アナフレ猛虎会

皆様こんにちは。アナフレ猛虎会 通称”頑張れ阪神タイガース☆です。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

虎32勝30敗

2014.06.13 Friday






■2014/6/12 試合結果

対ロッテ 4回戦 QVCマリン

神|000 140 030|8
ロ|300 000 400|7

勝:安藤3勝2敗0S
S:呉昇桓1勝2敗15S
敗:カルロス・ロサ1勝2敗0S
HR:ゴメス スリーラン12号、クルーズ ツーラン6号
阪神:岩崎 - 加藤 - 安藤 - 福原 - 呉昇桓
ロッテ:涌井 - 古谷 - カルロス・ロサ - 松永
────────

“苦しい勝利だけれど”

両軍24安打の乱打戦!苦しい勝利だったかもしれないが、この1勝を大切にしたいものです。

虎の先発は岩崎君、マリーンズ・涌井投手でスタートしたこの試合は壮絶なシーソーゲームとなりました。
初回4連打などで岩崎君から3点を奪い先手を切ったマリーンズ
一方の猛虎打線は中盤に反撃開始。五回に上本君のタイムリーツーベースで1点差とすると、4番主砲ゴメス君が起死回生逆転スリーランで試合をひっくり返します。このまま盤石リレーで逃げ切りを図るも七回安藤君が3連打でつかまり、同点。さらにクルーズ選手には抜けたフォークをレフトスタンドへ運ばれ逆転を許します。
それでも今日は猛虎打線が大奮起。八回、満塁のチャンスを迎えると、満塁
男良太新井君の執念の走者一掃タイムリーツーベースヒットで再び逆転。その後は福原君-呉昇桓君の勝利の方程式でマリーンズ打線を鎮火。見事、8対7で乱打戦をモノにしました。



アナフレ目線です
交流戦★☆★☆★☆★★★☆★☆★★☆★★☆
5月★★☆★☆★★★★☆★☆★☆☆
4月★☆★★☆☆★★☆★☆☆☆☆☆☆★★☆☆☆☆★☆☆☆★☆☆
乱打戦とは、つまり両チームの先発投手が崩れてしまうことである。
猛虎も新人の岩崎君を先発に使い続けざるおえない投手事情が伺える。
22時を過ぎているのに、試合は延長戦ではないということは、いかに試合進行に時間がかかったか。シーソーゲームだった証でしょう。
中盤、ゴメス君のスリーランで逆転してそのまま勝てない猛虎。
外野手の守備力の違いもアウェイではありますがマリーンズさんと比較してしまいました。甲子園ならまだしもこの球場で三塁打を打たせてはなりませんね。交流戦は苦戦を強いられている猛虎!それ以上に赤ヘルさんは失速。勢い岳ではなく、やはりチーム力(投手力)の差が顕われているのかもしれません。
だからこそしっかり野手が守ってあげなきゃね〜和田監督様!
交流戦★☆★☆★☆★★★☆★☆★★☆★★☆
5月★★☆★☆★★★★☆★☆★☆☆
4月★☆★★☆☆★★☆★☆☆☆☆☆☆★★☆☆☆☆★☆☆☆★☆☆


画像は満塁男の良太新井君です!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:新井 良太内野手


アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース』


撮影日:2014年04月6日


場所:明治神宮球場

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Category

Archives

Search

このブログ内の記事を検索

Recent Comment

Recent TrackBack

QR Code

Other