アナフレ猛虎会

皆様こんにちは。アナフレ猛虎会 通称”頑張れ阪神タイガース☆です。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

虎!34勝42敗3分け

2016.07.04 Monday


■2016/7/3 試合結果

対中日 15回戦 ナゴヤドーム

神 | 1 0 0 2 0 0 0 0 0 | 3
中 | 1 0 5 0 0 0 1 1 x | 8

勝:吉見4勝2敗0S
敗:岩貞4勝6敗0S
HR:福田満塁4号、ナニータ ソロ8号
阪神:岩貞 - 榎田 - 高橋 - 安藤 - 筒井
中日:吉見 - 岡田 - 福谷 - 田島
──────────
“最下位ならいくらでも“

最下位となればいくらでもバッシングを受けるでしょう。今までおとなしくしていたマスコミも好き勝手なことを言い始めます。最下位に沈むということがどれだけ惨めか。これがいずれ慣れてしまえば負け犬根性が宿り、万年最下位でも球団は儲かります、なぜなら選手の年棒が安くなりますから。
自虐はこのへんで


このカード勝ち越したい猛虎は制球に苦しむドラゴンズ先発投手の立ち上がりを攻め、先頭の西岡君がフォアボールで出塁後すかさず2盗し、ゴメちんのレフト前タイムリーヒットで鮮やかに1点を先制します。
4回にはヒットで出塁した福留君と北條君を塁上に置き、高山君が左中間を破る2点タイムリーツーベースヒットを放ち、4回までに毎回の7安打3得点と攻めたてます。
しかし先発の岩貞君は球威、制球とも本調子には程遠く、高めに浮いたストレートを狙い打たれる苦しい投球内容で、満塁弾を浴びるなど3回を6安打6失点でマウンドを降りました。
その後も徐々に点差を拡げられて結局3対8で敗れました。

アナフレ目線です
3月★☆☆☆★△
4月★☆☆☆★☆☆★★☆☆★★★☆★☆★☆★★△☆★
5月☆★☆☆☆★★★☆★△★☆☆★☆★☆★★☆☆★
交流戦★☆☆★☆★★★★★☆★☆★☆★★☆
6月★★★☆★
7月★☆★
最下位となった途端に始まる監督批判。まあこれが世のなかというものでしょう。小生はむしろ優勝できない采配にものを言いますが、程遠い最下位とあれば監督云々ではないと思いますがね。
まずは若虎たちがいかにプロ野球選手として最下位チームでプレーすることが恥ずかしい事実なのかということを自覚してほしいものです。
先に述べましたが、中心選手が最下位に慣れてしまったら、暗黒時代に再突入でしょう。
勝てない時は何をやっても書かれますから開き直るしかないね〜金本監督様!
そして若虎達はこの時にどの様な経験を積むかでございましょう。しかし本当にバントが下手くそですね〜これだけは言いたい。ちょっとプロとは思えませんから。
3月★☆☆☆★△
4月★☆☆☆★☆☆★★☆☆★★★☆★☆★☆★★△☆★
5月☆★☆☆☆★★★☆★△★☆☆★☆★☆★★☆☆★
交流戦★☆☆★☆★★★★★☆★☆★☆★★☆
6月★★★☆★
7月★☆★


画像は未来の猛虎中心選手でしょう高山君です。


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:高山 俊外野手



撮影:アナフレ猛虎会『うぽって☆』


撮影日:2016年03月12日


場所: 阪神甲子園球場


Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Category

Archives

Search

このブログ内の記事を検索

Recent Comment

Recent TrackBack

QR Code

Other