アナフレ猛虎会

皆様こんにちは。アナフレ猛虎会 通称”頑張れ阪神タイガース☆です。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

猛虎かく勝てり905

2013.12.20 Friday





“君に始まり君に終わったシーズン”

背番号19番 藤浪 晋太郎投手
2013年度成績
24登板10勝6敗0S 防御率2.75
完投0 投球回137 2/3 奪三振39 自責点42

今年の和田猛虎は、この男の入団がなかったら、どんなシーズンを
送っていたのだろうか・・・・
今夜のかく勝てりは、今年の猛虎で一番輝いていた男!藤浪晋太郎君です。
あらためて彼に初めてあった印象は、恵まれた体と柔らかでしなやかな
投球フォーム!まさに投手として生まれてくるべき天性を持ち得た男でした。
そしてこの藤浪君にまつわる共通のキーワードがとにかく多い事!
史上何人目、何年振り、快挙でした(#^.^#)

3月31日のヤクルト戦でプロ初登板・初先発敗戦投手となっても、
高卒新人の開幕3戦目での先発登板は、ドラフト制施行以降では
開幕4戦目に先発した松坂大輔選手、涌井秀章選手を抜き史上最速。
4月14日の横浜DeNA戦でプロ初勝利を挙げると、この4月は1962年の
尾崎行雄氏と並ぶ高卒新人史上最多タイとなる3勝は、ドラフト制
導入以降では史上初の記録となる。
7月14日の横浜DeNA戦で6勝目を挙げると、ドラフト制施行以降で、
高卒新人が球宴前に6勝を挙げたのは、2007年の田中将大投手以来
史上5人目、セ・リーグでは1967年の江夏豊氏以来3人目。

8月11日の中日戦では自身初の9回2安打無失点で勝利を収め、
セ・リーグでは1967年の江夏豊以来の快挙となる高卒新人での
セ・リーグ5球団からの勝利を挙げる。

8月31日の対広島戦で、6回1失点で勝利投手となり、シーズン
10勝を挙げた。セ・リーグで高卒新人がシーズン10勝を挙げたのは、
1967年の江夏豊以来47年ぶり5人目の快挙。

更に、8月には4勝・防御率1.09を挙げ月間MVPに選ばれた。
高卒新人が月間MVPを受賞するのは、セ・リーグでは、1987年8月の
近藤真一氏以来、史上2人目の快挙。

公式戦でセ・リーグでは、1967年の江夏豊以来46年ぶりとなる
5人目の高卒新人10勝の快挙。
クライマックス・シリーズでは、広島とのファーストステージ第1戦の
先発投手に抜擢された。日本のプロ野球でポストシーズン初戦の
先発を任された高卒新人投手は、パ・リーグを含めても、
この試合の藤浪が初めて。

まあざっとこんなトピックスでしょうか。
この藤浪君が入団しなかったら、今年の猛虎の話題は桧山君の
引退だけだったのかもしれないと思うと、少々寂しさを感じてしまいます。
来季は15勝以上を目指し、名実ともに猛虎の大黒柱に成長する
ことを期待して(#^.^#)





参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:藤浪 晋太郎投手


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2013年02月17日


場所:沖縄宜野座村野球場

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Category

Archives

Search

このブログ内の記事を検索

Recent Comment

Recent TrackBack

QR Code

Other