アナフレ猛虎会

皆様こんにちは。アナフレ猛虎会 通称”頑張れ阪神タイガース☆です。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

虎42勝37敗1分け

2014.07.13 Sunday



■2014/7/12 試合結果

対巨人 11回戦 東京ドーム

神|000 000 000|0
巨|100 001 03x|5

勝:杉内7勝3敗0S
敗:能見5勝8敗0S
HR:亀井ツーラン4号
阪神:能見 - 金田 - 榎田 - 鶴
巨人:杉内

7/13の予告先発
神:岩田 稔
巨:澤村 拓一
──────────

“良い試合だったけれども”

3月30日以来の東京ドーム生観戦に行ってまいりました。
そして伝統の一戦にふさわしい素晴らしい試合だったと思います。小生のわだかまりさえ無ければですが・・・・・


昨日まで4試合連続2ケタ安打と好調の猛虎打線でしたが、元祖虎キラー杉
内投手の前にわずか2安打と沈黙。0対5で敗れ、連勝は8でストップしてしまいました。13日ぶりの登板となった虎の先発能見君は、復帰登板を白星で飾ることが出来なかったものの六回92球2失点、次に繋がるピッチングを見せてくれました!
連勝こそストップしたものの、カード勝ち越しをしようではありませんか!





アナフレ目線です
7月☆☆☆☆☆☆☆☆★
6月△★★
交流戦★☆★☆★☆★★★☆★☆★★☆★★☆★☆☆★★★
5月★★☆★☆★★★★☆★☆★☆☆
4月★☆★★☆☆★★☆★☆☆☆☆☆☆★★☆☆☆☆★☆☆☆★☆☆
久しぶりの生観戦でしたが、素晴らしい伝統の一戦でした。わだかまりさえなければ・・・・
能見君は初回こそ不安定でしたが、その後は立ち直ります。一方のキラー杉内投手も立ち上がりを責めきれなかったのがその後の展開に影響します。
能見君は立ち直りましたが、考えてみますと三振がまったく取れなかったということは、この日は投球術で巨人打線を翻弄。両チームともに凡フライや内野ゴロが多く、見応えのある守りの野球は一度も小生席を立つ事ができませんでしたからね〜
しかし7回以降の中継ぎ陣が踏ん張りきれず!ましてや二安打に抑えられてしまえば脱帽の猛虎打線。この日はまさに杉内デーでございました。
わだかまりとは・・・・何度もいいますが中継ぎとして補強をした投手を未だに温存している猛虎・・・・何かあったのでしょうかね〜
7月☆☆☆☆☆☆☆☆★
6月△★★
交流戦★☆★☆★☆★★★☆★☆★★☆★★☆★☆☆★★★
5月★★☆★☆★★★★☆★☆★☆☆
4月★☆★★☆☆★★☆★☆☆☆☆☆☆★★☆☆☆☆★☆☆☆★☆☆


画像は台風で初先発のチャンスを逃した金田君です。
能見君の後をしっかり抑えましたが、イニングまたいで先頭打者を四球がまずかった・・・・次回も頑張れ!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:金田 和之投手


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2014年07月12日



場所:東京ドーム

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Category

Archives

Search

このブログ内の記事を検索

Recent Comment

Recent TrackBack

QR Code

Other