アナフレ猛虎会

皆様こんにちは。アナフレ猛虎会 通称”頑張れ阪神タイガース☆です。
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

虎!(^^)!3勝1敗1分け

2011.04.17 Sunday



■2011/4/16 試合結果
対中日 2回戦 ナゴヤドーム

神|000 001 000 00|1
中|000 010 000 00|1

阪神:メッセンジャー - 榎田 - 久保田 - 小林宏 - 藤川 - 福原 - 小嶋 - 渡辺
中日:小笠原 - 山内 - 三瀬 - 河原 - 浅尾 - 岩瀬 - 平井 - 小林正 - 鈴木
───────

“勝ちに等しい引き分け”
これも今年の猛虎カラーなのだろうか・・・・
試合は完全に竜さんのペースでしたが、最後まで追加点を与えなかった。
竜さんとの第2戦は、まさに両チーム一歩も譲らない見応えのある投手戦となりました!

虎の先発は来日2年目の汗かきメッセンジャー君です。
初回を三者凡退に抑える上々の立ち上がりを見せると、序盤3回をノーヒットピッチング!
さすがにまだこの時期は汗をかいていませんね。
5回裏にタイムリーで1点を許したものの、この回を投げきり2安打1失点と先発の役目を十分に果たし、
打線の援護を待ちます。
しかしさすがですね〜竜さん投手陣もこの日は負けられません。
先発小笠原投手のアクシデント降板にも関わらず、二番手山内投手が好投し、
猛虎打線を5回まで1人のランナーも出させないパーフェクト継投を魅せます。
猛虎の初ヒットは6回表、城島君がピッチャー強襲内野安打をきっかけに広げた二死1・3塁のチャンスで、
一匹狼平野君のピッチャーゴロを竜さんのエラーで思わぬ形で同点に。
その後何度もピンチを迎えますが、ルーキー榎田君がプロ初登板ながら2イニングを無失点リリーフや、
8回からはトリプルKがきっちりゼロに抑え、今シーズン初の延長戦に!
試合は延長11回時間切れにより1対1の引き分けとなりました。

アナフレ目線です☆★☆★
これも今年のカラーでしょうか。常々感じることは、試合の流れを変えるものは守りからだと思います。本日の試合は竜さんペースで進んでいましたが、最後まで勝ち越せなかったのは、当然ながら猛虎投手陣の踏ん張りと野手陣の堅守でしょう。勝ちパターンの流れを最後まで食い止めた猛虎の野球こそ、今年の持ち味かもしれません。☆★☆★

画像は開幕から当たっています。気にするなよ俊介君です。大事な場面で送りバントも決めてくれました。

参考文献:阪神タイガース公式サイト

画像:俊介内野手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』

撮影日:11年04 月02日

場所:横浜スタジアム

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Category

Archives

Search

このブログ内の記事を検索

Recent Comment

Recent TrackBack

QR Code

Other