アナフレ猛虎会

皆様こんにちは。アナフレ猛虎会 通称”頑張れ阪神タイガース☆です。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

猛虎かく勝てり904

2013.12.19 Thursday






“機は熟したぞ”

背番号20番 筒井 和也投手
2013年度成績
39登板4勝1敗1S 防御率2.58
完投0 投球回45 1/3 奪三振39 自責点13

先日能見君が契約を更改。猛虎のエースとしてチームを引っ張っていくと
力強く語ってくれました。そしてその能見君以上に恵まれた潜在能力がある
はずです。
今夜のかく勝てりは、筒井君です(#^.^#)
何故この男が勝てないのか〜入団以来のテーマでしたが、その片鱗が
やっとこの2〜3年で結果が出始めています。
本来なら先発の柱としての逸材であるかもしれませんが、今シーズンは
中継ぎで仕事をしてくれました。
来季も筒井君の活躍を期待します。

6月11日の投稿を振り返ります。↓↓↓
“猛虎投手陣の健闘”

サヨナラ勝利に酔いしれた西武戦!
なにやら不思議な勢いすら感じる猛虎。そしてマートン君の勝負強さは
頼もしい限りでございます。
しかし、その逆転劇を演出したのは、藤浪君のあとを受けた筒井君、
安藤君、加藤君、福原君の好リリーフあっての事でしょう!(^^)!
無失点に抑えてサヨナラ劇を呼び込みました。
和田監督も「晋太郎が3点で粘ったし、そのあとの中継ぎ陣も最後まで
0で抑えたので、その結果が最後の2ランにつながった」と絶賛!
七回から安藤君が2イニングを切り抜ければ、福原君が九回二死一、
二塁のピンチで登板し、今江選手を二ゴロに仕留めて2勝目。
間違いなく、安定したリリーフ陣が、虎の勢いを支えています。

球児君が抜けて、久保君の離脱がありましたが、経験を積んだ
大ベテランの活躍こそ、監督にとっては嬉しい誤算なのかもしれませんね。

画像はその先陣を斬った男!筒井君です!(^^)!
↑↑↑


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:筒井 和也投手


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2013年09月15日


場所:明治神宮球場

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Category

Archives

Search

このブログ内の記事を検索

Recent Comment

Recent TrackBack

QR Code

Other