アナフレ猛虎会

皆様こんにちは。アナフレ猛虎会 通称”頑張れ阪神タイガース☆です。
▼ 猛虎春季キャンプリポート2016
[ 60中谷 ]



“紅白戦に思う”

キャンプ最後の日曜日!紅白戦が行われた。
そして結果が出た選手と出ない選手との明暗もはっきり出た。

まずは主力打者である鳥谷君とゴメちんが紅白戦の紅組にそれぞれ3番遊撃、4番一塁で先発出場。5回に2者連続本塁打を放った。
2点ビハインドの5回。白組2番手の二神君から、先頭のドラフト6位板山君が三塁打を放ちチャンスメークすると、続く鳥谷君が右中間へ2ラン。試合を振り出しに戻すと、ゴメちんも初球を左中間スタンドへ。2振りで試合をひっくり返した。
結局試合は、中軸2人の活躍もあり、紅組が7−3で勝利した。
秋山君と二神君は結果が出なかった。球が甘いからルーキーにも打たれたのでしょう。今年の活躍もきびしそうです。
逆に驚いているのは、陽川君や高山君などの若虎野手陣の大ブレークの予感でございます。
それに比べて投手陣の底上げには時間がかかりそうな気もしています。藤浪君は別格としてですがね。

さあ本日キャンプも打ち上げ!
いよいよ来月からオープン戦です!
画像は若虎の中谷君でした!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:中谷 将大外野手



撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2015年03月15日

 
場所:横浜スタジアム



author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:05 | - | - |
▼ 猛虎春季キャンプリポート2016
[ 13榎田 ]



“キャンプも終盤”

早いものでキャンプも明日で終了ですね〜
昨日の練習試合は猛虎投手陣がサムスン打線を完璧に抑えました。

今年のキャンプは本当に監督が積極的!
コーチ以上に前に出て打撃指導する姿が目立ち、若虎も野手陣の活躍ばかりが目に付いているのも特徴かもしれません。
その若虎注目の陽川君が練習試合で先制2ランを放ちました。
2回2死二塁、高めスライダーをたたくと、打球はバックスクリーンに吸い込まれる2点本塁打となりました。
以降得点できなかったことが不満ですが、球児君、メッセ君、そして榎田君も復活の兆しを魅せる内容にまずまずでしょう。
サムスン打線は強力ですから。

画像はその榎田君です。


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:榎田 大樹投手



撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2015年03月15日

 
場所:横浜スタジアム



author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:54 | - | - |
▼ 猛虎春季キャンプリポート2016
[ 25江越 ]



“外野手争いが過熱”

どうやら猛虎の外野手は和製で埋まりそうな勢いですね!

ここにきて若虎横田君の株も急上昇です。
25日日本ハムとの練習試合に「8番・右翼」で先発出場し、3安打2打点。対外試合全4戦でマルチ安打を放ち、打率・563の成績は金本監督のも大絶賛。
ドラフト1位・高山君が1軍に合流して激しさを増す外野争いの中で、初の開幕1軍へ期待の若虎がさらに加速しているようです。
まあ外野手がたくさんいるに越したことはありませんが・・・・
内野手も大和君や今成君、そして西岡君、良太君、そして上本君と悲鳴が上がりそうな熾烈な争いプラス別格鳥谷君です。

捕手陣が若手なのが不安ではありますが、ここにきて投手陣、藤浪君や岩貞君が疲れ気味でしょう。
榎田君がスランプを脱出できるか・・・・
画像はうかうかしていられませんね〜江越君です!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:江越 大賀外野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2015年03月15日

 
場所:横浜スタジアム



author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:46 | - | - |
▼ 猛虎春季キャンプリポート2016
[ 21岩田 ]



“ベテランはまずまず”

日ハムさんとの練習試合でベテランはまずまずの仕上がりを見せてくれました。

先発ローテーション入りが確実なガンちゃん岩田君と能見君の両左腕が日本ハムとの練習試合で対外試合に初登板しました。

先発した岩田君は3回を3安打1失点。習得中のチェンジアップも試し多様で手応えも十分だったとか。
能見君は2番手で2回を1安打無失点。試合勘をどんどん上げていくことを重視していました。
さて野手陣ですが、助っ人のヘイグ君は脇腹痛で離脱。
どうも怪我に弱い選手は使い物になるかどうか・・・不安ですね〜
それにひきかえ鳥谷君は、自身初実戦は3番・遊撃で先発し、第1打席でいきなり中前打をマーク。鋭い当たりが出て仕上がりは順調でございます。
今キャンプでは金本監督から直接打撃指導も受けている野手主将。
長打力ある3番打者に向けて変革は始まっています!
画像はチェンジアップが楽しみなガンちゃんです。

参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:岩田 稔投手



撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2015年03月31日

 
場所:明治神宮球場



author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:28 | - | - |
▼ 猛虎春季キャンプリポート2016
[ 監督・コーチ ]



“安芸キャンプに思う”

24日、高知・安芸キャンプを打ち上げた。この日は午前で練習を終え、最後は選手、スタッフらで一本締めを行った。

掛布監督効果でしょうか?
昨日も楽天戦の録画を見ましたが、藤浪君を含めた投手陣よりも、昨年来から掛布監督が力を入れていた若虎の打撃がいいですね〜

掛布監督は、けが人が出なかったということが何よりとキャンプを総括。
その監督が昨年から目にかけていた3年目で初の1軍キャンプに参加中の横田君は、練習では思うような打撃ができず、金本監督らから厳しく指導されていたが、実戦では激変。
楽天との練習試合2戦とヤクルトとのオープン戦の3試合で6安打3打点1本塁打と暴れています。
まあもともと本人が4番打者まで成長した現役時代の氏の経験を指導者として活かして欲しいものです。
まずは懐刀の活躍に微笑んでいるでしょう。


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:掛布 雅之2軍監督



撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2015年04月04日

 
場所:東京ドーム









author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:15 | - | - |
▼ 猛虎春季キャンプリポート2016
[ 8福留 ]



“第5クール終了”

金本監督悩みの種であった1、2軍のキャンプメンバーの入れ替えが決まりました。
野手最年長の福留君と聞いて一瞬ドキッとしましたが、左脇腹痛で別調整のヘイグ君と共に宜野座キャンプを打ち上げ、24日に帰阪。26日から兵庫・西宮市で練習を再開する予定だ。
どうやら福留君は仕上がりが順調での早期切り上げなのかもしれないですね〜ホッとしました。

その2人に代わり、高知・安芸からドラフト1位の高山君、同6位の板山君、原口君が昇格し24日に沖縄入りする。
先日の練習試合で高山君のフォームを見ましたが、巨人の高橋由監督の現役時代のフォームに似ているな〜と感じました。体の回転を使ったフォームですが、高橋監督よりも身体の柔らかさも感じましたね。
ただスイングスピードがどうかな〜と。プロのストレートについて行けるかな〜と言う素人ながらの一抹の不安かな〜
まだまだ未知数ですね。
画像は早期帰阪!福留君です。



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:福留 孝介外野手



撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2015年03月15日

 
場所:横浜スタジアム


author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:46 | - | - |
▼ 猛虎春季キャンプリポート2016
[ 30石崎 ]



“安芸キャンプ編”

昨日は猛虎2軍と高知ファイティングドッグスとの練習試合の録画放送を観ました。
掛布監督フィーバーで安芸もファンがたくさんですね〜驚きました。

さて、試合は猛虎が勝って当たり前の状況でしたが、ドラフト1位高山君が1番左翼で先発出場。3打数3安打1四球などの大活躍で勝利をしました。
初回。カウント1−2からの5球目、外角138キロ直球を逆らわずに左前へ流し打った高山君。
その後1死二塁となると、3番右翼のドラフト6位板山君の左翼越え二塁打の間に本塁生還。ルーキー2人の活躍で先制点をもたらしました。
2回2死一、二塁では、カウント1−2から内角直球を引っ張り右前へ。二塁走者一二三君が本塁タッチアウトとなり、初打点とはならず。
そして5回、先頭で打席に立つと、フルカウントから直球を中前へ運び、早くも猛打賞を記録。
6回2死の第4打席はカウント3ー0からストレートの四球。直後、2番植田君の初球に盗塁を試みるも失敗。
試合は高山君の活躍もあり4−0で勝利した。

これが試合の内容ですが、一抹の不安を申させていただきますと、相手チームは8回まで安打が出なかったことは良しとしても、柵越えを打てない猛虎野手陣のパワー不足に?マークではないですか〜掛布監督さま!
やはり本塁打が何本も出なければ!格下相手の試合なのですからね〜
画像はストレートに力がこもっていました!お久しぶりの石崎君です。
安芸でくすぶる球ではないな〜


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:石崎 剛投手



撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2015年04月04日

 
場所:東京ドーム


author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:47 | - | - |
▼ 虎!2016年オープン戦1勝
[ 44梅野 ]

■2016/2/21 試合結果

対東京ヤクルト オープン戦 浦添

神|000 130 010|5
ヤ|000 000 010|1

勝:岩崎1勝0敗0S
敗:山中0勝1敗0S

神:岩崎−秋山−歳内
ヤ:原樹−山中−中澤−徳山−岩橋−竹下

────────────
“金本猛虎の戦いの始まり“

金本猛虎がオープン戦白星発進をした!
若虎がイキイキし、特に期待の横田君が先制二塁打&梅野君が2点タイムリー
などなど、まあとにかく白星はいいものだ。

四回二死一塁から、横田君が中堅に適時二塁打を放ち、先制。五回には、押し出し四球と梅野君の中前2点打で3点を追加。八回にも相手失策で1点を奪った。
投げては、先発の岩崎君が4回6安打無失点の好投。秋山君から歳内君とつなぎ燕打線を1点に抑えました。

今シーズン活躍して欲しい若虎が結果を出したのが何よりでした

画像は梅野君です!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:梅野 隆太郎捕手


撮影:アナフレ猛虎会『うぽって☆』


撮影日:2015年03月15日


場所:横浜スタジアム
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:12 | - | - |
▼ 猛虎春季キャンプリポート2016
[ 集合画像 ]



“嬉しい悲鳴は本物か”

金本阪神の宜野座キャンプ・サバイバルレースが最終コーナーを回った。

今春キャンプでの1、2軍の入れ替えを最終クール開始の25日まで行わない方向性を示した金本監督。
落とす選手がなかなか見当たらないというのが首脳陣の本音なのかもしれない。
 
金本監督自身も悩みどころであり、無理やり安芸から連れてこないとうれしい悲鳴状態を公表しているようですが・・・・
確かに若手が奮闘している証拠なのかもしれません。
キャンプ前は、チンタラしていたら入れ替えは初日からでもあり得ると鬼宣言していたが、実戦2本塁打の陽川君を筆頭に横田君、緒方君らも、必死にしがみついているからでしょう。
20日の楽天戦、21日のオープン戦初戦のヤクルト戦は、生き残りをかけた争いになります。
2軍キャンプは24日に打ち上げ。現時点ではドラフト1位高山君や同6位板山君が昇格候補のようですが。


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:猛虎ナイン


撮影:アナフレ猛虎会『うぽって☆』


撮影日:2015年03月15日

 
場所:横浜スタジアム


author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:05 | - | - |
▼ 猛虎春季キャンプリポート2016
[ 01鳥谷 ]



“監督は選手に遠慮してはならない”

指揮官が選手に遠慮してはならない
敵将ではあるが名監督であった故川上哲治元監督は、あのスーパースターだった長嶋氏も怒鳴りつけて叱り、若手の選手たちを驚かせたのは有名。
確かに今までの監督はこの男に遠慮していたのかも


全体練習が終わり、居残り特打が始まったあと、スタンドがまばらとなったなかでハイライトは突然やってきた。
午後3時25分。金本監督の鳥谷君への個人指導がスタートして41分が経過したとき、俺がお手本をみせるとばかりに、バットを手に打席に立つ。

自ら打席に立っての指導は珍しい。
さすがに現役時代は兄貴と呼ばれただけの金本監督ならではの熱血指導でしょう。

その鳥谷君を再び打席に立たせると、ケージの後ろから横へと移動しながら、細かくチェック。「そうだ!」「そのタイミング!」と絶え間なく声をかけた金本監督。
2人だけの濃密な時間は1時間4分。鳥谷君のスイング数は217にも及んだ。ほとんどが左方向へ。サク越えは2本も、指揮官は納得の笑顔をみせたようだ。
超変革はこの男のためのキャッチフレーズなのかもしれない


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:鳥谷 敬内野手



撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2015年04月04日

 
場所:東京ドーム


author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:32 | - | - |
▼ 猛虎春季キャンプリポート2016
[ ゴメス ]



“金本越えを目指せ”

どこの球団もなんだかんだと主砲は助っ人だのみである。
有田氏が解説で言っていました。

確かにマートン君がいなくなった猛虎は、この男のバットにかかる比重が大きくなるでしょう。
そして金本監督自ら密着指導をしたのがゴメちんです。
ランチ特打の60スイングを徹底チェックし、軸足に体重を置いたフォームを勧告。
さらには自身のシーズン最多本塁打を超える41本塁打打つことを指令。
ランチ特打では60スイングで柵越え15本。正面から後方から、金本監督の密着チェックを受けました。指揮官の言葉にうなずき、何度も体重移動を確認。足もとに意識を持ちながら強振を続けたゴメちん。
2年目の昨季は17発どまり。オフは金本監督から増量禁止令を受け、125キロから119キロまで体重を落として来日。現在も122キロ前後から再減量を命じられている状況ですが、飛距離は落ちていないそうです。
金本監督は、右打者で(浜風が)フォローなのでボクより30キロ以上(体重が)重いゴメちんに自身の記録越えを命じたのでしょう。
主砲のバットに期待します。




参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:マロウ・ゴメス内野手



撮影:アナフレ猛虎会『うぽって☆』


撮影日:2015年03月15日

 
場所:横浜スタジアム


author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:45 | - | - |
▼ 猛虎春季キャンプリポート2016
[ 25江越 ]



“確実に成長”

春季キャンプ練習試合でも、確実に成長をしている男がいました。

金本阪神の変貌は江越君の走塁に現れています。
2本の長打も鮮やかでしたが、それ以上に光ったのはソツのない走塁でした。
6番・中堅で先発し、二回の1打席目に右中間三塁打。右中間を破るチーム初安打で一気に三塁を陥れる走力。
そしてカウント1−2からの暴投で一気に生還。相手のミスに乗じて、初陣の金本監督に先制点をプレゼントしました。

また六回にも右翼フェンス直撃の二塁打。緒方君の内野安打で三塁に進むと、梅野君の浅い左飛でスタート。50メートル5秒8の俊足で追加点を奪うこの走力。
確実な成長を見せています。

そしてやはり抜群のスタミナを感じるのが鳥谷君でしょう。とにかく練習の虫である彼の姿を見習って、若虎がこのキャンプでどれだけ自身の殻を破ってリーグ戦に参戦できるか!
まだまだ金本猛虎の未来は荊の道かもしれませんが、若虎の台頭がとにかく未来の猛虎を強くします。




参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:江越 大賀外野手



撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2015年04月04日

 
場所:東京ドーム


author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:44 | - | - |
▼ 猛虎春季キャンプリポート2016
[ 5西岡 ]



“練習試合ではありますが”

練習試合:阪神12−5楽天

金本阪神と梨田楽天が練習試合を行いました。

結果金本新監督はキャンプ初の対外試合で、西岡君などの本塁打4発を含む12点大勝で初陣を飾りました。
楽天は注目のドラフト1位ルーキーのオコエ瑠偉外野手が7番中堅で先発し、第4打席に2点タイムリーを放つ盛り上がりでしたね。

そして不思議な男!なぜ勝てないのか秋山君が登板。
岩貞君は先発で結果を残せなかったのかな〜昨年からすれば見違える成長でしょう。
そして猛虎打線が好調?
西岡君の逆転ホームランから出るはのタイムリーとホームラン。
結果が出ることはいいことでしょう。
江越君とペレス君はパワーがありますね〜あとは考えるバッティングがどこまでできるか。
自信が過信にならないように注意してもらいたいとのコメントは、下積み時代の自身から這い上がった金本監督ならではでしょう。

画像は大和君と上本君には負けられない西岡君です。新監督にとっては嬉しい悩みの種でしょう!




参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:西岡 剛内野手



撮影:アナフレ猛虎会『うぽって☆』


撮影日:2015年04月04日

 
場所:東京ドーム


author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:05 | - | - |
▼ 猛虎春季キャンプリポート2016
[ 25江越 ]



“紅白戦を観て”

日曜日に行われた紅白戦の録画中継を昨晩みましたか?
率直な感想です。

投手陣は久しぶりのマウンドの球児君!
少し力んでいましたが無難なピッチング!まだまだ7割くらいの状態のような感じがしました。
投手陣はジャストミートされたかどうかという点では、ドミニカコンビのマテオ君が印象深いかな〜何と言ってもスリークゥオーターから長い腕で投げるカットボールのようなスライダーには打者が空を斬ります。このまま守護神としてポスト呉昇桓くんとなれるかが重要ポイントでしょう。
高橋君もノーアウト3塁からのピンチから3三振は大きな戦力!
二人とも今年から縦縞ですが、仕上がりは上々ではないでしょうか。
ガンちゃん、能見君、メッセ君、福原君も問題なし!

打者はそのジャストミートができたか。
上本キャプテンは別格として、やはりパワーという点で江越君が良かったですね〜もう一人のドミニカコンビのドリス君を撃沈!

いや〜しかしこれだけの首脳陣に睨まれながらのキャンプじゃ選手は緊張するでしょうね〜
画像は江越君です。



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:江越 大賀外野手



撮影:アナフレ猛虎会『うぽって☆』


撮影日:2015年03月15日

 
場所:横浜スタジアム


author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:50 | - | - |
▼ 猛虎春季キャンプリポート2016
[ 00上本 ]



“球児君がマウンドに”

4年ぶりに球児君が沖縄・宜野座のマウンドに帰ってきました。
紅白戦で今季初実戦に臨み、2回を投げ、打者8人に1安打1四球、無失点の内容。
初回1死から2番緒方君に右翼線二塁打を浴びるも、続く西岡君を高め145キロ直球で詰まった中飛に打ち取る。2死二塁から4番良太新井君には、初球にこの日最速の147キロをマーク。
力で押し切るかと思いきや、2球目には104キロのスローカーブで翻弄。ベテランらしい投球で遊ゴロに切ってとり、この回を無失点に抑えた。
 2回は、先頭ペレス君を四球で歩かせるも、続く梅野君を143キロ直球で左飛、横田君を外角高め146キロで空振り三振。
最後は小宮山君を三飛に抑え、ファンからは大きな拍手が送られました。
やはり三振が少ないのが気になりますが、先発であれば打者の嫌がる球種が必要ですね。井川君がチェンジアップを武器に三振を取っていたように、フォークの連投では長いイニングが投げられません。
細かいことを望めばきりがありませんが、球児君にはこれまでの経験と勝負勘というものをチームに植え付けてくれることが一番の仕事でしょう。

画像は4打数4安打の大暴れを見せた上本君です。
能見君のフォークを左前へ、メッセンジャー君から中前打。新外国人ドリス君の外角スライダーを右前へ、最後は高橋君から右翼線三塁打を放ち、猛虎投手陣を総なめ?
西岡君と大和君との二塁レギュラー争いがヒートアップです!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:上本 博紀内野手



撮影:アナフレ猛虎会『うぽって☆』


撮影日:2015年03月15日

 
場所:横浜スタジアム


author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:13 | - | - |
▼ 猛虎春季キャンプリポート2016
[ 01鳥谷 ]



“実戦形式に向けて”

ここにきて故障者も出てきた金本猛虎!
キャンプも疲れが出始める時期かもしれないが、実戦形式でいよいよこれからがサバイバルとなるでしょう。

新外国人マテオ君が本日に宜野座で行われる紅白戦で、実戦初登板を果たす予定です。
今日は球児君、能見君、岩田君ら主力、守護神の座を争うドリス君も登板する予定だ。
今年の補強の明暗を占う紅白戦にもなりそうですね。
超変革と言っても新体制のスタートを切ったばかりの金本猛虎!
オーナーも訪れていよいよ本番モードになってきます。
オープン戦も楽しみですね。
画像は元気いっぱい鳥谷君です!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:鳥谷 敬内野手



撮影:アナフレ猛虎会『うぽって☆』


撮影日:2015年03月15日

 
場所:横浜スタジアム


author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:43 | - | - |
▼ 猛虎春季キャンプリポート2016
[ 2北條 ]



“若虎ニュースに期待する”

監督やコーチ陣ばかりが目立つ春季キャンプですが、やはり若虎達の新しいニュースは嬉しいですね。

宜野座のスタンドを埋めた1万1000人のファンも新たな息吹を感じた選手がいました。
今キャンプ初の紅白戦で若虎2人が金本監督に猛アピール!
紅組の「2番・遊撃」で先発した北條君と白組の「6番・一塁」陽川君です。

初球に156キロを出した藤浪君に対する2球目、152キロを力強く引っ張った北條君の打球は鋭く三遊間を破っていきました。
三回にも岩崎君から中前適時打を放ち、マルチ安打の活躍。
すると今度はプロ3年目の和製大砲候補が快音。
陽川君が二回二死、ローテ入りを狙う岩貞君の144キロを一閃した。強い逆風を切り裂き、左翼へ16年チーム1号。これには金本監督も納得顔でした。
若虎が成長しなければチームの底上げ!超変革が成し得ません。
オープン戦で彼らの姿に出会えることを楽しみに!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:北條 史也内野手



撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2015年03月15日

 
場所:横浜スタジアム


author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:48 | - | - |
▼ 猛虎春季キャンプリポート2016
[ 下柳 ]



“紅白戦スタート”

実戦形式の紅白戦がスタートしました!
初日から藤浪君がいきなりの155キロ越えをするなど盛り上がっていたようですね。
そして金本監督が下柳剛臨時投手コーチとの3打席対決に快勝するなど、ファンサービス満点の休日でした。

現役時代の懐かしいユニホーム姿で3打席の真剣勝負。初打席は初球を打って三飛に倒れましたが、2打席目はカウント2−2からの5球目を引っ張り右前打。3打席目は右翼への痛烈なライナーに終わるも、3打数1安打で、事前の約束通り野手の個別練習が免除になりました。
下柳コーチの球を受けたのは矢野バッテリーコーチ。
二軍キャンプの練習試合も異例の観客数だったとか・・・・
まあ選手以上に監督・コーチが目立っているのも初年度だけかもしれませんね。
画像は下柳臨時コーチ!この沖縄キャンプ生観戦の同志より頂戴いたしました。


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:下柳 剛臨時コーチ



撮影:アナフレ猛虎会『超変革2016☆』


撮影日:2015年02月11日

 
場所:沖縄宜野座村野球場


author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 05:14 | - | - |
▼ 猛虎春季キャンプリポート2016
[ 44梅野 ]



“さらに試練の新ルール”

なんとも奇妙で聞きなれない言葉だが、新ルールが混乱を招くシーズンになりそうです。

「コリジョン(衝突)ルール」

本塁での危険なクロスプレーを禁止する規定で、米メジャーでは2014年から導入。NPBでも選手会から要望があり、昨年10月の宮崎フェニックスリーグで試験的に導入。
今季公式戦から適用され、同時に本塁のクロスプレーには「ビデオ判定」も導入されることになった。
野球規則では
「捕手はボールを持たない場合、必ず走路を空けておかなければならない」「走者は最初から捕手に接触しようとして走路を外れることはできない」と明記。
捕手のブロックは走塁妨害となり、得点が認められる。また、走者がタックルすれば、守備妨害をとられてアウトとなる。
ただし、「捕手が送球を実際に守備しようとして走者の走路をふさぐ結果になった場合(たとえば、送球の方向、軌道、バウンドに反応して動いたような場合)には、違反とはみなされない」ともある。

早々宜野座で物議が起きた。
1点の攻防で本塁でのクロスプレーもある実戦形式の中、西岡君の遊ゴロを鳥谷君がバックホームした際に“問題”が。三塁側に少しそれた返球を捕った捕手・小宮山君が滑り込んだ三走・梅野君にタッチ。完全にアウトだったが、球審は「セーフ!」。すぐさま矢野作戦兼バッテリーコーチが反応。

“送球がそれたから(走路に)足が入ったのでは?”
本塁での危険な衝突を防ぐ新ルール「コリジョン」。
捕手はホームベースと走者の走路をふさいではならない。
“それた球を捕ろうとして左足が入った”審判の説明は“その前から入っていた”
こんなことでビデオ判定もありうるのか・・・・
迫力のあるクロスプレーの醍醐味が消える・・・・
経験の浅い猛虎捕手陣に向かい風となる新ルールにならないことを祈りたい。


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:梅野 隆太郎捕手



撮影:アナフレ猛虎会『うぽって☆』


撮影日:2015年03月15日

 
場所:横浜スタジアム
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 05:01 | - | - |
▼ 猛虎春季キャンプリポート2016
[ 5西岡 ]



“第2クール終了”

早いもので第二クールが終了。
金本監督は実戦形式の打撃練習を3度行った第2クールを総括し、野手の仕上がりの良さを評価しました。
今クールのMVPには西岡君を挙げた理由が、サボり大魔王。堂々とサボったり、こそっとサボったり、ある意味プロ野球界を生き抜くためのセンスが選出理由です。
昨日のキャンプリポート解説は真弓様!
この時点で今年は本当に開幕オーダーが予想できないのが楽しみと皆が言っていますが、金本監督に一言!
それだけ経験のない選手がいないことが深刻な課題でしょう。
現時点でレギュラーは鳥谷君とゴメチン、そして福留君だけですね。

第3クールからは紅白戦が始まります。
誰かを落として入れ替えを示唆していますが、落ちるメンバーが少ないチーム状態になってこそ常勝チームの所以とも考えます。
本日は練習休み!誰を入れ替えるか検討中ですかね〜
画像はサボリの西岡君です!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:西岡 剛内野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2015年05月02日

 
場所:東京ドーム
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:48 | - | - |
▼ 猛虎春季キャンプリポート2016
[ 99狩野 ]




“新代打の神様は誰だ”

この日のスカイA解説者はお久しぶりの桧山様でした!
桧山様と言えば言わずと知れた代打の神様として数々の記録を残してくれました。
監督は金本氏、そして臨時コーチに下柳氏、矢野コーチと、本当にキャンプの顔ぶれが変わっています。

さて、関本君が引退した今、猛虎の代打の神様は・・・・
第一候補としては、安芸で虎視眈々と練習に励むベテラン狩野君でしょうね〜
なんだか桧山解説者が話していると、彼の精神というものがそのまま選手に受け継がれていて、引退したような気がいたしません。
新たな代打の神様は誰か・・・・今思い浮かぶ選手が居ないということは、それだけ全員がレギュラーを狙っている同等のスタートラインなのかもしれません。
あえて代打専門になるのではなく、打って守れるレギュラーを全員が目指す!そして先発出場指令ない控えの野手が投手の打席にピンチヒッターとして登場する!果たして球場アナウンスが響いて甲子園が興奮の坩堝と化す若虎が今年出現できるか・・・
そんなことも楽しみなキャンプリポートでした。
画像は狩野君です!



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:狩野 啓輔外野手


撮影:アナフレ猛虎会『うぽって☆』


撮影日:2014年04月14日

 
場所:東京ドーム
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:04 | - | - |
▼ 猛虎春季キャンプリポート2016
[ 0大和 ]



“ヒートアップが面白い”

実戦を想定したシート打撃が行われ、快打を披露した男がいました。

そっか〜もう28歳になるのですね〜
好調の岩貞君から強振して左前へ。昨秋キャンプから金本監督に指示された強振を鮮やかに実践しています。昨季までの当てるだけのひ弱な打撃は消え、上本君、西岡君との二塁の定位置争いがヒートアップする予感です。
第1クールのフリー打撃でも柵越えを連発。左翼への連発、バックスクリーンにも放った。この日、実戦に即した打席でも快音を発し、本人も手応えをつかんだようです。
体重も3キロ増加したようですが、画面から見ても全然そんな感じはしませんけどね〜
ところでやはりセカンドなのかな〜大和君は・・・・センターでいいと思うけどな〜





参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:大和外野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2014年03月15日

 
場所:横浜スタジアム
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:03 | - | - |
▼ 猛虎春季キャンプリポート2016
[ 集合画像 ]



“第2クールに思う”

なんだかもうすでに三人目の離脱者か〜
キャンプは故障しに来ているのではなく一年間の体力を蓄える場所?オフの体を温める柔軟体操の時期なのにもうシーズンオフになってしまう若虎が残念ではなりません。この出遅れは大きく響きますね。

第2クールに入り、初の実戦形式の練習としてシート打撃を行った金本猛虎。なんと一番の好投した選手は岩貞君でした!
先発ローテーションのチャンスがある!オープン戦の第1号で投げさせてみたいとたたえた新監督!
野手では良太君が岩崎君から左へ豪快な本塁打を放って猛アピール。
なんだか新助っ人は構えばかり大きくて脇の甘いスイングでしたね〜


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:猛虎ナイン


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2014年03月15日

 
場所:横浜スタジアム
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:09 | - | - |
▼ 猛虎春季キャンプリポート2016
[ 32新井良 ]



“和製大砲が欲しい”

NHKのニュースでは似合わないパーマーをかけた赤ヘルの新井選手が写っていましたね〜
そうです、彼は優勝を経験していない39歳というベテランになりました。
そして弟の良太君が、今季の公式戦で用いるサードユニホームの発表モデルになっていました。
恒例の夏イベント「ウル虎の夏2016」を7月26日〜28日のヤクルト戦、同29日〜31日の中日戦の6試合で催す際に着用です。
 チームカラーの黄色を基調にして、袖を黒く染めて力強さを表現したデザインが印象てきです。
その良太君ですが、昨年の不甲斐ない成績を反省して和製大砲として復活ができるか・・・・もし不本意であれば戦力外も覚悟ですね〜片岡コーチと一から出直しでしょう!
金本新監督、そして赤ヘルに戻った新井選手以降和製大砲らしい選手が出ない猛虎!
期待しているぞ〜良太君!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:新井 良太内野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2014年03月15日

 
場所:横浜スタジアム
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:40 | - | - |
▼ アナフレ猛虎会メルマガ御購読者の皆々様
[ キャラクターグッズ ]




“人生にピンチヒッターはない”

連日の番外投稿で申し訳ありませんが、これだけ影響を与える大事件なので本日も投稿をお許しください。

清原氏の友人である桑田真澄氏がインタビューで良いことを言っていました。友人だったと過去形のように語っていたのも説得力がありましたね。

僕たちは野球を通じてたくさんの人から幸せをいただいたのだから、その人達にそれ以上に恩返しをしなければならないことがたくさんある。
野球にはピンチヒッターやリリーフがあるが、自分の人生にはない。
あれだけのホームランを打った男だから、再び今後の人生において美しい放物線を描く満塁逆転ホームランを打ってくれることを信じていると。

すでにこのような事態が起こってくることを想定していたかのような、そんな桑田氏の受け答えが実に沁みました。
今後の調査において、さらに野球関係者が芋ずる式に判明してこないことを願っています。



画像:ご愛嬌


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2015年吉日



author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:01 | - | - |
▼ アナフレ猛虎会メルマガ御購読者の皆々様
[ キャラクターグッズ ]




“球界の盟主に思う”

球界に激震が走った。
以前から噂もあっただけに
そして全てのニュースにおいて、西武ライオンズ、巨人で活躍した・・・・
セ・リーグとパ・リーグの伝統のある両チームに所属していた男が起こした事件は、彼個人の問題では済まされない。
昨年野球賭博を起こした選手も紛れもなく巨人から出てしまった。
つまりこの両チームは犯罪者を育成するチームになってしまっている。
かつて伝統の国技である相撲界にも不祥事が続いたが、日本のプロ野球界もここまで堕ちたと言われても仕方がないのでは。
それは巨人という球界のユニフォームに袖を通した人物が逮捕されたという事実を深刻に受け止めるべきでしょう。
これはただ単に野球界という枠ではなく、スポーツ界にも影響を与えるということを球界関係者は深刻に受け止めるべき。

親交の深かった金本監督は、清原容疑者逮捕に言葉をなくした。
PL学園で2学年後輩の片岡打撃コーチもショックを隠せない。
清原氏の話題を振られると沈黙。

とにかく巨人という球団は一体全体どうしてしまったのだろうか・・・・
この球団が腐れば、日本のプロ野球界も崩壊するとしか思えません。





画像:巨人マスコット


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2015年04月04日


場所:東京ドーム
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:08 | - | - |
▼ 猛虎春季キャンプリポート2016
[ ゴメス ]



“減量成功かな”

今年は遅刻をしなかった男がスマートになって宜野座に帰ってきました。

ゴメちんがフリー打撃で快音を連発!35スイングで5連続を含む14本の柵越えです。オフのトレーニングで減量に成功し身体が軽くなったとか・・・・軽い方がボールにも反応しやすいと手応え十分の模様。

一昨年、昨年は夫人の出産や盗難被害などでキャンプインに間に合わず、3年目で初めて初日から参加。
オフにドミニカ共和国へ帰る前には121キロあった体重が、再来日時は115キロに減量。
打撃では気分良さそうにバットを振り、守備練習でも軽快に動いた4番候補に金本監督もニンマリだったとか。
スポーツニュースでも写っていました!
不動の四番打者になれるか!3年目のゴメチンに熱視線です。


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:マロウ・ゴメス内野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2014年03月15日

 
場所:横浜スタジアム
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:11 | - | - |
▼ 猛虎春季キャンプリポート2016
[ 13榎田 ]



“役者は選手だけどね”

選手以上に新監督やコーチ陣に盛り上がってしまうのが猛虎の体質なのか(笑)
いや〜しかし豪華な顔ぶれが揃えばたまりませんね〜今すぐにでも宜野座へ飛んでいきたい気分でしょう。

阪神OBの下柳剛氏が沖縄・宜野座キャンプの臨時コーチを務めた。臨時なんてもったいないけど例のごとく予算不足でしょうか〜球団社長様・・・それはさて置き、ブルペン投球する投手に積極的に声を掛けたほか、藤浪君とはフィールディングに関して意見交換をしてくれました。
ブルペンでは早速球児君の姿に金本監督もニンマリ!ものが違うとの一言なのでほんまに楽しみでございます。
さて、臨時コーチの下さんが、一番力を込めて指導した人物がプロ6年目の榎田君です。
近年は不振が続いていて、あの1年目の活躍を知っているだけに、よくなって欲しいと親身になっていました。
榎田君も自身の悪い癖を指摘されている様で、今年は復活の年にしたいものです。
下さん臨時コーチと言わないで是非とも来季は赤星君と共に・・・
すいません選手が主役でしたね〜画像はその榎田君でした。


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:榎田 大樹投手


撮影:アナフレ猛虎会『うぽって☆』


撮影日:2014年03月15日

 
場所:横浜スタジアム
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:22 | - | - |
▼ 猛虎春季キャンプリポート2016
[ 14能見 ]



“春季キャンプ開幕”

アナフレ猛虎会メルマガご購読者の皆々さま
あけましておめでとうございます。
いよいよ本日より宜野座キャンプが始まります。
 
昨日、沖縄・読谷村の宿舎で全体ミーティングを行った金本猛虎。
空路沖縄入りし、ナインを鼓舞した金本知憲監督は、選手を前にしていよいよだな〜と、今日が本当の就任1日目だと決意を新たにしました
今回のキャンプは開幕に合わせるキャンプではなく鍛えるキャンプと公言。選手時代は厳しい練習が始まると憂鬱だったなんてインタビューに応えていましたが、少し顔がふっくらしましたね〜鉄人もすでに監督モードかなってね。
さて、早々に離脱者が出て急遽安芸から宜野座へ来るのは誰かがきになる沖縄キャンプ!
今年の金本猛虎の明暗は?
いろんな意味で見ごたえがあるキャンプリポートは見逃せません。
画像は福留君と新ビジターユニで写っていました能見君です!



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:能見 篤史投手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2014年03月31日

 
場所:明治神宮球場
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:22 | - | - |


皆様こんにちは。ご訪問いただき有難うございます。 アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』と申します。 (*^^)v野球経験のない素人の球場観戦の独り言にお付き合いください。 有料又は無料のメールマガジンにてアナフレの独り言をお楽しみくださいませ。まぐまぐ!マイメルマは無料メールマガジンです。 又皆様からの観戦リポートやご意見ご感想も歓迎いたします。メールフォームにてお気軽にお声がけくださいませ。
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
アナフレ猛虎会
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

アクセスカウンター

過払い

外汇
携帯 中古外汇


阪神タイガースおっかけマップ (2005)
阪神タイガースおっかけマップ (2005)

阪神タイガースを語るには何がなくてもまず甲子園球場。大歓声でマンモススタンドが揺れ、ラッキーセブンのジェット風船は夜空が隠れてしまうほど舞い上がる。みなさん人生そのものをタイガースにかけているのだ。甲子園球場はもちろん、その周辺のこと=甲子園の街並みを知っていただきたい。野球とともに歩む姿を。またたくさんの楽しい、うれしいお店がいっぱいある。タイガースOBのお店や、ナインご贔屓のスポット、ファンが集うショップ。・・・・いえいえ甲子園だけではありませんぞ。おとなり尼崎も、芦屋も神戸、大阪も・・・・関西圏をくまなく知っていただこう。もちろん関東の情報も掲載!
野村ノート
野村ノート

ところが、以外な選手に感謝されているということもある。その代表的なのが桧山である。阪神時代、桧山に対しては叱ったことはあっても、野球はこうだ、人生はこうだと懇切丁寧に指導した記憶がない。・・・・平成15年、確か優勝した翌日の新聞だったと思うが、彼のインタビューに目を通し驚いたことがある。「野村さんが阪神の監督だったときは、いっていることがよく理解できなかったんですが、今になってやっとわかってきました」・・・・・桧山のように思ってもみなかった選手から感謝を受けるのも指導者冥利に尽きる。  それにしても人生はまさに一期一会だなあと思う。赤星、藤本は阪神のドラフトリストに名前はなかった。赤星はアマからのキャンプ参加、藤本は社会人選手権大会の観戦に行って、遊撃手を探していたときに目に留まった選手である。・・・・私との縁を大切にし、「考えないよりは考えるほうがいい」「知らないより知っていたほうがいい」と私にいわれ、「なるほどそうだな」と思い、ノートをこまめに取り、そのノートを保存し何度も読み返す。こうしたちょっとの差が、いざ自分が指導する立場になったときに活き、あるいはコーチや監督という地位を得るためのチャンスとなる。逆に出会いや縁を無駄にしてしまう選手は、将来の可能性まで狭めてしまうのである。
猛虎の70年
猛虎の70年

第1章阪神タイガースとは何か・・・・おそらくクソ度胸という点では球界ナンバー1の星野仙一の背中にスーッと寒気が走ったのは、彼が阪神の監督になってすぐのことだった。・・・いや、「恐怖」すら感じたという。それは阪神ファンが試合に感動し、勝利の歌を大合唱し、それが終わると球場の外へ出て、ゾロゾロと甲子園駅に帰るのではなく、球場近くの広場に何千人と集まり、そこでも「六甲颪」の大合唱をやるのだ。ファンはやがて甲子園の駅に移動する。この甲子園駅でもまたも「六甲颪」の大合唱となる。それでも終わらない。阪神電車に乗り込んだファンはそのまま梅田の駅で降りて、その梅田駅コンコースでまたまた「六甲颪」の大合唱である。これが深夜まで続くのだ。「お前ら、あれが聞こえるか?俺達はあの熱狂的なファンに対する責任があるんだ。もしあのファンを裏切ったら・・・・俺はどうなるか知らんゾ」・・・・「俺は勝ちたいんや!そのためにはどうするんや?俺はファンに喜んでもらいたいんや・・・・・」なんとも野暮なセリフである。だがかつて阪神の監督としてこんな直接的な言葉を発した指揮官はいなかった。少年のように「勝ちたいんや!」と絶叫する星野仙一。監督室まで聞こえてくる大合唱、そして海鳴りのようなファンの”鼓動”が星野仙一をギリギリまで追い詰めていったのである。そこには「日本一わがままで、日本一熱心で、日本一我慢強い」と星野が評したファンの姿があった。
巨人軍かく勝てり―V9達成の秘密
巨人軍かく勝てり―V9達成の秘密

チームプレーとは「チームワーク」=「人の和」よりさらに深い考え方で、“人間集団におけるモラルから、グランド上のプレーに至るまで、あらゆる人間行動を網羅した広い考え方”といってよいと思う。
簡単な具体例をあげよう。
いまここで二人の人間がキャッチボールを始めるとする。ボールを握って投げる側は、次のように考える「相手が取りやすいところへとりやすいスピードで投げてやろう。投げ返す時のことも考えて胸元へ投げてやろう」そう考えて投げる。
一方受ける側はどうか。相手がそう考えて投げてもミスすることがある。だから相手の気持ちを察して、「万一とりにくいボールがきても、何とか受けてミスを未然に防いでやろう」この二人の「思いやり」がチームプレーの根本精神である。
 このちいいさな「思いやり」は、やがて「自分の義務と役割を完全に履行」することに広がり、チームのために「自己犠牲」をいとわず、「助け合い」、そしてチーム全員に「感謝」するところにまで高められていく。
巨人軍論 ――組織とは、人間とは、伝統とは
巨人軍論 ――組織とは、人間とは、伝統とは

チームの要だったON
『チームを預かることになったとき、いつも私が手本としてきたのは川上哲治監督であり、川上監督が率いたV9時代の巨人というチームであった。それではV9巨人のどこが素晴らしかったのだろうか。まずはなんといっても王貞治と長嶋茂雄、すなわちONの存在をあげないわけにいかない。ONは長らく巨人の3番4番に座り続け常にチームの中心であり続けた。ただし私がこの二人を高く評価するのは、彼らが記録や数字を残したからという理由ではない。彼らが中心選手としての役割と責任をまっとうしていたという事実が大きいのである。私は「中心選手はチームの鏡でなければならない」と述べたが、王と長嶋は、まさしくそうであった。他の選手の模範であり続けたのである。そこが凡百の「四番」とONのちがうところなのである。

…その意味で、私は阪神の金本知憲を高く「評価」している。現在の球界で真の「四番」といえるのは彼くらいだろう。彼は少々の故障くらいでは試合を休まない。チームへの忠誠心も高い。金本が移籍してきてから、阪神の選手の意識が明らかに変わった…金本の野球に取り組む態度を見れば、まわりの選手も自然と「このままではいけない」と感じるようになる。また若手選手が直接叱るより先輩が叱ったほうが叱られた若手のショックは少ない。ここ数年の阪神の躍進には、この金本の存在が大きく寄与している』

ドジャースの戦法
ドジャースの戦法

『投手は自分の左側に球を打たれたらすぐさま一塁に向かってスタートする習慣をつけなければならなぬ。ゴロであろうとライナーであろうと変わりはない。直ちに一塁に突進せよ。適当な時に投手がマウンドを離れなかったためにゲームを失ったためしは多い。打球が左側にきたら、投手は真っ直ぐに一塁にスタートし、塁に近付いたらスピードを緩め、右足を塁に触れて、一塁手からの投球を待ち受ける。球を受け取ったら走者との衝突をふせぐために、ファウルラインの内側を二、三歩走り続けるが、この場合もし他の塁にも走者がいたら、投手はできるだけ早くとどまり、必要に応じて他の塁に投球する用意をせねばならない。
走者の足が遅いか、又は他の理由で投手がゆっくり一塁に間に合った時には、塁上で止まって、こちらに投球しようとしている野手の方に向き直り、一塁手のような身のこなしで、体をのばしたり、どちらかの側へ動いたりして、一塁手の代わりをつとめなければならぬ。』
背番号三桁―「僕達も胴上げに参加していいんですか?」
背番号三桁―「僕達も胴上げに参加していいんですか?」

「アホか、みんないいから出ろ!お前たちも行け!」優勝が決まった瞬間、ベンチから選手が一斉に飛び出した。星野はすぐさま裏方に対して叫んだ。
「尾張メモ」の全貌―情報は盗んで活かせ
「尾張メモ」の全貌―情報は盗んで活かせ

虚像がユニフォームを着ている

広岡監督殿

巨人偵察記・巨人の実像・私が過去三十年、対巨人と戦ってきた印象からみると、最低の巨人といっても過言ではない。人気という点では昔と雲泥の差があっても、実技つまり野球のすべてに対する取組む姿勢が欠けていること。緻密性がない。個人的には優秀な人材はおりますが、チームプレー1つをとってみても投手は三本間に三塁走者を挟みながら、生かしてしまうランダンプレー等がその例。一発で刺さねばいけないプレーをウロウロして生かすということは、過去の巨人では考えられないことです。極端な表現ですが、巨人のユニフォームを着ている虚像にすぎない。−こう断言できます。

このくらいのチームが優勝することはちょっと考えられないことだが、優勝をバックアップしている審判団の判定が大きく作用していることは申すまでもありません。私自身がこの目で見ても、巨人がパ・リーグであれば、近鉄クラスの実力と見ます。それで人気だけが物凄い、まさに虚人です。・・・・・・
1983年10月15日
阪神タイガース
阪神タイガース

序章 黄金時代の幕開け
”遂に来たタイガースの時代”
『この世の春、である。長い長い苦難のときを経て、とうとう阪神タイガースの時代がやって来た』
覚悟のすすめ (角川oneテーマ21 A 87)
覚悟のすすめ (角川oneテーマ21 A 87)

これまでのプロ野球生活で、胸を張って自慢できることがひとつある。

それは、

「たとえお金にならないことでも、やるべきことを、全力を尽くしてやってきた」

ということだ。

2000年5月12日の第三打席を最後に、翌年9月28日の横浜戦第二打席まで、私は1002打席にわたって一度も併殺打を記録しなかった。これはあまり知られていないが日本記録である。
ただ、常に全力疾走を心掛けていなければ達成できなかった記録でもある。それを私は誇りに思う。

連続フルイニング出場にしても、「すごい」とほめられはしても、直接お金として返ってくるわけではない。

それでも私は、セーフになるチャンスがあれば、一塁に全力疾走する。果敢にボールを追うし、つねに次のベースを目指そうとする。なぜなら

「たとえお金にならないことでも、全力プレーするのがプロ」
そう思っているからである。

「いつケガをしてもいい」そういう覚悟で私は常に試合に臨んでいる。

それが、これまでの私のプロ野球生活を支えた信念であり、いまもつねに自分自身にいいきかせているモットーである。