アナフレ猛虎会

皆様こんにちは。アナフレ猛虎会 通称”頑張れ阪神タイガース☆です。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

虎!9勝8敗

2018.04.21 Saturday


■2018/4/20 試合結果

対巨人 4回戦 甲子園

巨 | 0 1 0 3 2 0 0 2 0 | 8
神 | 0 0 0 0 0 1 0 1 0 | 2

勝:菅野2勝2敗0S
敗:藤浪0勝1敗0S
巨人:菅野
阪神:藤浪 - 石崎 - 島本

4/21の予告先発
巨:田口 麗斗
神:秋山 拓巳
──────────
“見習うべき投球“

いや〜見事に投げられましたな〜あれだけクリーンナップを押さえ込まれては勝ち目がありませんでした。


今季4度目の先発、今季初勝利を目指す藤浪君は2回、一死1・2塁からライト前タイムリーを打たれ先制点を許します。4回には2安打とフォアボールで無死満塁とされ、連続タイムリー。5回にも2点タイムリーを浴びた藤浪君は5回10奪三振も10被安打、6四球とコントロールが定まらず甘く入ったボールを痛打されるなど今回も課題が残るピッチング内容となりました。
6点を追う猛虎打線は6回、途中出場の原口君・伊藤隼君が連打でお膳立てするとトップに戻り高山君がライト前タイムリー!8回にも一死3塁から高山君が2打席連続となるライト前タイムリーと気を吐きます!
押せ押せムードとなりましたが、最後まで制球を乱さなかったジャイアンツ先発・菅野投手をマウンドから降ろすことはできず完投を喫してしまいました。



アナフレ目線
3月☆★
4月★☆☆★☆★☆☆★★★☆☆☆★
松阪投手のベテラン投球から学びを感じた名古屋から一転。甲子園のマウンドでは見習えと思いたくなるような見事なピッチングをされましたね。
目の当たりにした藤浪君が一番ショックだったのではないかと心配です。
全体重を乗せるようなストレートは、自らの意志が伝わるような球筋で猛虎打線をねじ伏せます。何よりもピンチに動じない不敵な笑みに憎たらしさまで感じますね。
藤浪君はただ速球を投げ込めば抑えられるという制御装置が壊れたようなピッチング!10奪三振も10安打、6四球という内容は、高校野球のようなマウンドと言われも致し方なし。ファームでまた泥まみれになるしかないな〜
頑張れ!晋太郎!復活を応援しようじゃありませんか。
3月☆★
4月★☆☆★☆★☆☆★★★☆☆☆★

画像はタイムリーの高山君と行きたいのですが、やっぱり久しぶりの躍動を魅せてくれました原口君です!


参考文献:阪神タイガース公式サイト


画像:原口 文仁捕手


撮影:アナフレ猛虎会『頑張れ阪神タイガース☆』


撮影日:2018年04月18日


場所: 阪神甲子園球場










Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Category

Archives

Search

このブログ内の記事を検索

Recent Comment

Recent TrackBack

QR Code

Other