アナフレ猛虎会

皆様こんにちは。アナフレ猛虎会 通称”頑張れ阪神タイガース☆です。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

虎(・.・;)4勝2敗2分け

2012.04.09 Monday


■2012/4/8 試合結果
対巨人 3回戦 甲子園

巨|120 110 000|5
神|000 000 100|1

勝:宮國1勝0敗0S
敗:岩田0勝2敗0S
巨人:宮國 - 山口 - 西村
阪神:岩田 - 小嶋 - 渡辺 - 鶴 - 福原
─────────
“打線はまだまだ5,6分咲き”
昨日の東京は絶好の花見日和です
試合前の和田監督は打線を桜の開花に例えて“まだ5、6分咲き”と評していましたが、

まったくその通りの内容の試合となりました。
2年目の19歳に猛虎打線は翻弄されました。
虎の先発はガンちゃん岩田君です。開幕京セラドームで勝てなかったので、今回は
気合が入っていましたが、かえって肩に力が入ってしまたっか・・・・沈黙の巨人打線を
初回から目覚めさせてしまいました。
初回二死、一、二塁から巨人4番村田選手の場面、内角スライダーでバットをへし折った

ものの、左前適時打で先制点を失います。不振の重量打線に32イニングぶりに得点を
与えると、立ち直れず四回で降板です。
逆にこの日は猛虎打線が沈黙。
巨人の新鋭宮国投手にまったくいいところがありません。
7回までにわずか3安打。それでもスロースターター不振の新井サンが七回無死一、二塁から
右前へ適時打を放ち、零封は免れましたが、主軸の安打はこの1本だけ。
まだまだ5、6分咲きの猛虎打線の象徴が新井サンや打率1割台のキャプテン鳥谷君です。

試合は小嶋君の危険球退場や、城島君のアクシデントで交代等・・・・こんな日もあるのですね〜
というような悪い展開が最後まで続きゲームセット。完敗でございました。

アナフレ目線です★★★★★
日曜日を勝って月曜日を休むのと、負けて休むのとは心の負担が全然違うと指令を発していた
和田監督!2しかし皮肉にも京セラに続いてガンちゃんで2連敗となりました。
また、巨人戦の成績を昨季7月14日から6戦勝ち星なしの4連敗に伸ばしてしまったというから
確かにバツが悪いですね(・.・;)
でも心配ないぞ〜!次回先発は再び日曜日の15日の中日戦(甲子園)は、小生が出陣いたしますから(^^)v
しかし今シーズンは本当に0行進の記録が出る試合が多いですね〜それだけ投手が頑張っているという
ことでしょうか。切り替えましょう猛虎打線!桜は満開!打線も爆発!今週は期待してまっせ(^^)v
★★★★★

画像は反撃の口火を切った柴田君です!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:柴田 講平外野手


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2012年03月25 日


場所:東京ドーム

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Category

Archives

Search

このブログ内の記事を検索

Recent Comment

Recent TrackBack

QR Code

Other