アナフレ猛虎会

皆様こんにちは。アナフレ猛虎会 通称”頑張れ阪神タイガース☆です。
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

虎(^O^)11勝8敗

2014.04.19 Saturday









■2014/4/18 試合結果

対ヤクルト 4回戦 甲子園

ヤ|000 010 100|2
神|310 000 00x|4

勝:能見3勝1敗0S
S:呉昇桓1勝0敗3S
敗:小川3勝1敗0S
HR:畠山ソロ1号
ヤクルト:小川 - 石山 - 久古 - カーペンター - 秋吉
阪神:能見 - 安藤 - 福原 - 呉昇桓

4/19の予告先発
ヤ:石川 雅規
神:榎田 大樹

─────────

“投手リレーで完勝”
今年のプロ野球界は、統一球問題が感染しているのだろうか?
どの球団も中継ぎ投手陣が総崩れとなる傾向があるようです。
しかしこの日の甲子園は、絵に描いたような中継ぎリレーで勝利を
おさめました。
虎の先発はエース能見君です。この日も五回まで燕打線を翻弄。
六回2/3を投げ2失点の好投で、自身3試合連続の白星で3勝目を
マークし、チームの連敗を2で止めました。
直球にスライダ−、チェンジアップを織り交ぜ、6つの三振を奪う
など五回二死までノーヒット投球。しかし、畠山選手に痛恨の
初安打がバックスクリーンに運ばれ1点を返されると、七回には
疲れが見え始め二死一、二塁から西浦選手に右前適時打を許し、
2点差まで追い上げられたところで交代しました。
そんな力投に応えるべく チームは初回からキャプテン鳥谷君が
先制の左前適時打を放つなど、相手の失策もあり3点を先制します。
続く二回にも鳥谷君が投手強襲の適時二塁打を放ちリードを4点に
広げ能見君を援護。
投げては能見君の後を受けた安藤君と福原君の貫禄リレープラス
石のストレート呉 昇桓君がキッチリ抑える理想的な投手リレーで
ございました。

アナフレ目線です
★☆★★☆☆★★☆★☆☆☆☆☆☆★☆
エース対決を制した能見君は試合終了後いい笑顔を魅せていました。
彼は本当にバッテイングが好きなようで、解説の浜ちゃんとはいつも
打撃論ばかり話し合っているそうじゃありませんか。
燕エース小川投手と真っ向から対決していました。
やっぱりゴメちゃんは先日のホームランに味をしめてしまったか・・・・
気持ち大振りでアッパースイング気味に見えたのは小生だけでしょうか?
マートン君とゴメチンが打てなくとも、今の猛虎打線には大和君と
鳥谷君がいますね〜そして安藤君―福原君−呉 昇桓君のAFOトリオが
最高です。
これで本拠地では6連勝となった猛虎!カード勝ち越しで首位攻防と
いきませう!
★☆★★☆☆★★☆★☆☆☆☆☆☆★☆

画像は連日の猛打賞!キャプテン鳥谷君です。


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:鳥谷 敬内野手


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2014年03月30日


場所:東京ドーム


Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Category

Archives

Search

このブログ内の記事を検索

Recent Comment

Recent TrackBack

QR Code

Other