アナフレ猛虎会

皆様こんにちは。アナフレ猛虎会 通称”頑張れ阪神タイガース☆です。
▼ 猛虎かく勝てり1356
[ 柴田 ]

”まだまだこれからだ“

背番号00番 柴田 講平外野手

2016年度成績

試合10打席17打数14得点0安打3二塁打1三塁打0本塁打0塁打4打点0盗塁0盗塁刺0犠打1犠飛0四球1死球1三振3併殺打0打率.214長打率.286出塁率.312

才能を持て余している男が猛虎を去る
一軍公式戦10試合で打率.214を記録したが、10月1日に球団から戦力外通告を受けた柴田君の話題が今月聞こえた。
11月12日に甲子園球場の球団合同トライアウトへ参加。シートバッティング形式で5人の投手と対戦したところ、3打数無安打に抑えられながらも、2つの四球を選んだ。
前述のトライアウトで選球眼を発揮したことに千葉ロッテマリーンズが関心を寄せたことから、2016年11月15日から17日まで、同球団の秋季キャンプへ参加。
入団テストへ臨んだ最終日の紅白戦では、白組の「1番・中堅手」として、適時三塁打や11球粘っての四球を含む2安打1四球で出塁したほか、中堅の守備で飛球を好捕。伊東勤監督から「しっかりとセールスポイントをアピールしていた」との評価を受け、12月2日、入団テストに合格したことが球団から発表。
12月12日には正式に契約が結ばれ、ZOZOマリンスタジアム内で入団会見に臨んだ柴田君!新天地での活躍に期待します!






参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:柴田 講平外野手


撮影:アナフレ猛虎会『やっちゃん☆』


撮影日:2016年04月16日


場所:霞ヶ浦第一球場










author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:59 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり1223
[ 柴田 ]

“守備に悩め!”

背番号00番 柴田 講平外野手

2015年度成績

試合20打席49打数42得点2安打8二塁打1三塁打0本塁打0塁打9打点2盗塁0盗塁刺0犠打3犠飛0四球0死球1三振15併殺打0打率.190長打率.214出塁率.261

次に投稿する男とこの男のバッテイングセンスが合わされば無敵ではないか?
天は二物を与えずとはよく言ったものです。
バットや道具を変えたりして打撃に悩んでいるようだが、それよりも守備力がつかねば出番はない!
君に期待する首脳陣像は赤星氏のような一番打者と盗塁と俊足を生かした守備範囲の広さでしょう。
自分がどんな選手かを履き違えた時、一軍の道のりは遠のく。
柴田君の来季の変革に期待しましょう。



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:柴田 講平外野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2015年03月15日


場所:横浜スタジアム






author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:22 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり1057
[ 柴田 ]



“守れなければチャンスはない”

背番号00番 柴田 講平外野手


2014年度成績
試合27打席40打数39得点6安打7二塁打1三塁打0本塁打0塁打8打点1盗塁0盗塁刺0犠打0犠飛0四球1死球0三振7併殺打1打率.179長打率.205出塁率.200

完全にセンターのポジションを奪われてしまいました。
守れなければ外野手ではありませんネ!
本日は柴田君です!

打撃センスもいい、そして俊足の左打ち左投げという申し分ない持って生まれた才能もある。しかし監督が起用したのは大和君であり、マートン君の守備固めとして起用したのも俊介君であり、田上君と隼太君が続いた。
何故か・・・・守備に不安があるからであろう。
来年も福留君とマートン君がレギュラー確実!
今だに鳥谷君の穴を大和君にさせる構想もあるが、あのセンターの守備力を補う選手が猛虎にいるわけが無いことをまだわからない盆暗首脳には開いた口が塞がらない。
今の柴田君に求めることは、真っ黒になって打球を追い求める球際の強さであろう!打撃センスだけでは長打力が無いだけに現実は厳しいからだ。
来季の活躍に期待したい!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:柴田 講平外野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2014年05月05日


場所:明治神宮球場
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:51 | - | - |
▼ 虎21勝17敗
[ 柴田 ]



■2014/5/10 試合結果

対巨人 8回戦 甲子園

巨|001 000 020 3|6
神|000 210 000 0|3

勝:山口1勝2敗1S
S:マシソン2勝2敗6S
敗:二神0勝1敗0S
HR:アンダーソン スリーラン7号
巨人:内海 - 久保 - 山口 - マシソン
阪神:榎田 - 安藤 - 福原 - 呉昇桓 - 二神 - 高宮 - 玉置

5/11の予告先発
巨:菅野 智之
神:メッセンジャー
─────────
“明日は絶対に勝つ”

和田監督が試合後に力強く?残したコメントでございます。
巨人に痛い連敗!終盤までは本当に1点を争う伝統の一戦にふさわしい試合でしたが、
最後の詰めが甘かった。

虎の先発はまだ今シーズン勝ち星がない榎田君です。そして巨人の先発も不調の内海投手で
始まった試合は、榎田君が三回に先制されてしまいました。
しかし猛虎打線も粘ります。四回、ゴメス君のあと数センチで入りそうなレフトフェンス
直撃のツーベースから、鶴岡君がライトへ同点タイムリー、続く柴田君がセンターへ
タイムリーで逆転に成功。
そして五回には、大和君のレフト線ツーベースでチャンスを作り、ゴメス君のショートゴロ
の間に大和君がホームイン!1点追加します。榎田君は三回以外無失点ピッチングで、
六回1失点でマウンドを降りました。
しかし3番手の福原君が巨人打線に捕まり同点に追いつかれます。なかなか追加点が取れない
猛虎打線は延長戦に入ると十回、代わった高宮君がアンダーソン選手にライトへスリーランを
打たれ万事休す。
サヨナラ逆転を狙いましたが打線が続かずゲームセット。
4連敗となりました。

アナフレ目線です
5月★★☆★☆★★★★
4月★☆★★☆☆★★☆★☆☆☆☆☆☆★★☆☆☆☆★☆☆☆★☆☆
今季一番いいピッチングだったと榎田君を評価した和田監督。六回で交代が結果的には良くなかった
ことになりましたが、彼の一勝を考えれば、万全な中継ぎ陣に継投は間違ってなかったといおもいます。そして高宮君が打たれた一発で敗れただけ。9回にサヨナラ勝ちができなかった打線の詰め、
そして守護神西村投手を欠いた巨人に守り抜かれたことが敗因でしょう。
明日はメッセで必ず勝つ!5連敗はできませんね。
5月★★☆★☆★★★★
4月★☆★★☆☆★★☆★☆☆☆☆☆☆★★☆☆☆☆★☆☆☆★☆☆
画像は四回に勝ち越し打を放った柴田君です。
この2試合のスタメン起用にしっかり結果を出しました。



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:柴田 講平外野手


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2014年05月05日


場所:明治神宮球場
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:39 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり919
[ 柴田 ]






“ライバルを抜去れ”

背番号00番 柴田 講平外野手
2013年度成績
36試合 率.229 5打点1本
打数70 安打16 四死球5 盗塁4


昨年末のトークショーにて、集まったファンの前で年間100安打を来季の目標に
掲げた男。
2013年一軍出場選手別かく勝てりの最後となりました。柴田君です(#^.^#)

1月中旬から沖縄で名人関本君らと合同自主トレを行います!

昨年は外野のレギュラーが、マートン君、大和君、そして新加入の福留君に
ほぼ固定されたことなどから、3シーズン振りに開幕を二軍で迎えました。
福留君が故障で戦線を離脱した後の5月17日に出場選手登録を果たすと、
同月22日の対千葉ロッテマリーンズ戦でプロ初本塁打を記録します。
地元・福岡県の福岡ヤフオクドームで開かれた6月3日の対福岡ソフトバンク
ホークス戦では、観戦した家族の前でチームの勝利を決める適時打を放つ
とともに、初めて単独でお立ち台に登場!
しかし、同月16日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦で二塁への盗塁を
成功させた際に左足を負傷。翌17日に出場選手登録を抹消されました。
9月11日に福留君とともに再び一軍へ昇格すると、当日の対中日ドラゴンズ戦に
「7番・右翼手」としてスタメン出場し、七回裏の第3打席で、復帰後初安打となる
先制の二塁打を放ちました。

ライバルはたくさんいます!もともと野球センス抜群の身体能力は大和君と
肩を並べるのでは!少し三振の数を減らすことも課題でしょうか・・・・
今季の更なる飛躍を期待します(#^.^#)


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:柴田 講平外野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2013年02月16日


場所:沖縄宜野座村野球場

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:08 | - | - |
▼ 虎(・.・;)65勝55敗3分け
[ 柴田 ]






■2013/9/11 試合結果

対中日 20回戦 甲子園

中|000 000 030|3
神|000 000 200|2

勝:高橋聡1勝2敗0S
S:岩瀬2勝3敗33S
敗:加藤1勝2敗1S
中日:中田賢 - 高橋聡 - 浅尾 - 岩瀬
阪神:メッセンジャー - 加藤 - 安藤 - 藤原

9/12の予告先発
中:大野 雄大
神:能見 篤史
───────────

”溜息の出る敗戦“

出るのは監督の溜息だけではありませんぞ〜甲子園の虎党からの落胆が
画面からも伝わってきました。既に逆転優勝など遠い昔のようにも思える猛虎!
クライマックスまでどのようにチーム状態を揚げて行くかが課題でございます。
今の虎に必要なのは勢いでしょうか・・・・

竜さんは二回に谷繁選手、堂上直選手の連打で好機をつくるも先制できず。
猛虎は三回に1番西岡君が二塁打で出塁しましたが、無得点に終わります。
虎の先発メッセンジャー君は六回まで8奪三振無失点の好投。竜さんの
中田投手も3安打無失点で譲らず、投手戦は終盤にもつれこみます。
猛虎打線は七回に柴田君の適時二塁打と桧山君の押し出し死球で2点を先制。
このまま投手リレーで逃げ切る体制かとおもいきや、八回にクラーク選手の
適時打などで3点を挙げられ逆転負け。

アナフレ目線です
【9月戦績】★☆★★☆★★△★

猛虎は昨日の引き分けを挟んで竜さんにもっか5連勝中でした。
更にメッセンジャー君も今季は竜さんに負けなしと勝利の気運が漂う中試合が
行われました。
序盤から竜虎対決らしい投手戦を繰り広げた両チーム。
しかしこの日は自慢の中継ぎ陣が踏ん張り切れず。こんな巡り合せの悪い日もありますね。
死球が当たった打者以上に与えた投手を落胆させた試合となりました。もったいな〜(#^.^#)
【8月戦績】★ロード☆★☆★☆☆★☆☆★★☆☆☆☆★☆☆☆☆★★★ロード★☆
【7月戦績】★★☆☆☆☆☆☆★☆★★☆☆★★★★☆★
【6月戦績】★★☆☆☆★
【交流戦】★★★☆☆★△☆☆☆★★★☆☆★☆☆☆☆☆★★★
【5月戦績】★☆☆★☆☆☆☆☆☆
【4月戦績】☆★★☆★★☆★☆△☆☆★☆★★☆☆☆☆★☆★☆★☆★☆


画像は久しぶりの一軍で先制タイムリーの柴田君でした!

参考文献:阪神タイガース公式サイト

画像:柴田 講平外野手

アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2013年06月01日


場所:京セラドーム大阪

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:10 | - | - |
▼ 虎(・.・;)25勝18敗2分け
[ 柴田 ]






■2013/5/22 試合結果

対ロッテ 1回戦 QVCマリン

神|000 510 000 000|6
ロ|010 003 002 000|6

HR:柴田スリーラン1号、マートン ソロ4号、
井口ソロ8号・ツーラン9号、今江ソロ3号
阪神:榎田 - 鶴 - 加藤 - 安藤 - 久保 - 筒井
ロッテ:阿部 - 上野 - 南 - 中郷 - 益田 - 松永 - カルロス・ロサ

5/23の予告先発
神:メッセンジャー
ロ:唐川 侑己
───────────
“負けに等しい引き分け”

勝ちたかった〜いや、勝てなかった・・・・もっと大差で勝てた・・・・
いや、マリーンズさんの好守が光った!
そして5時間を超える試合の後には、何とも言えない疲労感と監督の
怒りだけが残った。

1点を追う猛虎は四回表、7番良太新井君の2点タイムリーで逆転に
成功すると、続くチャンスで9番柴田君がプロ初アーチとなる今季第1号
スリーラン!五回表には4番マートン君にも一発!猛虎ペースの5点
リードで試合は後半戦へ進みました。
しかし六回裏、井口選手と今江選手という猛虎にとっては因縁の
ベテランの連続ソロから流れはマリーンズに・・その後は小刻みな継投で
逃げ切りを図りますが九回裏、スマイリー久保君が井口選手に痛恨の一発。
同点とされ試合は延長戦へ。十回から登板した筒井君の3イニング
パーフェクトリリーフに打線が応えることができず、5時間を超える死闘は
6対6の引き分けに終わりました。

アナフレ目線です
【交流戦】★★★☆☆★△
【5月戦績】★☆☆★☆☆☆☆☆☆
17安打を放ち、五回までに6対1とリードしながら、延長にもつれこみ、
痛恨のドロー。14残塁という拙攻の山を築いた打線について、和田監督の
怒りも爆発しましたね(#^.^#)
やってはならない引き分け!しかしマリーンズの伊志嶺選手の好守には
まいりました。
スマイリー久保君と筒井君のクローザー入れ替えも検討すべきかもしれません。
故障者も出始めた猛虎!ここが頑張り所ですよ和田監督様!出直しや(#^.^#)

【4月戦績】☆★★☆★★☆★☆△☆☆★☆★★☆☆☆☆★☆★☆★☆★☆


画像はプロ初ホームランの柴田君でした。チャンスを生かして猛アピールです!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:柴田 講平外野手


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2013年02月17日


場所:沖縄宜野座村野球場

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:08 | - | - |
▼ 猛虎春季キャンプリポート2013
[ 柴田 ]





“キャンプ休日”

若虎に休日はない!
中堅を争う大和君と柴田君が休日返上で練習をしました。
ともに宿舎に隣接する室内練習場でマシン相手に打ち込み。
福留君の加入で枠が減った外野の定位置奪取へ猛アピールでしょう。
俊介君や田上君もどこかで練習しているのじゃないかな〜虎の外野手
争いも今年は熱いですね。

さて、本日は休日のためじっくりキャンプリポート総集編を見ました。
昨日のシート打撃でエース能見君からホームランを打った良太新井君!
ナイスピッチングで首脳陣の評価が赤丸急上昇の岩本君!
マートン君も今の時期では上々の仕上がり状態です。
西岡君から鳥谷君そして一塁森田君へのダブルプレーも初登場!
野手で第一クールMVPは隼太伊藤君でしょうか(#^.^#)
キャッチャー小宮山君は昨シーズンのパスボール癖の弱点を克服して
きている模様!
ファームのキャンプも平田監督が熱くなっているじゃないですか。
ベテラン安藤君や復活をかける久保田君!未来の大砲中谷君や
今成君も元気そうでありました(#^.^#)
今年のキャンプは22日までですからペースが速いですよね。

画像は外野手争いに燃える柴田君でございます!(^^)!



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:柴田 講平外野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2012年04 月15日


場所:阪神甲子園球場

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:02 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり763
[ 柴田 ]






“自分自身をよく伸ばせ”

背番号00番 柴田 講平外野手
2012年度成績
73試合 率.234 2打点 0本
打数128 安打80 四死球17 盗塁4

2012年のかく勝てりは順調に?といいますか、毎年最後の選手が終了するのは
越年後だったのですが、今年はあれよあれよと年内で終了となりました。
特に理由はないのですが、今年は名勝負名場面をあえて取り上げなかったことでしょうか。
そしてBクラスのチームはオフの話題が激減したことかな〜
前置きが長くてすいません。
今夜のかく勝てりは、自分がどういうタイプのプレーヤーかを自覚せよ!
柴田 講平外野手です!(^^)!

本年は大和君と一二番コンビで活躍をしてくれました。
数字を見た限り、唸りたくなる数字が盗塁数の少なさですね。メジャーへ行った
燕さんの青木選手のバッティングフォームのようなスタイルに変えて、昨年から
メキメキ力を付けてきた柴田君!来季もセンターラインの要として大和君等と
ポジション争いをしてくれるでしょう。
持ち前の俊足を生かして、安打数を増やし、そして盗塁数を増やすこと。
それが君に課せられた来季への課題です。
大和君が右イチロー選手と形容させていただきましたが、柴田君は
レッドスター赤星氏の再来のようなプレーヤーを目指せといいたいところですね!(^^)!


参考文献:阪神タイガース公式サイト

画像:柴田 講平内野手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2012年04月21日


場所:横浜スタジアム

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:07 | - | - |
▼ 虎(・.・;)17勝20敗5分け
[ 柴田 ]




■2012/5/22 試合結果

対オリックス 1回戦 京セラドーム

神|000 000 000|0
オ|000 004 20x|6

勝:金子千2勝1敗0S
敗:メッセンジャー3勝3敗0S
HR:川端満塁1号、李大浩ツーラン8号
阪神:メッセンジャー - 鶴 - 榎田
オリックス:金子千
─────────

“まずは連敗ストップを”
交流戦は猛虎だけが勝てないわけではない。セ・リーグのレベルが如何に低いか。
巨人だけを除いて、まったくパ・リーグに圧倒されているのは、実力の差があるとしか

いいようがありませんね。
とにかく何かしらのきっかけを掴みたい猛虎。
しかし猛虎の元気の無さに、一番驚いたのはオリックスのこのお二人かもしれません。

その一人は、交流戦100勝を達成した岡田監督様。そして今やオリックスのクリーン
ナップを担う打者に成長したひろしバルディリス選手でしょう。

試合はオリックス金子投手とメッセンジャー君の素晴らしい投手戦となりましたが、
六回にまさかの満塁弾をメッセンジャー君が浴びると、七回には恩返し鶴君が2ランを

打たれてワンサイドゲームに。
猛虎打線は金子投手の前にわずか4安打で三塁すら踏めることができず、交流戦
開幕から悔しい5連敗です(・.・;)

アナフレ目線です★★★★★
まさかの一発に沈む・・・・新人の川端選手に投げたフォークでしたかね〜落ちが
よくなかった打球は飛びに飛びました。痛恨の満塁弾に打球を追うこともなかったメッセ君。
6回5安打4失点で悔しい降板でした。
関西ダービーを浮上のきっかけにしたいところだが、空席が目立つ京セラドームが全てを物語る。
まずは連敗ストップだ猛虎ナイン!
★★★★★

画像は不振で2軍落ちしていましたが、三回の第1打席では持ち味の俊足を生かし内野安打。
さらにすぐさま二盗を決めた張り切りボーイ柴田君です!(^^)!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:柴田 講平外野手

アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2012年04月21 日


場所:横浜スタジアム

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:05 | - | - |
▼ 虎(・.・;)4勝2敗2分け
[ 柴田 ]

■2012/4/8 試合結果
対巨人 3回戦 甲子園

巨|120 110 000|5
神|000 000 100|1

勝:宮國1勝0敗0S
敗:岩田0勝2敗0S
巨人:宮國 - 山口 - 西村
阪神:岩田 - 小嶋 - 渡辺 - 鶴 - 福原
─────────
“打線はまだまだ5,6分咲き”
昨日の東京は絶好の花見日和です
試合前の和田監督は打線を桜の開花に例えて“まだ5、6分咲き”と評していましたが、

まったくその通りの内容の試合となりました。
2年目の19歳に猛虎打線は翻弄されました。
虎の先発はガンちゃん岩田君です。開幕京セラドームで勝てなかったので、今回は
気合が入っていましたが、かえって肩に力が入ってしまたっか・・・・沈黙の巨人打線を
初回から目覚めさせてしまいました。
初回二死、一、二塁から巨人4番村田選手の場面、内角スライダーでバットをへし折った

ものの、左前適時打で先制点を失います。不振の重量打線に32イニングぶりに得点を
与えると、立ち直れず四回で降板です。
逆にこの日は猛虎打線が沈黙。
巨人の新鋭宮国投手にまったくいいところがありません。
7回までにわずか3安打。それでもスロースターター不振の新井サンが七回無死一、二塁から
右前へ適時打を放ち、零封は免れましたが、主軸の安打はこの1本だけ。
まだまだ5、6分咲きの猛虎打線の象徴が新井サンや打率1割台のキャプテン鳥谷君です。

試合は小嶋君の危険球退場や、城島君のアクシデントで交代等・・・・こんな日もあるのですね〜
というような悪い展開が最後まで続きゲームセット。完敗でございました。

アナフレ目線です★★★★★
日曜日を勝って月曜日を休むのと、負けて休むのとは心の負担が全然違うと指令を発していた
和田監督!2しかし皮肉にも京セラに続いてガンちゃんで2連敗となりました。
また、巨人戦の成績を昨季7月14日から6戦勝ち星なしの4連敗に伸ばしてしまったというから
確かにバツが悪いですね(・.・;)
でも心配ないぞ〜!次回先発は再び日曜日の15日の中日戦(甲子園)は、小生が出陣いたしますから(^^)v
しかし今シーズンは本当に0行進の記録が出る試合が多いですね〜それだけ投手が頑張っているという
ことでしょうか。切り替えましょう猛虎打線!桜は満開!打線も爆発!今週は期待してまっせ(^^)v
★★★★★

画像は反撃の口火を切った柴田君です!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:柴田 講平外野手


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2012年03月25 日


場所:東京ドーム

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:01 | - | - |
▼ 虎!(^^)!オープン戦4勝8敗1分け
[ 柴田 ]


■2012/03/18 試合結果

対埼玉西武 オープン戦 西武D

神|000 600 000|6
西|000 000 300|3

神:岩田-スタンリッジ-藤川
西:十亀-武隈-小石-星野-野上-岡本篤-ゴンザレス


――――――

“連打で快勝”
はく息が白い西武ドームへ出陣してまいりました!(^^)!寒かった〜
虎の先発はガンちゃん岩田君です。オープン戦初先発でしたが、4回を無失点で切り抜ける
まずまずのピッチング!低めに球が集まり、毎回の4安打にはやや不満顔でしたが、
追い込んでから甘い球が目立ったと反省点も挙げています。
仕事人能見君とともに先発の軸として期待される左腕。開幕までの実戦登板はあと1度とみられ、
次のテーマは3者凡退でしっかり抑えることです。
試合は西武先発十亀投手との投げ合いで始まりましたが、打者二準目となった4回に猛虎打線が
繋がります。
本日4番に座った新井サンの中前安打をきっかけに、イメチェン城島君の大きな当たりでまずは
先制!一気に3塁まで進んだ城島君は走塁はまったく問題がないようです!(^^)!
以降は大砲ブラゼル君、不調の加油!林君、本日スタメンマスク小宮山君と連打が続き、最後は
復活の柴田君の3塁打で一挙に6得点の固め打ち!(^^)!
久しぶりにビジターであるライトスタンド応援団も盛り上がりました!(^^)!
以降投げたスタンリッジ君がライオンズの反撃にあって3点を失いましたが、最後は我らが球児君が
きっちり抑えて快勝です!(^^)!

アナフレ目線です☆☆☆
どうやら本日の猛虎打線の状態から、開幕オーダーが徐々に見え始めてきました。
復活の柴田君はセンターで平野君と一二番を打つことで確定。
3番鳥谷君、4番新井サン、5番城島君が一塁で、6番がレフト兄貴金本様かブラゼル君。

マートン君が万全であれば、5番ライトで入り、6番7番は繰り下げの可能性もあります。

キャッチャーは小宮山君になるかな〜開幕投手は能見君に間違いないでしょう。
長単打で繋いで得点ができた猛虎打線。ひとまず結果が出て和田監督も一安心かな!(^^)!
☆☆☆

画像は復活の柴田君です。彼が入ることでバッテリーの警戒心がまったく違います。
怪我に強くなれば、シーズンを通じて活躍できるのでは!(^^)!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:柴田 講平外野手


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2012年03月18日


場所:西武ドーム

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:15 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり637
[ 柴田 ]

“若虎一番の成長株”

背番号00番 柴田 講平外野手
2011年度成績
104試合 率.271 9打点 本0
打数188 安打51 四死球12 盗塁7

今年の若虎で活躍著しい選手といえばルーキー榎田君でしょう。そして一番成長株といえば
この男です。今夜の猛虎かく勝てりは、成長株柴田君です!(^^)!

昨年は本当にたくさんの経験を積んだシーズンになりました。
開幕一軍に入ったものの、開幕スタメンは最大のライバル俊介君に譲ることとなります。

当初は代走や守備固めなどの起用でしたが、5月13日の対中日ドラゴンズ戦でプロ入り

初安打を記録すると、5月21日には初スタメン出場を果たします。
そして後半戦では俊介君に代わって中堅でのスタメン出場が多くなり、出場するごとに

成長を見せ徐々に成績を伸ばしていきました。
そして彼にとって忘れられないミスを犯したのも記憶に新しいですね〜(#^.^#)
忘れもしません8月14日の対燕戦で、9回裏二死満塁の場面で飛球を落球してしまい、
走者一掃の適時失策を犯すという、顔面蒼白の柴田君が球児君にマウンド上で深々と
詫びていたシーンがとても印象的でした。彼にとっては苦い経験かもしれませんが、
これを教訓に今季はゴールデングラブ賞を狙う勢いで頑張ってもらいたいものです。
今夜は初安打を放った試合を振り返ります↓↓↓
■2011/5/13 試合結果

対中日 4回戦 甲子園
中|000 101 200|4
神|000 000 110|2

勝:ネルソン2勝1敗0S
S:岩瀬0勝0敗5S
敗:能見2勝2敗0S
HR:ブラゼル ソロ3号、谷繁ツーラン1号
中日:ネルソン - 浅尾 - 岩瀬
阪神:能見 - 久保田 - 小嶋
──────────

“雨止んで投打噛み合わず”

【中略】
6回を投げて2失点の内容の悔しい降板となりました。
ようやく反撃の狼煙があがったのは7回、大砲ブラゼル君が6試合ぶりの第3号ソロホームランを
右中間スタンドに叩き込むと、8回にかわった浅尾投手にも喰らいつきました。
先頭の代打柴田君がプロ入り初のヒットを放つと、続く神様桧山様もヒットで繋ぎ、
ファミリーマートン君がタイムリーヒットで二点差まで追い上げますが・・・・
最後は岩瀬投手に抑えられての完敗でした。

アナフレ目線です★★★
今年は敗戦の方程式が成り立っています。守り負けですね。
相手チームの攻守に打線が振るわず、そして先発投手の踏ん張りもリリーフ陣・・・・

とくにトリプルKがらみでだめ押されてゲームを失ってしまっています。
このまま交流戦に突入するにはやや不安材料が残りますね〜
小嶋君が好投を魅せてくれているのが救いでしょうか★★★

本日の画像は代打でプロ初ヒットを放ちました〜柴田君。
俊介君に最大のライバルがファームから這い上がってきました!
なかなか旨いバッティングを魅せてくれました!(^^)!↑↑↑

メジャーにテストされながら入団という屈辱を味わった燕青木選手を彷彿するような
バッティングフォームは、相手投手に威圧感を与えて効果充分です。
しいて申さば、盗塁数をもっと増やして欲しいかな〜(#^.^#)
エラーなんて気にするなよ柴田君!激化している猛虎外野手争いで頭一つ抜きんでて
いるのがこの柴田君ですね。今シーズンも期待できそうです!(^^)!

参考文献:阪神タイガース公式サイト

画像:柴田 講平外野手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』

撮影日:2011年10月08日

場所:横浜スタジアム

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:06 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり577
[ 柴田 ]


“秋季練習スタート”

クライマックスシリーズで盛り上がるセ・パ両リーグ。早々西武ライオンズは
日ハムを振り切り、クライマックスファイナル進出を決めました。
そしてセ・リーグの方は神宮決戦にて燕さんが王手をかけていましたが、
巨人が踏ん張り五分。竜さんとの対戦相手はどちらでしょうか!(^^)!

さて、そんなクライマックスウイークをよそに、猛虎が秋季キャンプに向けて
鳴尾浜で練習を開始しました。

若虎では売り出し中の柴田君、そしてガムシャラ榎田君ら、フェニックスリーグに
参加していない居残り組です。
そしてベテランでは、今季まったくいいところがなかった安藤君。そしてスランプに
悩んだ小林宏君、久保田君らベテラン組も合流。

和田内閣の組閣として、ヘッドコーチに有田氏の名前が上がってきています。
当面、赤星氏や矢野氏の組閣入りは見送られそうです。

来月からの秋季キャンプにて、和田内閣の顔ぶれもまとまりそうです。
そして、v奪回の戦いが始まります!(^^)!

画像は売り出し中柴田君です。守りの野球宣言をした和田新監督の方針に
敏感に反応したのかな〜!(^^)!



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:柴田 講平外野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2011年10 月8 日


場所:横浜スタジアム



author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:09 | - | - |
▼ 虎(-.-)65勝67敗6分け
[ 柴田 ]

■2011/10/18 試合結果

対ヤクルト 24回戦 甲子園

ヤ|010 120 000|4
神|000 000 000|0

勝:館山11勝5敗0S
敗:メッセンジャー12勝7敗0S
ヤクルト:館山
阪神:メッセンジャー - 渡辺 - 筒井 - 藤原 - 西村
──────────
“中日ドラゴンズ優勝おめでとうございます”

ペナント最終7連戦の初戦となった本日は、甲子園で対燕さん24回戦が
行われました!
虎の先発はお母様を甲子園にご招待の勝ち頭!メッセンジャー君です。
メッセンジャー君は初回を無失点で抑えるも2回、犠牲フライを打たれ
1点を先制されてしまいます。4回にも1点を失うと、5回にも二死から
4連打を浴びさらに2点を失って悔しい降板。
燕打線に見事攻略されました。
さて、苦手館山投手に猛虎打線は2回、6回と得点圏にランナーを
進めるもあと一本が出ず、なかなか捉えきることができません。
そしてメッセンジャー君の後を猛虎中継ぎ陣が奮闘!(^^)!牡丹餅渡辺君、
イジラレ筒井君、目指せピョン吉藤原君、しなやかです西村君が力投し、
6回以降は燕打線に得点を許しません!
結局猛虎打線は7回以降一人のランナーも出すことができず、完封負けを
喫してしまいました。

アナフレ目線です★★★
いや〜やはり優勝はいいですね。横浜スタジアムに全国竜さんサポーターが
乗り込んできていました。
8月には5位まで成績を下げてきた竜さんが見事に逆転優勝。
落合監督の選手をたてる起用方法は見習うべきではないでしょうか!
竜さんのことばかり書いてすいません
今日は4安打で三塁すら踏めずに終わった猛虎打線。優勝こそ逃したものの、
2位確定をかけた燕さんに完敗でした。★★★

本日の画像はチーム唯一のマルチ安打をマークし、今季7個目となる盗塁も
決めた。売り出し中柴田君でございます。今月から2番に定着して活躍を続けて
おりますね〜(*^_^*)

若虎の成長が何よりも来季へ向けての収穫です!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:柴田 講平外野手


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2011年04月03日


場所:横浜スタジアム




author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:04 | - | - |
▼ 虎(-.-)62勝64敗6分け
[ 柴田 ]


■2011/10/11 試合結果
対巨人 23回戦 東京ドーム

神|002 001 000|3
巨|010 011 001x|4

勝:山口5勝1敗2S
敗:メッセンジャー12勝6敗0S
HR:新井貴ソロ16号、阿部ソロ19号
阪神:メッセンジャー - 藤川
巨人:東野 - 高木 - 山口
──────────
“優勝が消えた敗戦”

わかってはいたものの・・・微かな望みがあっただけに・・・・今夜の敗戦で猛虎の
優勝はなくなった。小生はいつどやか監督の胴上げを撮影したい!だから球場へ
通い続けています。悔しいけれども、巨人に敗れて猛虎の優勝はなくなった。
何度でも言おう!巨人に負けて、これで6年連続優勝が途絶えた・・・・
まだ監督の胴上げは奇跡かもしれないが残っている!また一つ一つ勝っていこう!

昨日はたくさんのヒーローが登場して勝利した猛虎!敵地東京ドームで行われた
対巨人23回戦は、虎の先発に勝ち頭のメッセンジャー君をマウンドに送り込みます。
対する巨人も東野投手の先発で始まった第二ラウンドは、メッセンジャー君は早くも
2回につかまりました。阿部選手に一発を浴び先制を許してしまいます。
しかしそのすぐ後の3回、二死から3つの四球で満塁とすると、打席には大砲ブラゼル君!
東野投手の真っ直ぐを捉える2点タイムリーヒットですぐさま逆転!
5回に1点を失い同点に追いつかれますが6回、俺が4番だよ新井サンがレフトスタンドに

突き刺さるビックマックご馳走様本塁打を放ち、勝ち越しに成功!
この4番の一振りで勝負は決まったかと思われましたが・・・いや〜決めなければいけなかった。
タラレバですがここ一番でやられてしまう真弓猛虎!
その裏またしても阿部選手にタイムリーを打たれ再び同点に追いつかれてしまいます。

7回以降はわずか1安打とチャンスを作ることができない猛虎
迎えた9回裏、ここまで粘りの投球を見せてきたメッセンジャー君がピンチを招くと、ここで
マウンドを降り、後ろを球児君に託し、ピンチを凌いでくれるかと思われましたが、
伏兵藤村選手に痛恨のタイムリーを浴びてしまいサヨナラ負け。手痛い、そして優勝という
夢が吹き飛ぶ悔しい1敗を喫してしまいました。

アナフレ目線です★★★
本日は生観戦ではなかったので球場の雰囲気はわかりませんでしたが、やはり8回こそ

踏ん張ったものの、メッセンジャー君は阿部選手に猛打賞となった時点で限界でしたね。

結果俊介君の好返球で勝ち越しはなかったものの、阿部選手の場面から榎田君投入でも

良かったのでは・・・中継ぎ陣も休ませたかった気持ちもありますが、結果球児君4連投での
サヨナラ負けは・・・球児君を投入したら負けたらあかんのですよ〜真弓様!9回頭から
球児君投入で良かったのではないかな〜タラレバですが・・・★★★

今夜は阿部選手と伏兵藤村選手にしてやられましたが、猛虎のクリーンナップも当たりは
止まっていません。そして猛虎の伏兵も機敏な動きを魅せてくれていますね。

本日の画像はしっかり二番に定着の伏兵柴田君でした!(^^)!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:柴田 講平外野手



アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2011年10月10日


場所:東京ドーム



author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:06 | - | - |
▼ 虎!(^^)!55勝56敗6分け
[ 柴田 ]

■2011/9/24 試合結果

対巨人 20回戦 甲子園

巨|002 200 000|4
神|050 004 00x|9

勝:渡辺5勝1敗0S
敗:東野7勝11敗2S
HR:マートン ソロ11号
巨人:東野 - 金刃 - 小野 - MICHEAL - 越智
阪神:岩田 - 渡辺 - 藤原 - 福原 - 筒井 - 西村
──────────
“ニューヒーローがチームを救う”
9勝8敗で迎えた伝統の一戦!昨日は総力戦の末、土壇場でドローに持ち込んだ猛虎。
互いに絶対に負けられない試合は、前半こそ伝統の乱打戦になりましたが、中盤から
猛虎投手陣の踏ん張りで得点を許さなかった猛虎の圧勝となりました。

虎の先発は安定感のある左腕ガンちゃん岩田君です!
1回表、巨人上位打線を三者凡退に抑える完璧な立ち上がりを見せると、序盤に猛虎
打線が爆発します!
2回裏、先頭の4番新井サンがレフトオーバーのスリーベースヒットを放つと、すかさず

大砲ブラゼル君の犠牲フライで生還し猛虎が先制!そして続くファミリーマートン君が

放った打球は15試合連続安打となる今季第11号のホームラン!猛虎打線の勢いは
止まりません!二死満塁のチャンスを作り打席には気にするなよ柴田君。甘く入った
変化球を完璧に捉えた打球はプロ入り初のタイムリースリーベースヒットとなり、この回
一挙5得点!早めに試合の行方を決定付けたかのように思われましたが・・・・
ガンちゃんがピリッとしなかったな〜(*^_^*)
3回4回と阿部選手のタイムリーヒットなどで4点を失い無念の降板。1点差に迫られます。

しかしそんな嫌なムードを吹き飛ばしたのは自慢の牡丹餅リリーフ陣でした。(^^)!
渡辺君から藤原君の投手リレーで巨人に傾きかけた流れを断ち切ると、6回裏に一死
満塁のチャンスで打席に入ったのは、頼りになります4番新井サンが捉えた初球は、
センターオーバーの2点タイムリーツーベースヒット!続く大砲ブラゼル君にもタイムリー
ヒットが飛び出し巨人を突き放します!その後、福原隊長からイジラレ筒井君へと繋いで
最後はしなやかです西村君が締めてゲームセット。
アナフレ目線です☆☆☆
ここのところ先発投手に勝利がつかないのが気になる猛虎。本日もガンちゃん岩田君は

3回2/3 4失点とピリッとしませんでした。特に先発投手陣はリフレッシュが必要でしょうか?
いや〜もうそんな悠長なことは言ってられませんね。
5年連続で45試合以上の登板となった牡丹餅渡辺君が本日のヒーローでした。☆☆☆

本日のお立ち台は珍しい3人でございました。新井さんを挟んだ二人が初々しいこと!(^^)!
画像はプロ入り初お立ち台となった気にするなよ柴田君です!
8月から9月にかけて守備にバント、走塁とミス続きだったこともあり、“謝罪会見”になった
ところが又若虎らしくていいじゃないですか。彼のように失敗を恐れず全力プレーでアピール
して欲しいな〜(*^_^*)

参考文献:阪神タイガース公式サイト



画像:柴田 講平外野手


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2011年07月17日


場所:横浜スタジアム



author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:41 | - | - |
▼ 虎(-_-;)23勝29敗1分け
[ 柴田 ]

■2011/6/26 試合結果
対巨人 9回戦 甲子園

巨|100 200 100|4
神|000 000 002|2

勝:澤村4勝5敗0S
S:山口0勝0敗2S
敗:能見3勝6敗0S
巨人:澤村 - 久保 - アルバラデホ - 山口
阪神:能見 - 福原 - 川崎 - 久保田
─────────

“同じ負けでも内容は良”
宿敵巨人に3タテ!といきたかったところですが・・・・巨人も意地を魅せました。
虎の先発マウンドは対巨人8連勝中と相性抜群のエース能見君です。
今日勝てば球団新記録の9連勝と期待がかかりましたが、前回の楽天戦でも
調子が悪く、今日も初回からピリッとしませんでした。1回表に先頭の坂本選手の
四球をきっかけにタイムリーで先制を許すと、4回表には二死からツーベースと
四球でピンチを招き、2点タイムリースリーベース。5回3失点でマウンドを降りる
不本意な投球となってしまいました。今日はまったく球に切れがなかったですね〜
疲れが残っているんでしょう。
さて、巨人のルーキー澤村投手!虎の榎田君と新人王争いをするでしょうね〜
相変わらず強気な素晴らしいピッチング!対する猛虎打線も良い当たりが野手の
正面を突く不運も重なり沈黙。
逆に7回表には福原隊長がつかまり1点を追加され、巨人4点リードで試合は9回裏
まで進みます。そして迎えた9回裏、眠っていた猛虎打線が遅ればせながら襲い
掛かります!バースデー鳥谷君、焦りは禁物新井サン、大砲ブラゼル君の3連打で
1点を返すと、続く6番加油!林君もスタメン起用に応えるライト前タイムリー!
なおも無死1・2塁とチャンスが続き甲子園の盛り上がりは最高潮!一気に
サヨナラムードが漂いましたが・・・・しかし、代わった4番手山口投手の前に後続が

倒れ2対4でゲームセット。

アナフレ目線です★★★
ベンチ入りの野手全員を起用する粘り及ばず敗れた真弓猛虎。
確かに巨人投手陣の攻略は遅かったけれども、最終回に一矢を報いました。
今日2安打の柴田君に何故代打岡崎君まで出してバントをさせたのか・・・・
次の小宮山君に代打浅井君を出すことで延長戦も考えた采配は妥当かもしれません。
3戦とも4対2という同じスコアーになりましたが、負け方は猛虎の内容が数段良し!
このペースで勝ち越しを重ねていきませう★★★

本日の画像は2安打の活躍の柴田君です!(^^)!左投手に対する首脳陣への
アピールがまだまだ足りないかな〜(^.^)


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:柴田 講平外野手


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2011年04月03日

場所:横浜スタジアム




author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:02 | - | - |
▼ 虎(-_-;)14勝23敗1分け
[ 柴田 ]

■2011/6/1 試合結果

対日ハム 2回戦 札幌ドーム

神|000 000 000|0
日|000 000 01x|1

勝:ダルビッシュ7勝1敗0S
敗:小林宏0勝3敗0S
阪神:スタンリッジ - 榎田 - 小林宏 - 小嶋
日ハム:ダルビッシュ
─────────

“内容は悪くない敗戦”

おおかた本日の結果はある程度は予想していらっしゃったのでは?
昨日の解説者もこの日の先発予想がダルビッシュ投手だとわかっていましたからね〜
敵地・札幌ドームでは相性が悪い猛虎!そしてそのマウンドには、
今や日本球界ナンバーワンエースが立ちはだかりました。
虎の先発はスタンリッジ君です。
連敗を何とか最少の2でストップしたい猛虎は3回表、加油!林君がヒットを放ち、
ワイルドピッチで一気に3塁へ進塁!敵のミスも手伝い先制のチャンスを作りますが、

後続が続かずチャンスを活かせません。
ダルビッシュ投手を何とか打ち崩したい猛虎打線ですが、4・5・6回とヒットで出塁するも、
ここも後続が続かず、得点に繋がりません。
両者無失点のまま終盤、小林宏君が自らピンチを招き、ワンチャンスで1失点。
最後までダルビッシュを攻略できず、0対1でゲームセット。
2試合連続の完封負けになり悔しい結果となりました。

アナフレ目線です★★★
ファミリーマートン君の試合後のコメントです。
“彼は今まで自分が対戦した中で一番いい右ピッチャーだった”
昨年のセ・リーグお安打製造機が、4打数無安打に抑えられました。
素晴らしい投球内容以上に、自信溢れるマウンド捌きには参りました。
しかし試合内容は昨日の完封負けよりはスッキリできるはず。
ここまでいい投球をされれば、かえって開き直るべきでしょう。
スタンリッジ君、榎田君が良いピッチングを見せてくれました。
そして一番シンドイ場面で投げるのが小林宏君の仕事です。★★★

借金が最大9となりました。しかし今年の猛虎は投手戦に破れています。
あとは点が取れなきゃ野球は勝てへんで・・・・
甲子園に戻って気持ち切り替えて一つ一つ返済をしていこうではありませんか。

画像はセンターでスタメン出場し、レーザービームを魅せてくれました!(^^)!
ファインプレーでピンチを救った柴田君です。


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:柴田 講平外野手


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:11年04月02日

場所:横浜スタジアム


author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:01 | - | - |
▼ 虎(-_-;)10勝13敗1分け
[ 柴田 ]

■2011/5/13 試合結果
対中日 4回戦 甲子園

中|000 101 200|4
神|000 000 110|2

勝:ネルソン2勝1敗0S
S:岩瀬0勝0敗5S
敗:能見2勝2敗0S
HR:ブラゼル ソロ3号、谷繁ツーラン1号
中日:ネルソン - 浅尾 - 岩瀬
阪神:能見 - 久保田 - 小嶋
──────────

“雨止んで投打噛み合わず”

猛虎打線が爆発した昨日の試合。
意気揚々と竜さんを迎えた本日の試合は、地面が固まったにも関わらず、投打がかみ合わずの完敗でした。
共に今シーズン波に乗れない竜虎対決!
虎の先発は前回登板で完投勝利を挙げた仕事人能見君です!
長身右腕ネルソンの両先発で幕を開けました。
互いに雨の影響で試合が流れていたため、能見君はなんとあの東京ドーム以来のマウンドで
登板間隔が空いていました。序盤は調子がよくなかったかな〜
1回の表にいきなり3塁までの進塁を許す立ち上がりでしたが、続く打者をきっちりと抑えなんとか無失点で切り抜けます。
昨日の打線の勢いは何処へやら・・・・
3回までネルソン投手にパーフェクトピッチングをされた猛虎。
粘りに粘っていた能見君は、4回にブランコ選手の犠牲フライにより先制点を献上してしまい、
6回を投げて2失点の内容の悔しい降板となりました。
ようやく反撃の狼煙があがったのは7回、大砲ブラゼル君が6試合ぶりの第3号ソロホームランを
右中間スタンドに叩き込むと、8回にかわった浅尾投手にも喰らいつきました。
先頭の代打柴田君がプロ入り初のヒットを放つと、続く神様桧山様もヒットで繋ぎ、
ファミリーマートン君がタイムリーヒットで二点差まで追い上げますが・・・・
最後は岩瀬投手に抑えられての完敗でした。

アナフレ目線です★★★
今年は敗戦の方程式が成り立っています。守り負けですね。
相手チームの攻守に打線が振るわず、そして先発投手の踏ん張りもリリーフ陣・・・・


とくにトリプルKがらみでだめ押されてゲームを失ってしまっています。
このまま交流戦に突入するにはやや不安材料が残りますね〜
小嶋君が好投を魅せてくれているのが救いでしょうか★★★

本日の画像は代打でプロ初ヒットを放ちました〜柴田君。
俊介君に最大のライバルがファームから這い上がってきました!
なかなか旨いバッティングを魅せてくれました!(^^)!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:柴田 講平外野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:11年04月03日


場所:横浜スタジアム




author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:00 | - | - |
▼ プロ野球12球団チャリティーマッチ
[ 柴田 ]


−東日本大震災復興支援試合−

“観戦記”


昨日のオリックス戦に先発したのはスタンリッジ君。5回を投げ、失点はT−岡田選手に浴びたソロのみと、
まずまずの内容でした。
開幕ローテに向けて、本人は必死ですね。
どこかの助っ人が東日本大震災後の原子力問題で来日を拒んでいるようですが、
開幕が延期になりスタンリッジ君自身も精神的な面で調整に影響があったようです。
それでも自分の中で気持ちを整理しながら、前向きな姿勢の調整を続けているようです。
今年の活躍を期待しましょう。

チャリティーマッチを振り返ります。
本日はキャンプ中から話題となりました、中堅手です。
俊介君と柴田君。ともにいい動きをしていました。
肩の強さからすれば、浅井君が一歩リードしていますが、
この若虎二人には俊足という大きな武器があります。
代走としても相手投手を翻弄してくれることでしょう。

画像はその柴田君です。今年は一軍出場機会が増えそうですぞ〜

画像:柴田 講平外野手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』

撮影日:11年04月02日

場所:横浜スタジアム


author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:06 | - | - |
▼ 猛虎春季キャンプリポート12
[ 柴田 ]


“第三クール三日目”

この独り言には続きがございます。
メニューバーナーにありますメルマガ登録にてご購読ください(^.^)⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒


携帯電話から利用の場合は以下に空メール後、利用規約に同意すると、まぐまぐ!又はマイメルマ!にて独り言を購読できます。


◆まぐまぐ!◆
メルマガ登録用アドレス
a0000288501@mobile.mag2.com

メルマガ解除用アドレス
d0000288501@mobile.mag2.com

◆マイメルマ!◆
メルマガ登録用アドレス
sub-180004@mc.melma.com
メルマガ解除用アドレス
us-180004@mc.melma.com




栄えある『開幕投手』に選ばれたのは、5年目の左腕・小嶋君です。
いよいよ練習試合も開始。

本日の画像は、ファインプレーの柴田君でした!




参考文献:阪神タイガース公式サイト

画像:柴田 講平外野手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:09年10 月09 日

場所:明治神宮球場

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:07 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり352
[ 柴田 ]

“キャプテンの意志を受け継ぐ男”

背番号2番 柴田 講平外野手

2009年度成績
7試合 率.000 1打点 0本
打数4 安打0 四死球0 盗塁0

はじめにこの背番号2番は来季から城島君がつけることに決定しておりますことを
お断りして、今年の背番号2番は、ポスト赤星と期待されて入団したルーキーが
この背番号をつけました。既に引退した秀太君の00番を次ぐことが決定しております。

今までポスト赤星君として赤ヘルさんに行った赤松君らを思い出しますね〜
キャプテン赤星君は彗星の如くルーキーイヤーから走りまくりました!
さてこの若虎君はどうでしょうね〜今夜の猛虎かく勝てりは柴田講平外野手です!(^^)!

以降の独り言の続きは
メニューバーナーよりメルマガ登録にてご購読ください(^.^)⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒ 





参考文献:阪神タイガース公式サイト

画像:柴田 講平外野手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:09年9月29日

場所:明治神宮球場

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:29 | comments(0) | trackbacks(0) |


皆様こんにちは。ご訪問いただき有難うございます。 アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』と申します。 (*^^)v野球経験のない素人の球場観戦の独り言にお付き合いください。 有料又は無料のメールマガジンにてアナフレの独り言をお楽しみくださいませ。まぐまぐ!マイメルマは無料メールマガジンです。 又皆様からの観戦リポートやご意見ご感想も歓迎いたします。メールフォームにてお気軽にお声がけくださいませ。
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
アナフレ猛虎会
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

アクセスカウンター

過払い

外汇
携帯 中古外汇


      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
阪神タイガースおっかけマップ (2005)
阪神タイガースおっかけマップ (2005)

阪神タイガースを語るには何がなくてもまず甲子園球場。大歓声でマンモススタンドが揺れ、ラッキーセブンのジェット風船は夜空が隠れてしまうほど舞い上がる。みなさん人生そのものをタイガースにかけているのだ。甲子園球場はもちろん、その周辺のこと=甲子園の街並みを知っていただきたい。野球とともに歩む姿を。またたくさんの楽しい、うれしいお店がいっぱいある。タイガースOBのお店や、ナインご贔屓のスポット、ファンが集うショップ。・・・・いえいえ甲子園だけではありませんぞ。おとなり尼崎も、芦屋も神戸、大阪も・・・・関西圏をくまなく知っていただこう。もちろん関東の情報も掲載!
野村ノート
野村ノート

ところが、以外な選手に感謝されているということもある。その代表的なのが桧山である。阪神時代、桧山に対しては叱ったことはあっても、野球はこうだ、人生はこうだと懇切丁寧に指導した記憶がない。・・・・平成15年、確か優勝した翌日の新聞だったと思うが、彼のインタビューに目を通し驚いたことがある。「野村さんが阪神の監督だったときは、いっていることがよく理解できなかったんですが、今になってやっとわかってきました」・・・・・桧山のように思ってもみなかった選手から感謝を受けるのも指導者冥利に尽きる。  それにしても人生はまさに一期一会だなあと思う。赤星、藤本は阪神のドラフトリストに名前はなかった。赤星はアマからのキャンプ参加、藤本は社会人選手権大会の観戦に行って、遊撃手を探していたときに目に留まった選手である。・・・・私との縁を大切にし、「考えないよりは考えるほうがいい」「知らないより知っていたほうがいい」と私にいわれ、「なるほどそうだな」と思い、ノートをこまめに取り、そのノートを保存し何度も読み返す。こうしたちょっとの差が、いざ自分が指導する立場になったときに活き、あるいはコーチや監督という地位を得るためのチャンスとなる。逆に出会いや縁を無駄にしてしまう選手は、将来の可能性まで狭めてしまうのである。
猛虎の70年
猛虎の70年

第1章阪神タイガースとは何か・・・・おそらくクソ度胸という点では球界ナンバー1の星野仙一の背中にスーッと寒気が走ったのは、彼が阪神の監督になってすぐのことだった。・・・いや、「恐怖」すら感じたという。それは阪神ファンが試合に感動し、勝利の歌を大合唱し、それが終わると球場の外へ出て、ゾロゾロと甲子園駅に帰るのではなく、球場近くの広場に何千人と集まり、そこでも「六甲颪」の大合唱をやるのだ。ファンはやがて甲子園の駅に移動する。この甲子園駅でもまたも「六甲颪」の大合唱となる。それでも終わらない。阪神電車に乗り込んだファンはそのまま梅田の駅で降りて、その梅田駅コンコースでまたまた「六甲颪」の大合唱である。これが深夜まで続くのだ。「お前ら、あれが聞こえるか?俺達はあの熱狂的なファンに対する責任があるんだ。もしあのファンを裏切ったら・・・・俺はどうなるか知らんゾ」・・・・「俺は勝ちたいんや!そのためにはどうするんや?俺はファンに喜んでもらいたいんや・・・・・」なんとも野暮なセリフである。だがかつて阪神の監督としてこんな直接的な言葉を発した指揮官はいなかった。少年のように「勝ちたいんや!」と絶叫する星野仙一。監督室まで聞こえてくる大合唱、そして海鳴りのようなファンの”鼓動”が星野仙一をギリギリまで追い詰めていったのである。そこには「日本一わがままで、日本一熱心で、日本一我慢強い」と星野が評したファンの姿があった。
巨人軍かく勝てり―V9達成の秘密
巨人軍かく勝てり―V9達成の秘密

チームプレーとは「チームワーク」=「人の和」よりさらに深い考え方で、“人間集団におけるモラルから、グランド上のプレーに至るまで、あらゆる人間行動を網羅した広い考え方”といってよいと思う。
簡単な具体例をあげよう。
いまここで二人の人間がキャッチボールを始めるとする。ボールを握って投げる側は、次のように考える「相手が取りやすいところへとりやすいスピードで投げてやろう。投げ返す時のことも考えて胸元へ投げてやろう」そう考えて投げる。
一方受ける側はどうか。相手がそう考えて投げてもミスすることがある。だから相手の気持ちを察して、「万一とりにくいボールがきても、何とか受けてミスを未然に防いでやろう」この二人の「思いやり」がチームプレーの根本精神である。
 このちいいさな「思いやり」は、やがて「自分の義務と役割を完全に履行」することに広がり、チームのために「自己犠牲」をいとわず、「助け合い」、そしてチーム全員に「感謝」するところにまで高められていく。
巨人軍論 ――組織とは、人間とは、伝統とは
巨人軍論 ――組織とは、人間とは、伝統とは

チームの要だったON
『チームを預かることになったとき、いつも私が手本としてきたのは川上哲治監督であり、川上監督が率いたV9時代の巨人というチームであった。それではV9巨人のどこが素晴らしかったのだろうか。まずはなんといっても王貞治と長嶋茂雄、すなわちONの存在をあげないわけにいかない。ONは長らく巨人の3番4番に座り続け常にチームの中心であり続けた。ただし私がこの二人を高く評価するのは、彼らが記録や数字を残したからという理由ではない。彼らが中心選手としての役割と責任をまっとうしていたという事実が大きいのである。私は「中心選手はチームの鏡でなければならない」と述べたが、王と長嶋は、まさしくそうであった。他の選手の模範であり続けたのである。そこが凡百の「四番」とONのちがうところなのである。

…その意味で、私は阪神の金本知憲を高く「評価」している。現在の球界で真の「四番」といえるのは彼くらいだろう。彼は少々の故障くらいでは試合を休まない。チームへの忠誠心も高い。金本が移籍してきてから、阪神の選手の意識が明らかに変わった…金本の野球に取り組む態度を見れば、まわりの選手も自然と「このままではいけない」と感じるようになる。また若手選手が直接叱るより先輩が叱ったほうが叱られた若手のショックは少ない。ここ数年の阪神の躍進には、この金本の存在が大きく寄与している』

ドジャースの戦法
ドジャースの戦法

『投手は自分の左側に球を打たれたらすぐさま一塁に向かってスタートする習慣をつけなければならなぬ。ゴロであろうとライナーであろうと変わりはない。直ちに一塁に突進せよ。適当な時に投手がマウンドを離れなかったためにゲームを失ったためしは多い。打球が左側にきたら、投手は真っ直ぐに一塁にスタートし、塁に近付いたらスピードを緩め、右足を塁に触れて、一塁手からの投球を待ち受ける。球を受け取ったら走者との衝突をふせぐために、ファウルラインの内側を二、三歩走り続けるが、この場合もし他の塁にも走者がいたら、投手はできるだけ早くとどまり、必要に応じて他の塁に投球する用意をせねばならない。
走者の足が遅いか、又は他の理由で投手がゆっくり一塁に間に合った時には、塁上で止まって、こちらに投球しようとしている野手の方に向き直り、一塁手のような身のこなしで、体をのばしたり、どちらかの側へ動いたりして、一塁手の代わりをつとめなければならぬ。』
背番号三桁―「僕達も胴上げに参加していいんですか?」
背番号三桁―「僕達も胴上げに参加していいんですか?」

「アホか、みんないいから出ろ!お前たちも行け!」優勝が決まった瞬間、ベンチから選手が一斉に飛び出した。星野はすぐさま裏方に対して叫んだ。
「尾張メモ」の全貌―情報は盗んで活かせ
「尾張メモ」の全貌―情報は盗んで活かせ

虚像がユニフォームを着ている

広岡監督殿

巨人偵察記・巨人の実像・私が過去三十年、対巨人と戦ってきた印象からみると、最低の巨人といっても過言ではない。人気という点では昔と雲泥の差があっても、実技つまり野球のすべてに対する取組む姿勢が欠けていること。緻密性がない。個人的には優秀な人材はおりますが、チームプレー1つをとってみても投手は三本間に三塁走者を挟みながら、生かしてしまうランダンプレー等がその例。一発で刺さねばいけないプレーをウロウロして生かすということは、過去の巨人では考えられないことです。極端な表現ですが、巨人のユニフォームを着ている虚像にすぎない。−こう断言できます。

このくらいのチームが優勝することはちょっと考えられないことだが、優勝をバックアップしている審判団の判定が大きく作用していることは申すまでもありません。私自身がこの目で見ても、巨人がパ・リーグであれば、近鉄クラスの実力と見ます。それで人気だけが物凄い、まさに虚人です。・・・・・・
1983年10月15日
阪神タイガース
阪神タイガース

序章 黄金時代の幕開け
”遂に来たタイガースの時代”
『この世の春、である。長い長い苦難のときを経て、とうとう阪神タイガースの時代がやって来た』
覚悟のすすめ (角川oneテーマ21 A 87)
覚悟のすすめ (角川oneテーマ21 A 87)

これまでのプロ野球生活で、胸を張って自慢できることがひとつある。

それは、

「たとえお金にならないことでも、やるべきことを、全力を尽くしてやってきた」

ということだ。

2000年5月12日の第三打席を最後に、翌年9月28日の横浜戦第二打席まで、私は1002打席にわたって一度も併殺打を記録しなかった。これはあまり知られていないが日本記録である。
ただ、常に全力疾走を心掛けていなければ達成できなかった記録でもある。それを私は誇りに思う。

連続フルイニング出場にしても、「すごい」とほめられはしても、直接お金として返ってくるわけではない。

それでも私は、セーフになるチャンスがあれば、一塁に全力疾走する。果敢にボールを追うし、つねに次のベースを目指そうとする。なぜなら

「たとえお金にならないことでも、全力プレーするのがプロ」
そう思っているからである。

「いつケガをしてもいい」そういう覚悟で私は常に試合に臨んでいる。

それが、これまでの私のプロ野球生活を支えた信念であり、いまもつねに自分自身にいいきかせているモットーである。