アナフレ猛虎会

皆様こんにちは。アナフレ猛虎会 通称”頑張れ阪神タイガース☆です。
<< April 2021 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

虎(・.・;)23勝16敗1分け

2013.05.16 Thursday







■2013/5/15 試合結果

対オリックス 2回戦 甲子園

オ|302 022 000|9
神|010 010 000|2

勝:松葉2勝0敗0S
敗:榎田2勝4敗0S
HR:バルディリス ソロ7号、ロッティーノ ツーラン2号、李大浩ツーラン6号
オリックス:松葉 - 比嘉 - 松本 - 平井 - 岸田
阪神:榎田 - 鶴 - 藤原 - 清原 - 筒井
─────────

“交流戦で失速するな”

う〜ん、調子がいいからこそ、ストライクで勝負してしまい火傷をしてしまった。
そんな先発榎田君の初回のつまずきが最後までリリーフ陣に伝染してしまった
・・・そんな敗戦でした。


虎の先発は榎田君です。早々一回二死、ひろしバルディリス君に左翼席へ
6号ソロで先制されました。さらに二死一塁からロッティーノ選手が左翼席へ
2号3ランを浴び、この回3点を先制され、安定感のあった榎田君本人も
唖然とした表情です。

猛虎打線は二回二死一、三塁から日高君が右前適時打を放ち、1点を返します。
しかし三回、川端選手の右中間二塁打などで一死二塁から李大浩選手が
中越えの6号2ランを放ち2点を追加し猛虎を圧倒。五回には、一死満塁から
藤原君から押し出し四球を選ぶと、右犠飛を放ち、この回2点を追加。
猛虎打線はその裏、二死二塁から大和君の中前適時打で1点を返すのがやっと。
六回一死一、二塁から大活躍のひろしバルディリス君の右前適時打で2点を
追加され、完全にワンサイドゲームで終了。大阪ダービーで2連敗となりました。

アナフレ目線です
【交流戦】★★
榎田君はこの試合前まで被本塁打ゼロ、しかし序盤三回までにオリックスの
助っ人クリーンアップトリオに揃って一発を浴びてしまい四回で降板するまさかの
展開になりました。
リリーフ陣も2番手鶴君が代わって2球で危険球退場、急遽登板の藤原君も失点を
重ねてしまい一方的な展開に。リズムが悪し試合展開に、野手にも影響が出ました。
榎田君は調子が良かったことがかえって勝負を急ぎすぎたか?体が開いてしまう
悪い癖が出ているという専門家の見解。4敗目という数字を謙虚に受け止めて出直し
でしょう。
交流戦は一ヶ月ぶりのまさかの悔しい連敗スタートとなりました。
この借りは京セラドームで絶対に返しませう(#^.^#)
【5月戦績】★☆☆★☆☆☆☆☆☆
【4月戦績】☆★★☆★★☆★☆△☆☆★☆★★☆☆☆☆★☆★☆★☆★☆


画像はタイムリーヒットの大和君でした!




参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:大和内野手


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2013年05月06日


場所:東京ドーム

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Category

Archives

Search

このブログ内の記事を検索

Recent Comment

Recent TrackBack

QR Code

Other