アナフレ猛虎会

皆様こんにちは。アナフレ猛虎会 通称”頑張れ阪神タイガース☆です。
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

1985年日本一研究 12

2007.02.26 Monday


■1985/11/2 日本シリーズ第6戦試合結果 西武球場 入場者32371人

神|410 010 102|9
西|100 100 001|3

勝:ゲイル2勝0敗
負:高橋直0勝2敗
HR:長崎2号満塁(1回高橋直)、真弓2号ソロ(2回高橋直)、掛布2号2ラン(9回渡辺)(西)石毛3号ソロ(1回ゲイル)

西:高橋直-工藤-松沼雅-永射-渡辺

神:ゲイル

勝利打点 長崎1
――――――

”虎(^O^)/悲願の日本一”


最終打者西武ライオンズ伊東勤選手の打球ピッチャーゴロをゲイル投手が落ち着いてさばいて一塁手バース選手へ送球!
ここに阪神タイガース球団創設初となる悲願の日本一達成の瞬間が遂にやってきた(^-^)/
吉田監督が舞う!その輪の中には選手会長の岡田はん、ミスター掛布氏が、怪物バース氏が、脅威の一番打者真弓氏が、名わき役の川藤氏が(^O^)/選手全員がもみくちゃになっての歓喜の胴上げだ!

日本一に王手をかけた阪神タイガース!
虎の先発は第二戦で完投勝利の優勝請負人ゲイル投手です!

タイガースは初回簡単にツーアウトをとりながらも怪物バースとの勝負を避けた西武バッテリーに対し、先日甲子園で蘇ったミスタータイガースが吠えます!得意の流し打ちでレフト前!そしてシリーズ再三の好守を見せるも、打撃不振だった岡田はんがピッチャー強襲の内野安打で二死満塁!
そして登場したのは、首位打者をとりながらも大洋をおわれて縦縞戦士となった13年目のベテラン長崎選手。この日時折風速10メートルを超える逆風を突いたあたりは、いきなりの満塁ホームラン(^-^)/
「西武広岡監督のまだまだ余裕のある発言口撃?でチームはかなりびびっていた。試合前は金縛りにあった状態でした」と当時を振り返る長崎氏!このベテランの底力がナインの呪縛を解き放ちました(^-^)/

しかし西武もチームリーダー石毛選手のシリーズ3本目となる一発ですぐさま反撃します。

金縛りから解き放たれたニューダイナマイト打線は2回表!ここまでチーム一の七本のヒットを打ちまくっていた真弓様の一発でさらに突き放し、猛虎ファンの思いは早くもカウントダウン(^O^)/

5回にもミスター掛布の犠飛、7回にも怪物バースのタイムリーで追加点(^-^)/

最終回!第4戦までわずか2安打だったミスター掛布の二試合連続となるトドメのツーランで勝ち越し(^-^)/

絶好調のゲイル投手を西武打線は遂に打ち崩せずゲームセット(^-^)/
怪物を徹底的にマークした西武投手陣に対し、最終戦でニューダイナマイト打線が爆発!ミスタータイガース四番掛布氏が!無冠のエリート岡田はんが!古巣クラウンライダーズに恩返しの真弓氏が!そして伏兵の長崎選手や弘田選手他選手コーチ全員が!日本中が猛虎フィーバーに沸きに沸きました(^O^)/

阪神タイガース日本一おめでとう(^-^)/

表彰選手

最高殊勲選手賞 ランディ・バース(神)
敢闘賞 石毛宏典(西)
優秀選手
真弓明信(神)
長崎啓二(神)
リチャード・ゲイル(神)

画像:熱闘!日本シリーズ「1985西武-阪神」
文藝春秋

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ

コメント

コメントする

トラックバックURL

http://anafremoukokai.tblog.jp/trackback/131657

トラックバック

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Category

Archives

Search

このブログ内の記事を検索

Recent Comment

Recent TrackBack

QR Code

Other