アナフレ猛虎会

皆様こんにちは。アナフレ猛虎会 通称”頑張れ阪神タイガース☆です。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

猛虎かく勝てり1764

2019.10.05 Saturday


“クライマックスシリーズに向けて”

キーマンは近本君!そしてラッキーボーイは君だ!
1軍本隊は午前から甲子園で全体練習。そこにドラフト3位ルーキーの姿はありませんでした。大阪ガスとの練習試合に「1番遊撃」で志願出場していました。
矢野監督もルーキー木浪君の姿勢に成長を感じています。
DeNAの左腕今永投手に対して、今季は7打数3安打1打点とキラーぶりを発揮。先発出場の可能性も十分にある。
昨年までは社会人ホンダに所属。切磋琢磨してきた大阪ガスの選手からもエールを受けた。ポストシーズンは初めての経験。虎のラッキーボーイがCSでも大暴れする。

参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:木浪 聖也内野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2019年09月16日


場所:東京ドーム










虎!57勝61敗6分

2019.09.05 Thursday


■2019/9/4 試合結果

対DeNA 22回戦 横浜

神 | 0 0 0 4 0 1 0 0 0 0 | 5
デ | 0 0 0 1 0 3 0 1 0 2x | 7

勝:エスコバー5勝4敗0S
敗:能見1勝2敗0S
HR:ロペス ソロ26号、ソト ツーラン35号、佐野ソロ4号、筒香ツーラン27号
阪神:秋山 - 島本 - 岩崎 - ジョンソン - ドリス - 能見
DeNA:井納 - 藤岡 - 武藤 - 三嶋 - 石田 - エスコバー

9/5の予告先発
神:青柳 晃洋
ディ:大貫 晋一

──────────
“然るべき敗戦”


アウェイであればさよなら負けは想定内。ましてやサヨナラ被弾であれば、一球で決まってしまうもの。だからこそその状況まで持ち込まない戦いが必然なんだ!

先発秋山君が序盤3回をパーフェクト!援護したい猛虎打線は4回表、二死2・3塁のチャンスで7番北條君が先制の2点タイムリー!さらに9番秋山君・1番木浪君にも連続タイムリーが出て、この回一挙4点を奪います!
直後の4回裏に3番ソロホームランで1点返されますが、6回表にエラーからで1点を追加し再び4点差とします!
しかし6回裏、ツーランなどで3点返され5対4に。8回裏には4番手・ジョンソン君がソロを浴び同点、試合は延長戦に突入します。
そして迎えた10回裏、能見君からライトへ豪快なツーランを放たれ5対7x。悔しいサヨナラ負けを喫してしまいました。

アナフレ目線
2月オープン戦★★
3月オープン戦★★★△★☆☆★☆★☆★★★☆
3月ペナントレース☆☆★
4月★★★☆★☆☆★★★★☆★△☆★★★☆☆☆★☆☆☆
5月☆★☆☆☆★☆△☆★★☆☆★★★☆☆☆☆★☆☆☆★
6月★☆交流戦☆★☆★★☆△☆★★★△★★★☆☆★★★
7月★☆★☆☆☆★★★球宴★★★☆☆△★★☆☆★☆★
8月☆ロード★☆★★★☆★☆☆★△☆★★★☆☆☆☆☆ロード★★☆
9月☆★
ショッキングな幕切れなんて書かれていますが、この状況まできたらさよなら負けは想定内でしょう。
ゲームセット直後にベンチ裏から出てきた矢野監督は悔しさを押し殺すように口を開く。負けるには原因がいろいろあると思うし、1本が出ないのもそうやし、ミスもあった。原因はいろいろとあると思う・・・・
4点リードの試合は最後にまさかのうっちゃり負け。指揮官は投手だけの責任にはできへんと攻守でのミスをポイントに挙げた
頻発するミスが流れを変えるのは必然。
1点差まで迫られた7回1死で走者を送れずバント失敗。8回には内野安打で出塁したがけん制アウトとまさかのボーンヘッド。
DeNAよりも多い14安打を放ちながら11残塁と得点につなげられない。
守備でも6回に一塁悪送球から傷口を広げた。
CS進出を絶対目標に挙げ、その言葉通りに6回途中で先発秋山君を下げると、惜しげもなく強力中継ぎ陣を投入。だが、ミス連発が投手陣にも影響する。8回登板のジョンソン君が51試合目で来日初被弾を喫するなど、今季ワーストタイの4本塁打を浴びた投手陣。
シーズン残り19試合。負けられないだけに口惜しい逆転負け。
まだまだ食らいついていこう猛虎ナイン!
2月オープン戦★★
3月オープン戦★★★△★☆☆★☆★☆★★★☆
3月ペナントレース☆☆★
4月★★★☆★☆☆★★★★☆★△☆★★★☆☆☆★☆☆☆
5月☆★☆☆☆★☆△☆★★☆☆★★★☆☆☆☆★☆☆☆★
6月★☆交流戦☆★☆★☆△☆★★★△★★★☆☆★★★
7月★☆★☆☆☆★★★球宴★★★☆☆△★★☆☆★☆★
8月☆ロード★☆★★★☆★☆☆★△☆★★★☆☆☆☆☆ロード★★☆
9月☆★

画像は12戦連続安打の木浪君です。


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:木浪 聖也内野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2019年03月16日


場所: 阪神甲子園球場

虎!50勝54敗6分

2019.08.15 Thursday


■2019/8/14 試合結果

対中日 20回戦 ナゴヤドーム

神 | 0 0 0 0 5 1 0 0 0 | 6
中 | 2 0 1 0 0 0 0 0 0 | 3

勝:能見1勝1敗0S
S:藤川4勝1敗7S
敗:山井3勝5敗0S
HR:木浪ソロ3号
阪神:秋山 - 能見 - 島本 - 岩崎 - ジョンソン - 藤川
中日:山井 - 三ツ間 - 祖父江 - 又吉
───────────
“復活の一打”

ファームで修行していましたか〜この若虎がいない間にベテランが出ていないのがさみしいけれども、ナゴド勝利で勢いに乗ろう!

3点を追う猛虎打線は5回表、二死走者無しから9番代打木浪君のヒットを口火に怒涛の6連打!1番近本君・2番北條君の連続タイムリーツーベースで2対3!3番福留さまは内野安打で繋ぎ、4番マルテ君が同点タイムリーツーベース!そして5番大山君はセンター前2点タイムリー!この回一挙5点を奪い、逆転に成功します!
6回表には木浪君の第3号ソロで追加点!投げては先発・秋山君の後を受けた自慢の救援陣が、5回以降各1イニングを無失点に抑え、見事6対3で勝利を収めました!2番手の能見君が待望の今季初勝利!

アナフレ目線
2月オープン戦★★
3月オープン戦★★★△★☆☆★☆★☆★★★☆
3月ペナントレース☆☆★
4月★★★☆★☆☆★★★★☆★△☆★★★☆☆☆★☆☆☆
5月☆★☆☆☆★☆△☆★★☆☆★★★☆☆☆☆★☆☆☆★
6月★☆交流戦☆★☆★★☆△☆★★★△★★★☆☆★★★
7月★☆★☆☆☆★★★球宴★★★☆☆△★★☆☆★☆★
8月☆長期ロード★☆★★★☆★☆☆★△☆
口火を切ったのはもう一人のルーキーだった。
自身23打席ぶりとなる安打を右前へ運ぶと、後続も続き、今季ワーストだった連続無得点イニングが24で止まっただけでなく、5得点で一気に中日山井投手をKO。まさに復活を告げる一打。
オープン戦は12球団最多の22安打で、開幕スタメンをつかむも、シーズンでプロ初安打を放つまで18打席かかる。そして挫折は夏場に入ってから訪れる。7月26日、初の2軍落ち。逆襲への思いを胸に、鳴尾浜でひたむきに汗を流す。6日の再昇格後、この日の代打安打が初安打。6回にも右翼席上段へ3号ソロを放った若虎が、ベテラン能見君の初勝利も呼び込んだ!
さ長期ロードで一気に5割復帰を目指そう猛虎ナイン!
2月オープン戦★★
3月オープン戦★★★△★☆☆★☆★☆★★★☆
3月ペナントレース☆☆★
4月★★★☆★☆☆★★★★☆★△☆★★★☆☆☆★☆☆☆
5月☆★☆☆☆★☆△☆★★☆☆★★★☆☆☆☆★☆☆☆★
6月★☆交流戦☆★☆★☆△☆★★★△★★★☆☆★★★
7月★☆★☆☆☆★★★球宴★★★☆☆△★★☆☆★☆★
8月☆長期ロード★☆★★★☆★☆☆★△☆




参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:木浪 聖也内野


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2019年03月16日


場所: 阪神甲子園球場

虎!35勝34敗4分

2019.06.24 Monday


■2019/6/23 試合結果

対西武 3回戦 甲子園

西 | 0 1 0 0 1 5 0 0 0 | 7
神 | 1 0 0 0 0 0 1 1 0 | 3

勝:松本航3勝1敗0S
敗:ガルシア2勝3敗0S
西武:松本航 - マーティン - 平井 - ヒース - 増田
阪神:ガルシア - 岩崎 - 守屋 - 島本 - 浜地
────────────
“交流戦終了“

交流戦の最終戦は勝利で飾ることができず。苦戦を強いられましたがなんとか貯金を残しての終了でよしとしましょう!

交流戦最後の試合に意気込んで臨んだ矢野猛虎の先発はガルシア君です。
1回裏、大山君がヒットで出塁しマルテ君のタイムリーで1点先制。昨日から
の勢いで今日も勝利するかと思われましたが、2回表、大山君のエラーで同点、
5回表には逆転タイムリーヒットを打たれ1対2に。続く6回表にも連続ヒットを打たれ、エラーも加わり2失点、さらにタイムリー内野安打で1点、打順が一巡し再びタイムリーを打たれ、この回一挙に5失点。
一方猛虎打線は7回裏、先頭打者の原口君がヒットで出塁し、糸井君が繋ぎ、大山君のタイムリーで1点を返しましたが、その後満塁でもあと1本が出ず、三者残塁。8回裏も先頭打者の高山君がヒットで出塁、木浪君のタイムリーで1点追加。4点差まで詰め寄り、再び満塁になりましたが、陽川君、大山君が打ち取られ三者残塁。最終回、一矢報いるべく反撃を見せますが、敢え無くゲームセット。ガルシアの立ち上がりは悪くなく、6回の連続ヒットでリズムが崩れ、後続もライオンズ打線に捕まり、流れが一気にライオンズへ。一方猛虎打線は何度も満塁で得点のチャンスがありましたが、あと1本が出ず惨敗を喫しました。今季の交流戦は6勝10敗2分となりました。
アナフレ目線
2月オープン戦★★
3月オープン戦★★★△★☆☆★☆★☆★★★☆
3月ペナントレース☆☆★
4月★★★☆★☆☆★★★★☆★△☆★★★☆☆☆★☆☆☆
5月☆★☆☆☆★☆△☆★★☆☆★★★☆☆☆☆★☆☆☆★
6月★☆交流戦☆★☆★★☆△☆★★★△★★★☆☆★
西武に完敗し3連戦3連勝を逃した矢野猛虎。交流戦最終戦を白星で飾れず、指揮官も様々な課題に厳しい表情でございました。
接戦を拾う試合運びができない・・・1点リードの2回2死二塁、打球は三ゴロで攻守交代と思われましたが、大山君が一塁悪送球。痛恨の適時失策。
両リーグ最多14失策の大山君は厳しい表情のまま無言で引き揚げました。
6回もガルシア君が本塁ベースカバーに遅れ、中堅近本君の送球失策による進塁を許すなど、無駄な失点を重ねた猛虎野手陣。
チーム66失策は12球団ワースト。課題が浮き彫りになりましたね〜
交流戦は6勝10敗2分けで、貯金1でリーグ戦に突入します。
しまっていこう猛虎ナイン!
2月オープン戦★★
3月オープン戦★★★△★☆☆★☆★☆★★★☆
3月ペナントレース☆☆★
4月★★★☆★☆☆★★★★☆★△☆★★★☆☆☆★☆☆☆
5月☆★☆☆☆★☆△☆★★☆☆★★★☆☆☆☆★☆☆☆★
6月★☆交流戦☆★☆★☆△☆★★★△★★★☆☆★




参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:木浪 聖也内野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2019年04月14日


場所: 阪神甲子園球場

虎!7勝13敗1分

2019.04.22 Monday



■2019/4/21 試合結果

対巨人 6回戦 甲子園

巨 | 0 0 0 1 0 0 1 0 1 | 3
神 | 0 0 0 0 0 0 0 0 0 | 0

勝:メルセデス2勝1敗0S
S:クック0勝1敗6S
敗:西2勝2敗0S
巨人:メルセデス - 中川 - クック
阪神:西 - ジョンソン - ドリス
──────────
“いい試合であったと思う“

結果こそ屈辱の3連敗であったが、息の詰まるような投手戦!そしてわずかな失投とミスが敗戦となった。

西君らしい強気のピッチングで7回4安打2失点(自責点1)に抑える好投も、昨日に続き猛虎打線が援護できませんでした。攻撃では、近本君・糸原君の1・2番コンビがマルチヒット!陽川君に今季初安打となるツーベースヒットが出
ますが、いずれも得点に結びつかず。9回表にはドリス君を投入し、逆転への執念を見せますが、逆にバッテリーミスで痛恨の3点目。
9回裏には代わった投手から先頭の3番糸井君がヒットで出塁も、後が続かず0対3でゲームセット。対巨人戦痛恨の6連敗となりました。

アナフレ目線
2月オープン戦★★
3月オープン戦★★★△★☆☆★☆★☆★★★☆
3月ペナントレース☆☆★
4月★★★☆★☆☆★★★★☆★△☆★★★
マスコミには散々書かれてしまうでしょう。しかし決して巨人に対して苦手意識を持っては欲しくないと思います。確かに打てないが、不運なプレーが勝敗を分けました。
4回守備でボールデッドとなり、一塁走者が生還となったプレーに関して日本野球機構(NPB)への意見書提出を検討することを決めた猛虎。
4回に遊撃併殺を狙った際、二塁に滑り込んだ選手はベース上に立ちはだかる格好で、両腕を広げてセーフの動作。二塁糸原君は重なり合う形になって一塁悪送球し、一塁側ベンチに飛び込んだプレー。
守備妨害という意見書は当然でしょう。1失点に対してもっと執念を持って抗議できなかった監督の甘さが出たのでしょう。
5番梅野君が機能しなかった点など全てに監督の責任であるコメント。それでいいのでは無いでしょうか。追加点に対しても、8番打者と勝負してしまったバッテリーを止めなかったことも采配ミス。
それだけ選手たちはいい戦いをしていた証。
巨人との戦いはまだまだ続きます。しかし悔しいほどチャンスにピッチャーゴロが多くて胃が痛くなったな〜打てなくてもしっかり守りきれ猛虎ナイン!
2月オープン戦★★
3月オープン戦★★★△★☆☆★☆★☆★★★☆
3月ペナントレース☆☆★
4月★★★☆★☆☆★★★★☆★△☆★★★

画像はショートで好プレーの木浪君!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:木浪 聖也内野手



撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2019年03月16日


場所: 阪神甲子園球場











虎!7勝11敗1分

2019.04.20 Saturday



■2019/4/19 試合結果

対巨人 4回戦 甲子園

巨 | 0 3 0 2 1 0 0 6 0 | 12
神 | 0 0 0 0 0 0 3 0 1 | 4

勝:菅野3勝1敗0S
敗:メッセンジャー1勝2敗0S
HR:木浪スリーラン1号、小林スリーラン1号、岡本ソロ7号、坂本勇ツーラン5号
巨人:菅野 - 戸根 - 高木 - 吉川光
阪神:メッセンジャー - 守屋 - 齋藤 - 桑原 - 能見

4/20の予告先発
巨:ヤングマン
神:岩貞 祐太
──────────
“負け方は悪くない“

何度も言わせていただいていますが、負け方が悪くなくなって来ていますね。
必ず甲子園では巨人に勝ち越しましょう!

メッセンジャー君が先発マウンドへ上がる伝統の一戦!早めに援護点を入れたい猛虎打線は菅野投手を捉えきれず得点することができません。
メッセンジャー君は序盤から連続安打とホームランを浴び5回表までに6失点、5回途中で打球を受け降板。差を広げられてしまいます。
6回、7回はプロ初登板となる齋藤君がランナーを出しながらも無失点で抑え
味方の反撃を待ちます。何としても追いつきたい猛虎打線は7回裏、梅野君のレフト線ツーベースヒットから代打近本君がレフト前ヒットを放ちチャンスを作ると、途中出場の木浪君がやってくれました!
菅野投手のスライダーを完璧に捉えプロ初となる第1号スリーランホームランを叩き込み3点差まで追い上げます。8回表、4番手桑原君がツーアウトまで追い込むも連打と味方のエラーから6失点。最終回、意地を見せたい猛虎打線は梅野君のレフトオーバーのツーベースヒットからチャンスを作ると木浪君がストレートを完璧に捉えライトオーバーのタイムリーツーベースヒットを放ち1点を返します。が、後続を絶たれ阪神4対12巨人でゲームセット。

アナフレ目線
2月オープン戦★★
3月オープン戦★★★△★☆☆★☆★☆★★★☆
3月ペナントレース☆☆★
4月★★★☆★☆☆★★★★☆★△☆☆
敗因はわかっている。あれだけ守備の乱れがあれば。そしてメッセ君が試合を作れないほどの乱調であれば勝ち目はない。まして相手投手が沢村賞投手で、前半で6失点となれば、中継ぎの桑原君とてこの日の出番は無いと思っていたでしょう。しかし同じ敗戦でも最後まで反撃をしているところがいいじゃ無いですか!ルーキー齋藤君の好投に報いるかのように、同じルーキー木浪君が菅野投手をマウンドから引き摺り下ろすプロ初本塁打!二桁失点も、ベテラン糸井君の本塁憤死など、最後まで諦めない戦いぶりは必ず次回に繋がるでしょう!
とにかくこの日は失策に反省かな。久慈コーチはお冠でしょう!負け越しはいかんぞ猛虎ナイン!

2月オープン戦★★
3月オープン戦★★★△★☆☆★☆★☆★★★☆
3月ペナントレース☆☆★
4月★★★☆★☆☆★★★★☆★△☆★





参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:木浪 聖也内野手



撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2019年03月16日


場所: 阪神甲子園球場










虎!5勝8敗

2019.04.13 Saturday



■2019/4/12 試合結果

対中日 1回戦 甲子園

中 | 1 0 0 2 0 3 0 0 3 | 9
神 | 0 0 0 0 0 1 3 0 0 | 4

勝:笠原1勝0敗0S
敗:メッセンジャー1勝1敗0S
HR:ビシエド ツーラン4号・ツーラン5号
中日:笠原 - 佐藤 - 谷元 - ロドリゲス - R.マルティネス
阪神:メッセンジャー - 岩崎 - ジョンソン - 桑原 - 尾仲

4/13の予告先発
中:柳 裕也
神:岩貞 祐太
─────────────
“勢いを止めるな“

逆転ムードであった勢いを止めてしまった。これが敗因でしょう

虎の先発メッセンジャーくんは初回、守りのミスから1点を先制されてしまい
ます。試合を振り出しに戻したい猛虎打線はドラゴンズ先発投手のチェンジアップにタイミングが合わず捉えることができません。
4回表、ツーランホームランで2点を追加され、さらに6回表にツーランとタイムリーで3点が入り阪神0対6中日と差を広げられてしまいます。
6回裏、代打上本君が先頭打者安打で出塁すると近本君もレフト前へ運ぶヒッ
ト!続く糸原君の内野ゴロの間に近本君が生還!1点を返します。
流れが変わった猛虎打線は7回裏、代打木浪君がプロ初ヒットとなるセンター前ヒットを放ちチャンスを作ると、7番北條君も初球から積極的に攻めてライ
ト前ヒット!梅野君のライトフライでそれぞれがタッチアップで進塁しチャンスを広げます。9番上本君の打席の間にワイルドピッチで3塁ランナー木浪君がホームイン!1点を追加し尚もワイルドピッチで2塁ランナー北條君が3塁へ進塁!ここで当たってる近本君がセンター前へ弾き返しタイムリーヒット!1点を追加し2点差まで追い上げましたが・・・9回表投手陣が捕まり連打を許し3点を追加され5点差。最終回、意地を見せたい猛虎打線は梅野君のライト前ヒットと近本君のファースト内野安打でチャンスを作り、糸原君がフォアボールを選び一死満塁まで迫りますが後が続かずゲームセット。
ドラゴンズとの3連戦の初戦を落としました。
アナフレ目線
2月オープン戦★★
3月オープン戦★★★△★☆☆★☆★☆★★★☆
3月ペナントレース☆☆★
4月★★★☆★☆☆★★★
目立たなかったが大きな動きを見せた矢野監督。
4番大山君が開幕13試合目で初の途中交代を命じられた。
近本君の適時打などで2点差に迫った7回2死満塁。ファンは一打大逆転を夢見たが、力のない三ゴロに倒れてため息が充満。前日は1号も出たが、矢野監督は4打数無安打の主砲を直後の守備からベンチに下げる決断。
13日も4番継続の方針だが、低調な打線を象徴する交代劇が苦しい3連敗を浮き彫りにしている。
確かに、申告敬遠で回ってきた屈辱の打席に、あっさり追い込まれると、3球目は懐を突かれて力負けの三ゴロ…。これで勝負は決まりました。
全体的にも、左腕先発へのアレルギーが大きな敗因。技巧派の笠原投手が仕掛ける「前後」の揺さぶりに惑わされた。
今季は左腕先発を崩せずにいる。巨人メルセデス投手、高橋投手、広島床田投手、DeNA浜口投手…。いずれも白星を許した相手で、左先発6戦は5連敗の窮状。まだ序盤戦とはいえ、この左腕投手アレルギーも克服したいところでしょう。まあこの日は木浪君に初ヒットが生まれて、開幕オーダー野手全員に結果が出たことで、仕切り直して行こうじゃないか!
2月オープン戦★★
3月オープン戦★★★△★☆☆★☆★☆★★★☆
3月ペナントレース☆☆★
4月★★★☆★☆☆★★★


画像は待ち望んだ初ヒット!木浪君です。すでに猛打賞も達成している近本君に追いつけ追い越せですね。


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:木浪 聖也内野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2019年03月16日


場所: 阪神甲子園球場











虎!オープン戦4勝11敗1分

2019.03.24 Sunday



■2019/3/23 試合結果

対オリックス 2回戦 京セラD大阪

オ|100 020 001|4
神|000 002 000|2

オ:東明-澤田-岩本
神:岩貞-桑原-島本-ドリス-藤川

──────────
“国産打線も面白い“

先日の甲子園観戦で鳥谷君の姿を見かけなかっただけに心配でしたが、この日の好調ぶりに安心いたしました。
2安打はもちろん素晴らしい、さらに2打席目のセーフティーバントも、3点ビハインドで先頭打者の出塁が必要という冷静な状況判断ができていました。
また、遊撃の守備でもかなり深く守り、肩の状態がいいからこその守備位置。この2、3年では最もいい状態で迎える開幕になりそうです。
チームはこの日の敗戦で最下位の危機にあります。21日ロッテ戦から3連敗。本日のオリックス戦に敗れると、2年連続オープン戦最下位が確定する。
ただ、指揮官は前を向いていました。
今日の試合は面白かったと・・・・みんながチャレンジすることで気持ちを前に向いていると。アウトにはなったが、7回1死三塁から上本君の三ゴロで三走・江越君が本塁へ。8回にも木浪君がタッチアップで本塁を狙った。新オーダーのテストと積極的な攻撃−。敗戦の中で収穫はあるはずだ。

アナフレ目線
2月オープン戦★★
3月オープン戦★★★△★☆☆★☆★☆★★★
オープン戦最終の3連戦で大砲候補だったマルテ君が合流できない現状では、助っ人抜きの開幕オーダーも考えざるを得ない。
結果を残してスタメンに名を連ねそうな木浪君、近本君も、やはり新人だから配慮が必要。そうなると、この日の内野布陣はかなり有力な選択肢にもなりますね。
木浪君は守り慣れた二遊間がいい。負担を考えると二塁がベスト。鳥谷君が遊撃でこの日のような動きが見せられるのなら、この日のスタメンが3・29でも実現する可能性は大。
2月オープン戦★★
3月オープン戦★★★△★☆☆★☆★☆★★★



画像はオープン戦首位打者候補の木浪君です!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:木浪 聖也内野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2019年03月16日


場所: 阪神甲子園球場











猛虎春季キャンプレポート2019

2019.02.27 Wednesday





“新人離れしたスイング”

すでにルーキーとは思えないスイングをしている男に首脳陣の視線が集中していますね。

ドラフト3位の木浪君が紅白戦に白組の2番三塁で出場し、マルチ安打を記録。春季キャンプの実戦全8試合でヒットを放ち猛アピールです。

初回には西君の129キロ外角球を捉えると、打球は左中間へ。
実戦では二遊間だけでなく、一、三塁も守り、4番候補の大山君が結果を
残せなければ、三塁起用も浮上するほど、清水ヘッドコーチはべた褒め。
大山君に4番を打ってほしいとは思っているが、機能しないようなら・・・・と含みを持たせるほど。首脳陣へのすさまじいアピールで起用の選択肢を広げていることは事実です。

新人時代からプロのスイングをしていた、林君や上本君を思い出させますね〜テレビでフリー打撃を見ても実にタイミングよく球を捉えて、すでに熟成しているスイングに素人ながら感じました。

春季キャンプも本日が最終日。を迎える。本人が思っている以上に出来すぎだと謙遜していますが、キャンプ中に発注したファーストミットも手元に届き、激しい内野争いで間違いなく一石を投じるホープが誕生しそうです。甲子園でお会いできることを楽しみに。



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:トラッキー



撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2018年11月23日

 
場所:阪神甲子園球場



猛虎春季キャンプレポート2019

2019.02.09 Saturday





“ルーキーの1発”

そりゃ〜昨年までチームに居なかった新人が1発を放てば、先輩野手は焦るわな〜

ドラフト3位ルーキの木浪君が7日、初実戦となる紅白戦に紅組の「7番・三塁」で出場し、7−7で迎えた最終回の六回に新人では12球団最速弾となる決勝3ランを放ちました!
両軍合わせて25安打17得点の乱打戦に矢野監督も大満足だったようですね〜甲子園でも、こんな打ち勝つチームを待ち望んでいます!

 快音とともに、曇天の宜野座にアーチを架けた木浪君。新人では12球団最速というおまけつき。緊張の面持ちながら、胸を張って、ダイヤモンドを一周しました。
沸かせたのは最速アーチだけではなく、0−0の二回無死一塁の場面、プロ初打席でいきなりバットを寝かせ、投前犠打で、一挙7得点を呼び込む。社会人のホンダ時代は1、3番を任されており、つなぎ役とは、ほぼ無縁。プロで生きていくために、宜野座でもコツコツとマシンを相手にバント練習を繰り返してきたようです。

しかし、現実は厳しい!木浪君の目下の目標は北條君や鳥谷君らとの激しい遊撃争いが待つ。

17年ぶり最下位となった昨季はチーム打率・253とセ・リーグ5位猛虎打線復活を彩る矢野チルドレンが、早くも出てきたようですね〜

しかしなんですが、打たれてばかりの投手陣は大丈夫かな〜ってね。
 

参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:キー太




撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2018年04月21日

 
場所:阪神甲子園球場


Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recent Entries

Category

Archives

Search

このブログ内の記事を検索

Recent Comment

Recent TrackBack

QR Code

Other