アナフレ猛虎会

皆様こんにちは。アナフレ猛虎会 通称”頑張れ阪神タイガース☆です。
▼ 猛虎かく勝てり1172
[ 加藤 ]




“厳しい現実を受け止めて”

背番号63番 加藤 康介投手

2015年度成績
登板6勝利0敗北0セーブ0完投0完封勝0無四球0対打者13投球回2 1/3安打4本塁打0四球2死球0三振2暴投0ボーク0失点5自責点3防御率11.57

シーズン終了まもなく真っ先に戦力外通告を受けた男!本人は覚悟していたでしょうね〜
燻銀の加藤君です!
先日合同トライアウトに挑んでいる縦縞の加藤君がひときわ目立っておりました。
今シーズンは長年酷使し続けた右股関節にある大腿骨の骨頭が耐えられなくなり、日常生活でも激痛が走るほど深刻な状態を過ごす年になってしまい、その影響で一軍公式戦への登板が6試合にとどまリました。
そして10月1日に球団から戦力外通告を受けた加藤君。
年齢的にはまだ37歳ですから、来季はどこかの球団で猛虎と対戦するやもしれません。
なぜ加藤君を戦力外にしたのなら、戦力内の若虎投手が思い浮かばないのか・・・・そこが猛虎の現在の深刻な問題でしょう。
加藤君の復活を期待して!
画像はありませんのでご了承ください。




参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:猛虎ナイン



アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2015年03月31日


場所:明治神宮球場
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:25 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり1012
[ 加藤 ]




“ベテランの復調に期待する”

背番号63番 加藤 康介投手

2014年度成績
登板32勝利3敗北0セーブ0完投0完封勝0無四球0対打者115
投球回23 2/3安打31本塁打2四球10死球2三振15暴投1ボーク0
失点12自責点12防御率4.56

いつのまにか一軍から抹消されていたベテラン!ちょいと心配でございます。その分高宮君にチャンスがまわり中継ぎ左腕の座を譲りました。
本日のかく勝てりは、いぶし銀加藤君です。
(あれよあれよと三勝を挙げたシーズンでしたが、小生のカメラには今シーズンは写っていませんでした。)→修正いたします。画像差し替えました。
本人にとっても不本意なシーズンでしたでしょう。
昨年はいぶし銀の活躍で甲子園お立ち台での号泣シーンもあった加藤君!
来季また元気な姿を魅せてくれますように。



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:加藤 康介投手


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2014年03月29日


場所:東京ドーム
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:06 | - | - |
▼ 虎34勝34敗
[ 加藤 ]

■2014/6/22 試合結果

対楽天 4回戦 甲子園

楽|040 100 000|5
神|000 001 000|1

勝:美馬2勝6敗0S
敗:能見5勝6敗0S
HR:ラッツ ツーラン1号、牧田ソロ2号
楽天:美馬 - 永井 - 福山 - 斎藤 - ファルケンボーグ
阪神:能見 - 金田 - 安藤 - 福原 - 加藤

─────────
“ゼロからの再スタート”

久しぶりにプロ野球のニュースがトップで放映された夜、交流戦の優勝を決めたのが巨人でした。そして交流戦最下位が決定したのが猛虎でございます
この現実をどう受け止めるのか・・・・
ただただ土下座状態の関川コーチだったようですが・・・根の深い問題に思えてなりません。

交流戦を白星で締めたい和田猛虎でしたが、先発の能見君が大乱調。
二回表にツーランなどを浴びての4失点・・四回表には伏兵・牧田選手にも一発を浴びて、今季最速の四回5失点でマウンドを降りました。
五回以降は金田君プラス安藤君・福原君・加藤君が無失点リリーフを魅せますが猛虎打線は今日も元気なく・・・六回裏に4番ゴメス君のタイムリーで1点を返すのが精一杯。1対5で敗れ、交流戦は9勝15敗と大きく負け越してしまいました。




アナフレ目線です
交流戦★☆★☆★☆★★★☆★☆★★☆★★☆★☆☆★★★
5月★★☆★☆★★★★☆★☆★☆☆
4月★☆★★☆☆★★☆★☆☆☆☆☆☆★★☆☆☆☆★☆☆☆★☆☆
左右のエースが投げて、同チームに連敗。打線はわずか二試合で1得点のみ。
和田猛虎の交流戦は最下位という結果となりました。
調子が悪ければ打線をいじくり固定せず、先発投手が崩れれば、打線を入れ替え点を取って勝とうとする。結果的には野手の守備の乱れを呼び込み、打てない抑えられない悪循環の交流戦。
最大9個あった貯金もついに尽きてしまった猛虎。
リーグ戦は勝率5割からの再出発!4日間の休みで立て直して、まずは甲子園で目下の敵、4位ドラゴンズとの戦いがはじまります。
交流戦★☆★☆★☆★★★☆★☆★★☆★★☆★☆☆★★★
5月★★☆★☆★★★★☆★☆★☆☆
4月★☆★★☆☆★★☆★☆☆☆☆☆☆★★☆☆☆☆★☆☆☆★☆☆


画像は最終回をピシャリと抑えた、いぶし銀加藤君でした。


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:加藤 康介投手


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2014年04月06 日


場所:明治神宮球場
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:04 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり863
[ 加藤 ]






“ウォーミングアップ”

背番号63番 加藤 康介投手

2013年度成績
61登板1勝2敗1S 防御率1.97
完投0 投球回50 1/3 奪三振54 自責点11

お立ち台に上がってなりふり構わず涙した男!
今年の猛虎はルーキーが頑張ったけれども、ベテランも本当に頑張ってくれました。
その代表格こそこの加藤君でしょう。
猛虎の苦労人を収めた画像は、本年の小生の撮った縦縞画像の最高傑作だと思っています。
マウンドに向かう前にウォーミングアップする加藤君ですね。
帽子を深々と被り、あえて表情を悟られないように黙々と準備をしているシーンです。

この習慣は何処の球場でも同じです。そして加藤君独特の練習法です。
いつぞやかいぶし銀の加藤君と呼ばせていただきました。
来季も勝負所での登板に期待いたします。


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:加藤 康介投手


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2013年03月30日


場所:明治神宮球場

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:02 | - | - |
▼ 虎!(^^)!63勝49敗2分け
[ 加藤 ]






■2013/8/31 試合結果

対広島 19回戦 甲子園

広|010 000 000|1
神|100 100 00x|2

勝:藤浪10勝4敗0S
S:福原4勝0敗11S
敗:久本3勝4敗1S
広島:バリントン - 久本 - 横山 - 今村
阪神:藤浪 - 松田 - 加藤 - 福原

9/1の予告先発
広:今井 啓介
神:秋山 拓巳
──────────

“甲子園の申し子”

流石は甲子園球場!二度にわたる降雨中断、イタチの乱入にもめげずに
甲子園園芸の絶妙なグランド整備で夏休みに訪れた少年虎党達を最後まで
楽しませてくれました!
そして甲子園の申し子が二桁勝利達成でチームの連敗をストップです!

甲子園での対赤ヘルさんとの19回戦、虎の先発は藤浪君です!
猛虎打線は初回に西岡君のヒットと上本君の送りバントでチャンスを作ると今日も
4番に入った鳥谷君がタイムリーを放ち先制!(^^)!
しかし直後の二回表にスクイズを決められ同点に追い付かれます。勝ち越したい猛虎は

四回裏にマートンくんのツーベースを足がかりに一死3塁のチャンスを作ると、
マイペース新井サンの犠牲フライで勝ち越しに成功!
先発の藤浪君は六回1失点に抑えて、後を受けた松田君、加藤君、福原君も
1イニングずつ無失点で抑えて見事逃げ切りに成功!これで藤浪君はセ・リーグ新人投手では
46年ぶりとなる江夏豊投手以来2人目の2桁勝利を達成です!(^^)!

アナフレ目線です
【8月戦績】★ロード☆★☆★☆☆★☆☆★★☆☆☆☆★☆☆☆☆★★★ロード★☆
いや〜藤浪君は素晴らしいですね〜何が素晴らしいって?ピンチにも動じない心臓の強さとでも
いいますか(#^.^#)
この日はセットポジションで投球しました。少しサイド気味に投げ入れる投球スタイルが
赤ヘル打線を翻弄していました。
そしてその彼を好リードで盛り立てたのが目立ちませんが清水君ですネ!五回1死満塁のピンチで、
丸選手を外角カットボール3球勝負で三振。4番キラ選手へは一転、力のある高めのつり球を
2球続けて三邪飛に仕留めました。
一番いいボールが真っすぐということを引き出し、腕を振らせる素晴らしいリードも見逃しません!
【7月戦績】★★☆☆☆☆☆☆★☆★★☆☆★★★★☆★
【6月戦績】★★☆☆☆★
【交流戦】★★★☆☆★△☆☆☆★★★☆☆★☆☆☆☆☆★★★
【5月戦績】★☆☆★☆☆☆☆☆☆
【4月戦績】☆★★☆★★☆★☆△☆☆★☆★★☆☆☆☆★☆★☆★☆★☆


画像は藤浪君と一緒に嬉しいお立ち台の加藤君です!二度の戦力外通告から縦縞に来た男が、
まさか甲子園の大観衆の前でお立ち台に上がれるとは思っていなかったのでしょう。



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:加藤 康介投手


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2013年03月31日


場所:明治神宮球場


author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:15 | - | - |
▼ 虎(・.・;)38勝29敗2分け
[ 加藤 ]





■2013/7/2 試合結果

対巨人 10回戦 甲子園

巨|000 010 100 01|3
神|011 000 000 00|2

勝:山口4勝1敗2S
S:西村2勝2敗19S
敗:筒井3勝1敗1S
巨人:菅野 - 青木 - マシソン - 山口 - 西村
阪神:能見 - 安藤 - 福原 - 加藤 - 筒井 - 渡辺

7/3の予告先発
巨:内海 哲也
神:藤浪 晋太郎
─────────
“点の取られ方が流れを変える”

首位攻防戦第一ラウンドは、どちらも譲らない熱戦となりました!


聖地甲子園での伝統の一戦!対巨人10回戦は首位攻防戦!
虎の先発は巨人キラーの能見君です!(^^)!そして巨人はルーキーの
菅野投手でプレイボール!
序盤、菅野投手の立ち上がりを捉え先制点を叩きだしたのは、なんと
先発の能見君です!(^^)!
二回にタイムリーツーベースヒットを放ち1点を先制します!
続く三回も相手のミスで出来たチャンスを新井サンがしっかり活かし
2点目を取り優位に試合を進めます!
能見君は毎回ランナーを背負うも要所を抑えて無失点で試合を進め
ますが、五回にアンラッキーな当たりで1点を返され、七回にもう1点
返され同点とされ、そのまま延長へ突入。
両チームの中継ぎ陣が踏ん張り十一回まで同点のまま進みますが、
猛虎6番手の渡辺君が満塁の
ピンチで押し出しのフォアボールを与えてしまい、これが決勝点となって
惜しくも敗戦・・4時間30分を越える熱戦は両チーム意地の総力戦
でした(#^.^#)

アナフレ目線です
【7月戦績】★
試合の流れは序盤は猛虎でした。しかし点の取り方が良かったものの、
取られ方がこの日の試合の流れを変えています。
アンラッキーな当たりだったかもしれませんが、その後の事態を想定
していなかった守備。そしてもったいない押し出し四球。これが明暗を
分けましたね。
十回から登板の福原君が二、三塁のピンチを招いたあと、この場面で
マウンドに上がった加藤君が強気のピッチングを魅せてくれました。
3試合連続で無失点に抑えたベテランの投球が光りました。 
筒井君と渡辺君は見習おう(#^.^#)
【6月戦績】★★☆☆☆★
【交流戦】★★★☆☆★△☆☆☆★★★☆☆★☆☆☆☆☆★★★
【5月戦績】★☆☆★☆☆☆☆☆☆
【4月戦績】☆★★☆★★☆★☆△☆☆★☆★★☆☆☆☆★☆★☆★☆★☆

画像はこの日、35歳の誕生日の加藤君です!
十回2死二、三塁から登板し、勝ち越しを許さない強気のピッチング
でした(#^.^#)



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:加藤 康介投手


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2013年05月06日


場所:東京ドーム

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:07 | - | - |
▼ 虎(・.・;)28勝20敗2分け
[ 加藤 ]






■2013/5/29 試合結果

対楽天 2回戦 甲子園

楽|000 001 001|2
神|000 000 000|0

勝:戸村2勝0敗0S
S:ラズナー0勝0敗4S
敗:榎田2勝5敗0S
楽天:戸村 - 青山 - 小山伸 - 片山 - ラズナー
阪神:榎田 - 福原 - 加藤
──────────

“守りの野球に完敗”


昨日の解説者だった矢野様が下柳君の事を語っていました。
タイムリーを打たれた時に、“くそ〜っ!”と叫びながらベースカバーに
来る下柳がすごく好きだったと。
9回に追加点を奪われた福原君!悔しい表情をしていましたね〜
久保君が抹消で渡辺君がファームから上がってきました。猛虎投手陣の
踏ん張り所です。
打線も奮起しなければ〜再三の好機を逃しちゃ〜いけまへんな。


猛虎打線は初回、2死満塁の好機をつかむものの、良太新井君が
凡退し先制機を逃しました。
三回まで無安打無得点。楽天も三回まで榎田君の好投で1安打
無得点と投手戦となります。
楽天は六回、2死から安打と死球で一、二塁としマギー選手の
適時打で1点先制。
猛虎打線は楽天戸村投手の前に六回まで3安打に抑えられた
ということがこの試合を物語ります。
九回にも嶋選手の適時打で加点された猛虎。今季7度目の
完封負けで2連敗です。

アナフレ目線です
【交流戦】★★★☆☆★△☆☆☆★★
【5月戦績】★☆☆★☆☆☆☆☆☆
四球連発の楽天戸村投手に対して前半だけで3回の満塁機を
得た猛虎打線!要所での一本が出ずゼロ行進。これでは
八回1失点と好投の先発榎田君を援護できませんでした。
後半も盗塁失敗や併殺打でホームが遠し!
接戦のようでも内容は楽天さんに完敗。交流戦は1つ負け越しで
ターンとなります。
とにかくもっと熱くなって欲しいですね〜猛虎ナイン!
【4月戦績】☆★★☆★★☆★☆△☆☆★☆★★☆☆☆☆★☆★☆★☆★☆


画像は九回に登板した加藤君!昨日のリベンジマウンドを
見事併殺で切り抜けてくれました(#^.^#)


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:加藤 康介投手


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2013年03月30日


場所:明治神宮球場

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:02 | - | - |
▼ 虎(・.・;)23勝15敗1分け
[ 加藤 ]






■2013/5/14 試合結果

対オリックス 1回戦 甲子園

オ|000 010 000|1
神|000 000 000|0

勝:ディクソン4勝1敗0S
S:平野佳1勝0敗7S
敗:スタンリッジ3勝3敗0S
HR:坂口ソロ2号
オリックス:ディクソン - 佐藤達 - 平野佳
阪神:スタンリッジ - 福原 - 加藤 - 筒井

5/15の予告先発
オ:松葉 貴大
神:榎田 大樹
──────────
“交流戦の落とし穴”

二度同じ相手には負けたくはない。ましてや完封負けとなった投手に対しては!
2013年の交流戦が開幕!初戦のカードはオリックスさんです(#^.^#)

虎の先発スタンリッジ君が三回まで毎回安打を許しながら無失点の好投を魅せます。
しかし猛虎打線も三回まで毎回得点圏に走者を進めながら先制点を奪えず。
先制したのはオリックスさんでした。五回1死から坂口選手が先制の右越えソロを放ち、

均衡がやぶれました。この1点が試合を決めることになるとは・・・・・
オリックス先発ディクソン投手に六回まで3安打無失点に抑えられた猛虎打線。
気が付けば完封負けのスタートになりました。
アナフレ目線です
【交流戦】★
【5月戦績】★☆☆★☆☆☆☆☆☆
初戦はオリックスさんを甲子園に迎えての関西ダービー!
始めに嬉しいことは、ひろし君と平野君が頑張っていますね〜とくにひろし君は
縦縞時代に育成枠から支配者登録!いまやオリックスの3番打者として定着した
活躍には驚かされます。
そして一匹狼平野君もユニフォームを汚しながらのガッツなプレーも健在でござ
いました(#^.^#)
さて、勝てば公式戦から続く連勝が7まで伸びる猛虎。
両外国人投手の投げ合いは息詰まる投手戦となり、序盤はどちらもチャンスを
作るも得点は出来ずに0対0のまま終えますが、五回のわずかな失投で試合は
決まりました。
その後猛虎自慢のリリーフ陣もピンチを切り抜け得点を与えませんでしたが、
猛虎打線が四回以降沈黙。
やはり普段対戦しないピッチャーはタイミングが合わないのでしょうか・・・・
それは相手も同じでしょう。切り替えていきませう(#^.^#)
【4月戦績】☆★★☆★★☆★☆△☆☆★☆★★☆☆☆☆★☆★☆★☆★☆


画像はしっかりピンチを切り抜けてくれました!いぶし銀加藤君です(#^.^#)


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:加藤 康介投手


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2013年03月30日


場所:明治神宮球場

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:02 | - | - |
▼ 虎(・.・;) 1勝2敗
[ 加藤 ]




■2013/3/31 試合結果

対ヤクルト 3回戦 神宮

神|000 000 000|0
ヤ|100 001 00x|2

勝:八木1勝0敗0S
S:バーネット0勝0敗2S
敗:藤浪0勝1敗0S
HR:雄平ソロ1号
阪神:藤浪 - 加藤 - 鶴
ヤクルト:八木 - 山本哲 - バーネット
────────

“未来のエースが初登板”

待ちに待った初マウンド!その日がついにやってきました!(^^)!
この日もとにかく寒い神宮球場でしたが、この若者の球質は燃えていましたね!

虎の先発ゴールデンルーキー藤浪君!初回、先頭バッターのエラー出塁で
リズムを崩し、1点を先制される厳しい立ち上がりでしたが、2回以降はランナー
を背負うも粘りのピッチング!4回にプロ初の三者凡退で抑えると、前半を
1失点に抑え、打線の援護を待ちます。
そして6回に伏兵の雄平選手にソロを浴びて2失点でプロ初マウンドを降りました。
さて、この日の猛虎打線ですが、昨日とまったく同じ試合を見ているかのように
沈黙!

猛虎打線は後半もヤクルトの先発八木投手を打てませんでしたね〜っていうか
この投手は素晴らしかったなあ。時折100キロ前後の緩い変化球を交えた
投球術にキリキリ舞というよりも、内野フライの山を積み上げた猛虎打線で
ございました。

あと1本が出なかった猛虎打線は後続も打ちこめずに完封負けとなりました。

アナフレ目線です☆★★
いや〜初回から失点でどうなるかとハラハラドキドキのマウンドだった藤浪君
でしたが、観ていた虎党よりも、本人は至って冷静なマウンドだったようですね!
やはり緊張して肩に力が入っていたのか、ストレートが高めに浮いてストライクが
はいりませんでしたが、球質は外野席から見ていても唸り音が聞こえてきそうな
気迫が感じられました。
気になる点は、左バッターよりも右バッターの方が投げづらそうだったこと!
そしてセットポジションでは簡単に盗塁を許してしまっているところでしょうか。
しかしピンチに動ぜず、三振をとって切り抜けるところは、エースとなりうる証で
しょう。もっとバックも信頼して投げれば、すぐに勝利投手となる日は近し!
開幕3試合目の先発デビューは、ドラフト制導入後の高校出新人としては
史上最速。6回を投げ3安打2失点7奪三振。ついこのあいだまで高校生だった
とは思えない素晴らしい内容!敗戦投手となって球場を去る藤浪君に神宮の
虎党は大声援で送り出しました。
☆★★

画像は敗戦投手の藤浪君と言いたいところですが次回にお預け!
藤浪君の後をしっかり抑えたのがいぶし銀加藤君と鶴君でございます!(^^)!
今日はその加藤君ですね!ナイスリリーフ


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:加藤 康介投手



アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2013年03月31日


場所:明治神宮球場

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:50 | - | - |
▼ “応援ありがとう2012 ファン投票受付!”4
[ 加藤 ]



投票項目

4. 『名脇役』


派手ではないが、確実にチームの勝利に貢献した“いぶし銀”な選手

いぶし銀の意味を調べました(#^.^#)

“華やかさに欠けるが実力はあることの例え”「ベテラン」的な意味合いを持つ。
銀をいぶしたものは、つやが失われ、味わいのある灰色になることから。
プロ野球界では現役時代の高木守道や、川相昌弘、宮本慎也に対して使用されるだとさ〜


猛虎ナインの名前が出ていないのが気にいりませんがね(#^.^#)

さて、この項目は迷わずこの選手を選ばさせていただきました!

加藤康介君です。
地味ではありますが、今年もっとも輝いていた苦労人です。さきの猛虎かく勝てりで
投稿いたしましたが、再三のピンチに登板するも防御率0.83は素晴らしいじゃないですか。

2012年猛虎いぶし銀大賞は、苦労人の加藤君に一票でございました(#^.^#)



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:加藤 康介投手


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2012年08月17日


場所:明治神宮球場

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:09 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり705
[ 加藤 ]



“最も輝いていた投手”

背番号63番 加藤 康介投手
2012年度成績
41試合0勝 0敗 0S 防御率0.83
完投0 投球回32 2/3 奪三振34 自責点3

貧打が原因でBクラスに終わった猛虎!投手陣は健闘しました。
そして今シーズンもっとも輝いていた中継ぎ投手は、球児君でもなければ、
榎田君でもなく、渡辺君ではありませんでした。
今夜の猛虎かく勝てりは、苦労人加藤君です(#^.^#)
とにかく今年はピンチの場面でワンポイントでもベテランらしい好投を魅せてくれました。
防御率0.83という成績がもの語ります!猛虎で一番年棒がアップする選手の一人でしょう!(^^)!

あのベイさんから戦力外通告を受けてから縦縞で見事開花した加藤君!

来季もベテランらしい活躍を期待しようじゃありませんか!




参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:加藤 康介投手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2012年08月17日


場所:明治神宮球場

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:02 | - | - |
▼ 虎(・.・;)54勝75敗14分け
[ 加藤 ]



■2012/10/5 試合結果

対ヤクルト 24回戦 甲子園

ヤ|001 000 010|2
神|000 000 000|0

勝:石川8勝11敗0S
S:バーネット1勝2敗33S
敗:岩本2勝1敗0S
ヤクルト:石川 - バーネット
阪神:岩本 - 加藤 - 能見
───────────
“エース級の活躍の予感”



虎のホープ岩本君はここまで2試合に先発し2連勝中。この日も勝てば、
球団初の3連勝という快挙のかかったマウンドに登りました!
そして燕さんのエースと堂々と投げ合うマウンドさばきに、来季は先発ローテ入りを果たし、
エース級の活躍をしてくれそうな予感すら感じてきました。
終盤にきて明るい話題が出てきて本当に楽しみな逸材です。

両チーム無得点の三回、四球で先頭打者に出塁を許すなど、2死三塁。ゴロに打ち取った

打球をさばいた、三塁の良太新井君が一塁へ悪送球。走者がかえり、これがプロ初失点と
なった岩本君。
それでも、六回1死満塁を併殺で切り抜けるなど、粘りの投球六回2/3を1 失点。
1 点ビハインドのまま七回2死一、二塁でマウンドを降り、3勝目こそなりませんでしたが、
堂々の投球を見せたにもかかわらず、厳しいコースを狙いすぎて、フォアボールが
多くなってしまったことを反省点に挙げていました。
問題はやはり課題の貧打線。石川投手の前に3塁すら踏めない拙攻で逆に八回表に
手痛い失点・・猛虎打線は四回以降無安打、0対2で完封負けを喫してしまいました。

アナフレ目線です★★
虎のホープ岩本君は何より長打を打たれないピッチングが素晴らしいですね。
そしてフォアボールに反省しているコメントから、彼の一番の良さはコントロールではないかと
思います。速球でグイグイ押してくるような怖いもの知らずの荒削り的な部分は物足りない
かもしれませんが、この粘りは一軍で通用するような予感です。
ところで猛虎打線様!兄貴最後の試合でしっかり繋いであげなきゃ叱られまっせ〜(#^.^#)
★★


画像は岩本君といきたいところですが、敗戦投手ですからお預けです(#^.^#)
最後の竿後までキッチリ仕事をこなしてくれています!苦労人加藤君ですね!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:加藤 康介投手


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2012年08月15日


場所:横浜スタジアム

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:03 | - | - |
▼ 虎(・.・;)35勝47敗9分け
[ 加藤 ]



■2012/8/2 試合結果

対ヤクルト 13回戦 甲子園

ヤ|200 100 002|5
神|000 000 000|0

勝:ロマン6勝7敗0S
敗:スタンリッジ5勝7敗0S
ヤクルト:ロマン
阪神:スタンリッジ - 鶴 - 加藤 - 渡辺

8/3の予告先発
神:岩田 稔
広:大竹 寛
──────────

“長期ロードに期待する”
ん〜やっぱり主砲のバットが沈黙すれば、チームも打てない・・・・

ここ3戦で19得点を挙げ、3連勝と好調だった猛虎!しかしこの日は猛虎打線が
燕先発ロマン投手の前に沈黙しました。
4番の新井サンが4打数無安打に終わるなど、散発の4安打のみで、三塁を踏む
ことすらできずの完封負け。
本拠地甲子園で高校野球選手権大会が始まるため、恒例の長期ロードになり
ますが、とにかくここまで打線が不振だっただけに、今年の長期ロードをどのように
終えられるのか!
和田猛虎が正念場を迎えます。

虎の先発スタンリッジ君は一回、畠山選手と森岡選手に適時打を浴び早くも2失点。
四回にも相川選手の適時打で追加点を許してしまいます。
結局六回8安打3失点での降板となりました。
猛虎打線は四回に先頭の兄貴金本様が安打で出塁するものの、マートン君が
ニゴロ併殺。七回にも先頭のキャプテン鳥谷君が安打を放つも、後続が凡退し
チャンスを生かせません。
九回の守備では大和君の送球ミスで走者が生還するなど、攻守に精彩を欠きました。

アナフレ目線です☆★
どうも最近猛虎先発投手陣の立ち上がりが良くないですね〜必ず敗戦時には初回に
失点をしてしまいます。先発スタンリッジ君が初回から2点を先制される苦しい立ち
上がりでした。
なんとか逆転して援護したい猛虎打線は3回裏、先頭打者の良太新井君が本日
初安打となるセンター前ヒットでチャンスを演出するもその後が続かず無得点。
その後も沈黙が続いて終わってみればロマン投手の前に4安打完封負けです。
好投手の前では焦らず、又ミスも出さないようにある意味負け方にも拘って引き
ずらないことが、長期ロードを勝ち越す鍵と言えるでしょう。
ここまで苦しい成績だけに、毎年のようにスポーツ紙のネタにさせる死のロード!
今年こそはここまでの成績を挽回するようなビクトリーロードと言わしめてみなさい!

和田監督様でございます(#^.^#)
☆★

画像はビハインドながら好投を魅せた苦労人加藤君です。
いつかチームが逆転してくれて、勝ち星をプレゼントしてくれるに違いありません(#^.^#)

参考文献:阪神タイガース公式サイト

画像:加藤 康介投手

アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』

撮影日:2012年06月30日

場所:明治神宮球場

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:05 | - | - |
▼ 虎(・.・;)32勝41敗8分け
[ 加藤 ]





■2012/7/16 試合結果

対巨人 13回戦 甲子園

巨|020 000 000|2
神|000 000 000|0

勝:内海8勝6敗0S
S:マシソン2勝0敗9S
敗:スタンリッジ5勝5敗0S
HR:エドガー ツーラン3号
巨人:内海 - 山口 - マシソン
阪神:スタンリッジ - 加藤 - 福原 - 筒井

7/17の予告先発
巨:ゴンザレス
神:岩田 稔

───────────

“一発に泣いた敗戦か?”
先発のスタンリッジ君の悔やまれる一球に泣いた!はたから見れば、その後は互角の戦いで
あったのか・・・・
いやいや、巨人は余裕の完封勝利でしょう。完敗ですね。

今季10度目の完封負けで、借金は今季最多タイの「9」。
悔やまれる失投は2回だった。スタンリッジ君が先制2ランを浴びた。
しかしその後は立ち直るも、猛虎打線は空を斬る。巨人内海投手の前に4安打で無得点。

4度得点圏に走者を進めたが、相変わらずあと1本が出ない!
結局今季10度目の完封負け。対巨人5連敗となりました!


アナフレ目線です☆☆★★
甲子園に集った大観衆は今季最多の4万7006人のファンを失望させる結果になってしまいました。
一見、エドガー選手の一発に泣き、0対2という確かに投手戦だったかもしれませんが、巨人は
エース内海投手から休養明けの山口投手に繋ぎ、マシソン投手の完璧リレー!隙のない余裕の
完封勝利といえるでしょう。これで首位巨人とは14ゲーム差でリーグ制覇は絶望的な状況です。
首位巨人を叩いて超満員の猛虎ファンに虎の意地を魅せて欲しい。
そして残り二試合に勝って後半戦に向けて立て直しが急務や!和田猛虎!(^^)!☆☆★★



画像はスタンリッジ君の後を投げたベテラン加藤君です。
その後の福原隊長もターミネーター筒井君もピリッとしていました!(^^)! ナイスピッチング!


参考文献:阪神タイガース公式サイト

画像:加藤 康介投手

アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』

撮影日:2012年06月30日

場所:横浜スタジアム

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:05 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり588
[ 加藤 ]


“経験を生かして貢献を”

背番号63番 加藤 康介投手
2011年度成績
4試合0勝 0敗 0S 防御率10.13
完投0 投球回2 2/3 奪三振3 自責点3


2010年12月3日、左の中継ぎ投手を探していた阪神タイガースが獲得を発表した男!
今年は7月に一軍初昇格、4試合に中継ぎ登板するも安定感を欠き、およそ2週間で
登録抹消となりました。
今夜の猛虎かく勝てりは、ゴーグル加藤 康介投手です。

ファームでは31試合に投げ、防御率2.83というそこそこの成績を挙げている加藤君!
小生もハマスタで一度だけ生観戦させていただきました。
やや変則的なモーションから投げられる球威のある140km/h前後の速球が持ち味で
しょうか。ブレーキの効いたカーブによる緩急を主体に、スライダー、フォークボール

なども交えるベテランでが、結果が出ませんでした。

球のキレが最大の持ち味であり、奪三振率は高い加藤君。戦力外通告を受けて
トライアウトまで経験したベテランの経験に期待をしたいものです。

猛虎の戦力外リストには名前が上がらなかった加藤君!まさに首の皮一枚で繋がった
来シーズンの彼の巻き返しに期待しようではありませんか!(^^)!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:加藤 康介投手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2011年07月15日


場所:横浜スタジアム



author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:59 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり470
[ 加藤 ]

“ようこそ阪神タイガースへ”

この独り言には続きがございます。
メニューバーナーにありますメルマガ登録にてご購読ください(^.^)⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒


携帯電話から利用の場合は以下に空メール後、利用規約に同意すると、まぐまぐ!又はマイメルマ!にて独り言を購読できます。


◆まぐまぐ!◆
メルマガ登録用アドレス
a0000288501@mobile.mag2.com

メルマガ解除用アドレス
d0000288501@mobile.mag2.com

◆マイメルマ!◆
メルマガ登録用アドレス
sub-180004@mc.melma.com
メルマガ解除用アドレス
us-180004@mc.melma.com




持ち味は、キレのあるまっすぐとスライダー、それに攻める気持ちだと豪語する加藤君!
6年ぶりの覇権奪回を目指すチームに、どうやら上園君のような投手らしい投手が猛虎に入団!
強力な仲間が加わりました。
春季キャンプが楽しみです!(^^)!
本日の画像はようこそベイさん時代の加藤君・・・・おっとっと〜こりゃ〜失礼いたしました!
始球式にやってきた有名人でございました!(^^)!

参考文献:阪神タイガース公式サイト

画像:有名人

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:2010年6月20日

場所:横浜スタジアム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:41 | - | - |


皆様こんにちは。ご訪問いただき有難うございます。 アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』と申します。 (*^^)v野球経験のない素人の球場観戦の独り言にお付き合いください。 有料又は無料のメールマガジンにてアナフレの独り言をお楽しみくださいませ。まぐまぐ!マイメルマは無料メールマガジンです。 又皆様からの観戦リポートやご意見ご感想も歓迎いたします。メールフォームにてお気軽にお声がけくださいませ。
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
アナフレ猛虎会
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

アクセスカウンター

過払い

外汇
携帯 中古外汇


   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
阪神タイガースおっかけマップ (2005)
阪神タイガースおっかけマップ (2005)

阪神タイガースを語るには何がなくてもまず甲子園球場。大歓声でマンモススタンドが揺れ、ラッキーセブンのジェット風船は夜空が隠れてしまうほど舞い上がる。みなさん人生そのものをタイガースにかけているのだ。甲子園球場はもちろん、その周辺のこと=甲子園の街並みを知っていただきたい。野球とともに歩む姿を。またたくさんの楽しい、うれしいお店がいっぱいある。タイガースOBのお店や、ナインご贔屓のスポット、ファンが集うショップ。・・・・いえいえ甲子園だけではありませんぞ。おとなり尼崎も、芦屋も神戸、大阪も・・・・関西圏をくまなく知っていただこう。もちろん関東の情報も掲載!
野村ノート
野村ノート

ところが、以外な選手に感謝されているということもある。その代表的なのが桧山である。阪神時代、桧山に対しては叱ったことはあっても、野球はこうだ、人生はこうだと懇切丁寧に指導した記憶がない。・・・・平成15年、確か優勝した翌日の新聞だったと思うが、彼のインタビューに目を通し驚いたことがある。「野村さんが阪神の監督だったときは、いっていることがよく理解できなかったんですが、今になってやっとわかってきました」・・・・・桧山のように思ってもみなかった選手から感謝を受けるのも指導者冥利に尽きる。  それにしても人生はまさに一期一会だなあと思う。赤星、藤本は阪神のドラフトリストに名前はなかった。赤星はアマからのキャンプ参加、藤本は社会人選手権大会の観戦に行って、遊撃手を探していたときに目に留まった選手である。・・・・私との縁を大切にし、「考えないよりは考えるほうがいい」「知らないより知っていたほうがいい」と私にいわれ、「なるほどそうだな」と思い、ノートをこまめに取り、そのノートを保存し何度も読み返す。こうしたちょっとの差が、いざ自分が指導する立場になったときに活き、あるいはコーチや監督という地位を得るためのチャンスとなる。逆に出会いや縁を無駄にしてしまう選手は、将来の可能性まで狭めてしまうのである。
猛虎の70年
猛虎の70年

第1章阪神タイガースとは何か・・・・おそらくクソ度胸という点では球界ナンバー1の星野仙一の背中にスーッと寒気が走ったのは、彼が阪神の監督になってすぐのことだった。・・・いや、「恐怖」すら感じたという。それは阪神ファンが試合に感動し、勝利の歌を大合唱し、それが終わると球場の外へ出て、ゾロゾロと甲子園駅に帰るのではなく、球場近くの広場に何千人と集まり、そこでも「六甲颪」の大合唱をやるのだ。ファンはやがて甲子園の駅に移動する。この甲子園駅でもまたも「六甲颪」の大合唱となる。それでも終わらない。阪神電車に乗り込んだファンはそのまま梅田の駅で降りて、その梅田駅コンコースでまたまた「六甲颪」の大合唱である。これが深夜まで続くのだ。「お前ら、あれが聞こえるか?俺達はあの熱狂的なファンに対する責任があるんだ。もしあのファンを裏切ったら・・・・俺はどうなるか知らんゾ」・・・・「俺は勝ちたいんや!そのためにはどうするんや?俺はファンに喜んでもらいたいんや・・・・・」なんとも野暮なセリフである。だがかつて阪神の監督としてこんな直接的な言葉を発した指揮官はいなかった。少年のように「勝ちたいんや!」と絶叫する星野仙一。監督室まで聞こえてくる大合唱、そして海鳴りのようなファンの”鼓動”が星野仙一をギリギリまで追い詰めていったのである。そこには「日本一わがままで、日本一熱心で、日本一我慢強い」と星野が評したファンの姿があった。
巨人軍かく勝てり―V9達成の秘密
巨人軍かく勝てり―V9達成の秘密

チームプレーとは「チームワーク」=「人の和」よりさらに深い考え方で、“人間集団におけるモラルから、グランド上のプレーに至るまで、あらゆる人間行動を網羅した広い考え方”といってよいと思う。
簡単な具体例をあげよう。
いまここで二人の人間がキャッチボールを始めるとする。ボールを握って投げる側は、次のように考える「相手が取りやすいところへとりやすいスピードで投げてやろう。投げ返す時のことも考えて胸元へ投げてやろう」そう考えて投げる。
一方受ける側はどうか。相手がそう考えて投げてもミスすることがある。だから相手の気持ちを察して、「万一とりにくいボールがきても、何とか受けてミスを未然に防いでやろう」この二人の「思いやり」がチームプレーの根本精神である。
 このちいいさな「思いやり」は、やがて「自分の義務と役割を完全に履行」することに広がり、チームのために「自己犠牲」をいとわず、「助け合い」、そしてチーム全員に「感謝」するところにまで高められていく。
巨人軍論 ――組織とは、人間とは、伝統とは
巨人軍論 ――組織とは、人間とは、伝統とは

チームの要だったON
『チームを預かることになったとき、いつも私が手本としてきたのは川上哲治監督であり、川上監督が率いたV9時代の巨人というチームであった。それではV9巨人のどこが素晴らしかったのだろうか。まずはなんといっても王貞治と長嶋茂雄、すなわちONの存在をあげないわけにいかない。ONは長らく巨人の3番4番に座り続け常にチームの中心であり続けた。ただし私がこの二人を高く評価するのは、彼らが記録や数字を残したからという理由ではない。彼らが中心選手としての役割と責任をまっとうしていたという事実が大きいのである。私は「中心選手はチームの鏡でなければならない」と述べたが、王と長嶋は、まさしくそうであった。他の選手の模範であり続けたのである。そこが凡百の「四番」とONのちがうところなのである。

…その意味で、私は阪神の金本知憲を高く「評価」している。現在の球界で真の「四番」といえるのは彼くらいだろう。彼は少々の故障くらいでは試合を休まない。チームへの忠誠心も高い。金本が移籍してきてから、阪神の選手の意識が明らかに変わった…金本の野球に取り組む態度を見れば、まわりの選手も自然と「このままではいけない」と感じるようになる。また若手選手が直接叱るより先輩が叱ったほうが叱られた若手のショックは少ない。ここ数年の阪神の躍進には、この金本の存在が大きく寄与している』

ドジャースの戦法
ドジャースの戦法

『投手は自分の左側に球を打たれたらすぐさま一塁に向かってスタートする習慣をつけなければならなぬ。ゴロであろうとライナーであろうと変わりはない。直ちに一塁に突進せよ。適当な時に投手がマウンドを離れなかったためにゲームを失ったためしは多い。打球が左側にきたら、投手は真っ直ぐに一塁にスタートし、塁に近付いたらスピードを緩め、右足を塁に触れて、一塁手からの投球を待ち受ける。球を受け取ったら走者との衝突をふせぐために、ファウルラインの内側を二、三歩走り続けるが、この場合もし他の塁にも走者がいたら、投手はできるだけ早くとどまり、必要に応じて他の塁に投球する用意をせねばならない。
走者の足が遅いか、又は他の理由で投手がゆっくり一塁に間に合った時には、塁上で止まって、こちらに投球しようとしている野手の方に向き直り、一塁手のような身のこなしで、体をのばしたり、どちらかの側へ動いたりして、一塁手の代わりをつとめなければならぬ。』
背番号三桁―「僕達も胴上げに参加していいんですか?」
背番号三桁―「僕達も胴上げに参加していいんですか?」

「アホか、みんないいから出ろ!お前たちも行け!」優勝が決まった瞬間、ベンチから選手が一斉に飛び出した。星野はすぐさま裏方に対して叫んだ。
「尾張メモ」の全貌―情報は盗んで活かせ
「尾張メモ」の全貌―情報は盗んで活かせ

虚像がユニフォームを着ている

広岡監督殿

巨人偵察記・巨人の実像・私が過去三十年、対巨人と戦ってきた印象からみると、最低の巨人といっても過言ではない。人気という点では昔と雲泥の差があっても、実技つまり野球のすべてに対する取組む姿勢が欠けていること。緻密性がない。個人的には優秀な人材はおりますが、チームプレー1つをとってみても投手は三本間に三塁走者を挟みながら、生かしてしまうランダンプレー等がその例。一発で刺さねばいけないプレーをウロウロして生かすということは、過去の巨人では考えられないことです。極端な表現ですが、巨人のユニフォームを着ている虚像にすぎない。−こう断言できます。

このくらいのチームが優勝することはちょっと考えられないことだが、優勝をバックアップしている審判団の判定が大きく作用していることは申すまでもありません。私自身がこの目で見ても、巨人がパ・リーグであれば、近鉄クラスの実力と見ます。それで人気だけが物凄い、まさに虚人です。・・・・・・
1983年10月15日
阪神タイガース
阪神タイガース

序章 黄金時代の幕開け
”遂に来たタイガースの時代”
『この世の春、である。長い長い苦難のときを経て、とうとう阪神タイガースの時代がやって来た』
覚悟のすすめ (角川oneテーマ21 A 87)
覚悟のすすめ (角川oneテーマ21 A 87)

これまでのプロ野球生活で、胸を張って自慢できることがひとつある。

それは、

「たとえお金にならないことでも、やるべきことを、全力を尽くしてやってきた」

ということだ。

2000年5月12日の第三打席を最後に、翌年9月28日の横浜戦第二打席まで、私は1002打席にわたって一度も併殺打を記録しなかった。これはあまり知られていないが日本記録である。
ただ、常に全力疾走を心掛けていなければ達成できなかった記録でもある。それを私は誇りに思う。

連続フルイニング出場にしても、「すごい」とほめられはしても、直接お金として返ってくるわけではない。

それでも私は、セーフになるチャンスがあれば、一塁に全力疾走する。果敢にボールを追うし、つねに次のベースを目指そうとする。なぜなら

「たとえお金にならないことでも、全力プレーするのがプロ」
そう思っているからである。

「いつケガをしてもいい」そういう覚悟で私は常に試合に臨んでいる。

それが、これまでの私のプロ野球生活を支えた信念であり、いまもつねに自分自身にいいきかせているモットーである。