村泰君の攻略法は『甘いコースに入るスライダーを狙え』でした!

中日とオリックスを追われながらも見事に先月の月間MVPに返りざいた山崎選手に、スライダーの打ち方のお手本のようなバッティングをされましたな!天晴れでしょう!プロ入り初ホームランを浴びた泰君の動揺は大きかったですね!出直しやで泰君o(^-^)o

さて、先日の六大学野球で神宮球場を満員にした斎藤投手もさながら、本日の田中投手!
小生高校野球は見ないので改めて今夜の田中投手の投球をみましたが、いやはやほんまに将来が楽しみな青年ですね〜(^-^)/とにかくハートが何よりも素晴らしい!兄貴に怯まず真っ直ぐ勝負は大したもんだぜカエルの何とかでしたo(^-^)o

猛虎打線の11安打13残塁も頭の痛いとこですが(^_^;)

さて、泰君のあとを受けたリリーフ陣も今夜は楽天打線を抑えられず、結局ヒット13本、11点の大量得点を許しての完敗f^_^;
最後はこれまた再生工場優等生の元阪神タイガースの吉田投手にも抑えられてゲームセット!
今日は完敗やったけど、甲子園に帰って出直しですね。

昨日と同様に本日もフルキャスト生観戦のアナフレ猛虎会『杜の都の虎姫☆』ご両人様本当にお疲れ様でした(^O^)/
でもフルキャストスタジアムの素晴らしさと集まった虎党達との観戦はヤッパリ堪えられませんでしたね(^O^)/またいずこの球場でお会いしましょうo(^-^)o

画像:アナフレ猛虎会『○○年同期会☆』

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:07年6月5日

場所:フルキャストスタジアム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:16 | comments(1) | trackbacks(7) |
▼ 虎(^_^;)交流戦4敗
[ その他 ]

■2007/5/27 試合結果

対ロッテ 1回戦 甲子園

ロ|340 000 025|14
神|010 001 001|3

勝:久保4勝3敗0S
敗:杉山2勝3敗0S
HR:林ソロ7号/里崎ソロ3号/ベニー ソロ3号
ロ:久保-川崎-藤田
神:杉山-渡辺-ダーウィン-中村泰-能見

――――――

”この屈辱をプレイで返せ!”

甲子園でロッテを迎えての戦いは、序盤に虎の先発お杉が崩れ大量失点を取られました(^_^;)加油!林君が母に捧げる7号ソロホームランで追い上げを見せましたが、後が続かず、中継ぎ陣がものの見事に打ち込まれての大敗(><;)

気のせいでしょうか〜交流戦新ユニフォームが見慣れない小生にはまるで別のチームがロッテと戦っている……そんな錯覚をおこしてしまうような大敗でしたね(^_^;)

切り替えます!
年に何回かはこのような試合があります。
しかし最終回に兄貴金本が死球を受け、痛みをこらえた姿に、眠っている猛虎魂が目覚めてくれることを期待します!

岡田はん!明日の試合でもし虎投手陣がロッテの四番打者に死球を与えるようでは今シーズンの虎の先行きは見えたもんですぞ!
受けた屈辱はプレイでお返ししてこそ真の王者の野球ですね!
死球を与えた藤田投手の帽子を取った誠意と、後続を1点に抑えた好投こそ今日のファインプレーでしょう。

本日の悔しい甲子園生観戦はアナフレ猛虎会『髭武者の独特に魅せられて☆fusaki』さんです。↓↓↓どれだけの点差があっても、虎は虎らしく試合終了まで闘志むき出しの姿を魅せて欲しいです。誰一人欠けることなく。私はどんな時も応援することを誓いますから。負け試合でもここに来てよかったと思える試合を魅せて貰いましょ。↑↑↑
有難うございますm(_ _)m
最後まで応援された貴殿の熱い声援は必ず明日の試合で猛虎が報いてくれることでしょう

加油!林君甲子園初観戦のお母さんの目の前で打ったホームランはナイスバッティング!勝ち星とお立ち台の贈り物は又あらためて(^O^)/

リポーター:アナフレ猛虎会『髭武者の独特に魅せられて☆fusaki』

画像:阪神甲子園球場

撮影:アナフレ猛虎会『髭武者の独特に魅せられて☆fusaki』

撮影日:07年4月25日

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:41 | comments(0) | trackbacks(10) |
▼ 虎(^_^;)交流戦3敗
[ その他 ]

■2007/5/26 試合結果

対オリックス 2回戦 スカイマーク

神|000 000 000|0
オ|300 202 00x|7

勝:平野佳3勝4敗0S
敗:ジャン3勝3敗0S
HR:ラロッカ ツーラン16号
神:ジャン-能見-橋本健-渡辺-中村泰
オ:平野佳-高木-大久保

――――――

”完封負け試合を無駄にするな”

関西ダービーオリックスとの第二戦、虎の先発は汗かきジャン君でしたが、今日は残念ながらオリックスに攻略されました(^_^;)またまた悪い癖のボークが出て、久保コーチも大焦り!選手ならずコーチも罰金もんですな〜プロなんですからヾ( ´ー`)
一方の猛虎打線は立ち上がりにノーアウトでランナーを出すも併殺打でチャンスを潰し、その後も再三ランナーを出しましたが、後一本が出ずに先発平野投手を攻略できずの完封負け(^_^;)
まさかの連敗ですが、しかしこの敗戦こそ無駄にするなと主張いたします。

5回の加油林君の右中間フェンス直撃のツーベースヒットであの今岡君が1塁から本塁を突いたクロスプレー等は昨年には有り得ない好走塁ではo(^-^)o
平野投手からのオリックス3人の投手から計7安打を放つも完封負けしたのは何故かを……

本日の生観戦リポートはアナフレ猛虎会『球クン命☆』さんです↓↓↓なんと大差でオリックスに2連敗( ̄○ ̄;)です(((゜д゜;)))
いいお天気になって‥球児のユニフォーム着て張り切って応援しましたが…ぐすん(/_;)/~~
負けちゃいました

愛しの球児くんをマウンドで見るどころか 悲しいかな‥ブルペンでの投球すら見れなかったです
いつだって残塁(-_-#)

投手陣の援護を打線で乗り越えないといけないのに気迫が全く感じられなかったです本当にどうして!?
タイガースはいつになったらあの強さを私たちファンに見せてくれるのでしょうか

ずっと待っています

ずっとずっと…
↑↑↑

お疲れ様でしたo(^-^)oほんまに最高の観戦日和だったのに残念でしたね〜次回は必ずや球児君の勇姿にお目にかかれるといいですね!

明日は甲子園ですo(^-^)o

リポーター:アナフレ猛虎会『球クン命☆』

画像:スカイマークスタジアム

撮影:アナフレ猛虎会『球クン命☆』

撮影日:07年5月26日

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:38 | comments(0) | trackbacks(7) |
▼ 07年交流戦に向けて(*^-^)b
[ その他 ]

”交流戦が優勝の明暗を分ける”

思わぬ連敗と苦戦をしいられた悪夢のゴールデンウィーク(^_^;)から徐々にチーム力を上げてきた我等が阪神タイガース!

明日からは三年目となる交流戦ですねo(^-^)o

今夜も東西のアナフレ猛虎会の虎党から交流戦に向けてのコメントを頂戴いたしました(^O^)/

先ずは『応援団長☆』です↓↓↓いよいよ明日から始まりますね〜o(^-^)o交流戦用のユニホームが楽しみです。お杉ややっさんの快投、林くんのバッチングも楽しみ〜(*^_^*)何よりあと10日くらいで札幌ドームにタイガースが来るんですよ〜〜\(^O^)/ドキドキ〜〜!GWは全敗でしたが交流戦は全勝でいきましょう!健チャン、交流戦終了後には打率.280になってるハズ(`´)↑↑↑偶然にも来月のフルキャストスタジアムでも応援団長と合流が判明いたしましたo(^-^)oライトスタンドにお邪魔いたしますですm(_ _)m

続いて『髭武者の独特に魅せられて☆fusaki』さんです↓↓↓
こんばんわ^0^
頑張れ阪神タイガースさん
ついこの前シーズンインしたと思ったらもう明日から交流戦ですね
交流戦に向けての ” fusakiの抱負 ”
此処までの戦いは借金を背負ってますが借金そのものの数はまだまだこれからの頑張りで取り戻せる
それよりも大切なのは阪神Tigersの戦いへの 貪欲な ” 気 ”
その貪欲な 気 を魅せて貰いたいです
若虎がどんどん成長して大御所達がその若虎をどんどんひっぱって
レベルを高めて切磋琢磨しながら
阪神Tigers 勝利を積み重ねていって欲しいです。
初戦は白星をとるそして黒星を2試合は絶対続けない
そんな戦いを期待します
魅せてもらいましょ
大好きな阪神Tigersの活躍を・・・↑↑↑

力強いお言葉本当に有り難うございます(^-^)/
不肖『頑張れ阪神タイガース☆』甲子園観戦の際にはお邪魔いたしますm(_ _)m

リポーター:アナフレ猛虎会『東西の飛車角☆』

画像:インボイス(グットウィル)ドーム

撮影:アナフレ猛虎会『濱ちゃん気になる〜☆』

撮影日:06年5月27日

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:28 | comments(1) | trackbacks(1) |
▼ 我慢の管理学に学ぶ
[ その他 ]


”明日への勝利を信じて”

悪夢のGWになった阪神タイガース!明日からの伝統の一戦を前に一冊の名著を開いてみた。

昨年亡くなられた名将、元巨人軍監督の故藤田元司さんの名著のエピローグ部の抜粋である。
↓↓↓
野球選手に限らず好・不調の波は誰にでもある。ところでスランプに陥ったら、これを克服するにはどうしたらよいか。
私はその場合の解決策は大別して二つあると思う。
ひとつは、時間の経過にゆだね、趣味等で気分転換をはかること。しかしこれは大きな欠点があり、一時的にスランプを脱したと思っても、又仕事の現場にもどると以前のスランプに陥る。これはスランプ脱出法でもなんでもなく、”体のいい現実逃避”であり、”負け組”のすることなのだ。

もうひとつの解決策は、より練習を重ねるということである。少なくとも練習した分、自分の技術は向上しているのだから、次にスランプに陥ったとしても、前のスランプとまったく同じスランプに陥ることはないといえる。いわば、次元の高いスランプに出会うのだから、これは喜ばしいことでもあるのだ。
不調や不運にめぐりあったとき、自分を甘やかさないようにすること――私は、プロ野球人と企業人とを問わず、組織を生きぬいていくうえで、これこそがもっとも基本的な我慢の哲学のひとつだと思っている。
「我慢の管理学」はまた、我慢の自己管理学でもあるのである。↑↑↑

私が着眼した点は、少なくとも現在の猛虎ナインは投打ともにスランプに陥っている!特にシーツ君、今岡君濱ちゃん、福原君、杉山君、江草君等は重症かもしれない。がしかし、藤田さん曰わく、ただひたすら練習で克服することしかない。
彼等は間違いなく前回のスランプよりも次元の高いスランプで苦しんでいるのであり、喜ばしいことではないかという考え方です(^-^)/
後退はしていないという前思考な考え方に感銘を受けましたo(^-^)o

この書のサブタイトルは”部下とともに生きる”です。

岡田はん!選手を信じて!共に苦しみもがき、このスランプをナイン一丸となって乗り切っていきまひょo(^-^)o

我等虎党はどんなに連敗しようが球場やテレビの前で応援してまっせ(^O^)/


参考文献:『我慢の管理学』藤田元司著 光文社

画像:阪神甲子園球場

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:06年9月29日

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:53 | comments(1) | trackbacks(0) |
▼ 1985年日本一研究 エピローグ
[ その他 ]

”常勝阪神タイガースへの序章”

昨年から19回に渡り投稿させていただきました1985年日本一研究は今回がラストです(^-^)/

ニューダイナマイト打線の年間219本塁打

伝説のバックスクリーン三連発!
タイガースが唯一日本一になった85年は何だったのか?
小生が学んだ事は、ズバリ勝ち続ける為の教訓です。

85年は生え抜き掛布氏がピークを迎えていて、大型トレードによる補強でピークを過ぎた江夏氏や田淵氏を放出してまで獲得した真弓氏、さらに日本野球に対応能力のあった怪物バース氏も脂が乗り切った最高の時期でありました。また若手の中西投手や木戸捕手の台頭や、岡田はんの成長!スーパーサブの弘田氏や長崎氏やベテラン山本和行氏等の活躍などなど!

しかし前回投稿のムッシュ吉田氏が述べられたように、その後の補強ができなかったこと。
日本一を達成した事以上に、その後の暗黒時代を経験した事の方が今の阪神タイガース球団にとっては”負の財産”ではないかと感じるわけです。
話を07年現在に展開します。

今現在ピークを迎えている猛虎戦士
金本、矢野、下柳、桧山、シーツ


これからピークを迎える猛虎戦士

今岡、濱中、関本、福原、安藤、赤星、藤本、藤川、ジェフ


成長過程の猛虎戦士

鳥谷、林、能見、杉山、久保田、小嶋、江草、狩野、赤松、

わかりきったことですが、やはり兄貴世代を継承する後継者は、チームリーダーとしての資質や、ストイックなまでのプロ意識を持った選手で、チームを引っ張っていける人格者であって欲しいですね!
これからピークを迎える選手達が継承する事がベスト!中心選手の存在を途切らさずに、若手の育成と補強を繰り返して、最強の編成を組んでいく!
これから第二、第三の井川君が出る可能性も大ですしね(^O^)/

さらにこれからピークを迎えている選手達の補強も大切です!
特に先発完投能力のある投手と球児君やジェフ君の後継者は、若手を育成する事が必須!

いずれにしても弱いタイガースはもう充分見てきましたから(*^_^*)やはり毎年優勝争いをしながら、中心選手がチームを牽引して全員野球で勝ち続ければ、甲子園のみならず全国の球場に足を運んだ我々ファンの前で素晴らしいプレーを魅せてくれるに違いありません。

最後に、自らの著書で阪神タイガースの黄金時代の始まりを語るムッシュ吉田氏の言葉を紹介して、締めくくりたいと思います(^-^)/

序章 黄金時代の幕開け
”遂に来たタイガースの時代”
『この世の春、である。長い長い苦難のときを経て、とうとう阪神タイガースの時代がやって来た』


参考文献、画像:『阪神タイガース』吉田 義男著 新潮新書

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:09 | comments(1) | trackbacks(0) |
▼ 1985年日本一研究19
[ その他 ]

”天国から地獄への転落”

1985年11月2日土曜日九回裏二死。西武の打者秋山選手の左に飛んだ打球を打ち取ったと思った川藤選手がひとりでグランドに飛び出して恥をかいたのは語り草(^O^)左前安打。続く伊東選手はピッチャーゴロ。今度は間違いない!ゲイル投手がキッチリ取ってバース一塁手へ!

吉田監督に続いてこの日はゲイル投手、真弓外野手、山本投手が宙に舞った。
当時の川藤選手のインタビューが印象に残る「出番がなかった?そんなもん関係ないわ。みんなで勝ったんや。みんなで優勝したんや」

当時最強と呼ばれた広島の「機動力野球」と、西武の「管理野球」を、打線の破壊力と弱小投手陣の小刻みな継投とスタンドの熱気の「一丸野球」が打ち砕いた正に奇跡のシーズンだったといわれた85年の日本一。

21年ぶりのリーグ優勝、そして初の日本一。「次の優勝は2006年か……」とファンたちはこの時は冗談を言っていたものだがまさかそれが現実になろうと誰がこの時点で予想しただろうかo(^-^)o

翌年はミスタータイガースが怪我で欠場すると、またまたく間に最下位に転落。なんとか持ち直して三位になるも、怪物バース選手の二年連続三冠王だけが話題となるシーズンに。
この年のオフ燃え尽きた「浪速の春団治」こと川藤氏がバットを置く。10月14日、バース選手が日本最高記録の三割八分九厘を確定した最終戦、川藤氏はナインに胴上げされて甲子園をさりました。

翌年の87年、監督の吉田義男氏が解任。41勝83敗6引分。勝率なんと三割三分一厘でぶっちぎりの最下位。

翌88年にはバース氏と掛布氏もタイガースを去り、以後所謂暗黒時代に突入します。

ムッシュ吉田氏は当時を自身の著書で回想します。85年は阪神も私の人生もピークに達していた。しかしそのまま放っておけば、あとは下がるしかないということ。
日本一という結果におごらず、より強いチームを目指して、補強の大鉈をふるわなければならないことがわかっていながらできなかった自分の甘さを悔い、日本一の感激を味合わせてくれた男達に引導を渡したり、他チームに移籍させたりすることができなかったことを…

参考文献:『猛虎伝説』上田賢一著 集英社新書

『阪神タイガース』吉田義男著 新潮社

画像:川藤 幸三氏(右)

撮影:アナフレ猛虎会『応援団長☆』

撮影日:06年2月1日

場所:沖縄宜野座村野球場

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:05 | comments(1) | trackbacks(27) |
▼ 1985年日本一研究 18
[ その他 ]

”二人のあきのぶのコンバート”

1985年に阪神タイガースナインの中で守備のコンバートがあった。偶然にもコンバートされた二人の名前は、ひとりは現阪神タイガースの岡田彰布監督。そしてもう一人は現解説者である真弓明信氏。
字は違うも、”あきのぶ”である。

ムッシュ吉田氏は当時をふりかえり、シーズン前この二人のセンターとセカンドのコンバートの成功を優勝の一因にあげている。

岡田はんは何度か小生の駄ブログにて投稿させて頂いているので、今夜はこちらの”あきのぶ”氏を投稿したい(^-^)/

・真弓 明信(まゆみ あきのぶ)
愛称はジョー

1979年に田淵幸一氏らとの世紀のトレードで阪神タイガースに移籍。
1番打者でありながら本塁打を打ちまくり、堅守・俊足で打率・打点・本塁打ともに下手なクリーンナップをはるかに凌ぐ成績を残し、1番打者の常識を根底から覆しました。そのため、世界の盗塁王福本豊氏とともに「史上最強の1番打者」「脅威の核弾頭」と呼ばれました。
1985年に岡田はんとポジションを入れ替える形で外野手に転向、同年打率.322、34本塁打の好成績でリーグ優勝・日本一に貢献。1994年には代打の切り札として17安打で30打点と驚異的な勝負強さを発揮。1995年限りで引退。
奇しくもこの年に岡田はんもオリックスブルーウェーブの選手として優勝を経験して、ユニフォームを脱いでます。

本日も親愛なる虎ブロガー『神戸岡田頑張れ会☆』さんから当時を回想された貴重なコメントを頂戴いたしました。↓↓↓
85年の日本一の事についてということですが、その当時は甲子園にも行った事がなく、ナイターも見れず(家族が誰も野球に興味がなかったため)プロ野球ニュースを見るのだけが楽しみでした。
記録は皆さんのほうが詳しいと思いますので、私は記憶に残っていることをお話したいと思います。
85年のことではありません。
それから10年後阪神は暗黒時代にありました。ちょうど阪神大震災の年ですね。甲子園に向かう足も遠のき、その頃「頑張ろう神戸」を合言葉にオリックスが盛り上がっている頃、優勝の喜びから遠ざかっている阪神ファンが、どんどんオリックスに流れていきました。私も真弓さんが引退すると聞いたときには一緒に阪神ファンをやめようと思っていました。そんな時、がら空きの甲子園球場のお立ち台で真弓さんがこう言ったのです。「今、ここに来ている人たちが本当の阪神ファンです」
真弓さん目を真っ赤にしていました。私は頭をがーんと殴られた気がして、こんなに真弓さんが阪神を愛してるんだから私も一生阪神ファンでいようと誓いました。↑↑↑
感動的なコメント本当に有難うございますm(_ _)m
今シーズン頑固な岡田はんは周囲の反対を押し切り、一番に鳥人鳥谷君を指名したのは、間違いなくこの脅威の一番打者真弓氏の再来を期待されていますね(^-^)/

真弓氏の輝かしい実績を記します。
・首位打者 1回(1983年)
・ベストナイン 3回(1978年遊撃手、1983年二塁手、1985年外野手)
・日本シリーズ優秀選手賞 1回(1985年)
・初回先頭打者本塁打 41本(歴代2位)
・5試合連続本塁打(1980年6月25日〜7月6日、1986年7月1日〜7月6日)
・代打30打点(1994年 日本記録)
・サイクルヒット(1979年5月20日)
・オールスター出場 9回(1978年、1980年〜1982年、1985年〜1988年、1991年)
リポーター:アナフレ猛虎会『神戸岡田頑張れ会☆』

参考文献:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

画像:『阪神タイガース70年史』ベースボールマガジン社

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:13 | comments(1) | trackbacks(0) |
▼ 1985年日本一研究17
[ その他 ]

”日本一になった第4代ミスタータイガース(^-^)/”

ボヤキの野村現楽天監督が、阪神タイガース監督時に当時のオーナーであった久万俊二郎氏にボヤいたエピソードを思い出します。”7番、8番バッターは育てられますが、4番バッターは育てられません。過去の阪神の四番バッターを振り返ってください。バース、田淵、、山内、藤村…皆スラッガーとして獲得してきました。ドラフト下位で指名(正確にはドラフト外)で4番バッターにまで成長したのは、70年の球団史の中で唯一掛布だけです。彼のような打者が誕生するまであと70年待ちますか”

この会談を機に球団の姿勢が変わり、今現在の不動の四番打者金本選手を獲得に至った経緯はあまりにも有名ですね。
さて話題をミスターにもどします。

掛布 雅之氏
4代目ミスタータイガース。
ドラフト6位指名で契約金500万円年俸84万円で1973年入団。
高卒1年目にして1軍定着。1976年に3割を記録してブレークし、その年のベストナインに選ばれる。
しかし氏にとって大きな転機となったのは、1979年の田淵幸一氏の移籍であります。この事件を機に一躍主砲として白羽の矢が当たり、事実チーム新記録となる48本の本塁打(それまでのチーム記録は藤村富美男氏の46本。1985年にランディ・バースが54本で更新。しかし、現在でも日本人選手の球団記録。)を放ち、本塁打王となりました。

それ以降、1982年、1984年にも本塁打王、1982年は打点王にも輝くなど「ミスタータイガース」として君臨します。
また、同学年でもある江川卓氏との対決で、数々の名勝負も忘れられませんね(^-^)/

もともとどちらかといえば中距離打者だった掛布氏が長距離打者となったのは、恵まれていない体格を補う猛練習による強靱な体力(特に手首)で打球をスタンドまで叩き込みました。しかしこの打法は体への負担も大きく、選手寿命を縮める一因となったともいわれています。
甲子園でホームランを量産するために、浜風とケンカするのではなく利用しようと研究を重ね、レフトスタンドへホームランを量産する掛布独特の芸術的な流し打ちを身につけた。以後レフトへのホームランが飛躍的に増え、球界を代表するホームランバッターとなった。

1985年の優勝時には3番ランディ・バース、4番掛布、5番岡田彰布からなるクリーンナップの一角を担って強力打線を形成し、優勝に貢献した。1985年のバックスクリーン3連発ではバースに続いてホームランを叩き込み、この年の象徴のように語られている。日本シリーズ最終戦に西武球場で打ったホームランも、レフトポール直撃の芸術的なホームランでしたね(^-^)/
1986年4月、中日戦で手首に死球を受けて不振に陥り、実質これが選手生命を絶たれる原因となりました。それ以降華麗なバッティングは影を潜め、故障続きでかつての打棒は甦らず、1988年33歳という若さで現役を引退されました。
もし掛布氏がイチロー選手のような中距離ヒッターであれたならもっと長く縦縞に袖を通されていたやもしれません。又、まったく無名だった青年が、努力と信念で四番打者にまで成長する選手がこれから現れるかどうかも疑問です。
引退以降、現場復帰をされていない事は、本人以上に私達虎党も口惜しいばかりです。
とともに、1日も早く第5代ミスタータイガースの出現を期待して(^O^)/

参考文献:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

画像:剛打列伝2 文春文庫

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:07年4月1日

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:48 | comments(1) | trackbacks(0) |
▼ 1985年日本一研究 16
[ その他 ]

”神様・仏様・バース様”

日本プロ野球が誕生して70余年の歴史のなかで、史上最強の長距離打者を上げるならば、私は世界の王貞治氏以上にこの男であると迷わず断言したい。

ランディ・バース内野手
アメリカ合衆国オクラホマ州ロートン生まれ。右投げ左打ち。
縦縞背番号44はまさに「史上最強の助っ人」と評され、タイガース在籍中の6年間の中でも特に日本一となった85年から86年の二年間は、日本の投手陣が悉く打ち込まれて歯がたたなかった事が彼の打撃成績から伺える。
まさに”神様”であったと言えよう。

1年目から打率.288、35本塁打、82打点と長打力を見せつけ、同年のシーズン終盤にはチーム記録となる25試合連続安打を記録。これは後に桧山進次郎選手に抜かれるまで球団記録でもあった。
1985年には掛布雅之氏と岡田はんとの強力クリーンアップを形成。同年4月17日の対巨人戦でのバックスクリーン3連発はあまりにも有名。
この年は打率.350、54本塁打、134打点の成績を残してセ・リーグ初の外国人三冠王に輝き、阪神の21年ぶりのリーグ優勝と初の日本一に大きく貢献。

この活躍が認められ、シーズンと日本シリーズの両方でMVPを獲得する快挙を達成。

さらにこの年に、それまで王貞治氏の持っていたシーズン55本塁打の記録更新かと騒がれ、54本を打った段階で残り試合数が2試合になるが、奇しくもその2試合が巨人戦であったため、最初の試合で先発した江川卓氏だけが勝負に挑んだが、そのほかの投手には全く勝負してもらえず、事実上の敬遠攻めにより記録達成には至らず。

1986年のシーズンも打率.389、47本塁打、109打点の成績を挙げ、堂々の2年連続三冠王に輝く。同年記録したシーズン打率.389は、現在も日本記録。
その他7試合連続本塁打の日本タイ記録(江川卓氏の直球を後楽園球場のライト場外に運んで記録に並ぶ、ちなみに記録保持者は王貞治氏)。

13試合連続打点、シーズン最高長打率.777
の日本記録もいずれも未だに破られていないとてつもない大記録である。

なぜ無名の大リーガーが日本最強の長距離打者になり得たのか?様々な説をあげてみました。

・自己流に陥らずに対戦相手の投手の癖を細かくメモし、変化球打ちに切り替えたこと。

・浜風の強い甲子園対策として掛布氏の流し打ちを伝授されたことが氏のバッティングの幅を広げ、レフトスタンドにもホームランを量産するようになり、持ち前のパワーと相まって驚異的な成績を残す。1985年の日本シリーズ第1、2戦などはその典型。

・長崎慶一氏のバッティングを徹底的に研究。

・川藤幸三氏とも殆ど日本語まじりの英語で将棋を指すなどして、チームメイトに溶け込む努力をしていたことは有名

さらに小生の観点として、バース氏のタイガースの去り方を回想するに、チームメイトの待遇に対して当時の監督やフロントと衝突するなどの確執から、リーダーシップをとれるクレーバーな性格も見逃せない。アメリカでは野球選手としての知名度は日本とは正反対で皆無であるが、地元オクラホマでは政治家としての手腕を大きく評価されているところからも、氏の有能な指導者としての一面がうかがえる。
バース氏の獲得したタイトルを最後に記しましたが、この男の記録を破る選手が果たして出現するかどうか疑問である……

・三冠王 2回(1985〜1986)
・首位打者 2回(1985〜1986)
・本塁打王 2回(1985〜1986)
・打点王 2回(1985〜1986)
・最高出塁率 2回(1985〜1986)
・最多勝利打点 1回(1985)
・MVP(1985)
・ベストナイン 3回(1985〜1987)

参考文献:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

画像:『助っ人列伝』文春文庫

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:07年3月25日

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:27 | comments(2) | trackbacks(2) |
▼ 1985年日本一研究 14
[ その他 ]

■2007/03/12 試合結果 対巨人オープン戦 岐阜
降雪中止
――――――

”常勝西武ライオンズに学ぶ”

1985年の日本シリーズで猛虎が倒した西武ライオンズから学んだことを投稿させていただきます。

西武黄金時代の概要

*1979年に西武ライオンズがスタート。
故根本陸夫監督の元で最下位・4位・4位の後、広岡達朗監督に引き継がれ、東尾氏、田淵氏らを中心とした82年〜83年に2年連続日本一に輝きます。特に83年の巨人を倒したシリーズは球史に残る名勝負と語りつがれておりますね。
以来このチームは秋山氏、石毛氏らを中心に1985年〜1988年はV4と栄光の足跡を残し(1986年〜1988年は日本シリーズ・3年連続日本一)。

さらには森祗晶監督時代には圧倒的な戦力(秋山氏、デストラーデ氏、清原選手、石毛氏、伊東現ライオンズ監督、渡辺氏、辻氏など)が揃い、特に秋山・清原のコンビはAK砲(巨人の王・長嶋のON砲以来の破壊力を誇った)と呼ばれ恐れられました。

2005年まで15回リーグ優勝を飾り、うち日本一に輝くこと9回!まさに「常勝西武」の黄金時代を築きあげました。
広岡氏も森氏も巨人軍出身で共に大活躍された名選手であり、共に川上哲治氏に多大な影響を受けた事は有名です。特に広岡氏は現役時代からの川上氏との確執は有名で、この話は割愛させていただきますが、昨年某テレビ番組のインタビューで「あの人がいたから自分はここまで勉強できた」と語っておられたシーンが小生失礼なが非常に感銘を受けさせていただきました。さて、この二人の名監督の事は今更説明するまでもありませんが、小生はあえて今回は西武ライオンズの黄金期の礎を築いた一人の故人の存在を学ばせていただきました。その人物とは、日本プロ野球界のスコアラー第一号であられた、尾張久次(おわりひさじ)さんです。恥ずかしながら今回の研究をとうして故人の偉大な功績を認識させていただきました。次回は球界全体から恐れられた尾張さんの功績を学びます。

追伸:偶然ではありますが、今回の投稿に際してプロ野球界の名門チームである西武ライオンズが”裏金問題でスカウト活動停止”という衝撃ニュースに球界全体に激震が走りました。
非常に残念なニュースであるとともに、社会的信用を失ってしまったいま、球団側と選手一丸となって素晴らしいチームの再建に取り組んでいただく事を期待します。誰よりも”球界の寝業師”と呼ばれた名スカウト、故根本陸夫さんが悲しんでおらるとおもい、一言コメントさせていただきました。

画像:『尾張メモの全貌』尾張久次箸 講談社

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:07年2月17日

場所:虎キチの部屋

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 1985年日本一研究 13
[ その他 ]

”管理野球が個性派野球に敗れた日”

1985年の日本シリーズは、吉田監督率いる阪神タイガースが広岡監督率いる西武ライオンズを4勝2敗でくだし、初の悲願となる日本一となった(^-^)/
日本全国が”阪神フィーバー”に沸きあがたことは言うまでもなく、当時を懐かしまれる往年のファンもたくさんいらっしゃることでしょう(^O^)/

西武は怪物バース対策として若き左腕のエース工藤公康投手を起用しました。今や押しも押されぬ大投手となった若き工藤投手が果敢に勝負を挑みますが、2ホーマーを打たれて失敗に終わりました。

池田投手とゲイル投手は絶好調でシリーズに挑み2人で3勝。
また第6戦の初回には長崎啓二氏の満塁本塁打(第5戦に続き連発)で一気に栄光への階段を駆け登りました(^-^)/
日本シリーズ不敗神話を誇っていた西武の広岡監督は、負けたら辞めるという公言どうりシリーズ終了後辞任されます。

MVPはもちろんこの人!3試合連続ホームランを打ち、第2戦での辻選手のスクイズを素早いダッシュとスローイングで秋山選手を本塁封殺に仕留めるなど、圧倒的な存在感を示した怪物バース氏が獲得。

第4戦には51,554人と日本シリーズ史上最多の入場者数を記録。これはかつての甲子園の収容量を上回る球場が誕生しない限り記録の更新はありえません。

当時の西武ライオンズは82年からV2を達成するなどの黄金期がはじまろうとしていました。

吉田監督は選手時代にも同じ遊撃手として戦った広岡西武に対して、挑戦者としてペナントレースの勢いそのままの状態で思い切って戦えたとふりかえります。

ペナントレースでは「機動力野球」の広島カープを、日本シリーズでは「管理野球」の西武ライオンズを、打線の破壊力と弱体投手陣の小刻みな継投とスタンドの熱気がかみ合った「一丸野球」で遂に悲願の日本一を達成した奇跡のシーズンと言っていいでしょう!

2リーグ制になってからすでに50余年ですが、あとにも先にも日本一になったのはこの1985年の一度きりの阪神タイガース!
耳の痛い話ですが、21年振りにペナントレースを制した後、ファンの間で”次の優勝は2006年か”などと冗談が飛び交いましたが、これからが所謂タイガースが一番弱かった時代である”暗黒時代”の序章となってしまいました。
それと全く対照的だったのが、このシリーズで敗れさった西武ライオンズ。この敗戦を境にまさにあの『V9時代の巨人』を凌ぐほどの伝統ある常勝軍団への道を歩みます。

今シリーズ研究を通じて、西武ライオンズの強さも学びとりましたので、次週は西武ライオンズ常勝軍団の秘密を探ります。

参考文献:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

画像:1985年優勝記念ハッピ

撮影:アナフレ猛虎会『濱ちゃん気になる〜☆』

撮影日:06年10月10日

場所:虎キチの部屋

☆頑張れ阪神タイガース☆
人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 21:46 | comments(1) | trackbacks(2) |
▼ 1985年日本一研究 12
[ その他 ]

■1985/11/2 日本シリーズ第6戦試合結果 西武球場 入場者32371人

神|410 010 102|9
西|100 100 001|3

勝:ゲイル2勝0敗
負:高橋直0勝2敗
HR:長崎2号満塁(1回高橋直)、真弓2号ソロ(2回高橋直)、掛布2号2ラン(9回渡辺)(西)石毛3号ソロ(1回ゲイル)

西:高橋直-工藤-松沼雅-永射-渡辺

神:ゲイル

勝利打点 長崎1
――――――

”虎(^O^)/悲願の日本一”


最終打者西武ライオンズ伊東勤選手の打球ピッチャーゴロをゲイル投手が落ち着いてさばいて一塁手バース選手へ送球!
ここに阪神タイガース球団創設初となる悲願の日本一達成の瞬間が遂にやってきた(^-^)/
吉田監督が舞う!その輪の中には選手会長の岡田はん、ミスター掛布氏が、怪物バース氏が、脅威の一番打者真弓氏が、名わき役の川藤氏が(^O^)/選手全員がもみくちゃになっての歓喜の胴上げだ!

日本一に王手をかけた阪神タイガース!
虎の先発は第二戦で完投勝利の優勝請負人ゲイル投手です!

タイガースは初回簡単にツーアウトをとりながらも怪物バースとの勝負を避けた西武バッテリーに対し、先日甲子園で蘇ったミスタータイガースが吠えます!得意の流し打ちでレフト前!そしてシリーズ再三の好守を見せるも、打撃不振だった岡田はんがピッチャー強襲の内野安打で二死満塁!
そして登場したのは、首位打者をとりながらも大洋をおわれて縦縞戦士となった13年目のベテラン長崎選手。この日時折風速10メートルを超える逆風を突いたあたりは、いきなりの満塁ホームラン(^-^)/
「西武広岡監督のまだまだ余裕のある発言口撃?でチームはかなりびびっていた。試合前は金縛りにあった状態でした」と当時を振り返る長崎氏!このベテランの底力がナインの呪縛を解き放ちました(^-^)/

しかし西武もチームリーダー石毛選手のシリーズ3本目となる一発ですぐさま反撃します。

金縛りから解き放たれたニューダイナマイト打線は2回表!ここまでチーム一の七本のヒットを打ちまくっていた真弓様の一発でさらに突き放し、猛虎ファンの思いは早くもカウントダウン(^O^)/

5回にもミスター掛布の犠飛、7回にも怪物バースのタイムリーで追加点(^-^)/

最終回!第4戦までわずか2安打だったミスター掛布の二試合連続となるトドメのツーランで勝ち越し(^-^)/

絶好調のゲイル投手を西武打線は遂に打ち崩せずゲームセット(^-^)/
怪物を徹底的にマークした西武投手陣に対し、最終戦でニューダイナマイト打線が爆発!ミスタータイガース四番掛布氏が!無冠のエリート岡田はんが!古巣クラウンライダーズに恩返しの真弓氏が!そして伏兵の長崎選手や弘田選手他選手コーチ全員が!日本中が猛虎フィーバーに沸きに沸きました(^O^)/

阪神タイガース日本一おめでとう(^-^)/

表彰選手

最高殊勲選手賞 ランディ・バース(神)
敢闘賞 石毛宏典(西)
優秀選手
真弓明信(神)
長崎啓二(神)
リチャード・ゲイル(神)

画像:熱闘!日本シリーズ「1985西武-阪神」
文藝春秋

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 1985年日本一研究 11
[ その他 ]

■1985/10/31/日本シリーズ 第5戦試合結果 甲子園球場 入場者51430人

西|011 000 000|2
神|400 020 10X|7

勝:福間1勝1敗
負:小野1敗

西:小野-石井-森-永射-渡辺-西本
神:池田-福間-中西

勝利打点 掛布1
HR:大田1号ソロ(2回池田)掛布1号3ラン(1回小野)、長崎1号2ラン(5回石井)
―――――
”虎(^-^)/日本一に王手”


”今年最後の甲子園球場での試合なので、集まったファンに喜んでもらおう”
決戦を前に指揮官吉田監督がナインに激を飛ばした。

虎の先発は第1戦で見事な完封勝利を収めた池田投手!
対するライオンズは予想に反してプロ通算5勝の小野投手です。

タイガースは初回一死一二塁のチャンスにお待たせ四番掛布のシリーズ第一号のスリーランホームランで先制します!
その後も小野投手を攻め続けて、僅か27球でマウンドから引きずり下ろし、続く二番手石井投手に対し長崎選手を二塁において、ミッキー平田がセンター前にタイムリーヒットで4点目(^-^)/虎が初めてホームラン以外で得点をとりました!

しかし西武も粘ります。
二回に大田選手のソロで一点を返し、三回にもスティーブのタイムリーでジワジワと詰め寄ります。

この日の池田投手は初戦のような粘りがなく、四回ノーアウト一塁二塁のピンチを招き、ここで福間投手にスイッチ!
流石は陰のMVPといわれた男です!昨日9回2死2塁の場面に、西岡選手に勝ち越しの2ランホームランを打たれ、負け投手となりましたが、吉田監督はこの日も彼を起用します。石毛選手を歩かせた後の1死満塁のピンチで西岡選手をぴしゃりと遊ゴロ併殺に抑えて、西武に傾きかけていた試合の流れを完全に止めました(^-^)/

試合後吉田監督は「もう一度チャンスを与えてやりたかった」とコメントしています。失敗しても次の試合にすぐ名誉挽回のチャンスを与え選手に自信を付けさすというシーズン中にも見られた当時の吉田采配の特徴の一つが見受けられた今シリーズの勝敗の分かれ目といえる場面でした(^-^)/

西武の流れを止めたタイガースは、13年目のベテラン長崎選手のシリーズ初安打となるツーランホームランで追加点!

七回にもミスター掛布を一塁において、岡田はんのツーベースと吉竹選手の犠飛によりダメ押し(^-^)/

最後は休養十分の球道中西投手がキッチリ抑えてゲームセット(^-^)/
日本一に王手をかけました!

画像:85年戦士真弓 明信氏

撮影:アナフレ猛虎会『応援団長☆』

撮影日:07年2月8日

場所:沖縄宜野座村野球場

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:18 | comments(1) | trackbacks(0) |
▼ 1985年日本一研究 7
[ その他 ]


虎先勝(^-^)/

■1985/10/26 日本シリーズ第1戦試合結果

対西武 西武球場 入場者32463人

神|000 000 030|3
西|000 000 000|0

勝:池田1勝0敗
敗:松沼博0勝1敗
HR:バース1号3ラン
神:池田
西:松沼博-工藤-松沼雅-渡辺

-------------
さあいよいよ歴史に残る決戦の幕がおとされました!

球団創立36年目にして悲願の日本一を目指す吉田監督率いる我等が阪神タイガースか、今やプロ野球界名門の巨人を抜き去らんとする常勝軍団!広岡監督率いる徹底した管理野球の西武ライオンズとの激突です。

西武先発はこれがシリーズ第1戦の先発が3度目となる松沼投手。
一方の虎の先発は2年目のもちろんシリーズ初登板の池田投手です!
プレーボール直後の虎の攻撃、シーズン34本塁打を打った、史上最強の1番打者の真弓先生がいきなり松沼投手の初球をジャストミート(^-^)/
レフト線左を抜けるツーベースでチャンスメイク(^-^)/この一打でシリーズ初出場の虎ナインの”かたさ”がとれましたね(^-^)/”いつもどうりの野球をすれば勝てる”

しかし流石は12球団随一の防御率を誇る投手王国のエース松沼博投手。辻二塁手の好守もひかり、なんなくピンチを切り抜けます。
さて、虎先発の池田投手はシーズン9勝をあげましたが、1ヶ月近く二軍落ちを経験するなど、まだまだ不安定な要素を持ちえた若虎です!同じく2年目の木戸捕手との若手バッテリーで挑んだシリーズ初戦でしたが、強気のピッチングが冴えわたり、なかなかエンジンがかからない西武の石毛選手、田尾選手、スティーブ選手、秋山選手等に真っ向勝負を挑んで翻弄(^-^)/
4回迄セカンドを踏ませない素晴らしいピッチングを展開!
この両投手の行き詰まる投手戦に、ついに均衡を破ったのは八回表!やはりこの人でした(^-^)/
切り込み隊長真弓様がこの日2本目となるツーベースをライト線に放つと、続く弘田様は犠打を警戒する前進守備の裏をかく技ありの進塁打でライト前に抜ける連続ヒット!ノーアウト一、三塁の先制チャンス(^-^)/ここで神様バースを迎えた西武広岡監督が動きます!兼ねてからバース対策にと、リーグトップの防御率をほこる4年目の若き左のエース工藤公康投手をマウンドへ!
ここまで松沼投手にノーヒットだった怪物に対し、西武の工藤投手-伊藤捕手バッテリーは果敢に勝負を挑みます(^-^)/!内角の厳しい球の後の4球目のストレートを渾身のスイングでファールして悔しがる怪物に対し、”ストレート狙い”とよんだ若き西武バッテリーが選択した勝負球は”カーブ”しかしそのカーブを見事に捉えた怪物の打球はレフトフェンスギリギリに飛び込むスリーランホームラン(^O^)/均衡が破れます!

この値千金の3点を貰った池田投手は、あれよあれよと9回を被安打6、130球を投げ抜き、シリーズ史上6人目となる初登板完封勝利の快挙(^-^)/
虎が見事に初戦をものにしました。

画像:85年優勝ハッピ

撮影:アナフレ猛虎会『濱ちゃん気になる〜☆』

撮影日:06年10月吉日

場所:虎キチの部屋

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:20 | comments(1) | trackbacks(2) |
▼ 1985年日本一研究 5
[ その他 ]


”伝説のニューダイナマイト打線”

今夜は1985年のプロ野球日本シリーズを振り返る前に、当時の吉田監督率いる阪神タイガースの戦力を調べてみました。
当時は全く虎に興味がなかった小生でも、同年4月のランディ・バース氏、掛布雅之氏、岡田彰布氏の「バックスクリーン三連発」はテレビで観戦をしていました。あれは確かに衝撃的でした(^-^)/
いわゆるニューダイナマイト打線のシーズン成績です。

1番 真弓明信
打率.322 34本塁打 84打点 右翼手

2番 北村照文
打率.262 3本塁打 19打点

弘田澄男
打率.296 5本塁打 22打点、

吉竹春樹
打率.247 2本塁打 16打点点 中堅手

3番 ランディ・バース
打率.350 54本塁打 134打点 一塁手

4番 掛布雅之
打率.300 40本塁打 108打点 三塁手

5番 岡田彰布
打率.342 35本塁打 101打点 二塁手

6番 佐野仙好
打率.288 13本塁打 60打点、

長崎啓二
打率.283 6本塁打 25打点 左翼手

7番 平田勝男
打率.261 7本塁打 53打点 遊撃手

8番 木戸克彦
打率.241 13本塁打 32打点、

山川猛
打率.213 4本塁打 10打点、

嶋田宗彦
打率.251 1本塁打 6打点 捕手

懐かしい名前が出てきました。
現在も指導者として縦縞を着ている方や,解説者として、又はマスターズリーグで活躍されている方など様々です。(^-^)/

今夜は2007年初登場!アナフレ猛虎会『応援団長☆』よりコメントを頂戴いたしました。↓↓↓昔すぎてあまりよく覚えてないのですが、伝説のバックスクリーン3連発は当時唯一見られた巨人戦だったのでリアルタイムで見てました。あの年、日航機事故で球団社長が亡くなりましたよね。あの事故の日、私はJALの航空券を購入して帰宅後に事故を知り衝撃を受けたのでした。↑↑↑

有難うございます。思い出しました。確かに大惨事のあった年、ナインが奮起してイッキに21年振りの優勝まで駆け上がった年でもありました。
次回は当時の投手陣の戦力を分析します

参考文献:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

リポーター:アナフレ猛虎会『応援団長☆』

画像:週間ベースボール優勝記念号

撮影:アナフレ猛虎会『応援団長☆』

撮影日:07年1月8日

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 21:38 | comments(1) | trackbacks(0) |
▼ 2006年阪神タイガース名場面 21
[ その他 ]


”さらば甲子園!ラスト新庄劇場(^-^)/”

2006年のプロ野球界はこの男に始まり、奇抜なパフォーマンスに驚かされ、あまりにもかっこよすぎるエピローグをまるで台本でもあったかのように自作自演をされてしまいましたね(^-^)/
今夜の名場面は6月19日の対日ハム戦、ラスト甲子園での喝采を浴びた新庄剛志外野手ですo(^-^)o
小生の駄ブログを振り返ります↓↓↓
虎(^o^)/日ハムに快勝
■2006/6/19 試合結果対日ハム 6回戦 甲子園

日|000 002 000|2
神|000 050 00x|5

勝:井川5勝4敗0S
S:久保田4勝5敗15S
敗:金村4勝4敗0S
HR:金本ツーラン9号
日:金村-清水-トーマス
神:井川-藤川-ウィリアムス-久保田

――――――
今日の試合をおとせば、昨年に引き続き日ハムに負け越してしまうタイガース。
先発はエース井川君です!
今日はヒット9本を打たれながらも6回2失点はやや不満足な内容でしょうか(^_^;)

やはり六回の2失点は余計です〜不用意な球がカウントを悪くして、稲葉選手にはストライクをクリーンヒット、新庄選手には矢野先生のミットより中に入った甘い初球を狙い打ちされ、連続タイムリーになりました。

さてさて湿りに湿った猛虎打線でしたが、5回裏お待たせ四番金本兄貴のツーランに始まり、スペンサー殿・片岡の旦那・矢野先生・モンキー藤本と続く5連打を浴びせ大量5点を奪います(^o^)/
やっと打線が繋がりました!

これをキッチリJFKで守りきりゲームセット。日本ハムとの最終戦を勝利で飾り3勝3敗の分ける形での終了です。

まあ今日は四番が打ってJFKが投げて、エースが勝っての快勝!何げに矢野先生が当たって来ました(^_^)v
(中略)
そして9回表には、おそらく聖地甲子園では最後の勇姿となろう新庄選手の登場と、フルスイング三振に対する大声援には思わずこみあげてくるものがありましたね(T_T)感動を有難う!

お久しぶりだね坪井選手!元気そうで何よりですね〜フォームが縦縞時代と変わったかな(^O^)
ともあれ井川君5勝目おめでとう(^o^)/↑↑↑

ふと考えたりしますが、もし虎と日ハムとのシリーズにだったら結果はどうだったかと(^O^)/
やっぱ勢いのあるファイターズにやられちゃいましたかね(*^-^)b恐れいりました!

画像:新庄剛志外野手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:06年3月14日

場所:東京ドーム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:24 | comments(1) | trackbacks(0) |
▼ 謹賀新年
[ その他 ]


”2007年優勝祈願”

アナフレ猛虎会の皆々様!新年あけましておめでとうございますm(_ _)m

本年もどうぞよろしくお願いいたします

本日は月曜日ですが、元旦ということで1985年日本シリーズ研究はお休みさせていただきますm(_ _)m

今年は皆様におかれましては素晴らしい一年でありますように、こころからお祈りもうしあげます。

そして今年こそ我等が阪神タイガースに栄光あれv(^-^)v

撮影日:07年1月1日

場所:虎キチの部屋

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 21:00 | comments(0) | trackbacks(3) |
▼ 1985年日本一研究 4
[ その他 ]


”1964年日本シリーズを学ぶ”

さて今夜は小生が生まれた年に行われました日本シリーズを学びます。
エース小山氏と大毎オリオンズの4番打者山内一弘氏との世紀のトレードを成立させて打撃を強化する一方、ジーン・バッキー投手らが小山投手の穴を埋め、6度目の優勝を果たした阪神タイガース。
1964年の日本シリーズは、3年ぶりのパ・リーグ優勝となった南海ホークスとの関西決戦(御堂筋シリーズ)として10月に阪神甲子園球場と大阪球場の2球場で行われました。

試合結果を振り返ります

第1戦
■1964/10/1 日本シリーズ第1戦対南海 甲子園 入場者数:19904人(延長10回)

南海|010 010 000|2
阪神|000 000 000|0

勝:スタンカ1勝0敗
敗:村山1敗
南:スタンカ
神:村山

第2戦
■1964/10/2日本シリーズ第2戦 対南海 甲子園 入場者数:19190人

南海|000 000 110|2
阪神|100 102 01x|5

勝:バッキー1勝
負:杉浦1敗

南:杉浦-三浦-森中-林
阪:バッキー

■1964/10/4日本シリーズ第3戦対南海 大阪球場 入場者数:29,932人

阪神|014 000 000|5
南海|011 000 110|4

勝:石川1勝
負:スタンカ1敗
HR:藤井1号ソロ、藤井2号ソロ/ローガン1号ソロ/ハドリ1号ソロ
阪:本間-石川-バッキー
南:スタンカ-林-皆川-新山-森中

■1964/10/5/日本シリーズ第4戦対南海 大阪球場 入場者数:30107人

阪神|100 002 000|3
南海|000 120 001X|4

勝:新山1勝
負:村山2敗
HR:山内1号ソロ、山内2号2ラン/ハドリ2号ソロ
阪:村山
南:杉浦-新山

第5戦
■1694/10/6 日本シリーズ第5戦対南海 大阪球場 入場者数:26962人

阪神|030 100 020|6
南海|000 000 030|3

勝:バーンサイド1勝
負:皆川1敗
HR:辻佳1号ソロ/安藤1号2ラン/森下1号ソロ
阪:バーンサイド-渡辺省-バッキー
南:皆川-森中-三浦-新山

第6戦
■1964/10/9 日本シリーズ第6戦 甲子園 入場者数:25471人

南海|020 100 001|4
阪神|000 000 000|1

勝スタンカ2勝1敗
負:バッキー1勝1敗
南:スタンカ
阪:バッキー-若生-渡辺省

第7戦
■1964/10/10 日本シリーズ第7戦対南海 甲子園 入場者数:15172人

南海|020 100 000|3
阪神|000 000 000|0

勝:スタンカ3勝1敗
負:村山3敗
南:スタンカ
阪:村山-バッキー-石川緑

またもやタイガースはあと一歩のところで念願の日本一に手が届かず!涙を飲みました。

当時の南海はまさに黄金期!26勝あげてパ・リーグMVPになったスタンカ投手。杉浦忠投手。打では62年〜68年の6年間に渡って本塁打と打点の二冠王(65年は三冠王)と絶頂期の野村克也捕手。61年〜65年の盗塁王で、この年パの首位打者の広瀬叔功外野手などが顔をそろえていました。事実この年からパ・リーグ三連覇を達成します。監督はあの名将鶴岡一人氏!

ムッシュ吉田氏は当時を自身の著書で振り返ります。↓↓↓
阪神には運もなかった。オリンピックと重ならないように早められた日程。リーグ優勝を決めた翌日には日本シリーズが開幕。調整や南海対策に取り組むどころか、激戦の疲れが積み重なった状態のままで強敵を甲子園に迎えた。しかし阪神はいい戦いをしたと思う。夢の日本一まであと一つまで王手をかけたが、天は阪神を見放した。ここで2日間雨天中止が続き、せっかくの勢いに水を差したのだ。順延後甲子園での第6、7戦、私達はスタンカに2試合連続完封されて、また日本一を逃してしまったのである。それにしても、この時点で阪神が日本一の悲願を達成するのに、85年までの長く苦しい戦いが続く事になろうとは誰が想像しただろうか。↑↑↑

ご承知のとうり翌65年から巨人の9連覇が始まるとともに、”阪神暗黒時代”の始まりとなります。
次週はいよいよ85年のシリーズを学びます(^-^)/

参考文献:『阪神タイガース』吉田義男著 新潮新書

画像:阪神甲子園球場

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:06年9月29日

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:02 | comments(0) | trackbacks(1) |
▼ 1985年日本一研究 3
[ その他 ]


”1962年日本シリーズを学ぶ”

今夜はまずはじめに小生がまだ生まれる前のシリーズを学びます。
1962年、藤本監督の下、小山投手、村山実投手の両エースの力投と吉田遊撃手、三宅三塁手、鎌田二塁手らによる守りの野球で2リーグ分立後では初となる通算5度目の優勝を阪神タイガースは果たしました。
しかし、日本シリーズでは東映フライヤーズ(現日本ハム)と対戦しましたが、2勝4敗1分で惜しくも敗退。
まずはシリーズ7試合の結果をみてみましょう。

■1962/10/13試合結果
日本シリーズ第1戦対東映 甲子園入場者数:35692人 延長10回サヨナラ

東映|005 000 000 00|5
阪神|014 000 000 01X|6

勝:村山1勝0敗
負:尾崎0勝1敗
HR:吉田勝 1号ツーラン
東:土橋-久保田-橋詰-尾崎
阪:小山-村山

■1962/10/14試合結果
日本シリーズ第2戦対東映 甲子園 入場者数:35995人

東映|000 000 000|0
阪神|000 200 03x|5

勝:村山2勝0敗
負:土橋0勝1敗
HR:藤本1号3ラン
東:土橋-橋詰-富永
阪:村山

■1962/10/16/試合結果
日本シリーズ第3戦 神宮 入場者数:38733人 延長14回時間切れ引き分け

阪神|000 101 000 000 00|2
東映|000 001 100 000 00|2

HR:毒島1号ソロ
阪:渡辺省-村山-石川緑-太田-バッキー
東:久保田-石原-富永-橋詰-安藤元-土橋

■1962/10/17試合結果
日本シリーズ第4戦神宮 入場者数:37741人

阪神|100 000 000|1
東映|000 300 00X|3

勝:安藤元1勝0敗
負:小山0勝1敗
阪:小山-石川緑-牧
東:安藤元

■1962/10/22/試合結果
日本シリーズ第5戦後楽園 入場者数:30187人 延長11回サヨナラ

阪神 200 000 200 00|4
東映 300 100 000 02X|6

勝:土橋1勝1敗
負:小山0勝2敗
HR:藤本2号2ラン/吉田勝2号3ラン/岩下1号2ラン
阪:村山-渡辺省-石川緑-小山-野母
東:久保田-富永-土橋

■1962/10/23試合結果
日本シリーズ第6戦対東映 甲子園 入場者数:21214人

東映|120 120 010|7
阪神|100 120 000|4

勝:安藤元2勝0敗負:村山2勝1敗
HR:張本1号2ラン/吉田1号ソロ
東:安藤元-橋詰-土橋
阪:村山-大田-渡辺省-牧

■1962/10/24試合結果
日本シリーズ第7戦対東映 甲子園 入場者数:29192人延長12回

東映|000 000 000 101|2
阪神|000 000 000 100|1

勝:土橋3勝1敗
負:村山2勝2敗
HR:西園寺1号
東:久保田-土橋
阪:小山-村山


この62年と64年当時の不動の一番バッターだったムッシュ吉田氏の証言なくしてこのシリーズは語れません。

”伊予の古狸”と呼ばれた藤本監督は、万年二位といわれた当時の虎の対巨人コンプレックスをはじきとばすため、徹底して小山、村山両投手を巨人と対戦させるローテを組み立てます。
チーム打率.223、チームホームラン数も64本という守りのチームで見事リーグ制覇を成し遂げました。
1985年のダイナマイト打線の本塁打数が219本ですから、その差は歴然ですね!
当時の東映は若き”安打製造機”の張本勲氏と新人王の”海童”尾崎行雄氏がいました。
試合結果をみればお気づきでしょうが、某プロ野球ニュースの解説でお馴染みの土橋投手が前半二試合先発で、後半4試合はクローザーの大活躍でMVPに輝きます。タイガースは小山投手がシリーズを通じて計450球、村山投手が計325球を投げての力投も、4試合が延長という投手戦に加えて、75勝のうち二人で52勝を挙げたシーズンフル回転の疲れからか?最後は遂に力つきた悔しい敗戦となりました。

このシリーズを機に藤本監督は小山投手を放出してまで主力打者の獲得に乗り出します。
一方のムッシュ吉田氏は残念な日本シリーズでしたが、この7試合で大活躍。打率.471をマークして、敢闘賞と首位打者賞を受賞!シリーズ計16安打は現在も破られていない大記録を残されました(^-^)/

次週は64年の御堂筋シリーズを振り返ります!

画像:阪神甲子園球場

撮影:アナフレ猛虎会『広報部長☆』

撮影日:06年9月29日

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 21:51 | comments(0) | trackbacks(1) |
▼ 未来の猛虎戦士(^-^)/
[ その他 ]


”ようこそ阪神タイガースへ”

先日、新入団選手発表会がおこなわれました。 今年あらたに縦縞に袖を通す事になった新人は7選手です。
今夜は”名場面シリーズ”は一休みして、未来の猛虎戦士にエールをおくらせていただきます(^-^)/

会見の席上での岡田はんのコメントは、足が魅力、肩が魅力、遠くに飛ばせるのが魅力などそれぞれの魅力、セールスポイントを伸ばしていけるようこれから指導していきたい旨の豊富を述べられておりました(^-^)/

各選手の画像入手次第あらためてプロフィール等を投稿させていただきますが、今夜はセールスポイントと目標とする選手を纏めさせていただきます。

<<新入団選手プロフィール>>

・小嶋 達也(こじま たつや)
生年月日:1985.10.7(21歳)
守備位置:投手投打:左投左打身長・体重:180cm72kg
経歴:遊学館高校−大阪ガス
背番号:29
自信のあるボールは真っ直ぐ。目標とする選手は井川投手

・野原 将志(のはら まさし)
生年月日:1988.4.4(18歳)
守備位置:内野手
投打:右投右打 身長・体重:184cm85kg
経歴:長崎日本大学高校
背番号:37
強肩と俊足を最大限に生かした、スピードプレー。イチロー選手が目標。

・上園 啓史(うえぞの けいじ)
生年月日:1984.6.30(22歳)
守備位置:投手 投打:右投右打 身長・体重:180cm80kg
経歴:東福岡高校−武蔵大学
背番号:41
野球をはじめてから大きなケガをしていないこと。目標は巨人の上原選手。

・橋本 良平(はしもと りょうへい)
生年月日:1988.9.28(18歳)
守備位置:捕手
投打:右投右打
身長・体重:182cm89kg
経歴:智辯学園和歌山高校
背番号:38
強肩と長打力。目標とする選手は矢野選手。

・清水 誉(しみず たかし)
生年月日:1984.4.23(22歳)
守備位置:捕手
投打:右投右打
身長・体重:177cm75kg
経歴:小野高校−関西学院大学
背番号:45
強肩と捕球から送球までのスピード。目標は矢野選手。

・大城 祐二(おおしろ ゆうじ)
生年月日:1985.10.7(21歳)
守備位置:内野手
投打:右投両打
身長・体重:172cm74kg
経歴:沖縄水産高校−TDK千曲川
背番号:63
強肩、俊足のスイッチヒッター。目標とする選手は松井稼頭央選手。

・横山 龍之介(よこやま りゅうのすけ)
生年月日:1988.9.29(18歳)
守備位置:投手
投打:右投右打
身長・体重:182cm76kg
経歴:日本文理高校
背番号:68
得意な球種はスライダー。目標は藤川選手。

以上夢と希望にあふれた新入団選手達!さてさてアナフレ猛虎会の皆々様はどちらの選手にご注目ですか(^O^)
若虎達の前途揚々の新たな門出を祝して(^O^)/
君達の檜舞台は聖地甲子園球場だ(*^-^)b

画像:阪神甲子園球場

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:06年9月29日

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:24 | comments(1) | trackbacks(1) |
▼ 1985年 日本一研究 2
[ その他 ]


”短期決戦に弱い?虎と竜”

日本シリーズの過去のデーターを調べてみると、面白い数字に気がつきました

リーグとしての対戦成績

セ・リーグ 32勝
パ・リーグ 25勝

チーム別成績(2006年終了時点)

球団 出場回数 日本一 勝 敗 分 勝率
巨人  30 20 95 68 2 .583
西武   20 12 64 57 2 .529
(西鉄)
ソフトバンク 13 4 32 43 1 .427
(南海・ダイエー)
オリックス   12 4 27 34 2 .443
(阪急)
中日      7 1 14 27 0 .341
ヤクルト    6 5 23 13 0 .639
広島     6 3 18 21 3 .461
ロッテ    5 3 13 12 0 .520
(毎日・大毎)
阪神     5 1 12 18 1 .400
日本ハム   3 2 10 7 1 .647
(東映)
横浜     2 2 8 2 0 .800
(大洋)
楽天     0 0 0 0 0 ―
現存しない球団
近鉄    4 0 10 16 0 .385
松竹    1 0 2 4 0 .333

ごらんのように、日本シリーズに出場した回数はともかくとして、阪神タイガースが日本一になった回数が中日とならんでわずかに一回。そして勝率も中日に次いでワースト2という事実にいまさら気がついてしまいました(^_^;)

やはり巨人の20回と西武の12回、勝率5割を越える実績は、黄金期の有無を伺わせますね。

また、ヤクルトの6回出場して5回の栄冠、勝率6割という数字にも、短期決戦に強い試合巧者ぶりの現れを感じさせてなりません!

現在のライバルである竜さんと猛虎は、一概には言えませんが、短期決戦には弱いという結果が出ています。
虎が出場した日本シリーズの結果です。

1962年対東映(現日ハム)2勝4敗1分

1964年対ホークス3勝4敗

1985年対ライオンズ4勝2敗

2003年対ホークス3勝4敗

2005年対マリーンズ0勝4敗

過去五回のうち同一監督は62年と64年の藤本定義監督のみで、以下吉田監督、星野監督、岡田監督の四人がシリーズを戦いました。
この監督名をみただけでも、まったくタイプの違う監督像が浮かんできますし、もちろんそれぞれのチームカラーにも違いがあったことも想像できます。

何れにしましても来シーズンはセ・リーグにもプレーオフ制度が導入され、リーグ優勝しても、この短期決戦を勝たねば日本一になれません!

次週は各年度のシリーズの詳細を改めて振り返ります(^-^)/

画像:明治神宮球場

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:06年10月16日

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 21:56 | comments(3) | trackbacks(0) |
▼ 1985年 日本一研究 1
[ その他 ]


”まえがき”

来季に向けて、補強に余念のない我等が阪神タイガース。オフシーズンも選手達はトークショーや様々なイベントに引っ張りだこで、ファンサービスに大忙しですね!
又、そんなマスコミやファンに追われながらも、休む事なく自主トレを欠かさない選手達の姿に頭が下がる思いの小生であります。
来季こそは念願の日本一になってもらいたい!
そんな気持ちでいっぱいの今日この頃です(^-^)/

さて、話を本題に戻し、今夜からは21年前のあの猛虎フィーバーの史実にさかのぼります。

1985年、甲子園が、関西が、いや日本全国が猛虎フィーバーに沸きに湧きました(^-^)/

21年振りのセ・リーグ制覇、そして初の日本一(^-^)/

阪神タイガースは球団創立70年の歴史の中で、唯一日本一になっているのがこの85年であることは今更言うまでもありません。
03年の星野監督率いてのシリーズも、05年の岡田監督率いての決戦もいずれも惜敗。

また本年は、50年振りの日本一フラッグを獲得のため、果敢に挑んだ落合竜も日ハムの前に涙を呑みました。

繰り返し申し上げますが、過去において、阪神タイガースは2リーグ制になった1950年から数えて5回(62年64年85年03年05年)日本シリーズを闘いましたが四度の惜敗。勝利の栄冠を勝ち得たのは85年の一度きりであります。
それだけ日本チャンピオンフラッグ獲得の道のりは険しいという事なのかもしれません!

いったい日本シリーズとは何んなのか?
何故85年の猛虎は日本一になれたのか?
また、来季の岡田阪神は日本一になり得るのであろうか?

不詳『頑張れ阪神タイガース☆』85年当時はまったく阪神タイガースには興味はなく、テレビのニュースで優勝を知った程度の不届きものではありましたが、今年のオフシーズンは、題して”1985年日本一研究”のタイトルで、アナフレ猛虎会の皆々様の協力を得ながら、毎週月曜日を中心に数回に分けて投稿させていただきます。

なにぶん20数年前の事ですので、小生の曖昧な記憶のため誤解釈が入るやもしれませんので、その節は、ご意見、コメント等を遠慮なく送って頂けますと助かります。何卒よろしくお願いいたしますm(_ _)m

画像:虎キチの部屋

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:06年12月吉日

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:16 | comments(1) | trackbacks(0) |
▼ 祝日本一!北海道日本ハムファイターズ
[ その他 ]


北海道日本ハムファイターズの皆さん44年振りの日本一おめでとうございます。
恐れ入ったぜラスト新庄劇場(^-^)/ほんまに泣かせるぜい(T_T)
あまりにカッコイい引退の花道は正に筋書きのないドラマというよりも、彼自身が筋書きを作り上げてしまい、それにチームとファンがピタリとはまって一気に走り抜けた!小生の率直な感想です(^-^)/
本当におめでとう!

中日ドラゴンズの皆さんはほんまに残念でした。しかし今年の虎が完敗した竜さんをもってしても勝てなかった事が、非常に複雑な心境であるとともに、短期決戦の怖さを思いしらされました(^_^;)

新庄君に話をもどします。いつも華やかで身につける物もど派手な新庄君ですが、彼のグローブはプロ入りしてからずっと愛用していると聞いた事があります。いつも外野手三人が集まってグローブをかぶるシーンを微笑ましく見てましたが、気がつくと彼の頭上のグローブは真っ黒です!まるで彼の野球人生を物語るような様々な思いが染み込んでいるようですね。

小生が新庄君を初めて生でみたのは縦縞最後の2000年の神宮球場の試合です!息子に野球を初めて見せに行ったと記憶します。結果は敗戦でしたが、センターからものすごい返球で本塁を狙う三塁ランナーを釘付けにしたスーパープレイに場内がどよめいた事を覚えてます(^-^)/

新亀ブームの頃からのファンの方々も、今夜は泣けたんだろうな〜人それぞれいろんな思い出がありますね(T_T)
本日生観戦リポートはアナフレ猛虎会『応援団長☆』です↓↓↓
最後の打席、最後の守備に感無量になりました。坪井と抱き合ってるシーンなんか感動でした(;_;)↑↑↑

言葉がつまりますね(T_T)お気持ちわかります

画像は交流戦!ど肝をぬかれた天井からの登場シーンを撮った貴重なお宝画像です(^-^)/応援団長から頂戴いたしましたm(_ _)m

感動をありがとう新庄君!そして日本一おめでとう(/_;)/~~

リポーター:アナフレ猛虎会『応援団長☆』

画像:新庄 剛志外野手

撮影:アナフレ猛虎会『応援団長☆』

撮影日:06年6月6日

場所:札幌ドーム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:23 | comments(2) | trackbacks(29) |
▼ 猛虎かく勝てり36
[ その他 ]


”日本人のメジャーリーグ挑戦について”

昨日、猛虎かく勝てり35にて井川君を投稿させていただきました。
連日のように井川君の今後の去就をマスコミが取り上げてますね!
本日もこんな記事をみつけました。
【井川争奪10球団!貧乏メジャーに大人気】
阪神井川慶投手が入札にかけられた場合、最大でメジャー10球団が獲得に乗り出す可能性があることが23日、関係者の証言で明らかになった。
(中略)
 人気の背景にあるのは、お買い得感だ。松坂の入札に、ヤンキースが30億円以上を投入するとの情報がある。資金力で太刀打ちできない他球団が、井川に目を向けるのは自然な流れ。ヤンキースの「松坂&井川W獲得」については複数の関係者が否定しており、05年末の平均年俸調査で下位に位置したインディアンス、ロイヤルズなどが獲得を視野に入れるのも、うなずける。
 井川は今季5年連続の2ケタ勝利を挙げただけでなく、大きな故障もなく6年連続で先発ローテーションを守ってきた。年間200イニングを投げる投手はメジャーでも貴重で、多くの球団から総額20億円の投資に値するとみられているようだ。
 ただでさえ今オフの米大FA市場には好投手が不足しているといわれ、メジャーは日本などアジア選手の調査に力を入れている。優良左腕の井川が熱視線を浴びるのも、当然の成り行きといえる。
↑↑↑

毎年井川君のメジャー行きには賛否両論があり、挙句の果てには、井川君が抜けた穴を埋めるべく、カープ黒田投手の獲得反対運動までおきておりますね(*^_^*)
小生も個人的には井川君は虎のエースであると断言いたしますし、来季も縦縞で波居る強打者を三振にきって欲しいと願っている一人です。
皆さんに叱られるかもしれませんが、小生はあくまでも本人の意志を尊重したいですね。
井川君自身がメジャーで挑戦したいという夢があるのであれば、だれもそれを拒む権利はありません。

あらためてポスティング制度を考えてみました。
ポスティング制度(ポスティングシステム)は、日本のプロ野球の移籍システムの一つ。
フリーエージェント(FA制度)が適用されない日本のプロ野球選手が、アメリカ・メジャーリーグに移籍を希望し、それを所属球団が認めた場合に行われ、選手自身は移籍先のチームを選ぶ権利はない。
移籍を希望する選手の所属球団は日本プロ野球のコミッショナーを通して、メジャーリーグのコミッショナーにその選手が契約可能であることを告知(ポスティング)する。
その後、メジャーリーグのコミッショナーはメジャーリーグの参加全チームにポスティング選手の連絡を行う。そして、この連絡から40日以内に、対象者の受け入れに興味を持つチームはメジャーリーグのコミッショナーに契約金を入札し、最高落札額のメジャーリーグ球団は日本の現所属チームと交渉権を獲得できる。契約が成立した場合は、入札金額を日本の現所属チームに全額支払うことになる。「しかし、選手の意思に関係なく、日本の現所属チームは一方的にメジャーリーグのチームとの交渉を拒否する権利もある。」
そもそもポスティング制度は、球団が見返りをもらえずに選手を失うことを防ぐために導入されました。導入のきっかけは、野茂英雄投手が近鉄バファローズを退団したときの一連のできごとです。1995年に、フリーエージェントではなかった野茂投手は、形式上日本のプロ野球から引退して、ロサンゼルス・ドジャースと契約を結ばれました。

このポステイング制度にも様々な問題がありますが、結論から言えば、高額な入札金で交渉権をメジャー球団が得ても、阪神タイガース球団が最終的に拒否をすれば、井川君のメジャー行きはかなわないということですかね・・・・・これもしっくりいきませんが、それを承知でメジャーに挑戦したいという井川君本人の意志であれば、小生は彼にエールをおくりたいですね(^^♪

さて、本日の本題です!前置きが長くなりました。
不肖『頑張れ阪神タイガース☆』が声を大にして言いたいことが一つあります。
ミスター長嶋さん風に言わせて頂きますが、

ベースボール発祥の国が、ベースボールプレイヤーを育てず、海外の野球選手の獲得に奔走している実態に寂しさを感じざるおえません。

かつて日本の名投手、故 沢村栄治投手がメジャーリーガー選抜の故べーブルース氏率いる名門チームをバッタバッタと三振に斬って勝利したことがたたえられて、その年の日本球界最優秀の投手に“沢村賞”が贈られるようになりました。
この厳粛な賞について、乱暴な表現をして恐縮ではございますが、野球選手がベースボールプレイヤーをキリキリ舞いさせた由縁から生まれた、栄誉ある賞だと思います。
素材は日本よりも沢山あるはずの大国が、先の記事にありましたが、年間200イニングを投げる投手はメジャーでも貴重である・・・・とか?ただでさえ今オフの米大FA市場には好投手が不足しているとか・・・・?メジャーは日本などアジア選手の調査に力を入れている・・・・・?等と日本のマスコミに書かれて、ベースボール発祥の国であるメジャーリーグ球団は恥ずかしくないのでしょうかね〜????

これは辛口評論家の広岡達郎氏が述べられていましたが、小生もまったく同感であります!
現中日ドラゴンズ監督の落合氏が巨人を去るときの言葉を思い出しました。
当時ラブコールをおくったのは、野村ヤクルトと、上田日ハムだったと記憶しますが、氏が選んだチームは日本ハムファイターズでした。その理由は、「ヤクルトは僕が行かなくても優勝できるチームだから」と記憶します。

不思議な縁ですね、今現在落合監督率いる竜さんが、最後に所属して、静かにバットを置いた日本ハムファイターズと争っています!落合氏も日ハムのリーグ優勝をひときわ喜んだ一人に違いありません。

できることなら、交換トレード制。金銭ではなく、井川君に代わるメジャープレイヤーとの交換トレードが実現できる日米野球制度の確立をしてもらいたいものです。
カギは外国人枠の撤廃でしょうか!
日本人選手の挑戦はこれからも続きます!これはやむをえない流れと見て、反対にメジャーからの獲得も積極的に進める。支配下選手の枠をなくし、外国人選手の制限も
やめる。メジャーがエースを取るなら、こっちもクレメンス投手やランディ・ジョンソン投手を取ってこれるような時代になってもらいたいものです。

画像:元メジャープレイヤー高津臣吾投手

撮影:アナフレ猛虎会『広報部長☆』

撮影日:06年8月18日

場所:明治神宮球場

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 19:13 | comments(1) | trackbacks(12) |
▼ 猛虎かく勝てり31
[ その他 ]


■1985/10/16 試合結果

対ヤクルト 24回戦 神宮

神|000 102 0020|5
ヤ|010 004 0000|5

HR:杉浦ソロ/真弓ソロ33号/バースツーラン52号/掛布ソロ39号
神:ゲイル-福間-工藤-佐藤秀-野村-中西

ヤ:荒木-尾花-梶間

――――――

”虎(^O^)/一丸野球で21年ぶり歓喜の優勝!”

アナフレ猛虎会の皆々様!勘違いなされないことをはじめに申し上げますm(_ _)m 2006年の戦いは昨日終わりました。サブタイトルはもうお気づきかと思われますが、今から21年前の1985年10月16日。奇しくも昨日と同じ神宮球場で優勝した猛虎の歴史的な瞬間のタイトルの一つです!
不肖『頑張れ阪神タイガース☆』アナフレ猛虎会風に21年前にタイムスリップさせていただきます(^-^)/
↓↓↓
前日の広島戦に快勝して、マジック1で迎えた我等が阪神タイガース!ついにこの日を迎えました。
燕に勝つか、引き分けるかで猛虎の優勝が決まります(^-^)/

本日の先発は優勝請負人のゲイル君です!
先制したのは燕さん。2回、制球に苦しむゲイル君が、四番杉浦選手にソロホームランを浴び一点ビハインドの展開に。

猛虎打線は3回まで若武者・荒木大輔投手の速球の前に早くも5三振と沈黙。
今夜の荒木投手は気合いが入ってましたね〜!

しかし4回、史上最強の一番打者・切り込み隊長真弓様がレフトスタンドへ同点の33号アーチをはなてば、虎の勢いは止まりません(*^^)v
続く6回には、元祖桧舞台の吉竹君がライト線へスリーベースでチャンスメイクすれば、待ってましたぜ神様バースがセンターへ52号ホームランで勝ち越し(b^-゜)
ところがその裏燕さんも意地をみせ、ゲイル君の与四球から連打で同点に追いつきます。続く影のMVP男の福間君も踏ん張れず、3-5と逆転を許してしまいます。

7回からはタフネス工藤君−佐藤君−野村君と小刻みな投手リレーで燕さんの勢いを見事に留めた継投策があたり、試合は3−5のまま最終回へ!

そしてドラマは9回に起こりました(^O^)/この回先頭の四番・ミスタータイガース掛布様がようやく燕二番手尾花投手をとらえて、レフトポール直撃の39号ホームラン(^O^)/これで1点差とすれば、続くは無冠のエリート岡田はんがセンターフェンス直撃のツーベースヒット!
こうなるともう止まらない。
途中出場の北村君がきっちりバントで送ると、すかさずムッシュ吉田はんが動きやしたね〜ミッキー平田にかわる代打・佐野センちゃんの登場!
追い込まれながらセンターへきっちり犠牲フライをはなち、土壇場で5-5の同点に追いつきます(^-^)/
9回、大事なマウンドをまかされたのは2年目の球道中西君。三人でぴしゃりと抑え同点のまま試合は延長戦に。 10回裏も中西君がマウンドにあがり、三人の打者をキッチリ抑えて試合時間超過規定により21時59分ゲームセット。
この瞬間、阪神タイガースの21年ぶりのリーグ優勝が決まりました(^O^)/
待ちにまったこの瞬間がやってきた(^-^)/選手もファンも皆が泣いた(T_T)

阪神タイガース万歳\(^_^)/
優勝おめでとう(^O^)/

↑↑↑

昨晩の神宮球場レフトスタンドで実に素晴らしい虎キチ夫婦に出会いましたので、お願いして撮映させていただいたものが今夜の投稿画像です(^-^)/
あの85年当時に購入された夫婦お揃いの優勝記念ハッピは全く色あせることなく、キッチリアイロンを施されておりました!様々な思い出が染み込んだハッピをまといながら、どのような思いで猛虎戦士の活躍ぶりを観戦されていたのでしょうか('-^*)/
このような往年のファンの支えあってのタイガースなんだなと、まだまだ虎キチ駆け出しの小生は、このご夫婦の背中を見て、襟を正すような気持ちとなり、来年も気を引き締めて応援していく所存でありますm(_ _)m

さてさて21年前の皆様はどのような青春をおくられていたことか(*^^)v小生は就職活動真っ只中でした(^.^)なつかしいのう〜

画像:85年優勝ハッピを纏う虎サポーター

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:06年10月16日

場所:明治神宮球場

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:31 | comments(1) | trackbacks(8) |
▼ 虎(^O^)/勝ち納め
[ その他 ]

■2006/10/16 試合結果

対ヤクルト 22回戦 神宮

神|200 001 000|3
ヤ|000 000 000|0

勝:井川14勝9敗0S
敗:石川10勝10敗0S
HR:金本ツーラン26号/林ソロ5号
神:井川
ヤ:石川-坂元-藤井-館山

――――――

”有り難う猛虎(^O^)/来年も頼むぜい(*^-^)b”

アナフレ猛虎会の皆々様!不肖『頑張れ阪神タイガース☆』今夜の神宮最終戦をしかと見届けて参りました(^-^)/

なんと試合は我等がエース井川君の奪三振ショー!見事な完封で14勝目をあげる、このうえない最高の観戦となりました(^O^)/

初回から4番金本兄貴が26号2ランを放ち2点を先制!先発の井川君は、燕打線を序盤3回無安打に抑える立ち上がり。
打線は6回、6番ファーストスタメンの林君が5号ソロを放ち貴重な追加点をあげれば、エース井川君は6回まで1安打、無失点の好投を続け、迎えた最終回、ピンチになりながらも最終打者の田中浩選手を三振に仕留め、10三振目を奪い、ゲームセット(^-^)/
2年ぶり3度目となる最多奪三振のタイトルを手にしました。

中日川上投手を10個差で追っての先発だっただけに、「さすが!」の一言(^-^)/神宮のファンは最後まで彼のピッチングに酔いしれて、惜しみない声援をおくってました(^O^)/

健太郎君三割到達はよくやった(^-^)/

浅井君!強気のリードで完封アシストは嬉しいでんな!

兄貴('-^*)/100打点まであと一歩及ばずもナイスホームラン(^-^)/

喜田君ナイスバッティングは、来季大ブレークの予感!片岡の旦那の抜けた穴は貴殿がいるからもう大丈夫!

キャプテン赤星様!最後の最後に意地のスチールを魅せてくれて感動したぜい(^o^)v-~~~

いやはや林君ナイスホームラン(^O^)/今年の一番の成長株でんな!来季は二桁本塁打の大台にチャレンジしてねv(^-^)v

ともあれ、猛虎戦士の皆さん!本当にお疲れ様(^-^)/今年もたくさんの感動を与えてくれた彼等に感謝の気持ちでいっぱいです!来季こそは日本一になってくれる事を祈ってます(^-^)/

我等が阪神タイガースに栄光あれ(^o^)v-~~~

画像:試合終了の瞬間

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:06年10月16日

場所:明治神宮球場

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:55 | comments(0) | trackbacks(26) |
▼ 虎(-o-;)無念!竜二年ぶりV
[ その他 ]


”中日ドラゴンズ優勝おめでとうございます”

アナフレ猛虎会の皆々様!申しわけありませんm(_ _)mあと一歩力及ばず、中日ドラゴンズに二年ぶりとなるペナントフラッグを奪われてしまいました。
本当に悔しい(T_T)しかし最後まで諦めずに竜さんを追い詰めた、今年の岡田阪神に最高の賞賛のエールをおくりたいですね!

普段は憎たらしい程にクールな落合監督ですが、タイロン選手の満塁弾が飛び出してから、すでに泣いてましたね〜2年ぶり7度目のVに涙、涙。心よりお祝い申し上げます。
今夜はあまり多くを投稿するつもりではなかったんですが、延長12回の試合終了胴上げまで見届けて、あらためて竜さんの強さの秘密を見つけましたので、一言投稿させていただきます。

12回、1死満塁で福留選手の勝負強さと、あの球をあそこまで運ぶタイロン選手のパワーに脱帽しましたが、一番の勝因は守備力だと思います。
同点に追い付かれた7回以降はむしろ流れは巨人に傾きます。がしかし呼び込んだ試合の流れを逃してしまったのが、内野ゴロをアウト一つとれない巨人の守備力だなと感じました。

井端選手と荒木選手の二遊間であれば、どんなアンラッキーなゴロでも、投手が打ち取った打球であれば、アウトを必ず一つは増やす。今更かもしれませんが、人工芝での守備力が球界ナンバーワンであること間違い無し!

虎の鳥谷君とモンキーは甲子園では負けませんが、人工芝なら非がある。つまり4球団のホームグランドが人工芝となった今、人工芝での守備力のアップがV奪還のカギではないかと感じました!

虎の闘いは今日より再出発となります(^O^)/
もちろん我々アナフレ猛虎会他日本全国の虎党達の闘いもしかりv(^-^)v
今日の悔しさは忘れられませんな(^-^)/

最後は守護神岩瀬投手が締めてナインの手で胴上げされ涙涙の落合監督!
21日から始まる日本シリーズで52年ぶり2度目の日本一を目指します。

皆さん来年こそは岡田はんを泣かせてやろうじゃありまへんかい(^O^)/


画像:タイロンウッズ内野手

撮影:アナフレ猛虎会『広報部長☆』

撮影日:06年9月29日

場所:阪神甲子園球場

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:08 | comments(1) | trackbacks(32) |
▼ 虎(b^-゜)雨天中止
[ その他 ]

■2006/10/5 試合結果

対ヤクルト 22回戦 神宮

雨天中止

――――――

”虎恵みの雨?”

この雨が凶と出るか吉とでるか?今夜は小生神宮観戦予定でしたが、渋谷駅到着直後に雨天中止の虎メールm(..)m
残念ですが、この雨ではいたしかたありませんな。

今夜はカープさんが竜さんに勝ったので、虎は労せずして2.5差となりました。
明日も関東地区は雨天予報のため、試合が中止になる可能性が高く、甲子園に戻って兎さんとの2連戦になりそうです!

先日は井川君の完封勝利を神宮で観戦する事ができました!
この巨人戦には今日の先発予定だった杉山君か又は、巨人に相性のいい下さんや福原隊長が投げる可能性が出てきました。

いずれも、最後の直接対決には誰が先発かが気になる不詳『頑張れ阪神タイガース☆』であります!

この大一番の先発はエース井川君の可能性もありますね(^-^)/
想像しただけでもワクワクしてきます(^-^)/

今夜の観戦リポートは、アナフレ猛虎会『愛しの慶ちん☆』さんです↓↓↓
ドラが負けた!やった!12日の甲子園の先発が気になるよね!慶ちんにもう一度!捕手を絶好調の狩野君にして、もちろん矢野様とは配球が違うから… いっちゃいましょう!ノーヒットノーラン とったれ!(・∀・)!
↑↑↑

有り難うございますm(_ _)mここにきて井川君が赤丸急上昇ですね!また狩野君とはシブいですね〜彼が井川君の球を受ける日は近いかもしれません!
竜さんは今夜投げたエース川上投手を12日に予定してるようですが、もしかすると虎に相性のいい昌投手でくるやもしれません!
そんときゃほんまにノーヒットノーラン返しといきまひょか(^-^)/

いずれも竜さんのマジックは5であるように、虎の残り5試合も必勝あるのみ(^_-)☆


リポーター:アナフレ猛虎会『愛しの慶ちん☆』

画像:明治神宮球場

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:06年9月3日

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:08 | comments(1) | trackbacks(7) |
▼ 猛虎かく勝てり23
[ その他 ]

■虎(*^^)v優勝への道

伝統の一戦を最高の連勝でおえて、甲子園に帰っての6連戦に挑む我等が阪神タイガース!

奇跡の逆転優勝に向けて、最後まで諦めない虎戦士たちの姿に毎晩感動している小生です(*^^)v

さて、今日現在で竜さんとのゲーム差は3ゲームとなりましたが、優勝するための現実の数字をとらえてみました。


中日 試合数129勝利75 敗戦49引分5 勝率0.605 差M12 残試合 17

阪神 試合数134 勝利75 敗戦55 引分4 勝率0.577 差3.0 残試合12

小生数字に弱く、生まれつきアバウトな性格から、こんなイメージで単純な数字を算出させていただきました。

タイガースは残り試合は12、竜さんは17試合でマジック12ということは、

虎が残り試合全勝しても、竜さんは12勝すれば優勝です。

ということは、虎が12連勝しても竜さが残り17試合で6敗をしなければ、虎の優勝はありえない。以下竜さんの優勝パターン例を五つ並べてみました。

虎12勝0敗でも竜12勝5敗で優勝
虎11勝1敗→竜11勝6敗
虎10勝2敗→竜10勝7敗
虎9勝3敗→竜9勝8敗
虎8勝4敗→竜8勝9敗
いずれも竜さんの優勝です(*_*;

残り試合の対戦相手は虎が、11勝5敗の広島戦が4試合、5勝13敗の中日戦が3試合、10勝8敗の燕戦が3試合、10勝10敗の巨人戦が2試合に対して、

竜さんが13勝5敗の虎戦が3試合、9勝5敗の横浜戦が6試合、8勝8敗の広島戦が5試合、10勝10敗の燕戦が2試合、15勝6敗の巨人戦が1試合となります。

結論から申し上げますと、奇跡の逆転優勝にむけての不肖『頑張れ阪神タイガース』の理想の形は、おそらく竜さんは必ず虎3連戦にはエース川上投手と、ノーヒットノーラン男の山本昌投手、キラー中田投手と、虎に相性の良いバッテリーで来ること間違いなし!

迎え撃つ虎は全精力を挙げて、この直接対決を打ち砕くしかありません(*^^)v

そして、竜さんが次に当たるのが、今季一番苦手とするカープさんとの4連戦が最大のヤマではないかと予想します。

裏ローテでカープさんに大きく負け越したら(もし1勝3敗)となれば、虎の逆転優勝の可能性がかなり出てきますぜい(*^^)v

竜さんの9月の成績は10勝8敗で、虎は13勝3敗です。現実的に残り試合をこのペースで消化すれば、竜さんが84勝57敗5分けで勝率5割9分6厘となり、虎は85勝57敗4分けで勝率5割9分9厘となり、虎の逆転優勝は正夢となるんですね〜

8月24日時点で最大9ゲーム差をつけられていましたが、1カ月で3ゲーム差まで迫りました。

この間、チーム打率は虎が・282、竜・284と変わらないのですが、虎投手陣は防御率2.72、竜投手陣は4.44と、前半戦驚異的なチーム防御率を誇っていた竜さんに対して引き離していることも大きいですね!

10月14日に勝利して、奇跡の逆転優勝!胴上げといきましょう!(^^)!

さてさて、皆様の予想は如何に?

画像:『俺達も最後迄諦めない!絶対勝て』

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:06年9月23日

場所:東京ドーム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:34 | comments(1) | trackbacks(2) |
▼ 猛虎かく勝てり22
[ その他 ]

■猛虎よ、巨人を叩け2

64打数 18安打 7本塁打19打点20三振6四球0死球打率.281

これがイ・スンヨプ選手の対阪神戦のこれまでの成績であることは昨日のべました。

1番手痛くやられているのが、皆様記憶に新しい我等がエース井川君です
なんとこれまでチーム計7本被弾されていますが、うち5本のホームランを打たれています(><;)

投手別相性(得意)
・井川投手 12打数 6安打 5本塁打 8打点 1三振 1四球 打率.500
・久保田投手 3打数 2安打 1本塁打 2打点 1三振 0四球 打率.667
・オックス投手 7打数 3安打 0本塁打 2打点 3三振 1四球 打率.429
・江草投手 6打数 2安打 0本塁打 0打点 2三振 0四球 打率.333

投手別相性(苦手)
・福原投手 10打数 2安打 1本塁打 4打点 3三振 0四球 打率.200
・杉山投手 5打数 1安打 0本塁打 1打点 1三振 2四球 打率.200
・下柳投手 9打数 2安打 0本塁打 1打点 0三振 0四球 打率.222
・藤川投手 3打数 0安打 0本塁打 0打点 3三振 1四球 
以下ジェフも2打席2三振、安藤君や能見君、ダーウイン君も対戦数は少ないが、手痛いヒットは打たれていない。

井川君はストレーで3本、スライダーで2本、久保田君はストレート、福原隊長はカーブ。
いずれも真中高めから外角よりのボールだということがわかった。

やはり福原隊長と下さんの投球に攻略法が見出せる。

隊長が打たれたカーブは明らかに失投。それ以外は内角高目と外角低めへの絶妙な配球と緩急をつけて、打たせてとるピッチング!
下さんは本塁打を浴びていないことがさすがの一言!2本のヒットは内角へ食い込むシュート
がやや甘いコースに入っただけのシングルヒット。さしもの強打者もこの二人には、苦しんでいますね(*^^)v

不肖『頑張れ阪神タイガース☆』の結論は、やはり彼に対しての力勝負は禁物ということ。

悔しいが、数字が物語っているように、彼を真っ直ぐで確実に三振にとれるのは先発投手陣にはいません!
球児君の真っ直ぐと、ジェフのスライダー、能見君の切れのあるスライダーだけでしょう。
又、内角も切れのない変化球が低めにいくと、力で外野まで運ばれます。
よほど正確にコントロールしなければ、少しでも真中よりに入ればスタンドインされます。

明日の先発は福原隊長の予定です!絶妙のコントロールで完投してもらえる事を期待します。がしかし、後半もつれるような展開となれば、イ・スンヨプ選手に対しては、ワンポイでジェフや吉野君を投入するような継投策も必須でしょう。

そして最善の安全策は、彼を歩かすこと。卑怯な戦法かもしれませんが、膝に爆弾をかかえる彼を塁に出しても走れないような気がします。

本日竜さんが勝ちました!もう“負けられない”を通り越し、“勝つためには一点もやれない”野球をやってくれなはれ!

打線は赤星君以外は心配ありませんし、そろそろ今岡君にヒットがほしいですね(*^^)v

もちろん小生東京ドームへ出陣いたします(*^^)v
必ずや勝利の六甲颪を斉唱してまいります♪

画像:東京ドーム

撮影:アナフレ猛虎会『広報部長☆』

撮影日:06年7月1日

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:10 | comments(1) | trackbacks(6) |
▼ 猛虎かく勝てり21
[ その他 ]

■猛虎よ、巨人をたたけ(*^^)v

”巨人の四番打者を斬り倒す”
アナフレ猛虎会の皆々様!今夜は大変申し訳ありませんが、宿敵の選手について投稿お許しくだされ

何度か投稿させていただきましたが、今季は猛虎がこのバッターにやられています(*_*;
松井選手以来の久しぶりに虎の前に立ちはだかった強打者!
なんとしても三振に斬りたい男です!
 
  イ・スンヨプ内野手

韓国プロ野球時代にシーズン56号本塁打を記録し、アジアの大砲として日本球界にやってきました。
昨季は30本塁打と活躍。左投手に対してどれだけ対応出来るかが、セ・リーグで成功するポイントというのが、シーズン前の下馬評でした。

今シーズンのここまでの彼の成績です

打率.317 試合数131 打数478 得点96 安打152 本塁打40 打点97 三振114 四球51 死球4 犠飛7 盗塁5 併殺打5 出塁率.383 長打率 .623

四番打者として打率は現在リーグ2位、40本塁打は1位、打点も現在4位と素晴らしい成績をあげてます。そして明後日のカードである東京ドームでは打ちまくってている数字が
ご覧のとうりです!

東京ドームでの成績
試合数56 打率.333 打数210 安打70 本塁打21 打点45 三振45 四球16死球1 犠打0 犠飛1 盗塁3



右投手:打率.306 打数284 安打87 本塁打22 打点55 三振75 四球33 死球1

左投手:打率.335 打数194 安打65 本塁打18 打点42 三振39 四球18 死球3

千葉ロッテ時代は左投手が先発だとスタメンからはずれてました。
内角高めと外の落ちる変化球に弱いという弱点が露呈し、徹底した内角攻めから外角低めに落ちる変化球というパターンで仕留められるという弱点もありましたが、上記数字から、今シーズンは巨人の四番に君臨して完全に日本の投手に慣れた感が伺えます。

我等がエース井川君が特にこの男と真っ向勝負で打ち砕かれました(*_*;
明後日からの2連戦は、あえて先発をはずされているのは皆様周知のとうりですね!
とにもかくにも小生は、猛虎が打てなくて敗れた試合よりも、投手が打たれて負けた試合が悔しくて悔しくて眠れません(*_*;


打率.281 打数64 安打18 本塁打7 打点19 三振20 四球6 死球0

今日現在までの対阪神戦での彼の成績です!

明日はアナフレ猛虎会不肖『頑張れ阪神タイガース☆』が巨人の四番打者、イ・スンヨプ選手の攻略法を分析いたします


画像:イ・スンヨプ内野手

撮影:アナフレ猛虎会『広報部長☆』

撮影日:06年4月23日

場所:東京ドーム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:22 | comments(0) | trackbacks(2) |
▼ 虎(^_^;)屈辱の連敗
[ その他 ]

■2006/9/16 試合結果

対中日 18回戦 ナゴヤドーム

神|000 000 000|0
中|100 200 00x|3

勝:山本昌9勝7敗0S
敗:福原11勝4敗0S
HR:井端ソロ6号/T・ウッズ ツーラン34号
神:福原
中:山本昌

――――――
今夜はどう書き出そうかいろいろ迷いましたが、今日の敗戦をこう考えてみましたm(u_u)m
何故ナゴヤドームに来ると打てないのか?あっ否勝てないのか?

・猛虎打線の弱点は全て谷繁捕手に知り尽くされている事。

・ナゴヤのファンに喜んでもらうため、竜の先発投手陣はベストコンディションで調整してくる。

・竜の野手は、慣れ親しんだ球場で思いきっりのよいフィールディングができる

小生にはこれくらいしか思いつきませんが、出過ぎた発言お許しください。
ひとつの結論に達すれば、猛虎打線はすでにプロ野球選手として完成されたに近い選手が多く、むしろ投げてはならない球が明確で、配球とコントロールさえ噛み合えば、相手投手がよほど調子が悪い時をのぞけば、明日も0行進が予想される気がしてなりません…

事実昨年まで竜戦で当たっていた赤星君や矢野様も、今年は完璧に封じ込められていますね!

竜にとって虎はむしろ虎はお客様なんかもしれない(^o^;)

竜がデータの少ない交流戦を苦手にしている事や、カープさんやベイさんには大変失礼かもしれませんが、主力選手達が若くてまだまだ成長段階で、未完の大器のため、むしろ攻め球が絞れないのが竜さんの苦戦の要因かもしれません。

そんな感じまでのさせられた完敗でしたが、今日は山本昌投手につきましたね(^o^;)お見事!

虎の先発福原隊長も悪くなかった!タイロン選手の失投以外をのぞいて、最後まで一人でマウンドに立ちつづけた(^-^)/

ノーヒットノーランという大記録は、プロ野球通算73人、84回目。41歳1カ月での快挙は、95年8月26日の近鉄戦で達成したオリックス・ブルーウェーブ(当時)の佐藤義則投手(当時40歳11カ月)を抜く、史上最年長記録だそうです。

打者28人に対し、許した走者は森野三塁手の失策による1人だけ。四死球はゼロという完ぺきな内容でした。

いや〜しかし、ナゴヤドームを拠点に応援されている虎ファンの皆様は本当に今年は悔しい思いをされていますね(☆o☆)

明日こそ一矢報いてもらわなきゃv(^-^)v

今夜はここまででにします。

山本昌投手おめでとう(^O^)/

画像:ナゴヤドーム

撮影:アナフレ猛虎会『美濃真弓会☆』

撮影日:06年8月11日

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:17 | comments(0) | trackbacks(14) |
▼ 猛虎かく勝てり19
[ その他 ]

■鯉を攻略する(b^-゜)■
明日からの広島決戦に始まる8連戦は全て落とせません( ̄口 ̄)まずは広島カープ戦です。先月のまさかの連敗は佐々岡投手、大竹投手、そしてエース黒田投手にしてやられました。特に大竹投手は最近調子をあげてきていますので要注意ですな。

今夜は前回12安打を放つも完投負けした黒田投手攻略を考えます

黒田投手の球種は先月24日のタイガース戦計132球のうち

ストレート73球
スライダー43球
シュート7球
フォーク7球
カットボール2球
このようなデータからわかるように、以外に球種は多くありません。

12安打の内訳はストレートとスライダーのみ!シーツ様と矢野様が相性抜群です。
やはり真ん中高めに入る甘めのスライダーとストレートを見極めて狙い打ちしたいですね。

また比較的早いカウントからのヒットが多く、三振は少ないことから、内野ゴロを打たせて討ち取るタイプであるという以外なデータもあります。
前回5打席凡退のキャプテン赤星君と、3三振と手玉にとられた斬り込み健太郎君の1、2番コンビの奮起に期待したいですね。
やはりこの二人がチャンスメイクできるかが勝敗を決するであろう事間違いありません!
特に赤星君はストレートに力負けをして、5打席全て内野ゴロに仕留められています。しっかり踏み込んだジャストミートの打球を期待したい。
健太郎君は黒田投手のスライダーに全くタイミングが合っていなかった。とにかく赤星君を得点圏に進塁させる事に徹して、三振だけは逃れたい。この二人が繋げば、クリーンナップがジワリジワリと打点を重ねてくれるやに違いない!そして鳥谷君と矢野様の下位打線も好調をキープしているので、打線さえつながれば確実に加点が見込まれる。

あとは投手陣。安藤君と、杉山君が予定されているが、二人とも前回の登板で好結果を残しているので期待かもてる(^-^)/
特に安藤君は前回見事な初完封勝利をあげた時のように、ランナーを背負ってもバックを信頼して、併殺打の山を築いていく粘りの投球をしてもらいたいものだ(^-^)/
杉山君もしかり、立ち上がりが悪い癖を克服して、初回から集中力をもって、先に点を相手に与えない投球を絶対心がける事!
中継ぎ陣は休養充分('-^*)/
8連戦はいつでも万全な体制で登板が期待できますね!

代打陣は右はスぺ様そろそろ快音の予感に左はひ〜やんに林君がまた打ってくれますぜい

あ〜早く明日のプレイボールが待ち遠しいな〜
o(^▽^)o


画像:燃えろ!阪神タイガース

撮影:アナフレ猛虎会『広報部長☆』

撮影日:06年9月3日

場所:関内市内の喫茶店

☆頑張れ阪神タイガース☆
人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:21 | comments(1) | trackbacks(2) |
▼ アナフレ猛虎会メンバー紹介2
[ その他 ]

■アナフレ猛虎会
会員募集(^o^)/

入会資格:タイガースが好きな事だけです!一緒に球場で応援いたしませう(^o^)/


毎日の虎戦士達の果敢な健闘ぶりから目が離せない今日このごろ、みな様いかがお過ごしでしょうか(^^♪

奇跡の逆転優勝に向けて、応援にも熱がはいりますね!

さて本日はアナフレ猛虎会にかかせない、オットット…失礼いたしました。阪神タイガースの大躍進にかかせないこのお方をご紹介させていただきます(^_^)v

名前 応援団長☆(別名:道産子パイレーツ☆)

性別 ♀

年令 内緒

好きな選手:関本健太郎、喜田 剛

タイガースとの出会い:真弓明信氏のプレーに感動したことと、岡田監督の現役時代にサインボールをもらった事


好きな飲み物:球場で飲む生ビール

好きな食べ物:ポテトチップス

将来の夢:虎風荘の寮母になること

最近の自慢:関本選手の自主トレでセミヌードを目撃したこと

ビックリマンプロ野球を初めて1個だけ買ったら球児くんのシールだったこと(^o^)/

宝物:関本健太郎の直筆サインのイエローメッシュ

愛用カメラ:キャノンEOS KISS一眼レフカメラ(発売日に購入されました)さすがです

好きなタレント:三谷幸喜

好きなミュージシャン:ボンジョビ

カラオケ18番:雨の御堂筋

タイガースファン暦○○年の応援団長なくして、アナフレ猛虎会は語れません。毎年沖縄キャンプでシーズン活躍選手を予想されて、年一回聖地甲子園球場にも巡礼をかかさない、筋金入りの虎キチです。

既に神宮最終戦に向けてスタンバイされてますが、日頃は北の大地の虎ファンが集う居酒屋「虎吉」にて応援が定番の応援団長のいく先々は向かうところ敵無し!
小生なんぞ足元にも及びません(^^♪

奇跡の連覇のあかつきには、願わくば日ハムとのシリーズ実現を期待しながら日夜虎を想い続けるこのお方を見習って、アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』も気を引き締めて、応援をさせていただく所存です(^_^)v

明日から連勝だ!


画像:関本健太郎直筆サインの宝物

撮影:アナフレ猛虎会『応援団長☆』

撮影日:06年9月8日
場所:北の大地の憩いの部屋

☆頑張れ
  阪神タイガース☆

人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:32 | comments(0) | trackbacks(6) |
▼ アナフレ猛虎会メンバー紹介
[ その他 ]

■アナフレ猛虎会
会員募集(^o^)/

入会資格:タイガースが好きな事だけです


昨夜の逆転勝利から興奮さめやらぬ小生ですが、今夜の猛虎ナインは横浜の夜空を満喫しているのかな〜とおもいながらブログしております(^_^)v

さて、今夜はアナフレ猛虎会の同志である『広報部長☆』をご紹介いたします!

名前:広報部長
年齢:30歳位
血液型:O型
趣味:写真撮影、映画館で映画鑑賞

好きな選手:金本知憲
好きなタレント:渥美清、内田由紀。

愛用デジカメ:DMC-FZ5

野球に全く興味がなかったのですが、小生の選手画像の撮影依頼を快く引き受けていただいた事がキッカケで、今季開幕戦で鮮烈な画像を提供していただき、衝撃的なデビューを果たしました(^_^)v

今ではすっかり虎キチになりました広報部長が、なぜ金本選手が好きかと言うと、年齢にかかわらず「アニキ」と呼ばれている事に衝撃を受けたからだそうです。

一見おとなしそうにみえる真面目な好青年ですが、画像は先月の神宮ヤクルト戦の試合
開始前に、広報部長がレフト外野席にてゲットした、ラミレス選手のサインボールです!
ナイスキャッチというよりも、溢れ球を体を張ってもぎ取ったという表現が適切かもしれませんが、あの執念には驚きました(*^_^*)
野球のルールや、タイガースの選手名などはまだまだ覚え切れてませんが、これからもたくさんの素晴らしい選手画像を提供してくれるにちがいありません(^_^)v

当ブログは広報部長の様な素晴らしい画像と、皆皆様からのコメントに支えられておりますですm(_ _)m

こころより御礼申し上げますm(_ _)m

明日は小生自宅観戦ですが、日曜日は広報部長と共にハマスタレフトスタンド外野自由に応援に行って参ります(^_^)v

広報部長の撮影テクニックから、どんなに素晴らしい躍動感溢れる選手画像がとびたすか、今からでも楽しみです(*^_^*)

もちろん試合も勝って勝利の六甲颪をいっしょに斉唱して参ります(^_^)v

よろしければ一緒に応援しませんか(^o^)/遠慮なくご通知くだされい!朝から列びまっせ(^_^)v

画像:ラミレス選手サインボール

撮影:アナフレ猛虎会『広報部長☆』

撮影日:06年8月18日
場所:明治神宮球場

☆頑張れ
  阪神タイガース☆
人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:14 | comments(3) | trackbacks(3) |
▼ 虎(-o-;)完封負けで5連敗
[ その他 ]

■2006/8/26 試合結果対巨人 15回戦 甲子園
巨|013 210 003|10
神|000 000 000|0

勝:内海10勝10敗0S
敗:オクスプリング4勝3敗0S
HR:小久保ソロ14号/ソロ15号
巨:内海
神:オクスプリング-吉野-桟原-江草-ダーウィン

――――――
”猛虎ナインの悔しさを露にした顔を久しぶりにみた”

そんな感じの試合でしたね〜ここにきて1番チーム力が低下しているような気もします。

本日の先発は本人も1番良くわかっていたはずのオクスプリング君です!結果を出さねばならない背水の陣に、初回は実に素晴らしいピッチングスタートだったんですが…
2回表、小久保選手に14号ソロを打たれ先制を許すとズルズル立ち直れず、4回をもたずに6失点で降板(-o-;)。その後も昨年までは名前すら知らなかった巨人の活きのいい若手選手に後続投手が打ち込まれ、合計19安打を浴びてしまいます。

一方の猛虎打線は3回まで巨人先発の内海投手に、パーフェクトに抑えられますが、5回裏にようやく兄貴の初安打と四球などで1死一、三塁と好機をつくるも無得点。

散発4安打に抑えられてしまい、今季対内海投手に2度目となる屈辱の完封負けです(-.-;)

前半戦は全体を通じても今年の虎はいわゆる「大差の完敗試合」がなく、本当に粘りのある強いチームだなと思っていましたが、ここに来て本当に息切れですね〜

マウンドに立つ投手陣に凄みが感じられず、打者にも威圧感が感じられません(^_^;)
責任感が強く真面目なキャプテン赤星君はスッカリヤツレて頬が痩けてきてるようにも感じます!

頑張れ猛虎ナイン!
こんな時こそ我々の熱い声援で彼等にパワーを与えてあげようではありませんか(`o´)

どんなに負けても歯をくいしばって懸命にプレーするナインの姿は、夏休み最後の伝統の一戦に駆け付けている子供達に夢と希望を与え続けるに違いありません(^_^)v

今夜のヒーローはテレビのチャンネルを代えたくなった試合でも最後まで声援を送りつづけた甲子園の親愛なる虎ファンの方がたですね(^o^)/


画像:親愛なる虎党

撮影:アナフレ猛虎会『広報部長☆』

撮影日:06年8月18日

場所:明治神宮球場

☆頑張れ
  阪神タイガース☆
←人気blogランキングに参加しています。クリックをお願いします
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:38 | comments(6) | trackbacks(23) |
▼ 猛虎かく勝てり16
[ その他 ]


"祝、初優勝早稲田実業"

第88回全国高校野球選手権大会は大会史に残る決勝戦となりました。早稲田実業初優勝おめでとう!敗れた駒大苫小牧もどちらも優勝させたかったという気持ちですね〜(*^_^*)

再試合を前に本日の朝日新聞朝刊にこんな記事を見つけました。

長田弘さんの詩集「夏の物語-野球」の中で野球は全て動詞で書く物語だと書いてあります。「滑る、飛ぶ、走る、殺す、追い込む」といった数十の動詞を詩にちりばめながら、野球に特有の躍動感をうたう。「ギュッとくちびるを噛む」「どこまでもくいさがる」といった表現もあり、そして詩はこう結ばれる。「あらゆる動詞が息づいてくる/一コの白いボールを追って/誰もが一人の少年になる/夏。」

引き分け再試合と決まった時、この日の両チームには当てはまらなかった動詞が二つあると思った。

『乱れる』と『譲る』

ヒットを許し、点は与えても、ほとんど乱れなかった。そして、互いに一歩も譲らなかった…

高校野球児達におそわりました(*^_^*)

2006年ペナントレースはまだ終わっていません!
我等が阪神タイガースは残すところ37試合です!
首位中日さんとは8ゲーム差と厳しい状況ではありますが、岡田監督を中心に最後の一試合まで決して『乱れる』『譲る』事のないプロ野球の躍動感溢れる勝負をしてくれる事でしょう(^_^)v


何よりも、まだ37試合も縦縞猛虎戦士達の名勝負を堪能できる事を最高の幸せと感じさせていただいて(^o^)/
今夜のとりとめのない投稿を終らせて頂きますm(_ _)m

参考文献:朝日新聞"天声人語〜『長田弘詩集』ハルキ文庫

画像:薄暮の阪神甲子園球場

撮影:アナフレ猛虎会『応援団長☆』

撮影日:2005年吉日

☆頑張れ
  阪神タイガース☆

←人気blogランキングに参加しています。クリックをお願いします
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:59 | comments(1) | trackbacks(18) |
▼ ちょっと一息o(^-^)o
[ その他 ]

悪夢の連敗から一夜明けました(-.-;)

本日はちょっと一息です(^_^;)

おかげさまで皆様からのたくさんの励ましとお叱りの?コメントやTBをいただきまして、小生も頭をなんとか冷やす事ができました。ありがとうございますm(_ _)m


数あるコメントを代表して、アナフレ猛虎会『濱ちゃん気になる〜☆』さんをご紹介いたします
↓↓↓連敗…それもけちょんけちょんですわ〜(>_<)はっきり言って今年の優勝は難しいですね。今のままの虎だったら無理ですよ。でも、私はタイガースを愛してます。負けても応援し続けますからね(o^-')b↑↑↑

涙がチョチョギレルようなコメントに勇気づけられます(;_;)
ほんまにありがとうございますm(_ _)m

そうです〜まだまだ勝負はこれからですね(^o^)/

合言葉は
■勝っても負けても阪神タイガースが好きやねん■でしたね(^_^)v

明日からの京セラドーム横浜戦から再び全力で応援いたしませう(^_^)v

そして今週末の神宮には小生もちろん出陣して参ります(^_^)v

また、おくればせながら来月には聖地甲子園球場に最後の夢を託して観戦に行ってまいります(^_^)v

画像は貴重な未使用のテレホンカード
85年の優勝記念品で、真弓氏と掛布氏の似顔絵が書いてありますo(^-^)o

アナフレ猛虎会『濱ちゃん気になる〜☆』さんからの貴重なお宝画像を頂戴いたしましたm(_ _)m

岡田はん!明日もしまっていこうぜい(^o^)/

画像:優勝記念テレホンカード

撮影:アナフレ猛虎会『濱ちゃん気になる〜☆』

撮影日:06年8月14日

☆頑張れ
  阪神タイガース☆
←人気blogランキングに参加しています。クリックをお願いします
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:29 | comments(0) | trackbacks(11) |
▼ 猛虎かく勝てり15
[ その他 ]


■敵将の理論に学ぶ

松山での広島戦は、猛虎打線が爆発の連勝。交流戦からチーム打率が低迷していたタイガースにとっては朗報です。しかし今カードはカープの投手陣に失礼かもしれませんが、いわゆる裏ローテとの対戦で、エース黒田投手やベテラン佐々岡投手との対戦ではありませんでした。
明日からの横浜と竜との6連戦は、三浦投手や門倉投手、そして近年相性の悪い中田投手、川上投手、山本昌投手又は、今季好調の佐藤充投手との対戦になること間違いありません!
そして試合がもつれればクアトロKや岡本投手、岩瀬投手の攻略が必須です!

今週のカードでいかに竜さんとのゲーム差を縮められるかが、連覇に向けての大きなヤマ場でしょう。

猛虎打線がいかにエースを打ち砕くか(`o´)目が離せない連戦です!
岡田猛虎連覇阻止に立ちはだかるオレ流落合ドラゴンズ。
決戦を前にして、敵将を知るをテーマに、落合氏の理論を学んでみました。


おそらく日本球界最強の四番打者をあげれば三本の指に入るであろう男こそ、落合博満現中日ドラゴンズ監督です。
・三冠王3回・首位打者5回・本塁打王5回・打点王5回など、打者としての栄冠を総ナメ!その他獲得タイトルをならべれば枚虚に暇がありません。

ずばり氏が唱えるバッティングの基本とは
『センター返し』です。
つまりボールを打つ時は打者の両肩を結ぶ線と平行に打ち返すことが最も自然で理にかなった打ち方なのだと。

氏は著書の冒頭から断言します。
「常にセンター返しを頭において打席に立てば打率3割3分、40本塁打、120打点はすぐにでも達成できる」と。
その裏付けとして氏の興味深い観点に猛虎打線復調のヒントを見い出した!

一般的な野球場は本塁からの距離がレフトとライトが90〜100メートル位に対して、センターはほぼ120メートルある。いつから野球場がこういう形になったのかは知らないが、きっとセンターへの打球が最もよく飛んだからではないかと氏は考える。すなわち、センターへ飛ぶ打球が最もよく伸びることを示している。
氏は現役時代たとえ結果が3打数無安打でも、打球がセンター中心に飛んでいる時などは「ヒットにならなかったが、自分の状態は決して悪くない」と考えたと。

素人の戯言でありますが、小生の昨今の記憶をたどり、猛虎打線にあてがってみました!

キャプテン赤星:執拗な迄の外角攻めに対して左方向を狙い、内野安打を意識しすぎてないか?もっと踏みこんだ右中間への強いライナーを見てみたい!

関本健様:今季のサヨナラ本塁打はセンターへの伸びに伸びた大飛球!君の持ち味であるセンターからライト方向への打球を忘れかけていないか

濱ちゃん:強引にレフト方向に引っ張りすぎのため、ひっかけた内野ゴロが多かないか!先日のドームバックスクリーン弾を忘るるな!

金本様:忘れもしないぜ度肝を抜いたサヨナラ本塁打は、昨年日ハム戦のバックスクリーンサヨナラ直撃弾!

シーツ様:外角の変化球に対して三振が減ったのはセンター返しが増えたからではないか!

鳥谷君:貴殿プロ入り最高のバッティングは、昨年の10月5日の最終戦に放ったバックスクリーン左横に飛込むサヨナラホームラン!

矢野様:甲子園の深い右中間は貴殿のためにあるようなもの!深深と抜けていく二塁打を忘れちゃいないか!

モンキー藤本:エースキラーのダークホース!ホームランを狙わずセンター返しに徹すれば、3割間違い無し

岡田はん:思い出せ!プロ野球界で虎だけが永遠に語りつがれる伝説こそ、貴殿が放ったバックスクリーン3連発だったではないか(^o^)/

アナフレ猛虎会の皆様!猛虎打線の爆発を信じて、今週も勝利の六甲颪を斉唱しようではありませんか(^o^)/

参考文献:『落合博満の超野球学1』ベースボールマガジン社

画像:レフトスタンド「勝ちたいんじゃ!!」

撮影:アナフレ猛虎会『広報部長☆』

撮影日:06年5月24日
場所:千葉マリンスタジアム

☆頑張れ
  阪神タイガース☆

←人気blogランキングに参加しています。クリックをお願いします
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ いつもコメント有難うございますm(_ _)m
[ その他 ]
■2006/7/18 試合結果対巨人 10回戦 甲子園雨天中止
――――――
いつもアナフレ猛虎会『☆頑張れ阪神タイガース☆』にたくさんのコメント本当に有難うございます。

携帯メールで直接コメントを下さる方々に感謝_(_^_)_

札幌支部『応援団長☆』様:この人なくして猛虎会は語れません。小生この方の足元にも及びません!鮮やかなリポートに感謝(^^♪

青森支部『杜の都の虎姫☆』様:東北シリーズにて大活躍の虎姫様!美の国からのリポートに感謝(^^♪

横浜支部『ハマの虎姫☆』様:ハマの女虎番長が観戦すれば勝率9割???いつも有難うございます熱い観戦リポートに感謝(^^♪

東京支部『濱ちゃん気になる〜☆』様:成りきりトラッキー装着しての応援が定番の濱ちゃん親衛隊長に感謝(^^♪


広島支部『瀬戸内海のトラキチ☆』様:日本全国虎の向かうところにいつの間にか出没されるスーパーマンに感謝(^^♪


山口支部『下関のトラキチ☆』様:いつも虎キチの集まる居酒屋さんでドンちゃん騒ぎ!愉快な好青年に感謝(^^♪


岐阜支部『美濃真弓会☆』様:真弓氏の縦縞復活を待ち望む親衛隊長!地方球場開催時の貴重なリポートに感謝(^^♪

愛知支部『虎たまご姫☆』様:今岡君の親衛隊長の出番はもうすぐですぜい!甲子園観戦リポートに感謝(^^♪

東京支部『林君がきになる〜☆』様:林君の一発に痺れて早半年!もうやめられません!出場試合には必ずリポートに感謝(^^♪

東京支部『広報部長☆』様:いつかは必ず聖地甲子園球場に連れて行って最高のアングルショットに感謝(^^♪

そしてアナフレ猛虎会発祥の源『ANAフレンドパーク』名刺にてコメントを下さる方々に感謝_(_^_)_

兵庫支部『蜜蜂シーツ☆』様:シーツ親衛隊長様!本家本元の甲子園球場へ徒歩出陣?の観戦リポートに感謝(^^♪

大阪支部『桧山さんが私の青春☆』様:いつもお仕事先からの応援に敬意を表します!京セラドームがお庭の虎姫リポートに感謝(^^♪

兵庫支部『虚塵にだけは負けない☆』様:小生のつたない日記に毎日コメントをくださる律儀なトラキチ様に感謝(^^♪

兵庫支部『井川君のお仕置きは私に任せて☆』様:エース井川が負けた時にはもう大変!頼むから好投してくださいに感謝(^^♪

愛媛支部『85年の虎が最高☆』様:坊ちゃんスタジアムに虎が向かえば、あとはこの方にお任せ!四国の夜空からのリポートに感謝(^^♪

埼玉支部『未来の猛虎戦士育成中☆』様:鳥谷二世は我息子!虎戦士になった暁には、サインをくたざいに感謝(^O^)

山口支部『夕日がケンさんを呼んでいる〜☆』様:まさに猛虎会の生き字引!今も昔も虎への愛情は変わりなし!ご多忙の中の観戦リポートに感謝(^O^)

以上まだまだアンケートへコメント頂ける方々、小生のブログへの直接コメント、TBを頂けるみな様へ!本当に有難うございますm(_ _)m

日頃の感謝を込めさせていただき、小生の勝手につけさせていただきましたキャッチフレーズの失礼もお詫びしつつm(_ _)m今後ともよろしくお願いいたします。


画像:虎シャツ

撮影:アナフレ猛虎会『広報部長☆』

☆頑張れ
  阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 訃報です
[ その他 ]
■2006/7/17 試合結果対巨人 10回戦 甲子園雨天中止
――――――
◇伝説の男逝く
プロ野球元巨人の投手で、『8時半の男』の異名をとった宮田征典氏が13日肝不全のた死去されました。
享年66歳。
近代野球のストッパーの先駆けとして活躍し、引退後は巨人の投手コーチを3度計15年間も務め、テニスラケットを使ってひじの使い方を教えたり、遠投重視の練習法など、卓越した理論で、斎藤氏、槙原氏、桑田投手の3本柱など多くの投手を育てあげました。
また西武、中日、日本ハムでも投手コーチを務められ、西武では渡辺久氏や工藤投手、中日で野口投手、川上投手…など、宮田氏の理論にふれることで、エースへの階段を駆け上がった投手は数しれません。


後楽園球場の大時計が8時半を指すころになると、マウンドには宮田氏がいました。だから
『8時半の男』

1965年、巨人栄光のV9の最初の年を支えたのが宮田氏です。
69試合に登板し、20勝5敗。そのうち19勝が救援勝利で、当時はセーブの記録がなかったものの、現在の計算法では22セーブをあげたことになります。

近代野球でいう「ストッパー」として投手分業制のパイオニアといえる存在でした。

僣越ではございますが小生の日記『巨人V9研究』の章でもご紹介させていただきましたm(_ _)m
幼少のため氏の当時のご活躍の姿は映像でしか知りえませんが、故村山実投手のフォームを感じさせるダイナミックな投法ですね。

実際に大活躍したのは65年の1シーズンでしたが、それでも『8時半の男』という名前がいまだに語り継がれている理由は、勝ち試合で必ず登場することで、ONに引けを取らない存在感があったからだと語り継がれています。

最後の仕事は愛弟子の巨人・桑田投手が600日ぶりに勝利を挙げた、4月13日の広島戦のラジオ解説だったとききます。

謹んでご冥福をお祈りいたします


撮影:アナフレ猛虎会『広報部長』

場所:小石川植物園
頑張れ
  阪神タイガース
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 20:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 虎(-.-;)カード3連勝ならず
[ その他 ]

■2006/7/13 試合結果対広島 10回戦 甲子園
広|100 120 010|5
神|010 010 000|2

勝:黒田8勝6敗0S
S:永川3勝3敗12S
敗:オクスプリング4勝2敗0S
HR:梵ソロ5号
広:黒田-高橋-永川
神:オクスプリング-江草-能見-金澤

――――――
連勝して迎えたカープとの10回戦の先発はオク様です!
初回からカープ梵選手にソロを浴びる苦しい展開に(-.-;)

一方猛虎打線の方は1日休養した矢野様の猛打賞など2ケタ安打するも、カープの堅守に阻まれ2得点。

投げては2番手江草君の好投が光りましたが、オックス君の4失点が響き、敗戦という結果でした(^_^;)

本日も生観戦リポートは『応援団長☆』どうぞ↓↓↓大阪最後の夜!残念でしたが、昨日までのオカズで充分お酒が飲めます。オク様はアカンね。かわりに二軍に落ちたスペ様がかわいそう。ノーミンや金沢も敗戦処理ばかりじゃかわいそう。先発で使ってあげたいよねー。今日もいつものお好み屋に向かってます(^^ゞ↑↑↑

残念でしたm(_ _)m
どうか大阪の夜を心行くまでお楽しみくだされ(ノ^^)八(^^ )ノ

オク様はやはり走者を出してセットポジションになると球威、コントロールともに悪くなる課題を残しましたね!再度出直しや〜

敗因というよりも、今夜はエース黒田投手と梵選手の好守にわたる活躍にしてヤラレましたな(^_^;)

本日赤星君が久し振りに盗塁を決めてくれました(^o^)/やっぱり彼が走ってチャンスを切り開らかにゃ〜虎の猛攻は始まりましぇんな!

さて明日から愈々ドラゴンズとの首位攻防戦です!目が離せませんね〜なにしろ今季はまだ竜さんに勝ち星がないんですからねf^_^;
お互い投手力のチームである事は承知の上です!とにかく守りに守り抜いて、少ないチャンスをモノにするしか勝機はありません!

最高のパフォーマンスを期待しませう(^_^)v

リポーター:アナフレ猛虎会『応援団長☆』

画像:阪神甲子園球場

撮影:アナフレ猛虎会『応援団長☆』

撮影日:06年7月13日
☆頑張れ
  阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 虎(^_^)v9連戦初戦制す
[ その他 ]

■2006/7/11 試合結果対広島 8回戦 甲子園
広|000 000 100|1
神|010 100 00x|2

勝:福原6勝1敗0S
S:藤川3勝0敗7S
敗:広池2勝1敗0S
広:広池-林-佐竹-青木-長谷川-高橋
神:福原-ウィリアムス-藤川

――――――
球宴前の9連戦の初戦!タイガースは現在5連勝中と好調の福原隊長が先発です。

毎回ランナーを出す苦しい展開も、後続にあと一本を許さず、6回までスコアボードに0を並べる技ありのピッチング(^_^)v

その好投に応えるべく2回裏、鳥谷君のナイス走塁の二塁打に、矢野様がキッチリ応えて連続二塁打で先制(^o^)/

4回裏には、なななんと福原隊長が自らのバットで貴重なタイムリーのオマケつき(^_^)v
その後は広島の細かい継投の前に無得点でしたが、福原隊長の後を受けたウィリアムス様・球児様様の磐石リレーで追撃を許さず、1点差のゲームを見事に制しました(^o^)/

球児君が連続無失点記録を47回2/3に伸ばし、球団記録を更新!
プロ野球全体でも歴代5位に浮上しました(^_^)v

本日甲子園生観戦は、このたび初リポートをいただきましたm(_ _)mアナフレ猛虎会愛知支部『虎たまご姫☆』さんです↓↓↓やったよ〜o(*^▽^*)o今日は甲子園ライトスタンドで応援してきました('◇')ゞ今日は最初から負ける気が全然しないという私の予感どうり1点を許すものの見事勝利しましたv(~∇~)v
↑↑↑
有難うございますm(_ _)m最高の試合観戦でしたね(^o^)/これからもたくさんのリポートをお願いしたいじゃけんのう(*^_^*)

そして皆様お待たせいたしました!アナフレ猛虎会『応援団長☆』の遠征生観戦リポートです↓↓↓甲子園での勝ちは久しぶり、去年の金本敬遠後今岡満塁ホームラン以来かしら〜。福ちゃんと矢野様のヒーローインタビューに腰砕けメロメロです。球場の外や駅では二次会が華々しく行なわれてます。私たちはいつものお好み屋さんに向かってます。最高の夜になりました。↑↑↑
いつもながらお見事なリポート有難うございます。必ずや連勝してきてくれなはれ(^o^)/

福原隊長!6連勝はナイスピッチング(^_^)vコーナーを丁寧につき、フォークを封印。直球の強弱、カーブ、スライダーの緩急を駆使しながらの投球はお見事でした(^o^)/


リポーター:アナフレ猛虎会『虎たまご姫☆』&『応援団長☆』

画像:阪神甲子園球場

撮影:アナフレ猛虎会『応援団長☆』

撮影日:06年7月11日
☆頑張れ
  阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:24 | comments(0) | trackbacks(2) |
▼ 虎(-.-;)連敗
[ その他 ]

■2006/7/2 試合結果対巨人 9回戦 東京ドーム

神|000 000 000|0
巨|010 000 10x|2

勝:内海6勝7敗0S
敗:井川6勝5敗0S
HR:イ・スンヨプ ソロ26号
神:井川-能見
巨:内海

――――――
東京決戦三日目は小生自宅観戦ですm(_ _)m
本日の先発エース井川君は7回を114球、被安打3、2失点と、まずまずのピッチング!後を継いだ能見君もピシャリと兎打線を抑えてくれましたが、対する内海投手が絶好調(-.-;)縦の変化球が冴えに冴えわたり、さしもの猛虎打線もキリキリ舞いです(-o-;)プロ初完封をプレゼントしてしまいました(-.-;)
覚えておきまひょ!

本日の敗因はやはり2失策でしょう!投手戦ではわずかなミスが勝敗を左右しますな!


さてさて本日東京ドーム生観戦リポートは「ハマの虎姫☆」さんです↓↓↓今日、ドームへ行ってきました〜!う〜ん、残念。久々登場の上坂君、ドンマイ。。。26号HRなんて、アジアの大砲やっぱりすごいですねー。
負けはしましたが、兄貴の一塁へのダッシュに感動(TーT)
今月からジョージが巨人入りしますね。でもイスンヨプと同じファーストだから出場は無理かな…。。阪神さんは昨日観戦なさったんですよね〜。私は立ち見観戦でした。阪神ファンが多くてビジターという気がしませんでしたー!↑↑↑

有難うございますm(_ _)mほんまに残念でしたね〜次月の横浜決戦も応援がんばりませう(^_^)v


上太郎ドンマイエラー!次回は頼むで外野も守れるユーティリティープレイヤー(^o^)/
お久しぶりです秀太君〜お元気そうでなにより。少ないチャンスにベストをつくせ(^_^)v
濱ちゃんもドンマイ!次回は君のバットで三倍にして返してくれい(^_^)v

明後日からは最近好調のベイさんを甲子園に迎えます!
侮れませんで!
気合い入れていきまひょ(`o´)


リポーター:アナフレ猛虎会『ハマの虎姫☆』

画像:東京ドーム

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:06年07月1日
☆頑張れ
  阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:46 | comments(0) | trackbacks(1) |
▼ 猛虎かく勝てり5
[ その他 ]

6月20日に阪神タイガースと東北楽天ゴールデンイーグルスとの間で牧野塁投手(31)と坂克彦内野手(21)の交換トレードが成立の発表がありました。

昨年は沖原君がイーグルスに行って大活躍してくれました!今年の交流戦でも活躍めざましい、元虎戦士のカツノリ選手や山村投手等とともに、イーグルスの躍進に貢献してもらいたいもんですね(^_^)v

小生の日記でも過去何度か掲載させていただいた牧野君ですが、なかなか力のあるストレートを投げる本格右腕です。来年の交流戦では、牧野投手対今岡君の対決などが見られるかもしれませんね!新天地で頑張れ(^o^)/

以下公式サイトでのコメントです↓↓↓
■牧野投手のコメント「阪神在籍中は、ファンの皆さんからご声援頂き、ありがとうございました。阪神では自分の満足できる成績は残せませんでしたが、楽天で、心機一転、頑張りたいと思います。」
そしてようこそ阪神タイガースへ(^o^)/

■坂選手プロフィール氏名:坂 克彦(さか かつひこ)

生年月日:1985.9.6 出身地:茨城県
投打:右投左打
身長体重:180cm 74
球歴:常総学院高(2003年度ドラフト4巡目)〜近鉄(2004年)〜楽天(2005〜2006年)〜阪神(2006年)〜
○ファーム初出場 2004.3.27対サーパス1回戦(藤井寺)<代打>○ファーム初スタメン 2004.6.17対中日8回戦(ナゴヤ)<8番 遊撃手>
○ファーム初安打・初本塁打 2004.5.11対サーパス5回戦(藤井寺)<投手:小川↑↑↑
なにやら、昨年の田尾前監督の熱血打撃指導に対しても、かたくなに自分の打撃理論を曲げなかったという兵だそうですぜい!
期待しませう(^_^)v

さてさて、偉いぞ久保田パパ!愛娘さんの大怪我を救っての骨折のアクシデント。
選手生命をも危ぶまれる利き手の骨折のニュースに、仰天しました( ̄○ ̄;)
ゆっくり治してこいや〜虎の守護神の一日も早い復活を祈って待ってますm(_ _)m

皆さんで彼にエールを送りましょう
"頑張れ頑張れ久保田"(^o^)/


画像:フルキャストスタジアム

撮影:アナフレ猛虎会『杜の都の虎姫☆』
撮影日:06年6月14日
☆頑張れ
  阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:54 | comments(0) | trackbacks(2) |
▼ 2006年交流戦を振り返る
[ その他 ]


2006年の交流戦を21勝15敗で単独3位で終了した我等が阪神タイガース(^_^)v

今年の戦いを振り返ります。

先ずはなんといってもチーム打率が.245と12球団中最下位という数字が、とにかく打てなかった事を証明しています。いかに少ないチャンスを生かして、投手力で接戦を制してきたかが伺えます(^_^)vそしてチーム防御率か3.08で2位!投手陣の安定感は抜群ですね(^_^)v
様々なドラマが今年も生まれた交流戦!
世界のエース松坂投手には2連敗と打てませんでした(*_*)

新庄君の勝敗を越えた勇姿に魅了させられました(^o^)/

セ・リーグチームが皆負け越したマリーンズに対して、5勝1敗と大きく勝ち越し、昨年の悪夢を吹き飛ばしました(^_^)v

まさかの楽天戦での逆転サヨナラ負け等、悔しい敗戦がいくつか思い出されます(^_^;)

さてさて皆様の印象に残った試合はどちらのカードですかな…

小生があえて一つは難しいので二つをあげさせていただくならf^_^;先ずは6月3日の対ソフトバンク戦でしょうか。そうです!あの天敵杉内投手を矢野先生の満塁ホームラン等で打ち砕き、鳥谷君がサヨナラヒットで3日連続のお立ち台の試合ですね(^o^)/

そしてもう一試合は、6月11日の対西武戦での中村豊君の超ファインプレーと、11回裏代打今岡君のサヨナラタイムリーも痺れましたね(^o^)/

スタートダッシュで首位を独走していた巨人が息切れして、スワローズが上がってきました!

ドラゴンズはこの交流戦でチーム防御率が2.07と驚異的な数字を残して、首位に立ちました!

週末からの燕戦は目がはなせません(`o´)
リグス・ラミレス・ラロッカ3選手を合わせた好調Fブラザース打線を虎投手陣がいかに迎え撃つかが勝敗のポイントでしょう(^_^)v
オールスター迄の22試合をしっかり勝ち越しで貯金を確実に増やしていきましょうや(^o^)/


画像:千葉マリンスタジアムスコアーボード

撮影:アナフレ猛虎会『広報部長☆』

撮影日:06年5月24日
場所:千葉マリンスタジアム

☆頑張れ
  阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 虎(-.-;)連敗
[ その他 ]


■2006/6/7 試合結果対日ハム 4回戦 札幌ドーム

神|000 010 001|2
日|100 200 00x|3

勝:リー5勝3敗0S
S:MICHEAL1勝0敗15S
敗:杉山0勝1敗0S
神:杉山
日:リー-岡島-武田久-MICHEAL

――――――
札幌シリーズ第二弾、ファイターズとの4回戦!
先発は今季初勝利を目指す杉山君です。
初回と4回に集中打を浴びて3失点となるも、後半に立ち直り5〜8回をパーフェクトと好投し、味方の援護を待ちます。

しかし本日は打線がほんまに噛み合いませんでした(-.-;)
11安打を放って一点差まで追い上げるも、4度の満塁のチャンスを活かしきれず、17残塁という拙攻が響き、連敗です(-o-;)

それでも本日の交流戦はセ・リーグのチームが全て負けているため、ペナントレースの順位に変動はありませんでしたが、歯がゆいゲームでした(-.-;)

明日は福原君と、話題のルーキー八木投手の投げ合いが予想されています。
オリックス平野投手と共に勢いのある八木投手に対し、猛虎打線の奮起に期待しませう!
本日も旗持ち補佐として札幌ドーム生観戦はアナフレ猛虎会の同志の観戦リポートです↓↓↓
テレビ見てますか〜真ん中あたりで旗を振ってるのが居酒屋虎○率いる応援団で向って左側の旗手の隣にいます。またまた敗色濃厚です(*_*)

…私が観た勝ち試合は去年9月の札幌以来かしら〜。「姉さん見に行くと負けるんだから〜」などと非難されてますが、返す言葉もありましぇん。
11安打もしたような気がしません。2日連続の完投負けでJFK全く見られず(T_T)明日の福ちゃんはプレッシャー大きいね。
明日勝たないと日ハム戦負け越しになっちゃう!ナインはすすきのでカニ食べてる場合じゃないですね
↑↑↑
有難うございますm(_ _)m
どうかナインにはススキノの美味しいお店をご紹介して、カニをたくさん食べてもらってパワーをつけてもらってくださいな(^_^)v

そして明日こそは、札幌ドームにて勝利の六甲颪を大合唱して、勝利の美酒に酔いしれてくだされい(^o^)/

リポーター:アナフレ猛虎会『応援団長☆』

画像:撮影:アナフレ猛虎会『札幌パイレーツ☆』

☆頑張れ
  阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:08 | comments(0) | trackbacks(1) |
▼ 虎(^_^;)日ハム若きエースに完敗
[ その他 ]
■2006/6/6 試合結果対日ハム 3回戦 札幌ドーム

神|000 000 000|0
日|200 001 00x|3

勝:ダルビッシュ4勝5敗0S
敗:井川4勝4敗0S
HR:セギノール ソロ8号
神:井川
日:ダルビッシュ

――――――
札幌シリーズ第一戦のタイガース先発は井川君、日本ハムはダルビッシュ投手で始まった今日の試合。

立ち上がりこそ稲葉選手、SHINJO選手にタイムリーを打たれ2失点したものの、2回以降は立ち直った井川君ですが、今夜の投球内容です

8回 125球 6安打 7奪三振 4四死球 1本塁打 3失点

しかし、それ以上に良かったのが今日のダルビッシュ投手でした。
9回 136球 2安打 0本塁打 12奪三振 1四球 0失点

エースを援護したい猛虎打線でしたが、切れ味抜群のスライダーと球威のある直球の前にノーヒットノーランを防ぐのがやっとと言うほどに猛虎のバットも湿り気味・・・
今日は残念ながら完敗でした。(-o-;)

本日生観戦は勿論このかた『応援団長☆』からのリポートです↓↓↓ 並び8時間、試合2時間半という試合時間があっと言う間でビール売りが全然来ず、3杯しか飲めませんでした。( ̄○ ̄;)明日は球児くんが見たい!今日ファンクラブ感謝デーでコレもらいました。(^_^)v↑↑↑

お疲れ様でしたm(_ _)m明日もありますからどうぞ今夜は球場外の虎キチの居酒屋でジョッキあと五杯くらいで明日の決戦に備えてくだされf^_^;

何やら今日はピッチャーデイで、中日川上投手、燕ガトームソン投手も好投した模様です!
これでダルビッシュ投手には2連敗となりました!今日のスライダーの切れは敵ながら天晴れですが、それ以上に外角低めのストレートが素晴らしかった(^_^;)
アナフレ猛虎会の皆様!日本シリーズで日ハムと対決となった暁には、この2試合の彼の投球を研究させていただき、必ずやリベンジをさせていただきますm(_ _)m

今夜はこのへんで(-.-)zzZ


リポーター:アナフレ猛虎会『応援団長☆』

画像:ファンクラブ記念品

撮影:アナフレ猛虎会『応援団長☆』

☆頑張れ
  阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:42 | comments(0) | trackbacks(1) |
▼ 虎(-.-;)松坂投手に完敗
[ その他 ]


■2006/5/26 試合結果対西武 1回戦 インボイス

神|000 000 000|0
西|001 110 00x|3

勝:松坂7勝1敗0S
敗:福原0勝1敗0S
HR:中村ソロ4号
神:福原-太陽
西:松坂大

――――――
いや〜恐れ入ったよ松坂様!WBCのMVPにさしもの猛虎打線が沈黙(^_^;)あわやノーヒットノーランかと思われるほどの三振の山!まともにバットに当てたのは濱ちゃんと兄貴だけでしたね(^_^;)完敗です

本日の先発福原君は、時折高めに甘い変化球が見受けられ、狙い打ちされて3失点。初勝利は次回にお預けです。後を投げた太陽君のナイスピッチングが光りました(^_^)v

本日はインボイス西武ドームに行ってまいりましたが、無念の敗戦(-o-;)
本日唯一の虎のチャンスは五回のノーアウト二三塁の場面でしたが、三者連続三振に切った松坂投手のピッチングは驚異でした!最大のピンチに、自身この日最速となるMAX150kmを投げるんですからね(-.-;)

しいて申さば、鳥君と矢野先生にスクイズをさせてもオモロイ展開となったのではと(^_^;)岡田はんはまだスクイズ采配はしたことがありませんがね〜今日の松坂投手の調子からみれば考えられる策ですが、最近はプロ野球全体でもあまり見受けられなくなった気がするのは小生だけでしょうか?まずは一点返して反撃ですたい!
タラレバでしたm(_ _)m

出直しじゃい!明日はしまっていこうぜい(^o^)/


画像:インボイスレフトスタンド

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

☆頑張れ
  阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 虎(-.-;)小休止
[ その他 ]

■2006/5/25 試合結果対ロッテ 5回戦 千葉マリン

神|000 010 001|2
ロ|000 300 00x|3

勝:久保4勝3敗0S
S:小林雅4勝0敗17S
敗:下柳3勝4敗0S
HR:里崎スリーラン3号
神:下柳
ロ:久保-薮田-小林雅
――――――
昨晩とはうって変わってマリンスタジアムは最高のナイター日和となりましたo(^-^)o

5連勝と勢いづく我等がタイガースの先発は今日こそ晴天に恵まれた下柳先生です(^_^)v
3回裏にピンチを凌ぐも、4回裏、昨日チャンスに凡退だった里崎選手にスリーランホームランを打たれて先制を許してしまいます。(-.-;)
しかしその後はさすがはベテラン冷静沈着そのもの!追加点をまったく許さず8回132球、4安打3失点の粘りの完投も実りませんでしたが、あのマリンガン打線を一人で投げきった下さんに天晴れですな(^o^)/

連投が続く中継ぎ陣を休ませる、明日への勝利に繋げる力投でした!

一方タイガース打線はマリーンズ先発、久保投手の好投に阻まれ、5回表に濱ちゃんがタイムリーツーベースヒットを打ち1点を返すのが精一杯でした(^_^;)

9回表に守護神小林雅英投手を捕まえ、ひ〜やんと、このカードあたりが止まっていたシーツ先生の連打で1点差に詰め寄りますが、あと一本が出ずの敗戦となりました。
三塁ランナーシーツ先生に代走を出さなかった事が敗因でしょうか(-.-;)
マリーンズ根本選手ナイスプレー!覚えておきまひょ!

さて明日は所沢へ、西武と今季初の交流戦です。何やら前売りが完売のようで、立ち見覚悟で小生も出陣してまいります(^o^)/

今夜のマリンスタジアムの花火は一際綺麗だったろうな〜(^O^)

明日から又連勝じゃい(^_^)v


画像:マリンスタジアム打ち上げ花火

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

☆頑張れ
  阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:40 | comments(1) | trackbacks(0) |
▼ 猛虎かく勝てり1
[ その他 ]


■2006/5/19 試合結果対オリックス 1回戦 甲子園

雨天中止
―――――

不屈の男金本知憲 その1

怪我をしても、大差がついた試合でも、グランドに立ち続ける。
「フルイニング出場」。つまりプレーボールからゲームセットまで、試合に出ていること。それを金本兄貴は、広島時代の1999年7月21日から丸6年半以上続けている。まさに『鉄人』である。

米大リーグの「鉄人」カル・リプケンの903試合連続フルイニング出場記録を、先月9日にほどなく破り世界一になった直後、またしてもピンチが訪れた!
彼のホームページのメッセージを紹介したい
↓↓↓
みなさんは知ってると思いますが5月3日の試合で薬指を痛めました。骨には異常ありませんでしたが、かなり捻ってしまったので指の靭帯がかなり伸ばされてるか部分断裂してると思います。
6年前にトリプルスリーを達成した年にも全く同じ状況で同じ指を怪我しました。なんと今回のレントゲン検査でその時の怪我が骨折だったことが判明しました(笑)。
しかし痛みは今回の方が全然ひどく腫れも骨折の時より広範囲で倍以上腫れました。
今回はさすがに監督と相談しました。なぜなら投げることができなかったからです。打つ方は前の怪我の経験から右手は3本の指で握って打ってもどうにかこうにかヒットは打てたしホームランも打てましたから。しかし今回は全く投げれなかったので特にピッチャー、そしてチームにも迷惑をかけるからです。
しかしカットマン(鳥谷)に近くまで来てもらい、また赤星にトスして投げてもらっていいから出ろや!って言ってもらい出ることにしました。なんとか出きることは最大限のplayをしようと考えた結果、とにかく走ることはできるので打って1塁に走る時、少しでもセーフになる可能性があるならとにかく全力疾走だけはやろうと思いました。しかし打って走る時は痛みで全力疾走じゃなく全力失踪したいくらいでした。(たまにはショウもないダジャレも許してーな) 今はいろんな治療院の先生たちに遠方から治療に来て頂きかなり回復しました。ほんとに感謝ですね。投げる方はかなりいけるんじゃないかと思います。打つ方はまだまだですが1日も早く治して今までチームに迷惑をかけたぶんを倍以上にしてお返ししたいと思います。
↑↑↑

"904試合連続フルイニング出場"
この記録は現在も継続中であり、昨日で933試合となった。(因みに連続イニング出場数では3月31日にリプケン氏の8243イニング連続出場を更新)

年齢を重ねるごとに成長を続ける模範選手だが、何より特筆すべきはその人間性、「ケガと言わなければケガじゃない」、「プロは立ち止まったら終わりだ、現状に満足するな」という彼の名言からも読み取れる程のプロ意識の高さが素晴らしいですね!

兄貴や下柳君の影響で同期の矢野先生、年下の今岡君、赤星君らが多少の怪我では欠場しなくなったほどに、全試合出場への意欲を燃やすようになり、その後入団した鳥谷君も全試合出場を目標に掲げるなど、星野SDの球団改革を成功させる一端を担う存在になったと言っても過言ではありません。

この男が縦縞に袖をとおしつづける限り、猛虎は勝ち続けること間違いありませんね(^_^)v

参考文献:金本選手公式サイト『虎のリーサルウェポン金本知憲』
画像:阪神タイガースショップ横浜店

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

☆頑張れ
  阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 聖地甲子園球場
[ その他 ]

野球の聖地阪神甲子園球場は紛れもなく日本一の球場である!

先日のロッテ戦が雨天中止となりましたが、その日、無類の阪神タイガース好き作家、小川洋子さんの甲子園取材エッセーをみつけましたので紹介いたします。

取材で甲子園球場の裏側を見学した時に、一番驚いたのはその球場の大きさよりも、柔らかな手触りの土だったそうです。
水はけがよく、少々の雨ぐらいでは影響が出ないこのグランドは、単に地理的な偶然ではありません。

土は一種類ではなく、国内の黒土と中国福健省の白砂をブレンドして作られるグランドは雨量や日差しの加減に合わせ、その配合を変化させながら、粘り具合、硬さ、色目などを調節している。

触ってみると土とは思えないほどに軽く、ふわふわとした感触が残り、プールに飛込むように顔を埋めても、そっと包み込んでくれそうな優しさがあると。
この土ならばこそ、選手たちは思いきりボールに突っ込んでゆける所以がある。

ベストプレーを支えるために、丁寧に作りあげられた神聖な土のグランド!そこに足を踏みいれることができるのは、甲子園球場でプレーを許された者だけである。

「皆が持って帰りたがる土は、日本全国、甲子園だけでしょう」と言う球場職員の言葉に納得。

今シーズンもこの土の上でどんな素晴らしいプレーが観られるかと思うと、ワクワクしますね(^_^)v

本日も観客が一人もいないグランドで黙々と土をならされているグランドキーパーさん達に感謝を表してm(_ _)m

和田コーチが引退した時も、グランド整備の裏方さんに心からの感謝の言葉を述べていたことを思いだしました。
明日は倉敷で好調日ハムを迎えての一戦後、虎がこの聖地甲子園球場に帰ってきますね!

新庄君の甲子園での勇姿を楽しみつつ、虎の勝利を期待するのが我等虎党の最高の贅沢かいな(^_^)v


参考文献:大三文明巻頭エッセー『甲子園球場の土』小川洋子

画像:薄暮の迫る甲子園球場

撮影:アナフレ猛虎会『応援団長☆』

☆頑張れ
  阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 虎(^_^)v勝ち越し
[ その他 ]
■2006/5/7 試合結果対横浜 9回戦 横浜

神|000 100 101|3
横|000 110 000|2

勝:藤川1勝0敗0S
S:久保田2勝2敗7S
敗:クルーン0勝2敗4S
HR:浅井ソロ1号/桧山ソロ1号
神:江草-ダーウィン-能見-藤川-久保田
横:秦-加藤-クルーン
――――――
悪天候の中始まった、交流戦前の最後の試合。ズブ濡れになりながら応援のファンの期待に応えるかのように、先発江草君が5回2失点と粘りのピッチングを見せてくれます。

そんな彼を援護するべく4回には今日スタメンマスクの浅井君が、そして7回には昨日のお返しじゃい(^o^)/代打桧山先生がそれぞれ今季1号となるソロホームランを放ち、試合を振り出しに戻します。

そして9回にはキャプテン赤星君が値千金の勝ち越しの右中間タイムリーツーベースヒットを放ち、遂に逆転に成功(^o^)/

江草君の後を譲り受けた中継ぎ陣が完璧なリレーで横浜の追撃を許さず、見事1点差のゲームをモノにしました(^_^)v

本日生観戦のアナフレ猛虎会『ハマの虎姫』さんからの喜びのリポートです(^O^)
↓↓↓
行ってきました〜!
ずぶ濡れになりながらカッパで観戦しました。今日のヒーローインタビューは写真のこの人でしたねー!
個人的にはヒーヤンありがとう!ですが、浅井選手のホームランも素晴らしかったですね!
交流戦が楽しみです〜♪
↑↑↑

さあ皆さん!交流戦の初戦はあの宿敵ロッテですぜい(^_^)v
気合いいれて応援しまひょ(^_^)v


画像:レフトスタンド赤星応援ボード

撮影:アナフレ猛虎会『ハマの虎姫☆』


☆頑張れ
  阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 虎(-.-;)ベイに今季初敗戦
[ その他 ]


■2006/5/6 試合結果対横浜 8回戦 横浜

神|100 000 000|1
横|200 010 01x|4

勝:土肥2勝3敗0S
S:クルーン0勝1敗4S
敗:安藤2勝2敗0S
神:安藤-ダーウィン-能見-金澤

横:土肥-川村-木塚-加藤-クルーン

――――――
本日ハマスタライトスタンドでの敵地での観戦にいって参りましたが、(-.-;)昨日の乱打戦とはうって変わって本日は両チームともに本塁打が一本もでない素晴らしい投手戦でした!

ベイさんの土肥投手を中心とした投手リレー(クアトロK)に完敗です(-.-;)
クルーン投手の160km/hのボールは早かったな〜敵ながら天晴れ!

本日の敗戦のポイントはやはり打戦の繋がりでしょう。残塁の多さが命運を分けました。ベイの土肥投手が兄貴の打球を受けて緊張降板の六回、制球が不安定な川村投手から、今岡先生が二塁打で出塁。この無死二塁のチャンスから無得点は痛かった(-.-;)
代打ひ〜やんの初球打ちは、矢野先生四球直後の一球目ですから、セオリーどうり!むしろコントロールが定まらずキャッチャーのミット外角低め要求が、逆玉となってインハイ高めになった、ベイバッテリーの結果オーライと言えるでしょう(-.-;)

あえて一つの采配を指摘すれば、八回裏の村田選手の場面の能見君から金澤君への投手リレーです。

昨日も村田選手に本塁打を打たれているだけに、金澤君本人の奮起を期待しての投入かもしれませんが、矢野先生を警戒に警戒していたベイバッテリーとは対照的となり、力勝負のベンチ采配が裏目となりました。

試合後イジケ虫の小生でしたが、帰路思い立って、ハマスタタイガース戦時のみ開店する「阪神タイガースショップ横濱店」にいってきました!
虚ろな眼差しで見っけた逸品!もうこれしかない!m(_ _)m
「鉄人兄貴の源」を飲んで元気を出しました(^_^)v

怪我をおしながらのタイムリーに天晴れじゃい!兄貴明日も頼むで(^o^)/

画像:鉄人兄貴の源
撮影:アナフレ猛虎会
『頑張れ阪神タイガース』

☆頑張れ
  阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:04 | comments(1) | trackbacks(1) |
▼ 虎(-o-;)完封負け
[ その他 ]


■2006/5/3 試合結果対巨人 5回戦 甲子園
巨|000 101 000|2
神|000 000 000|0

勝:工藤3勝0敗0S
S:豊田0勝0敗7S
敗:下柳2勝2敗0S
巨:工藤-久保-林-福田-豊田
神:下柳-ダーウィン

――――――
本日の先発は巨人キラーの下さん(^_^)vジャイアンツは工藤投手という両ベテラン左腕の先発です。
下さんは変化球を中心とした投球術で相手に的を絞らせないピッチングを展開し、七回二失点とまずまずの内容でしたが、それ以上に工藤投手が素晴らしかった(^_^;)。
キレのある速球と変化球を織り交ぜ、六回まで三塁を踏ませない素晴らしい内容。
後続の林投手や福田投手に対してもあと一本が出ず、最後は守護神豊田投手に抑えられ痛い完封を喫しました(-o-;)

本日の敗因は赤星君が出塁出来なかった事!イヤッ!工藤投手のレッド封じです。徹底した外角攻めで出塁をさせなかったGバッテリーに天晴れです!

ここのところ左投手の外角球にタイミングが合わない赤星君が心配ですが、その徹底した配球に学びます!

第一打席はスライダー二球から入り三球目のストレートは高めの空振りゾーンで追い込み、最後はスライダーで見逃し三振

第二打席は一転して三球ストレートで追い込み、再度スライダーで見逃し三振

そして本日の画像が六回裏の第三打席。
二打席ともボールと思って見逃したスライダーで三振に抑えられた赤星君は、そのスライダー打ちに的を絞ります。

1.ストレート 外角中央 ボール
2.スライダー128km/h 外角低目 ファール
3.ストレート133km/h 外角中央 ファール
4.ストレート139km/h 外角中央 ファール
5.ストレート132km/h 外角中央 ファール
6.ストレート136km/h 外角高目 ファール
7.ストレート131km/h 外角中央 二塁ゴロ

二球目以降のストレートは微妙に緩急を加えた投球に赤星君はストレートとスライダーの見分けが付かずジャストミートができません。
八回代わった林投手も結果は四球でしたが投じた六球は全て外へのストレート!

つまり本日G投手陣は赤星君に対し内角球はおろか、全て外角球勝負。真ん中に投じた球は初回のわずか一球のみ、しかも高めの空振りゾーンという徹底ぶりでした(-.-;)

厳しいマークを乗り越えてこそ200安打達成の価値ありだぜい!頑張れレッド☆(^_^)v

アナフレ猛虎会『濱中親衛隊長』の観戦リポートを頂戴いたしましたm(_ _)m
↓↓↓
小久保のバント→阿部のタイムリーでの追加点は素晴らしいと思ったね(-o-;)今夜は工藤を筆頭に投手陣が良かったしね。ジャイアンツが役者が一枚上だったような…。しかし濱ちゃんの帽子とった顔がかわいかった〜ん
↑↑↑

明日はしまっていこう(^o^)/

画像:六回裏打者赤星選手への配球

作成:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』

☆頑張れ
  阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 巨人V9研究その11史上最強の監督
[ その他 ]


さて、いよいよ本日は日本プロ野球史上最強の監督であられた川上哲治監督を研究いたします!

『打撃の神様』と言われた現役時代の氏の活躍は、小生の生前のために伝説でしかありませんが、現役当時はあの水原監督が持て余すほどの独立独歩の個性派選手だったようですね〜!生来の口下手に加えて「フラッシュは目が悪くなる」と記者すら写真撮映に苦労されたとか。「俺が四番で売ってりゃいいんだろ!誰にも文句は言わせん」と公言されたエピソードもあります。
そんな氏が引退されてヘッドコーチとなり、『ドジャースの戦法』に出会い、チームプレーが大切なことを確信すると、周囲が呆れるほどに水原監督に従順するようになられた事は有名だそうです!

氏が監督になられてまず取り組まれたのは、不満分子の一掃です。有名な広岡氏との確執や選手のトレード放出等々枚虚に暇がありませんが、小生が着眼した部分は、往年の偉大な先輩諸氏の方々には大変失礼な言い方かもしれませんが、「不満を言う人材ではなく、意見を言う人材を選ばれた事」ではないかと主張いたします!
V10を逃して監督を勇退された時に川上さんは牧野ヘッドに呟きます「これでお前にミーティングで文句を言われなくてすむな」…故牧野氏は先に紹介しました著書のなかで「この川上さんの言葉を聞けて本当に嬉しかった」と記されております。
そうです!いかなる組織であっても軍師は将軍のイエスマンであってはならない!
事実、監督は戦略等の実務面を牧野氏を中心としたコーチ陣に委ねられて、試合中はベンチに"デン"っと座って、ピンチになると貧乏揺すりが通例。試合前後のミーティング等では実にタイミング良く「かみなり」を落とすのが巧かったと、故牧野氏が回想します。
怒られ役は決まってあのミスター長嶋氏だったようで、あの大選手ですら怒られるので、他の選手もピリットせざる負えなかったといいます。

そしてチームプレーを浸透させるための強烈なエピソードは、キャンプや遠征での集団生活の場で「トイレのスリッパをきちんと揃えろ!」後に使う人が困るからとの事ですが、かなり厳しく選手の生活面を管理された事が伺えますね。

またもうひとつの有名なエピソードには、監督を勇退された後の解説者の時代の実況中継で、バッターボックスに立つ淡口選手を評して「この選手は親孝行だから大成しますよ」
親孝行と野球選手としての成功を説く、川上氏のアナクロリズムを揶揄する意味で引用されることが多いエピソードです。

選手の「人格教育」又は「人づくり」とでもいいましょうか、川上監督は選手との会話や説教では野球の話は殆んどせずに、一人の人間としての教育に多くの時間を割いていたと、V9時代の名捕手森昌彦氏も回想されてます。

そして最後に小生が学び取った事は、確かにこのカリスマ監督の存在無くしてV9は達成出来なかったと思いますが、しかしその『巨人軍の鬼』と呼ばれ『独裁者』のイメージをも感じさせる川上監督であっても、尊敬をされ、かつまったく頭があがらない人物がおりました。
その人こそ故正力松太郎翁の存在であり、常勝チームの条件は、この監督とオーナーとの信頼関係にあると思わざるおえません。

氏の近年の著書を紹介します!
↓↓↓
私が難しい巨人の監督を14年間も続けられたのはひとえにオーナーである正力さんのお陰だった。
ー私情を捨てて巨人軍の監督に徹するー
正力さんの唯一の要求であり、この教えがわたしの「支え」だった。
↑↑↑
氏は著書の中で回想します。V1を達成して連覇を目指していたこの年の五月ですから、丁度現在の岡田阪神と同じような境遇かもしれません(^_^)v

↓↓↓
富山で広島戦を終えて帰京すると正力翁に呼びつけられて、こっぴどく叱正された。前半5点を取って勝っていた試合を、若い投手が突然大量点を取られてひっくり返された時、少々むかっ腹をたててわたしが続投させたことを見逃さなかったのである。
「お前は試合に私情を混じえた。わたしはお前をそういう男に見ていなかったので監督にしたんだ。野球には“勝負の心”というものがある。常にベストの起用をし、常にベストを尽せば優勝できなくてもいい。失敗も許すが、この精神を無視した試合をしたら、君を即刻クビにする」

ー私情を捨てて勝負の心に徹するー
巨人の監督という任務に徹すれば非情だ、鬼だ、厳しすぎる、という声もあがってくるものだ。加えて私の場合は管理野球というようなとらえ方による非難もあった。しかしオーナーである正力さんと一緒になったつもりの、こうした姿勢や信念は絶対に崩さなかった。↑↑↑


我等がタイガースの闘将星野SDが川上監督を尊敬され、監督時代は常に背番号77番を選ばれていた事は有名ですね!

我等が岡田監督も頑固な采配には定評がありますね!
是非とも川上氏のように他チームから強すぎて憎たらしいと恨み節を浴びるような常勝阪神タイガースを築きあげてくだされ!
そして連覇を重ねた暁には必ずやあのムッシュ吉田さんと星野SDに続く阪神タイガースの監督として三人目となる「正力松太郎賞」を受賞していただきたいものです(^_^)v

参考文献:『遺言』川上哲治著 文春文庫


☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 巨人V9研究番外遍
[ その他 ]


いよいよ明日から宿敵巨人軍との3連戦です!今年の巨人は好スタートをきりましたが、はたしてその強さは本物なのでしょうか!
明日からの巨人戦を前に本日は近年の巨人軍を取り上げさせていただきます。

02年原辰徳監督が就任すると1年目にしてセ・リーグの全球団から勝ち越してのリーグ優勝。日本シリーズでも西武ライオンズを相手に4連勝のストレート勝ちで20回目の日本一に輝くという、非の打ち所のない優勝を達成したことは記憶に新しいですね!

しかしシーズンオフに不動の4番打者松井秀喜選手がヤンキースへ移籍してからは、なりふり構わぬ補強がはじまります!
03年はペタジーニ選手を補強するも結局3位。シーズン終盤9連敗を喫し、優勝した我等が阪神タイガースに15.5ゲーム差をつけられる惨敗。
人事異動とは何ぞや?原氏は監督辞任を表明。星野監督に激励されている原氏の姿に同情すら感じました。

04年からはV9時代のエース堀内監督が指揮。
小久保裕紀選手やタフィ・ローズ選手を獲得し、清原選手、ペタジーニ選手、江藤選手など他球団で活躍した4番打者が1チームに顔をそろえて、長嶋茂雄終身名誉監督に「史上最強打線」と名付けられた打線は、事実この年に年間259本塁打のプロ野球新記録を樹立。
しかし、投手陣の崩壊本塁打ばかりで機動力がなく繋がらない打線、育たない若手、外国人補強の失敗などにより成績は前年と同じ3位に終わります。

昨年はポジション争いをやめさせ、打順を固定する事により1年を戦う打線として「不動明王打線」と名付けましたが、主力選手の成績不振による序盤からの低迷や、それに伴う観客数や視聴率の低迷、一部放送局による延長の時間短縮・中止や深夜枠での録画・ダイジェスト版放送、兄弟会社の日本テレビでも中継の延長が中止され、さらには打ち切りを決行するなど、人気凋落に拍車が掛かっています。
この年から始まった本拠地での観客動員数の実数発表でも、阪神タイガースが圧倒(^_^)v結果として球団史上ワースト記録の80敗とチーム防御率3年連続4点台を喫し26年ぶりの5位。この年開幕からシーズン終了まで一度も貯金どころか5割にすら到達できなかったのはセ・パ12球団を見渡しても巨人だけであり、これも実に30年ぶりという不名誉な記録をつくりました。
最下位になった30年前に喫した数々の不名誉なワースト記録を次々に塗り替えたり、タイに並んだりするなどと70年以上に及ぶ球団史上でも稀に見る屈辱だらけのシーズンになったのです。

05年10月5日、又人事異動?新監督に原辰徳氏が復帰することを正式に発表。堀内監督は成績不振の責任を取って、任期を1年残しての退任。
原監督はチームの方向性を若手中心とするも、FA宣言した豊田清選手(西武)野口茂樹選手(中日)オリックスを自由契約となったジェレミー・パウエル選手(旧登録名JP)といった有力投手を獲得。
野手では、金銭トレードで過去ゴールデングラブ賞を4度受賞した小坂誠選手や前年30本塁打を放ちながらも自由契約となっていた李承ヨプ選手を獲得。

その一方では、清原選手・ローズ選手を解雇、江藤選手を豊田選手のFA補償で西武に放出。ホームラン打者と呼べる主力選手は李選手と小久保選手のみとなりました。

原監督は05年にワールドシリーズを制したシカゴ・ホワイトソックスばりの「スモール・ベースボール」を掲げており、その方針に従った選手の入れ替えがなされていますが、その方法は従来どおり他球団から主力選手を獲得するものであり、先述の通りの方向性とは全く矛盾しておりアンチのみならずファンからも「生え抜きの若手を育てる気はないのか」と批判されています。

近年の補強傾向

第二次長嶋政権以降の他球団からの主な戦力補強

1994年-落合博満一塁手【中日→FA】

1995年-広澤克実一塁手【ヤクルト→FA】
川口和久投手【広島→FA】

1996年-河野博文投手【日本ハム→FA】

1997年-エリック・ヒルマン投手【ロッテ→自由契約】
清原和博一塁手【西武→FA】

石井浩郎一塁手【近鉄→交換トレード】

2000年-江藤智三塁手【広島→FA】

工藤公康投手【ダイエー→FA】

2002年-前田幸長投手【中日→FA】

2003年-ロベルト・ペタジーニ一塁手【ヤクルト→自由契約】

2004年-小久保裕紀三塁手【ダイエー→無償トレード】

タフィ・ローズ外野手【近鉄→自由契約】

2006年-野口茂樹投手【中日→FA】

豊田清投手【西武→FA】

ジェレミー・パウエル投手【オリックス→自由契約】

小坂誠遊撃手【ロッテ→金銭トレード】

李承ヨプ一塁手【ロッテ→自由契約】

FA制度が導入された1990年代後半から多額の資金攻勢でFA宣言した他球団の4番・エースを集めているのは一目瞭然ですね!
チームの補強策の一環であり、4番を集めるというのは当時の長嶋監督の「ホームランをたくさん打って子供たちに夢を与えたい」という方針でもあり、わからないでもありませんが・・・

以下近年の巨人軍に対する専門家の見解です

巨額の複数年契約で甘やかしているせいか、小久保裕紀選手以外は期待はずれの成績に終わっている。メリットとしては実績充分の選手を擁して優勝を狙う体勢を常に整えていることやライバル球団の戦力補強阻止、ライバル球団から主力を引き抜くことでそのチームを弱体化させられること。デメリットとしては他球団の戦力(ほとんど同ポジション)を集めることによる内部崩壊(一塁手を例にすると、落合選手にはじまり、広澤選手、石井選手、清原選手、ペタジーニ選手など。つまり「補強」ではなく「補充」にしかなっていないのが現状である)
他球団では怪我人や主力の引退等が出た場合に穴を埋める新人プレーヤーが出現することが多いが、FAで戦力を埋めてきたために若手の出場機会がなく世代交代が進まなくなった。若手が多数在籍しているファームも「他球団の一軍よりも良い」という12球団随一の待遇と環境なので、誰もサッカーのように移籍を申し出ようとは思わない。
またFA制度・逆指名ドラフトとジャイアンツ優位といえるシステムをなかば強引に構築したが、勝率・優勝回数とも前述したシステム構築前とほとんど変わらないどころか、近年はむしろ悪くなっており、ファンのチーム戦略への不満を増長している。こういった傾向は、近年の観客動員数や視聴率の低迷の原因とも言われている。


補強はある意味正当なことであり、小生も正しい選択であると考えます。が、しかしわれらが阪神タイガースも金本兄貴、下さん、矢野先生などは、他球団から補強されました。だけどちと巨人とはケースが違うことを小生は声を大にして主張したい!

何故なら、彼らはタイガースに来てから過去最高の記録を更新している事実!そして、確実に生え抜き若手選手に強烈なまでの刺激を与えていることが、実に素晴らしい!つまりタイガースはベテランから若手まで、選手を育成できる球団になったことが嬉しいじゃありませんか(*^^)v

読売のお偉方様!ファンの目は肥えてますよ…本当に魅力のあるチームなら、いくら負けようがファンは絶対に離れることはありません!
写真はオープン戦札幌ドームにやってきたジャイアンツ応援団です。このようなファンを裏切るような補強や人事異動監督を沿え続けるなら、そのうち東京ドームまでイエローメッシュで埋め尽されますぜい(^_^)v

好調巨人なら相手にとって不足なし!明日からの三連戦はいつになく気合いがはいりそうだす(^_^)v


参考文献:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

☆頑張れ阪神タイガース☆

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 巨人V9研究その10 不世出の名参謀
[ その他 ]


本日は、巨人V9にかかせない名参謀、故牧野茂氏を紹介します。

牧野 茂(まきの しげる、1928年7月26日)香川県生まれ。昭和中期(1950年代)のプロ野球選手。内野手、右投右打、元読売ジャイアンツヘッドコーチ、元野球解説者。1991年野球殿堂入り。1961年シーズン途中に巨人軍に入団。ここに33歳の青年コーチの誕生とともに、川上監督との運命的な出会いが、巨人ならず日本のプロ野球史を塗りかえることになります!

この年の巨人のキャンプはドジャースの本拠地アメリカのベロビーチで行われ、牧野氏はあの名書の『ドジャースの戦法』を携え、且つ丸暗記をされて、チーム帰国後もアメリカに残り、組織野球戦法の研究に努められます。そしてその成果は1965年からスタートする9連覇という形に現れるのです。
以後ヘッドコーチとして活躍。川上巨人の名参謀として監督の絶対的な信頼を得た牧野氏の野球理論とは…

牧野氏の著書『巨人軍かく勝てり』より、ここでは「バントシチュエーション供廚鮠匆陲靴泙后

↓↓↓
ノーアウトランナー一、二塁の場面で、ピッチャー堀内に「兇離轡侫箸世勝廚伐Δ耳打ちしているその背中が二塁を向いている(一塁を向いたときはシフト)スタンドでは「王が堀内を激励しているよ」と見てる時、ベンチ-王を経由した防衛レーダーが無言のうちにナインに伝わっているのである。
ショートの黒江がいまにも二塁ベースへ駆け込んだあと、三塁へ
突進するごとくダッシュした。走者がその動きにつられてリードを大きくした。この時、二塁手の土井がススッと足音を殺して二塁ベースに入りかける。その動きを捕手がサインで堀内に知らせる。堀内は間髪を入れずクルッと体を捻って二塁ベースへ速いタマを投げる。このトリックプレーにも似たピック・オフ・プレーは森-堀内-土井の十八番だった。絶品といってよい名チームプレーで、川上さんはV8の年の夏の阪神戦で、これをやるために捕手を吉田から森にわざわざ代えて、交代した1球目にものの見事に二塁走者を殺した事があった。
このプレーは、必ずしも走者を殺せなくても良い。…無死一塁の時のトリックプレーは王が前進して投手がウエストボールを投げて、一塁に土井が入って走者を殺す…と同じように、走者のリードを少なくするだけでも効果は十分なのである
↑↑↑

その他、牧野氏の功績を挙げます。
三塁コーチャーズボックスにコーチが立って選手にサインを送る。今では珍しくない事でありますが、これを最初に実践したのは牧野氏です。監督がコーチに作戦を指示し、それをコーチがブロックサインで選手に送る方式は、V9時代の牧野氏がパイオニアです。

前記しましたが柴田勲氏のスイッチヒッターへの転向や、ケガや病気による選手の二軍調整(ゴールデンルーキーの高田氏を二軍に落として鍛えた逸話は有名です)など、現在のプロ野球の常識となった事柄の数々が、不世出の名参謀の手腕であみだされたのです。

川上監督の勇退を受け、1974年に退団。その後は東京放送の野球解説者(1975年〜1980年まで)として活躍。
理論的な解説は、精神論中心の解説者が多かった中で異彩を放ちファンの人気を集めました。

長嶋氏が巨人の監督を解任され、王氏が現役を引退した1980年オフ、故藤田元司氏の監督就任が決定とともに、藤田氏に誘われ、再びヘッドコーチに就任。翌年藤田監督、王助監督、牧野ヘッドコーチの「トロイカ体制」が見事に当たり、ルーキー原氏、中畑氏、篠塚氏、江川氏、西本氏らの活躍で巨人は日本一の座に返り咲きます。1973年、あのV9最後の年以来の日本一でした。
しかし牧野氏の体はすでに病魔に蝕まれていました。1981年のオールスター戦のさなか、診察を受け結果は膀胱ガン。しかし今入院すればチームに迷惑がかかると、手術はおろか、入院を拒否。シーズン終了後、ようやく手術を受けます。

1984年、王氏の監督就任に伴い牧野氏はユニホームを脱がれます。5月再び手術を受けるも、もはやそれは手遅れでありました。
1984年12月2日、牧野氏の人生はゲームセットを迎えました。享年56歳。
氏は薄れゆく意識の中で最後にこう呟いたとのこと
…「スエッ!1番松本…(末次コーチ、1番打者は松本だ)」

最期まで巨人を愛し、ヘッドコーチであり続け、野球に人生の全てを賭け、巨人に全身全霊を捧げた牧野茂氏。

小生今回の研究を通じて、改めて巨人の強さの秘密と伝統の重みを学ばせて頂きました。そして、益々我等が阪神タイガースがこの巨人を倒し続ける事が、どれほど素晴らしく、価値あることなのか!これぞ常勝タイガースの使命であることも(^_^)v

生前の牧野氏の言葉です
「この道より歩く道なし」 牧野茂

参考文献:『巨人軍かく勝てり』牧野茂著
文春文庫

☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 虎(-o-;)まさかの逆転負け
[ その他 ]

■2006/4/16 試合結果対広島 5回戦 甲子園
広|000 000 002|2
神|010 000 000|1

勝:黒田1勝1敗0S
S:ベイル0勝0敗4S
敗:江草1勝1敗0S
HR:濱中ソロ7号
広:黒田-ベイル
神:江草

――――――
本日は最後までゲームを諦めないカープの真骨頂ともいうべく、あと三つのアウトが取れずに悔しい逆転負けとなりました(^_^;)

先発は中6日の江草君と黒田投手です。
2回裏濱ちゃんの2試合連続となる本塁打でタイガースが先制するものの、その後は息詰まるような素晴らしい投手戦となりました!

8回まで3安打無失点の江草君は、自身初の完封勝利がかかった9回表、2本の犠飛を浴びて逆転を許してしまいます。
9回裏は黒田に代わったベイルに3人で抑えられゲームセット。
江草君よ!ナイスピッチングだったぜい(^_^)v次回の東京ドームで快投を魅せてくれい!

本日の勝負のポイントはなんといっても黒田投手の力投でしたね!再三の追加点のチャンスにも、猛虎打線を翻弄。五回、六回と犠打ミスが痛かったと言われてますが、バントをさせないピッチングをした黒田投手を誉めるべきでしょう!出塁した赤星君を見事な間合いと牽制球にクイック投法で塁に釘付けにした技は、素晴らしいの一言!打者の胸元へのコントロールも絶妙でした。流石は球界を代表するエースですね!

虎投手陣の諸君(^o^)/黒田投手を見習おうではありませんか

画像は昨日甲子園で観戦されました、アナフレ猛虎会青森支部の同志の旦那様より頂戴いたしましたm(_ _)m

さあ今週はいよいよ虎が名古屋へ、そして週末は好調巨人と激突です(^_^)v竜さんと兎さんの出鼻を打ち砕きませう(^o^)/

☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 巨人V9研究その9
[ その他 ]


■2006/4/11 試合結果対中日 1回戦 甲子園雨天中止
――――――

2000/3/19に某民放放送で特集された「ジャイアンツV9伝説と名参謀・牧野茂」
をご覧になられた方もいらっしゃると思います。
今なお語り継がれるジャイアンツV9の奇跡はいかにして生まれたのか。ON、柴田、堀内らV9戦士と呼ばれた男たち。鬼の異名をとった監督川上哲治。
そしてそれを陰で支えた名コーチ牧野茂。
日本プロ野球界不滅の金字塔と言われる
ジャイアンツV9に秘められた人間ドラマを描ききった、見ごたえのある番組でした。

今までも幾度と紹介した『ドジャースの戦法』について話をもどし、
且つ本日はコーチ陣を分析いたします。

巨人の監督に就任した川上氏は、勝つための野球を模索し、「思い切り投げる、思い切り打つ、思い切り走る」という野球が当たり前だった当時の球界で、本当に強いチームを作るためにはどうすればよいのかを模索します。
氏には一つの目算がありました。
一冊の小さな本『ドジャースの戦法』に惚れ込んでいた川上氏は、巨人にこの方法論を持ち込むことを既に考えていました。

しかし、思いきり投げる打つ走るという野球をしてきた選手たちに、組織野球・チームプレイという概念が本当に浸透するのか?
それよりも選手を教えるコーチたちが理解できるのか?
川上氏はその人選に頭を悩ませていました。そんな矢先に眼に飛び込んできたのが、舌鋒鋭く巨人の長所短所を批評する新聞記事でした。

その署名記事を書いたのは牧野茂。
2年前まで中日ドラゴンズでプレイしていた遊撃手であり、華麗なフィールディングが記憶に留まる程度の小柄な選手でした。
しかし川上氏は、選手としての牧野より野球を見る牧野の眼に惚れ込みます。
『この男とならやれる』氏は三顧の礼をもって牧野氏を巨人のコーチとして迎えます。
 
川上氏のご子息の書籍に、当時の牧野氏を回想されている言葉があります。

…ドジャースの野球をチームに定着させるために守備コーチとして目をつけたのが牧野茂という男であった「川上は選手起用に私情をはさんているというようなカチンとくることや、ベロビーチに行ったわりにはチームプレーがさまになっていないというようなことを書いていた。
それで牧野の書くものはいつも読んでいた。そのうちにあることに気がついた。
牧野は厳しいことも書くが、おれならこうするという自分の意見をきちんと書いていた。これは使えそうな男だと思ったのはそのときだ」と父は言っている。
牧野茂は昭和27年に明大から中日ドラゴンズに入団した。34年までの現役生活で通算打率は二割一分七厘と非力だったが、ショートを守って華麗な守備を売り物にした。…父が監督になる前に牧野とゴルフをしたことがあった。…父はその時牧野の持つやわらかな雰囲気と、人を惹き付ける話振りに好感を持った。「この男は自分に欠けているものを全部持っていると思った」と父は言っている。…

この名参謀とよばれた牧野氏を筆頭に、川上氏はコーチの役割分担と責任を明確にし、大幅に権限を委譲するだけでなく、王氏の師匠となる打撃コーチとして荒川博氏といった外様のコーチを採用。ランニングコーチとして野球とは無縁の東京五輪十種競技の代表だった鈴木章介氏といった異能のスペシャリストを招きいれ、システマチックな練習方式に一変させました。
又生来の口下手から「哲のカーテン」などと呼ばれた一方で、日本初の広報係を置いたり、データ収集のための先のりスコアラー制を採用したのも川上氏がパイオニアである。
またヘッドコーチには南村氏や白石氏といった巨人OBの大物を据えながら実権は与えず、実務の分担は牧野氏ら他球団出身のコーチに委ねるという巧妙な組織を作りあげたとも言われてます。

チームプレーを定着させ、監督が絶対至上という強固なトップダウン方式を作りあげたのが川上監督であり、その強烈なカリスマ性が大リーグにもない巨人のV9を生みだしたと言う専門家が多い。


参考文献:『父の背番号は16だった』川上貴光 著 朝日新聞社


☆頑張れ阪神タイガース☆


author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 巨人V9研究その8
[ その他 ]


本日は投手陣を解剖します。
その5で前記しましたが、1960年当時の投手陣は、リーグ最多勝の29勝18敗で沢村賞と新人王の堀本律夫氏が光ってましたが、他に二桁勝利を挙げたのは2年目の伊藤芳明氏一人で、あとはこの年限りでマウンドを去ったベテランの別所毅彦氏が9勝という状態で、とても層が厚いとはいえない状態でした。

いわゆる世代交代の波に襲われていたのです。
 
1964年12月に球界を代表する350勝投手・金田正一氏が入団。監督就任以降、1・3・1・4位と一向に定まらない成績に物足りなさを感じていた川上監督は金田という大物の入団でチームに活を入れようとしました。

弱小チーム国鉄でワンマンと呼ばれた金田氏の入団は、それまでの巨人に一石を投じることになります。
とにかくケタ違いの練習量と、キャンプの宿舎にまで鍋釜を持ち込む徹底した自己管理。
金田氏は実働5年で47勝という成績を残して引退されますが、氏が巨人に持ち込んだのはその強烈なまでのプロ意識でした。

1965年、藤田氏という大エースを失った巨人の最大の課題は投手陣でありました。
金田氏という大黒柱の入団はあったものの全盛期とはほど遠い投球内容しか残せません。
とにかく9回を保つ投手に事欠く有り様の投手陣に、川上監督は苦肉の策として一人の投手を抜擢します。
類希な速球をもちながら、心臓に持病を抱え、短いイニングしか好投できない宮田征典氏をリリーフ専門の投手として起用しました。
ここに“8時半の男・宮田征典”の誕生であります。
セーブポイントや、リリーフエースなどの言葉すら聞かれない時代に、宮田氏は5月以降100試合の内67試合に登板。現在のセーブポイントで言えば41SPを上げるのです。
昨年日本記録を樹立した球児君が146試合で80試合の登坂、ジェフが75試合、久保田君が68試合で27SPの数字と比べてみても、宮田氏の活躍はJFK三人分に劣らぬ顕著な功績が伺えますね!
ここに、日本のストッパー制度の原点となるリリーフエースの誕生です!
この年よりON、柴田、森、金田、そして宮田らの活躍で巨人のV9がスタートします。
65年には高橋一三氏、翌66年には悪太郎こと堀内投手が入団し、左右のエースが誕生しました。

川上巨人は、この左右の両エースを中心に、金田氏やその他の投手陣をくわえて、今では当たり前となった、先発ローテーションスタイルを確立。

当時は、主軸投手が先発完投!先発しなかった日は、リリーフで登板するのが通例だった時代でありました。

ちなみに、日本プロ野球のシーズン記録は、『神様、仏様、稲尾様』とよばれた、稲尾和久氏が持つ記録がずば抜けています!最多連勝(1957年、20連勝)、月間最多勝(1962年8月、11勝)、最多勝(1961年、42勝)

当時は先発投手がリリーフまで務めたフル回転の時代だからこその記録でしょうが、あまりの凄さには仰天しますね!まさに『鉄腕』おそろしやです!
昨年我等が阪神タイガースの藤川球児君に更新された最多試合登板(1961年、78試合)も、先発・リリーフ双方をつとめた1961年に、最多勝(42勝)を伴って達成された大記録であることも紹介させていただきます。

先発投手ローテーションと、リリーフとの分業化に成功したのが巨人軍の強さの秘密でもありました。
最近では、中継ぎ投手も出現して、ホールドという言葉も生まれてきましたが、投手ローテーが当たり前の時代であり、300勝投手などはありえない時代にもなりました。
がしかし、先発投手-中継ぎ-クロ−ザーの活躍なくして優勝はありえません。
分業化が当たり前になった時代だからこそ、セーブポイントや、ホールドのようなどんどん新しい記録を取り入れて、投手の評価をもっともっと高めていただきたいものです!

なぜか打者のほうが年棒が高いのが気になるもので・・・・・_(_^_)_

参考文献:『20世紀スポーツ最強伝説(3)Sports Graphic Number plus』文藝春秋

☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:03 | comments(0) | trackbacks(1) |
▼ 巨人V9研究その7
[ その他 ]


■2006/4/4 試合結果対広島 1回戦 広島
雨天中止
――――――
06年開幕カード、ヤクルト対阪神戦が行われた神宮球場の正門前に、WBCの優勝カップが展示されてました。
小生外野自由席確保で並んでいたので、不覚にも見逃してしまいました_(_^_)_
画像はしっかり見届けた、アナフレ猛虎会横浜支部の同志に頂戴いたしました。
あらためて、世界一になった王ジャパンを誇りに思います(*^^)v
日本のみならず世界中が日本の野球の強さを賞賛していました。
【YakyuがBaseballに勝った】【柔よく剛を制す】という痛快な記事等を、小生も微笑ましく読ませていただいた一人です!

さてV9研究その5で「ドジャースの戦法」を取りいれる巨人を紹介しました。
この書籍は発刊が1957年ですので、約半世紀も前の古典です。
これを読んで、1961年にベロビーチキャンプでドジャースと合同キャンプを行った当時の川上氏のカルチャーショックは、大変なもので、とてもとても「巨人軍はアメリカ野球に追いつけ、そして追い越せ」といった故正力氏の言葉が信じられず、「オーナーは本気でこんな国に勝てと言っているのだろうか?夢物語で勝てるわけが無い」と当時の心境を語っております。

それから約半世紀。日本の野球のレベルの高さが世界に証明されたことを、ひとしを喜んでおられるのは、この川上氏と故正力オーナーではないでしょうか。

しかし、このドジャース戦法をただ真似るだけでは強いチームになれたとは思いません。
巨人の素晴らしさは、この戦法を、日本人の野球にマッチするようにアレンジすることに成功したことが、V9というメジャーリーグでも類をみない連覇を生んだと専門家は解きます。

そしてこのドジャース戦法をチームに取り入れ、アレンジをし、かつ、当時はただ【思いっきり投げて】【思いっきり打ち】【思いっきり走る】ことしか知らない選手に、チームプレーというものを浸透させるために、川上氏がコーチングスタッフに招きいれた人物が、かの有名な名参謀、故牧野茂氏です!

日本球界不世出の名参謀の紹介は後日にさせていただきますm(_ _)m
こにドジャースの戦法を武器として、かつチームに適した戦法を浸み込ませることに成功した巨人は、ONという絶対的な3番4番打者を中心として、それぞれの役割分担をきめた理想的な無敵の打線を確立するのです。

本日は無敵のV9打線を解剖します。

チームの要であるONを中心に川上監督は九つのポジションと九つの打順、それぞれの条件に敵した、まさしく「適材適所」のオーダーを作りあげました。

1番センター柴田:出塁率が高く俊足の盗塁王

2番セカンド土井:バントやエンドランといった小技が得意で追い込まれても左右に打てるシブトイ職人

これを不動のクリーンナップ
3番ファースト王:
4番サード長嶋:
が返して得点すれば、
5番ライト末次:さらに長打力のある打者が後押し

6番レフト高田:
7番ショート黒江:
という1番、2番も務められる俊足のユーティリティープレイヤーを下位に置き、もう一度チャンスを作る。

8番キャッチャー森
9番ピッチャー堀内

当時の川上監督は、現在の巨人のように四番打者ばかりを集めようと思えばできたはずであるが、そうはしなかった。
そんなオーダーを組んでもチームとして機能しないことが、わかっていたからである事が証明されます!

ちなみに、我等が阪神タイガースの2006年の開幕オーダーです(^_^)v

1番センター赤星
2番セカンド藤本 
3番ファーストシーツ
4番レフト金本
5番サード今岡 
6番ライト桧山 
7番ショート鳥谷 
8番キャッチャー矢野
9番ピッチャー井川 
V9打線にまったく引け劣らぬ最強の打線じゃありませんか!皆さん(^o^)/

今では当たり前のようなオーダーも、悔しいかな巨人軍がパイオニアです。
次回は投手陣を解剖します。

☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 巨人V9研究その6
[ その他 ]


V9研究その4でチームの要であったONの存在を記しました。
王貞治氏が当時を振り返りこんなコメントを残されております。
「67年から68年頃のV4〜V5のチームがピークであった。ミスターも僕も若かったから。V6の頃からは巨人という名前で勝っていた。チーム力は阪神や中日と互角だった」

当時のシーズンを振り返ります。
1969年は強打、強肩捕手田淵の入団と江夏豊-ONの対決で阪神-巨人戦は大人気!7月3日の阪神戦で川上監督は、三度完封を許し巨人戦30回2/3無失点を続ける江夏を何とか打倒しようと、三番長嶋-四番柴田-五番王という思い切った打順を組んだ。これが大成功で生涯一度切りの四番に座った柴田は期待通りにツーランホームランを江夏から打ち、作戦を的中させました。

結局このシーズンはオールスター明け4連勝で弾みをつけた巨人が阪神を引き離して優勝!この年亡くなられた正力翁の霊前のはなむけにシリーズ初となる5連覇を達成する。

何故小生が柴田氏の生涯一度の四番打者の試合をとりあげたか…
裏をかえせば、阪神が生んだ大投手江夏氏の前に、あのONであろうと打てなかったから、このような苦肉の策をとらざる負えなかった川上巨人の史実に、隠された強さの秘密があると思ったからです!
更に裏を返せば、もしONが巨人ではなく他チームに存在したとして、そのチームがV9を達成できたのであろうか?
あの村山氏や江夏氏、また他球団で言えば平松氏や星野氏、山田氏、打者で言えば田淵氏や野村氏等が果敢なまでに挑んだが、巨人に勝てなかった。

なぜこれらの名投手、強打者率いる他チームは、巨人軍をねじ伏せられなかったのであろうか?

次回はこの無敵の巨人打線と投手陣を解剖したい

参考文献:『宇佐美徹也の記録 巨人軍65年』宇佐美徹也 著 説話社

☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 虎開幕戦飾れず(-.-;)
[ その他 ]
■2006/3/31 試合結果対ヤクルト 1回戦 神宮

神|000 002 010|3
ヤ|030 001 00x|4

勝:石川1勝0敗0S
S:五十嵐0勝0敗1S
敗:井川0勝1敗0S
HR:今岡ツーラン1号/ラミレス ソロ1号
神:井川-相木-能見
ヤ:石川-木田-五十嵐
――――――
待ちに待った開幕戦!先発は公約どうりのエース井川!と石川投手との投げあいとなり、一点を争う好ゲームとなりました。

今日の敗因は一言でいえばタマギワの弱さ!まだまだ固さが残っているのか、動きに精彩がありませんでした〜
井川君の調子は悪くはなかったが、先取点を取られると、妙に投球が雑になるところが気掛かり。ラミレスの一発はともかくとしても、その後の2失点は余計だ。

冒頭にタマギワの弱さを指摘したのは今岡君の三塁の守備!明らかにヤクルト打戦はサード方向を狙っていましたね〜六回裏、勝負を決める土橋の犠打が迷わず三塁前に転がしたシーンが象徴してました!

今年も秀太君か健太郎君が守備固めで忙しくなりそうです(*^_^*)

相木君と能見君は球威がありました!死球を気にせず強きにインコースを攻めて欲しいですね!

本日は古田新監督に勝利を献上となりました。
さあ明日は小生も神宮にイザ出陣です(^_^)v
画像は本日神宮生観戦のもちろんこの人!
アナフレ猛虎会応援団長より頂戴いたしましたm(_ _)m

明日はしまって行こう(^_^)v


☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ さあ開幕だ(^o^)/
[ その他 ]
皆さんお待たせいたしました!いよいよ2006年セ・ペナントレースが開幕します(^o^)/

昨日、開幕戦の一軍登録メンバーがセ・リーグから公示されました。
■投手 14 能見 16 安藤 18 杉山 20 金澤 22 藤川 29 井川 30 久保田 47 吉野 48 相木 59 ダーウィン
■捕手 2 野口 12 浅井 39 矢野
■内野手 1 鳥谷 3 関本 4 シーツ 7 今岡 8 片岡 9 藤本 32 前田忠
■外野手 0 中村 5 濱中 6 金本 24 桧山 31 林 50 町田 53 赤星 (以上27名)

さあいよいよ猛虎V2への挑戦がはじまります(^o^)/
小生の開幕予想スタメンです!

1番センター赤星
2番セカンド藤本
3番ファーストシーツ
4番レフト金本
5番サード今岡
6番ライト桧山
7番ショート鳥谷
8番キャッチャー矢野
9番ピッチャー井川

岡田監督は、今年は神宮開幕なのでいきなり赤星選手会長に「先頭打者ホームランを狙え!と指令」
応える赤星君は「必ず塁に出ろ〜って言われるより肩の力がぬけましたから、思い切ってスイングします」(^_^)vもしかするといきなり一発が飛び出すかもしれませんな〜

対するは古田新監督率いる新生東京ヤクルトスワローズです!

我等がタイガースの目指すものは連覇しかありません!

桜舞い散る神宮の夜空にジェット風船が舞い響け(^o^)/

☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 巨人V9研究その5
[ その他 ]

巨人軍の創設者は「プロ野球の父」と呼ばれた故正力 松太郎氏であります。
氏のあまりにも有名な三つの指針
『巨人軍は常に強くあれ』
『巨人軍は常に紳士たれ』
『巨人軍はアメリカ野球に追い付け、そして追い越せ』

先日、巨人ファン歴半世紀という小生の親父から聞きだした、素人ならではの証言ですが
…水原巨人から引き継いだ川上ジャイアンツは、特に目立った選手は長嶋ぐらいなもんだったな〜…

V9研究その1で巨人の成績を記したように、前年の1960年の成績はチーム打率、防御率ともにリーグ最低。二位になれたのが不思議であり、バッターでは長嶋氏がただ一人三割を打っているだけで、彼につぐのは打率二割七分でチーム1の17本のホームランを打った王貞治氏でしたが、当時はまだ三振王とヤジをあびるほど穴の大きなバッターでした。この年の101三振は氏の生涯でもっとも多い三振記録でもあります。

一方ピッチャーのほうは、リーグ最多の29勝18敗で沢村賞と新人王の堀本律雄氏が光っていましたが、他に二桁の10勝をあげたのは2年目の伊藤芳明氏一人で、あとはこの年限りでマウンドを去ったベテランの別所毅彦氏が9勝という状態で投打ともに淋しい限りの戦力だったのです。

先ほどの親父の証言も満更ではなく、データーをみた限りでは、とてもとても優勝を狙えるようなチーム力ではありませんでした。

このチームでいかにして勝てばいいのか!
そこで川上氏が着眼したのがあまりにも有名な『ドジャースの戦法』という一冊の本でした。のちにこの小さな本が巨人だけでなく、やがては日本のプロ野球そのものを変えていったと言われているドジャース戦法とは?
ネットで調べると〜
:本書は近代的なベースボールへの手引きであり、不朽の古典である。野球技術の基本を説くとともに、各ポジションのプレーについても解説。守備、攻撃、指揮の3編より成る:
ワクワクしながら図書館に駆け込み、イザ開いて見れば、小生のような野球を教わった事のない素人も仰天(^_^;)素晴らしいの一言です!代表的なチームプレーで現在では当たり前のような投手の一塁カバーについての抜粋です

『投手は自分の左側に球を打たれたらすぐさま一塁に向かってスタートする習慣をつけなければならなぬ。ゴロであろうとライナーであろうと変わりはない。直ちに一塁に突進せよ。適当な時に投手がマウンドを離れなかったためにゲームを失ったためしは多い。打球が左側にきたら、投手は真っ直ぐに一塁にスタートし、塁に近付いたらスピードを緩め、右足を塁に触れて、一塁手からの投球を待ち受ける。球を受け取ったら走者との衝突をふせぐために、ファウルラインの内側を二、三歩走り続けるが、この場合もし他の塁にも走者がいたら、投手はできるだけ早くとどまり、必要に応じて他の塁に投球する用意をせねばならない。
走者の足が遅いか、又は他の理由で投手がゆっくり一塁に間に合った時には、塁上で止まって、こちらに投球しようとしている野手の方に向き直り、一塁手のような身のこなしで、体をのばしたり、どちらかの側へ動いたりして、一塁手の代わりをつとめなければならぬ。』

当たり前のように行われているプレーに隠された、執拗なまでに細部に行き届くセオリーとでもいいましょうか!
その他、
『捕手には特別な身体的条件は必要でない。背が高かろうと、低かろうと、痩せていようと、がっちりしていようと、そんなことはどうでもいい。捕手として絶対に必要な条件は
1.敏速、正確、強力に投球できる腕
2.投球の真正面で動くことのできる軽快な身のこなし
3.守備陣を指揮する能力
の三つである。』

まさに適材適所を説いたこの書から、プロ野球の近代化が始まったのである…凄いの一言
まだまだ記したい事が山ほどありますが…m(_ _)m

参考文献:『ドジャースの戦法』アル・カンパニス著 内村祐之訳ベースボールマガジン社

☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 巨人V9研究その4
[ その他 ]
強いチームの条件に、まず中心選手の存在が挙げられます!最近では世界一となったWBC王ジャパンのイチロー選手と言えますねo(^-^)o選手の模範となってチームを牽引しました。

V9時代のチームの要は言わずと知れたONこと王貞治氏と長嶋茂雄氏です!

・王貞治:一塁手
…早実高のエースとして2年生の春に選抜で優勝。59年、巨人に入団してキャンプから打者に転向した。…荒川氏を師事して一本足打法(フラミンゴ打法)と呼ばれた華麗なフォームで本塁打を量産。
76年10月11日阪神戦で715号を放ち、ベーブルースの記録を破る。さらに77年9月3日に756号をマークしてハンク・アーロンが持つ世界記録を破った。
80年9月12日にはついに通算868号を達成し引退。
94年殿堂入り

・長嶋茂雄:三塁手
…アグレッシブで勝負強い打撃と華麗なフィールディング。「ミスター・ジャイアンツ」「燃える男」と呼ばれた長嶋が、その存在感を焼き付けたのが59年6月25日、後楽園球場での天覧試合だった。4対4で向かえた9回裏、阪神・村山実から劇的なサヨナラ本塁打。戦後のプロ野球を大衆娯楽の王座に位置ずけた一撃から7年後、ライバルの村山は通算1500奪三振の標的に長嶋を選び、記録達成まであと1個となってもわざと前の打者に打ちごろのストレートを投げ、あくまでも長嶋との勝負にこだわった。村山の挑戦を受けた長嶋は、フルスイングで向かっていって結果は三振。大方の打者にとって三振はどこまでも三振でしかないが、長嶋の場合の三振は次の打席への期待をはらませる序曲でありえた。…通算打率3割5厘の他勝負強さを証明する数々の記録を残しているが、長嶋の場合は記録上の軌跡を並べても意味はない。ミスター・プロ野球は、文字どおり「記録よりも記憶に残る」大衆の夢の具現者だったからだ。
88年殿堂入り。

ONを人一倍最大のライバルとしてきたノムさんこと、野村監督の言葉を紹介します

チームの要だったON
『チームを預かることになったとき、いつも私が手本としてきたのは川上哲治監督であり、川上監督が率いたV9時代の巨人というチームであった。それではV9巨人のどこが素晴らしかったのだろうか。まずはなんといっても王貞治と長嶋茂雄、すなわちONの存在をあげないわけにいかない。ONは長らく巨人の3番4番に座り続け常にチームの中心であり続けた。ただし私がこの二人を高く評価するのは、彼らが記録や数字を残したからという理由ではない。彼らが中心選手としての役割と責任をまっとうしていたという事実が大きいのである。私は「中心選手はチームの鏡でなければならない」と述べたが、王と長嶋は、まさしくそうであった。他の選手の模範であり続けたのである。そこが凡百の「四番」とONのちがうところなのである。

…その意味で、私は阪神の金本知憲を高く「評価」している。現在の球界で真の「四番」といえるのは彼くらいだろう。彼は少々の故障くらいでは試合を休まない。チームへの忠誠心も高い。金本が移籍してきてから、阪神の選手の意識が明らかに変わった…金本の野球に取り組む態度を見れば、まわりの選手も自然と「このままではいけない」と感じるようになる。また若手選手が直接叱るより先輩が叱ったほうが叱られた若手のショックは少ない。ここ数年の阪神の躍進には、この金本の存在が大きく寄与している』

参考文献:
『プロ野球を創った名選手・異色選手400人』新宮正春、米田厚彦著
『巨人軍論』−組織とは、人間とは、伝統とは 野村克也著

☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 巨人V9研究その3
[ その他 ]
「伝統の一戦」をネットで調べてみました。

…阪神巨人戦プロ野球の対戦カードの一つ、阪神タイガース対読売ジャイアンツの呼称。東西を代表するセ・リーグ球団同士の対戦だけあって、最も人気が高い。阪神巨人戦を「伝統の一戦」とする表現は古く、戦後には既に存在していたと言われる。80年代後半から90年代にかけての阪神暗黒時代でも、巨人相手となれば選手はもちろん、ファンも「巨人だけには負けられない」と言う気持ちが強かった。
巨人阪神戦とも呼ばれるが、語感の響きから、阪神巨人戦の方が使用頻度が高いと思われるが、阪神をホーム側に見立てた表現である為、その場合に使用されるのが正当な表現である。

伝統の一戦も最近の巨人の低迷で物足りなさを感じているのは小生だけではないはずです(^_^)v

さて、今回のV9研究はこの伝統の一戦ならぬ『伝統』についてと、『中心選手の存在』です!
何故なら、強いチームには必ず代々引き継がれてきた伝統と、プロ野球史に残る名選手が君臨しています!

1、伝統の条件 
巨人軍を語る時「伝統」という言葉をよく耳にします。事実、巨人は12球団でもっとも古い歴史を持っています。歴史は伝統を感じさせる大きな要素でもありますが、はたして歴史があれば「伝統がある」といえるのでしょうか。

ということで、阪神ファンには耳の痛い話ではありますが、巨人と阪神を比較してみるとよくわかります。
巨人の創設は1934年(昭和9年)。我等が阪神タイガースは、翌35年に「大阪タイガース」として誕生しています。つまり、歴史という面では大差はないわけですが、率直に阪神というチームには伝統という重みのある言葉よりも、いくら負けても応援しつづけてきた偉大なファンのイメージばかりがつきまといます。

それでは伝統とは何か。
思うに、伝統の重みを感じさせる第一の要素は、やはり優勝回数ではないでしょうか。

2005年(平成17年)シーズンまで、巨人のリーグ優勝回数は1リーグ時代を含めて39回。日本シリーズを制したのは20回。リーグ優勝率は5割4分9厘。V9時代までに限れば、実に7割を超えます。
対する阪神はわずかリーグ優勝9回。うち2回はごく最近達成したものであって、日本一にいたっては85年のわずか1度。これでは伝統を感じるわけがありません。
いくら歴史があっても、それだけでは伝統は育たない。弱いチームに伝統なんてないに等しいと言われても、返す言葉がありませんね。(-o-;)
『中心選手の存在』は次回ということでm(_ _)m

参考文献:『巨人軍論』−組織とは、人間とは、伝統とは 野村克也著


☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 巨人V9研究その2
[ その他 ]
V9研究その1では宿敵巨人の輝かしいV9の栄光を語りましたが、ここで我等が阪神タイガースの歴史も振り返ってみます。

V9がスタートする前年の1964年のセ・リーグ覇者は、藤本定義監督率いる我等が阪神タイガースであることは前記しました。
前年のオフに小山氏との電撃トレードで大毎から阪神にやってきた山内氏が4番に座り続け、助っ人バッキー投手が大車輪の活躍で、村山氏と石川録氏も踏ん張り「投手王国」を形成。三原大洋に競り勝ち、2度目のリーグ制覇を飾りましたが、日本シリーズでは南海に4連敗と涙をのみました。

65年からキャンプ地が高知・安芸に移り、他球団に先駆けいわゆる地元と組んだ「タイガータウン」としてスタート。
シーズンでは村山氏が25勝、バッキー氏が18勝も、打線がじり貧でチーム打率はリーグ最下位で3位。

そして巨人のV9はこの年から始まるのです!
66年は藤本監督が総監督となり、杉下新監督になるも、Bクラスに低迷して新監督は8月に休養。再び藤本総監督が登場するも3位。
この年のドラフトで、大型左腕江夏氏が入団。阪神の新しいエースが誕生しました。
ドラフト1位の豪腕ルーキーは1年目からローテーションに入り、29試合に先発、その
うち8試合で完投するが、12勝13敗で負け越し。この江夏氏と村山実氏、バッキー氏の3人を投手陣の柱に藤本阪神は巨人に挑みましだが、圧倒的な巨人の力に屈し、貯金10ながらも3位に甘んじました。

翌68年、2年目を迎えた江夏氏の快投にファンは酔いました。
シーズン奪三振世界記録の401個を樹立!

日本記録となる354個目の三振を王選手から奪ったその翌日に、あの有名なバッキー氏と荒川氏の大乱闘事件が勃発!それがあとあとまで響き3位。

六大学のスター田淵氏が69年入団。22本塁打で新人王に輝く活躍をしましたが、後藤監督の元優勝争いをするも2位に終わります。

投手兼任の33歳の村山青年監督が就任した70年は、若さと情熱で巨人に立ち向かうも、なんと貯金が28でも優勝できず2位。それほど巨人の強さはずば抜けていました。

翌71年江夏氏がオールスターで9連続三振を奪う大記録を樹立。だだチームは田淵氏の故障が響き屈辱の5位転落。

投手に専念するために金田監督に指揮を移譲したのが72年。しかし巨人との決戦となった9月に負けが込み、ついに村山氏は64年以来の優勝を果たすことなくユニフォームを脱ぎました。

そしてV9の73年は語り草になった最終戦。対巨人との直接対決、どちらか勝った方が優勝決定の大一番でしたが、結果は9対0の大敗。
怒りがおさまらない甲子園のファンが巨人ベンチを襲撃するという史上最悪の事件を起こしてしまいました。

その後も85年の優勝までに長くて辛い時代が続いたのは皆様周知のとうりですね。

参考文献:『阪神タイガース猛虎70年史伝説』ベースボールマガジン社

☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 巨人V9研究その1
[ その他 ]
まず初めにV9時代突入する前から巨人軍の成績を調べてみました。
リーグ分立1年目の1950年こそ優勝を逃すものの、同年に復帰した水原茂氏を監督に据えて翌1951年からは日本シリーズ3連覇を達成しています。
1954年の2位を挟んで1955年より1959年までリーグ5連覇と第2次黄金時代を成しとげました。
しかし1956年〜1958年の日本シリーズでは、元巨人の三原脩監督率いる西鉄ライオンズとの因縁の対決で3年連続して苦杯を喫します。
さらに1959年にはリーグ優勝は果たしたものの、日本シリーズでは南海ホークスに4連敗。
1960年には三原氏が監督となった大洋ホエールズに6年連続最下位からの優勝を許して水原監督が勇退。
『俺の言いたい事は本に書くくらいあるぜ〜』の台詞を残して巨人を去りました。

1961年、ヘッドコーチであった川上哲治氏が監督が就任。
川上氏は当時先進的とされたロサンゼルス・ドジャースの戦術を取り入れ、就任1年目にして見事に日本一を達成します。
その後、1963年にも因縁の西鉄を破って日本一になり、前人未踏のV9への道を進むことになります。

1965年から1973年までの日本シリーズ9連覇を果たしたことをV9(ブイナイン)と呼びます。

この時期に長嶋茂雄、王貞治、柴田勲、高田繁、土井正三、黒江透修、堀内恒夫、高橋一三など日本プロ野球史を代表する選手が出現。1970年代からのカラーテレビ普及による野球中継が相まって絶大な人気を博し、俗に「巨人、大鵬、卵焼き」と並び賞せられました。
がしかし1974年中日ドラゴンズに20年ぶりのリーグ優勝を許し、V10を果たすことができませんでした。

余談ですが、もし62年と64年に藤本監督(元巨人第一次黄金時代を築いた)率いる阪神タイガースが巨人をしのいで優勝しなければ、もしかすると14連覇となっているんですね〜(^_^;)
まさしく無敵とはこの事でしょうか、凄まじい強さです!

またV10を阻んだ年、大車輪の如く活躍した中日の当時のエースが、言わずと知れた星野仙一氏であった事も追記します(^_^)v

この年を最後に川上監督が勇退。またV9を支えてきた長嶋氏と黒江氏、さらに森昌彦氏も現役を引退され、第三次黄金時代が終焉をむかえました。


参考文献:『わが生涯の野球』ベースボールマガジン社、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 虎完封負け(-.-;)
[ その他 ]
■2006/3/15 試合結果対西武 オープン戦 インボイス

神|000 010 000|0
西|000 210 00X|3

神:江草-金澤-吉野
西:涌井-星野-大沼-小野寺
――――――
本日は西武ライオンズに3対0とオープン戦初の完封負けです(^_^;)。
本日はいわゆる近未来打線のオーダーです(^_^)v
1番:藤本
2番:赤星
3番:鳥谷
4番:濱中
5番:今岡
6番:桧山→町田
7番:林
8番:喜田→関本
9番:浅井

が、しかし昨日は15安打11得点と大爆発した打線も、涌井投手筆頭に西武投手陣に抑え込まれ0封(-.-;)してやられました!

先発の江草君は5回を3失点。その江草の後をうけた金沢は2回1安打無失点と好投。

岡田監督も高評価で赤丸急上昇です〜今年はやってくれますな(^_^)v吉野君との復活劇で昨日のサジキーと共にSKYと呼ばせてください(*^_^*)

1軍合流即スタメンの虎ゴジラこと喜田君は第1打席でライトオーバーの二塁打を放ち、開幕一軍に向けて猛アピールです!

明日は移動で週末は四国から倉敷で赤ヘル戦です(^o^)/しまって行こうや!

画像は本日インボイスドームレフトスタンド最前列を陣取って観戦のアナフレ猛虎会埼玉支部の同志から頂戴しましたm(_ _)m

☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 虎引き分け
[ その他 ]


■2006/3/13 試合結果対巨人 オープン戦 岐阜12,654人

神|200 010 001|4
巨|000 001 300|4

神:杉山-吉野-金澤
巨:野口-酒井-佐藤宏-久保-前田
本塁打:(巨)原1号3ラン(7回、吉野)
――――――
本日は雪降る日岐阜で始まった巨人とのオープン戦第2戦、結果は4-4の引き分けでした。
初回から好調シーツがタイムリーで先制点、また怪我から復帰した2年目の赤松が3安打と俊足で猛アピール。

そして途中出場の藤本も9戦連続安打と絶好調(^_^)v

先発杉山は5回を2安打無失点に抑えるなど上々の立ち上がりでしたが、6四球と制球に課題を残しました。

続く2番手吉野が巨人打線に捕まり4-3と逆転を許します。
まだまだ球に甘さがありますね〜ドンマイや!

しかし9回に上坂のタイムリーで同点に追いつき、引き分け。なかなかいい試合でした!
さて海の向こうのWBC2次リーグ米国戦(アナハイム / 現地時間12日)は、残念ながら藤川君がA・ロッドにサヨナラ内野安打を許し、日本の逆転負けとなりました。
球児君世界の舞台で惜しくも一敗です!頑張れ球児(^O^)

写真は本日岐阜長良川球場で観戦のアナフレ猛虎会の同志から頂きました!斉藤道三、織田信長のゆかりの地からの画像です(^O^)


☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ アナフレ猛虎会リポートo(^-^)o
[ その他 ]


本日は1軍が休みだったタイガース。グズついた天気の中、2軍と一部の1軍選手が追い込みの調整を行いました。鳴尾浜のブルペンで投げ込みを行ったのは明日のヤクルト戦に登板予定の下柳先生(^o^)/今年も期待してまっせ〜最多勝o(^-^)o
そして今夜はその下柳投手の出身地長崎県のすぐとなり?ではありませんが(*^_^*)アナフレ猛虎会中国地区山口支部の同志から嬉しいリポートが届きましたのでご紹介いたします(^_^)v
↓↓↓↓↓↓↓

今夜はLiveです。下関・唐戸にある、お好み焼き店に来ています。以前から通っているお店で、ご主人さんと女将さんにはいつも家まで送っていただいたりして大変お世話になっています。ここのご主人が猛虎会に入っていて、地元新聞に紹介される程、トラキチです。(笑) 店内は入口からタイガース一色です。お好み焼きも当然関西風です。タイガースファンの方、来関際はご一報を。ご案内しましょう〜
↑↑↑↑↑↑↑
みな様!下関に行ったらぜひとも彼氏にご馳走してもらいまひょ(^_^)v


☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:23 | comments(1) | trackbacks(0) |
▼ 巨人V9研究-プロローグ
[ その他 ]
人事を尽くして天命を待つ!
セ・リーグ連覇と日本一を目指す阪神タイガースの岡田監督ら首脳陣・球団関係者・選手が本日、兵庫県西宮市内の広田神社を参拝し必勝祈願を行いました。
さあ明日は甲子園で今シーズン初のオープン戦です(^_^)v

さて安芸キャンプ最終日にスカイAのキャンプリポートの解説者、西本忠生諸氏等が今年のタイガースを評してこう語っておりました。
「岡田タイガースは連覇というよりもあの巨人のV9時代をしのぐチームづくりをしている。岡田氏はあの川上監督を目指しているのでは」…

小生とタイガースの出会いは小学四年の頃、父親に初めて連れていかれた後楽園球場でのペナントレース公式戦の巨人-阪神戦です!
四番キャッチャー田淵の決勝ホームランで阪神が勝利しました(^_^)vあの時の球場の異様なまでの雰囲気はトラウマの如く記憶に焼き付いております!

つまりその時の昭和48年は巨人がV9を達成した年にあたります!
宿敵巨人軍が成し遂げたV9とは昭和40年から48年までに達成され、今現在も破られる事のない前人未踏の大記録であります!

監督は言わずと知れた「巨人軍の鬼」と呼ばれ、現役時代はヒッチャーの投げた球が止まって見えたとの伝説を残した「打撃の神様」川上哲治氏であります!
中心選手と言えば説明不要のONこと、世界の王貞治氏とミスタージャイアンツ長嶋茂雄氏ですね!

当時江夏氏や田淵氏の最強バッテリーをかまえた我等がタイガースでも力及ばず、又日本シリーズでは西本阪急や野村南海が果敢に挑みましたが、悉く打ち砕かれました!

何ゆえ巨人ばかりが強かったのか〜当時のテレビ中継は巨人戦しか写らず、父親は大の巨人ファンだったので、巨人が劣勢になるとチャンネルが変わりました。つまり巨人が劣勢にならないと好きなテレビが見れなかった(^_^;)
物心つくまでは巨人が勝つ試合しか観たことがなく、子供心にあ〜スポーツは巨人と横綱大鵬が勝つもんなんだと記憶します。
何ゆえそこまで強かったのか?

アンチ巨人の方々には申し訳ありませんが、またまた小生の悪いクセが出ましてm(_ _)mぜひとも岡田阪神が目指す常勝軍団こそ、このV9時代の宿敵巨人であると主張したく(^_^)v願わくば題して「巨人V9研究」にて今後何回になるかはわかりませんが、この場をおかりして投稿させていただきますm(_ _)m

☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ キャンプ終了(^o^)/
[ その他 ]
本日沖縄・高知と1ヶ月にも及ぶキャンプが打ち上げとなりました。岡田監督は「点数を付けるなら70から80点。残りの点はオープン戦の調整でより高めて行きたい。キャンプ中はブルペンで過ごす時間が多かったが選手達はいい競争をしてくれた」とコメントを残し、期待の選手は江草君と能見君をあげ、オープン戦の結果でレギュラーを判断したいと述べられたそうです。

一年は本当に早いもんですね〜
さあ〜今月はオープン戦!虎がいよいよ東京にやってきます(^_^)v

☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 蘇れ吉野!不死蝶の如く(^o^)/
[ その他 ]
本日はキャンプ期間を通じて初めて一日中雨。東京もよく降りました(*_*)
虎野手陣は室内練習場で打ち込み、投手陣はブルペンで投げ込みを行いました。

さて、残念なニュースですが、ジェフが昨年の左膝の手術後の経過が悪く、戦線離脱のため、急遽クローザー選びの動きが出てきました!

まずはサジキーこと桟原君です(^_^)v
昨日の紅白戦で紅組の4番手として、六回から登板し、打者6人をピシャリと抑え、MAX150キロをマーク!六回には桧山君を内角スライダーで中飛、今岡君を外角直球で遊ゴロと主力封じにも成功しています。久保コーチも絶賛です。

続いてバス釣り隊長の福原君も中継ぎに回るプランが浮上!
04年から先発ローテーションの軸を務めましたが、それ以前は通算13セーブを挙げるなど抑え、中継ぎの経験もある事も影響しています。勿論、先発陣が整備されて頭数がそろうことが条件ですが、福原君を含めた「FFK」が勝ちパターンになる可能性もありますね。

つづいては2年目右腕のダーウィン・クビアン投手!
昨日の紅白戦でも149キロの速球を披露し。今年から本格的に取り組んだ決め球フォークは140キロと球威抜群!2回3安打1失点と0封こそ逃しましたが、タイムリーは赤星会長の右手一本でフォークをすくわれた技ありの一打だけです。
そして最後に小生のイチオシが、現在2軍で調整中の吉野投手です(^_^)v
首脳陣も3月7日のオープン戦の甲子園開幕に合わせて昇格させ、テスト登板させる予定だそうです!
写真は2003年の日本シリーズのDVDですが、吉野君が連投連投の大活躍(^_^)vあのダイエーの史上最強打線をキリキリ舞いさせてました!まさに輝いていた時です。是非とも復活を期待したい左腕です。
蘇れ吉野(^o^)/不死蝶濱中に続け〜!

☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ お待たせ矢野(^o^)/実戦初マスク!
[ その他 ]


■2006年紅白戦最終試合安芸市営球場

紅|000 0010|1
白|000 2000|2

(紅)下柳-杉山-橋本-桟原
(白)福原-安藤-ダーウィン-金澤
-------------

本日の紅白戦でスタメン出場し下柳投手・杉山投手とバッテリーを組み、3イニングを無失点に抑えたくれた矢野捕手(^_^)v。
バッティングのほうは3打数ノーヒットでしたが「やっぱり実戦が一番の練習やね」と満足げに語ってくれました。昨年はふくらはぎの怪我で出遅れましたが、本塁打と盗塁阻止率の自己記録を更新しました!今季はここまで本当に順調のようですね(^o^)/

さすがに先発ローテ組が投げただけあって序盤は静かなゼロ行進ですo(^-^)o

が、しかし少々制球難の橋本君から今キャンブ成長著しい上太郎がタイムリー!

大和君が卒業式の間に今日は前田忠節君がいいプレーを見せれば、二年目岡崎君の成長も見逃せません!

最後はサジキーがなかなかいいピッチングで締めてゲームセット(^o^)/ジェフの故障のカバーは君だぜい(^_^)v

☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 21:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 本日はおやすみです
[ その他 ]
本日は安芸キャンプに入って初の休日o(^-^)oキャンプ最後の休日にも球場には練習に励む藤本選手らの姿がみられたそうです。
約1ヶ月のキャンプも残すところあと3日となりました(^_^)v

さて皆様!
またまた公式サイトにうれしいニュースが掲載されました!
今年も5月から6月にかけてセ・パ交流戦が行われますが、昨年は本拠地でのみ黄色が配されたオールドユニフォームを着用しましたが、アイディアマン・岡田監督の発案により、今年は更なる趣向を凝らすことに決定(^o^)/
ホームでは1979〜83年のビジター用(ライトブルーを基調に黄と黒のラインが入ったデザイン)を、昨年のホーム用タテジマをビジターで着用してくれるそうです。

あのライトブルーのユニフォームもオールドファンにはたまりませんな(^O^)

今年はインボイスドームと千葉マリンスタジアムであのホームのユニフォームが見れるのも楽しみです!

アナフレ猛虎会関東地区の皆様!ちょい気が早いですが交流戦は是非オールドユニフォームを纏って球場でそしてテレビの前で応援しようではありませんか(^o^)/

オットット〜北海道/東北地区の札幌ドームとフルキャストスタジアムの猛虎会の皆様も忘れちゃおりませんで〜!

☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 虎連勝(^o^)/
[ その他 ]
■2006/2/26 試合結果対オリックス オープン戦 高知市営

神|002 003 204|11
オ|000 010 030|4

神:能見-牧野-中村泰-渡辺-田村-相木

オ:平野佳-吉井-大久保-山本-ユウキ-吉川

本塁打:町田ソロ、浅井ツーラン、林ツーラン、
――――――
関西ダービー第2ラウンドの先発は能見君です!4回を2安打無失点と、昨日の江草君に続いて結果を出しました。なみいる清原君を中心としたオリックス打線をしっかり抑えてくれました(^_^)v

三回浅井君と大和君の連続ヒットでチャンスを作れば、四番濱ちゃん先制タイムリー(^_^)v

大和君の守備捌きは素晴らしいですね!岡田監督の守備力も重視する守りの野球も魅力です(^_^)v

五回こちらも古巣に恩返しの牧野君が登坂しましたが、牽制悪送球からほろにが1失点(^_^;)して代打中村紀君に対してズバット真っ直ぐ勝負で行こうや!
しかし六回ベテラン町田と伏兵浅井の一発が飛び出せば、お久しぶりの登坂、中村泰君もなかなかいいじゃないですか!

セカンドを争うモンキー藤本も、昨日の関本の4安打に負けじと3安打猛打賞!

そしてライトの定位置獲りに燃える林君も、七回お待たせ右翼へ2ランホーマー!WBC台湾チーム合流前のアピール弾となりました。

続く新人渡辺君も好投すれば、八回頑張れ田村君!手痛い3失点(-.-;)

九回公約どうりの健太郎〜シブトク四球を選んで出塁すれば、秀太の久々タイムリー(^_^)vに続け続けと岡崎、上坂技ありタイムリー(^o^)/

最後は相木君が古巣に恩返しのクローザーで登場すれば、守備でも魅せます健太郎o(^-^)o
16安打11対4でゲームセット(^_^)v連勝です

☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 虎(^o^)/オリックスに快勝!おそれいったよ健太郎(^_^)v
[ その他 ]


■2006/2/25 試合結果対オリックス オープン戦 安芸市営球場

オ|000 000 010|1
神|000 020 10x|3

オ:前川−加藤−金子−萩原

神:江草−金澤−桟原−ダーウィン
――――――
安芸にオリックスをむかえてのオープン戦第一戦は、見事3―1で勝利を収めました。

先発の江草君は最速145キロのストレートとシュートが冴えわたり、4回を3安打無失点!先発ローテ入り猛アピールに成功(^_^)v

2番手の金沢は2回を1安打、無失点。今年はやってくれますぞ〜この男は(^o^)/

そして注目の高卒ルーキーながらスタメン出場の大和君は3度の守備機会を無難にこなし、打者によって守備位置を変えたり、バントも初球でキッチリ決めるなど、終始落ち着いたプレーで大物ぶりを見せつけました。

打線の方は「テーマはストレートに合わせてセンター返し」と話していた健太郎君が4安打と大当り!
がしかし当の本人は納得いかない様子でありまして、第1打席は落ちる球をしぶとく中前へ運んだが、2番打者として反省してます。「ボール。選べば、四球で出塁できたかも。打つべき球の見極めがついていない。」と謙虚な健太郎君に成長が伺えますです(^_^)v

また、髭叔父さんのシーツが先制の2点二塁打を放つなど、計10安打の猛攻(^_^)v。

7回からは桟原君がマウンドに上がりましたが、ソロ本塁打を許しました。ドンマイです
9回からはダーウィンが3者凡退に抑えゲームセット(^o^)/
まずは先勝です!

又、WBC日本代表の黒田投手(広島)が右手人さし指打撲のため代表を外れることが決まり、代わりに阪神の久保田君が選ばれました。虎の守護神が世界の桧舞台に殴り込みです(^o^)/

☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 00:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 猛虎キャンプリポート
[ その他 ]
いよいよ明日からのオープン戦にそなえて実戦形式の調整が続く中、今日はチーム全体が軽めの練習に終始しました。

そして実戦にまだ登場していない2人のベテラン金本兄貴と矢野先生がランチ特打に登場!120スイングで22本のサク越えの鉄人でしたが、本人的には少々不満な様子で「食欲と体調は万全なのになぁ」とシブメのコメント(^_^;)
虎の四番打者も着々と仕上がってきてるに違いありません(^_^)v

明日のオリックスとのオープン戦の先発は江草君が予定されてます!
何やらチケットは完売のようですね!関西ダービー開幕ですo(^-^)o

荒川静香さん金メダルおめでとうございます(^o^)/

☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 若虎&ベテランの競演(^o^)/
[ その他 ]


■2006年紅白戦第2試合安芸市営球場

紅|300 3101|8
白|002 0022|6

(白)下柳-福原-橋本-渡辺

(紅)オクスプリング-杉山-牧野-田村

本塁打:シーツスリーラン 喜田ソロ 桜井ソロ

本日の紅白戦第2ラウンドは髭叔父さん対決で、いきなりシーツ様のツーランで幕開け!
オクスプリング様はホントに真面目な好青年o(^-^)o

大和君守備いいね!初ヒットおめでとう

下さん福原余裕?の調整リレーo(^-^)o

町田&野口のベテランも健在です!片岡先生ドンマイエラー(^_^;)
濱ちゃん二本のツーベースbyウネリ打法が飛び出せば、喜田&桜井のアベックホーマーにびっくり仰天(^o^)/

藤原君なかなかパンチがありますね〜ガッツ溢れる守備&走塁も好評!

ナイスキャッチ!秀太君誕生日ヒットじゃおめでとう(^_^)v

牧野君球走ってるね〜迎え撃ったは赤星会長走りに走って流石の三塁打(^_^)v

萱島君が自慢の足を披露すると、お待たせ健太郎シブトく三遊間をやぶるクリーンヒットでチャンスを広げれば、鳥谷〜濱中〜秀太に田村-大橋バッテリーが格の違い負け(^_^)vいい経験だぜ田村君!

本日はこの辺で!

画像はアナフレ猛虎会広報カメラマンから頂きましたo(^-^)o
撮影byパナソニックLUMIX FZ5だそうです!デジカメ画像は違いますね〜お見事(^_^)v

☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 宜野座キャンプ終了o(^-^)o
[ その他 ]
ありがとう沖縄!

本日、我等が阪神タイガースは沖縄県宜野座村での第1次キャンプを終了しました。

最終日のフリー打撃には福原、下柳が登板。ブルペンでは、左股関節を痛めていた能見君が投球を再開。

17日の練習試合で6失点した筒井君は、コーチ立ち会いでビデオ撮影しながらフォーム修正に取り組んだそうです。

そして雨のメイン球場に全ナイン、スタッフが集合し、赤星憲広新選手会長の音頭で一本締め!笑顔の打ち上げとなりました。
「トレーナー、裏方さん…何より宜野座の皆さんの協力で充実したキャンプが過ごせた。監督も言う通り、来年はセンターポールに(リーグ制覇より)もう一つ上の旗を掲げられるように!」とレッドスターが誓いました(^o^)/。

連覇、日本一を目標に掲げた岡田監督は大きなけが人も出ず、狙い通りに若手の成長を確認できたようです(^_^)v
「浜中の復活、林の成長が目についた」と満足そうに振り返りました。

また18日のヤクルト戦で見せた「1番鳥谷、2番赤星」の新オーダーについては「最終決定ではなく、今後も新しい打順を試していきたい」と話していたそうです。

金本、下柳らベテラン勢も順調で、3月中旬のオープン戦から本格的に実戦に参加する予定ですo(^-^)o

さてみな様!小生の選ぶ若手成長株は、投手では江草と相木君〜
野手では上坂君。捕手では岡崎君でしょうか(^_^)v

一行は夕方の便でいったん帰阪。一軍本隊は20日に高知入り。ファームが待つ安芸で、いよいよ仕上げの二次キャンプに入り、3月2日まで行われます。

又二軍から吉野、牧野、中林の3投手が一軍に合流します(^_^)v

沖縄のみな様!来年は必ず日本チャンピオンフラッグをこの宜野座村野球場になびかせまっせ(^o^)/

☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 虎o(^-^)oプレ開幕カード快勝(^o^)/
[ その他 ]
■2006年練習試合対東京ヤクルトスワローズ
2月18日宜野座村野球場

ヤ|004 000 000|4
阪|300 000 500|8

(阪)杉山-藤川-久保田-ダーウィン-相木

(ヤ)松岡-佐藤-宇野

沖縄の球春もいよいよ大詰め!
本日宜野座に古田監督率いる新生・東京ヤクルトを迎えて、キャンプ前半総仕上げの練習試合が行われました。
先発は今季初の2ケタ勝利に燃える杉山君です。尚先頭打者は鳥谷という打順を組み、赤星、シーツ、今岡、桧山も今キャンプ初めてスターターに名を連ねた豪華オーダーです(^o^)/

試合は初回に怒涛の連打で先制するも、杉山君が右打ちで崩しにかかる燕打線の2巡目に捕まり、3回4失点で降板。今年も燕のしぶとい打線は健在です。

しかし7回裏、四番濱ちゃんの同点タイムリーが出ると、途中出場の2年目岡崎と、林の7目の覚めるような打球の勝ち越し打などで一挙に5点を入れて再逆転に成功(^_^)v

尚2番手で登板した藤川は、WBC仕様のロジンバックを手にとって実際のフィーリングを確かめながらの余裕のピッチング(^_^)v

久保田君も140キロ代の力強いストレートを投げ込み、最後は、新戦力の相木が2回をピシャリと締めて8対4…『プレ開幕カード』にまずは快勝です!


☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ お待たせ!濱ちゃん一発(^o^)/
[ その他 ]
■2006年練習試合対北海道日本ハム2月17日宜野座村野球場

日|114 000 010|7
阪|000 013 020|6

(阪)筒井-金澤-渡辺-伊代野-田村
(日)江尻-武田-岩下-橋本

(日)金子満塁ホームラン
(阪)濱中ソロ、鳥谷スリーラン

今日は宜野座で日本ハムとの練習試合第2ラウンド!先発筒井が乱調で日ハム打線につかまり序盤で6対0とリードを奪われました。時より力強いストレートとシンカーを交えた投球内容でしたが、コントロールが課題ですな。
二番手で投げた復活の金澤君はランナーを出すも粘りの投球を披露(^_^)v

そして5回以降はクリーンアップが爆発。右中間への一発を含む3安打、そして危なげないバックホームを濱中が見せると、負けじと鳥谷も6回にライトへ3ラン、8回はレフトへ2点タイムリーツーベースと5打点の活躍で存在感をアピールしてくれました。(^_^)v

また3番手でプロ初の実戦マウンドに上がった渡辺亮投手は、2回をパーフェクトに抑える『満点デビュー』!「最初は緊張した」というルーキーですが、速球を生かす2種類のチェンジアップも冴えわたり、テンポのいいピッチングに首脳陣もニンマリo(^-^)o
敗戦にもおおいに収穫ありです(^_^)v

☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 猛虎キャンプリポート第四クール
[ その他 ]
今日の宜野座で注目を集めたのは先日の練習試合で豪快な一発を放った林選手。岡田監督がつきっきりで30分、実技を交えた熱心な指導を受けたようです!
「ポイントが近すぎるのでもっと前で打てといわれました。それだけ見てもらっているのはありがたいです。明日の試合でも日本ハムの時のように初球から積極的にいきたいですね」と頼もしいコメントです!

デイリーにも早々この記事が解説されています。
“打つポイントが体に近くなりすぎているから、打球が上がらなくなっている”と解説されてました(^_^)v
明日の日ハム練習試合にもスタメン予定の林君!開幕一軍生き残りに必死です(^_^)v

さて、本日のスカイA猛虎キャンプリポートのゲストは、お久しぶりです元阪神タイガース投手の中込氏!四年間の台湾選手生活を終えて、久々に猛虎戦士達の逞しい姿に絶賛されてました(^o^)/

又ケガでリタイアの赤松君にかわって宜野座入りした前田君と庄田君も忘れちゃいまへんで〜(^o^)/

全く話題にならないのは安藤投手(*^_^*)首脳陣に絶大な信頼があるゆえに心配無しで話題にすらならないとの巷の噂です(^_^)v
下さんと最多勝を競えるのは安藤君しかいないとのもっぱらの評判です、丸刈りもなかなか似合ってるじゃないですかo(^-^)o

赤星選手会長も血膜炎から元気に復帰!白いリストバンドで特打!200安打に向けての再スタートですo(^-^)o
話題がつきまへんので今夜はこのへんで(^o^)/


☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 虎連勝(^_^)v
[ その他 ]
■2006年練習試合対三星ライオンズ2月13日ONNA赤間ボールパーク
阪|110 000 010|3
三|000 000 000|0

(阪)-江草-相木-桟原-筒井
(三)-ジョン・ビョンホ-ジェイミーブラウン-カン・ヨンシク-パク・ソクジン-キム・ヒョナム-グォン・オジュン-オ・スンファン

本日は韓国・三星と練習試合を行った我等がタイガース!2試合連続で4番に座った濱中選手は2打点をあげたものの、今日もヒットが無く2試合無安打で快音は聞かれませんでした。まだまだこれからです!

そして今日も元気なのは上坂選手。今日も2安打を放ち好調さをアピール(^_^)v浅井君もなかなかいいですね〜

本日の先発は、いつも楽しそうに投げるフォームの江草君!テンポのいい投球がいいですね〜初見参の相木君-桟原-筒井と若手投手陣が見事な完封リレーを披露して、3対0で勝利しました(^_^)v

投手層がますます厚みを増してきていますね!練習試合とはいえ、連勝はいいもんです(^o^)/

又、三星に移籍しましたお久しぶりの元虎戦士のブラウン君が登坂し、元気な姿を見せてくれましたね。新天地で頑張ってください!

☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 第三クール開始(^_^)v
[ その他 ]
本日より宜野座キャンプも第三クール開始!いよいよ実戦がくみこまれます〜
あいにく午後には雨足が強まる時間帯もありましたが、ゲーム形式のノックを行うなど予定通りメニューを消化しました。

岡田監督は明日の対日本ハム戦(名護)スタメンを公表(^_^)v
投手は能見、伊代野、田村が3回ずつ。打線は鳥谷、濱中、林が中軸を担う予定だそうです。
キャンプ序盤から高評価の伊代野君は、「3回は長いな!と思ったけど、逆に言えばそれだけアピール出来る」と前向きに捉え、「四球を出さないよう」悔いなき投球を誓います。
WBC台湾代表のクリーンアップ候補でもある林君は、「最初なので、思い切り振ることがテーマ」と気負いがありません。
いずれも公式サイトからのコメントです(^_^)v

濱ちゃんはこの日の為に仕上がりは上々(^_^)v右翼守備テストの大事な練習試合だけに、打撃もさながら、スタメン定着をアピールするファーストトライです!
早く明日にな〜れ(^o^)/

☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 訃報です
[ その他 ]
球界の紳士、逝く

昨日元巨人軍監督の藤田元司氏がお亡くなりになられました。
巨人のエースとして活躍され、81年に長嶋監督(現巨人終身名誉監督)の後を受けて巨人監督に就任。いきなり日本一に輝き、3シーズンで退任して王監督にバトンを渡しましたが、再び89年に「再登板」。4シーズン後の92年退任されるまで、監督通算7年間でリーグ優勝4度、日本一2度に輝いた名将です。
おだやかな物腰で球界の紳士と言われた藤田氏ですが、小生の記憶では藤田監督、王助監督、牧野ヘッド(故人)のトロイカ体制と言われた81年の巨人で成し遂げた日本一が一番記憶に残っております。圧倒的強さの優勝でした。
又、1990年の森監督率いる西武ライオンズに4連敗した後のコメント『監督がヘボだから負けたんです』…
敗軍の将多くを語らず。小生の記憶に鮮明に残っております。
第1次政権時代は江川、西本の両エース、2次政権では斎藤、桑田、槙原を中心に巨人投手王国時代を築かれました。そして現巨人監督の原辰徳氏をドラフト会議で引き当て、育てた事はあまりにも有名です!
訃報を聞いた原氏は絶句、『父親以上の存在であった』とのコメントを残されました。

監督としての手腕は高く評価され、当時小生も『我慢の管理学』という著書を読んだ記憶があります。
04年までNHKプロ野球解説者も務められ、96年には野球殿堂入り。

 ご冥福をお祈りします。

頑張れ阪神タイガース
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 21:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 猛虎キャンプレポート(^_^)v
[ その他 ]
今日は気温が低く肌寒い中キャンプが行われました。その中でも積極的にブルペンで投げ込みを行ったのが下柳投手です。首脳陣から「飛ばしすぎじゃなければいいが」と心配されるほど。「今年も是非最年長トリオでお立ち台?」との質問には「イヤです。あれは監督命令ですから」と話し「監督命令が出たら?」と更に聞くと「逆らいます」と取材陣を笑わせるいつもどおりの下柳節を聞かせてくれたもようです。今年もこの人がタイガース投手陣を引っ張ってくれるにちがいありません(^_^)v
さて 先日宜野座キャンプ第1クールを見届けられました、アナフレ猛虎会応援団長からのキャンプレポートです!
『沖縄に行ってからネットを見ることもなく、阪神の記事がほとんど載ってない新聞しかなく、TVもほとんど見なかったので、私の主観だけでキャンプの感想を書きます。ブルペンは2日目と3日目にかぶりつきで見ました。相木とノーミンが目についたのと、新人渡辺の小さいのにビックリ!伊代野も見ましたよ。ただ同じサイドスローでも相木の方が躍動感を感じました。オックスは・・・ピッチングは覚えてないけど顔がよかった(^^ゞ球の質とかフォームとかは私にはよくわからないので専門家に任せます。』
応援団長らしいユーモア溢れるレポートの中にも、鋭い観察力には驚きですね!続きはアナフレ日記に掲載されてますのでお楽しみくだされ(^_^)v
☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ お久しぶりです
[ その他 ]
本日は、お久しぶりです石毛阪神タイガースOBですo(^-^)oスカイA猛虎キャンプレポートに解説者として出演されてました!

2002年オフにテストに合格して阪神に入団。三年間の縦縞選手生活に別れを告げ引退されました。お疲れ様でした!

1988年ドラフト外で巨人に入団。1993年には30セーブを記録し、最優秀救援投手に輝きました。1997年に近鉄に移籍。2003年安定したピッチング内容で、中継ぎの役目を果たし、見事18年振りのリーグ優勝に貢献いたしました。
巨人、近鉄、阪神で優勝を経験し、自ら「優勝請負人」ならぬ「優勝見届け人」と称していた石毛さんo(^-^)o縦縞で御堂筋パレードを二度も経験ができて本当に楽しくいい思い出ですと語ってくれた表情が、実に爽やかに写りましたo(^-^)o本当に有難うございました!今後とも解説者又は指導者としてタイガースにご指導のほど、よろしくお願いいたしますm(_ _)m

第2クール初日の今日は、能見・田村・伊代野・桟原らがマウンドに上がってのフリーバッティングが行われました。この4人は2月12日に行われる日本ハムとの練習試合に登板予定が決まっており、石毛氏も放送席より熱いエールを送ってました!
実戦もいよいよ間近です(^o^)/

☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 頼むで新助っ人(^o^)/
[ その他 ]
沖縄キャンプ2日目。今日は期待の新外国人、オクスプリングが初投げを披露したそうな(^_^)v真っ直ぐとツーシームを織り交ぜブルペンでおよそ40球投げ込みました。練習後「まだまだ皆さんの期待出来る状態ではない。これから2週間ぐらいかかる」とのコメント!また、投球を見守った岡田監督は「この時期やからわからへんけど、実戦でみてから決めることになる」とコメント。新戦力の本領が見られるのはもう少し先になりそうです。
クリス・オクスプリング★1977年5月13日、豪クイーンズランド州イプスウイッチ生まれ、28歳 183/83キロ 右投げ左打ち イプスウイッチ高からゴールドコースト・クーガーズを経て2000年、米独立リーグのクック・カウンティー。翌01年にパドレス傘下の1Aフォートウェイン入り。その後、複数のマイナーを経て03年は2Aモービルで10勝をマーク。04年から3Aポートランド。01、04年豪州代表。ポートランドでスタートした今季は26試合に先発し12勝6敗、3完投。9月にパドレスに昇格し、同2日のブリュワーズ戦でメジャー初登板も5回1/3を投げ6安打6失点。その後4試合に登板。0勝0敗。防御率3.75
04年8月24日、アテネ五輪準決勝に先発し、日本代表と対戦。松坂(西武)と投げあい、6回2/3を5安打無失点で抑え、ウィリアムスとの完封リレーで決勝に進出、銀メダル獲得の原動力となりました。そうです皆様!その男がタイガースにやってきました(^o^)/アテネ五輪後、阪神、日本ハムが獲得に動いたが、パドレスとの複数年契約がネックとなり獲得できなかった経緯もあるそうです。阪神の来季の先発陣は、頭数では十分過ぎるほど揃っています。下柳、井川の左の柱に、今季11勝した安藤と福原の右2人。この左右4人が中心。これに新外国人のオクスプリング、杉山が5、6番手を競うことになります。これだけでもローテをまかなえるが、能見、筒井和とルーキーの岩田を含めた左腕3人も候補。計9人が開幕まで、激しい先発ローテ争奪戦を繰り広げます。「先発投手は何人おってもいい。野手やったら、誰かのポジションを奪うことになるが、先発やったらその心配はない」。これが今オフ、先発陣の充実を目指した岡田監督の持論。基本的に6人でローテをまわしますが、昨季もこれに加えて常に2人は先発要員としてファームに待機させ、絶妙なタイミングで入れ替えながらシーズンを送り、優勝に結びつけました。この成功例がオクスプリング獲得の最大の理由だそうです。
外野ポジション争いもさながら、先発ローテ争奪戦も目が離せないオクスプリング君の背番号は「45」です(^_^)v
☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ お待たせ!春季キャンプ開幕(^o^)/
[ その他 ]
2月1日、いよいよ球春が到来しました。キャンプ地となる沖縄の天候は、くもり。しかし、球場には3000人近くのタイガースファンが詰め掛けています。もちろんアナフレ猛虎会応援団長もその一人です(^_^)vキャンプ初日で一番動きが目立ったのは、2年目の能見君。仕上がりはかなり順調に見えたとのこと。岡田監督は「2004年は連覇を意識し過ぎてしまった。今年は、連覇へ向けて意識が過剰にならないようにしていきたい」と話していました。また「このキャンプでは若手選手の底上げに重点をおいていきたい」と語ったそうです。小生帰宅後猛虎キャンプレポートを見ましたが、浜ちゃんが初日から素晴らしい打球を飛ばしてましたね(^o^)/ドームまでできあがっての最高のスタートでかつ、皆の顔色も良く見えたのは小生だけでしょうかo(^-^)oこれから毎晩楽しみです

☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 球児君目指すは世界一(^_^)v祝!結婚鳥谷
[ その他 ]
本日は真っ先にうれしいニュースがはいりました!以下公式サイトより→
鳥谷結婚!沖縄・宜野座で合同自主トレに励む鳥谷が今日、昨年12月20日に入籍を済ませたことを発表いたしました。お相手は高校時代の野球部のマネージャーで、1学年上の“姉さん女房”。「野球で気持ちの波がある」という鳥谷を、明るい性格で色々と気遣ってくれるそうです。奥さんの話題になると、普段はクールな鳥谷も終始はにかみっぱなし。照れながら写真も公開しました。守る家族もできた3年目の今年を「勝負の年」と位置付け、「1年間ショートを守って3割打つ」と目標に掲げた鳥谷を、会見場のテーブルの花も優しく祝福しているようでした。←
小生は野球選手の早婚は大賛成です(^_^)v幸せいっぱいの今季は更なる飛躍を期待します!おめでとうございます心よりお祝い申し上げますo(^-^)o
さて本日はスポーツ各紙が一斉にこの男!藤川球児をとりあげてました。チーム唯一の日本代表の藤川が悲願の世界一へ向けて、さらに調整ピッチを上げてきております!
沖縄宜野座で自主トレ中の球児君が、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)と公式戦の両方をにらみ、互いの公認球を交え43球をブルペンで投げました。そして新調したグラブには「World No.1」の刺繍を織り込み、世界一への熱い決意を文字にしております。「世界一という意味ですけど…、まあ、勘弁して下さい」。と多くは語らなかった球児君のコメントには、日本の中継ぎエースとしての心意気がひしひしと伝わってきます(^_^)v指先の感覚や、上体の軸のブレを確認しながら43球の試運転。まずWBCの公認球を握り、立ち投げで20球。その後、捕手を座らせ10球。次に国内シーズン用のボールに変更し13球。「全然違うやん!」と笑顔で戸惑いの言葉を発しながら、主にカーブの指のかかり具合を確認。「問題ないでしょ、十分です」。と自信満々の球児君だったようです。
3月3日に開幕するWBCに向けて、代表の藤川君は例年より1カ月以上早い調整が必要とされますが、あえて昨年と変わらない時期に初めてブルペンに入りました。「代表として恥ずかしくないプレーをしたいし、阪神の一員でもあるから」タテジマも日の丸も、大切に思うからこその決断とのこと。2月20日からの代表合宿に参加するためキャンプも途中離脱。2段構えの開幕という未知の世界に挑む。」
06年は世界一と日本一のW獲り。新たなチャレンジへ、球児君の今シーズンは始まっています(*^^)v

☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 春季キャンプの見所(^o^)/
[ その他 ]
皆様大変長らくお待たせいたしました。(^.^)連覇に向けて我等がタイガースの春季キャンプがいよいよはじまります(*^^)v今キャンプでの見所!皆様それぞれたくさんの期待を持たれていることでしょうが〜どの選手にご注目ですか(^.^)!
“昨季リーグトップのチーム防御率(3.24)を誇る投手陣のさらなるレベルアップ!プロ野球記録となる80試合に登板した藤川らの強力救援陣は、昨年の疲れも懸念される。その負担を減らすためには、先発投手の底上げが必要”などが各スポーツ紙評です!

まず投手陣は井川、安藤、下柳、の3本柱に対して、福原、杉山、能見、に新外国人のオクスプリングが注目です!又、今年は先発ローテ入りに名乗りをあげる江草君や、筒井和君などの活躍も期待したいですね。先発投手が安定して5回〜7回を投げ、JFKに継投する勝利の方程式は、今年も健在でしょう(*^^)v

そして野手では、一番の注目は浜ちゃんです!俄然3番右翼定着を猛アピール!執念をもやしておりますが、毎年のように右翼争いは超激戦区。我等が桧山、どすこいスペンサー、そして岡田チルドレン成長著しい林選手が続きます。内野手争いも忘れてはいませんぞ〜藤本、関本のセカンドフィールド争いに、これまた赤松君が加わり、捕手では、ポスト矢野を狙う浅井、狩野、岡崎が連なります!
兄貴金本も順調な仕上がり、今岡、赤星の新旧選手会長はさらに目標を高く定めてのキャンプイン!3年目を迎える天才鳥谷は、全試合フルイニング出場+チームを引っ張るリーダーシップまでも期待がかかります!

すでに宜野座でキャンプ前から自主トレでマスコミをにぎわす虎戦士達!開幕一軍に向けてのデットヒートのスタートです!
写真は沖縄ムーンビーチ(^o^)/綺麗な海やったな〜

☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 21:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 2006春季キャンプ参加メンバー
[ その他 ]
さあアナフレ猛虎会の皆様!いよいよキャンプシーズンの到来です(^o^)/2月1日より1軍は宜野座(沖縄)で実施いたします、春季キャンプの参加メンバーが決定いたしました。層の厚いタイガース投手陣にあって、新人で白羽の矢が立ったのは、渡辺亮投手ただ一人。「自主トレ期間を総合的に見て判断した」と中西投手コーチが説明。また久保投手コーチは「若手には競争意識をしっかり持たせたい。負けん気が強くて、投げっぷりのいいピッチャーに育って欲しいね」と話し、渡辺投手の他若手の田村・伊代野両投手にも期待を寄せています。宜野座でのキャンプは19日まで、その後21日から3月2日までは安芸(高知)にておこないます。以下参加メンバーです

■宜野座キャンプ(1軍)※21日から安芸
監督・コーチ(11名)
岡田、平田、久保、中西、正田、和田、福原、吉竹、嶋田、吉田、続木

投手(20名)
能見、安藤、杉山、筒井和、金澤、藤川、渡辺、江草、福原、井川、久保田、橋本、桟原、下柳、オクスプリング、相木、ウィリアムス、田村、ダーウィン、伊代野

捕手(4名)
浅井、岡崎、矢野、狩野

内野手(9名)
秀太、鳥谷、関本、シーツ、今岡、片岡、藤本、上坂、喜田

外野手(7名)
濱中、金本、桧山、林、スペンサー、赤松、赤星

場所≫
宜野座村野球場
〒904-1302  沖縄県国頭郡宜野座村字宜野座188

■安芸キャンプ(ファーム)※24日まで
監督・コーチ(12名)
島野、星野伸、葛西、立石、平塚、山脇、中尾、伊藤、福田、水谷、加藤、遠山

投手(13名)
中村泰、太陽、金村、岩田、牧野、中林、三東、鶴、吉野、若竹、辻本、玉置、水落

捕手(3名)
野口、大橋、小宮山

内野手(6名)
前田忠、藤原、前田大、萱島、石橋、筒井壮
外野手(6名)
中村豊、葛城、町田、桜井、高橋、庄田、

場所≫
安芸市営球場
〒784-0026 高知県安芸市桜ヶ丘町2248-1


☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 21:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 日本シリーズ総括〜その3・手堅い作戦
[ その他 ]

三回に渡って掲載しました日本シリーズ総括も今回が最終です!耳の痛い話ですが書きとめておきたかったのでお許しくだされm(_ _)m

週間ベースボール11・14号「知将/森祇晶の視点」

本日はポイント3
 ・手堅い作戦

作戦のきめ細やかさもロッテが上回っていた。一つでも先の塁に走者を進めることは、短期決戦では試合の行方を左右する重要事項だ。シーズン中は犠打の少なかったロッテが、シリーズではここぞという肝心な場面で手堅い作戦を用いた。例えば2戦目のロッテ先制の場面。サブローのサードゴロを今岡が悪送球したことだけがクローズアップされるが、それは先頭の西岡が二塁打で出た直後に、二番・塀内の送りバントで三塁へ進んでいたからこそだ。さらに第4戦では2対0とリードした4回に好調の六番・今江が送りバント。しかも、ワンストライクまでバントのそぶりを見せず、バントシフトを解除させて成功率を高めるという徹底ぶりだ。この結果として得た1点が貴重な追加点に結びついている。逆に阪神サイドで言えば、第一戦の初回の攻撃で、先頭の赤星が出塁。もしここで無死に塁という形を作りたいのであれば、やはり鳥谷には赤星が走るまでは待つことを徹底させなければいけなかった。それなのに、赤星がいいスタートを切った2球目にファウル。これでロッテバッテリーはどれだけ助かったか。ロッテ先発の清水は交流戦で阪神に初回に5点を取られたイメージが残っている。もし送られたとしても一死二塁でシーツ、金本、今岡というクリーンナップを迎える。尋常じゃない精神状態であっただろう。そういった心理に付け込んでいくのが勝負なのだ。阪神はどんな形でも二塁に走者を進めるべきだった。メジャーの戦いを見ていても、短期決戦の中で、大きな仕事よりも小さな仕事がどれだけ大事かということを改めて証明するシーンだった。
さまざまな意味で、ロッテと阪神は対照的。阪神には申し訳ないが、負けるべくして負けたシリーズだった。阪神はこれからロッテとの野球と自分たちの野球を比較し、来季に向けて直すべきところを直していかなければならないだろう。

 …完


☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 21:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 日本シリーズ総括〜その2・データ分析力
[ その他 ]

週間ベースボール11・14号「知将/森祇晶の視点」

西武監督時代に3連覇を含む6度の日本一に輝いた森氏の今シリーズの総括です。

本日はポイント2

 ・データ分析力

両者は交流戦で6度の対戦があり、ある程度のイメージは残っていた。日本シリーズでは、それにスコアラーからの詳細データーが加わるが、準備期間の長かった阪神は、おそらく相手がロッテか、ソフトバンクかギリギリまで一方に絞ることができず、準備不足だったのではないか。逆にロッテはプレーオフを戦いながらも、阪神という相手が決まっていることで、自分たちが優勝した場合の準備を周到に進めていた、という印象がある。バレンタインの腹心としてメジャー時代から行動をともにした、データー分析のポール・プポ氏の存在も大きい。彼をネット裏に貼り付けたロッテは、徹底分析の上、投手別、打者別の詳細なデータを手にしてシリーズに臨むことができた。普通のスコアラーであれば、単に相手投手の持ち球だとかクセ、あるいはけん制や守備力などに目を向ける。しかし、ロッテの場合は少し違った視点で分析がなされていた。投手の配球から傾向を分析し、まさに“丸裸にしていた”と聞く。ロッテ打線は徹底して絞り球だけを思い切りよく振ってきた。バッテリーの傾向をしっかりと頭に叩き込んでいる証拠である。それは見逃し三振の多さにも表れている。決
して難しいコースに投げられての三振ではなく、むしろ2ストライクなら、手を出さなければならないようなコースでも、変化球を狙っていたために、直球を平然と見送っての三振だった。その姿を見て、何故阪神バッテリーは気づかなかったか。これが1,2戦だけならばまだしも、3戦目以降も軌道修正が行われていた形跡は少なくとも見当たらなかった。予告先発もロッテに追い風となる。監督会議で岡田監督の方から提案したそうだが、その意味が私には理解ができない。阪神の場合、投手の左右によって二塁手と右翼手を入れ替えるが、それほどオーダーに変わりはない。しかもロッテの左の先発はセラフィニの一人だけ。本当に予告先発がなかったら困るのは、左右の違いだけでなく、持ち球や配球、相性に応じて打線の組み替えを頻繁に行ってきたロッテだったはずだ。現にこのシリーズの4戦でも、先発してきた投手に合わせた最適な打順を組んできた。その最たる例が第一戦で4安打を打った二番の今江を第二戦で八番に下げたことである。予告先発により、阪神はロッテが信頼を寄せているデータをフルに生かされてしまった。
☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 21:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 日本シリーズ総括〜その1・投手起用
[ その他 ]

週間ベースボール11・14号「知将/森祇晶の視点」

西武監督時代に3連覇を含む6度の日本一に輝いた森氏の今シリーズの総括のポイントは3つです。

1、投手起用
2、データー分析力
3、手堅い作戦

氏の言葉にはもちろん、20日以上も実戦から遠ざかった勢いの違いが冒頭にでるが、それ以上に大きな問題は、阪神がレギュラーシーズンの戦い方と、いわゆる短期決戦での戦い方をまったく区別できていなかったことを指摘されてます。3試合連続10失点がそれをよく表していると…
第一戦、井川が1対1から5回に3点を奪われながら6回もそのまま続投に、何故ベンチはここまで井川に執着したのか?投手起用は、いかに相手の勢いに“歯止め”をきかせるかが短期決戦では重要になる。相手投手と比較し、何点までが許容範囲なのかを読み取り、交代機を探っていく。ここは間違いなく交代して追加点を阻止すべき場面だった。井川は6回に李にホームランを浴び、5失点。ようやく交代と思って、次に出たのがルーキー橋本だ。これは試合を諦めたのかと思われても仕方がない。長いレギュラーシーズンなら、貴重な中継ぎ陣を温存するが、負ければ次のない日本シリーズ。この起用には逆転を伺う姿勢も、2戦目以降を見据えた戦略的な部分さえも感じることはできなかった。1イニング、あるいは一人の打者でも、藤川やウイリアムスといった勝負どころでその力が必要になるであろう投手をなげさせてもよかったのではないか。レギュラーシーズンでいくら結果を残した投手でも、この独特の雰囲気の中でいきなり実力を発揮するのは極めて難しい。試投という意味でも彼らに登板する場を与えていれば、負けの中でも意義のある試合となったはずだ。
第二戦も同様。先発安藤は5回までを2点に抑えたものの、6回にサブローにツ−ランを打たれ、4点差、さらに1点を取られたところで交代。ロッテ先発の渡辺俊の投球を考えたら、3点以上はやれない展開だった。2点で食い止めている段階で、前倒しにしてでも藤川、ウイリアムスを持ってきて、追いかける体制を整えるべき。終盤だから藤川、あるいはウイリアムスではない。こういう場面だからこそ彼らの力が必要なのである。それなのに5点を取られるまで代えず、しかも次に登場したのが江草。5点を取られたからもう諦める―ファンや守っている野手がそう感じてもおかしくない。
第三戦になって、1対3と2点リードされた場面ながらようやく藤川に出番が回り、最初の6回は3人で抑えたが、これまでの温存のツケは7回になって出た。無死二、三塁で大塚に代わって代打・フランコを迎えた場面だ。阪神サイドにとって、欲しいのは三振だけ。ロッテは守備のいい大塚を代えてまで追加点を取りに来たが、藤川の球威を考えればフランコは大塚に比べて三振を取りやすい打者である。ここを抑えれば流れが変わったかもしれない。しかし、フランコを2球で追込みながら、その後、矢野が要求したのは5球続けてストレート。結局最後に投じたフォークボールを見逃され四球となった。ツ−ワンとなった時点でフォークでもよかったと思うが、実戦から遠ざかり、いわばぶっつけ本番の藤川は変化球の制球に苦しんでおり、矢野には要求する自信がなかったのだろう。ピンチを広げて代打橋本にタイムリーを浴び、5点目を献上。ここで藤川に代わって出てきたのが桟原。結果はヒットと四球で二者を出し、福浦に痛恨の満塁弾。第一戦と同じことを繰り返すが、フランコ、橋本とつながるところでウイリアムスという選択肢はなかったのか。結果はどうであれ、それが最善の手を尽くすということではないのだろうか。3戦連続の10失点はみな5点以降の投手起用によって広がってしまった。そこでしっかり食い止めていたら、逆転の可能性も十分にあったはず。リーグ優勝するチーム同士、個々の選手の力は拮抗している。チームとしてのつながり、ベンチがどういう戦いをしたかという姿勢が明暗を分けた。

 …続く

☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 21:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ バレンタイン監督に学ぶ〜結び
[ その他 ]
三度にわたりまして小川 勝氏のバレンタイン流「選手育成法」の真髄を紹介させていただきましたo(^-^)o沢山の皆様から貴重なご意見・ご指導をいただきました!ありがとうございますm(_ _)m

思えば日本シリーズの際、ロッテに関して解説者から「思い切りがいい」「スイングに迷いがない」というコメントが何度も聞かれましたね!あまり思い出したくない記憶ではありますが現実の数字を書き留めておきたいと思います。
『2005年阪神VSロッテ日本シリーズでの阪神の記録』
・シリーズ4得点:シリーズ史上最少
・チーム打率.190:4試合のシリーズで最低・0本塁打:シリーズ史上初
・チーム防御率8.63:シリーズ史上最悪
シーズン中チームを引っ張った赤星選手、今岡選手がともに打率.143、四番の金本選手が打率.077。本当に信じられない数字です!

アナフレ猛虎会中国山口支部「瀬戸内海のトラキチ」さんからの貴重なご意見をいただきましたのでご紹介いたします(^_^)v
→日本シリーズの敗戦ですよね。私はパリーグのプレーオフ制度に負けたと思ってます。当然、プレーオフ制度には反対です。試合感覚が長すぎての試合感じゃなくて、ロッテが優勝決定戦の勢いで来てしまった。それを止めることができなかった。3戦目くらいが山でしたね。←
ありがとうございますm(_ _)m沢山の識者からも、異口同音にこのプレーオフ制度は見直す必要性有りと唱えており、小生もまったく同感です!
さて、実は先日の土曜日は東京朝から降雪のため、遠出せずに近所の図書館に半日こもって探索。「負けに不思議な負け無し」を納得させてくれる記事にやっと出会う事ができました。今までバレンタイン監督の采配と、ロッテ選手の強さばかりが各マスコミで取り出されてましたが、小生は決して猛虎の力が劣っていたとは思いません(^_^)v敗因は戦い方にあったのでは!後日紹介します

☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 21:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ バレンタイン監督に学ぶ その3
[ その他 ]
本日はもう一つのキーワード「褒める」ことと「厳しさ」の両立です。最近は「若い選手は褒めなければ伸びない」という定説がスポーツ界に限らずよく耳にします。我等が今岡君も当時の野村監督の毒舌に萎縮して力を発揮できなかった事が思いだされますね(*^_^*)
バレンタイン監督は「誉めて乗せるのが上手い」という単純化された評価に対し「ただ誉めればいいのならチアリーダーが監督をやればいい」と反論します。「ミスに本人が気づいていない場合(略)ミスを真剣に受け止めていない場合は、断固たる態度で厳しく指摘する」と『勝ち語録』で語っています。
又、言葉による議論なくして相互理解は有り得ないという基本姿勢があり、「分かり合うことは無理でも、分からない点は何なのかを知っておくことは重要」と説く。
彼の「厳しさ」の例はベテラン小宮山投手に対し「チームのためなら、何でもできるか?」と聞き、かつてのパ・リーグを代表するエースに対し「敗戦処理投手」の専念を直接告げた点を小川氏は指摘します。これは選手との「距離の置き方」という点で日本球界の常識とは異なり、監督になったら「選手とは一線を画さなければならない」といわれるますが、これは単に「選手とは直接話さない」というケースに誤解されがちな点を主張します。直接話すことで、自分の権威が失われるようなひきこもった態度はとらない。チームのためにそれがベストだと思えば、コーチに任せるのではなく、自分で、本人に会ってそれをはっきり告げるのだそうです。

…続く

☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ バレンタイン監督に学ぶ、その2
[ その他 ]
何故バレンタイン監督はサブローにバントをさせなかったか?
これはバントに対する日本球界の常識と、バレンタイン監督の常識が異なっていることを小川氏は指摘しています。日本球界ではバントは「安全策」であり、誰でもできなければならない基本プレー。しかしバレンタイン監督は、バントも危険度の高いプレーだという前提で作戦を選択している。問題は誰がそれをやるか。「選手は、得意でないことを強要されると力を発揮しない」というのが監督の持論。サブローは05年107試合に出て犠打は2度しか決めていず、加えて2塁走者の初芝は足が遅い。反してサブローは107試合で併殺打はわずか6回。やりなれないバントをさせて、足の遅い初芝を3塁に送れる可能性はどの程度か?サブローにはバント練習はさせるし、シーズン中も状況によってはバントを命じる。しかし本当に勝負のかかったギリギリの場面では、失敗を恐れず、その選手の得意技で勝負させる。プレーオフ第5戦の8回は、まさにそのような場面でした。
そういった時、日本球界では「強攻策」か「安全策」かという選択になりますが、バレンタイン流では「積極策」か「消極策」かという選択になる。積極策をとれば、当然失敗して併殺打に終わることもある。が監督はこう語る「失敗に終わったとしても、チャンスを築いたという(選手たちの)功績まで帳消しになるわけではない。チャンスを築いた功績は評価しなければいけない」結局サブローは2邪飛で、アウトを1つ増やすだけに終わり、次の里崎が初級を左中間へ快打して逆転勝ちしたのですが、これは断じて「結果オーライ」ではなく!“その選手に何ができるかを知り、その範囲内で結果を求めた帰結”と小川氏は主張してます。つまり、失敗しても感情に任せて批判されることはないと分かっていなければ、サブローが倒れた直後の初級、低めの難しい球を、里崎が併殺の危険を冒して、あれほど迷いなくスイングができるとは思えないのであると。『どうすれば選手たちが危険を冒して挑戦し続ける精神を維持できるか』バレンタイン流とは、すべてがそこへ収斂していくと…


…続く

☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ バレンタイン監督に学ぶ、その1
[ その他 ]
小生この正月休みを利用して、昨年の日本シリーズ4連敗のビデオを3ヶ月ぶりに開封!DVDに編集し、あらためてロッテの強さを痛感いたしました!
2005年のロッテは、誰が監督でも優勝して当然というメンバーではなかったはずです。大物FA選手を獲得したわけでも、大物外国人助っ人を補強したわけでもない、大方の予想はソフトバンクとのシリーズ対戦でした。そんなチームを日本一に導いたボビーバレンタイン監督について、興味深い企画が『潮』という月刊誌2月号に載ってましたので紹介いたします。ジャーナリスト小川 勝氏の記事“バレンタイン流「選手育成法」の真髄”キーワードは「選手の力を信じる」と「褒めることと厳しさの両立」です。バレンタイン監督は単なる褒め上手、勢いだけで日本一になったのか?記事によると、まず「選手の力を信じる」具体的な場面は、昨年のプレーオフ第二ステージ、ソフトバンク戦でみられました。リーグ優勝のかかったこのプレーオフで2連勝のあと、3戦は9回に4点差を追いつかれてサヨナラ負け。第4戦も敗れて2勝2敗のタイで迎えたその第5戦、1対2でリードされて迎えた8回無死1,2塁、この場面でバレンタイン監督は、日本球界の常識からみれば、考えられない采配をみせまし
た。球場にいた誰もが、もちろんテレビを見ていた小生も「ここはバント」だろうと予想しました。なぜなら!打者はこのプレーオフで不振を極めて、14打席ノーヒットのサブローです。バントで1死2,3塁にできれば、外野フライでも同点、ましてや単打でも逆転という願ってもない、相手の守備のミスから生まれた千載一遇のチャンス!ましてやソフトバンクの投手は抑えの切り札・馬原です。ところが、監督はサブローにバントをさせなかった。強打に出て二邪飛に倒れました。解説はあの毒舌のノムさんだったと思いますが、その他多数の野球解説者からも、明確な批判の声があがりました。「サブローは、チームの命運を託す『四番』ではなく、単なる四番目の打者のはず。バントなら仮に失敗しても併殺は避けられる。強打させる理由はなにもない。」それでも監督はバントをさせず、二邪飛に倒れ、ランナー動けず1死1,2塁で、続く5番里崎が、走者一掃する左中間フェンス直撃の逆転二塁打を放ち、3対2でロッテは優勝をきめました。
何故バレンタイン監督はあの場面でサブローにバントをさせなかったのでしょうか?

☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ お奨めの書です!その2
[ その他 ]
本日は金村、鶴、若竹、前田4人のルーキーが、虎風荘に入寮しました。高校生ドラフト1位の近大付属出身の鶴投手は「明日から新人合同自主トレなのでまずはしっかり体を作りたい」とコメント!一方、育英高校出身の若竹投手は「いよいよだという気持ちです。年末年始、毎日走ってキャッチボールをしてきたので準備も万端です」とやる気満々(^_^)v夢と希望溢れる若虎達の縦縞人生のスタートです(^o^)/
さて、先日紹介したお奨めの書のもう一冊がこの本です!

“意外な選手に感謝されていた”…『ところが、以外な選手に感謝されているということもある。その代表的なのが桧山である。阪神時代、桧山に対しては叱ったことはあっても、野球はこうだ、人生はこうだと懇切丁寧に指導した記憶がない。…平成15年、確か優勝した翌日の新聞だったと思うが、彼のインタビューに目を通し驚いたことがある。「野村さんが阪神の監督だったときは、いっていることがよく理解できなかったんですが、今になってやっとわかってきました」
…桧山のように思ってもみなかった選手から感謝を受けるのも指導者冥利に尽きる。
それにしても人生はまさに一期一会だなあと思う。赤星、藤本は阪神のドラフトリストに名前はなかった。赤星はアマからのキャンプ参加、藤本は社会人選手権大会の観戦に行って、遊撃手を探していたときに目に留まった選手である。
…私との縁を大切にし、「考えないよりは考えるほうがいい」「知らないより知っていたほうがいい」と私にいわれ、「なるほどそうだな」と思い、ノートをこまめに取り、そのノートを保存し何度も読み返す。こうしたちょっとの差が、いざ自分が指導する立場になったときに活き、あるいはコーチや監督という地位を得るためのチャンスとなる。逆に出会いや縁を無駄にしてしまう選手は、将来の可能性まで狭めてしまうのである。』

感慨深い一文ですo(^-^)oこれから若虎達に待ち受けるプロの厳しい洗礼にも決してめげず、頑張ってもらいたい願いを込めて、この書を紹介しましたm(_ _)m

☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 頼もしきかな虎投手陣(^_^)v
[ その他 ]
新しい年を迎えて今日から鳴尾浜球場も使用再開となり、さっそく新婚幸せいっぱいのコンビ!能見・杉山両投手が自主トレを開始。能見君は「流れがわかるので去年と違って余裕がある。肩の状況をみながら、キャンプ初日にはキャッチャーを座らせて投げれる状態にしたい」とコメント。一方の杉山君は「今年の目標は、開幕1軍・先発ローテ入り・2ケタ勝利・規定投球回到達。そのための体作りに励みたい」と語っておったそうです(^_^)vまた安藤投手も新加入のクリス・オフスプリング、井川による新トリオ「CIA」を結成!三人で40勝を目標にすると宣言!いやはや頼もしいかぎりですね〜能見君と杉山君で20勝!CIAで40勝!下さんと福原で30勝すれば優勝決定や(^o^)/頼もしきかな強き発言の安藤投手でした!

☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ お奨めの書です(^_^)v
[ その他 ]

滅多に読書なんぞしない小生ですが、昨年むさぼるように読み耽った本が二冊あります。その一冊がこれですo(^-^)o↓

第1章阪神タイガースとは何か
・・・・おそらくクソ度胸という点では球界ナンバー1の星野仙一の背中にスーッと寒気が走ったのは、彼が阪神の監督になってすぐのことだった。・・・いや、「恐怖」すら感じたという。それは阪神ファンが試合に感動し、勝利の歌を大合唱し、それが終わると球場の外へ出て、ゾロゾロと甲子園駅に帰るのではなく、球場近くの広場に何千人と集まり、そこでも「六甲颪」の大合唱をやるのだ。ファンはやがて甲子園の駅に移動する。この甲子園駅でもまたも「六甲颪」の大合唱となる。それでも終わらない。阪神電車に乗り込んだファンはそのまま梅田の駅で降りて、その梅田駅コンコースでまたまた「六甲颪」の大合唱である。これが深夜まで続くのだ。「お前ら、あれが聞こえるか?俺達はあの熱狂的なファンに対する責任があるんだ。もしあのファンを裏切ったら・・・・俺はどうなるか知らんゾ」・・・・「俺は勝ちたいんや!そのためにはどうするんや?俺はファンに喜んでもらいたいんや・・・・・」なんとも野暮なセリフである。だがかつて阪神の監督としてこんな直接的な言葉を発した指揮官はいなかった。少年のように「勝ちたいんや!」と絶叫する星野仙一。監督室まで聞こえてくる大合唱、そして海鳴りのようなファンの”鼓動”が星野仙一をギリギリまで追い詰めていったのである。そこには「日本一わがままで、日本一熱心で、日本一我慢強い」と星野が評したファンの姿があった。↑

あっという間に読みおえましたお奨めの一冊でした(^_^)v
アナフレ猛虎会の皆様もお奨めの書を是非教えてくださいm(_ _)m


☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 今年も交流戦は復刻版です(^o^)/
[ その他 ]
本日の日刊スポーツに、今年も交流戦は復刻版ユニフォームで戦う事が決定したと発表されました!さて皆皆様はどちら様のユニフォームをお持ちですかな〜o(^-^)o濱ちゃんも今季から背番号5番になり、31番は林君が引き継ぎますね〜(*^_^*)小生は今年はイエローメッシュから背番号付きに新調も考えております(^_^)v毎回打順が代る毎に赤星君から着替えたいのが本音ですが(*^_^*)まわりに迷惑ですからね。予算の都合もありますですm(_ _)m何番にしようかな〜(^O^)
写真の方はタイガースファンの鏡ですね〜やっぱこうでなきゃ(^_^)v

☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 新年いかがお過ごしですかo(^-^)o
[ その他 ]
本日は阪神タイガースの人気マスコット「トラッキー&ラッキー」が新年をお祝いしに、大阪市内にあるヒルトンプラザとハービスプラザに駆け付け、元気よく鏡開きを行った後、訪れたお客様にお酒を振る舞い、記念撮影にも応じるなど、お客様とともにお正月のひとときを楽しんだそうでございます(*^_^*)阪神百貨店も本日より新春の初売りが始まり、もちろんタイガースショップコーナーにも大勢のお客様が詰め掛けて大賑わいだった模様ですo(^-^)o公式サイトに載っておりました(^O^)アナフレ猛虎会の関西地区の方も参加されたかな〜?小生もこの休み中にたまには新宿京王に行こうかな〜と思いましたo(^-^)o
さて本日は1日中車を運転してましたが、ラジオで今年のプロ野球を占う〜なんてコーナーが結構やってました。なんと岡田監督の運勢は非常に良い模様で何人かの占星師(^_^)vさんが異句同音にタイガース優勝と言ってました(^_^)vしめしめ(*^_^*)運勢も味方に良いシーズンでありますように(^O^)

☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 新年あけましておめでとうございますm(_ _)m
[ その他 ]


皆様!新年あけましておめでとうございますm(_ _)m本年も『頑張れ阪神タイガース』懲りずに日記を投稿しつづけます!よろしくお願い申し上げます(^_^)vさて、新年早々にビックニュースが飛込んで参りました(^o^)/以下サンスポからです→夢のプランだ!!巨人が将来的にニューヨークの「ヤンキースタジアム」で阪神と公式戦を行う構想を持っていることが12月31日、明らかになった。日本が誇る伝統の一戦を米国で興行するため、すでに読売新聞内で極秘調査を開始。米大リーグ公式戦前の3月後半の実施が有力で、09年に完成予定の「新ヤンキースタジアム」での開催を目指している。←
さあアナフレ猛虎会の皆様!三年後はお金を貯めてニューヨークに勝利の六甲颪を唄いに行こうではありませんか(^_^)v写真はヤンキースタジアム?アッいや失礼いたしました。千葉マリンスタジアムでした(*^_^*)

☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 19:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 新縦縞ユニフォーム構想発表o(^-^)o
[ その他 ]


ハワイでバカンスを楽しむ岡田監督が新縦縞ユニフォーム構想を発表いたしました(^o^)/なにやら現在の白と黒以外に黄色やブルー系を入れたい希望があり、現在球団と考案中だとか!早ければ再来年に実現をにらんでいるようです(^_^)v

さて本日はみんなのアイドルです!
トラッキー(TO-LUCKY)君 1985年生。試合開始前に相手チームの選手とふざけあったり、ホームランを打った阪神の選手を出迎える際に、わざとプロレス技を受けたりしていたことに対し、球団から注意を受け、また子供達からはトラッキーをいじめないでという声があがり、03年途中でトラッキーの中身?のスタッフが交代してしまいました。その時には、バック転が出来ないなど今までと動きが違うことで、前任者の復帰を願う署名活動が起こるなど大騒動となったそうです。
ラッキー(LUCKY)ちゃん 1993年生
登場当時は妹でしたが、いつの間にかトラッキー君の彼女に設定が変更されましたo(^-^)oラッキーの中身?のスタッフは本当に女性らしいですよ。1994年4月13日対中日戦で甲子園初登場しました。
今年の交流戦でも遠征に来てくれたりしました!来年もよろしくお願いいたします

☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 21:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ さあ新スローガン決定(^o^)/
[ その他 ]


今季「NEVER NEVER NEVER SURRENDER」のチームスローガンを掲げV奪還を達成したタイガースが今日、来季の日本一を目指し、新しいスローガンを発表いたしました。新スローガンは「Be the Best For the Fans」(最高を目指せ!そしてファンのために!)です(^o^)/それにあわせてロゴマークも一新!以下公式サイトからです
↓阪神タイガースの聖地、阪神甲子園球場とダイヤモンドをイメージした2006年マーク
は、右上がりに飛び出すボールに勝利の願いを込めて、タイガースのさらなる飛躍を表現しています。またロゴにレイアウトされた5つの星は、2リーグ分裂後のリーグ優勝回数を表現し、この星を胸に、選手とファンが一体となってリーグ優勝、日本一、そしてアジア一を目指すという阪神タイガースの指針となるロゴマークです。↑
日本一!いや世界一のファンを誇る我等が阪神タイガース(^_^)v選手と一体となって最高を目指して来年も頑張りましょう(^o^)/

☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 訃報です
[ その他 ]


V旅行最終日にオリックス仰木彬前監督の訃報がハワイにも届いたそうです。オリックス時代を共にした岡田監督は、朝5時40分にこのことを聞き、それからは一睡もできなかったといいます。「驚くような選手起用は忘れられない。本当に残念です。」とコメントを残されました。数々の名選手を育てた球界の宝が又一人逝かれて本当に残念です。ご冥福をお祈りいたします

☆頑張れ阪神タイガース☆







author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 本日よりハワイ旅行です(^o^)/
[ その他 ]


本夕刻、関西国際空港からセ・リーグ優勝記念のハワイ旅行に発ったタイガース一行。出発前のセレモニーで、牧田球団社長が「来年も是非ここから優勝旅行に出発したい」と力強く“V2宣言”を行い、その後、岡田監督、牧田球団社長、今岡、赤星に客室乗務員から花束が贈呈されたました。行ってらっしゃい〜どうかゆっくり一年の疲れを癒してくださいな(^o^)/そして皆様!我等がアナフレ猛虎会の応援団長もこの旅行に同行しております(^o^)/お土産話を楽しみにしましょうね(^_^)v羨ましいな〜(*^−^)ノ
☆頑張れ阪神タイガース☆

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ こんにちは頑張れ阪神タイガースです
[ その他 ]


皆様こんにちは アナフレ猛虎会「頑張れ阪神タイガース」です
2004年6月からの日記とコメントを掲載いたしました。
いつも暖かいご声援ありがとうございます
今後ともよろしくお願いいたします。

そして我等が阪神タイガースに栄光あれ(*^^)v


author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 17:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ おめでとうございます
[ その他 ]


2005年12月07日 00時35分


今日の契約更改は、桧山・杉山・金本の3選手でした。今季併用とはいえ、数字に結果が出なかった桧山選手は10%のダウン、推定1億500万円で押印。杉山投手は、保留した前回から若干の上積みとなる推定3200万円でサイン。結局、倍増はならなかったものの球団側からの歩み寄りを感じ、会見では「はやくスッキリしたかった。来季は2ケタ勝利を目指します」と意気込んでいた模様(^_^)v。金本は現在交渉中です。
さて話はかわりまして、小生の10月15日の日記で紹介させていただきました、アナフレ猛虎会青森支部の同志より、赤星選手から贈呈の車椅子が届いた、喜びのコメントと画像を提供していただきましたので、御紹介いたします!以下喜びのコメントです(^o^)/
『今日赤星選手の車イス届きました!届いてみて実感がわきましたー。うれしいです。』本当におめでとうございます!

☆頑張れ阪神タイガース☆


コメント(5)


2005/12/09 21:47 nano

赤星選手の車椅子がどんどん世の中に広まって欲しいですね♪
そして盗塁王であり続けてほしいですねー!


2005/12/08 07:59 ☆頑張れ阪神タイガース☆

筆影映ゆる瀬戸の海さんご本人はとても喜んでらっしゃいました(*^_^*)


2005/12/07 20:11 筆影映ゆる瀬戸の海

あの赤星選手の車椅子、こうして受け取られた方のメッセージが拝見できると、自分まで嬉しくなってしまいますね ( ^ ^ )


2005/12/07 08:24 ☆頑張れ阪神タイガース☆

tessanさんどうもです!選手が現役で活躍する時間は短いですから皆必死ですね(*^_^*)


2005/12/07 06:49 てっさん

やっと更改しましたね。まだまだ銭闘が大変そうですが、皆無事更改できるといいですね!
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 祝(^o^)/初代アジアチャンピオン!千葉ロッテマリーンズ
[ その他 ]




2005年11月13日 22時20分


千葉ロッテマリーンズの皆様!初代アジアチャンピオンおめでとうございます〜本日、日テレの解説で東京ドームに来ていた赤星選手が誓ってくれました。『必ずや来年はこのロッテからアジア王者のタイトルをも奪い返します!』写真は本日アジアカップ決勝戦!本来ならタイガースの応援で観戦予定だった、アナフレ猛虎会横浜支部の同志より頂戴いたしましたm(_ _)m本日も虎メガホンでロッテ応援団とともにピョンピョン跳ねながら応援してくれたことでしょう(*^_^*)!有難うございました(^_^)v
☆頑張れ阪神タイガース☆

コメント(14)

2005/11/18 17:06 ☆頑張れ阪神タイガース☆

tomoryさん10月22日日本シリーズ初日のあの濃霧には恐れ入りました(*^^)v

2005/11/17 15:48 tomory

千葉県民としては何かとおめでたいことが多いのは嬉しいことでございます。ハイ!


2005/11/15 10:06 ☆頑張れ阪神タイガース☆

nanoさん!アジアチャンピオンにふさわしい素晴らしいチームですね!そして打倒ロッテという大きな目標もできました(*^^)v


2005/11/15 10:05 ☆頑張れ阪神タイガース☆

うらけんちゃんさんどうもです(^^♪来年の交流戦が楽しみです!必ずやリベンジを誓います(*^^)v


2005/11/14 19:27 nano

ロッテは強いですね〜!
ロッテファンの方々が、韓国選手のファインプレーにも迷わず何度も拍手を送っていたのに感動しました。
最後はサンキュー・ボビー!!の大声援でしたね!


2005/11/14 18:10 うらけんちゃん

ロッテは本当に強かった、ということですね。昨日、サンデースポーツで6冠といってましたよ。


2005/11/14 14:57 ☆頑張れ阪神タイガース☆

アナフレ猛虎会近畿兵庫支部おっつん様!来年は必ずや日本一奪還を誓います(*^^)vしかし万年Bクラスの時代に比べれば私たちは幸せものですね(^^♪


2005/11/14 14:38 おっつん

今年の有終の美を飾りましたね。
勢いがすごかった。こんな時期まで応援できて、ロッテファンが羨ましいです
来年はきっと阪神がーーー!!!


2005/11/14 13:47 ☆頑張れ阪神タイガース☆

筆影映ゆる瀬戸の海さんどうもです!
赤星君が解説にきてびっくりでした(*^^)v彼の井川残留の思いも話題ですね!日本一になってからメジャーへ行ってほしいな(*^^)v


2005/11/14 13:45 ☆頑張れ阪神タイガース☆

かじかず様!お許しくだされ!昨日もイエローメッシュで応援された人みかけました(*^^)v

2005/11/14 13:44 ☆頑張れ阪神タイガース☆

tessanさんまったくもって恐れいりましたね!若手選手がシリーズ前からぐんぐん成長して強くなりました(*^^)v


2005/11/14 12:47 筆影映ゆる瀬戸の海

プレーオフ最終戦から9連勝。短期決戦では無類の強さを発揮した、と言えますね。
9連勝のうち4つを献上してしまった我らがTigers。選手の皆さんに『来年こそは』の気持ちが早くも昂っていることでしょう!


2005/11/13 23:12 かじかず

ロッテが勝っても何もうれしくも思いません。黒装飾軍団は気持ち悪いです。何かの宗教軍団か?


2005/11/13 22:26 てっさん

虎ファンの方も行ってたみたいですね。しかし、今年のロッテタイトル全て総なめ・・・凄いですね。

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) |


皆様こんにちは。ご訪問いただき有難うございます。 アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』と申します。 (*^^)v野球経験のない素人の球場観戦の独り言にお付き合いください。 有料又は無料のメールマガジンにてアナフレの独り言をお楽しみくださいませ。まぐまぐ!マイメルマは無料メールマガジンです。 又皆様からの観戦リポートやご意見ご感想も歓迎いたします。メールフォームにてお気軽にお声がけくださいませ。
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
アナフレ猛虎会
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

アクセスカウンター

過払い

外汇
携帯 中古外汇


     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
阪神タイガースおっかけマップ (2005)
阪神タイガースおっかけマップ (2005)

阪神タイガースを語るには何がなくてもまず甲子園球場。大歓声でマンモススタンドが揺れ、ラッキーセブンのジェット風船は夜空が隠れてしまうほど舞い上がる。みなさん人生そのものをタイガースにかけているのだ。甲子園球場はもちろん、その周辺のこと=甲子園の街並みを知っていただきたい。野球とともに歩む姿を。またたくさんの楽しい、うれしいお店がいっぱいある。タイガースOBのお店や、ナインご贔屓のスポット、ファンが集うショップ。・・・・いえいえ甲子園だけではありませんぞ。おとなり尼崎も、芦屋も神戸、大阪も・・・・関西圏をくまなく知っていただこう。もちろん関東の情報も掲載!
野村ノート
野村ノート

ところが、以外な選手に感謝されているということもある。その代表的なのが桧山である。阪神時代、桧山に対しては叱ったことはあっても、野球はこうだ、人生はこうだと懇切丁寧に指導した記憶がない。・・・・平成15年、確か優勝した翌日の新聞だったと思うが、彼のインタビューに目を通し驚いたことがある。「野村さんが阪神の監督だったときは、いっていることがよく理解できなかったんですが、今になってやっとわかってきました」・・・・・桧山のように思ってもみなかった選手から感謝を受けるのも指導者冥利に尽きる。  それにしても人生はまさに一期一会だなあと思う。赤星、藤本は阪神のドラフトリストに名前はなかった。赤星はアマからのキャンプ参加、藤本は社会人選手権大会の観戦に行って、遊撃手を探していたときに目に留まった選手である。・・・・私との縁を大切にし、「考えないよりは考えるほうがいい」「知らないより知っていたほうがいい」と私にいわれ、「なるほどそうだな」と思い、ノートをこまめに取り、そのノートを保存し何度も読み返す。こうしたちょっとの差が、いざ自分が指導する立場になったときに活き、あるいはコーチや監督という地位を得るためのチャンスとなる。逆に出会いや縁を無駄にしてしまう選手は、将来の可能性まで狭めてしまうのである。
猛虎の70年
猛虎の70年

第1章阪神タイガースとは何か・・・・おそらくクソ度胸という点では球界ナンバー1の星野仙一の背中にスーッと寒気が走ったのは、彼が阪神の監督になってすぐのことだった。・・・いや、「恐怖」すら感じたという。それは阪神ファンが試合に感動し、勝利の歌を大合唱し、それが終わると球場の外へ出て、ゾロゾロと甲子園駅に帰るのではなく、球場近くの広場に何千人と集まり、そこでも「六甲颪」の大合唱をやるのだ。ファンはやがて甲子園の駅に移動する。この甲子園駅でもまたも「六甲颪」の大合唱となる。それでも終わらない。阪神電車に乗り込んだファンはそのまま梅田の駅で降りて、その梅田駅コンコースでまたまた「六甲颪」の大合唱である。これが深夜まで続くのだ。「お前ら、あれが聞こえるか?俺達はあの熱狂的なファンに対する責任があるんだ。もしあのファンを裏切ったら・・・・俺はどうなるか知らんゾ」・・・・「俺は勝ちたいんや!そのためにはどうするんや?俺はファンに喜んでもらいたいんや・・・・・」なんとも野暮なセリフである。だがかつて阪神の監督としてこんな直接的な言葉を発した指揮官はいなかった。少年のように「勝ちたいんや!」と絶叫する星野仙一。監督室まで聞こえてくる大合唱、そして海鳴りのようなファンの”鼓動”が星野仙一をギリギリまで追い詰めていったのである。そこには「日本一わがままで、日本一熱心で、日本一我慢強い」と星野が評したファンの姿があった。
巨人軍かく勝てり―V9達成の秘密
巨人軍かく勝てり―V9達成の秘密

チームプレーとは「チームワーク」=「人の和」よりさらに深い考え方で、“人間集団におけるモラルから、グランド上のプレーに至るまで、あらゆる人間行動を網羅した広い考え方”といってよいと思う。
簡単な具体例をあげよう。
いまここで二人の人間がキャッチボールを始めるとする。ボールを握って投げる側は、次のように考える「相手が取りやすいところへとりやすいスピードで投げてやろう。投げ返す時のことも考えて胸元へ投げてやろう」そう考えて投げる。
一方受ける側はどうか。相手がそう考えて投げてもミスすることがある。だから相手の気持ちを察して、「万一とりにくいボールがきても、何とか受けてミスを未然に防いでやろう」この二人の「思いやり」がチームプレーの根本精神である。
 このちいいさな「思いやり」は、やがて「自分の義務と役割を完全に履行」することに広がり、チームのために「自己犠牲」をいとわず、「助け合い」、そしてチーム全員に「感謝」するところにまで高められていく。
巨人軍論 ――組織とは、人間とは、伝統とは
巨人軍論 ――組織とは、人間とは、伝統とは

チームの要だったON
『チームを預かることになったとき、いつも私が手本としてきたのは川上哲治監督であり、川上監督が率いたV9時代の巨人というチームであった。それではV9巨人のどこが素晴らしかったのだろうか。まずはなんといっても王貞治と長嶋茂雄、すなわちONの存在をあげないわけにいかない。ONは長らく巨人の3番4番に座り続け常にチームの中心であり続けた。ただし私がこの二人を高く評価するのは、彼らが記録や数字を残したからという理由ではない。彼らが中心選手としての役割と責任をまっとうしていたという事実が大きいのである。私は「中心選手はチームの鏡でなければならない」と述べたが、王と長嶋は、まさしくそうであった。他の選手の模範であり続けたのである。そこが凡百の「四番」とONのちがうところなのである。

…その意味で、私は阪神の金本知憲を高く「評価」している。現在の球界で真の「四番」といえるのは彼くらいだろう。彼は少々の故障くらいでは試合を休まない。チームへの忠誠心も高い。金本が移籍してきてから、阪神の選手の意識が明らかに変わった…金本の野球に取り組む態度を見れば、まわりの選手も自然と「このままではいけない」と感じるようになる。また若手選手が直接叱るより先輩が叱ったほうが叱られた若手のショックは少ない。ここ数年の阪神の躍進には、この金本の存在が大きく寄与している』

ドジャースの戦法
ドジャースの戦法

『投手は自分の左側に球を打たれたらすぐさま一塁に向かってスタートする習慣をつけなければならなぬ。ゴロであろうとライナーであろうと変わりはない。直ちに一塁に突進せよ。適当な時に投手がマウンドを離れなかったためにゲームを失ったためしは多い。打球が左側にきたら、投手は真っ直ぐに一塁にスタートし、塁に近付いたらスピードを緩め、右足を塁に触れて、一塁手からの投球を待ち受ける。球を受け取ったら走者との衝突をふせぐために、ファウルラインの内側を二、三歩走り続けるが、この場合もし他の塁にも走者がいたら、投手はできるだけ早くとどまり、必要に応じて他の塁に投球する用意をせねばならない。
走者の足が遅いか、又は他の理由で投手がゆっくり一塁に間に合った時には、塁上で止まって、こちらに投球しようとしている野手の方に向き直り、一塁手のような身のこなしで、体をのばしたり、どちらかの側へ動いたりして、一塁手の代わりをつとめなければならぬ。』
背番号三桁―「僕達も胴上げに参加していいんですか?」
背番号三桁―「僕達も胴上げに参加していいんですか?」

「アホか、みんないいから出ろ!お前たちも行け!」優勝が決まった瞬間、ベンチから選手が一斉に飛び出した。星野はすぐさま裏方に対して叫んだ。
「尾張メモ」の全貌―情報は盗んで活かせ
「尾張メモ」の全貌―情報は盗んで活かせ

虚像がユニフォームを着ている

広岡監督殿

巨人偵察記・巨人の実像・私が過去三十年、対巨人と戦ってきた印象からみると、最低の巨人といっても過言ではない。人気という点では昔と雲泥の差があっても、実技つまり野球のすべてに対する取組む姿勢が欠けていること。緻密性がない。個人的には優秀な人材はおりますが、チームプレー1つをとってみても投手は三本間に三塁走者を挟みながら、生かしてしまうランダンプレー等がその例。一発で刺さねばいけないプレーをウロウロして生かすということは、過去の巨人では考えられないことです。極端な表現ですが、巨人のユニフォームを着ている虚像にすぎない。−こう断言できます。

このくらいのチームが優勝することはちょっと考えられないことだが、優勝をバックアップしている審判団の判定が大きく作用していることは申すまでもありません。私自身がこの目で見ても、巨人がパ・リーグであれば、近鉄クラスの実力と見ます。それで人気だけが物凄い、まさに虚人です。・・・・・・
1983年10月15日
阪神タイガース
阪神タイガース

序章 黄金時代の幕開け
”遂に来たタイガースの時代”
『この世の春、である。長い長い苦難のときを経て、とうとう阪神タイガースの時代がやって来た』
覚悟のすすめ (角川oneテーマ21 A 87)
覚悟のすすめ (角川oneテーマ21 A 87)

これまでのプロ野球生活で、胸を張って自慢できることがひとつある。

それは、

「たとえお金にならないことでも、やるべきことを、全力を尽くしてやってきた」

ということだ。

2000年5月12日の第三打席を最後に、翌年9月28日の横浜戦第二打席まで、私は1002打席にわたって一度も併殺打を記録しなかった。これはあまり知られていないが日本記録である。
ただ、常に全力疾走を心掛けていなければ達成できなかった記録でもある。それを私は誇りに思う。

連続フルイニング出場にしても、「すごい」とほめられはしても、直接お金として返ってくるわけではない。

それでも私は、セーフになるチャンスがあれば、一塁に全力疾走する。果敢にボールを追うし、つねに次のベースを目指そうとする。なぜなら

「たとえお金にならないことでも、全力プレーするのがプロ」
そう思っているからである。

「いつケガをしてもいい」そういう覚悟で私は常に試合に臨んでいる。

それが、これまでの私のプロ野球生活を支えた信念であり、いまもつねに自分自身にいいきかせているモットーである。