アナフレ猛虎会

皆様こんにちは。アナフレ猛虎会 通称”頑張れ阪神タイガース☆です。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

猛虎かく勝てり532

2011.04.19 Tuesday



“巨人戦を前に”
ナゴヤドームのスコアボードに、10個もゼロが並んでいた。
どうした?新ダイナマイト打線!
今季最少3安打で、初の完封負け。前日16日の敵失での1得点をのぞけば、
15 日の四回に2得点してから26イニング、自力で点を奪えていない。
6試合消化した合計得点は16得点。
1試合平均2.66点とあればやはり寂しい。
昨シーズンは3割打者が5人居た猛虎。チーム打率も.290という数字は、
投手も入っての打率だから驚異的だ。

その数字から比べてみても、まだ6試合を終えただけかもしれないが、
現時点ではスタメンで3割を超えているのは、新井サンと気にするなよ俊介君のみで、

チーム打率も.229と低調だ。
まだまだこれから調子を上げていくのだろうが、昨年の3割打者のうち、
ファミリーマートン君は.154に、一匹狼平野君や、城島君も不振…。
大砲ブラゼル君も.125と不調は隠し切れない。

さすがは谷繁捕手を要する竜さんバッテリーとでもいいましょうか。
猛虎新ダイナマイト打線は研究されているのでしょう。当然12球団からのマークはキツクなる。
また、昨シーズン同様に竜さんとの戦いでスイングを崩されて尾を引いたケースも多々見受けられた。
甲子園での軌道修正をキッチリチェックしてもらいたい。

そして今年から延長戦が最大3時間半という震災ルールが採用された。
この新ルールは、ベンチの采配にかなりの影響が出る。
先日のサヨナラ負けは、なんとしても引き分けに持ち込もうとするなら、
最後の和田選手に球児君の投入という采配も考えられたと思う。
この時間制限がある中での、勝敗を左右する監督の采配如何によって、
勝負が決まるケースが増えてくることも予想される。
いずれにしても、本日からの巨人戦をまずは勝ち越すこと。初戦を取っていかねば真弓様。
画像は好調なスタートを切った、俺が4番だ新井サンです。
選手会会長としても、今回の新井サンの真摯な姿が好感度急上昇ですね。
伝統の一戦でも暴れてくれることを期待いたしましょう。

参考文献:阪神タイガース公式サイト

画像:新井 貴浩内野手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』

撮影日:2011年4月02日

場所:横浜スタジアム



Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Category

Archives

Search

このブログ内の記事を検索

Recent Comment

Recent TrackBack

QR Code

Other