アナフレ猛虎会

皆様こんにちは。アナフレ猛虎会 通称”頑張れ阪神タイガース☆です。
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

拝啓アナフレ猛虎会メルマガご購読者の皆々様

2013.08.20 Tuesday







“観客動員数に思う”

アナフレ猛虎会メルマガ御購読者の皆々様!残暑お見舞い申し上げます。
毎日猛暑が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。
お陰様で身体だけは丈夫な小生はこのお盆休みを利用して京セラドームへ
生観戦してまいりました(#^.^#)
そして奇しくもその15日の京セラドーム大阪で開催しました広島東洋カープ戦は、
2013年度公式戦の入場者が200万人に達しためでたき試合であることが
公式サイトに掲載されていました。
入場人員2,023,379人(甲子園球場:1,790,715人 地方試合:232,664人)
試合数52試合(甲子園球場43試合、地方9試合)

球団から公式に御礼のメッセージも掲載されています。
たくさんのファンが球場へ駆けつける猛虎ナインは本当に幸せですね。
そして我等虎党にたくさん感動を与えてくれています。

しかしながら少々球団への小言を一言!
恵まれた環境でプレーできることにもっと感謝しながら、プロ野球選手として
ファンサービスの基本をもう一度見つめなおして欲しいと思っています。
今回時間がありましたので、同じ関西を拠点におくサッカーチームを見学に行き
つくづく感じました。
このチームはJリーグ発足時からの老舗チームですが、今回J2陥落しJ1復帰に
向けて必死に練習をしていました。日本代表の有名選手も所属するチームですが、
専用のホームグランドをこれから作り上げるために、サポーターの今後の支援が
求められています。
この炎天下の中、室内練習場ではなく、屋外で汗だくとなり練習していました。
そしてもっと驚いたことは、練習終了後、選手はおろか監督までも汗びっしょりに
なりながら、駆けつけたサポーターにサインや写真撮影に応じているではないですか!

マネージャーが後ろから呼びかけました。「たくさんの方が来ていますので、サインと

写真撮影のみでお願いいたします・・・・」そんな姿を見て、近年のサッカー人気の
理由がわかりました。
見習わなければなりませんね。猛虎の沖縄キャンプに二度見学に行ってきました小生は

キャンプ場にもたくさんの観客が訪れますが、こんなサッカーチームのようなシーンは

考えられない状況です。ベンツに乗って球場に登場の監督様を先頭に、どこもかしこも

侵入禁止の仕切だらけで選手を近くで感じることはおろか、ペナントレース中の球場と

さほど変わらない距離感が寂しく思いました。
もっともっと選手とファンの距離感というものを大切にすべきではと思っています。
阪神戦となれば、地方球場やアウェイ球場でも黄色いメガホンやユニフォーム姿が
スタンドを埋め尽くします。東京ドームは一塁側にも阪神ファンが出没しています。
だからこそ、選手のみならず、監督自ら積極的にファンとの距離を縮めて欲しいと
思っています。
ファン感謝デーやオフィシャルなパーティーや後援会などでは当たり前。
普段の練習終了後や、試合開始前のわずかな合間を縫って、握手やサインは
減るものではないじゃないですか。
少々小言を書きましたが、素直に感じた率直な意見でございます。

画像はサインに応じるその在阪チームの監督様でございます。


画像:Jリーグ監督


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2013年08月15日


場所:万博記念競技場

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Category

Archives

Search

このブログ内の記事を検索

Recent Comment

Recent TrackBack

QR Code

Other