アナフレ猛虎会

皆様こんにちは。アナフレ猛虎会 通称”頑張れ阪神タイガース☆です。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

春季キャンプの見所6

2008.01.30 Wednesday


”打撃コーチは責任重大”

猛虎にたりないものは、チーム打率です。昨年は最低の数字であり、残念ながら正田コーチが引責辞任をされましたね。
今夜の春季キャンプの見所は、打撃コーチです。

プロ野球選手として通用する天性は三つあります。

・肩の強さ(投手)
・早く走る力

そして最後が
・ボールを遠くに飛ばす力(打者)
です。

そして今の猛虎には、不動の四番、五番打者又は三番打者がそろいましたね。
兄貴金本と新井君の師弟コンビです。
であるならば、打撃コーチの使命は、6番7番打者、又は1、2番打者というクリーンナップ周りの打者の育成ではないですかo(^-^)o

広沢打撃コーチはキャンプで選手の自主性を重んじ夜間練習は素振り中心、休日はしっかり休むことも大切との提案をされました。
昨秋キャンプでは体感155キロの高速打撃マシンを打たせるなど練習メニューを工夫され、春季キャンプは長所を伸ばすより弱点を克服することをテーマに打ち出します。
己を知り敵を知れば…孫子の教えを実戦に即して指導されるとのこと。
コーチの手腕に期待しようではありまへんかo(^-^)o

名著の言葉を送ります。↓↓↓終始大切なのは、よく打てる選手に注目することである。バッティングのフォームはもっとも重要だ。そこで若い打者を観察するときには、とくにつぎの点に注意しなければならない。

1.頭と眼が動かないか(頭を動かしてはならぬ)
2.手を静止させているか(ヒッチさせてはならぬ)
3.スウィングは水平か(アッパーカットはいけない)
4.ストライド(ふみ出し)は小さいか
5.球にむかってふみだしているか(足をひく型はいけない)

↑↑↑


打撃部門のタイトルホルダーが出るにこしたことはありませんが、少なくともアベレージヒッターを育成しなければ、虎のペナント奪回はありえまへんね!

責任重大でっせ〜広澤はんの手腕に期待しようではありまへんか(^O^)/

参考文献:『ドジャースの戦法』アル・カンパニス著

画像:広澤 克実打撃コーチ

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』

撮影日:07年8月11日

場所:横浜スタジアム

☆頑張れ阪神タイガース☆

人気blogランキングへ

コメント

コメントする

トラックバックURL

http://anafremoukokai.tblog.jp/trackback/172893

トラックバック

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Category

Archives

Search

このブログ内の記事を検索

Recent Comment

Recent TrackBack

QR Code

Other