アナフレ猛虎会

皆様こんにちは。アナフレ猛虎会 通称”頑張れ阪神タイガース☆です。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

虎19勝10敗

2014.05.01 Thursday




■2014/4/30 試合結果

対広島 5回戦 甲子園

広|004 000 000|4
神|071 000 00x|8

勝:藤浪2勝2敗0S
敗:野村3勝2敗0S
HR:ゴメス スリーラン4号
広島:野村 - 小野 - 梅津 - 九里
阪神:藤浪 - 金田 - 加藤 - 安藤 - 福原 - 呉昇桓

5/1の予告先発
広:大瀬良 大地
神:岩崎 優
──────────

“野球は一人ではできない”

気持ちはわかる!ベンチに座った君の表情を見れば、誰もがそう感じたはずだ。
だが、和田監督の采配は決して間違ってはいなかった。


猛虎打線は今夜も好調でした!二回裏、おおきにマートン君の日米通算1000本安打となるヒットを皮切りに、猛虎打線が大爆発!
初お立ち台を目指せ鶴岡君が先制タイムリー!大和君、鳥谷君の生え抜きコンビもタイムリーで続き、とどめはすっかり4番に定着ゴメス君がリーグ打点トップに躍り出る第4号スリーラン!打者10人の猛攻で一挙7点を奪い早々に試合を決めたとおもいました〜誰もがですが・・・・・
先発の藤浪様〜これだけビッグイニング直後の三回表に、先頭のピッチャー野村選手への四球から崩れに崩れて4失点とは・・・・
大きな課題を残すも大量援護に守られ、六回以降は盤石の継投で逃げ切り、辛くも3連戦勝ち越しを決めました。
アナフレ目線です
★☆★★☆☆★★☆★☆☆☆☆☆☆★★☆☆☆☆★☆☆☆★☆☆
甲子園10連勝は確かに痛快です。今年の聖地は本当に盛り上がっていますね。勝利の六甲颪が梅田駅で響き渡っているのが聴こえてくるようです。
しかし、よきも悪きも一人で課題を抱えてしまっているのが藤浪君でしょう。
二回に7点の大量援護がありながら三回に自ら崩れてしまう未熟さ。
先頭打者に四球を与え、上本君の失策も投球リズムの悪さからと言われてもしかたありません。
無死二、三塁のピンチから、3本の適時打を浴びて4点を失いました。
まるで味方のエラーから、バットに当てさせてはいけないという力みが映像から伝わってくるようなマウンドです。
その後も制球が安定せず、5回裏の打席で代打を送られ交代。
味方の大量得点で2勝目を挙げたものの、内容が悪い屈辱の勝利だったことでしょう。未来のエースだけに、期待も大きいですからまあしゃ〜ないよ藤浪君!もっと野手を信頼していこう。
★☆★★☆☆★★☆★☆☆☆☆☆☆★★☆☆☆☆★☆☆☆★☆☆


本日のお立ち台は二回にライトへ先制タイムリーヒットの鶴岡君と、打点王のゴメチンでございます。

初お立ち台の鶴岡君は、先発マスクの勝率が高いので、赤丸急上昇中でございましょう!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:鶴岡 一成捕手


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2014年04月26日


場所:横浜スタジアム

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Category

Archives

Search

このブログ内の記事を検索

Recent Comment

Recent TrackBack

QR Code

Other