アナフレ猛虎会

皆様こんにちは。アナフレ猛虎会 通称”頑張れ阪神タイガース☆です。
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

猛虎春季キャンプレポート2019

2019.02.27 Wednesday





“新人離れしたスイング”

すでにルーキーとは思えないスイングをしている男に首脳陣の視線が集中していますね。

ドラフト3位の木浪君が紅白戦に白組の2番三塁で出場し、マルチ安打を記録。春季キャンプの実戦全8試合でヒットを放ち猛アピールです。

初回には西君の129キロ外角球を捉えると、打球は左中間へ。
実戦では二遊間だけでなく、一、三塁も守り、4番候補の大山君が結果を
残せなければ、三塁起用も浮上するほど、清水ヘッドコーチはべた褒め。
大山君に4番を打ってほしいとは思っているが、機能しないようなら・・・・と含みを持たせるほど。首脳陣へのすさまじいアピールで起用の選択肢を広げていることは事実です。

新人時代からプロのスイングをしていた、林君や上本君を思い出させますね〜テレビでフリー打撃を見ても実にタイミングよく球を捉えて、すでに熟成しているスイングに素人ながら感じました。

春季キャンプも本日が最終日。を迎える。本人が思っている以上に出来すぎだと謙遜していますが、キャンプ中に発注したファーストミットも手元に届き、激しい内野争いで間違いなく一石を投じるホープが誕生しそうです。甲子園でお会いできることを楽しみに。



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:トラッキー



撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2018年11月23日

 
場所:阪神甲子園球場



猛虎春季キャンプレポート2019

2019.02.09 Saturday





“ルーキーの1発”

そりゃ〜昨年までチームに居なかった新人が1発を放てば、先輩野手は焦るわな〜

ドラフト3位ルーキの木浪君が7日、初実戦となる紅白戦に紅組の「7番・三塁」で出場し、7−7で迎えた最終回の六回に新人では12球団最速弾となる決勝3ランを放ちました!
両軍合わせて25安打17得点の乱打戦に矢野監督も大満足だったようですね〜甲子園でも、こんな打ち勝つチームを待ち望んでいます!

 快音とともに、曇天の宜野座にアーチを架けた木浪君。新人では12球団最速というおまけつき。緊張の面持ちながら、胸を張って、ダイヤモンドを一周しました。
沸かせたのは最速アーチだけではなく、0−0の二回無死一塁の場面、プロ初打席でいきなりバットを寝かせ、投前犠打で、一挙7得点を呼び込む。社会人のホンダ時代は1、3番を任されており、つなぎ役とは、ほぼ無縁。プロで生きていくために、宜野座でもコツコツとマシンを相手にバント練習を繰り返してきたようです。

しかし、現実は厳しい!木浪君の目下の目標は北條君や鳥谷君らとの激しい遊撃争いが待つ。

17年ぶり最下位となった昨季はチーム打率・253とセ・リーグ5位猛虎打線復活を彩る矢野チルドレンが、早くも出てきたようですね〜

しかしなんですが、打たれてばかりの投手陣は大丈夫かな〜ってね。
 

参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:キー太




撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2018年04月21日

 
場所:阪神甲子園球場


Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recent Entries

Category

Archives

Search

このブログ内の記事を検索

Recent Comment

Recent TrackBack

QR Code

Other