アナフレ猛虎会

皆様こんにちは。アナフレ猛虎会 通称”頑張れ阪神タイガース☆です。
▼ 虎(-_-;)24勝30敗1分け
[ 新井 ]

■2011/6/29 試合結果
対広島 8回戦 福井
神|000 000 100|1
広|011 000 00x|2

勝:バリントン7勝3敗0S
S:サファテ1勝1敗16S
敗:鶴0勝1敗0S
阪神:鶴 - 川崎 - 福原 - 渡辺
広島:バリントン - サファテ
──────────
“あとは4番の一撃のみ”
蒸し暑い夜!見事な投手戦となりました。やはりこういう好投手を打ち崩すのは、
4番打者だな〜なんて感じさせる敗戦となりました。

福井に移っての広島戦2日目。虎の先発はお久しぶりです〜今季初登板となる
6年目右腕の恩返し鶴君です。
対するカープの先発は既に6勝を挙げているバリントン投手でした。
中4日での登板となるバリントン投手の立ち上がりを攻めたかった猛虎打線ですが、
初回にファミリーマートン君が四球を選んで出塁すると、一匹狼平野君はしっかりと
バントで送り、いきなり先制のチャンスを迎えます。ここでキャプテン鳥谷君はヒットで
続くも、ここが4番だ新井サンがダブルプレーに倒れ、惜しくも得点できず。
今日のアナフレ目線ですね〜
お久しぶりマウンドの恩返し鶴君ですが、初回こそ上々の立ち上がりを見せるも、
2回裏に先頭打者をヒットで出塁させると、一死2塁の場面で先制のタイムリーを浴びます。
すぐに追いつきたい猛虎打線は3回表、3イニング続けての先頭打者が出塁するも、
結局得点には繋がらず。3回裏にも追加点を奪われ、本日は赤ヘルさんが試合の
主導権を握ります。
好投を続けるバリントン投手に抑え込まれ、6回まで無得点のイニングが続く猛虎打線の
反撃は7回表、先頭のキャプテン鳥谷君がツーベースヒットで出塁!ワイルドピッチで

3塁へ進塁すると俺が4番だ新井サンが犠牲フライを放って、まずは1点を返します。
続く8回表にも先頭の兄貴金本様がツーベースヒットで出塁!おこぼれ藤井君がきっちりと送り、
ここで打席には代打の神様桧山様でしたが・・・結果は無念の三振。
最終回も守護神サファテ投手に抑え込まれてしまいゲームセット。

アナフレ目線です★★★
俺が4番だ新井サン!やはり併殺打が多いということは、外角へのスライダー系の変化球を
引っ掛けて内野ゴロというケースが多いところを修正すべしですね。相手バッテリーの一番
願っているケースに嵌まりさえしなければ、猛虎の真の4番打者ですね。どこかのチームは
4番打者をトレードするケースには驚きましたが、やはり猛虎の精神的支柱は4番打者である
新井サンでございますよ!(^^)!★★★

目立ちはしませんでしたが、二番手の川崎君もナイスピッチングを見せてくれています。

恩返し鶴君は今季初勝利お預け!
画像はやはり貴方のバットが火をふかにゃ〜新井サンでございます!(^^)!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:新井 貴浩内野手


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2011年06月12日


場所:西武ドーム

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:04 | - | - |
▼ 虎!(^^)!24勝29敗1分け
[ ブラゼル ]

■2011/6/28 試合結果
対広島 7回戦 富山
神|020 031 001|7
広|000 100 021|4

勝:スタンリッジ5勝2敗0S
S:藤川1勝0敗16S
敗:福井3勝4敗0S
HR:ブラゼル ツーラン6号・ソロ7号
阪神:スタンリッジ - 榎田 - 藤川
広島:福井 - 上野 - ソリアーノ - 岸本 - 永川勝
─────────

“チーフスコアラーに捧げる勝利”

阪神 渡辺長助チーフスコアラーが遠征先の富山市内のホテルで心筋梗塞のため
急死されました。
この日午前、広島戦に備えたミーティングに現れず、部屋で亡くなっているところを
球団関係者が
発見したそうです。ご冥福をお祈りいたします。
そして本日はスコアラーに届けとばかり、猛虎打線が特に不振に喘いだブラゼル君が
爆発してくれました。
虎の先発はスタンリッジ君です。
2回表に新井サンが振り逃げで出塁すると全快ブラゼル君がセンターバックスクリーンへ
第6号ホームランを放ち、2点を先制します!
4回表に1点を失いますが、5回表無死満塁のチャンスに平野君がタイムリーヒットを放ちます!
続く鳥谷君もフォアボールを選択、ブラゼル君も犠牲フライで、この回一気に3得点を奪います!
さらに続く6回表には藤井君がライトオーバーフェンス直撃のツーベースヒットを放ちチャンスを
つくり、平野君がカープのエラーを誘いさらに1点追加!
この大量援護をバックに先発のスタンリッジ君は8回まで105球5安打3失点と先発投手の役割を
しっかり果たしました。
とどめは9回表に、ブラゼル君が本日2本目となる第7号ソロホームランを放ち、4安打4打点の
大活躍。最後は榎田君と球児君を投入して7対4で快勝です。

アナフレ目線です☆☆☆
これで3位浮上となった猛虎!この日は黒い紋章を付けて、スコアラーに捧ぐ勝利となりました。
今まで3失点だと接戦で落としていた猛虎ですが、やはりブラゼル君の全快となる活躍が大きい
ですね。今まで強引に引っ張っていたところが修正されて、センター方向に大きな飛球が飛ぶ
ようになってきました。又、レフト方向に逆らわないシングルヒットも出るようになったブラゼル君。
いいときの状態ですね。監督マンツーマン指導で吹っ切れたのか・・今後の活躍が楽しみです。
ただし最後にちぐはぐした采配も反省すべし。4点差で榎田君を投入も、結局はランナーを出し
球児君が緊急登板。リーグトップタイの16セーブ目を挙げたものの、肩を温め、準備をしていた
ものの、1度はベンチに戻っていた球児君がピンチになるとブルペンへ再び直行。榎田君本人も
登板の心構えができてなかったのではないのかな〜ちょっと?の残る投入でした☆☆☆


画像はエンジン全開大砲ブラゼル君!相手投手の決め球キラーが今度は富山から福井へ

移動して大暴れしてくれるかな〜!ナイスバッティング。

参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:クレイグ・ブラゼル内野手


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2011年04月02日

場所:横浜スタジアム




author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:06 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり550
[ 関本 ]

“スタメンは固定がベストか”

リーグ戦再開後の巨人を相手に勝ち越しスタートとなった真弓猛虎!
だが、4連勝できなかったファンの目は以外にもシビア〜だった。
九回の反撃もあと一歩及ばなかった3試合目は、巨人3巨人3連倒&
今季初の4連勝が消えてしまいました。
虎党の視点は何故この巨人戦で当たっていた兄貴金本様と
名人賢太郎君をスタメンから外したのかという点です。
結果巨人ルーキー澤村投手に七回まで6安打無失点に抑えられて
しまいました。
ここにきて打線は上り調子。だからこそ、この日は、真弓監督に
座右の銘である「不動心」を貫いてほしかったが…虎党の鋭い指摘と
言えるでしょう。

「6番・関本、7番・金本」から「6番・林、7番・柴田」に打撃オーダーは
代わっていました。

 野球は確率のスポーツと言われています。
右の関本君よりは左の柴田君、速球に強い加油!林君を起用したことが、
澤村投手対策でしたが、関本君を外したことで打線の流れは悪くなったと
いえたかもしれません。

14日の日本ハム戦でサヨナラ打。19日の楽天戦からのチームの3連勝
にも貢献した賢太郎君はいまや欠かせない存在。この日は八回先頭、
代打での1打席だけ。皮肉にも賢太郎君の十八番である犠打が決まらず
同点のチャンスを逃がしました。
又、前日までのG戦2試合は5打数3安打の兄貴金本様もベンチスタートで、
五回二死一塁からの代打のみの結果でした。
前回3連勝でのぞんだ12日の西武戦も先発マスクで攻守に活躍した藤井君
ではなく、岡崎君を起用し、連勝は「3」でストップ。
不調でスタメンを外す采配と、のぼり調子の選手を過去の確立で外す采配は、
選択が確かに難しいとはいえますが、明らかに調子を落としている能見君を
マウンドに上げることや、昇り調子の野手を外す采配は結果が敗戦となれば、
痛烈な批判を浴びることでしょう。
今後の戦いに期待したいですね!
ましてや4位転落となれば尚更です。
北陸遠征での采配を期待しましょう。

画像はその猛虎打線の鍵を握っております、名人関本君でした!(^^)!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:関本 賢太郎内野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2011年05月03日


場所:東京ドーム



author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:12 | - | - |
▼ 虎(-_-;)23勝29敗1分け
[ 柴田 ]

■2011/6/26 試合結果
対巨人 9回戦 甲子園

巨|100 200 100|4
神|000 000 002|2

勝:澤村4勝5敗0S
S:山口0勝0敗2S
敗:能見3勝6敗0S
巨人:澤村 - 久保 - アルバラデホ - 山口
阪神:能見 - 福原 - 川崎 - 久保田
─────────

“同じ負けでも内容は良”
宿敵巨人に3タテ!といきたかったところですが・・・・巨人も意地を魅せました。
虎の先発マウンドは対巨人8連勝中と相性抜群のエース能見君です。
今日勝てば球団新記録の9連勝と期待がかかりましたが、前回の楽天戦でも
調子が悪く、今日も初回からピリッとしませんでした。1回表に先頭の坂本選手の
四球をきっかけにタイムリーで先制を許すと、4回表には二死からツーベースと
四球でピンチを招き、2点タイムリースリーベース。5回3失点でマウンドを降りる
不本意な投球となってしまいました。今日はまったく球に切れがなかったですね〜
疲れが残っているんでしょう。
さて、巨人のルーキー澤村投手!虎の榎田君と新人王争いをするでしょうね〜
相変わらず強気な素晴らしいピッチング!対する猛虎打線も良い当たりが野手の
正面を突く不運も重なり沈黙。
逆に7回表には福原隊長がつかまり1点を追加され、巨人4点リードで試合は9回裏
まで進みます。そして迎えた9回裏、眠っていた猛虎打線が遅ればせながら襲い
掛かります!バースデー鳥谷君、焦りは禁物新井サン、大砲ブラゼル君の3連打で
1点を返すと、続く6番加油!林君もスタメン起用に応えるライト前タイムリー!
なおも無死1・2塁とチャンスが続き甲子園の盛り上がりは最高潮!一気に
サヨナラムードが漂いましたが・・・・しかし、代わった4番手山口投手の前に後続が

倒れ2対4でゲームセット。

アナフレ目線です★★★
ベンチ入りの野手全員を起用する粘り及ばず敗れた真弓猛虎。
確かに巨人投手陣の攻略は遅かったけれども、最終回に一矢を報いました。
今日2安打の柴田君に何故代打岡崎君まで出してバントをさせたのか・・・・
次の小宮山君に代打浅井君を出すことで延長戦も考えた采配は妥当かもしれません。
3戦とも4対2という同じスコアーになりましたが、負け方は猛虎の内容が数段良し!
このペースで勝ち越しを重ねていきませう★★★

本日の画像は2安打の活躍の柴田君です!(^^)!左投手に対する首脳陣への
アピールがまだまだ足りないかな〜(^.^)


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:柴田 講平外野手


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2011年04月03日

場所:横浜スタジアム




author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:02 | - | - |
▼ 虎(^.^)23勝28敗1分け
[ ブラゼル ]

■2011/6/25 試合結果
対巨人 8回戦 甲子園

巨|100 001 000|2
神|010 110 10x|4

勝:メッセンジャー4勝1敗0S
S:藤川1勝0敗15S
敗:内海9勝2敗0S
HR:ブラゼル ソロ5号
巨人:内海 - 越智 - 山口 - ロメロ
阪神:メッセンジャー - 榎田 - 小林宏 - 藤川
──────────

“連勝ストッパー伝説”
オーナーの予言が的中!っといいますか、ここぞという時に活躍すればボーナスもらえそうな
したたかな猛虎ナイン!そんな連勝です(^.^)
リーグ戦再開初日を白星で飾り、巨人に連勝してこのカード勝ち越しを決めたい猛虎!

先発は汗かきメッセンジャー君!対する巨人は好調の内海投手でプレイボール!
メッセンジャー君は立ち上がりから巨人打線に攻められ、一死1・2塁からタイムリーヒットを浴び、
早々と先制点を献上してしまいます。
さてさて、もっか7連勝中と無敵のマウンド内海投手に猛虎打線がどう打ち込むか?
2回裏、相手のエラーに乗じて二死1・3塁のチャンスを作ると、打席には日焼けのメッセンジャー君です。
フルカウントからの7球目を打った当たりは、今季初ヒット初打点となるタイムリーヒット!自らのバットで
同点に追いつきます(^.^)
これで気を良くしたのか日焼けのメッセンジャー君は2回、3回を三者凡退に抑える圧巻のピッチング!
開幕前の練習試合でも内海投手は打ち込んでますよ猛虎打線は4回、ご家族ご招待ブラゼル君の
約1ヶ月ぶりとなるホームランで追加点!また5回にはキャプテン鳥谷君のタイムリーで2点を追加(^.^)
6回途中でマウンドを降りた赤焼けメッセンジャー君に代わったルーキー榎田君も1回1/3を無失点に
抑える好投を見せ、勝利の方程式EKKへ繋ぎます!
8回に小林宏君、9回に守護神球児君を投入して勝利の方程式で無失点に抑え、最高の形で巨人に
連勝しました(^.^)

アナフレ目線です☆☆☆
誰かがおっしゃっていました。昨日とまったく同じような試合だったと。つまり裏を返せば、勝ち方が安定を
してきたといいうことであります。統一球イヤーとなった2011年は投高打抵元年となりました。防御率1点台の
投手がたくさんいることがその証。だからこそ、この連勝のような勝ちパターンが今後は重要になっていく
のではないでしょうか。オーナーの予言的中!連勝中の好投手キラーとなった真弓猛虎!自らのチームの
連勝街道をいよいよこれから切り開け!(^^)!☆☆☆

赤焼けメッセンッジャー君4勝目おめでとう!47組のご家族の前でブラゼル君ナイスホームラン!(^^)!まだまだ
5本目ですか〜いよいよこれから増産体制といきまひょ(^.^)


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:クレイグ・ブラゼル内野手


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2011年05月05日


場所:東京ドーム


author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:10 | - | - |
▼ 虎(^.^)22勝28敗1分け
[ マートン ]

■2011/6/24 試合結果
対巨人 7回戦 甲子園
巨|002 000 000|2
神|110 200 00x|4

勝:岩田4勝5敗0S
S:藤川1勝0敗14S
敗:東野2勝7敗0S
巨人:東野 - 西村 - 高木
阪神:岩田 - 榎田 - 小林宏 - 藤川
─────────
“勝利の方程式”

トリプルKではなく、今年はEKKでしょうか(^.^)
公式戦再開の初戦は、まさに理想的な勝利となりました!
ジャイアンツを甲子園で迎えた伝統の一戦!
虎の先発はおおかたの予想に反してガンちゃん岩田君をマウンドに送った真弓猛虎!
巨人は東野投手で始まりました試合は、猛虎打線が初回から積極的な攻撃を開始します。

一匹狼平野君がセンター前ヒットからキャプテン鳥谷君の打球を巨人内野手陣のエラーで

その間に平野君が3塁へ進塁します!続く4番だ新井サンがフォアボールで一死満塁!
ここで登場は不調ですが東野投手とは相性抜群ブラゼル君が、あわやホームランという

打球がライトフェンス間際まで飛び、ライト犠牲フライで先制点を獲得します!
さらに2回裏、休養充分兄貴金本様のヒットから、ガンちゃん岩田君の絶妙な3塁線へ
送りバントを決めてランナー二塁!ここで登場はファミリーマートン君がレフト前へ
タイムリーヒットで1点を追加!
援護点を貰ったガンちゃん岩田君でしたが、3回にジャイアンツ打線につかまり同点に

追い付かれますが、すかさず4回裏、本日マルチの金本様のヒットと巨人野手陣の乱れで、
二死2・3塁のチャンスに登場は、神様は私の力ですマートン君が初球攻撃で右中間を
破る2点タイムリーツーベースヒット!
4対2となれば勝利の方程式に繋がります。
好投の先発ガンちゃん岩田君は6回85球2失点でマウンドを降り、2番手榎田君、3番手
小林宏君がきっちり抑えて、最終回はEKK球児君がマウンドへ。
いや〜火の玉ストレートでしたね〜今夜も(^.^)
交流戦後の公式戦の初戦を勝利してこれでジャイアンツとは0.5ゲーム差となりました。

アナフレ目線です☆☆☆
今日は積極的な仕掛けが巨人東野投手のリズムを崩したことが勝因ですね。
2回にマートン君がタイムリー直後に盗塁を成功させます。巨人バッテリーは完全にノーマーク。
2安打目で出塁した兄貴を一塁において藤井君の場面ではエンドラン。
結果は内野フライでしたが、今までダイナマイト打線に火が付かなかった前半戦の反省を
活かしたのか?統一球では今夜のような点の取り方でないと追加点が難しいと悟ったような
采配を魅せた真弓監督。接戦はやはりミスを犯した方が敗れますね☆☆☆

本日のお立ち台は、当たり始めたら無敵でございます(^.^)ファミリーマートン君です〜

ナイスバッティング!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:マット・マートン外野手


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2011年06月12日


場所:西武ドーム

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:24 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり549
[ 小林宏 ]


“中継ぎ陣は万端”

本日も甲子園球場で練習した猛虎ナイン。
守備練習やフリー打撃などで汗を流しました。
リーグ戦再開後の鍵を握るのは、今年の猛虎の強さを象徴すると
開幕前から言われてきました中継ぎ陣は、交流戦終了後の4日間も
順調に調整してきているようです。
やはり注目は、チーム最多の21試合に登板し救援陣を支えてきた
新人左腕、榎田君ですね。少々心配なのは、登板過多です。
交流戦の終盤にやや疲れも見えていました。
甲子園のスタンドの階段を走るなどして崩れたフォームを修正した
ようです。
またシーズン序盤は調子の上がらなかった小林宏君も、ようやく
本領を発揮し始めた感がありますね。古巣マリーンズ戦での登板から、
自分のピッチングのリズムを取り戻してくれました。
又、ファームからは左腕の川崎君が合流!左打者キラーとしての
活躍が期待できます。

久保田君がやや足踏み状態のなか、ベテラン福原隊長や牡丹餅渡辺君の
存在も忘れません。先発投手陣では5番目の椅子を狙う恩返し鶴君と
小嶋君がもう一息ですかね〜これからどんどん蒸し暑くなってくる季節は、
投手は何人居ても余りません。まだまだ鳴尾浜にはたくさんいますよね〜
蕭君とか秋山君とか元気かな〜(^.^)

猛虎投手陣頑張れ!

画像はダンディー小林宏君です。


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:小林 宏


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2011年5月07日


場所:横浜スタジアム



author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:09 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり548
[ ブラゼル ]

“オーナーの予言”


株主総会では散々であった坂井オーナー!
リーグ戦再開を前に、高らかに?勝利予言をしてくれています(^.^)
猛虎ナインへのゲキととらえるべきでしょう。
まずは現在7連勝中という巨人の内海投手攻略を「予言」です。
25日に先発が予想される内海投手に対して報道陣に豪語(^.^)
“もう負けてくれるところでしょう。かならず勝てますよ!”
7連勝中でリーグトップの9勝を誇る左腕攻略を宣言します。
その裏付けは、真弓阪神の連勝ストップの実績です。
交流戦では12戦負けなしのソフトバンクに、初めて黒星をつけました。
ヤクルトの連勝も9で止めた。同じく8連勝中だった日本ハム・ダルビッシュ投手の
連続無失点を46回で止め、負け投手にもしました。
いいとこ取りかもしれませんが、いずれも今年の名勝負に挙げられる試合には違い
ありません。
猛虎には2人の内海投手キラーがいます。ファミリーマートン君の昨年の対戦成績は
打率4割3分8厘(16打数7安打)、2本塁打。
4番新井サンも昨年の対戦打率は4割5分5厘(11打数5安打)で相性の良さがある。
右打者が攻略の鍵を握っているに違いありません。
いずれも大切な伝統の一戦甲子園!3位浮上でまずはAクラス入りからスタート
したいところだ。
画像はこの人の調子が上がってくれば・・・ダイナマイトに火がつきますよ〜
大砲ブラゼル君でございます(^.^)
真弓監督のマンツーマン指導の効果がでるか・・・・?
閃光を魅せてほしいいですね(^.^)


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:クレイグ・ブラゼル内野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:11年06月12日

場所:西武ドーム


頑張れ阪神タイガース☆




author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:01 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり547
[ 14能見 ]

“リーグ戦に向けて”
リーグ戦再開に向けて、21日から甲子園で全体練習を再開した猛虎。
そして明日22日からはシート打撃がメニューに組み込まれる。
ここにきて登板間隔があいている中継ぎ投手陣が登板予定。
最近8試合で5度2桁安打を記録している猛虎打線。もう胃の痛くなる
ような湿り気打線は卒業してもらいたい(^.^)
最初の相手は宿敵巨人。1・5ゲーム差に詰める3位巨人戦を前に、
この練習にも熱が入る。

猛虎打線の要となる、ファミリーマートン君、キャプテン鳥谷君、
俺が4番だ新井サン、大砲ブラゼル君ら主力クラスと、猛虎中継ぎ陣との
ガチ勝負の場が設定される。
なかなか面白そうじゃないですかい(^.^)
そのマウンドに上がる候補は、牡丹餅渡辺君、鉄腕久保田君、
しなやかです西村君、そして2軍から左腕の川崎君が合流する予定です。

ここまでチーム得点142はなんとリーグワースト!チーム打率2割4分5厘は
リーグ2位と打線全体の状態は上昇しているが、とにかく課題は得点効率の
悪さです。今季は50試合中、38試合が3点差以内と接戦での戦いの多い猛虎。
竜さんのごとく、如何に接戦を制するか。チーム本塁打数もリーグ5位の27本に
とどまっていることも、ダイナマイト打線が爆竹打線になっているのが現実ですね。
とにかく1点をしっかり取っていくことこそ、接戦を制する最大のポイントです。

クライマックスシリーズ出場権のAクラスはもちろん、首位の燕さんにすでに
6.5ゲーム差と離されている猛虎!もう打てない、点が取れない、接戦に勝てない
などとは言ってられない。そしてカード負け越しも許されない!

先陣の先発は楽天戦では精彩を欠いた仕事人能見君です。じっくり調整して
巨人キラーを思う存分発揮してもらいたいですね(^.^)


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:能見 篤史投手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』

撮影日:2011年5月03日


場所:東京ドーム



author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:03 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり546
[ 監督・コーチ ]

“交流戦を振り返る”

今年も圧倒的にパ・リーグが強さを発揮した交流戦!同じような事ばかりを投稿して申し訳ありません。
それだけマスコミも人気のセ・リーグ、実力のパ・リーグと報道してくれましたからね〜(^.^)

さて、今年の猛虎の成績です。

24試合 10勝14敗 0引き分け .417
首位ソフトバンクとのゲーム差は9でした。

対オリックスとソフトバンクには1勝3敗で負け越し。その他のロッテ、楽天、西武、日ハムには
2勝2敗の互角。勝ち越せたチームが無かったことが悔しいですね〜(^.^)

打撃部門の個人成績です。
規定打席:チーム試合数3,1

なんだかんだとファミリーマートン君が打率.340でチームナンバーワンの4位。
お次が少し水をあけて、大砲ブラゼル君の打率.295で15位です。
その後が平野君、鳥谷君、そして新井サンかな〜

投手部門の個人成績です。
規定投球回:チーム試合数x1.0

復活のガンちゃん岩田君が防御率1.80で11位。
仕事人能見君が2.01で17位
その後に、スタンリッジ君とメッセンジャー君が続きます。

この中で、記録にはありませんが成長を見せたのはやはりルーキー榎田君!
そして後半に存在感を示してくれたのが、おこぼれ藤井君!さらには開幕から不調に喘いで
いましたマートン君があれよあれよと調子を取り戻し、小林宏君が自分のピッチングに自信を
取り戻し、名人賢太郎君が早打ちで苦しんでいたクリーンナップに対して、持ち前のしぶとい
バッティングでチームを活性化してくれています。

兄貴は肩の荷が軽くなって、これからどんどん調子を上げてくれるんじゃないかな〜
城島君は焦らず完治して欲しいところです。
代打の神様も好調!残るはスマイリー久保君の復活と、髭武者下柳君の今季初勝利でしょう(^.^)

本日の画像は、ベストファーザー賞を受賞も、株主から散々叱られてご機嫌斜めの真弓監督様!

今週の甲子園での巨人戦もたくさんの虎党が集まりますよ(^.^)

伝統の一戦に期待しませう!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:真弓 明信監督



撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2011年6月12日


場所:西武ドーム



author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:00 | - | - |
▼ 虎(^.^)21勝28敗1分け
[ スタンリッジ ]

■2011/6/19 試合結果
対楽天 4回戦 甲子園

楽|000 000 000|0
神|011 302 00x|7

勝:スタンリッジ4勝2敗0S
敗:永井3勝3敗0S
HR:鳥谷ツーラン2号
楽天:永井 - ヒメネス - 美馬
阪神:スタンリッジ
─────────

“交流戦終了”

最終戦となった交流戦を最高の形で終了できた。これからのリーグ戦に必ず繋がっていく
いい試合だったと思う。

甲子園で迎えた交流戦最終試合対楽天4回戦!虎の先発は13日金曜日スタンリッジ君です。
デーゲームには弱いというレッテルを貼られていたスタンリッジ君ですが、派手さはなくも
素晴らしいピッチングを魅せてくれました。
初回のピンチを切り抜けた猛虎は2回、名人関本君がフォアボール、本日スタメン加油!林君が
ヒットでチャンスを作ると、続くバッターはおこぼれ藤井君がまずはレフト前タイムリーヒットで1点を
先制!3回には二死2塁から楽天野手陣のエラーで追加点を奪います!
さらに4回、またまた藤井君のツーベースでチャンスを作ると、キャプテン鳥谷君がライトフェンス
直撃のタイムリーツーベースヒット!そして仕事をしなさい!新井サンが三遊間を破るレフト前
2点タイムリーヒットでこの回3点を追加。
極めつけは6回、二死から一匹狼平野君が出塁すると打席にはまたもやキャプテン鳥谷様!
ライトスタンドへ突き刺さるツーランホームランで試合を決定づけます!
投げては先発スタンリッジ君が132球、被安打4という熱投で完封勝利を飾ってくれました(^.^)

アナフレ目線です☆☆☆
交流戦最終戦は、投打が噛み合った見事な試合で締めくくることができました。猛虎打線が
なんと7得点は交流戦では最高得点だから、いかにパ・リーグは投手陣が充実しているかが伺えます。
24日からはリーグ戦が再開!猛虎打線以上の低迷していた巨人打線が相手です。この勢いで
一気に借金返済といきませう(^.^)☆☆☆
本日の画像&お立ち台はスタンリッジ君!ナイトゲームの帝王はデーゲームでも完封勝利を飾って
くれたのが大きいですね〜汗かきメッセンジャー君と共に安定感を発揮してくれています。
これからも先発ローテの柱として期待しますよ〜スタン様(^.^)
鳥谷じゃないんですか〜藤井様はつねに控えめな男です!この地道な性格が配球面で冴え渡る
のでしょう!マスクを被って6勝一敗の成績は、城島君もおお焦り!これも猛虎の今年の強さかも
しれません。ナイスバッティング!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:ジェイソン・スタンリッジ投手


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2011年06月12日


場所:西武ドーム




author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:07 | - | - |
▼ 虎(-_-;)!20勝28敗1分け
[ 平野 ]

■2011/6/18 試合結果
対楽天 3回戦 甲子園

楽|200 000|2
神|001 000x|1

勝:小山3勝1敗0S
S:有銘0勝0敗1S
敗:能見3勝5敗0S
HR:松井稼ツーラン4号
楽天:川井 - 小山 - 有銘 - 川岸
阪神:能見
─────────

“涙雨の一敗”
今日の能見君は調子が悪かったですね〜前回の西武戦での力投の疲れかな〜(*^_^*)

最近6試合で5勝1敗と波に乗ってきた猛虎!
交流戦最後の2連戦を連勝で勢いに乗りたいところです。
虎の先発は左腕エース仕事人能見君です。
立ち上がりから三者凡退といきたいところだった1回表ですが、本当に能見君は調子が

悪かったですね〜ランナーを1塁に置いて松井選手にドンピシャリのホームランで先制を
許してしまいます。
その後も毎回先頭打者を出塁させ、表情の冴えないポーカーフェース能見君でしたが、

持ち前の我慢強さを発揮して2回以降は無失点のピッチングを見せます。
追い付きたい猛虎打線は3回裏、ファミリーマートン君が右中間へのスリーベースヒットを
放つと、同点へのムードが一気に高まる中で夜空が急変!まさに追い上げムードに水を

指すような降雨のための試合が中断となり、約1時間後に試合は再開。
気持ちが切れることのなかった一匹狼平野君は、しっかりと打球を捉えセンター前へ
タイムリーヒットで反撃開始!この勢いのまま同点、そして逆転といきたいところでしたが、
6回裏に入ったところで再び降雨のため試合は中断。約20分の中断の後、主審によって

コールドゲームが宣告されゲームセット。悔しい降雨コールド負けとなりました。

アナフレ目線です★★★
リズムの悪い試合となってしまいました。この天候の中でも今季最高の入場者数となった

甲子園球場のファンにとっては本当に怨めしい雨でございます。
早く逆転しなければという焦りが裏目となったコールドゲーム!明日仕切り直しましょう!
★★★
本日の画像は、長い中断の後でも集中力を切らさずにタイムリーを打ってくれました(*^_^*)

一匹狼平野君です!




参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:平野 恵一内野手


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2011年05月05日

場所:東京ドーム




author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:21 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり545
[ 金本 ]


“雑音を気にせず戦おう”
世界一のサポーターに支えられている猛虎!
当然株主も手厳しいですね〜総会では球団社長もタジタジだったようです。
ここにきて浮上の兆しが出てきていますが、借金11状態の時であったら
監督更迭論にまで発展したのではと思うくらいの勢いです。
とかく針の筵となっているのが、真弓監督の兄貴金本に対する起用方でしょう。
あの守備ではファンに対して失礼だ!浅井を何故使わないのか・・・・・
彼が出場していれば5点は防げた・・・・・よく見てらっしゃいますね〜さすがは
猛虎の株主様です。
そんな雑音をよそに、甲子園室内練習場で調整をした金本様!西武戦で
自打球を当てて、日ハム戦では2試合欠場しました。その2試合が勝利したと
あれば、直後の総会では言いたい放題もいたしかたなしってとこですか・・・・
交流戦最後の二試合を前に、株主を黙らせる活躍を約束してくれました。
鉄人の逆襲でしょうね(^.^)この男なら必ずやってくれますよ〜なにせ彼の
野球人生は反骨精神の賜物です。

必ず見返してくれますよ!ね〜みなさん(^.^)

気がついたら最下位から4位に浮上している猛虎。借金7を球宴前までに
返済しきって、優勝争いに加われば、周囲の声は賞賛となりますよ〜真弓様!
だから勝利監督インタビューでは“打てて良かったです”なんて呑気な発言は
控えることですね〜感心してホットしている場合ではございません。

交流戦最後はキッチリ勝っていきませう!(^^)!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:金本 知憲外野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2011年5月07日


場所:横浜スタジアム



author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:21 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり544
[ 集合画像 ]

“まだまだこれからです社長”

14日の対北海道日本ハムファイターズ戦の試合前に、公式戦通算1500試合出場を達成した
新井サン、公式戦通算1000試合出場を達成したキャプテン鳥谷君、そして球団選定5月度
月間MVPに選ばれたルーキー榎田君の表彰式が行われました。
公式サイトに掲載されていましたね。

いずれもこの三人は、猛虎の将来を背負って立つ中心選手です。榎田君は未来形ですが


公式戦通算1500試合出場記録表彰 新井サン!
公式戦通算1000試合出場記録表彰 キャプテン鳥谷君!
球団選定5月度月間MVP表彰 ルーキー榎田君!

榎田君の5月度の成績は、11試合に登板して1勝、そして防御率が0.66という数字が素晴ら
しいじゃないですか(*^_^*)

この三人に共通して言えることは、とにかく身体が丈夫なことかもしれません。
新井サンは本塁打こそ少ないですが、チームの柱として精神的支柱となる存在になりました。
キャプテン鳥谷君は、やはり不動の遊撃手であり、三番打者としてやけに存在感があります。
そして最後に榎田君。今年はあとどれくらい活躍するかが楽しみな若虎です。
登板過多が少々心配ですが、とにかくシーズンを通して活躍できれば、新人王獲得も夢では
ありません。

交流戦も残りわずか!日ハムさんに連勝できた猛虎なら、これか追い上げモードとなって

いくでしょう!(^^)!
株主総会で非難轟々のなか、ひたすら謝罪をされていた南球団社長様!お疲れ様です。

おっしゃるとおり、まだまだこれから巻き返しができますぞ〜
どうぞしっかり真弓監督他猛虎ナインを信じて見守っておくれやす(*^_^*)

参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:勝利のハイタッチ



撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2011年5月03日


場所:東京ドーム


author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:06 | - | - |
▼ 虎!(^^)!20勝27敗1分け
[ マートン ]

■2011/6/15 試合結果
対日ハム 4回戦 甲子園

日|000 001 000|1
神|001 000 10x|2

勝:榎田2勝2敗0S
S:藤川1勝0敗13S
敗:ダルビッシュ8勝2敗0S
日ハム:ダルビッシュ
阪神:メッセンジャー - 榎田 - 小林宏 - 藤川
───────────
“雨降って地固まる”

ここにきて、やっとチームが上昇してきましたね。素晴らしい勝利。
本日は年間最高試合候補となる1勝になりました(*^_^*)

甲子園に迎えてのファイターズ第二戦!虎の先発は汗かきメッセンジャー君と、
日本一のエースダルビッシュ投手で始まった試合は、両投手2回まではナイス
ピッチングで抑えます。
もっか46イニング無失点記録を継続しているダルビッシュ投手に猛虎打線が
どう攻略するかがこの試合の全てでした。しかしその記録はあっけない形で
ピリオドがうたれます。

3回裏、ファミリーマートン君のセンター前ヒットを皮切りに、一匹狼平野君が
プロ通算200個目となる送りバント決めると、焦るな新井サンの打席で
ダルビッシュ投手がまさかのワイルドピッチでその間にマートン君が本塁へ
生還し、先制点!思えば、球児君の47イニング無失点記録を猛虎打線が
食い止める形となりましたね。そして球児君が記録を止めてしまったのも、
ワイルドピッチだったと記憶いたします。それだけダルビッシュ投手も肩に
力が入っていたことの証です。
さて、メッセンジャー君は5回まで無失点で勝利投手の権利を獲得します。
しかし6回表、糸井のヒットを皮切りに稲葉選手のセカンド内野安打で満塁
のピンチ!
レフトへタイムリーを打たれて同点となり試合は振り出しに。
6回110球1失点でマウンドを降りたメッセンジャー君でしたが、先発の柱で
ある久保君が離脱しているなかで、安定感のある貴重な右腕の一角を
担ってくれているじゃないですか(*^_^*)

7回からは2番手榎田君が先日の西武ドームの反省を踏まえたピッチングで
しっかり抑えます。
追加点を欲しい猛虎打線は更なる攻撃を7回裏に魅せてくれました。
名人関本君が三遊間を抜けるレフト前ヒットを皮切りに、加油!林君が
ショート内野安打で無死1・
2塁のチャンス!おこぼれ藤井君の送りバントが失敗し最悪のケースと
なりましたが、神様のおかげですマートン君がやってくれました(*^_^*)
ライト前タイムリーヒットで待望の勝ち越し!
そして8回からは3番手小林宏君がマウンドへ上がり、三者凡退で抑え、
最終回は守護神火の玉球児君がきっちり抑えて、ゲームセット!!
アナフレ目線です☆☆☆
兄貴金本様やスマイリー久保君、そしてムードメーカー城島君の離脱と
不安なニュースが飛び交う交流戦でしたが、梅雨空の下スーパーサブ達が
しっかり戦ってくれています。
スタメンマスクを被る藤井君のインサイドワーク!そして平野君を中堅に
回しても、名人賢太郎君が打席に立てば勝負強さを発揮!小林宏君が
パ・リーグの打者と対戦を重ねていくうちに、自分のピッチングに自信を
取り戻してきました。マートン君が当たり始めると、チームをグイグイ牽引
していきます。ここにきてやっとチーム状態が良くなってきました(*^_^*)
いよいよ反撃開始です☆☆☆

画像&お立ち台は、神様は私の力です〜マートン君です。さすがですね〜
周囲の打撃フォーム戻せ論に一切耳を傾けずに、打率を上げてきました。
この頑固さのようなものが、大打者には必要なのかもしれません。
オオキニ!マートン(*^_^*)

参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:マット・マートン外野手


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2011年05月05日


場所:東京ドーム




author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:04 | - | - |
▼ 虎!(^^)!19勝27敗1分け
[ 関本 ]

■2011/6/14 試合結果
対日ハム 3回戦 甲子園

日|000 000 000|0
神|000 000 001x|1

勝:岩田3勝5敗0S
敗:増井0勝2敗0S
日ハム:武田勝 - 増井
阪神:岩田
─────────────

“初得点でサヨナラ勝利”

日ハムさんには滅法弱い猛虎。今年の札幌もまったくいいところがありませんでした。

甲子園で迎えた対日本ハム3回戦はどうだったのでしょう・・・・
虎の先発はガンちゃん岩田君。対するファイターズは武田勝投手の先発で始まった試合は、
やはり投手戦となりました。
ガンちゃんは素晴らしかったですね〜2回、ランナー1・3塁とされ初球スクイズを仕掛けられ
先制点を奪われたかと思いましたが、落ち着いたフィールディングで本塁タッチアウト!
4回まで毎回ランナーを背負う苦しい展開を強いられますが、粘りのある見事なピッチングで
切り抜けます!
まあなんとかガンちゃんを助けたい猛虎打線ですが、とにかく日ハムさんから点が取れない
んだな〜(-_-;)7回に新井サンと大砲ブラゼル君の連打で無死1・3塁と絶好のチャンスを作り
ますが・・・名人ともあろう関本様、良太新井君と早打ちで倒れこのチャンスを生かすことが
出来ません。
延長戦に突入するかと思われた9回裏、一死から4番新井サンがヒットで出塁すると、気にする
なよ俊介君の進塁打で二死2塁と一打サヨナラの場面で打席に入るは名人関本様(*^_^*)

これで打てなきゃ甲子園から帰れないな〜と本音を漏らした賢太郎君は、2ボール2ストライク
からの6球目のフォークボールを捉えた打球は、ショートの頭を越えるセンター前サヨナラタイムリーヒット!

アナフレ目線です☆☆☆
今夜はガンちゃん岩田君が9回を投げて被安打5、11奪三振という素晴らしい内容で完封勝利を
飾りましたが、本当に1点がなかなか獲れない猛虎打線に胃が痛くなってきますね(*^_^*)

明日はダルビッシュ投手です。無失点記録を更新中の絶好調のエースに、猛虎打線がどのように
攻略するかが見所です。もちろんキリキリ舞で完封負けも大いにあり得ます。だからこそ新井サンを
中心とした打線に期待しましょう。ただし今夜のような焦りは禁物。じっくりと丁寧に一点をとっていく
野球をしなければ、勝機はつかめません☆☆☆

本日のお立ち台は、投打のヒーローのお二人様。これで能見君についで完封勝利投手となったことが
よろしいじゃないですか(*^_^*)

画像は待たせるじゃないか名人賢太郎君でございます。


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:関本 賢太郎内野手


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2011年06月12日


場所:西武ドーム」




author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:03 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり543
[ 藤井 ]


“ライオンズ戦を振り返る”

今季初の4連勝ができなかった猛虎!昨日は本当に二桁得点を奪われる悔しい敗戦といなりました。
ライオンズ打線がまさに眠れる獅子状態だったのに、かえって火を付けてしまったのが猛虎投手陣
だったのかもしれません。
復活をかけた安藤君は翌日登録抹消!再起に向けて出直しです。

一晩あけて一斉にマスコミが叩いたネタは、先発マスクの岡崎君の起用法でした。
まあその前日にマスクを被った藤井君が能見君の完封勝利をアシストした直後だけに、書き易かった
のでしょう。確かに昨日マスクを被ったのは岡崎君から藤井君、そして最後は西村君とバッテリーを
組んだのが清水君でした。1試合に三人の捕手がマスクを被る・・・・これ異例のことでもあり、最近の
猛虎では珍しいことですね。
結果的には安藤君が早期降板、福原隊長と牡丹餅渡辺君は踏ん張ったものの、続く榎田君のところで
炎上・・・たまらず真弓監督は藤井君を投入するも、時すでに遅し・・・・
渡辺君と藤井君おバッテリーで持ち直すも、西村君のところで清水君を投入するも再炎上・・・
確かにウエスタンでコンビを組んでいた岡崎君と清水君のマスクも作戦的にはわからない訳ではありま
せんが、前日の能見君とのコンビでライオンズ打線を完封したにも関わらず、中途半端に藤井君を
投入したベンチワークの真意がよくわかりませんね。
ポスト城島君の代わりに獲得したのに、獲られた本人にしてみれば、何が自分に足りないんだろうって
思えてしまうのではないでしょうか・・・・

ともあれ、連敗だけはもうしたくない猛虎!
打線はマートン君を中心に上り調子になってきました。
完封勝利の能見君に続け〜!

画像はそのラッキーボーイ藤井君です!(^^)!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:藤井 彰人捕手(左)



撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2011年6月12日


場所:西武ドーム


author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:09 | - | - |
▼ 虎(-_-;)18勝27敗1分け
[ 福原 ]

■2011/6/12 試合結果

対西武 4回戦 西武ドーム

神|103 000 100|5
西|030 040 04x|11

勝:平野1勝2敗0S
S:ミンチェ3勝0敗1S
敗:榎田1勝2敗0S
阪神:安藤 - 福原 - 榎田 - 渡辺 - 西村
西武:菊池 - 平野 - 江草 - ミンチェ
─────────

“プロの洗礼と厳しさ”

試合開始前から異様な盛り上がりを見せたのは三塁側を埋め尽くしたライオンズサポーター様です。
もっか3連勝中の猛虎に対してプロ初先発の菊池投手をマウンドに上げた渡辺監督!
若武者に負けるわけにはいきません!(^^)!
そして虎の先発は今季初登板の安藤君です。若き菊池投手と、開幕投手を三度務めたベテランの
試合は、共にプロの厳しさを感じる試合展開となりました。
初回から猛虎打線はファミリーマートン君のセンターへのヒットへ始まり、一死満塁で大砲ブラゼル君の
場面でワイルドピッチの間にマートン君が生還し先制!
しかし、2回裏、今度は安藤君がライオンズ打線につかまります。連続タイムリー3本で3点を取られ、
結局2回を持たずの降板。決して内は悪くは無かったのですが、やはり三振を取れないところが課題
ですね〜出直しです。
2番手に登板したのが福原隊長!同じベテランでも球に切れがあります。あの心地よいミットを鳴らす
隊長が今年は帰ってきました!(^^)!
猛虎打線得戦は菊池投手に攻撃の手を緩めません。3回表、マートン君が内野安打、キャプテン鳥谷君の
ヒットでチャンスを作ると、セッカチは駄目よ新井サン、大砲ブラゼル君のタイムリーですぐさま同点!
さらにこれまた今季初スタメンマスクの太一岡崎君の打席にワイルドピッチで3点目を追加し逆転に
成功します!(^^)!そして菊池投手をこの回でマウンドから引きずりおろしました。

さて、今日は洗礼が続きます。5回裏に3番手榎田君がライオンズ打線につかまります。

こんなに苦しむ榎田君を初めて見ました。デットボールを中村選手に与えて少し同様したのかな〜
一死満塁で代打平尾選手がセンターへタイムリーを打たれると、銀仁朗選手のピッチャー犠打と
フィルダースチョイスの間に追加点。さらに熊代選手にセンターへ犠牲フライを打たれ計4点が追加されます。
4番手の牡丹餅渡辺君が6・7回と抑えますが、8回裏に同じく復活をかける5番手西村投手がマウンドへ
上がりましたが、ライオンズ打線に捕まり計4失点。完敗でした。

アナフレ目線です★★★
猛虎打線が菊池投手を打ち込めば、ライオンズ打線が復活をかける安藤君を撃沈。同じく猛虎期待の
ルーキー榎田君にプロの打者の厳しさを教えてくれました。
西村君には、昨年はやられても今年はそうや問屋が卸さないって感じでしょうか・・・厳しい攻撃で大量得点!
移籍して二軍調整していましたが、お久しぶりの江草投手がライオンズ絶対絶命のピンチに打者一人
(ブラゼル君の犠牲フライ)だけを抑えるために登板!両チームから割れんばかりの拍手の中の降板と
なりました。
いや〜しかし小生久方振りの生観戦だったのですが、投手サバイバル戦のような試合になりました〜★★★

画像はピンチの場面でもキッチリ最小失点で抑えたベテラン福原隊長です!(^^)!
ナイスピッチング!

参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:福原 忍投手


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2011年06月12日


場所:西武ドーム」




author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:15 | - | - |
▼ 虎(^.^)18勝26敗1分け
[ 14能見 ]

■2011/6/11 試合結果
対西武 3回戦 西武ドーム

神|201 000 100|4
西|000 000 000|0

勝:能見3勝4敗0S
敗:石井一2勝3敗0S
HR:マートン ソロ5号
阪神:能見
西武:石井一 - 平野 - 松永 - 野上
──────────
“これがエースのピッチング”

45試合目にして初の完封勝利!待ちに待ったエースのマウンドに魅了させていただきました!(^^)!
今日から西武ドームに乗り込んでの対ライオンズ3回戦!2連勝中の虎の先発は仕事人能見君です!
対するライオンズは石井一投手の先発で始まりました。
猛虎打線は初回から攻めます!ファミリーマートン君のまたまた出ました先頭打者ホームランで
いきなり1点を奪うと、キャプテン鳥谷君フォアボール、セッカチな新井サンがツーベースでチャンス
メイク!ここで登場は名人関本君の今季初タイムリーでいきなり2点を先制します!
今日は能見君デーでした!(^^)!
ライオンズ打線を三者三振で仕留める最高の形でスタート!
すると3回、一匹狼平野君がヒット、キャプテン鳥谷君ツーベースでチャンスを演出すると、あわてない
4番新井サンの犠牲フライで1点を追加!
能見君は3・4・5回とそれぞれ得点圏にランナーを出してますが、これぞエースのピッチングですね。
先日の日ハムダルビッシュ投手やソフトバンク杉内投手に触発されたのでしょうか!(^^)!
ここぞという場面をしっかり切り抜けます!
エースが踏ん張れば入梅打線も奮起せにゃ〜と7回、二死から待ってましたよ浅井君がツーベース
ヒットで出塁すると、続くバッターは増産体制ファミリーマートン君の本日猛打賞となるダメ押しのタイムリー
ツーベースを放ち勝負あり!今季初の3連勝です!(^^)!

アナフレ目線です☆☆☆
能見君は最後まで自分のペースを崩さず、2009年7月24日以来の778日振りの完封勝利を飾りました!
投手戦になると合わせて萎んだ入梅打線も、やはり牽引力となるのは先頭打者のファミリーマートン君
でしょう。ついに打率も3割に乗って、入梅打線の火付け役となり、これで3試合連続の二桁安打となりました。投打が噛み合えば負けるチームではありませんね☆☆☆

本日の画像&お立ち台はもちろん能見君でございます。昨年までシドロモドロなお立ち台でしたが、
今年は随分饒舌になってきました。このポーカーフェイスが最大の武器なんですけどね!(^^)!ナイスピッチング!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:能見 篤史投手


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2011年04月03日


場所:横浜スタジアム
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:10 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり542
[ 金本 ]

“ベテランがチームを牽引”

久しぶりの連勝から西武ドーム決戦に挑む猛虎!もっかライオンズさんも4連敗中なので、
必死に連敗ストップをかけてくることでしょう。
ここにきて打撃不振だった城島君にアクシデントが発生。今年は本当に元気がないな〜と

思っていましたが、なるほど今度は肘に故障が発覚。いよいよおこぼれ藤井君の出番と

なりました。

この連勝を機に浮上できるのか・・・真弓猛虎の2011年はこの交流戦ラストスパート如何に
よって決まりそうですね。球宴までには借金返済。5割到達、そして貯金。この構図こそ
前半戦の理想形かもしれません。

さて、ここにきて猛虎のベテランが元気になってきました。やはり筆頭に上げるのが、

兄貴金本様です。長嶋茂雄氏に並ぶ通算418本目となる歴代6位の二塁打を放つと、
おこぼれ藤井君の中前打で迷わず三塁ベースを蹴って激走ホームイン!右肩故障から
精彩を欠いていた前半戦でも、走塁で若虎達を鼓舞するベテランの活躍には頭が下がる

ばかりです。そしてスーパーサブとなった名人賢太郎君の存在も見逃しません。
二塁固定を断言していた平野君を中堅に回してまでスタメンに起用されると、チーム初安打で
成瀬投手のリズムを崩し、兄貴の二塁打を演出!選球眼の良さは天性でしょうか、甲子園でも
相手チーム泣かせの四球を選ぶなど、打線が繋がらない猛虎にとってはある意味手本になる
ようなチームバッティングといえるでしょう。
そして開幕当初からセ・リーグの打者に対して苦しんでいたダンディー小林宏君も、この古巣
相手に文句無しの好投を魅せてくれました。自分のピッチングに自信を取り戻せば、強力な
中継ぎ投手としての本領発揮といえるでしょう。

まだまだペナントレースはこれからです。

西武ドームにイザ出陣です!(^^)!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:金本 知憲外野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2011年04月03日


場所:横浜スタジアム

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:00 | - | - |
▼ 虎(^.^)17勝26敗1分け
[ 藤井 ]

■2011/6/9 試合結果
対ロッテ 4回戦 QVCマリン

神|020 111 000|5
ロ|000 000 101|2

勝:スタンリッジ3勝2敗0S
S:藤川1勝0敗12S
敗:成瀬4勝4敗0S
HR:大松ソロ1号
阪神:スタンリッジ - 小林宏 - 久保田 - 藤川
ロッテ:成瀬 - 小林
─────────

“久しぶりの連勝”

連勝するのがこんなにしんどかったのか・・・・
最後は球児君が登場しての試合となったマリーンズとの試合は、
上位打線が上手く機能して快勝した昨日の試合についで、
今日は6番からの下位打線で追加点を挙げての勝利となりました。
先発は13日金曜日スタンリッジ君。対するマリーンズは左腕のエース成瀬投手でプレイボール!
2回表、簡単に二死をとられましたが、昨日に引き続きスタメン出場している名人関本君がヒットで出塁!
続く兄貴金本様のあやわホームランというタイムリーツーベースヒットで先制点を奪います!
続いて次打者の藤井彰君もタイムリーヒットを放ち嬉しい移籍後初打点を挙げ、序盤は

猛虎ペースでの試合展開に!
スタンリッジ君は今年も安定していますね〜4回までノーヒットの好投を見せ、マリーンズ打線を
沈黙させてくれました。

その後4回表にまたも藤井彰君のタイムリーヒット、5回表に揺れるスタジアムの場面でも、
君は4番だ新井サンが集中力を欠かさなかったタイムリースリーベースヒット、6回表には
ファミリーマートン君のタイムリーヒットで点差を広げます。やっと打線が繋がってきました!(^^)!

しかし9回裏に鉄腕久保田君がヒットとフォアボールで無死1・2塁となるピンチを招くと、

猛虎ベンチは球児君投入を決断!
福浦選手にヒットを打たれ無死満塁のピンチとなりましたが、ワイルドピッチの1失点のみで
最後の打者をストレートで空振り三振に仕留めゲームセット!
アナフレ目線です☆☆☆
冒頭申し上げましたが、連勝というものがこれほど難しかったのかと感じる試合でした。

昨日に引き続き投打が噛み合い、今季交流戦初の連勝。ビッグイニングも良しですが、

毎回のようにジワジワ点を追加していく試合の方が、流れを変えない展開となりますので痛快です。
やっと打線らしくなってきました。ただし今回のマリーンズさんは一番状態が悪い時期だったかも
しれませんね。気を引き締めて、ライオンズ戦に臨みたいものです。4連敗と流れが悪いライオンズは、
なんとしても連敗脱出を計ってきます。連勝を重ねなければ、借金返済はいつになることやら・・・・☆☆☆

画像は縦縞初お立ち台おめでとう〜おこぼれ藤井君です。兄貴金本さんが打って走ってと、
僕はそのおこぼれです〜なんてコメントに、彼の人柄が表れていました!(^^)!



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:藤井 彰人捕手


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2011年04月03日


場所:横浜スタジアム

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:03 | - | - |
▼ 虎(^.^)16勝26敗1分け
[ マートン ]

■2011/6/8 試合結果
対ロッテ 3回戦 QVCマリン
神|240 000 000|6
ロ|000 003 000|3

勝:メッセンジャー3勝1敗0S
S:藤川1勝0敗11S
敗:吉見1勝3敗0S
HR:マートン ソロ4号
阪神:メッセンジャー - 榎田 - 小林宏 - 藤川
ロッテ:吉見 - 川越 - 小林 - 伊藤 - カルロス・ロサ - 山本一
─────────
“もう一息だぜダイナマイト打線”
いや〜交流戦はやはりパ・リーグが強いですね〜とにかく出てくる投手に手も足も出ない
猛虎打線です。3連敗中と流れに乗れない猛虎。しかし今日は初回から猛虎打線が
目覚めます。いきなりファミリーマートン君の先頭打者ホームランで勢いをつけると、

一匹狼平野君、君は4番だ新井サンが繋ぎ、大砲ブラゼル君のタイムリーで1回に2点を

先制します。さらに2回表には、スタメンマスク藤井君、気にするなよ俊介君、そして本日
猛打賞マートン君の3連打でチャンスをつくり、ワイルドピッチと鳥谷君、新井サンの

連続タイムリーでさらに4点を追加し、序盤で大量6点リードとここまでの交流戦では
あり得なかった展開に!
虎の先発は今季ここまで安定感抜群の汗かきメッセンジャー君。
5回までマリーンズ打線を無失点に抑える完封勝利ペースのピッチング(^.^)
・・・でしたが6回に突如崩れて3連打を浴び無死満塁!その後押し出しとタイムリーで

2点を返されて、真弓監督もう辛抱しきれずの降板。
2番手の救世主榎田君にスイッチしたのが大正解でした!無死満塁の展開を犠牲フライ

1点で切り抜けました!今日のヒーローは榎田君でしたね〜ナイスピッチング!(^^)!
8回には大声援の中を小林宏君が登板。千葉のファンの前ではキッチリ抑えてくれました。
9回は火の玉球児君と磐石のリレーで逃げ切りに成功し、連敗を3でストップです。
アナフレ目線です☆☆☆
まだまだ浮かれている場合ではないですね〜今日は序盤に得点できたのは良かった
のですが、その後まったく打線が繋がらないのが問題です。ここのところ状態が悪い
チーム同士の対戦は、やはり先発投手の完投力の無いところが、交流戦の成績に
現れています。
中盤の榎田君の踏ん張りが無ければ逆転負けもあり得た・・・そんな試合でございました。
☆☆☆
本日の画像&お立ち台は4安打猛打賞のファミリーマートン君です!(^^)!
なんだかんだと安打製造機が徐々に本格稼動してまいりました!しかし一人がたくさん

ヒットを打っても打線が繋がらなきゃ〜点がとれません。そんな歯がゆさの残った試合

でしたが、とにかく連敗はストップ!交流戦はソフトバンクとオリックスが連勝街道です。
最後にいいとこ魅せようじゃないですか〜真弓様!(^^)!

参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:マット・マートン外野手


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2011年04月03日

場所:横浜スタジアム


author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:18 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり541
[ 城島 ]

“危機感を感じながら”

3連敗で借金11となった猛虎ナインは本日、危機感の表れか、
移動日ながらも甲子園球場で野手全員参加の練習を行いました。
緊急コーチ会議で気合を入れたという真弓監督!
関西ダービーで屈辱の連敗!前任の岡田監督にやりたい放題の惨敗となっては、
さすがに温厚な監督も“のんびりしとったらアカン(-_-;)”
各部署のコーチ陣に直接注文を出していたようですね。

前日の試合で先発を外れたのはゴリラーマン城島君。
外野グラウンドで精力的に走り込みを行いました。
打撃不振の大砲ブラゼル君もロングティーで感覚を取り戻そうとするなど、
選手それぞれがテーマに沿った練習に汗を流しました。

交流戦に入ってからの打撃不振は深刻です。
16試合で零封負けが6度、1試合平均得点も1・69となれば、先発投手は
2点を獲られたら負けということになる。
お次は前回敗れた成瀬投手との対戦も予想され千葉ロッテさん。
今の猛虎打線は打席に入るのが憂鬱なくらい元気がありませんね。

アナフレ猛虎会メルマガご購読者の皆々様!
この不振の原因はなんでしょう。
打線の不振を仮定しました。つまりセ・リーグの各投手が猛虎ニューダイナマイト打線の
弱点の坪を得ているのかもしれません。
今日は火曜日なのに猛虎の試合がありませんでしたが、ファームの試合が中継されていました。
若虎達が溌剌とプレーしていました!(^^)!
特にダブル野原君の活躍が素晴らしい〜
世代交代を決断しなければならない転換期かな〜なんて思えてもきましたけれど、
ファームはやはりまだまだ二軍のレベル。まだまだ未熟なプレーもたくさん見受けられましたけどね(^.^)

さて、話題を戻します。浮上の鍵は打線の奮起!打撃コーチは誰だったかいな〜
おそらく眠れない夜が続いているのでしょう(^.^)
画像はゴリラーマン城島君です。このムードメーカーが元気を出してくれないと、
真弓監督の仏頂面ばかりが画面に映ってばかりの昨今ですから(^.^)


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:城島 健司捕手



撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2011年4月3日


場所:横浜スタジアム



author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:04 | - | - |
▼ 虎(-_-;)15勝26敗1分け
[ 西村 ]

■2011/6/6 試合結果
対オリックス 4回戦 甲子園

オ|013 010 100|6
神|000 000 001|1

勝:寺原5勝4敗0S
敗:下柳0勝2敗0S
オリックス:寺原
阪神:下柳 - 福原 - 渡辺 - 久保田 - 小林宏 - 西村
──────────

“泥沼は自分達だけではないぞ”

笑いがとまらない岡田オリックス監督。終始うつむき加減の真弓監督。
対照的な関西ダービーは、猛虎のいいところがまったく見られずに終了しました。
借金11ですか〜調べてみたら、やはり監督就任一年目の6月二十日に楽天に
敗れて借金10となりました。でも今の猛虎と同じような重症打線だったとは思いませんけどね〜
重症です〜しかし泥沼を味わっているのは自分達だけではありませんね。

虎の先発はベテラン左腕の髭武者下柳君。いまだ勝ち星に恵まれません。
対するバファローズの先発は、寺原投手で始まります。
初回は先頭のファミリーマートン君が出塁していきなりチャンスを演出しますが
後続が倒れてしまい、先取点が奪えない猛虎。
すると2回、不運なヒットでピンチを招くとT-岡田選手の犠牲フライで簡単に先制を
許してしまいます。3回にも連打を浴び、髭武者下柳君はこの回で降板。

胃が痛くなりますね〜何せ初回以外にも2・4・7回と先頭打者がヒットで出塁するも、

打線が繋がらず得点には結びつきません。
このような拙攻が続けば、当然ながら5回、7回とバファローズに追加点を許してしまい、

6点差とされてしまい戦意喪失?
9回に一点をやっと返すも焼け石に水。
最後はブラゼル君が力ない内野ゴロで懸命に走りますがダブルプレーでゲームセット。

完封負けは免れたものの、3連敗で借金11。元気が無いぞ〜真弓様かな〜(-_-;)
アナフレ目線です★★★
こんな言い方は大変失礼ですが、バファローズ寺原投手はダイエーから横浜に移り、
そして9年目でオリックスさんになりましたが、今まで一度も猛虎に勝てなかった投手です。
特に横浜時代猛虎打線は鴨にしていましたね。しかし本日完投勝利。寺原投手から見た

猛虎打線はどのように映ったのでしょうか・・・・
でもね、もっか10連敗の赤ヘルさん。そして毎試合一桁安打で球団記録を40年振りに
塗り替えそうな巨人などももがいています。パ・リーグの投手にキリキリ舞しているのは、
猛虎だけではなく、セ・リーグの打者全員といって過言ではないでしょう。
なんだか猛虎を戦力外となったバルディリス君がやけに活き活きしているように思えた

関西ダービーでした。元気だそうや〜猛虎ナイン!(^^)!★★★


お久しぶりです西村君がバファローズ打線を3人で抑える好投を見せてくれましたね〜

不調やった鳥谷君は久しぶりのマルチヒット。

まだ100位試合以上残っているペナントレースじゃないですか。焦らずにジワリジワリと
チーム力を立て直していきましょう(^.^)
画像は帰ってきた西村君です!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:西村 憲投手


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2010年06月13日

場所:千葉マリンスタジアム




author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:05 | - | - |
▼ 虎(-_-;)15勝25敗1分け
[ マートン ]

■2011/6/5 試合結果
対オリックス 3回戦 甲子園
オ|522 100 220|14
神|200 010 000|3

勝:金子千1勝0敗0S
敗:久保3勝4敗0S
HR:T-岡田スリーラン7号
オリックス:金子千 - 近藤 - 鴨志田
阪神:久保 - 小嶋 - 久保田 - 若竹 - 福原
──────────

“甲子園のファンの有難さ”

真弓やめちまえ!金返せ〜
甲子園球場に罵声が飛び交ったことでしょう。
オリックスのエースが見事復活し、虎のエースが初回に撃沈されてしまいました。
甲子園での対オリックス3回戦!エースのスマイリー久保君は終始渋い表情の
マウンドとなりました。
初回にいきなりT-岡田選手にスリーランを浴びるなど、いきなり5点を失ってしま
います。その裏、早めに逆転したい猛虎打線はファミリーマートン君、平野君、
鳥谷君が連打で続くと、新井サン、ブラゼル君の内野ゴロの間に2点を返し、
これは乱打戦の予感でしたが・・・・
2回途中でマウンドを降りた久保君。代わった小嶋君もオリックス打線を抑える
ことが出来ず、4回までに10失点。
猛虎の反撃らしい反撃は5回に先頭の柴田君がスリーベースヒットでチャンスを
演出すると、マートン君の犠牲フライで1点を返したのみ。

3番手の鉄腕久保田君が6者連続三振を奪ったシーンが唯一甲子園を盛り上げます!
最後まで岡田オリックスにやりたいように攻められて、終わってみれば14失点の大敗。

アナフレ目線です★★★
このような試合をしても、甲子園のファンは大声援を最後まで贈ってくれます。
有難いですよね〜
試合後久保君が故障で離脱が確定。確かに調子は良くなかったですね。
フォークボールに切れが無かったし、ストレートに力が無かった。
その後に投げた小嶋君もモチベーションが上がらず・・・・若竹君も力投むなしく、
抑えて詰まった打球がヒットになるばかりも流れというものでしょうか。
重症は打線です。キッチリ点が取れたのは、3点目のマートン君の犠牲フライのみ。
初回の2点はなれない土のグランドのオリックス野手陣に助けられたようなものです。

借金10も二年振り?そうでしたっけ〜なんて過去の記録を調べてみますが・・・
9連敗している赤ヘルさんも窮地ですが、それにもまして最下位転落の真弓猛虎!
底上げには打線の奮起を期待するしかない!★★★

はじめまして黒瀬君が9回に代打で登場!久保田君が復調の?6者連続三振!
画像はなんだかんだとセ・リーグであの燕さんの青木選手に次ぐヒット数を放っています。
ファミリーマートン君です!(^^)! 打率も2割7分まで上がってきました。
猛虎打線様〜いつまで眠っているんですかい!(^^)!交流戦は終わってしまいますよ〜


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:マット・マートン外野手


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:11年05月03日


場所:東京ドーム



author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:03 | - | - |
▼ 虎(-_-;)15勝24敗1分け
[ 桧山 ]

■2011/6/4 試合結果
対ソフトバンク 4回戦 甲子園

ソ|000 000 002|2
神|000 000 000|0

勝:杉内3勝2敗0S
S:馬原1勝1敗5S
敗:能見2勝4敗0S
ソフトバンク:杉内 - 馬原
阪神:能見
────────
“この敗戦を忘れるな”

悔しい〜まるでシナリオでもあったような敗戦でした。
これで天敵杉内投手には交流戦で5敗目!毎年負けている気がしてなりません。
甲子園での対ソフトバンク4回戦。昨日ソフトバンクの連勝を止め、この勢いで連
勝したかったな〜(^.^)
能見君と杉内投手の素晴らしい投手戦となりました!
3回までは1人のランナーも出せずに天敵の前に沈黙の猛虎打線。
それでも4回に一匹狼平野君がチーム初ヒットで出塁してすかさず今季初盗塁を決めるも、
後続が続かず無失点。
少ないチャンスをものにしなければ今日は勝てないとわかっていながら・・・・
さらに7回にも2アウトから兄貴金本様がヒットで出塁すると、ゴリラーマン城島君、
名人賢太郎君がフォアボールで続き満塁とします!
この絶好のチャンスで誰もが代打の神様登場と思いきや・・・・打席に入るは能見君でした!
昨日の岩田君のタイムリーが忘れられないのか真弓様!ここは三振に切って取られて無得点。
仕事人能見君は8回まで被安打4、無失点、7奪三振と最高のピッチングを披露してくれました。
迎えた9回表、先頭の本田選手にツーベースを許すと、連続タイムリーを打たれ痛恨の2失点。
なんとしてもサヨナラ勝ちしたい猛虎でしたが、ソフトバンク守護神馬原投手に抑えられて
ゲームセット!連勝にはなりませんでした。

アナフレ目線です★★★
明日のスポーツ紙はこんな感じでしょうか・・・・真弓采配能見見殺し・・・・
確かに満塁のチャンスですから代打で決勝点を挙げて、榎田君と球児君の必勝リレーと

思い描いてしまった虎党でございます。
でもね、この敗戦は能見君にとっては忘れられないでしょう。そしてここまで自分を信頼してくれた
監督に対して必ずや次回の登板で期待に応えるピッチングをしてくれます。
落合監督采配に似てきたかな〜真弓様!次のカードから連勝といきましょう(^.^)★★★


画像はその7回に代打では登場しませんでしたが、9回2アウトから打席に入り、
見事反撃の一打を放ってくれました(^.^)代打の神様桧山様でございます。
一気にサヨナラムードとなりましたが、代打の観音様加油!林君〜桧山様を見習いましょう(^.^)


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:桧山 進次郎外野手


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:11年04月02日



場所:横浜スタジアム




author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:01 | - | - |
▼ 虎(^.^)15勝23敗1分け
[ 21岩田 ]

■2011/6/3 試合結果
対ソフトバンク 3回戦 甲子園
ソ|100 000 200|3
神|120 020 00x|5

勝:岩田2勝5敗0S
S:藤川1勝0敗10S
敗:ホールトン6勝2敗0S
HR:オーティズ ツーラン2号
ソフトバンク:ホールトン - 吉川 - 金澤
阪神:岩田 - 榎田 - 藤川
────────

“ギアチェンジとなる勝利”

交流戦負け無しのソフトバンクさんを迎えての甲子園決戦。
福岡では痛い目にあいましたが、聖地ではみっともない試合だけはして欲しくないですね!
初戦となる今日の先発はガンちゃん岩田君でした。
試合は初回から先頭の川崎選手をヒットで出塁させてしまうと、四球や味方のミスも重なり
二死1・3塁のピンチにタイムリーヒットを打たれ先制を許します。
まだお客さんが駆けつけていない甲子園球場から溜息が・・・・
このままで終わったら甲子園から帰れませんよ〜真弓様!なんて激が届いた?のか。
その裏の攻撃、から反撃開始の猛虎打線!二死2塁から頼れる4番新井サンのライト前
タイムリーヒットですぐさま同点とすると、続く2回裏も兄貴金本様がヒット、元気出してよ城島君が
四球、甲子園初スタメン柴田君内野安打で満塁の大チャンス!
打席は交流戦ならではのピッチャーガンちゃん岩田君にソフトバンクホールトン投手は油断してましたね(^.^)
初球を捉えた打球は二遊間を鋭く破るセンター前タイムリーヒット!勝ち越しに成功した猛虎は
その回にもう1点を追加します。
これで気をよくしたガンちゃん岩田君は2回以降見事なピッチングで鷹打線を沈黙。
5回裏に大砲ブラゼル君のタイムリーヒット等で2点を追加し、7回には一発で2点を失うも、
8回ルーキー榎田君、9回は火の玉球児君の必勝リレーでゲームセット!

アナフレ目線です☆☆☆
今季交流戦絶好調のホークスに初黒星を付けました。主軸がきっちり機能した猛虎打線!
これから甲子園でのゲームが4つ続きます。ここからギアチェンジして一気に追い越そうでは
ありませんか(^.^)巻き返しですよ〜真弓様!☆☆☆

本日のお立ち台&画像はもちろんこの男!センターへ勝ち越しタイムリーヒットと投打に大活躍の
ガンちゃん岩田君です。
東京ドームで涙の復活勝利の次は、強敵の連勝をストップ!今年のガンちゃんはここ一番の大試合で
好投してくれそうな予感すら感じます。
ともあれ、ここから一気に巻き返しが最優先!個人の記録以上にチームの勝利を優先し、

まずはソフトバンクさんに連勝といきまひょ!(^^)!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:岩田 稔投手


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:11年05月05日場所:東京ドーム




author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:22 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり540
[ 集合画像 ]

“ようこそ阪神タイガースへ”

借金9!ここ10年間でもっとも窮地に立たされた猛虎。
巻き返しといきたいところですが、立ちはだかるのはパ・リーグの超一流投手ばかり。

なかなか調子があがりません。
甲子園に戻っての相手も、交流戦負け無しのソフトバンクさんですからね〜
なんて試合をする前から弱気になってはいけませんね(^.^)反省します。

さて、江草君とトレードで移籍してきました〜今夜のかく勝てりは、黒瀬春樹内野手です。
入団会見の写真をみると、まだまだあどけなさが残った青年ですね(^.^)

しつこい小技のきくバッティングが得意とのこと。
過去の成績を見ると、なかなか忙しいといいますか、意外性のある長打力を秘めた
バッターの予感がいたします。
小技といいましたが、体格も鳥谷君に負けないんじゃないかな〜・・・・
もしかすると大型内野手が誕生するかもしれませんね。
現在ショートは鳥谷君、上本君ですが、またまたライバル出現でしょう。

一日も早く一軍に上がってヒーローになって欲しいかな〜



参考文献:阪神タイガース公式サイト

画像:猛虎ナイン

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』

撮影日:2011年04月03日


場所:横浜スタジアム



author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:09 | - | - |
▼ 虎(-_-;)14勝23敗1分け
[ 柴田 ]

■2011/6/1 試合結果

対日ハム 2回戦 札幌ドーム

神|000 000 000|0
日|000 000 01x|1

勝:ダルビッシュ7勝1敗0S
敗:小林宏0勝3敗0S
阪神:スタンリッジ - 榎田 - 小林宏 - 小嶋
日ハム:ダルビッシュ
─────────

“内容は悪くない敗戦”

おおかた本日の結果はある程度は予想していらっしゃったのでは?
昨日の解説者もこの日の先発予想がダルビッシュ投手だとわかっていましたからね〜
敵地・札幌ドームでは相性が悪い猛虎!そしてそのマウンドには、
今や日本球界ナンバーワンエースが立ちはだかりました。
虎の先発はスタンリッジ君です。
連敗を何とか最少の2でストップしたい猛虎は3回表、加油!林君がヒットを放ち、
ワイルドピッチで一気に3塁へ進塁!敵のミスも手伝い先制のチャンスを作りますが、

後続が続かずチャンスを活かせません。
ダルビッシュ投手を何とか打ち崩したい猛虎打線ですが、4・5・6回とヒットで出塁するも、
ここも後続が続かず、得点に繋がりません。
両者無失点のまま終盤、小林宏君が自らピンチを招き、ワンチャンスで1失点。
最後までダルビッシュを攻略できず、0対1でゲームセット。
2試合連続の完封負けになり悔しい結果となりました。

アナフレ目線です★★★
ファミリーマートン君の試合後のコメントです。
“彼は今まで自分が対戦した中で一番いい右ピッチャーだった”
昨年のセ・リーグお安打製造機が、4打数無安打に抑えられました。
素晴らしい投球内容以上に、自信溢れるマウンド捌きには参りました。
しかし試合内容は昨日の完封負けよりはスッキリできるはず。
ここまでいい投球をされれば、かえって開き直るべきでしょう。
スタンリッジ君、榎田君が良いピッチングを見せてくれました。
そして一番シンドイ場面で投げるのが小林宏君の仕事です。★★★

借金が最大9となりました。しかし今年の猛虎は投手戦に破れています。
あとは点が取れなきゃ野球は勝てへんで・・・・
甲子園に戻って気持ち切り替えて一つ一つ返済をしていこうではありませんか。

画像はセンターでスタメン出場し、レーザービームを魅せてくれました!(^^)!
ファインプレーでピンチを救った柴田君です。


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:柴田 講平外野手


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:11年04月02日

場所:横浜スタジアム


author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:01 | - | - |
▼ 虎(-_-;)14勝22敗1分け
[ 新井 ]

■2011/5/31 試合結果
対日ハム 1回戦 札幌ドーム
神|000 000 000|0
日|000 200 03x|5

勝:ウルフ5勝1敗0S
敗:メッセンジャー2勝1敗0S
阪神:メッセンジャー - 小嶋 - 福原
日ハム:ウルフ - 宮西 - 増井 - 武田久
──────────

“パ高セ低の交流戦”

う〜ん完敗かな〜パリーグは今年も強い!そんな試合をされてしまいました。
連敗を3で止めた猛虎は、敵地・札幌ドームに乗り込んでファイターズとの2連戦!
苦手ですよね〜この球場も。嫌な予感は的中するものです。

虎の先発は汗かきメッセンジャー君。すでに2勝を上げています。
昨年よりは安定感があります。
ファイターズもウルフ投手。ありゃ〜またまた初対決ですね〜。
立ち上がり、1番のファミリーマートン君が倒れた後、一匹狼平野君がヒットで出塁し、

さらに敵のミスに乗じて3塁まで進塁!一点を獲れる場面で兄貴金本様に期待が
かかりましたが、凡退、得点には至りませんでしたが、この一点が最後まで獲れ
ずに終わってしまいました。

一方、汗かきメッセンジャー君も球威あるストレートを活かしたピッチングで、
ファイターズ打線を3回までノーヒットに抑える好投を魅せます。
試合が動いたのは4回裏、好投を続けていたメッセンジャー君が突如乱れたのかな〜
それとも打者二順目からファイターズ打線に捕まります。
満塁のピンチを背負うと、続く打者の今浪選手に2点タイムリーヒットを浴び先制されました。

ところで猛虎打線ですが・・・5回に大砲ブラゼル君が鋭い当たりのツーベースヒットを
放ちますが得点に繋がらず、メッセンジャー君は立ち直り、7回まで追加点を与えずの力投も、
再び試合が動いたのは8回裏、好投を続けていたメッセンジャー君に代わった小嶋君が、

先頭打者の中田選手にストレートのフォアボールを与えてしまえば、これ失点のパターンで
ございますよ・・・
盗塁と敬遠でピンチを背負いそして代わった福原隊長が二死満塁から3点タイムリーヒットを
打たれて敗色濃厚。9回表、キャプテン鳥谷君と新井サンがヒットで出塁する意地を見せるも無得点。
完封負けを喫してしまいました。

アナフレ目線です★★★
5点差となっても守護神武田投手を投入した梨田ファイターズに余裕すら感じる完敗でした。
力投むなしく敗戦投手となったメッセンジャー君の試合後のコメントが良かったですね。

“もっと完璧を求めていかないといけない”
その通りです!無安打試合をするくらいの気持ちが無ければ勝てません。
先発完投勝利型の投手の違いこそパ・リーグの強さです。今年も交流戦はパの独走体制になって
きましたね。明日の虎の意地に期待しませう★★★

画像は1,500試合出場を達成いたしました新井サンでございます。明日こそ札幌ドームのスタンドへ
意地の一発を放り込んで欲しいけどな〜!(^^)!なんてったって対するはダルビッシュ投手だもんな〜・・・・

参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:新井 貴浩内野手


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:11年04月02日


場所:横浜スタジアム


author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:03 | - | - |


皆様こんにちは。ご訪問いただき有難うございます。 アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』と申します。 (*^^)v野球経験のない素人の球場観戦の独り言にお付き合いください。 有料又は無料のメールマガジンにてアナフレの独り言をお楽しみくださいませ。まぐまぐ!マイメルマは無料メールマガジンです。 又皆様からの観戦リポートやご意見ご感想も歓迎いたします。メールフォームにてお気軽にお声がけくださいませ。
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
アナフレ猛虎会
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

アクセスカウンター

過払い

外汇
携帯 中古外汇


阪神タイガースおっかけマップ (2005)
阪神タイガースおっかけマップ (2005)

阪神タイガースを語るには何がなくてもまず甲子園球場。大歓声でマンモススタンドが揺れ、ラッキーセブンのジェット風船は夜空が隠れてしまうほど舞い上がる。みなさん人生そのものをタイガースにかけているのだ。甲子園球場はもちろん、その周辺のこと=甲子園の街並みを知っていただきたい。野球とともに歩む姿を。またたくさんの楽しい、うれしいお店がいっぱいある。タイガースOBのお店や、ナインご贔屓のスポット、ファンが集うショップ。・・・・いえいえ甲子園だけではありませんぞ。おとなり尼崎も、芦屋も神戸、大阪も・・・・関西圏をくまなく知っていただこう。もちろん関東の情報も掲載!
野村ノート
野村ノート

ところが、以外な選手に感謝されているということもある。その代表的なのが桧山である。阪神時代、桧山に対しては叱ったことはあっても、野球はこうだ、人生はこうだと懇切丁寧に指導した記憶がない。・・・・平成15年、確か優勝した翌日の新聞だったと思うが、彼のインタビューに目を通し驚いたことがある。「野村さんが阪神の監督だったときは、いっていることがよく理解できなかったんですが、今になってやっとわかってきました」・・・・・桧山のように思ってもみなかった選手から感謝を受けるのも指導者冥利に尽きる。  それにしても人生はまさに一期一会だなあと思う。赤星、藤本は阪神のドラフトリストに名前はなかった。赤星はアマからのキャンプ参加、藤本は社会人選手権大会の観戦に行って、遊撃手を探していたときに目に留まった選手である。・・・・私との縁を大切にし、「考えないよりは考えるほうがいい」「知らないより知っていたほうがいい」と私にいわれ、「なるほどそうだな」と思い、ノートをこまめに取り、そのノートを保存し何度も読み返す。こうしたちょっとの差が、いざ自分が指導する立場になったときに活き、あるいはコーチや監督という地位を得るためのチャンスとなる。逆に出会いや縁を無駄にしてしまう選手は、将来の可能性まで狭めてしまうのである。
猛虎の70年
猛虎の70年

第1章阪神タイガースとは何か・・・・おそらくクソ度胸という点では球界ナンバー1の星野仙一の背中にスーッと寒気が走ったのは、彼が阪神の監督になってすぐのことだった。・・・いや、「恐怖」すら感じたという。それは阪神ファンが試合に感動し、勝利の歌を大合唱し、それが終わると球場の外へ出て、ゾロゾロと甲子園駅に帰るのではなく、球場近くの広場に何千人と集まり、そこでも「六甲颪」の大合唱をやるのだ。ファンはやがて甲子園の駅に移動する。この甲子園駅でもまたも「六甲颪」の大合唱となる。それでも終わらない。阪神電車に乗り込んだファンはそのまま梅田の駅で降りて、その梅田駅コンコースでまたまた「六甲颪」の大合唱である。これが深夜まで続くのだ。「お前ら、あれが聞こえるか?俺達はあの熱狂的なファンに対する責任があるんだ。もしあのファンを裏切ったら・・・・俺はどうなるか知らんゾ」・・・・「俺は勝ちたいんや!そのためにはどうするんや?俺はファンに喜んでもらいたいんや・・・・・」なんとも野暮なセリフである。だがかつて阪神の監督としてこんな直接的な言葉を発した指揮官はいなかった。少年のように「勝ちたいんや!」と絶叫する星野仙一。監督室まで聞こえてくる大合唱、そして海鳴りのようなファンの”鼓動”が星野仙一をギリギリまで追い詰めていったのである。そこには「日本一わがままで、日本一熱心で、日本一我慢強い」と星野が評したファンの姿があった。
巨人軍かく勝てり―V9達成の秘密
巨人軍かく勝てり―V9達成の秘密

チームプレーとは「チームワーク」=「人の和」よりさらに深い考え方で、“人間集団におけるモラルから、グランド上のプレーに至るまで、あらゆる人間行動を網羅した広い考え方”といってよいと思う。
簡単な具体例をあげよう。
いまここで二人の人間がキャッチボールを始めるとする。ボールを握って投げる側は、次のように考える「相手が取りやすいところへとりやすいスピードで投げてやろう。投げ返す時のことも考えて胸元へ投げてやろう」そう考えて投げる。
一方受ける側はどうか。相手がそう考えて投げてもミスすることがある。だから相手の気持ちを察して、「万一とりにくいボールがきても、何とか受けてミスを未然に防いでやろう」この二人の「思いやり」がチームプレーの根本精神である。
 このちいいさな「思いやり」は、やがて「自分の義務と役割を完全に履行」することに広がり、チームのために「自己犠牲」をいとわず、「助け合い」、そしてチーム全員に「感謝」するところにまで高められていく。
巨人軍論 ――組織とは、人間とは、伝統とは
巨人軍論 ――組織とは、人間とは、伝統とは

チームの要だったON
『チームを預かることになったとき、いつも私が手本としてきたのは川上哲治監督であり、川上監督が率いたV9時代の巨人というチームであった。それではV9巨人のどこが素晴らしかったのだろうか。まずはなんといっても王貞治と長嶋茂雄、すなわちONの存在をあげないわけにいかない。ONは長らく巨人の3番4番に座り続け常にチームの中心であり続けた。ただし私がこの二人を高く評価するのは、彼らが記録や数字を残したからという理由ではない。彼らが中心選手としての役割と責任をまっとうしていたという事実が大きいのである。私は「中心選手はチームの鏡でなければならない」と述べたが、王と長嶋は、まさしくそうであった。他の選手の模範であり続けたのである。そこが凡百の「四番」とONのちがうところなのである。

…その意味で、私は阪神の金本知憲を高く「評価」している。現在の球界で真の「四番」といえるのは彼くらいだろう。彼は少々の故障くらいでは試合を休まない。チームへの忠誠心も高い。金本が移籍してきてから、阪神の選手の意識が明らかに変わった…金本の野球に取り組む態度を見れば、まわりの選手も自然と「このままではいけない」と感じるようになる。また若手選手が直接叱るより先輩が叱ったほうが叱られた若手のショックは少ない。ここ数年の阪神の躍進には、この金本の存在が大きく寄与している』

ドジャースの戦法
ドジャースの戦法

『投手は自分の左側に球を打たれたらすぐさま一塁に向かってスタートする習慣をつけなければならなぬ。ゴロであろうとライナーであろうと変わりはない。直ちに一塁に突進せよ。適当な時に投手がマウンドを離れなかったためにゲームを失ったためしは多い。打球が左側にきたら、投手は真っ直ぐに一塁にスタートし、塁に近付いたらスピードを緩め、右足を塁に触れて、一塁手からの投球を待ち受ける。球を受け取ったら走者との衝突をふせぐために、ファウルラインの内側を二、三歩走り続けるが、この場合もし他の塁にも走者がいたら、投手はできるだけ早くとどまり、必要に応じて他の塁に投球する用意をせねばならない。
走者の足が遅いか、又は他の理由で投手がゆっくり一塁に間に合った時には、塁上で止まって、こちらに投球しようとしている野手の方に向き直り、一塁手のような身のこなしで、体をのばしたり、どちらかの側へ動いたりして、一塁手の代わりをつとめなければならぬ。』
背番号三桁―「僕達も胴上げに参加していいんですか?」
背番号三桁―「僕達も胴上げに参加していいんですか?」

「アホか、みんないいから出ろ!お前たちも行け!」優勝が決まった瞬間、ベンチから選手が一斉に飛び出した。星野はすぐさま裏方に対して叫んだ。
「尾張メモ」の全貌―情報は盗んで活かせ
「尾張メモ」の全貌―情報は盗んで活かせ

虚像がユニフォームを着ている

広岡監督殿

巨人偵察記・巨人の実像・私が過去三十年、対巨人と戦ってきた印象からみると、最低の巨人といっても過言ではない。人気という点では昔と雲泥の差があっても、実技つまり野球のすべてに対する取組む姿勢が欠けていること。緻密性がない。個人的には優秀な人材はおりますが、チームプレー1つをとってみても投手は三本間に三塁走者を挟みながら、生かしてしまうランダンプレー等がその例。一発で刺さねばいけないプレーをウロウロして生かすということは、過去の巨人では考えられないことです。極端な表現ですが、巨人のユニフォームを着ている虚像にすぎない。−こう断言できます。

このくらいのチームが優勝することはちょっと考えられないことだが、優勝をバックアップしている審判団の判定が大きく作用していることは申すまでもありません。私自身がこの目で見ても、巨人がパ・リーグであれば、近鉄クラスの実力と見ます。それで人気だけが物凄い、まさに虚人です。・・・・・・
1983年10月15日
阪神タイガース
阪神タイガース

序章 黄金時代の幕開け
”遂に来たタイガースの時代”
『この世の春、である。長い長い苦難のときを経て、とうとう阪神タイガースの時代がやって来た』
覚悟のすすめ (角川oneテーマ21 A 87)
覚悟のすすめ (角川oneテーマ21 A 87)

これまでのプロ野球生活で、胸を張って自慢できることがひとつある。

それは、

「たとえお金にならないことでも、やるべきことを、全力を尽くしてやってきた」

ということだ。

2000年5月12日の第三打席を最後に、翌年9月28日の横浜戦第二打席まで、私は1002打席にわたって一度も併殺打を記録しなかった。これはあまり知られていないが日本記録である。
ただ、常に全力疾走を心掛けていなければ達成できなかった記録でもある。それを私は誇りに思う。

連続フルイニング出場にしても、「すごい」とほめられはしても、直接お金として返ってくるわけではない。

それでも私は、セーフになるチャンスがあれば、一塁に全力疾走する。果敢にボールを追うし、つねに次のベースを目指そうとする。なぜなら

「たとえお金にならないことでも、全力プレーするのがプロ」
そう思っているからである。

「いつケガをしてもいい」そういう覚悟で私は常に試合に臨んでいる。

それが、これまでの私のプロ野球生活を支えた信念であり、いまもつねに自分自身にいいきかせているモットーである。