アナフレ猛虎会

皆様こんにちは。アナフレ猛虎会 通称”頑張れ阪神タイガース☆です。
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

猛虎かく勝てり843

2013.10.10 Thursday




“さらば林 威助”

ある程度は予想をしていたが・・・・
やはりこの男が戦力外通告となりました。
台湾出身のスラッガーは07年に15本塁打をマークしましたが、08年以降は
右肩負傷の影響などで調子を落としていました。今季はわずか1試合、1軍戦に
出場しただけ。
虎党からは「リンちゃん」の愛称で親しまれていましたが、若返りを図る
チーム方針もあり、縦縞のユニホームを脱ぎます。

あの豪快な弾道で甲子園にアーチを懸けた姿が消えるのは寂しいですね〜
8月4日の巨人戦(東京ドーム)に「6番右翼」で先発出場しましたが、
4打数無安打。実力を発揮できず、2軍に逆戻りしていました。
台湾から福岡・柳川高に野球留学した林君は02年ドラフト7巡目で阪神に入団。
チーム屈指のスイングスピードを誇り、左打ちの大砲として期待された。
06年にはかつて阪神の4番だった掛布雅之氏の背番号31を継承。67試合で
打率3割3厘、5本塁打をマークし、頭角を現します。07年にはレギュラーとして
115試合に出場し、自己最高の15本塁打を放つなど、才能が開花しました。
小生はクリーンナップを担う選手だと思っていましたが、07年8月に右肩を
負傷して手術。08年には左膝靱帯を痛めるなど度重なる故障に悩まされ、
次第にパワフルな打撃が影を潜めたのかな〜桧山様が引退を表明し、
左の代打要員が不足する課題が解消されないなかでも戦力外と判断されました。
今年9月に行った鳴尾浜での残留練習では、フリー打撃で右翼に柵越えを
連発するなど長打力は健在だそうです。台湾代表として06年、09年のWBCに
出場した実力者は、現役続行の決意も新たにトライアウト参加を視野に入れ、
国内他球団でのプレーを最優先に移籍先を探ります。
またどこかの球団で活躍する林君の姿を是非観戦したいものです!

それいけ今こそ〜炎の一打を〜♪
   
 (今だ)威助(燃えろ)威助 (打てよ)勝利を目指して〜♪

林 威助! 林 威助!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:林 威助外野手

撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2012年05月12日


場所:横浜スタジアム

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Category

Archives

Search

このブログ内の記事を検索

Recent Comment

Recent TrackBack

QR Code

Other