アナフレ猛虎会

皆様こんにちは。アナフレ猛虎会 通称”頑張れ阪神タイガース☆です。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

巨人V9研究その1

2006.03.16 Thursday

まず初めにV9時代突入する前から巨人軍の成績を調べてみました。
リーグ分立1年目の1950年こそ優勝を逃すものの、同年に復帰した水原茂氏を監督に据えて翌1951年からは日本シリーズ3連覇を達成しています。
1954年の2位を挟んで1955年より1959年までリーグ5連覇と第2次黄金時代を成しとげました。
しかし1956年〜1958年の日本シリーズでは、元巨人の三原脩監督率いる西鉄ライオンズとの因縁の対決で3年連続して苦杯を喫します。
さらに1959年にはリーグ優勝は果たしたものの、日本シリーズでは南海ホークスに4連敗。
1960年には三原氏が監督となった大洋ホエールズに6年連続最下位からの優勝を許して水原監督が勇退。
『俺の言いたい事は本に書くくらいあるぜ〜』の台詞を残して巨人を去りました。

1961年、ヘッドコーチであった川上哲治氏が監督が就任。
川上氏は当時先進的とされたロサンゼルス・ドジャースの戦術を取り入れ、就任1年目にして見事に日本一を達成します。
その後、1963年にも因縁の西鉄を破って日本一になり、前人未踏のV9への道を進むことになります。

1965年から1973年までの日本シリーズ9連覇を果たしたことをV9(ブイナイン)と呼びます。

この時期に長嶋茂雄、王貞治、柴田勲、高田繁、土井正三、黒江透修、堀内恒夫、高橋一三など日本プロ野球史を代表する選手が出現。1970年代からのカラーテレビ普及による野球中継が相まって絶大な人気を博し、俗に「巨人、大鵬、卵焼き」と並び賞せられました。
がしかし1974年中日ドラゴンズに20年ぶりのリーグ優勝を許し、V10を果たすことができませんでした。

余談ですが、もし62年と64年に藤本監督(元巨人第一次黄金時代を築いた)率いる阪神タイガースが巨人をしのいで優勝しなければ、もしかすると14連覇となっているんですね〜(^_^;)
まさしく無敵とはこの事でしょうか、凄まじい強さです!

またV10を阻んだ年、大車輪の如く活躍した中日の当時のエースが、言わずと知れた星野仙一氏であった事も追記します(^_^)v

この年を最後に川上監督が勇退。またV9を支えてきた長嶋氏と黒江氏、さらに森昌彦氏も現役を引退され、第三次黄金時代が終焉をむかえました。


参考文献:『わが生涯の野球』ベースボールマガジン社、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


☆頑張れ阪神タイガース☆

コメント

コメントする

トラックバックURL

http://anafremoukokai.tblog.jp/trackback/77966

トラックバック

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Category

Archives

Search

このブログ内の記事を検索

Recent Comment

Recent TrackBack

QR Code

Other