アナフレ猛虎会

皆様こんにちは。アナフレ猛虎会 通称”頑張れ阪神タイガース☆です。
<< March 2023 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

猛虎かく勝てり2481

2023.03.31 Friday




“ 2023年ペナントレース“

本日より2023年度のセ・リーグペナントレースがスタートします。

思えば昨年の巨人戦に敗れ、リーグ優勝の可能性が消滅。17年連続のV逸となった猛虎。
その試合は2回に佐藤輝君の19号ソロで先制しましたが逆転負け。クライマックスシリーズ(CS)進出を争う4位広島、5位巨人に0・5差に迫られ、自力でのCS進出も消滅。矢野燿大監督がキャンプイン前日に今季限りでの退任を表明して始まった異例のシーズン。猛虎は、なぜ優勝できなかったのか−。猛虎担当キャップ記者の要因分析を振り返ります。

春先のプロ野球は「最弱の虎」が話題でした。開幕戦の3月25日ヤクルト戦で7点差の大逆転負けを食らってから、まさかの9連敗。ベンチも
選手も浮足立っていました。オープン戦登板2試合で開幕守護神に指名された新外国人ケラー選手が立て続けに炎上。投手起用が定まらずその後も歯止めがかからない。長いプロ野球の歴史でも初めてとなる「開幕17戦1勝」。勝率0割6分3厘という数字を記録。
批判の先は2カ月前の出来事に向かう。矢野監督がキャンプイン前日に今季限りの退任を表明。前代未聞だった。球団周辺からは「やっぱり、やる前から『今年で辞めます』っていうのは…」という声が聞こえてきたことも事実。さらには「(キャンプで)胴上げするとか、あり得ない。それは、やっぱり球団の指導力のなさ」という厳しい言葉も。ついに借金16。「途中解任」、「休養」など最悪の事態を想定してのシーズン序盤。

しかしチームは強靱な投手力を軸に前半戦で借金完済を成し遂げたが、8月に入って再び失速。今季を象徴する数字が球団ワーストとなるシーズン25試合のゼロ封負け。無抵抗な試合が目立った猛虎。大山君、中野君、近本君ら主力野手の相次ぐコロナ罹患も不運だったが、勝負の夏に上昇カーブを描けなかったことは事実です。キャンプから始まり、世紀の開
幕ダッシュ失敗。そして、「2度目の失速」。指揮官もマネジメント力を問われる結果になってしまいました。
さて、岡田監督が15年ぶりに指揮を執る猛虎の23年シーズンが開幕する。DeNAとの開幕戦に自信を持って挑む。18年ぶり悲願の「アレ」のためにも、開幕直後にバース氏、掛布氏、岡田監督のバックスクリーン3
連発のようなチームを勢いづけるミラクルプレーが飛び出すことを期待したいですね。


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:岡田 彰布監督


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2020年11月10日


場所:阪神甲子園球場


猛虎かく勝てり2480

2023.03.30 Thursday


“ 開幕ローテ入り“

<ウエスタン・リーグ:オリックス1−0阪神>◇29日◇杉本商事BS

大竹耕太郎君が開幕ローテ入りを正式に通達されたようですね。
この日はウエスタン・リーグのオリックス戦に先発し、5回1失点。登板後、安藤投手コーチから4月5日の広島との開幕5戦目で登板予定を告げられました。
新たな投手陣の顔ぶれとして活躍が楽しみです。
開幕投手を務める青柳君は、“予行演習”を終えました。DeNAとの開幕
戦まであと2日に迫った全体練習前、京セラドーム大阪のマウンドで投
球練習を行いました。
前回24日、オリックスとのオープン戦では、全体的に滑ったとマウンドの感触を確かめるため、登板2日前のブルペン投球の代わりに本番のマ
ウンドで40球程度投げ込み、調整は万全のようです!
いよいよ開幕ですね。



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:青柳 晃洋投手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2022年05月20日


場所:阪神甲子園球場

猛虎かく勝てり2479

2023.03.29 Wednesday


“ 必勝祈願“

猛虎は兵庫・西宮市の広田神社で4年ぶりの必勝祈願を行いました。
コロナ禍で昨季は代表者数名のみだったが、コーチ、選手らの参加は19年以来。岡田監督、杉山オーナー、百北球団社長も参列し、境内ではファン約160人も見守りました。

西井宮司は祝詞の際「監督、選手が一丸となってアレを合言葉に」と必勝祈願。「心を込めて優勝への祈祷をしました。なんとか実を結んで欲しいですね」とほほ笑んだようです。

まあ流行語のように「アレ」もいいですけど、終わって見たときに「アレ」って何だったっけ?とは言わせないよね。


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:勝利


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2021年06月29日


場所:阪神甲子園球場


猛虎かく勝てり2478

2023.03.28 Tuesday


“ 休日返上“

いてもたってもいられない。岡田監督が27日、“休日返上”で先発投手陣にバント指導を行いました。

背番号80のユニホームをまとい、サプライズで甲子園の室内練習場に登場。監督が投手指名練習に顔を出すこと自体が異例の行動で、直接指導となればさらにレア。

青柳君らがキャッチボールを終えると、安藤投手コーチの「集合」のかけ声でフリー打撃の練習スペースに呼び寄せる。始めたのは送りバントのレッスン。時折笑いが起きる和やかなムードもありながら、約15分の指導が行われた模様。

開幕前ラストゲームの前日26日のオリックス戦の5回無死一塁で才木君が犠打に失敗して三振。21日の西武戦で西純君を9番DHに入れるなど、
投手を打席に立たせてきたが、送りバントのサインを出す機会がなかった。この日は才木君や伊藤将君らを打席に立たせ、身振り手振りで構え方などを伝授。

開幕を31日に控え「9番打者」の役割を見つめ直す貴重な機会となった猛虎投手陣。オープン戦17試合で成功した犠打は11日の日本ハム戦で小幡君が決めた1回のみで巨人と並び両リーグ最少タイ。結果的に12球団最多得点の72点でフィニッシュしましたが、大味な野球では勝ち抜けない岡田監督の方針でしょう。
第一次監督の頃からブルペンを必ず視察していた監督ならではですが、現役時代の本人は一番バントのサインを嫌がっていたはずですけどね。
昨シーズンまでの失策数の改善プラスバント成功率のアップ!課題は盛りだくさんでしょう。



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:猛虎ナイン


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2020年10月18日


場所:阪神甲子園球場

虎!オープン8勝9敗

2023.03.27 Monday



2023年3月26日(日) 京セラD大阪
【オープン戦】 オリックス・バファローズ vs 阪神タイガース 6回戦
■2023/03/24試合結果
神 | 0 0 0 2 0 0 0 0 0 | 2
オ | 2 0 1 0 1 0 0 1 x | 5

【阪神】 ●才木(0勝2敗) 富田 石井 浜地
【オリックス】 ○山岡(3勝0敗) 吉田 山崎颯 宇田川 阿部 Sワゲスパック(1セーブ)
[本塁打] 杉本3号(オ) 野口2号(オ)

─────────
“オープン戦終了“

猛虎の23年開幕オーダーが固まったようですね。

侍ジャパンの一員としてWBC世界一に貢献した中野君が帰国後初実戦に
臨み、「2番二塁」で出場。「8番遊撃」には小幡君が抜てきされました。

【猛虎開幕スタメン】

1番中堅 近本
2番二塁 中野
3番左翼 ノイジー
4番一塁 大山
5番三塁 佐藤輝
6番右翼 森下
7番捕手 梅野
8番遊撃 小幡
9番投手 青柳

オープン戦の成績はともあれ、
「12球団得点ランキング1位」を評価した岡田監督。
オープン戦で12球団トップの72得点を挙げました。球団では13年の91得点以来、10年ぶりにオープン戦12球団トップの得点数。13年は新外国人コンラッド氏が12打点。今年はドラ1森下君が8打点。ともに新戦力がチームトップの打点を稼いで得点に結びつけました。


アナフレ目線
2月オープン戦☆★
3月オープン戦★★WBC★★☆☆★☆☆☆☆★★★★☆☆
2月オープン戦☆★
3月オープン戦★★WBC★★☆☆★☆☆☆☆★★★★☆☆



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:小幡 竜平内野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2020年11月10日


場所: 阪神甲子園球場

虎!オープン8勝8敗

2023.03.26 Sunday



2023年3月25日(土) 京セラD大阪
【オープン戦】阪神タイガース vs オリックス・バファローズ 5回戦

■2023/03/24試合結果
オ | 0 0 0 0 0 0 0 0 0 | 0
神 | 3 0 0 1 0 1 2 0 x | 7

【勝投手】 秋山(1勝0敗)
【敗投手】 山福(0勝1敗)
バッテリー
【オリックス】山福、吉田、コットン、本田、近藤 ‐ 石川、若月
【阪神】秋山、村上、浜地、岩崎、K.ケラー ‐ 梅野
本塁打
【阪神】大山 2号(1回3ラン 山福)、佐藤輝 2号(4回ソロ 山福)

─────────
“投打の噛み合い“

先発投手が好投し、中継ぎ抑えがしっかり抑えて、クリーンナップが打ちと、投打噛み合う猛虎が勝利しました。

先発の秋山君がオリックス戦で4回無失点と好投し、開幕2戦目、4月1日DeNA戦の先発切符を勝ち取りました。
左肩違和感で離脱した伊藤将君の代役として巡ってきたチャンスをモノにした秋山君。最速141キロのキレのある直球を軸にカーブ、スライダ
ー、フォークを使い、丁寧にコースをつきました。

開幕2戦目は「秋山+村上」のコンビで臨む見通しです。当初は秋山君が4回、2番手村上君は3回の予定が、打順の巡り合わせで村上君は2回
で降板。村上君を第2先発で待機させ、万全を期すかまえです。

秋山君は前日24日に一般女性と結婚したことを発表!新婚さんの今季の活躍を期待しましょう。



アナフレ目線
2月オープン戦☆★
3月オープン戦★★WBC★★☆☆★☆☆☆☆★★★★☆
2月オープン戦☆★
3月オープン戦★★WBC★★☆☆★☆☆☆☆★★★★☆



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:秋山 拓巳投手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2020年10月18日


場所: 阪神甲子園球場

虎!オープン戦7勝8敗

2023.03.25 Saturday


2023年3月24日(金) 京セラD大阪
【オープン戦】オリックス・バファローズ vs 阪神タイガース 4回戦
■2023/03/24試合結果
神 | 0 0 0 2 0 0 0 0 0 | 2
オ | 0 1 0 2 2 0 0 0 x | 5

【勝投手】山下(2勝0敗)
【敗投手】青柳(2勝1敗)
【セーブ】平野佳(1セ)
バッテリー
【阪神】青柳、島本、富田、加治屋‐梅野、坂本
【オリックス】山下、比嘉、ワゲスパック、平野佳‐森、若月
本塁打
【阪神】大山 1号(4回2ラン 山下)
【オリックス】中川圭 3号(4回ソロ 青柳)

─────────
“悩めない4番へ“

球場に乾いた打球音が響きました。1点を追う4回1死一塁。相手先発投
手の150キロを超える“剛球”に猛虎打線は2安打と沈黙。悪い流れを
切り裂いたのは大山君のひと振りでした。カウント2−1から低め直球を
強振。歓声とともに打球は左中間フェンスを越え、一時勝ち越しとなる2
ラン。左翼ビジター席の虎党をわかせました。
ベンチに帰っても、4番打者の表情は引き締まっていました。
オープン戦15試合、60打席目で生まれた初アーチ。今春の実戦では22
試合、88打席目の1発。
今季、岡田監督からは「4番一塁」での固定起用を明言される中、前試合
までのオープン戦打率は1割4分9厘。3試合で12打席中、内野安打1本のみと苦しい結果が続いていた大山君。12日の巨人戦では「1番DH」で出場するなど“荒療治”も敢行。だが、昨季チーム最多23本塁打87打点を記録した主砲の完全復調の一歩となる一発でしたね。
31日のDeNAとの開幕戦まで、残すオープン戦は2試合。これまでの大山君は悩める4番打者でしたが、今年からはもう悩む暇などないですね。


アナフレ目線
2月オープン戦☆★
3月オープン戦★★WBC★★☆☆★☆☆☆☆★★★★
2月オープン戦☆★
3月オープン戦★★WBC★★☆☆★☆☆☆☆★★★★



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:大山 悠輔内野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2020年11月10日


場所: 阪神甲子園球場

猛虎かく勝てり2477

2023.03.24 Friday


“ 侍から猛虎へ“

侍ジャパンの世界一に貢献した中野君と湯浅君が、ともに31日の開幕DeNA戦の出場を目指します。23日に米国から帰国した2人は24日をオフにあて、25日からチームに合流する見込みです。
開幕前のオープン戦は24日からのオリックス3連戦だけ。
中野君は右手小指を骨折した正遊撃手の源田選手に代わり、1次ラウンドで2度のスタメン出場。チームの窮地を救いました。大会では主に遊撃を
こなしたが、チームでは今季から二塁に専念。二遊間での連係も含め、最
終調整の1週間になります。
救援で3試合に登板した湯浅君もチームでは今季から守護神。今後は28
日からのウエスタン・リーグ、オリックス戦に登板し、開幕守護神OKをアピールします。
世界の頂点を知った2人が、次は虎の「アレ」に挑戦です。



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:中野 拓夢内野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2022年05月20日


場所:阪神甲子園球場

虎!オープン戦6勝6敗

2023.03.23 Thursday



2023年3月22日(水) 東京ドーム
【オープン戦】 読売ジャイアンツ vs 阪神タイガース 2回戦
■2023/03/22試合結果
神 | 0 0 0 0 1 0 0 3 0 | 4
読 | 1 0 0 0 4 0 1 0 x | 6

【勝投手】メンデス(1勝0敗)
【敗投手】西純(1勝1敗)
【セーブ】ロペス(1セ)
バッテリー
【阪神】西純、浜地、加治屋、石井 ‐ 梅野、長坂
【読売】メンデス、直江、田中千、松井、大江、ロペス ‐ 岸田
本塁打
【阪神】森下 3号(5回ソロ メンデス)
【読売】ブリンソン 2号(7回ソロ 加治屋)


─────────
“未来の侍“

侍ジャパンの皆様!世界一おめでとうございます。
しかしなんですが、優勝するまでこれでもかとメディアがニュースで取り上げていたのに、優勝した直後からピタッと映像が無くなりました。それだけ放映権のようなものが高額なのかもしれませんね。
さて、ドラフト1位森下君が22日、開幕右翼スタメンの座を決定的なモノとした活躍を魅せました。自身初の東京ドームでオープン戦3号となる同点弾。この一打で打点を7に伸ばし、打撃主要4部門でチーム4冠に躍り出ました。争ってきた開幕右翼のスタメンを決定的なものにした瞬間です。

弾丸ライナーは1点を追う5回、左腕投手の外角低めスライダーを引っ張り左翼席へ。猛虎打線が1安打に抑え込まれていた中での同点弾。現
役時代の岡田監督を超える新人オープン戦3発目。これで17日ヤクルト
戦から4試合連続安打。打率3割5分7打点、3本塁打、14安打はチー
ム4冠の数字。
この日はWBC決勝も観戦。中野君、湯浅君を始め、中大先輩のDeNA牧選手ら、身近な選手たちから刺激を受けた森下君。3年後の次回大会を見据え、若きスラッガーが未来の侍に向けて走りだしました。

アナフレ目線
2月オープン戦☆★
3月オープン戦★★WBC★★☆☆★☆☆☆☆★★★
2月オープン戦☆★
3月オープン戦★★WBC★★☆☆★☆☆☆☆★★★



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:キー太


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2020年10月18日


場所: 阪神甲子園球場

虎!オープン戦6勝5敗

2023.03.22 Wednesday



2023年3月21日(火) ベルーナドーム
【オープン戦】 埼玉西武ライオンズ vs 阪神タイガース 1回戦

■2023/03/19試合結果
神 | 0 0 0 0 0 0 0 0 1 | 1
西 | 0 0 0 0 0 0 0 2 x | 2

【勝投手】森脇(1勝0敗)
【敗投手】岩崎(0勝1敗)
【セーブ】水上(1セ)
バッテリー
【阪神】西勇、村上、岩崎 ‐ 梅野、坂本
【埼玉西武】松本、本田、平井、森脇、水上 ‐ 柘植
本塁打
【埼玉西武】 中村 1号(8回ソロ 岩崎)、仲三河 1号(8回ソロ 岩崎)


─────────
“ダブル西デー“


岡田監督の助言で変身! 西勇君が、5回1安打無失点と快投しました。

西武戦に先発。持ち味の低めへの制球に加え、高めへの直球も織り交ぜながら、ツーシーム、カットボールなどを散らして的を絞らせず、山賊打線を寄せ付けなかった西勇君。
指揮官の助言を生かした結果のようです。前回先発した14日のDeNA戦では5回5失点と打ち込まれ、登板後には岡田監督からアドバイスを受け止め、この日の快投につなげました。
開幕2カード目初戦の4日広島戦(マツダスタジアム)での先発が有力です。次回登板は28日のウエスタン・オリックス戦の見込み。

同じく西純君が西武とのオープン戦で、異例の「9番DH」で出場し、投
手強襲のチーム初安打を放ちました。
1打席限定のバント練習のはずが、走者がなく、持ち前の打力を披露する場に。岡田監督も苦笑い。
虎が誇る「二刀流」が異例の起用で、本領を発揮。3回2死で西純君がカウント2−0から145キロ直球をはじき返し、投手強襲のチーム初安打。野手さながらの全力疾走で一塁を駆け抜けました。
球場への出発前に「9番DH」の起用が伝えられ、試合前練習では野手に交じってフリー打撃も行った西純君。
西純君は22日の巨人戦に先発する予定ですが、他の野手を指名打者で起用するため、打席には立ちません。1日前倒しの1打席限定バント練習が狙いも、相手右腕の好投で思惑は外れました。昨季は打率2割3分1厘、1本塁打4打点を記録し、先発した13試合中8試合で8番に座った男は、期せずして、その打力を披露しましたね。
西純君は順当に行けば、開幕第6戦、4月6日の広島戦での先発が濃厚です。
アナフレ目線
2月オープン戦☆★
3月オープン戦★★WBC★★☆☆★☆☆☆☆★★
2月オープン戦☆★
3月オープン戦★★WBC★★☆☆★☆☆☆☆★★



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:猛虎ナイン


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2020年10月18日


場所: 阪神甲子園球場

猛虎かく勝てり2476

2023.03.21 Tuesday


“ 虎の守護神“

侍ジャパンの一員としてWBC出場中の湯浅君が、新守護神として開幕戦に間に合う可能性が20日、浮上しました。
当初岡田監督は代役を立てる方針を示していましたが、WBC球になじん
でいる状態を確認して考え方を軌道修正した見込み。虎のリリーフエース
が、23年初陣となる31日DeNA戦からチームを引っ張ります。
「3・31」の最終回のマウンドには、背番号65が立つことになりそうですね。2月の沖縄春季キャンプ中には抜け球が目立つなどしていましたが、
実戦を重ねる度に精度を向上。6日の猛虎との強化試合では最速155キロ
の直球と宝刀フォークを駆使して3人斬り。本大会初戦の9日中国戦では
8回に登板して圧巻の3者連続三振を奪うなど、完全にボールを操る頼もしい姿をみせています。

21日(日本時間22日)のWBC決勝に進出した場合、早くて25日前後にチームに合流できる見込みの湯浅君。オープン戦では投げず、28日からのウエスタン・オリックス3連戦の実戦登板を挟んで開幕に向かう可能性が高くなります「開幕守護神・湯浅」を実現させ、スタートダッシュを決めたい猛虎です。



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:湯浅 京己投手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2022年05月20日


場所:阪神甲子園球場

虎!オープン戦6勝4敗

2023.03.20 Monday



【オープン戦】東京ヤクルトスワローズ vs 阪神タイガース 3回戦

■2023/03/19試合結果
神 | 0 0 0 0 0 0 0 0 0 | 0
ヤ | 0 0 1 2 0 0 0 0 x | 3


【勝投手】吉村(2勝0敗)
【敗投手】才木(0勝1敗)
【セーブ】田口(1セ)
バッテリー
【阪神】才木、秋山‐坂本、長坂
【東京ヤクルト】吉村、石山、成田、ケラ、清水、田口‐古賀
本塁打
【東京ヤクルト】オスナ 2号(4回2ラン 才木)
─────────
“開幕ローテ争い“


開幕3戦目の4月2日DeNA戦での先発が確実視される才木君が、今春最長の5回を投げました。
2ランなどで5安打3失点の内容に、5イニング投げきり、バッターの反
応などシーズンで使えそうな収穫ありと手応えを感じたようです。被弾
の場面は内角直球を2球続けた結果。岡田監督はむしろ4番打者にイン
コース2球真っすぐ続けたら打たれると、むしろ間違ったリードの捕手坂本君に苦言を呈したようですね。

また、伊藤将君が故障離脱の中で、白羽の矢が立つ秋山君は、ヤクルト相手に3回無失点と力投しましたが、代役開幕ローテ入りを決めるまでに至らなかったようです。
6回から2番手で登板。2イニングは難なく抑え、8回は得点圏に走者を背負いながらゼロで切り抜けました。本人は納得顔も、岡田監督は開幕
ローテ入りについては保留としています。
開幕2戦目の4月1日DeNA戦での先発が確実視されていた伊藤将君が左肩の違和感で戦列を離れ、有事に備えて村上君やB・ケラー君と代役を争う立場。指揮官は次戦については長い回を投げられる2軍戦登板を示唆しています。
開幕ローテ滑り込みへ、結果を出し続けるしかないですね。

アナフレ目線
2月オープン戦☆★
3月オープン戦★★WBC★★☆☆★☆☆☆☆★
2月オープン戦☆★
3月オープン戦★★WBC★★☆☆★☆☆☆☆★



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:猛虎ナイン


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2020年10月18日


場所: 阪神甲子園球場

虎!雨天中止

2023.03.19 Sunday



■2023/3/18 試合結果

【試合中止】 ヤクルト0勝2敗0分け

◇オープン戦◇開始13時00分◇神宮

試合中止

───────────────
“室内練習も大切だ”


18日、ヤクルトとのオープン戦(神宮)が降雨のため中止となり、神宮球場室内で全体練習を行った猛虎。佐藤輝君は前日17日に引き続き、ノー
ステップでフリー打撃を行っていました。チームは約2時間汗を流しまし
た。
17日の同戦でベンチ裏で額をぶつけ、左目の上を裂傷した木浪君は元気
な姿で練習に参加。他の野手と変わらないメニューをこなしました。本人
は問題ないと説明し、バスに乗り込んだようです。



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:猛虎ナイン


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2021年6月29日


場所: 阪神甲子園球場

虎!オープン戦6勝3敗

2023.03.18 Saturday



【オープン戦】東京ヤクルトスワローズ vs 阪神タイガース 2回戦
■2023/03/17試合結果
神 | 2 2 1 0 0 0 1 2 0 | 8
ヤ | 0 0 0 0 0 0 0 0 0 | 0

【勝投手】青柳(2勝0敗)
【敗投手】小川(1勝1敗)
バッテリー

【阪神】青柳、加治屋、島本、石井、富田‐梅野、坂本
【東京ヤクルト】小川、今野、星、久保、エスピナル、木澤‐内山、古賀
本塁打
【阪神】佐藤輝 1号(3回ソロ 小川)

─────────
“開幕投手の反省“

猛虎投手陣がいいですね。結果以上に内容にこだわる点も。

開幕投手の青柳君が投球を辛口で振り返った試合。
無駄な四球やツーシームを2回投げて、2回とも同じ外れ方で2球ともボールは論外だと。
初回は打者3人で抑え、その後は毎回走者を出してピンチの連続。結果は5回0封でも5安打され、3つ出した四球も納得いかず。結果的には無失点が素晴らしいですけどね。

石井君がヤクルト戦に4番手で8回に登板し1安打無失点に抑えました。今季実戦8試合11イニングで無失点を継続中。無死一塁から一ゴロ併殺に打ち取ったが一塁ベースカバーに入った際に石井君が落球。失策で走者を残したが落ち着いて後続を打ち取りました。

ドラフト6位富田君が開幕1軍にまた前進です。9回に登板し、先頭の代打は低めチェンジアップで空振り三振。続く左打者は外角低め直球で見逃し三振に斬り、同じく左打者は1球で三飛に仕留めました。オープン戦5試合で防御率は1・42。監督の評価も上々です。



アナフレ目線
2月オープン戦☆★
3月オープン戦★★WBC★★☆☆★☆☆☆☆
2月オープン戦☆★
3月オープン戦★★WBC★★☆☆★☆☆☆☆



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:青柳 晃洋投手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2022年05月20日


場所: 阪神甲子園球場

猛虎かく勝てり2475

2023.03.17 Friday


“ 虎のウィークポイント“

どうやら佐藤輝君の三塁守備に緊急メスが入ったようですね。
ゴールデングラブ賞2度の馬場敏史内野守備走塁コーチが12分間の熱血
指導。今季は三塁固定の予定ですが、オープン戦10試合で4失策。12球
団ワーストを記録すれば、首脳陣も慌てますでしょう。

神宮室内に隣接するコブシ球場で三塁ノックを受けた後だった。馬場コーチが身ぶり手ぶりで構え方や1歩目の動きを指導。右足を1歩前にして構える佐藤輝君に平行に構えるように指導。14日のDeNA戦で三塁線の打球を一塁に悪送球したのが顕著な例で、逆シングルでグラブを出す際、足の長い佐藤輝君は無理な体勢になりやすいようです。

馬場イズム注入で、ヤクルト戦からニュー佐藤輝を披露できるか。
中野君が二塁にコンバートが決定して二遊間が強化されている猛虎内野陣のウイークポイントが三塁ではね〜守備が上達すれば身体も柔らかくなり打撃も必ずよくなりますよ!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:佐藤 輝明内野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2021年06月29日


場所:阪神甲子園球場

虎!オープン戦5勝3敗

2023.03.16 Thursday


【オープン戦】横浜DeNAベイスターズ vs 阪神タイガース 2回戦
■2023/03/15試合結果
神 | 0 0 0 0 0 1 1 0 0 | 2
横 | 0 0 0 0 0 0 0 0 0 | 0

【勝投手】 西純(1勝0敗)
【敗投手】 中川(0勝1敗)
【セーブ】 K.ケラー(1セ)
バッテリー
【阪神】 大竹、西純、K.ケラー‐梅野、坂本
【横浜DeNA】 平良、中川、三浦、入江‐戸柱、伊藤

─────────
“開幕ローテ獲得“



オープン戦にて完封勝利は素晴らしいじゃないですか。

先発の大竹君が開幕ローテ入りを確実にしました。
開幕5戦目の4月5日広島戦を任されそうです。この日はDeNA戦に先発
し、4回を1安打無失点。試合後、岡田監督は先発として計算していると明言しました。
結果も内容も問われるマウンド。捕手のサインに首を振ってまで、直球多めの配球で勝負。初回は高め直球で三ゴロ、2番打者には低め直球で一邪飛。ベイさんの攻撃的オーダーにもひるみませんでした。

前回5日オリックス戦では3回6安打4失点と炎上。その翌日に自主トレをともにする師匠のソフトバンク和田投手に電話したとか。大先輩か
ら指摘され、相手の裏をかくためにも直球が大事だとあらためて気づけたようですね。

次回22日は同一リーグの1軍巨人戦を避け、2軍ソフトバンク戦に先発する予定の大竹君。現役ドラフトで獲得した左腕が、岡田猛虎の力となりそうです。

アナフレ目線
2月オープン戦☆★
3月オープン戦★★WBC★★☆☆★☆☆☆
2月オープン戦☆★
3月オープン戦★★WBC★★☆☆★☆☆☆



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:タイガースガールズ


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2022年05月20日


場所: 阪神甲子園球場

虎!オープン戦4勝3敗

2023.03.15 Wednesday



2023年3月14日(火) 横 浜
オープン戦 横浜DeNAベイスターズ vs 阪神タイガース 1回戦

◇開始 13時00分 ◇試合時間 3時間36分 ◇入場者 12,123人

■2023/03/14試合結果
神 | 4 0 0 0 0 5 2 0 0 | 11
横 | 3 0 0 1 1 0 0 1 0 | 6

【勝投手】西勇(1勝0敗)
【敗投手】宮城(0勝1敗)
バッテリー
【阪神】西勇、石井、富田、岩貞‐梅野、坂本
【横浜DeNA】 雜、宮城、石川、三嶋、森原 ‐ 伊藤、上甲
本塁打
【阪神】森下 2号(7回2ラン 石川)

─────────
“開幕想定オーダー“

岡田監督が開幕想定オーダーを組み、開幕カードで対戦するDeNAに10安打11得点と打ち勝ちました。

3番ノイジー君、4番大山君、5番佐藤輝君と構想通りのクリーンアップ
を対外試合で初めて組んだ結果は、指揮官の言葉通り、昨季4戦2勝2敗ながら防御率1・82と抑え込まれたDeNAの左腕浜口投手に初回から襲いかかる内容です。

1番近本君が四球を選び出塁。2番渡辺諒君の7球目に二盗を決め、連続四球で無死一、二塁。3番ノイジー君が右前にしぶとく落とす。好走塁で二塁も奪い先制適時二塁打。来日初打点をマークした新助っ人が役割を十分に理解していますね。

さらに5番佐藤輝君が左前適時打で2点目。勢いは止まらず、この回さらに2点を奪い初回に4点。6回の打者10人で5点を奪ったのも1死後に大山君四球、佐藤輝君の右翼線への安打から打線がつながりました。左打者が多かった昨季は先発左腕に10連敗するなど苦手にしていたものの、今季は3番、4番、そして6番に右打者が入ることで左右のバランスもよくなるはずです。

投げては石井君が“ドクター0”を継続。2番手で6回に登板すると、中飛に打ち取るなど打者3人を3球で料理。球数の少なさに岡田監督は急きょ続投させた7回も3者凡退に仕留め、2イニングを完璧に抑えました。1回3球斬りは石井君本人も記憶にないと驚く初体験。今年の実戦は2月11日の1、2軍合同紅白戦から7試合10回無失点、被安打1と絶好調です。勝利の方程式候補にも挙がる右腕は上々の手応えを明かしました。


アナフレ目線
2月オープン戦☆★
3月オープン戦★★WBC★★☆☆★☆☆
2月オープン戦☆★
3月オープン戦★★WBC★★☆☆★☆☆



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:石井 大智投手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2022年05月20日


場所: 阪神甲子園球場

猛虎かく勝てり2474

2023.03.14 Tuesday


“ 暗雲をたち切れ“

主砲の大山君は指揮官から今週中の状態良化を指令されました。ここまでオープン戦では28打数2安打、打率0割7分1厘。まだアーチはありません。
流石にこの数字では、状態の悪さを指摘されるでしょう。
11日の日本ハム戦で左翼線二塁打を決めたものの、「1番DH」の荒治療
を受けた前日12日巨人戦は4打数無安打。
今日14日から敵地DeNA2連戦、17日からはヤクルト3連戦に入る中、横浜スタジアムではプロ6年間で通算打率3割1厘、11本塁打、42打点。好相性を誇る球場で一気にきっかけをつかみたいところですね。
開幕までの残り10試合でしっかり調整してほしいものです。
もうこの男には悩みなど無用と思いますけどね。
先発ローテーションの伊藤将君も離脱した猛虎!この時期疲れがたまるナインもいれば、いよいよこれから調子を上げるスロー型もいるのがナインでしょう。


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:大山 悠輔内野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2022年05月20日


場所:阪神甲子園球場

虎!オープン戦3勝3敗

2023.03.13 Monday



2023年3月12日(日) 甲子園

阪神タイガース vs 読売ジャイアンツ 1回戦
■2023/03/12試合結果
巨 | 0 0 0 0 1 2 0 0 0 | 3
神 | 0 0 0 1 0 4 0 0 x | 5
◇開始 13時00分 ◇試合時間 3時間3分 ◇入場者 18,468人
【勝投手】富田(2勝0敗)
【敗投手】堀岡(0勝1敗)
【セーブ】浜地(1セ)
バッテリー
【読売】赤星、堀岡、大江、鍵谷、ロペス ‐ 山瀬、小林
【阪神】才木、B.ケラー、富田、加治屋、島本、浜地 ‐ 梅野、坂本
本塁打
─────────
“先発投手陣の不安“


世間はWBC一色。巨人対阪神のオープン戦は大人しいものですね。
才木君がその「大谷弾」から成長した姿を見せました。
巨人とのオープン戦に先発し、3回無失点の快投。改良中の勝負球に手応
えをつかんだようです。初回にフォークで3球三振に仕留めると、2回には139キロフォークで空振り三振。150キロ台の直球にカーブも交え、巨
人打線から3三振を奪い、1安打に抑えました。

前回登板となった6日の侍ジャパンとの強化試合では、大谷選手にフォ
ークをとらえられ被弾。
打たれた1球は球速137キロ。140キロ台を理想に掲げ、握り方などで試行錯誤を重ね、フォークを磨いていきます。

右肘の手術から復帰した昨季は中10日前後と登板間隔を空けたが、今季は開幕から中6日登板へ調整。
1年間ローテーションを入って守り抜くのが目標とし、悔しさをバネに飛躍します。

アナフレ目線
2月オープン戦☆★
3月オープン戦★★WBC★★☆☆★☆
2月オープン戦☆★
3月オープン戦★★WBC★★☆☆★☆



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:タイガースガールズ


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2022年05月20日


場所: 阪神甲子園球場

虎!オープン戦2勝3敗

2023.03.12 Sunday



■2023/03/10試合結果
日 | 0 0 0 1 4 0 0 0 0 | 5
神 | 0 0 0 2 2 0 0 0 0 | 4

◇開始 13時02分 ◇試合時間 3時間16分 ◇入場者 18,933人

【勝投手】 吉田(1勝0敗)
【敗投手】 桐敷(0勝1敗)
【セーブ】 石川(2セ)
バッテリー
【北海道日本ハム】 ガント、吉田、長谷川、福田俊、宮内、ロドリゲス、田中正、石川 ‐ 宇佐見、伏見
【阪神】桐敷、岩貞、石井、K.ケラー、浜地‐坂本、長坂
本塁打
【北海道日本ハム】 万波 3号(5回2ラン 桐敷)


─────────
“先発投手陣の不安“


まだまだ投手陣は不安定
桐敷君が5回8安打5失点と精彩を欠いた内容でした。

先発予定だった伊藤将君が左肩の違和感のため、代わりに先発マウンド
へ。3回まで1安打無失点に抑えましたが、4回に3連打を浴びて1点。5回にも左越え2ランを許すなど、4点を失いました。アピールのチャンスだっただけに悔しいでしょう。
リリーフ再転向の岩貞君が1回1安打無失点で抑えました。6回に2番手
で登板。日本ハム先頭打者に内野安打を許し、得点圏に走者を進められましたが、スライダーで空振り三振、ドラフト1位選手を直球で左飛に仕留めました。

今季は先発調整を進めてきたが、9日に岡田監督から中継ぎ起用を通達。リリーバーとして調整を進めています。

アナフレ目線
2月オープン戦☆★
3月オープン戦★★WBC★★☆☆★
大山君がは23年初長打の弾丸二塁打にも冷静ですね。
日本ハム戦の3回2死一塁、145キロ直球をライナーで左翼線に運んだ一発。4日オリックス戦以来、実戦21打席ぶりのHランプ。23年実戦14試合目、51打席目での初長打。
反省点は6回1死一、三塁で迎えた4打席目。3ボールから右腕の外角低め直球に仕掛けるも、遊ゴロ併殺打に倒れました。
すでに開幕4番は決定済みですが、まだまだ主砲も調整が続いていますね。
2月オープン戦☆★
3月オープン戦★★WBC★★☆☆★



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:岩貞 祐太投手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2022年05月20日


場所: 阪神甲子園球場

虎!オープン戦2勝2敗

2023.03.11 Saturday



■2023/03/10試合結果
日 | 0 0 0 0 0 0 0 0 0 | 0
神 | 0 0 2 4 0 0 0 0 0 | 6

◇開始 13時00分 ◇試合時間 2時間29分 ◇入場者 13,375人

【勝投手】 青柳(1勝0敗)
【敗投手】 生田目(0勝1敗)
【セーブ】 村上(1セ)
バッテリー
【北海道日本ハム】生田目、井口、宮内、宮西、玉井 ‐ 清水、伏見
【阪神】青柳、馬場、村上 ‐ 梅野、坂本
本塁打
【北海道日本ハム】
【阪神】森下 1号(3回2ラン 生田目)
─────────
“開幕投手内定“


青柳君が23年シーズンの開幕投手を務めることが10日、決定しました。
日本ハム戦後に岡田監督が開幕投手について明言。
昨季は自身初の開幕投手に指名されながらも、開幕直前に新型コロナウ
イルスに感染した影響で無念の白紙となった青柳君ですが、出遅れたシーズンでは13勝4敗、防御率2・05という成績を残し、2年連続の最多勝、最高勝率に加え、最優秀防御率の投手3冠のタイトルを獲得。指揮官は指名理由について、一番勝ちを挙げとるわけだから、当然投げさせると話しました。関西弁丸出しで大変です・・・


アナフレ目線
2月オープン戦☆★
3月オープン戦★★WBC★★☆☆
プロ1号で開幕3番に大前進したのは、ドラフト1位の森下君です。
高校通算57本塁打で、すでにプロ注目の存在。
6年越しに聖地で放った感触十分の1発。なかなか力強いスイングでしたね〜今季の活躍が楽しみです

2月オープン戦☆★
3月オープン戦★★WBC★★☆☆



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:青柳 晃洋投手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2022年05月20日


場所: 阪神甲子園球場

虎!オープン戦1勝2敗

2023.03.10 Friday



■2023/03/09試合結果
神 | 0 0 0 3 0 2 0 0 0 | 5
オ | 1 0 0 0 0 0 0 0 0 | 1

◇開始 14時00分 ◇試合時間 2時間37分 ◇入場者 12,285人

【勝投手】 加治屋(1勝0敗)
【敗投手】 村西(0勝1敗)
バッテリー
【阪神】富田、加治屋、K.ケラー、岩崎、浜地、島本、石井‐梅野、坂本
【オリックス】村西、比嘉、平野佳、ワゲスパック、本田‐若月、森
本塁打
【阪神】ミエセス 1号(6回2ラン 比嘉)

─────────
“今が最も楽しい時期“


監督にとっては、開幕メンバーを誰にするか選ぶこの時期が一番楽しいかもしれません。

1軍当落線上にいる新助っ人ヨハン・ミエセス君が、来日初アーチを含む
2安打4打点の活躍でした。
ミエセス君はポジション争いと1軍争いでもう1人のノイジー君と当落線上のようです。

アナフレ目線
2月オープン戦☆★
3月オープン戦★★WBC★★☆
新助っ人のミエセス君が9日、オリックスとのオープン戦で実戦初アーチを含む2安打4打点と大暴れしました。試合前時点で実戦18打数3安打と苦しんでいましたが、3戦ぶりのマルチ安打。開幕1軍枠当落選上の立場で、岡田監督の頭を悩ませる猛アピールもいいでしょう。
21年東京五輪の日本戦では青柳君を相手に空振り三振。同系統の右腕からの2本には監督も目を細めていましたね。
今春はドラフト1位森下君らと激しく外野枠を争う中、試合前時点で実戦18打数3安打。開幕1軍枠の当落線上に立たされる中で結果を出しました。これで実戦の得点圏打率は7割1分4厘。勝負強さが求められる代打要員としても重宝されそうな情勢です。
日本球界での実績が未知数なだけに、どれだけ大化けする助っ人が現れるか?楽しみです。
2月オープン戦☆★
3月オープン戦★★WBC★★☆



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:ラッキー


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2020年10月18日


場所: 阪神甲子園球場

猛虎かく勝てり2473

2023.03.09 Thursday



“生え抜きクリーンアップ“

今年は助っ人の調整が悪い中、ドラフトルーキーが即戦力以上の活躍をしてくれそうな予感です。

猛虎初の開幕戦生え抜きドラ1クリーンアップ!が実現しそうな勢いですね。ドラフト1位新人の森下君の仕上がりが目覚ましい。
現状開幕右翼スタメンの最有力候補となりました。3月31日DeNA戦で
3番森下君、4番大山君、5番佐藤輝君の「森大佐」トリオを形成すれば、球団初の開幕戦でのドラフト1位入団クリーンアップが実現します。

森下君は2月26日のオープン戦・日本ハム戦で先発3番に入り、4番大山君、5番佐藤輝君とドラ1中軸を形成しました。3月7日のWBC強化
試合・韓国戦でも2度目のスタメン3番。韓国で昨季11勝を挙げた投手
から二塁打を放ち、自信を深めています。

近年の猛虎では、移籍選手が中軸打線を担ってきました。金本知憲氏、新井貴浩氏、福留孝介氏、糸井嘉男氏らです。またマートン氏、ゴメス氏ら
外国人も脇を固めていました。歴史をさかのぼれば、73年ドラフト6位
の掛布雅之氏が長年にわたって主砲の座を守ってきた経緯もあります。
開幕戦でクリーンアップ全員が生え抜きだったのは97年広島戦の新庄剛志氏、桧山進次郎氏、八木裕氏までさかのぼります。近年は猛虎野手の生え抜き主軸打者となると、鳥谷敬氏1強ともいうべき状態が続いていましたが、自前の中心打者を育てようというドラフト戦略がようやく実を結びつつあるかもしれません。
夢の生え抜きクリーンアップ「森大佐」トリオを育成できれば「アレ」どころか、黄金時代が幕を開けるかもしれませんね。



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:佐藤 輝明内野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2022年05月20日


場所:阪神甲子園球場

虎!WBC強化試合2敗

2023.03.08 Wednesday



<WBC強化試合:阪神4−7韓国代表>◇7日◇京セラドーム大阪
■2023/03/07試合結果
韓 | 0 0 0 1 3 0 0 3 0 | 7
神 | 0 0 2 0 0 0 0 2 0 | 4

【韓】朴世雄、具昌模、元兌仁、金允植、李義理、鄭又栄、金元中、鄭哲元
【阪】西勇、二保、岩貞、小林、馬場
(本)金慧成(8回)佐藤輝(8回)

─────────
“開幕投手は俺だ“


この右腕がいることも忘れてはいけませんね。
韓国代表と阪神の強化試合は、韓国代表が中盤の追い上げから7点を奪って逆転勝ちしました。

猛虎打線は3回裏に小幡君の中前適時打で先制。5点差を付けられた8回裏、佐藤輝君が反撃の1発を放つも追い上げとはならず。
猛虎が侍ジャパンに貴重な“韓国代表情報”を提供したような試合でした。ベストメンバーの韓国に4−7で敗戦。
初球から大胆に仕掛けてくるチームだった韓国代表。1点リードの5回無死一塁、代表歴も長いベテラン捕手がバスターエンドランで二保君の初球スライダーを右前に運び、一、三塁。試合の流れをつかまれ、この回3失点で逆転されました。
8回には小林君が本塁打と適時二塁打で2点を奪われ、なおも1死三塁からこれまた初球をセーフティーバント。三塁佐藤輝君が素手でつかむも
一塁も間に合わず、ダメ押しの7点目の適時内野安打を決められました。
1発も浴びたが、小技も多彩。WBC開幕を2日後に控えて韓国代表もベストオーダーで臨んでおり、敗れても栗山ジャパンへの提供資料となるでしょう。

強いスイングで振ってくる韓国打線に対し、先発西勇君は4回1失点。持ち味の制球力を生かし、左右、高低、緩急と幅広く攻めて打ち取ったデータも生かせるはずです。韓国投手陣は小刻みに8人を投入。昨季ホールド王から佐藤輝君、原口君が長打を放つなど、攻略へのヒントを与えています。
アナフレ目線
2月オープン戦☆★
3月オープン戦★★WBC★★
西勇君が韓国戦で4回3安打1失点と好投し、配球のコンビネーションに手応えばっちりの内容でした。
内外角を巧みに使い分け、許した安打は単打のみ。
カットボールだったりカーブだったり、実戦の中でバッターの反応が見られたことに手応えを感じています。開幕投手本命の座を譲っているわけにいきませんね。主戦格として順調に調整を進めています。

2月オープン戦☆★
3月オープン戦★★WBC★★



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:タイガース・ガールズ


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2020年10月18日


場所: 阪神甲子園球場

虎!1敗

2023.03.07 Tuesday



侍ジャパン 対 阪神
阪神0勝1敗0分け
◇日本代表戦◇開始18時10分◇京セラドーム大阪◇観衆33460人

■2023/03/06試合結果
日 | 0 0 4 0 4 0 0 0 0 | 8
神 | 0 0 1 0 0 0 0 0 0 | 1

【日本】 ○山本(1勝0敗) 高橋奎 松井裕 湯浅 栗林
【阪神】 ●才木(0勝1敗) 富田 加治屋 西純
[本塁打] 大谷1号(エ) 近本1号(神) 大谷2号(エ)
─────────
“侍に挑んだ猛虎“

まあ完敗というよりも、大谷選手のための練習試合だったかのような試合でしたね。

侍ジャパンが猛虎に大勝し、2試合ぶりの白星を挙げました。3回に来日初出場となった1番ヌートバー選手の中前適時打で先制。さらに3番大谷翔平選手が左膝を地面につくほどの低い球をすくい上げた3ランを放ちました。
5回には大谷選手が中堅右へ2打席連発となる3ラン。今度は詰まり気味でスタンドまで運ばれ、さらに吉田正尚選手が左翼へ適時二塁打。全8打点を、この日から試合に参加可能となったメジャー組がたたき出しました。

投手陣は先発の山本由伸投手が、3回50球で4安打1失点。4奪三振。2番手の高橋奎二投手は3回2安打無失点。こちらも4奪三振と順調な調整ぶり。
3番手はソフトバンク戦では1回2四球、中日戦で2/3回で3四球を出した松井裕樹投手が登場。高めに浮く場面もあったが、空振り三振、中飛、三ゴロと打者3人でぴしゃりと抑えました。この後、湯浅君から栗林良吏投手とつないだ勝利。

アナフレ目線
2月オープン戦☆★
3月オープン戦★★侍ジャパン戦★
いやいやこれでこそ猛虎魂です!近本君が日本のエースの剛速球を打ち砕きました。大谷選手の1発に沸く球場の雰囲気を、ひと振りで猛虎色に染めた一発。3回2死走者なし。カウント3−2からの7球目。先発山本投手の自身最速タイとなる159キロ内角球を完璧に捉えた打球は、虎
党の待つ右翼スタンドへ。昨季のMVP右腕から放った今季実戦初アーチとなりました。
侍ジャパンのマスクを被ったのは同じセ・リーグのヤクルトの中村捕手。159キロの剛球は狙い打ちではなく、探り探りの一打。
主に3番での起用が多かった昨季に対し、今季は1番での起用が決まっている近本君。チームでは激しい外野争いが繰り広げられる中、彼への信頼は揺らがない。オープン戦ではここまで4試合に出場し、打率3割0分8厘と好調継続をキープ。虎のリードオフマンが、由伸撃ちでさらに存在感を示しました。侍ジャパン補欠選出漏れとなった男の意地の一発に栗山監督も脱帽でしょう!

2月オープン戦☆★
3月オープン戦★★侍ジャパン戦★



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:近本 光司外野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2021年06月29日


場所: 阪神甲子園球場

虎!オープン戦1勝3敗

2023.03.06 Monday



オープン戦

阪神 対 オリックス

◇オープン戦◇開始13時00分◇甲子園◇観衆18591人

■2023/03/05試合結果
オ | 0 4 0 0 0 1 0 0 2 | 7
神 | 0 0 0 2 0 0 0 0 0 | 2

【勝投手】田嶋(1勝0敗)
【敗投手】大竹(0勝1敗)
バッテリー
【オリックス】田嶋、曽谷、漆原、近藤、ワゲスパック、阿部 ‐ 森、石川
【阪神】大竹、馬場、K.ケラー、浜地、加治屋、石井、二保 ‐ 坂本、梅野、榮枝
本塁打
【オリックス】中川圭 1号(6回ソロ 浜地)
【阪神】井上 2号(4回2ラン 曽谷)

─────────
“課題を出し切れ“

オープン戦は開幕までに課題を出し切ることですね。
開幕ローテーション候補の大竹君が先発しましたが、2回に一挙4失点。3回、6安打、4失点とほろ苦い本拠地デビューとなりました。

2回に突然崩れた大竹君。先頭打者を四球で歩かし、中堅左へ二塁打を許し無死二、三塁。左前に先制適時打を浴びました。四球で満塁後、連続
適時打を浴び、この回40球を費やし4失点。
ヒットを打たれた後に、強気で行けず逃げる投球になったと反省です。

現役ドラフトでソフトバンクから移籍してきた6年目左腕は、キャンプ中の実戦3試合で9回無失点と抜群の安定感を見せていましたが、不安の残る内容となりました。

アナフレ目線
2月オープン戦☆★
3月オープン戦★★
4回の井上君の左翼への特大2ランに絶賛した岡田監督。しかし8回に
は一塁走者のドラフト1位森下君が走塁ミス。井上君の左翼へのライナ
ーを相手外野手に好捕された時には二塁をまわっていましたが、あわて
て帰塁した時にもう1度二塁を踏まずに帰塁。相手のアピールプレーでアウトになりました。岡田監督は「野球人のミス」と話しました。
なお長嶋茂雄氏は現役時代に、外野飛球で二塁を踏み直さずに一塁に戻ってのアピールアウトを3度も記録。「長嶋の三角ベース事件」と語り継がれているようですね。
細かな守備の乱れも出ていて、内心は複雑だと思いますけどね〜監督の心中は。

2月オープン戦☆★
3月オープン戦★★



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:井上 広大外野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2020年10月18日


場所: 阪神甲子園球場

虎!オープン戦1勝2敗

2023.03.05 Sunday



オープン戦

阪神 対 オリックス

【試合終了】 阪神0勝1敗0分け

◇オープン戦◇開始13時03分◇甲子園◇観衆17603人 ◇開始13時00分◇タピック名護

■2023/02/26試合結果
オ | 0 2 0 0 0 1 0 1 0 | 4
神 | 2 0 0 0 0 0 0 0 0 | 2

【勝投手】コットン(1勝0敗)
【敗投手】伊藤将(0勝1敗)
【セーブ】本田(1セ)
バッテリー
【オ】山岡、漆原、コットン、山下、山颯、本田‐若月、森
【神】青柳、岩崎、小林、伊藤将、馬場‐坂本、長坂
─────────
“まだまだですね“

甲子園に帰ってきた猛虎。状態はまだまだこれからですね。

そんな猛虎ナインの中で、板山君が好調をキープ。オリックス戦に「6番右翼」で先発。1回2死満塁で左前に先制の2点タイムリーを放ちました。3回には守備でも右飛を好捕。途中から一塁も守り、2月25日ヤクルト戦では右中間本塁打でもアピール。開幕右翼の本命はドラフト1位森下君ですが、さらに結果を残してレギュラー奪取を狙います。
投手陣ではセットアッパー岩崎君が今季初実戦で1回無安打無失点の貫禄ピッチング。4回から2番手として登板。先頭打者から141キロ直球で
見逃し三振を奪うと、続く打者を二ゴロ。最後は三ゴロと危なげなかったピッチンング。昨年は投げていなかった新球のチェンジアップも試投。
今シーズンの大きな武器になる予感ですね。

アナフレ目線
2月オープン戦☆★
3月オープン戦★

岡田監督は4日、開幕投手を7日の韓国代表戦終了後に通達する方針を明かしました。
この日のオリックス戦には大本命の青柳君が先発で3回3安打2失点。6
回からは対抗の伊藤将君も登板し、同じく3回3安打2失点だったのが理由でしょう。
これまで同じ試合で青柳君、伊藤将君を一緒に投げさせてきましたが、9
日オリックス戦からは、先発陣に1試合ずつ割り振りしていく方針です。
この日の青柳君は左打者の内角へスライダーを試しましたが、全体的にはまだまだと辛口評。一方の伊藤将君は今季テーマの直球を主体に左右の内角を突いた直球は良かったが、変化球がちょっと高めに浮いているので修正課題を残しています。
本番モードはシーズン初登板の日程が固まっているであろう次回からになりそうですね。
2月オープン戦☆★
3月オープン戦★



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:板山 祐太郎外野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2020年10月18日


場所: 阪神甲子園球場

猛虎かく勝てり2472

2023.03.04 Saturday


“静かなる4番打者“

猛虎4番大山君は開幕へ、泰然自若で状態を上げていく。
沖縄実戦は計25打数1安打。対外試合ではまだ無安打だが、岡田監督は余裕の笑み。本人もケガなく来れている。順調に来ていると冷静のようです。
4日オリックス戦からは甲子園ゲームもスタート。鳴り物や声援も戻るだけに、静かなる4番打者の快音も戻ってくることでしょう。

また、坂本君は主戦格との呼吸を丁寧に合わせています。正捕手の梅野君が右肘に違和感を抱えており、4日オリックス戦からの4試合はまだ実戦復帰しない見込み。
4日は青柳君、伊藤将君らとバッテリーを組む予定。
正捕手不在の中で、ポスト梅野君の筆頭としての活躍を期待します。


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:大山 悠輔内野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2020年11月10日


場所:阪神甲子園球場

猛虎かく勝てり2471

2023.03.03 Friday




“必勝祈願“

岡田彰布監督や1、2軍ナインらが2日、西宮神社で必勝祈願を行いました。
直近3年はコロナ禍の影響で規模を縮小しており、チームを挙げた訪問は4年ぶり。境内に六甲おろしが流れる中、外国人選手と商売繁盛を望まな
いトレーナー陣を除く約130人が18年ぶりVを祈念しました。
岡田監督は前回監督時代以来、15年ぶりの参拝。玉串を奉納してかしわ手を打ち背筋を伸ばしました。絵馬には「アレめざす 道一筋」と記し、ミスタータイガースの村山実氏から受け継ぐ座右の銘とともに納めました。 アレとか言わずにはっきり優勝って言いなさいと感じますが!ただでさえわかりずらい日本語を喋る監督さんですからね!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:勝利


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2021年06月29日


場所:阪神甲子園球場

猛虎かく勝てり2470

2023.03.02 Thursday


“守護神は君だ“

浜地君が開幕守護神を務める可能性が1日、急浮上しました。
WBCメンバー湯浅君の代役守護神として期待されていた新助っ人の新外国人ビーズリー君が、春季キャンプ終盤に右膝の張りを訴え離脱。
開幕1軍の構想から外れたことを示唆した監督の構想です。

もう1人の候補だった2年目ケラー君も調整不足が露呈。具体的な名前こそ挙げなかったものの、代役守護神の筆頭候補として浜地君を抜てきする可能性が高まったのでしょう。2月は3試合に登板し、計3イニングを投げ1失点。同26日の日本ハムとのオープン戦では1回無失点に抑え、岡田監督も目を細めて評価。

この日浜地君は甲子園の全体練習に参加し、キャッチボールやダッシュで汗を流しました。抑えを任される可能性については至って冷静。
昨季勝ちパターンの一角を担い、52試合の登板で21ホールドを挙げた背番号36。7年目で初の大役抜てきへ、そして開幕まで快進撃が続きます。


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:タイガースガールズ


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2022年05月20日


場所:阪神甲子園球場

猛虎かく勝てり2469

2023.03.01 Wednesday


“侍に挑む“

プロ野球はキャンプニュースよりもWBCの話題で持ちきりですが、猛虎ドラフト6位富田蓮君が、侍ジャパンとの対戦(3月6日・京セラドーム大阪)を心待ちにしていました。
開幕1軍入りを目指す上でも“侍斬り”は絶好のアピールになります。
日本を代表する強打者がそろうが、気後れすることはないでしょう。
登板機会があれば、持ち味の直球やカーブをテンポよく投げ込むつもりです。
昨年のU23W杯では最優秀投手賞など2冠に輝く活躍で優勝に貢献。今
春はキャンプ中盤で1軍に昇格し、実戦3試合で無失点と結果も残しました。岡田監督もそのマウンド度胸にうなり、中継ぎの一角に期待しているようです。救援左腕として岩崎君に続けるか。強心臓ルーキーが、大舞台でのチャレンジを待ちます。



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:キー太


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2020年10月18日


場所:阪神甲子園球場

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recent Entries

Category

Archives

Search

このブログ内の記事を検索

Recent Comment

Recent TrackBack

QR Code

Other