アナフレ猛虎会

皆様こんにちは。アナフレ猛虎会 通称”頑張れ阪神タイガース☆です。
▼ 皆様よいお年をお迎えください(^O^)/
[ 01鳥谷 ]



”今年一番嬉しかったシーン”

アナフレ猛虎会メルマガご購読者の皆々様!
今年も一年間不肖『頑張れ阪神タイガース』の駄ブログ並びにメルマガにお付き合い頂きまして本当に有難うございましたm(_ _)m
皆々様におかれまして2017年はどんな一年間でしたか?
毎年年末に同じような投稿をしていると、もう一年が終わりかと改めて早いな〜と感じてしまう昨今です。
超変革を掲げた金本猛虎の2年目は、ゲーム差こそありましたが2位という成績に終わりましたが、新任2年目でこの成績は申し分ないかもですね。
しかしながらこのアナフレ猛虎会ブログを始めてはや13年!一度しか優勝できていない猛虎とは・・・やはり弱小チームとしか言いようのないチームを優勝に導いてこそ金本監督の背番号6番が欠番になり得るのかもしれません。


毎年恒例ではございますが、本年の一番1番嬉しかった試合又はシーンを最後に投稿させていただきます。
実は今年も昨年と同じ男を投稿したいのです。
超変革元年において一番苦しんだ男の鳥谷君を取り上げた昨年ですが、本年はその鳥谷君が見事三塁手としてゴールデングラブ賞を受賞したことです。
ただ単に打撃不振を克服したのではなく、三塁手としてレギュラーを務めあげながらのタイトルは並大抵の努力ではないからです。
そして来年こそはスランプに苦しんだ男の復活を取り上げたいのですが、ここでは実名は避けましょう。皆様すでにお判りと思いますがね。


さて、皆々様におかれましても来年が素晴らしい年でありますように!
そして何処かの球場でお会い出来る事も楽しみに(^_^)v本年の挨拶にかえさせていただき、
最後に感謝の気持ちを込めて、阪神タイガースの歌『六甲颪』を斉唱させていただき、
2017年を締めくくらせていただきます。m(_ _)m


作詞 佐藤惣之助 作曲 古関裕而

♪六甲颪に颯爽と
蒼天翔ける日輪の
青春の覇気美しく
輝く我名ぞ
阪神タイガース
オウ オウ オウオウ
阪神タイガース
フレ フレフレフレ

♪闘志発剌起つや今
熱血既に敵を衝く
獣王の意気高らかに
無敵の我等ぞ
阪神タイガース
オウ オウ オウオウ
阪神タイガース
フレ フレフレフレ

♪鉄腕強打幾千度び
鍛えてここに甲子園
勝利に燃ゆる栄冠は
輝く我等ぞ
阪神タイガース
オウ オウ オウオウ
阪神タイガース
フレ フレフレフレ


画像:鳥谷 敬内野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:2017年03月24日

場所:京セラドーム大阪
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 08:47 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり1526
[ 3大山 ]

“ひさしぶりの大砲”

背番号3番 
大山 悠輔内野手

2017年度成績
試合75打席221打数198得点25安打47二塁打10三塁打2本塁打7塁打82打点38盗塁2盗塁刺2犠打1犠飛1四球18死球3三振41併殺打4打率.237長打率.414出塁率.309

猛虎のルーキーが4番打者でスタメンに出場するという快挙が生まれた今シーズン!
結果以上にその風格といいますか・・・これからが本当に楽しみな若虎が出現しました!

春季キャンプを一軍で迎え、紅白戦では初安打が出るまでに17打席を要したものの、球団が正三塁手候補として獲得したエリック・キャンベル君の調整遅れや故障などを背景に、オープン戦の途中まで一軍に帯同した大山君。
そのオープン戦では、9試合に出場すると、打率.333、1打点を記録。3月4日に京セラドーム大阪で催されたワールド・ベースボール・クラシック日本代表強化試合では、阪神の「7番・三塁手」としてスタメンに起用されると、2回裏の第1打席で二塁打を放っています。
金本監督が大山君を「将来の4番打者」として育てるための長期計画を打ち出したことから、3月中旬以降は二軍で調整。当初は体力の強化に専念していましたが、ウエスタン・リーグ公式戦49試合の出場で打率.232、14打点、1本塁打を記録すると、6月23日の対広島戦5回表に代打で一軍公式戦デビュー。「5番・一塁手」でスタメン出場した7月1日の対東京ヤクルトスワローズ戦では、決勝本塁打で公式戦初安打・初打点を記録。
猛虎の新人選手が一軍公式戦初安打を本塁打で記録したのは、1987年の八木裕氏以来30年振り7人目という快挙。
7月中旬以降は、左翼手としてもスタメンに起用され、7月25日の対横浜DeNAベイスターズ戦では、一軍公式戦で自身初の3番打者を務めると、9月1日からの対中日ドラゴンズ3連戦では、初戦で球団史上101人目の4番打者に抜擢!先制打を放つなどの活躍で勝利に貢献しました。猛虎の新人選手が一軍公式戦で4番打者としてスタメンに起用された事例は、1964年の富恵一氏以来53年振りというおまけ付き。
さらに、翌2日の同カードでも4番打者に起用されると、シーズン6号本塁打!
猛虎の新人選手が二軍以外の公式戦で4番打者として本塁打を放った事例は、球団創設2年目の1937年以降では初めて!以降の試合でも、4番打者候補として7月から加入したジェイソン・ロジャース君の不振などを背景に、一塁手や三塁手としてスタメンで4番打者に起用。10月10日の対中日ドラゴンズ戦では、プロ入り後初めて二塁手として出場すると、シーズン7号ソロ本塁打と三塁打で4打点を挙げてレギュラーシーズンを締めくくりました。
一軍のレギュラーシーズン2位で迎えた2017年ポストシーズンでも、甲子園球場で催された横浜DeNAベイスターズとのクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージで、「5番・一塁手」として全3試合にスタメン出場。
10月15日の第2戦では、第1打席からの4打席連続安打によって、1試合4安打を記録。チームはファーストステージで敗退したものの、大山君は全試合で安打を放った末に、ステージ通算で打率.538(13打数7安打)、4打点という好成績を残してシーズンを終えました。

いや腹もしかすると来季の4番は大山君が不動の活躍をするやもしれませんね〜
もっと選球眼を鍛えて四球を増やすことが来季の課題に感じます。
あの田淵氏を凌ぐ大打者になることを期待して!

参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:大山 悠輔内野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2017年4月16日


場所:佐藤薬品スタジアム






author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 08:56 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり1525
[ 5西岡 ]

“甦れ西岡!”

背番号5番 
西岡 剛内野手

2017年度成績
試合32打席100打数92得点6安打21二塁打4三塁打0本塁打0塁打25打点5盗塁3盗塁刺2犠打0犠飛0四球7死球1三振17併殺打0打率.228長打率.272出塁率.290


秋季キャンプで若手に混じって汗をかいていたベテランがいましたね〜
猛虎ナインで唯一日本一を経験した男といっても過言ではないでしょう。
契約更改時のコメントは、野球をできることに感謝の思いが伝わってきました。そして来季に向けての並々ならぬ決意も・・・

背番号5を着用しながら春季キャンプからレギュラーシーズンの前半戦まで二軍での調整に専念した西岡君。
5月30日のソフトバンクとのウエスタン・リーグ公式戦で、「4番・指名打者」として実戦に復帰。
6月27日に出場したオリックスとの同リーグ公式戦では、プロ入り後初めて一塁の守備に就き、チームの後半戦開幕日であった7月17日におよそ1年振りの出場選手登録を果たしました。
縦縞に来てこれほど波乱万丈なプロ野球人生を歩むとは願ってもいなかったでしょう。
我ら虎党は信じています!この男が絶対にこのままユニフォームを脱ぐことはないことを。
甦れ!西岡剛。


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:タイガースガールズ


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2017年4月29日


場所:阪神甲子園球場





author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:11 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり1524
[ 7糸井 ]

“超人が甲子園で躍動する”

背番号7番 
糸井 嘉男外野手

2017年度成績
試合114打席493打数427得点60安打124二塁打16三塁打0本塁打17塁打191打点62盗塁21盗塁刺6犠打0犠飛2四球59死球5三振62併殺打12打率.290長打率.447出塁率.381

お待たせしました!昨年はまだパ・リーグからやってきた助っ人でしたが、来季は名実ともに猛虎が生んだ超人に大変身してくれるでしょう!

金本監督から早々に正中堅手の座を確約されていた1月の自主トレーニング中に右膝の関節炎が再発し、春季キャンプでは一軍の「沖縄組」へ参加したものの本隊と別のメニューによる調整で患部のリハビリを優先スタート。
3月15日の古巣オリックス戦でオープン戦初出場を果たすと、3月31日のシーズン開幕戦に「3番中堅手」として移籍後公式戦初出場。四球を選んだあとの3回無死一、ニ塁の第2打席で左中間越えの2点タイムリーツーベースを放ちます。また4回一死ニ塁でもダメ押しの右翼線適時打、7回にも左前打を放ち、この日3安打猛打賞の活躍で縦縞デビューを飾りました。
7月17日の広島戦、5回裏で出場した打席で、チェンジアップを空振りした際に右の脇腹を痛め、途中交代。翌日、右脇腹の筋挫傷であることが判明し、登録抹消を余儀なくされましたが、8月17日に1軍に復帰。8月30日のヤクルト戦では、10回裏2死で迎えた第4打席で、プロ入り後初となる値千金のサヨナラソロ本塁打を右翼席へ。そのままシーズン最終戦及びクライマックス・シリーズまで全試合に出場。1軍復帰した8月17日時点の打率は.267でしたが、復帰後の8月は月間打率.353、9月も同.319を記録し猛チャージをみせ、9月中旬に打率.297まで上昇。自身8度目の3割へ射程圏内でしたが、最終的に打率.290でシーズンを終了。初めて規定打席に到達した2009年以降、自身2度目となる3割を切る数字となりましたが、リーグ打撃10傑入りは果たし、出塁率はリーグ7位の.381を記録。レギュラーに定着以降最少の114試合の出場ながら、自己2位の17本塁打、同5位の62打点やリーグ4位タイの21盗塁を記録しました。

日本を代表する5ツールプレーヤーの糸井君!史上初の「6年連続打率3割・20盗塁・ゴールデングラブ賞受賞」の栄誉を引っさげての来シーズンの活躍に期待したいですね。
8打席に1つ近い割合で四球を選ぶ選球眼、カウントに応じて打球方向を変える器用さも持つ!芯でボールを捉えた時の、日本人離れした打球の速さと飛距離を見せるパワーを持ち、左方向に本塁打を放つことができる技術。
一塁到達まで基本的に4秒を切り、バントヒットで一塁到達3.54秒を計測。脚力を生かした広い守備範囲と、投手として最速150km/h台を記録したこともある遠投120メートルの強肩から繰り出す力強い送球を持ち味とした守備は他の選手を圧倒!
牽制でベースに戻ることひとつ取っても、研ぎ澄まされたセンスと能力を持ち合わせており、盗塁の失敗率が低い。2016年9月6日に50盗塁に到達。プロ野球で35歳以上の選手が50盗塁以上を記録した前例は、1983年に福本豊氏が35歳11か月で54盗塁したのみで、糸井君は33年振り史上2人目の快挙を成し遂げました。
超人記録を並べたらキリがないくらいの才能は、イチロー選手や新庄君以上ではないでしょうか・・・・
さあ来季は超人が甲子園でさらに躍動します!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:糸井 嘉男外野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2017年6月18日


場所:阪神甲子園球場






author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:39 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり1523
[ 8福留 ]

“ドメさん頼りにしているよ”

背番号8番 
福留 孝介外野手

2017年度成績
試合127打席526打数441得点68安打116二塁打20三塁打3本塁打18塁打196打点79盗塁1盗塁刺2犠打1犠飛4四球77死球3三振92併殺打17打率.263長打率.444出塁率.373

まだまだ健在ドメさんの勝負強いバッティングでございます!

球団史上最年長の40歳でチームキャプテンに就任した福留さま!
前年まで5シーズン務めてきた鳥谷君の後任で、他球団からの移籍によって猛虎へ入団した選手からの起用は球団史上初めてなのですね〜それだけ人望があるという証でしょう。
レギュラーシーズン中は、左投手の先発が予告された試合を中心に、首脳陣の方針で「積極的休養」をはさみながら一軍公式戦93試合で4番打者出場を果たします。
6月6日の対オリックス戦からは、守備位置を右翼から左翼へ変更。本格的に左翼を守るのは、中日時代の2003年以来14年振りで下が、もともと守備にも定評ありの男に違和感はなし。レギュラーシーズン全体では、127試合の出場で、チーム2位の18本塁打、前年を上回る79打点、打率.263をマークしました。
シーズン2号本塁打を記録した4月21日の対巨人戦から本塁打を放った試合でチームを12連勝に導いたり、8月に休養明けの5試合で全て本塁打を放ったりするなど、お休みを頂いたぶん結果で埋め合わせる仕事ぶりも彼らしい。
シーズン終盤の9月には、甲子園球場で催された古巣の中日戦で、NPB一軍公式戦通算350二塁打を達成。29日の対DeNA戦では、全4打席の出塁でシーズン初の4打点を挙げたことによって、チームの大勝と2年振りCS進出確定に貢献。DeNAとのCSファーストステージでは、40歳5ヶ月で迎えた10月14日の第1戦で決勝本塁打を放ったことによって、NPBのポストシーズンにおける決勝本塁打の最年長記録を更新。
日本シリーズへの進出には至らずを理由に推定年棒減という条件は解せないのですが、本人はスッキリ契約を更改した福留さま!
“個人の目標なんて一切いらないです。(優勝)そこだけです”と語ってくれたキャプテンの戦いは始まっています!



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:福留 孝介外野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2017年4月29日


場所:阪神甲子園球場






author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:36 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり1522
[ 9高山 ]

“2年目のジンクス”

背番号9番 
高山 俊外野手

2017年度成績
試合103打席353打数328得点40安打82二塁打15三塁打3本塁打6塁打121打点24盗塁6盗塁刺3犠打0犠飛1四球21死球3三振77併殺打3打率.250長打率.369出塁率.300


2年目のジンクスか・・・プロの壁に早くもぶつかったのか・・・
オープン戦で12球団最多タイの4本塁打を記録し、終盤には打線の強化を図る金本監督の構想に沿って、もっぱら2番打者に起用されていた高山君ですが、3月31日には、広島東洋カープとの開幕戦に「1番・左翼手」としてスタメンで出場。
広島の開幕投手が投じた初球で内野安打を記録したことで、NPBの加盟球団に所属する選手が、入団1年目から2年連続で一軍開幕戦の1番打者として第1打席にレギュラーシーズンの初安打を放った事例は、この高山君が初めてという記録を樹立!
しかし以降の公式戦では、一時3番打者を任されるも、攻守とも精彩を欠くプレーが続出します。
6月6日の対オリックスバファローズ戦から中堅手へ転向すると、右の強打者・中谷君など併用されるようになり、以降も打撃不振が続いたため8月18日にプロ入り後初めて出場選手登録を抹消されました。
9月25日から一軍に復帰すると、同月29日の対DeNA戦7回表に、プロ入り後初の代打本塁打を放ち、不甲斐ないシーズンに一矢報いた一打となりました。
地味な性格なのかな〜メディア掲載も滅法少なくなった高山君の来季の巻き返しにも期待します。



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:高山 俊外野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2017年3月24日


場所:京セラドーム大阪






author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:23 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり1521
[ 12坂本 ]

“正捕手の座を脅かせ”

背番号12番 
坂本 誠志郎捕手


2017年度成績
試合42打席132打数113得点13安打28二塁打5三塁打0本塁打2塁打39打点17盗塁0盗塁刺0犠打3犠飛0四球15死球1三振32併殺打1打率.248長打率.345出塁率.341

猛虎の正捕手争いに一石を投じた若虎でしょう!少なくとも原口君の野手専念を決定つけた期待の若虎捕手です。

一軍正捕手候補の1人として、前年に続いて春季キャンプを「沖縄組」でスタート。
キャンプ終了後の3月には、4日に催されたワールド・ベースボール・クラシック・オーストラリア代表の強化試合で猛虎のスタメンマスクを任されると、能見君とのバッテリーで好リードを披露。しかし、7日にオリックス・バファローズとの春季教育リーグ戦で打席へ立った際に、右手へ死球を受けて親指を骨折。10日に患部の固定手術を受けたことから、公式戦の開幕後は二軍での調整に専念。その影響で、シーズン初の一軍公式戦出場は、7月6日の対横浜DeNAベイスターズ戦にまで持ち越されました。
この試合でスタメンマスクを任されると、5回表1死1・3塁で迎えた打席でのスクイズ成功によって一軍でのシーズン初打点を記録するなど、攻守にわたる活躍でチームを勝利に導きます。以降の試合では前年に続いて梅野君と併用されていましたが、8月下旬から事実上正捕手の座を確保。9月2日の対中日ドラゴンズ戦では、2回裏に一軍でのシーズン初本塁打(3点本塁打)を放ったことを皮切りに、3安打4打点という内容でプロ入り初の猛打賞を達成。9月8日の対横浜DeNAベイスターズ戦2回裏では、一軍公式戦通算2000本目の安打で出塁した鳥谷君を三塁に置いた状態で、シーズン2号本塁打を記録。この2点本塁打を皮切りに、3安打4打点でチームの勝利へ貢献するとともに、シーズン2度目の猛打賞を達成。
しかし、チームの公式戦予備日だった9月19日甲子園球場全体練習のフリーバッティング中に左脇腹痛を発症。練習後の診察で左脇腹の筋挫傷が判明したため、翌20日に出場選手登録を抹消されシーズンを終えています。
二度の怪我さえなければ猛虎の正捕手を完全に奪う活躍を魅せている坂本君!
派手さはない点も捕手向きなのかもしれませんね〜
来季の正捕手としての定着を勝ち取ることができるか!楽しみな若虎です。


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:タイガースガールズ


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2017年4月29日


場所:阪神甲子園球場





author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:20 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり1520
[ 榎田 ]



“転機を迎えるかな”

背番号13番
榎田 大樹投手


登板3勝利0敗北0セーブ0ホールド1HP 1完投0完封勝0無四球0勝率.000対打者30投球回6 1/3安打10本塁打0四球2死球0三振6暴投0ボーク0失点2自責点1防御率1.42

君は先発完投型なのか?セットアッパータイプなのか?

2017年のシーズンは9月7日に1軍今季初登板を果たした[25]。最終的に3試合の登板で終わった。

経験は申し分なし!来季は背水の陣だぜ〜榎田様!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:榎田 大樹投手


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2017年04月16日


場所:佐藤薬品スタジアム









author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 08:20 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり1519
[ 14能見 ]




“この男を超えよう”

背番号14番
能見 篤史投手


登板23勝利6敗北6セーブ0ホールド0 HP 0完投1完封勝0無四球0勝率.500対打者533投球回128 1/3安打117本塁打14四球40死球2三振119暴投2ボーク1失点57自責点53防御率3.72

この男を超える左腕が出ないことも、まだまだ底上げがたりませんよね〜


岩崎君を本格的にセットアッパーへ転向させるチーム方針の下で、先発に再び専念した能見君ですが、レギュラーシーズンでは、一軍公式戦での救援登板がなく、先発登板23試合で6勝6敗という成績を残しました。
通算の防御率は3.72ながら、4試合に登板した5月には、防御率0.43を記録するなど好調ぶりを魅せてくれましたが、7月に3連敗を喫してからは、2ヶ月にわたって白星から見放されます。
それでも、レギュラーシーズンの最終登板であった9月28日の対DeNA戦では、93球を投げた末にこの年の公式戦唯一の完投勝利を挙げます。

しかしチームのレギュラーシーズン2位で臨んだDeNAとのCSファーストステージでは、1勝1敗で迎えた第3戦の先発を任されたものの、1死しか取れずに3点を失って1回表の途中で降板。
チームはこの試合に敗れたことによって、広島とのファイナルステージ進出を逸す結果となりました。
ベテランも好不調の波が激しくなってきています。この能見君以上に勝てる左腕がいないことも猛虎の底上げ不足かな〜


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:タイガースガールズ


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2017年04月29日


場所:阪神甲子園球場








author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 18:54 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり1518
[ 15横山 ]



“そろそろブレークの予感”

背番号15番
横山 雄哉投手


登板1勝利1敗北0セーブ0ホールド0 HP 0完投0完封勝0無四球0勝率1.00対打者22投球回5安打6本塁打0四球2死球0三振5暴投0ボーク0失点1自責点1防御率1.80

確実の成長をしているのか・・・・それとも伸び悩んでいるのか・・・・
来季には結果が出そうな若虎でしょう。

今シーズンは、4月23日にインフルエンザで登板回避した藤浪君に代わり急遽先発登板をし、5回1失点で勝利投手という幸運に恵まれた横山君。翌4月24日に登録を抹消され、その後の1軍での登板はありませんでした。
結果、今シーズンは1試合1先発1勝利に終わりました。
制球難が課題と言われていますが、マインド的な問題か?
そろそろブレークしてほしい逸材ですね!



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:タイガースガールズ


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2017年04月29日


場所:阪神甲子園球場








author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:58 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり1517
[ 安藤 ]



“お疲れ様、そしてありがとう”

背番号16番
安藤 優也投手


登板1勝利0敗北0セーブ0ホールド0 HP 0完投0完封勝0無四球0勝率.000対打者2投球回2/3安打1本塁打1四球0死球0三振0暴投0ボーク0失点1自責点1防御率27


縦縞一筋の選手がユニフォームを脱ぐ・・・狩野君然りこの安藤君もやはり寂しいものです!
最後の引退試合での登板で被弾というのも彼らしい。もうマウンドで戦力になれないことを本人が一番わかっていたのでしょう。
猛虎が一番強かったときに輝いていたエースが引退しました!
本当にお疲れ様!そして今後も若虎育成のために尽力してください。


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:タイガースガールズ


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2017年04月29日


場所:阪神甲子園球場








author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 05:41 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり1516
[ 17岩貞 ]



“不甲斐ない成績”

背番号17番
岩貞 祐太投手


登板18勝利5敗北10セーブ0ホールド0 HP 0完投0完封勝0無四球0勝率.333対打者428投球回98安打93本塁打14四球44死球4三振93暴投3ボーク0失点56自責点54防御率4.96


WBCが絡むと調整リズムが狂うのですかね〜この男も今シーズンは虎党の期待にこたえられない一年では。


ワールド・ベースボール・クラシック日本代表の予備登録メンバーに選出。2次ラウンド以降に代表へ招集される可能性があったのですが、岩貞君の本大会出場は見送られました。
レギュラーシーズンでは、4月1日に広島との開幕カード第2戦で先発に起用。5回5失点という内容ながら、勝敗は付かず。
次に登板した4月7日の対巨人戦でカード初黒星を喫したため、前年からの自身の連勝は5で途切れましたが、18日の対中日戦でシーズン初勝利を挙げます。
しかし、5月10日の対巨人戦でプロ入り後初めての1試合4被本塁打を記録したほか、先発登板で序盤に失点する試合が続出。5月下旬からは、自身2シーズン振りの二軍調整を余儀なくされ、7月上旬に一軍へ復帰したものの、8月8日の対巨人戦では、初回から2イニング続けて1点ずつ失った末に4回6失点という内容で降板。3回裏には「1イニングに(敬遠気味の1四球を含む)5与四球」という球団ワーストタイ記録で4点を追加されたため、降板後には出場選手登録の再抹消を前提に、金本監督から即刻帰阪を命じられました。
9月に一軍復帰し、10月1日には前年とは一転して苦戦した巨人戦で白星をマークしたものの、成績は前年を下回り、5点台近い防御率で2ケタ敗戦を喫しました。
巨人キラーを意識しすぎか・・・・巨人とて昨年抑えられた岩貞君を研究しているでしょうね〜なんとも消化不良のような一年!岩貞君の復活にも期待しましょう。


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:岩貞 祐太投手


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2017年03月24日


場所:京セラドーム大阪








author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:21 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり1515
[ 27尾仲 ]



“ようこそ阪神タイガースへ”


大和君の人的補償で猛虎に入団が決まった男の会見が行われました。

尾仲祐哉選手の背番号は「27」となります。
中継ぎで活躍した渡辺君を思わせるようなタイプかな〜
自身の一番の武器は?の質問に対して、

“テンポとリズムで、真っ直ぐで押していくピッチングスタイル”

また、数字から奪三振率の高さも目立ちます!

プロ1勝というキャリアで猛虎にやってきた尾仲君の活躍に期待したいですね!



参考文献: 阪神タイガース公式サイト


画像:タイガースガールズ



撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2014年04月29日


場所:阪神甲子園球場

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:26 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり1514
[ 19藤浪 ]



“まさかの大スランプ”

背番号19番
藤浪 晋太郎投手


登板11勝利3敗北5セーブ0ホールド0 HP 0完投0完封勝0無四球0勝率.375対打者271投球回59安打53本塁打5四球45死球8三振41暴投5ボーク0失点30自責点27防御率4.12

まさかの大スランプ!晋太郎君がここまで苦しむとは誰が予想したでしょうか・・・・

4月4日に対ヤクルト戦でシーズン初登板。5回2失点で敗戦投手となりました。序盤では7試合に先発として登板し、3勝3敗、防御率2.66という数字を残すも平均投球回が6回を満たさない上に36四死球を出すなど制球難に陥り5月27日に登録抹消されます。
8月16日に2ヶ月半ぶりの復帰となった広島戦で一軍・先発登板を任されるも4回2/3で与四球5・与死球2を全て右打者に与える結果となり投手交代。翌8月17日に再度登録抹消となります。
10日後の8月27日に再昇格し、東京ドームの巨人戦に先発。6回まで無失点に抑えるものの、7回1アウトから村田選手に死球を与えたのをきっかけに6失点を喫し敗戦投手に。
9月5日の広島戦に先発するが、3回に丸選手に死球を与え、4回終了時点で降板。9月12日の巨人戦でも、4回に坂本選手に死球を与え降板。この試合がレギュラーシーズン最後の登板となり、前年すら下回る3勝に終わった藤浪君。
クライマックスシリーズでは第3戦の6回から、4年ぶり2度目のリリーフ登板を果たし、2イニングを1安打無失点に抑え、復活を印象付けてはいるものの・・・・

まさかの大スランプに陥った藤浪君の復活は!
甦れ!若きエース晋太郎!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:タイガース・ガールズ


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2017年04月29日


場所:阪神甲子園球場








author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:06 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり1513
[ メンデス ]



“中継ぎ陣の激戦化”

背番号20番
ロマン・メンデス投手


登板8勝利0敗北0セーブ0ホールド1 HP 1完投0完封勝0無四球0勝率.000対打者45投球回9 2/3安打12本塁打1四球3死球1三振9暴投0ボーク2
1失点9自責点7防御率6.52

野手陣で結果を残せずに毎年帰国する助っ人もいれば、投手陣もまた然りであります。
今季もほとんど見ることなく帰国となった助っ人がいましたね〜

春季キャンプを主力選手主体の「沖縄組」で迎えましたが、球団はキャンプ期間中にドリス君と再契約。NPBの一軍公式戦で外国人投手を3人までしか同時に登録できない外国人枠との兼ね合いから、右のエースで開幕投手に内定していたメッセンジャー君を除く最大2人分の投手枠を、自身と同郷のマテオ君やドリス君と争うことになりました。
メンデス君自身はオープン戦2試合の登板で防御率3.00を記録したものの、日本特有の春先の寒さにうまく適応できなかったことや、前年に実績を残したマテオ君とドリス君が揃って好調なことを背景に3月上旬から二軍で調整。
そのままウエスタン・リーグ公式戦の開幕を迎えると、7月中旬までに38試合の登板で19セーブという好成績を残します。
さらに、開幕から一軍のセットアッパーを務めてきたマテオ君が腰の張りで調子を崩したことを機に、7月22日付で来日後初めての出場選手登録。同日の対東京ヤクルトスワローズ戦、7回裏から4番手投手として一軍公式戦へのデビューを果たすと、登板4試合連続で無失点に抑えたほか、3試合目の登板だった7月27日の対横浜DeNAベイスターズ戦で来日初ホールドを記録。マテオ君の復帰に伴って7月31日に出場選手登録をいったん抹消されましたが、抹消後にメッセンジャー君が故障で戦線を離脱したため、8月11日付で再登録。
再登録後は救援で3試合に登板し、通算3回2/3イニングで8失点(6自責点)と振るわず、8月16日に再び登録を抹消されました。
ウエスタン・リーグ公式戦には、通算でリーグ最多の52試合に登板。1勝5敗、防御率3.48ながら、リーグ最多の23セーブ。
DeNAとのクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージでは登板機会がなかったものの、レギュラーシーズンの終了後にはフェニックス・リーグへ参加。翌2018年にもチームへ残留する可能性もありましたが、球団がメッセンジャー君・マテオ君・ドリス君の残留を基本線に、左投手の呂彦青君を新たに獲得。このような事情から、メンデス君は12月2日付でNPBから自由契約選手として公示されました。

巡り合わせもあるかもしれませんが、もしかするとこのメンデス君も大化けしたセットアッパーになっていたかもしれません。来季何処か球団でプレイも考えられますね〜頑張れメンデス!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:タイガース・ガールズ


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2017年04月29日


場所:阪神甲子園球場








author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:38 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり1512
[ 21岩田 ]



“気がつけばベテラン”

背番号21番
岩田 稔投手


登板10勝利3敗北2セーブ0ホールド0 HP 0完投0完封勝0無四球0勝率6.00対打者233投球回53 2/3安打55本塁打4四球22死球2三振39暴投4ボーク2失点26自責点25防御率4.25

気がついたらすでにベテラン投手の仲間入りですね〜岩ちゃんも13年目ですか〜
今シーズンは春季キャンプを主力選手中心の「沖縄組」で迎えると、金本監督から第1クールのMVPに選出されます。
開幕ローテーション6番手へ入ることを目標にオープン戦へ臨みましたが、右投手である秋山君・青柳君に実質追い抜かれた形となり、一軍公式戦の開幕直前からは二軍での調整を強いられました。
シーズン中盤にウエスタン・リーグの公式戦で好投を続けたことから、7月27日の対DeNA戦で、先発投手として一軍公式戦にシーズン初登板。5回を投げて毎回の5四球を出しながら、3被安打2失点で凌いだ末に、一軍公式戦では2015年9月20日の対ヤクルト戦以来676日振りの勝利を挙げました。
次に先発で登板した8月3日の対広島戦4回裏に1死を取った時点で、NPB一軍公式戦通算1000投球回に到達。一軍公式戦では10試合の登板で3勝2敗、防御率4.25にとどまったものの、ストレートの球速が140km/h台の中盤にまで戻るなど、登板試合の随所で復調の兆しを見せています。
来季も6番目とは言いませんが、ローテ一角での好投を期待します!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:岩田 稔投手


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2017年03月24日


場所:京セラドーム大阪








author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:37 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり1511
[ 22球児 ]



“存在感のある男”

背番号22番
藤川 球児投手


登板52勝利3敗北0セーブ0ホールド6 HP 9完投0完封勝0無四球0勝率1.000対打者232投球回56 2/3安打41本塁打3四球24死球5三振71暴投2ボーク0失点15自責点14防御率2.22

数字以上に存在感を感じる男になってきました。
かつてのストレートはなくも、ピンチの場面にはやはり頼りになる背番号22でございます。来季も元気な姿がみられることも喜びですね。

背番号を復帰前の22へ戻すとともに、セットアッパーとしてレギュラーシーズンをスタートした球児君。
4月6日の対ヤクルト戦で、延長10回表からの救援登板で2イニングを無失点に抑えると、原口君のサヨナラ本塁打によってシーズン初勝利を挙げます。また、この救援勝利によってNPB公式戦での通算ホールドポイントが155に達したため、自身や久保田君と共に「JFK」の一角を担っていたジェフ・ウィリアムス君の球団記録(154ホールドポイント)を更新しました。
以降は、金本監督の方針で桑原君がセットアッパーとして台頭すると、点差の開いた展開やビハインドの局面で登板することが増えてきます。
つまり敗戦処理投手となっても、普段と変わらぬ全力投球の球児君に魅了された虎党でございます。
セ・パ交流戦最初の試合の対ロッテ戦では、8点リードの9回裏に登板すると、先頭打者の見逃し三振によってNPB一軍公式戦通算1000奪三振を達成。NPB史上146人目の記録だが、所要イニングは771回2/3で、従来の最速記録である野茂英雄氏(871回)より早い大記録じゃないですか!レギュラーシーズンでは、一軍公式戦52試合の登板で、3勝無敗、6ホールドをマーク。前述した起用法の影響で2004年以来13年振りにセーブを記録はできなかったものの、防御率は2.22で、WHIPも前年から大幅に向上!
とにかくブルペンに居るだけで絵になる男となった球児君は、来季も痺れる場面での投球をみせてくれることでしょう!



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:藤川 球児投手


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2017年03月24日


場所:京セラドーム大阪








author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:04 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり1510
[ 20ロサリオ ]


“ようこそ阪神タイガースへ”

猛虎の主砲になり得るか!
ウィリン・ロサリオ選手と来季の選手契約を締結した猛虎。
背番号は「20」です!


ウィリン・ロサリオ選手プロフィール

選手名 ウィリン ロサリオ(Wilin Rosario)
生年月日 1989年2月23日
年齢 28才
出身地 ドミニカ共和国
守備位置 一塁手
投打 右投右打
身長/体重 180cm/100kg
出身校 イライアス・ロドリゲス高校
最終所属 ハンファ イーグルス

体格的にはそんなに大型ではありませんが、長打力がどうやらセールスポイントのようです。
ドミニカ共和国生まれ。06年にロッキーズ傘下でデビューし、11年にメジャー初出場。メジャー実働5年、447試合で71本塁打。16年からハンファに移り、2年連続3割30発100打点という数字が何よりの証です。
甲子園を沸かせてくれる助っ人がやってきたかな〜


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:タイガースガールズ


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2017年04月29日


場所:阪神甲子園球場
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:09 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり1509
[ 25江越 ]

“ブンブン丸を卒業せよ”

背番号25番 
江越 大賀外野手


2017年度成績
試合28打席18打数13得点3安打1二塁打0三塁打0本塁打0塁打1打点1盗塁0盗塁刺0犠打0犠飛0四球3死球2三振5併殺打0打率.077長打率.077出塁率.333

右の大砲と期待されながらも結果が出せない男がいます。やはりブンブン丸では当たらないのかな〜

3年連続で開幕一軍入りを果たしながら、レギュラーシーズンは前年に続いて一軍と二軍を往復。
一軍公式戦では28試合に出場。スタメン起用の機会がなかったばかりか、プロ入り後初めて本塁打を放てず、打率も.077にとどまりました。
55試合に出場したウエスタン・リーグ公式戦でも、6本塁打を記録しながら、打率が.179と低迷。一軍のレギュラーシーズン2位で臨んだDeNAとのクライマックスシリーズ ファーストステージでは、代打や代走で全3試合に出場したものの、シーズン終了後の秋季キャンプからは、スイッチヒッターへの転向も視野に入れながら左打ちの練習に取り組みます。

バットに当たらないという酷評を首脳陣から受けている江越君!
考え方を変えるための左打ちの練習か・・・・成功せねば未来は開けず・・・恵まれた身体能力だけにやきもきされる若虎ですね!
頑張れ江越!



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:江越 大賀外野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2017年3月24日


場所:京セラドーム大阪






author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:32 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり1508
[ 28小野 ]



“2年目の壁を乗り越えろ”

背番号28番
小野 泰己投手


登板15勝利2敗北7セーブ0ホールド0 HP0完投0完封勝0無四球0勝率.222対打者343投球回78 2/3安打78本塁打6四球40死球5三振63暴投4ボーク0失点38自責点38防御率4.35

昨年プロ初勝利がなかなか達成できなかった男だけに、来シーズンの2年目のジンクスが心配になります。

同期入団の新人選手から、内野手の大山君・糸原君と共に春季キャンプを一軍で迎えた小野君。150km/h台前半のストレートをキャンプ中に金本監督はじめ首脳陣から高く評価されたため、キャンプ終了後も一軍に帯同。先発候補の1人としてオープン戦3試合に登板も、防御率が6.55に達するなど振るわず、公式戦の開幕を二軍で迎えます。
しかし5月21日の対東京ヤクルトスワローズ戦で、先発投手として一軍公式戦にデビュー。
セ・パ交流戦の期間中には、先発ローテーションの一角に組み込まれると、3試合の登板で交流戦の規定投球回に到達。0勝2敗ながら、全12球団の規定投球回到達投手で10位の防御率2.75を記録するも、前半戦は一軍公式戦7試合の登板で0勝5敗に終わります。
後半戦では、8月15日の対広島東洋カープ戦で、プロ入り後最も短い3回途中降板の末にシーズン7敗目を喫し、猛虎の新人投手が一軍公式戦での初登板から7連敗を喫する記録を更新してしまいます。
そして一軍公式戦13試合目の登板であった8月29日の対ヤクルト戦で、6回無失点2被安打と好投。打撃でも3回裏の第1打席で一軍初安打を放つなどの活躍によって、夏季長期ロード明け初戦のチームに勝利をもたらすとともに、一軍公式戦での初勝利を挙げました。
レギュラーシーズン全体では、一軍公式戦15試合に登板。2勝7敗、防御率4.35ながら、シーズンを通じて先発に起用され続けました。
首脳陣の評価が高いだけに、来季も先発ローテ入りが予想されますが、2年目のジンクスが心配ですね。課題である制球力をどう克服できるか・・・
来季の飛躍に期待します。




参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:小野 泰己投手


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2017年06月18日


場所:阪神甲子園球場








author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:13 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり1507
[ キャンベル ]

“助っ人野手のハードル”

背番号32番 
エリック・キャンベル内野手

2017年度成績
試合21打席54打数47得点5安打9二塁打2三塁打0本塁打1塁打14打点5盗塁0盗塁刺0犠打0犠飛0四球7死球0三振17併殺打2打率.191長打率.298出塁率.296

そもそも1年契約という条件は、助っ人にとっても苛酷な条件かもしれませんが、球団は結果を見て決断を下さねばなりません。
また今年も縦縞をわずか1年で去る男がいました。

スローペースで調整していた春季キャンプ終盤の紅白戦で打席に立った際に、空振りで左手首を負傷。後の診察で腱鞘炎の発症が判明したことを受けて、オープン戦の期間中から患部のリハビリを優先。公式戦開幕後の4月12日からウエスタン・リーグ公式戦8試合に出場すると、本塁打こそ出なかったものの、一塁手や左翼手にも起用されながら打率.261をマーク。4月25日の対横浜DeNAベイスターズ戦8回裏に、代打で一軍デビューを果たしました。
2日後の同カードに「5番・一塁手」として初めてスタメンに起用されると、3回裏の第2打席で一軍初安打、7回裏の第4打席に放った適時打で一軍初打点を記録。
その後はチーム事情で出場の機会がほぼ代打に限られたため、自身の希望で昼に阪神鳴尾浜球場でのウエスタン・リーグ公式戦へ出場してから、夜に甲子園で一軍の公式戦へ臨むことに。しかし、5月25日の対読売ジャイアンツ戦に「6番・三塁手」としてスタメンに起用されると、一軍公式戦での初本塁打と適時二塁打で3打点を挙げてチームを勝利に導きました。
これが一番の彼の記憶となる活躍でしょう。
以降は25打席連続無安打を喫するなど打撃が振るわず、6月7日に出場選手登録を抹消。さらに、この事態を重く見た球団がジェイソン・ロジャース君を獲得した7月以降は、一軍に復帰できず。後にロジャース君も二軍へ降格したため、9月28日にウエスタン・リーグの最終戦へロジャース君と共にスタメンで出場すると、一軍のレギュラーシーズン終了を待たずにアメリカへ帰国となりました。
メンドーサ君、ロジャース君、メンデス君、キャンベル君の4選手が退団になりました。

参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:エリック・キャンベル内野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2017年4月16日


場所:佐藤薬品スタジアム





author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:15 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり1506
[ 30石崎 ]


“3年目の経験を大切に”

背番号30番
石崎 剛投手


登板26勝利1敗北1セーブ0ホールド4 HP5完投0完封勝0無四球0勝率.500対打者123投球回30/2/3安打16本塁打1四球15死球2三振32暴投1ボーク0失点4自責点4防御率1.17

今年ブレークした若虎です!桑原君が大ブレークだったので目立ちませんでしたが、来シーズンの活躍が楽しみな男でしょう。

レギュラーシーズンの前半戦を二軍で過ごした後、8月に一軍へ昇格。
対横浜DeNAベイスターズ戦から9月5日の対広島戦まで、12登板試合続けて無失点で凌ぐなど、ビハインドの局面からのロングリリーフを中心に救援で好投を続けました。
一軍のレギュラーシーズン最終戦であった10月10日の対中日ドラゴンズ戦で、一軍公式戦での初勝利を記録。
オフには第1回アジアプロ野球チャンピオンシップの日本代表に選出され、背番号はタイガースでの背番号と同じ30。
稲葉篤紀監督からの高評価もあり、セットアッパーとして又吉投手、山崎投手と勝利の方程式を結成。大会では2試合に登板して、2回2/3を投げて1安打無失点2奪三振防御率0.00の好成績を残しチームの優勝に貢献しました。
サイドスロー気味のスリークォーター、もしくはスリークォーター気味のサイドスローから投げ込む150km/h台の速球が武器の石崎君の投球フォームの雰囲気や、ストレートの球質などは、かつての猛虎の守護神呉昇桓君を思い出します。
石崎君なりの石のストレートを構築して欲しいものです。

参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:石崎 剛投手


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2017年04月16日


場所:佐藤薬品スタジアム








author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:21 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり1505
[ 新井良 ]

“若き指導者として期待する”

背番号32番 
新井 良太内野手

2017年度成績
試合17打席17打数16得点1安打1二塁打0三塁打0本塁打0塁打1打点0盗塁0盗塁刺0犠打0犠飛0四球1死球0三振3併殺打0打率.063長打率.063出塁率.118

猛虎のムードメーカーが遂に現役ユニフォームを脱ぎました。
若き指導者として若虎の育成に手腕を発揮してくれるでしょう!

レギュラーシーズンの終盤まで、一軍公式戦16試合に代打で出場。打率.063(16打数1安打)で、本塁打はなく、シーズンの大半を二軍で過ごした本年、ウエスタン・リーグ公式戦で64試合の出場で打率.288、9本塁打を記録しましたが、10月10日に現役引退を発表しました。
一軍のレギュラーシーズン最終戦および安藤君の引退試合であった当日夜の対中日戦(甲子園)6回裏に代打出場し、そのまま三塁の守備に。その安藤君が登板した8回表には三遊間の強いゴロをダイビングキャッチは記憶に新しいですね〜
試合後には、引退セレモニーを終えたばかりの安藤君に続いて猛虎ナインから5回にわたって胴上げで幕をおろしました。
来季は安藤君と共に二軍育成コーチへ就任。これに伴い背番号は83に変更され、コーチ陣最年少の34歳で、若手野手の指導を託されます!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:新井 良太内野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2017年3月24日


場所:京セラドーム大阪





author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:28 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり1504
[ 99タイガースガールズ ]

“タイガースガールズ2018”

先日新入団の若虎の会見が行われましたが、こちらのニューフェイスも決まりましたね〜

阪神タイガース2018年度オフィシャルファンサービスメンバー「Tigers Girls」のオーディションを実施し、16名のメンバーが決定しました!

選ばれたメンバー16名は「Tigers Girls」として、シーズンを通してグラウンドでのダンスパフォーマンス、ボールガール、リリーフカー、球場外周でのグリーティング等をメインに活動し、ファンの皆さまに笑顔と元気をお届けいたします。

・Yu・Maya・Sarina・Mako・Shiori・Keiko・Moemi・Sari・Momoko・Mai・Yuui
・Kyoka・Yurika・Akiko・Chinami・Miku

背番号がないので名前はわかりませんが〜全員画像が撮れませんでしたので、おそらく2018年新キャプテンのMomokoさんだと思います!

来季も球場を盛り上げてくれそうです!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:タイガースガールズ



撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2017年04月29日


場所:阪神甲子園球場





author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 05:34 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり1503
[ 新入団 ]



“ようこそ阪神タイガースへ”

大阪市内のホテルにて「2018年度新人選手入団発表会」が行われました。
初めて縦縞のユニフォームに袖を通した7名が、入団の喜びや今後の目標について公式サイトに掲載されています。

決まった背番号が豪華でいいじゃないですか!

・馬場皐輔選手(ドラフト1巡目) 背番号18
セールスポイント
ストレートと変化球のコンビネーションです。

・盒桐攷輿手(ドラフト2巡目) 背番号29
セールスポイント
ストレートと粘り自体を主体にした投球

・熊谷敬宥選手(ドラフト3巡目) 背番号4
セールスポイント
足を活かした守備と走塁です。

・島田海吏選手(ドラフト4巡目) 背番号53
セールスポイント
スピードを活かした打撃と守備

・谷川昌希選手(ドラフト5巡目) 背番号34
セールスポイント
バッターに対して向かっていく姿勢

・牧丈一郎選手(ドラフト6巡目) 背番号66
セールスポイント
ストレート

・石井将希選手(育成ドラフト1巡目) 背番号121
セールスポイント
どんな打者に対しても強気に向かっていく投球

さて皆々様の一押しルーキーはどなたかな?


参考文献: 阪神タイガース公式サイト


画像:トラッキー



撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2014年04月29日


場所:阪神甲子園球場

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:16 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり1502
[ 38マテオ ]



“最強の中継ぎ投手陣”

背番号38番
マルコス・マテオ投手


登板63勝利7敗北4セーブ0ホールド36完投0完封勝0無四球0勝率.636対打者252投球回59安打49本塁打2四球17死球3三振62暴投1ボーク0失点26自責点18防御率2.75


おやおや〜最近の公式サイトは帰国した助っ人の記録も更新してしまうのですね〜早いな〜慌ててマテオ君を投稿させていただきました!
今シーズンは開幕からクローザーのドリス君につなぐセットアッパーに定着してフル回転。
セ・リーグの中継ぎ投手部門に名を連ねたオールスターゲームのファン投票で同部門の得票数1位となり、第1戦8回表に初登板を果たしましたが、1回3失点という内容で敗戦投手になりました。
後半戦に入ってからの不調や腰の張りで、7月22日に出場選手登録を抹消されましたが、最短の抹消期間(10日)で同月31日から一軍へ復帰。
レギュラーシーズン全体では、一軍公式戦63試合の救援登板で7勝36ホールドを記録。シーズン序盤から「勝利の方程式」へ加わった桑原君と並んで、ホールドポイントがセ・リーグ最多の43に達した結果、リーグ最優秀中継ぎ投手のタイトルを桑原君と分け合いました。

セ・リーグで一番安定していた中継ぎ投手陣が、この猛虎の二人でございます。前半でリードして後半で逃げ切る!かつてのJFKのようなリレーが来季確立できれば、優勝はさらに現実味を帯びましょう。
しかし背番号が変わるのかな〜もしくは来季の契約は未定なのですかね〜公式サイトさま?


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:マルコス・マテオ投手


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2017年04月29日


場所:阪神甲子園球場







author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:03 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり1501
[ 33糸原 ]

“金本チルドレンに期待する”

背番号33番 
糸原 健斗 内野手

2017年度成績
試合66打席193打数162得点18安打42二塁打13三塁打0本塁打1塁打58打点24盗塁1盗塁刺0犠打5犠飛0四球23死球3三振26併殺打1打率.259長打率.358出塁率.362

今年のポスト鳥谷君に変わる内野手として金本監督の目に止まったのは、前年の北條君でもなく、原口君でもなく、上本君でもなく、大和君でもありませんでした。
シーズン後半の怪我の離脱が悔やまれますが、2年目のジンクスを感じることなく来季の活躍が期待できます。

春季キャンプを一軍で過ごし、紅白戦で左翼フェンス直撃の二塁打を放ったことから、監督に「実戦向きで面白い存在」と評価され、この評価を背景にキャンプ終了後も一軍へ帯同しました。
3月3日のワールド・ベースボール・クラシック日本代表との強化試合では、猛虎の選手として途中から出場すると、8回裏に迎えた唯一の打席で適時二塁打を記録。
オープン戦で一軍の正二塁手の座を上本君と争った末に、この年の新人選手ではただ1人、チームの新人野手では高山君以来の開幕一軍登録を果たします。
4月1日には、広島東洋カープとの開幕カード第2戦で、6回裏に代打で一軍公式戦にデビュー。7回表から遊撃の守備に就きましたが、延長10回裏に公式戦での初失策を犯したことをきっかけに、チームはサヨナラ負けを喫しましたが、これにもめげず首脳陣はこの糸原君を出場させます。
翌日の同カードにも途中から二塁手として出場すると、9回表の打席で一軍公式戦初安打を記録。5月の横浜DeNAベイスターズ戦、第1打席から19日の東京ヤクルトスワローズ戦第1打席まで10打席連続出塁という、セ・リーグ加盟球団の新人選手としての同リーグ公式戦最長記録を達成!
この記録中から、遊撃手としてスタメンに定着。
7月9日の読売戦では、5打数4安打3打点を記録したほか、5回裏の第2打席で一軍公式戦初本塁打!残りの安打はいずれも二塁打で、同点の9回裏2死1・2塁で放った3本目の二塁打は、一軍公式戦自身初のサヨナラ安打にもなります。
「7番・遊撃手」としてスタメンに起用された7月のカープ戦では、先制の2点適時打などで自身初の3試合連続複数安打を記録しましたが、8回表の守備で飛球を背走しながら落球した際に右膝を負傷。自力で起き上がれないまま、担架での退場と途中交代を余儀なくされ、右膝内側側副靱帯の損傷のため戦線離脱。
この故障でレギュラーシーズンの後半戦を棒に振ったことが口惜しいのですが、チームのレギュラーシーズン2位で迎えた横浜DeNAとのクライマックスシリーズファーストステージでは、第1戦の7回裏に代打でポストシーズンの試合に初めて出場。第2戦でも8回裏に代打で起用されると、7月の広島戦以来約3ヶ月振りの安打を記録しました。
首脳陣、特に金本監督は野手出身ですから、打撃センスの良い選手に期待をかけるのでしょう。
力強いスイングで左投手も苦にせず、スライダーやカーブにも対応できる高い打撃技術を持ち、また脚力もあり、強肩を生かした守備ができ、走攻守のバランスが取れた期待の内野手として、来季も活躍が期待できます。
猛虎初のトリプルスリーを達成できるかもしれませんぞ〜



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:糸原 健斗内野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2017年3月24日


場所:京セラドーム大阪





author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:23 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり1500
[ 35才木 ]



“生粋の関西人”

背番号35番
才木 浩人投手

登板2勝利0敗北0セーブ0ホールド1HP1完投0完封勝0無四球0勝率.000対打者13投球回2 2/3安打2本塁打0四球3死球0三振3暴投0ボーク0失点0自責点0防御率0.00


将来この若虎が大ブレークしたら、推薦したスカウトは大出世でしょうね〜

4月27日の対オリックスバファローズ戦を皮切りに、ウエスタン・リーグ公式戦14試合に登板し、1勝5敗、防御率4.88ながら、主に先発投手として実戦経験を積みます。
レギュラーシーズン終盤の10月5日に、甲子園球場の対中日ドラゴンズ戦で、救援投手として一軍デビュー。1イニングを1被安打無失点に抑えたことから、プロ初ホールドを記録しました。
結局、一軍公式戦には通算で2試合に登板すると、いずれも無失点でシーズンを終えました。

甲子園出場に縁がなくともスカウト陣から注目を集め、猛虎はドラフト3巡目で獲得!
まだまだ19歳という若虎が開花するのが楽しみでございます。


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:タイガースガールズ


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2017年04月29日


場所:阪神甲子園球場








author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:11 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり1499
[ 37森越 ]

“スーパーサブな予感”

背番号37番 
森越 祐人 内野手

2017年度成績
試合29打席27打数23得点3安打3二塁打2三塁打0本塁打0塁打5打点1盗塁0盗塁刺0犠打2犠飛0四球2死球0三振10併殺打1打率.130長打率.217出塁率.200

今シーズンオフは、スーパーサブの二人の契約更改時の笑顔が印象的です。
俊介君が地道な努力が認められたシーズンでしたが、この男も内野手としてのスーパーサブとしての開花の予感です。

公式戦の開幕を二軍で迎えたものの、一軍の遊撃手が不振や故障で相次いで戦線を離れたことを背景に、8月3日にシーズン初の出場選手登録をされます。
登録後の一軍公式戦では、大和君や北條君が正遊撃手に定着しているため、もっぱら二塁の守備要員として途中から出場していました。
8月20日に古巣のナゴヤドームで催された対中日戦で9回裏から二塁の守備へ就くと、同点の延長11回表に先頭打者として臨んだ打席で一軍公式戦における移籍後初安打を元チームメイトの岩瀬仁紀投手から記録。出塁後に鳥谷君の適時打で本塁へ生還したことによって、チームの勝利に貢献しました。
このわずかなチャンスにて契約更改もアップ!来季は大和君が抜けたとあって本人にとっては大チャンスな一年になりそうです。
スーパーサブがどう開花するか!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:森越 祐人 内野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2017年4月16日


場所:佐藤薬品スタジアム





author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:11 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり1498
[ 39長坂 ]

“素材は申し分なし”

背番号39番 
長坂 拳弥 捕手

2017年度成績
試合1打席0打数0得点0安打0二塁打0三塁打0本塁打0塁打0打点0盗塁0盗塁刺0犠打0犠飛0四球0死球0三振0併殺打0打率.000長打率.000出塁率.000

素材は申し分なし!未来の猛虎正捕手候補として開花できるか!
師匠である矢野二軍監督に鍛えてもらえる来シーズンに期待しましょう!

春季キャンプを二軍の「安芸組」でスタートしたルーキーイヤーは、正捕手候補として一軍の「沖縄組」へ参加していた坂本君がキャンプ終了後の春季教育リーグ戦で右手の親指を骨折したことから、代わって3月11日に一軍へ初昇格したチャンスもありました。
翌12日には、オープン戦ながら、対讀賣ジャイアンツ戦のスタメンマスクで一軍デビュー。二軍公式戦において71試合に出場し、1本塁打、15打点、打率.173の成績を残しています。7月13日に草薙球場で行われたフレッシュオールスターゲーム2017において、ウエスタン選抜として出場!
10月5日に阪神甲子園球場で行われた対中日戦において、一軍公式戦初出場を果たしたのが唯一の記録でございます。
11月25日から台湾で開催される2017アジアウインターベースボールリーグにおいて、NPBウエスタン選抜にも選出された、まさに未完の大器。

素早いフットワークとキャッチング能力に定評のある守備型捕手として、
「打てて守れる捕手」として活躍した矢野新二軍監督直伝の捕手として成長して欲しいものです。


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:長坂 拳弥 捕手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2017年4月16日


場所:佐藤薬品スタジアム





author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:23 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり1497
[ 大和 ]

“巡りあわせの不可思議”

もしこの二人の入団時期が互いに3年ずれていたら・・・・

喜びと悲しみが同時にやってきたような記事が公式サイトに掲載されていました。
まずは改めて3塁手としてのゴールデンクラブ賞を受賞した鳥谷君おめでとう。
公式サイトにコメントが掲載されています。
「三塁手として年間を通じてプレーするのは初めてのシーズンでしたが、他球団にも守備力の高い三塁手がいる中でこうして選出していただき、本当に光栄に思います。現状に満足することなく、これからも向上心を持って練習に取り組み、来年以降も選出していただけるように頑張りたいと思います」

そして奇しくも同日に、あまりに対照的な縦縞人生を送った天才プレーヤーの異例の退団コメントが掲載されています。

虎党にとりましてはまさに激震が走った大和君の退団!
「タイガースファンの皆様、球団関係者の皆様、12年間本当にお世話になりました。今の自分があるのは、ファンの皆様の声援、球団関係者、チームメート、監督、コーチの皆様の支えやご指導があったからこそです。感謝の言葉しかありません。ただ、野球人として、もう1度厳しい立場で、厳しい環境で、勝負したい、成長したいという思いが自分の中で強く、この度、新天地でのチャレンジを決断しました。野球人として、これからも成長し続けられるように頑張っていきたいと思います。12年間本当にありがとうございました」

仮にこの大和君と鳥谷君の生まれた時期がもう少しずれていたら、間違いなく最強の三遊間が猛虎に実現していたのでしょうね〜見たかったな〜サード鳥谷、ショート大和のアナウンスが響く甲子園で!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:大和 内野手、鳥谷 敬内野手



撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2017年04月29日


場所:阪神甲子園球場





author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:07 | - | - |


皆様こんにちは。ご訪問いただき有難うございます。 アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』と申します。 (*^^)v野球経験のない素人の球場観戦の独り言にお付き合いください。 有料又は無料のメールマガジンにてアナフレの独り言をお楽しみくださいませ。まぐまぐ!マイメルマは無料メールマガジンです。 又皆様からの観戦リポートやご意見ご感想も歓迎いたします。メールフォームにてお気軽にお声がけくださいませ。
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
アナフレ猛虎会
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

アクセスカウンター

過払い

外汇
携帯 中古外汇


     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
阪神タイガースおっかけマップ (2005)
阪神タイガースおっかけマップ (2005)

阪神タイガースを語るには何がなくてもまず甲子園球場。大歓声でマンモススタンドが揺れ、ラッキーセブンのジェット風船は夜空が隠れてしまうほど舞い上がる。みなさん人生そのものをタイガースにかけているのだ。甲子園球場はもちろん、その周辺のこと=甲子園の街並みを知っていただきたい。野球とともに歩む姿を。またたくさんの楽しい、うれしいお店がいっぱいある。タイガースOBのお店や、ナインご贔屓のスポット、ファンが集うショップ。・・・・いえいえ甲子園だけではありませんぞ。おとなり尼崎も、芦屋も神戸、大阪も・・・・関西圏をくまなく知っていただこう。もちろん関東の情報も掲載!
野村ノート
野村ノート

ところが、以外な選手に感謝されているということもある。その代表的なのが桧山である。阪神時代、桧山に対しては叱ったことはあっても、野球はこうだ、人生はこうだと懇切丁寧に指導した記憶がない。・・・・平成15年、確か優勝した翌日の新聞だったと思うが、彼のインタビューに目を通し驚いたことがある。「野村さんが阪神の監督だったときは、いっていることがよく理解できなかったんですが、今になってやっとわかってきました」・・・・・桧山のように思ってもみなかった選手から感謝を受けるのも指導者冥利に尽きる。  それにしても人生はまさに一期一会だなあと思う。赤星、藤本は阪神のドラフトリストに名前はなかった。赤星はアマからのキャンプ参加、藤本は社会人選手権大会の観戦に行って、遊撃手を探していたときに目に留まった選手である。・・・・私との縁を大切にし、「考えないよりは考えるほうがいい」「知らないより知っていたほうがいい」と私にいわれ、「なるほどそうだな」と思い、ノートをこまめに取り、そのノートを保存し何度も読み返す。こうしたちょっとの差が、いざ自分が指導する立場になったときに活き、あるいはコーチや監督という地位を得るためのチャンスとなる。逆に出会いや縁を無駄にしてしまう選手は、将来の可能性まで狭めてしまうのである。
猛虎の70年
猛虎の70年

第1章阪神タイガースとは何か・・・・おそらくクソ度胸という点では球界ナンバー1の星野仙一の背中にスーッと寒気が走ったのは、彼が阪神の監督になってすぐのことだった。・・・いや、「恐怖」すら感じたという。それは阪神ファンが試合に感動し、勝利の歌を大合唱し、それが終わると球場の外へ出て、ゾロゾロと甲子園駅に帰るのではなく、球場近くの広場に何千人と集まり、そこでも「六甲颪」の大合唱をやるのだ。ファンはやがて甲子園の駅に移動する。この甲子園駅でもまたも「六甲颪」の大合唱となる。それでも終わらない。阪神電車に乗り込んだファンはそのまま梅田の駅で降りて、その梅田駅コンコースでまたまた「六甲颪」の大合唱である。これが深夜まで続くのだ。「お前ら、あれが聞こえるか?俺達はあの熱狂的なファンに対する責任があるんだ。もしあのファンを裏切ったら・・・・俺はどうなるか知らんゾ」・・・・「俺は勝ちたいんや!そのためにはどうするんや?俺はファンに喜んでもらいたいんや・・・・・」なんとも野暮なセリフである。だがかつて阪神の監督としてこんな直接的な言葉を発した指揮官はいなかった。少年のように「勝ちたいんや!」と絶叫する星野仙一。監督室まで聞こえてくる大合唱、そして海鳴りのようなファンの”鼓動”が星野仙一をギリギリまで追い詰めていったのである。そこには「日本一わがままで、日本一熱心で、日本一我慢強い」と星野が評したファンの姿があった。
巨人軍かく勝てり―V9達成の秘密
巨人軍かく勝てり―V9達成の秘密

チームプレーとは「チームワーク」=「人の和」よりさらに深い考え方で、“人間集団におけるモラルから、グランド上のプレーに至るまで、あらゆる人間行動を網羅した広い考え方”といってよいと思う。
簡単な具体例をあげよう。
いまここで二人の人間がキャッチボールを始めるとする。ボールを握って投げる側は、次のように考える「相手が取りやすいところへとりやすいスピードで投げてやろう。投げ返す時のことも考えて胸元へ投げてやろう」そう考えて投げる。
一方受ける側はどうか。相手がそう考えて投げてもミスすることがある。だから相手の気持ちを察して、「万一とりにくいボールがきても、何とか受けてミスを未然に防いでやろう」この二人の「思いやり」がチームプレーの根本精神である。
 このちいいさな「思いやり」は、やがて「自分の義務と役割を完全に履行」することに広がり、チームのために「自己犠牲」をいとわず、「助け合い」、そしてチーム全員に「感謝」するところにまで高められていく。
巨人軍論 ――組織とは、人間とは、伝統とは
巨人軍論 ――組織とは、人間とは、伝統とは

チームの要だったON
『チームを預かることになったとき、いつも私が手本としてきたのは川上哲治監督であり、川上監督が率いたV9時代の巨人というチームであった。それではV9巨人のどこが素晴らしかったのだろうか。まずはなんといっても王貞治と長嶋茂雄、すなわちONの存在をあげないわけにいかない。ONは長らく巨人の3番4番に座り続け常にチームの中心であり続けた。ただし私がこの二人を高く評価するのは、彼らが記録や数字を残したからという理由ではない。彼らが中心選手としての役割と責任をまっとうしていたという事実が大きいのである。私は「中心選手はチームの鏡でなければならない」と述べたが、王と長嶋は、まさしくそうであった。他の選手の模範であり続けたのである。そこが凡百の「四番」とONのちがうところなのである。

…その意味で、私は阪神の金本知憲を高く「評価」している。現在の球界で真の「四番」といえるのは彼くらいだろう。彼は少々の故障くらいでは試合を休まない。チームへの忠誠心も高い。金本が移籍してきてから、阪神の選手の意識が明らかに変わった…金本の野球に取り組む態度を見れば、まわりの選手も自然と「このままではいけない」と感じるようになる。また若手選手が直接叱るより先輩が叱ったほうが叱られた若手のショックは少ない。ここ数年の阪神の躍進には、この金本の存在が大きく寄与している』

ドジャースの戦法
ドジャースの戦法

『投手は自分の左側に球を打たれたらすぐさま一塁に向かってスタートする習慣をつけなければならなぬ。ゴロであろうとライナーであろうと変わりはない。直ちに一塁に突進せよ。適当な時に投手がマウンドを離れなかったためにゲームを失ったためしは多い。打球が左側にきたら、投手は真っ直ぐに一塁にスタートし、塁に近付いたらスピードを緩め、右足を塁に触れて、一塁手からの投球を待ち受ける。球を受け取ったら走者との衝突をふせぐために、ファウルラインの内側を二、三歩走り続けるが、この場合もし他の塁にも走者がいたら、投手はできるだけ早くとどまり、必要に応じて他の塁に投球する用意をせねばならない。
走者の足が遅いか、又は他の理由で投手がゆっくり一塁に間に合った時には、塁上で止まって、こちらに投球しようとしている野手の方に向き直り、一塁手のような身のこなしで、体をのばしたり、どちらかの側へ動いたりして、一塁手の代わりをつとめなければならぬ。』
背番号三桁―「僕達も胴上げに参加していいんですか?」
背番号三桁―「僕達も胴上げに参加していいんですか?」

「アホか、みんないいから出ろ!お前たちも行け!」優勝が決まった瞬間、ベンチから選手が一斉に飛び出した。星野はすぐさま裏方に対して叫んだ。
「尾張メモ」の全貌―情報は盗んで活かせ
「尾張メモ」の全貌―情報は盗んで活かせ

虚像がユニフォームを着ている

広岡監督殿

巨人偵察記・巨人の実像・私が過去三十年、対巨人と戦ってきた印象からみると、最低の巨人といっても過言ではない。人気という点では昔と雲泥の差があっても、実技つまり野球のすべてに対する取組む姿勢が欠けていること。緻密性がない。個人的には優秀な人材はおりますが、チームプレー1つをとってみても投手は三本間に三塁走者を挟みながら、生かしてしまうランダンプレー等がその例。一発で刺さねばいけないプレーをウロウロして生かすということは、過去の巨人では考えられないことです。極端な表現ですが、巨人のユニフォームを着ている虚像にすぎない。−こう断言できます。

このくらいのチームが優勝することはちょっと考えられないことだが、優勝をバックアップしている審判団の判定が大きく作用していることは申すまでもありません。私自身がこの目で見ても、巨人がパ・リーグであれば、近鉄クラスの実力と見ます。それで人気だけが物凄い、まさに虚人です。・・・・・・
1983年10月15日
阪神タイガース
阪神タイガース

序章 黄金時代の幕開け
”遂に来たタイガースの時代”
『この世の春、である。長い長い苦難のときを経て、とうとう阪神タイガースの時代がやって来た』
覚悟のすすめ (角川oneテーマ21 A 87)
覚悟のすすめ (角川oneテーマ21 A 87)

これまでのプロ野球生活で、胸を張って自慢できることがひとつある。

それは、

「たとえお金にならないことでも、やるべきことを、全力を尽くしてやってきた」

ということだ。

2000年5月12日の第三打席を最後に、翌年9月28日の横浜戦第二打席まで、私は1002打席にわたって一度も併殺打を記録しなかった。これはあまり知られていないが日本記録である。
ただ、常に全力疾走を心掛けていなければ達成できなかった記録でもある。それを私は誇りに思う。

連続フルイニング出場にしても、「すごい」とほめられはしても、直接お金として返ってくるわけではない。

それでも私は、セーフになるチャンスがあれば、一塁に全力疾走する。果敢にボールを追うし、つねに次のベースを目指そうとする。なぜなら

「たとえお金にならないことでも、全力プレーするのがプロ」
そう思っているからである。

「いつケガをしてもいい」そういう覚悟で私は常に試合に臨んでいる。

それが、これまでの私のプロ野球生活を支えた信念であり、いまもつねに自分自身にいいきかせているモットーである。