アナフレ猛虎会

皆様こんにちは。アナフレ猛虎会 通称”頑張れ阪神タイガース☆です。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

虎(*^_^*)51勝49敗5分け

2011.09.08 Thursday



■2011/9/7 試合結果

対広島 15回戦 甲子園

広|000 001 000|1
神|100 000 40x|5

勝:福原1勝1敗0S
敗:福井7勝7敗0S
広島:福井 - 豊田 - 菊地原
阪神:スタンリッジ - 小嶋 - 福原 - 渡辺 - 榎田
──────────

“静かなるドヤ顔”
4番の新井サンが打った試合は勝たねばなりませんから・・・・
今夜のお立ち台に上がった同級生の福原隊長の久しぶりの笑顔からこぼれた
ありがたいコメントです。素晴らしい接戦を制したのは、主砲のバットから生まれた
タイムリーヒットでした(*^_^*)

投手陣が好投、主軸が機能し理想的な勝利を手にした昨日の猛虎。
連勝を狙虎の先発は能見君が予想されていましたが、真弓監督は赤ヘルさんに

相性のいいスタンリッジ君が先発です。
そのスタンリッジ君は初回から赤ヘル上位打線をあっさりと三者凡退に仕留める
最高の立ち上がりを見せると、すぐさま打線が援護射撃!
ヒットと犠打で二死2塁のチャンスに登場は、君しかいないよ4番新井サンがレフトへ
タイムリーヒットを放ち先制します(^−^)
以降は赤ヘル福井投手も立ち直り、試合は投手戦となりこう着状態が続きますが、
試合が動いたのは6回表です。ヒットと四球で一死満塁のピンチをスタンリッジ君が
背負うと、併殺崩れの間に惜しくも1塁セーフで3塁走者が生還し試合は振り出しに。
しかしこの試合の最大の見せ場は7回裏でした!簡単に二死を取られたあと、四球
二つでチャンスを掴むと、打席にはやはりチャンスに巡る運命の新井サンです!
力強く振いた打球は左中間を破る勝ち越しの2点タイムリーツーベースヒット(^−^)

これが火付けとなり、続くファミリーマートン君、幻の4番打者関本君もタイムリーヒットを
放ち、この回一挙4得点で試合を決めました!

アナフレ目線です☆☆☆
久しぶりに猛虎打線の繋がりを感じた試合となりました。やはり4番新井サンの一撃ですね。
しかしインコースでのけ反らした後にストレートを投げた赤ヘルバッテリーの一球の失投が
勝負を決めました。敵ながら好投の福井投手のうなだれたシーンが印象的でしたね。
☆☆☆


本日のお立ち台は7回をしっかり抑えて勝利投手となりました、福原隊長と、“静かなるドヤ顔”の
新井サンでございます。解説者の矢野様〜うまいこと言いますね(^−^)この”静かなるドヤ顔”は
猛虎流行語大賞2011大賞間違いなしでございます。

画像は2年振りに勝利投手となりました、体調良し、真っ直ぐが走っております。
少し顔が丸くなったかな〜福原隊長でした!(^^)!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:福原 忍投手


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2011年07月15日


場所:横浜スタジアム

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Category

Archives

Search

このブログ内の記事を検索

Recent Comment

Recent TrackBack

QR Code

Other