アナフレ猛虎会

皆様こんにちは。アナフレ猛虎会 通称”頑張れ阪神タイガース☆です。
<< March 2024 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

虎!2敗

2024.03.31 Sunday



■2024/3/30 試合結果

対巨人 2回戦 東京ドーム

神 | 0 0 0 0 0 0 0 0 0 | 0
巨 | 0 0 0 0 0 3 2 0 x | 5

勝:グリフィン1勝0敗0S
敗:大竹0勝1敗0S
HR:岡本和ツーラン1号、坂本ソロ1号
阪神:大竹 - 桐敷 - 石井 - 門別
巨人:グリフィン - 西舘 - バルドナード - 堀田

3/31の予告先発
神:才木 浩人
巨:高橋 礼
──────
“打線の繋がりを”

オープン戦から確かに猛虎打線に元気がないですね〜完封負けでした。

東京ドームでの開幕カード、対ジャイアンツ2回戦。虎の先発は大竹君です。猛虎打線は1回・2回・4回に3塁までランナーを進め得点のチャ
ンスを作りますが、ジャイアンツ先発投手の好投によりゼロ行進で試合
が進みます。6回裏、先頭にフォアボールを選ばれ、ツーランホームラン、
ソロホームランで3点リードを許しますが、2番手に上がった桐敷君が後
続3人を凡退で抑えます。7回裏、3番手石井君がマウンドに上がると先頭にツーベースヒット、さらに自らのエラーで無死1・3塁のピンチを招
き、2点タイムリーヒットでリードを5点に広げられます。8回裏に4番
手で上がった門別君は無失点で抑えるも、猛虎打撃陣が振るわず0対5で
完封負けを喫しました。

アナフレ目線
2月オープン戦★★★3月★★★★★★☆△★★☆★★☆★
リーグ戦★★
球団初のセ・リーグ連覇を目指す猛虎が、88年以来の開幕から2戦連続の完封負けスタートとなりました。
序盤の再三の好機を生かせなかった猛虎打線。初回、1死から2番中野
君の右中間二塁打から2死一、三塁の好機をつくるも、5番佐藤輝君が
左飛。2回も先頭のノイジー君が四球で出塁し2死三塁まで進むも、得
点はできず。4回は4番大山君、佐藤輝君の連打から1死一、三塁とし
たが、初球スクイズを敢行した坂本君の打球は小フライとなり、ダイビ
ングキャッチ。スタートを切っていた三塁走者の大山君も戻れず、併殺
となりました。
先発の大竹君は初回をテンポ良く3者凡退でスタートすると、3回まで
被安打1。4回は2四球がからみ2死満塁のピンチを招きましたが、最後
は遊飛に打ち取り切り抜けました。しかし0−0のまま迎えた6回、先頭
打者に四球を与えると、4番打者に先制2ランを被弾。さらに2者連続
本塁打を許し、ここで降板。
代わった桐敷君は3人を打ち取るも、7回に3番手で登板した石井君が
先頭代打に右翼への二塁打を浴びると、自らの失策も絡んでダメ押しの2点を失いました。

2月オープン戦★★★3月★★★★★★☆△★★☆★★☆★
リーグ戦★★




参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:桐敷 拓馬投手



撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2024年3月15日


場所: バンテリンドーム

猛虎かく勝てり2662

2024.03.29 Friday




“開幕メンバー発表“

球春到来ですね!

日本野球機構(NPB)は28日、開幕出場選手登録名簿を公示。
猛虎は開幕投手の青柳君を含め、投手10人が登録されました。高卒2年
目で開幕は中継ぎとして迎える門別君も入りました。
オープン戦の終盤は欠場が続いた近本君、大山君も問題なく登録されました。

【投手10人】
00 J.ゲラ
13 岩崎 優
17 青柳 晃洋
30 門別 啓人
34 漆原 大晟
46 島本 浩也
47 桐敷 拓馬
54 加治屋 蓮
64 岡留 英貴
69 石井 大智

【捕手3人】
2 梅野 隆太郎
12 坂本 誠志郎
57 長坂 拳弥

【内野手9人】
0 木浪 聖也
3 大山 悠輔
4 熊谷 敬宥
8 佐藤 輝明
33 糸原 健斗
38 小幡 竜平
51 中野 拓夢
62 植田 海
94 原口 文仁
【外野手6人】
1 森下 翔太
5 近本 光司
7 S.ノイジー
53 島田 海吏
58 前川 右京
60 小野寺 暖



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:猛虎ナイン



撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2024年3月15日


場所:バンテリンドーム


猛虎かく勝てり2661

2024.03.28 Thursday




“開幕に向けて“


佐藤輝君と中野君が「速攻」でのエース打ちを宣言。
29日の巨人との開幕戦の相手先発は戸郷投手。右腕から制球された速球
をテンポ良く投げ込むのが特長。これに対し、佐藤輝君は積極的に立ち
向かうことを誓いました。昨季、戸郷投手との対戦は12打数3安打。右
本塁打、右三塁打、右中間への適時二塁打と全てが長打。狭い東京ドー
ムで地の利を生かし、開幕弾にも期待がかかります。
プロ入り後、過去3年すべてで開幕スタメン出場。直近2年は複数安打
も決めるなどシーズン初戦に強い佐藤輝君。今春のオープン戦は後半6
試合で24打数12安打と尻上がりに調子を上げました。勢いそのままに、
右腕を打ちます。
20年ドラフト同期入団の中野君も積極性を戸郷投手攻略のキーポイントに挙げました。
昨季は計20打席対戦。何度も球筋は見てきた相手。
前日26日にはチームの裏方も含めて兵庫県内の飲食店で決起集会を行った中野君。ゲンをかつぎ、昨年と同じ場所での開催。今季から選手会長を務める中野君は乾杯のあいさつも担当したようです。
この日は甲子園室内練習場で練習した後、28日の開幕前日練習に向けて東京入り。身も心も整え、いよいよ最終調整です。


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:猛虎ナイン



撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2024年3月15日


場所:バンテリンドーム


猛虎かく勝てり2660

2024.03.27 Wednesday




“必勝祈願“


兵庫・西宮市の広田神社で恒例の必勝祈願を行った猛虎。

1、2軍の選手、コーチ、球団関係者ら総勢140人が参加。選手会長の中
野君は「徐々に開幕へチームが一体となっていくのが改めて感じている。もう1回一丸となるようにしっかりと」と引き締めました。

昨年の日本シリーズ後、お礼参りで岡田監督はサインバットを奉納。
祝詞の中に「アレンパ」を入れた西井璋宮司は「合言葉は神様にも聞いてもらわないと。岡田監督にもオーラが出てきた。バットはあと5本分、奉納できる余裕がありますよと伝えました」と6連覇? の期待を込めた


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:猛虎ナイン



撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2023年4月21日


場所:バンテリンドーム


猛虎かく勝てり2659

2024.03.26 Tuesday





“開幕に向けて“


オープン戦は勝敗ではなく内容だ。
開幕に向けて全く心配ないと信じる我ら虎党でありますが、不安材料をしっかり書き留めた記事をみたのであえて撮り立たせていただきました。

3月24日のオリックス最終戦の7回裏。この時点1点リードでここか
らどう逃げ切るか。岡田監督が得意とする継投に入った。
そこでマウンドに送ったのが漆原君。右対右で封じにかかる。計算通り
にショートゴロに仕留めたところで、指揮官がベンチを出る。漆原君はワンポイントで次打者へ左の島本君に代えた。ここから左バッターが続くからの継投による、レギュラーシーズンを想定した采配だ。
昨年はことごとく成功したこの作戦で、石井君や島本君という優秀なセ
ットアッパーが力を発揮した。投手力が売りの猛虎がより強固になった。
だが今年は…。島本君は連打を浴びて2失点。最終戦は逆転負けで終えることになった。
ここが計算違いだと指摘。島本君、石井君という左右のセットアッパーの状態が上がらぬまま。シーズンを逆算し、試合の中でも逆算しての作戦を練る指揮官にとって、セットアッパーの不調は計算外。シーズンに
入っての試合運びに影響が出る。

今年の猛虎はやはり守りの戦いになる。投手力を含めたチームカラーは
昨年同様。ここにきて先発組がそろってきて開幕を迎える態勢になったが、リリーバーが見えない状況。完投、完封が極端に少ない現在の球界。
いかにブルペンを分厚くするかが、勝負の分岐点。ダブルのクローザー
でいける目途が立った岩崎君、ゲラ君につなぐ6、7、8回をどうするかが、連覇の鍵を握るでしょう。
「ブルペン勝負がペナントのカギを握る」充実のブルペンを構築するため、これまで多くの投手を試し、その中から岡留君という新たな力が生まれたが、経験も実績もない。同様にドラフト2位のルーキー椎葉君を
キャンプでテストしたが、いつの間にか名前を聞かなくなった。
ベテランの岩貞君に復調をねらう浜地君。彼らも開幕に間に合うかは不透明で、質量ともに昨年を下回る状態。
今年もブルペンが猛虎の命運を握るのは間違い無し。
けっぱれ!猛虎ブルペン!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:猛虎ナイン



撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2023年4月21日


場所:バンテリンドーム


虎!オープン戦3勝14敗1分

2024.03.25 Monday



■2024/03/24試合結果 ◇開始14時00分◇京セラドーム大阪
オープン戦
神 | 0 1 0 0 1 0 0 0 0 | 2
オ | 1 0 0 0 0 0 2 2 x | 5

【阪神】 才木 岡留 漆原 ●島本(1勝1敗) 加治屋 石井
【オリックス】 田嶋 ○エスピノーザ(2勝0敗) 高島 S吉田(2セーブ)

──────
“若虎が成長できるか“

18年以来6年ぶりのオープン戦最下位が確定した猛虎。先に試合が終わ
った11位ロッテが中日に敗れ、引き分け以上で最下位から脱出できた最
終戦。オリックスに7回に勝ち越しを許し、3勝14敗1分けで最下位が
決まりました。

この日も大山君、近本君、森下君の主力3選手がスタメンを外れた一戦。
先発才木君が初回に先制打を許しました。2回は大山君に代わって一塁先
発した原口君が同点打。5回は中野君が右翼に勝ち越しの適時二塁打を決
めました。
才木君は5回1失点と好投。しかし1点リードで迎えた7回、この回途
中から登板した島本君が3連打を浴びて同点に追いつかれると、2死二、
三塁から暴投の間に勝ち越しを許しました。
1点ビハインドの8回にも石井君が2失点。猛虎打線は3点を追う9回に
2死満塁の好機を作りましたが、得点を奪えませんでした。
なお、20〜22年にはオープン戦最下位球団がセ・リーグ優勝を飾っています(20年巨人、21、22年ヤクルト)。岡田監督は、4年間で3チームが優勝していると、球団初の連覇へ吉兆だと力説。猛虎が前回オープン戦
最下位だった18年は公式戦でも最下位。今季はどちらに転ぶか。


アナフレ目線
2月オープン戦★★★3月★★★★★★☆△★★☆★★☆★
プロ野球のオープン戦が24日、全日程を終えました。29日に迎えるシー
ズン開幕戦に向け、春季キャンプからオープン戦を経たチームの仕上がり具合を岡田監督が総括。
オープン戦12位という成績に、収穫はあまりなかったと言及。最後にケ
ガ人が出たこと。重傷ではないので29日にスタメンで行けるように願っています。
確かにオープン戦最下位から優勝した当時の巨人やヤクルトさんは、シーズンに入っても前半戦は散々なスタートだったと記憶しています。
つまり若虎がシーズンに入ってからどんどん成長していくことが連覇につながっていくと信じています。
早速投手では岡留君、そして野手では前川君が台頭してきたじゃないですか!そしてベテラン原口君も健在です。
2月オープン戦★★★3月★★★★★★☆△★★☆★★☆★



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:原口 文仁内野手



撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2023年4月21日


場所: バンテリンドーム

虎!オープン戦3勝13敗1分

2024.03.24 Sunday



■2024/03/23試合結果 ◇開始14時00分◇京セラドーム大阪
オープン戦
オ | 0 0 0 0 1 1 0 0 0 | 0
神 | 1 0 0 1 1 1 0 0 x | 4

[勝敗]勝: 大竹 耕太郎 (1勝1敗)、S: ハビー ゲラ (1勝0敗1S)、敗: ルイス カスティーヨ (1勝2敗)
【オリックス】ルイス カスティーヨ、小野 泰己、アンドレス マチャド、平野 佳寿-森 友哉、若月 健矢
【阪神】大竹 耕太郎、門別 啓人、岩崎 優、ハビー ゲラ-坂本 誠志郎、梅野 隆太郎
[本塁打]佐藤 輝明 3号 (神)


──────
“2人のお待たせ“


19日のソフトバンクとのオープン戦以来となる3勝目を挙げた猛虎。

先制点は左翼レギュラー争い中の前川君のバットから生まれました。初
回1死一塁、147キロ直球を捉え、左中間へ先制の適時二塁打。3試合ぶ
りの安打で「3番右翼」のスタメン起用に応えました。

4回に糸原君の中犠飛で1点を追加し、5回は島田君の二ゴロの間に3点
目を追加。そして2点差に詰め寄られて迎えた6回、佐藤輝君がオリッ
クスの先発投手の2球目、131キロの変化球を完璧にとらえオープン戦3
号ソロを放ちました。
この日は右足を痛めていた森下君と下半身の張りを抱える大山君がベンチを外れましたが、梅野君が6回から「7番捕手」で途中出場し、1軍復
帰。快音が止まっていた中野君は初回に35打席ぶりの安打を放つなど、
明るい材料も。
先発の大竹君は、5回1失点と上々の投球。先発予定だったこの日の2軍
戦が雨天中止となったため、6回から登板した門別君は、2回2安打1失
点でした。

アナフレ目線
2月オープン戦★★★3月★★★★★★☆△★★☆★★☆
右肩肉離れの梅野君が31日ぶりに試合復帰。1軍合流し6回からマスクをかぶりました。試合は2月20日の韓国・サムスン戦以来。門別君、岩崎君、ゲラ君と主力どころをリードし、4イニングを1失点で逃げ切りました。お待たせのマスクですね〜開幕メンバーにも順当に名を連ねそうです。
そしてもう1人のお待たせの中野君は塁上で少し表情を緩めていましたね〜。初回、追い込まれながらも150キロ直球を左前にライナーで落と
しました。これが実に35打席ぶりの安打。8日ヤクルト戦以来のHランプ。第3打席にも左前打。逆方向を意識する本来のスタイルで結果が出ました。オフから強い打球を打てるよう取り組み、あえて引っ張る打席もあったようです。一時的にバランスを崩す結果になったが、前向きな挑戦。ここ数日は打ち込んでフォーム修正にも努めてきました。
開幕まで残り2試合で抜け出した長いトンネル。苦しんだ分だけレベルアップしてくれるでしょう。
2月オープン戦★★★3月★★★★★★☆△★★☆★★☆



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:中野 拓夢内野手



撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2024年3月15日


場所: バンテリンドーム


虎!オープン戦2勝13敗1分

2024.03.23 Saturday



■2024/03/22試合結果 ◇開始18時00分◇京セラドーム大阪
オープン戦
神 | 0 0 0 0 0 0 0 0 0 | 0
オ | 1 0 1 0 1 0 0 0 x | 3

【阪神】 ●青柳(0勝1敗) 西勇
【オリックス】 ○宮城(1勝0敗) S山岡(1セーブ)
[本塁打] 西川1号(オ)

──────
“最終調整へ“

オリックス投手陣を打ちあぐね、オープン戦13敗目を喫した猛虎。
昨シーズンからの疲れを引きずるのか?それとも・・・

右足を負傷している森下君、下半身の張りを抱える大山君がベンチ外となった一戦。オリックス先発投手から「4番三塁」の佐藤輝君、「8番遊撃」木浪君らが複数安打。それでも得点にはつながらず、6回6安打無得
点の快投を許しました。
投げては開幕投手に内定している青柳君がオープン戦ラスト登板に臨み、
4回4安打2失点。ソロ本塁打などを浴びましたが、最終イニングは2三
振を奪うなど、3者凡退で締めくくりました。
これでオープン戦の戦績は2勝13敗。23日、24日のオリックス戦2試合で、最終調整に向かいます。

アナフレ目線
2月オープン戦★★★3月★★★★★★☆△★★☆★★
佐藤輝君と共に木浪君が3打数3安打と快音を響かせました。
8番遊撃で出場し、3回の第1打席から、先発投手の初球150キロ直球
を捉えて中前打。5回にも左前打を放ち、7回は2番手投手から遊撃内野
安打で出塁。オープン戦3試合連続安打となりました。
いよいよ最終調整ですが、昨シーズンの疲れを残していると言われるも、これからのレギュラーシーズンに向けての調整と言わせるも、開幕してみなければわかりませんね。
答えは勝利のみ!

2月オープン戦★★★3月★★★★★★☆△★★☆★★



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:木浪 聖也内野手



撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2024年3月15日


場所: バンテリンドーム

猛虎かく勝てり2658

2024.03.22 Friday




“開幕に向けて“


オープン戦も残すところあと1カードだけになった猛虎。すでに最下位は確定していますが、ここにきてキャンプからの疲れから休息しているナインがいることが気がかりですね。
森下君が20日のソフトバンク戦で右足首付近を痛めていたことが分かりました。21日に甲子園室内で行われた全体練習に参加せず、完全別メニュー調整です。開幕右翼に当確をともしているが、8試合連続安打と好調
な3番候補が不在となれば大きな痛手です。

猛虎の4番大山君が下半身の張りで一部別メニュー調整しました。
甲子園室内での全体練習で、アップは外れたが、打撃練習は通常通りに参加。平田ヘッドコーチは、今は無理させられない。大山もずっと出ずっぱりで、人工芝も含めてやっていたと説明。20日のソフトバンク戦は
疲労を考慮して欠場。22日のオリックス戦の出場については、コンディションを確認して慎重に見極めるつもりです。4番が万全の状態で29日
の開幕戦を迎えるための準備にいそしみます。


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:猛虎ナイン



撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2024年3月15日


場所:バンテリンドーム


虎!オープン戦2勝12敗1分

2024.03.21 Thursday



■2024/03/20試合結果 ◇開始13時00分◇ペイペイドーム
オープン戦
神 | 0 0 0 0 0 0 0 0 0 | 0
ソ | 0 0 1 0 0 2 0 1 x | 4

[勝敗]勝: 東浜 巨 (2勝0敗)、敗: 伊藤 将司 (0勝3敗)
【阪神】伊藤 将司、ハビー ゲラ、石井 大智-坂本 誠志郎、長坂 拳弥
【ソフトバンク】東浜 巨、杉山 一樹、オスナ、津森 宥紀-甲斐 拓也、海野 隆司
[本塁打]栗原 陵矢 2号 (ソ)


──────
“残り試合が大切だ“

今季オープン戦初の連勝とはならなかった猛虎。これで2勝12敗1分けとなりました。
ソフトバンク先発投手を前に、猛虎打線が4回2死まで無安打。初回2死
の森下君から2回の佐藤輝君、ノイジー君、前川君と4連続三振を喫す
るなど、7回途中散発4安打無得点に抑え込まれました。
オープン戦4度目の先発となった伊藤将君は2回まで無失点で立ち上が
るも、3回に2安打と1四球で先制点を献上。4、5回は安打を許しなが
らも再び無失点に抑えましたが、6回先頭打者に中越え二塁打、続く連打を浴びるなどこの回2点を失いました。


アナフレ目線
2月オープン戦★★★3月★★★★★★☆△★★☆
伊藤将君が、強力ソフトバンク打線を相手に粘りながら試合をつくりました。6回8安打3失点。3回に3番打者に適時打を浴びて先制点を献
上。6回は2本の適時打で2点を失ったが、横浜の先輩には1安打2四球を許し、完敗。それでも大崩れせず、クオリティースタート(6回以上、自責3以内)をマークしました。

前回13日のロッテ戦で5回無失点投球を見せ、周囲を安心させていました。中6日のマウンドで97球を投じ、先発が有力な開幕カード2戦目の4月3日DeNA戦へ向け、最後の1軍ゲームを終えました。
あとは中野君に1安打が出ればOKですね。人口芝もあって近本君と大山君は欠場となったオープン戦も残すはあと1カードです。

2月オープン戦★★★3月★★★★★★☆△★★☆



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:猛虎ナイン



撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2024年3月15日


場所: バンテリンドーム

虎!オープン戦2勝11敗1分

2024.03.20 Wednesday



■2024/03/19試合結果 ◇開始18時00分◇ペイペイドーム
オープン戦
神 | 0 0 1 1 2 3 1 2 0 | 10
ソ | 0 3 2 2 1 0 0 0 1 | 9
[勝敗]
【阪神】村上 頌樹、桐敷 拓馬、島本 浩也、岡留 英貴、岩崎 優-坂本 誠志郎
【ソフトバンク】和田 毅、澤柳 亮太郎、オスナ、中村 亮太、長谷川 威展、津森 宥紀-甲斐 拓也、海野 隆司

[本塁打]牧原 大成 1号 (ソ)、山川 穂高 3号 (ソ)、佐藤 輝明 2号 (神)、森下 翔太 1号 (神)


──────
“乱打戦も貴重なデータ“


猛虎が乱打戦を制し2ケタ得点で、13日ロッテ戦以来のオープン戦2勝目を挙げました。

虎の先発は昨季リーグMVPを獲得した村上君でしたが、5回11安打8失
点とまさかの大炎上。無四球で5奪三振も2被弾などで大量失点を喫し、92球を要しマウンドを降りました。村上君の2桁被安打は1、2軍の公式戦ではなく、失点も自己ワーストとなりました。

ソフトバンクペースかと思いきや、猛虎打線が奮起。3回に森下君の左前
適時打で1点を返すと、4回には佐藤輝君が2月23日巨人戦以来となる
2号ソロを放つと、5回も小野寺君、ノイジー君の適時打で2得点。そし
て4−8で迎えた6回2死一、三塁から、森下君が左翼へ今年初本塁打と
なる3ランを放ち1点差に追いつきます。
さらに猛虎打線はつながりを見せ、7回2死満塁で前川君が押し出し四球
を選んで同点に追いつくと、8回1死三塁からノイジー君の二ゴロの間に
勝ち越し、続く坂本君の中犠飛で2点差としました。
この日は佐藤輝君が4安打を放ち2戦連続の猛打賞。あと三塁打が出れ
ばサイクル安打の活躍ぶり。森下君も4打数3安打と打ちまくり、打率
は3割台に乗りました。


アナフレ目線
2月オープン戦★★★3月★★★★★★☆△★★☆

ちょっと心配なが中野君ですね。1試合5三振を喫しました。6回までで
4打席立ち、全ての打席で空振り三振に倒れています。7回の第5打席、
1番前川君の押し出し四球で同点に追いつき、なお2死満塁の押せ押せ
ムード。だがソフトバンクの守護神の4球目、高めカットボールを空振り三振に倒れ、天を仰ぎました。
試合後も悲愴感漂う表情。
昨年はセ・リーグ最多安打を放った中野君ですが、9日のヤクルト戦から26打席連続無安打。打率は0割7分7厘まで落ち込んでいます。
バッティングで悩み始めると深みにハマりますね〜自分のスイングを取り戻してほしいものです。
村上君は研究されているのか?投球フォームを再チェック。そして打たれた打者の得意球をインプットすれば問題ないでしょう!
2月オープン戦★★★3月★★★★★★☆△★★☆



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:森下 翔太外野手



撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2024年3月15日


場所: バンテリンドーム

猛虎かく勝てり2657

2024.03.19 Tuesday





“失策は命取り“


中日さんとの3連戦は2敗1分けに終わった猛虎。
打たんなあ。しかし。まあオープン戦やからエエけど−。
虎党のそんな声が聞こえてきそうな連戦でございました。
6安打を放った猛虎打線が、ここ一番で1本が出ず、無得点。
これでOP戦のチーム打率は2割1分3厘。12球団ワーストはやはり寂しいものです。さらにタメ息が出るのは失策数。ここまで15失策は12
球団ワースト2。一番多いのは広島さんの「17」だが、それにしても相変わらずという感じがしてしまう。

今更だが、あらためて失策はよくないと感じたのは“6回”。2番手で抑
え候補の1人でもあるゲラ君が登板。いきなり安打を許し、無死一塁。
だが続く打者は投ゴロに切ったのでゲッツー。そう思った次の瞬間、ゲラ君からの送球を遊撃・木浪君が落球。
新加入のゲラ君と送球のタイミングが合わなかったのか。よもや2試合
ぶりの出場で雰囲気がつかめなかったということはないだろうが、まさ
かのエラーで無死一、二塁となった。
しかしその後の2死二、三塁と場面が変わってからが思わしくない。
ボテボテの投ゴロを放ったとき、三、本塁間に転がったゴロをゲラ君が処理。回転しながら一塁へ投げたが・・・内野手出身のゲラ君ならでは
のプレーとも言えたが、このときゲラ君が左足をグラウンドに引っかけ、つんのめるような形で転倒。幸い負傷に至ることはなく、次打者を遊飛に仕留めてチェンジとなったが、ここで思う。あの併殺をフツーに完成させていればどうだったか。ミスが失点につながることは多いが、その後にアクシデントまで起こっては最悪の事態でしょう。
OP戦でよかった、と前向きにとらえ、引き締めていこうぜ猛虎ナイン。


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:猛虎ナイン



撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2024年3月15日


場所:バンテリンドーム


虎!オープン戦1勝11敗1分

2024.03.18 Monday



■2024/03/17試合結果 ◇開始13時30分◇バンテリンドーム
オープン戦
神 | 0 0 0 0 0 0 0 0 0 | 0
中 | 0 2 0 0 1 1 0 0 x | 4

[勝敗]勝: ウンベルト メヒア (1勝0敗)、敗: 才木 浩人 (0勝2敗)
【阪神】才木 浩人、ハビー ゲラ、石井 大智、石黒 佑弥-坂本 誠志郎、藤田 健斗
【中日】ウンベルト メヒア、田島 慎二、土生 翔太、齋藤 綱記、松山 晋也-宇佐見 真吾、加藤 匠馬

──────
“先発ローテ争い“


才木君が今春5度目の実戦登板に臨み、5回8安打3失点でマウンドを降
りました。
2回、四球と安打で無死二、三塁を招き、右前適時打で先制点を献上。そ
の後に右犠飛で追加点。5回無死一、三塁には、三ゴロの間に3点目を与
えました。発熱のため先発予定だった9日ヤクルト戦の出場を回避。3日
の日本ハム戦以来、2週間ぶりとなる登板だった。今春最多78球を投げ
きった所で、降板となりました。まだまだ開幕ローテ入りには課題が残りそうですね。
また、守護神候補ゲラ君がオープン戦初失点。8日ぶりの登板は6回から。
先頭に安打され、失策と不運な投前安打で失点しました。三塁線への打
球をさばいた際に左足を少し痛め、心配させたが2球の試投をへて続投。打たれるべくして打たれたヒットもありましたが、シーズン前にピンチ
を背負いながらの投球ができたのはいい経験と振り返ります。
試合は猛虎嬪打線が繋がらずの完封負けです。

アナフレ目線
2月オープン戦★★★3月★★★★★★☆△★★
完封負けを喫し連敗となった猛虎。それでも前日16日にオープン戦初
の欠場となった佐藤輝君が、猛打賞で意地を見せました。
猛虎打線は好機をつくるもあと1本が出ず。その中で、スタメン復帰し
た佐藤輝君が3安打をマーク。2回1死、右腕投手の低め150キロを
ジャストミート。低い弾道で中堅の頭を越える二塁打にすると、6回は強烈な中前打。この2本はともに追い込まれてから完璧に対応し、8回には初球を流し打って、三遊間を鋭く抜きました。
15日まで佐藤輝君のオープン戦打率は1割2分8厘。15日の試合後
には岡田監督が打撃内容に厳しく言及していたが、発奮する形となりました。
2月オープン戦★★★3月★★★★★★☆△★★



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:佐藤 輝明内野手



撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2024年3月15日


場所: バンテリンドーム

虎!オープン戦1勝10敗1分

2024.03.17 Sunday




■2024/03/16試合結果 ◇開始14時00分◇バンテリンドーム
オープン戦
神 | 1 0 0 0 0 0 0 1 1 | 3
中 | 0 1 1 0 0 1 1 0 x | 4

[勝敗]勝: 盒 宏斗 (1勝1敗)、S: R・マルティネス (1勝0敗1S)、敗: 大竹 耕太郎 (0勝1敗)
【阪神】大竹 耕太郎、漆原 大晟、石黒 佑弥、岡留 英貴-坂本 誠志郎、長坂 拳弥
【中日】盒 宏斗、橋本 侑樹、勝野 昌慶、清水 達也、松山 晋也、R・マルティネス-木下 拓哉、加藤 匠馬
[本塁打]石川 昂弥 1号 (中)、細川 成也 2号 (中)


──────
“熾烈な外野手争い“

オープン瀬10敗目を喫した猛虎。
元気のない猛虎打線にもう一押しがなかったですね。10安打を放ち、6
四球をもらったが3得点にとどまった敗戦です。

初回、先頭近本君の右前打からチャンスをつくり、2死満塁から糸原君
が左前打を放って1点先制します。その後は制球に苦しむ中日投手から
得点できませんでした。9回、前川君が適時打右前打を放ち、1点差に詰め寄ったのですがあと一本がでず。

先発した大竹君は2回にソロアーチを浴び、3回も長短打で1点を失いましたが、最後2イニングは無安打。尻上がりに調子をつかみ、今年最長
の5回を2失点でまとめてます。
7回、ドラフト5位の石黒君が地元愛知で凱旋登板を果たしたが、2四球
で走者をためて適時打を浴び、1回1失点。13日のロッテ戦でオープン
戦10試合目で初勝利を挙げた猛虎ですが、前日15日の中日戦は引き分
けで、成績は1勝10敗1引き分けです。

アナフレ目線
2月オープン戦★★★3月★★★★★★☆△★
前川君が意地の「ライデル打ち」。中日戦の2点を追う9回。守護神マル
ティネス投手のフォークに食らいついて一、二塁間を破る適時打を放ちました。キャンプから続けてきた激しい左翼争いはいよいよクライマッ
クス。3月に入って、本命ノイジー君の復帰で出番が減っていましたが、
若武者スラッガーもマルチ安打を記録し、1歩も引くつもりはないですね。
キャンプから勃発した外野争い。森下君が抜け出し、実質まだ空いてい
るのは左翼だけ。競争は野口君、井上君、ノイジー君、ミエセス君らの
だんご状態でスタート。2月中旬、ノイジー君が右肘の張りを訴え実戦
出場が遅れ、ここぞとばかりに前川君は猛アピール。監督からキャンプ
の野手MVPと評価されました。
ノイジー君が復帰した3月からは出番が少しずつ減っていましたが、N砲は前日15日の中日戦で、得意の素早い返球でダイレクト補殺。「やはりノイジーか」の雰囲気があった中で若武者が食らいついた一打でしょう。
巨人の開幕投手は戸郷選手。前川君は昨季4打数2安打と打っており、
対照的にノイジー君は18の3。松山投手、ライデル投手の両右腕打ち
は大きなアピール材料になります。オープン戦は残り6試合。開幕スタメン、そしてその先のレギュラー獲得へ、アクセルをふかし続けます。
2月オープン戦★★★3月★★★★★★☆△★

画像は前川君です。ちなみに15日の9回は中田選手のファインプレーに阻まれましたが、あわや決勝タイムリー級のライナーでしたね!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:前川 右京外野手



撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2024年3月15日


場所: バンテリンドーム

虎!オープン戦1勝9敗1分

2024.03.16 Saturday


■2024/03/15試合結果 ◇開始18時00分◇バンテリンドーム
オープン戦
神 | 0 0 0 0 0 0 0 0 0 | 0
中 | 0 0 0 0 0 0 0 0 0 | 0

【阪神】青柳 晃洋、島本 浩也、加治屋 蓮、石井 大智、桐敷 拓馬-坂本 誠志郎、長坂 拳弥
【中日】柳 裕也、祖父江 大輔、藤嶋 健人、梅野 雄吾、R・マルティネス-木下 拓哉

──────
“開幕投手に向けて“


久しぶりの生観戦に行ってまいりました。1年ぶりでございます。
阪神はオープン戦11試合目で初の引き分けとなった。

虎の先発は開幕投手が決まっている青柳君。初回を3者凡退でスタート
すると、危なげない投球で6回4安打無失点。4回先頭で迎えた打者にこ
の日初めて四球を与えるも、続く4番打者を139キロツーシームで二ゴ
ロ併殺。持ち味を発揮し、開幕を任された右腕らしい安定した姿を見せてくれました。

さて猛虎飛球打線は4回まで中日先発投手に無安打に抑え込まれるも、5
回2死からノイジー君が四球で出塁。続く坂本君が左前打を放ち一、三
塁と好機を拡大しましたが得点にはつながらず。6回も先頭の糸原君が四
球で出塁し、近本君が左前打で続いて無死一、二塁とするも、後続が打ち取られる展開に。

オープン戦開幕から9連敗した猛虎は前回13日のロッテ戦で初勝利し、この中日3連戦からベンチワークを使い、リリーフ起用も状況に応じて変えていくことを明言していた岡田監督は、リリーフ陣を惜しみなく投入し中日打線をしっかり抑え切りました。


アナフレ目線
2月オープン戦★★★3月★★★★★★☆△
2年連続の開幕投手が決まっている青柳君が、6回を4安打2奪三振無
失点に抑える好投をみせました。これでオープン戦は2試合で計10回
を無失点。頼れる右腕が29日の開幕戦・巨人戦に向けて、万全の状態
に仕上がりつつあります。
まあストレス溜まったのは猛虎飛球打線。
前半戦のほとんどはバンテリンに上がる飛球ラッシュ。まあ首が疲れました・・・しかしながら森下君はやはりチャンスメイカーとして持っているものがありますね〜また脅威の下位打線も今シーズンは健在のようでした。中継ぎ投手陣もしっかり持ち味を出し切り、伏兵である植田君などもしっかり盗塁を決めてくれました。チャンスに三振の佐藤輝君も、オープン戦から騒がれそうですがドンマイです。

2月オープン戦★★★3月★★★★★★☆△



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:青柳 晃洋投手



撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2024年3月15日


場所: バンテリンドーム

猛虎かく勝てり2656

2024.03.15 Friday




“猛虎のダブルストッパー“

開幕をダブル守護神で迎えるプランを明かした岡田監督。昨季セーブ王
の岩崎君が抑えの本命だったが、新助っ人のゲラ君も実戦3試合で防御
率0・00の快投で、適性を見せている。相手の打順によって左腕と右腕
で効果的に投入できるメリットも最大限生かし、併用される可能性が高まってきました。
僅差でリードの9回。リリーフカーに乗ってくる守護神は左腕の岩崎君か、右腕のゲラ君か。14日にバンテリンドームで行われた全体練習後、
抑えの起用について問われた岡田監督が構想を明かしました。
昨季、守護神として38年ぶりの日本一に貢献した岩崎君。60試合に登板
して3勝3敗、防御率1・77。35セーブを挙げてセーブ王に輝き、初の
タイトルを獲得する大活躍。ここへ、新外国人のゲラ君が登場だ。2月
25日の中日戦から3試合で3回1安打無失点、防御率0・00。けん制で
刺すなどクイックも完ぺきで、抜群の適性を見せている。
プロ11年目の経験豊富なポーカーフェース左腕と、元遊撃手でフィール
ディングも持ち味の新助っ人。岡田監督はどちらか1人を守護神に決め
ず、相手の8,9回の打線の並びで左の岩崎と右のゲラを使い分ける構想を描いている。
15日からの中日3連戦を手始めにオープン戦残り8試合で、ゲラ君を最
終回に起用し、念のための「守護神テスト」を行う予定です。



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:岩崎 優投手



撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2022年5月20日


場所:阪神甲子園球場


虎!オープン戦1勝9敗

2024.03.14 Thursday


■2024/03/10試合結果 ◇開始13時00分◇ZOZOマリン
オープン戦
神 | 0 0 1 0 0 0 2 1 2 | 6
ロ | 0 0 0 0 0 1 0 0 0 | 1

【阪神】 伊藤将 ○村上(1勝1敗)
【ロッテ】 メルセデス 二木 ●田中晴(0勝1敗) 沢村 益田

──────
“連敗阻止“


猛虎が接戦を制し、オープン戦10試合目で初勝利を挙げました。球団ワ
ースト記録となるオープン戦開幕9連敗を喫していましたが、10戦全敗
はなんとか阻止。まあ虎党からすればホットしましたね。

先発伊藤将君が好投で周囲を安心させましたね。オープン戦は2試合連
続で失点中だったが、この日は地元千葉での凱旋登板で5回無失点。許
した安打は2本のみで、ロッテ打線に三塁を踏ませない投球。このまま
順調なら開幕2カード目第2戦の4月3日DeNA戦での先発が有力です。
2番手村上君は6回から登板。前日12日に先発予定も、雨天中止となり
スライドでの出番も、6回に適時打を浴びて同点に追いつかれるも、その後は立て直しました。こちらは4月2日のDeNA戦の先発マウンドを託される方針です。

猛虎打線は3回に近本君が適時三塁打を放ち先制。同点となった7回に
は、ミエセス君が相手左翼のグラブをはじくラッキーな適時打を放って
勝ち越し。近本君の適時打で追加点。8回にも相手ミスが絡み、得点に成功。チームは3月初勝利。対外試合勝利は、春季キャンプ期間中の2月
20日韓国サムスン戦以来ですから、待たせるものですね〜。
15日からはバンテリンドーム→ペイペイドーム→京セラドーム大阪と屋
内球場でのゲーム。開幕までの最終調整に入る前に、猛虎がやっと1勝をつかみました。
アナフレ目線
2月オープン戦★★★3月★★★★★★☆
猛虎がオープン戦開幕から10試合目で今季初勝利。10日巨人戦で球
団ワースト記録の9連敗を喫したが、10戦全敗は阻止しました。
オープン戦は勝ち負けよりも内容ですね!
招致次戦の15日中日戦からサインや戦術を入れて、開幕へ本番モードに入ります。
今季初の決勝打は、無邪気な助っ人ミエセス君。同点に追いつかれた直
後の7回無死二塁で直球を強振。ZOZOマリンの強風に乗った打球は伸び
に伸びてフェンス際へ。キャッチを試みた左翼手のグラブからこぼれ、ラッキーな勝ち越し適時二塁打。助っ人がオープン戦から結果を出すことは意いいことでしょう。
本番モードに入るのはこれからです。次戦の15日中日戦から、初めてシーズン仕様のサインを使う予定。ここから開幕まですべてドーム球場ゲームで、雨天中止などで調整に悩むこともない。開幕モードへ一直線だ猛虎ナイン!

2月オープン戦★★★3月★★★★★★☆



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:猛虎ナイン



撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2022年5月20日


場所: 阪神甲子園球場

虎!雨天中止

2024.03.13 Wednesday



■2024/03/12試合結果

<オープン戦:ロッテ−阪神>◇12日◇ZOZOマリン

雨天中止
───────────────
“隠れ雨男”


午後1時開始予定の試合は早々に中止が決まったこの日。朝から雨が降り、午後には強まる予報になっていました。

前日11日に千葉入りしている猛虎には歓迎されない雨。投手のやりくり
が難しくなるのでしょう。この日は、村上君が先発、門別君も複数イニン
グを投げる予定でした。
村上君は13日のロッテ戦にスライド登板の見込み。門別君は開幕当初の
ローテーションに入らないため、別の登板機会を探ることになります。
ただし門別君は2日の日本ハム戦が最後の登板で、間隔が空きすぎる懸念
もあります。
13日に登板予定だった西勇君は2日後の中日戦または2軍戦に回り、伊藤将君はそのまま13日に投げるとみられます。
連覇への道はスタートから茨の道なのでしょう。がんばれ猛虎ナイン!




参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:タイガースガールズ


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2021年6月29日


場所: 阪神甲子園球場

猛虎かく勝てり2655

2024.03.12 Tuesday


“開幕一軍急浮上“

ドラフト5位石黒君が開幕1軍入りに急浮上となりました。
先日の巨人戦6回にオープン戦初登板。超満員の甲子園デビュー戦を危
なげない投球で3者凡退に締めくくった事が評価されました。
2死から鋭く落ちる135キロフォークで空振り三振。1回計10球を投じ、最速は150キロを計測。
連敗の話題が先走る猛虎にとって明るい話題ですね。これで開幕ブルペンに滑り込む可能性が出てきました。



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:ラッキー



撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2020年10月18日


場所:阪神甲子園球場


虎!オープン戦9敗

2024.03.11 Monday


■2024/03/10試合結果 ◇開始13時01分◇甲子園

巨 | 0 0 0 2 0 0 1 2 0 | 5
神 | 0 0 0 0 0 0 2 2 0 | 4

【巨人】 ○高橋礼(1勝0敗) 馬場 船迫 菊地 京本 松井 S堀田(1セーブ)
【阪神】 岡留 岩崎 ●石井(0勝2敗) 石黒 津田 浜地 漆原
──────
“球団ワースト9連敗“


シーズン前の甲子園最終戦で敗れ、オープン戦開幕から9連敗となった猛虎。レギュラーシーズンでもなかなか見られない連敗ですね。
オープン戦での9連敗は、65年以降で球団ワーストとなりました。

先発投手の調整の兼ね合いもあり、この日の猛虎はブルペンデー。先発
は岡留君です。先頭打者に中前打を許すも、147キロ直球で二直に仕留め、飛び出していたランナーも刺して併殺を奪います。2回は4番、5番の主
軸も危なげなく抑えて2回1安打無失点。今春キャンプの投手MVPが、
この日もしっかりアピールしました。
2番手で3回に登板した守護神候補の岩崎君も1回1安打無失点に抑えたが、4回に登板した石井君が連打を浴び2死二、三塁から2点先制の右前
適時打を献上。
猛虎打線も5回に2死満塁、6回に2死一、二塁と好機をつくるも後続が
倒れて無得点。7回1死一、二塁から敵失と大山君の適時打で1点差とす
るも、その直後の8回にマウンドに上がった浜地君が先頭に四球。2死一
塁から、佐藤輝君の失策と適時打で再び2点を失った。その直後に植田君の適時打から再び1点差に詰め寄ったが、追いつくことはできませんでした。
この日はオープン戦では実数発表となった05年以降で初の4万人超えとなる4万1129人が来場。大勢のファンが駆けつけたが今季初白星はならず。


アナフレ目線
2月オープン戦★★★3月★★★★★★
周囲は少しザワつき始めていますが、そうは言っても猛虎の中継ぎ陣は
層が厚いと感じますと解説は鳥谷氏。前日9日ヤクルト戦では岩貞君が1イニングを3四死球で3失点。岡田監督はブルペン陣の再編成もにおわせたが、個人的にはそれほど心配する必要はないと説く。誰かが調子
を落としたら誰かがポジションを奪いにかかる。そんなハイレベルな競争原理が今のチームに根付いているからと。
ブルペンデーで先発した岡留君はひそかに注目していた投手の1人。キャンプ初日のブルペン。ベース板での直球の強さを感じたのが村上君、門別君、そして岡留君の3人。この日は2回を無失点。特に右打者の内
角への直球に強さがあり、ただストライクゾーンに投げ込むだけではなく、インコースで詰まらせるといった意図も感じられた内容。
今季は一気に勝ちパターンも任せられると期待する。
一方、ドラフト5位ルーキー石黒君のオープン戦初登板にも目を見張るモノがあった。1イニング完全投球の結果もさることながら、注目したのは打者の反応。2死から空振り三振を奪った場面。巨人選手が外角低
めに大きく外れたフォークを振らされたのには、おそらく理由がある。この日最速150キロの直球が数字以上に速く感じて、タイミングを速めに取っていたため、抜き球についバットが出てしまったのだと説く。
新入団選手紹介を終えた直後の甲子園巨人戦。石黒君、ドラフト6位津田君の登板に関してはおそらく、大観衆の雰囲気を味わわせるという岡田監督の“親心”。石黒君はこのチャンスを逃さなかった。フォームにひと癖あり、打者のタイミングをワンテンポずらせるスタイル。1軍ブル
ペン枠争いに割り込める投手がまた1人増えた形だ。
チームはこれで9連敗となったが、あくまで勝敗度外視のオープン戦に過ぎない。中継ぎ陣にしても、誰かが調子を落とせばすぐさま代役が台頭してくるだけの陣容は頼もしい。まだ開幕日は2週間以上も先。慌てる必要はないじゃないですか。
2月オープン戦★★★3月★★★★★★

画像はタイムリーを打った植田君です。

参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:植田 海内野手



撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2020年10月18日


場所: 阪神甲子園球場

虎!オープン戦8敗

2024.03.10 Sunday


■2024/03/09試合結果 ◇開始13時01分◇甲子園

ヤ | 0 1 1 0 0 0 3 0 0 | 5
神 | 0 0 0 2 0 0 0 0 0 | 2

【ヤクルト】 吉村 清水 ○石山(1勝1敗) 山本 S星(1セーブ)
【阪神】 富田 椎葉 ゲラ ●岩貞(0勝1敗) 加治屋 島本
[本塁打] 内山1号(ヤ)

──────
“勝てない虎“

阪神がオープン戦の球団ワースト記録を更新する開幕8連敗を喫した。

14年のオープン戦では初戦に引き分けてから7連敗を喫していたが、これを超えた。前年のリーグ優勝チームがオープン戦開幕8連敗は、オープン戦の記録が残る65年以降では初の珍事。この日は今春初めてアルプス席が開放され、今季最多3万162人の観衆が入ったゲーム。気温10℃を下回る寒空のもと観戦した虎党から、ため息がもれた。

先発の富田君は4回2失点。初回の立ち上がりこそ3者凡退で発進した
が、2回はソロ本塁打を浴びた。4安打3四球ながらピンチで粘り、試合をつくった。

猛虎打線は4回に前川君の適時二塁打で反撃。小幡君の犠飛で同点に追いついた。前日8日に大量失点の要因となる失策を犯していた若武者が、
汚名返上とばかりに躍動しました。

ドラフト2位の椎葉君が5回から登板し、プロ初の連投で1イニング無
失点。新助っ人のゲラ君が6回に投げ3者凡退の無失点に抑えるなど、
各投手も調整に励みました。

4番手の岩貞君が乱調。7回から登板。四球と自らの失策で無死満塁とす
ると、押し出し死球で失点。犠飛を許し適時打を浴びました。3失点でビ
ハインドを許し、反撃できなかった猛虎打線でした。

アナフレ目線
2月オープン戦★★★3月★★★★★
自慢のブルペン陣に暗雲が漂い始めたのが心配ですね。ヤクルトに敗れ、球団ワーストを更新するオープン戦開幕8連敗を喫しました。前年リー
グ優勝チームでは、記録が残る65年以降で初の屈辱。同点の7回に4番手・岩貞君が3四死球と崩れ、3失点で勝ち越しを許しました。岡田監督は9四死球と乱れた投手陣に危機感を募らせ、先発した富田君の中継ぎ配置転換を示唆。リリーフ要員を再編し、開幕へ向かう可能性が出
てきました。
椎葉君、ゲラ君、岩貞君、加治屋君、島本君を投入した中、岡田監督が褒めたのはゲラ君だけ。
指揮官が連敗記録以上に危機感を募らせた9四死球を与えた投手陣。雪がちらつく寒さも言い訳にはならないでしょう。
開幕まで約3週間。勝てない猛虎に、中継ぎ再整備の課題が突きつけられました。
2月オープン戦★★★3月★★★★★



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:タイガースガールズ



撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2022年5月20日


場所: 阪神甲子園球場

虎!オープン戦7敗

2024.03.09 Saturday


■2024/03/08試合結果
◇オープン戦◇開始13時00分◇甲子園◇観衆17073人

ヤ | 0 0 0 0 0 0 0 6 0 | 6
神 | 1 1 3 0 0 0 0 0 0 | 5
◇盗塁 岩田(8回) ◇失策 北村恵(1回) 前川(8回) 小幡(8回) 森下(8回) 小幡(8回) ◇盗塁死 前川(8回)

──────
“お目覚め猛虎打線“

まさかの逆転負けで、オープン戦開幕から7連敗を喫した猛虎。7戦7敗
は50年の2リーグ分立後では球団初。5点リードの8回に4失策から6
失点と嫌な負け方だったが、岡田監督は責めることなく余裕の笑み。開
幕まで3週間ある。どっしりと選手を見極めながら、徐々にチーム力を高めていく方針でしょう。
5点リードの8回2死一塁、右翼ファウルゾーンへの飛球を途中出場の前
川君が落球。この猛省の1失策から流れが変わりました。2死満塁から今
度は遊撃手の小幡君が二塁へ悪送球して2失点。さらに2死一、三塁で、
中堅フェンス際の飛球を森下君が落球して2人の生還を許しました。重
い時間は続き、同点適時打を許した2死一、二塁、またも小幡君がゴロを後逸してこの回6失点目。気づけば勝敗は逆転していました。
まだまだオープン戦。今は静かに選手の自戒を促すだけですね。

アナフレ目線
2月オープン戦★★★3月★★★★
日本一打線がいよいよお目覚めですね。昨季38年ぶりの日本一を達成した野手8人に7番井上君を加えた豪華メンバーが、3回までに10安打5得点と一気につながった。今春オープン戦でチーム初の2桁安打を記録。打線は6連敗中の6試合で計32安打14得点と湿り気味だったが、開幕3週間前にきて上昇気配が漂ってきています。
初回は上位打線発の「黄金パターン」で先制点を奪った猛虎。1番近本君が5球目の内角高めをとらえて左前打。2番中野君も失策で出塁し、
1死二、三塁に好機を広げる。4番大山君は131キロ直球をはじき返
し、痛烈なライナーで左前に適時打を決めました。
1点リードの2回では下位打線発の「黄金パターン」も発動。1死から8番木浪君が右前打で出塁し、1番近本君の右前適時打で追加点。下位打線から得点につなげる流れは今季も健在ですね。近本君は2打数2安打1打点と好調です。
2月オープン戦★★★3月★★★★





参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:近本 光司外野手



撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2021年6月29日


場所: 阪神甲子園球場

猛虎かく勝てり2654

2024.03.08 Friday



“必勝祈願“

球団初の連覇を目指す猛虎は7日、毎年恒例の兵庫・西宮神社で必勝祈願を行いました。

今年は岡田監督を始め、選手や球団関係者約130人が参加。ユニホーム
姿の選手たちを見に、約300人のファンも駆けつけたようです。

昨年は「アレ」と言ってきたが、今年は目標をはっきりと口にした。「連覇」昨季リーグ制覇、日本一を成し遂げ、次なる目標の連覇への思いは強いでしょう。

開幕まで約3週間。今は選手個人の調整の時間と、指揮官は泰然自若だ。徐々にチームとして仕上げていく。
開幕戦の29日巨人戦に向けて、笑顔で意気込む猛虎ナインだ!



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:猛虎ナイン



撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2020年10月18日


場所:阪神甲子園球場


虎!オープン戦6敗

2024.03.07 Thursday





■2024/03/06試合結果 ◇オープン戦◇開始13時00◇甲子園

楽 | 0 1 1 0 1 0 1 0 1 | 5
神 | 0 1 0 0 0 0 1 0 0 | 2

【楽天】 ○田中将(2勝0敗) ポンセ 桜井 鈴木翔 ターリー 則本 S松田(1セーブ)
【阪神】 ●伊藤将(0勝2敗) 岩崎 大竹 ゲラ 加治屋
[本塁打] 渡辺佳1号(楽)

──────
“6連敗スタート“

24年日本一チームの猛虎がまさかのオープン戦開幕から6戦6敗。
引き分けを挟まずのオープン戦開幕6戦全敗は18年以来、6年ぶりとなった。まあスポーツ新聞の記事が騒ぐでしょう。

先発の伊藤将君は4回を6安打3四死球で2失点とやや苦しみました。2回は三塁手・佐藤輝君の落球失策から適時打で先制点を献上。3回にも適
時打を浴びたが、4回1死満塁のピンチを無失点でしのいだ結果です。
また救援陣は岩崎君が5回に今春実戦初登板し、1イニングを2安打1失
点。1死から代打の左中間二塁打を浴びると、1死二塁から左前打を許し、
左翼の前川君がゴロをファンブルする間に失点。
一方、左肩のガングリオン除去処置で出遅れていた大竹君も今春実戦初
登板。2イニング目の7回に右越えソロを浴びましたが、2回1失点でまとめました。
猛虎打線は1点を追う2回1死二塁、6番前川君が右前打。左翼守備でミ
スはありましたが、開幕左翼スタメンにまた1歩前進。激しい外野争い
の中では8番井上君も7回に左越え適時二塁打を放つなど、2安打1打点
とアピール。
ただ、侍ジャパンに選出された中野君、森下君を欠いた猛虎打線はビハ
インドを追いつけませんでした。

アナフレ目線
2月オープン戦★★★3月★★★
猛虎の6連敗をネット裏で見た解説者の梨田氏。これが新監督だったら気にもなるだろう。楽天の拙攻もあったが、“傷口”を広げることなく、1点ごとの最少失点にとどめた猛虎を評価。戦力も把握している経験豊富な監督だから心配はいらないと解説します。
ただ、今年初の甲子園でのゲームということもあったが、ポロポロとミスが出たことを指摘。2回には佐藤輝君が飛球を捕りそこねた。
5回1死二塁の場面、左前打にチャージした前川君が後逸。うまく処理できなかったが、二塁走者が三塁で止まりかけていた。その状況判断ができればプレーも変わってくる。
同点に追いついた直後の3回、先発伊藤将君が先頭で足の速い1番打者を四球で出塁を許し、案の定二盗を決められて失点。実績のあるピッチ
ャーだけにもったいない。
一方で、明るい材料は、出遅れていた大竹君が順調をアピール。7回2死から右越え本塁打を放たれたが、開幕に向けて問題はないとみる。
ゲラ君の甲子園デビューは、改めて大きな戦力になるのを実感。キャン
プでも評判だった制球が乱れない。8回の打者4人に投じた計17球のうち15球がストライクだったことが証明。
8回1死から外から外へのスライダー、次にアウトローに配し、最後は
高めの155キロ直球で空を切らした。クイック投球と沈む球は封印していたが、現状では8回、あるいは9回を任すこともできる。

2月オープン戦★★★3月★★★

画像は生き残りをかけた井上君です



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:井上 広大内野手



撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2020年10月18日


場所: 阪神甲子園球場

虎!雨天中止

2024.03.06 Wednesday


■2024/03/05試合結果

◇オープン戦対楽天◇開始13時00分◇甲子園


雨天中止
───────────────
“恨めしの雨”

今年初の甲子園での試合が雨天中止。夜から降り続き、日中にやむ見通し
もない予報でしたからね。

チームは甲子園の室内練習場で練習を行った。先発予定は村上君でした。

投手の調整が難しくなることから、天気を心配していた岡田監督も仕方なしの表情。
試合をやりたくてしょうがない指揮官でしょう。

先発陣の登板日が再編成を余儀なくされます。6日の楽天戦に伊藤将君と大竹君、同日の2軍教育リーグ・ソフトバンク戦に西勇君と村上君の2人
ずつが登板。同じ日に開幕ローテ入りが有力な4人が投げる異例の事態となります。
先発投手陣の編成ですから、一軍と二軍を行ったり来たりするのやらですね。






参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:猛虎ナイン


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2022年5月20日


場所: 阪神甲子園球場

虎!雨天中止

2024.03.06 Wednesday


■2024/03/05試合結果

◇オープン戦対楽天◇開始13時00分◇甲子園


雨天中止
───────────────
“恨めしの雨”

今年初の甲子園での試合が雨天中止。夜から降り続き、日中にやむ見通し
もない予報でしたからね。

チームは甲子園の室内練習場で練習を行った。先発予定は村上君でした。

投手の調整が難しくなることから、天気を心配していた岡田監督も仕方なしの表情。
試合をやりたくてしょうがない指揮官でしょう。

先発陣の登板日が再編成を余儀なくされます。6日の楽天戦に伊藤将君と大竹君、同日の2軍教育リーグ・ソフトバンク戦に西勇君と村上君の2人
ずつが登板。同じ日に開幕ローテ入りが有力な4人が投げる異例の事態となります。
先発投手陣の編成ですから、一軍と二軍を行ったり来たりするのやらですね。






参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:猛虎ナイン


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2022年5月20日


場所: 阪神甲子園球場

猛虎かく勝てり2653

2024.03.05 Tuesday




“泰然自若でギアを上げろ“

リーグ連覇を目指す猛虎がオープン戦初戦から5連敗と元気がない。
3月3日の日本ハム戦では、4点リードの7回に先発ローテーション入り
を目指す及川君が崩れた。2つの四球が絡み、4本の集中打を浴びて5失
点。制球が定まらず逆転を許し、白星がするりと抜け落ちました。

23年のオープン戦は8勝9敗で12球団中8位だった猛虎。
ただ、悲観する必要はないというのが下馬評。明るい材料も出てきている。先発の才木君は4回1安打無失点。先発ローテ入りはほぼ当確。
状態が上がっていなかった森下君は「1番・右翼」でスタメン出場してマ
ルチ安打。快音が聞かれなかった4番・大山君も4回1死三塁の好機で
153キロ直球に反応して右前適時打を放つと、6回無死一塁の打席でも外
角直球を振り抜き、ワンバウンドで右中間フェンスに当たる適時三塁打
と気を吐いた。
大山君は持ち味である逆方向に伸びる打球が出てきているし、近本君、佐藤輝君もバットが振れてきて全く心配ない。前川君、ミエセス君が左
翼のレギュラー奪取に向けて猛アピールし、チーム内に良い緊張感があ
る。この時期は勝ち負けを過度に気にする必要はない。怖いのはケガだけですね。

23年のオープン戦は8勝9敗で12球団中8位。シーズンに入るとリー
グ優勝、38年ぶりの日本一に輝いた猛虎。開幕に向け、王者は泰然自若の姿勢でペースを上げていくでしょう。



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:近本 光司外野手



撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2023年04月21日


場所:バンテリンドーム


虎!オープン戦5敗

2024.03.04 Monday



日本ハム1勝0敗0分け

■2024/03/03試合結果 ◇オープン戦◇開始13時00◇札幌ドーム

神 | 0 0 0 3 0 2 0 0 0 | 5
日 | 0 0 0 0 1 0 5 0 x | 6

[勝敗]勝: 上原 健太 (1勝0敗)、敗: 及川 雅貴 (0勝1敗)
【阪神】才木 浩人、椎葉 剛、及川 雅貴-坂本 誠志郎、藤田 健斗
【日本ハム】パトリック マーフィー、アニュラス ザバラ、上原 健太-伏見 寅威、進藤 勇也


──────
“5連敗スタート“

逆転負けでオープン戦5連敗となった猛虎。

1番森下君、3番近本君と打順を入れ替えて臨んだ一戦。猛虎打線は4回。先頭の森下君が右前打。2番中野君が右翼フェンス直撃の二塁打で無死二、三塁とチャンスを作ると、3番近本君の二ゴロ間に先制。4番大山君が
オープン戦初安打となる右前適時打で2点目を追加しました。さらに6番
ミエセス君が左中間へ運び、3点目。一塁上で右手を挙げ、ピースサイン。

6回には大山君の右中間へ適時三塁打などで5−1とリードを広げます。
投げては先発の才木君が4回1安打無失点、3奪三振と好投。3回に左足
首付近に打球が直撃するアクシデントも、続投。変化球を織り交ぜて4
回までわずか41球で日本ハム打線を封じました。
しかし7回。6回から3番手で登板した及川君が一死満塁のピンチを招
き、7番打者に左2点適時打、8番打者の中前適時打を許し、1点差に迫
られると、さらに2死二、三塁で1番打者に140キロのツーシームを右
翼へ運ばれ、2点適時打で逆転を喫します。今季先発転向も視野に入れる
高卒5年目左腕が3回4安打5失点と乱れ、逆転負けに終わりました。

アナフレ目線
2月オープン戦★★3月オープン戦★★
才木君が、3月31日の巨人との開幕カード3戦目(東京ドーム)に先
発する可能性が浮上しています。日本ハムとのオープン戦に先発し、4回1安打無失点。岡田監督は逆算したらいけると、今後も日曜日に中6日での登板を重ね「3・31」に向かうことを示唆。連覇を目指す虎の
開幕ローテーションの輪郭が徐々に見えてきました。チームは逆転負け
で、19年以来5年ぶりのオープン戦開幕5連敗を喫しましたが、いよいよ開幕カードの顔ぶれが決まってシーズンインになりますね。

2月オープン戦★★3月オープン戦★★



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:猛虎ナイン



撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ崎さん☆』


撮影日:2023年11月23日


場所: 御堂筋

虎!オープン戦4敗

2024.03.03 Sunday



日本ハム1勝0敗0分け

■2024/03/02 試合結果 ◇オープン戦◇開始15時00分
◇札幌ドーム

神 | 0 0 2 0 0 0 0 0 0 | 2
日 | 0 1 0 0 1 0 0 1 x | 3

[勝敗]勝: 加藤 貴之 (1勝0敗)、S: 杉浦 稔大 (1勝0敗1S)、敗: 石井 大智 (0勝1敗)
【阪神】門別 啓人、漆原 大晟、茨木 秀俊、石井 大智-坂本 誠志郎、榮枝 裕貴
【日本ハム】ドリュー バーヘイゲン、宮西 尚生、玉井 大翔、加藤 貴之、杉浦 稔大-田宮 裕涼、清水 優心
──────
“3連敗スタート“

昨年の日本一チームがアレレ…と心配されてもしょうがない。
日本ハムに敗れ、オープン戦4連敗となった猛虎。4連敗は19年に1分
けをはさんで6連敗して以来。

1点を先制された直後の3回2死一、二塁。2番中野君がフルカウントか
らの6球目を右翼線へ運ぶ2点適時二塁打。OP戦10打席目で初安打となりました。

北海道出身の先発・門別君は4回2安打1失点、4奪三振の力投。最速
150キロの直球に変化球を織り交ぜ、1失点に抑えました。幼少期から訪
れていた思い出の地で両親らが見守る中、先発ローテーション入りへ猛
アピールでしたね。

だが、5回に2番手で登板した漆原君が日本ハムの1番打者に右翼へ同点打を浴びました。

3番手は門別君と同じ高卒2年目の茨木君。2−2の6回から登板し、2回
1安打無失点。6回には最速150キロを計測し、3人でピシャリ。7回は2
死満塁のピンチを迎えるも、右飛に抑え勝ち越しは許さなかった。門別君と茨木君の道産子コンビが、凱旋登板で地元ファンへ堂々の投球を披
露したのは収穫でしょう。

7回、4番手の石井君が2死一塁から左前に運ばれ、前進した左翼ミエセス君のエラーで勝ち越されました。

アナフレ目線
2月オープン戦★★★★
確かに4連敗だが、勝敗以上に内容が大事で賞。
猛虎守備陣が、春季キャンプからの徹底したカットプレー練習の成果を
見せつけた事が大きい。まずは2回。2死二塁で先発門別君が左前適時
打を浴びた時、左翼前川君が処理すると、カットマンの遊撃木浪君へ送
球。二塁走者の本塁生還は許したものの打者走者を一、二塁間で挟んで
アウトに仕留めました。5回2死二塁では漆原君が右前適時打をくらった。右翼森下君は力強く一塁大山君へ返球。この時も失点はしたが打者
走者を一、二塁間でタッチアウトにし、傷口を広げなかった。
岡田監督は、ホーム投げてもセーフ。バッターランナーをアウトにと基本を遂行したナインのプレーにあくまでも冷静。
監督就任直後の22年秋季キャンプから「無駄な進塁は許すな」と、外
野からの返球はカットプレーを基本としてきた。当たり前のことを当たり前に。積極性を押し出す「新庄野球」に、岡田野球の神髄で対抗した結果でしたね。
2月オープン戦★★★★



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:木浪 聖也内野手



撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2023年04月21日


場所: 阪神甲子園球場

猛虎かく勝てり2652

2024.03.02 Saturday




“これからが勝負“

本拠地甲子園で1軍全体練習を行った猛虎ナイン。その後、空路で2日
の日本ハム戦(札幌ドーム)に向け北海道に入りました。

2日の先発は門別君が予定されています。4回を投げる予定ですが、どんなピッチングをするかが楽しみです。
中継ぎでの予定は茨木君。いよいよ中継陣もこのオープン戦結果で絞り込みが始まりますね。

次のカード予定の先発には西勇君ほか6人を順に登板予定が続く。
もちろん岩崎ほかセットアッパー陣も然り。

そして全く音沙汰がない主力打者の大山君がいよいよ登場。
去年1年間4番でどっしり構えたからこそのキャンプ中の右打ち狙いの取り組みに、指揮官は全福の信頼を寄せている。
近本君、大山君ら主力打者も北海道では4打席が予定されます。

さてさて、派手さのない助っ人陣といえば、ミエセス君でしょう。
しっかり守れるかが彼の課題のようですね〜レフトは前川君とミエセス君で2試合出場させて、じっくり守備力を見極められそうです。
いざ!北海道へ。




参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:大山 悠輔内野手



撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2023年04月21日


場所:バンテリンドーム


猛虎かく勝てり2651

2024.03.01 Friday




“主力も仕上がってきた“

春季キャンプも終了してやっと主力選手の話題が聞こえてきました。

近本君が今年初めての甲子園全体練習でフリー打撃などを行い、快音を
響かせました。

2月のキャンプもしっかり手応えを感じているようです。
3月のオープン戦に向けては、自分の中で試合ごとにテーマを持って、それをできるかどうか。それをした上で、今の体に合うのかどうかを考えながらやっていくと、頭と体の整理期間に入ります。
1試合3打席をめどに立ち、開幕へギアを上げていきます。



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:近本 光司外野手



撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2020年10月18日


場所:阪神甲子園球場


Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recent Entries

Category

Archives

Search

このブログ内の記事を検索

Recent Comment

Recent TrackBack

QR Code

Other