アナフレ猛虎会

皆様こんにちは。アナフレ猛虎会 通称”頑張れ阪神タイガース☆です。
▼ 猛虎かく勝てり586
[ 清原 ]

“本格右腕に成長するか”

背番号65番 清原 大貴投手
2011年度成績
1試合0勝 0敗 0S 防御率1.80
完投0 投球回5 奪三振1 自責点1

先月の消化試合で、将来のエース候補となるような大型右腕が先発してくれました。
虎にこんな大型選手がいたのですね〜マウンドの風貌を見ただけで感心させられました。

2011年の登板はこの1試合だけでしたが、強烈な印象が残っています。
今夜の猛虎かく勝てりは、清原大貴君です。

彼の先発試合を振り返ります。↓↓↓
■2011/10/23 試合結果

対広島 23回戦 マツダスタジアム
神|000 000 000|0
広|000 010 00x|1

勝:大竹1勝1敗0S
S:今村3勝8敗2S
敗:清原0勝1敗0S
阪神:清原 - 藤原 - 白仁田 - 鄭
広島:大竹 - 大島 - 今村
──────────
“来季に向けての若虎達”

鳴尾浜にこんな投手がいたじゃないですか。体は充分プロ野球選手ですね。
清原君はじめまして。また、ルーキー時にも春季キャンプで話題になりました!
白仁田君もはじめまして。
2年ぶりの年間負け越しとなりましたが、来季に向けて一軍マウンドを経験
させることが大切ですね。
赤ヘルさんとの3連戦の2戦目、虎の先発はプロ初登板初先発となる清原大貴君です。
今日も勝って勝率五割でペナントレースを終えたいところですが、真弓監督はあえて
タイトル争いをする選手以外に若虎達をスタメンに起用しました。
最多安打と首位打者の2冠を目指すファミリーマートン君のヒット量産に期待です。
清原君は初回、味方エラーでランナーを出されるも、それに動じず後続を打ち取り
無失点に抑える堂々のピッチング!2回表にはそのマートン君がツーベースヒットを
放ち逆転首位打者へ一歩前進します。清原君は2回以降毎回ヒットを許すも
後続を打ち取り無失点に抑える落ち着いたピッチングを見せ、打線の援護を待ちます。


5回裏、一死2塁の場面で東出選手にタイムリーを打たれて1点先制を許してしまいますが、
最少失点で抑え、5回1失点の好投でマウンドを下ります。
【中略】
アナフレ目線です★★★
年間負け越しよりも、若虎の経験を重んじた試合でした。こんな大型投手がいたんですね〜
清原君。体格の割には腕の振り方が野手のようで、変則的な投法が赤ヘル打線を戸惑わせ
ました。 ★★★

どうやら140キロ後半のストレートと切れのよいスライダーが武器の清原君。体格生かした
上からの投法がいいのではと思いますが、敢えて変則投法で勝負を続けるのでしょうか(*^_^*)
来季は球場でお会いしようじゃありませんか!飛躍を期待いたしませう!(^^)!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:猛虎ナイン


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2011年04月03日


場所:横浜スタジアム



author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:05 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり585
[ - ]

“大型内野手の壁を破れ”

背番号66番 黒瀬 春樹内野手
2011年度成績
2試合 率.000 0打点 0本
打数2 安打0 四死球0 盗塁0


2011年5月25日、突然のトレード通告に我等虎党も驚きました。
牡丹餅江草仁貴君との交換トレードで阪神タイガースへ移籍した男。
わずか2試合の出場で二打席凡退という成績に終わりました。
今夜の猛虎かく勝てりは、黒瀬 春樹君です!(^^)!

プレースタイルとしては、強肩が持ち味の内野手。打撃は高く評価されていますが、
問題は守備にやや難があるため、西武ライオンズ時代からなかなか一軍に定着
できなかったようですね。本来の守備位置は遊撃手ですが、二塁手や三塁手、
一塁手も守れる実績があります。

公式サイトに掲載されていましたが、虎の遊撃手鳥谷君もFAは行使せず、来季も
縦縞です。
そして三塁にも残留が確定の新井サン、セカンドはゴールデングラブを受賞の
一匹狼平野君や、新キャプテン賢太郎君も控えておりますね(*^_^*)

猛虎の野手陣の壁は高いです、打撃だけでは当然レギュラーにはなれません。
恵まれた体格ゆえに、守備力のアップが期待される黒瀬君。
小生もまだ彼に球場でお会いしたことが無いので、来季はぜひとも生観戦にて
お会いいたしませう(*^_^*)

画像は黒瀬君が所属していた西武ドームでの阪神戦、ジェット風船の一コマでした!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:ジェット風船


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2011年06月12日


場所:西武ドーム



author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:06 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり584
[ ブラゼル ]

“甦れ虎の大砲”
背番号67番 クレイグ・ブラゼル内野手
2011年度成績
119試合 率.282 69打点 16本
打数456 安打120 四死球28 盗塁0

今年の統一球に最も悩まされた男をセ・リーグで3人上げるとすれば、巨人の小笠原選手、
中日の和田選手、そしてこの虎の大砲ブラゼル君ではなかったでしょうか・・・・
昨年の本塁打数47本に対して、16本に減ってしまった今シーズンは、本当に悩んでいる

ブラゼル君の姿を何度も球場で見てきました。
来シーズンのボールをどうするか検討されているようですが、飛ばないなら飛ばないなりの
打法を修正してくるのがプロの技!この三人は特に職人的な一流打者だけに、小生は
復活してくると見込んでおります。おっとっとライバル球団の二人まで応援してしまいました(*^_^*)
とにもかくにもブラゼル君が是非本塁打王に挑戦していただきたいですね(*^_^*)
名勝負・名場面で彼のクリーンナップ三連発を投稿させていただきましたので、
今夜は記念すべき100号ホームランを打った試合を振り返ります。
↓↓↓

■2011/8/20 試合結果
対横浜 15回戦 横浜

神|200 010 110|5
横|010 001 010|3

勝:久保6勝4敗0S
S:藤川3勝2敗28S
敗:清水2勝4敗0S
HR:マートン ソロ8号、ブラゼル ソロ10号
阪神:久保 - 小嶋 - 榎田 - 小林宏 - 渡辺 - 藤川
横浜:清水 - 大原慎 - 福山 - 篠原 - 真田 - 山本 - 大沼
──────────
“打線の奮起に期待する”
お互いに投手事情の苦しい両チームの顔合わせは、猛虎が逃げ切る形となりましたが、

ここのところ不調だったマートン君に一発が出て、大砲ブラゼル君にも記念すべき100号が
飛び出すなど、結果的には昨日の中止は恵みの雨となったようですね。
気候も涼しくなり、時折強い雨が降りしきるハマスタで、猛虎が連敗をストップしました!(^^)!
3連敗中で何とか勝利が欲しい虎の先発は連敗ストッパーのスマイリー久保君です!
対するベイスターズの先発は清水投手で始まりました。
猛虎打線は初回、一匹狼平野君がツーベースで出塁すると、続くキャプテン鳥谷君も
タイムリーツーベースを放ち先制します!さらに4番新井サンがライト前にタイムリーを放ち
、いきなり2点をリードする展開に!
しかし2回には、スマイリー久保君が3連打を浴び1点を失い、試合は雨天の中混戦模様に。
追加点が欲しい猛虎は5回、ここのところ不振だったマートン君に久々の一発が飛び出し
1点を追加!ここまでスマイリー久保君は毎回ランナーを背負う苦しいピッチングながらも、
5回1/3を投げて2失点と勝利投手の権利を手にしたままマウンドを譲りましたが、以降は
両チーム共に投手陣をねこそぎマウンドへ送り込む混戦に!
8回に先頭の大砲ブラゼル君が日本通算100号本塁打となる一発を放ちベイさんを突き放すと、
9回には球児君がきっちり3人で抑えてゲームセット!連敗をストップいたしました。
↑↑↑

画像はハマスタでのブラゼル君です。昨年は場外ホームランをここで放ってくれたのを

思い出しました(*^_^*)


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:クレイグ・ブラゼル内野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2011年10月08日


場所:横浜スタジアム


author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:10 | - | - |
▼ 訃報です
[ 訃報 ]

“悲運の闘将逝く”

プロ野球阪急、近鉄などの名監督として球史に残る多くのドラマを演出した
西本幸雄氏がお亡くなりになりました。
計5度のリーグ優勝を達成し、阪急を常勝チームに育て上げられましたが、
日本シリーズでは5度とも巨人に敗れて日本一になれず。
そして近鉄に移り2年連続優勝をしましたが、このときも日本シリーズで
いずれも広島に敗れ、ついに日本一を味わうことはできず、「非運の闘将」と
呼ばれました。

猛虎の監督の依頼をお断りになられたことでも有名でしたね。この方が阪神の
監督をしていたら、暗黒時代なんて無かったかもしれません。

ご冥福をお祈りいたします。


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』




author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:01 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり583
[ 森田 ]

“可能性を秘めた逸材”

背番号69番 森田 一成内野手
2011年度成績
20試合 率.250 5打点 1本
打数32 安打8 四死球1 盗塁0

若虎達が続々と契約を更改。そして来季の育成契約選手も決まりました。
2012年の猛虎の顔ぶれが揃ってきました。後はドラフト新人と補強選手の獲得です。

このドラフト選手又は育成選手から夢を掴む若虎が来季も出現するのでしょうか(*^_^*)

そんな育成選手から夢を掴んだ男!
185センチ93キロの体格は、久しぶりの長距離砲の出現を思わせます。そして何より
今年の若虎で実際の活躍以上に明るい話題を振りまいてくれたのがこの男です。
今夜のかく勝てりは、小ブラゼルこと、森田一成君です!(^^)!

まあとにかくこの男と言えば、プロ初打席初ホームランデビューですね!名勝負・名場面で
投稿させていただきました!
よくよく調べてみますと、この森田君はプロ入り前から注目されていたんですね〜
ドラフトでの指名を後押ししたのが当時の星野SDだそうじゃないですか。
SDいわく、あの松井秀喜選手や中田翔選手よりも打球を飛ばす力があるとの太鼓判を
押されたという逸話も残っています。
二軍コーチの八木さんからは変化球に対応する器用なバットコントロールを評価されています。
この男が来季ブレークすれば、まさしく救世主となるかもしれません。
チームメイトであるブラゼルとは大柄で懐の深い左打者という共通点があり、風貌も似ている
ことから「小ブラゼル」と呼ばれている森田君!ブラゼル君のような長距離バッターに育って
もらいたいものです。

そして課題は守備です。2011年に初めて一軍昇格した際も代打での出場のみで守備に
就くことはありません。
林君や葛城君いわく、打撃センスは天才的ですが、それだけでは通用しないのがプロの世界!
この秋季キャンプでどれだけ成長を見せたかの答えは、来春のキャンプまでお預け。
プロ初ホームランはレフトへの流し打ちでしたが、来シーズンはバックスクリーン直撃弾のような
本塁打を打ってくれることを信じて!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:森田 一成内野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2011年09月09日


場所:明治神宮球場



author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:27 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり582
[ 野原祐 ]

“存在感を示せ〜おかわり君”

背番号94番 野原 祐也 外野手
2011年度成績
4試合 率.000 0打点 0本
打数4 安打0 四死球0 盗塁0

西武ライオンズのおかわり君こと中村選手は、統一球なんぞ何するものぞ!
まあ球場狭しとポンポンホームランをかっ飛ばしました。まさに怪物ですね。
ヤンキースの松井選手以来の日本人長距離砲といえるのではないでしょうか
(*^_^*)

さてさて、猛虎のおかわり君は・・・・今年は元気がなかったな〜
春季キャンプの紅白戦でホームランを打って猛アピールでしたが、今年は
一軍出場試合はわずか4試合だけ(*^_^*)寂しいシーズンでしたが、ファーム
では暴れてくれたのかな〜

いずれにしても、年齢的にも一軍で活躍しなければならない来シーズン!
スター性のあるキャラクターに俊足を生かし、かつ長打力をもって俊介君や
柴田君に追いつき追い越せ!昨日の狩野君もライバルでしょう。
壁は高いけれども、セールスポイントが無ければレギュラーにはなりません。

富山のおかわり君の大ブレークを期待しようではありませんか。

画像は今シーズン4試合出場のうちの1コマ。和田コーチから指導を受ける野原君です。


和田新監督はおかわり君に何を期待しているのでしょうか(*^_^*)


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:野原 祐也外野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2011年07月17日


場所:横浜スタジアム



author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:07 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり581
[ 99狩野 ]

“正念場だぞラッキーボーイ”

背番号99番 狩野恵輔 外野手
2011年度成績
10試合 率.167 3打点 0本
打数12 安打2 四死球1 盗塁0

アナフレ猛虎会メルマガご購読者の皆々様
今年も年末にかけて、2011年公式戦出場選手のかく勝てりを背番号順に投稿させて
いただきますのでよろしくお付き合いくださいませ(*^_^*)
今年もこの男がトップバッターとなりました。
帰ってきたラッキーボーイ!狩野 恵輔外野手です!

昨年は捕手として登録も、城島君の入団で出場機会にめぐまれなかった狩野君でしたが、

兄貴金本様の大けがにて連続試合出場が途切れると、持ち前の俊足と長打力がかわれて

遂に外野手に挑戦。なれない出場でしたが、存在感を表しました。しかしそのオフに
椎間板ヘルニアを発症してしまいます。
この故障がなければ、今年は藤井君ではなくこの狩野君がマスクを被っていたかもしれません。
2011年は外野手登録となってのスタート!
しかし本人は捕手と両立することを希望していたらしく、実際にブルペンに入って投手陣の投球を
受けることもありました。手術明けのため春季キャンプは二軍スタートながらオープン戦から
一軍に昇格していましたが、程なくしてヘルニアが再発し、チームを離脱しました。
しかし努力の男は今年の一番猛虎に勢いのあった8月にスタメンで帰ってきてくれました。

その試合を振り返ります↓↓↓

■2011/8/26 試合結果
対ヤクルト 12回戦 甲子園

ヤ|020 000 020|4
神|004 020 21x|9

勝:久保7勝4敗0S
敗:村中2勝4敗0S
HR:ガイエル ツーラン1号
ヤクルト:村中 - 渡辺 - 橋本 - 山本哲
阪神:久保 - 小林宏 - 榎田 - 福原
───────────
“帰ってきたラッキーボーイ”

思い出しますね〜巨人戦でのサヨナラデビュー!大きなケガを克服して見事に一人の男が
甲子園に帰ってきました!(^^)!そして持ち前のバッティングセンスを発揮!試合の流れを
一騎に猛虎へ!点も取られましたが、9得点を挙げた猛虎ナインに甲子園大観衆は熱くも
燃えていました!(^^)!

【中略】
アナフレ目線です☆☆☆
見事な復活劇を魅せてくれたのはもみ上げスッキリ狩野君!もうすでにベテランと呼ばれる
年齢になっているのですね。外野手戦線に復活してその他の若虎野手陣を脅かす存在に

なること間違いありません。狩野効果といったところでしょう。点も取りましたがとられもしました。
↑↑↑

彼は捕手に未練があるのでしょうか・・・しかし腰を痛めた今、外野手に専念する事の方が
得策と思うぞ〜俊足と長打力を持ち合わせた数少ない野手として、来季はすでにベテラン
として若手の俊介君や柴田君とガップリヨツの争奪戦を期待したいものです!(^^)!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:狩野 恵輔外野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2011年09月09日


場所:明治神宮球場



author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:14 | - | - |
▼ 拝啓アナフレ猛虎会メルマガご購読者の皆々様
[ 監督・コーチ ]

“2011年阪神タイガース名勝負・名場面”

本日の公式サイトに新井サンの残留がきまりました。代打の神様桧山様も!
そして2012年の公式戦日程も発表!日本シリーズも秋季キャンプも終わりましたが、
来季に向けての戦力を整える大事な時期を迎えます。
これからいかに補強をして戦力を連ねるか!球団フロント側が忙しくなります。
手腕の見せ所といっていいでしょう。どこかの球団のようなみっともない内紛だけは
やめてもらいたし!今の猛虎に必要な戦力強化に集中して欲しいですね。
さて、2011年阪神タイガース名勝負・名場面も本日で最終となります。
最後を締めくくるこの試合を選ばせていただきました。
真弓監督ラスト甲子園采配です!(^^)!

投稿を振り返ります↓↓↓


■2011/10/21 試合結果
対横浜 24回戦 甲子園

横|100 100 000|2
神|000 103 00x|4

勝:福原2勝3敗0S
S:藤川3勝3敗40S
敗:高崎5勝15敗0S
横浜:高崎 - 大原慎 - 江尻
阪神:久保 - 福原 - 渡辺 - 筒井 - 榎田 - 藤川
──────────
“真弓コールのラストマッチ”

今年も虎のホームユニフォームマッチの最終戦を迎えました。
本日も3万人以上も虎党が集まる聖地甲子園球場で、真弓監督
最後の雄姿を飾ってくれた猛虎ナイン。今年も甲子園の六甲颪は
最後か〜と思うと、あらためて秋になったな〜って感じてしまいま
すね。そして真弓コールの中、表情を崩さず静かにベンチへ引き
上げた真弓監督!お疲れ様でした。

【中略】
ここから猛虎中継ぎ陣が総動員の大サービス!福原隊長、牡丹餅渡辺君、
イジラレ筒井君、ガムシャラ榎田君と細かい継投で8回まで無失点に抑えると、
9回のマウンドに上がるはもちろんこの男!絶対的守護神火の玉球児様が
最後は二者連続三振で切ってゲームセット

アナフレ目線です☆☆☆
個人タイトル争いに盛り上がる中、監督が交代する寂しさが残った今シーズン
でしたが、最後の甲子園球場では、真弓コールが起こりました。嬉しかった
でしょうね〜本当に有難うございました。真弓監督の投稿は後日のかく勝てり
ということで・・・本日も大変な記録が生まれました。個人タイトル争いは、
新井さんが今日も打点を上げたし、2冠がかかるファミリーマートン君も2安打!
ガムシャラ榎田君が球団新人最多記録更新となる61試合登板を達成!さらに
我等が球児君40個目のセーブを記録!残るはマツダスタジアムでの赤ヘル
3連戦!来季に向けて、個人もチームもいい形で締めくくっていきませう!(^^)!
☆☆☆↑↑↑

昨日も投稿いたしましたが、9月にまさかの失速。優勝はおろかAクラス入りも逃がしてしまい、
監督の辞任発表。無念のシーズンだったことには違いありません。
来季は和田新監督の元!新生猛虎として今年以上に素晴らしい名勝負・名場面を
我等虎党達に魅せて欲しいと願っております。
この日の画像は6回にナイスピッチングで完全に試合の流れを猛虎に引き寄せた
ベテランでした。今季派手さはなくも見事球威が戻って復活を果たした福原君です。
最後に今季2勝目で締めくくりました。


そして本日の画像は、真弓監督。本当にお疲れ様でした。これからも猛虎をよろしく!



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:真弓 明信監督


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2011年10月08日


場所:横浜スタジアム



author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:43 | - | - |
▼ 拝啓アナフレ猛虎会メルマガご購読者の皆々様
[ 新井 ]

“2011年阪神タイガース名勝負・名場面”

和田新体制での初キャンプも今日で打ち上げ。例年ならば“半ドン”で終わる最終日
ですが、質量ともに濃密な今キャンプを象徴するかのように、例年より遅い午後2時
までみっちりと練習を行って打ち上げました。

今キャンプのテーマは『大変=大きく変わる』
収穫のあるキャンプが実施できたのでしょうか(*^_^*)
とにかくまったく映像では伝わってこなかったので、その答えは来春の沖縄までお預けです。
さて、日本シリーズも終わり、名勝負・名場面もいよいよ大詰めっていいますと大げさ

でしょうか(*^_^*)

今夜はこの名場面です。
俺が4番だ新井サンの怒りの一発でございました!

投稿を振り返ります↓↓↓

■2011/9/30 試合結果
対中日 22回戦 甲子園

中|000 010 000|1
神|000 300 00x|3

勝:岩田8勝12敗0S
S:藤川3勝2敗35S
敗:ネルソン8勝14敗0S
HR:新井貴ツーラン15号、ブラゼル ソロ11号
中日:ネルソン - 三瀬 - 平井
阪神:岩田 - 榎田 - 藤川
──────────

“この顔が見たかった”

どこ投げてんだ!猛虎の4番打者が、投手を睨みつけた。直後に出た怒りの一発!
この気迫ある一撃を待ち望んでいたのさ〜おそらく神宮で相当罵声を浴びて帰って
きたのでしょう。
悔しさをバットに込めた一発がチームを蘇らせる!(^^)!

アナフレ目線です☆☆☆
滅多に感情を表に出さない新井サンが怒りました(-_-メ)
直後に物凄い弾丸ライナーのホームランが飛び出します。こんな打球を打てるのは、
猛虎には兄貴と新井サンしかおりませんね(*^_^*)9月の成績は7勝12敗2分け
勝率.368は本当に残念でございます。しかし球児君のヒーローインタビューで真弓監督

以下チーム全員がまだまだ諦めていないぞ〜という気持ち代弁してくれました!(^^)!
☆☆☆ ↑↑↑


8月に借金を返して首位燕さんを追い上げムードだった猛虎ですが、9月に思わぬ失速。

この9月の成績で真弓監督続投要請が消滅しました。
4番として悔しいシーズンを送っていた新井サン!危険球を投げたネルソン投手を睨み

つけましたね〜でもね、こんな新井サンの表情も我等虎党は見たかったんですよ!
たまにはね。


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:新井 貴浩内野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2011年08月13日


場所:明治神宮球場



author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:02 | - | - |
▼ 猛虎秋季キャンプリポート2011
[ 68俊介 ]



“福岡ソフトバンクホークス日本一おめでとうございます”
竜さんがついに力尽きた・・・そんな感じの日本シリーズですが、やはり二点以上
獲らせなかったソフトバンクバッテリーの勝利でしょうね。おめでとうございました。

日本シリーズを見ていて感じたことは、やはり猛虎はまだまだチームの底上げを
しないとな〜ってのが正直な感想でございます!(^^)!

さて!話題は猛虎秋季キャンプへ!
本日はキャンプ日和の安芸。メニューにシート打撃が組み込まれました。
そしてこのシート打撃では、今回恩返しを返上したリベンジ鶴君が好投を見せて
くれたようですね。のべ8人の打者に27球でノーヒットに抑え、見事なピッチング。
若虎の話題が聞こえてくるとやはり嬉しいですね。もともと先発ローテ候補として
期待がかかるだけに、来季のブレークが楽しみです。
また野手では俊介君が3打数2安打3打点。ホームランも1本放ち、秋季キャンプの
打ち込み特訓の成果が表れてきたのか(*^_^*)
森田君は3打数2安打3打点、売り出し中中谷君も3打数2安打1打点と、結果を
残しています。
和田監督、片岡コーチともに彼らの取り組みを讃え、特に今回のキャンプ話題
独占の中谷君に関しては早くも来春の1軍キャンプ抜を匂わせているようでございます。


そんな秋季キャンプも明日で打ち上げ。

日本シリーズも終わっていよいよプロ野球も本格的なオフシーズンです。


画像は特訓の成果が見えてきました、俊介君でした!(^^)!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:俊介外野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2011年09月09日


場所:明治神宮球場



author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:02 | - | - |
▼ 拝啓アナフレ猛虎会メルマガご購読者の皆々様
[ 関本 ]



“2011年阪神タイガース名勝負・名場面”
本日は朝から東京は雨。秋季キャンプ地の安芸も朝から雨でした。
しかもかなりの強度の暴風雨とあって、グラウンドはメインもサブも使えず、安芸ドームと
ブルペンで行われました。
そしてブルペンでひときわミットのいい音を響かせていたのはベテラン安藤君だそうな。

来季への復活にかける元開幕投手の執念が伝わってくるようです。
昨日の120球に続いて、今日も90球近く投げ込みました。
さて、本日も名勝負・名場面をお送りいたします。
鬼の采配真弓監督が不振に喘ぐ新井サンを遂に降格。新たに4番の席に座った男は
勝負強さナンバーワンの生え抜き縦縞戦士でした!(^^)!

投稿を振り返ります↓↓↓

■2011/9/1 試合結果
対中日 18回戦 ナゴヤドーム

神|000 000 201|3
中|000 003 000|3

阪神:スタンリッジ - 渡辺 - 榎田 - 藤川
中日:ソト - 鈴木 - 浅尾 - 岩瀬
──────────

“笑顔なきタイムリー”
打線が振るわず連勝が4でストップ!ナゴヤドームでまったく打てない主砲に対して、

真弓監督は鬼の采配を決断いたしました。
【中略】
アナフレ目線です△▼△▲
二本のタイムリーを放った新井サンに笑顔はありませんでしたね〜
4番から7番に新井サン下げ、名人賢太郎君をプロ15年目で初めて4番に起用。
つながりを求めた新打線に組み替えました。前夜も4打数無安打、2併殺打と不振を極めた
新井サンに対し、守備位置を三塁から一塁へ、主軸から下位への変更をも決断。
7番を打つのは、広島時代の2005年以来、実に2300日ぶりのことだそうです。
終盤に脅威の粘りを魅せた猛虎ナイン!勝ちに等しい引き分けでしょう。
△▼△▼

画像はプロ15年目にしてはじめての4番起用に見事応えた男!名人賢太郎様でございます。
さて〜甲子園に帰っての横浜戦も、賢太郎様が4番でしょうか〜(^.^)ナイスタイムリー!

↑↑↑

本日の画像は賢太郎君です。真弓監督は代打要員として彼を使いましたが、和田監督は

彼をどのように使うでしょうか・・・これも又楽しみです!(^^)!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:関本 賢太郎内野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2011年10月08日


場所:横浜スタジアム



author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:34 | - | - |
▼ 拝啓アナフレ猛虎会メルマガご購読者の皆々様
[ 平野 ]

“2011年阪神タイガース名勝負・名場面”

オリックスさんとの練習試合は残念ながら雨天中止!和田新監督の実戦采配デビューは

流れました。秋季キャンプの話題を独占しているのは相も変わらず中谷君です。その他の
若虎達はいったい何をしているのやら・・・・なんだか映像で伝わってこないだけに心配に
なってしまいますね(*^_^*)

さて、本日の名勝負・名場面は今年一番の伝統の一戦です。しかし最近の巨人のお家芸は、
まったくもって情けないといいましょうか巨人ファンをや〜めたなんて方もいらっしゃるのでは
(*^_^*)投稿を振り返ります↓↓↓

■2011/8/24 試合結果

対巨人 17回戦 東京ドーム

神|000 100 010|2
巨|000 100 000|1

勝:能見7勝7敗0S
S:藤川3勝2敗29S
敗:内海12勝4敗0S
HR:平野ソロ1号、金本ソロ8号、ラミレス ソロ14号
阪神:能見 - 藤川
巨人:内海
─────────

“今年一番の伝統の一戦”

伏兵の一発が、左腕エース力投が、精神的支柱の大ベテランの一発が・・・・
監督を救いました(^.^)
今夜の試合は今年一番の素晴らしい伝統の一戦でしたね〜生観戦できなくて
どうもすいません(^.^)
伏兵の一発が、左腕エース力投が、精神的支柱の大ベテランの一発が・・・・
監督を救いました(^.^)
今夜の試合は今年一番の素晴らしい伝統の一戦でしたね〜生観戦できなくてどうもすいません(^.^)
昨日の悔やまれるほどの敗戦・・・・東京ドームに乗り込んでの3連戦の第2戦目!虎の先発は
もっかリーグ奪三振王の能見君です!そして巨人ももっかリーグの勝ち頭!内海投手がマウンドに!
両左腕エース対決で幕を開けた試合は、予想された通り素晴らしい投手戦になり緊迫した試合に
なりました。
そして試合が動いた、いや、動かしたのがこの男の一発!一匹狼平野君がチーム初安打となる
今季第1号ソロホームランで先制します!いつになく平野君も興奮していましたね〜!(^^)!
すると巨人も
ラミレス選手がソロホームランを放ち、すぐさま同点とされると、 このまま両チームともに好投している
先発を捉えられず同点のまま終盤へ!
迎えた8回、東京ドーム大好きですアニキ金本様が打ってくれました!巨人のエース内海投手をマウンド
上で跪かせる今季第8号ソロホームランを放ち勝ち越し!
能見君は8回131球4安打11奪三振1失点の好投でマウンドを降り、守護神火の玉球児君が三人で
きっちり締め2対1で勝利!このカードを1勝1敗の五分に戻しました!(^^)!↑↑↑


この日のお立ち台は能見君と兄貴金本様でしたが、本日の画像はホームランでチーム初ヒットを放った
男!一匹狼平野君です。今年も平野ファンが増えましたよ〜特に男性虎党達にね(*^_^*)



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:平野 恵一内野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2011年09月09日


場所:明治神宮球場


author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:11 | - | - |
▼ 拝啓アナフレ猛虎会メルマガご購読者の皆々様
[ 14能見 ]

“2011年阪神タイガース名勝負・名場面”

和田新監督が早くも開幕投手を示唆いたしました。来年の話だというのに気の早いこと(*^_^*)
本日の名勝負は説明するまでもありません。
この男の完封勝利ショーでした!

投稿を振り返ります。↓↓↓

■2011/8/9 試合結果
対中日 13回戦 ナゴヤドーム

神|010 000 000|1
中|000 000 000|0

勝:能見6勝7敗0S
S:藤川3勝1敗25S
敗:ネルソン6勝9敗0S
阪神:能見 - 藤川
中日:ネルソン - 鈴木
─────────
“ブラボー能見君デー”
あわや大記録達成か!
思えば数年前のナゴヤドームで大投手の山本昌投手にノーヒットノーランを達成された

猛虎の試合を思い出された方もいらっしゃったのではないでしょうか・・・・だからこそ
達成して欲しかったな〜(*^_^*)
【中略】

アナフレ目線です☆☆☆
なんですかね〜今日は見ている側の方が大記録を達成して欲しいな〜と思わず応援してしまいました。
今年も能見君のピッチングはお見事!4月の巨人戦での7者連続三振は、小山氏、村山氏、

そして江夏氏と肩を並べる大記録ですからね〜まあネルソン投手をなかなか攻略できない
猛虎打線の小言は置いておきまして、今日は見事な能見君デーということで!(^^)!
☆☆☆

この試合は序盤にデットボールの判定で落合監督が退場となるアクシデントがありましたが、能見君は
見事に集中力を切らさず竜打線を翻弄します。
そして自らのバットで勝利打点を挙げるまさにワンマンショーといっていいほどの名勝負でございました。
今季初の4連勝とし、貯金も2とした真弓猛虎!首位燕さんとのゲーム差も4と迫ってきましたが・・・・
もうひとつ勢いに乗れなかったですね(;一_一)

画像はもちろん奪三振王能見君でした!(^^)!ナイスピッチング!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:能見 篤史投手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2011年10月10日


場所:東京ドーム


author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:01 | - | - |
▼ 猛虎秋季キャンプリポート2011
[ 4上本 ]

“第3クール終了”

秋季キャンプ、第3クールが終了しました。
シート打撃で好投を魅せたのは、小嶋君と榎田君です。打席に立ったのは小林宏君が
ヒットを放ち、送りバントを決める堂々の打撃内容を見せました。

早いもので秋季キャンプも残り1クール。
森田君と原口君が罰則として球場から宿舎までの約12kmをランニングで帰ったり、
約2時間ぶっ続けの『1000本ノック』があったり、投手陣の本格打撃練習等々…
ここまで従来にない内容を積み重ねてきた和田猛虎(*^_^*)
いよいよ18日には、オリックスさん「との練習試合が控えます。
張り切っているのが登板予定の一人鉄腕 久保田君です。
ブルペンでは一球一球叫び声を上げながら剛球を投げ込んで、気持ちを前面に押し出し

ているとか・・・・若い投手たちを背中で引っ張っているようです。彼はもうベテランの
域なんですね。来春は雄叫び久保田君に変身でしょうか(*^_^*)


野手陣の方で鍛えられているのは、『和田監督初ノック』の相手、早出特守、タイム走トップ、
2日連続『打撃漬け』…何かと話題豊富な上本君でございます。
彼の一番の課題は守備である事を誰より自覚しているとか。確かに今季も昨季も守備の

ミスで試合に出られなくなった経験がありますが、小生は彼にはホームランを狙うなと言いたし!
この体格の選手が本塁打を打つとあと後ろくな事がおきませんから。
守備は徐々に上手くなっていくんじゃないかな〜ってね。
その他、秋山君はランニング中心のメニューにも関わらず体重を増やしてオーストラリアに
遠征するため早期切り上げ!

売り出し中田上君は罰ゲームを受けるなどなど(*^_^*)面白可笑しく厳しい秋季キャンプも
残りあとわずか!長所を伸ばすのが春季キャンプであるならば、欠点を直すのが秋季キャンプ
であると、上手いこと言うじゃないですか〜和田新監督様!

画像は本塁打を狙うな上本君でございます!




参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:上本 博紀内野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2011年10月10日


場所:東京ドーム



author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:06 | - | - |
▼ 拝啓アナフレ猛虎会メルマガご購読者の皆々様
[ 54メッセンジャー ]

“2011年阪神タイガース名勝負・名場面”

アナフレ猛虎会メルマガご購読者の皆々様、本日は名勝負名場面でも番外編を
お送りいたします。昨日の森田君の痛快な初打席初ホームランの出た翌日の
7月27日の甲子園です。
覚えていらっしゃるかたもいるでしょう。日本中を感動の渦に巻き込みました、
なでしこジャパンの二人、海堀選手と川澄選手が始球式に登場して盛り上がりました(*^_^*)

本日は番外編からスタートでした!

さて、本日の名勝負はこの試合です。2年目の助っ人外人メッセンジャー君が
今年は大活躍の一年でした。

投稿を振り返ります↓↓↓

■2011/8/6 試合結果
対ヤクルト 7回戦 京セラドーム

ヤ|000 000 001|1
神|210 010 02x|6

勝:メッセンジャー8勝2敗0S
敗:由規5勝4敗0S
ヤクルト:由規 - 赤川 - フェルナンデス - 松岡
阪神:メッセンジャー
─────────

“ブラボー完投勝利”

今年の猛虎の助っ人投手陣は最強です。先日月間MVPとなったスタンリッジ様しかり!

そして本日のブラボーメッセンジャー君しかり!
接戦を制し連敗を2で止めた猛虎!
本日はメッセンジャー様の独り舞台と思えるような素晴らしいマウンドでございました。


【中略】

アナフレ目線です☆☆☆
連勝で勝率5割復帰となった猛虎!その立役者こそ、このメッセンジャー君とスタンリッジ

両助っ人様ですね。昨年とはまったく別人のようなメッセンジャー君。特に2回に宮本選手を
見逃し三振に斬ったアウトコース低めのストレートは今年一番の球でした!(^^)!☆☆☆


この試合で遂に前半不調だった借金を取り戻して勝率を5割に戻した真弓猛虎。
この日のお立ち台は来日初完投勝利を挙げたメッセンジャー君でした。思えば昨年は
汗びっしょりのマウンドでとても完投型ではないな〜って思いましたが、今年はそんなシーン
すら感じさせず、気のせいか顔の血色まで良く、最後まで球威が衰えない別人のような

先発完投型投手に変身しました。

ナイスピッチング!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:ランディーメッセンジャー投手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2011年10月08日


場所:横浜スタジアム


author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:04 | - | - |
▼ 拝啓アナフレ猛虎会メルマガご購読者の皆々様
[ 森田 ]


“2011年阪神タイガース名勝負・名場面”

今年一番の痛快な名場面は・・・・小生はこのシーンを選んでみました(*^_^*)
このシンデレラボーイの衝撃デビュー戦を取り上げないわけにはいきません。
初打席で初本塁打!投稿を振り返ります↓↓↓

■2011/7/26 試合結果
対中日 10回戦 甲子園

中|001 110 000|3
神|100 020 02x|5

勝:小林宏1勝4敗0S
S:藤川3勝0敗20S
敗:ネルソン6勝7敗0S
HR:森田ツーラン1号、和田ソロ9号
中日:ネルソン - 三瀬 - 河原
阪神:能見 - 渡辺 - 榎田 - 小林宏 - 藤川
──────────
“ようこそシンデレラボーイ”

プロ入り初打席初ホームラン!ものすごいデビューですが、それ以上にライバル達も
大焦りでしょう。若虎達に脅威の育成枠上がりが出現です!(^^)!

【中略】

ここまでは完全に竜さんの勝利ペースで進んでいましたが・・・・しかしその直後にドラマが
待っていました。
男前藤井君がヒットで出塁すると、続く打者はプロ初打席、はじめまして森田君じゃないですか!
2球目を捉えた打球はレフトポール際に飛び込む同点ツーランホームラン!(^^)!
若虎の一振りで試合を振り出しに戻すと、流れは完全に猛虎へ!
8回裏、キャプテン鳥谷君のタイムリースリーベースヒット、俺が4番だ新井サンの犠牲フライで
勝ち越しに成功すると、牡丹餅大好き中継ぎ陣からダンディー小林君、そして今日は球が走って
いましたね〜守護神火の玉球児君がきっちり三者凡退で締めてゲームセット!

アナフレ目線です☆☆☆
代打森田一成のプロ入り初打席初ホームランで一気に同点!
本日は何よりもこのカンフル剤につきます。これで大人しい若虎陣のお尻に火を着けて

くれたんじゃないでしょうかね〜これぐらい目だっていいんですよ。猛虎の長い歴史の中で初打席
ホームランは森田君だけです!ナイスバッティング☆☆☆↑↑↑

小ブラゼルなんてユニークなニックネームまでついた森田君!和田新監督にこのキャンプでも激を
飛ばされていたようですね〜猛虎の生え抜き4番打者を目指して飛躍の来シーズンになってもらい
たいものです!(^^)!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:森田 一成内野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2011年08月02日


場所:東京ドーム


author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:01 | - | - |
▼ 猛虎秋季キャンプリポート2011
[ 新井 ]



“第3クールスタート”
日曜日の安芸タイガース球場で、キャンプ第3クールが始まりました。
ここまで走り込みや基礎的なトレーニングに終始し、ブルペンに入ったりは一切
していなかった小林宏君が、このキャンプ初めて屋外でのキャッチボールを行いました。

今季はフォームがバラバラになり、思ったところに投げられなかった悔しさを倍返しに

する決意でこのキャンプに臨んでいる小林君。昨年の日本一となったチームの
クローザーがどん底から立ち直れるか!今後のトレーニングに興味津々です。 

前半は中谷君の話題ばかりで他の若虎君何やってるの〜って感じでしたが、
この日は守備練習を行う森田君に大きな声で激を飛ばした和田新監督。
もう少しギラギラして向かって来い!とのメッセージが飛び出すということは、新監督も
若虎達にまだまだ手ごたえ不足を感じているのではないでしょうか・・・・監督の期待に
若虎達がどこまで応える事が出来るのか? キャンプも残り半分を切っています!

フロントでは、球児君が残留となり、焦点は新井サンに集中しています。残留交渉に
乗り出す猛虎フロント陣!当然ですね〜新井サンの次は鳥谷君と大物名が並びます。
さて、日本シリーズは本当に落合竜がまるでペナントレースを再現するかのように
らしさを出しながら2勝をしました。
一方では球界の盟主がうちわもめしております。大の大人があろうことか公然と。
この時期野球に集中できないチームはなんとみっともないことか。
プロ野球ファンは今日本シリーズを見ながら野球の醍醐味を堪能していますので、
どっかで勝手に揉めてなさいって感じですね〜

さて、その日本シリーズ第1戦で、これぞ落合采配というシーンを見ることができました。
和田監督にも是非肝に銘じて欲しいところです。
同点の場面で迎えた9回の裏ソフトバンクの攻撃です。簡単にツーアウトを取った竜さん
の若き中継ぎの浅尾投手。猛虎もこのピッチャーに苦しめられましたね(*^_^*)
しかし荒木選手の悪送球で二死二塁で一打サヨナラのピンチを迎えます。
ここでマウンドに行くのが落合監督。次の打者と勝負をするのかを確認にいきました。

結局敬遠策を選び、シリーズエンジンがかかっていない田村選手と勝負をして抑えました。
そして10回に勝ち越して見事先勝です。
このシーン、もし田村選手にサヨナラ打で負けても、監督の指示で負けたのだからと
選手にはまったく負い目がありません。ここが選手から絶対の信頼を得るための
落合監督の指導力ではないかな〜とつくづく感じました。
思えば、確かに選手に任せることも大切ですが、大一番だからこそ失敗したら監督の
責任だから思い切っていけ!
真弓監督はマウンドに行くことはありませんでした。岡田監督がマウンドに・・・・そういえば
行きましたね〜あの伝説の“滅茶苦茶やれ!俺が責任とる”伝説。結果久保田君が
開き直って大胆にインサイドを責めて、当時の竜さん4番ウッズ選手を三振に切った
シーンを思い出しました。そうです2005年優勝イヤーの名勝負でした。
バッテリーだけに任せず、もしあの時球児君に敬遠を選択させるような監督の決断が
あったら、クライマックスに負けることはなかったかもしれません。
今更タラレバですが、シリーズを見ながら思い出しました(*^_^*)

しかしこの日本シリーズはベイスターズ出身選手が活躍しているのが面白いですね〜(*^_^*)

だからこそ画像は猛虎の4番打者!FAは残留させねばなりません新井サンでございます!(^^)!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:新井 貴浩内野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2011年09月09日


場所:明治神宮球場



author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:00 | - | - |
▼ 拝啓アナフレ猛虎会メルマガご購読者の皆々様
[ スタンリッジ ]

“2011年阪神タイガース名勝負・名場面”
日本シリーズが始まった。そして初戦から竜さんが竜さんらしいという、いやいや、
落合監督らしい勝利で初戦を制した。なるほど、さすがだな〜という采配がうかが
えましたね〜後ほど述べさせていただきます。
本日の名場面は、月刊MVPを獲得した猛虎の助っ人スタンリッジ君です。

↓↓↓
■2011/7/18 試合結果
対広島 9回戦 マツダスタジアム

神|203 000 000|5
広|000 000 000|0

勝:スタンリッジ7勝2敗0S
敗:福井4勝6敗0S
阪神:スタンリッジ
広島:福井 - ジオ - 上野 - 青木 - 豊田
────────
“虎のエースは君だ”

いや〜今日のような試合をどうして横浜で・・・・なんて言ったら贅沢でしょうか(*^_^*)

9連戦のオールスター前の最終カード!一気に5割到達を狙う猛虎は、昨日の熱戦の
疲れを感じながらもマツダスタジアムに乗り込んできました。
そして虎の先発は中5日の赤ヘルキラースタンリッジ君でございます。
【中略】
5点とってもらえれば余裕じゃないですか〜スタンリッジ様!
見事に132球無失点の完封勝利で7勝目を獲得!チームは3連勝!借金も遂に1と
なりました (*^_^*)

アナフレ目線です☆☆☆
ブラボージェイソン君!素晴らしい力投を魅せてくれました。9回8安打を浴びながら
得点を許さない我慢のピッチング!今季2度目の完封でチーム単独トップの7勝目。
なんとそのうち3勝が赤ヘルさんからですから、相性の良さがうかがえますね。
5回以降は毎回得点圏に走者を置きながら、要所はキレある直球で締めました。
リードがたくさんがあったので、心配なく投げられたというコメントが投球内容の充実を
物語っていました。防御率も1・96とリーグ4位に浮上です。ナイスピッチング☆☆☆
↑↑↑

前月には1完封含む3勝0敗、防御率1.24の成績を挙げて、猛虎の外国人投手で初の
月間MVP賞に選ばれたジェイソン君。この7月も3勝0敗、防御率0.55の好成績で、
6月に続いて月間MVP賞受賞の快挙を成し遂げました!(^^)!
でもね〜その後調子を崩し8月以降は1勝しか挙げられなかったジェイソン君。
このスランプが無ければ燕さんを抜き去ったのではないかな〜なんてタラレバしている

小生でございました(*^_^*)


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:ジェイソン・スタンリッジ投手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2011年08月03日


場所:東京ドーム


author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:14 | - | - |
▼ 猛虎秋季キャンプリポート2011
[ 18球児 ]


“嬉しいじゃないですか”

今季国内FA権を取得した我らが球児君が球団と代理人交渉を行い、権利を行使せず
単年契約を結ぶ事になりました。自分の中で『FA宣言はしない』事は決めていたという
球児君。良かったですね〜生涯縦縞でいてもらいたい男ですから(*^_^*)
そしてやはり日本シリーズで胴上げ投手になってもらいたいからです。

さて、本日も公式サイトから秋季キャンプ情報を!

昼前から雨が降ったり止んだりとなった高知・安芸にて今キャンプ2回目のシート打撃が
行われました。
登板投手は蕭君、白仁田君、安藤君、久保田君です。そしてこの秋季キャンプで売り出し
中の高卒ルーキーの中谷将大が、安藤君から左中間へ見事なホームランを放ち、ますます
赤丸急上昇だとか・・・・この一撃には和田監督もご満悦の表情だったそうですね〜(*^_^*)

これは来春のキャンプでお目にかかれるのが楽しみでございます!
又、2008年ドラフト一位ルーキー蕭君は打者14人に44球を投げて安打性の当たり4本に

抑える好投を魅せましたが、2四球を出すなど課題も残りました。なにやらチェンジアップの
精度を上げることが課題だそうな。真っすぐは走っているようですね。来季は大ブレークの
予感です。
そして我も負けじと打者14人に48球を投げて安打性3本に抑えたのが同じく2007年ドラフト
一位ルーキーの白仁田君です。ネット上の画像を見ても、まだまだ線の細さは代わり映え
しませんが、腕の長さは天性ですからね。同じく来季にブレークして欲しい若虎右腕といえる
でしょう(*^_^*)

サブグラウンドでは投手陣がティー打撃に取り組みました。
このクールでは、投手陣のフリー打撃も組まれているのも異例なことだそうです。
そんななかで高校時代は甲子園でも打ちまくっていたのが2009年ドラフト4位ルーキーの

秋山君です。
彼はバッティングも大好きなそうな(*^_^*)打撃もイイ投手になりたいと前向きに取り組んで
いました。

今週末からいよいよ日本シリーズが始まります。やはりシリーズ初顔合わせとなるのかな〜
竜鷹対決には興味がありますね。ともに猛虎に因縁のあるチームなだけに、今のタイガースに
足りない部分を垣間見ることができそうなシリーズですよ〜和田新監督様(*^_^*)




画像は嬉しいじゃないですか!我らが球児君でした!(^^)!



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:藤川 球児投手



撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2011年10月08日


場所:横浜スタジアム



author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:02 | - | - |
▼ 拝啓アナフレ猛虎会メルマガご購読者の皆々様
[ マートン ]

“2011年阪神タイガース名勝負・名場面”

今や日本を代表するエースピッチャーダルビッシュ投手。
今シーズンの成績を見てもずば抜けています。
5年連続開幕投手。史上129人目となる通算1000奪三振を達成。
そして本日の名勝負に挙げていただきました。6月15日の対阪神戦で
3回裏2死3塁の場面まで、打者の新井サンに投じた3球目が高く浮いて
暴投となり、この間に3塁走者のマートン君が本塁に生還し、この失点で
連続無失点記録がプロ野球歴代11位の46回2/3でストップしました。
今シーズンは自己最高の232イニングを投げ、自己最高の防御率1.44、
自己最多の18勝、WHIPは先発投手の中で最小の0.83、1993年に
野茂英雄氏が記録して以来のシーズン250奪三振、球界初の5年連続
防御率1点台を記録した。
彼の凄さは速球だけでも充分通用するのに、七色どころではなく複数の
球腫を投げる恐ろしさでしょう最速156km/hの速球(フォーシーム、
ツーシーム(シュート)、ワンシーム)と数種類のスライダー、球速の違う
数種類のカーブ、カットボール、チェンジアップ、フォークボールと、
解説者も投げた球種を判別できないほどの魔術のような投球です。
そんな大投手に対して、猛虎が金星を挙げた名勝負でございました。↓↓↓

■2011/6/15 試合結果
対日ハム 4回戦 甲子園

日|000 001 000|1
神|001 000 10x|2

勝:榎田2勝2敗0S
S:藤川1勝0敗13S
敗:ダルビッシュ8勝2敗0S
日ハム:ダルビッシュ
阪神:メッセンジャー - 榎田 - 小林宏 - 藤川
───────────
“雨降って地固まる”

ここにきて、やっとチームが上昇してきましたね。素晴らしい勝利。
本日は年間最高試合候補となる1勝になりました(*^_^*)
【中略】
アナフレ目線です☆☆☆
兄貴金本様やスマイリー久保君、そしてムードメーカー城島君の離脱と
不安なニュースが飛び交う交流戦でしたが、梅雨空の下スーパーサブ達が
しっかり戦ってくれています。
スタメンマスクを被る藤井君のインサイドワーク!そして平野君を中堅に
回しても、名人賢太郎君が打席に立てば勝負強さを発揮!小林宏君が
パ・リーグの打者と対戦を重ねていくうちに、自分のピッチングに自信を
取り戻してきました。マートン君が当たり始めると、チームをグイグイ牽引
していきます。ここにきてやっとチーム状態が良くなってきました(*^_^*)
いよいよ反撃開始です☆☆☆↑↑↑
この日の画像はエースダルビッシュ投手から勝ち越しのタイムリーの
マートン君でした。
思えば開幕から打撃フォーム改造で大部分の解説者が反論をしていましたが、
この試合から以降徐々に打率を挙げていきました。
最終的には首位打者を最後まで争ったマートン君。
ある意味彼の意志の強さ、頑固さを感じた名場面・名勝負でありました!(^^)!



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:マット・マートン外野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2011年07月17日


場所:横浜スタジアム


author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:02 | - | - |
▼ 猛虎秋季キャンプリポート2011
[ ]

“新参謀に期待する”
和田猛虎を支える新参謀・有田ヘッドコーチが合流しました。
解説者として常に猛虎ナインを見つめながらエールを送ってきてくれました新コーチに

我等虎党の期待が高まる。捕手出身というだけでなく、縦縞だけではなく複数球団で
マスクを被られた経験をどのように猛虎ナインに植え付けてくれるかが楽しみですね
(*^_^*)

ブルペンでは早々小嶋君の投球を右打席に立って確かめると、おもむろにマウンドへ
向かって行って耳元でアドバイス、次の瞬間 たちまち速球が唸りをあげて内角をえぐり
始めたとか・・・これも名捕手として鳴らした投手操縦術の一端がチラリと見えた一面

かもしれません。
おなじく藤原君にも声をかけ、一瞬にして課題球を指摘。2年目左腕の心を瞬間に
掴んでしまったようです。
メイン球場でも良太新井君に的確なバントのアドバイスをするなど抜群の行動力ぶり。

新参謀の頼もしいデビューとなりました。

又、あらたに鄭君と二神君の2投手が合流。和田監督の指名で召集された二神君は、
藪、中西両コーチのお墨付き!これを機に来春の沖縄キャンプは一軍合流を目指します。

ルーキー時には福原二世とまで言われていた速球が思い出されますね(*^_^*)

一方、台湾代表として米メジャー選抜との親善試合に出場するため母国に一時帰国して

いたのが鄭君。来季は外国人枠の壁を破れるか!かなりハードルの高いハイレベルな
投手枠になりそうです。

野手では昨シーズンから縦縞入りの黒瀬君と上本君が異例の早出特守を敢行。
久慈内野守備走塁コーチがこの二人は鍛えるつもりで臨んでいたようですね〜
来季から三塁コーチに昇格予定も噂される久慈コーチも自然と指導に熱が入って
いるのでしょうか(*^_^*)

画像は親善試合帰りの鄭君です。今シーズンはわずか3試合の登板で1勝のみという
成績がもったいないですね。
けっこう切れのあるボールを投げていたと記憶します。また貴重なサイドスローという

点でも飛躍が期待できます。後日のかく勝てりでも投稿させていただきます!(^^)!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:鄭 凱文投手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2011年07月15日


場所:横浜スタジアム



author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:07 | - | - |
▼ 拝啓アナフレ猛虎会メルマガご購読者の皆々様
[ 21岩田 ]


“2011年阪神タイガース名勝負・名場面”

先日、猛虎の元エースでメジャーで結果を出せなかった井川君の獲得調査に
とある球団が乗り出している情報がありました。あの雄姿が日本球界で再び
見れそうですね(*^_^*)
しかし、古巣である和田猛虎は獲得に名乗り出てはいません。
どうやら縦縞復活とはいきそうもありません。その理由は、猛虎には計算できる
左腕の二枚看板投手がいるからでしょう。

本日の名場面は、この男の復活勝利でございます。

投稿を振り返ります↓↓↓

■2011/5/5 試合結果
対巨人 6回戦 東京ドーム
神|000 011 000|2
巨|000 100 000|1

勝:岩田1勝3敗0S
S:藤川1勝0敗5S
敗:澤村1勝2敗0S
HR:城島ソロ2号、ラミレス ソロ6号
阪神:岩田 - 小林宏 - 藤川
巨人:澤村 - 高木 - アルバラデホ - 越智 - 西村
─────────

“大きな大きな涙の1勝”

読売巨人軍小笠原選手2,000本安打達成おめでとうございます。

岩田復活!涙の勝利 
スポーツ紙の一面かな〜!(^^)!

東京ドームでの第3戦に生観戦してまいりました。
伝統の一戦に相応しい素晴らしい試合です。
虎の先発はガンちゃん岩田君、そして巨人の先発は六十数年振りに
巨人ホームグランドのマウンドに戻ってきた澤村投手です。
前回の甲子園決戦と同じ顔合わせとなった両投手の投げ合いは、見ごたえのある
投手戦となりました。

【中略】

アナフレ目線です☆☆☆
年間ベスト試合10傑候補の素晴らしい試合でした。投げも投げたり澤村投手。
そしてガンちゃんは背水の陣で粘りある投球を魅せます。
そして打線も応えました。小笠原選手を影ながら尊敬する平野君がエールを送る
4安打猛打賞!
わずかな失投を見逃さなかった二本のホームランが勝敗を分けました。
2,000本安打を放った小笠原選手も天晴れですが、打たれた小林宏も、
自分の背丈以上に高い打球を絶対打たせない、徹底した低めを投げ込むのが
彼の持ち味です。
1点を皆で守りとおした猛虎ナイン!伝統の一戦に相応しい好ゲームに酔いしれた
幸せ者の小生です☆☆☆
↑↑↑

この日のヒーインで思わず男泣きのガンちゃん!画像は力投の当日マウンドでした!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:岩田 稔投手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2011年05月05日


場所:東京ドーム


author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:04 | - | - |
▼ 猛虎秋季キャンプリポート2011
[ 久保田 ]

“第一クール終了”
どうやらみっちり鍛えるキャンプのようですね〜離脱者が出ようがなんのその・・・
第1クール最終日となった日曜日も、安芸はすっきりしない空模様でしたが
時折雨が降るコンディションの中、シート打撃には安藤君、久保田君、上園君らが
登板しました。
ブルペンでは、和田監督が自ら打席に立って白仁田君の投球をチェック。
104球を投げ込んだ白仁田君の首脳陣の評価は上々のようです。

又、話題をよんだのが9年ぶりに復活した罰走です。なにやら球場から宿舎まで
およそ13キロを走って帰らされたのは、4年目の長距離砲として期待の森田君と
高卒2年目の捕手・原口君です。

“発端”は今キャンプ初のシート打撃でのこと。
全員が4打席ずつ、走者を置きながらのケースバッティング。
通常はコーチが走者を設定し、サインを出すのだが…。和田システムは自分で
サインを選択させる。走者をどこに置くか、どう打つか。各自に任せる完全自己
責任制は、1軍で戦うための準備を磨くため。
森田君原口君は、進塁打を申告した場面で、投ゴロ、三振に倒れた。
そしてシート後、片岡打撃コーチからご通達(*^_^*)

なんとこの2002年2月16日に当時の星野監督が、紅白戦で負けた白組を宿舎まで
走らせたそうな・・・・歯を食いしばって海沿いを駆けたメンバーの中には、当時
FA移籍1年目の片岡コーチもいたんですね。

およそ1時間半かけ、宿舎に戻った森田君と原口君でした(*^_^*)
しかし成果は確実に出ている。計52打席で、失敗はこの2回だけ。若虎たちは、
必死に進塁打を打ち続けた。

このような厳しい練習で早々に離脱者も続出。西村君と筒井君が故障のため
離脱しました。
西村君は左すねの疲労骨折が判明し、筒井君は左足首の痛みを訴えての帰阪。
ふ〜んまだ第一クールで疲れが溜まる時期でもないのにな〜って感じですけどね。
若虎に足りないものは、基礎体力なのでしょうか。

そんな最中に、先ほどの罰走の二人ではありませんが、あえて宿舎まで志願の
ランニングをして帰った男がいます。

シート打撃に登板し、打者13人に4安打。
もう少し投げたいといってブルペンで58球を投げた後にさらにランニングで宿舎まで。

タフネスぶりを発揮したのが本日の画像!鉄腕久保田君でございます(*^_^*)
さすがはシーズン最多登板記録を達成した男ですね!復活が期待されます。


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:久保田 智之投手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2011年06月12日


場所:西武ドーム



author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:03 | - | - |
▼ 拝啓アナフレ猛虎会メルマガご購読者の皆々様
[ ブラゼル ]

“2011年阪神タイガース名勝負・名場面”

今年のプロ野球で物議を交わしたのが統一球問題でしょう。そして各球団の
波居る強打者がスランプに陥りました。猛虎の新井サンしかり、大砲ブラゼル君
しかり、今年の猛虎打線は昨年の本塁打数の半分以下・・・・それでも強打を
誇ったのが西武ライオンズの中村選手。昨年の反発球だったらいったい何本
ホームランを打ったのでしょうか(*^_^*)

さて、そんな飛ばないボールシーズンでも、猛虎打線の痛快な名場面がありました。
今シーズンの東京ドームでの伝統の一戦第一ラウンドです。

投稿を振り返ります。↓↓↓

■2011/5/3 試合結果
対巨人 4回戦 東京ドーム

神|014 010 010|7
巨|001 000 002|3

勝:能見2勝1敗0S
敗:東野1勝2敗0S
HR:金本ソロ1号、鳥谷ツーラン1号、新井貴ソロ4号、ブラゼル ソロ1号、
東野ソロ1号、坂本ソロ3号
阪神:能見
巨人:東野 - 高木 - アルバラデホ
─────────
“今年の虎の本当の強さ”

出ました!伝説のクリーンナップ3連発!
こんな見出しですかね〜スポーツ紙一面は!(^^)!
待ちに待った東京ドーム決戦に出陣してまいりました。
【中略】
2回表の攻撃、兄貴金本様がライナーでライトスタンドに運ぶ今季第1号ホームラン。
43歳のホームラン記録を樹立すると、3回表には1塁に走者を置いた場面でキャプテン
鳥谷君も今季第1号ホームラン!これは伝統の乱打線の予感が・・・・
続く新井サンにも第4号ソロホームランが飛び出すと、脳裏に浮かぶは3連発ですが、
バッターボックスに入ったのは未だ一発のない絶不調ブラゼル君です。
しかし出ましたな〜巨人の外野手が一歩も動かない今季第1号が飛び出し、1985年の
バース・掛布・岡田を思わせるクリーンアップ3連発で序盤から突き放す試合となりました。
【中略】
東京ドームは怖い!ただ統一球症候群でなかなか一発が出なかった猛虎打線に
とっては応急手当となったかもしれません。
↑↑↑

こんな試合を生観戦の小生でしたが、まさか以降の試合で猛虎打線から快音?が
消えてしまうとは・・・・でも不思議ですね。本塁打数こそ激減ですが、チーム打率は

リーグトップ!いかに残塁が多かったのか、または、一点を獲ることに、ミスが多かった

のか〜または粘れず逆転されてしまったのか。
そして和田新監督はあの85年のダイナマイト打線復活構想をおもちなのでしょうか・・・

ともあれ、この日の画像は先発の能見君でした。あの伝説の故小林繁氏に並ぶ巨人戦
8連勝を達成しました!

本日の画像は、3連発を放った直後にダイヤモンドを一周する大砲ブラゼル君です(*^_^*)



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:クレイグ・ブラゼル内野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2011年05月03日


場所:東京ドーム


author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:09 | - | - |
▼ 拝啓アナフレ猛虎会メルマガご購読者の皆々様
[ 金本 ]

“2011年阪神タイガース名勝負名場面”

今年ほどこの男にとって悔しいシーズンはなかったのでしょうか。
ここまで自分の体が思うように動かず、長期にわたってセーブを
余議なくされた一年でしょう。
本日の名場面は、真弓監督の鬼采配に対して終始笑顔を絶やさな
かった偉大な鉄人の名場面です。

投稿を振り返ります。

■2011/4/15 試合結果  対中日 1回戦 ナゴヤドーム

神|003 200 000|5
中|000 030 001|4

勝:久保1勝0敗0S
S:藤川0勝0敗3S
敗:朝倉0勝1敗0S
HR:林ソロ1号、俊介ソロ1号、福田ソロ2号
阪神:久保 - 渡辺 - 久保田 - 小林宏 - 藤川
中日:朝倉 - 小林正 - 川井 - 鈴木 - 三瀬 - 河原 - 平井
────────

“記録よりも勝利優先”

【中略】

そして勝負に徹する鬼采配が8回に起こりました。
代打で出場した兄貴でしたが、盗塁を試みた俊介君がタッチアウトとなりチェンジ。
アウト及び出塁することなく打席を終えた兄貴は、このまま守備にもつかないため、
プロ野球歴代2位の記録である連続試合出場が1766試合でストップする形となり
ました。
その後小林宏君がしっかり竜打線を三者凡退で片付け、
9回には火の玉球児君がホームランを浴び1点を失うものの、
最後の打者を空振り三振で締めナゴヤドーム3連戦の初戦を白星スタート。
アナフレ目線です☆☆☆
このカードで負け越せば、又一年間苦手意識を持って戦うことになるやも
しれなかった猛虎!
個人の記録よりも、大切な一勝を選択した真弓采配を支持いたします。☆☆☆

気にするなよ俊介君!確かにこの後守備に付けば大記録は継続となりましたが、
おそらく真弓監督はこのように自然な形で、又は常識的な采配で兄貴の功績を
称えながらの決断であったような気もします。
彼も記録のために目を瞑られているようなチーム状態でもなかったことも重々
承知していたはずです。ベンチに戻った兄貴は終始笑顔を絶やさず、
フィールド上のナインを見守っていました。
大記録が途切れた瞬間でしたが、忘れられない名場面でした!(^^)!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:金本 知憲外野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2011年07月15日


場所:横浜スタジアム


頑張れ阪神タイガース



author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:05 | - | - |
▼ 秋季キャンプリポート2011
[ 68俊介 ]

“大変なキャンプ”
当たり前かもしれないが、新監督の話題がマスコミを賑わしています。
監督が掲げるテーマは変化!大変でした。
これは大きく変わるということだと・・・
大変キャンプ!こんなキャッチフレーズでスタートした猛虎秋季キャンプ
リポート2011!
まずはじめに新監督が目に付けたのがこの男でした。打撃向上が課題の
俊介君です。
日替わりの強化選手に指名され、約4時間ほぼぶっ続けでフリー打撃などで
打ち続けた俊介君。4時間打ちっぱなしってのは凄いですね〜(*^_^*)
初日から異例の練習メニューを課し、早くも和田豊新監督イズム全開となった
模様です。

実戦を想定したバントゲームには、恩返し鶴君と藤原君が登板。
両投手のフィールディングと牽制に打者・走者が手こずり、野手陣に『罰走』が
課せられました。

その後ブルペンに足を運んだ和田新監督。若竹君と横山君の球筋などを
ノックバット片手に打席で確認。「ナイスボール!」と声をかけたり、横山君の
好球には空振りのパフォーマンスを見せるなど、ムード作りもしていたとか!(^^)!

また、恒例の坂道ダッシュは予定を変更してファンの目の前で行われ、選手達は
大きな声援を受けながら厳しいメニューをこなしていました。

え〜いいですね〜(*^_^*)安芸にこれからでも行きたくなるよな〜羨ましいかぎり
じゃないですか。

本日の画像は、打つべし、打つべし、打つべし! 和田イズム全開の大変キャンプの
代名詞となりました!(^^)!
午後から約4時間打ちっ放しで汗と泥にまみれた。手にマメができ、破れても、
フラフラになってもボールを打ち続けた俊介君です。
まあこの時期はある意味体が壊れても次の日に試合があるわけでもありません。
沖縄宜野座キャンプでは開幕に影響が出るのである程度はセーブしてのキャンプですが、

この秋季キャンプは倒れるまで練習して一年間を締めくくるキャンプなのかもしれませんね〜

頑張れ若虎!



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:俊介外野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2011年09月09日


場所:明治神宮球場



author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:27 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり580
[ 小林宏 ]


“秋季キャンプスタート”

高知県安芸市で秋季キャンプがスタートしました。

いよいよ和田新監督の船出ですね。
生憎の雨模様でしたが、あっという間だったと振り返っていたとか。
昨年までは常に打撃ゲージの後ろで若虎野手陣の打撃フォームチェックを
していた和田監督。居心地イイのでしょうが、監督となれば、そこばかりには
居られません。
なるべく他のところへ行こうとした結果、行きついたのはやはりブルペンだったとか。


これまで滅多に行かなかったブルペンの印象はかなり強烈だったようで、
何を思いきや若虎投手陣に対して、こんなに素晴らしい投手がいるではないかと
関心していました。特に秋山君、鶴君、白仁田君の3人には思わず舌を巻いたとか・・・・
でもね〜和田新監督様!昔からプロ野球界にはブルペンエースというのがおるんです。

この3人とはいいませんが、ブルペンでは良くても実践マウンドでは力を発揮できない

投手がとにかく多いことか!それをしっかり見抜いて行かねばなりませんぞ〜
これからは!(^^)!

このキャンプには鉄腕久保田君、ダンディー小林宏君ら再生を賭けるベテラン陣も
参加しています!歓迎セレモニーでは選手を代表して監督らと花束を受け取ったのが
復活をかける安藤君が、初日から151球の投げ込みを行ったとか・・・・おいおい
無理するなよ〜って心配してしまいますね(*^_^*)

そんな各選手の熱い思いが伝わってきた秋季キャンプ初日でございます。

新監督は早速“変化”をモットーに挙げています。

このキャンプを機に、大きく飛躍する縦縞選手が何人いりのか!

画像は今季本当にスランプに苦しんだ男!小林宏君です。
トリプルKと大いに期待されていただけに、久保田君とともにもう後がありません。
背水の陣のKKコンビの復活を期待しているのは、我等虎党だけではなく、
和田新監督でありましょう。



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:小林 宏投手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2011年08 月03日


場所:東京ドーム



author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:05 | - | - |
▼ 拝啓アナフレ猛虎会メルマガご購読者の皆々様
[ 新井 ]

“2011年阪神タイガース名勝負名場面”

世はクライマックスファイナルで盛り上がっています。
そして日本史リーズ、アジア選手権でしたかな〜今年のプロ野球は終わりに
近づいていますね。そして猛虎もいよいよ秋季キャンプに突入。和田新監督の
采配や選手エピソードを取り上げながら、メルマガを送信させていただきます。

遅ればせながら、アナフレ猛虎会メルマガご購読者の皆々様!
今年もこの時期はキャンプリポートと併用しながら、2011年阪神タイガース
名勝負・名場面をワンパターンで恐縮ですがお送りいたします。
今年はどうしようか〜と迷いましたが、あらためて小生のパソコンに記録された
猛虎の全試合のダイジェスト版を整理していくと、例年になく機会こそ少ない
ですが名勝負・名場面がありました。独断と偏見ではありますが、小生が
選ばせていただきました名勝負・名場面!まずはじめはこのシーンでございます。

2011年4月2日 横浜スタジアム チャリーティーマッチ

“野球には人を元気にする力があるとファンに教えられることがある。

そういう力があることを信じ、プロとして精いっぱいのプレーをみせたい”


晴天の横浜スタジアムに、新井選手会会長の力強いスピーチがコダマしました!

震災で揺れたプロ野球界!毎年楽しみにしていたオープン戦も、関東の球場は
全て中止となり、予定されていました神宮球場での開幕カードも延期。開幕日程が
ずれ込み、4月2日 から予定されていた横浜戦も中止かな〜と思いきや、
プロ野球界が素晴らしい企画を考えてくれました。

12球団チャリティーマッチの開催!

関東の虎党は今年の縦縞初見参となりました!(^^)!

真弓監督はこの日に開幕オーダーをアレンジのファンサービス。 兄貴金本様や
城島君も元気な姿を魅せてくれました。そしてこの日誰よりも熱い声援を
両チームから受けていたのがこの男!今や縦縞代表選手ではなく、プロ野球の
顔となった新井選手会長です!(^^)!

2011年一発目の名場面は、このチャリティーマッチの新井サン他猛虎ナインで
ございました!(^^)!



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:新井 貴浩内野手(右)


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2011年04月02日


場所:横浜スタジアム


頑張れ阪神タイガース



author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:44 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり579
[ 16安藤 ]

“秋季キャンプにむけて”

11月3日(木)から高知県安芸市にて実施する秋季キャンプの
参加メンバーが発表となりました。

以下公式サイトからです。

秋季キャンプ参加メンバー

監督・コーチ (11名)
和田、有田、藪、山口、片岡、高橋、山脇、久慈、関川、吉田、伊藤

投手 (15名)
榎田、藤原、安藤、蕭、筒井、秋山、小嶋、久保田、小林宏、西村、
鶴、上園、若竹、白仁田、横山

捕手 (4名)
小宮山、清水、原口、中谷

内野手 (6名)
大和、上本、荒木、黒瀬、森田、藤井宏

外野手 (3名)
柴田、俊介、田上

日程は11月3日(木)〜11月21日(月)まで
休日は11月7日(月)、12日(土)、17日(木)

外野手が3名しかいないのが気になりますが、この3人は来季の
戦力確実かな〜
そして投手中心のキャンプの様相の中、復活をかけたベテランが
3人いますね〜
安藤君、小林宏君、久保田君です。この3人は本当に虎党の期待に
応えられませんでした。
真弓前監督の構想から完全に外れてしまい、Bクラスに低迷した要因の
一つであることも間違いありません。

本日の画像はエールを送る意味で!
おそらく来季復活できなければ、縦縞に別れを告げる覚悟でいるでしょう!
開幕投手経験者の安藤君です!(^^)!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:安藤 優也投手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2011年06 月12日


場所:西武ドーム



author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:06 | - | - |
▼ 猛虎かく勝てり578
[ 集合画像 ]

“和田内閣発足”
2012年度の1軍スタッフ及びファーム監督が決まりました!


2012年度 阪神タイガース 監督・コーチ

一軍

監督86 和田 豊 49<1軍打撃コーチより>

ヘッドコーチ77 有田修三 60<解説者より>

投手コーチ80 藪 恵壹 43<ファームより>

投手コーチ85山口高志 61

打撃コーチ88 片岡篤史 42

打撃コーチ75 高橋光信 36<ファームより>

守備走塁総合コーチ89 山脇光治 49

内野守備走塁コーチ92 久慈照嘉 42

外野守備走塁コーチ78 関川浩一 42<楽天より>

バッテリーコーチ81 吉田康夫 50

トレーニングコーチ91 伊藤敦規 48

ファーム監督74 吉竹春樹 50

やはり注目は新たに招聘されました、有田氏と関川氏でしょう。
有田氏は解説者という立場で常に虎を応援してくれていました。
捕手出身であることから、若虎捕手の育成が期待されます。
現役時代は梨田氏と二人で正捕手を争い、守りのリードの梨田氏に対して、
強気のリードで有梨コンビとなり、他チームから恐れられました。
どちらかと言えば城島君タイプの捕手だったのでしょう。
そして関川氏は現役時代に縦縞からトレードで中日に行ってから
開花したことも懐かしいですね。ファイトあるプレーでファンを魅了してくれました。

猛虎の中堅手の育成にぴったりのコーチの誕生です。

その他ファームコーチに湯船氏の名前も上がっているようです。
真弓新内閣発足!そしていよいよ秋季キャンプがスタートです!(^^)!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:猛虎ナイン


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2011年04月3日

場所:横浜スタジアム


author : 頑張れ阪神タイガース☆ | 07:11 | - | - |


皆様こんにちは。ご訪問いただき有難うございます。 アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』と申します。 (*^^)v野球経験のない素人の球場観戦の独り言にお付き合いください。 有料又は無料のメールマガジンにてアナフレの独り言をお楽しみくださいませ。まぐまぐ!マイメルマは無料メールマガジンです。 又皆様からの観戦リポートやご意見ご感想も歓迎いたします。メールフォームにてお気軽にお声がけくださいませ。
メルマガ購読・解除
 
メルマガ登録・解除
アナフレ猛虎会
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

アクセスカウンター

過払い

外汇
携帯 中古外汇


阪神タイガースおっかけマップ (2005)
阪神タイガースおっかけマップ (2005)

阪神タイガースを語るには何がなくてもまず甲子園球場。大歓声でマンモススタンドが揺れ、ラッキーセブンのジェット風船は夜空が隠れてしまうほど舞い上がる。みなさん人生そのものをタイガースにかけているのだ。甲子園球場はもちろん、その周辺のこと=甲子園の街並みを知っていただきたい。野球とともに歩む姿を。またたくさんの楽しい、うれしいお店がいっぱいある。タイガースOBのお店や、ナインご贔屓のスポット、ファンが集うショップ。・・・・いえいえ甲子園だけではありませんぞ。おとなり尼崎も、芦屋も神戸、大阪も・・・・関西圏をくまなく知っていただこう。もちろん関東の情報も掲載!
野村ノート
野村ノート

ところが、以外な選手に感謝されているということもある。その代表的なのが桧山である。阪神時代、桧山に対しては叱ったことはあっても、野球はこうだ、人生はこうだと懇切丁寧に指導した記憶がない。・・・・平成15年、確か優勝した翌日の新聞だったと思うが、彼のインタビューに目を通し驚いたことがある。「野村さんが阪神の監督だったときは、いっていることがよく理解できなかったんですが、今になってやっとわかってきました」・・・・・桧山のように思ってもみなかった選手から感謝を受けるのも指導者冥利に尽きる。  それにしても人生はまさに一期一会だなあと思う。赤星、藤本は阪神のドラフトリストに名前はなかった。赤星はアマからのキャンプ参加、藤本は社会人選手権大会の観戦に行って、遊撃手を探していたときに目に留まった選手である。・・・・私との縁を大切にし、「考えないよりは考えるほうがいい」「知らないより知っていたほうがいい」と私にいわれ、「なるほどそうだな」と思い、ノートをこまめに取り、そのノートを保存し何度も読み返す。こうしたちょっとの差が、いざ自分が指導する立場になったときに活き、あるいはコーチや監督という地位を得るためのチャンスとなる。逆に出会いや縁を無駄にしてしまう選手は、将来の可能性まで狭めてしまうのである。
猛虎の70年
猛虎の70年

第1章阪神タイガースとは何か・・・・おそらくクソ度胸という点では球界ナンバー1の星野仙一の背中にスーッと寒気が走ったのは、彼が阪神の監督になってすぐのことだった。・・・いや、「恐怖」すら感じたという。それは阪神ファンが試合に感動し、勝利の歌を大合唱し、それが終わると球場の外へ出て、ゾロゾロと甲子園駅に帰るのではなく、球場近くの広場に何千人と集まり、そこでも「六甲颪」の大合唱をやるのだ。ファンはやがて甲子園の駅に移動する。この甲子園駅でもまたも「六甲颪」の大合唱となる。それでも終わらない。阪神電車に乗り込んだファンはそのまま梅田の駅で降りて、その梅田駅コンコースでまたまた「六甲颪」の大合唱である。これが深夜まで続くのだ。「お前ら、あれが聞こえるか?俺達はあの熱狂的なファンに対する責任があるんだ。もしあのファンを裏切ったら・・・・俺はどうなるか知らんゾ」・・・・「俺は勝ちたいんや!そのためにはどうするんや?俺はファンに喜んでもらいたいんや・・・・・」なんとも野暮なセリフである。だがかつて阪神の監督としてこんな直接的な言葉を発した指揮官はいなかった。少年のように「勝ちたいんや!」と絶叫する星野仙一。監督室まで聞こえてくる大合唱、そして海鳴りのようなファンの”鼓動”が星野仙一をギリギリまで追い詰めていったのである。そこには「日本一わがままで、日本一熱心で、日本一我慢強い」と星野が評したファンの姿があった。
巨人軍かく勝てり―V9達成の秘密
巨人軍かく勝てり―V9達成の秘密

チームプレーとは「チームワーク」=「人の和」よりさらに深い考え方で、“人間集団におけるモラルから、グランド上のプレーに至るまで、あらゆる人間行動を網羅した広い考え方”といってよいと思う。
簡単な具体例をあげよう。
いまここで二人の人間がキャッチボールを始めるとする。ボールを握って投げる側は、次のように考える「相手が取りやすいところへとりやすいスピードで投げてやろう。投げ返す時のことも考えて胸元へ投げてやろう」そう考えて投げる。
一方受ける側はどうか。相手がそう考えて投げてもミスすることがある。だから相手の気持ちを察して、「万一とりにくいボールがきても、何とか受けてミスを未然に防いでやろう」この二人の「思いやり」がチームプレーの根本精神である。
 このちいいさな「思いやり」は、やがて「自分の義務と役割を完全に履行」することに広がり、チームのために「自己犠牲」をいとわず、「助け合い」、そしてチーム全員に「感謝」するところにまで高められていく。
巨人軍論 ――組織とは、人間とは、伝統とは
巨人軍論 ――組織とは、人間とは、伝統とは

チームの要だったON
『チームを預かることになったとき、いつも私が手本としてきたのは川上哲治監督であり、川上監督が率いたV9時代の巨人というチームであった。それではV9巨人のどこが素晴らしかったのだろうか。まずはなんといっても王貞治と長嶋茂雄、すなわちONの存在をあげないわけにいかない。ONは長らく巨人の3番4番に座り続け常にチームの中心であり続けた。ただし私がこの二人を高く評価するのは、彼らが記録や数字を残したからという理由ではない。彼らが中心選手としての役割と責任をまっとうしていたという事実が大きいのである。私は「中心選手はチームの鏡でなければならない」と述べたが、王と長嶋は、まさしくそうであった。他の選手の模範であり続けたのである。そこが凡百の「四番」とONのちがうところなのである。

…その意味で、私は阪神の金本知憲を高く「評価」している。現在の球界で真の「四番」といえるのは彼くらいだろう。彼は少々の故障くらいでは試合を休まない。チームへの忠誠心も高い。金本が移籍してきてから、阪神の選手の意識が明らかに変わった…金本の野球に取り組む態度を見れば、まわりの選手も自然と「このままではいけない」と感じるようになる。また若手選手が直接叱るより先輩が叱ったほうが叱られた若手のショックは少ない。ここ数年の阪神の躍進には、この金本の存在が大きく寄与している』

ドジャースの戦法
ドジャースの戦法

『投手は自分の左側に球を打たれたらすぐさま一塁に向かってスタートする習慣をつけなければならなぬ。ゴロであろうとライナーであろうと変わりはない。直ちに一塁に突進せよ。適当な時に投手がマウンドを離れなかったためにゲームを失ったためしは多い。打球が左側にきたら、投手は真っ直ぐに一塁にスタートし、塁に近付いたらスピードを緩め、右足を塁に触れて、一塁手からの投球を待ち受ける。球を受け取ったら走者との衝突をふせぐために、ファウルラインの内側を二、三歩走り続けるが、この場合もし他の塁にも走者がいたら、投手はできるだけ早くとどまり、必要に応じて他の塁に投球する用意をせねばならない。
走者の足が遅いか、又は他の理由で投手がゆっくり一塁に間に合った時には、塁上で止まって、こちらに投球しようとしている野手の方に向き直り、一塁手のような身のこなしで、体をのばしたり、どちらかの側へ動いたりして、一塁手の代わりをつとめなければならぬ。』
背番号三桁―「僕達も胴上げに参加していいんですか?」
背番号三桁―「僕達も胴上げに参加していいんですか?」

「アホか、みんないいから出ろ!お前たちも行け!」優勝が決まった瞬間、ベンチから選手が一斉に飛び出した。星野はすぐさま裏方に対して叫んだ。
「尾張メモ」の全貌―情報は盗んで活かせ
「尾張メモ」の全貌―情報は盗んで活かせ

虚像がユニフォームを着ている

広岡監督殿

巨人偵察記・巨人の実像・私が過去三十年、対巨人と戦ってきた印象からみると、最低の巨人といっても過言ではない。人気という点では昔と雲泥の差があっても、実技つまり野球のすべてに対する取組む姿勢が欠けていること。緻密性がない。個人的には優秀な人材はおりますが、チームプレー1つをとってみても投手は三本間に三塁走者を挟みながら、生かしてしまうランダンプレー等がその例。一発で刺さねばいけないプレーをウロウロして生かすということは、過去の巨人では考えられないことです。極端な表現ですが、巨人のユニフォームを着ている虚像にすぎない。−こう断言できます。

このくらいのチームが優勝することはちょっと考えられないことだが、優勝をバックアップしている審判団の判定が大きく作用していることは申すまでもありません。私自身がこの目で見ても、巨人がパ・リーグであれば、近鉄クラスの実力と見ます。それで人気だけが物凄い、まさに虚人です。・・・・・・
1983年10月15日
阪神タイガース
阪神タイガース

序章 黄金時代の幕開け
”遂に来たタイガースの時代”
『この世の春、である。長い長い苦難のときを経て、とうとう阪神タイガースの時代がやって来た』
覚悟のすすめ (角川oneテーマ21 A 87)
覚悟のすすめ (角川oneテーマ21 A 87)

これまでのプロ野球生活で、胸を張って自慢できることがひとつある。

それは、

「たとえお金にならないことでも、やるべきことを、全力を尽くしてやってきた」

ということだ。

2000年5月12日の第三打席を最後に、翌年9月28日の横浜戦第二打席まで、私は1002打席にわたって一度も併殺打を記録しなかった。これはあまり知られていないが日本記録である。
ただ、常に全力疾走を心掛けていなければ達成できなかった記録でもある。それを私は誇りに思う。

連続フルイニング出場にしても、「すごい」とほめられはしても、直接お金として返ってくるわけではない。

それでも私は、セーフになるチャンスがあれば、一塁に全力疾走する。果敢にボールを追うし、つねに次のベースを目指そうとする。なぜなら

「たとえお金にならないことでも、全力プレーするのがプロ」
そう思っているからである。

「いつケガをしてもいい」そういう覚悟で私は常に試合に臨んでいる。

それが、これまでの私のプロ野球生活を支えた信念であり、いまもつねに自分自身にいいきかせているモットーである。