アナフレ猛虎会

皆様こんにちは。アナフレ猛虎会 通称”頑張れ阪神タイガース☆です。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

虎(;一_一)52勝53敗5分け

2011.09.14 Wednesday


■2011/9/13 試合結果
対中日 19回戦 甲子園

中|201 210 000|6
神|200 200 000|4

勝:鈴木2勝1敗0S
S:岩瀬0勝1敗28S
敗:スタンリッジ8勝5敗0S
HR:井端ソロ1号、ブランコ ソロ10号
中日:チェン - 小林正 - 鈴木 - 三瀬 - 浅尾 - 岩瀬
阪神:スタンリッジ - 渡辺 - 福原 - 小嶋 - 藤原
──────────

“内容は悪くはないのだが”

連打で得点された時には、確かに悔しい。しかしホームランで点を取られての敗戦は、

失投という意味から、後悔ばかりが残る。先発のスタンリッジ君がベンチでうな垂れて

いたのが印象的な甲子園。久万元オーナーの訃報が届いていたが、残念ながら
勝利することができませんでした。

今日から甲子園に2位竜さんを迎えての3連戦!虎の先発はスタンリッジ君と竜さんが
チェン投手の両先発で始まった試合は、戦前の投手戦予想に反して序盤から点を
取り合う展開になりました。
スタンリッジ君は立ち上がりからピリッとしません。初回から竜さんに2点の先制を許します。
また、猛虎打線もすかさず直後の1回裏、四球で出塁した大和君が盗塁を決めると、
キャプテン鳥谷君も四球で続き、4番新井サンのタイムリーでまず1点!
さらに狩野君の内野ゴロの間に鳥谷君がホームを踏んで同点に!初回から互いに点を
取り合う竜虎対決としては珍しいスタートです。
打線の援護で立ち直るかと思われたスタンリッジ君でしたが、まさかの井端選手のソロなどで
追加点を許し4回途中で降板しました。この残暑が響いてしまったのか、いつもの切れのある
投球が見られず・・・・悔しい降板です。
その後3点を追う猛虎打線は4回に一死1・2塁のチャンスで今日一軍に帰ってきた代打浅井君が
タイムリーツーベース!なおも続くチャンスで、チェン投手キラー大和君が1点差に迫るタイムリー
などで追い上げムードになりましたが・・・・ここにおいても5回表にブランコ選手に超特大の一発を
浴びて、掴みかけた試合の流れを止められてしまいます。
後半は一転して投手戦となり、竜さんリリーフ陣の前にチャンスを作りながらもあと一本が出ず、
4対6で敗戦。悔しい4連敗となりました。

アナフレ目線です★★★
点を取り返したのに直後にホームランで流れを止められる。連打での失点では、守っている野手の
リズムをも崩しますが、ホームランだけの失点で試合は、失投以外の内容は悪くないはずです。
敗れはしましたが、小嶋君と藤原君の両左腕が共に2イニングを無失点リリーフで猛アピール!
そして鳥谷君が史上8人目となる区切りの1000試合連続出場を達成する等、チームとして明るい
話題も随所に見られるのだから、上を向いて戦っていこうではありませんか!(^^)!
★★★


画像はまたまた戦力として期待が持てる、好投の藤原君です。



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:藤原 正典投手


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2011年08月25日


場所:東京ドーム



Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Category

Archives

Search

このブログ内の記事を検索

Recent Comment

Recent TrackBack

QR Code

Other