アナフレ猛虎会

皆様こんにちは。アナフレ猛虎会 通称”頑張れ阪神タイガース☆です。
▼ 虎49勝42敗1分け
[ 26歳内 ]


■2014/7/30 試合結果

対ヤクルト 13回戦 甲子園

ヤ|200 101 000|4
神|100 400 00x|5

勝:歳内1勝1敗0S
S:呉昇桓1勝2敗25S
敗:石山1勝5敗0S
ヤクルト:石山 - 松岡 - 山中 - 江村 - 秋吉
阪神:二神 - 歳内 - 榎田 - 安藤 - 福原 - 呉昇桓

7/31の予告先発
ヤ:村中 恭兵
神:能見 篤史
──────────
“ニューヒーロー誕生”

いつも彗星のごとく突然出現するのがニューヒーローである。
そしてその彗星がお立ち台に初めて上がるシーンが増えると、チームも刷新されて活気づく!

今季初先発の二神君は初回、先頭打者を四球で出すと連打を浴びて2失点。直後の一回裏に4番ゴメス君のタイムリーで1点を返しますが、二神君は四回表にも1点を失い無死満塁のピンチを残してマウンドを降ります。
この大ピンチでマウンドに上がった男が二神君からヒーローの座を奪い取ってしまいました!歳内君が試合の流れを変える好リリーフ!
連続三振と内野ゴロで追加点を許さずあの猛燕打線の勢いを止めると、直後の四回裏に2番今成君が同点タイムリー!続く3番鳥谷君も連続タイムリーで一気に逆転に成功します!
五回以降は榎田君、安藤君、福原君、そして呉昇桓君の先輩リレーでリードを守り切った猛虎が5対4で勝利を収め連敗を3でストップしました!





アナフレ目線です
7月☆☆☆☆☆☆☆☆★☆★☆☆☆☆★☆★★★☆
6月△★★
交流戦★☆★☆★☆★★★☆★☆★★☆★★☆★☆☆★★★
5月★★☆★☆★★★★☆★☆★☆☆
4月★☆★★☆☆★★☆★☆☆☆☆☆☆★★☆☆☆☆★☆☆☆★☆☆
怖いもの知らずの投球とは良く言ったもの!まさかあそこまで抑えてくれるとはなんて失礼じゃありませんか〜和田監督様!
二神君とは対象的に、向かっていく姿勢が功を奏しました。
なかなか変則的なフォームで、ワンバウンドでも絶対に後ろにそらせなかった場面、フォークを要求し続けた若きバッテリー梅野君も良かったですね。
後を投げたベテラン中継ぎ陣もお疲れ様!これからが一番仕事が回ってきますな〜AFO:安藤・福原・呉様!
7月☆☆☆☆☆☆☆☆★☆★☆☆☆☆★☆★★★☆
6月△★★
交流戦★☆★☆★☆★★★☆★☆★★☆★★☆★☆☆★★★
5月★★☆★☆★★★★☆★☆★☆☆
4月★☆★★☆☆★★☆★☆☆☆☆☆☆★★☆☆☆☆★☆☆☆★☆☆


画像は3年目で嬉しいプロ初勝利おめでとう!歳内君でした。


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:歳内 宏明投手



アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2014年04月26日



場所:横浜スタジアム
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:59 | - | - |
▼ 虎48勝42敗1分け
[ マートン ]

■2014/7/29 試合結果

対ヤクルト 12回戦 甲子園

ヤ|020 000 002|4
神|000 000 000|0

勝:八木5勝4敗0S
敗:岩田8勝4敗0S
ヤクルト:八木 - バーネット
阪神:岩田 - 建山

7/30の予告先発
ヤ:石山 泰稚
神:二神 一人
──────────
“まだまだ早いぞ和田猛虎”

ウル虎の夏がやってきたが、主砲が夏バテでダウン!故障車も出てきてこのまま失速をするのか和田猛虎!


虎の先発は7月快進撃の立役者・顎髭岩田君です!リーグトップの破壊力を誇る燕打線を相手に、八回4安打2失点の好投で先発の役目を十分に果たしました。
しかしゴメス君を欠く猛虎打線が八木投手の前に沈黙。
八回まで散発の3安打に封じ込められると、九回表には期待の新戦力建山君が3連打で痛い2失点。そのまま0対4で敗れ、ウル虎の夏6連戦は黒星スタートになってしまいました。


アナフレ目線です
7月☆☆☆☆☆☆☆☆★☆★☆☆☆☆★☆★★★
6月△★★
交流戦★☆★☆★☆★★★☆★☆★★☆★★☆★☆☆★★★
5月★★☆★☆★★★★☆★☆★☆☆
4月★☆★★☆☆★★☆★☆☆☆☆☆☆★★☆☆☆☆★☆☆☆★☆☆
虎の4番ゴメス君が今季初のスタメン落ち。
日本の夏に驚いている。まあ初めての日本の夏だから驚いたのでしょう。
開幕から4番に座り続けてきたが、90試合でスタメン連続出場が途切れたのは少々残念ですが、万全に復帰して欲しいものです。
ここにきて梅野君も軽傷離脱。7月の連勝の勢いが失速となるのか和田監督様!
代わりに入った4番新井サンは快音聞かれず。期待のベテラン建山君も良いところが無く・・・・元気なのはマートン君だけだった猛虎打線!
カード負け越しは駄目でっせ!
7月☆☆☆☆☆☆☆☆★☆★☆☆☆☆★☆★★★
6月△★★
交流戦★☆★☆★☆★★★☆★☆★★☆★★☆★☆☆★★★
5月★★☆★☆★★★★☆★☆★☆☆
4月★☆★★☆☆★★☆★☆☆☆☆☆☆★★☆☆☆☆★☆☆☆★☆☆


画像は夏バテ知らずのマートン君です!



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:マット・マートン外野手



アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2014年05月05日



場所:明治神宮球場
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:04 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり970
[ 49今成 ]




“長打よりも適時打で”

ここにきて、先日復活の西岡君が再度離脱!そしてその彼の弟分の大和君も離脱という緊急事態の猛虎!
だが、その穴をキッチリ埋め続けているのが上本君と本日のかく勝てりの今成君の新一二番コンビである。

7カード連続の勝ち越しを逃した和田猛虎だが、新一二番コンビの活躍が際立っていました。
今成君が2試合連続で2番に入り、4打数3安打。打つだけじゃなくバントも成功させています。
一回無死二塁。赤ヘル先発福井投手の2球目の直球を三塁に転がし、走者を三塁へ進めると、続く鳥谷君の右中間を破る適時三塁打でチームは先制しました。
三回には左前打。3点を追う五回一死一塁でも中前に弾きかえし、一、三塁と好機を拡大。七回二死からも巧みなバットコントロールで中前に落とし、5月24日のソフトバンク戦以来、出場38試合ぶりの猛打賞は今季4度目です。
大和君の左脇腹痛での離脱を受けて2番を任された前夜は、二回一死二塁で三ゴロに倒れ、好機をつぶしたが、汚名を返上しました。

26歳にしてポジションは捕手、内野手、外野手と転々して、トレードも経験した今成君ですが、その野球センスが今縦縞で開花している。
トレード当時彼がここまで活躍することを誰が想像したでしょうか・・・
言い過ぎかもしれませんが、体制を崩されながらも天性のバットコントロールで右へ左へと安打を放つ姿に、小生は和製イチローと呼びたくなってしまうからでございます。



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:今成 亮太捕手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2014年04月26日


場所:横浜スタジアム
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:25 | - | - |
▼ 虎48勝40敗1分け
[ 00上本 ]



■2014/7/26 試合結果

対広島 12回戦 マツダスタジアム

神|300 000 020|5
広|112 000 12x|7

勝:中田7勝3敗0S
S:ミコライオ0勝1敗17S
敗:福原2勝4敗0S
HR:上本ツーラン6号、エルドレッド ソロ33号
阪神:岩崎 - 金田 - 榎田 - 福原
広島:大瀬良 - 中崎 - 一岡 - 中田 - ミコライオ

7/27の予告先発
神:メッセンジャー
広:福井 優也
──────────

“いい試合をされました”

ルーキー対決となったこの試合は、両投手ともにこのプロの夏を乗り切る試練が待っているようです!

マツダスタジアムでの対赤ヘル12回戦、昨日の勢いのまま今日も勝って連
勝といきたい和田猛虎は一回表の攻撃から打線が爆発、上本君がヒットで出塁し盗塁を決めると鳥谷君、ゴメス君、マートン君の三連打で一気に3点先制し試合を有利にします。虎の先発岩崎君は一回裏に1点失うと二回裏にも1失点し、中西コーチは早くも決断を下しマウンドを降りました。出直しですね〜
続く三回裏、代わった金田君もカ赤ヘル打線に連打を浴びて2失点し逆転されてしまいます。その後は金田君から榎田君のリレーで六回まで無失点に抑えていくも七回裏にエルドレッドの一発を浴びて点差は2点に広がりました。八回表には上本君が昨夜に続くツーランホームランで同点に追いつき試合を振り出しに戻しますがしかし八回裏、4番手福原君がツーランスクイズを決められ、またも突き放されます九回表の攻撃で一死満塁のチャンスを作るもあと1本が出ずそのままゲームセット。5対7で敗れこのカード一
勝一敗となりました。


アナフレ目線です
7月☆☆☆☆☆☆☆☆★☆★☆☆☆☆★☆★
6月△★★
交流戦★☆★☆★☆★★★☆★☆★★☆★★☆★☆☆★★★
5月★★☆★☆★★★★☆★☆★☆☆
4月★☆★★☆☆★★☆★☆☆☆☆☆☆★★☆☆☆☆★☆☆☆★☆☆
ルーキー岩崎君にはプロの洗礼といいますか、この夏をどう乗り切れるかがプロ野球選手としての課題かもしれません。ファームにいるたくさんの投手の中で彼を一軍に送りこむ久保ファーム投手コーチは、岩崎君に何かを感じているからでしょう。
良い試合をされました。さすが赤ヘル野球と言われるようなツーランスクイズはお見事。例えばホームランで勝ち越されるようなパターンであれば、最終回に猛虎が追いついたような試合だったことでしょう。
これが試合の流れなのかもしれません。
7月☆☆☆☆☆☆☆☆★☆★☆☆☆☆★☆★
6月△★★
交流戦★☆★☆★☆★★★☆★☆★★☆★★☆★☆☆★★★
5月★★☆★☆★★★★☆★☆★☆☆
4月★☆★★☆☆★★☆★☆☆☆☆☆☆★★☆☆☆☆★☆☆☆★☆☆


画像は連夜の同点ホームラン!絶好調の上本君です!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:上本 博紀内野手



アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2014年03月30日



場所:東京ドーム
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:41 | - | - |
▼ 虎48勝39敗1分け
[ 00上本 ]



■2014/7/25 試合結果

対広島 11回戦 マツダスタジアム

神|000 100 210|4
広|200 001 000|3

勝:榎田1勝1敗0S
S:呉昇桓1勝2敗24S
敗:河内0勝1敗0S
HR:上本ツーラン5号、田中ソロ6号
阪神:藤浪 - 榎田 - 福原 - 呉昇桓
広島:前田 - 河内 - 中田 - 永川勝

7/26の予告先発
神:岩崎 優
広:大瀬良 大地

──────────

“アウェイでの逆転勝利”

アウェイ球場で敵のエース投手から逆転勝利!価値ある1勝ですね〜

マツダスタジアムでの対赤ヘルさん11回戦、虎の先発は藤浪です。
3連勝中で期待の藤浪君でしたが初回に2点を失い先制されてしまいました。
早く追い付きたい猛虎打線は四回に一死満塁のチャンスで福留君のタイムリーで1点を返します!二回以降は無失点で踏ん張っていた藤浪君でしたが、六回にソロホームランを浴び、再び2点差に。直後の七回表にタイガースは代打隼太伊藤君のヒットから二死1塁とすると、調子を上げてきました上本君がレフトへツーランホームランを放り込み試合を振り出しに!
勢いにのれば止まらない猛虎打線は八回表に鳥谷君、マートン君のヒットで一死1・2塁のチャンスを作ると、今成君がレフト線へ決勝タイムリーツーベースヒット!最後は福原君、呉昇桓君と久々の万全リレーのパーフェクトピッチングでゲームセット!


アナフレ目線です
7月☆☆☆☆☆☆☆☆★☆★☆☆☆☆★☆
6月△★★
交流戦★☆★☆★☆★★★☆★☆★★☆★★☆★☆☆★★★
5月★★☆★☆★★★★☆★☆★☆☆
4月★☆★★☆☆★★☆★☆☆☆☆☆☆★★☆☆☆☆★☆☆☆★☆☆
先発の藤浪君に勝利はつかねども、大事なカードの初戦を白星で飾った和田猛虎!牡丹餅榎田君は嬉しい今季初白星!福原君もプロ通算500試合を達成しました!
何といいましても、アウェイ球場でセ・リーグのエースから逆転勝利をしたことが大きいじゃありませんか。交流戦では初戦を常に落としていた猛虎ですが、リーグ戦再開後カード初戦を常に勝利しているリズムが好調の要因です。
この勢いで勝ち越しを決めませう!
7月☆☆☆☆☆☆☆☆★☆★☆☆☆☆★☆
6月△★★
交流戦★☆★☆★☆★★★☆★☆★★☆★★☆★☆☆★★★
5月★★☆★☆★★★★☆★☆★☆☆
4月★☆★★☆☆★★☆★☆☆☆☆☆☆★★☆☆☆☆★☆☆☆★☆☆

画像は勝ち越しタイムリー技あり今成君です!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:今成 亮太捕手



アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2014年07月12日



場所:東京ドーム
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:58 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり969
[ 44梅野 ]


“勝ち急ぎの落とし穴”

痛恨の暴投で連勝は4で止まり、巨人戦同一カード3連勝も逃した和田猛虎。
何やら和田監督自身があのワンバウンドの1球を悔やむ姿、そしてコメントが残されている。
おやおや〜6月の交流戦ではとにかく連敗を脱することに精一杯だったのに、ましてや巨人の3タテだなんてそう容易いことでは無い事を忘れてしまっているのか・・・・
宿敵を相手に2勝1敗とカード勝ち越しであれば良し。まさか一気に3連勝で7月中に首位奪還を夢見ていたのかと呆れてしまう。
どうやら、このラッキーボーイの存在に気をよくして強気になってきたのか・・・・・
将の意気込みの熱源は、7月に先発マスクをかぶったとき2敗(13勝)しかしていない頼もしいルーキーの存在である。
だから先日のプレーでは、この梅野君にワンバウンドを止めてほしかったかとコメントを残す和田監督。
勝ち始めればハードルの高い注文を選手に託す・・・・
期待の表れだということは重々承知してはいるが、連勝に浮き浮き気分になっているのが、どうやら監督自身であるのではないかと心配してしまう・・・

25日からの広島3連戦(マツダ)で、その真価が問われるだろう。

頑張れキャッチャー梅野!

参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:梅野 隆太郎捕手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2014年03月30日


場所:東京ドーム
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:54 | - | - |
▼ 虎47勝39敗1分け
[ ゴメス ]


■2014/7/23 試合結果

対巨人 15回戦 甲子園

巨|002 000 001|3
神|200 000 000|2

勝:香月3勝0敗2S
S:マシソン4勝3敗16S
敗:能見5勝9敗0S
HR:ゴメス ツーラン17号、ロペス ソロ17号
巨人:小山 - 香月 - 山口 - マシソン
阪神:能見
─────────
“ワンプレーの敗戦”

前日は一発で勝敗が決まった伝統の一戦
この日は一つのミスで勝敗が決まりました。このカードは素晴らしい投手戦となり、見応え十分な首位攻防戦第一ラウンドといった感想でございます。


約2ヶ月ぶりの白星を狙う虎の先発能見君でございましたが、序盤に同点に追いつかれるもその後立ち直りました。
八回まで4安打2失点のナイスピッチング!
しかし2対2の同点で迎えた九回表、二死満塁の場面で痛恨のワイルドピッチ。初回に4番ゴメス君の第17号ツーランで幸先良く先制した猛虎でしたが、その後は巨人の継投策の前に追加点が奪えなかったため、2対3で敗れ連勝は4でストップしてしまいました。
3タテならずも和田猛虎は6カード連続のカード勝ち越です!


アナフレ目線です
7月☆☆☆☆☆☆☆☆★☆★☆☆☆☆★
6月△★★
交流戦★☆★☆★☆★★★☆★☆★★☆★★☆★☆☆★★★
5月★★☆★☆★★★★☆★☆★☆☆
4月★☆★★☆☆★★☆★☆☆☆☆☆☆★★☆☆☆☆★☆☆☆★☆☆
敗戦は敗戦でも密度の濃い試合でした。
わずかなミスが命取りとなります。
九回表の守備時、1死一塁から巨人鈴木選手が盗塁を企図。梅野君からのボールを捕球し、タイミングはアウトにも見えたが盗塁の成功を許した上本君。
梅野君の送球がワンバウンドになったわずかな遅れが追いタッチとなりセーフ!チームはその後追い込まれて、勝ち越し点を献上。勝敗を分けるプレーになりました。
エースが九回まで完投して負けるのは悔しいですが、エースが序盤に打ち込まれて降板する試合とは雲泥の差があります。あの低めの変化球の連投を選択した能見君と梅野君の配球は正解です。ただし捕球ができなかった・・・・
昨晩は眠れなかったことでしょうね〜梅野君頑張れ!
7月☆☆☆☆☆☆☆☆★☆★☆☆☆☆★
6月△★★
交流戦★☆★☆★☆★★★☆★☆★★☆★★☆★☆☆★★★
5月★★☆★☆★★★★☆★☆★☆☆
4月★☆★★☆☆★★☆★☆☆☆☆☆☆★★☆☆☆☆★☆☆☆★☆☆

画像は先制ホームランのゴメス君です!



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:マロウ・ゴメス内野手



アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2014年07月12日



場所:東京ドーム
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:56 | - | - |
▼ 虎47勝38敗1分け
[ 8福留 ]


■2014/7/22 試合結果

対巨人 14回戦 甲子園

巨|100 000 001 000|2
神|000 002 000 001x|3

勝:金田3勝0敗0S
敗:マシソン4勝3敗15S
HR:福留ソロ3号、亀井ソロ5号、高橋由ソロ3号
巨人:杉内 - 西村 - 山口 - マシソン
阪神:メッセンジャー - 福原 - 呉昇桓 - 安藤 - 榎田 - 金田

7/23の予告先発
巨:小山 雄輝
神:能見 篤史
──────────

“やはり何かを持っている男”

やっぱり決めてくれた。そんな予感がしましたね〜十二回裏の最後の打者は、
ここ一番で何かをやってくれる男が打席に立ちました。
伝統の一戦はバッターデーで劇的な幕切れとなりました。

甲子園での対巨人14回戦。現在3連勝中でこのまま連勝街道を突き進みたい虎の先発はメッセンジャー君です。一回表に2死から亀井選手に一発を浴び
て1点先制されました。
すぐに追いつたい猛虎打線は前回東京ドームで敗れた巨人先発杉内投手の前に五回までをほぼ完璧に抑えこまれ、劣勢が続きます。
対するメッセンジャー君も二回以降ヒットは許すもピンチらしいピンチもなく六回までを1失点の素晴らしい内容で息詰る投手戦となりました。
しかし六回裏、この日のキーワードとなった“ツーアウト”からメッセンジャー君自らレフトヒットで出塁すると、続く上本君がレフト線ツーベース、更に代打良太新井君がライト前に2点タイムリーで一気に逆転し勝ちを引き寄せ
ました。
メッセンジャー君は七回も無失点で抑えると八回を福原君が無失点。九回呉昇桓君の盤石リレーも“ツーアウト”から代打高橋由選手の痛い一発を浴びて土壇場に追い付かれ延長戦へ!
両チーム共にチャンスを作りながらもあと1本が出ないまま迎えた十二回裏、“ツーアウト”から福留君がライトポール直撃の第3号ソロホームランでサヨナラ!3対2で総力戦をタイガースが見事に勝ちきり4連勝です!


アナフレ目線です
7月☆☆☆☆☆☆☆☆★☆★☆☆☆☆
6月△★★
交流戦★☆★☆★☆★★★☆★☆★★☆★★☆★☆☆★★★
5月★★☆★☆★★★★☆★☆★☆☆
4月★☆★★☆☆★★☆★☆☆☆☆☆☆★★☆☆☆☆★☆☆☆★☆☆
普段はまったくの絶不調であっても、ここ一番の大事な場面で結果を出せる。
今日は両チームのベテランの何かをもっている不思議な無形な能力というものに魅せられた試合となりました。
確かに杉内投手からヒットを打って激走のメッセンジャー君は臨時ボーナスものの活躍です!しかし敵ながら呉昇桓君から土壇場で同点ホームランを打った高橋由選手と我らがドメさん福留君の二人には、ここ一番の大切な場面で
最高の力を出せる天才とも言うべき無形の力を感じてなりません。
この無形の差というものが、もう一つ伸び悩む若虎に足りないものでしょう。
ヒーインでも太々しさをまったく感じさせない福留君は、真面目な性格なのでしょう。これからも優勝を左右するような大事な場面では力を十二分に発揮してくれる予感すら感じてなりません。
7月☆☆☆☆☆☆☆☆★☆★☆☆☆☆
6月△★★
交流戦★☆★☆★☆★★★☆★☆★★☆★★☆★☆☆★★★
5月★★☆★☆★★★★☆★☆★☆☆
4月★☆★★☆☆★★☆★☆☆☆☆☆☆★★☆☆☆☆★☆☆☆★☆☆

画像はもちろん福留君です。



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:福留 孝介外野手



アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2014年05月05日



場所:明治神宮球場
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:08 | - | - |
▼ 虎46勝38敗1分け
[ 44梅野 ]


■2014/7/21 試合結果

対巨人 13回戦 甲子園

巨|000 000 000|0
神|020 000 01x|3

勝:岩田8勝3敗0S
S:呉昇桓1勝2敗23S
敗:澤村1勝2敗0S
巨人:澤村
阪神:岩田 - 呉昇桓

7/22の予告先発
巨:杉内 俊哉
神:メッセンジャー

──────────
“後半戦最高のスタート”


今年は気のせいか球宴休みが短く感じたのは小生だけでしょうか・・・・?
何故なら、猛虎の勢いを感じる7月に入ってからの躍進だからでしょう。
そして今夜も宿敵を完封リレー!最高のスタートです。


甲子園での対巨人13回戦、虎の先発は顎髭岩田君です!
試合が動いたのは二回、ヒット2本と四球で無死満塁のチャンスを作ると、ラッキーボーイ梅野君が三遊間を破る2点タイムリーヒット!頼れる女房役が岩田君に先制点をプレゼントしました!
その後は両チーム先発が踏ん張り試合は膠着状態に。岩田君がピンチを招くも八回無失点の好投で踏ん張ると、八回裏にその岩田君の代打西岡君が右中間を破るツーベースでチャンスを作ると、一死3塁から相手のバッテリーエラーで待望の追加点が入りダメ押し。九回表は守護神の呉昇桓君がヒットを許すもなんとか逃げ切り、呉昇桓君は今日のセーブで日韓通算300Sを達成しました!3連戦の大事な初戦を取ったタイガース

アナフレ目線です
7月☆☆☆☆☆☆☆☆★☆★☆☆☆
6月△★★
交流戦★☆★☆★☆★★★☆★☆★★☆★★☆★☆☆★★★
5月★★☆★☆★★★★☆★☆★☆☆
4月★☆★★☆☆★★☆★☆☆☆☆☆☆★★☆☆☆☆★☆☆☆★☆☆

顎髭岩田君が八回5安打7奪三振で無失点に抑え、チームトップタイの8勝目!これで4連勝と今の猛虎で一番安定感があります。この7月の快進撃の立役者です。最大のピンチは2−0の五回でしたが、二死二塁から坂本選手に安打を浴び、一、三塁と窮地を背負いました。続く片岡選手を2球目変化球で右飛に打ち取り、ゼロで切り抜けると、その後許したのは亀井選手の1安打のみ。巨人打線をねじ伏せ、九回にマウンドに上がった守護神・呉昇桓君も本塁を踏ませず3−0の完封勝利!
これで巨人に2.5差に迫ってきた和田猛虎!兎の尻尾がしっかり見えてきました。
7月☆☆☆☆☆☆☆☆★☆★☆☆☆
6月△★★
交流戦★☆★☆★☆★★★☆★☆★★☆★★☆★☆☆★★★
5月★★☆★☆★★★★☆★☆★☆☆
4月★☆★★☆☆★★☆★☆☆☆☆☆☆★★☆☆☆☆★☆☆☆★☆☆

画像は顎髭岩田君とのバッテリーで4連勝と陰の立役者である梅野君です。



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:梅野 隆太郎捕手


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2014年07月12日



場所:東京ドーム
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:50 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり968
[ 監督・コーチ ]





“梅雨明け宣言の重み”

どうやら球宴で他のチームの主力選手を見て手応えをかんじたのでしょうか・・・・

和田監督が早くも梅雨明け宣言をしました。
球宴第2戦から一夜明けた甲子園で全体練習をした猛虎。

21日からの巨人3連戦へ向けて、球宴に出場した鳥谷君とマートン君をのぞくメンバーが、フリー打撃などで汗を流しました。
借金2で突入した7月に11勝2敗と勢いづき、首位巨人と3・5ゲーム差の2位で後半戦へ入る和田猛虎。
いっときの一番悪い時期を脱したと思うとのコメントを残し、自ら梅雨明け宣言をしたそうな。
よろしいじゃないですか!約束ですよ〜昨年は体力不足で一年間闘えなかったと言い訳をしたコメントを我ら虎党は忘れません。
青空から雷雨、そして虹が架かった甲子園で意気込んだそうな和田監督。

後半戦の巨人戦でどのような戦いを魅せてくれるかが楽しみです!

 

参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:和田 豊監督



撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2014年07月12日


場所:東京ドーム
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:06 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり967
[ マートン ]






“新時代の選手”

聖地甲子園球場の球宴という最高の舞台で、歴史をかえる大事件がおきました。
凄いの一言!160キロ代を投げる投手時代が到来したのです。
 
そしてその怪物に挑んだのが、我らが猛虎の鳥谷君です
この伝説の対決を制した?のかな〜「1番遊撃」で先発出場。日本ハムの剛腕大谷投手と対戦しました。

初回、先頭で打席に立つと、初球の外角直球がいきなり球宴最速タイの161キロで、見逃しのストライク。2球目は外角高めへの速球。球宴最速で日本最速タイ162キロをファウルするのが精いっぱいだった鳥谷君ですが、思わず苦笑いも浮かべた直後の2ストライクからの4球目、160キロの速球を的確にミートすると、遊撃を強襲し、左前にはじき返しました。
打った鳥谷君も素晴らしかったですが、やはり何と言っても162キロの直球でございます。
発展途上の段階ですから、もっと成長して早い球を投げるのではないかと言われています。

そして同じく先発で投げた我らが藤浪君も手痛い一発を浴びましたが、これからのプロ野球界を盛り上げる二人にたっぷり酔いしれた甲子園のお客様!入場料は安かったですね〜!

画像はその大谷投手からタイムリーを打ちました〜全セ・の4番番打者マートン君でございました。

参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:マット・マートン外野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2014年07月12日


場所:東京ドーム
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:34 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり966
[ 01鳥谷 ]





“中村GMにもの申す”

マツダオールスターゲームがはじまりました。猛虎からの出場選手が少ないのが寂しい限りですが、キャプテン鳥谷君が1点リードの三回二死一、二塁で中前適時打を放つなど球宴初打点&2安打の活躍を魅せてくれました。

さて、虎の場外人事です。
中村勝広GMが来季も続投する方向であることがわかりました。
そして今季の補強期限7月31日が迫り、8月からは来季へ向けた戦力分析と補強への動きが本格化する予定です。
GMの契約は1年ごとの更新で、球団は2015年のチーム編成も任せる方針を固めた模様。

 球団首脳としては、チーム強化のためには最低3年はかかるという方針を示し、来季も続投が決定したそうです。
中村GMは2012年9月5日に就任。5位に終わった和田阪神の建て直しへ動き、昨季は4番候補で獲得したコンラッドが打点ゼロで帰国するなど手腕に疑問符もありましたが、その今季は新加入ゴメス君が開幕からセ・リーグで唯一4番を守り、打率・292、16本塁打、71打点と活躍。新守護神の呉昇桓君もリーグトップの22セーブ、防御率2・00。4番と抑えという弱点は埋め、チームも45勝38敗1分け、貯金7の2位で前半戦を終えています。
しかしながら、我ら虎党たくさんの課題を見逃しません。
開幕前から投手陣の弱さを危惧されながら、先発陣はいまだ駒不足。中継ぎも高齢化で不安が多く、現場からの補強の要望で6月末に建山君を獲得しましたが、まだ1軍への見通しは立っていません。
吉見君だって補強しているじゃないですか〜しかし未だ一軍への実績は無し。つまり外国人補強はできましたが、日本人の補強がままなりません。
7月に入ってから好調の猛虎を左団扇で観戦している場合ではありませんぞ〜中村GM様!優勝、そして日本一になってこそ陰のGMの功績というものが評価されるのでは!
思った以上のドラフトの新人達が頑張っていることも忘れずに!

画像はファン投票&選手間投票で選出の虎の主将!鳥谷君です。
 

参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:鳥谷 敬内野手



撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2014年07月12日


場所:東京ドーム

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:42 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり965
[ 00上本 ]




“2位ターンのMVP”

長崎ではフレッシュオールスターが行われたようですが、ドラフトそしてキャンプにて注目を集めた岩貞君や山本君が登板した模様です。
しかし今年の新人で一軍で活躍しているのは梅野君、そしてここまで先発ローテで踏ん張っているのが岩崎君ですね〜
昨年の藤浪君ほどの注目度はなかっただけに、この二人がシーズンを通じて公式戦で活躍したら敢闘賞ものでございます。

さて、先日の竜さんとの試合で0−0で迎えた六回1死二、三塁の場面、竜のエース吉見投手に対してベンチが出したサインは1ボールからの2球目にスクイズ。
しかしそれを見抜いた竜バッテリーも見事でしたが、外角へ外されたスライダーに飛びついてファウルで逃れた男が上本君でした。
さらにカウント2−2からフォークに食らいついて左前へ運び、決勝点を奪う活躍に和田監督も大絶賛!
前半戦の総括でも上本君をポイントに挙げています。
西岡君の長期離脱は想定外だっただけに、その中での上本君が想像以上の数字を残していることです。
1番打者として打率2割9分6厘、10盗塁、出塁率3割8分9厘と文句なし。チームのピンチをチャンスに変えた選手会長こそ前半戦のMVPといえるでしょう。

5カード連続の勝ち越し。前半戦最後のヤマ場だった9連戦を6勝2敗で走り抜き、2年連続の2位ターンとなった和田猛虎!
昨年も前半戦はこれくらいの成績で、8月後半から9月で大失速しました。ここからが勝負ですね。昨年の悔しさを胸に、後半戦に勝負をかけませう!



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:上本 博紀内野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2014年03月30日


場所:東京ドーム
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:48 | - | - |
▼ 虎45勝38敗1分け
[ 54メッセンジャー ]


■2014/7/16 試合結果

対中日 15回戦 ナゴヤドーム

神|000 002 000|2
中|000 000 000|0

勝:メッセンジャー8勝7敗0S
S:呉昇桓1勝2敗22S
敗:吉見0勝1敗0S
阪神:メッセンジャー - 呉昇桓
中日:吉見 - 又吉 - 浅尾
──────────

“このチーム状態を持続せよ”

ナゴヤで最高の形の勝利!このいいチーム状態を後半戦も維持できれば逆転優勝も夢ではなくなります。


リーグ奪三振王をひた走る虎の先発メッセンジャー君は、いきなり初回から満塁のピンチを迎えました。しかし難無く切り抜けると二回以降は立ち直り、前半五回で早くも10奪三振の快投を見せました。
猛虎打線は序盤こそ今季初対戦となるドラゴンズ吉見投手に苦しみますが、六回表に上本君のタイムリーと大和君の併殺崩れで2点を先制!この2点をメッセンジャー君、そして呉昇桓君のリレーで守り切って2対0!これで和田猛虎は5カード連続の勝ち越しを決めました!
メッセンジャー君は八回3安打13奪三振で8勝目、九回を連続三振含む3人斬りの呉昇桓君は22セーブ目を挙げ、前半戦を45勝38敗1分けの2位で終えた猛虎!このままの勢いで後半戦の首位ジャイアンツとの直接対決からも突っ走りたいところでございます!



アナフレ目線です
7月☆☆☆☆☆☆☆☆★☆★☆☆
6月△★★
交流戦★☆★☆★☆★★★☆★☆★★☆★★☆★☆☆★★★
5月★★☆★☆★★★★☆★☆★☆☆
4月★☆★★☆☆★★☆★☆☆☆☆☆☆★★☆☆☆☆★☆☆☆★☆☆
三回まで吉見投手にパーフェクトに抑えられた猛虎打線。
対するメッセンジャー君は走者を背負うも無失点の立ち上がり。
素晴らしい投手戦となりました。
均衡を破ったのは猛虎打線です。六回に上本君の適時打で1点を先制すると、併殺崩れの間にもう1点を追加。2点リードとなった終盤に入っても両チーム投手陣が譲らず、伝統の竜虎対決となりましたネ!
メッセンジャー君は八回13奪三振無失点で8勝目。少ない好機を生かした猛虎が連勝!6月が最もチーム状態が悪かった猛虎!この勢いがこのまま続くのか?またある時期より谷間となり今のナインの調子が落ちる時期を想定して、チームの状態を維持できるような選手起用を構想せねば〜和田監督様。
球宴休みもゆっくり休養している場合じゃないでございますよ〜
7月☆☆☆☆☆☆☆☆★☆★☆☆
6月△★★
交流戦★☆★☆★☆★★★☆★☆★★☆★★☆★☆☆★★★
5月★★☆★☆★★★★☆★☆★☆☆
4月★☆★★☆☆★★☆★☆☆☆☆☆☆★★☆☆☆☆★☆☆☆★☆☆

画像は奪三振王にひた走るメッセンジャー君でした!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:ランディーメッセンジャー投手


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2014年03月30日



場所:東京ドーム
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:06 | - | - |
▼ 虎44勝38敗1分け
[ 19藤浪 ]


■2014/7/15 試合結果

対中日 14回戦 ナゴヤドーム

神|300 002 300|8
中|000 000 100|1

勝:藤浪7勝4敗0S
敗:雄太3勝4敗0S
HR:鳥谷スリーラン6号
阪神:藤浪
中日:雄太 - 伊藤 - 岡田 - 田島

7/16の予告先発
神:メッセンジャー
中:吉見 一起
──────────
“ひと味違った一勝”

こんな勝利のパターンがなかなか実現できませんでした。藤浪君の完投!鳥谷君のナゴヤでの一発!そして新井兄弟のタイムリー!


猛虎打線は初回、先頭の上本君のヒットと大和君の四球でいきなり竜先発の
雄太投手の立ち上がりを攻め、続く鳥谷君が右中間スタンドへ第6号先制スリーランを叩き込み、虎の先発藤浪君にいきなりの援護点を与えます!
その藤浪君は初回から全力ピッチ、3者連続三振で最高のスタート。
猛虎打線はさらに六回、2アウトからチャンスを作ると新井兄弟の連続タイムリーで2点を追加!新井サンは七回にも今日3本目となるヒットで8点目をもぎ取ります。終盤に大量点をもらった藤浪君は鬼門の100球台に入っても力投
を見せ、最後の打者を空振り三振に仕留めて見事プロ初完投を記録!
143球13奪三振の熱投に打線も奮起し8対1で勝利しました!




アナフレ目線です
7月☆☆☆☆☆☆☆☆★☆★☆
6月△★★
交流戦★☆★☆★☆★★★☆★☆★★☆★★☆★☆☆★★★
5月★★☆★☆★★★★☆★☆★☆☆
4月★☆★★☆☆★★☆★☆☆☆☆☆☆★★☆☆☆☆★☆☆☆★☆☆
こんな勝利が何故今までできなかったのか・・・・
鳥谷君の6号3ランは、ナゴヤドームでは本当に久しぶりの一発です。
そして新井サンと良太新井君の連続タイムリー。
藤浪君が無失点投球を続け、5点リードで終盤に入っても猛虎打線の勢いは止まらず七回にも3点を追加。
援護にも恵まれた藤浪君は、13奪三振でプロ初完投の7勝目をあげました。
なんだか今まで何度も見たような光景は勘違い。後一人!あと一球コールを初めて背中に浴びた藤浪君!次回は関東で完封といきませう!
7月☆☆☆☆☆☆☆☆★☆★☆
6月△★★
交流戦★☆★☆★☆★★★☆★☆★★☆★★☆★☆☆★★★
5月★★☆★☆★★★★☆★☆★☆☆
4月★☆★★☆☆★★☆★☆☆☆☆☆☆★★☆☆☆☆★☆☆☆★☆☆

画像はプロに入って39試合目で完投勝利!藤浪君でした。


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:藤浪 晋太郎投手


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2014年03月20日



場所:東京ドーム
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:02 | - | - |
▼ 虎43勝38敗1分け
[ 00上本 ]


■2014/7/14 試合結果

対中日 13回戦 ナゴヤドーム

神|200 000 101|4
中|050 000 03x|8

勝:朝倉4勝4敗0S
S:岩瀬0勝2敗16S
敗:岩崎3勝4敗0S
HR:上本ソロ4号、藤井スリーラン1号
阪神:岩崎 - 金田 - 二神 - 榎田
中日:朝倉 - 田島 - 岡田 - 又吉 - 福谷 - 浅尾 - 岩瀬

7/15の予告先発
神:藤浪 晋太郎
中:雄太

─────────

“冷静さも経験か”


アクシデントがあった場合、ゆっくり時間をかけて、相手打者を待たせることも作戦の一つですぞ〜和田監督様!

虎のリードオフマン・上本君の先頭打者ホームランで華々しく幕を開けた竜さんとの13回戦!さらに3番鳥谷君にもタイムリーが出て、幸先良く2点を先制した猛虎!しかし二回裏、先発の岩崎君が無死1塁から森野選手の打球を足元に受け一旦ベンチに下がりました。
ここから投球内容が急変!その後ピンチを広げ藤井選手に痛恨の逆転スリーランを浴びてしまいました。結局二回途中で降板し5失点と悔しい前半戦最終先発に鳴った岩崎君。出直しです。
試合はリリーフの金田君、そしてお久の二神君が三回以降踏ん張り、七回表には梅野君の犠牲フライで1点を返します。
しかし八回裏に4番手榎田君が3点を追加され万事休す。
九回表に代打新井サンのタイムリーで最後まで意地を見せますが、4対8で敗れ初戦を落としてしまいました。


アナフレ目線です
7月☆☆☆☆☆☆☆☆★☆★
6月△★★
交流戦★☆★☆★☆★★★☆★☆★★☆★★☆★☆☆★★★
5月★★☆★☆★★★★☆★☆★☆☆
4月★☆★★☆☆★★☆★☆☆☆☆☆☆★★☆☆☆☆★☆☆☆★☆☆
虎の先発岩崎君が自己最短の二回途中5失点で4敗目を喫しました。
二回無死一塁から、打球が右足ふくらはぎを直撃。治療のため1度ベンチへ下がり、再びマウンドに立ちましたが、投球が一変。直後に逆転3ランを許し、その後も制球が定まることがありません。少々ハードラックな展開となりました。ここはナゴヤドームか〜アウェイ球場であるからこそ、じっくり時間をかけて治療をして、マインドコントロールをしっかりさせてあげることが大切だったのでは・・・・岩崎君にとっては貴重な体験となりました。
先日の東京ドームで解説の金本様がしみじみ言っていました。この東京ドームも決してアウェイ感はまったくありません。これだけ応援していただいている。唯一アウェイ感があるのはナゴヤドームですと・・・・
試合後、和田監督はため息をついた。引き分けをはさんでの5連敗。5勝7敗1分け。唯一負け越している相手が竜さんとの負の連鎖。
考えられない審判の判定!
このアウェイ感を払拭するためには、まずはベンチの首脳陣みずからがしたたかな采配を奮っていくしかありませんね!
7月☆☆☆☆☆☆☆☆★☆★
6月△★★
交流戦★☆★☆★☆★★★☆★☆★★☆★★☆★☆☆★★★
5月★★☆★☆★★★★☆★☆★☆☆
4月★☆★★☆☆★★☆★☆☆☆☆☆☆★★☆☆☆☆★☆☆☆★☆☆

画像は先頭打者ホームランの上本君です。この独特なフォームは今成君に真似られますね〜!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:上本 博紀内野手


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2014年07月12日



場所:東京ドーム
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:03 | - | - |
▼ 虎43勝37敗1分け
[ 関本 ]


■2014/7/13 試合結果

対巨人 12回戦 東京ドーム

神|000 100 401|6
巨|020 100 100|4

勝:岩田7勝3敗0S
S:呉昇桓1勝2敗21S
敗:澤村1勝1敗0S
HR:関本満塁1号、ロペス ソロ16号、アンダーソン ソロ9号
阪神:岩田 - 加藤 - 安藤 - 福原 - 呉昇桓
巨人:澤村 - 西村 - 香月 - 青木

7/14の予告先発
神:岩崎 優
中:朝倉 健太

────────

“ブラボー関本デー”

東京ドームは本当に名場面がおきます!このカードもしかり、前回の開幕カードもしかり、この日の東京ドームのチケットは安かった!


1勝1敗で迎えた3戦目、宿敵巨人をベテランの一発で見事沈めました!
虎の先発ガンちゃん岩田君は二回、ソロアーチと味方のまずい守備もあり、2
点を失い巨人に主導権を渡します。
四回にもソロホームランを喫し、決して本調子とはいえない投球内容でした。反撃に転じたい猛虎ですが、巨人先発澤村投手の前に打線は沈黙。それでも重苦しい球場の雰囲気を変えたのはベテランのバットからでしたね〜。
七回、下位打線からの攻撃で2アウト満塁のチャンスを作ると代打の神様関本君が値千金の第1号逆転満塁ホームランを放ち一気に試合をひっくり返します!九回にも追加点となるタイムリーが飛び出し関本様は本日5打点の大活躍!最後は呉昇桓君が3人斬りでスコアは6対4、劇的な試合を締めました。



アナフレ目線です
7月☆☆☆☆☆☆☆☆★☆
6月△★★
交流戦★☆★☆★☆★★★☆★☆★★☆★★☆★☆☆★★★
5月★★☆★☆★★★★☆★☆★☆☆
4月★☆★★☆☆★★☆★☆☆☆☆☆☆★★☆☆☆☆★☆☆☆★☆☆
連勝は止まったが、猛虎の勢いはまだ止まらない
ゴメス君の守備の乱れは先日の自打球で体重がかけられないのでしょう。
中4日での投入だったガンちゃん岩田君ですが、味方が最高の援護をしてくれました。
今季1号となる起死回生の神様一撃に、左翼スタンドもお祭り騒ぎに!
九回にはダメ押しタイムリーというまさに関本デーでございます。
身震い、武者震い、何が何でもやってやる〜久しぶりの必死のパッチも飛び出した18年目のベテランも興奮気味でございました!
4カード連続勝ち越しの和田猛虎!この流れを止めずに突っ走れ!
7月☆☆☆☆☆☆☆☆★☆
6月△★★
交流戦★☆★☆★☆★★★☆★☆★★☆★★☆★☆☆★★★
5月★★☆★☆★★★★☆★☆★☆☆
4月★☆★★☆☆★★☆★☆☆☆☆☆☆★★☆☆☆☆★☆☆☆★☆☆

画像はもちろん関本デーとなりました代打の神様でございます。


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:関本 賢太郎内野手


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2014年07月12日



場所:東京ドーム
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:56 | - | - |
▼ 虎42勝37敗1分け
[ 金田 ]


■2014/7/12 試合結果

対巨人 11回戦 東京ドーム

神|000 000 000|0
巨|100 001 03x|5

勝:杉内7勝3敗0S
敗:能見5勝8敗0S
HR:亀井ツーラン4号
阪神:能見 - 金田 - 榎田 - 鶴
巨人:杉内

7/13の予告先発
神:岩田 稔
巨:澤村 拓一
──────────

“良い試合だったけれども”

3月30日以来の東京ドーム生観戦に行ってまいりました。
そして伝統の一戦にふさわしい素晴らしい試合だったと思います。小生のわだかまりさえ無ければですが・・・・・


昨日まで4試合連続2ケタ安打と好調の猛虎打線でしたが、元祖虎キラー杉
内投手の前にわずか2安打と沈黙。0対5で敗れ、連勝は8でストップしてしまいました。13日ぶりの登板となった虎の先発能見君は、復帰登板を白星で飾ることが出来なかったものの六回92球2失点、次に繋がるピッチングを見せてくれました!
連勝こそストップしたものの、カード勝ち越しをしようではありませんか!





アナフレ目線です
7月☆☆☆☆☆☆☆☆★
6月△★★
交流戦★☆★☆★☆★★★☆★☆★★☆★★☆★☆☆★★★
5月★★☆★☆★★★★☆★☆★☆☆
4月★☆★★☆☆★★☆★☆☆☆☆☆☆★★☆☆☆☆★☆☆☆★☆☆
久しぶりの生観戦でしたが、素晴らしい伝統の一戦でした。わだかまりさえなければ・・・・
能見君は初回こそ不安定でしたが、その後は立ち直ります。一方のキラー杉内投手も立ち上がりを責めきれなかったのがその後の展開に影響します。
能見君は立ち直りましたが、考えてみますと三振がまったく取れなかったということは、この日は投球術で巨人打線を翻弄。両チームともに凡フライや内野ゴロが多く、見応えのある守りの野球は一度も小生席を立つ事ができませんでしたからね〜
しかし7回以降の中継ぎ陣が踏ん張りきれず!ましてや二安打に抑えられてしまえば脱帽の猛虎打線。この日はまさに杉内デーでございました。
わだかまりとは・・・・何度もいいますが中継ぎとして補強をした投手を未だに温存している猛虎・・・・何かあったのでしょうかね〜
7月☆☆☆☆☆☆☆☆★
6月△★★
交流戦★☆★☆★☆★★★☆★☆★★☆★★☆★☆☆★★★
5月★★☆★☆★★★★☆★☆★☆☆
4月★☆★★☆☆★★☆★☆☆☆☆☆☆★★☆☆☆☆★☆☆☆★☆☆


画像は台風で初先発のチャンスを逃した金田君です。
能見君の後をしっかり抑えましたが、イニングまたいで先頭打者を四球がまずかった・・・・次回も頑張れ!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:金田 和之投手


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2014年07月12日



場所:東京ドーム
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:50 | - | - |
▼ 虎42勝36敗1分け
[ 5西岡 ]

■2014/7/11 試合結果

対巨人 10回戦 東京ドーム

神|101 004 213|12
巨|110 000 111|5

勝:メッセンジャー7勝7敗0S
敗:大竹6勝4敗0S
HR:ゴメス ツーラン16号、梅野ソロ6号、上本ソロ3号、阿部ソロ9号、
長野ソロ6号、ロペス ソロ15号
阪神:メッセンジャー - 福原 - 加藤 - 安藤
巨人:大竹 - 青木 - 土田 - 笠原 - 今村

7/12の予告先発
神:能見 篤史
巨:杉内 俊哉

──────────
“前半戦の猛虎名場面”

ナンバー7が帰って来た!そして公約どおりにヒーローインタビューに立ってくれた!


東京ドームでの対巨人10回戦。初戦を勝って3連戦を有利に進めたい和田猛虎でございます。
そしてその猛虎打線が大爆発。
まずは一回表、大和君のヒットからマートン君のセンター前タイムリーで幸先良く1点を先制します。虎の先発メッセンジャー君が一回裏に1点を許し同点とされ、二回裏にも1点取られて一時逆転されたものの三回表、上本君、大和君の連打から鳥谷君のセカンドゴロの間に1点追加し、すぐさま同点に追いつきます。四回、五回と無得点が続いたものの六回表に大和君、鳥谷君の連打からゴメス君がレフト前タイムリー、マートン君がレフトオーバータイムリーツーベース、真打ち登場代打西岡君の2点タイムリーツーベースで一挙4点追加。七回表にはゴメス君が第16号ツーラン、八回表にも梅野君が第6号ソロ、そして九回表にも上本君が第3号ソロ・鳥谷君レフト前タイムリー・福留君犠牲フライで合計12得点。投げてはメッセンジャー君が七回を3失点で抑えるナイスピッチング。その後を福原君、加藤君、安藤君の継投で逃げ切りゲームセット!12対5で阪神が16安打の猛攻で巨人を圧勝し7年ぶりの8連勝となりました!



アナフレ目線です
7月☆☆☆☆☆☆☆☆
6月△★★
交流戦★☆★☆★☆★★★☆★☆★★☆★★☆★☆☆★★★
5月★★☆★☆★★★★☆★☆★☆☆
4月★☆★★☆☆★★☆★☆☆☆☆☆☆★★☆☆☆☆★☆☆☆★☆☆
笑いがとまりませんか〜和田監督様!
この試合の見所はやはり代打西岡君でしょう!原監督はわかっていました。ここで西岡君にタイムリーがでれば猛虎に勢いがつきその後の試合にも影響が大きいことを。だから内野手4人という最高の演出を用意。そして見事にタイムリーを放った西岡君!見事東京ドームの巨人ファンにも恩返しできた瞬間は、今年の猛虎名場面でございましょう。
そして彼が帰ってきたことで、レギュラーの座を奪われてしまう若虎達も打ちまくり!しかし東京ドームは本当にポンポンホームランが出ますね〜この球場がホームグランドであれば、ホームラン王は毎年巨人から出ておかしくないのでは?怖い球場でございますが、本日は小生生観戦に行ってまいります!
7月☆☆☆☆☆☆☆☆
6月△★★
交流戦★☆★☆★☆★★★☆★☆★★☆★★☆★☆☆★★★
5月★★☆★☆★★★★☆★☆★☆☆
4月★☆★★☆☆★★☆★☆☆☆☆☆☆★★☆☆☆☆★☆☆☆★☆☆


画像は天晴タイムリー!西岡君でした。




参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:西岡 剛内野手


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2014年03月29日



場所:東京ドーム
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:52 | - | - |
▼ 虎(・.・;)雨天中止
[ 5西岡 ]




■2014/7/10 試合結果

対広島 11回戦 甲子園

試合中止
───────────
“東京ドームに恩返しを”

本日予定されておりましたVS広島11回戦は台風接近により天候不良が予想されるため中止と決定いたしました。明日から伝統の一戦、VS巨人3連戦が東京ドームで行われます。
何とか7連勝の勢いを継続させたいものです!

さて、2014年の猛虎の開幕カードはこの東京ドームで波乱の幕開けでした。
まさかのアクシデントでこの男が救急車で運ばれました。
小生も10年以上猛虎を生観戦してきましたが、こんなシーンは初めてでございました。

西岡君が台風で中止となった甲子園の室内練習場でトレーニングを行いました。

台風接近による天候不良が予想され、赤ヘルさんとの試合が中止。
室内でフリー打撃などを行い、いよいよ11日からの巨人3連戦!敵地東京ドームで行われる因縁の地に復活をかけます。
福留君と衝突し、肋骨骨折などの重傷を負った3月30日以来となります。
救急車で運ばれていくシーンでは、巨人ファンからも頑張れ西岡コールを受けました。その特別な場所で元気な姿を披露してくれるだけでなく、
大活躍してくれることがドームのファンへの恩返しですね!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:西岡 剛内野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2014年03月15日


場所:横浜スタジアム
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:37 | - | - |
▼ 虎41勝36敗1分け
[ ゴメス ]


■2014/7/9 試合結果

対広島 10回戦 甲子園

広|010 000 040|5
神|012 021 00x|6

勝:藤浪6勝4敗0S
S:呉昇桓1勝2敗20S
敗:九里2勝4敗0S
HR:ゴメス ソロ15号、マートン ツーラン10号
広島:九里 - 河内 - 今井 - 戸田 - 中田
阪神:藤浪 - 加藤 - 福原 - 呉昇桓

7/10の予告先発
広:前田 健太
神:金田 和之
──────────

“苦しい、だが7連勝だ”

こんなナインの安堵の表情は久しぶりに見ました。ほとんどのナインが冷や汗混じりの表情です。最後まで試合をあきらめないことが赤ヘルさんの真骨頂!見習わねばなりません。



甲子園での対赤ヘル10回戦。今日も勝って連勝街道を突き進みたい猛虎でございます。
虎の先発藤浪君が初回を三者凡退で抑える上々の立ち上がりを見せるも二回表に連打から1点を先制されてしまいます。
ところが好調の猛虎打線は二回裏、梅野君のライト前タイムリーですぐさま同点に追い付くと三回裏にも鳥谷君のレフト前タイムリーとゴメス君の第15号ソロで2点を追加。更に五回裏にはマートン君が左中間スタンドへ第10号ツーランを放つと六回裏、ゴメス君のライト前タイムリーでコンスタントに追加点を上げる理想的な試合運び。投げては藤浪君が七回までを危な気ないピッチングで1失点に抑え、プロ初完投も見えてきていたのですが・・・・
八回表、赤ヘル打線の連打を浴びて無念の降板。
後を託された加藤君と福原君がなんとかピンチを凌ぐもこの回4失点。リードを守ったまま九回へ。最後は守護神・呉昇桓君が赤ヘルさんの粘りに苦しみながらも役目を果たしてゲームセット!
6年ぶりの7連勝!27イニング連続安打で新記録も樹立して勝利に華を添えました。

アナフレ目線です
7月☆☆☆☆☆☆☆
6月△★★
交流戦★☆★☆★☆★★★☆★☆★★☆★★☆★☆☆★★★
5月★★☆★☆★★★★☆★☆★☆☆
4月★☆★★☆☆★★☆★☆☆☆☆☆☆★★☆☆☆☆★☆☆☆★☆☆
う〜む藤浪君は完投をして欲しかったですね〜そしてひっぱり過ぎると試合の流れが傾き、命取りとなるような冷や汗勝利となりました。
7月に入ってから7連勝!6年振りですね。交流戦の歯切れの悪い戦いはどこへ?やはり普段何度か対戦している投手との違いとしか言いようがありません。絶好調の猛虎打線がプロ野球記録を塗り替えました。四回、先頭の梅野君が右越え三塁打を放ち、連続イニング安打記録をプロ野球新記録の24としました。三回まで毎回安打で、連続イニング安打記録を23とし、05年にヤクルトが樹立した記録に並んでいました。5日DeNA戦の七回から始まり、6日DeNA戦、8日広島戦は毎回安打。20イニング連続安打でこの日を迎えていた。ゴメス君とマートン君、そしてその前を打つ鳥谷君の3人の調子が良ければこの勢いは続く!そして試合の流れを掴むことがいかに大切か!肝に命じた苦しい勝利でした。
7月☆☆☆☆☆☆☆
6月△★★
交流戦★☆★☆★☆★★★☆★☆★★☆★★☆★☆☆★★★
5月★★☆★☆★★★★☆★☆★☆☆
4月★☆★★☆☆★★☆★☆☆☆☆☆☆★★☆☆☆☆★☆☆☆★☆☆


画像は髭友達のゴメス君です。おやおや後方には6年前の7連勝監督が・・・・




参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:マロウ・ゴメス内野手


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2014年03月29日



場所:東京ドーム
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:51 | - | - |
▼ 虎40勝36敗1分け
[ 44梅野 ]



■2014/7/8 試合結果

対広島 9回戦 甲子園

広|001 000 000|1
神|011 100 00x|3

勝:岩田6勝3敗0S
S:呉昇桓1勝2敗19S
敗:大瀬良6勝4敗0S
HR:梅野ソロ5号
広島:大瀬良 - 河内 - 今井 - 今村
阪神:岩田 - 福原 - 呉昇桓

7/9の予告先発
広:九里 亜蓮
神:藤浪 晋太郎
──────────

“髭軍団が6連勝”

なんだか猛虎は顎髭ブームのようですね〜マートン君やゴメチンならまだしも、鳥谷君や上本君。そして今夜のガンちゃんまでですか〜まあ優勝すれば誰も文句はいいませんけど・・・・・・

1対1の同点で迎えた三回裏、二死走者無しからヒットで出塁のゴメス君が意表を突いた来日初盗塁!5番マートン君は四球を選んで1・2塁とすると、6番福留君がセンターへ勝ち越しタイムリー!
なんだかいつもと違った展開での得点シーンに湧いた甲子園です!
そして続く四回裏には、8番梅野君がカープ・大瀬良投手の直球を完璧に弾き返して、嬉しい甲子園初アーチとなる第5号ソロ!
リードを2点に広げます!
投げては先発の顎髭岩田君が、前半こそ走者を背負い球数を要する苦しいピッチングを強いられますが、要所を締めて失点は味方のエラーによる1点のみ。五回表からは3イニング連続3者凡退に抑え、七回1失点自責ゼロでマウンドを降りました。
八回以降は福原君から呉昇桓君の盤石の継投で逃げ切った猛虎!
3対1で勝利を収め、連勝を6に伸ばしました!





アナフレ目線です
7月☆☆☆☆☆☆
6月△★★
交流戦★☆★☆★☆★★★☆★☆★★☆★★☆★☆☆★★★
5月★★☆★☆★★★★☆★☆★☆☆
4月★☆★★☆☆★★☆★☆☆☆☆☆☆★★☆☆☆☆★☆☆☆★☆☆
ここまで二連敗と苦手にしていた赤ヘルさんの大物ルーキー大瀬良投手のリズムを崩したのは、ゴメス君の盗塁でしょうか・・・・
サインプレーではなく、投手の癖を見抜いた猛虎首脳陣のナイスプレーとしましょう!そしてシングルヒットで一気に本塁へ!先制点を取られた大瀬良投手は勝手が違う猛虎打線に明らかに戸惑っていました。
そして自らのタイムリーで先制点を叩き出すなど、バットでも貢献の顎髭岩田君は6勝目!極めつけは同じルーキーの梅野君のホームラン!
上位との直接対決が続く今日からの9連戦に弾みがつきました!
7月☆☆☆☆☆☆
6月△★★
交流戦★☆★☆★☆★★★☆★☆★★☆★★☆★☆☆★★★
5月★★☆★☆★★★★☆★☆★☆☆
4月★☆★★☆☆★★☆★☆☆☆☆☆☆★★☆☆☆☆★☆☆☆★☆☆


画像は嬉しい甲子園初ホームラン!梅野君です



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:梅野 隆太郎捕手


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2014年03月30日



場所:東京ドーム
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:01 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり964
[ 金田 ]




“虎の救世主となるか”

建山君を二軍で調整させる余裕補強の中村GMの仕事振りには呆れるばかりでございますが、この連勝中にベテラン勢から一歩抜け出した男がいますね〜
今季2勝目を挙げた若虎が空席となった第6の男の座を手にしました。
2年目の金田君が10日の広島戦に先発することが濃厚です。
ここまですべて中継ぎとして23試合に登板。
6月17日にプロ初勝利を挙げるなど2勝無敗で防御率2・84。
二神君、秋山君らの有力候補が脱落していくなか、金田君の右腕に白羽の矢が立ちました。

先日の横浜戦での価値ある好救援で先発をたぐり寄せたのでしょう。四回から登板し、二回1安打無失点に封じました。
140キロ台後半の直球は打者の手元で動き、芯を外すという評価は、打者の手元で伸びるような球威があるのでしょう。
鶴君が三回で降板し、消化できなかった2イニングをゼロで抑えた意味は大きく中西コーチも絶賛。
開幕からはロングリリーフ要員として待機していた金田君は、スタミナ面も不安はないそうです。
想定外続きの投手陣の救世主となれるか!虎のカネやんに期待しようではありませんか!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:金田 和之投手


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2014年03月29日


場所:東京ドーム
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:47 | - | - |
▼ 虎39勝36敗1分け
[ マートン ]


■2014/7/6 試合結果

対DeNA 12回戦 横浜

神|201 001 215|12
デ|100 000 050|6

勝:金田2勝0敗0S
敗:加賀美0勝3敗0S
HR:伊藤隼ツーラン1号、上本ソロ2号、石川スリーラン4号
阪神:鶴 - 金田 - 安藤 - 加藤 - 渡辺 - 福原 - 呉昇桓
DeNA:加賀美 - ソト - 藤江 - 林 - 萬谷 - 安部 - 長田

──────────

“乱打戦を制して5連勝”
エース能見君の離脱!その救世主に指名されたのは鶴君でございましたが、あまりいい状態ではないですね〜残念な試合でしたが、連勝は続いています。


猛虎打線は初回に昨日猛打賞、マートン君がベイスターズ・先発加賀美投手から先制2点タイムリーを放つと三回にもタイムリーで好調ぶりをアピール!一方、約2ヶ月ぶりの先発となる鶴君でしたが、毎回ヒットを許すなど安定感を欠いたピッチング。和田監督は早くも三回で金田君へスイッチするとその後も安藤君、加藤君が踏ん張って点を与えません。
猛虎打線は六回から3イニング連続で得点し上本君のソロホームランでリードを6点差に広げて楽勝ムードと思われましたが・・・・・
その裏にベイスターズが猛追。2点を返されたあと渡辺君が出したランナーを福原君がスリーランを打たれ1点差となります。
それでも九回に打者一巡の猛攻!鳥谷君の走者一掃タイムリーなどで一挙5得点を奪い勝負あり。最後は呉昇桓君が難なく3人で片付けて12対6で乱打戦に終止符を打ちました。




アナフレ目線です
7月☆☆☆☆☆
6月△★★
交流戦★☆★☆★☆★★★☆★☆★★☆★★☆★☆☆★★★
5月★★☆★☆★★★★☆★☆★☆☆
4月★☆★★☆☆★★☆★☆☆☆☆☆☆★★☆☆☆☆★☆☆☆★☆☆
まあこれが勢いのあるチームということでしょうか・・・・
2点の援護をもらった初回からボールがばらつき、その後は走者を出しながら踏ん張る展開が続き、四回表の打席で代打を送られた先発の鶴君。三回4安打1失点、3者凡退のイニングがなかったことを反省していました。
先発投手、そして中継ぎ陣が崩れても、打線が点を取りかえしての勝利!これで7月に入って負け無しの5連勝!
小生不思議なのですが、先日獲得した建山君を使わない猛虎の余裕がわかりませんけどね〜中村GM様?補強後の調整も含めての獲得ですか・・・・

7月☆☆☆☆☆
6月△★★
交流戦★☆★☆★☆★★★☆★☆★★☆★★☆★☆☆★★★
5月★★☆★☆★★★★☆★☆★☆☆
4月★☆★★☆☆★★☆★☆☆☆☆☆☆★★☆☆☆☆★☆☆☆★☆☆


画像は絶好調のマートン君です!



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:マット・マートン外野手


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2014年04月06日



場所:明治神宮球場
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:26 | - | - |
▼ 虎38勝36敗1分け
[ 67岩崎 ]


■2014/7/5 試合結果

対DeNA 11回戦 横浜

神|000 000 210|3
デ|000 000 000|0

勝:岩崎3勝3敗0S
S:呉昇桓1勝2敗18S
敗:モスコーソ4勝6敗0S
HR:ゴメス ツーラン14号、今成ソロ3号
阪神:岩崎 - 福原 - 呉昇桓
DeNA:モスコーソ - 長田 - 藤江

7/6の予告先発
神:鶴 直人
ディ:加賀美 希昇

──────────

“粘りのあるナイスルーキー”


得意チームを作ることは素晴らしい。ベイさんキラーの誕生でございます。
今年一年間先発ローテを守りきれば、昨年の藤浪君と同様に今年の殊勲賞ものでございますね。新人離れした落ち着いたマウンドに、猛虎打線がしっかり援護しました!

横浜スタジアムでの対ベイスターズ11回戦。先制して有利に運びたい猛虎打線はベイスターズ先発モスコーソ投手の前に初回を三者三振で抑えられるとその後もヒットは出るものの後が続かず六回まで無得点。対する虎の先発岩崎君も毎回のように出塁は許すも安定したピッチングで六回を
無失点ピッチング。両先発による素晴らしい投手戦のまま後半戦へと突入します。
なんとかモスコーソ投手を仕留めて先制したい猛虎打線は七回表、大和君がヒットで出塁するとゴメス君がセンターへ第14号先制ツーラン。すると八回表にも今成君が弾丸ライナーで右中間スタンドへ飛び込むソロホームランで貴重なダメ押し点を取ると、八回裏を福原君、九回裏を呉昇桓君の盤石リレー3対0で完封勝利し4連勝としました!



アナフレ目線です
7月☆☆☆☆
6月△★★
交流戦★☆★☆★☆★★★☆★☆★★☆★★☆★☆☆★★★
5月★★☆★☆★★★★☆★☆★☆☆
4月★☆★★☆☆★★☆★☆☆☆☆☆☆★★☆☆☆☆★☆☆☆★☆☆
先発岩崎君は七回131球5安打の素晴らしい内容で今季3勝目!こういうピリッとした試合が一番いいじゃないですか。
ドラフト6位の岩崎君が同4位の捕手梅野君との新人バッテリーコでの勝利はなんと球団では83年の御子柴氏−木戸氏以来31年ぶりとなりました。
今日は本当にバッテリーと4番での勝利と目を細めていた和田監督!
交流戦の負け越しを一気に取り返して貯金をしていきませう!
7月☆☆☆☆
6月△★★
交流戦★☆★☆★☆★★★☆★☆★★☆★★☆★☆☆★★★
5月★★☆★☆★★★★☆★☆★☆☆
4月★☆★★☆☆★★☆★☆☆☆☆☆☆★★☆☆☆☆★☆☆☆★☆☆


画像はナイスピッチング!岩崎君でした。



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:岩崎 優投手


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2014年03月30日



場所:東京ドーム
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:44 | - | - |
▼ 虎37勝36敗1分け
[ 関本 ]


■2014/7/4 試合結果

対DeNA 10回戦 静岡

神|000 002 010|3
デ|002 000 000|2

勝:メッセンジャー6勝7敗0S
S:呉昇桓1勝2敗17S
敗:井納8勝5敗0S
HR:マートン ツーラン9号
阪神:メッセンジャー - 福原 - 呉昇桓
DeNA:井納 - 大原 - 萬谷

7/5の予告先発
神:岩崎 優
ディ:モスコーソ
───────────
“名球場の勝利”

日本のプロ野球が始まるより以前の1934年12月に開催された日米野球大会で、当時日本チームのエースで後に読売ジャイアンツの初代エースとなる沢村栄治氏がベーブ・ルース氏を三振に打ち取るなど、アメリカ大リーグ選抜相手に八回で9奪三振無失点、失点は最終回のルー・ゲーリッグのホームランによる1失点のみと球史に残る快投を見せた場所でもある草薙球場。
球場前にはその史実を伝えるべく、対峙する沢村氏とルース氏の像が建立されています。
小生はまだ観戦したことがない球場ですのでいつか必ずや!
さて、その静岡での対ベイスターズ10回戦。勝って連勝街道を突き進みたい虎の先発はメジャーからやって来たメッセンジャー君でした。
初回を三者凡退で抑えると、二回裏も自らのフォアボール
で作ったピンチを無失点で抑える上々の立ち上がりを見せます。
早い回で援護したい猛虎打線はベイスターズ先発井納投手をなかなか捉えることが出来ず二回まで無得点。すると三回裏、メッセンジャー君が自らのミスもあって2失点されてしまいました。
ところが六回表、鳥谷君がヒットで出塁するとゴメス君が貴重な第9号ツ
ーランで一気に追いつくとさらに八回表、相手の守備の乱れもあって作った一死満塁のチャンスに代打の名人関本様がさすがの犠牲フライで勝越し!メッセンジャー君は三回以降、粘りのピッチングで無失点に抑えると八回福原君、九回呉昇桓君がきっちり無失点で抑えゲームセット!
3対2で競り勝ちの3連勝です!

アナフレ目線です
7月☆☆☆
6月△★★
交流戦★☆★☆★☆★★★☆★☆★★☆★★☆★☆☆★★★
5月★★☆★☆★★★★☆★☆★☆☆
4月★☆★★☆☆★★☆★☆☆☆☆☆☆★★☆☆☆☆★☆☆☆★☆☆
完封目前だった澤村投手からホームランを打ったゲーリッグ氏は、澤村投手が決め球のストレートを投げる時に舌を出す癖を見抜いたと言われています。
Bクラスといえどもハーラートップを争うベイさんの伊納投手の好投を打ち砕いたのは、マートン君でございました。
そして絶対に外野フライを打たせないというベイさんの守備陣営に対してキッチリ仕事をした関本様!ささいな勝利かもしれませんが、歴史のある球場での見事な投手戦を観戦できた静岡の虎党の皆様の勝利観戦おめでとうございます!
7月☆☆☆
6月△★★
交流戦★☆★☆★☆★★★☆★☆★★☆★★☆★☆☆★★★
5月★★☆★☆★★★★☆★☆★☆☆
4月★☆★★☆☆★★☆★☆☆☆☆☆☆★★☆☆☆☆★☆☆☆★☆☆

画像は貫禄の犠牲フライ!関本様でした。



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:関本 賢太郎内野手


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2014年04月6日



場所:明治神宮球場
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:02 | - | - |
▼ 虎(・.・;)雨天中止
[ 19藤浪 ]




■2014/7/3 試合結果

対ヤクルト 12回戦 甲子園

雨天中止
─────────

“監督推薦球宴

本日予定されておりましたVSヤクルト12回戦は雨天のため中止となりました。
連勝中だっただけに残念ですが、ここは切り替えて明日からまた連勝継続と
いきたいところです。
ゆっくり休んで次の横浜DeNA3連戦に臨みませう!

さて、藤浪君が3日、監督推薦で2年連続2度目のオールスター出場を決めました。ここまで5勝4敗、リーグ7位の防御率3・53という成績ですが、セ・リーグの名投手や名選手に触れながら何かを学び取って欲しいという和田監督の親心でございましょう。
新人で選ばれた昨年は、大阪桐蔭の先輩である日本ハム中田選手にスローボールを投じるなどして沸かせました。
パ・リーグの強打者との対決も楽しみです。


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:藤浪 晋太郎投手


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2013年04月26日

場所:横浜スタジアム
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:57 | - | - |
▼ 虎36勝36敗1分け
[ 21岩田 ]


■2014/7/2 試合結果

対ヤクルト 11回戦 甲子園

ヤ|000 000 000|0
神|100 000 00x|1

勝:岩田5勝3敗0S

S:呉昇桓1勝2敗16S
敗:石山1勝3敗0S
ヤクルト:石山 - カーペンター - 山本哲
阪神:岩田 - 福原 - 呉昇桓

7/3の予告先発
ヤ:八木 亮祐
神:秋山 拓巳
──────────
“ゼロから出直しの完封勝利”

昨日とはまったく違ったチーム同士の戦いのような甲子園。やはり先発投手の状態によってがらりと試合内容が変わります。

聖地甲子園球場に移っての対燕11回戦、昨夜の大勝の流れのまま連勝したい虎の先発はガンちゃん岩田君です。
初回から3者凡退で切って取る素晴らしい立ち上がりを見せると、一回裏、大和君がヒットでチャンスメイクするとゴメス君がレフト前タイムリーできっちり還して1点を先制します。
ガンちゃん岩田君は二回以降、毎回のように得点圏にランナーを出すもホームは踏ませない粘り強いピッチング。七回を8安打無失点でマウンドを託すと八回を福原君、九回を呉昇桓君が共に無失点で抑えゲームセット。
1対0で緊迫した投手戦を制し見事2連勝となりました!


アナフレ目線です
7月☆☆
6月△★★
交流戦★☆★☆★☆★★★☆★☆★★☆★★☆★☆☆★★★
5月★★☆★☆★★★★☆★☆★☆☆
4月★☆★★☆☆★★☆★☆☆☆☆☆☆★★☆☆☆☆★☆☆☆★☆☆
ガンちゃん岩田君稔が七回を投げ8安打8奪三振で無失点に抑え5勝目を挙げました。これで久しぶりの2連勝で借金を返済し勝率を5割に戻した和田猛虎。
ガンちゃん岩田君は6月1日の日本ハム戦(札幌D)以来の白星ですから、やはりその日の調子の波が大きいのかな〜今日のような素晴らしいピッチングを魅せてくれたかと思いきや、先日の能見君のように立ち上がりから崩れます。安定感が今後のテーマでしょう〜!
これで借金ゼロに戻した和田猛虎!ガンちゃんの言葉で“身を引き締めてガンンバっていきませう”

7月☆☆
6月△★★
交流戦★☆★☆★☆★★★☆★☆★★☆★★☆★☆☆★★★
5月★★☆★☆★★★★☆★☆★☆☆
4月★☆★★☆☆★★☆★☆☆☆☆☆☆★★☆☆☆☆★☆☆☆★☆☆

画像はもちろんガンちゃん岩田君でした。



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:岩田 稔投手


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2014年04月26日



場所:横浜スタジアム
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 05:46 | - | - |
▼ 虎35勝36敗1分け
[ 44梅野 ]


■2014/7/1 試合結果

対ヤクルト 10回戦 倉敷

ヤ|210 102 000|6
神|700 500 00x|12

勝:藤浪5勝4敗0S
敗:石川5勝6敗0S
HR:梅野ツーラン3号・ソロ4号、ゴメス ツーラン13号
ヤクルト:石川 - 松岡 - 赤川 - 秋吉 - 岩橋
阪神:藤浪 - 加藤 - 榎田 - 渡辺

7/2の予告先発
ヤ:石山 泰稚
神:岩田 稔
──────────

“連敗ストップのヒーロー”

新人の二打席連続ホームランはあの田淵氏以来だそうで・・・そんなに猛虎の新人は大人しいのでしょうか?
あらためて感心している場合ではありませんが、とにかく連敗は止めました。


ここ数年負け無しの倉敷マスカットスタジアムでの対燕さん10回戦。きっちり勝ってとにかく連敗を止めたい和田猛虎!
虎の先発は藤浪君ですが、初回から不安定な立ち上がりを攻められ2失点の
厳しい展開となります。
しかし直後の一回裏、先頭打者上本君のレフト前ヒットを皮切りに大和君・鳥谷君の3連打から4番ゴメス君の技あり犠牲フライで1点を返すと、マートン君・新井サンの連打でさらに2点追加。
まだまだ止まらない猛虎打線は続く福留君がヒットで出塁すると、梅野君に第3号ツーランが飛び出して打者一巡の猛攻で一挙7点。
藤浪君にこれとない援護射撃をプレゼントしました。
大量援護を貰った藤浪君はその後二回と四回に1点ずつ失うも粘りのピッチング。四回裏にも猛虎打線が大爆発。梅野君が2打席連続のソロホームランで狼煙を上げると上本君・大和君の連打から鳥谷君の2点タイムリースリーベース、
そしてゴメス君がレフトスタンドへ特大の第13号ツーランでこの回合わせて5点追加。藤浪君は六回表に2点を失うも、七回からリリーフ陣が0行進でそのままゲームセット!先発野手全員安打も記録しての連敗をストップしました。


アナフレ目線です
7月☆
6月△★★
交流戦★☆★☆★☆★★★☆★☆★★☆★★☆★☆☆★★★
5月★★☆★☆★★★★☆★☆★☆☆
4月★☆★★☆☆★★☆★☆☆☆☆☆☆★★☆☆☆☆★☆☆☆★☆☆
まあ連敗をストップできてホッとしている和田監督様。
両チームの状態がわかるBクラス同士の試合内容でございました。
点がたくさん取れてかつ失点もする。優勝をするにはやはり投手力がそろわなければ厳しいですね。
藤浪君は制球が悪く、六回で129球を投げての降板。燕投手陣の状態がさらに悪いことで救われました。
なんと田淵氏以来のルーキー二打席連続ですか〜いかに虎の新人が大人しいかがわかるような記録でございますが、長打力のある捕手なら和田監督は使い続けるでしょうね〜6失点など忘れて。
このカード負け越しは絶対にできません。内容のいい勝利を期待しませう!
7月☆
6月△★★
交流戦★☆★☆★☆★★★☆★☆★★☆★★☆★☆☆★★★
5月★★☆★☆★★★★☆★☆★☆☆
4月★☆★★☆☆★★☆★☆☆☆☆☆☆★★☆☆☆☆★☆☆☆★☆☆

画像はナイスバッティングの梅野君でした。



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:梅野 隆太郎捕手


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2014年05月05日



場所:明治神宮球場
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:06 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり963
[ 01鳥谷 ]




“名実ともにセ界の遊撃手”

「マツダオールスターゲーム2014」のファン投票の最終結果発表が行われ、今年も鳥谷様が選出されました。
鳥谷君の喜びの会見模様が公式サイトに掲載されています。
これで3年連続ファン投票で選出されましたが、さらに嬉しいことに
30日には選手間投票でもマートン君とともに初めて選ばれました。

安定した守備や卓越した選球眼で、球界屈指の遊撃手として評価されている証拠。つまり同じプロ野球選手からあこがれの遊撃手となった瞬間でございます。

「マツダオールスターゲーム2014」は7月18(金)西武ドーム、19日(土)阪神甲子園球場で開催されます。

交流戦から連敗続きの猛虎にとって明るい話題でございますね!
ひとまず鳥谷君おめでとう!良いプレーを魅せて少年少女に感動を与えてくれることを期待して!



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:鳥谷 敬内野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2014年03月15日


場所:横浜スタジアム
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:01 | - | - |


皆様こんにちは。ご訪問いただき有難うございます。 アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』と申します。 (*^^)v野球経験のない素人の球場観戦の独り言にお付き合いください。 有料又は無料のメールマガジンにてアナフレの独り言をお楽しみくださいませ。まぐまぐ!マイメルマは無料メールマガジンです。 又皆様からの観戦リポートやご意見ご感想も歓迎いたします。メールフォームにてお気軽にお声がけくださいませ。
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
アナフレ猛虎会
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

アクセスカウンター

過払い

外汇
携帯 中古外汇


阪神タイガースおっかけマップ (2005)
阪神タイガースおっかけマップ (2005)

阪神タイガースを語るには何がなくてもまず甲子園球場。大歓声でマンモススタンドが揺れ、ラッキーセブンのジェット風船は夜空が隠れてしまうほど舞い上がる。みなさん人生そのものをタイガースにかけているのだ。甲子園球場はもちろん、その周辺のこと=甲子園の街並みを知っていただきたい。野球とともに歩む姿を。またたくさんの楽しい、うれしいお店がいっぱいある。タイガースOBのお店や、ナインご贔屓のスポット、ファンが集うショップ。・・・・いえいえ甲子園だけではありませんぞ。おとなり尼崎も、芦屋も神戸、大阪も・・・・関西圏をくまなく知っていただこう。もちろん関東の情報も掲載!
野村ノート
野村ノート

ところが、以外な選手に感謝されているということもある。その代表的なのが桧山である。阪神時代、桧山に対しては叱ったことはあっても、野球はこうだ、人生はこうだと懇切丁寧に指導した記憶がない。・・・・平成15年、確か優勝した翌日の新聞だったと思うが、彼のインタビューに目を通し驚いたことがある。「野村さんが阪神の監督だったときは、いっていることがよく理解できなかったんですが、今になってやっとわかってきました」・・・・・桧山のように思ってもみなかった選手から感謝を受けるのも指導者冥利に尽きる。  それにしても人生はまさに一期一会だなあと思う。赤星、藤本は阪神のドラフトリストに名前はなかった。赤星はアマからのキャンプ参加、藤本は社会人選手権大会の観戦に行って、遊撃手を探していたときに目に留まった選手である。・・・・私との縁を大切にし、「考えないよりは考えるほうがいい」「知らないより知っていたほうがいい」と私にいわれ、「なるほどそうだな」と思い、ノートをこまめに取り、そのノートを保存し何度も読み返す。こうしたちょっとの差が、いざ自分が指導する立場になったときに活き、あるいはコーチや監督という地位を得るためのチャンスとなる。逆に出会いや縁を無駄にしてしまう選手は、将来の可能性まで狭めてしまうのである。
猛虎の70年
猛虎の70年

第1章阪神タイガースとは何か・・・・おそらくクソ度胸という点では球界ナンバー1の星野仙一の背中にスーッと寒気が走ったのは、彼が阪神の監督になってすぐのことだった。・・・いや、「恐怖」すら感じたという。それは阪神ファンが試合に感動し、勝利の歌を大合唱し、それが終わると球場の外へ出て、ゾロゾロと甲子園駅に帰るのではなく、球場近くの広場に何千人と集まり、そこでも「六甲颪」の大合唱をやるのだ。ファンはやがて甲子園の駅に移動する。この甲子園駅でもまたも「六甲颪」の大合唱となる。それでも終わらない。阪神電車に乗り込んだファンはそのまま梅田の駅で降りて、その梅田駅コンコースでまたまた「六甲颪」の大合唱である。これが深夜まで続くのだ。「お前ら、あれが聞こえるか?俺達はあの熱狂的なファンに対する責任があるんだ。もしあのファンを裏切ったら・・・・俺はどうなるか知らんゾ」・・・・「俺は勝ちたいんや!そのためにはどうするんや?俺はファンに喜んでもらいたいんや・・・・・」なんとも野暮なセリフである。だがかつて阪神の監督としてこんな直接的な言葉を発した指揮官はいなかった。少年のように「勝ちたいんや!」と絶叫する星野仙一。監督室まで聞こえてくる大合唱、そして海鳴りのようなファンの”鼓動”が星野仙一をギリギリまで追い詰めていったのである。そこには「日本一わがままで、日本一熱心で、日本一我慢強い」と星野が評したファンの姿があった。
巨人軍かく勝てり―V9達成の秘密
巨人軍かく勝てり―V9達成の秘密

チームプレーとは「チームワーク」=「人の和」よりさらに深い考え方で、“人間集団におけるモラルから、グランド上のプレーに至るまで、あらゆる人間行動を網羅した広い考え方”といってよいと思う。
簡単な具体例をあげよう。
いまここで二人の人間がキャッチボールを始めるとする。ボールを握って投げる側は、次のように考える「相手が取りやすいところへとりやすいスピードで投げてやろう。投げ返す時のことも考えて胸元へ投げてやろう」そう考えて投げる。
一方受ける側はどうか。相手がそう考えて投げてもミスすることがある。だから相手の気持ちを察して、「万一とりにくいボールがきても、何とか受けてミスを未然に防いでやろう」この二人の「思いやり」がチームプレーの根本精神である。
 このちいいさな「思いやり」は、やがて「自分の義務と役割を完全に履行」することに広がり、チームのために「自己犠牲」をいとわず、「助け合い」、そしてチーム全員に「感謝」するところにまで高められていく。
巨人軍論 ――組織とは、人間とは、伝統とは
巨人軍論 ――組織とは、人間とは、伝統とは

チームの要だったON
『チームを預かることになったとき、いつも私が手本としてきたのは川上哲治監督であり、川上監督が率いたV9時代の巨人というチームであった。それではV9巨人のどこが素晴らしかったのだろうか。まずはなんといっても王貞治と長嶋茂雄、すなわちONの存在をあげないわけにいかない。ONは長らく巨人の3番4番に座り続け常にチームの中心であり続けた。ただし私がこの二人を高く評価するのは、彼らが記録や数字を残したからという理由ではない。彼らが中心選手としての役割と責任をまっとうしていたという事実が大きいのである。私は「中心選手はチームの鏡でなければならない」と述べたが、王と長嶋は、まさしくそうであった。他の選手の模範であり続けたのである。そこが凡百の「四番」とONのちがうところなのである。

…その意味で、私は阪神の金本知憲を高く「評価」している。現在の球界で真の「四番」といえるのは彼くらいだろう。彼は少々の故障くらいでは試合を休まない。チームへの忠誠心も高い。金本が移籍してきてから、阪神の選手の意識が明らかに変わった…金本の野球に取り組む態度を見れば、まわりの選手も自然と「このままではいけない」と感じるようになる。また若手選手が直接叱るより先輩が叱ったほうが叱られた若手のショックは少ない。ここ数年の阪神の躍進には、この金本の存在が大きく寄与している』

ドジャースの戦法
ドジャースの戦法

『投手は自分の左側に球を打たれたらすぐさま一塁に向かってスタートする習慣をつけなければならなぬ。ゴロであろうとライナーであろうと変わりはない。直ちに一塁に突進せよ。適当な時に投手がマウンドを離れなかったためにゲームを失ったためしは多い。打球が左側にきたら、投手は真っ直ぐに一塁にスタートし、塁に近付いたらスピードを緩め、右足を塁に触れて、一塁手からの投球を待ち受ける。球を受け取ったら走者との衝突をふせぐために、ファウルラインの内側を二、三歩走り続けるが、この場合もし他の塁にも走者がいたら、投手はできるだけ早くとどまり、必要に応じて他の塁に投球する用意をせねばならない。
走者の足が遅いか、又は他の理由で投手がゆっくり一塁に間に合った時には、塁上で止まって、こちらに投球しようとしている野手の方に向き直り、一塁手のような身のこなしで、体をのばしたり、どちらかの側へ動いたりして、一塁手の代わりをつとめなければならぬ。』
背番号三桁―「僕達も胴上げに参加していいんですか?」
背番号三桁―「僕達も胴上げに参加していいんですか?」

「アホか、みんないいから出ろ!お前たちも行け!」優勝が決まった瞬間、ベンチから選手が一斉に飛び出した。星野はすぐさま裏方に対して叫んだ。
「尾張メモ」の全貌―情報は盗んで活かせ
「尾張メモ」の全貌―情報は盗んで活かせ

虚像がユニフォームを着ている

広岡監督殿

巨人偵察記・巨人の実像・私が過去三十年、対巨人と戦ってきた印象からみると、最低の巨人といっても過言ではない。人気という点では昔と雲泥の差があっても、実技つまり野球のすべてに対する取組む姿勢が欠けていること。緻密性がない。個人的には優秀な人材はおりますが、チームプレー1つをとってみても投手は三本間に三塁走者を挟みながら、生かしてしまうランダンプレー等がその例。一発で刺さねばいけないプレーをウロウロして生かすということは、過去の巨人では考えられないことです。極端な表現ですが、巨人のユニフォームを着ている虚像にすぎない。−こう断言できます。

このくらいのチームが優勝することはちょっと考えられないことだが、優勝をバックアップしている審判団の判定が大きく作用していることは申すまでもありません。私自身がこの目で見ても、巨人がパ・リーグであれば、近鉄クラスの実力と見ます。それで人気だけが物凄い、まさに虚人です。・・・・・・
1983年10月15日
阪神タイガース
阪神タイガース

序章 黄金時代の幕開け
”遂に来たタイガースの時代”
『この世の春、である。長い長い苦難のときを経て、とうとう阪神タイガースの時代がやって来た』
覚悟のすすめ (角川oneテーマ21 A 87)
覚悟のすすめ (角川oneテーマ21 A 87)

これまでのプロ野球生活で、胸を張って自慢できることがひとつある。

それは、

「たとえお金にならないことでも、やるべきことを、全力を尽くしてやってきた」

ということだ。

2000年5月12日の第三打席を最後に、翌年9月28日の横浜戦第二打席まで、私は1002打席にわたって一度も併殺打を記録しなかった。これはあまり知られていないが日本記録である。
ただ、常に全力疾走を心掛けていなければ達成できなかった記録でもある。それを私は誇りに思う。

連続フルイニング出場にしても、「すごい」とほめられはしても、直接お金として返ってくるわけではない。

それでも私は、セーフになるチャンスがあれば、一塁に全力疾走する。果敢にボールを追うし、つねに次のベースを目指そうとする。なぜなら

「たとえお金にならないことでも、全力プレーするのがプロ」
そう思っているからである。

「いつケガをしてもいい」そういう覚悟で私は常に試合に臨んでいる。

それが、これまでの私のプロ野球生活を支えた信念であり、いまもつねに自分自身にいいきかせているモットーである。