アナフレ猛虎会

皆様こんにちは。アナフレ猛虎会 通称”頑張れ阪神タイガース☆です。
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

虎!9勝13敗

2015.04.23 Thursday


■2015/4/22 試合結果

対DeNA 5回戦 横浜

神|003 000 010|4
デ|200 005 00x|7

勝:モスコーソ3勝1敗0S
S:山崎康0勝1敗5S
敗:メッセンジャー1勝3敗0S
HR:筒香ツーラン5号、荒波スリーラン2号
阪神:メッセンジャー - 島本 - 金田
DeNA:モスコーソ - 田中 - 長田 - 山崎康

──────────
“悪条件はまったく同じ”

確かに阪神園芸の傑作である甲子園球場のマウンドとは違うかもしれない。だが相手チームにとってはここがホームグランドだ!フラストレーションが溜まる試合だが、この男に勝ち星がつかねばチーム浮上はあり得ない。



先発メッセンジャー君はマウンドに上がった直後から投げづらそうでした。
初回から先頭をフォアボールで出すと4番筒香選手にライトスタンドへ第5号ツーランホームランを浴び先制を許します。
この時点で本人ではなくコーチがしっかりマウンドコンデイションを訴えなければね〜中西コーチ様!
猛虎打線はゴメちんがしっかり引っ張ってくれています。
三回にレフト線を痛烈に破るタイムリーツーベースを放つと、この日5番に昇格福留君がフェンス直撃のセンターオーバータイムリーツーベースで逆転に成功するなど、クリーンナップ全員がとは言いませんが、時には3番から4番、または4番から5番のように打点を挙げてくれていれば、得点可能ですから完封負けはないでしょう。




アナフレ目線です
3月☆☆☆★
4月☆★☆★★★★★★☆★★☆★☆★☆★
援護点をもらった後のメッセ君は6者連続三振を奪うなど三回から五回まで一人も塁に出さない完璧なピッチングでしたが、あれかな〜雨天中止を期待し始めましたかな〜六回に突如崩れました。
7番打者にライトスタンドへホームランを打たれるらしくない降板となりました。このようなコンデイションでは集中力を欠いたのか、またはウェイトオーバーな本年は確実に身体のキレが悪く球威が落ちているのか・・・・
少し今年は心配です。
マートン君が不調なら福留君が、ゴメちんが不調の時は西岡君と鳥谷君がと打線はカバーできますが、投手はハイそうですかと交代できませんしね〜
3月☆☆☆★
4月☆★☆★★★★★★☆★★☆★☆★☆★



画像はゴメちんに続いて5番打者の働きをしています〜福留君でした。



参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:福留 孝介外野手



撮影:アナフレ猛虎会『うぽって☆』


撮影日:2015年03月15日


場所:横浜スタジアム

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Category

Archives

Search

このブログ内の記事を検索

Recent Comment

Recent TrackBack

QR Code

Other