アナフレ猛虎会

皆様こんにちは。アナフレ猛虎会 通称”頑張れ阪神タイガース☆です。
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

虎18勝10敗

2014.04.30 Wednesday



■2014/4/29 試合結果

対広島 4回戦 甲子園

広|000 000 000|0
神|000 000 01x|1

勝:メッセンジャー2勝3敗0S
敗:バリントン3勝3敗0S
HR:福留ソロ2号
広島:バリントン
阪神:メッセンジャー

4/30の予告先発
広:野村 祐輔
神:藤浪 晋太郎
─────────
“大きな大きな一打”


いい試合ですね!このような試合ができる猛虎!これぞ首位攻防戦という投手戦を魅せていただきました。

首位赤ヘルさんを迎えての甲子園3連戦の初戦は、雨の影響で14時30分試合開始となりました。
グランドは湿っていますが、この日の両チームの先発投手は熱かったですね〜我らがメッセンジャー君が
悪天候を吹き飛ばすようなリズムの良い素晴らしいピッチングを展開します。
赤ヘル打線を剛球でねじ伏せ、外野にボールが飛ぶ事無く、三振又は内野ゴロという滑り出し。
赤ヘル先発のバリントン投手も気合い十分!息詰る投手戦となりました。
なんと七回裏のキャプテン鳥谷君が初ヒットで出塁いたしますが、ホームベースは遥かかなた。
このような試合の均衡を破ることが起きるのが野球の怖さというか醍醐味というのでしょう。

八回裏、打撃好調の猛虎打線の中で、ここまで取り残されていた福留君が公式通算200号達成となるバックスクリーン右に飛び込む第2号ソロで先制!
九回表もメッセンジャー君が3人で打ち取りゲームセット!猛虎が見事な完封勝利をおさめました。




アナフレ目線です
★☆★★☆☆★★☆★☆☆☆☆☆☆★★☆☆☆☆★☆☆☆★☆
大きなそして意義深い渾身の一打がこんな場面で飛び出しました。
本人はもしかしたらこんなシナリオを狙っていたような気がするくらいの意義深き一発。これで開幕からの悪評を一気に吹き飛ばすとでもいいましょうか・・・
ホームランというのは、その後の縦縞人生までかえてしまうくらい影響力を持ちますね。
メッセ君のピッチングも素晴らしかった!そして鶴岡君のリードも冴え渡った本年の名勝負の一つとなるナイスゲームでございました。
★☆★★☆☆★★☆★☆☆☆☆☆☆★★☆☆☆☆★☆☆☆★☆



通算200号ですか〜もっと打っていたような気もいたしますが、元々は中距離ヒッターだったようでございます!福留君でございました。



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:福留 孝介外野手


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2014年04月26日


場所:横浜スタジアム

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Category

Archives

Search

このブログ内の記事を検索

Recent Comment

Recent TrackBack

QR Code

Other