アナフレ猛虎会

皆様こんにちは。アナフレ猛虎会 通称”頑張れ阪神タイガース☆です。
▼ 猛虎かく勝てり70
[ 20筒井 ]


”ポスト井川争いに挑む男達”

井川君が海を越えても縦縞に袖を通すことになりました(^-^)/
本人はキョトンとしてますが、ニューヨークヤンキースは名門中の名門です!伝統がありかつ規律も厳しく、長髪や無精髭をも禁止するという事も有名です。「いよいよ行ってしまうのか〜(´∀`)」って一抹の寂しさを感じますけども、彼のあの嬉しそうな笑顔をみたら、吹っ切れましたね〜思わず”頑張れ(^-^)/”って応援したくなりました!

さてさてそれと同時に今秋季キャンプで鼻息が荒かったのが若手左腕三人組です(^-^)/
今夜はその一人の筒井和也投手です

秋季キャンプ最後の紅白戦で先発した筒井君は、課題を残す結果となりました。
3イニング目に四球絡みで失点。本人も首をひねっていたそうな(^-^)/
鳥谷君と同期の筒井君は、大型左腕の片鱗をみせてきましたが、今年は新しいフォームに取り組み更にダイナミックに変身してるようですね(^-^)/
岡田はんも彼に対する期待は大きく、入団当初から見守ってきた若者です!
昨年も僅か1試合の登板のみで、今シーズンも最後まで一軍に登録されることはありませんでした。

ウェスタンでの成績です。

19登板 9勝6敗0S 90 2/3投球回 33四球 5死球 69奪三振 防御率4.07

ファームではローテーションをしっかり守り抜き、連覇に大きく貢献してくれました(^-^)/

好不調の波が激しい事が彼の最大の課題です!キャンプ前半の紅白戦では、持ち前のガッツ溢れる「ケンカ投法」で好投を魅せたものの、先に述べた最終戦では走者を出してバランスを崩し、四球絡みで失点(^_^;)
今年からツーシームをブルペンで投げ始めたという筒井君!変化球をマスターすることも大事ですが、まずは低めへのコントロールを身に付けるにつきますぜい!このオフもしっかり走り込んで下半身を鍛え上げ、バランスのいい投球フォームを完成させて、春季キャンプに元気な姿をみせてもらいたいもんです
ライバルの中村泰君や岩田君との争いも楽しみでんな〜(*^-^)b

画像:筒井 和也投手

撮影:アナフレ猛虎会『応援団長☆』

撮影日:06年2月3日

場所:沖縄宜野座村野球場

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:03 | comments(0) | trackbacks(1) |
▼ 猛虎かく勝てり69
[ 秀太 ]


”男の意地を見せろ!スーパーサブ”

今シーズンも主に代走として活躍!打席には僅か4回しか立たなかったが、野口君、中村豊君とともにシーズンを通じて控えとしてベンチを守り続けた男がいる!
俊足とどこでも守れる器用さを生かしたスーパーサブ、またベンチのムードメーカーとして活躍している男。
今夜は秀太内野手です(^-^)/

94年のドラフト3位で阪神に入団した男も、はやプロ12年が過ぎました。99年より一軍戦力として頭角を現し、02年より背番号を現在の00番に変更!
03年は102試合に出場して、優勝に貢献しましたが、04年からはスーパーサブの立場になりました。

今シーズンの成績です!

21試合 率.000 0打点 0本
打数4 安打0 四死球1 盗塁0

出場試合は少ないですが、常に終盤に代走としていつの間にか一塁ベースに立っている秀太君の姿がありましたね!

今シーズン忘れられないシーンは、小生聖地甲子園球場で観戦させていただきました9月29日の対中日天王山決戦です(^-^)/
七回の裏満塁のチャンスに代走で登場の秀太君!ピッチャーは竜のエース川上投手、迎え討つは帰ってきた天才打者今岡先生!
不詳『頑張れ阪神タイガース☆』が今シーズン最高の名勝負と掲げさせて頂いているクライマックスが訪れた瞬間です(^-^)/
天才今岡君の放った右中間を抜けるタイムリー(^O^)/大興奮の渦のなか、一塁ベースから俊足の秀太君がオレンジシートで観戦していた小生の目の前のダイヤモンドをあっという間に走り抜けてくれました(*^-^)b
生涯忘れられない瞬間を広報部長が撮影してくれました(*^_^*)画像は決勝得点となる4点目の本塁へ走りぬける秀太君!後方はタイムリーを打たれてカバーに入る川上投手です!

そしてこの29日は、父でもあり、熊本工業高校で監督を務められ、秀太君をプロ野球選手として育て上げた、田中久幸氏の死去という悲しみを乗り越えての試合出場だったんですね。

来季もスーパーサブとしての出場になるやもしれませんが、功走守三拍子揃った貴重な戦力として、是非とも要所要所での活躍を期待しますぜい。
そして、打席に立つことは数少ないやもしれませんが、必ずや虎ファンの大観衆の前で、天国で見守る父にとどけといわんばかりの意地の一発を魅せてくれる事を信じて!

           頑張れ秀太!

画像:秀太内野手

撮影:アナフレ猛虎会『広報部長☆』

撮影日:06年9月29日

場所:阪神甲子園球場

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:01 | comments(2) | trackbacks(0) |
▼ 猛虎かく勝てり68
[ 金澤 ]


”雄叫び男の飛躍を期待する”

マウンド度胸は超一級品!躍動感溢れるピッチングと、三振をとった時の雄叫びがファンを魅了します(^-^)/

今夜は”ヨッシャー!金澤”こと、金澤健人投手です(^-^)/

10月に行われた教育リーグのフェニックス・リーグで負傷という悪いニュースが飛び込んできた金澤君。倉敷秋季キャンプも不参加でした。
診断結果は右肩腱板炎。リハビリ中でしたが、今月1日から鳴尾浜でランニング、ノックなどのメニューを消化。3日にはキャッチボールも開始して、つい最近ようやくブルペンで投球練習を行ったという、ファンをホットさせる風の便りが届きました(^-^)/
感触を確かめるように約30球。本人曰わくもう大丈夫だといってますから、信じませう(*^_^*)
昨年の右ひじ手術から立ち直り、中継ぎで25試合に登板して今季3勝を挙げた金澤君は、やはり来季は先発に転向希望があるようですね!

今年1月に合同トレーニングをして同じように復活を遂げた浜ちゃんと、来年も自主トレを積む予定です。

持ち前の強気のピッチングが魅力なんですが、小生が感ずるに、まだまだ線の細さでしょうか?筋力トレーニングをしっかりつんで、安藤君や福原隊長のような先発完投型の体型には、まだまだ追いついていないような気がしてなりません。速球だけに頼る年齢は過ぎたといっていいでしょう!
緩急を交えた技ありの投球を身につけてもらいたいもんです。
今シーズンの成績です

25試合 3勝 1敗 0S 防御率4.78 完投0 投球回26 1/3 奪三振21 自責点14

小生の今シーズンの彼のベストピッチングは7月25日の対中日戦ナゴヤドームです(^-^)/
先発井川君が完璧に竜さんに攻略された悔しい試合でしたが、八回裏、敗戦処理登板にもかかわらず、持ち前のガッツ溢れる投球で竜打線をピシャリと三人で抑えてくれました(*^-^)b

”ヨッシャー!金澤”君の来季のさらなる飛躍を期待しませう(^-^)/

画像:金澤 健人投手

撮影:アナフレ猛虎会『広報部長☆』

撮影日:06年7月1日

場所:東京ドーム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 猛虎かく勝てり67
[ 吉野 ]


”元祖左キラー!吉野桜の満開に期待する”

2003年に最高に輝いていた中継ぎ投手がいた。そしてその左腕は年間を通じてフル回転し、18年振りの優勝に貢献!又ホークス絶対有利といわれた日本シリーズも、この男の活躍で、ホークス打線は沈黙。7戦すべてが一瞬も目がはなせない、歴史に残る名シリーズの立役者と言っても過言ではない!今夜は吉野桜こと、吉野誠投手です(^-^)/

先の秋季キャンプにて元気な吉野君の話題が聞こえてきましたね(^-^)/
紅白戦で紅組の2番手として登板。1イニングを投げ、2三振を奪うなど無失点の活躍!特に右打者に対して、シュートとフォークボールを投げて、手応えを掴んだようですな!

入団時はオーバースローでしたが、02年にサイドスローに転向したことが契機となり、翌03年の大ブレークとなりました。
が、しかし04年以降は低迷します。サイドスローは球威を増したぶん、コントロールを乱し、再びオーバースローに戻すなど試行錯誤を続けていました。

そして今季、背番号を47に変更し、開幕一軍を果たしますが、なかなか登板のチャンスが無く、我慢の日々が続き、8月末に3度目の一軍昇格を果たすと、8月26日の巨人戦でようやく今季初登板。
今シーズンの成績です。

8試合 0勝 0敗 1S 防御率0.00
完投0 投球回4 1/3 奪三振3 自責点0

03年に56試合に登板した左腕からすれば、まだまだ不本意な成績でしょうが、今季は完全復活への手応えを感じた試合がありましたね(^-^)/
9月2日の横浜戦にて、嬉しいプロ入り初セーブポイントをあげてくれました!

小生一昨日に投稿させていただきました”猛虎かく勝てり65”にて、吉野君が投げた翌日となる9月3日、安藤君の活躍を生観戦した内容を投稿させて頂きましたが、この日の試合開始前の練習中に吉野君の姿を見つけて、昨日の好投に対して『吉野〜ナイスピッチング!』って声をかけたら、嬉しそうに手を振って応えてくれた事を思い出しました。
よほど嬉しかったんでしょうね〜なかなかいい男です!

守護神久保田君が先発になる構想もありうる来シーズン、吉野桜が満開になり、シーズンを通して活躍してくれる事を期待して(*^-^)b

画像:吉野 誠投手

撮影:アナフレ猛虎会『広報部長☆』

撮影日:06年9月3日

場所:横浜スタジアム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:44 | comments(0) | trackbacks(1) |
▼ 猛虎かく勝てり66
[ 14能見 ]


”ポスト井川に名乗りをあげよ!”

ハワイから一皮むけて頼もしき左腕が帰ってきた!
切れ味鋭いスライダーはあまりの落差のために、時折ワンバウンドとなり、あの名手矢野はんの捕球をも手こずらせます。ポスト井川君の有力候補の一人!
今夜は能見篤史投手です。

04年ドラフト自由枠で阪神に入団すると、即戦力ルーキーとして、05年4月24日横浜戦でプロ初勝利!5月8日の日本ハム戦ではプロ初完投勝利を挙げるという最高のスタートを切りましたが、夏場に失速してファームへ。その後後半戦に安藤君に代わって緊急登板するなどの活躍をみせてくれました(^-^)/
夏場に耐えられるスタミナを身に付ることが今後の課題でありますね。

06年は開幕から交流戦までの期間はジェフ君に替わり左の中継ぎとしてフル回転しましたが、JFKが戻ると、2軍生活が続きました。

今シーズンの成績です。

登板数16 4勝1敗0セーブ 投球回数64回2/3 防御率5.57 奪三振64

ウエスタンでの成績です

6登板 2勝2敗0S 20投球回 8四球 0死球 18奪三振 防御率3.60

来季の虎投手陣の補強課題は、左腕投手であることは言わずとしれたこと。三東君や岩田君、筒井君の期待が高まりますが、実績からみたら江草君と能見君が先発ローテで年間をとうしての活躍を期待したいですね!

今年の能見君のベストピッチングは、小生も観戦させていただきました5月24日のリベンジマッチ対ロッテ4回戦雨の千葉マリンスタジアムです(^-^)/
前半戦不調だったこの日の先発杉山君と三回途中交代した能見君でしたが、無視満塁のピンチにもかかわらず、昨年の日本シリーズで散々猛虎が痛い目にあわされたフランコ選手、ベニー選手、里崎選手の三人を見事空振り三振にしとめ、今季初勝利をおさめてくれました(^-^)/
あのときの切れ味のあるピッチングを来季も期待しますぜ(^-^)/
もちろん貴殿にも開幕投手を狙う資格を持っていることも忘れずに、二桁勝利を目標に、見違えるくらい逞しくなった背番号14番を来季は期待します(*^-^)b

画像:能見 篤史投手

撮影:アナフレ猛虎会『広報部長☆』

撮影日:06年5月24日

場所:千葉マリンスタジアム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:47 | comments(2) | trackbacks(0) |
▼ 猛虎かく勝てり65
[ 16安藤 ]


”07年の開幕投手を狙える男”

今シーズンはとかく竜さんに苦しめられた猛虎!その中日ドラゴンズに対して、唯一のキラーといえば、下さんのイメージがあります。が、しかし思い起こせば、「オレ竜キラー」を名乗れる男がいましたね(^-^)/

今季は中日に2勝し、防御率は0.95。最近2年間は4勝無敗の相性を誇ります。
今夜は安藤優也投手です!

今月初旬、福岡で右肩のリハビリを終えて、西宮市の鳴尾浜球場を訪れ、来季の目標を16勝以上で最多勝や防御率のタイトル奪取することを力強く宣言してくれました。

今季は後半戦から調子を上げ先発に復帰。
特に9月は4試合に先発し、そのすべての登板で勝利をおさめ、月間の勝利数4勝、防御率0.98の大活躍。
日本生命月間MVP賞投手部門をプロ5年目で初受賞をしましたv(^-^)v

今シーズンの成績です。
31試合 10勝 3敗 0S 防御率3.35完投2 投球回129 奪三振103 自責点48

見事2年連続2ケタとなる10勝を挙げてくれました(^O^)/

安藤君と言えば、独特のワンクッション投法といいましょうか、投げる直前に軸足が一瞬柔らかく沈んで浮き上がるフォームです。
小生非常に彼のこの投球フォームが好きでして、リズム感があり、福原隊長とはまた違った安定感を感じるんですね〜(^O^)/

安藤君の今季一番のベストピッチングを振り返ります!
9月3日の横浜戦です。小生ハマスタで生観戦の試合は、安藤君のワンマンショー(^-^)/134球の熱投であのベイスターズ打線をわずか5安打に抑えて、プロ入り初完封勝ちを飾りました。

ヒーローインタビューの際、あの大人しい安藤君の口から発せられた言葉は
”残り試合全部勝ちます”
”お立ちだいでは泣けないのてあとでロッカーで一人でうれし泣きします!”

ハマスタの虎ファンのハートをしっかり掴んでくれました(^-^)/
この日がおよそ2ヶ月振りの勝利となり、以降は怒涛の5連勝で、あれよあれよと10勝を挙げた06年シーズン!

来季の開幕投手争いの本命であること間違いなしでんな(^O^)/

画像:安藤優也投手

撮影:アナフレ猛虎会『広報部長☆』

撮影日:06年9月3日

場所:横浜スタジアム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:14 | comments(2) | trackbacks(0) |
▼ 猛虎かく勝てり64
[ ]


”未来の大砲が来季にむけて牙を研ぐ”

今季球場の観客席で真新しい応援ユニフォームを一番見かけたのがこの人(^-^)/恐るべき打撃センスを誇り、将来のクリーンナップ最有力候補!
今夜は背番号31番、林威助外野手です(^O^)/

シーズン終了後もマスコミを賑わし、驚くような構想も岡田はんの口から飛びだしました!

”赤星との中堅守備争いに林が名乗り”

持論の「野手2ポジション制」によるもので林君は右翼、一塁のほかに中堅でも先発出場の機会をうかがいます(^-^)/
プロ4年目の今季はほぼシーズンを通して1軍に定着。主に代打ながら5本塁打、13打点で非凡な飛距離を見せ付けました。3割20本で完全復活した浜ちゃんに右翼での先発を譲りましたが、このまま代打要員とするのはあまりにももったいない。センターを赤星君と、一塁をシーツ先生と争う存在として、チームの活性剤に位置づけられます。二人とも球界を代表するゴールデングラブ賞ホルダーなだけに、ハードルもかなり高いでんな!

今回の秋季キャンプでも、師匠岡田はんから猛ノックを浴びせられ、外野と一塁、2つ守れれば、それだけ出場チャンスが増えるという指揮官の思いを体で受け止めていた林君!
また、広沢新打撃コーチから変化球への対応方法を伝授され、打撃にも磨きをかけていたました(^O^)/

今夜はアナフレ猛虎会『加油!林威助☆』さんから応援コメントを頂戴いたしました↓↓↓来シーズンは、林ちゃんがスタメンで出場!?…なんて夢見ている私ですが、まだまだ、虎の選手層は厚いですからそうは甘くないですよね〜。でも代打じゃやっぱりつまらない(;_;)だから、加油!加油!林威助です。↑↑↑いつもありがとうございますm(_ _)m
スタメン出場は現実となるやもしれまへんで!

12月に開催されるアジア大会の台湾代表に選出され、20日に帰国し代表チームに合流した林君!周囲がオフに入る冬季も、彼の活躍から目が離せません!

♪それ行け今こそ炎の一打を〜ウェイツゥ ウェイツゥ 勝利を目指して〜♪「リンウェイツゥ リンウェイツゥ」

リポーター:アナフレ猛虎会『加油!林威助☆』

画像:林 威助外野手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:06年9月23日

場所:東京ドーム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:27 | comments(2) | trackbacks(1) |
▼ 猛虎かく勝てり63
[ 前田 ]


”守備の達人の全快と奮起に期待する”

今シーズンの公式戦に僅か1試合のみに出場した選手がいる。
昨年楽天から沖原君との交換トレードでやってきた男!
今夜は前田 忠節内野手です。

1977年10月4日生まれ、和歌山県出身右投げ右打ち。背番号は今年から32番になりました。
新人の前田大和君の話題ばかりが聞こえてきますが、悪いニュースが伝わってきました。

06年10月19日にフェニックスリーグで出塁した際、選手と交錯して肋骨を骨折しました。

秋季キャンプ前のアンラッキーな故障は残念です。ゆっくり治して、来春には元気な姿をみせて欲しいですね〜(^-^)/

06年度ファームでの打撃成績です。
試合68 打数133 安打31 二塁打7 三塁打0 本塁打2 打点12 盗塁1 四球11 死球1 打率.233

もともと守備には定評があり、今季開幕一軍入りを果たしましたが、唯一出場した1試合は、終盤三塁の守備固めについたと記憶します。中村豊君は別格としても、この前田君しかり、前述の上坂君などなど、振り返る時間はありませんな!ただただ貪欲に、数少ないチャンスを逃さず、這い上がってくるのみが残された選択肢でしょう。

主にファームでは二遊間を若手のホープ大和君と交互に守っていた前田忠節君!
ドジャースの戦法を再び学びます。↓↓↓遊撃というポジションは、「いとまなき場所」といってもいいだろう。遊撃手の手を借りないプレーはほとんどない。私に言わせれば、遊撃手はチームの「キー・プレイヤー」である。遊撃手は、もっとも厳しい試練を通過した若者の座である。遊撃手と二塁手とは、ゲームの前に、必ず二人だけで投球のウォームアップをしなくてはならない。こうして互いの投球モーションを知っておけば、ゲームの中で、相手の投球スピードが速かったりおそかったりしても、球を逃すということがない。遊撃手はちょっとでもファンブルなどしてはいられない。遊撃と一塁の間は遠いからである。遊撃手は体をのばすひまもなく、球をとったその場所から投球しなければならない。↑↑↑

前田忠節29歳。プロ9年目のシーズン開幕まで残された時間は限られています!
まずは怪我を完治させて、ベストコンディションで来春キャンプにのぞみたいですねo(^-^)o

引用文献:アル・カンパニス著『ドジャースの戦法』ベースボールマガジン社

画像:前田 忠節内野手

撮影:アナフレ猛虎会『広報部長☆』

撮影日:06年4月23日

場所:東京ドーム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 猛虎かく勝てり62
[ 喜田 ]


”時は熟した!虎ゴジラよ開眼せよ(^-^)/”

ここ近年、ウェスタンリーグで暴れまくり、力を持て余している怪物がいる!
強靭なリストから放たれる打球は、兄貴金本や林威助君に負けじおとらずといっても過言ではありません。
今夜は”虎ゴジラこと、喜田剛内野手です。

ペナントレース終盤の先月14日の広島戦、ゴジラ喜田君が来季に向けてのスタメン起用にハツラツと応えてくれましたね。

この日6番一塁に入った喜田君。初回2死一、三塁のチャンスに広島大竹投手のストレートを右翼線に1軍初長打の二塁打。プロ入り3度目、今季初スタメンで記念すべきプロ1打点目を刻みました(^_^)v。

昨年、今年と2年連続ウエスタン・リーグ本塁打&打点の2冠王の大物!
ウェスタンでは彼の前にもはや敵無の申し分ない実績を引っさげ、阪神タイガース70年の歴史の中で、掛布氏以来の生え抜き育成四番打者を目指します(^-^)/

今まで、守備の不安からチャンスがなかなか回って来ませんでしたが、ここぞという少ないチャンスに、長打力に勝負強さという売りをやっと披露することができました。

今夜はアナフレ猛虎会『応援団長☆』よりコメントを頂戴いたしました↓↓↓

キダキダをず〜っと見守って来ましたが、やっと終盤にチラッと出場、ずいぶんオカボンを恨んだものです。二軍では群を抜いているけど、一軍では使う場面がない、3年前の健太郎もそうでした。来期は片岡の後釜として1年通して一軍にいられるよう、オバチャン初詣の時に神様に頼んで来るね!ただ、全国に顔が売れちゃうとイケメンがバレるので、ちょっと複雑・・・(;-_-+↑↑↑
ありがとうございます。もう既にイケメンは全国区で有名やもしれません(^O^)/

今秋季キャンプの紅白戦でも、風の便りに喜田君の存在感溢れる活躍が聞こえてきますね(^_^)v
キャンプの課題は守備。なにやらサードを無難にこなしたようです。来季は三塁争いも大変だ!守備のレベルアップを図り、来季の1軍定着を狙います(^-^)/
岡田はん!補強もいいけんど、このメンバーなら必ず日本一になれまっせ!

リポーター:アナフレ猛虎会『応援団長☆』

画像:喜田 剛内野手

撮影:アナフレ猛虎会『応援団長☆』

撮影日:06年2月3日

場所:沖縄宜野座村野球場

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:09 | comments(2) | trackbacks(0) |
▼ 猛虎かく勝てり61
[ 上坂 ]


”F1セブン4号車も正念場”

今シーズン僅か1試合に出場した野手がいる。
一軍登録期間もわずか10日間に終わった。今回の秋季キャンプでも、若手選手の話題に埋もれて、風の便りも聞こえてこない。
来季は正念場のシーズンになるであろう男!
今夜は上坂太一郎内野手です!

デビューは鮮烈でしたね〜当時の野村監督からF1セブンと名付けられました。

赤星憲広(1号車)
藤本敦士(2号車)
沖原佳典(現楽天、3号車)
上坂太一郎(4号車)
平下晃司(現ロッテ、5号車)
松田匡司(阪神→ダイエー→近鉄、6号車)
高波文一(現西武、7号車)

懐かしい面々ですね!厳しい実力の世界です。他チームのユニフォームを着て活躍している選手もいれば、すでに二人がユニフォームを脱ぎ、残る縦縞戦士は赤星君とモンキー、そしてこの上太郎君の三人となりました。

内野も外野も守れるユーティリティープレイヤーも、はや来年はプロ8年目を迎え、30歳となります。
今シーズンの唯一の出場試合は7月2日の巨人戦ですね!今岡君が負傷離脱後、三塁のポジション争いに、健太郎君と片岡の旦那についで加わって、八番サードスタメンで出場しましたが、新鋭内海投手の前に2打席凡退(^_^;)数少ないチャンスを残念ながら者にできず、数日後一軍登録を外れました(^_^;)

ウェスタンリーグの成績です
試合71 打数148 得点18 安打41 二塁打4 三塁打2 本塁打1 打点17 盗塁2 犠打4 犠飛1 四球10 死球0 三振16 打率.277

来年は内野手争いも加熱します!たとえ片岡の旦那が引退されても、立ちはだかる大きな壁は健太郎君、今岡先生というハイレベルな争いがまち受けます。
そうそう、秀太君も忘れちゃいないぜい(^O^)/
しかし上太郎君とてまったく可能性が無い訳ではありませんね!
何か際立ったセールスポイントが欲しい所ですな〜極端な事を言えば、竜さんの山本昌投手や岩瀬投手に対する左投手キラー振りでもいいじゃないですか(^-^)/

阪神の大投手、江夏氏に滅法相性がよかった巨人の柴田氏を昨年ブログでも紹介させていただいた事を思いだしました。

頑張れ上太郎(^-^)/まだまだチャンスは残されてるぜい!最後まで諦めるなよ〜!

画像:上坂太一郎内野手

撮影:アナフレ猛虎会『広報部長☆』

撮影日:06年7月1日

場所:東京ドーム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 猛虎かく勝てり60
[ 橋本健 ]


”旋風を巻き起こせ!消える魔球”

191cmの長身から投げるストレートと鋭く落ちるチェンジアップ、スライダーを武器にセットアッパーとして活躍し、05年の優勝にルーキーながら貢献した男(^-^)/ジェフ・ウィリアムス君によってサジキー、エグたんの2人とともにSHEと命名されました。
今夜は魔球伝説を誇る男!
橋本 健太郎投手です

ドラフト4巡目で阪神に入団。
05年4月1日 ヤクルトスワローズ開幕戦でプロ初登板をすると、新人離れしたマウンド度胸でシーズンフルにブルペンに入る大活躍(^-^)/
51試合 2勝2敗1セーブ 投球回数66 2/3回 防御率2.30 奪三振67
ルーキーとして申し分ない活躍をしてくれました(^-^)/

がしかし、その疲れが残ったのか、開幕間近の06年3月、右肩腱板炎の診断を受け、以来ファームでの調整が続きました。

8月16日の横浜戦に復帰し勝利をあげるも、06年成績は悔しい結果となりましたね(^_^;)

今シーズンの成績です。
2試合 1勝 0敗 0S 防御率20.25完投0 投球回1 1/3 奪三振0 自責点3

広島カープが生んだ大投手、大野豊氏の解説記事を見つけました。オープン戦に登板した際の橋本君の投球フォームに対して鋭い指摘をされています。
ポイントは

”力感のないフィニッシュ

威力あるボールを投じるためには、一瞬でも背番号が相手打者に見えるくらいに上半身を回転させることが必要だが、コントロールを重視しすぎているのか、最後は右腕だけで投げている印象がする。十分に体を回して、力の逃げ道を作ってやらないと、腕や肩の動きを途中で止めることにもなり、肘や肩を痛める遠因になるから注意しなければならない事を明確に指摘されてました!
これが直接の故障の原因か否かは当事者でなければわかりませんが、ハイレベルな理論には圧巻ですね(^-^)/

今回の秋季キャンプでも、復肩への手応えありとの朗報も、風の便りに聞いております(^-^)/

先日の渡辺君のナックルボール(踊る魔球)や、この橋本君のチェンジアップ(消える魔球)などなど、来季は魔球旋風が吹き荒れて、強打者をキリキリ舞いさせてもらいたいもんです(^-^)/

参考文献:週刊ベースボール
テクニカルアナライズ 解説 大野 豊

画像:橋本 健太郎投手

撮影:アナフレ猛虎会『広報部長☆』

撮影日:06年8月18日

場所:明治神宮球場

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:03 | comments(2) | trackbacks(1) |
▼ 猛虎かく勝てり59
[ 赤星 ]


”蘇れ!レッドスター(^-^)/”

昨日行われたファン感謝デーのフィナーレのセレモニーで、選手会長の立場から「今年は優勝していませんので、来年は今年以上の熱い戦いを見せたいと思います」と力強く話してくれました。

今季、我等虎党もまさかこの男がここまで不振になるとは予想だにしませんでしたね(^_^;)
6年連続盗塁王は当たり前、200安打達成をも目指して臨んだ06年のシーズン!

今夜は”赤い彗星”キャプテン赤星憲広外野手です!

泥まみれになった02年以来4年ぶりの秋季キャンプフル参加を決行!

初日からいきなりチーム最多の394スイングと、飛ばしに飛ばしてきました。
ティー打撃からフリー打撃、最後は指名の居残り特打までひたすら振り込んだそうです。
その打撃フォームは両足を地面に付けたままの『ベタ足打法』。正田打撃コーチとのマンツーマン指導のもと、来季に向けて今季の屈辱を新たなエネルギーに変えますv(^-^)v

今季は入団以来、5年連続して獲得してきた盗塁王もヤクルト・青木選手に奪われました。

原因は明確です。
打率2割6分9厘に低迷。出塁率も昨季3割9分2厘に比べて、3割4分4厘。青木選手にも約5分差(3割9分6厘)をつけられました。塁上に立たなければ、盗塁を試みる機会も減る。
6月に左足首を痛めるなど、下半身の故障も大きな原因でした。
故障の影響で上半身と下半身のバランスが狂い、上体だけの手打ちに。内角球を振り抜けず、苦し紛れにファウルするのがやっと。今キャンプでは、右足を高く上げてタイミングを取るフォームをひとまず封印。まずはベタ足打法で下半身の粘りの意識付けを徹底してきたそうです。

キャンプ中のインタビューで心境を語ってくれました。↓↓↓今年はとにかく牽制球をどのチームの投手もしなかった。すべてスーパークイックで初球から投げてくる。昨年までのビデオがすべて無駄になった。↑↑↑

”盗塁は寧ろ牽制球をされた方が投手の癖を盗める”

なる程〜っと唸ってしまいます。

又打撃不振についても、↓↓↓やはり軸足を痛めた事はバッティングに致命傷であり、どうにもならない事を初めて経験した。相手チームの極端なシフトも、そこに打たせるような配球をしてきた↑↑↑等…屈託なく今季を振り返りながらポンポン本音を語る彼の姿は、今更ながら本当に真摯に野球に取り組むいい青年だな〜と改めて好感を持ちました(^-^)/

今季盗塁王をとられて物凄く気が楽になったこと。けれでも来年は僕が穫りますから!また中日が日本一になれなかったから、僕達が日本一になります!と力強く語ってくれたキャプテン赤星君v(^-^)v

来春の沖縄では又新たな打撃フォームで旋風を巻き起こしてくれるに違いありません(^-^)/

♪シャープな打球〜グランド〜突き抜けろ〜走れレッドスターレッツゴー!赤星チャンス切り開け〜♪かっ飛ばせ〜赤星(^O^)/

画像:赤星 憲広外野手

撮影:アナフレ猛虎会『広報部長☆』
撮影日:06年9月3日

場所:横浜スタジアム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 19:58 | comments(3) | trackbacks(0) |
▼ 猛虎かく勝てり58
[ 井川 ]


”さらば!虎のエース井川慶が世界に羽ばたく(^-^)/”

本日阪神タイガースの「ファン感謝デー2006」が甲子園球場で行われました。
時折小雨が降るなか、多くのファンが集まり、選手の動きに歓声を送ってましたが、やっぱり今日の主役は、ポスティングシステムを用いてメジャー挑戦する井川君でしたね(^-^)/
阪神のユニホームに身を包むのは恐らく今日で最後。オープニングセレモニーで、岡田監督からあいさつを促され「今年限りで阪神タイガースを退団します。阪神の9年間を無駄にせず、アメリカで頑張りたい」と意気込みを話してくれました。

井川ファンの方々には複雑な心境でしょう。いよいよ最後か〜と思うとやっぱり寂しいですね(+_+)
虎が生んだ大エースの活躍を今から期待します!西武松坂君に負けない活躍をしてくれることでしょう(^-^)/
ところで彼は伴侶を伴ってはいかないのかな〜そんな事まで心配するのは野暮かいな(^O^)

先日の日米野球の井川君を振り返ります(^-^)/

対戦前から強く意識していたというメジャーの大砲ハワード選手!
58本塁打、149打点、ナ・リーグ2冠の大砲を3打数無安打。その最大の見せ場が三回の三振でしたね(^-^)/

一死一、三塁。カウント2-1と追い込むと、伝家の宝刀を抜いてくれました。「巨人に松井さん(ヤンキース)がいるときに投げてました」という内角低めのチェンジアップ。完全にタイミングを外して空を切らせました。”おいおいイスンヨプ選手にも投げてよ(^_-)☆”って言いたくなるような見事な奪三振でした(^O^)

一回二死三塁の第1打席は、この日最速の146キロ内角直球で詰まらせて左飛。
最終対決の五回一死一塁でも、140キロで懐を突いて一ゴロ併殺に仕留め、この日は6回を2失点。力んで6四球と制球には苦しみましたが、メジャー58発、ハワード選手を空振り三振に打ち取り、マウンドでニコリともしない井川君の表情が、手応えの証しじゃないですかい(b^-゜)

試合後、”メジャーでやれる!”とハッキリと言い切った井川君!
他の選手とは意気込みが違った今回の日米野球。帯同中も、シーズン同様、白い歯をのぞかせることはなかったようですが、試合前のアップを終えて引きあげる際に、野村監督からのゲキを受けてようやく笑みがこぼれたと聞きました!
メジャーのマウンドでもニコリともせずに波いる強打者を三振に斬ってくれるに違いありません!
これからは世界のIGAWAとなってしまうんやな〜(^O^)/

画像:井川親衛隊長

撮影:アナフレ猛虎会『応援団長☆』

撮影日:06年10月3日


☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ


author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 21:35 | comments(3) | trackbacks(2) |
▼ 猛虎かく勝てり57
[ 伊代野 ]


”若虎よ!目指せローテーション入り!!”

先月10月24日におめでたいニュースが届いた!今シーズンの終盤戦に実に3年振りに一軍マウンドに立った男。
今夜は新婚ホヤホヤの伊代野貴照投手です。

先月14日の広島戦は、若虎達の試練の登板となりました。
ルーキー岩田君と玉置君のあとをうけて3年ぶりに1軍で投げた4年目の伊代野君は、制球を乱して2失点KO(^_^;)

3四球でつくった6回の2死満塁を切り抜けたものの、2イニング目の7回に倉選手に2ランを浴び、安打と死球で1死一、二塁として降板を命じられました。
本人も慎重になりすぎたと反省の弁(-.-;)

久保投手コーチも大胆に投げにゃ〜とご不満顔だったそうですなf^_^;

貴重なサイドスローとして入団してはや四年!ローソン出身の仲間が次々にユニフォームをぬいでいく姿を目の当たりにしながら、来季はいよいよ正念場ですね(^-^)/

とにかく伊代野君しかり、課題はコントロールを身に付けることにつきます。球速はそこそこあるんですから、後はストライク先行で低めのコントロールが定まれば、コンスタントに一軍で投げ続けることができるでしょう!

基本に帰り名著『ドジャースの戦法』を学びます↓↓↓ピッチングの最も大切な点はコントロールである。貧弱なコントロールで勝利をつかもうなどと思うことは夢にひとしい。四球は、多くの投手のアキレス腱となっている。コントロールとは、ただプレートの上を通すことではない。ここぞと狙いを定めた場所に球を投げこむ能力を言うのである。ある弱点をもつ打者を相手取る場合、その弱点に向かって正確な投球を続けることのできる投手と、貧弱なコントロールの投手では、前者に分があるとは言うまでもない。↑↑↑

来年の沖縄キャンプでは、ひと皮もふた皮もむけた逞しい伊代野君の姿を楽しみにしておりますぜ(^_^)v

参考文献:アルカンパニス著『ドジャースの戦法』ペースボールマガジン社

画像:伊代野 貴照投手

撮影:アナフレ猛虎会『応援団長☆』

撮影日:06年2月3日

場所:沖縄宜野座村野球場

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
▼ 虎(^-^)/秋季キャンプ打ち上げ
[ 集合画像 ]


”若虎達の飛躍舞台!第1ラウンド終了”

先月29日から始まった秋季キャンプが今日、打ち上げられた。

最終日のブルペンで秘密兵器のナックルを披露して岡田はんの目を奪ったのは渡辺君だったようで、捕手の小宮山君も捕球できない変化を見せた球は、エグいナックルや!と唸らせたそうな(^-^)/
大きなアピールになりました。

思えばキャンプはペナントレース中にはなかなか聞こえてこないファーム選手の成長振りが伝わってきますんで、とかく映像が少ない中でも新しい若手選手の成長が日めくりで報道されて、小生は毎日どんな活躍が報道されるかワクワクでしたがアナフレ猛虎会の皆々様はいかがお過ごしでしたかo(^▽^)o

井川君のメジャー挑戦が公認されて、200イニングの穴を誰が埋めるのか?とかく若いピッチャー、特に左腕が注目をあびたこともあり、自覚して目の色を変えて積極的に取り組んでいた事を岡田はんも評価していたそうですね(^-^)/

投手では、山東君、中村泰君、筒井君、伊代野君、岩田君、野手では喜田君と桜井君、狩野君、又キャンプ中に入団が決まった新助っ人のライアン君も、どんな球を投げるか楽しみですし竜さんを戦力外通告をうけて、テスト入団してきた高橋光信選手のリベンジ魂なんぞにも大いに期待したいですな(^O^)/

なにぶんファーム選手は画像が少ないもんで、全国のアナフレ猛虎会の皆々様のご協力を受けて入手次第おって投稿させていただく所存でございますm(_ _)m
終盤には完全復活の今岡君も合流して、俄然存在感をアピール(*^-^)b

今年は一軍と二軍の合同キャンプにしたことで、若い選手には大きな財産になったと、岡田はんも満足げに倉敷をあとにされました。

練習終了後は全員が輪になり、キャプテン赤星君がチャンピオンフラッグの獲得宣言の一本締め(^_^)v

おおきな怪我人もなく、これから本格的なオフになりますが、、来年を楽しみに2月のキャンプで成長した姿を見せて欲しいですな(^-^)/
若虎達の飛躍舞台の成功と、今後の活躍を祈って(^-^)/

画像:試合前にアップする猛虎ナイン

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』
撮影日:06年9月23日

場所:東京ドーム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:29 | comments(0) | trackbacks(1) |
▼ 猛虎かく勝てり56
[ 福原 ]


”虎の新エースの誕生の予感”

06年の阪神タイガースで最も充実したプレイヤーと言えばこの男でしょう(^-^)/プロ野球選手としてピークを迎えたといっていい男!今夜は福原忍投手の06年を振り返りますo(^-^)o

05年は好投するも勝ち星に恵まれない試合が続きました。いつぞやか先輩の藪恵壹投手とそっくりと指摘するファンもいました。8勝14敗の成績は04年も10勝15敗でしたので、二年連続で負け数が勝ち数を上回りました。
しかし06年は腰痛で約一ヶ月半出遅れるものの、カーブを主とした緩急を使ったピッチングで阪神投手陣の中では抜群の安定感を見せ、勝ち星に恵まれるようになります(^O^)/
ペナントレース終盤は安定感に欠けるエース井川君を圧倒('-^*)/優勝争いの先発ローテーションの中心を担い、9月10日の横浜戦では自己新となる11勝目をあげました。
今シーズンの成績です(^_^)v

24試合 12勝 5敗 0S 防御率2.09完投3 投球回154 2/3 奪三振119 自責点36

今年の勝因は、スローカーブの使い方と言われています!
球速が100km/s台とストレートとの緩急の差が大きいうえ制球力が高いため、多くの打者の脅威となりました。
さらに小生が生観戦で感じた事は、とにかく矢野さんのミットから心地よい音が聞こえてきた事です。
以前のように150キロを超えるスピードボールはありませんが、全身の力を抜いて肩に負担がかからないような投球フォームに変えた事が効をそうして、スピード以上の球威を身につけた事が勝てる要因ではないかと確信します(^-^)/

本日もアナフレ猛虎会『応援団長☆』よりコメントを頂戴いたしました↓↓↓
福ちゃんは私の癒しの素。クサクサした気分も福ちゃんの笑顔で忘れられます。井川が去った後は福ちゃんの肩にずっしりと虎キチの願いが乗っかってきますが、持ち前の大らかさでひょうひょうと大役をこなしてくれるでしょう(^3^)/↑↑↑
ありがとうございますm(_ _)m

井川君のメジャー挑戦が確実となり、今季12勝を挙げた右腕エースへの期待は高まります!

リポーター:アナフレ猛虎会『応援団長☆』

画像:福原 忍投手

撮影:アナフレ猛虎会『広報部長☆』

撮影日:06年8月18日

場所:明治神宮球場

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:20 | comments(2) | trackbacks(2) |
▼ 猛虎かく勝てり55
[ 99狩野 ]


”ポスト矢野ダークホースは君だ(^-^)/”

昨年の雪辱をはらして見事に日本一に輝いた阪神タイガース(^-^)/歓喜の輪の中で誰もが人差し指を天に向かって突き上げる!
勘違いなさらないでください!虎ファームが3年振りに日本一に輝いた瞬間です!胴上げ投手の中村泰君を最高の笑顔で抱きかかえている粋な男の写真を公式サイトで見つけました。
今夜はその粋な奴こと、狩野恵輔捕手です(^-^)/
今年のウエスタンで暴れまくったようで、日刊スポーツ9月度月間MVPにも選ばれました。
打率4割5分2厘、4本塁打、15打点でチームの2年連続リーグ優勝に貢献いたしました。
前橋工業高校時代から、パンチの効いたバッティングで名を馳せて、00年夏の甲子園には群馬県予選決勝で敗れたため惜しくも出場はでませんでした。
因みに桐生第一高校は、一場靖弘投手(現楽天)がエースで、この決勝戦で狩野君は最後の打者だったようですな。しかし、その高校生離れした打撃センスが買われ、ドラフト3位で阪神に指名され入団しました(^-^)/。

群馬県高校野球選手権大会本塁打記録保持者でもあり、06年ウエスタンリーグ首位打者打者を獲得。

そんな実績を引っさげて、消化試合ではありましたが、先月14日の広島戦で一軍スタメンマスクデビュー(^-^)/
なにはともあれひたすら反省しきりだったようでんな!無理もありません。緊張して当たり前でんがな(^-^)/
リーグで首位打者に輝いた打撃は2打数無安打1三振に終わり、プロ初安打はお預け。それ以上に先発したルーキー岩田君の2暴投を悔やんでましたね。

プロ6年目、ポスト矢野を狙う一角として秋の飛躍を誓っている狩野君!

今夜はアナフレ猛虎会『応援団長☆』より励ましの言葉を頂戴いたしました↓↓↓木戸さんか有田さんかにキャッチングを誉められてたし、先日はオカボンにリードを誉められたとのこと、バッティングは言うまでもなく、イケ面だし、矢野様の後継者ナンバーワンと確信しています。↑↑↑
ありがとうございますm(_ _)m

バッティングセンスが良さそうで、かつ若武者といった風貌も、なかなかじゃないですかい!期待してまっせ('-^*)/

画像:狩野 恵輔捕手

撮影:アナフレ猛虎会『応援団長☆』

撮影日:06年2月2日

場所:沖縄宜野座村野球場

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:18 | comments(1) | trackbacks(0) |
▼ 猛虎かく勝てり54
[ 今岡 ]


”悩める天才誠の救世主が蘇る(^-^)/”

チャンスになると必ず四番金本兄貴は勝負を避けられた!敬遠。しかしその次にはこの男がいた。なんと昨年はこの人のバットから147打点がたたき出された。単純に考えても、シーズン全試合に出場して、毎試合一打点をあげ続けても破られないとてつもない大記録である!
しかし、今年はそんな天才にも茨の試練が待ち受けていた!

今夜は猛虎が生んだ天才打者!今岡誠内野手です(^-^)/

今思えば昨シーズンから兆候はありましたね〜。強肩なのに、バネ指という故障をかかえているため山なりの不安定なショートバウンドの送球が多く、守備範囲も異常に狭い。そのためか終盤には守備要員と交代させられることも多々ありました。
日本シリーズでも手痛い送球エラーが思い出されます。

06年は開幕から絶不調に喘ぎ、スタメンを片岡の旦那や健太郎君に譲ることもありました。そして、6月17日のオリックス戦での死球によって挫傷した右手首の完治が1ヶ月かかると判明したため、以前からの持病であったバネ指の手術へ踏み切ります。
9月17日の竜さんとの決戦の9回に代打として登場し、1軍復帰を果たしましたが、健太郎君が好調なためスタメンで出場する事はありませんでした。
しかし忘れもしません今季の年間最高試合である9月29日の甲子園天王山にて、代打出場で”さすがは天才”と唸らせる勝負強さを発揮して、勝ち越しタイムリーを放ってくれました(^O^)/

現在は打撃より送球面で不安を抱え、秋季キャンプに参加せず、鳴尾浜で地道にリハビリとトレーニングを積んできた今岡君。小型のアメリカンフットボールを用いた送球練習を行ない、ステップを踏みながら投げる動作も入れるなど着実にレベルを上げて、手術前よりも強く投げられるメドがつくまで、スローイング練習をしてきました。
そしていよいよ明日14日から、秋季キャンプに合流が決定(^-^)/早いもんで今岡君も来季で11年目のシーズンとなるんですね〜年齢層も上から数えた方が早くなりました。もはやベテランの仲間入りですねo(^-^)o

06年の沖縄キャンプでのインタビューでこんな事を語ってくれたのを思いだしました!05年は打点記録を更新したが来季に向けての目標は?の質問に対して「今岡までまわしたら、もう点がはいる、次は今岡だからあきらめよう〜と相手に思わせるようになりたい」とまで語っていた今岡君(^-^)/天才なら故の頼もしい発言ですね(^-^)/

♪今胸に秘めた〜誠の闘志を〜大空に向かって炎と燃やせ、虎になれ〜♪かっ飛ばせ〜今岡(^O^)/

画像:今岡 誠内野手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:06年9月23日

場所:東京ドーム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:23 | comments(2) | trackbacks(1) |
▼ 猛虎かく勝てり53
[ 太陽 ]


”ゴールデンルーキーもいよいよ正念場”

秋季キャンプも終盤に入りました。風の噂で好調振りをアピールしている選手が何人かいますね!
本日はその一人、太陽投手です!

先日の紅白戦で無安打無失点と好投したとの風の便りが届きました。
この日は先発で登場し、2イニングを無安打無失点に抑えたそうです。

今季は中継ぎのみ登板と結果を残せず悔しい思いをしました。
アッいえいえ、彼の場合は今季に限らず、入団以来ず〜っと悔しい思いをされてるのではないでしょうか!

即戦力として期待されてドラフト一位で入団以来、これまでの縦縞生活で挙げた勝利は通算5勝。年間1勝ペースですねσ(^-^;)

今シーズンの成績です

11試合 1勝 0敗 0S 防御率3.38 完投0 投球回18 2/3 奪三振19 自責点7

今春の沖縄キャンプから、しなやかな腕の振りから投じられる威力あるストレートをバンバン放り込んでいる太陽君を観て、今年はいいぞ〜と期待しました(^-^)/
今季も開幕ローテーションに入りながら2度の先発だけで外れました。以後は2シーズン、中継ぎ登板のみ。

球威があってもとにかく球が高めに集まることが最大の欠点と言われてます。マウンドで踏み出した左足部分が一番掘れているのが太陽君だそうな!
それでも高めに球がいくという欠点をどう克服するかが、最大のポイントですね!

今キャンプも久保コーチから低めに投げることを徹底された太陽君。福原隊長や球児君が成功しているので緩い球も身につける挑戦もしているようです(^-^)/
先日新外人助っ人のライアン・ボーグルソン投手が太陽君のピッチングを初めて観て、彼が一軍と二軍を行ったり来たりしている事に驚いた〜なんてエピソードもありました!
太陽君〜それくらい君の球は、メジャーでも通用するくらい威力が十分なんやね〜(^-^)/

来季こそ、縦縞の太陽君が燦燦と輝いて、マウンドで仁王立ちしてもらいたいもんです(^-^)/
それくらいの実力をもった投手なんですからね(^O^)
頑張れ太陽(^O^)/

画像:太陽投手

撮影:アナフレ猛虎会『広報部長☆』

撮影日:06年9月3日

場所:横浜スタジアム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:07 | comments(3) | trackbacks(0) |
▼ 猛虎かく勝てり52
[ 監督・コーチ ]


”優勝は裏方と共につくられる”

アナフレ猛虎会『濱ちゃん気になる〜☆』さんよりご推薦の本を教えていただきました。ありがとうございますm(_ _)mおくればせながら不肖『頑張れ阪神タイガース☆』先日出張の際の電車の中で一気に読みきりました(*^-^)b
書籍名は『背番号三桁』サブタイトルは「僕達も胴上げに参加していいんですか?」です。

2004年1月1日発刊の書は、03年の星野タイガースの優勝を支えた裏方さん達の事が書かれています!
全く目立たなくても選手を支え続ける人達の事を忘れてはいけないな〜としみじみ痛感いたしました!

・26年間阪神一筋のブルペン捕手のぶ厚く膨らんだ左手。

・金本兄貴が連れて来た”盟友”打撃投手

・一軍登板がないまま打撃投手に転身したドラフト一位投手

・優勝を見届け球団を去る寮長等々…

彼等のような裏方さんたちの支えがあってこそ、猛虎かく勝てりですね!

冒頭の文を紹介いたします
↓↓↓
夏の長期遠征直前。打撃投手ら裏方たちが、平田監督付き広報を通し、こんな”許可”を求めてきた。

「僕達も胴上げに参加していいんですか?」

なにしろ、初体験のことだ。
この17年間、優勝を経験していれば。弱小球団の悲哀。
なにしろ、試合にでていない。
数字として、チームの成績に残っていれば。裏方特有の謙虚さ。

そして、闘将の第一声。

「アホか!」

星野は知っている。優勝の栄光は選手だけに降りそそぐものではない。決して、日のあたらない裏方にも、その陽はとどく。

「そんなモン、決まっとる。全員参加や」
↑↑↑

最後に、今季限りで選手と打撃投手と合わせて21年間の縦縞生活に別れをつげる方を記させていただきます。

背番号104:服部 裕昭打撃投手
左投げ左打ち。
1985年の高校時代に春の千葉県大会で1試合17奪三振を記録。この大会で1試合平均10奪三振をマーク。また16試合被本塁打なしという記録を打ち立てました。この年ドラフト3位で阪神タイガースに入団。
貴重な左投手として毎年期待されていましたが、1軍未勝利のまま1996年に現役を引退。阪神の打撃投手に転向されました。

1985年といえば、初の日本一になった年ですね〜(^-^)/
以後の低迷時代を選手として、また打撃投手として縦縞を着て来る日も来る日も投げ続けてきての18年振りの優勝は、本当に計り知れない喜びだったに違いありません!

小生早速懐かしき03年の感動の胴上げシーンを観なおしてみましたが、やっぱり何度観ても泣けますね(〒_〒)服部氏もしっかり胴上げシーンに映ってました!もちろん昨年の岡田はんの胴上げシーンにも(*^-^)b
長い間本当にお疲れ様でした!

参考文献:『背番号三桁』竹書房


画像:服部 裕昭打撃投手

撮影:アナフレ猛虎会『広報部長☆』

撮影日:06年4月23日

場所:東京ドーム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:01 | comments(2) | trackbacks(0) |
▼ 猛虎かく勝てり51
[ 中村豊 ]


”06年最高のファインプレーヤーは君だ(^-^)/”

今年も数々の好プレーが観られたプロ野球ですが、不肖『頑張れ阪神タイガース』が選んだ、06年最高の守備を魅せてくれたプレーヤーはこの男だと断言いたします!
ここ数年阪神戦を幾度となく球場とテレビで観戦してきましたが、こんな素晴らしいプレーは観たことがありません!
今夜は守備のスペシャリストこと中村豊君の06年というよりも、ひとつの超ファインプレーを振り返ります(^-^)/

6月11日対西武交流戦6回戦甲子園の延長10回表にそのファインプレーが飛び出しました。皆さん覚えてらっしゃいますか(^-^)/

4対4の同点でツーアウトランナー二塁の場面、守護神久保田君が投じた153キロの渾身のストレートを西武高山選手がジャストミート!
打たれた瞬間誰もがやられた〜(-o-;)長打コースだと思ったや否や、左後方に素早く走りながらジャンプ一発、体を後ろに仰け反らせながらキャッチするという超ファインプレーが生まれました!
この打球、背中をホームに向けてバックしても追いつかない、そのまま横に走って真っ直ぐジャンプしても届かない、斜め左後方に移動しながらジャンプして且つ体を仰け反らせながらでないと捕れません!飛ぶタイミングもコンマ数秒遅れていれば、抜けていたと思います!
言葉ではいいつくせない超ファインプレーは、タイガースネットコムの方なら熱闘ライブハイライトでみれますね(^O^)/

05年はあの優勝を決めたという大一番、9月7日の中日戦11回表に実に3年ぶりとなる決勝ホームランを放った豊君!この一打はチームを優勝に導くきっかけを作ったとしてファンの記憶に強く刻み込まれてますが、その試合の9回裏一死一塁・3対3の同点の場面で荒木選手の平凡なセンターフライを落球した赤星君を、すぐさまカバーしてサヨナラ負けを防いだのも、豊君の影のファインプレーでした(*^-^)b

今シーズンの成績です!

50試合 率.273 1打点 0本 打数11 安打3 四死球1 盗塁0

来季も終盤に守備固めで右翼の守備に着く豊君のプレーから目が離せませんな(^-^)/

ナイスプレー!お見事だぜ中村豊(^-^)ノ~~

画像:中村豊外野手(右)

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:06年9月23日

場所:東京ドーム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:04 | comments(1) | trackbacks(2) |
▼ 猛虎かく勝てり50
[ 浅井 ]


”猛虎の要を担う男”

06年開幕当初、日曜日が来るとこの男がスタメン出場して気をはいた。
持ち前のパンチ力のあるバッティングが魅力でありますな(^-^)/
今夜は熊のプーさんこと、浅井良捕手の06年を振り返ります。
まずは今シーズンの成績です。

40試合 率.268 3打点 2本 打数56 安打15 四死球3 盗塁0

ともあれ、打率や本塁打数以上に気になる事は、スタメンマスクの少なさですね!
思い切りのいい打撃が持ち味で、正捕手の矢野様の第2捕手である事は誰もが認めております。

05年までは代打での出場が多かったのですが、今季は捕手としてスタメンでも起用される試合が増え、特に矢野様を休ませる首脳陣の方針にて、日曜日にマスクをかぶり、いつぞやか”サンデー浅井”の異名をゲット!また江草君先発時には相性が良いこともあって、先発マスクを被っていること事もしばしありました。
が、しかしサンデーマスクもつかの間(^_^;)
後半はやはり矢野様がマスクをかぶり続け、結果的には130試合を超えるスタメンマスクを先輩捕手に譲りました!

岡田はん〜来季というか〜あと五年後の猛虎の要を育てるためにも、むしろ若手投手ではなく、下さんや福原投手などのベテラン投手に対してマスクをかぶらしてあげる事も、必要な気がいたします。
名投手が名キャッチャーを育てるとも言うじゃないですかい(^-^)/
あのメジャーリーガーの城島捕手が現巨人の工藤投手の球を受け続けて成長した話は有名です。
ジャイアンツの阿部捕手や燕古田捕手しかり、若い頃から実戦経験を積んで、不動の正捕手に育ってきました。
ある日突然ブレークするようなポジションではないところが捕手という仕事であり、監督の分身とまで云われる所以ですな(^-^)/
浅井君も来年で28歳になります。矢野様が縦縞に袖を通したのは29歳で、あれよあれよと正捕手に君臨してきましたo(^-^)o

浅井君、来年はいよいよ勝負の年かもでっせ!
機は熟しきっておりますからね!早く君のヒッティングマーチの誕生も期待しながら、来季の活躍にエールを送ります!

頑張れ浅井(^O^)/

画像:浅井 良捕手(左)

撮影:アナフレ猛虎会『広報部長☆』

撮影日:06年6月30日

場所:東京ドーム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:49 | comments(1) | trackbacks(2) |
▼ 猛虎かく勝てり49
[ ダーウィン ]


”今季の成長株の苦労人助っ人”

一昨年の倉敷マスカットスタジアムで行われていた阪神の04年秋季キャンプに、入団テストを受けるために参加。
MAX147キロの直球と制球の良い変化球を披露して合格した経歴の持ち主!
ベネズエラ、ボブレ出身の右腕

今夜はダーウィン・クビアン投手の06年を振り返ります!

来日1年目の05年は選手層が充実していたため一軍での活躍は少なかったのですが、06年はJFKトリオの一角であるジェフ君の故障離脱により、中継ぎ投手として奮闘してくれました!

久保田君の故障による中継ぎ再編で先発に転向しましたが、先発転向後もなかなか勝ちに恵まれないことから、再び中継ぎ投手として起用されました。
06年は49試合に登板し、防御率3.79という数字を残しましたが、好不調の波が激しく、投げさせて見なければ分からないという欠点を残したシーズンでしたね(^-^)/

速球の球威には定評あり、魔球「ナックルチェンジアップ」を筆頭に落ちる変化球も多彩ですが、小生の印象は非常にせっかちな性格で、神経質なところがあり、マウンドマナーの悪いところがたまにきずなんだな〜(^_^;)脇阪通訳さんしっかり指導してくださいな(*^-^)b
さてさて、来季は持ち前の早い球でしっかりカウントを稼ぎ、決め球である落ちるボールのコントロールを磨いてくれば、さらに飛躍のシーズンになるのではないでしょうか(^-^)/

性格的にも先発投手型又は中継ぎタイプで、クローザータイプではないと思います。又、折角の天性の長い腕を生かして、リリースポイントを前に出せれば、もっと三振がとれる可能性も秘めている気がします。

今シーズンの成績です。

試合数49 勝数1 敗数2 セーブ2 投球回73 2/3 奪三振55 自責点31 防御率3.79

来季も投手王国のサバイバル戦に生き残りをかけて、ダーウィン君の挑戦が続きます(^O^)/

画像:ダーウィン・クビアン投手

撮影:アナフレ猛虎会『広報部長☆』

撮影日:06年9月3日

場所:横浜スタジアム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:26 | comments(2) | trackbacks(4) |
▼ 猛虎かく勝てり48
[ 杉山 ]


”将来の本格派エースに期待する”

今季小生の期待を一番裏切った人こそこの人!
君だよオスギ〜頼んまっせ(^-^)/
今夜は杉山直久投手の06年を振り返ります(^-^)/
昨年一軍に先発として定着し、5月18日の西武戦では松坂大輔投手と投げ合い勝利するなど、9勝を挙げて見事優勝に貢献したオスギ!
06年は好投するも、勝ち星の付かない日々が続いた原因は、必ずと言って良いほど先制点を献上する先制病でした(^_^;)

6月7日から7月5日の間に4度先発するも4連敗。
翌日7月6日に登録抹消、2軍で調整中だったが8月20日の対ヤクルト戦を6回3失点で抑え、お待たせのシーズン初勝利。

その後は勝利をポンポン重ねて4連勝(^-^)/。
結局06年は4勝4敗で終わりました。
今シーズンの成績です

17試合 4勝 4敗 0S 防御率3.09
完投3 投球回90 1/3 奪三振65 自責点31


先日充実の秋季キャンプを打ち上げた杉山君!
9日から久保田君らとともに福岡県内の病院でメディカルチェックを受けます。

先発ローテーションを期待されながら今季4勝に止まった杉山君は、フリー打撃での投球でも実戦スタイルにこだわり、狩野君、大橋君という若手打者に対して遠慮なく内角への厳しい球を投げ込んでいたそうです(^-^)/

あの福原隊長に続け(^-^)/とばかりに、今キャンプでは来季の巻き返しを図るためにカーブの精度を高める事に徹し、手応えを感じとったというオスギ('-^*)/
カウントを稼ぐ球として用いたい考えだそうです。

小生は今季は15勝はいけると思ったのにな〜オスギヾ( ´ー`)
彼の右腕に期待したいですね〜(^-^)/

日米野球井川君が縦縞最後?のナイスピッチングも魅せてくれました(^O^)/

黒田投手も残留が決まり、オスギがエースの座を狙うくらいの貪欲な投球を期待しますぜい(^O^)勝負に徹した鬼の形相と化すオスギのマウンドを見れる事を信じて!

素質は十二分に備わった素晴らしい選手だと思いますもんで(^-^)/


画像:杉山 直久投手

撮影:アナフレ猛虎会『広報部長☆』

撮影日:06年8月18日

場所:横浜スタジアム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:09 | comments(0) | trackbacks(4) |
▼ 猛虎かく勝てり47
[ ジェフ・ウイリアムス ]


”リリーフ陣の精神的支柱(^-^)/”

もしこの男が開幕からフル回転で投げていたら、猛虎の連覇はありえたやもしれない(-o-;)
06年2月に持病の左膝半月板の2度目の手術を受け、開幕はもちろん前半戦の登板は絶望的だったにも関わらず、驚異的な回復力で早期復活した男(^-^)/
今夜はジェフ・ウイリアムス投手の06年を振り返ります!

当初から岡田監督は補強はしない方針で、彼の復帰までは球児君と、久保田君らの奮起を期待しました。

がしかし、結果的には彼等二人に微妙な部分でプレッシャーがかかり、前半戦から飛ばした事が中盤のオールスター以降の長期ロードで息切れ!ジェフ復活後は久保田君の負傷離脱なども重なり、球児君には更に負担がかかってしまったというのが小生の率直な感想です。

ジェフ君自身は術後の状態が好転し、セ・パ交流戦終了後に復帰予定を、06年5月31日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦にてファンからの喝采を浴び、7回に中継ぎで見事なスライダーのキレと衰えない球威、トリッキーなサイドスローのクロスボールで楽天選手を翻弄。軽く3者凡退に抑え、その復活と健在ぶりをファンにアピールしてくれました。(^O^)/

がしかし、この前半戦2ヶ月のブランクの影響で、JFKの歯車が最後まで噛み合わなかった事が、痛かったですね(^_^;)

06年の成績です
試合数47勝数3敗数2セーブ3投球回47 1/3奪三振49自責点10防御率1.90

5月の復帰に際してJFKで同じブレスバンドを着用し、結束力を改めてアピールした微笑ましいエピソードもありましたが、今年明らかにジェフ君が変わった点もありました!

左打者に滅法強いジェフ君に対して、各チームが執拗な右打者攻勢をかける対策として、右打者に対して150キロクラスの速球を投げるようになった事ですね(^-^)/今まで球速に関しては普通という評価であった彼のイメージを刷新しています。その効果により右打者に対しても速球クロスボールの効果で、唖然とする敵選手の表情が見て取れるようにもなりました。

最後に、宿敵巨人のイスンヨプ選手が四年契約を結び、残留が決定しました!
来季はジェフ君があの宿敵をキリキリ舞させてくれる事を確信しております(^-^)ノ~~来季も頼りにしてまっせ!

画像:ジェフウイリアムス投手

撮影:アナフレ猛虎会『広報部長☆』

撮影日:06年9月3日

場所:横浜スタジアム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:27 | comments(0) | trackbacks(3) |
▼ 猛虎かく勝てり46
[ 01鳥谷 ]


”一流の壁に挑戦せよ!”

秋季キャンプ突入前に、指揮官自ら愛弟子に厳命をくだした!来季『3割&20本』へ!3割にはまず左投手攻略や!
今夜は来季4年目を迎える鳥谷敬内野手の06年を振り返ります(^-^)/

プロ3年目の今季、初のフルイニング出場を果たした鳥谷君。
打率.289、15本塁打、58打点はいずれも自己最高でしたが、目標としていた3割はまたしても及びませんでしたね!

課題は一目瞭然です。右投手には打率.306、13本塁打、43打点に対して、左投手には打率.258、2本塁打、15打点。
鳥谷君のみならずキャプテン赤星、兄貴金本を含めチーム全体が左腕には対戦打率.263(右腕は.280)でした。各チームが左打者対策を徹底的に研究した成果でしょう(-o-;)
忘れもしません9月16日、中日の山本昌投手にはノーヒットノーランまで喫しました。

チームとして左腕対策に当たる岡田監督が、中でも期待するのが愛弟子鳥谷君ですね!
今シーズンの成績です。
146試合 率.289 58打点 15本

打数543 安打157 四死球62 盗塁5
そして今シーズン忘れてはならない反省点が彼にはあります。
リーグワーストの21失策をした守備力の向上ですな。

すでに和田守備コーチは今キャンプで1クールに1日の割合で特守練習を取り入れ、内野陣を引っ張るという意識を彼に持たせて失策数を減らす事が狙いだとのこと。

メニューは打撃が優先になるが、打つだけの選手ではない。第1クールでも2日目に特守でスローイングを矯正。山脇2軍コーチも加わり、鳥谷君の「内野のリーダー化」が進む(^-^)/
ライバル燕青木選手に先を越され続けている鳥谷君!3割20本塁打という一流打者としての壁に来季は挑戦します(^-^)/

連続フルイニング出場は258試合に伸びている。今オフもさらに進化する鳥谷君に皆々様期待しようではありませんか!

♪夢のせて〜羽ばたけよ〜鋭いスイング魅せてくれ〜さあ君が〜ヒーローだ〜鳥谷敬〜♪
かっ飛ばせ〜鳥谷(^-^)/


画像:鳥谷 敬内野手

撮影:アナフレ猛虎会『広報部長☆』

撮影日:06年9月3日

場所:横浜スタジアム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:36 | comments(1) | trackbacks(2) |
▼ 猛虎かく勝てり45
[ シーツ ]


”虎の攻守の要”

常に沈着冷静な判断のフィールディングと確実なキャッチング!
チャンスに強い勝負強さと、何よりも安定感あるアベレージヒッターとして、将来はコーチとしての招聘の構想も噂される男(^-^)/

今夜はこの男!アンディシーツ内野手の06年を振り返ります(^-^)/

たくさんの外国人助っ人が日本球界に存在しますが、シーツ君ほどの優等生は珍しいのではないだろうか!
彼は内野手のどこでも守ることができる見事なメジャー仕込みのユーティリティープレイヤーだ!

かつて阪神タイガースの監督を務めた故ドン・ブレイザー氏の現役時代の守備をも彷彿させる。今シーズンもシーツ君の好守に何度となく虎投手陣、野手陣は助けられた!
そして、今季は打撃の方でも不動の三番打者として活躍(^-^)/
チーム最多の安打数180を放ち、打率.310もチームトップです(^-^)/

昨年の数字と比較すると、なるほどという点を見い出せました。

05年成績
打率 .289試合数137打数560得点98安打162本塁打19打点85三振145四球46死球3犠打1犠飛4盗塁1

06年成績
打率.310試合数143打席629打数580得点87安打180二塁打31三塁打1本塁打19打点75三振120四球42死球0犠打3犠飛4盗塁0

素晴らしい安定感が数字でわかりますね。本塁打数は19本で変わらずとも、打率と安打数がアップして、かつ年間を通して不調の時期が今季は無かった事が小生の印象です(*^-^)b
そして何よりも三振の数が減っている事は、外角低めに逃げるボールを我慢できた事がうかがえます!

がしかし、得点数と打点数が昨年より少ない?なる程と思いました(^-^)/この後のコメントは赤星君や濱ちゃんの章にてということで(b^-゜)
日本球界にしっかり馴染んだシーツ様の小生が期待する事は、もちろん素晴らしい本人の活躍もさながら、先輩助っ人としての来季の新助っ人?の日本球界への対応アドバイザーとしての手腕も期待しております(^-^)/

♪起こせjust revolution NEO heroアンディシーツ〜チャンスだヒットだhere We Go! Oh!アンディhere We Go!♪アンディ!アンディ!(^-^)/

画像:アンディシーツ内野手

撮影:アナフレ猛虎会『広報部長☆』

撮影日:06年9月3日

場所:横浜スタジアム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:47 | comments(1) | trackbacks(4) |
▼ 猛虎かく勝てり44
[ 久保田 ]


”蘇れ!魂を込めた剛球”

今季限りで引退をした片岡の旦那の言葉を思い出す。「タイガースに来てから、思うような成績が残せず、何度も泣きながら球場をあとにしたこともありました。」…

小生は少なくても、今季三度悔し泣きをした男を思い出す!
今夜はその男の06年を振り返ります。

虎の守護神、久保田智之投手です。


10月8日の巨人戦で1-1の延長10回にマウンドに上ったが、4連打を含む6安打4失点と炎上。
逆転優勝への芽を摘んだあまりにも残酷なシーンでした。既にマウンド上で泣いてましたね〜

開幕二戦目の燕戦でもまさかの押し出しファーボールでサヨナラ負け。そして忘れもしません4月21日、巨人との一回戦でのイ・スンヨプ選手に打たれたサヨナラホームラン(^o^;)

03年の新人時代からマウンドにあがり、着々と力をつけて昨年はクローザーとしての地位を不動のものとし、40セーブを目指して臨んだ彼にとって、怪我による長期離脱など、今季は厳しい挫折を味わうシーズンとなりました(-o-;)

今季の成績です。
47試合 5勝 7敗 16S 防御率3.96完投0 投球回50 奪三振57 自責点22

思えばクローザーとは最もプレッシャーのかかる、極めてタフな精神力が必要なポストです!

球児君しかり、あと一人の場面で竜井上選手に同点弾を打たれたり、やはり燕戦でジェフ君がストライクが入らず押し出しサヨナラなんて試合もありました!

アウェイ対戦ではバスでホテルに帰る際、こんな日はどんな心境でナインはバスに乗り込むのか…

ここでV9巨人のエピソードを紹介します。
↓↓↓
昭和41年の秋、堀内が広野(当時中日)に代打逆転満塁サヨナラホームランという満艦飾みたいな一発を打たれた。中日球場からの帰りのバスで、私たちは「なんであんな甘い球を投げるんだと」堀内を責めたくなる心境だったが、その時、頭のてっぺんから抜けてでるような明るい声で長島がいった。
「あの広野っていう新人、素晴らしいねえ、あそこで打つなんてすごいよ、ウン、広野ってのはすごいなあ」
バスの中はいっぺんに、そうだあいつがすごかったんだ、となってムードが一変、堀内を責めたいと思っていた気持ちがどこかへ行ってしまった。堀内をかばうという意識より、バットマンとしての自分の経験からそういう発言になるのかもしれないが性格がにじみ出ている。↑↑↑
いかにもミスター長島さんの人柄をあらわすエピソードに小生もただただ反省しましたo(_ _*)o

来季への意地を最後に見せて、久保田君を連打で撃沈した巨人打線が大したもんだ!
あの場面で打ったイ・スンヨプ選手が、井上選手が、ボールを冷静に選んで塁を埋めた燕打線が大したもんだ!
と思える来シーズンにすることを誓います(*^-^)b

来季は先発への転向構想も浮き上がってきている久保田君の剛球復活を信じて、アナフレ猛虎会の皆々様と共にエールを送り続けたい所存であります。

マウンドで、相手バッターを睨み付ける貴殿のキリッとした顔つきが好きだぜい(*^^)v 

頑張れ久保田(^O^)/

参考文献:『巨人軍かく勝てり』牧野茂著

画像:久保田 智之投手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:06年9月23日

場所:東京ドーム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 22:22 | comments(0) | trackbacks(3) |
▼ 猛虎かく勝てり43
[ 野口 ]


”猛虎の将来の鍵をにぎる男”

06年8月10日の対横浜15回戦の5回の裏に事件は起きた!
安藤君が投じた球を打者石井琢郎選手がファールチップした打球をボールと誤審判定され矢野君が檄昂!
退場処分となる。直後、マスクを被ったのはこの男だった。そして、矢野君が出場停止となった翌日のマスクもやはりこの男がスタメンマスクを被った。

今夜は”虎の影武者”野口寿浩捕手の06年を振り返ります!

もし野口君があと数年早く縦縞に袖を通していたら、猛虎の正捕手は彼だったかもしれない!

野口の旦那が今季出場したのはわずか16試合であり、スタメンマスクを被ったのは3試合のみである。

今年は矢野君を休ませる為にサンデー浅井君がマスクを被る試合がふえたが、その策は4月5月までで、以降はやはり矢野君が正捕手として座り続けた!
そして僅か3試合のスタメンマスクにも関わらず、146試合一度たりとも若手にベンチを明け渡す事なく、野口の旦那はベンチで座り続けた。
二年契約が切れた今オフ、小生はマスコミが井川君の去就ばかり騒いでいるが、それ以上に野口の旦那の動向が気になってしまう。

来季には一部でオリックス・バファローズに移籍かとも噂もある。オリックスは正捕手の日高選手や的山選手がFA権を行使して移籍する可能性があるため、経験豊富な野口の旦那に手を差し伸べるかもしれないと言われているそうな。もし移籍が実現したら、4年振りのパリーグ復帰となる。

さて、野口の旦那本人の胸中は誰も知る由もないが、虎首脳陣は絶対に彼の移籍は防ぐ事を声を大にして主張したい。
そして猛虎の若手捕手陣はまずはこの野口の旦那のポストを奪えるかが今後の鍵ではないかと主張したいものであります。

これ以上のコメントは旦那の去就がはっきりとした次回とさせていただきますですm(_ _)m
今シーズンの成績です。

16試合 率.150 0打点 0本 打数20 安打3 四死球1 盗塁0

まったく飛躍した根拠のない事を述べるが、現在開催されている世界バレーの日本女子監督の柳本晶一氏が現役時代、名セッターとして名を馳せた、故猫田勝敏氏の控えでありながら、引退後指導者として成功された姿をみるたびに、何故か野口の旦那の事が頭をよぎってしまう小生の昨今であります…(*^-^)b

バレーボールのセッターも、野球の捕手も、チームの頭脳そのものであるからだ(^-^)/


画像:野口 寿浩捕手(左)

撮影:アナフレ猛虎会『広報部長☆』

撮影日:06年4月23日

場所:東京ドーム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ

author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:33 | comments(4) | trackbacks(3) |
▼ 猛虎かく勝てり42
[ 桟原 ]


”来季は頼むぜサジキー(^^♪”

24歳とは思えない風貌とマウンド度胸!
サイドスローから投げるストレートはMAX150キロを超え威力十分(^-^)/

今夜はサジキーこと桟原 将司投手の06年を振り返ります!

彼の投球フォームはサイドハンド気味と称した方がいいでしょうか〜2005年9月6日の中日戦の7回には、阪神の選手としては石川緑氏以来2人目(史上14度目、セ・リーグ史上9人目)となる三者連続3球三振を記録した豪傑です(*^-^)b

橋本君、江草君の2人とともにSHEと命名されましたね。

2006年の成績です。

15試合 1勝 0敗 0S 防御率3.18
完投0 投球回17 奪三振19 自責点6

今シーズンは開幕一軍入りを果たせず遅れをとりました。

今季の一勝は9月13日の広島戦です。小生の投稿のサブタイトルは
”勝ちに不思議な勝ちありき”
でしたo(^-^)o

なんとこの日は先発エース井川君が大乱丁。先制点を守れず、あれよあれよと4対4の同点に。
なんと3回でエースが降板と、重苦しい展開でした(^_^;)

しかしこの嫌な流れを吹き飛ばしてくれたのが代わった2番手サジキーでした。(^_^)v

久しぶりのマウンドとは思えない投球で打者6人を完全にシャットアウト!
カープに傾きかけた流れをくい止めた事が大きかったでんな〜!
なにやら明らかに負けムードの試合を伏兵サジキー、吉野君、ダーウィン君、そして八回裏のピンチを救った”虎の守り神”中村豊君の何気ない守備に見えるも、あの位置に守っていた超ファインプレーで反撃を食い止め…怪我の巧妙とかなんとやら…ある意味不思議な一勝をあげて、首位竜さんとのゲーム差を4.5とする大きな一勝でしたね(^-^)/

さてさてサジキー君!来季はもっと右打者の胸元ににくいこむシュート系のボールと左打者には外へのシンカー等で低めのコントロールを磨いて、是非とも球児君や久保田君とクローザー争いをするくらいの気概をもって臨んでもらいたいですな(^-^)/もちろん持ち前の威力ある真っ直ぐ勝負も忘れずに(^O^)/

期待してまっせ〜サジキー(^-^)ノ~~

画像:桟原 将司投手(右)

撮影:アナフレ猛虎会『広報部長☆』

撮影日:06年9月3日

場所:横浜スタジアム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ
author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 23:06 | comments(0) | trackbacks(4) |


皆様こんにちは。ご訪問いただき有難うございます。 アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』と申します。 (*^^)v野球経験のない素人の球場観戦の独り言にお付き合いください。 有料又は無料のメールマガジンにてアナフレの独り言をお楽しみくださいませ。まぐまぐ!マイメルマは無料メールマガジンです。 又皆様からの観戦リポートやご意見ご感想も歓迎いたします。メールフォームにてお気軽にお声がけくださいませ。
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
アナフレ猛虎会
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

アクセスカウンター

過払い

外汇
携帯 中古外汇


阪神タイガースおっかけマップ (2005)
阪神タイガースおっかけマップ (2005)

阪神タイガースを語るには何がなくてもまず甲子園球場。大歓声でマンモススタンドが揺れ、ラッキーセブンのジェット風船は夜空が隠れてしまうほど舞い上がる。みなさん人生そのものをタイガースにかけているのだ。甲子園球場はもちろん、その周辺のこと=甲子園の街並みを知っていただきたい。野球とともに歩む姿を。またたくさんの楽しい、うれしいお店がいっぱいある。タイガースOBのお店や、ナインご贔屓のスポット、ファンが集うショップ。・・・・いえいえ甲子園だけではありませんぞ。おとなり尼崎も、芦屋も神戸、大阪も・・・・関西圏をくまなく知っていただこう。もちろん関東の情報も掲載!
野村ノート
野村ノート

ところが、以外な選手に感謝されているということもある。その代表的なのが桧山である。阪神時代、桧山に対しては叱ったことはあっても、野球はこうだ、人生はこうだと懇切丁寧に指導した記憶がない。・・・・平成15年、確か優勝した翌日の新聞だったと思うが、彼のインタビューに目を通し驚いたことがある。「野村さんが阪神の監督だったときは、いっていることがよく理解できなかったんですが、今になってやっとわかってきました」・・・・・桧山のように思ってもみなかった選手から感謝を受けるのも指導者冥利に尽きる。  それにしても人生はまさに一期一会だなあと思う。赤星、藤本は阪神のドラフトリストに名前はなかった。赤星はアマからのキャンプ参加、藤本は社会人選手権大会の観戦に行って、遊撃手を探していたときに目に留まった選手である。・・・・私との縁を大切にし、「考えないよりは考えるほうがいい」「知らないより知っていたほうがいい」と私にいわれ、「なるほどそうだな」と思い、ノートをこまめに取り、そのノートを保存し何度も読み返す。こうしたちょっとの差が、いざ自分が指導する立場になったときに活き、あるいはコーチや監督という地位を得るためのチャンスとなる。逆に出会いや縁を無駄にしてしまう選手は、将来の可能性まで狭めてしまうのである。
猛虎の70年
猛虎の70年

第1章阪神タイガースとは何か・・・・おそらくクソ度胸という点では球界ナンバー1の星野仙一の背中にスーッと寒気が走ったのは、彼が阪神の監督になってすぐのことだった。・・・いや、「恐怖」すら感じたという。それは阪神ファンが試合に感動し、勝利の歌を大合唱し、それが終わると球場の外へ出て、ゾロゾロと甲子園駅に帰るのではなく、球場近くの広場に何千人と集まり、そこでも「六甲颪」の大合唱をやるのだ。ファンはやがて甲子園の駅に移動する。この甲子園駅でもまたも「六甲颪」の大合唱となる。それでも終わらない。阪神電車に乗り込んだファンはそのまま梅田の駅で降りて、その梅田駅コンコースでまたまた「六甲颪」の大合唱である。これが深夜まで続くのだ。「お前ら、あれが聞こえるか?俺達はあの熱狂的なファンに対する責任があるんだ。もしあのファンを裏切ったら・・・・俺はどうなるか知らんゾ」・・・・「俺は勝ちたいんや!そのためにはどうするんや?俺はファンに喜んでもらいたいんや・・・・・」なんとも野暮なセリフである。だがかつて阪神の監督としてこんな直接的な言葉を発した指揮官はいなかった。少年のように「勝ちたいんや!」と絶叫する星野仙一。監督室まで聞こえてくる大合唱、そして海鳴りのようなファンの”鼓動”が星野仙一をギリギリまで追い詰めていったのである。そこには「日本一わがままで、日本一熱心で、日本一我慢強い」と星野が評したファンの姿があった。
巨人軍かく勝てり―V9達成の秘密
巨人軍かく勝てり―V9達成の秘密

チームプレーとは「チームワーク」=「人の和」よりさらに深い考え方で、“人間集団におけるモラルから、グランド上のプレーに至るまで、あらゆる人間行動を網羅した広い考え方”といってよいと思う。
簡単な具体例をあげよう。
いまここで二人の人間がキャッチボールを始めるとする。ボールを握って投げる側は、次のように考える「相手が取りやすいところへとりやすいスピードで投げてやろう。投げ返す時のことも考えて胸元へ投げてやろう」そう考えて投げる。
一方受ける側はどうか。相手がそう考えて投げてもミスすることがある。だから相手の気持ちを察して、「万一とりにくいボールがきても、何とか受けてミスを未然に防いでやろう」この二人の「思いやり」がチームプレーの根本精神である。
 このちいいさな「思いやり」は、やがて「自分の義務と役割を完全に履行」することに広がり、チームのために「自己犠牲」をいとわず、「助け合い」、そしてチーム全員に「感謝」するところにまで高められていく。
巨人軍論 ――組織とは、人間とは、伝統とは
巨人軍論 ――組織とは、人間とは、伝統とは

チームの要だったON
『チームを預かることになったとき、いつも私が手本としてきたのは川上哲治監督であり、川上監督が率いたV9時代の巨人というチームであった。それではV9巨人のどこが素晴らしかったのだろうか。まずはなんといっても王貞治と長嶋茂雄、すなわちONの存在をあげないわけにいかない。ONは長らく巨人の3番4番に座り続け常にチームの中心であり続けた。ただし私がこの二人を高く評価するのは、彼らが記録や数字を残したからという理由ではない。彼らが中心選手としての役割と責任をまっとうしていたという事実が大きいのである。私は「中心選手はチームの鏡でなければならない」と述べたが、王と長嶋は、まさしくそうであった。他の選手の模範であり続けたのである。そこが凡百の「四番」とONのちがうところなのである。

…その意味で、私は阪神の金本知憲を高く「評価」している。現在の球界で真の「四番」といえるのは彼くらいだろう。彼は少々の故障くらいでは試合を休まない。チームへの忠誠心も高い。金本が移籍してきてから、阪神の選手の意識が明らかに変わった…金本の野球に取り組む態度を見れば、まわりの選手も自然と「このままではいけない」と感じるようになる。また若手選手が直接叱るより先輩が叱ったほうが叱られた若手のショックは少ない。ここ数年の阪神の躍進には、この金本の存在が大きく寄与している』

ドジャースの戦法
ドジャースの戦法

『投手は自分の左側に球を打たれたらすぐさま一塁に向かってスタートする習慣をつけなければならなぬ。ゴロであろうとライナーであろうと変わりはない。直ちに一塁に突進せよ。適当な時に投手がマウンドを離れなかったためにゲームを失ったためしは多い。打球が左側にきたら、投手は真っ直ぐに一塁にスタートし、塁に近付いたらスピードを緩め、右足を塁に触れて、一塁手からの投球を待ち受ける。球を受け取ったら走者との衝突をふせぐために、ファウルラインの内側を二、三歩走り続けるが、この場合もし他の塁にも走者がいたら、投手はできるだけ早くとどまり、必要に応じて他の塁に投球する用意をせねばならない。
走者の足が遅いか、又は他の理由で投手がゆっくり一塁に間に合った時には、塁上で止まって、こちらに投球しようとしている野手の方に向き直り、一塁手のような身のこなしで、体をのばしたり、どちらかの側へ動いたりして、一塁手の代わりをつとめなければならぬ。』
背番号三桁―「僕達も胴上げに参加していいんですか?」
背番号三桁―「僕達も胴上げに参加していいんですか?」

「アホか、みんないいから出ろ!お前たちも行け!」優勝が決まった瞬間、ベンチから選手が一斉に飛び出した。星野はすぐさま裏方に対して叫んだ。
「尾張メモ」の全貌―情報は盗んで活かせ
「尾張メモ」の全貌―情報は盗んで活かせ

虚像がユニフォームを着ている

広岡監督殿

巨人偵察記・巨人の実像・私が過去三十年、対巨人と戦ってきた印象からみると、最低の巨人といっても過言ではない。人気という点では昔と雲泥の差があっても、実技つまり野球のすべてに対する取組む姿勢が欠けていること。緻密性がない。個人的には優秀な人材はおりますが、チームプレー1つをとってみても投手は三本間に三塁走者を挟みながら、生かしてしまうランダンプレー等がその例。一発で刺さねばいけないプレーをウロウロして生かすということは、過去の巨人では考えられないことです。極端な表現ですが、巨人のユニフォームを着ている虚像にすぎない。−こう断言できます。

このくらいのチームが優勝することはちょっと考えられないことだが、優勝をバックアップしている審判団の判定が大きく作用していることは申すまでもありません。私自身がこの目で見ても、巨人がパ・リーグであれば、近鉄クラスの実力と見ます。それで人気だけが物凄い、まさに虚人です。・・・・・・
1983年10月15日
阪神タイガース
阪神タイガース

序章 黄金時代の幕開け
”遂に来たタイガースの時代”
『この世の春、である。長い長い苦難のときを経て、とうとう阪神タイガースの時代がやって来た』
覚悟のすすめ (角川oneテーマ21 A 87)
覚悟のすすめ (角川oneテーマ21 A 87)

これまでのプロ野球生活で、胸を張って自慢できることがひとつある。

それは、

「たとえお金にならないことでも、やるべきことを、全力を尽くしてやってきた」

ということだ。

2000年5月12日の第三打席を最後に、翌年9月28日の横浜戦第二打席まで、私は1002打席にわたって一度も併殺打を記録しなかった。これはあまり知られていないが日本記録である。
ただ、常に全力疾走を心掛けていなければ達成できなかった記録でもある。それを私は誇りに思う。

連続フルイニング出場にしても、「すごい」とほめられはしても、直接お金として返ってくるわけではない。

それでも私は、セーフになるチャンスがあれば、一塁に全力疾走する。果敢にボールを追うし、つねに次のベースを目指そうとする。なぜなら

「たとえお金にならないことでも、全力プレーするのがプロ」
そう思っているからである。

「いつケガをしてもいい」そういう覚悟で私は常に試合に臨んでいる。

それが、これまでの私のプロ野球生活を支えた信念であり、いまもつねに自分自身にいいきかせているモットーである。