アナフレ猛虎会

皆様こんにちは。アナフレ猛虎会 通称”頑張れ阪神タイガース☆です。
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

拝啓アナフレ猛虎会メルマガご購読者の皆々様

2011.11.07 Monday


“2011年阪神タイガース名勝負・名場面”

今年のプロ野球で物議を交わしたのが統一球問題でしょう。そして各球団の
波居る強打者がスランプに陥りました。猛虎の新井サンしかり、大砲ブラゼル君
しかり、今年の猛虎打線は昨年の本塁打数の半分以下・・・・それでも強打を
誇ったのが西武ライオンズの中村選手。昨年の反発球だったらいったい何本
ホームランを打ったのでしょうか(*^_^*)

さて、そんな飛ばないボールシーズンでも、猛虎打線の痛快な名場面がありました。
今シーズンの東京ドームでの伝統の一戦第一ラウンドです。

投稿を振り返ります。↓↓↓

■2011/5/3 試合結果
対巨人 4回戦 東京ドーム

神|014 010 010|7
巨|001 000 002|3

勝:能見2勝1敗0S
敗:東野1勝2敗0S
HR:金本ソロ1号、鳥谷ツーラン1号、新井貴ソロ4号、ブラゼル ソロ1号、
東野ソロ1号、坂本ソロ3号
阪神:能見
巨人:東野 - 高木 - アルバラデホ
─────────
“今年の虎の本当の強さ”

出ました!伝説のクリーンナップ3連発!
こんな見出しですかね〜スポーツ紙一面は!(^^)!
待ちに待った東京ドーム決戦に出陣してまいりました。
【中略】
2回表の攻撃、兄貴金本様がライナーでライトスタンドに運ぶ今季第1号ホームラン。
43歳のホームラン記録を樹立すると、3回表には1塁に走者を置いた場面でキャプテン
鳥谷君も今季第1号ホームラン!これは伝統の乱打線の予感が・・・・
続く新井サンにも第4号ソロホームランが飛び出すと、脳裏に浮かぶは3連発ですが、
バッターボックスに入ったのは未だ一発のない絶不調ブラゼル君です。
しかし出ましたな〜巨人の外野手が一歩も動かない今季第1号が飛び出し、1985年の
バース・掛布・岡田を思わせるクリーンアップ3連発で序盤から突き放す試合となりました。
【中略】
東京ドームは怖い!ただ統一球症候群でなかなか一発が出なかった猛虎打線に
とっては応急手当となったかもしれません。
↑↑↑

こんな試合を生観戦の小生でしたが、まさか以降の試合で猛虎打線から快音?が
消えてしまうとは・・・・でも不思議ですね。本塁打数こそ激減ですが、チーム打率は

リーグトップ!いかに残塁が多かったのか、または、一点を獲ることに、ミスが多かった

のか〜または粘れず逆転されてしまったのか。
そして和田新監督はあの85年のダイナマイト打線復活構想をおもちなのでしょうか・・・

ともあれ、この日の画像は先発の能見君でした。あの伝説の故小林繁氏に並ぶ巨人戦
8連勝を達成しました!

本日の画像は、3連発を放った直後にダイヤモンドを一周する大砲ブラゼル君です(*^_^*)



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:クレイグ・ブラゼル内野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2011年05月03日


場所:東京ドーム


Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Category

Archives

Search

このブログ内の記事を検索

Recent Comment

Recent TrackBack

QR Code

Other