アナフレ猛虎会

皆様こんにちは。アナフレ猛虎会 通称”頑張れ阪神タイガース☆です。
▼ 虎!1勝
[ 9高山 ]

■2018/3/30 試合結果

対巨人 1回戦 東京ドーム

神 | 0 2 2 0 0 0 1 0 0 | 5
巨 | 0 0 0 0 0 0 1 0 0 | 1

勝:メッセンジャー1勝0敗0S
敗:菅野0勝1敗0S
HR:福留ソロ1号、大山ツーラン1号
阪神:メッセンジャー - マテオ - ドリス
巨人:菅野 - 高木 - 谷岡

3/31の予告先発
神:藤浪 晋太郎
巨:田口 麗斗
──────────
“最高のスタート”

やはり開幕戦から白星スタートは格別。オープン戦では見られなかった監督のニンマリが印象的でございました。


プロ野球2018年開幕戦!
猛虎が東京ドームに乗り込んでの対ジャイアンツ戦です!
虎の先発はもちろんメッセンジャー君で試合が始まりました!
試合が動いたのは2回表、先発菅野投手から福留さまのレフトポールに当たる今季第1号ソロホームランで先制!
続く、大山君、糸原君、梅野君の連続ヒットから満塁チャンスで高山君が気迫のヘッドスライディング!セカンドへタイムリー内野安打で2点目が入ります!
そして3回表、福留様のセンター前から大山君がライトスタンドに入るツー
ランホームランで2点の合計4点目!さらに7回表、鳥谷君、糸井君の連続ヒットから、ロサリオ君が来日初となるタイムリーで1点追加の合計5点目で突き放しました。
先発メッセンジャー君は7回裏に1点返されるも、7回1失点108球を投げ切りマウンドを降り、代わったマテオ君、ドリス君のリレーで勝利!
先発野手全員安打と沢村賞菅野投手を攻略して開幕戦をモノにした猛虎!
先ずはこの1からスタートです!

アナフレ目線
3月☆
今日は敗戦を覚悟の上での決戦だったのでは?金本監督様と聞きたくなるような勝利でございました。
なにせ昨季1勝2敗で防御率1・74と抑えられた菅野投手が相手では無理もないでしょう。
2回に福留様が先制ソロ本塁打を放つと、高山君も二塁への適時内野安打で加点。3回には大山君の2ランが飛び出すなど、効率的に得点を刻み、先発メッセンジャー君も危なげない投球を見せ、継投で逃げ切りました。
ロサリオ君はとにかく日本球界のハイレベルなスライダーに慣れるしかありません。選球眼と投手の癖や配球を読み、対応していくしかないかな〜
メッセ君は今年の沢村賞を獲得してほしいものです
3月☆

画像は執念のヘッドスライディング!高山君です。
 


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:高山 俊外野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2018年03月17日


場所: ナゴヤドーム










author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:45 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり1567
[ スタジアム ]

“2018年ペナントレース開幕”


アナフレ猛虎会の皆々様!開幕でございます。今年も応援頑張りましょう!

開幕1軍登録メンバーが発表となりました。(○は新加入選手)

【投手】
藤浪晋太郎 藤川球児 石崎剛 マテオ 高橋聡文 秋山拓巳 メッセンジャー 桑原謙太朗 岩崎優 ドリス
【捕手】
坂本誠志郎 梅野隆太郎 原口文仁
【内野手】
上本博紀 鳥谷敬 大山悠輔 西岡剛 ○ロサリオ ○山崎憲晴 糸原健斗 植田海
【外野手】
糸井嘉男 福留孝介 高山俊 伊藤隼太 ○島田海吏 俊介

新顔が少ないのが気がかりですが、新人ではやはり島田君ですかね〜

 
参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:虎党



撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2018年03月17日


場所:ナゴヤドーム





author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:25 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり1566
[ 集合画像 ]

“必勝祈願”


星野さんのお別れ会で誓い、そして広田神社で必勝祈願!

28日、1月4日に逝去した星野仙一氏(享年70)のお別れの会で弔辞を読んだ金本監督。
ユニホーム姿で参列した金本監督は、遺影を見上げると、しばらく言葉が出てこなかったそうです。
タイガースに呼んでいただいてありがとうございました…。こうして写真を見るだけで、涙が止まらない日が続きます。広島出身の僕を本当に強引にタイガースに呼んでいただいて、そのおかげで2003年、あの感動の優勝を味わうことができましたと、涙ぐみ、ときおり言葉につまりながらも感謝の思いを伝えました。

また、首脳陣と選手・スタッフにおいて、兵庫・西宮市の広田神社で必勝祈願をした猛虎。

やはり、中日と優勝争いをして楽天と日本シリーズで戦う!こんなシナリオだっていいじゃないですかね〜さあいよいよ開幕です!

 
参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:猛虎ナイン



撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2018年03月17日


場所:ナゴヤドーム





author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:15 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり1565
[ 20ロサリオ ]

“新4番打者に期待する”


猛虎浮上の鍵を握る男は誰かと言えば、やはりこの新4番打者でしょう!

新助っ人ロサリオ君が、来日初シーズンの開幕を前に、熱い思いを激白しました。
「開幕4番」に指名された大砲は、まずは自分がリーダーになっていろんな人を引っ張っていくと頼もしく宣言。
いよいよR砲が開幕へ向け、エンジン全開で発進します。

 猛虎第102代4番打者!

 
期待に結果で必ず応えてほしいものです。
2月の沖縄・宜野座キャンプでは、実戦6試合に出場し、12打数8安打3本塁打10打点。打率は6割6分7厘と圧倒的な力をみせつけましたが、3月に入りバットは失速。
オープン戦13試合に出場し、打率は1割4分3厘。本塁打はわずか1本。
しかしながらあくまでオープン戦の結果であり、試用期間という見方もありますね。
 これまでも環境の変化に対応してきたロサリオ君。
メジャーでは実働5年で通算71本塁打。16年から韓国リーグに場を移し、2年連続で3割30発100打点と適応した実力が、日本球界で発揮されないことなどあり得ないでしょう。
日本でも持ち前のこの「対応力」に期待します。

何よりも強い味方は、甲子園を包み込む我ら虎党の大声援!
虎党はダメ助っ人呼ばわりするも、じっと我慢し信じ続けてくれますから。
新大砲!期待してまっせ!

参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:ウィリン・ロサリオ内野手



撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2018年03月17日


場所:ナゴヤドーム





author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:23 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり1564
[ 22球児 ]

“中継ぎの顔ぶれ”


昨年の登板過多が心配された60試合登板以上の中継ぎ投手陣
今年はこの二人が調子をあげてきていますね〜

球児君と石崎君が上り調子でラスト登板を終えました。
オープン戦最終戦の9回に登板した球児君が1安打無失点。
2試合連続0封に充実の表情を浮かべました。
監督も球児君は去年よりいいと評価。
また、石崎君も去年よりいいと高評価。7回に登板して1安打されましたが、3試合連続無失点とした石崎君は、150キロ超の直球に自信を深めています。
この二人の活躍にも期待しましょう!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:藤川 球児投手



撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2018年03月17日


場所:ナゴヤドーム





author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:23 | - | - |
▼ 虎!オープン戦2勝12敗2分け
[ 3大山 ]

■2018/3/25 試合結果

対オリックス 3回戦 京セラD大阪

神|000 000 010|1
オ|000 001 000|1

神:秋山-高橋聡-石崎-マテオ-藤川
オ:山岡-榊原-小林-増井


――――――

“オープン戦終了“

6年ぶりの最下位ですか〜でも6年前は危機感を感じなかったけどね〜

 オリックスとのオープン戦最終戦に引き分け、2012年以来、6年ぶりの最下位が決まった金本猛虎。
この日も2安打と打線が沈黙しましたが、成果は1年後、シーズンに入ってわかることと監督は強調していました!

昨秋、今春のキャンプを通じて振り込んだ地力を本番で発揮しないとですね。

しかし6年前の最下位はそんなに危機感は感じませんでしたが、今年の沈黙の猛虎打線はやや心配かな〜

30日に巨人との開幕戦(東京ドーム)に挑む猛虎!
今年も応援頑張りましょう!
画像は反撃の狼煙を上げた大山君です!

2月オープン戦★
3月オープン戦★★★★★△☆★★☆★★★★△



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:大山 悠輔内野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2018年03月17日


場所: ナゴヤドーム










author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:17 | - | - |
▼ 虎!オープン戦2勝12敗1分け
[ 01鳥谷 ]

■2018/3/24 試合結果

対オリックス 2回戦 京セラD大阪

オ|040 100 001|6
神|200 000 000|2

オ:田嶋-小林-黒木-近藤
神:能見-伊藤和-モレノ-桑原-マテオ-ドリス


――――――

“勝負の明暗“

金本監督はキャンプ時に最高のチームができたと微笑んでいた。
しかしいざ実戦が始まれば、勝負の世界は厳しい。

一回に2点を先取したが、二回以降はわずか2安打。尻上がりに調子を上げる新人左腕の前に凡打の山を築いた猛虎打線。
先発の能見君も5失点と、ベテランらしからぬ状態。
リリーフ陣にもなす術なし。2月の春季キャンプ中から再三、口にしてきた速球撃ちの課題も、さらに浮き彫りになった猛虎。

 4連敗で、2勝12敗1分の借金10。25日の最終戦で引き分け以下なら、無条件で6年ぶりの最下位が決まる。
たとえオープン戦でもいい形で終わりたい!
30日の開幕戦(巨人、東京ドーム)へ残り1試合しかないぞ猛虎!


2月オープン戦★
3月オープン戦★★★★★△☆★★☆★★★★

画像はやっとエンジンかかるかな〜鳥谷様です。


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:鳥谷 敬内野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2018年03月17日


場所: ナゴヤドーム










author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:58 | - | - |
▼ 虎!オープン戦2勝11敗1分け
[ 33糸原 ]

■2018/3/23試合結果

対オリックス 1回戦 京セラドーム

神|100 000 000|0
中|000 300 00x|3

神:メッセンジャー-藤川-岩崎
オ:西-近藤-黒木-増井


――――――

“猛虎打線奮起せよ“

オープン戦もわずかとなりましたが、先日も敗戦となり成績は2勝11敗1分け。
猛虎打線が奮わず、得点は1回に糸原君が放った適時打による1点だけ。安打も3本に終わる寂しい内容でございました。

 金本監督は打線について、あと2試合実戦の球を打てるので、きっちり結果を出してほしいしと奮起を促していました。
打線は全く心配していません。
いよいよ開幕ですね〜!奮起せよ猛虎打線!


2月オープン戦★
3月オープン戦★★★★★△☆★★☆★★★

画像は孤軍奮闘の糸原君です!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:糸原 健斗内野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2018年03月17日


場所: ナゴヤドーム










author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:13 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり1563
[ 13岡本 ]


“ようこそ阪神タイガースへ”

先日、榎田君との交換トレードで入団が決まった岡本洋介君が、球団事務所にて入団会見を行いました。背番号は「13」と決定いたしました。

自身のセールスポイントは、力強いストレートとシュート、シンカー、スライダー、カーブといった多彩な変化球をテンポ良く投げ込むのが特徴です。
昨シーズンの交流戦では、6月14日の猛虎戦などを含む、セ・リーグ球団相手に素晴らしい投球を魅せてくれました。

会見では、気持ちを前面に押し出して、どんどん内角を攻めるピッチングでいきたいと意気込みを語ってくれました。

新戦力に期待しましょう!


岡本洋介選手 プロフィール

氏名 岡本洋介(おかもと ようすけ)
生年月日1985年9月27日
出身地 和歌山県
投打 右投右打
身長/体重 177cm/80kg
球歴 南部高-国士舘大-ヤマハ(2009年度ドラフト6位)-西武(2010〜2018.3月)-阪神(2018.3月〜)
初登板 2010.4.20対ソフトバンク4回戦(ヤフードーム)<完了>
初先発・初敗北2012.8.26対オリックス19回戦(京セラドーム)
初勝利 2013.7.4対オリックス12回戦(京セラドーム)<中継ぎ>
初セーブ2017.7.11対ロッテ12回戦(メットライフ)
初ホールド2013.5.22対広島1回戦(西武ドーム)
初奪三振2010.4.20対ソフトバンク4回戦(ヤフードーム)<9回 打者:松田 空三振>


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:猛虎ナイン


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2018年03月17日


場所:ナゴヤドーム
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:48 | - | - |
▼ 虎(・.・;)雨天中止
[ 8福留 ]


■2018/3/21 試合結果

対ロッテ 1回戦 ZOZOマリン

雨天中止

──────────
“今年も主将に期待”



21日のロッテ戦(ZOZOマリン)も雨天中止になり、関東遠征は全て中止という異例の事態となった猛虎。
それでも球場に隣接する室内練習場で淡々と調整に臨んでいた男。

19日から、22日まで4日間、実戦なしの練習三昧。主将2年目の福留様は、野手陣の思いを代弁するかのように前向きなコメントを残しました。

 オープン戦は2勝10敗1分と、まさかの12球団最下位。投手陣は火の車ですが、野手陣もやや心配の火種がくすぶっているのも事実です。
昨季20本塁打を放ち飛躍が期待された中谷君が2軍に降格し、主軸の鳥谷君も打率・053。福留様も打率・167。とらえた打球が野手の正面を突くなど、もどかしい日々を送っている主将が、このうっぷんを残り3試合で晴らしてくれるのか?
とかく美味しい場面での一打がお得意の福留様ですから、今年も快心の一打に期待したいですね。

 

参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:福留 孝介外野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2018年03月17日


場所:ナゴヤドーム

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:37 | - | - |
▼ 虎(・.・;)雨天中止
[ 5西岡 ]


■2018/3/20 試合結果

対DeNA 3回戦 横浜

雨天中止

──────────
“ジョーカーに期待する”



金本監督から「ジョーカー」に指名された男が、開幕メンバー入りを確定的にしました。

指揮官は、ベンチにとってすごくありがたい選手で、守っていても塁に出ても、とにかくチョロチョロしてくれるから相手にとっては非常に目障りな選手。やっぱりこの男の力は絶対に必要と評価しています。

そうです、西岡君でございます。

 起用の幅を広げるのは、外野守備の適性。
17日中日戦(ナゴヤドーム)で左翼で途中出場し、ポール際への飛球を好捕するなど外野手顔負けの美技を披露しました。
練習中の打球捕球を見ていてもスタートがよく、外野手と一緒のセンスをかねて、肩も強くなっていると監督も一目を置いています。
同じ外野手としての目線で評価できるのでしょう。

 オープン戦は打率2割1分7厘にとどまっていますが、福留君が休みの時や、糸原君が苦手な左投手が来たときには遊撃でも起用を公言されています。
もちろん二塁も守れるベテランへの期待が日に日に増しているようです。




参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:西岡 剛内野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2018年03月17日


場所:ナゴヤドーム

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:55 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり1562
[ 3大山 ]

“余裕?の笑顔”

今年のオープン戦では猛虎の弱点ばかりが目立っていましたが・・・指揮官は余裕でしょうか・・・・

金本監督が19日、横浜市内で催された「セ・リーグファンミーティング」に出席し、若手の奮闘に期待しました。

 壇上では、主力選手に頼るのではなく、若い選手、大山君、糸原君、高山君だとかにしっかり頑張ってもらってと指名。
また、ベテラン、中堅、若手野手はうまく競争ができて、よく仕上がっているとチーム状態を言及。
多少、先発陣に不安が残っているのが、そこは何とか若い力でカバーしたいと。

 ベテランから若手をバランス良く配したメンバー構成で、オープン戦は最下位だったが、あくまで本番を見据えます。

さて、この心境はいかに・・・・
下馬評では今年の猛虎はBクラスが懸念されているだけに、指揮官の裁量も試されるシーズンでしょう。

画像は監督期待の若虎!大山君でした。


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:大山 悠輔内野手



撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2018年03月17日


場所:京セラドーム大阪





author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:36 | - | - |
▼ 虎!オープン戦2勝10敗1分け
[ 集合画像 ]

■2018/3/18 試合結果

対中日 4回戦 ナゴヤドーム

神|000 000 000|0
中|130 012 10x|8

神:秋山-桑原-マテオ
中:ジー-祖父江-伊藤準-木下雄


――――――

“打てない・守れない“

敗戦は敗戦で得るものがあるからいいけれども、ちょいと心配なのが失策の多さでしょうね〜

オープン戦12球団最速で10敗に到達。しかも、昨季5位の相手に、2日で20失点。自慢の投手陣が火だるま状態に、金本監督は雷寸前でしょう。

打てないこと、そして投手陣の崩れ以上に心配なのが失策です。
 昨季の失策数「82」はセ・リーグ5位。発展途上の選手が多いことはわかっていますが、自ら傷を広げてしまうことのないよう、口酸っぱくいい続け、キャンプでも投内連係や投手陣の特守など、ふんだんに盛り込んだはず。それでも出てしまう・・・・

 こりゃー相当ふんどしを締め直さんと!監督自らね〜


2月オープン戦★
3月オープン戦★★★★★△☆★★☆★★



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:猛虎ナイン


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2018年03月17日


場所: ナゴヤドーム










author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:24 | - | - |
▼ 虎!オープン戦2勝9敗1分け
[ 7糸井 ]

■2018/3/17 試合結果

対中日 3回戦 ナゴヤドーム

神|200 000 000|2
中|211 100 34x|12

神:岩貞-藤川-ドリス
中:小笠原-鈴木博-浅尾-岩瀬

――――――

“生観戦に思うこと“

アナフレ猛虎会メルマガご購読者の皆さま!
2018年最初の生観戦。ナゴヤドームに行ってまいりました!

いきなり虎の4番がアベック弾でお目覚めという最高の生観戦になりました。
試合は2−12と大敗しましたが、光明は新助っ人のロサリオ君が一回に3番・糸井君に続いて、オープン戦1号を豪快に左翼席中段に叩き込んだこと。ここしばらく不振だっただけに、31打席ぶりの一発。
先発の岩貞君は、前半制球が定まっていませんでしたが、徐々に球威を増して来ていましたね〜
ともあれ、久しぶりの猛虎ナイン!今年もよろしく!


2月オープン戦★
3月オープン戦★★★★★△☆★★☆★
アナフレ目線です
ここだけの話ですが、小生虎のオープン戦を毎年観戦していますが、近年で最もチーム状態の悪さを感じましたね〜
若虎打線のつながりの悪さ。鳥谷君とロサリオ君の一二塁間は最悪。
岩貞君の立ち上がりの悪さと球児君とドリス君は精彩を欠いてます。
中日さんは併殺打でゲッツーを連発するも、猛虎内野手陣はゲッツーを全く決められない。
金本監督は得点力を高めるために野手を異動させて居るだけで、投手を補強していないチーム状態が浮き彫りになっています。
新人が伸びてくれるしかない投手事情。確実なのはメッセンジャー君だけかもしれないですね。
ともあれ、もうシーズンは始まっています。
今年も応援頑張りましょう!
流石の一発!糸井君でした!



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:糸井 嘉男外野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2018年03月17日


場所: ナゴヤドーム









author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:27 | - | - |
▼ 虎!オープン戦2勝8敗1分け
[ 9高山 ]

■2018/3/16 試合結果

対楽天 1回戦 静岡

神|000 022 800|12
楽|000 010 300|4

神:メッセンジャー-岩崎-谷川-松田
楽:則本-宋家豪-福山-松井


――――――
“お目覚め!猛虎打線“


やっとお目覚めですかね〜猛虎打線

虎の開幕投手メッセンジャー君が、楽天とのオープン戦で先発し、5回4安打1失点(自責0)と好投しました。
 前日15日の投手指名練習では、前回の投球より進化させ、開幕戦も意識しながら、まずはこの日のピッチング。そして、その次のピッチングに向けてもやっていきたいと語っていたメッセ君。
この頼もしき大黒柱は、今年も全く問題ありませんね〜

そしてやっとお目覚めの猛虎打線に、監督もうれしい悲鳴???
快音が全く聞こえなかった打線が、20安打で12−4の爆勝となりました。主力が帯同しない中、高山君が1号2ランを含む2安打で七回の一挙8得点を演出。監督が「天才」と絶賛する男が、開幕中堅の筆頭候補にやっと躍り出て来ました。


2月オープン戦★
3月オープン戦★★★★★△☆★★☆



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:高山 俊外野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2017年03月24日


場所: 京セラドーム大阪









author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:25 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり1561
[ 30石崎 ]

“侍の成長に期待”


猛虎の救援陣はいかがだろう!

キャンプ中から猛虎を知り尽くす上田氏が懸念していますね。
昨年のリーグ2位はドリス君、マテオ君、桑原君、高橋聡君、そして球児君の5人のフル回転で勝ち取ったものと断言しています。
 この5人が今年も好調なら問題はないが、そう甘くはないはずと・・・・
救援投手が何年も好調を維持できるケースは少なく、まして5人そろってとなると奇跡に近いためでしょう。
 特にこの日登板した高橋聡君はまだまだ調整不足。
対する左打者が全く嫌がっておらず、球のキレが欠いている。
桑原君もしかり、ここまでは昨年ほどの勢いが伝わって来ていない。

 だからこそ重要となる代役候補が石崎君でしょう。
先日のオープン戦で初めて複数イニングを投げた石崎君。
6回から登板し、3者連続三振。7回は味方の失策と2四球でピンチを招いたものの、無失点で切り抜けた。
課題はまだまだたくさんあるが、侍の成長あっての救援陣でしょう!



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:石崎 剛投手



撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2017年04月16日


場所:佐藤薬品スタジアム




author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:34 | - | - |
▼ 虎!オープン戦1勝8敗1分け
[ 51伊藤隼 ]

■2018/3/14 試合結果

対ヤクルト 3回戦 甲子園

ヤ|001 000 020|3
神|000 001 010|2

ヤ:ハフ-大下-秋吉-カラシティー-田川
神:能見-石崎-高橋聡-桑原


――――――
“ベテランもようやく“


榎田君のトレードニュースに揺れた甲子園。後日掲載します!
この日はベテランがようやく結果を出しました。

能見君がヤクルト戦に先発し、5回を3安打1失点(自責点0)と好投しました。
3回1死二、三塁で中犠飛を許し、味方のエラーで出たランナーを返され1点を与えたのみ。能見君自身は、しっかりコースを突くことと、緩急も織り交ぜて、ボールをよりよく見せることをテーマの投球を自己評価。
開幕へ向け上々の仕上がりのようでございます。
また、中堅手争いでも、中堅選手の伊藤隼君が元気ですね〜
まだまだ日替わりですが、良きニュースはいいものです。


2月オープン戦★
3月オープン戦★★★★★△☆★★



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:伊藤 隼太外野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2017年06月18日


場所: 阪神甲子園球場










author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:36 | - | - |
▼ 虎!オープン戦1勝7敗1分け
[ 33糸原 ]

■2018/3/13 試合結果

対ヤクルト 2回戦 甲子園

ヤ|000 910 000|10
神|000 004 100|5

ヤ:原-梅野-近藤-石山-田川
神:藤浪-島本-松田-モレノ-藤川-マテオ


――――――

“一抹の不安“


今年も君の笑顔のお立ち台が実現しないのか・・・・
そんな虎党がため息をつきたくなるような敗戦でした。

藤浪君が4回途中で6失点降板。3回までは毎回、得点圏に走者を背負いながらも無失点で切り抜けましたが、3回は、先頭の打球を遊撃の西岡君がファンブル。失策で先頭打者を一塁に出し、続く打者に中前打を打たれて無死一、三塁。四球を与えて無死満塁としたあと、打球を遊撃の西岡君が捕りきれず。打球が三遊間に転がる間に2人がホームイン。
 さらに、続く打者には死球。次打者は空振り三振に打ち取ったが、次打者には2点適時打を許し、球数が87球になったところで2番手の島本君と交代となりました。
 自責点はゼロながら6点を失い、イニング途中で降板した藤浪君は、とても笑顔の降板とはならず、無念さをにじませる結果となりました。

味方のミスから畳み込まれるように崩れる・・・・この悪循環を克服できないとな〜

画像は2安打3打点の活躍を見せて、遊撃争いにリードを広げた糸原君でした!

2月オープン戦★
3月オープン戦★★★★★△☆★



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:糸原 健斗内野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2017年03月24日


場所: 京セラドーム大阪










author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:28 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり1560
[ 17岩貞 ]

“不動の左腕に成長せよ”

まあこの男は、ローテ争いではなく不動の左腕にならねばいけませんな〜


開幕ローテ5番手へ前進! 岩貞君が本来の持ち味を発揮し、及第点の投球を披露しました。巨人戦の4回から登板し、5イニングを4安打1四球で2失点。
全力で腕を振り切るスタイルを貫き、8奪三振で首脳陣に猛アピールです。

 最初の2イニングは完全投球。6回1死一塁から左越え2ランを浴びましたが、これは低めに制球したスライダーをうまく運ばれてのモノ。ある程度納得できる被弾は今後の糧にするだけ。
 現状、小野君や才木君らと開幕ローテの先発5、6番手を争う立場。前回4日ソフトバンク戦では2回無失点と好投しましたが、この日は同じ左腕のルーキー高橋遥君に先発マウンドを譲っていました。
 16年シーズンには10勝、防御率2・90を記録。実績ではライバルに大きく差をつけているだけに、今シーズンは不動の左腕と呼ばれてもいい時期では・・・
全盛期の能見君や岩ちゃん見たく、バッタバッタと三振をとって欲しいものですね。




参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:岩貞 祐太投手



撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2017年03月24日


場所:京セラドーム大阪





author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:32 | - | - |
▼ 虎!オープン戦1勝6敗1分け
[ 60中谷 ]

■2018/3/11 試合結果

対巨人 1回戦 甲子園

巨|100 002 000|3
神|000 303 00x|6

巨:中川-田原-谷岡
神:高橋遥-岩貞-ドリス


――――――

“オープン戦初勝利“


猛虎が、星野さんの一番勝ちたかった巨人に遅ればせながら今季のオープン戦初勝利を挙げました。


1点を追う4回、陽川君、中谷君、高山君の3適時打で逆転。6回、同点に追いつかれるも、その裏、3点を奪って、再び勝ち越し。そのまま逃げ切りました。

 これまでオープン戦開幕から7戦で6連敗中。ようやく白星を得て、金本監督も内心はホットして居ることでしょう。

何より先発の高橋君が今の猛虎の左腕で一番いい状態と、花粉症に悩まされた中谷君に快音が聞こえたのもね!

2月オープン戦★
3月オープン戦★★★★★△☆






参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:中谷 将大外野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2017年06月18日


場所: 阪神甲子園球場










author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:31 | - | - |
▼ 虎!オープン戦6敗1分け
[ 監督・コーチ ]

■2018/3/10 試合結果

対中日 2回戦 甲子園

中|000 000 101|2
神|100 100 000|2

中:笠原-谷元-岩瀬-鈴木博
神:秋山-石崎-島本-高橋聡-桑原-マテオ


――――――

“必ず弔いVを“


背番号77の精神は永遠に!

猛虎は、1月4日に膵臓がんで死去した元監督、星野仙一氏の追悼試合として、中日と甲子園で対戦し、2−2のドロー。オープン戦今季初勝利はお預けとなりました。
ナインとともに星野氏の代名詞である背番号「77」のユニホームを着た金本監督は、「2003年の喜びを選手には味わわせてあげたい」と決意を新たにしました。

語っても語り尽くせないほど、監督には星野氏との因縁がありますね。
我ら虎党にとっても、もし星野氏が猛虎の指揮官にならなかったら金本監督の縦縞は実現しなかったことはわかりきった事実です。

プレーボール直前に流れた追悼映像を直立不動で見つめていた金本監督。
阪神・星野監督の誕生。自らのフリーエージェントでの阪神加入。そして、2003年のV−。闘う集団に変わった軌跡を回想。

03年10月23日、ダイエー(現ソフトバンク)との日本シリーズ第4戦(甲子園)でサヨナラアーチを放った時に抱きしめられた写真を自宅の部屋に置いた金本監督。
あのシーンは我ら虎党も鮮明に覚えています!

 星野氏のご遺族が、貴賓室で観戦していただけに、ウイニングボールを届けたかったが、まさかのドロー。
闘将が亡くなる直前、虎に残した言葉「トドメをさせ!」−。
相手の息の根を止めるまで中押し、ダメ押し点を狙わなければ、どこで試合の流れが逆流するか分からない。勝負の鉄則を改めて空の上から教えてもらった「3・10」の苦いドローは、忘れられない“遺言”となりました。

この星野氏の後を継いで岡田監督の2015年から優勝できない猛虎。
開幕まで残り3週間。もう足踏みしない。13年ぶりのリーグ優勝、そして大恩人が虎で果たせなかった日本一へ突き進め!


2月オープン戦★
3月オープン戦★★★★★△





参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:金本 知憲監督


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2017年03月24日


場所: 京セラドーム大阪










author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:12 | - | - |
▼ 虎!オープン戦6敗
[ 68俊介 ]

■2018/3/9 試合結果

対中日 1回戦 甲子園

中|400 100 000|5
神|000 000 002|2

中:小笠原-木下雄-田島
神:メッセンジャー-谷川-松田


――――――

“どうした猛虎打線“


連敗中の猛虎に心配の声が上がってきていますが、負け以上にきになるのが打てない猛虎打線でしょう。

オープン戦白星なしの6連敗となった猛虎。
九回に相手守護神・田島投手から4連打などで2点を返しましたが、先発の小笠原投手の前にわずか2安打無得点といいとこがありませんでした。

一回、先頭の上本君が右前打を放ったが、続かず。
四回に俊介君が左前打を放ちようやく2安打目。
しかし結局、7回2安打4三振無失点と好投を許した猛虎。

このままで終われない猛虎打線は、九回二死走者なしから山崎君、俊介君の連打で竜の守護神に反撃開始。続く大山君が左前適時打を放ち零封負けを阻止。さらに代打糸原君もしぶとく二塁内野安打で続き4連打。満塁とすると陽川君が四球を選んで1点を追加。緒方君が遊ゴロに倒れましたが、九回に意地を見せた猛虎打線。

 先発のメッセンジャー君は、3回を投げて6安打4失点。一回は一死二、三塁で中前2点打を浴び先制を許し、なおも1点を追加された後、左前適時打を浴びて一挙4点を奪われましたが、二回と三回は無得点に抑えました。
やっと最終回にチャンスを作った猛虎打線と初回以降は立ち直ったメッセ君ですから、まあそろそろ勝ってくれるかな〜


2月オープン戦★
3月オープン戦★★★★★


画像は二安打と気を吐いた俊介君です。


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:俊介外野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2017年04月16日


場所: 佐藤薬品スタジアム










author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 17:11 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり1559
[ 39長坂 ]

“ここにも居た逸材が”

オープン戦5連敗中の猛虎ですが、敗戦の中にもキラリと光る逸材が出現しています。

2年目捕手の長坂君です。
先の試合にて開幕1軍入りをアピールしました。スタメンマスクをかぶって、まずは3回に二盗を阻止。7回には大和選手に二盗を許すも、続く三盗を阻止して強肩ぶりを披露。
打撃では2打数無安打でしたが、首脳陣は引っ張って鋭いファウルを放つなど攻守でアグレッシブなプレーを高評価。
本人も盗塁を刺すことが一番アピールしたいところと言い切りる若虎でございます。
金本監督も、テレビ中継のインタビュー長坂君の名前を出すほど高く評価。
梅野君や坂本君らに新たにライバルが出現ですね〜開幕1軍入りへ、指揮官に強いインパクトを与えたことは間違いありません。


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:長坂 拳弥捕手



撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2017年04月16日


場所:佐藤薬品スタジアム





author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:28 | - | - |
▼ 虎!オープン戦5敗
[ 28小野 ]

■2018/3/7 試合結果

対DeNA 2回戦 甲子園

デ|000 000 030|3
神|000 000 001|1

ディ:飯塚-櫻井-進藤-国吉-三嶋
神:小野-藤川-モレノ-石崎-ドリス


――――――

“開幕ローテに順調“

なかなか勝てない猛虎!なかなか打てない花粉症打線ですが、開幕に向けての明るい結果も見えてきました。

小野君がDeNA戦に先発し、5回を打者15人で仕留め、2安打無失点と好投しました。

最速149キロの直球を軸にDeNA打線を封じ、二塁を1度も踏ませなかった事は素晴らしいですね〜。小野君自身も、球数が少なくテンポ良く投げられたと自己評価。ストライク先行のピッチングに首脳陣もニンマリでしょう。
開幕ローテ争いで1歩前進です。

さて、猛虎花粉症打線ですが、最終回に陽川君の長打が出て、片岡コーチも安堵の表情でございます。
そろそろ爆発してくれませんとな〜


2月オープン戦★
3月オープン戦★★★★



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:小野 泰己投手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2017年06月18日


場所: 阪神甲子園球場










author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:14 | - | - |
▼ 虎!オープン戦4敗
[ 9高山 ]

■2018/3/6 試合結果

対DeNA 1回戦 甲子園

デ|000 300 002|5
神|000 002 001|3

ディ:京山-笠井-エスコバー-三嶋-砂田-国吉
神:藤浪-才木-島本


――――――

“復調の兆しか“

今年の猛虎優勝の鍵を握る若虎の復調の兆しが!


藤浪君が6日、DeNAとのオープン戦(甲子園)に先発しました。
4回を投げて2安打3失点。球数は56球で、三振を7つ奪いました。
3回までに6三振を奪う、無安打無得点の力投を見せていましたが、4回にDeNA4番のロペス選手に3ランを許したのが惜しい。
前回先発した2月25日の中日戦(北谷)はわずか9球を投げただけで降雨ノーゲームとなっていただけに、まずまずの首脳陣へのアピールだったでしょう。

また昨年からのスランプ脱出をしたいのが高山君です。
7番中堅で出場した5回に、真っすぐを左前にはじき返すと、8回は真っすぐを右前に運んでアピール。
金本監督は、まだ振り過ぎもあるけど、何かつかんでくれたらいいと思うと評価。長打が出た事よりも、ワンバウンドの連続空振りなどの修正を求めるなど、まだまだ力みを感じつつも、上昇気配を感じ取っていたようです。

この二人こそ完全復活が求められる今シーズンでしょう!



2月オープン戦★
3月オープン戦★★★



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:高山 俊外野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2017年03月24日


場所: 京セラドーム大阪










author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:39 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり1558
[ 99タイガースガールズ ]




“今年も華やかに”
 
猛虎のオフィシャルファンサービスメンバー「タイガースガールズ」の新ユニホームが甲子園で発表されました!
白とピンクを基調としたデザインで、新しくブーツも着用。5年目の進化をテーマに、分かりやすいデザインを目指します!

 またタイガースガールズも講師となるタイガースアカデミーダンススクールの追加募集も発表。京セラドーム大阪や甲子園での発表会が予定されています。

今年も猛虎の応援頑張りましょう。
そして小生が撮影できなかった猛虎ナインの代行掲載もお世話になります!


画像:タイガースガールズ


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


場所:阪神甲子園球場


撮影日:2017年4月29日



author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:31 | - | - |
▼ 虎!オープン戦3敗
[ 集合画像 ]

■2018/3/4 試合結果

対ソフトバンク 2回戦 ヤフオクドーム

神|001 000 003|4
ソ|420 000 00x|6

神:能見-高橋遥-桑原-岩貞
ソ:武田-田中-森-モイネロ


――――――

“キラリと光る活躍“


野球は投手やな〜
そんなことを呟きたくなるオープン戦が続いています。

指揮官がことあるごとに先発ローテがほんまに一番不安と話している。
ベテラン左腕はメッセンジャー、秋山に続き開幕ローテ入りに内定している能見君でしたが、初回から大きな一発を浴びるなど調整はまだまだのようです。

試合はキラリと光るルーキーの活躍が垣間見られましたが・・・・
メッセンジャー君、秋山君、能見君の3人。残り3枠の「筆頭候補」は藤浪君としている金本猛虎。先発調整で好投を続けている岩崎君は、中継ぎ左腕の台頭があったらという条件付。岩貞君、小野君、才木君、そしてD5位・谷川君らが争う構図で、ここに肩の状態次第でこの日キラリと光る投球をみせた、D2位・高橋遥君が加わる予定です。
また2軍では岩田君、青柳君、D1位・馬場君らが候補になる金本猛虎の投手事情。
だがもう開幕だよ!悩んでいる場合じゃない。このメンバーで戦うのさ!

2月オープン戦★
3月オープン戦★★



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:猛虎ナイン


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2017年03月24日


場所: 京セラドーム大阪










author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:33 | - | - |
▼ 虎!オープン戦2敗
[ 65緒方 ]

■2018/3/3 試合結果

対ソフトバンク 1回戦 ヤフオクドーム

神|000 000 001|1
ソ|000 021 01x|4

神:秋山-藤川-高橋聡-マテオ-モレノ
ソ:バンデンハーク-野澤-長谷川宙-飯田-嘉弥真-サファテ


――――――

“不発?の猛虎打線“


おやおやまだこれからですか〜猛虎打線!


ヤフオクドームでのソフトバンク戦!
虎の先発は秋山君でした!
得点圏に走者を背負いながらも4回を3安打無失点。3月30日からの巨人との開幕カードでの先発へ、順調な調整ぶりみせてくれました!
そして自慢の猛虎打線ですが、この日はまだまだアイドリング状態?

最終回に緒方君が、守護神サファテ投手からバックスクリーン弾を放ち、中堅争いへアピールしましたが、試合は1−4で敗れました。


アナフレ目線です
2月オープン戦★
3月オープン戦★
オープン戦でも勝ちにこだわるのではなかったのかな〜金本監督様!
苦手のヤフオクドームでのオープン戦は、元気のない猛虎若虎打線ではなく、今日の収穫は秋山君だけと弱気のコメント。
開幕ローテ入りが内定している右腕の投球に安堵しただけかな〜という試合ムードでしたが、緒方君が1軍昇格直後の試合でソロ本塁打を放ち、監督の面目を救いましたかね 。
9回2死走者なしの状況、西岡君の代打で登場した緒形君は、昨季54セーブで日本新記録を打ち立てたサファテ投手が投じた3球目の直球、真ん中に入ってきた甘い球を見逃しませんでした。
2軍安芸キャンプで6試合に出場し19打数12安打で打率6割3分2厘、1本塁打と結果を残し、キャンプ終了後1軍に昇格したばかり。
好調維持で開幕1軍入りへ1歩前進しました。
何がって、バックスクリーンまで運ぶパワーが素晴らしいじゃないですか!
しかし高山君は元気がないな〜心配です
2月オープン戦★
3月オープン戦★

画像は緒方君です。


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:緒方 凌介外野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2017年04月16日


場所: 佐藤薬品スタジアム










author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:51 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり1557
[ オーナー ]

“必勝祈願”

金本猛虎は2日、甲子園での全体練習前に、監督をはじめ関係者約250人が西宮神社で毎年恒例の必勝祈願を行いました。
参列した坂井オーナーも「(手応えがあると)僕も思いますけど、好事魔多しということもありますから。開幕まで時間もありますし慎重に堅実にやっていってほしいですね」と期待。
吉井良昭宮司は「ファンの期待値も高いと思います。けががないように、優勝できるようにと祈願しました。優勝して、また秋にもお礼参りにきてほしいですね」と話しました。

今年は3年目で最も強いチームと言い切った監督!
お礼参りなんていいじゃないですか〜もう10年以上もご無沙汰ですからね〜

参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:猛虎ナイン



撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2017年04月29日


場所:阪神甲子園球場





author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:22 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり1556
[ 監督・コーチ ]



“キャンプ総括”


沖縄・宜野座での春季キャンプを打ち上げた金本猛虎。
指揮官は就任3年目のチームについて「一番強い」とキッパリ言い切りました。
新外国人のウィリン・ロサリオ君が4番に座る強力打線で、開幕までの1カ月間で13年ぶりのリーグ優勝へ手応えは十分のようです。


監督の一番の手応えは、ここ2年は防御率もよく、リリーフも良かったが、得点力不足と守備力がないことで勝てなかったが、そこは克服されつつあると・・・

脇を固めるのは3番・福留君、5番・糸井君。三塁には二塁に鳥谷君をコンバートしたことで、日本代表に選出されるまで成長した大山君に決定。遊撃には糸原君が順調に成長。確実に攻守にバランスの取れた布陣になります。


就任1年目に芽を出した高山君や北條君、原口君が思ったほど伸びずに「80点」。物足りなさが残ったがが、今年は主砲が決まり、糸井君も元気に完走。求めていた足のスペシャリストとして植田君やドラフト4位・島田君らもアピール。
チーム力の向上は明白で、昨季10ゲーム差をつけられた広島との戦力差は着実に縮まっている。

しかしながら、一抹の不安が先発投手陣でしょう。
開幕を任せるメッセンジャー君、秋山君、能見君以外が見えないのが不安材料。藤浪君と小野君が有力だが、当確はまだ出ていない。
ドラフト5位・谷川君も今後先発を視野に入れた調整を強いられる非常事態です。

 ともあれ、大きな故障者もインフルエンザとも無縁であったキャンプは大成功と言えたでしょう。

金本猛虎3年目の戦いがいよいよ始まります!



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:金本 知憲監督




撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2017年03月24日


場所:京セラドーム大阪

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:35 | - | - |
▼ 猛虎春季キャンプレポート2018
[ 44梅野 ]




“執念で優勝を”


28日、猛虎が沖縄・宜野座村春季キャンプを打ち上げました。

毎年あっという間に終わったな=と感じるキャンプ。もう開幕ですね〜 

今季から選手会長を務める梅野君が、「私たちをサポートしてくれたみなさん、ありがとうございました。今年は“執念”というスローガンのもと、優勝、そして日本一に向かって頑張っていきます」とチーム関係者で作られた円の中心で話し、最後は一本締めで終了。
新助っ人のロサリオ君の話題で持ちきりだったキャンプですが、監督の総括は手応えありのようですね。
13年ぶりの優勝という声も聞こえ始めて居た金本猛虎の2018年の春季キャンプが終わり、いよいよ開幕に向けての長いシーズンが始まります。


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:梅野 隆太郎捕手



撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2017年06月18日

 
場所:阪神甲子園球場



author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:31 | - | - |


皆様こんにちは。ご訪問いただき有難うございます。 アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』と申します。 (*^^)v野球経験のない素人の球場観戦の独り言にお付き合いください。 有料又は無料のメールマガジンにてアナフレの独り言をお楽しみくださいませ。まぐまぐ!マイメルマは無料メールマガジンです。 又皆様からの観戦リポートやご意見ご感想も歓迎いたします。メールフォームにてお気軽にお声がけくださいませ。
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
アナフレ猛虎会
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

アクセスカウンター

過払い

外汇
携帯 中古外汇


阪神タイガースおっかけマップ (2005)
阪神タイガースおっかけマップ (2005)

阪神タイガースを語るには何がなくてもまず甲子園球場。大歓声でマンモススタンドが揺れ、ラッキーセブンのジェット風船は夜空が隠れてしまうほど舞い上がる。みなさん人生そのものをタイガースにかけているのだ。甲子園球場はもちろん、その周辺のこと=甲子園の街並みを知っていただきたい。野球とともに歩む姿を。またたくさんの楽しい、うれしいお店がいっぱいある。タイガースOBのお店や、ナインご贔屓のスポット、ファンが集うショップ。・・・・いえいえ甲子園だけではありませんぞ。おとなり尼崎も、芦屋も神戸、大阪も・・・・関西圏をくまなく知っていただこう。もちろん関東の情報も掲載!
野村ノート
野村ノート

ところが、以外な選手に感謝されているということもある。その代表的なのが桧山である。阪神時代、桧山に対しては叱ったことはあっても、野球はこうだ、人生はこうだと懇切丁寧に指導した記憶がない。・・・・平成15年、確か優勝した翌日の新聞だったと思うが、彼のインタビューに目を通し驚いたことがある。「野村さんが阪神の監督だったときは、いっていることがよく理解できなかったんですが、今になってやっとわかってきました」・・・・・桧山のように思ってもみなかった選手から感謝を受けるのも指導者冥利に尽きる。  それにしても人生はまさに一期一会だなあと思う。赤星、藤本は阪神のドラフトリストに名前はなかった。赤星はアマからのキャンプ参加、藤本は社会人選手権大会の観戦に行って、遊撃手を探していたときに目に留まった選手である。・・・・私との縁を大切にし、「考えないよりは考えるほうがいい」「知らないより知っていたほうがいい」と私にいわれ、「なるほどそうだな」と思い、ノートをこまめに取り、そのノートを保存し何度も読み返す。こうしたちょっとの差が、いざ自分が指導する立場になったときに活き、あるいはコーチや監督という地位を得るためのチャンスとなる。逆に出会いや縁を無駄にしてしまう選手は、将来の可能性まで狭めてしまうのである。
猛虎の70年
猛虎の70年

第1章阪神タイガースとは何か・・・・おそらくクソ度胸という点では球界ナンバー1の星野仙一の背中にスーッと寒気が走ったのは、彼が阪神の監督になってすぐのことだった。・・・いや、「恐怖」すら感じたという。それは阪神ファンが試合に感動し、勝利の歌を大合唱し、それが終わると球場の外へ出て、ゾロゾロと甲子園駅に帰るのではなく、球場近くの広場に何千人と集まり、そこでも「六甲颪」の大合唱をやるのだ。ファンはやがて甲子園の駅に移動する。この甲子園駅でもまたも「六甲颪」の大合唱となる。それでも終わらない。阪神電車に乗り込んだファンはそのまま梅田の駅で降りて、その梅田駅コンコースでまたまた「六甲颪」の大合唱である。これが深夜まで続くのだ。「お前ら、あれが聞こえるか?俺達はあの熱狂的なファンに対する責任があるんだ。もしあのファンを裏切ったら・・・・俺はどうなるか知らんゾ」・・・・「俺は勝ちたいんや!そのためにはどうするんや?俺はファンに喜んでもらいたいんや・・・・・」なんとも野暮なセリフである。だがかつて阪神の監督としてこんな直接的な言葉を発した指揮官はいなかった。少年のように「勝ちたいんや!」と絶叫する星野仙一。監督室まで聞こえてくる大合唱、そして海鳴りのようなファンの”鼓動”が星野仙一をギリギリまで追い詰めていったのである。そこには「日本一わがままで、日本一熱心で、日本一我慢強い」と星野が評したファンの姿があった。
巨人軍かく勝てり―V9達成の秘密
巨人軍かく勝てり―V9達成の秘密

チームプレーとは「チームワーク」=「人の和」よりさらに深い考え方で、“人間集団におけるモラルから、グランド上のプレーに至るまで、あらゆる人間行動を網羅した広い考え方”といってよいと思う。
簡単な具体例をあげよう。
いまここで二人の人間がキャッチボールを始めるとする。ボールを握って投げる側は、次のように考える「相手が取りやすいところへとりやすいスピードで投げてやろう。投げ返す時のことも考えて胸元へ投げてやろう」そう考えて投げる。
一方受ける側はどうか。相手がそう考えて投げてもミスすることがある。だから相手の気持ちを察して、「万一とりにくいボールがきても、何とか受けてミスを未然に防いでやろう」この二人の「思いやり」がチームプレーの根本精神である。
 このちいいさな「思いやり」は、やがて「自分の義務と役割を完全に履行」することに広がり、チームのために「自己犠牲」をいとわず、「助け合い」、そしてチーム全員に「感謝」するところにまで高められていく。
巨人軍論 ――組織とは、人間とは、伝統とは
巨人軍論 ――組織とは、人間とは、伝統とは

チームの要だったON
『チームを預かることになったとき、いつも私が手本としてきたのは川上哲治監督であり、川上監督が率いたV9時代の巨人というチームであった。それではV9巨人のどこが素晴らしかったのだろうか。まずはなんといっても王貞治と長嶋茂雄、すなわちONの存在をあげないわけにいかない。ONは長らく巨人の3番4番に座り続け常にチームの中心であり続けた。ただし私がこの二人を高く評価するのは、彼らが記録や数字を残したからという理由ではない。彼らが中心選手としての役割と責任をまっとうしていたという事実が大きいのである。私は「中心選手はチームの鏡でなければならない」と述べたが、王と長嶋は、まさしくそうであった。他の選手の模範であり続けたのである。そこが凡百の「四番」とONのちがうところなのである。

…その意味で、私は阪神の金本知憲を高く「評価」している。現在の球界で真の「四番」といえるのは彼くらいだろう。彼は少々の故障くらいでは試合を休まない。チームへの忠誠心も高い。金本が移籍してきてから、阪神の選手の意識が明らかに変わった…金本の野球に取り組む態度を見れば、まわりの選手も自然と「このままではいけない」と感じるようになる。また若手選手が直接叱るより先輩が叱ったほうが叱られた若手のショックは少ない。ここ数年の阪神の躍進には、この金本の存在が大きく寄与している』

ドジャースの戦法
ドジャースの戦法

『投手は自分の左側に球を打たれたらすぐさま一塁に向かってスタートする習慣をつけなければならなぬ。ゴロであろうとライナーであろうと変わりはない。直ちに一塁に突進せよ。適当な時に投手がマウンドを離れなかったためにゲームを失ったためしは多い。打球が左側にきたら、投手は真っ直ぐに一塁にスタートし、塁に近付いたらスピードを緩め、右足を塁に触れて、一塁手からの投球を待ち受ける。球を受け取ったら走者との衝突をふせぐために、ファウルラインの内側を二、三歩走り続けるが、この場合もし他の塁にも走者がいたら、投手はできるだけ早くとどまり、必要に応じて他の塁に投球する用意をせねばならない。
走者の足が遅いか、又は他の理由で投手がゆっくり一塁に間に合った時には、塁上で止まって、こちらに投球しようとしている野手の方に向き直り、一塁手のような身のこなしで、体をのばしたり、どちらかの側へ動いたりして、一塁手の代わりをつとめなければならぬ。』
背番号三桁―「僕達も胴上げに参加していいんですか?」
背番号三桁―「僕達も胴上げに参加していいんですか?」

「アホか、みんないいから出ろ!お前たちも行け!」優勝が決まった瞬間、ベンチから選手が一斉に飛び出した。星野はすぐさま裏方に対して叫んだ。
「尾張メモ」の全貌―情報は盗んで活かせ
「尾張メモ」の全貌―情報は盗んで活かせ

虚像がユニフォームを着ている

広岡監督殿

巨人偵察記・巨人の実像・私が過去三十年、対巨人と戦ってきた印象からみると、最低の巨人といっても過言ではない。人気という点では昔と雲泥の差があっても、実技つまり野球のすべてに対する取組む姿勢が欠けていること。緻密性がない。個人的には優秀な人材はおりますが、チームプレー1つをとってみても投手は三本間に三塁走者を挟みながら、生かしてしまうランダンプレー等がその例。一発で刺さねばいけないプレーをウロウロして生かすということは、過去の巨人では考えられないことです。極端な表現ですが、巨人のユニフォームを着ている虚像にすぎない。−こう断言できます。

このくらいのチームが優勝することはちょっと考えられないことだが、優勝をバックアップしている審判団の判定が大きく作用していることは申すまでもありません。私自身がこの目で見ても、巨人がパ・リーグであれば、近鉄クラスの実力と見ます。それで人気だけが物凄い、まさに虚人です。・・・・・・
1983年10月15日
阪神タイガース
阪神タイガース

序章 黄金時代の幕開け
”遂に来たタイガースの時代”
『この世の春、である。長い長い苦難のときを経て、とうとう阪神タイガースの時代がやって来た』
覚悟のすすめ (角川oneテーマ21 A 87)
覚悟のすすめ (角川oneテーマ21 A 87)

これまでのプロ野球生活で、胸を張って自慢できることがひとつある。

それは、

「たとえお金にならないことでも、やるべきことを、全力を尽くしてやってきた」

ということだ。

2000年5月12日の第三打席を最後に、翌年9月28日の横浜戦第二打席まで、私は1002打席にわたって一度も併殺打を記録しなかった。これはあまり知られていないが日本記録である。
ただ、常に全力疾走を心掛けていなければ達成できなかった記録でもある。それを私は誇りに思う。

連続フルイニング出場にしても、「すごい」とほめられはしても、直接お金として返ってくるわけではない。

それでも私は、セーフになるチャンスがあれば、一塁に全力疾走する。果敢にボールを追うし、つねに次のベースを目指そうとする。なぜなら

「たとえお金にならないことでも、全力プレーするのがプロ」
そう思っているからである。

「いつケガをしてもいい」そういう覚悟で私は常に試合に臨んでいる。

それが、これまでの私のプロ野球生活を支えた信念であり、いまもつねに自分自身にいいきかせているモットーである。