アナフレ猛虎会

皆様こんにちは。アナフレ猛虎会 通称”頑張れ阪神タイガース☆です。
▼ お待たせ矢野(^o^)/実戦初マスク!
[ その他 ]


■2006年紅白戦最終試合安芸市営球場

紅|000 0010|1
白|000 2000|2

(紅)下柳-杉山-橋本-桟原
(白)福原-安藤-ダーウィン-金澤
-------------

本日の紅白戦でスタメン出場し下柳投手・杉山投手とバッテリーを組み、3イニングを無失点に抑えたくれた矢野捕手(^_^)v。
バッティングのほうは3打数ノーヒットでしたが「やっぱり実戦が一番の練習やね」と満足げに語ってくれました。昨年はふくらはぎの怪我で出遅れましたが、本塁打と盗塁阻止率の自己記録を更新しました!今季はここまで本当に順調のようですね(^o^)/

さすがに先発ローテ組が投げただけあって序盤は静かなゼロ行進ですo(^-^)o

が、しかし少々制球難の橋本君から今キャンブ成長著しい上太郎がタイムリー!

大和君が卒業式の間に今日は前田忠節君がいいプレーを見せれば、二年目岡崎君の成長も見逃せません!

最後はサジキーがなかなかいいピッチングで締めてゲームセット(^o^)/ジェフの故障のカバーは君だぜい(^_^)v

☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 21:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 本日はおやすみです
[ その他 ]
本日は安芸キャンプに入って初の休日o(^-^)oキャンプ最後の休日にも球場には練習に励む藤本選手らの姿がみられたそうです。
約1ヶ月のキャンプも残すところあと3日となりました(^_^)v

さて皆様!
またまた公式サイトにうれしいニュースが掲載されました!
今年も5月から6月にかけてセ・パ交流戦が行われますが、昨年は本拠地でのみ黄色が配されたオールドユニフォームを着用しましたが、アイディアマン・岡田監督の発案により、今年は更なる趣向を凝らすことに決定(^o^)/
ホームでは1979〜83年のビジター用(ライトブルーを基調に黄と黒のラインが入ったデザイン)を、昨年のホーム用タテジマをビジターで着用してくれるそうです。

あのライトブルーのユニフォームもオールドファンにはたまりませんな(^O^)

今年はインボイスドームと千葉マリンスタジアムであのホームのユニフォームが見れるのも楽しみです!

アナフレ猛虎会関東地区の皆様!ちょい気が早いですが交流戦は是非オールドユニフォームを纏って球場でそしてテレビの前で応援しようではありませんか(^o^)/

オットット〜北海道/東北地区の札幌ドームとフルキャストスタジアムの猛虎会の皆様も忘れちゃおりませんで〜!

☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 虎連勝(^o^)/
[ その他 ]
■2006/2/26 試合結果対オリックス オープン戦 高知市営

神|002 003 204|11
オ|000 010 030|4

神:能見-牧野-中村泰-渡辺-田村-相木

オ:平野佳-吉井-大久保-山本-ユウキ-吉川

本塁打:町田ソロ、浅井ツーラン、林ツーラン、
――――――
関西ダービー第2ラウンドの先発は能見君です!4回を2安打無失点と、昨日の江草君に続いて結果を出しました。なみいる清原君を中心としたオリックス打線をしっかり抑えてくれました(^_^)v

三回浅井君と大和君の連続ヒットでチャンスを作れば、四番濱ちゃん先制タイムリー(^_^)v

大和君の守備捌きは素晴らしいですね!岡田監督の守備力も重視する守りの野球も魅力です(^_^)v

五回こちらも古巣に恩返しの牧野君が登坂しましたが、牽制悪送球からほろにが1失点(^_^;)して代打中村紀君に対してズバット真っ直ぐ勝負で行こうや!
しかし六回ベテラン町田と伏兵浅井の一発が飛び出せば、お久しぶりの登坂、中村泰君もなかなかいいじゃないですか!

セカンドを争うモンキー藤本も、昨日の関本の4安打に負けじと3安打猛打賞!

そしてライトの定位置獲りに燃える林君も、七回お待たせ右翼へ2ランホーマー!WBC台湾チーム合流前のアピール弾となりました。

続く新人渡辺君も好投すれば、八回頑張れ田村君!手痛い3失点(-.-;)

九回公約どうりの健太郎〜シブトク四球を選んで出塁すれば、秀太の久々タイムリー(^_^)vに続け続けと岡崎、上坂技ありタイムリー(^o^)/

最後は相木君が古巣に恩返しのクローザーで登場すれば、守備でも魅せます健太郎o(^-^)o
16安打11対4でゲームセット(^_^)v連勝です

☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 虎(^o^)/オリックスに快勝!おそれいったよ健太郎(^_^)v
[ その他 ]


■2006/2/25 試合結果対オリックス オープン戦 安芸市営球場

オ|000 000 010|1
神|000 020 10x|3

オ:前川−加藤−金子−萩原

神:江草−金澤−桟原−ダーウィン
――――――
安芸にオリックスをむかえてのオープン戦第一戦は、見事3―1で勝利を収めました。

先発の江草君は最速145キロのストレートとシュートが冴えわたり、4回を3安打無失点!先発ローテ入り猛アピールに成功(^_^)v

2番手の金沢は2回を1安打、無失点。今年はやってくれますぞ〜この男は(^o^)/

そして注目の高卒ルーキーながらスタメン出場の大和君は3度の守備機会を無難にこなし、打者によって守備位置を変えたり、バントも初球でキッチリ決めるなど、終始落ち着いたプレーで大物ぶりを見せつけました。

打線の方は「テーマはストレートに合わせてセンター返し」と話していた健太郎君が4安打と大当り!
がしかし当の本人は納得いかない様子でありまして、第1打席は落ちる球をしぶとく中前へ運んだが、2番打者として反省してます。「ボール。選べば、四球で出塁できたかも。打つべき球の見極めがついていない。」と謙虚な健太郎君に成長が伺えますです(^_^)v

また、髭叔父さんのシーツが先制の2点二塁打を放つなど、計10安打の猛攻(^_^)v。

7回からは桟原君がマウンドに上がりましたが、ソロ本塁打を許しました。ドンマイです
9回からはダーウィンが3者凡退に抑えゲームセット(^o^)/
まずは先勝です!

又、WBC日本代表の黒田投手(広島)が右手人さし指打撲のため代表を外れることが決まり、代わりに阪神の久保田君が選ばれました。虎の守護神が世界の桧舞台に殴り込みです(^o^)/

☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 00:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 猛虎キャンプリポート
[ その他 ]
いよいよ明日からのオープン戦にそなえて実戦形式の調整が続く中、今日はチーム全体が軽めの練習に終始しました。

そして実戦にまだ登場していない2人のベテラン金本兄貴と矢野先生がランチ特打に登場!120スイングで22本のサク越えの鉄人でしたが、本人的には少々不満な様子で「食欲と体調は万全なのになぁ」とシブメのコメント(^_^;)
虎の四番打者も着々と仕上がってきてるに違いありません(^_^)v

明日のオリックスとのオープン戦の先発は江草君が予定されてます!
何やらチケットは完売のようですね!関西ダービー開幕ですo(^-^)o

荒川静香さん金メダルおめでとうございます(^o^)/

☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 若虎&ベテランの競演(^o^)/
[ その他 ]


■2006年紅白戦第2試合安芸市営球場

紅|300 3101|8
白|002 0022|6

(白)下柳-福原-橋本-渡辺

(紅)オクスプリング-杉山-牧野-田村

本塁打:シーツスリーラン 喜田ソロ 桜井ソロ

本日の紅白戦第2ラウンドは髭叔父さん対決で、いきなりシーツ様のツーランで幕開け!
オクスプリング様はホントに真面目な好青年o(^-^)o

大和君守備いいね!初ヒットおめでとう

下さん福原余裕?の調整リレーo(^-^)o

町田&野口のベテランも健在です!片岡先生ドンマイエラー(^_^;)
濱ちゃん二本のツーベースbyウネリ打法が飛び出せば、喜田&桜井のアベックホーマーにびっくり仰天(^o^)/

藤原君なかなかパンチがありますね〜ガッツ溢れる守備&走塁も好評!

ナイスキャッチ!秀太君誕生日ヒットじゃおめでとう(^_^)v

牧野君球走ってるね〜迎え撃ったは赤星会長走りに走って流石の三塁打(^_^)v

萱島君が自慢の足を披露すると、お待たせ健太郎シブトく三遊間をやぶるクリーンヒットでチャンスを広げれば、鳥谷〜濱中〜秀太に田村-大橋バッテリーが格の違い負け(^_^)vいい経験だぜ田村君!

本日はこの辺で!

画像はアナフレ猛虎会広報カメラマンから頂きましたo(^-^)o
撮影byパナソニックLUMIX FZ5だそうです!デジカメ画像は違いますね〜お見事(^_^)v

☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 紅白戦開始(^_^)v
[ 今岡 ]


■2006年紅白戦第1試合 安芸市営球場4000人

紅組|000 000 0|0
白組|112 000 0|4

(紅)安藤-中林-中村泰-玉置

(白)井川-久保田-吉野-太陽

本塁打鳥谷ソロ

安芸キャンプ2日目。エース井川君が紅白戦に登板し2イニングをパーフェクトに抑えました。対戦した今岡君に対しては7球連続でストレートを投げ、MAXは147キロを計測!今年から覚えた新球「パームボール」も試し、ここまでの仕上がり具合も順調のようです。
次になげた守護神久保田君も1回2三振と万全(^_^)vキレのあるスライダーとフォークが冴えわたってました!
又白組1番に入った鳥谷君が初回、紅組安藤君の初球やや内角寄りストレートを、いきなり左翼ポール際へホームランを叩き込みましたo(^-^)o。
第3打席にも右中間へ運んで二塁打!絶好調ですな!

健太郎イタッ(^。^;)今年は当たり年ですな!腰が引けて踏み込みが甘くならない様に心配です!

復活の吉野君!03年の伝説蘇れ(^o^)/

そして高校生ルーキーの前田君が、5回から遊撃手として出場。
岡田監督は「守りはいい。シートノックも入れるし、オープン戦も使うよ。いいもんは使わんとな。」とご機嫌ですo(^-^)o

石橋君初めましてo(^-^)o太陽君ちとボールが高いかな〜

上坂君調子いいね〜

紅白戦はたくさんの縦縞戦士の姿が見れて最高ですね〜

本日はこの辺で(^_^)v
☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 2006年新入団選手(高校生4巡目)
[ 0大和 ]
今年で42回目となった安芸キャンプ!

精力的に両軍の視察を行った岡田監督は早速新人の前田大和選手について「守備がズバ抜けてうまい」とニンマリのようです(^_^)v

明日の紅白戦については「年齢は関係ない。状態がいい選手を使う」とコメントされました。

本日はその前田 大和(まえだ やまと)選手です!
生年月日:1987.11.5(18歳)守備位置:内野手 投打:右投右打身長・体重:176cm 65kg 経歴:樟南高校
入団会見のコメントは公式サイトより→

■前田選手コメント
(タイガースの一員になれた今の気持ち)…素晴らしい球団のユニホームを着れてうれしいです。
(ユニホームおよび背番号の感想)…タテジマが着れてうれしい。背番号66については高校時代は6をつけていたので、2倍にも3倍にもなれるようにがんばりたい。
(セールスポイントと、目標とする選手)…守備が得意なのでどんどんやりたい。目標は鳥谷選手。
(どんな選手になりたいか)…ファンに好かれるよう1日でも早く1軍で投げたい。←

名は体をあらわす大和君の背番号は「66」ですo(^-^)o

☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 最高をめざせ!そして恩師の為に!
[ 監督・コーチ ]

本日タイガース1軍メンバーは飛行機で安芸へ。高知空港では歓迎セレモニーが行われ、安芸市長らが監督・コーチ・選手らを出迎えてくれましたo(^-^)o。明日から1軍が合流しての安芸キャンプが本格的に始動します!

さて、先日投稿いたしました96年のシリーズを何ゆえとり上げたかともうしあげますと、
……この1995年から1996年は岡田彰布監督が現役選手としてオリックスのユニフォーム(背番号10番)から二軍コーチとして活躍された4年間と重なります。岡田監督はつくづく不思議な因縁と強運を持たれた方だなと感じてなりません。
以下岡田監督の経歴を簡単にまとめます。

1957年11月大阪府生まれ。内野手。外野手。右投右打。北陽高校から早稲田大学に進み、数々の記録を残してドラフトでは史上最多の6球団から1位指名を受け、抽選になりながらも憧れの阪神に引き当てられました。
1980年入団当時の監督が故ブレイザー氏です。並外れた素質で入団時から活躍し、鋭いスイングでヒットも本塁打も量産できる中距離ヒッターの誕生でした。阪神を日本一に導いた立役者であることは言うまでもありません。主砲として活躍を続けましたが、1992年頃からは代打に回ることが多くなり、1994年に阪神での引退を拒んで現役続行のため、オリックスに移籍。そしてその時に故仰木氏との運命の出会いがあります!

オリックスで代打の切り札として打率.277を残す活躍を見せて、95年リーグ優勝を経験するも、その年限りで現役を引退し、オリックスのコーチに就任。

そして翌96年が、先日投稿しました仰木オリックスが、メイクミラクル長嶋巨人を破り日本一に輝いたシリーズです!

その後まるでシナリオでもあったかのごとく、野村阪神の2軍監督、星野阪神のコーチを経て、あれよというまに04年監督に就任されました。

通算成績(実働16年):打率.277、247本塁打、836打点、1520安打。新人王(1980)ベストナイン1回(1985)ゴールデングラブ賞1回(1985)

94年〜95年オリックスブルーウェーブ(背番号10)
95年11月28日任意引退96年〜97年オリックス二軍コーチを経て
98年阪神タイガース二軍助監督兼二軍打撃コーチに就任 背番号80
99年二軍監督兼二軍打撃コーチ
00年〜02年二軍監督
03年内野守備走塁コーチ(三塁担当)
04年監督
05年監督 最優秀監督賞〜

現在の岡田監督の将軍学は、阪神を離れたオリックス時代に選手、コーチとして恩師仰木監督に師事し、別の釜の飯を食べながらリーグ優勝と、日本一を経験したことに帰すると言われます。

昨年、自分を獲得したドン・ブレイザー元阪神タイガース監督が、岡田氏の胴上げを見ることなくこの世を去られました。
そして、昨年12月のリーグ優勝記念のハワイ旅行中に、日本シリーズで惜敗した岡田阪神を見届けたかのように、恩師仰木彬氏も亡くなられました。

岡田はん!今年はこの二人の恩師の為にも、いや、なにやら今年は日本一になる運命的なものを感じてならない昨今の小生であります。

セリーグでは野村ヤクルトが連覇した年の95年にオリックスを破り日本一になりました。
パリーグでも故仰木オリックスが連覇した96年に巨人を破り同じく日本一になりました!

岡田阪神も連覇した06年に故仰木監督イズムを引き継ぐ新生中村オリックスを破り日本一奪還(^_^)vなんてなったら、最高のシナリオとなり、恩返しになりますね〜(*^^)v

小生の全く根拠のない預言者的な発言をお許しください

しかしながらあの星野、野村両元監督をも成し得なかった、長期的なタイガースらしき指導者になり、常勝タイガースの一時代を築いて頂きたいと切に願っております。

今年のスローガン
Be the Best For the Fans
(最高をめざせ!そしてファンのために!)

・・・For the Teachers(恩師のために!)

必ずやってくれます!このチームは最高ですから(*^^)v


☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 宜野座キャンプ終了o(^-^)o
[ その他 ]
ありがとう沖縄!

本日、我等が阪神タイガースは沖縄県宜野座村での第1次キャンプを終了しました。

最終日のフリー打撃には福原、下柳が登板。ブルペンでは、左股関節を痛めていた能見君が投球を再開。

17日の練習試合で6失点した筒井君は、コーチ立ち会いでビデオ撮影しながらフォーム修正に取り組んだそうです。

そして雨のメイン球場に全ナイン、スタッフが集合し、赤星憲広新選手会長の音頭で一本締め!笑顔の打ち上げとなりました。
「トレーナー、裏方さん…何より宜野座の皆さんの協力で充実したキャンプが過ごせた。監督も言う通り、来年はセンターポールに(リーグ制覇より)もう一つ上の旗を掲げられるように!」とレッドスターが誓いました(^o^)/。

連覇、日本一を目標に掲げた岡田監督は大きなけが人も出ず、狙い通りに若手の成長を確認できたようです(^_^)v
「浜中の復活、林の成長が目についた」と満足そうに振り返りました。

また18日のヤクルト戦で見せた「1番鳥谷、2番赤星」の新オーダーについては「最終決定ではなく、今後も新しい打順を試していきたい」と話していたそうです。

金本、下柳らベテラン勢も順調で、3月中旬のオープン戦から本格的に実戦に参加する予定ですo(^-^)o

さてみな様!小生の選ぶ若手成長株は、投手では江草と相木君〜
野手では上坂君。捕手では岡崎君でしょうか(^_^)v

一行は夕方の便でいったん帰阪。一軍本隊は20日に高知入り。ファームが待つ安芸で、いよいよ仕上げの二次キャンプに入り、3月2日まで行われます。

又二軍から吉野、牧野、中林の3投手が一軍に合流します(^_^)v

沖縄のみな様!来年は必ず日本チャンピオンフラッグをこの宜野座村野球場になびかせまっせ(^o^)/

☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 虎o(^-^)oプレ開幕カード快勝(^o^)/
[ その他 ]
■2006年練習試合対東京ヤクルトスワローズ
2月18日宜野座村野球場

ヤ|004 000 000|4
阪|300 000 500|8

(阪)杉山-藤川-久保田-ダーウィン-相木

(ヤ)松岡-佐藤-宇野

沖縄の球春もいよいよ大詰め!
本日宜野座に古田監督率いる新生・東京ヤクルトを迎えて、キャンプ前半総仕上げの練習試合が行われました。
先発は今季初の2ケタ勝利に燃える杉山君です。尚先頭打者は鳥谷という打順を組み、赤星、シーツ、今岡、桧山も今キャンプ初めてスターターに名を連ねた豪華オーダーです(^o^)/

試合は初回に怒涛の連打で先制するも、杉山君が右打ちで崩しにかかる燕打線の2巡目に捕まり、3回4失点で降板。今年も燕のしぶとい打線は健在です。

しかし7回裏、四番濱ちゃんの同点タイムリーが出ると、途中出場の2年目岡崎と、林の7目の覚めるような打球の勝ち越し打などで一挙に5点を入れて再逆転に成功(^_^)v

尚2番手で登板した藤川は、WBC仕様のロジンバックを手にとって実際のフィーリングを確かめながらの余裕のピッチング(^_^)v

久保田君も140キロ代の力強いストレートを投げ込み、最後は、新戦力の相木が2回をピシャリと締めて8対4…『プレ開幕カード』にまずは快勝です!


☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ お待たせ!濱ちゃん一発(^o^)/
[ その他 ]
■2006年練習試合対北海道日本ハム2月17日宜野座村野球場

日|114 000 010|7
阪|000 013 020|6

(阪)筒井-金澤-渡辺-伊代野-田村
(日)江尻-武田-岩下-橋本

(日)金子満塁ホームラン
(阪)濱中ソロ、鳥谷スリーラン

今日は宜野座で日本ハムとの練習試合第2ラウンド!先発筒井が乱調で日ハム打線につかまり序盤で6対0とリードを奪われました。時より力強いストレートとシンカーを交えた投球内容でしたが、コントロールが課題ですな。
二番手で投げた復活の金澤君はランナーを出すも粘りの投球を披露(^_^)v

そして5回以降はクリーンアップが爆発。右中間への一発を含む3安打、そして危なげないバックホームを濱中が見せると、負けじと鳥谷も6回にライトへ3ラン、8回はレフトへ2点タイムリーツーベースと5打点の活躍で存在感をアピールしてくれました。(^_^)v

また3番手でプロ初の実戦マウンドに上がった渡辺亮投手は、2回をパーフェクトに抑える『満点デビュー』!「最初は緊張した」というルーキーですが、速球を生かす2種類のチェンジアップも冴えわたり、テンポのいいピッチングに首脳陣もニンマリo(^-^)o
敗戦にもおおいに収穫ありです(^_^)v

☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 猛虎キャンプリポート第四クール
[ その他 ]
今日の宜野座で注目を集めたのは先日の練習試合で豪快な一発を放った林選手。岡田監督がつきっきりで30分、実技を交えた熱心な指導を受けたようです!
「ポイントが近すぎるのでもっと前で打てといわれました。それだけ見てもらっているのはありがたいです。明日の試合でも日本ハムの時のように初球から積極的にいきたいですね」と頼もしいコメントです!

デイリーにも早々この記事が解説されています。
“打つポイントが体に近くなりすぎているから、打球が上がらなくなっている”と解説されてました(^_^)v
明日の日ハム練習試合にもスタメン予定の林君!開幕一軍生き残りに必死です(^_^)v

さて、本日のスカイA猛虎キャンプリポートのゲストは、お久しぶりです元阪神タイガース投手の中込氏!四年間の台湾選手生活を終えて、久々に猛虎戦士達の逞しい姿に絶賛されてました(^o^)/

又ケガでリタイアの赤松君にかわって宜野座入りした前田君と庄田君も忘れちゃいまへんで〜(^o^)/

全く話題にならないのは安藤投手(*^_^*)首脳陣に絶大な信頼があるゆえに心配無しで話題にすらならないとの巷の噂です(^_^)v
下さんと最多勝を競えるのは安藤君しかいないとのもっぱらの評判です、丸刈りもなかなか似合ってるじゃないですかo(^-^)o

赤星選手会長も血膜炎から元気に復帰!白いリストバンドで特打!200安打に向けての再スタートですo(^-^)o
話題がつきまへんので今夜はこのへんで(^o^)/


☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 猛虎キャンプレポート第四クール!
[ 下柳 ]


沖縄キャンプも最終第四クールに突入!
エース井川慶投手がバッティングピッチャーとしてマウンドに初登板しました。より実戦的な練習モードになってきた井川君!先日の爪のアクシデントも問題ないようで、自分の調整具合を確かめるように投げ込みました。
練習後には、「今日はボールの回転を確かめたが、手応えはまずまず。体調が非常によいので、キャンプは有意義に過ごせている」と語ってくれました(^_^)v
今年もエース健在です!
ここまでで好調をアピールしたのは投手では江草と相木、野手では藤本、上坂、秀太というところですか(^_^)vみな様は誰を推されますか?
ベテラン下柳も自主的にバッティング投手をかって出て、順調な仕上がりを感じさせてくれました!赤松君の故障が残念ですが、その他大きなアクシデントもなく元気な姿が伺えるのが小生の率直な感想です!
本日は星野仙一SDも激励に訪れて、ブルペンで岡田監督とのツーショットも実現!

12日の練習試合(対日本ハム・名護)で死球を受けた健太郎も、左ヒジの腫れはだいぶ良くなったようです!今は無理せず完治が最優先!和製大砲のエンジンもそろそろ温まってきましたo(^-^)o

☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ オリックス接戦制す!イチロー勝ち越し本塁打(^o^)/
[ 監督・コーチ ]
■1996年日本シリーズ第1戦10月19日 東京ドーム 45121人
オ000 000 030 1|4
巨100 000 002 0|3
(オ)星野、小林、伊藤、野村、○鈴木(1勝)S平井(1S)−高田
(巨)斎藤雅、川口、石毛、●河野(1敗)、水野−村田真、杉山、吉原
本塁打(オ)イチロー1号ソロ(10回河野)(巨)大森1号2ラン(9回鈴木)

いきなり古い試合の投稿お許しくださいm(_ _)m
本日は第三クール終了でキャンプは休日のため、小生昨年からビデオのDVD編集をしてきましたが、最近貴重なお宝ビデオを発見!
1996年日本シリーズ第一戦 巨人対オリックスの試合を紹介します。
 2年連続でリーグ制覇した故仰木彬監督率いるオリックス・ブルーウェーブと、最大11.5ゲーム差をひっくり返してリーグ優勝を決めた、いわゆる【メイクミラクル巨人】との激突となったシリーズです。

両チームの力はほぼ互角で、投手起用のタイミングが勝敗を決するポイントとなりました。また、松井とイチローという、両リーグを代表するスター選手の対決も注目を集めました。

 試合は、第1戦から延長にもつれ込む接戦。オリックスは7回まで、巨人先発の斎藤雅に2安打と抑えられていましたが、8回に同点に追いつくと、4番ニールがリリーフの川口から逆転適時打を放ち、3対1と試合をひっくり返します。巨人は土壇場の9回裏、大森が起死回生の同点2ランを放ち、試合は延長へ。そして迎えた10回表、2死走者なしからイチローが決勝のソロ本塁打を放って4対3で勝負あり。この初戦を制したオリックスがそのまま巨人を寄せ付けず、4勝1敗でシリーズを制し、19年ぶり4度目、オリックスとしては球団創設8年目、2年越しで悲願の日本一を手にしました。

前年の1995年の日本シリーズは、野村IDヤクルトとオリックスが激突。阪神大震災から9カ月、神戸復興の願いを込めてオリックスは初の日本一を目指しましたが、シリーズで最も注目されたのは、イチローを古田がいかに封じるかでした。試合は連日の延長戦となり、球史に残る名勝負も誕生。結局オリックスはイチローがヤクルトバッテリーに19打数5安打と抑え込まれ、日本一の夢は翌年以降へ持ち越しとなっていました。
前年とは違い、一発より走者を還すことに徹したオリックス。一方、巨人は打線が投手陣の好投に応えられず、ルーキー仁志敏久の活躍を生かせなかったりで振るわず。後に出てくる投手が良くなる万全の継投を敷き、全員野球のオリックスが巨人を圧倒したシリーズでありました。

さて、なにゆえこのシリーズを取り上げたかは後日ということで! ☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:18 | comments(0) | trackbacks(3) |
▼ 虎連勝(^_^)v
[ その他 ]
■2006年練習試合対三星ライオンズ2月13日ONNA赤間ボールパーク
阪|110 000 010|3
三|000 000 000|0

(阪)-江草-相木-桟原-筒井
(三)-ジョン・ビョンホ-ジェイミーブラウン-カン・ヨンシク-パク・ソクジン-キム・ヒョナム-グォン・オジュン-オ・スンファン

本日は韓国・三星と練習試合を行った我等がタイガース!2試合連続で4番に座った濱中選手は2打点をあげたものの、今日もヒットが無く2試合無安打で快音は聞かれませんでした。まだまだこれからです!

そして今日も元気なのは上坂選手。今日も2安打を放ち好調さをアピール(^_^)v浅井君もなかなかいいですね〜

本日の先発は、いつも楽しそうに投げるフォームの江草君!テンポのいい投球がいいですね〜初見参の相木君-桟原-筒井と若手投手陣が見事な完封リレーを披露して、3対0で勝利しました(^_^)v

投手層がますます厚みを増してきていますね!練習試合とはいえ、連勝はいいもんです(^o^)/

又、三星に移籍しましたお久しぶりの元虎戦士のブラウン君が登坂し、元気な姿を見せてくれましたね。新天地で頑張ってください!

☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 虎快勝(^o^)/お見事林特大スリーラン!
[ 濱中 ]
■2006年対日本ハム練習試合2月12日
名護市営球場 6000人

阪|001 012 005|9
日|000 400 200|6

(日)ダルビッシュ-須永-糸井-吉崎-佐々木-武田

(阪)能見-伊代野-田村
本塁打
(日)鶴岡ツーラン
(阪)林スリーラン
第三クール二日目の今日は、日ハムとの練習試合でした!
先発の能見君も好投を見せてくれて、伊代野と田村も初見参(^_^)v打戦は藤本、秀太、上坂のF1セブンが猛アピールの大活躍!濱ちゃんは快音こそありませんでしたが、右翼の守備をなんなくこなしました(^_^)v

試合の方は9回の表、2点ビハインドで敗色濃厚かと思いきや、打戦が驚異の粘りを見せ、上坂の今日2本目のタイムリーでついに同点!なおも続く林のバットから特大勝ち越しスリーランが飛び出し快勝(^o^)/
さいさきのいい最高のスタートがきれました(^o^)/

岡田監督も林君のホームランには絶賛!
今季は本当に活躍が期待されますね(^_^)v

☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 第三クール開始(^_^)v
[ その他 ]
本日より宜野座キャンプも第三クール開始!いよいよ実戦がくみこまれます〜
あいにく午後には雨足が強まる時間帯もありましたが、ゲーム形式のノックを行うなど予定通りメニューを消化しました。

岡田監督は明日の対日本ハム戦(名護)スタメンを公表(^_^)v
投手は能見、伊代野、田村が3回ずつ。打線は鳥谷、濱中、林が中軸を担う予定だそうです。
キャンプ序盤から高評価の伊代野君は、「3回は長いな!と思ったけど、逆に言えばそれだけアピール出来る」と前向きに捉え、「四球を出さないよう」悔いなき投球を誓います。
WBC台湾代表のクリーンアップ候補でもある林君は、「最初なので、思い切り振ることがテーマ」と気負いがありません。
いずれも公式サイトからのコメントです(^_^)v

濱ちゃんはこの日の為に仕上がりは上々(^_^)v右翼守備テストの大事な練習試合だけに、打撃もさながら、スタメン定着をアピールするファーストトライです!
早く明日にな〜れ(^o^)/

☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 訃報です
[ その他 ]
球界の紳士、逝く

昨日元巨人軍監督の藤田元司氏がお亡くなりになられました。
巨人のエースとして活躍され、81年に長嶋監督(現巨人終身名誉監督)の後を受けて巨人監督に就任。いきなり日本一に輝き、3シーズンで退任して王監督にバトンを渡しましたが、再び89年に「再登板」。4シーズン後の92年退任されるまで、監督通算7年間でリーグ優勝4度、日本一2度に輝いた名将です。
おだやかな物腰で球界の紳士と言われた藤田氏ですが、小生の記憶では藤田監督、王助監督、牧野ヘッド(故人)のトロイカ体制と言われた81年の巨人で成し遂げた日本一が一番記憶に残っております。圧倒的強さの優勝でした。
又、1990年の森監督率いる西武ライオンズに4連敗した後のコメント『監督がヘボだから負けたんです』…
敗軍の将多くを語らず。小生の記憶に鮮明に残っております。
第1次政権時代は江川、西本の両エース、2次政権では斎藤、桑田、槙原を中心に巨人投手王国時代を築かれました。そして現巨人監督の原辰徳氏をドラフト会議で引き当て、育てた事はあまりにも有名です!
訃報を聞いた原氏は絶句、『父親以上の存在であった』とのコメントを残されました。

監督としての手腕は高く評価され、当時小生も『我慢の管理学』という著書を読んだ記憶があります。
04年までNHKプロ野球解説者も務められ、96年には野球殿堂入り。

 ご冥福をお祈りします。

頑張れ阪神タイガース
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 21:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 真打ち登場o(^-^)o
[ 桧山 ]
第2クール3日目
桧山・矢野の両ベテランが初めてランチタイム特打をしました。ここまでゆったりとした調整をしていた両選手ですが、ミート中心のバッティングを披露。
特に桧山選手は、浜中・林といった今年更に激しさを増すライトのポジション争いに意欲満々の姿勢が窺えたそうです。
ただ本人は「自分の事で精一杯。どんどんポジション争いを話題にしてほしい。注目されると力が出ますから」とプロ15年目のベテランらしく答えていました。

又今年も背番号24の勇姿が見れるだけで、もう充分ですね〜皆さん(^_^)v
いつまでもいつまでもバッターボックスに立ち続けて欲しい、甲子園のライトフィルダーの守備に立ち続けて欲しい!と何故かこの桧山君だけはそう感じてしまうんです(T_T)

縦縞一筋15年
桧山進次郎の挑戦は続きます!

♪この一打にかけろ〜気合いで振り抜けよ〜誰もお前をとめられぬ桧山〜よ突っ走れ〜♪
かっ飛ばせ〜桧山(^o^)/
☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 猛虎キャンプレポート(^_^)v
[ その他 ]
今日は気温が低く肌寒い中キャンプが行われました。その中でも積極的にブルペンで投げ込みを行ったのが下柳投手です。首脳陣から「飛ばしすぎじゃなければいいが」と心配されるほど。「今年も是非最年長トリオでお立ち台?」との質問には「イヤです。あれは監督命令ですから」と話し「監督命令が出たら?」と更に聞くと「逆らいます」と取材陣を笑わせるいつもどおりの下柳節を聞かせてくれたもようです。今年もこの人がタイガース投手陣を引っ張ってくれるにちがいありません(^_^)v
さて 先日宜野座キャンプ第1クールを見届けられました、アナフレ猛虎会応援団長からのキャンプレポートです!
『沖縄に行ってからネットを見ることもなく、阪神の記事がほとんど載ってない新聞しかなく、TVもほとんど見なかったので、私の主観だけでキャンプの感想を書きます。ブルペンは2日目と3日目にかぶりつきで見ました。相木とノーミンが目についたのと、新人渡辺の小さいのにビックリ!伊代野も見ましたよ。ただ同じサイドスローでも相木の方が躍動感を感じました。オックスは・・・ピッチングは覚えてないけど顔がよかった(^^ゞ球の質とかフォームとかは私にはよくわからないので専門家に任せます。』
応援団長らしいユーモア溢れるレポートの中にも、鋭い観察力には驚きですね!続きはアナフレ日記に掲載されてますのでお楽しみくだされ(^_^)v
☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ お久しぶりです
[ その他 ]
本日は、お久しぶりです石毛阪神タイガースOBですo(^-^)oスカイA猛虎キャンプレポートに解説者として出演されてました!

2002年オフにテストに合格して阪神に入団。三年間の縦縞選手生活に別れを告げ引退されました。お疲れ様でした!

1988年ドラフト外で巨人に入団。1993年には30セーブを記録し、最優秀救援投手に輝きました。1997年に近鉄に移籍。2003年安定したピッチング内容で、中継ぎの役目を果たし、見事18年振りのリーグ優勝に貢献いたしました。
巨人、近鉄、阪神で優勝を経験し、自ら「優勝請負人」ならぬ「優勝見届け人」と称していた石毛さんo(^-^)o縦縞で御堂筋パレードを二度も経験ができて本当に楽しくいい思い出ですと語ってくれた表情が、実に爽やかに写りましたo(^-^)o本当に有難うございました!今後とも解説者又は指導者としてタイガースにご指導のほど、よろしくお願いいたしますm(_ _)m

第2クール初日の今日は、能見・田村・伊代野・桟原らがマウンドに上がってのフリーバッティングが行われました。この4人は2月12日に行われる日本ハムとの練習試合に登板予定が決まっており、石毛氏も放送席より熱いエールを送ってました!
実戦もいよいよ間近です(^o^)/

☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 未来の猛虎戦士No18
[ 伊代野 ]

第1クールを終え、今日は初の休日ですが、宜野座ドームでは休日返上で濱中・鳥谷・藤本らが練習に打ち込みました。濱中選手は「初日よりスイングに疲れが見えてきた。でもこういう時こそ大きな発見があるんで、粘り強く練習を重ねたい」と語ったそうです。

鳥谷選手も「自分から課題を見つけて克服していきたい」とコメント。

虎戦士達に休日はありません!

さて本日は伊代野 貴照(いよの たかてる)投手です(^_^)v
1980年10月29日生 右投げ右打ち 静岡県出身 沼津学園高−ローソン 2002年ドラフト10巡目
いわゆるローソントリオの一人。1年目から1軍で登板し、2003年4月26日対広島戦、8回表途中からの登板で2/3を投げて抑え、その裏にチームが6点差をひっくり返す大逆転をしたことにより、ラッキーなプロ入り初勝利をあげました(^_^)v
毎年プロゴルファーのジャンボ尾崎さんが主催する自主トレに参加して体をいじめ抜くことは有名です。

今年の宜野座一軍キャンブメンバーに選ばれて、ひときわ張り切る伊代野君です!
覚えておきましょうや(^o^)/

☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 虎!キャンプ第1クール打ち上げ
[ 集合画像 ]
本日タイガースは宜野座キャンプの第1クールを打ち上げました。岡田監督も「ブルペンでは(投手の)競争意識をひしひしと感じ、野手も順調だった」と満足げに話していました。投手で目についたのは新加入のオクスプリングと、昨年3月に右ひじの手術を受けた金沢投手。03年は中継ぎで活躍し、リーグ優勝に貢献した金沢君ですが、昨季はリハビリのため1軍登板はなし。投球の幅を広げるため、新たにカットボールにも挑戦中とのこと。復活を期待したいですな(^_^)v
 野手ではは右翼の定位置獲得を目指す浜中、林が打撃で快音を響かせ、監督自身が「迷っている」と言わせる充実ぶりだった模様です(^_^)v

 一方、左目の違和感を訴えてこの日の練習を休んだ赤星君ですが、「ウイルス性急性結膜炎」と診断され、「ほかの選手に迷惑がかかる」と大事を取ったようです。

新人でただ一人1軍キャンプに参加している渡辺投手は、第1クールを終え「長いです。休む時がない。体がパンパンです」と苦笑いを浮かべていたそうです。175センチ、70キロと小柄だが、最速151キロの真っすぐが魅力の右腕も楽しみですね〜o(^-^)o

明日はおやすみで7日より第2クールです!

☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ ようこそ阪神タイガースへ(^o^)/
[ 集合画像 ]
本日はオリックスからタイガースへきました相木選手です!

まずはキャンプ二日目の彼の投球を見ての指揮官のコメントはサンスポからです(^_^)v

→“虎の俊介”相木使える!岡田監督絶賛
これは掘り出し物。虎の「新鮮力」第1号は相木だ。
阪神岡田彰布監督が沖縄・宜野座キャンプ
2日目の2日、オリックスから移籍した相木崇投手を早くも今季構想に入れた。
ブルペンでの投球を見守り、サイドスローから球威十分の投球を「使える」と絶賛した。…
セ・リーグを制した鉄壁のリリーフ陣「JFK」に新たに「A」が加わる。捕手後方に設置されたネットの裏で、岡田監督の視線が止まった。射るような眼差しの先に、相木がいた。
躍動するサイドスローから、ホップする白球が捕手のミットをたたく。
セットポジションから43球。掘り出しモノを見つけた指揮官の表情が、かすかに緩んだ。
岡田監督「相木は使えるよ。ああいうタイプはいないからな。(腕の位置は)サイドよりちょっと上やけど、ボールのキレがええ。腕をもっと下から? これだけ力のあるボールを投げられてるんやから、これ以上変則にする必要はない。オリックスは何で出したんか知らんけど…」。
連覇に向けた切り札となる可能性もある。移籍1年目の相木にメドが立てば、鉄壁リリーフ陣がさらに磐石になる。
「JFK」のうち藤川、久保田は右の本格派、左のウィリアムスも力で勝負するタイプ。ここに変則右腕の相木が加われば、中盤以降を抑えるバリエーションが広がるのだ。
オリックス時代は先発を務めたこともありロングリリーフも可能で、むろん右のワンポイント起用もOKだ。
指揮官の目に留まった要因は、投球フォーム改造が実を結ぶつつあるからだ。スリークオーターだった腕の位置を下げた現在の横手投げは、セ・リーグに見当たらないタイプ。腕の位置が下がることで、ボールにキレが出る効果もあった。…

相木「目指すのは下半身はロッテ渡辺俊さん、全体像は元巨人の斉藤雅さん。浮き上がるストレート、カーブをを投げたい」。
以前より上体を沈み込ませてタメを作るため下半身に負担がかかり、オリックス時代になかった左でん部、右内転筋に筋肉痛を発症している。
痛みはフォームに粘りが出てきた証拠でもある。パ・リーグ5年間で5勝13敗の相木が、サクセスストーリーの序章を綴った。←

■相木 崇 (あいき たかし)生年月日:1978.5.16出身地:熊本県
投打:右投右打:184cm71
球歴:熊本市商高(現・千原台高)〜福岡大(2000年度ドラフト4位)〜オリックス(2001〜2005年)〜阪神(2006年〜)
初登板・初先発:2002.7.21対ダイエー14回戦(福岡ドーム)
初敗北:2002.8.11対西武18回戦(西武ドーム)
初セーブ:2004.5.15対日本ハム9回戦(ヤフー)
初奪三振:2002.7.21対ダイエー14回戦(福岡ドーム)<3回 打者:田口>
2試合連続完封勝利:2002.7.28〜8.4(初勝利からはパ・リーグ4人目)

サイドスローからどんな球を投げるか楽しみな相木君の新背番号は「48」です(^_^)v

☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 21:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 鳥谷がいいね〜o(^-^)o
[ 01鳥谷 ]
キャンプ3日目。3年目の鳥谷君が溌剌とした動きを見せてくれました。去年は146試合フル出場という結果を残し、「キャンプでの生活も自分でペース配分が出来るようになり余裕を持って過ごせている」と答えたそうです。写真は本日の特打シーンで、鳥谷、関本、林の三人です(*^_^*)このトリオが今シーズンどれだけ活躍してくれることか(^_^)v特に健太郎君は三割15本の力を充分もっているだけに、濱中にまけじと右の長距離砲として大ブレークして欲しいものですね!そして林君の課題はやはり守備力でしょうか(^o^)/バッティングには非凡な才能をみせている林君も、将来のクリーンナップを打てる手応えをつかんで欲しいシーズンです。そして我等が鳥谷君(^_^)v今年は1番で登場構想もあり、走塁にも期待がかかり、功走守三拍子揃った和製イチローの様な活躍をしてくれる事に違いありません(^_^)v

☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 頼むで新助っ人(^o^)/
[ その他 ]
沖縄キャンプ2日目。今日は期待の新外国人、オクスプリングが初投げを披露したそうな(^_^)v真っ直ぐとツーシームを織り交ぜブルペンでおよそ40球投げ込みました。練習後「まだまだ皆さんの期待出来る状態ではない。これから2週間ぐらいかかる」とのコメント!また、投球を見守った岡田監督は「この時期やからわからへんけど、実戦でみてから決めることになる」とコメント。新戦力の本領が見られるのはもう少し先になりそうです。
クリス・オクスプリング★1977年5月13日、豪クイーンズランド州イプスウイッチ生まれ、28歳 183/83キロ 右投げ左打ち イプスウイッチ高からゴールドコースト・クーガーズを経て2000年、米独立リーグのクック・カウンティー。翌01年にパドレス傘下の1Aフォートウェイン入り。その後、複数のマイナーを経て03年は2Aモービルで10勝をマーク。04年から3Aポートランド。01、04年豪州代表。ポートランドでスタートした今季は26試合に先発し12勝6敗、3完投。9月にパドレスに昇格し、同2日のブリュワーズ戦でメジャー初登板も5回1/3を投げ6安打6失点。その後4試合に登板。0勝0敗。防御率3.75
04年8月24日、アテネ五輪準決勝に先発し、日本代表と対戦。松坂(西武)と投げあい、6回2/3を5安打無失点で抑え、ウィリアムスとの完封リレーで決勝に進出、銀メダル獲得の原動力となりました。そうです皆様!その男がタイガースにやってきました(^o^)/アテネ五輪後、阪神、日本ハムが獲得に動いたが、パドレスとの複数年契約がネックとなり獲得できなかった経緯もあるそうです。阪神の来季の先発陣は、頭数では十分過ぎるほど揃っています。下柳、井川の左の柱に、今季11勝した安藤と福原の右2人。この左右4人が中心。これに新外国人のオクスプリング、杉山が5、6番手を競うことになります。これだけでもローテをまかなえるが、能見、筒井和とルーキーの岩田を含めた左腕3人も候補。計9人が開幕まで、激しい先発ローテ争奪戦を繰り広げます。「先発投手は何人おってもいい。野手やったら、誰かのポジションを奪うことになるが、先発やったらその心配はない」。これが今オフ、先発陣の充実を目指した岡田監督の持論。基本的に6人でローテをまわしますが、昨季もこれに加えて常に2人は先発要員としてファームに待機させ、絶妙なタイミングで入れ替えながらシーズンを送り、優勝に結びつけました。この成功例がオクスプリング獲得の最大の理由だそうです。
外野ポジション争いもさながら、先発ローテ争奪戦も目が離せないオクスプリング君の背番号は「45」です(^_^)v
☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ お待たせ!春季キャンプ開幕(^o^)/
[ その他 ]
2月1日、いよいよ球春が到来しました。キャンプ地となる沖縄の天候は、くもり。しかし、球場には3000人近くのタイガースファンが詰め掛けています。もちろんアナフレ猛虎会応援団長もその一人です(^_^)vキャンプ初日で一番動きが目立ったのは、2年目の能見君。仕上がりはかなり順調に見えたとのこと。岡田監督は「2004年は連覇を意識し過ぎてしまった。今年は、連覇へ向けて意識が過剰にならないようにしていきたい」と話していました。また「このキャンプでは若手選手の底上げに重点をおいていきたい」と語ったそうです。小生帰宅後猛虎キャンプレポートを見ましたが、浜ちゃんが初日から素晴らしい打球を飛ばしてましたね(^o^)/ドームまでできあがっての最高のスタートでかつ、皆の顔色も良く見えたのは小生だけでしょうかo(^-^)oこれから毎晩楽しみです

☆頑張れ阪神タイガース☆
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:28 | comments(0) | trackbacks(0) |


皆様こんにちは。ご訪問いただき有難うございます。 アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』と申します。 (*^^)v野球経験のない素人の球場観戦の独り言にお付き合いください。 有料又は無料のメールマガジンにてアナフレの独り言をお楽しみくださいませ。まぐまぐ!マイメルマは無料メールマガジンです。 又皆様からの観戦リポートやご意見ご感想も歓迎いたします。メールフォームにてお気軽にお声がけくださいませ。
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
アナフレ猛虎会
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

アクセスカウンター

過払い

外汇
携帯 中古外汇


   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2006 >>
阪神タイガースおっかけマップ (2005)
阪神タイガースおっかけマップ (2005)

阪神タイガースを語るには何がなくてもまず甲子園球場。大歓声でマンモススタンドが揺れ、ラッキーセブンのジェット風船は夜空が隠れてしまうほど舞い上がる。みなさん人生そのものをタイガースにかけているのだ。甲子園球場はもちろん、その周辺のこと=甲子園の街並みを知っていただきたい。野球とともに歩む姿を。またたくさんの楽しい、うれしいお店がいっぱいある。タイガースOBのお店や、ナインご贔屓のスポット、ファンが集うショップ。・・・・いえいえ甲子園だけではありませんぞ。おとなり尼崎も、芦屋も神戸、大阪も・・・・関西圏をくまなく知っていただこう。もちろん関東の情報も掲載!
野村ノート
野村ノート

ところが、以外な選手に感謝されているということもある。その代表的なのが桧山である。阪神時代、桧山に対しては叱ったことはあっても、野球はこうだ、人生はこうだと懇切丁寧に指導した記憶がない。・・・・平成15年、確か優勝した翌日の新聞だったと思うが、彼のインタビューに目を通し驚いたことがある。「野村さんが阪神の監督だったときは、いっていることがよく理解できなかったんですが、今になってやっとわかってきました」・・・・・桧山のように思ってもみなかった選手から感謝を受けるのも指導者冥利に尽きる。  それにしても人生はまさに一期一会だなあと思う。赤星、藤本は阪神のドラフトリストに名前はなかった。赤星はアマからのキャンプ参加、藤本は社会人選手権大会の観戦に行って、遊撃手を探していたときに目に留まった選手である。・・・・私との縁を大切にし、「考えないよりは考えるほうがいい」「知らないより知っていたほうがいい」と私にいわれ、「なるほどそうだな」と思い、ノートをこまめに取り、そのノートを保存し何度も読み返す。こうしたちょっとの差が、いざ自分が指導する立場になったときに活き、あるいはコーチや監督という地位を得るためのチャンスとなる。逆に出会いや縁を無駄にしてしまう選手は、将来の可能性まで狭めてしまうのである。
猛虎の70年
猛虎の70年

第1章阪神タイガースとは何か・・・・おそらくクソ度胸という点では球界ナンバー1の星野仙一の背中にスーッと寒気が走ったのは、彼が阪神の監督になってすぐのことだった。・・・いや、「恐怖」すら感じたという。それは阪神ファンが試合に感動し、勝利の歌を大合唱し、それが終わると球場の外へ出て、ゾロゾロと甲子園駅に帰るのではなく、球場近くの広場に何千人と集まり、そこでも「六甲颪」の大合唱をやるのだ。ファンはやがて甲子園の駅に移動する。この甲子園駅でもまたも「六甲颪」の大合唱となる。それでも終わらない。阪神電車に乗り込んだファンはそのまま梅田の駅で降りて、その梅田駅コンコースでまたまた「六甲颪」の大合唱である。これが深夜まで続くのだ。「お前ら、あれが聞こえるか?俺達はあの熱狂的なファンに対する責任があるんだ。もしあのファンを裏切ったら・・・・俺はどうなるか知らんゾ」・・・・「俺は勝ちたいんや!そのためにはどうするんや?俺はファンに喜んでもらいたいんや・・・・・」なんとも野暮なセリフである。だがかつて阪神の監督としてこんな直接的な言葉を発した指揮官はいなかった。少年のように「勝ちたいんや!」と絶叫する星野仙一。監督室まで聞こえてくる大合唱、そして海鳴りのようなファンの”鼓動”が星野仙一をギリギリまで追い詰めていったのである。そこには「日本一わがままで、日本一熱心で、日本一我慢強い」と星野が評したファンの姿があった。
巨人軍かく勝てり―V9達成の秘密
巨人軍かく勝てり―V9達成の秘密

チームプレーとは「チームワーク」=「人の和」よりさらに深い考え方で、“人間集団におけるモラルから、グランド上のプレーに至るまで、あらゆる人間行動を網羅した広い考え方”といってよいと思う。
簡単な具体例をあげよう。
いまここで二人の人間がキャッチボールを始めるとする。ボールを握って投げる側は、次のように考える「相手が取りやすいところへとりやすいスピードで投げてやろう。投げ返す時のことも考えて胸元へ投げてやろう」そう考えて投げる。
一方受ける側はどうか。相手がそう考えて投げてもミスすることがある。だから相手の気持ちを察して、「万一とりにくいボールがきても、何とか受けてミスを未然に防いでやろう」この二人の「思いやり」がチームプレーの根本精神である。
 このちいいさな「思いやり」は、やがて「自分の義務と役割を完全に履行」することに広がり、チームのために「自己犠牲」をいとわず、「助け合い」、そしてチーム全員に「感謝」するところにまで高められていく。
巨人軍論 ――組織とは、人間とは、伝統とは
巨人軍論 ――組織とは、人間とは、伝統とは

チームの要だったON
『チームを預かることになったとき、いつも私が手本としてきたのは川上哲治監督であり、川上監督が率いたV9時代の巨人というチームであった。それではV9巨人のどこが素晴らしかったのだろうか。まずはなんといっても王貞治と長嶋茂雄、すなわちONの存在をあげないわけにいかない。ONは長らく巨人の3番4番に座り続け常にチームの中心であり続けた。ただし私がこの二人を高く評価するのは、彼らが記録や数字を残したからという理由ではない。彼らが中心選手としての役割と責任をまっとうしていたという事実が大きいのである。私は「中心選手はチームの鏡でなければならない」と述べたが、王と長嶋は、まさしくそうであった。他の選手の模範であり続けたのである。そこが凡百の「四番」とONのちがうところなのである。

…その意味で、私は阪神の金本知憲を高く「評価」している。現在の球界で真の「四番」といえるのは彼くらいだろう。彼は少々の故障くらいでは試合を休まない。チームへの忠誠心も高い。金本が移籍してきてから、阪神の選手の意識が明らかに変わった…金本の野球に取り組む態度を見れば、まわりの選手も自然と「このままではいけない」と感じるようになる。また若手選手が直接叱るより先輩が叱ったほうが叱られた若手のショックは少ない。ここ数年の阪神の躍進には、この金本の存在が大きく寄与している』

ドジャースの戦法
ドジャースの戦法

『投手は自分の左側に球を打たれたらすぐさま一塁に向かってスタートする習慣をつけなければならなぬ。ゴロであろうとライナーであろうと変わりはない。直ちに一塁に突進せよ。適当な時に投手がマウンドを離れなかったためにゲームを失ったためしは多い。打球が左側にきたら、投手は真っ直ぐに一塁にスタートし、塁に近付いたらスピードを緩め、右足を塁に触れて、一塁手からの投球を待ち受ける。球を受け取ったら走者との衝突をふせぐために、ファウルラインの内側を二、三歩走り続けるが、この場合もし他の塁にも走者がいたら、投手はできるだけ早くとどまり、必要に応じて他の塁に投球する用意をせねばならない。
走者の足が遅いか、又は他の理由で投手がゆっくり一塁に間に合った時には、塁上で止まって、こちらに投球しようとしている野手の方に向き直り、一塁手のような身のこなしで、体をのばしたり、どちらかの側へ動いたりして、一塁手の代わりをつとめなければならぬ。』
背番号三桁―「僕達も胴上げに参加していいんですか?」
背番号三桁―「僕達も胴上げに参加していいんですか?」

「アホか、みんないいから出ろ!お前たちも行け!」優勝が決まった瞬間、ベンチから選手が一斉に飛び出した。星野はすぐさま裏方に対して叫んだ。
「尾張メモ」の全貌―情報は盗んで活かせ
「尾張メモ」の全貌―情報は盗んで活かせ

虚像がユニフォームを着ている

広岡監督殿

巨人偵察記・巨人の実像・私が過去三十年、対巨人と戦ってきた印象からみると、最低の巨人といっても過言ではない。人気という点では昔と雲泥の差があっても、実技つまり野球のすべてに対する取組む姿勢が欠けていること。緻密性がない。個人的には優秀な人材はおりますが、チームプレー1つをとってみても投手は三本間に三塁走者を挟みながら、生かしてしまうランダンプレー等がその例。一発で刺さねばいけないプレーをウロウロして生かすということは、過去の巨人では考えられないことです。極端な表現ですが、巨人のユニフォームを着ている虚像にすぎない。−こう断言できます。

このくらいのチームが優勝することはちょっと考えられないことだが、優勝をバックアップしている審判団の判定が大きく作用していることは申すまでもありません。私自身がこの目で見ても、巨人がパ・リーグであれば、近鉄クラスの実力と見ます。それで人気だけが物凄い、まさに虚人です。・・・・・・
1983年10月15日
阪神タイガース
阪神タイガース

序章 黄金時代の幕開け
”遂に来たタイガースの時代”
『この世の春、である。長い長い苦難のときを経て、とうとう阪神タイガースの時代がやって来た』
覚悟のすすめ (角川oneテーマ21 A 87)
覚悟のすすめ (角川oneテーマ21 A 87)

これまでのプロ野球生活で、胸を張って自慢できることがひとつある。

それは、

「たとえお金にならないことでも、やるべきことを、全力を尽くしてやってきた」

ということだ。

2000年5月12日の第三打席を最後に、翌年9月28日の横浜戦第二打席まで、私は1002打席にわたって一度も併殺打を記録しなかった。これはあまり知られていないが日本記録である。
ただ、常に全力疾走を心掛けていなければ達成できなかった記録でもある。それを私は誇りに思う。

連続フルイニング出場にしても、「すごい」とほめられはしても、直接お金として返ってくるわけではない。

それでも私は、セーフになるチャンスがあれば、一塁に全力疾走する。果敢にボールを追うし、つねに次のベースを目指そうとする。なぜなら

「たとえお金にならないことでも、全力プレーするのがプロ」
そう思っているからである。

「いつケガをしてもいい」そういう覚悟で私は常に試合に臨んでいる。

それが、これまでの私のプロ野球生活を支えた信念であり、いまもつねに自分自身にいいきかせているモットーである。