アナフレ猛虎会

皆様こんにちは。アナフレ猛虎会 通称”頑張れ阪神タイガース☆です。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

訃報です

2007.11.13 Tuesday



”鉄腕が逝った”

鉄腕稲尾和久さん急死の突然の悲報がはいりました。
元西鉄ライオンズの投手で、同球団や太平洋クラブ、ロッテの監督を務めた稲尾和久氏が13日悪性腫瘍のため福岡市内の病院で死去されました。享年70歳

現役時代の活躍は、まさに伝説そのものです!西鉄に入団した56年ルーキーイヤーで21勝、防御率1・06で新人王に輝くと、その年から3年連続日本一に貢献。あのかの有名な58年の日本シリーズでは巨人に3連敗しながら、稲尾氏の4連投で4連勝。奇跡の逆転日本一の主役を演じ「神様、仏様、稲尾様」と呼ばれました。57年から3年連続30勝以上などの大記録を打ち立て、連投して勝利する姿は、まさに「鉄腕」そのものでした。69年引退後は、西鉄、太平洋の監督を務め、78年から中日の投手コーチ、84年から3年間はロッテの監督も務めた。ユニホームを脱いでからは、評論家として野球界の発展に寄与。93年には野球殿堂入りを果たし、名球会の会長代行も務めるなど、精力的に活動を行っていました。

神様と呼ばれた全盛期は小生のまだ生前です。昨今の氏の印象は、オールスター特集番組でのインタビューです。全盛期に出場した稲尾氏は、ON率いるセ・リーグの強打者には一度も本気で投げた事はなかったと語っていました。氏の敵はセ・リーグのバッターではなく、パ・リーグの捕手で氏のボールを受ける野村さん(南海)が敵だったと。つまり、野村捕手はどんな球を投げるのかといろんな球種を要求したが、稲尾投手は球質を見抜かれるのを嫌い、真っ直ぐしか投げなかったと!

観戦だけでは想像できない勝負の世界を教えていただいた一言がいまだに忘れられません。

今年10月2日、大分・別府市に「稲尾記念館」が開館。記念館が入っている別府市民球場の落成式に出席し、元気な姿を見せていた稲尾氏。
記念館には寄贈のユニホームや表彰盾などが展示され、自らの投球フォームのブロンズ像を笑顔で除幕されたとか。
鉄腕「神様、仏様、稲尾様」

ご冥福をお祈りいたします。

画像:夕日

場所:多摩川中流域

頑張れ阪神タイガース

コメント

コメントする

トラックバックURL

http://anafremoukokai.tblog.jp/trackback/165326

トラックバック

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Category

Archives

Search

このブログ内の記事を検索

Recent Comment

Recent TrackBack

QR Code

Other