アナフレ猛虎会

皆様こんにちは。アナフレ猛虎会 通称”頑張れ阪神タイガース☆です。
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

猛虎かく勝てり98

2007.10.29 Monday



背番号92 エステバン・ルイス・ジャン投手

2007年度成績

21試合 6勝 5敗 0S 防御率4.66 完投0 投球回1041/3 奪三振52 自責点54

”最後までせっかちだった最高額助っ人”

契約金も含めると約3億円の大型契約で、阪神の新外国人投手としては07年時点で最高額が話題になりました。

今夜は汗かきジャン君です。

春季キャンプから前評判がよく、首脳陣の太鼓判をおされての日本球界デビュー!
メジャーリーグの通算打撃成績は「2打数2安打、1本塁打、1打点、1犠打」で、2000年6月4日のニューヨーク・メッツ戦でのメジャー初打席はボビー・ジョーンズから初球ホームランを放っているという派手な打撃履歴の持ち主o(^-^)o

このため入団時は足長ボーグルソン君とともに打撃面でも注目を集めました。

オープン戦でセーフティーバントをして一塁に全力疾走するという場面も語り草ですo(^-^)o

4月3日のヤクルト戦に先発し、来日初登板初勝利をいきなりマーク(^-^)/
思い出されるのは4月24日のヤクルト戦で、ラミレス選手の打球が顔面に直撃し出血、右あご裂傷で9針縫う大怪我でしたが、流血しても降板を拒んだプロレスラー張りの闘志はもはや伝説ですね。

さてさて、彼の今シーズンのリズムを完璧に狂わせた事といえば、投球直前のセット時にグラブを止められないせっかちな悪癖、つまり”ボーク”でした。

5月8日の巨人戦では、球団史上初となる1イニング2度のボークを記録。8月21日のヤクルト戦では、日本新記録となるシーズン12ボーク目を記録。この判定の直後に、打者武内選手に対して危険球退場処分となりました。
8月3日にも広島梵選手に対し、同様にボーク直後に死球を与えている前例があり、ヤクルトの古田監督は「アンパイアに対してやっているんだろう」と激怒されました。
これがきっかけで?翌22日に登録抹消となり、結局その後は一軍に戻れないままシーズンを終えることになりました。
そして10月2日、父親の体調悪化のため米国に帰国し、最後のクライマックスシリーズにも姿を見せることはありませんでした。
まあボークはともあれ、小生は彼のあの闘志を剥き出しにした投球が好きでしたね〜いつぞや彼を、”全力投球”ジャン君と呼ばさせていただきました。
また一から出直して来季も暴れまくってもらいたいもんですo(^-^)o


参考文献:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

画像:エステバン・ルイス・ジャン投手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:07年5月3日

場所:横浜スタジアム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ

コメント

コメントする

トラックバックURL

http://anafremoukokai.tblog.jp/trackback/163710

トラックバック

プロ野球で最も活躍した先発完投型投手に贈られる沢村賞の選考委員会が29日、東京都内のホテルで開かれ、日本ハムのダルビッシュ有投手(21)が今季の受賞者に選ばれた。同投手は初受賞で、同球団からの選出も初めて。 ダルビッシュは26試合で207回3分の2を投げ、15勝5
| ☆shaniner☆ | 2007/10/30 12:00 PM |

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Category

Archives

Search

このブログ内の記事を検索

Recent Comment

Recent TrackBack

QR Code

Other