アナフレ猛虎会

皆様こんにちは。アナフレ猛虎会 通称”頑張れ阪神タイガース☆です。
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

猛虎かく勝てり892

2013.12.07 Saturday








“君に求められる数字”

背番号32番 新井 良太内野手
2013年度成績
119試合 率.238 51打点14本
打数357 安打85 四死球41 盗塁2

契約更改ではアップとなったが、我等虎党は君の活躍に満足はしていない。
今夜のかく勝てりは、猛虎幻の四番!新井良太君です(#^.^#)
サブタイトルの意味は、打率よりもあまりにも寂しい打点と本塁打数です。
今シーズンは4番打者としてプロ入り後初の開幕スタメンに抜擢。
第1打席の二塁ゴロ失策で、チームのシーズン初打点を挙げたスタート。
その後の試合でも4番打者に起用され続けましたが、4月5日の対広島戦で
左太もも裏を痛めて交代。
出場登録を抹消されました。
その後は満塁本塁打を放つなどの活躍を魅せるも打撃不振に陥り、
マートン君に4番打者を譲り、7番や8番に降格。三塁の守備でも精彩を
欠いたため、セ・パ交流戦終盤の6月から二軍での調整を余儀なくされます。
この良太君に求めるものは、打率こそ2割5分でも、本塁打30本以上、打点は
三桁でしょう。その後一軍復帰後の7月の横浜DeNA戦ではシーズン2本目
となる満塁本塁打を放ち、さらに、7月25日のヤクルト戦でもシーズン3本目と
なる満塁本塁打を放った良太君。
このシーズン3度の満塁本塁打を記録したのは猛虎ではハル・ブリーデン氏、
田淵幸一氏、今岡誠氏に次いで4人目というおまけつき(#^.^#)
昨年を上回る119試合出場、14本塁打、51打点を記録する一方、
打率は.238と安定感を欠いたシーズンでございました。

スター性を備えた良太君は、あの新庄君のようなタイプなのかなあ〜

投稿を振り返ります↓↓↓

■2013/7/24 試合結果

対ヤクルト 13回戦 神宮

神|500 000 610|12
ヤ|000 000 000|0

勝:メッセンジャー9勝4敗0S
敗:八木2勝7敗0S
HR:新井良ツーラン9号・満塁10号
阪神:メッセンジャー - ボイヤー - 松田
ヤクルト:八木 - 松岡 - 松井光 - 江村 - 阿部

7/25の予告先発
神:藤浪 晋太郎
ヤ:石川 雅規
─────────
“大勝に浮かれることなかれ”

後半戦のスタートは小雨落ちる神宮にて猛虎打線が爆発いたしました。

後半戦の開幕は対ヤクルト13回戦!
虎の先発はメッセンジャー君です!
初回から猛虎打線が燕先発八木投手を捉え、新井サンと今成君の連続
タイムリーと良太新井君の第9号ツーランホームランでいきなり5点を先制!
大量リードをもらったメッセ君は初回から三振の山を築き燕打線を圧倒。
二回以降は無得点でしたが、ラッキーセブンの攻撃でキャプテン鳥谷君が
久々の2点タイムリー!そして良太新井君がこの日2本目となる第10号の
グランドスラムを放ち6点を追加しゲームを決めました。
続く八回も追撃の手を緩めず、大和君に代わってスタメンの俊介君が
タイムリーを放ち好調をアピール!その負傷していた大和君も七回からの
守備で元気な姿を魅せてくれました!
八回はボイヤー君、九回は2年目ルーキー松田君が完璧に抑えて完封
リレーで勝利!最高の後半戦のスタートが切れました!
↑↑↑

来季も4番打者争いに加わる活躍を期待します!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:新井 良太内野手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2013年09月15日


場所:明治神宮球場

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Category

Archives

Search

このブログ内の記事を検索

Recent Comment

Recent TrackBack

QR Code

Other