アナフレ猛虎会

皆様こんにちは。アナフレ猛虎会 通称”頑張れ阪神タイガース☆です。
▼ 猛虎かく勝てり1456
[ 監督・コーチ ]



“監督総括”


戦いを終えた金本知憲監督がCS敗退の悔しさをかみしめた。

監督就任2年目の今季も若手強化を最大のテーマに掲げ、チーム最多の20本塁打を放った中谷君やCSでも大活躍したルーキー大山君が台頭。
その一方で、昨季、存在感を示した高山君や北條君、原口君が不振に終わった。
主戦の先発藤浪君が絶不調に陥ったのも誤算だったでしょう。
それでも中堅クラスの奮闘でシーズンは78勝61敗4分けの2位。昨季の借金12から今季貯金17に押し上げた功績は大きい。

このCSで敗れた悔しさをナインは持ってくれている。来年につなげる意味でもつなげないといけない。1年を考えると、気持ちを前面に出してくれたし、ベテラン、中堅が頑張ってくれた。先発も決められないなか、スタメンも固定できないなかで、2位になれたのは、胸張っていいことだと思うと!
ナインの野球に対する執念や粘りで2位になれた。今日で最後になったが、ほめてやりたいチームだと思うと総括しました。

今日はオーナー報告が掲載される予定でしょう。
ひとまず監督お疲れ様!



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:勝利




撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2017年03月24日


場所:京セラドーム大阪

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 05:32 | - | - |
▼ 虎!クライマックス1st 1勝2敗
[ 3大山 ]

■2017/10/17 試合結果

対DeNA 3回戦 甲子園

デ | 3 0 0 3 0 0 0 0 0 | 6
神 | 0 0 0 0 0 1 0 0 0 | 1

勝:ウィーランド1勝0敗0S
敗:能見0勝1敗0S
HR:ロペス ツーラン1号
DeNA:ウィーランド - パットン - 山崎康
阪神:能見 - 石崎 - 岩崎 - 藤川 - 藤浪 - 高橋 - ドリス

───────────
“この悔しさを忘れるな“


猛虎の今年の戦いが終わった。
クライマックファーストはベイさん打線が猛虎投手陣を打ち崩し、甲子園は雨模様の空が上がっていたが泣いていました。

昨日の雨天中止で迎えた第3戦、負けられない戦いに挑んだ金本猛虎ですが、初回先発の能見君の制球が定まらず四球と連打で3点を先制されてしまいます。一死満塁で2番手石崎君がマウンドに上がり、後続を許さず無失点に抑えます。4回表、3番手の岩崎君が捕まりさらに3点を追加され阪神0対6DeNAとされて苦しい展開に。
追いつきたい猛虎打線ですが、ベイスターズの先発投手のテンポの早いピッチングにタイミングが合わず得点することができません。
6回裏福留さまが右中間フェンス直撃の2塁打でチャンスを作ると、このシリーズ絶好調の大山君が右前適時打!阪神1対6DeNAで1点を返します。
6回表に藤浪君がマウンドに上がり、150キロ台のストレートと変化球を駆使しベイスターズ打線を寄せ付けないピッチングを見せ、続く中継ぎ陣も好投を見せ無失点に抑えて、いい流れを呼び込んで猛虎打線大爆発の雰囲気でしたが・・・・・最後まで攻撃のリズムを取り戻せずゲームセット。
クライマックスシリーズファーストステージを1勝1敗で迎えた今夜の戦いは、ベイスターズの勢いを止めることができずファイナルステージに進むことができませんでした。


アナフレ目線です
3月☆
4月★★★☆☆★☆☆☆☆★☆☆★★☆★☆★☆☆★☆
5月★☆☆☆☆☆☆★☆☆☆☆★★★☆★★★☆★
交流戦☆☆★★☆☆☆★☆☆★☆★☆★☆☆★★
6月★★★★★★
7月☆☆★☆★★☆☆☆☆★★☆☆★☆★★☆
ロード☆☆★8月★☆△☆☆☆★☆★☆☆★★★☆☆☆☆★☆☆★☆★ロード☆☆☆
9月☆☆★★★★☆☆☆▲★▲★★☆☆★★△☆★☆
10月☆☆☆クライマックスファースト☆★★
この冷たい10月の雨は、猛虎打線を湿らせてしまい、皮肉にもベイ打線に火を着けるような結果となりました。
やはり中止したかった猛虎ナインと何がなんでも勝ちたかったベイさんの執念の勝利かな。
金本監督は最後の最後まで若虎の逆転劇を信じて使い続けていました!
グランドを完璧なコンディションに戻した甲子園園芸さんがヒーローでしょう。
この悔しさを忘れたらおしまいだぜい!猛虎ナイン。
さあ来季に向けての戦いが今日から始まります。
ひとまず今シーズン本当にお疲れ様!そしてありがとう!
3月☆
4月★★★☆☆★☆☆☆☆★☆☆★★☆★☆★☆☆★☆
5月★☆☆☆☆☆☆★☆☆☆☆★★★☆★★★☆★
交流戦☆☆★★☆☆☆★☆☆★☆★☆☆★★
6月★★★★★★
7月☆☆★☆★★☆☆☆☆★★☆★☆★★☆
ロード☆☆★8月★☆△☆☆☆★☆★☆☆★★★☆☆☆☆★☆☆★☆★ロード☆☆☆
9月☆☆★★★★☆☆☆▲★▲★★☆☆★★△☆★☆
10月☆☆☆クライマックスファースト☆★★
画像は必ずこの悔しさを次に繋げてくれるでしょう!大山君です。


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:大山 悠輔内野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2017年06月18日


場所: 阪神甲子園球場










author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:28 | - | - |
▼ 虎(・.・;)雨天中止
[ 99ターガースガールズ ]


■2017/10/16 試合結果

対DeNA 3回戦 甲子園

雨天中止
──────────
“雨天に気をぬくな”

ベイスターズさんにとっては悪夢の雨でしょう。
このまま本日も雨天中止となれば、猛虎のセカンドステージが決まる。
ベイナインにとっては何がなんでも試合をしたい
猛虎ナインはこのまま流れて欲しい。この中途半端な闘争心の違いに、もし試合が成立したら足元をすくわれてしまうぞ猛虎ナイン!
これも甲子園球場を本拠地とする猛虎の宿命だ!



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:タイガースガールズ


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2017年04月29日


場所:阪神甲子園球場

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:36 | - | - |
▼ 虎!クライマックス1st 1勝1敗
[ 3大山 ]

■2017/10/15 試合結果

対DeNA 2回戦 甲子園

デ | 0 0 2 0 2 0 6 0 3 | 13
神 | 0 2 1 0 0 1 2 0 0 | 6

勝:三上1勝0敗0S
敗:桑原0勝1敗0S
HR:大山ソロ1号、乙坂スリーラン1号
DeNA:今永 - 須田 - エスコバー - 三上 - 砂田 - パットン - 山崎康
阪神:秋山 - 岩崎 - 石崎 - 高橋 - 桑原 - 藤川 - マテオ
──────────
“天候に負けた猛虎”

どちらのチームにとっても辛い雨天の試合でしたが、負けたくなかったベイさんに天が味方したかな〜

雨が降り続く中、約1時間遅れで始まったCSファーストステージの第2戦目!虎の先発は秋山君です。
ゲームが動いたのは2回裏、大山君のライト前ヒットを皮切りに、続く鳥谷君がセンター前ヒットでチャンスを作ると、続く梅野君がフォアボールで満塁のチャンスとなり、続く俊介君がセンター2点タイムリーヒットで先制します。しかし3回表に同点に追い付かれるも、すぐさま3回裏に大山君がクライマックスシリーズ初となる第1号ソロホームランを放ち、勝ち越しに成功します。その後5回表に逆転されるも、すぐさま6回裏で梅野君のセーフティースクイズで同点追いつきます。しかし7回表に6点の勝ち越しを許し、7回裏で2点返すも、逆転することができず、今日のゲームをモノにすることができませんでした。
アナフレ目線です
3月☆
4月★★★☆☆★☆☆☆☆★☆☆★★☆★☆★☆☆★☆
5月★☆☆☆☆☆☆★☆☆☆☆★★★☆★★★☆★
交流戦☆☆★★☆☆☆★☆☆★☆★☆★☆☆★★
6月★★★★★★
7月☆☆★☆★★☆☆☆☆★★☆☆★☆★★☆
ロード☆☆★8月★☆△☆☆☆★☆★☆☆★★★☆☆☆☆★☆☆★☆★ロード☆☆☆
9月☆☆★★★★☆☆☆▲★▲★★☆☆★★△☆★☆
10月☆☆☆クライマックスファースト☆★
誰だったこんな日は登板したくない。そして怪我もしたくない。だから早く中止にして欲しかった〜そんな声が猛虎ナインの濡れた背中から聞こえてくるような敗戦でした。
ベイさんとて同じ条件でしょうが、甲子園3塁側にあれだけのベイサポーターが応援していただいていたら、たとえ泥だらけになっても負けられなかったのでしょう。気持ちの差がでた試合結果と割り切りましょう。
今日も悪天候が予想されます。中止になれば明日しか予備がないクライマックスシリーズの戦い!
今日は負けられないぞ猛虎ナイン!
3月☆
4月★★★☆☆★☆☆☆☆★☆☆★★☆★☆★☆☆★☆
5月★☆☆☆☆☆☆★☆☆☆☆★★★☆★★★☆★
交流戦☆☆★★☆☆☆★☆☆★☆★☆☆★★
6月★★★★★★
7月☆☆★☆★★☆☆☆☆★★☆★☆★★☆
ロード☆☆★8月★☆△☆☆☆★☆★☆☆★★★☆☆☆☆★☆☆★☆★ロード☆☆☆
9月☆☆★★★★☆☆☆▲★▲★★☆☆★★△☆★☆
10月☆☆☆クライマックスファースト☆

画像はこのクライマックスで勝利の鍵を握るような気がする大山君です!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:大山 悠輔内野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2017年06月18日


場所: 阪神甲子園球場










author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:36 | - | - |
▼ 虎!クライマックス1st 1勝1敗
[ 3大山 ]

■2017/10/15 試合結果

対DeNA 2回戦 甲子園

デ | 0 0 2 0 2 0 6 0 3 | 13
神 | 0 2 1 0 0 1 2 0 0 | 6

勝:三上1勝0敗0S
敗:桑原0勝1敗0S
HR:大山ソロ1号、乙坂スリーラン1号
DeNA:今永 - 須田 - エスコバー - 三上 - 砂田 - パットン - 山崎康
阪神:秋山 - 岩崎 - 石崎 - 高橋 - 桑原 - 藤川 - マテオ
──────────
“天候に負けた猛虎”

どちらのチームにとっても辛い雨天の試合でしたが、負けたくなかったベイさんに天が味方したかな〜

雨が降り続く中、約1時間遅れで始まったCSファーストステージの第2戦目!虎の先発は秋山君です。
ゲームが動いたのは2回裏、大山君のライト前ヒットを皮切りに、続く鳥谷君がセンター前ヒットでチャンスを作ると、続く梅野君がフォアボールで満塁のチャンスとなり、続く俊介君がセンター2点タイムリーヒットで先制します。しかし3回表に同点に追い付かれるも、すぐさま3回裏に大山君がクライマックスシリーズ初となる第1号ソロホームランを放ち、勝ち越しに成功します。その後5回表に逆転されるも、すぐさま6回裏で梅野君のセーフティースクイズで同点追いつきます。しかし7回表に6点の勝ち越しを許し、7回裏で2点返すも、逆転することができず、今日のゲームをモノにすることができませんでした。
アナフレ目線です
3月☆
4月★★★☆☆★☆☆☆☆★☆☆★★☆★☆★☆☆★☆
5月★☆☆☆☆☆☆★☆☆☆☆★★★☆★★★☆★
交流戦☆☆★★☆☆☆★☆☆★☆★☆★☆☆★★
6月★★★★★★
7月☆☆★☆★★☆☆☆☆★★☆☆★☆★★☆
ロード☆☆★8月★☆△☆☆☆★☆★☆☆★★★☆☆☆☆★☆☆★☆★ロード☆☆☆
9月☆☆★★★★☆☆☆▲★▲★★☆☆★★△☆★☆
10月☆☆☆クライマックスファースト☆★
誰だったこんな日は登板したくない。そして怪我もしたくない。だから早く中止にして欲しかった〜そんな声が猛虎ナインの濡れた背中から聞こえてくるような敗戦でした。
ベイさんとて同じ条件でしょうが、甲子園3塁側にあれだけのベイサポーターが応援していただいていたら、たとえ泥だらけになっても負けられなかったのでしょう。気持ちの差がでた試合結果と割り切りましょう。
今日も悪天候が予想されます。中止になれば明日しか予備がないクライマックスシリーズの戦い!
今日は負けられないぞ猛虎ナイン!
3月☆
4月★★★☆☆★☆☆☆☆★☆☆★★☆★☆★☆☆★☆
5月★☆☆☆☆☆☆★☆☆☆☆★★★☆★★★☆★
交流戦☆☆★★☆☆☆★☆☆★☆★☆☆★★
6月★★★★★★
7月☆☆★☆★★☆☆☆☆★★☆★☆★★☆
ロード☆☆★8月★☆△☆☆☆★☆★☆☆★★★☆☆☆☆★☆☆★☆★ロード☆☆☆
9月☆☆★★★★☆☆☆▲★▲★★☆☆★★△☆★☆
10月☆☆☆クライマックスファースト☆

画像はこのクライマックスで勝利の鍵を握るような気がする大山君です!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:大山 悠輔内野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2017年06月18日


場所: 阪神甲子園球場










author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:35 | - | - |
▼ 虎!クライマックス1勝
[ 8福留 ]

■2017/10/14 試合結果

対DeNA 1回戦 甲子園

デ | 0 0 0 0 0 0 0 0 0 | 0
神 | 0 0 0 0 0 2 0 0 x | 2

勝:メッセンジャー1勝0敗0S
S:ドリス0勝0敗1S
敗:井納0勝1敗0S
HR:福留ツーラン1号
DeNA:井納 - 三上 - エスコバー - 田中健 - パットン
阪神:メッセンジャー - マテオ - 桑原 - ドリス
───────────
“さすがドメさんですね”

ドメさんが決勝弾を放ってクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ(S)突破に王手をかけました!

クライマックスシリーズファーストステージの第1戦!日本一に向けて負けられない戦いに挑む初戦、マウンドを任せる先発はメッセンジャー君です。
初回、ランナーを出すものの危なげ無く後続を押さえ上々の立ち上がりを見せます。
1回裏、ベイスターズの先発投手を早く攻略して先制したい猛虎打線ですが、タイミングが合わず得点することができず。
2回表以降、メッセンジャー君は変化球と真っ直ぐを巧みに投げ、6回表まで三安打無四球でベイスターズ打線を封じ込めます。
好投のメッセンジャーに早めの援護をしたい猛虎打線ですが、5回裏まで打線が繋がらず無失点。
しかし6回裏、先頭打者糸井君が右前安打で出塁!続く福留さまが完璧に捉えた打球は虎ファンの大歓声が湧く右中間スタンドへ一直線!このシリーズ第1号となる先制2点本塁打!ベテランの活躍で大きな2点が入ります。
7回表からは心強い虎の中継ぎ投手陣が登場!マテオ君、桑原君がきっちりと無失点に抑えた最終回、守護神ドリス君が3人で締めゲームセット!
エースと4番が期待通りの活躍でクライマックスファーストステージ見事初戦白星を飾りました。

アナフレ目線です
3月☆
4月★★★☆☆★☆☆☆☆★☆☆★★☆★☆★☆☆★☆
5月★☆☆☆☆☆☆★☆☆☆☆★★★☆★★★☆★
交流戦☆☆★★☆☆☆★☆☆★☆★☆★☆☆★★
6月★★★★★★
7月☆☆★☆★★☆☆☆☆★★☆☆★☆★★☆
ロード☆☆★8月★☆△☆☆☆★☆★☆☆★★★☆☆☆☆★☆☆★☆★ロード☆☆☆
9月☆☆★★★★☆☆☆▲★▲★★☆☆★★△☆★☆
10月☆☆☆クライマックスファースト☆
ドメさんが0−0の無死一塁からDeNA井納投手の直球をとらえる2ランで勝利を呼び込みました。
14年にもファーストS初戦に1−0勝利を決める本塁打を広島前田投手から放っており、同年チームは日本シリーズまで進出。その再現を期待させる1発じゃないですか!
そして中3日でマウンドに上がったメッセンジャー君が好投。
DeNA井納投手との1歩も譲らない投手戦を演じてくれています。
リードを奪えば猛虎万全の中継ぎ投手陣に任せとけ!
さあ連勝で赤ヘルさんとの戦いに邁進でございます!
3月☆
4月★★★☆☆★☆☆☆☆★☆☆★★☆★☆★☆☆★☆
5月★☆☆☆☆☆☆★☆☆☆☆★★★☆★★★☆★
交流戦☆☆★★☆☆☆★☆☆★☆★☆☆★★
6月★★★★★★
7月☆☆★☆★★☆☆☆☆★★☆★☆★★☆
ロード☆☆★8月★☆△☆☆☆★☆★☆☆★★★☆☆☆☆★☆☆★☆★ロード☆☆☆
9月☆☆★★★★☆☆☆▲★▲★★☆☆★★△☆★☆
10月☆☆☆クライマックスファースト☆

画像はさすがドメさんでございます。


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:福留 孝介外野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2017年04月29日


場所: 阪神甲子園球場










author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 17:26 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり1455
[ 集合画像 ]


“ドライなルール”


いよいよ甲子園球場で開催されるセ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージが開幕します。
日本一に向けてしっかり戦っていきたい金本猛虎ですが、残念ながら第1戦は悪天候が予想されています。
中止になった場合は順延されますが、このクライマックはある意味非情なルールなのですね〜ファイナルステージが18日に開幕するため、予備日はわずか1日しかありません。セの規定ではダブルヘッダーを実施しないため、複数の試合が中止になった場合は途中で打ち切られる可能性もあるとのこと。
3試合制で、中止や引き分けが絡み、勝敗が同じ場合は2位の猛虎がファイナルステージに進出。もし悪天候で1試合も消化できなかった場合も猛虎が勝ち上がるのがルール。
そうなってもマツダスタジアムもドームではないので、悪天候に見舞われば、当然猛虎の日本シリーズの進出も無くなります。
ともあれ、このルールというものも最大限に活用して勝ち進んでいくべきでしょう!
さあ本日から決戦だ!

参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:猛虎ナイン


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2017年04月16日


場所:佐藤薬品スタジアム





author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 05:55 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり1454
[ 3大山 ]


“若き4番打者”

DeNAとのクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージに向け、甲子園球場で守備練習やフリー打撃などで調整した猛虎ナイン。
金本監督は短期のCSでは調子のいい人を使っていくとコメント。
10日の中日戦で7号ソロを放った新人大山君の4番起用も示唆しました。
フリー打撃で鋭い打球を飛ばしたその大山君は調子の良さをアピール。
4番起用に応えたいと意気込んでいます。
金本監督は誰の影響を受けているのでしょうね〜星野さんというより亡くなった三村さんかな〜

参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:大山 悠輔内野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2017年04月16日


場所:佐藤薬品スタジアム





author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:11 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり1453
[ 38マテオ ]


“クライマックスシリーズに向けて“

良太君の引退会見が公式サイトに掲載されていました。本当にお疲れ様。最後の最後まで悩んだ決断でしょう。兄の新井サンが相談相手として名前が出ていました。実力の世界ですから厳しい現実ですが、今後も猛虎をしっかり見守ってくれると思います。
さて、クライマックスシリーズに向けて、
マテオ君、高橋君、桑原君の3人が、ロッテ戦で調整登板を行いました。
1イニングに限定して登板で、3投手とも無失点に抑えました。
投球を見守った金村投手コーチは万全な状態と期待を寄せます。
そしてルーキー小野君はリリーフとしてこの短期決戦は控えることも示唆!猛虎が誇る中継ぎ投手陣に期待しましょう。


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:マルコス・マテオ投手




アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2017年04月29日


場所:阪神甲子園球場








author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 05:45 | - | - |
▼ 虎!78勝61敗4分け
[ 32新井良 ]

■2017/10/10 試合結果

対中日 25回戦 甲子園

中 | 0 0 0 0 0 0 0 1 0 | 1
神 | 1 0 0 0 3 0 2 0 x | 6

勝:石崎1勝1敗0S
敗:ジョーダン6勝4敗0S
HR:福留ソロ18号、大山ソロ7号、石川ソロ1号
中日:ジョーダン - 三ツ間 - 福谷 - 小川
阪神:メッセンジャー - 石崎 - 岩崎 - 藤川 - 安藤 - 才木

────────────

“ありがとう安藤君&良太

いや〜立派な挨拶をしてくれましたね〜普段は黙々と投げ続けていたイメージの安藤君でしたが、ひとたびスポットを浴びると見事な挨拶でございました。

猛虎打線は初回、二死2塁から4番福留さまがライト前へ先制タイムリー!竜先発投手の立ち上がりを攻略すると、5回には代打高山君のライト線ツーベースと2つのフォアボールで二死満塁とし5番大山君が右中間を破る走者一掃の3点タイムリースリーベースヒット!
怪我から復帰し約2ヶ月ぶりのマウンドとなる虎の先発メッセンジャー君は2回から4回にかけて7者連続三振を奪うなどクライマックスシリーズに向けて万全の状態をアピールしました!
7回裏には福留さま、大山君が2者連続ホームランを甲子園の夜空に打ち上げ試合を決定づけると、8回はいよいよ安藤君が現役最後のマウンドへ!
すると代打の三遊間へのゴロを同じく引退を表明している新井良太君が見事ダイビングキャッチ!安藤コールがこだまする中、マウンドを降り引退の花道
を飾りました!
そのバトンを受けたのは19歳・才木君です。9回もマウンドに上がり試合を締めくくりました!
6対1で勝利した猛虎はペナントレース全日程を終了。
引き続き土曜日からはクライマックスシリーズが甲子園球場にて開催されベイスターズを迎え撃ちます!
アナフレ目線です
3月☆
4月★★★☆☆★☆☆☆☆★☆☆★★☆★☆★☆☆★☆
5月★☆☆☆☆☆☆★☆☆☆☆★★★☆★★★☆★
交流戦☆☆★★☆☆☆★☆☆★☆★☆★☆☆★★
6月★★★★★★
7月☆☆★☆★★☆☆☆☆★★☆☆★☆★★☆
ロード☆☆★8月★☆△☆☆☆★☆★☆☆★★★☆☆☆☆★☆☆★☆★ロード☆☆☆
9月☆☆★★★★☆☆☆▲★▲★★☆☆★★△☆★☆
10月☆☆☆
安藤君が一番言ってもらいたかった虎党の気持ちを代弁?してくれましたね〜現役最後のマウンドを降りる安藤君には、球場全体から「安藤! 安藤!」と大きな安藤コールが送られました。
試合後に行われた引退セレモニーにはたくさんのファンが残り、安藤君の立派なスピーチを見届けます。その声援に応えるかのように、場内一周では手を伸ばす1人1人のファンに丁寧に握手。
本当に温かいファン、これが阪神ファンだと思うと15年間の感謝を込め、そしてスピーチの最後には日本一になれなかったことが心残りであると!
ごもっともでございました。
そして引退宣言に遅れをとったのが彼らしい良太君!
毎年の春季キャンプでMVPと言わしめたムードメーカーが安藤君の引退セレモニーに便乗するかのように甲子園でファンに別れを告げました。
さあメッセ君も完全復活!まだ残された日本一の可能性に邁進していこう!
3月☆
4月★★★☆☆★☆☆☆☆★☆☆★★☆★☆★☆☆★☆
5月★☆☆☆☆☆☆★☆☆☆☆★★★☆★★★☆★
交流戦☆☆★★☆☆☆★☆☆★☆★☆☆★★
6月★★★★★★
7月☆☆★☆★★☆☆☆☆★★☆★☆★★☆
ロード☆☆★8月★☆△☆☆☆★☆★☆☆★★★☆☆☆☆★☆☆★☆★ロード☆☆☆
9月☆☆★★★★☆☆☆▲★▲★★☆☆★★△☆★☆
10月☆☆☆

画像はありがとう良太君です!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:新井 良太内野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2017年03月24日


場所: 京セラドーム大阪










author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:26 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり1452
[ 集合画像 ]

“クライマックスシリーズに向けて”
さあシーズン勝利締めだ!
今シーズンの最終戦甲子園!必ず勝って六甲颪を歌おうではありませんか。
良太新井君の引退という寂しいニュースが飛び込んできました。
まずはこの日最後の登板となる安藤君を皆でしっかり応援しよう!
そしていよいよクライマックスに向けて戦いは迫ってきているぞ、猛虎ナイン!

参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:勝利


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2017年04月16日


場所:佐藤薬品スタジアム





author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:18 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり1451
[ 51伊藤隼 ]


“目指せ新代打の神様”

そう言えば、狩野君が引退したら、猛虎代打の神様は誰が・・・・・
新候補は君でしょう。
伊藤隼太君が9日から宮崎県内で行われるフェニックス・リーグに参加します。
この日は甲子園で行われた全体練習に参加すると、終了後に宮崎へ移動。
今季は代打として起用されており、CSでも勝負強い打撃が求められますね。
かつて偉大な桧山進次郎という左の代打の神様がいました。
現役最後の打席に甲子園で打ったホームランは忘れられません。
新代打の神様になるには、これからのクライマックスでの活躍が必須です。
隼太君のバットに期待しましょう!

参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:伊藤 隼太外野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2017年06月18日


場所:阪神甲子園球場





author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:44 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり1450
[ 集合画像 ]

“クライマックスシリーズに向けて”

復活を目指す男も入れば、外れる男もいます。
左脇腹の筋挫傷で2軍調整中の坂本君が、故障後初めてシート打撃に取り組見ました。
甲子園室内での2軍本隊の全体練習に参加したのは糸原君です。
7月19日の広島戦(甲子園)で右膝内側側副靱帯を損傷しましたが、今月5日のBFL選抜との練習試合(鳴尾浜)で復帰。順調な回復ぶりをみせています。
CSでの昇格を見据え、宮崎で猛アピール中です。
その他調整中の西岡君や原口君もクライマックス出場を目指し、虎視眈々と練習に励んでいます。
かたやクライマックス出場を見送られたのは藤浪君です。
金本監督にとっても、残念無念、苦渋の決断でしょう。
藤浪君は秋季教育リーグ、フェニックス・リーグ参加メンバーの一員として8日に宮崎入り。最初の登板は12日の西武戦(南郷)先発が予定され、その後、期間中は中5、6日の間隔で先発を繰り返す方針が固まっています。
今の彼にとっては再起にかけるリハビリなのでしょう!
必ずまたマウンドに戻ってきてくれるに違いありません!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:勝利


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2017年04月16日


場所:佐藤薬品スタジアム





author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 09:31 | - | - |
▼ 虎(・.・;)雨天中止
[ 99ターガースガールズ ]


■2017/10/6 試合結果

対中日 25回戦 甲子園

雨天中止

──────────
“雨には勝てず”

お預けですね〜この雨では。 
この日の予告先発は右足腓骨骨折から復活を目指すメッセンジャー君でしたが、悪天候のため復帰戦は延期となりました。
彼の完全復調が気になるところですね〜
そして今季限りでの引退を表明している安藤君の引退試合も延期。
今季最終戦となる10日の中日戦(甲子園)です!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:タイガースガールズ


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2017年04月29日


場所:阪神甲子園球場

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:01 | - | - |
▼ 虎!77勝61敗4分け
[ 98ドリス ]

■2017/10/5 試合結果

対中日 24回戦 甲子園

中 | 0 0 0 0 0 1 0 0 0 | 1
神 | 0 0 0 0 0 1 1 0 x | 2

勝:竹安1勝0敗0S
S:ドリス4勝4敗37S
敗:小笠原5勝8敗0S
HR:糸井ソロ17号
中日:小笠原 - ジョーダン - 又吉
阪神:秋山 - 竹安 - 才木 - ドリス

10/6の予告先発
中:大野 雄大
神:メッセンジャー
───────────
“9球の初勝利”

小野君のように初勝利に苦労する若虎もいれば、皮肉になりますがわずか9球で初勝利を挙げる若虎もいます。
これも野球の面白さですかね〜

今季残り2連戦となった対ドラゴンズ戦、虎の先発秋山君は抜群の安定感で初回を三者凡退に抑え上々の立ち上がりを見せます。
1回裏、ドラゴンズの先発投手の緩急ある投球術にタイミングが合わず得点することができない猛虎打線。
2回表以降両先発の投げ合いになり、両チーム決め手に欠き0が並びました。
そして6回表、四球で歩かせたに適時打で1点先制されてしまう秋山君。
しかし6回裏、糸井君が反撃の狼煙を上げる特大の一発を右中間スタンドへ叩き込み同点!第17号ソロホームランで阪神1対1中日。試合を振り出しに戻すと、7回表には本日プロ初登板の竹安君がマウンドに上がり、落ち着いたピッチングで竜打線を封じ三者凡退に仕留めます。
7回裏、勝ち越したい猛虎打線は本日途中出場の大山君が左前安打で出塁、続く途中出場の植田君も左前へ安打を放ち無死1・2塁。勝ち越しのチャンスを作ります。9番代打の江越君が左肩付近にデッドボールを受け一死満塁!ここで俊介君の痛烈な当たりはファーストのグラブを強襲!その間に3塁ランナー大山君が生還!阪神2対1中日で勝ち越しに成功します。
8回表、ルーキー才木君とルーキー長坂君の両バッテリーがプロ初出場!力強いピッチングで無失点に抑えて最終回、今季単独最多セーブを目指してドリス君が登場!150キロ台ストレートと変化球で三者凡退に抑えゲームセット!ベテランとルーキーの活躍で見事勝利しました!
アナフレ目線です
3月☆
4月★★★☆☆★☆☆☆☆★☆☆★★☆★☆★☆☆★☆
5月★☆☆☆☆☆☆★☆☆☆☆★★★☆★★★☆★
交流戦☆☆★★☆☆☆★☆☆★☆★☆★☆☆★★
6月★★★★★★
7月☆☆★☆★★☆☆☆☆★★☆☆★☆★★☆
ロード☆☆★8月★☆△☆☆☆★☆★☆☆★★★☆☆☆☆★☆☆★☆★ロード☆☆☆
9月☆☆★★★★☆☆☆▲★▲★★☆☆★★△☆★☆
10月☆☆
若虎の1勝もい嬉しいですが、なんと甲子園で8試合ぶりに勝利ですから困った反省材料でした。九月失速なのかな〜悪い流れですけどね。
竹安君初勝利おめでとう!爽やかな好青年ですね。秋山君のような大きな投手に成長してほしいものです。
そしてドリス君が単独のセーブ王!
メッセ君も二軍登板を果たして顔ぶれが揃いました。
さあ今シーズン最後の試合も甲子園で勝利締めといきましょう。
3月☆
4月★★★☆☆★☆☆☆☆★☆☆★★☆★☆★☆☆★☆
5月★☆☆☆☆☆☆★☆☆☆☆★★★☆★★★☆★
交流戦☆☆★★☆☆☆★☆☆★☆★☆☆★★
6月★★★★★★
7月☆☆★☆★★☆☆☆☆★★☆★☆★★☆
ロード☆☆★8月★☆△☆☆☆★☆★☆☆★★★☆☆☆☆★☆☆★☆★ロード☆☆☆
9月☆☆★★★★☆☆☆▲★▲★★☆☆★★△☆★☆
10月☆☆

画像は猛虎の守護神ドリス君です!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:ラファエル・ドリス投手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2017年03月24日


場所: 京セラドーム大阪










author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:30 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり1449
[ 0大和 ]


“連勝締めのキーマン”


ここのところ甲子園で勝てない猛虎!
最終戦連勝締めのキーマンに指名されたのは、なるほど・・・壁掛け型の阪神カレンダーに載っている3人です。
指名を受けたのは上本君、俊介君、大和君のシブいアラサートリオだそうです。
もちろん中心として『ミスターオクトーバー』になってほしいと期待を寄せる首脳陣。

思い返せば、その一端を大和君がすでに見せています。
2014年10月15日からの巨人とのCSファイナルステージ(東京ドーム)。中堅手として出場し、守備で美技を連発して9年ぶりの日本シリーズ進出に大きく貢献。
片岡コーチは、上本君は苦しいときにがんばってくれて、大和君も守備でチームを締めてくれた。俊介君も左投手相手にがんばってくれて。中堅3人ががんばって、そこに若手がついていってもらいたいと、秋の起爆剤としての役割を願います。
狙うは14年の再現&リベンジ。2位から勝ち上がって日本シリーズ、その先の頂点へ。そのためにはまず中日2連戦で連勝締めです。
虎のミスターオクトーバーの活躍に期待しましょう!

画像は美技連発が期待の大和君です!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:大和 内野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2017年03月24日


場所:京セラドーム大阪





author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:26 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり1448
[ 48ロジャース ]



“さらばパンダ“

背番号48番 ジェイソン・ロジャース内野手

なぜかはわかりませんが、助っ人野手で日本球界で長くプレーする選手はそういません。

阪神球団は3日、ジェイソン・ロジャース内野手(29)が近日中に帰国予定と発表しました。
シーズン途中の7月にチームに加入。40試合で打率2割5分2厘、5本塁打、23打点の成績でした。
「パンダ」の愛称でチームメートやファンに愛されたロジャース君。新天地での活躍を祈りましょう。



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:タイガースガールズ


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2017年04月29日


場所:阪神甲子園球場


author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:08 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり1447
[ 34高宮 ]



“さらばG・Aキラー“

背番号34番 高宮 和也投手

阪神は2日、高宮和也投手(35)と来季の契約を結ばないことを発表しました。
そう言えば見かけないな〜って思っていましたが、そうでしたか。

05年に大学・社会人ドラフト希望枠で横浜に入団。オリックスをへて、13年に平野恵一氏のFA権行使による人的補償で猛虎に移籍。
思い出されるのは、14年に自己最多タイの22試合に登板すると、CSでは巨人の阿部キラーとして日本シリーズ進出に貢献してくれましたね。15年には52試合に登板するも、昨季は右脇腹痛などで精彩を欠き、プロ12年目の今季は1軍登板がありませんでした。
今後の去就は未定
現役続行も年齢的には厳しいかもしれません。
ありがとう阿部キラー!そしてこれからの野球人生を頑張れ!



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:タイガースガールズ


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2017年04月29日


場所:阪神甲子園球場


author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:04 | - | - |
▼ 虎!76勝61敗4分け
[ 00上本 ]


■2017/10/1 試合結果

対巨人 25回戦 東京ドーム

神 | 0 0 3 0 2 0 0 0 0 | 5
巨 | 0 0 0 2 0 0 0 0 2 | 4

勝:岩田3勝2敗0S
S:ドリス4勝4敗36S
敗:田口13勝4敗0S
HR:上本ソロ9号、糸井ソロ16号、村田ソロ14号
阪神:岩田 - 石崎 - 桑原 - マテオ - ドリス
巨人:田口 - 畠 - 池田
──────────
“宿敵勝利締め”

今年の巨人に負け越してしまったことが、赤ヘルさんに追いつけなかった最大の要因でしょうか・・・なぜかなあと感じる東京ドーム最終戦でした。

巨人とは最終戦、先発は岩田君です。
ゲームが動いたのは3回表、俊介君のショート内野安打を皮切りに、続く上本君がライト前ヒットを放ち二死1・3塁のチャンスを作ります。更に続く糸井君がレフト前先制タイムリーヒットで1点を取り、満塁場面で5番大山君がセンター前2点タイムリーヒットで3点先制します。
しかし4回裏に巨人に2点取られるも、5回表、2番手投手から昨日頭部へ死球を受けた上本君がお返しとばかりに、第9号ソロホームランを放ち、続く3番糸井君も第16号ソロホームランで点差を広げます。
その後両者共得点がないまま迎えた9回の裏、1点差まで追いつかれるも、ドリス君が最後まで抑えきり、このゲームをモノにしました。

アナフレ目線です
3月☆
4月★★★☆☆★☆☆☆☆★☆☆★★☆★☆★☆☆★☆
5月★☆☆☆☆☆☆★☆☆☆☆★★★☆★★★☆★
交流戦☆☆★★☆☆☆★☆☆★☆★☆★☆☆★★
6月★★★★★★
7月☆☆★☆★★☆☆☆☆★★☆☆★☆★★☆
ロード☆☆★8月★☆△☆☆☆★☆★☆☆★★★☆☆☆☆★☆☆★☆★ロード☆☆☆
9月☆☆★★★★☆☆☆▲★▲★★☆☆★★△☆★☆
10月☆
どうして今年の巨人を圧倒できなかったのかな〜
一発勝利でいいじゃないですかこの東京ドームではね。
これでクライマックスファーストの相手はベイさんに決定した猛虎!
残り2試合でしっかり調整して、短期決戦に挑んでもらいたいものです。
この東京ドームでは5イニングを2失点にまとめた岩田君や俊介君、上本君、糸井君など中堅からベテランも調子をあげて来ています。
岩田君もクライマックスシリーズの先発要員に当確ランプが点灯。
金本猛虎二年目の最終章に向けて、しっかり戦っていきましょう!
3月☆
4月★★★☆☆★☆☆☆☆★☆☆★★☆★☆★☆☆★☆
5月★☆☆☆☆☆☆★☆☆☆☆★★★☆★★★☆★
交流戦☆☆★★☆☆☆★☆☆★☆★☆☆★★
6月★★★★★★
7月☆☆★☆★★☆☆☆☆★★☆★☆★★☆
ロード☆☆★8月★☆△☆☆☆★☆★☆☆★★★☆☆☆☆★☆☆★☆★ロード☆☆☆
9月☆☆★★★★☆☆☆▲★▲★★☆☆★★△☆★☆
10月☆

画像は前日の頭部死球もはねのけての一発、上本君です!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:上本 博紀内野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2017年03月24日


場所: 京セラドーム大阪










author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 06:52 | - | - |
▼ 虎!75勝61敗4分け
[ 68俊介 ]

■2017/9/30 試合結果

対巨人 24回戦 東京ドーム

神 | 1 1 0 0 0 0 1 2 0 | 5
巨 | 0 1 0 0 0 0 0 0 0 | 1

勝:岩貞5勝10敗0S
敗:畠6勝4敗0S
HR:俊介ソロ4号、村田ソロ13号
阪神:岩貞 - 藤川 - 桑原 - マテオ - ドリス
巨人:畠 - 中川 - 田原 - 池田 - マシソン - 篠原

10/1の予告先発
神:岩田 稔
巨:田口 麗斗
───────────
“2位確定“

日本一のファンのために、猛虎が敵地で圧勝してくれました!嬉しいですね〜素直に喜び合いたいものです。

負けられない伝統の一戦、勝ってCS2位を確定したい猛虎打線は初回、ジャイ
アンツの先発投手から俊介君が左中間へ2塁打を決め出塁!続く上本君がバントの構えから変化球がすっぽ抜けて側頭部を直撃。
ジャイアンツ先発投手が危険球退場を宣告されます。
2番手の代わりばなを叩きたい猛虎打線は糸井君の進塁打、福留さまのセカンドゴロの間に俊介君が生還!幸先良く先制しました。
虎の先発岩貞君は1回裏、連打を許すも後続を絶ち、無失点に抑えます。
2回表、梅野君が中前に安打を放ち出塁すると俊介君の右前適時打でさらに1点追加。
2回裏、先頭打者に痛い一発を浴び1点を返されますが、その後はきっちりしとめ追加点を許しません。
3回裏以降、岩貞君の強気のピッチングでジャイアンツ打線を仕留め追加点を与えません。7回表、今日ここまでマルチ安打の俊介君が捉えた打球はライトスタンドへ飛び込む第4号ソロホームラン!欲しかった1点が入ると8回表、大山君の左中間2塁打でチャンスを作ると、守備でも魅せた大和君が左打席から流し打ちで二死1・3塁で、梅野君がピッチャー強襲のタイムリー内野安打で1点が入り、代打中谷君も力で運んだ当たりが左前の適時打!阪神5対1巨人 。一気に突き放して岩貞君から代わった、球児君、桑原君、マテオ君の投手陣もジャイアンツに付け入る隙きを与えず無失点で抑え、最終回守護神ドリス君がきっちり三者凡退に抑えゲームセット!
CS2位確定を勝利で決めました!

アナフレ目線です
3月☆
4月★★★☆☆★☆☆☆☆★☆☆★★☆★☆★☆☆★☆
5月★☆☆☆☆☆☆★☆☆☆☆★★★☆★★★☆★
交流戦☆☆★★☆☆☆★☆☆★☆★☆★☆☆★★
6月★★★★★★
7月☆☆★☆★★☆☆☆☆★★☆☆★☆★★☆
ロード☆☆★8月★☆△☆☆☆★☆★☆☆★★★☆☆☆☆★☆☆★☆★ロード☆☆☆
9月☆☆★★★★☆☆☆▲★▲★★☆☆★★△☆★☆
今年の猛虎の2位を決めたのは、若虎ではなく肉体改造に取り組んだ中堅選手だということが嬉しいじゃないですか。
巨人にとってはまさにノーマークの俊介君のあわやサイクル安打達成もあり得た大活躍で快勝です。
また岩貞君の復調も今後の短期決戦に明るい話題でございます。
俊介君〜!我々日本一のファンですが、自身も日本一に向けて頑張れ!
3月☆
4月★★★☆☆★☆☆☆☆★☆☆★★☆★☆★☆☆★☆
5月★☆☆☆☆☆☆★☆☆☆☆★★★☆★★★☆★
交流戦☆☆★★☆☆☆★☆☆★☆★☆☆★★
6月★★★★★★
7月☆☆★☆★★☆☆☆☆★★☆★☆★★☆
ロード☆☆★8月★☆△☆☆☆★☆★☆☆★★★☆☆☆☆★☆☆★☆★ロード☆☆☆
9月☆☆★★★★☆☆☆▲★▲★★☆☆★★△☆★☆

画像はナイスな中堅俊介君です!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:俊介外野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2017年06月18日


場所: 阪神甲子園球場










author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:30 | - | - |


皆様こんにちは。ご訪問いただき有難うございます。 アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』と申します。 (*^^)v野球経験のない素人の球場観戦の独り言にお付き合いください。 有料又は無料のメールマガジンにてアナフレの独り言をお楽しみくださいませ。まぐまぐ!マイメルマは無料メールマガジンです。 又皆様からの観戦リポートやご意見ご感想も歓迎いたします。メールフォームにてお気軽にお声がけくださいませ。
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
アナフレ猛虎会
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

アクセスカウンター

過払い

外汇
携帯 中古外汇


1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
阪神タイガースおっかけマップ (2005)
阪神タイガースおっかけマップ (2005)

阪神タイガースを語るには何がなくてもまず甲子園球場。大歓声でマンモススタンドが揺れ、ラッキーセブンのジェット風船は夜空が隠れてしまうほど舞い上がる。みなさん人生そのものをタイガースにかけているのだ。甲子園球場はもちろん、その周辺のこと=甲子園の街並みを知っていただきたい。野球とともに歩む姿を。またたくさんの楽しい、うれしいお店がいっぱいある。タイガースOBのお店や、ナインご贔屓のスポット、ファンが集うショップ。・・・・いえいえ甲子園だけではありませんぞ。おとなり尼崎も、芦屋も神戸、大阪も・・・・関西圏をくまなく知っていただこう。もちろん関東の情報も掲載!
野村ノート
野村ノート

ところが、以外な選手に感謝されているということもある。その代表的なのが桧山である。阪神時代、桧山に対しては叱ったことはあっても、野球はこうだ、人生はこうだと懇切丁寧に指導した記憶がない。・・・・平成15年、確か優勝した翌日の新聞だったと思うが、彼のインタビューに目を通し驚いたことがある。「野村さんが阪神の監督だったときは、いっていることがよく理解できなかったんですが、今になってやっとわかってきました」・・・・・桧山のように思ってもみなかった選手から感謝を受けるのも指導者冥利に尽きる。  それにしても人生はまさに一期一会だなあと思う。赤星、藤本は阪神のドラフトリストに名前はなかった。赤星はアマからのキャンプ参加、藤本は社会人選手権大会の観戦に行って、遊撃手を探していたときに目に留まった選手である。・・・・私との縁を大切にし、「考えないよりは考えるほうがいい」「知らないより知っていたほうがいい」と私にいわれ、「なるほどそうだな」と思い、ノートをこまめに取り、そのノートを保存し何度も読み返す。こうしたちょっとの差が、いざ自分が指導する立場になったときに活き、あるいはコーチや監督という地位を得るためのチャンスとなる。逆に出会いや縁を無駄にしてしまう選手は、将来の可能性まで狭めてしまうのである。
猛虎の70年
猛虎の70年

第1章阪神タイガースとは何か・・・・おそらくクソ度胸という点では球界ナンバー1の星野仙一の背中にスーッと寒気が走ったのは、彼が阪神の監督になってすぐのことだった。・・・いや、「恐怖」すら感じたという。それは阪神ファンが試合に感動し、勝利の歌を大合唱し、それが終わると球場の外へ出て、ゾロゾロと甲子園駅に帰るのではなく、球場近くの広場に何千人と集まり、そこでも「六甲颪」の大合唱をやるのだ。ファンはやがて甲子園の駅に移動する。この甲子園駅でもまたも「六甲颪」の大合唱となる。それでも終わらない。阪神電車に乗り込んだファンはそのまま梅田の駅で降りて、その梅田駅コンコースでまたまた「六甲颪」の大合唱である。これが深夜まで続くのだ。「お前ら、あれが聞こえるか?俺達はあの熱狂的なファンに対する責任があるんだ。もしあのファンを裏切ったら・・・・俺はどうなるか知らんゾ」・・・・「俺は勝ちたいんや!そのためにはどうするんや?俺はファンに喜んでもらいたいんや・・・・・」なんとも野暮なセリフである。だがかつて阪神の監督としてこんな直接的な言葉を発した指揮官はいなかった。少年のように「勝ちたいんや!」と絶叫する星野仙一。監督室まで聞こえてくる大合唱、そして海鳴りのようなファンの”鼓動”が星野仙一をギリギリまで追い詰めていったのである。そこには「日本一わがままで、日本一熱心で、日本一我慢強い」と星野が評したファンの姿があった。
巨人軍かく勝てり―V9達成の秘密
巨人軍かく勝てり―V9達成の秘密

チームプレーとは「チームワーク」=「人の和」よりさらに深い考え方で、“人間集団におけるモラルから、グランド上のプレーに至るまで、あらゆる人間行動を網羅した広い考え方”といってよいと思う。
簡単な具体例をあげよう。
いまここで二人の人間がキャッチボールを始めるとする。ボールを握って投げる側は、次のように考える「相手が取りやすいところへとりやすいスピードで投げてやろう。投げ返す時のことも考えて胸元へ投げてやろう」そう考えて投げる。
一方受ける側はどうか。相手がそう考えて投げてもミスすることがある。だから相手の気持ちを察して、「万一とりにくいボールがきても、何とか受けてミスを未然に防いでやろう」この二人の「思いやり」がチームプレーの根本精神である。
 このちいいさな「思いやり」は、やがて「自分の義務と役割を完全に履行」することに広がり、チームのために「自己犠牲」をいとわず、「助け合い」、そしてチーム全員に「感謝」するところにまで高められていく。
巨人軍論 ――組織とは、人間とは、伝統とは
巨人軍論 ――組織とは、人間とは、伝統とは

チームの要だったON
『チームを預かることになったとき、いつも私が手本としてきたのは川上哲治監督であり、川上監督が率いたV9時代の巨人というチームであった。それではV9巨人のどこが素晴らしかったのだろうか。まずはなんといっても王貞治と長嶋茂雄、すなわちONの存在をあげないわけにいかない。ONは長らく巨人の3番4番に座り続け常にチームの中心であり続けた。ただし私がこの二人を高く評価するのは、彼らが記録や数字を残したからという理由ではない。彼らが中心選手としての役割と責任をまっとうしていたという事実が大きいのである。私は「中心選手はチームの鏡でなければならない」と述べたが、王と長嶋は、まさしくそうであった。他の選手の模範であり続けたのである。そこが凡百の「四番」とONのちがうところなのである。

…その意味で、私は阪神の金本知憲を高く「評価」している。現在の球界で真の「四番」といえるのは彼くらいだろう。彼は少々の故障くらいでは試合を休まない。チームへの忠誠心も高い。金本が移籍してきてから、阪神の選手の意識が明らかに変わった…金本の野球に取り組む態度を見れば、まわりの選手も自然と「このままではいけない」と感じるようになる。また若手選手が直接叱るより先輩が叱ったほうが叱られた若手のショックは少ない。ここ数年の阪神の躍進には、この金本の存在が大きく寄与している』

ドジャースの戦法
ドジャースの戦法

『投手は自分の左側に球を打たれたらすぐさま一塁に向かってスタートする習慣をつけなければならなぬ。ゴロであろうとライナーであろうと変わりはない。直ちに一塁に突進せよ。適当な時に投手がマウンドを離れなかったためにゲームを失ったためしは多い。打球が左側にきたら、投手は真っ直ぐに一塁にスタートし、塁に近付いたらスピードを緩め、右足を塁に触れて、一塁手からの投球を待ち受ける。球を受け取ったら走者との衝突をふせぐために、ファウルラインの内側を二、三歩走り続けるが、この場合もし他の塁にも走者がいたら、投手はできるだけ早くとどまり、必要に応じて他の塁に投球する用意をせねばならない。
走者の足が遅いか、又は他の理由で投手がゆっくり一塁に間に合った時には、塁上で止まって、こちらに投球しようとしている野手の方に向き直り、一塁手のような身のこなしで、体をのばしたり、どちらかの側へ動いたりして、一塁手の代わりをつとめなければならぬ。』
背番号三桁―「僕達も胴上げに参加していいんですか?」
背番号三桁―「僕達も胴上げに参加していいんですか?」

「アホか、みんないいから出ろ!お前たちも行け!」優勝が決まった瞬間、ベンチから選手が一斉に飛び出した。星野はすぐさま裏方に対して叫んだ。
「尾張メモ」の全貌―情報は盗んで活かせ
「尾張メモ」の全貌―情報は盗んで活かせ

虚像がユニフォームを着ている

広岡監督殿

巨人偵察記・巨人の実像・私が過去三十年、対巨人と戦ってきた印象からみると、最低の巨人といっても過言ではない。人気という点では昔と雲泥の差があっても、実技つまり野球のすべてに対する取組む姿勢が欠けていること。緻密性がない。個人的には優秀な人材はおりますが、チームプレー1つをとってみても投手は三本間に三塁走者を挟みながら、生かしてしまうランダンプレー等がその例。一発で刺さねばいけないプレーをウロウロして生かすということは、過去の巨人では考えられないことです。極端な表現ですが、巨人のユニフォームを着ている虚像にすぎない。−こう断言できます。

このくらいのチームが優勝することはちょっと考えられないことだが、優勝をバックアップしている審判団の判定が大きく作用していることは申すまでもありません。私自身がこの目で見ても、巨人がパ・リーグであれば、近鉄クラスの実力と見ます。それで人気だけが物凄い、まさに虚人です。・・・・・・
1983年10月15日
阪神タイガース
阪神タイガース

序章 黄金時代の幕開け
”遂に来たタイガースの時代”
『この世の春、である。長い長い苦難のときを経て、とうとう阪神タイガースの時代がやって来た』
覚悟のすすめ (角川oneテーマ21 A 87)
覚悟のすすめ (角川oneテーマ21 A 87)

これまでのプロ野球生活で、胸を張って自慢できることがひとつある。

それは、

「たとえお金にならないことでも、やるべきことを、全力を尽くしてやってきた」

ということだ。

2000年5月12日の第三打席を最後に、翌年9月28日の横浜戦第二打席まで、私は1002打席にわたって一度も併殺打を記録しなかった。これはあまり知られていないが日本記録である。
ただ、常に全力疾走を心掛けていなければ達成できなかった記録でもある。それを私は誇りに思う。

連続フルイニング出場にしても、「すごい」とほめられはしても、直接お金として返ってくるわけではない。

それでも私は、セーフになるチャンスがあれば、一塁に全力疾走する。果敢にボールを追うし、つねに次のベースを目指そうとする。なぜなら

「たとえお金にならないことでも、全力プレーするのがプロ」
そう思っているからである。

「いつケガをしてもいい」そういう覚悟で私は常に試合に臨んでいる。

それが、これまでの私のプロ野球生活を支えた信念であり、いまもつねに自分自身にいいきかせているモットーである。