アナフレ猛虎会

皆様こんにちは。アナフレ猛虎会 通称”頑張れ阪神タイガース☆です。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

猛虎かく勝てり1466

2017.10.29 Sunday



“遅れてきたジンクス”


背番号94番 原口 文仁捕手

2017年度成績

試合73打席216打数186得点16安打42二塁打12三塁打0本塁打6塁打72打点25盗塁0盗塁刺0犠打1犠飛2四球22死球5三振36併殺打10打率.226長打率.387出塁率.321

昨年はいきなり育成枠から一軍登録され、ユニフォームが間に合わないほどのスピード出世を果たし、球宴まで出場という一流選手の仲間入りをした原口君でしたが、今年はプロの洗礼を受けましたね〜
春季キャンプを一軍でスタート。捕手に加えて一塁の守備練習にも参加。
背景には前年の終盤に痛めた右肩での送球に不安が残ることや、前年までのレギュラー一塁手だった右の強打者ゴメス君が退団したことで、オープン戦から一塁手としてクリーンアップの一角を担っていました。
レギュラーシーズンでは、捕手としての登録を続ける一方で、プロ入り後初めて公式戦を一軍でスタート。「5番・一塁手」としてスタメンに起用された4月6日の対東京ヤクルトスワローズ戦(京セラドーム大阪)では、4-4の同点で迎えた延長11回裏の打席でシーズン初本塁打を放ったことによって、チームをサヨナラ勝ちに導きました。
5月上旬からは同じ捕手出身の右打者・中谷君と交互に「5番・一塁手」へ起用される方針に変更。代打や捕手としての出場も再開しましが、しかしシーズン通して打撃不振が続き月間打率は月を重ねるごとに悪くなり7月12日の対中日戦を最後にスタメンから外れると、8月26日に出場選手登録を抹消。
結局8月に一軍登録を抹消された以降一軍復帰することができず前年の成績を大きく下回る成績でシーズンが終わりました。
対照的に中谷君はこのチャンスに本塁打を20本の大台にのせる大ブレーク!
原口君にとっては2年目のジンクスを今更迎えた今シーズンでしょう。
来季の巻き返しに期待します!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:原口 文仁捕手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2017年06月18日


場所:阪神甲子園球場





Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Category

Archives

Search

このブログ内の記事を検索

Recent Comment

Recent TrackBack

QR Code

Other