アナフレ猛虎会

皆様こんにちは。アナフレ猛虎会 通称”頑張れ阪神タイガース☆です。
▼ 虎!3勝2敗
[ 36ヘイグ ]

■2016/3/30 試合結果

対ヤクルト 2回戦 神宮

神 | 0 0 0 1 0 0 0 0 3 | 4
ヤ | 0 1 0 1 0 5 1 0 x | 8

勝:成瀬1勝0敗0S
敗:岩田0勝1敗0S
HR:ヘイグ ソロ1号、ゴメス スリーラン3号、鵜久森ソロ1号、中村ツーラン1号
阪神:岩田 - 鶴 - 榎田
ヤクルト:成瀬 - ルーキ - 杉浦 - 徳山 - 久古 - 秋吉

3/31の予告先発
神:メッセンジャー
ヤ:デイビーズ
──────────
“イニング5失点を反省せよ“

負けるなとは言いませんが、相手チームにビッグイニングを与えるのは良くない。大量失点は守る野手に疲れが残るだけだから。

虎の先発は岩田君でございます。
2回裏、岩田君がレフトへタイムリーで先制されましたが、しかし4回表にヘイグ君がレフトスタンドへ来日初となるソロホームランで同点に追いつきます。
しかし岩田君がピリッとしませんでしたな〜4回裏にソロを浴びて勝ち越しを許ストさらに6回裏、内野安打から連打を浴びて7失点で降板。
どうも連鎖反応のように失点してしまうところが粘りのある藤浪君との違いかな・・・

中々反撃出来ない猛虎打線でしたが、最終回にまたまたヘイグ君のレフトオーバーのツーベース!福留君が変化球を良く見てフォアボールを選ぶと、ゴメパンチが炸裂いたしました!初球を捉えて左中間スタンドへ第3号スリーラ
ンで反撃の狼煙を作りかけたのですが、反撃もここまででゲームセット。
連勝がストップです。

アナフレ目線です
3月★☆☆☆★
勝ち続けることは出来ない。まして開幕したばかりですから〜カード勝ち越しなら良しとしたいもの。だがイニング大量失点は野手に疲れが残る。最小失点に食い止めていこうぜガンちゃん。いつものせっかちな悪い癖が・・・
連打を浴びても必ず次の打者を抑えられるのだから焦ることはないのさ
もったいない敗戦投手となりました。
狭い神宮球場ですが、ヘイグ君は好スタートを切りました。徐々に研究されてくるのでスランプの時期が来るやもしれませんが、序盤に結果が出たことが何よりでした
3月★☆☆☆★




参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:マット・ヘイグ内野手


撮影:アナフレ猛虎会『うぽって☆』


撮影日:2016年03月26日


場所:京セラドーム大阪


author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:42 | - | - |
▼ 虎!3勝1敗
[ ゴメス ]

■2016/3/29 試合結果

対ヤクルト 1回戦 神宮

神 | 0 2 0 0 3 0 1 0 0 | 6
ヤ | 0 0 0 1 0 0 0 0 1 | 2

勝:藤浪1勝0敗0S
S:マテオ0勝0敗2S
敗:館山0勝1敗0S
HR:ゴメス スリーラン2号
阪神:藤浪 - マテオ
ヤクルト:館山 - 村中 - 秋吉 - オンドルセク - 久古 - 古野

3/30の予告先発
神:岩田 稔
ヤ:成瀬 善久

──────────

“粘りの勝利”

今季初先発の藤浪君が、8回2/3を149球の熱投をみせました。
8安打4奪三振2失点で完投こそ逃しましたが、今季初勝利!
チームは女房役・梅野君が先制2点適時打、主砲ゴメちんが2号3ランを放つなど、若きエースを援護。
3連勝です。


アナフレ目線です
3月★☆☆☆
昨季6試合で4勝0敗、防御率は2・88と相性は良かった燕打線でしたが、藤浪君を毎回のように苦しめるも攻略ができなかったという試合でした。
毎回のようにランナーを出すも、ゼロを積み重ねた藤浪君は九回、一死から2四球などで二死一、二塁。この試合149球目が中前適時打で1失点。
あと一死というところで金本監督が交代を告げました。
マテオ君もピンチの場面での初登板ですが、さすがに肩に力が入っていたかな〜
これから場数を踏んでいけば良くなるでしょう。
ともあれ、守備の乱れも出た猛虎!勝って兜のなんとやらです!
3月★☆☆☆


画像はお立ち台の藤浪君にしたいのですが、次回にお預けです。
五番の大きな一発ゴメちんです!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:マロウ・ゴメス内野手


撮影:アナフレ猛虎会『うぽって☆』


撮影日:2016年03月26日


場所:京セラドーム大阪


author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:42 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり1249
[ 24横田 ]

“開幕戦を振り返り”

超変革を掲げて臨んだ開幕戦は2勝1敗という上々のスタートとなりました。

やはり金本チルドレンの活躍で開幕カード勝ち越しを決めたと言っていいのではないでしょうか。
金本監督が若手選手に対して失敗してもいいから懸命にプレーしろ!
怠慢プレーは許さない!
そんな超変革精神がしっかり伝わり、若虎のプレーがベテランに刺激を与えて結果を呼び込む!
いい開幕カードだったと思います。
次の相手は開幕スタートに出遅れた燕さんです!
画像は2番で大抜擢の横田君です。
プロ初適時打と盗塁失敗にスタンドから拍手が沸きましたが、すかさず監督自身も同じ経験ありますよと答えた監督の腹の中は嬉しかったでしょうね〜
トリプルスリーを狙える大打者に成長することを願って!


参考文献:阪神タイガース公式サイト

画像:横田 慎太郎外野手


撮影:アナフレ猛虎会『うぽって☆』

撮影日:2016年03月26日


場所:京セラドーム大阪




author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:51 | - | - |
▼ 虎!2勝1敗
[ 36ヘイグ ]


■2016/3/27 試合結果

対中日 3回戦 京セラD大阪

中 | 0 0 0 2 2 0 0 0 0 | 4
神 | 1 2 1 0 0 1 0 0 x | 5

勝:榎田1勝0敗0S
S:マテオ0勝0敗1S
敗:岡田0勝1敗0S
HR:福留ソロ1号、ビシエド ソロ3号
中日:ネイラー - 岡田 - 田島 - 福谷
阪神:藤川 - 榎田 - 歳内 - 高橋 - 福原 - マテオ

────────────

“今年の勝ちパターン”

先日の初勝利もよしでしたが、昨日の勝利は今年の金本猛虎の勝利パターンになりそうな予感です。

京セラドームで行われた対ドラゴンズ戦、虎の先発は四年ぶりマウンドの球児君でした。
初回からいい立ち上がりを見せ無失点で抑えます。
猛虎打線は1回裏、横田君がデッドボールで出塁すると、4番福留君がセンター前へタイムーヒット!まずは先取して試合の主導権を握ります。
2回裏に今季初スタメンの梅野君がレフト前ヒットで出塁し、高山君がライト線を破るスリーベースヒットで1点を追加。
3回裏には先頭打者の福留君がライトスタンドへ大きく飛び込む第1号ソロホームランを放ち、一気に突き放しますが、4回表、ビシエド選手のソロホームランで球児君が同様しましたね〜この回2点を返され、5回表にも2点を追加され同点とされ交代。
何とか反撃したい猛虎打線は6回裏、梅野君、横田君と出塁し続くヘイグ君がライト前へタイムーヒットで勝ち越しに成功。
その後は歳内君、高橋君、福原君と繋ぎ無失点で抑え、最終回は新守護神マテオ君が三者凡退で抑えゲームセット!
開幕3連戦は投打の噛み合ったナイスゲームで勝ち越しました。



アナフレ目線です
3月★☆☆
昨日の勝利よりもこの日の勝利の方が嬉しいのでは金本監督さま!
球児君は5回を投げるのにやっとでしたね〜
そのあとは小刻みな継投がはまり、最後のマテオ君でクローズして最小リードを守りきる。
この勝ちパターンを何回実現できるかで優勝というイメージが具現化してくような気がいたします。
ヘイグ君やマテオ君はまだまだデータ少ないので研究された後の工夫がどれくらいできるか。
監督はいたって冷静に現在の状態を見ているようです。
新1、2番コンビがベテランを刺激しているのも面白いじゃないですか
3月★☆☆


画像は連日のお立ち台!ヘイグ君でした!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:マット・ヘイグ内野手


撮影:アナフレ猛虎会『うぽって☆』


撮影日:2016年03月26日


場所:京セラドーム大阪


author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:45 | - | - |
▼ 虎!1勝1敗
[ 9高山 ]

■2016/3/26 試合結果

対中日 2回戦 京セラD大阪

中 | 0 0 0 0 0 2 1 0 0 | 3
神 | 0 0 2 0 4 1 0 0 x | 7

勝:能見1勝0敗0S
敗:山井0勝1敗0S
HR:ゴメス スリーラン1号、ビシエド ソロ2号
中日:山井 - ジョーダン - 田島 - 小川 - 福
阪神:能見 - 高宮 - 福原 - マテオ

3/27の予告先発
中:ネイラー
神:藤川 球児
────────────

“超変革で1勝”

開幕2戦目で金本監督率いる新生タイガースが嬉しい初勝利!
全てはこの1勝からですネ!


3回裏に1番高山君がプロ初打点となるタイムリーツーベースを打つと、さらに3番ヘイグ君もタイムリーツーベースを放ち2点を先制します!
5回裏には2番横田君の俊足を活かすプロ初ヒットを口火に作った二死1・3塁のチャンスで4番ゴメちんが今季第1号特大スリーラン!さらに鳥谷君と西岡君の連打で再びチャンスを作ると8番岡崎君のタイムリーでリードを6点に広げます!
6回表に先発能見君は2点を返されますが、直後の6回裏にヘイグ君の犠牲フライでダメ押し!投げては先発・能見君が6回2失点の好投で今季初勝利!
4点差の9回表には守護神マテオ君が登板し、最速155キロの直球と高速スライダーのコンビネーションで2奪三振含む3者凡退!
7対3の快勝で、走攻守噛み合ったナイスゲームでした!

アナフレ目線です
3月★☆
開幕2戦目にこの上ない勝利となりました。
ドラフト1位高山君の先制決勝打や、新助っ人ヘイグ君の2試合連続タイムリー、主砲ゴメちんの1号3ランなど11安打7得点。先発能見君が6回を2失点に抑えるなど、投打がかみ合っての快勝です。
初勝利に喜ぶ金本監督は喜怒哀楽をしっかり出ていていいのでは!
守護神マテオ君から受け取ったウイニングボールは右後ろポケットに大事そうにしまっていました。
★☆

画像は初お立ち台!高山君とヘイグ君です!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:高山 俊&マット・ヘイグ内野手


撮影:アナフレ猛虎会『うぽって☆』


撮影日:2016年03月26日


場所:京セラドーム大阪


author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:06 | - | - |
▼ 虎!1敗
[ 5西岡 ]

■2016/3/25 試合結果

対中日 1回戦 京セラD大阪

中 | 0 0 0 1 1 1 1 1 0 | 5
神 | 1 0 0 0 1 0 0 0 0 | 2

勝:大野1勝0敗0S
S:福谷0勝0敗1S
敗:メッセンジャー0勝1敗0S
HR:ビシエド ソロ1号
中日:大野 - 又吉 - 福谷
阪神:メッセンジャー - 高橋 - 鶴 - 榎田

3/26の予告先発
中:山井 大介
神:能見 篤史
────────────
“戦いの始まり”

金本猛虎の戦いが始まった!新監督として、ましてや開幕戦とあれば、緊張しないわけがない。監督やコーチ、ましてやこれだけ新しい選手が揃えばなおさらでしょう。


猛虎打線は初回、1番高山君がいきなりのプロ初打席初ヒット!続く2番横田君のピッチャーゴロで高山君は封殺されますが、残った横田君が二盗を決め、3番の新助っ人・ヘイグ君がレフトへタイムリー!
新戦力が躍動し先制に成功しました。
1点を追う5回裏には、無死1塁の場面で8番岡崎君がヒットエンドランを決め1・3塁とすると、9番メッセンジャー君の内野ゴロの間に3塁走者・西岡君が好判断でホームを踏み同点!
しかしメッセンジャー君が再び勝ち越しを許し7回途中10安打4失点(自責3)で降板。攻撃陣も6回以降ノーヒット、2対5で敗れ黒星スタートとなりました。

アナフレ目線です
3月★
試合後の監督のコメントが良かったですね。敗因を個々に指摘するのではなく、チーム全体の戦うスピリットを褒め讃えていました。
超変革の第一歩をスタートさせた金本監督を評価します。
明らかに戦いかたが変わってきました。
確かに長打はなかなか出ませんが、アクティビティなプレーが感じられるそんないい試合だったと思います。


画像はヘイグ君としたかったけれどもエラーで帳消し!
自ら率先のアクティビティプレーを魅せてくれました西岡君です!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:西岡 剛内野手


撮影:アナフレ猛虎会『うぽって☆』


撮影日:2016年03月12日


場所:阪神甲子園球場

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 05:35 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり1248
[ 監督・コーチ ]



“金本猛虎の船出”

アナフレ猛虎会メルマガご購読者の皆々さま!
2016年のペナントレースが開幕です。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
そして金本猛虎一年目の船出!
優勝への険しい道のりをどのように戦ってくれるかが楽しみでございます。

公式戦開幕前日、金本監督がシーズンへの意気込みを語ってくれました。
以下会見の抜粋です。

開幕を明日に控え、今の心境は楽しみと不安が入り混じっています。
特別な一日だが、戦い方は143分の1として捉えている。
開幕投手のメッセンジャーバッテリーに期待することは、0点に抑えてくれること。守りの要として今年1年の攻め方というのを見せて欲しい。
開幕スタメンマスクをかぶる岡君は、矢野コーチが決めたことなので、自信を持って出したい。
高山君と横田君の1番、2番に期待。
鳥谷君には1年間を通じて目いっぱいボールを追って目いっぱいリードして、毎試合ユニフォームが真っ黒に汚れるようなプレーを期待。
復帰の藤川君、新戦力のヘイグ君、マテオ君ら全員に期待。
対戦相手の中日谷繁監督とは、現役の時から読みあいというか駆け引きばかりしてきたので、そういう対決が監督どうしでもあるのかなと楽しみ。

監督1年目の今シーズンは、結果にこだわらず、発展途上のチームなので恐れず攻めて行きたい。
いろんなことにどんどんチャレンジして行きます。

今年も小生球場へ出陣してまいります!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:金本 知憲監督


撮影:アナフレ猛虎会『金本阪神☆』


撮影日:2016年02月13日


場所:沖縄宜野座村野球場
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:43 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり1247
[ 9高山 ]

“開幕一軍メンバー発表”

昨日、兵庫・西宮市内の広田神社で必勝を祈願した猛虎!
坂井オーナー、四藤球団社長、金本監督と選手、球団関係者らが参列しました。
参拝後取材に応じた坂井オーナーは、監督のオープン戦総評80点を評価。
監督、コーチ、そして選手一同を激励しました。

そして開幕ベンチ入りメンバーも発表です!
【投手】
榎田大樹 能見篤史 藤川球児 歳内宏明 福原忍 高宮和也 マテオ 盒響鑛検
鶴直人 メッセンジャー
【捕手】
梅野隆太郎 岡太一
【内野手】
鳥谷敬 北條史也 上本博紀 ゴメス 西岡剛 ヘイグ 今成亮太 荒木郁也
【外野手】
大和 福留孝介 盪浬咫_E朕蟻析此々庄杪膕譟―鑛凌介 狩野恵輔

やはり新しい顔ぶれは新鮮です!
画像はゴールデンルーキー高山君です。期待いたしませう!

参考文献:阪神タイガース公式サイト

画像:高山 俊外野手


撮影:アナフレ猛虎会『うぽって☆』

撮影日:2016年03月12日


場所:阪神甲子園球場




author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:50 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり1246
[ 46鶴 ]

“中継ぎ陣は流動的”

今年の猛虎の中継ぎ陣は流動的になりそうです。
香田投手コーチが開幕直後は7回を任せる中継ぎ投手を固定しない方針を明かしました。オープン戦4試合登板で防御率6・75と本来の安定感を欠いた安藤君が2軍落ち。
8回福原君、9回マテオ君の「勝利の方程式」でいく様ですが、これまで福原君につなぐ役割を担っていた右腕を欠いて開幕を迎えることになります。
起用法を問われた香田コーチの思惑は、先発投手が基本7回まで投げることが前提です。
本当は固定した方がいいかもしれませんが、安藤君の状態次第で流動的になります。
右の歳内君と鶴君に、左の榎田君、高宮君、高橋君のメンツがキャンプから結果を出し続けている中継ぎ陣でしょう。
日替わり起用かもしれませんが、猛虎の中継ぎ陣開幕メンバーも固まりました。
画像は中継ぎマウンドに向かう鶴君でした。


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:鶴 直人投手


撮影:アナフレ猛虎会『うぽって☆』

撮影日:2016年03月12日


場所:阪神甲子園球場




author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:42 | - | - |
▼ 虎!オープン戦7勝3敗5分け
[ 44梅野 ]

■2016/3/21 試合結果

対オリックス オープン戦 京セラD大阪

神|001 001 000|2
オ|000 010 100|2

HR:梅野ソロ1号
神:岩貞−榎田−鶴−小嶋−高橋−歳内−高宮
オ:西−岸田−佐藤達−平野−コーディエ

────────────
“1本塁打の首位“

 
金本新監督率いる猛虎がオープン戦で「優勝」しました。

最終戦のオリックス戦は2−2で引き分け。7勝3敗5分け、勝率7割で全日程を終了。2位楽天がDeNAに敗れたため11年以来、5年ぶりの1位が決まりました。
なお過去3年はオープン戦優勝チームがリーグ制覇しているのも興味深いですね。
◆13年巨人(10勝4敗3分け、勝率7割1分4厘)がセ・リーグ制覇。
ソフトバンクは14年(15勝2敗2分け、同8割8分2厘)、
15年(11勝5敗1分け、同6割8分8厘)と2年連続日本一。

<オープン戦最終順位>
(1)阪神 7勝3敗5分け(・700)
(2)ロッテ 9勝4敗3分け(・692)
(3)ソフトバンク 8勝4敗3分け(・667)
(4)楽天 9勝5敗1分け(・643)
(5)西武 8勝5敗2分け(・615)
(6)広島 8勝6敗2分け(・571)
(7)巨人 9勝9敗1分け(・500)
(8)日本ハム 7勝8敗(・467)
(9)ヤクルト 6勝12敗1分け(・333)
(10)オリックス 4勝9敗3分け(・308)
(10)中日 4勝9敗3分け(・308)
(10)DeNA 4勝9敗2分け(・308)

ともあれ最終戦でやっと梅野君に一発が出てホッとしている場合ではないですよ〜片岡コーチ様!




参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:梅野 隆太郎捕手


撮影:アナフレ猛虎会『うぽって☆』


撮影日:2016年03月12日


場所:阪神甲子園球場

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:57 | - | - |
▼ 虎!オープン戦7勝3敗4分け
[ 01鳥谷 ]

■2016/3/20 試合結果

対オリックス オープン戦 京セラD大阪

オ|002 000 000|2
神|112 000 00x|4

勝:藤川2勝0敗0S
S:マテオ0勝0敗1S
敗:ディクソン0勝2敗0S
HR:吉田正ソロ1号
オ:ディクソン−大山−赤間−佐藤達
神:藤川−安藤−福原−マテオ

────────────
“春の珍事に憤れ“

 
金本阪神が、ついにオープン戦の単独首位に躍り出た!マスコミは春の珍事とバカにする。バカにされてはたまらないじゃないか。

珍事と評するには理由がある!
1回に福留君の適時打で先制し、2回にも高山君の適時打で加点。3回に追いつかれたが、その直後にタイムリー2本で勝ち越し、逃げ切った。この日の試合前まで4チームが1位タイだったが、頭1つ抜け出して頂点に・・・・
金本監督は、首位だったの? 知らんかったと笑い飛ばしているが、実はオープン戦14試合を終えて、チーム本塁打はゼロ。
これがマスコミの言う春の珍事だ。
そんな中、鳥谷君が2試合連続で6番遊撃で出場。3回に勝ち越し適時打を放った。第1打席も安打を放ち、前日19日同戦も1打数1安打2四球。6番に入り5打席連続出塁中と調子を上げています。
どうやら6番構想もある様です!




参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:鳥谷 敬内野手


撮影:アナフレ猛虎会『うぽって☆』


撮影日:2016年03月12日


場所:阪神甲子園球場

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:10 | - | - |
▼ 虎!オープン戦6勝3敗4分け
[ 8福留 ]

■2016/3/19 試合結果

対オリックス オープン戦 京セラD大阪

神|000 103 000|4
オ|000 010 001|2

勝:能見1勝0敗0S
S:ドリス0勝0敗1S
敗:岸田0勝1敗0S
神:能見−福原−マテオ−ドリス
中:近藤大−赤間−岸田−大山−平野−小松

────────────
“ベテランも仕上がり良“


先発の能見君、そして4番に入った福留君も上々の仕上がりを魅せてくれました。

虎の先発能見君は6回99球を投げ、4安打1失点と好投。
キレのある変化球を交えて8奪三振。登板予定の26日中日戦と同じマウンドでしっかり結果を残してくれています。
バットでも、1−1の6回1死満塁で左中間へ運び、2者を生還させる活躍。勝ち越し2点二塁打。投打に渡りさえていますね〜相変わらず。

そして4番右翼で先発した福留様!
2安打を放ち、4番の役割を果たしました。
4回に右中間へ二塁打を打つと、7回には中前打。オープン戦打率を3割4厘まで上げ、シーズン開幕へ向けて万全の調整を進めています。
ゴメちんと4番争いまでしているのでしょうか・・・・
今年も美味しい場面での一打に期待できそうです!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:福留 孝介外野手


撮影:アナフレ猛虎会『うぽって☆』


撮影日:2016年03月12日


場所:阪神甲子園球場

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:57 | - | - |
▼ 虎!オープン戦5勝3敗4分け
[ 99狩野 ]

■2016/3/18 試合結果

対中日 オープン戦 ナゴヤドーム

神|200 002 002|6
中|022 000 000|4

勝:歳内1勝0敗0S
S:鶴0勝0敗1S
敗:祖父江0勝1敗0S
HR:平田ソロ2号
神:秋山−榎田−高橋−歳内−鶴
中:濱田達−福−小川−金子−祖父江

────────────
“プレ開幕戦制す“

開幕が待ちきれない〜平日というのにたくさんの観客が集まった敵地ナゴヤドームは嬉しい限りですね〜

長打こそありませんが、猛虎打線が繋がり逆転勝利!プレ開幕戦を勝利した金本猛虎ですが、なかなか結果が出せない選手と明暗が分かれかした。

先発の秋山君がアピールに失敗です。
1回こそ、わずか6球でフライアウト3つに片づけたましたが、2回に中日打線につかまります。1死後に甘いカットボールをとらえられ、左翼にアーチを浴びると、直後に右中間三塁打を許したほか、痛打を繰り返して2失点。3回も連打されて、さらに2点を失いました。
この日は4回4失点。打たれると気負ってしまうのかな〜島本君らと先発6番手を争っていますが、好印象を与えられず、残念ですが再度出直しです。

そして猛虎の“新代打の神様”が誕生でしょう!
同点の九回、無死二、三塁の絶好機で代打をコールされたのは無精髭狩野君です。チェンジアップを捉えてライナーで左前へ。決勝適時打となりました。
16日のロッテ戦に続き、2打席連続代打で快音を飛ばし、代打の神様が誕生ですね!



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:狩野 惠輔外野手


撮影:アナフレ猛虎会『うぽって☆』


撮影日:2016年03月12日


場所:阪神甲子園球場


author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:27 | - | - |
▼ 虎!オープン戦4勝3敗4分け
[ 24横田 ]

■2016/3/17 試合結果

対ヤクルト オープン戦 神宮

神|100 000 000|1
ヤ|000 000 100|1

神:岩田−安藤−高宮−ドリス
ヤ:小川−ペレス−ルーキ−秋吉


────────────
“秘蔵っ子が活躍“


掛布二軍監督が入団以来手塩にかけていた秘蔵っ子が開幕一軍に向けて頑張っていますね〜

神宮でのオープン戦はガンちゃん岩田君が先発。
強力燕打線を6回無失点に抑え込みました。
被安打6はすべて単打で無四球。
本人は投球数が多かったことを反省していましたが、この時期なら上出来でしょう。
3月30日のヤクルト戦でシーズン初戦に向けて万全な仕上がりです!

そして掛布二軍監督が新人時代から目を付けていたプロ3年目の横田君がオープン戦の首位打者争いをするまでに成長しています。
 ヤクルトのエースから1回に遊撃内野安打、5回に二塁内野安打と、俊足を生かした2安打をマーク。打率は4割ジャストとなりました。
この日は初めて「2番中堅」でスタメン出場。攻撃形打線を望む金本監督の開幕ラインアップに加わる可能性が出てきています。
楽しみですね〜若虎の台頭が!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:横田 慎太郎外野手


撮影:アナフレ猛虎会『うぽって☆』


撮影日:2016年03月12日


場所:阪神甲子園球場


author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:45 | - | - |
▼ 虎!オープン戦4勝3敗3分け
[ 9高山 ]

■2016/3/16 試合結果

対ロッテ オープン戦 QVCマリン

神|020 001 000|3
ロ|000 111 000|3

神:藤浪−鶴−福原−高橋−マテオ
ロ:古谷−阿部−益田−大谷−内


────────────
“孝行息子が大活躍“


猛虎が関東にやってきました!
そしてドラフト1位の高山君が故郷・千葉で開幕スタメンに大前進です。

と言いますか、すでにスタメンは決定でしょう。
2回1死三塁で左腕投手の外角低めカーブを拾うと、一塁線を破る先制適時二塁打。4回には2死後に内角球を巧みにさばいて左前へ。6回も一、二塁間を破る右前打を放ち、プロ初の猛打賞を記録しました。
左腕から3安打をマークした点は高く評価できます。
地元は球場から近い船橋市。母と妹さんが観戦する前で勇姿を見せた孝行息子。
嬉しいだろうな〜自分の息子が縦縞なんて〜

プロの風は厳しいですが、今はこの調子を維持してたくさんの投手と対戦して未来の猛虎を背負っていく縦縞戦士になって欲しいものです。


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:盪魁―啌位郤


撮影:アナフレ猛虎会『うぽって☆』


撮影日:2016年03月12日


場所:阪神甲子園球場


author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:47 | - | - |
▼ アナフレ猛虎会メルマガ御購読者の皆々様
[ アナフレ猛虎会の皆々様 ]




“最近の問題に思う”

阪神四藤慶一郎球団社長が15日、兵庫・西宮市内の鳴尾浜球場で取材に応じ、チーム内で試合前の円陣での「声出し」やノックで現金のやりとりがあったことを認めました。

この話題を避けて通れないので小生としての個人的な見解を述べたいと思います。

巨人の選手が、自チームの公式戦の勝敗に絡んで円陣での「声出し」で現金のやりとりを行っていたのが発覚したばかりの矢先。
昨秋、巨人の野球賭博問題にともなう球団内の調査で事実を把握し、今年1月にはコミッショナー通達がありまし。
球団社長は賭博行為につながりかねない重大な問題と捉え、今後あったら許されないとメデイアの前で声明いたしました。

V9時代の巨人で、ノーストライクスーボールから打ったら罰金という理不尽な行為があったのは有名ですね。
しかしながら許せることは、勝ちにこだわった上での方針であるということです。
プロ野球界に何が欠けているか・・・
選手一人一人からは優勝の二文字が出ますが、勝負に対する価値観というものが薄れ、個々に活躍して球団を渡り歩けばそこそこの年棒がもらえて悠々時的なプロ野球選手生活を送れるような風潮が、このような金銭授受問題に発展するような気が致してなりません。
優勝を逃すことがいかに選手個々にとっても、球団にとっても重大な問題か・・・
何度二位になっても一位にならねば意味がないと、張本氏が良くテレビ出こぼしていますが、小生も全く同感です。
10年以上も優勝できない球団に所属している自覚が球団になければ、このような目指すものを見失うチームとなってしまうことも肝に命じてほしいものです。
巨人、阪神で相次いで選手間の金銭授受が明らかになったことを受け、セ・リーグ6球団は緊急理事会を17日に開いて対応を協議することを決めました。

開幕どころではないと、世論も厳しく今回の問題を捉えています。
理事会での良識ある対応に期待しよう!




撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2016年3月



author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:22 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり1245
[ 5西岡 ]

“ポジション争い決着”

開幕二塁手スタメンは西岡君に決まりそうだ!

二塁手争いに決着をつけるような2度の快音を西岡君が響かせた。
右肘痛からの完全復活を見据え、ライバル上本君を引き離したと言っていいでしょう。
3月の7試合中5試合で二塁先発出場し、オープン戦の打撃成績はこれで16打数6安打の打率・375、4打点と好調を維持しています。
逆にオープン戦1割台の打率だった上本君はベンチスタート!
この時期に好調な選手を開幕スタメンにするのは当然だ。
ドラフト1位・高山君が左翼に入るため、中堅は大和君が回る形。
打順は未定だが、25日の開幕中日戦(京セラD)のメンバーが大枠で固まったようだ。


参考文献:阪神タイガース公式サイト

画像:西岡 剛内野手

撮影:アナフレ猛虎会『うぽって☆』

撮影日:2016年03月12日

場所:阪神甲子園球場






author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:01 | - | - |
▼ 虎!オープン戦4勝3敗2分け
[ 38マテオ ]

■2016/3/13 試合結果

対日本ハム オープン戦 甲子園

日|000 000 000|0
神|000 004 00x|4

勝:安藤1勝1敗0S
敗:有原0勝1敗0S
日:有原−榎下−白村
神:藤川−安藤−ドリス−守屋−金田


────────────
“開幕スタメンが機能“

昨日はさっぱりだった猛虎打線がつながりました。

開幕ローテーション入りを確定させている球児君が先発し、日本ハム相手に貫禄の投球を見せてくれましたね。
速球の球速は140キロ前後ですが、カーブやツーシーム系など変化球を駆使して、5回無安打無失点と完璧な内容!
特筆すべきは15アウトのうち、フライアウトが11個あったこと。
さすがの一言の球児君の先発予定は、開幕3戦目の27日中日戦でのシーズン初先発が濃厚です。
そして新加入のヘイグ君がオープン戦初の3番に座り、これもOP戦初のマルチ安打をマーク。
4回1死一塁の場面で右前へ。これがチーム初安打となり、さらに6回2死一塁で変化球を引っ張り3打数2安打の活躍に少々ホッとしましたか〜監督!

高山君に負けてたまるか北條君大活躍!そしてマテオ君がストッパーに大抜擢される可能性が出てきましたね!
スライダーでストライクゾーンの出し入れができることが、大きな武器だ。特に右打者の外角へのスライダーは、打者の手元で変化するため打ちにくい。外国人特有のアーム式の腕の使い方も、右打者には恐怖を与えるようです!

本当に今年の猛虎は新しい顔が活躍しそうな予感です!

画像はそのマテオ君です!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:マルコス・マテオ投手


撮影:アナフレ猛虎会『うぽって☆』


撮影日:2016年03月12日


場所:阪神甲子園球場


author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:55 | - | - |
▼ 虎!オープン戦3勝3敗2分け
[ 0大和 ]

■2016/3/12 試合結果

対日本ハム オープン戦 甲子園

日|010 000 000|1
神|000 000 000|0

勝:メンドーサ2勝0敗0S
S:鍵谷0勝1敗1S
敗:メッセンジャー0勝1敗0S
HR:中田ソロ1号
日:メンドーサ−加藤−谷元−鍵谷
神:メッセンジャー−マテオ−鶴−歳内−二神


────────────
“開幕スタメン機能せず“

今日のメンバーが開幕スタメンじゃないですか〜金本監督様!
しかしながらこの日は空転!打線が機能しませんでしたけどね!

1番(二)西岡
2番(中)大和(右)
3番(遊)鳥谷(左)
4番(一)ゴメス
5番(指)福留(左)
6番(三)ヘイグ
7番(左)高山
8番(右)横田
9番(捕)岡崎
ピッチャーメッセンジャー

このメンバーではまずヘイグ君は申し訳ないが開幕スタメンになるものの、昨日のスイングを見た限りでは振り遅れているのでレギュラーは無理と判断。
三塁には今成君もしくは西岡君が入り、上本君がセカンド7番。
そして福留君が右翼に入り5番、高山君が7番レフトになります。

センター大和君の2番大賛成!
今成君は三塁固定で西岡君と上本君を交互に、そして福留君を休ませるために横田君というのも面白い!

画像は昨日の試合を生観戦のアナフレ猛虎会の同志より頂戴いたしました!
2番センター大和君です!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:大和内野手


撮影:アナフレ猛虎会『うぽって☆』


撮影日:2016年03月12日


場所:阪神甲子園球場


author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:16 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり1244
[ 69島本 ]

“6番目の座を狙え”

開幕投手こそ決まっているが、開幕ローテの最後の席の争奪戦が熱い!

島本君が10日のDeNAとのオープン戦に2番手で登板。2回2安打1失点でしたが、最速144キロの直球を内角に投げ込むなど首脳陣に猛アピール。
沖縄・宜野座キャンプで左足内転筋の張りを訴え、出遅れていた左腕が、開幕ローテ6番手争いに加わりました。
強気な投球スタイルに金本監督も好評価。
今春キャンプは1軍スタートも、2月3日に左足内転筋に強い張りを感じ、2軍で再調整していました。
昨年も江夏氏に太鼓判を押された若き左腕の戦いは続きます。



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:島本 浩也投手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:2015年03月15日


場所:横浜スタジアム



author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:51 | - | - |
▼ 虎!オープン戦3勝2敗2分け
[ 21岩田 ]

■2016/3/10 試合結果

対DeNA オープン戦 甲子園

デ|001 001 000|2
神|020 120 00x|5

勝:岩田1勝0敗0S
S:高宮0勝0敗1S
敗:三嶋0勝2敗0S
デ:三嶋−小杉−長田−三上
神:岩田−島本−高橋−高宮

────────────
“開幕一軍メンバーの行方“

まだまだ選別中ですからという金本監督!
このままうち続ければ、十分開幕スタメンもあり得ますよとも
逆に言えば、すでに決まっていることが前提での発言であれば安心ですが、未だに主要メンバーが確定していないのは少々不安にも感じます。

されども一軍入り確実な男が好投です。
ガンちゃん岩田君が先発し、5回5安打1失点と好投しました。
3回に3連打を許し1点を失うも、2回にはDeNAの4番、5番、6番を3者連続の空振り三振に抑えるなど、要所を締める投球を披露。
シーズン開幕へ向けて順調な調整ぶりをみせました。

そして注目の捕手ですが、今年は太一岡崎君が猛アピールですね〜
年齢や経験値が結果として現れてきているのなら本物でしょう!
正捕手を目指す12年目の男は、この日2本の二塁打を放って1打点。
1軍で通算41試合にしか出場していない男が、今季はキャンプから1軍で奮闘。梅野君、小宮山君らと開幕マスクを争う岡崎君のデフェンスを矢野コーチは一番と評価している模様です。
打撃さえ良くなったらレギュラーに一番近いと金本監督も話していることから、どうやら大いにあり得そうな予感ですネ!

画像は岩田君でした。


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:岩田 稔投手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2015年03月31日


場所:明治神宮球場


author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:56 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり1243
[ 44梅野 ]

“超変革に期待する”

猛虎の激励会が9日、大阪市内のホテルで開かれ、冒頭で金本監督が挨拶しました。

ここまでは何とか変わった姿をチームとして見せてこられたこと、そして1年間、シーズンを通して猛虎は変わった、強くなった、といわれるチームを目指して頑張っていきましょう!と声を張り上げての挨拶だった模様。
確かに積極的に若い選手を器用していく姿勢がキャンプから感じられました。
坂井オーナーは、毎年息切れする、失速すると言われるのが猛虎と反省。
最後の最後まで戦えるように自信を持ってシーズンに向かってほしいと選手らを激励。
このオーナーと新監督との新生猛虎がペナントを奪還することができるか!
球界の盟主であるチームから残念な話題ばかりが聞こえてくるプロ野球界は、猛虎ファ盛り上げていかねばラグビーとサッカーに完全にスポーツの主役の座を奪われますね〜

ところで、先日のオープン戦では梅野君がマルチ安打で復活をアピールしました。
8番捕手で3回に二塁打を放つと、5回は中前にクリーンヒット。
2割だったオープン戦打率を4割2分9厘まで引き上げました。
猛虎の超変革の最重要課題が正捕手の育成です。
レギュラー争いは岡崎君、小宮山君にリードされた感もありましたが、まだまだこれから最後の逆襲もありえますな!



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:梅野 隆太郎捕手


撮影:アナフレ猛虎会『うぽって☆』

撮影日:2015年03月15日


場所:横浜スタジアム



author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:24 | - | - |
▼ 虎!2016年オープン戦2勝2敗2分け
[ 19藤浪 ]

■2016/3/8 試合結果

対西武 オープン戦 甲子園

西|010 102 000|4
神|101 000 000|2

勝:野上1勝0敗0S
S:岩尾0勝0敗1S
敗:安藤0勝1敗0S
西:野上−岡本洋−藤原−岩尾
神:藤浪−安藤−マテオ−ドリス−歳内

────────────
“サバイバルゲームの行方“

若虎が開幕1軍に向けた最後の4番勝負が始まった。
昨日の西武戦以降、甲子園で組まれるオープン戦4試合は1軍メンバーに入るための重要な舞台になる。

この4試合は2軍メンバーとの入れ替えを積極的に行い、戦力として見極めるテストになる方針。
1、2軍の当落線上にいるのはオープン戦好調の横田君や死球でも強行出場した緒方君らでしょう。
実戦4本塁打の陽川君も奮闘しています。正捕手争いも混沌としており、若手にとって、生き残りをかけた期間になります。

そして開幕9日前の16日ロッテ戦を皮切りとした関東遠征からは、1軍戦力が本番モードの戦いに入るのが定石。
2月のキャンプインから激しく1軍枠を争ってきた開幕メンバーバトルは最終コーナーを回りました。

そんな若虎達とは別格なのが藤浪君です。
オープン戦の西武戦で16年甲子園初登板を果たしました。
5回6安打6奪三振2失点の数字以上に、新しい握りを試しているカーブ、昨季まで使用頻度が低かったチェンジアップを交えた緩急に手応えを十分感じていた模様。
開幕投手こそ逃しましたが、もう機は熟していますね〜
今年は何勝できるか!やはり自己最高のシーズンにして欲しいですね。




参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:藤浪 晋太郎投手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2015年05月02日


場所:東京ドーム


author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:12 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり1242
[ 5西岡 ]

“8年連続負け越しに思う”

金本阪神がオープン戦の巨人戦で宿敵を圧倒しましたが、よくよく考えますと、シーズンを通じて巨人に全く勝ち越せてないのですね〜猛虎は・・・・・
困ったものです。
先日の試合で巨人のマウンドは内海投手。あの全盛期に比べると別人のように腕の振りが悪くなっていました。その投手相手に本拠地甲子園で6連打などで一挙に5点を奪った猛虎打線。
しかし金本監督が目を細めたのは、西岡君の打撃内容だったそうです。
一番、見習ってほしいのがたたきつけた打球。
三振だけはしないぞと1点を取りにいくといく打撃を中堅選手の西岡君がやってくれている点を見習うべきだと強調。
高いバウンドのゴロなら内野ゴロでも三塁走者の本塁突入もセーフになる可能性が高い。状況に応じて、最低限の打撃を渋くこなす。そんなしたたかさが光った場面でございました。
昨年まで猛虎は8年連続で巨人相手にシーズン勝ち越しがない。
まずはそんな負け犬根性を叩き直す新監督の手腕にも期待したいものです。

画像は、したたかな西岡君です!


参考文献:阪神タイガース公式サイト

画像:猛虎ナイン

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:2015年03月31日


場所:明治神宮球場



author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:56 | - | - |
▼ 虎!2016年オープン戦2勝1敗2分け
[ 99狩野 ]

■2016/3/6 試合結果

対巨人 オープン戦 甲子園

巨|100 000 000|1
神|001 500 00x|6

勝:藤川1勝0敗0S
敗:内海0勝1敗1S
巨:内海−田原誠−山口−土田
神:藤川−守屋−石崎−榎田−鶴


────────────
“背番号18番がマウンドへ“

4年ぶりに甲子園のマウンドに球児君が帰ってきました!
古巣復帰後初登板は、先発で4回3安打1失点と好投しました。
何と言っても背番号18番が今マウンドにいます。
何年ぶりでしょうね〜縦縞背番号18番を見るのは。
初回、先頭打者にいきなり中前に運ばれると、1死三塁となり中前適時打を浴び1点を失います。しかし以降は立ち直り、2回、3回と3者凡退に抑えるピッチング。4回も1死二塁とされるも後続を打ち取り、この回でマウンドを降りました。シーズン開幕へ向けて順調な調整ぶりをみせました。
小生の印象はやはり球児君はコントロールがいいな〜って印象です。
柔らかい無駄のない投球フォームから繰り出す球は素晴らしい。
少しフォームが変わったような気がしますので4年前の画像と見比べたくもなりましたが。

さて、新生猛虎打線も4回に打者一巡で一挙5点を取る猛攻を見せました。
先頭の6番狩野君が左前打を放つと、そこから2番西岡君まで6連打。宿敵相手に新生猛虎打線の破壊力を見せつけました。
あとは誰が本塁打を打つかな〜

画像はその突破口を開いた狩野君です


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:狩野 恵輔外野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2015年04月04日


場所:東京ドーム


author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:04 | - | - |
▼ 虎!2016年オープン戦1勝1敗2分け
[ 32新井良 ]

■2016/3/5 試合結果

対千葉ロッテ オープン戦 甲子園

ロ|000 020 002|4
神|000 010 010|2

勝:大谷1勝0敗0S
S:内0勝0敗1S
敗:高橋0勝1敗0S
ロ:大嶺祐−スタンリッジ−大谷−内
神:能見−青柳−高宮−金田−高橋


────────────
“甲子園が熱い“

さすがは甲子園でのオープン戦!公式戦さながらの声援を聞くと気分も軽やかでございます。
そしてマリーンズサポーターも天晴れですね!


虎の先発は能見君です。4回2安打無失点と好投し、開幕へ順調な仕上がりを見せました。
一回に一死から中前打を許しましたが、続く打者を併殺に仕留めチャンスを作らせません。二回にも二死から四球で走者を出しましたが、二ゴロを打たせ抑えると、三回、四回も無失点で切り抜けました。
毎回走者を出しながら、要所を締める投球で4回2安打無失点。64球でまとめ、マウンドを降りました。

さて猛虎打線ですが、それ以前にベンチに見られる顔ぶれが本当に若返りましたね〜なんだかファームの試合を見ているような気もしました。
まだまだ貧打が続いています。
投手陣はともあれ、野手陣は少しずつですが結果が出始めています。
画像は大焦りの良太新井君でいきましょう!



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:新井 良太内野手


撮影:アナフレ猛虎会『うぽって☆』


撮影日:2015年03月15日


場所:横浜スタジアム

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:48 | - | - |
▼ 虎!2016年オープン戦1勝2分け
[ 2北條 ]

■2016/3/4 試合結果

対ソフトバンク オープン戦 ヤフオクドーム

神|002 000 100|3
ソ|002 001 000|3

HR:柳田ツーラン1号・ソロ2号
神:メッセンジャー−ドリス−二神−歳内
ソ:攝津−柳瀬−飯田−バリオス−五十嵐−スアレス

────────────
“やはり打てない?猛虎打線“

う〜む、蓋を開けてみれば、やはり今年も貧打戦なのか猛虎・・・・
昨日行われたソフトバンクとのオープン戦での一幕!
金本監督が三回の攻撃前の円陣で打線にハッパをかけました。
二回を終えて4三振。そのうちの二つが見逃し三振という内容に我慢できなかったのでしょう。
三回は積極的な打撃がさえ、ソフトバンクの摂津投手から2点を奪い返したのもつかの間か・・・その後も1点を追加するだけの引き分けと言う結果に、野手陣に苦言でございます。
簡単に追い込まれて、見逃しという内容は若い選手のすることではないと語気を強めました。

一回に見逃し三振を喫し、三回に初球を適時二塁打とした北條君は相当薬が効いた模様。おかげで初球から一発で仕留められたとうなずいていました。

画像はその北條君です。



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:北條 史也内野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タオガース☆』


撮影日:2015年03月15日


場所:横浜スタジアム

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:22 | - | - |
▼ 虎!2016年オープン戦1勝1分け
[ 5西岡 ]

■2016/3/3 試合結果

対ソフトバンク オープン戦 ヤフオクドーム

神|000 012 000|3
ソ|201 000 000|3

神:岩田−鶴−榎田−マテオ
ソ:千賀−加治屋−柳瀬−岡本−サファテ

────────────
“まだまだ調子は上がらず“


オープン戦初登板の岩田君が3四死球を与えるなど制球が安定せず、5回を5安打3失点。習得中のチェンジアップを投げる余裕もなく「力み倒した」と課題を残しました。
まだまだ本調子ではないようですね。
一回、先頭打者にいきなり二塁打を許すと四球、死球で満塁となり、犠飛で簡単に失点。連続日本一の強力打線を相手に、オープン戦だというのに力んでいたことを反省。
3点を先行された猛虎打線は五回、横田君のタイムリーで2点差とすると、六回には西岡君、高山君の適時打で3−3。試合は、そのまま引き分けとなりました。

画像はキャンプおさぼり王の西岡君です!

参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:西岡 剛内野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タオガース☆』


撮影日:2015年03月31日


場所:明治神宮球場
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:05 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり1241
[ 集合画像 ]

“必勝祈願2016”

昨日、金本監督をはじめ、選手・スタッフ・職員が、西宮神社(兵庫県西宮市)を参拝し、今シーズンの必勝を祈念しました。
いよいよ金本阪神の出発です
今年のセ・リーグは昨年同様に混戦を予想しています。
これといった強いチームがない。ソフトバンクが今や日本球界の王者でしょう。
金本猛虎にも優勝のチャンスは絶対にありますが、一歩ふみ間違えればBクラス転落もありえます。
持ち前の努力と強靭な体力と信念で猛虎の4番打者にまでなった監督の野球人生を若虎達にしっかり叩きこんで欲しいものです。


参考文献:阪神タイガース公式サイト

画像:猛虎ナイン

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:2015年03月15日


場所:横浜スタジアム


author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:00 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり1240
[ 2北條 ]

“春季キャンプ継続指令”

なるほどこんな監督の目論見が隠されていたのですね〜
金本監督が若手選手に3月中旬まで継続キャンプを課す考えを明かしました。
29日間の沖縄・宜野座キャンプを打ち上げ。陽川君や横田君、そしてドラフト1位高山君らの打棒が目を引いたキャンプでしたが、決して監督は満足はしていないようです。
オープン戦後の甲子園などでキャンプ同様の特打や特守を命じ、鍛え続ける方針を明かしました。
そしてウエートトレーニングはシーズン中も継続する模様。
レギュラー陣は開幕にベストに持っていってくれれば大丈夫。でも若手は最後の2週間までしっかり鍛えていく方針を発表した監督。
キャンプの延長戦。1、2軍ともブレずに、気が緩まないメニューを課す予定です。
ただですね〜監督さま!鳥谷君は別格としても今の若者はとにかく体力がないからな〜
まあ今年シーズンを通じての活躍云々ではなく、未来の猛虎戦士を見据えた愛の鞭と解釈いたしましょう!

画像は若虎代表北条君です。


参考文献:阪神タイガース公式サイト

画像:北條 史也内野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:2015年03月15日


場所:横浜スタジアム


author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:56 | - | - |
▼ 猛虎春季キャンプリポート2016
[ 4上本 ]



“春季キャンプ打ち上げ”

金本猛虎が29日、沖縄・宜野座キャンプを打ち上げました。
選手会長の上本君が「宜野座のみなさん、阪神園芸のみなさん、1カ月間キャンプにご協力くださいましてありがとうございました。これから関西へ戻り、オープン戦、公式戦と戦っていきますが、皆さんに『超変革』した姿をお見せし、盛り上げていきたいと思いますので、宜野座から温かい声援よろしくお願いします。1カ月間本当にありがとうございました」とあいさつ。
最後は選手、スタッフで一本締めを行い、1カ月にわたるキャンプを終えました。

キャンプ総括インタビューに答えた金本新監督。
現役時代以上に疲れた表情に見えたのは小生だけでしょうか・・・
キャンプMVPも特に考えておらず、最後に投手陣では榎田君が出てきたこと、そして能見君とメッセの仕上がりの状態を評価。
そして野手では鳥谷君のリーダーシップと高山君の予想以上の力量!そして横田君の嬉しい誤算などなど
盛りだくさんの春季キャンプでございましたが、これからが本番ですぞ〜疲れが選手以上に出るのが監督業!
超変革という言葉が選手会長から出ましたので、まずは金本イズム注入に成功のキャンプだったのではないかと。

画像はキャプテン上本君です。


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:上本 博紀内野手




撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2015年03月15日

 
場所:横浜スタジアム



author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:04 | - | - |


皆様こんにちは。ご訪問いただき有難うございます。 アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』と申します。 (*^^)v野球経験のない素人の球場観戦の独り言にお付き合いください。 有料又は無料のメールマガジンにてアナフレの独り言をお楽しみくださいませ。まぐまぐ!マイメルマは無料メールマガジンです。 又皆様からの観戦リポートやご意見ご感想も歓迎いたします。メールフォームにてお気軽にお声がけくださいませ。
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
アナフレ猛虎会
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

アクセスカウンター

過払い

外汇
携帯 中古外汇


阪神タイガースおっかけマップ (2005)
阪神タイガースおっかけマップ (2005)

阪神タイガースを語るには何がなくてもまず甲子園球場。大歓声でマンモススタンドが揺れ、ラッキーセブンのジェット風船は夜空が隠れてしまうほど舞い上がる。みなさん人生そのものをタイガースにかけているのだ。甲子園球場はもちろん、その周辺のこと=甲子園の街並みを知っていただきたい。野球とともに歩む姿を。またたくさんの楽しい、うれしいお店がいっぱいある。タイガースOBのお店や、ナインご贔屓のスポット、ファンが集うショップ。・・・・いえいえ甲子園だけではありませんぞ。おとなり尼崎も、芦屋も神戸、大阪も・・・・関西圏をくまなく知っていただこう。もちろん関東の情報も掲載!
野村ノート
野村ノート

ところが、以外な選手に感謝されているということもある。その代表的なのが桧山である。阪神時代、桧山に対しては叱ったことはあっても、野球はこうだ、人生はこうだと懇切丁寧に指導した記憶がない。・・・・平成15年、確か優勝した翌日の新聞だったと思うが、彼のインタビューに目を通し驚いたことがある。「野村さんが阪神の監督だったときは、いっていることがよく理解できなかったんですが、今になってやっとわかってきました」・・・・・桧山のように思ってもみなかった選手から感謝を受けるのも指導者冥利に尽きる。  それにしても人生はまさに一期一会だなあと思う。赤星、藤本は阪神のドラフトリストに名前はなかった。赤星はアマからのキャンプ参加、藤本は社会人選手権大会の観戦に行って、遊撃手を探していたときに目に留まった選手である。・・・・私との縁を大切にし、「考えないよりは考えるほうがいい」「知らないより知っていたほうがいい」と私にいわれ、「なるほどそうだな」と思い、ノートをこまめに取り、そのノートを保存し何度も読み返す。こうしたちょっとの差が、いざ自分が指導する立場になったときに活き、あるいはコーチや監督という地位を得るためのチャンスとなる。逆に出会いや縁を無駄にしてしまう選手は、将来の可能性まで狭めてしまうのである。
猛虎の70年
猛虎の70年

第1章阪神タイガースとは何か・・・・おそらくクソ度胸という点では球界ナンバー1の星野仙一の背中にスーッと寒気が走ったのは、彼が阪神の監督になってすぐのことだった。・・・いや、「恐怖」すら感じたという。それは阪神ファンが試合に感動し、勝利の歌を大合唱し、それが終わると球場の外へ出て、ゾロゾロと甲子園駅に帰るのではなく、球場近くの広場に何千人と集まり、そこでも「六甲颪」の大合唱をやるのだ。ファンはやがて甲子園の駅に移動する。この甲子園駅でもまたも「六甲颪」の大合唱となる。それでも終わらない。阪神電車に乗り込んだファンはそのまま梅田の駅で降りて、その梅田駅コンコースでまたまた「六甲颪」の大合唱である。これが深夜まで続くのだ。「お前ら、あれが聞こえるか?俺達はあの熱狂的なファンに対する責任があるんだ。もしあのファンを裏切ったら・・・・俺はどうなるか知らんゾ」・・・・「俺は勝ちたいんや!そのためにはどうするんや?俺はファンに喜んでもらいたいんや・・・・・」なんとも野暮なセリフである。だがかつて阪神の監督としてこんな直接的な言葉を発した指揮官はいなかった。少年のように「勝ちたいんや!」と絶叫する星野仙一。監督室まで聞こえてくる大合唱、そして海鳴りのようなファンの”鼓動”が星野仙一をギリギリまで追い詰めていったのである。そこには「日本一わがままで、日本一熱心で、日本一我慢強い」と星野が評したファンの姿があった。
巨人軍かく勝てり―V9達成の秘密
巨人軍かく勝てり―V9達成の秘密

チームプレーとは「チームワーク」=「人の和」よりさらに深い考え方で、“人間集団におけるモラルから、グランド上のプレーに至るまで、あらゆる人間行動を網羅した広い考え方”といってよいと思う。
簡単な具体例をあげよう。
いまここで二人の人間がキャッチボールを始めるとする。ボールを握って投げる側は、次のように考える「相手が取りやすいところへとりやすいスピードで投げてやろう。投げ返す時のことも考えて胸元へ投げてやろう」そう考えて投げる。
一方受ける側はどうか。相手がそう考えて投げてもミスすることがある。だから相手の気持ちを察して、「万一とりにくいボールがきても、何とか受けてミスを未然に防いでやろう」この二人の「思いやり」がチームプレーの根本精神である。
 このちいいさな「思いやり」は、やがて「自分の義務と役割を完全に履行」することに広がり、チームのために「自己犠牲」をいとわず、「助け合い」、そしてチーム全員に「感謝」するところにまで高められていく。
巨人軍論 ――組織とは、人間とは、伝統とは
巨人軍論 ――組織とは、人間とは、伝統とは

チームの要だったON
『チームを預かることになったとき、いつも私が手本としてきたのは川上哲治監督であり、川上監督が率いたV9時代の巨人というチームであった。それではV9巨人のどこが素晴らしかったのだろうか。まずはなんといっても王貞治と長嶋茂雄、すなわちONの存在をあげないわけにいかない。ONは長らく巨人の3番4番に座り続け常にチームの中心であり続けた。ただし私がこの二人を高く評価するのは、彼らが記録や数字を残したからという理由ではない。彼らが中心選手としての役割と責任をまっとうしていたという事実が大きいのである。私は「中心選手はチームの鏡でなければならない」と述べたが、王と長嶋は、まさしくそうであった。他の選手の模範であり続けたのである。そこが凡百の「四番」とONのちがうところなのである。

…その意味で、私は阪神の金本知憲を高く「評価」している。現在の球界で真の「四番」といえるのは彼くらいだろう。彼は少々の故障くらいでは試合を休まない。チームへの忠誠心も高い。金本が移籍してきてから、阪神の選手の意識が明らかに変わった…金本の野球に取り組む態度を見れば、まわりの選手も自然と「このままではいけない」と感じるようになる。また若手選手が直接叱るより先輩が叱ったほうが叱られた若手のショックは少ない。ここ数年の阪神の躍進には、この金本の存在が大きく寄与している』

ドジャースの戦法
ドジャースの戦法

『投手は自分の左側に球を打たれたらすぐさま一塁に向かってスタートする習慣をつけなければならなぬ。ゴロであろうとライナーであろうと変わりはない。直ちに一塁に突進せよ。適当な時に投手がマウンドを離れなかったためにゲームを失ったためしは多い。打球が左側にきたら、投手は真っ直ぐに一塁にスタートし、塁に近付いたらスピードを緩め、右足を塁に触れて、一塁手からの投球を待ち受ける。球を受け取ったら走者との衝突をふせぐために、ファウルラインの内側を二、三歩走り続けるが、この場合もし他の塁にも走者がいたら、投手はできるだけ早くとどまり、必要に応じて他の塁に投球する用意をせねばならない。
走者の足が遅いか、又は他の理由で投手がゆっくり一塁に間に合った時には、塁上で止まって、こちらに投球しようとしている野手の方に向き直り、一塁手のような身のこなしで、体をのばしたり、どちらかの側へ動いたりして、一塁手の代わりをつとめなければならぬ。』
背番号三桁―「僕達も胴上げに参加していいんですか?」
背番号三桁―「僕達も胴上げに参加していいんですか?」

「アホか、みんないいから出ろ!お前たちも行け!」優勝が決まった瞬間、ベンチから選手が一斉に飛び出した。星野はすぐさま裏方に対して叫んだ。
「尾張メモ」の全貌―情報は盗んで活かせ
「尾張メモ」の全貌―情報は盗んで活かせ

虚像がユニフォームを着ている

広岡監督殿

巨人偵察記・巨人の実像・私が過去三十年、対巨人と戦ってきた印象からみると、最低の巨人といっても過言ではない。人気という点では昔と雲泥の差があっても、実技つまり野球のすべてに対する取組む姿勢が欠けていること。緻密性がない。個人的には優秀な人材はおりますが、チームプレー1つをとってみても投手は三本間に三塁走者を挟みながら、生かしてしまうランダンプレー等がその例。一発で刺さねばいけないプレーをウロウロして生かすということは、過去の巨人では考えられないことです。極端な表現ですが、巨人のユニフォームを着ている虚像にすぎない。−こう断言できます。

このくらいのチームが優勝することはちょっと考えられないことだが、優勝をバックアップしている審判団の判定が大きく作用していることは申すまでもありません。私自身がこの目で見ても、巨人がパ・リーグであれば、近鉄クラスの実力と見ます。それで人気だけが物凄い、まさに虚人です。・・・・・・
1983年10月15日
阪神タイガース
阪神タイガース

序章 黄金時代の幕開け
”遂に来たタイガースの時代”
『この世の春、である。長い長い苦難のときを経て、とうとう阪神タイガースの時代がやって来た』
覚悟のすすめ (角川oneテーマ21 A 87)
覚悟のすすめ (角川oneテーマ21 A 87)

これまでのプロ野球生活で、胸を張って自慢できることがひとつある。

それは、

「たとえお金にならないことでも、やるべきことを、全力を尽くしてやってきた」

ということだ。

2000年5月12日の第三打席を最後に、翌年9月28日の横浜戦第二打席まで、私は1002打席にわたって一度も併殺打を記録しなかった。これはあまり知られていないが日本記録である。
ただ、常に全力疾走を心掛けていなければ達成できなかった記録でもある。それを私は誇りに思う。

連続フルイニング出場にしても、「すごい」とほめられはしても、直接お金として返ってくるわけではない。

それでも私は、セーフになるチャンスがあれば、一塁に全力疾走する。果敢にボールを追うし、つねに次のベースを目指そうとする。なぜなら

「たとえお金にならないことでも、全力プレーするのがプロ」
そう思っているからである。

「いつケガをしてもいい」そういう覚悟で私は常に試合に臨んでいる。

それが、これまでの私のプロ野球生活を支えた信念であり、いまもつねに自分自身にいいきかせているモットーである。